下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

台東区

御徒町 放心亭

今日は「東京マラソン余話」の話です。 
2月27日東京の気温は18.4度達しました。
晴天の下、開催された第五回東京マラソン。石原慎太郎都知事の号砲を合図に、約36,000人のランナーがスタートを切りました。 
今年の応募数は33万人、抽選倍率は9.6倍と出場の困難っぷりは相変わらず。そこに目をつけた石原都知事は今年からチャリティー枠を設立したのです。10万円以上の寄付をして枠をGetしたランナーも694名もいました。

男子はハイル・メコネン(エチオピア)が2時間7分35秒で初優勝。昨年4位の川内優輝(埼玉陸協)が2時間8分37秒で3位に入り、世界選手権代表に内定しました。川内は埼玉県立春日部高定時制職員の市民ランナーです。日本人選手が国内レースで2時間10分を切ったのは08年12月の福岡国際以来。初マラソンの尾田賢典(トヨタ自動車)が2時間9分3秒の好タイムで4位に入りました。

ところでハイル・メコネンが栄えある第一位だとすると、栄えある?最下位はどの方なのでしょう。実はこの方なのです。
IMG_7908
正しくいえば37km地点での最下位です、この後下の画像の収容車に乗せられたらまた話が違うのですが・・・
IMG_7911
ハイル・メコネンは確かにすごいと思いますが。このような方々がいたので頂点になりえたのです。

ところで何故こんな画像を捕ったかといいますと、取引先の女性がこの東京マラソンに出走しており応援に行ったのです。
IMG_7907
申告タイムから、逆算した時間帯にこの37km地点、春海橋で応援していました。
IMG_7905
しかしウェアの内容も聞いていなかったので、これだけの大群衆から探しだすのは困難で空振りに終わったのでした。
ちなみにこの夜の月島は初マラソンのランナーの反省会で混みあっていました。
過半の方々は筋肉疲労からかガニマタで歩いていましたので、異様な光景が散見されたのです。

滲みでる教養。
腹にでる栄養。
顔にでる紅葉。
胃にでる潰瘍。
今日はどこで食べヨウ。
ということで今日は御徒町に出没です。
今日のお店は箸処「放心亭」さんです。

住所: 東京都台東区上野3-27-12 ファミリーデパート吉池6F
電話:03-3836-0446
定休日:無休

IMG_7914
お店の外観です。

IMG_7921
店内の雰囲気です。
お店の惹句です。
約300年の歴史を持つ、ドイツのハイデルベルグにある学生酒場“ツム・ローテン・オクセン”でドイツ料理を学び。初代シェフ自慢のロールキャベツをはじめ豊富なメニューが揃っています。ドイツからの直輸入ビール・ワインをはじめ新潟の銘酒も揃え、グループのお店の寿司・刺身も楽しめます。
貸切、50名〜130名が可能、10名〜36名の個室と40名〜90名の個室ももご用意できます


IMG_7924
ランチメニューです。

IMG_7917

IMG_7918

IMG_7919

IMG_7920

IMG_7922
今日のオーダー「豚ロースのフライ(和風おろしソース)カレイの卵包み焼き、スープ、サラダ、コーヒー」(限定30食)@800です。
このお店はスープ、サラダが食べ放題です・・・ウレシイ!
味ですか、このお店は美味しいですね。
特に豚ロースのフライ(和風おろしソース)はカラッと揚がっていて衣も美味しい。
和風おろしソースもポン酢の配合が絶妙です。
カレイの卵包み焼きもフレッシュ生クリームと白ワイン、塩、胡椒で整えられた桃色ソースも秀逸です。
このlevelの味で@800は感激です。
吉池さんのテナントなので軽んじていたのですが、ここはおすすめ店です合格合格合格合格

それでは(^_-)

続 浅草 餃子館

謹賀新年
今日は「初詣」の話です。 
IMG_7484
昨日は親族一同が会して新年会です。
気がつくと皆でお店の人が驚くほど飲んでしまったので、地域経済振興におおいに貢献したものと確信しております。
トイレッツ
ところで行ったお店のトイレに有ったこの尿量測定SEGAトイレッツですが感心?感動しました。
多分トイレ汚し除けのデジタル系かと思われるのですが・・・ハイスコア狙いでお酒をガバガバ飲む輩をtargetにした売上増大の最終toolかもしれません?
男子(おのこ)ならこのgadgetに向き合えば、必ず血わき肉躍ることと思います、間違いない!



閑話休題
「初詣」の話ですネ。
今日は奥様帯同で初詣に浅草に出没です。

IMG_7517
スカイツリー大分立ちあがってきましたね、現在539mですか、進捗率85%です。
完成までもうすぐですね・・・

IMG_7498
アサヒビールさんのアサヒビールタワーとスーパードライホールの「炎」オブジェ(フランス人デザイナー、フィリップ・スタルクさん作)の見上げパチリです。

IMG_7499
左から墨田区役所、スカイツリー、アサヒビールタワー、スーパードライホール、URリバーピア吾妻橋ライフタワー墨田区skyscrapersの面々です。

IMG_7516
浅草「松屋」に買い物に立ち寄りました。
なな何と懐かしい「松鶴(ショウカク)マーク」です。
これは日本航空の「鶴丸マーク」ではありません、「鶴丸マーク」は鶴君が横向いてますもの。
松屋の店員さんに頼んで背中を撮らせてもらいました。
ちなみにこの松鶴マークの由来は次の通りです。
1907年に開発された松鶴マーク。松屋は、1869年(明治2年)「鶴屋呉服店」として横浜に創業し、さらに1889年(明治22年)神田「松屋呉服店」を買収して鶴屋と松屋の二つの屋号を継承しました。その後、1907年(明治40年)頃より二つの店に統一したマークの使用を開始しました。これが「松鶴マーク」の開発された由来であり、以後呉服業から発展した老舗型百貨店として、その個性を発信し、永い間愛され続けてきました。
「松屋」HPより転載


IMG_7500
三社祭の神輿の御開帳です。
正月には見られるのですネ、知りませんでした。

IMG_7504
私の浅草での「初詣」定番の被官稲荷です。
30年以上通い続けています。

ということで今日のお店は浅草「餃子館」さんです。

住所: 東京都台東区花川戸1-10-13 1F・2F
電話:03-3842-3808
定休日:無休

IMG_7515
お店の外観です。

IMG_7510
まずは「豚肉餃子」@500です。
結構このお店にきているのに、何故か「餃子」だけは食べたことがありません。
これ美味しいですね、餃子の皮の味わいがとても良いのです。
中の餡もニラ主体で、すごく美味しいです。
お約束のスープも強く歯噛みすると飛び出てきます、levelの高い一品です。

IMG_7509
奥様オーダーの「あんかけ焼きそば」@880です。
これもイケます、美味しいです。
とくに餡が秀逸です、熱さも充分、この餡でくるまれることで全ての材料の良さが倍加します、とても結構でした。

IMG_7511

IMG_7513
私のオーダー「若鶏のから揚げ+スープ」@800です。
これは衣がおいしいものの、鶏肉がすこしジュシ―さに欠けていますかね。
しかしそれでもそこそこのlevelです。
スープは隠し味に柚子が入っていました、独特の爽やかな香りがスープの美味しさを高めています。
ここは多分ですよ、コスパ含めたら浅草一番の中華料理店だと思います・・・

それでは(^_-)

新御徒町 白根屋 リターンズ

今日は「龍馬伝」世間山(よもやま)話です。 
ryoma1125-4-thumb-300xauto-98471[1]
今日は楽しみにしていた土曜スタジオパーク「龍馬伝」スペシャルを見ていたがじゃ。
そして待ちに待った『あなたがもう一度みたい「龍馬伝」Top10』の発表がされたぜよ。

1257票  第1位 寺田屋騒動 (第36回)
757票   第2位 坂本一家で桂浜へ 龍馬が夢を語る (第7回)
478票   第3位 龍馬vs後藤象二郎 清風亭の対決 (第40回)
395票   第4位 龍馬とお龍 新婚旅行 (第38回)
383票   第5位 龍馬、武市、弥太郎 牢での再会 (第28回)
314票   第6位 武市切腹 以蔵の最期 (第28回)
300票   第7位 高杉と龍馬 最後の語らい (第41回)
287票   第8位 龍馬 黒船目撃 (第5回)
273票   第9位 龍馬とお龍 最後の休日 (第45回)
265票   第10位 脱藩前夜 家族との別れ (第13回)
土曜スタジオパーク「龍馬伝」スペシャルより転載


そうか第1位は「寺田屋騒動」か、さもありなんです。
個人的には第3位の「龍馬vs後藤象二郎 清風亭の対決」ですね。
やっぱしシェイクハンドは胸にしみるがじゃ、たまらんきに!
後藤象二郎役の青木宗高さんいい役者ですね、この役作りのために10kgも体重を増やし、そして今度は次のドラマの為に激ヤセさせているとか見上げた役者根性です。
そういえば岩崎弥太郎役の香川照之さんがド二日酔いで福山雅治さんとの思い出を話していました。寝不足なのか目がボッタリと腫れていましたよ。
福山雅治さんってcleverな役者ですね、話が軽妙洒脱で面白かったです。でも少しcoolかな、妙齢の女性に人気があるのが良くわかりました。
福山雅治さんがこぼしていましたが、「龍馬伝」の大友監督ってあまりカット割をしなくて長回しを多用するのですって、その為どこで終わって良いのかがわからず仕方なくアドリブで続けていくのですが、それが大変だったそうです。
一度隣のスタジオでやっている2011年度大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」を見学にしに行ったのです、そうしたらそこではキッチリとカット割りがされており、それを目(ま)の当たりにして、大友監督だけが異常だったんだと納得して帰ってきたそうですよ。
アドリブといえば西郷隆盛役の高橋克己さん、あまり薩摩弁が得意ではないので福山龍馬のアドリブに薩摩弁でかえせません。なす術(すべ)もないので、ただ笑うのみでしのいでいたそうですって、役者さんも色々と大変なのですね・・・

役者さんといえばこれ、インドキャッチプリキュアです。
ちなみにプリキュアとは、ABCの日曜朝アニメとして制作された「ふたりはプリキュア」に始まる女児向けアニメ作品群です。シリーズ全体では東映アニメーション女児向け作品として最長年数及び放送回数が継続されており、「美少女戦士セーラームーン」シリーズ(5年間、通算200回放送)や「おジャ魔女どれみ」シリーズ(4年間、通算201回放送)以上ですが、本作はこれらの作品とは異なり、ストーリーに連続性はなく、1年、あるいは2年ごとを区切りに1シリーズとしており、シリーズ間の登場人物や世界観などの連続性もありあません。
これはフリネタの流れで記しましたが、私はこのアニメ興味もありませんし、一度も見たこともありませんので、ハイ。
「プリキュア」Wikipediaより転載

閑話休題。

この役者さんたちスゴイですね。実は私、一糸乱れずという踊りが大々々好きなのです、これには大感動です、芸術的でさえもあります、ブラボー!

今日は私のホームタウン、竹町に出没です。
妙に甘いものが食べたくて、「白根屋」さんにお邪魔しました。

住所:東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

IMG_7086
お店の外観です。このお店は昭和35年創業ですから今年は50年の節目の年です。
今の経営者は二代目、創業者は新潟から上京してきたそうです。
このお店は佐竹商店街の長い移ろい、その殷賑から零落を見てきた歴史の証言者でもあります。
ちなみに「白根屋」さんは「しらねや」さんではなく「しろねや」さんが正しい読み方なのです。

IMG_7087
店内の雰囲気です。

IMG_7088

IMG_7089
今日のオーダー「クリームぜんざい」@390です。
甘味は脳の疲労を瞬時に回復させてくれる特効薬でもあります。
スプーンでこのぜんざいを口に運ぶ度に疲れた脳が生き返ってきます。
そうそう味ですか、バリ美味ですよ。量がデラ盛りなのも嬉しいかぎりです。
いつまでも美味しい甘味を提供してください。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

浅草 末っ子

今日は「パチリミュジアム」です
IMG_6822
まずは会社の打ち上げのパチリです、この青年は先輩女性に大変失礼なことをいったのでお叱りビンタの洗礼を受けています、ハイ。
皆さん女性へのお声掛けには充分気をつけなければいけません。

d9e1aa55-s[1]
このパチリ不思議ですね、プールの底で読書、夏ならこんな場所にいってみたいものです!

IMG_6855
我が家に石原プロからのお届けものが・・・たいしてお世話もしてないのにありがたいことです。

IMG_6874
なんですか、このお店。
「ないものはない」一応メニューを確認しましたが、中華系、洋食系と豊富ではありますが、やはりこの場合は額面通り、ないものは無いでよろしいみたいですね。

IMG_6873
下町のアイドル「山田太郎」さんこと西川 賢(にしかわ けん)さんです。
まだ現役だったのですね。ちなみに「山田太郎」さんは私の中学校の同級生のオジサンです。この人は「新聞少年」で紅白歌合戦♪にもでたことがあり下町を代表する歌手です。社長が経営されている「新栄プロダクション」は昔、中学のそばにあり、所属していた北島三郎、新川二朗、五月みどり、大月みやこ、西川峰子、小松みどり、藤圭子などなどが見られるということでよく覗きにいきましたが、見たことは一回もありませんでした、ハイ。

今日は久々に浅草に出没です。
200回以上は来ている下町の中華(餃子)の名店「末っ子」さんです。

住所: 東京都台東区浅草5-17-8
電話:03-3875-2274
定休日:月曜日

IMG_6861
お店の外観です。去年エントランス部をrenewalしたようで、最初気がつかず通り過ぎてしまいました。

IMG_6862

IMG_6863
店内の雰囲気です、下段のパチリにはマスターが写っています。ちょっと太ったような、御髪(おぐし)もなにやら茶髪のような、変わりましたね!

IMG_6864
メニューです。

IMG_6866

IMG_6867
今日のオーダー「ガツニンニク」@850です。浅草で一番好きな味です、ホルモンをこれだけ美味しく作れるお店ってなかなかありません。

IMG_6868

IMG_6871
冬季限定の「煮込み」@700です。昔はこの「煮込み」はなかったような。味ですか、とても美味しいじゃないですか。特にフワ(肺)がトロトロ、小腸もトロトロ、ベリナイスな味です、やはり地元はあなどれません、ハイ。

それでは(^_-)

西浅草 来集軒 4TH

今日は「スベルナァ〜」の話です 
今日は体育の日、久々の休日のため合羽橋に奥様と出没しました。
合羽橋には私の大好きな下町っ子小説家池波正太郎先生の池波正太郎記念文庫があり、以前から行きたかった場所だったのです。
ここは池波作品に関するさまざまな資料を収蔵し、書斎の復元や著作・自筆画像・絵画等の一部を常時展示しています。
また時代劇小説コーナーを設け、戦前の貴重本から現代の人気作品まで時代小説に関する資料を収集し公開しています。
池波正太郎さんは浅草生まれの下谷育ちと聞いていたのですが、正しくは、下谷=浅草・永住町ながすみちょう(現元浅草二丁目=昔の永寿病院の当たり)なのです。これって私の育った佐竹町とは隣合わせです、なにかの奇縁を感じます。
館内は写真撮影禁止でしたので外観だけでも撮ろうと構図を決めていたら警備の方が来られて外観も駄目とのことで撮ることは叶いませんでした…外観くらいはいいのではないでしょうか・・・スベルナァ〜
IMG_6672
このパチリは警備のオジがくれた資料です。ここは品川荏原の自宅二階にある書斎の一部を復元したものです、やはり生パチリでないと味気ないです。

IMG_6666
このパチリは合羽橋からの東京スカイツリーです。大分上がってきましたね。しかしここでパチリを撮っていたら車道の真ん中まで出てしまい、クラクションのcautionを受けました。あれっ、この道って今日は歩行者天国ではないのですか!
Splashさん、目の前に車が走っているじゃないですか(笑)
注意散漫です・・・しかしスベルナァ〜

IMG_6668

IMG_6667
その後近隣にある両親の墓参に行きました。墓参のついでに「出没!アド街ック天国 本所吾妻橋」編で第11位にrankingされた、大正10年創業の甘納豆専門店「平野屋」さんに出向きました。
このお店で主に使用するのは、厳選した7種類の国産豆です。初代から受け継いだ丁寧な仕事を、2代目ご主人・高柴久嘉さんが50年以上守ってきました。こだわりの甘納豆は一粒一粒が大きく、さっぱりとした甘さとほっくりとした柔らかさが特徴。食べるとホッとする銘菓は、素朴な下町の味です。アド街ック天国紹介文より転載
女優の三田寛子さんもよく買いに来られるというので期待していきましたら、昼一番だというのにsold outでした。TVで取り上げられたんだから仕入れは大幅に増やさなければと思うのですが・・・スベルナァ〜

IMG_6669
仕方なく、夕飯のオカズを求めて元フライ級チャンピオン内藤大輔さんの奥さんの実家、墨田区は立花銀座にある“鮒忠”さんに行きましたらパチリの通り「本日休店」です、またですか!・・・スベルナァ〜
こんな日もあります、ハイ。

今日のお店は子供の頃から含めると40年以上も通い詰めている、下町ラーメンのメッカ「来集軒ラーメン」さんです。

住所: 東京都台東区西浅草2-26-3
電話:03-3844-7409
定休日:火曜日

IMG_6658
お店の外観です。

IMG_6662
店内の雰囲気です。芸能人の色紙が多いのは、浅草演芸場の芸人さんがよく訪れるからです。

IMG_6659
私のオーダー「タンメン」@800です。ここのタンメンはいつ食べても裏切りません、バリ美味です。スープが良いのでしょうね、お約束のスープの熱々は当然のことながら守られています。縮れ麺が特に芳醇スープに良くあいます。一時期「当店は、来集軒製麺所とは一切関係ありません」との張紙がありましたが、どこの麺を使用していたのかは失念してしまいました。唯一の瑕瑾は値段が高い事でしょう。

IMG_6661
奥様のオーダー@800です。久々に食べたらここの「カタヤキ」ってこんなに美味しかったのでしょうか・・・
特にtoppingのチャシューは口の中でトロケルじゃないですか、トロミ完璧、塩加減完璧、アゲソバ完璧、恐れ入りました、これほど完成度の高い「カタヤキ」を食したのは久々でした。

それでは(^_-)

御徒町 中華 珍満

今日は「交通事故の軽傷・重症」の話です。
「死亡」は交通事故に遭遇して24時間以内に死亡したものだけをいいます。そのため、24時間後の死亡を含める厚生省統計の数字よりも、少なくなっています。
また「重症」は30日以上の治療を必要とする怪我のことで、30日未満の場合を軽傷としています。
ところで、この「重症・軽傷」ということばは、事故の模様がどのくらいの規模であったかを発表するときの目安で、実際の調書には「全治××日間」と日数で記載されているのが普通です。ただ、この「全治」という表現にも無理があって、完全に治るという意味ではありません。
後遺症が残って治療が長引く場合とか、逆にすぐ治ってしまうとか、個人差が大きく一律にはいきません。ですから、この「全治×日間」という表現も、事故の時の怪我の程度を表す、一つの目安ということです。
ただ、全治まで30日未満の怪我だからといって、機械的に「軽傷」とすると、負傷者の感情を害することもあるので、できるだけ「軽傷」という表現は避けて、「全治×日間」と日数で表すように努めています。
「つい誰かに話したくなる雑学の本」日本社より転載

北海道の交通事故の死亡者は警視庁によるとWorst2です。
一方厚生労働省の人口動態統計から交通事故死亡者数ランキングによると1998年から2007年まで10年間の交通事故死亡者数の平均値によると北海道は27位です。
この差は冒頭述べたとおり、24時間以内の死亡かどうかのものです。
基本的に交通事故死は自動車の保有台数の比率に運転の粗さ等の県民性が加わるものです。
したがって人口560万程度の北海道がWorst2になるのは何故でしょうか、これは一つには
高速がだせる道路が多いので即死者が多いこと、二つには広大な土地なので事故を起こしても救援の救急車がなかなかこず手当が遅れ24時間以内に死亡することに起因していると思います。
札幌在勤時代は大きな街から少し離れると携帯が通じないところがあり、万が一事故を起こしても救急車の出動を依頼できないところも多くあったと思います。
よって警視庁調査によるとWorst2(Worst1は愛知県)になるのです。
ちなみに厚生労働省調査によるとWorst1は香川県です。この県は進路変更の際、ウィンカーを出す習慣がない上に急に曲がるのでうべなるかなでしょう。今年香川にいったとき体験しました、ハイ。

今日のお店は手のし餃子、湯麺の「珍満」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都台東区上野3-28-10
:03-3831-8801
定休日:年中無休

IMG_6597
お店の外観です。
このお店古くからあります、歴史は本当に古く50年以上はやっていると言う人もおります。子供のとき亡き父に連れてきてもらい餃子を食べた記憶があります。
場所は御徒町は吉池の裏です。雨の日なんか御徒町駅から吉池に入り、吉池からdashすれば濡れずにいけます。
ここの良いところは調理人の方が無口で、一生懸命中華鍋をふっているところですね、やはり調理の現場はこうでなくてはいけません。
おすすめは、餃子、チャーハン、湯麺ですね、裏切りませんよ!

IMG_6598

IMG_6599
今日のオーダーは「餃子ライス」@680です。
いつ食べてもここの皮はパリンとして美味しいですね、香ばしくて本当に美味しいです。
餡は野菜系肉少なめですが、この皮の主張のまえではbest combinationですね。
餃子というものに真に向き合いたい方にはお勧めしたいお店です。

それでは(^_-)

続 浅草 なると

今日は「鳥越神社祭礼」の話です。
本当に久々に出勤なしの日曜日です。折角の機会ですから奥様と「鳥越神社祭礼」に行ってまいりました。
「鳥越神社」は佐竹で生れ育った私の散歩コースです。若かりし母は赤ん坊の私をおぶって毎日「鳥越神社」の放生会に供された亀を見せに来ていたそうです、当然のことながら私は全く覚えていません、ハイ!

ここから後はパチリでご覧下さい。
なると21
まずは鳥越にある艶やかな銭湯「梅の湯」さんです、鳥越には100回以上は来ていると思いますが気がつきませんでした。

なると22
鳥越神社の境内です。

なると23
屋台が櫛比のごとくひしめきあっています。往来の人波が途切れません、昨日「アド街ック天国」で放送された影響もあるかもしれません。

なると24

なると25
御本社宮神輿渡御です。
御本社宮神輿は、台輪幅4尺3寸の元祖千貫神輿で有名です。狭い下町の町内を渡御するので、大きな胴体に比べ太く短い担ぎ棒のために担ぎ手一人の負担も大きくより重く感じるので、昭和の初めよりその重さから都内で最も重い神輿と言われています。

なると26
天狗様も猛暑のためお疲れのようで・・・何やら怒っているようですね。

なると27
宮司様も同じくお疲れのようで・・・疲れているのは宮司様でなく馬様か(笑)

今日みたいな暑い日は韓国料理です、ということで鳥越の後はTXで浅草に出没しました。
今日のお店はアニマル浜口家御用達の「なると」さんです。

住所: 東京都台東区浅草4-39-2Yコーポ1F
電話:03-3872-7560
定休日:水曜日

なると28
お店の外観です。

なると29
店内の雰囲気です。

なると30
今年の正月の「ぴったんこカン・カン」で取り上げられていましたね。

なると31
それでは料理の紹介です、まずは「バンチャ」(韓国風突き出し)@500です。マグロの煮つけがいけました、ナムルは安定した味です。

なると32
「お勧めマッコリ」@1,700です。頼んだ後気がついたのですが私の奥様あまりお酒が飲めないのですね。私の試算ではマッコリワンショットが@400なので二人で最低5杯飲めばbreak-evenと踏んだのですが、奥様が一杯しか飲まなかったので結構キツイ量となりました(笑)

なると33
海鮮チヂミ@800です。イカ、貝などの海鮮物がたっぷり入った一品です。
ふっくらと焼き上がったこのチヂミは私の思うところ東京一でしょう、他の追従を許しません。

なると34
「蒸し鳥」@1,500です。漢方材料を入れて蒸しています。この柔らかさ、味わいの深さタマリマセンネ、美味しいです。

なると35
「エゴマのサラダ」@550です。ほど良い酸味のドレッシングがエゴマのエグミを和らげてくれます。

なると36
「真タコニンニク炒め」@750です。以前から確信していましたが韓国のイカ料理ってレベルが高いですね、大々々満足です。

ということでこの美味しい韓国料理を二人で一気呵成に食べたでのすが、やはり量が多いようで・・・ここは3〜4人で来るお店ですね。

ご馳走様でした

それでは(^_-)

御徒町 パンチョ

今日は「蕎麦の種類」の話です。
数日前「デン助」さんのフリネタで、地元の明治以来の有名蕎麦店「らんめん」さんの話を書きました。ちなみに「らんめん」とはらんめん【蘭麺・卵麺】=たまごそばきりのことです。

ところで「もり」「ざる」「せいろ」の違いは何でしょう。
語源は単純で、「ざる」は竹笊(タケざる)に、「せいろ」は蒸籠(せいろ)に盛るからです。
蕎麦はもともと、汁(つゆ)に付けて食べるものでしたが、元禄(1868〜1704)の頃から、汁(つゆ)を直に蕎麦をかけて食べる「ぶっかけ蕎麦=かけ」が流行りました。
そこで、従来の食べ方と区別する為に「もり」の呼び名が生まれたのです。
今は「笊(ざる)蕎麦=海苔かけ」のイメージですが、「もり」に海苔をかけて「笊(ざる)」としたのは明治以降のことです。
「もり」とは明確に区別する為、「笊(ざる)」の汁(つゆ)はこくの深い辛汁を用いることが決まりでしたが、近年笊(ざる)用の汁(つゆ)を別に作る店は非常に少なくなっているようです。
「OuiMenVol.2」より転載


下町っ子の私としては、憤っているのはこの件(くだり)です。
我が下町の全ての?蕎麦屋では、「ざる」と「もり」を区別する為に汁(つゆ)を使い分けるのは当たり前でした。
しかし昨今この使い分けをキチンとしているお蕎麦屋さんは何%あるのでしょうか…
大半は海苔があるかどうかの違いで、@100〜150の「もり」との値差をつけています。
本当に良心的なお蕎麦屋さんってナンなのでしょうか、東京の蕎麦屋さん猛省してください。
でも最近の若い方は「ざる」と「もり」の違いは、海苔があるかどうか、若しくは山葵が摺りおろしているか練り山葵で出されるかどうかの違いだと思っていることが分かり、かなりのshockを受けている今日この頃です。

今日は御徒町に突如として出現したナポリタンの名店「パンチョ」さんです。
本店は渋谷とのことです。

住所: 東京都台東区上野5-26-10 B1F
:不明
休日:無休

パンチョ1
お店の外観です。「改めて(懐かし味)ナポリタンは上手と言わせたい」という惹句の縦看板がありました…マジでしょうか(笑)

パンチョ2
店内の雰囲気です。80年代の映画のポスターが沢山貼ってあります。
レトロ感出したいのでしょう、後かなりの客が漫画を見ながら食べています。
不思議に思ったらレトロ漫画がかなりおいてあるようです。「ビー・バップ・ハイスクール」が多かったような気がしました…食事中にいい大人が漫画読んじゃいけません!

パンチョ3
ナポリタン美味しくする脇役の面々です。さすがに「粉チーズ」は使い放題です…当たり前でしょう!

パンチョ4
今日のオーダー「目玉焼きのせ」@700円(並盛り)です。
味ですか、その前にこの並盛400gです。食べる前に確認すれば良かったのですが、無理です、こんなボリューム食べられません(悲)
具はピーマン、玉葱、ウインナーです、所謂ナポの定番です。
ソースはシャツに飛ばない系です。
味ですか、目玉焼きの黄身をまぜて食べているうちは美味しかったのですが、これが無くなると酸味の強さが際立ってシツッコイです。
ボリュームの多いことも相俟って、終盤飽きました。
このお店、私にとってはゴメンナサイのお店です、こんな日もあります・・・weep

それでは(^_-)

浅草 捕鯨船(くじら屋)

今日は「とある土曜日」の話です。
とある土曜日1
前日仕事が遅くまでかかり終電で帰宅したのが1:30それからお風呂に入って即に寝たものの次の日が起床5:30です。3時間強の睡眠で仕事に成田に出向き。車中で寝ようかと思っていたら後部座席(スカイライナーで行った)の老夫婦の会話が五月蝿く寝られずそのまま成田に直行。
午前中に仕事が終わり、なぜか昼時ビール×1本飲んだのがこれから後の壊れたジェットコースター状態の始まりです。

とある土曜日2
姪の大学入学祝を届けに下町へ立ち寄り。そしてそこで無理に時間を作ってくれた妹と合流。
スカイツリーが336Mと東京タワー越えとなったためか、スゴイ観光客です!
実家でこの観光客相手にビールでも売ったらエラク儲かるのにな(笑)

とある土曜日3

とある土曜日4
隅田川公園の桜、梅、etc、花見客は思ったよりおらず、拍子抜け。

とある土曜日5

とある土曜日6
定番の浅草に出没です。浅草神社境内内での猿君のパフォーマンスです。知らなかったのですが、猿君には目を絶対合わせてはいけないとか、それは猿君に取ってLet's fightの申入れなので即に飛びかかってくるそうです!
パチリの通り5Mを超え大ジャンプです、御年50歳の老猿ですがスゴイものです。

とある土曜日7
三遊亭小遊三師匠です。ここから松竹演芸場まで乗っていきました。
なんで行き先が分かるかですって、小遊三師匠に降りたところでまた合ったからです。

とある土曜日8

とある土曜日10
北野武さんが売れない頃よく飲みにきていた「捕鯨船(くじら屋)」さんです。これは店内のパチリです。北野武さんやや若いですね。「捕鯨船(くじら屋)」さんは昭和52年にオープンし、平成12年に浅草六区通りに移転しました。店主は、六区で一世を風靡した「デン助劇団」の元座員、河野通夫さんです。だから店内にはいたるところデン助さんのオマージュグッズがあります。

住所: 東京都台東区浅草2-4-3
電話:03-3844-9114
休日:木曜日

とある土曜日11
デン助さんのポスターです。亡父がこの喜劇役者が好きでした、実家近くの「らんめん寿司」に良くきており亡父はあったことがあるとか。素顔は極めて真面目な演劇人なのでその人となりのギャップにかなり父は戸惑ったようです。
ちなみに幕末から明治初頭の風俗記録「江戸の夕栄(ゆうばえ)」(大正11年刊 鹿島萬兵衛著)によると手打ち蕎麦屋の名店として「らんめん」が掲載されています。長じて「らんめん寿司」に行った時、幼稚園の先輩の親方に、なんで老舗蕎麦屋が寿司屋になったんですか、と聞いたことがありますが、曾爺のころだから、ワカンネェヤ!とのことでした。

IMG_5193
「捕鯨船(くじら屋)」さん名物「牛煮込み」@600です。このお店多分居酒屋さんでは浅草で一番高いのでは…その替わり味は、浅草ではトップレベル!肉はキレイに掃除されているので雑味がなくとてもジューシーで程よい脂身がたまりません。

とある土曜日12
なぜか今でも現存しているスマートボール屋さんです。韓国系の方が経営しています、絶対でません、ださせませんモード炸裂です。妹も結構粘ったのですが、結果摺りました。ここで勝ったのは、私の次男だけです…実話です。
しかし一回300円とは暴利です、そんなに儲かっているのならトイレ直せばいいのに、汚臭いですよ!

この後もさらに壊れていくのですが、ここらで手仕舞いにします。
如何でしたか、春の下町は…

PS 宜しかったら続編もどうぞm(__)m

それでは(^_-)

浅草橋 西口やきとん

今日は「函館のもんじゃ」の話です。
札幌在住の頃の話です。
札幌に転勤してたいして困ることはなかったのですが、ひとつだけあったのです、それは北海道では「もんじゃ」が食べられなかったことです。
しかし函館は五稜郭に一軒あるとのことで出張のときに訪れてみました。
お店の看板をみると「お好み焼き、もんじゃあります」と書いてあります、間違いないと確信しました。早速お店にはいるやいなや「五目もんじゃ」を頼みました。するとお店の店主が、もんじゃは焼き方が難しいから教えますよ、とのこと、私は、大丈夫ですよ、といいますと、そうはいうけれど、うまく食べられないお客もいるんだからねと、心配してくれます。私の顔に「下町っ子」なんて書いてありませんもの。

しばらくすると店主が「五目もんじゃ」を持ってきました。再度、本当に難しいから分からなかったら聞いてね、とのことです、まぁしつっこいことしつこいこと。
早速久々のもんじゃの実食です、なんと美味しいのでしょう。
厨房のほうに目をやると、店主が柱の陰から心配そうに私のほうを見つめています。
目が合ったのでたまらず店主が飛び出てきて、どうお兄さんうまく焼ける、って言いながら私の手つきを見つめています。
私が普段通りに食べていたら、おじさんは驚いています。そして、スゴイね、本当に上手に食べられるね、と感動しています。たまらず私は、実は私函館の人間ではなく、東京から札幌に転勤してきて、今日は出張で函館にきたのですよ、そして育ったところが浅草の近辺ですから、もんじゃは4歳のころから食べていますよ、といいますと、なんだそれならそれといってよ、心配しちゃったじゃない、とのことです、本当にいい人なのですね。

家でもんじゃを焼こうとして、札幌の丸井今井という一番大きなデパートにもんじゃのヘラ(ハガシ)を買いにいきましたら、もんじゃもへらも店員さんがわからず、大変苦労したことがあります。結局札幌にはもんじゃのヘラ(ハガシ)がないことがわかり、東京に出張した際、わざわざ合羽橋で買ってきたのです。

西口やきとん0
このパチリは私の函館の定番店「だるまや食堂」の開店当時のパチリです。ここは本当に安美味(やすうま)のお店でした…

とうとう会社を出るのが0時前になってきました、身体持つのでしょうか…
たまには息抜きということで、久々に妹と飲みに行きました。
いうことで、今日のお店は「西口やきとん」さんです。

住所: 東京都台東区浅草橋4−10−2
電話:03−3864−4869
休日:日曜祭日

西口やきとん1
お店の外観です。

西口やきとん2
店内の雰囲気です。

西口やきとん3
塩煮込み@150です。たっぷりと入った野菜の旨みとモツのこくのコラボレーションです。これはイケます、ちょっとポトフに近い感じですか。

西口やきとん4
フランスパン@150です。フランスパンを串に刺して焼いたものです。
クレイジーソルトを一振りしてから、外はカリカリ、中はもっちり、焼き上げています。
イケますね、モチロン塩煮込みに浸していただきます

西口やきとん6
なんこつの醤油漬け(こつ皿)@150です。デラ美味です。
圧力鍋でじっくり煮込んだ柔らか軟骨を秘伝のタレに漬け込んだものです。骨ごと食える驚きの美味さです、これってまさに下町の味です。

西口やきとん7
きゅーり@100 です。口代わりに最高ですね…

どうですすごいコスパでしょう、感動してください!

それでは(^_-)

浅草 D's diner

今日は「松風考」の話です。
浅草の有名居酒屋「松風」さんが2009年3月に70年の歴史を閉じました。
このお店に私は何歳の頃から行っているのでしょうか、もしかしたら生まれる前(母親の胎内)から行っていたのかもしれません。というのは私の父がこのお店が大好きだったからです。当時は夫婦でいっていたのだと思いますが、母親はあまりお酒が好きではなかったのでそれはないかもしれませんね…
いずれにしても物心ついた頃から父親についていき、脇でじっとジュースを飲んでいた記憶があります。
幼少の頃の私はこのお店が好きでした。というのも私の父は意地汚いお酒飲みだったのですが、このお店ではお酒が三本しか飲めなくいつも早く切り上げたからです。
しかしそんな父の酔態を見ながら成長したので、大人になったら絶対にお酒は飲むまいと決めていたのですが、既に中学二年生から飲み始めていたのは恥ずかしい限りです。

このお店Local rule(特殊約束)が多いのです、確か「酔客禁止」、「知らない人への献杯の禁止」「お酒は一人三本まで」がありました。記憶を遡れば、お酒は3本、ビールは3本だったはずです。もともと吉原(遊郭)にいく客が景気づけに立ち寄ったので、酒は売るが、量は売らないということですが、これはコジツケですね。上述の飲兵衛の父が、昔はタンと飲めたのにな、とよく言っていましたので、客の回転率をあげる為でしょう。

長じて大学生の頃から、松風へ再訪し始めました。
このお店は燗がつくたびにお燗番さんの「ます〜み(日本酒「真澄」のこと)〜、三番さ〜ん」「あ〜い〜」の甲高い抑揚のある呼び声がこだまします。私はこの節回しが三代目「三遊亭金馬」の落語「居酒屋」にでてくる小僧さんの声に似ているので、お可笑しくいつもこの声がこだます度に笑いをこらえていました。

それにしても上述のLocal rule(特殊約束)の中の数量制限は全く忌々(いまいま)しいものでした。
とぼけて多めに頼むのですが、店員さんに気づかれ、絶対にだしてもらえませんでした。よくやったのが友人と飲みに行く時、一人を15分ほど散歩させてから店に戻らせて、今来た客だからといって数量を嵩(かさ)上げさせていました。
さらにあまり飲めない女性達を多く連れて行き、数量を嵩(かさ)上げして飲んだ記憶がありますが、結局そこまでしてまで飲む必要がないことに気がつき、その後足が遠のきました。

世の中には奇特な方がおられて、松風のアテをパチリしていたので紹介します。
D's diner1
「おじゃこの佃煮」と「昆布の紫蘇」です。この店はこのアテから始まります。これは「松風」さんでのお約束です…
D's diner2
「湯豆腐」です。「湯豆腐」といえば「湯豆腐」なのです。これ以上なくこれ以下でもありません・・・不思議なアテです(笑)
D's diner3
「湯葉」と「マグロのヌタ」です。湯葉は山葵で、ヌタは隠れていますが若布の下には青柳が偲んでいるとのことです・・・忘れていました。これは美味しかったですね。
D's diner4
「おでん」と「塩辛」です。「塩辛」は柚子の香りがきいていていけます、日本酒がすすみます。おでんは確か最後のほうにでてきた記憶があります、そうこれがでてきたら「お積(つも)り」なのです。
上記画像は「KISHO director's blog」さんblogより転載

ということで今日のお店は浅草「浅草ビアホール D's diner」の暖簾をくぐりました。
要はフリネタの「松風」さんに居抜きで入ったお店です。

住所: 東京都台東区浅草1-15-6 1F
:03-5806-5566
定休日:月曜日

D's diner5
お店の外観です。

D's diner6
店内の雰囲気です。このお店「ダイマス」さんの浅草での三軒目のお店です。ということで期待して入ったのですが、駄目ですこのお店、まずストールが坐りにくい…長時間滞在させない為ですか。お店がガチャガチャして喧騒と紫煙のトルネードです。
なにか食べようかと思いメニューをみるとhotchpotch(ごちゃ混ぜ)です。
スペアリブ、ハンバーガー、うどん、餡蜜…なんだこれは、耐えられない、耐えることはできません、というこでスーパードライの中ジョッキ一杯を急速に胃に流し込み、這う這うの体で立ち去りました。
こんな日もあります…

それでは(^_-)

浅草 香港楼 2010年1ST

今日は私の思春期の恥ずかし話です。
私の恥ずかしい話は高校生の時「大事なトコロを女性に見せた」ことです。
中学校から剣道していた私は高校二年生のとき剣道青年の誰もが通過儀礼としてなる「いんきん」になったのです。
いつも股間をポリポリ掻きながら、坊主頭で”女子無用”という顔で校内(男女共学)を闊歩する姿は凛々しくもあり、これが剣道家の正しい姿であると盲信していたのでした。
ところがこの病気思った以上にあまくなく、当初はタムシチンキなど塗ってしのいでいたのですが、病状が悪化してきてそのうちがでるようになってきました。
おまけに布団に入って身体が温まると痒くて眠れません、掻けば瞬間は気持ちいいのですが、その後今度は痛くて眠れないという、まさに無間地獄に陥ってきたのです。
ある日妙案を思いついたのでした。夜中に患部を掻くから悪化するのであれば、掻かないような対処策を講じればいいということで、両手に軍手をつけてその上から外れないようにガムテープでグルグル巻きにして寝たのです。次の日朝起きると、頑丈にテーピングした軍手が外されているではありませんか、早速母親に、誰が僕の軍手外したの、余計なことしないでよ!といいますと、母親は即座に、朝からバカなことをおおいでない、誰があなたの軍手なんぞ外すもんですか、と一笑に付されたのです。私はこの事実を目の当りにして愕然となりました。このままでは駄目だまだ結婚前なのに陰部が溶けてしまうと思った私は、意を決して地元の皮膚科の門を叩いたのです。

受付をすませ呼ばれるのを待っていた私は、思春期になって初めて他人に大事なトコロをもろに見せる恥ずかしさで身も心も捩(よじ)れんばかりになっていたのです。
しばらくして名前が呼ばれて診察室入り、そこに坐っている先生が女性であることに初めて気付いたのでした。私は即座に踵を返して退室しようとしたのです。
すると先生は予め診察内容を申し送りされていたので、余計なところは見せなくていいから、とりあえず見せてみなさいと、おっしゃったのでした。
事ここに至っては致し方なく、神妙に陰部をご開帳したのでした。すると先生は笑いだし、良くここまで我慢したわね、といわれました。
先生曰くたまに運動をやっていて「いんきん」になり、陰部を見せるのが嫌で重篤な状態でくる学生はいるとのことでしたが、ここまでひどいのはなかったようです。さすが武術家、やせ我慢将軍!とまでいわれたのでした。結局完治するまで半年を要しました。

今思えば何気ないことですが、当時は自己韜晦の強い思春期だったからなのですね。
たまに風呂場でその当時の名残を見ると、女医さんの驚いた顔が浮かんできます。
私の青春の蹉跌のワンシーンでした

今日も昨日に続けて浅草に打合せで出没です。今日のお店は下町中華No.1の「香港楼」さんです。

住所: 東京都台東区雷門1-6-7
電話番号:03-5358-0998
定休日:無休

香港楼61
お店の外観です。このお店、浅草の中華では私の一番好きなお店です。

香港楼62

香港楼63
今日のオーダー「鰕仁豆腐(えびと豆腐の煮込み)+杏仁豆腐+漬物 +スーブ+ご飯お代わりし放題」@800です。これは鰕仁が美味しいですね、とてもプリンプリンしています。口内での鰕仁の躍動感はタマリマセン。上品なマッタリした味付けは純粋無垢の豆腐まで変身させます、これはイケます。値段が安いのは下町ならではですネ

香港楼64
韮菜餃子(ニラまんじゅう)@500 です。ルビーの如き輝きです。さらにホッコリした餡にジューシィな肉汁、滋養深い味わいです、これはイケました。

やはりこのお店はとても美味しゅうございます、ご馳走様でした

それでは(^_-)

浅草 銀座ブラジル 浅草店

謹賀新年
今日は「下町初詣」です。
初詣は昨日地元神社で二年詣をしました。実はNHK紅白歌合戦をダラダラ飲みながら見ていたものですから酔っ払ってしまい、時間を一時間間違え10時半に家を出て、結局1時間20分も携帯ワンセグを見ながら初詣を待つ破目となりました。あまりに寒いので出店の熱燗で暖をとっていたものの、それでも全然暖まらず震えていたのです。ところが家に帰って入浴するとその熱燗の酔いが一気解放され今度はヘロヘロになってしまったのです。わたしの体はバイメタルですか(笑)

今日は私のホームタウン下町に初詣です。いつものように上野で降りて浅草まで逍遥です。銀座ブラジル2
途中浅草演芸ホールの前で林家喜久扇師匠が木久蔵ラーメンの店頭販売をしていたのでパチリしました。林家喜久扇師匠って以外に小柄なのですね。

今日のお店は下町っ子ならここのフライドチキンとカツサンドを食べないとモグリとまで云わせしめる隠れた名店「銀座ブラジル浅草店」さんです。ちなみに銀座本店は早々とクローズされていますので「銀座ブラジル」というのは日本でここだけです。仄聞するに浅草店の名前を外す時期を逸したようです。
住所: 東京都台東区浅草1-28-2 2F
電話:03-3841-1473
定休日:水曜日

銀座ブラジル3
お店の外観です。

銀座ブラジル4
店内の雰囲気です。このお店、今日は雰囲気が変なのです。といいますのは、このお店のオーナーの長男が泥酔しながら、日本酒をガバガバ飲んでいるのです。オーナーである母親から、あなた車の運転が仕事(Taxiの運転手さん)でしょう。そんなに飲んで大声で話していると、明日からの仕事に差し支えるわヨ、と叱責されています…たしかに高吟談笑ってわけではないのですけれど、お店の方と取り留めない会話されているのですが、五月蝿いといえば五月蝿いかな!


銀座ブラジル5
メニューです。喫茶店なので結構値付けは高いです。

銀座ブラジル6
今日のオーダー「元祖ロースカツサンド+バドワイザー」@1,450(元祖ロースカツサンド950+バドワイザー500)です。今日は元旦なので昼ビールイカセテもらいます!

銀座ブラジル7
ここのカツサンドの特徴は高さを同じにするために、カツを互い違いにしています。それと特製デミグラソースです。味ですか、これはイケます、美味しいです。
特にカツがすごくシューシーですし揚げたてでホッコリしています。ただ全部で四切れでは少し物足りないような気がします。

銀座ブラジル8
初詣行く途中にあった水飴細工の屋台です。最近トンとお目見えしないものですから、アングル悪いのですがパチリしました。ちなみに今作っているのはドラゴン(西洋竜)です。

銀座ブラジル9
私の初詣の神社、浅草神社裏にある「被官稲荷」です。ここの御利益は出世です。たしか新門辰五郎の妻が重病で床についた時、京都府南部にある伏見稲荷神社でその快癒を祈願したところ全快した為その守護神を当地に勧請してできた神社だそうです。

銀座ブラジル10
ローソクを求めました。求めないとどうなるかですって、神様はいつもウトウト眠たげにしていますので、ローソクで光らせてお参りに来たことをしらせるためなのですね。そこで初めて願い事が聞き入れられるのです。

銀座ブラジル11
時間があまったので、両親の墓参と小学校からズーットの友人の墓参に行き、今日は通算四時間も歩き詰めでした、そんなこともあろうかと思って革靴ではなくスニーカーにしたのですが、大正解でした…さすが本人の性格を熟知していますね!
スカイツリー大分できてきましたね、それでも完工2〜3ヶ月遅れるようですが、何故か地デジスタートには影響を与えないようです…Why???

それでは(^_-)

銀座ブラジル 浅草店 ( 浅草(東武・都営・メトロ) / 喫茶店 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



新御徒町 白根屋 3rd

今日は「泥酔」の話です。
私は経験が無いのですが(嘘)、何で酷く酔っ払うことを泥のように酔っ払うという表現をするのでしょうか。実は、泥酔の「泥」は、土の泥の意味ではなく、空想上の虫の名前なのだそうです。この虫は南の海に生息し、水の中では活き活きしていますが、水がなくなると、骨がないためにフニャフニャになって、泥のように積み重なるのです。
このフニャフニャした様子が、酒に酔いつぶれた姿に似ているというところから「泥酔」という言葉ができたのです。
ちなみに酔っ払いを「トラ」ということがありますが。これはお酒を「ささ」と呼ぶことからきた洒落です。ささ(笹)にはトラ(虎)がつきものなので、酔っ払いは「トラ」というわけです
「雑学の王様」幸運者編より転載

今日のお店は、私の生誕の地でB級グルメの頂点佐竹「白根屋」さんで連食です。
前回書いた通り、私は神田で生まれてここ佐竹に4歳まで住んでいました。「白根屋」さんがある佐竹商店街は当時東日本第二位の商店街でその殷賑は筆舌に尽くしがたいものがあります。年末の大売出しなどは、チンドン屋さんが4、5連来てこの商店街を一日中練り歩いていたものです。That’s old storyですかね(笑)

住所: 東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

白根屋31
お店の全景です。

白根屋32
店内の雰囲気です。

白根屋33
今日のオーダー「たんめんラーメン」@460です

白根屋34
ピーマン、白菜、筍、モヤシ、人参、ネギをふんだんに使ったこの一品は野菜のシャキシャキ感で口内が破裂するが如きです。豚肉はカレー用のコマ豚を使用しているので弾力があり尚且つJuicyです。特筆すべきは、絶妙な塩加減です、多分このスープにあと1mmg塩を加えたらお釈迦でしょうと思わせるほどの匙加減です。
この美味しさ、タマリマセンね
この味でワンコインでお釣がくるのですよ、また寄りましょう、ご馳走様でした

それでは(^_-)

続 新御徒町 白根屋

今日は「Macの商標」の話です。
Macの商標は、かじったりんごで、Mac Fanの中には、りんごマークが可愛いからという理由の人もいますよね。ところでなぜMacのりんごは一部かじったようなデザインなのでしょうか。Macがりんごマークを採用したのは、ニュートンが万有引力を発見したのがりんごの木の下だったという故事に由来しています。りんごを一口かじってあるのは、パソコンのディスクの容量を表す単位、byteがかじるというbiteと同じ発音であることからのギミックなのです。ちなみにりんごがレインボーカラーになっているのは、虹のように大きく広がる可能性をもったbyteのりんごを象徴しているのです。
「雑学の王様」幸運者編より転載

Macといえばマクドナルドで、私的にはマクドナルド創業社長藤田田氏です。この社長は偉いと思います。猫バーガーの「都市伝説」が横行したとき、マクドナルドの当時の会社説明会で藤田社長は毅然と、新しいものは色々言われます。味の素だって当初は“蛇の粉”、と言われていました、誹謗中傷は私達の新しいビジネスに対する向こう傷です。気にしないで下さい、と言い切りました。そしてその流言飛語を払拭する為にバックヤードを小学生児に解放するなどして猫バーガーからの信頼回復の努力をされていたのです。

そして思いきり舵を切りますが、猫肉といえば私的には昭和53年に下町の屋台ラーメン好きを戦慄させた、「ラーメン手首混入事件」です…無理矢理ですね(笑)
この話は、要はヤー様の抗争事件で、抗争先の若頭を殺したのですが、何故か“手首”の処理に困り屋台ラーメンのスープにして、下町においてチャルメララーメンしていたのです。そして事件全容が判明した時、下町及び帝都全域において屋台ラーメンに対する多大なる不信感を植え付け(売上30%減)、そして驚愕させたのです。

私はこの話を長男にする時、多分その若頭の手が極めてわかり易い欠損(ある指の長さの一部が通常の1/2とか1/3とか)なので、そこから身元が判明しないように手首をラーメンにいれたのだよ、という説明をしていたのですが、今日このBlogを書いていて間違いに気がついたのでした。

この事件は屋台ラーメンの縄張りで揉めて、上述の様に抗争先の若頭を神戸山中で殺戮したのです。その死体は頭、胴体、両手、両足ときれいに4ブロックに切断された処までは良かったのですが、その後何故か山中に適当に投げ捨てられたのです…なぜ何だろう?
そこまでは投げやりだったのですが、殺人を指示した親分がこの若頭の身元を判明することを恐れ、一番身元が割れ易い指紋がある手首を別に処理にさせたのです。
ということでこの事件の嚆矢は極めて単純だったのでした。そしてそれを指示された兄ちゃんが、これまた短絡的にこの手首を神戸から下町まで持ち帰り、そして考えあぐねてラーメンのスープにいとも簡単にしたのでした。
ところがこの若頭は背中に極めてわかり易い「天女」の入れ墨していたことから、即に身元がわれこの親分の指示はなんの効力もなかったのです。
要はラーメンスープにしたことは全く意味が無かったのですね、しかし何で埋めなかったんだろう?ちなみにこの手首は出汁が取れた後、金槌で粉々に砕かれ地表の肥やしになったのです。さらにいえばこの屋台ラーメン屋さん、このスープのラーメンは一杯も売ってません、と警察の取り調べで述べています…ありえないですよね、嘘だと思いませんか

今日のお店は、私の生誕の地でB級グルメの頂点佐竹「白根屋」さんです、

住所: 東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

白根屋11
お店の全景です。

白根屋12
今日のオーダー「焼肉定食」@600です

白根屋13
このボリューム見てください、これで@600ですよ。お新香だけでも満腹になります。味ですか、豚肉は少し硬いですが、問題有りません、充分美味しいです。特に玉葱とピーマンのシャキシャキたまりません。美味しすぎますhappy01happy01happy01
やはり私の聖地のお店は紹介したくなかったですね!

それでは(^_-)

上野 鳥千

今日は「キスグレ兄妹ヨッパライ兄妹」の話です。
私には歳の離れた妹がいます。今戸籍抄本を見ていて妹の出生当時を思いだしていたのですが、妹が生まれたのは19××年5月7日(月)なのです。そして出生届けは同年5月19日(土)です。出生届けは確か2週間以内ですので、この期間から分かるようにギリギリに届けられたのは明白です。何故かといえば我家族にとって、初めての女の子でしたので名前が決まらなかったのです。父親はこの始めての女の子に幸せになって欲しいが為に、命名に悩み悩み、結局考えるのが嫌になりギリギリまで放置していたのでした。
さすがにギリギリの月曜日に届けるのは嫌なようで、出生届予定としていた土曜日、考えあぐねた父親は母と私に名前を一緒に考えてくれ、といって家族命名会議が早朝より開かれたのです。結局薬局皇后陛下の美智子様にあやかって道子になったのですが、役所にいって昼前に戻ってきた父親からは、道子ではなく敏子にしたから、とのことでした。
何で?ときましたところ、役所の受付の女性の名前が気に入って急遽変更したらしいのです。まあいいのですが、少しeasyだよねと、子供心に思ったものでした(笑)
私は母親系の性格、顔立ちなのですが、妹は父親系の性格、顔立ちでして、特に父方系の祖母に顔が似ています。たまに妹と飲んでいますと、祖母の顔がoverlapしてきてDNAの不可思議さを感じてしまうのです。
さてフリネタに戻りましょう、その妹が私の誕生日祝をしてくれるというので秋葉原の焼鳥屋さんに特攻しました。しかしかかし入店したこの店オーダーをしてから待てど暮らせど料理がきません、お酒の量(はか)だけがひたすら進み、さすがに耐え切れなくなった私は、頼んだ料理のお金は払う代わりにもう帰る、といってお店を出ようとしました。するとお店の店員さんから、誠に申し訳ありません、お代は結構です、といわれたのです。本当にいいの、もうこのお店は二度と来ないよ、と念押したところ、構いません、とのことでしたので、払わずに退散したのでした。これって間接的無銭飲食ですよね(笑)

ということでその後料理屋さんを探して秋葉原からなんと入谷まで流浪の民となり、やっとこさたどり着いたのが今日のお店やきとり「鳥千」さんです。

住所:: 東京都台東区北上野1丁目1−1
TEL:03-3847-8910
定休:不明

鳥千1
お店の外観です。

鳥千2
店内雰囲気です。

鳥千3
「鰻の肝焼き」@200です。これでき合いでしょうね、でもそれなりの美味しさでした。

鳥千4
「蟹甲羅グラタン」@400です。これは秀逸です、以外に蟹肉が入っていて美味しゅうございました。

鳥千5
「牛ハラミ串焼」@200です。これイケました、さすがやきとり「鳥千」さん、牛肉も美味しいじゃないですか。

鳥千6
「豚ロース味噌焼」@600です。豚肉も美味しいですね、結構な焼き加減です、イケました。

鳥千7
「中華あんかけ焼きそば」です。これは店長の松本さんに、締めに頼むのに「ソース焼きそば」と「中華あんかけ焼きそば」どっちが自信ありときいたところ後者の「中華あんかけ焼きそば」といいきったので頼んだ一品です。味ですが、餡はイケたのですが、そばの揚げ方が全くできてなく、グズグズです。これは焼きそばではなく茹でそばです。もしかして中華はあまりお得意ではないのではとも思ったのですが、餡があまりに美味しかったので、何かの手違い?かもしれませんね。

BlogPaint
お店の店員さんと妹のスナップです。このお店の後真っ直ぐ帰るわけも無く、このお店の提携というかすぐ隣の二階にあるスナックにいき、久々に心身ともにキスグレ(酔っ払う)てしまったのです、次の日が大変でした(笑)

それでは(^_-)

浅草 餃子館

今日は「酔っ払い」の話です。
飲酒によってエチルアルコールを摂取すると、摂取した量に応じ脳の麻痺(抑制)が起こり、酒酔いとなります。脳の麻痺はまず大脳の高位機能の麻痺から始まるため判断力、集中力、抑止力等が低下します。その結果、脳の低位機能(いわゆる本能的と呼ばれる機能)が表層化する事により、軽い興奮状態となり、気が大きくなったり、気分が良くなったりする酒酔い状態となのです。
お酒は一種のaddiction(薬物依存)ですので、だから分かっちゃいるのにやめられないのです。
日本は酔っている人はお酒がそうさせているのだから、素面になればいい人なのだからといって免罪してしまうきらいが強く、アル中患者を増大させる要因がここにあります。
アル中王国の英国では毎年、アルコールによる病気や事故で年間27億ポンド(約5130億円)が国民健康保険(National Health Service、NHS)から支払われています。飲酒事件・事故に関連する警察の出費も相当額にのぼるとみられています。
よって同国保健省は、同キャンペーンをまず北西部で展開し、「楽しい夜遊びとは、お酒をたくさん飲むこと」とする考え方を変革していきたいとしています。その一方で、アルコールにポジティブなイメージを抱いている人は多く、お酒をたくさん飲む人ほどその傾向が強いため、同省は「困難な作業になる」ことを覚悟しているそうです。
以下が、同省が分類した酒癖の悪い人の9つのタイプです。

ストレス解消型:忙しかった一日の終わりに、気分を鎮めるために飲む人。中産階級の男女に多い。
共同体型:何かに属したいという気持ちから飲む人。大人数で飲む。下層中産階級の男女に多い。
快楽主義型:刺激を求め、自制を失いたいと願う人。成人した子どもを抱えた、自己顕示欲が強い離婚者に多い。
マッチョ型:余暇の大半をパブで過ごす人。あらゆる年代の男性に多い。
旧交温め型:友人と連絡を取り合う手段として飲む人。
体制順応型:組織の一員になりたいという気持ちから飲む人。45-59歳の事務職または肉体労働の男性に多い。
退屈型:退屈しのぎに飲む人。
うつ型:癒しを求め、安全を感じたいと思って飲む人。性別、年齢、社会経済的立場を問わず見られる。
別宅型:パブを「もう1つの家」と見なす人。昼夜、平日、週末を問わず定期的に訪れる。即座に飲み干す傾向が見られる。

やはり日本とはちがいパブがアル中の温床となっているようですね。ちなみに私はまぎれもなくストレス解消型です(笑)

今日は下町ビギナーさんと浅草に特攻です。
今日のお店は以外に知られていない、餃子館さんです。
餃子館1
お店の外観です。

住所: 東京都台東区花川戸1-10-13 1F・2F
電話番号:03-3842-3808
定休日:無休

餃子館2
店内の雰囲気です。怪しげな中国語を喋る私を、何故か気に入ってくれて “熱烈歓迎” です。50度近い白酒バイジュウ をふるまって頂くのは結構なのですが、あまりのアルコールの強さで思わず天国の階段に足を掛けそうになりました。

餃子館3
突き出しの豚の耳の野菜餡かけです。コリコリしてイケます。

餃子館4
茄子の黒胡椒炒め@520です。これはどういったらいいのでしょう、不思議な味です、茄子をからりと揚げて黒胡椒、塩等で味付けしてあるのですが、茄子の食感、衣と調味料が絶妙に絡み合ってたおやかな味になっています、これは美味しいhappy01

餃子館5
えび玉@680です、中華料理定番の味付けですが、卵火を通しすぎです。それでもえびがプリンプリンしていて甘くかなりのレベルの料理です。

餃子館6
海鮮焼きそば@1,000です。この輝く餡見て下さい、たまらなく美味しいです。麺の焦がし方も秀逸です。浅草の片隅にこのような中華の名店があろうとは、思いもよりませんでした。
ところで餃子館なのに名物の餃子を食べるのを忘れました、また来ましょう 拜拜〜バイバイ〜(またね

それでは(^_-)

竜泉 角萬 竜泉店

今日は「カツラ」の話です。
現在のカツラは昔からある「かぶる」タイプの他に、自分の毛があるところには「結びつける」、つるつるのところにはシートに植えた毛を「貼る」タイプに分かれているそうです。

ちなみに「ヘアコンタクト」大手のプロピアさんの一押しは以下の画像です。
角萬1
「ヘアコンタクト」は、安全性の確認された特殊な吸着剤(※頭皮に異状のある方はご使用になれません。)で密着。だから強く引っ張られてもはがれません。時間がたつほど地肌になじんで肉眼ではほとんどわからない自然な印象に。はずす場合は専用のクレンジングスプレーで簡単に行えます。(今までのカツラのように使用時に、地肌または製品に接着剤や両面テープをつけるものではありません)時間が経つと親和性が高まり、どんどん自然になります。

髪は全体で約10万本、うち頭頂部に約3万本です、一本の毛は約6年で生え変わります。
薄毛人口は約1200万人、うちカツラ人口は約80万人です。脂っこい食事は頭皮に良くないそうです。髪に良いのは大豆などのたんぱく質だそうです。

最近ヅラの人見かけないなと部下と話していたら、上述の通り「貼る」系に流れてきているので、一見では分かりにくくなっているそうです。これは快挙です、なぜ薄毛の人は「貼る」系に雪崩れ込まないのでしょうか・・・不思議です?もしかして値段が高いのかもしれませんね。
床屋のマスターに毛の少ない人と、ある人の理髪料金が一緒なのはおかしいと話したら、すぐに理髪すると失礼なので、ハサミを空打ちして時間を調整しているので、気遣い料金が入っているから一緒なのですよといっていました(笑)

今日の竜泉の取引先に訪問しました。打合せがお昼に食い込んでしまったので、取引先の常務からお昼でもといわれ、連れて行ってもらったのが今日のお店「角萬(かどまん) 竜泉店」さんです。変わった蕎麦を食べさせるお店ということで地元では有名なのだそうです。

住所:: 東京都台東区竜泉3-13-6
TEL:03-3872-5249
定休日:日曜日・祝日

角萬2
お店の外観です。

角萬3
お店に入ると普通の小さな蕎麦屋さんですが、なにやら異様な熱気が漂ってきます。どうやら満席なので見送りかと思えば二階もあるとかで、階段で上がります。上がりきるとそこには入れ込み式の大広間が出現しました。少なく見積もっても50人は坐れそうです。
常連さんはメニューも見ずに「ひやにく」とか「ひやにく大」とかを、お店のオバチャンに声掛けしています。な何だろう「ひやにく」とは、疑問を感じながら取引先の常務からは、特にお好みなければ一緒のもので宜しいでしょうか、といわれましたので素直に従いました。そしてこの常務もオモムロに「ひやにく、二つね」とオバチャンに注文を入れました。
今日のオーダーは「冷やし肉南そば」@950です。
4〜5分位すると、「ひやにく」の登場です。ドンブリにはたっぷりの蕎麦が盛られ、濃い色の出汁がかけられています。その表面を覆い隠すほどの甘辛く煮込んだ豚バラ肉が乗せられ、さらに長ネギがたんまり乗せられています。最近流行りの「港屋」系の付け蕎麦ではありません。味ですかガテン系のしっかりしたハッキリした味付けです。豚バラ肉は噛めば噛むほど、豚肉の滋養分がでてきて美味しいです。蕎麦は太きしめんのようで、硬く白っぽい麺です。このハッキリした出汁によくからみます。
これはイケますね、美味しいhappy01聞くところによるとお酉様に行くときは、ここに立ち寄るのが土地っ子のお約束とか。知らなかったな、下町っ子なのにこのお店の存在は、まだまだ修行がたりないと思う今日この頃でした。

角萬4
ちなみにこの常務の一押しはこの「家康」さんです。角萬から入谷駅に行く途中、金美館通りを歩いていたらこの店の前を通りましたのでパチリしました・・・マジに偶然ビックリマーク

住所:: 台東区入谷1-23-2
TEL:03-3874-8789
定休日:不明


それでは(^_-)

続 御徒町 蒙古タンメン中本

今日は「Splash」ネタです。
あまり期待しないでサクサクとお読みください。
昨日は朝五時起床、飛行機で富山へ、帰りは車中接待ということでJRを乗り継いで越後湯沢から新幹線で帰宅しました。約4時間良く呑みました。
ということで今日は昨日会社にいなかった為、仕事がパイルアップしており死にそうだったのです。三時頃遅い昼食ラーメンをとり、その後接待で銀座になだれ込んだというのが今日の一日です。

今日は二時頃、仕事で三ノ輪に出没しました。
二つのパチリを紹介します。

蒙古タンメン中本21
このお店ラーメン@200です、しかも張り紙によると「限定88食」です。
これは嘘です(笑)仮りに88食だとすると@200×88食=17,600円/日です。そして22日稼動とすると17,600円/日×22日=387,200円、利益率を50%と高い設定にしますと、このお店の利益は387,200円×50%=193,600円となります、家賃をいくら安く見積もってもこのお店は昭和通り沿いにありますから@150,000位が妥当です。
残額43,600円では光熱費払って終わりますよネ。ここまでの収支ではその他の諸経費が賄いません、要は倍は売っているのでしょう、というのが私の結論です・・・違ったら関係者の方ごめんなさいm(__)m
「限定88食」の張り紙はアザトイです

蒙古タンメン中本22
このお店は三ノ輪にある、酒屋さんです。かなりのVintageの建物です。今は四代目が経営されていますが、一発大地震がくると崩壊するのは自明です。リビルドされたほうが・・・と思う今日この頃です。

今日のお店は蒙古タンメン「中本」さんです。

住所: 東京都台東区上野5-20-3ラーメン横丁
電話番号:03-5688-1233
休日:不明

蒙古タンメン中本23
お店の外観です。

蒙古タンメン中本24
お店のメニューです。

蒙古タンメン中本25

蒙古タンメン中本26
今日のオーダー「蒙古タンメンラーメン」@750です。今日の「蒙古タンメン」は美味しかったです。スープはお約束の熱々です。麺はモチモチの中太麺で美味しい、いつも私が×マークつける野菜は作りおきでなくシャリシャリして美味しい。ここはまごうと事なき実力店ですね、本当によく理解しました。

蒙古タンメン中本27

蒙古タンメン中本28
今日の接待の銀座の高級イタメシ屋の店内の雰囲気です。たいして美味くないのに一人@10,000です、普段慎ましやかに暮らしているのでこのGapに悩んでしまいました(笑)

それでは(^_-)

西浅草 来集軒 3rd

今日は久々のSplashな日々です
このSplashネタは納豆ネタ(ダラダラと糸を引く意味)で尚且つ私的ネタなので初めて立ち寄った方は全く面白くも何ともないので速やかに他のサイトに遷移されることをお勧めいたします…カナ(笑)

来集軒31

来集軒32
金・土と出張で会社に行かなかったものですから、日曜日は朝早くからサクサクと仕事をしていました。ところがこころが今日は地元の祭礼で妹と神輿を担ぐ約束をしていたのですね。しかしかかしパイルアップされた仕事はおわるわけもなく昼食もとらず仕事をしていましたが14:30に妹から、早く来ないと神輿が終わってしまう、という電話で仕方なく仕事を切り上げた神輿を担に行ったのです。
このパチリは私の地元に建設中の「東京スカイツリー」です、大分出来てきましたね。


BlogPaint

来集軒33
私の妹と妹の愛犬T君です。T君愛くるしいので直来の会場でもモテモテでした。

来集軒35
今日私が連続65分間も肩を入れていた地元町会の神輿です。

来集軒36
お楽しみの直来会場です。空きっ腹なのに飲んだものですから、秒殺でヘラヘラになりました。

来集軒37
死んだ父親が死ぬ一年間前位ですか、いつもこの場所に坐ってなにやら遠くを見つめていました。一体何を見ていたんだろうと一時間位時間と眺望を父親の気分になって共有してみたのです…結果的には父親の心根はよく分かりませんでした。仕方がないので私が天国にいったときに父親に聞いてみましょうか、多分あまりたいしたことがないような(笑)

来集軒38

来集軒39
このあと少し呑み足りなく歩いて浅草雷門「神谷バー」に出向きました。ここではお約束の電気ブランオールド(40度)@360×2杯を頼みました(ちなみに普通の電気ブランは30度です)。寝不足、空きっ腹、疲労の体にはキキすぎです。私は十秒でHeavenに召されてしまいました。これは美味しいです、イケます、酔います。



来集軒40


来集軒41

そして電気ブランオールドといえばこれまたこのお店でのお約束の「海老グラタン」@710です。ここのベシャメラソース浅草では一二のおいしさです、真っ赤なエビ君がグルメアイコンになっています。

来集軒42
やっと本ネタです。今日のお店は西浅草「来集軒」です。お店の外観です。

住所: 東京都台東区西浅草2-26-3
電話番号:03-3844-7409
定休日:火曜日

来集軒43
今日のオーダー「ラーメン」@600です

来集軒44
味ですか、飲んでいたこともありいつもより美味しく感じられました。特に私の好きな中太縮れ麺はモチモチしていて秀逸です、スープもベリグッ今日はすべてが美味しいhappy01
このお店もともとは普通のお店なのですが、メデイアに露出してから変なお店になったような気もしたのですが今日はそんなことは全く有りませんでした。この日は常連さん達が、麺少なめシナチク大目、麺少なめ油少なめ、麺大目二人で食うから、とか下町ならではの会話が横行して昔の雰囲気が横溢していました…いつもこうあるべきだよ「来集軒」!…(マジ)

来集軒45
こんなクスリまだ売っていたのですか(笑)

来集軒46
合羽橋商店街のスタンデイングアイコンです、なにやら寂しげな(フフフ)

それでは(^_-)

入谷 じゃじゃ馬

今日は「若返りの水」の話です
雪解け水などの「岩水」が実際に「若返りの水」であることが多くの科学者によって確認されています。
雪解け水や氷が溶けた水が生物を活性化させる作用があることが確認されたのは北極でした。氷の解けたばかりの水の中でプランクトンの異常な増殖が見られたからです。
さらに調べてみますと、氷や雪が解けた水は農作物の収穫率を1.5倍から2倍にも引き上げていました。若鶏の成長や鶏の産卵率、牛の乳量を増やしていました。
【中略】
雪解け水には不思議な力があり、雪が多ければ農作物の収穫が増え、若木の成長が早くなり、鶏はよく卵を産むようになり、雌牛も乳をよく出すようになります。
有名な生物物理学者のアルバート・セイント・ジョルジ博士は「結晶化した水が命の母体である」と述べています。「雪や氷などが溶けた水の中には氷の構造が残っており、その柔らかい氷の格子空間に生体分子を包み込み、潜在的な生命機能を保ったまま、理想的に生体分子を配置するからだろう」と説明しています。
【日本経済新聞 Sunday Nikkei】より転載
そうのですか、しかし都会の汚染された大気で作られた雪水は飲めないでしょうね。
この夏休み暇に任せて走ってばかりいるのですが、走り終えた後の一杯の水は甘露の味です。この水を飲むために走っているようなものです(マジ)

今日は友人に誘われ第13回浦和歌唱劇「春のきざはし」を川口までいき観劇してきました。
「きざはし」とは階(きざはし)すなわち階段のことですね。
粗筋は主人公高史(たかふみ)さん、異母兄妹亜由美(あゆみ)さん、そしてこの兄弟の祖父の召使の孫娘で、亜由美(あゆみ)さんの専属のお手伝として働いている明日香(あすか)さんこの三人がメインキャラクターです。要はこの三人を取り巻く人間愛憎然最後皆到来幸福劇です。ちなみに登場人物名の正確さについては自信なしです…高史さん以外はこんな感じの名前だったかなって感じです。
小中学校の時演劇で都大会にでた事もあってかなり興味をもってこの劇をみました。
ウーン素人劇のためか登場人物がやたら多く全般的に平板です。尚且つ演出家の意図かどうか分かりませんが出演者の台詞の抑揚が皆同じように聞こえて、登場人物の切り分けが難しいなというのが正直な感想です。
色々な方を登場させる為にかなりHotchpotch的になっているものの、妙な安定感があり本当は楽しめました。出演者の方々は超満員の観客の前での演技なので、さぞかしアドレナリンは出まくりだったことでしょう…分かりますよ。しかし何でこのように超満員だったのでしょうか、多分出演者の親類縁者知人友人暇人が多く参集したためと私は読んでいます(笑)

ということで観劇が終わった後京浜東北線で一本ということで何故か鶯谷まで行きそこで反省会です。今日のお店は入谷の居酒屋「じゃじゃ馬」です。

じゃじゃ馬1
お店の外観です。

住所: 東京都台東区北上野2-20-5
電話:03-3841-4547
定休日:不明

このお店何故かお盆休み期間だというのに超満員です。否応無しに期待が膨らみますネ

じゃじゃ馬2
まずは最初のおつまみ「納豆オムレツ」@580です。なんで全国の居酒屋さんは「納豆オムレツ」をこのような作り方をしないのだろうと言い切るくらい、絶妙な納豆in theトロトロオムレツです。これは本当に美味しhappy01

じゃじゃ馬3
次のおつまみモツのスタミナ炒め@580です。これも高水準です。野菜の炒め方が私の好きな外硬内柔です。欠点をいえばモツが少し硬いかな?でも味付けは申し分ありません

じゃじゃ馬4
最後のおつまみ「もちピザ」@550です。
これは美味すぎるhappy01
本当にこんな美味しい「もちピザ」食べたことはありません。チーズはクドクなくさりとて超上品でもなく秀逸です。具もよくトロトロにトロけていてタマリマセン。玉ネギも甘いじゃないですか。ベーコンも自らの個性を充分にアピールしています。本当にこの美味しさには驚かされました。

スタッフの接待も感じよく気持ちよいです。仄聞するに二人いる調理人の内オジイサン調理人の料理の腕が確かとか宜(うべ)なるかなと思う入谷の宴でした。

それでは(^_-)

御徒町 青葉 御徒町店

今日は「耐久消費財の使用年数」の話です
耐久消費財の使用年数に奇妙なねじれ現象が起きているのはご存知でしょうか?
長寿製品の代名詞だった冷蔵庫、洗濯機など白物家電が徐々に短くなる一方で逆に早めに買い換える製品の代表格であったパソコン、携帯などがジワジワと買換え時期が伸びています。
何が起きているのでしょうか?
まずパソコン、携帯、デジカメなどでは、これまで大きな購買動機だった「機能向上」が限界に近づき、頻繁に買い換える必要がなくなってきているのがその理由です。
つまり故障しない限り、使い続ける“成熟商品”になりつつあるわけです。その一方冷蔵庫なら省エネ機能や買いだめできる500板兇梁膩神宿覆覆鼻∪濯機なら節水機能が高いドラム式など魅力的な新製品が続々登場し、買い換える客が増えているそうです。
こうした理由から、従来のイメージと異なる変化が使用年数にでているわけです。つまり製品寿命も時代に応じて絶えず変化し続けているようです。
【日本経済新聞 裏読みWAVE】より転載
たしかに毎日使用しているEXCELやWORDはバージョン2003ですが、何の痛痒も感じませんものね、納得感あります。貧乏な我家でも去年エアコンは最新バージョンに買い換えてますし、今ガス台もIHにしようかと検討していますので、宣(うべ)なるかなですね。

今日から夏休みです。結構夏休みも過密Scheduleでワタワタです。折角の夏休みなのでゆっくりすればいいのでしょうが、要は貧乏性なのでしょうね(笑)

青葉11
今日のお店は御徒町「青葉」です。前回飯田橋店では美味しい「中華そば」をいただいたので期待は膨らみます。

住所: 東京都台東区上野5-20-3
電話:03-5812-2254
休日:無休

青葉12
青葉13
本日のオーダー「つけ麺」@700です。

青葉14
このお店は魚介+豚骨のダブルスープの元祖店の支店です。スープは甘・辛・酸のバランスがよくとれておりマズマズです。麺はわりと太目で、コシがあって美味しいしイケます。チャーシューもホロホロしていて満足です、でも全体的には優等生みたいな味で心に残るところはありません。
やはり基本的には「つけ麺」が嫌いだからかもしれません、なら食べなければいいじゃないとも思うのですが、この裏切られる快感がタマラズ食してしまうのですね

それでは(^_-)

浅草 いのうえ

ウーンここのところデラ多忙です。
今日は群馬県西小泉駅前で仕入先と軽飲みです。居酒屋の親父が道産子とカミングアウトした当たりから北海道滞在七年歴の私と絡みあった糸玉みたいになってしまい、分かりやすくいいますと所謂グズグズです。しかし駅前ですから電車が来る時間で切り上げて大団円です!
しかしそんなに世の中上手くおさまる分けがありません。某駅でトイレの為仕入先と別れ用をたしたときにこの駅が親父の実家の駅だということを思いだしました。短絡的というか思慮がないというかご先祖様の墓参に出向いたのです。三十年ぶりですか、夕ぼらけの間にいけば簡単に終了すると思っていました。しかししかし三十年の月日は親父の実家の周辺を変貌させていたのです。さ迷うこと一時間、ご先祖様のお墓の手向けは無事終了したのですが思い切り疲れたのです。

今日のお店は浅草博多ラーメン「いのうえ」です
いのうえ1
お店の外観です。かなり地味です。

住所: 東京都台東区花川戸1-6-6 花川戸マンション 101
電話番号:. 03-3847-0084
休日:月曜日

いのうえ2
今日のオーダー「豚骨ラーメン」@600です。

いのうえ3
味ですか、イケます。久留米出身のご主人が調理する本格的博多ラーメンです。特にスープはコクがあり絶品ですしコストパフォーマンス最高です。しかし何でこんな美味しい博多ラーメン屋さんが隠れていたのでしょう。
土地っ子なのに全く知りませんでした(笑)

それでは(^_-)

御徒町 肉の大山

今日の話は「競馬のコースレコードの更新は稀」です
競馬のコースレコードやレースレコードがなかなか更新されません。
デスモンド・モリスの「競馬の動物学」(渡辺政隆訳、平凡社)によりますと、サラブレッドは全ての血統が登録されています。そのため新しい血が参入されることが禁止されました。すなわち1793年に血統書「ジェネラル・スタッド・ブック」が創刊されて以来200年以上のもの間、限られた遺伝的ヴァリエーションの中での掛け合わせしか行われておらず、もはや頭打ちとなりそれが記録の更新がなされない理由なのです。
しかし日本では今でも記録更新がなされています。
日本の競馬の歴史はイギリスよりも200年ほど遅れて始まっています。よって遺伝子のヴァリエーションがまだ尽きてないとうことです。しかしこのままいけばイギリスのような状態に陥るそうです。

今日は草津(滋賀県)に出張です。
帰路の新幹線で取引先と車中でビールをのみ軽くヘロヘロです。
東京に着き飲み足りなくて、私が東京で二番目に煮込みが美味しいと思う「肉の大山」へ皆で行ったのです。

肉の大山1
お店の外観です

住所: 東京都台東区上野6-13-2
電話番号:03-3831-9007
休日:不明

肉の大山2
まずは乾杯の「黒ウーロンハイ」@480です。

肉の大山3
肉の大山4
本日のメインエベント「大山名物特製煮込み」@367です。
これは美味しいタマリマセン。シマチョウを主体としたものですが、アクセントの蒟蒻、生姜も美味しいです。スープは味噌ではなく塩味ですが、よく肉が掃除され湯がかれているので最高に肉の味が引き出されています。私の東京一は「山利喜」ですが、ここの煮込みも美味しい時は時「山利喜」を凌駕していると思います。
肉の大山5
ちなみにメディアで喧伝されている「岸田屋」の煮込みです。久々に食べたら味がもどっていました…ここはここで美味しいですね。

肉の大山6
煮込みの定番「ガーリックトースト」@367です。やはり煮込みの美味しいエキスを堪能するのであればやはりこのトーストの出番でしょう。豊穣なこの煮込みをしっかりと吸い込み、たおやかなガーリックの風味が煮込みスープの味を倍増させます。
これは本当に美味しいhappy01

肉の大山7
二杯目の「プレミアムメガ酎ハイ大ジョッキ」@472です。この辺りで出張の疲れがでてきて酔いがまわってきてそろそろFinishです。

肉の大山8
肉の大山9
締めは「やみつきメンチ」@105 です。お肉屋さんのメンチですから不味かろうわけがありません。ジューシーでフワフワです。ウスターソースと洋辛しでいただきますと、気分はワンダーランドです。

この店こそ下町っ子一押しのB級グルメ店です.。

肉の大山10
最後は御徒町最大の人気モツヤキ屋「大統領」のパチリです。しかし並んで食べるとは…私はしません(嘘)

それでは(^_-)

御徒町 蒙古タンメン中本

眠り病になったのでしょうか(笑)
昨日は9時間眠り、今日は出張の往復の車中爆睡です。

今日のお店は美味辛系ラーメンの頂点「蒙古タンメン中本」です。
蒙古タンメン中本1
お店の外観です

住所: 東京都台東区上野5-20-3ラーメン横丁
電話番号:03-5688-1233
休日:不明

蒙古タンメン中本2
本日の獲物はこの店一押しの「蒙古タンメン」@770です。
そもそも辛さというのは調味料ではなくて、食材の美味しさを増大させ為のるものです。よって元が美味しくなければいくら辛くしても駄目なのです。

蒙古タンメン中本3
味ですかトッピングの「辛し麻婆豆腐」は丁度良い辛さでイケました。スープは熱々、ハヒハヒで美味しいです
麺は太麺のモチモチでこの辛い々スープをしっかりと受け止めています。タンメンの為なのかグズグズの野菜がトッピングされています。しかしこれがマズイのですネ。多分作り置きかと思われるのですが、とくに白菜が臭いのです。ほとんど美味しかったのにとてもこのグズグズ野菜の為に残念でした。
でもこの辛さ癖になりそうです(笑)

それでは(^_-)

浅草 なると

今年も三社祭が始まります

下町っ子の為30歳位までは三社祭が始まると目がつりあがっていたのです。当時は毎年浅草公園町会で神輿を担いでいました。下町っ子にとっては三社祭で神輿を担ぐっていうのは一つのステータスだったのですね。昔18:00から始まるTBSのテレポート6というニュース番組のオープニングで花棒を担いでいるところをオンエアされたことがありました。
しばらくの間友人、知人、町内の人から「TV見たよ、思い切りアップだったね」って言われ続け、その度に嬉しくて嬉しくってそっくり帰って歩いていたのでした。しかしTVの撮影の直前迄は花棒の取り合いでボコボコに殴り殴られ結構痛い代償のオンエアだったのです。

なると神輿
この画像は5月15日宵宵宮の浅草象潟(二宮東部町会)の町内巡行です。

今日のお店はアニマル浜口一家御用達の浅草千束「なると」です。
なると2
なると3
お店の外観です。

なると1
個人的には「なると」というと小樽の「なると」を思いだしてしまいます。ここは若鶏の名店なのですが、あまりにここの唐揚が美味しいので小樽にはKFCが出店できないとされていました…本当かな(笑)
たしかにここの唐揚は美味しかったですね。「なると」の唐揚を食べる度に東京は葛飾立石にある「鳥房」を思い出していました。

住所: 東京都台東区浅草4-39-2Yコーポ1F
電話:03-3872-7560
定休日:水曜日

なると5
バンチャ(突き出しのようなアテ)@500は四種類です。卵が美味しいでしたね。

なると6
「なると」オリジナルマッコリ「沸谷山」@1,700です。ほのかに甘くて飲みやすいのでお酒じゃないような感じでゴクゴク飲んでいたのですがやはりお酒です…酔っ払いました。

なると7
本日の獲物「海鮮チジミ」@800です。私が今まで食べたチジミの中では一番美味しいですね。本場韓国でもこのレベルのチジミは食べたことがありません。
韓国版キッシュと言っていいのかな…フワフワでサクサクって感じです。冷めても美味しいのも魅力です。
近所のスナックのママは「プルコギ」を一押していましたが、個人的には「茹でかしら」を食べてみたいですね。
いずれにしてもここのレベル最高ですので、アニマル浜口一家ばっかりに美味しいおもいをさせてはいけません、近々再訪しましょう(笑)

もしよろしければ続編です。

それでは(^_-)

続 谷中 一寸亭

今日は友達の恥ずかしい話シリーズです。
(1) オグシオを競馬馬だと思っていた
(2) 味噌ラーメンを味増(アジマシ)ラーメンだと思っていた
(3) 巴選は土俵の上で三人が戦うものだと思っていた
(4) イカ○をイカワと読んでいた
(5) WBCはダルビッシュの略だと思っていた
【安住紳一郎の日曜天国より転載】ありえるかな、ちなみに(4)は私です。

今日は桜を求めて奥様と都内を転々としていましたのでパチリでご覧下さい。一寸亭11
まずは矢吹丈、力石徹がいたという東京少年鑑別所です。所謂「練鑑」ですね。

人里離れた塀の中
この世に地獄があろうとは
夢にも知らない娑婆の人
知らなきゃ甥らが教えようか
身から出ました錆びゆえに
厭なポリ公にぱくられて
手錠かけられ意見され
着いた所は裁判所
鬼の検事に蛇の判事
付いた罪名は傷害罪
廊下に聞こえる足音は
地獄極楽分かれ道
青いバスに乗せられて
揺られ揺られて行く先は
その名も高き練馬区の東京少年鑑別所

これが練鑑ブルースですが替え歌なので作者不明です。
一寸亭12
もっと閉鎖的なところかと思っていたらそうでもないですよね。

一寸亭13
その後「谷根千」にいき谷中墓地で観桜ですが、酔客の盛り上がりとは裏腹に桜は二部咲き程度でした。

一寸亭14
徳川慶喜家の墓です。慶喜以下三代の子孫が眠っています。しかし私の奥様は「慶喜」と篤姫の旦那様「家定」とを勘違いしていたのですね。じゃなきゃお墓を見に行こうなんて言う訳ないものな(笑)

一寸亭15
今日の目玉「ショコラティエ イナムラショウゾウ」ですが昨日アド街ック「100円で行く谷根千」特集でお客が群がり、お目当ての「ボンボンショコラ」は買うことができませんでした。

一寸亭16
店内の混雑ブリです…かなり混んでますね。

一寸亭17
本日の「夕焼けだんだん」の込み具合です。

一寸亭18
「夕焼けだんだん」のアイドル猫「りんごちゃん」です。お友達猫の首筋をペロペロしているパチリです。ここで「焼き芋」「苺」「トマト」の出張販売のオジサンと雑談していたら「肉のサトー」の奥さんが沢山のしかも本当の砂糖を持って「苺」を買いに来ました。すでに30回以上TVにでているのですっかり芸能人気分のようだとオジサンに話していました。

一寸亭19
「100円で行く谷根千」特集でブレークした「コシヅカハム」です。
他にも美味しい肉がいっぱいあるのに、皆TVでオンエアされた スモークドハムの「ベリーハム」を求めていくとオジサンがコボシテイマシタ。スンマセンm(__)m私もとても美味しそうだったので昨日NETで買ってしまいました。

一寸亭20
今日のお店谷中「一寸亭(ちょっとてい)」です。
住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話番号:03-3823-7990
定休日:火曜日

一寸亭20


一寸亭21
私の本日の獲物「豚モツ煮」@400と「焼餃子」@500です。

一寸亭22
特に「豚モツ煮」は美味しいhappy01肉は良く掃除されていて臭みもなく、程良い上品な脂分が味を引き上げています。味噌の味具合も秀逸です。「焼餃子」も美味しいhappy01皮はパリパリで中の餡はジューシーです。このお店最高ですネ合格合格合格合格合格

一寸亭23
奥様の獲物「五目硬焼きソバ」@880です。これは下町グルメの定番ですね。完璧です白菜がとても甘くて、軟らかく秀逸でした合格合格合格合格

一寸亭24
飲み物も充実しています。今日は車だったので飲めなかったのですが「ホワイトビールZIMA」って妙に気になったのです。今度飲みに来ようっと(笑)

それでは(^_-)

新御徒町 白根屋

今日は寒いのでコーヒーでものもうかと思い甘辛屋に入ったらお汁粉を頼んでしまいました、実は甘いのも好きなのです

ということで今日は佐竹商店街に出没です。
ここは私が4歳まで暮らしていたMy hometownです。
むかしの殷賑をしっている私としては、今の零落はとてもとても信じがたいものがあります。
小さい頃チンドン屋さんの笛の音色に連れられ遠くまでついていき、迷子になったことは遠い思い出です。

今日のお店は台東区最強の甘辛屋「白根屋」です。
知らなかったのですが上戸彩と白鳳のオロナミンCのツッパリリーゼントヘアシリーズCMのロケ現場になっていたそうです。

白根屋1
お店の全景です。

住所: 東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

ここから後はパチリでご覧下さい。

白根屋2
まず品揃え半端ではないですね、驚きました。
【撮り忘れたので台東探検隊より画像転載】

白根屋3
有名なワンコインランチです。これは安いですね.
【撮り忘れたので台東探検隊より画像転載】


白根屋4
本日の獲物「田舎汁粉」@420です。大きなお餅が丸まる一枚入っていて食べ応え充分です。味ですか・・・残念なことに今一つですね合格合格合格
小豆がウマク炊けていません。それと隠し味の塩味が舌にわずかに残ります。値段は良いのですがね。
隣のオバサンが食べていた「タンメン」は美味しそうな匂いをさせていました。
ここは「甘味」より「中華」が得意のようです(笑)

最後に再度の佐竹トリビアネタを紹介します。
1. 金沢の片町商店街に続き明治31年に商店街が結成され日本で二番目に古い商店街です。
2. のど藥「龍角散」は佐竹藩の家伝薬だった。
3. 佐竹に明治時代見世物の大仏があった。明治18年高村光雲が高さ15Mの見世物用の大仏を作った。
4. 日本で最初の洋風画を描いたのは、秋田県佐竹家の藩主「佐竹義敦」だった

それでは(^_-)

CHABUTON(チャブトン) ヨドバシAKIABA店

今中国で死体の販売をするビジネスが横行していたそうです。
内容は以下の通り

【QOT】
…多くの外国人がやって来る自国の玄関みたいな場所で、未だに土葬が行われていることは、何よりも体面を気にする中国政府にとっては、絶対に見られたくないこと。そのため、中国政府は、去年から、広東省の都市部から離れた沿岸部でも、火葬せずに土葬した者を厳しく取り締まるようになった。
日本では火葬が一般化されてから長い年月が経っており、遺族は棺を焼く時にも立ち会えることができるし、お骨を拾うこともできるので、火葬に対して特別の違和感はない。しかし中国の場合は、たとえ遺族であっても、いっさいの火葬の場に立ち会うことが許されない。棺を火葬場に運んだら、次に会えるのは骨壺の状態である。これは、家族や親族が一同に集まって、もうひとつの世界へと送り出すために土をかけて行く土葬とは、天と地ほどの差がある。「死」ということを「生」と同列に考えている儒教の思想とは、思いっきり逆行している形態の葬儀ということになる。

しかし政府の命令通りに火葬にしないと、取り締まりの対象になってしまう。それで、誰からともなく考えられたのが、亡くなった家族はこれまで通りに土葬にした上で、当局の目をゴマカスために、別の遺体を用意して、ダミーの火葬をする方法であった。そして、そのために登場したのが、見ず知らずの人の遺体を火葬用に販売する犯罪グループである。

今回、逮捕されたグループは、ある程度のお金を持っている個人に販売する場合には、1体を1万元(約15万円)で販売していたが、葬儀屋に売る場合には、1体を2000元から4000元(約3万円〜6万円)で卸していた。殺された人の遺体に対して「卸す」という言い方は不遜ではあるが、このグループから遺体を安く買い取った葬儀屋は、自分が見つけたお客に高い値段で売って、その差額を利益としていたのだから、完全に「商売」として行なわれていた。

これまでに殺された400人以上の人達は、主に、知的障害者や精神病患者やお年寄り達だった。つまり、ある日突然いなくなっても、単なる「行方不明」で済むような人であることと、殺害しやすいことを考えて実行されていたことがうかがえる。そして、その殺害方法は、今回のカップルと同様に、背後から近づいての絞殺か、薬物による毒殺に限られていた。これは、ナイフなどで刺し殺してしまうと、遺体に傷がつくために、商品価値がなくなってしまうからである
【UMQOT】きっこの日記より抜粋

しかし21世紀の現在に400人もの人がビジネスで殺されていたとは、中国はオカシイ。
一番ひどいのは、この死体を買う人たちである。
鬼畜の買物といえよう(怒)

今日のお店はとんこつラーメン「CHABUTONヨドバシAKIABA」店です。
住所: 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAKIABA8F
電話: 03-5289-8336
営業時間:11:00〜23:00

獲物は味玉とんこつらぁ麺@780です。


ここの特徴は麺。麺をすすったとき滑らかさ。そしてその滑らかさが愛情へと変化していく麺。つるつるとした滑らかな麺の中にほどよいコシがあり小麦の香りが引き立つ麺に仕上がっています。CHABUTONメニューより抜粋。

ここの麺の太さは丼の厚みと同じとの事ですが、若干麺の方が細いみたいですね(笑)

味ですか・・・「TVチャンピオン」ラーメン職人王にて優勝とか、世界の権威“ミシュランガイドL.A.”にオーナーガがプロデュースする『CHABUYATOKYO NOODLE BAR』が登場する等、既にBrandイメージが定着しているので美味しいという摺込みができているのですが、私的にはそれほど美味しくないというか特徴のないラーメンという感じです。

麺はオーナーがいう様な愛情も感じられず。かえって滑らかさが際立ってコシが無いように感じられました。焦がしネギを使ったスープは不思議な味です。これを美味しいというのなら美味しいのでしょうが何か無国籍な上品な味でした。チャーシューはトロトロでいけました。味玉これは最高でした。口の中に広がる卵の芳醇な香りが広がってきて、とても幸せな気分にしてくれます。卵ってこんなに美味しいものなのだと感じさせる名品です。

それでは(^_-)

上野 藪そば

私は長距離通勤です。従って立って会社までいくのはシンドイので十四〜五分待って始発電車に乗っていくのです。
そこにいつも父娘連れたまに父母娘連れの親子がいます。
このお父さん優しいことに電車の中でこのお嬢さんに本を読んでやるのです。携帯電話でさえマナーモードに切り替えさせられ、さらに電車内の携帯電話の通話は禁止されており、家でなされる分にはよろしいのでしょうが、昨今の公序良俗の観点から鑑みると如何なものかと思う今日この頃です。
ましてこの娘さんの行っている学校は「キリストの愛の教えに基づく全人教育を通して、社会に貢献できる子女の教育」とのことですので、やはり反社会的行為はマズイのではないですか「ヒロシ(お父さんの名前)さん!」

今日のお店は「上野藪そば本店」です。
住所: 東京都台東区上野6-9-10
電話番号:03-3831-4728
定休日:水曜日

今日の獲物は「せいろう大盛」@1,050です。


しかし高すぎるぜ
私の愛読書によると
「駄そばである「二八の蕎麦」にも使うというのだから、江戸ではもりそばは蒸篭(せいろう)に盛るのが一般的だったようだ。」「江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?」岩信也著
所詮駄そばの発展系なのだから価格もそれなりにすればよいのにね(笑)
ちょっと関東人は蕎麦礼賛しすぎるのではと思うのです。
味ですか、正統派二八蕎麦に 辛目の汁に、さらしねぎと本わさびと味は確かですよ。
しかしあまり蕎麦の匂いもしないしな…
どうやら私は高級蕎麦店が嫌いなのがワカリマシタ(笑)

それでは(^_-)

野口英世異聞

今日は「野口英世」の話です。
「ロックフェラーの創世記である二十世紀初頭の二十三年間を過ごした野口英世は、今日、キャンパスではほとんどその名を記憶するものはない。彼の業績、すなわち梅毒、ポリオ、狂犬病、あるいは黄熱病の研究成果は当時こそ賞賛を受けたが、多くの結果は矛盾と混乱に満ちたものだった、その後、間違いだったことが判明したものもある。彼はむしろヘビィ・ドリンカーおよびプレイボーイとして評判だった。結局野口の名は、ロックフェラーの歴史においてはメインチャプターというより脚注に相当するのでしかない」「生物と無生物のあいだ」 福岡伸一著より転載。
そうだったのか・・・(残念

私は野口英世の歴史書から伺う彼の破天荒の性格は一種の病的な気質だと思っていました。
一番すごいのは赤貧にあえいだ生い立ちからか纏まったお金を持つと、持つこと自体が不安で使ってしまうという性癖です。たしかアメリカに留学するのに必要なお金を無理矢理大恩人の血脇守ノ助に作ってもらいながら、件(くだん)の性癖が首をもたげ留学の直前に大宴会で浪費してしまい再度血脇守之助に無心したのは有名な話です。
でもこの様な性格は下町っ子は好きです

樋口一葉も赤貧に苦しんだあげく結核で早世したのですが、その人生の過半はお金の遣り繰りに終始しています。現在のお札仲間の二人がお金に執着した青春時代であったというのは偶然の奇貨といえるでしょうか。

さて今日も忙しくB級グルメに程遠くパチリでご案内します。
最初は今日のお昼です。
焼きそばハムカツウィンナーハムパン@120です。
これ不味すぎます。揚げ物は添加物の味強く、パンもパサパサです。これは買った私が悪いのでしょうね(笑)
和風ツナマヨおにぎり@120です。
これは美味しゅうございました・・・しかしイズレモ貧しい



これは谷中の老舗洋食「マロ」のポークソテー@850です。
肉も柔らかく美味しく、人参のグラッセもいけました。デミグラソースも一週間煮込んだ上での仕事をしておりほのかの甘さがタマリマセン。



最後少し聞こし召した後で入った谷中の中華料理店です。お店の人に頼まれ?通訳をしました。
何と彼らはフランス人で、観光で日本に来ているようです。
妙に箸の使い方が上手いので聞きましたら、日本のガイドブックのマニュアル通りとのことです。
下手なコギャルよりはお上手でしたね(笑)



それでは(^_-)

谷中 一寸亭

私も人並みにGWを楽しみたかったので今日は奥様と一緒に谷根千に行ってきました。
谷根千といえば昔は台風がくると音無川が氾濫して大騒ぎの街だったのに、今じゃ観光客が氾濫して大騒ぎの街へと変貌しています。

ほとんどがパチリですのでお気軽にお読みください。

根津神社根津神社のツツジです。もう盛りは終わっていました。
 


根津神社比較的勢いのあるツツジです。ピンクと赤のコントラストが綺麗でした。
  


根津神社赤一色のツツジです。目にあざやかです。
 


花寮花小道花寮花小道が長年の研究の上開発した革命的かりんとうです。
どこが革命的かといえば油で揚げずに焼き上げサクサクと軽い歯ざわりを作り上げたのです。
 


花寮花小道あの松任谷由美さんもお気に入りだそうです
 


花寮花小道味ですか、沖縄県伊江島産サトウキビからできた黒砂糖のみ使用するこだわりですので不味いわけがありません。
たしかに食べやすく美味しく仕上がっていますネ
 


指人形笑吉谷中のよみせ通り入口付近にある指人形「笑吉」です。
しかし本当にリアルな人形を作りますね
 


指人形笑吉井出らっきょさんでしたか?
彼をモデルにして作った人形の製作前製作後です(スゴイ
 

今日のお店は「一寸亭(ちょっとてい)」です。
住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話番号:03-3823-7990


一寸亭一寸亭さんの暖簾ですシブいですね
 

このお店前から行きたかったのですが、今日始めていくことができました。
噂に違わずスゴイお店です。
まず私は厨房がキレイであることそして調理する人は余計な話はしないということを好きなお店のポイントとしているのですがこのお店は何れも完璧でした。
そしてトロミ系が美味しいということで私はウマニソバ@850を頼みました。
麺は中太麺です。スープは鶏がらスープで熱々でほんのり甘みを感じます。
具は葱、人参、木耳、白菜、筍、茸、ほうれん草、豚肉と普通のお店よりかなり多めに入っています。
特に木耳と茸の食感タマリマセンでした。口の中で跳ねる、カラむ最高です。
何でこんな美味しい店に今まで行かなかったろうと反省しきりです

ウマニソバウマニソバです。
 


モヤシソバ奥様が頼んだモヤシソバ@750です。
これもモヤシがシャキシャキしておりウマニソバに負けずとも劣らずの名品です。
お店ではこれを一押しにしているようです
 

いちふじこの惣菜いちふじは写真撮影厳禁なのです。
従いまして「荒川区(日暮里)みんなの口コミ情報」に写真が載っていたのでそこからトラックバックしようとしたのですが、何故かできず仕方なくコピペさせて頂きましたm(__)m。
このお店最近価格破壊で行列ができるお店として有名になっています。実は今日私たちも試しに並んでお惣菜を求めたのです。
すると何処かのお嬢さんが店の斜め前から写真を撮ろうとしました。多分あの角度からでは「撮影厳禁」の張り紙が見えないように感じたのですが、実際のところパチリしようとしたのです。
すると中でオニギリを焼いている太ったお兄さんが、そのお嬢さんに対して鬼の雄叫びのような声で狂わんばかりに怒鳴り倒したのです。私はその形相のすごさに圧倒され見続けていたのですが、このお店何か勘違いしています。
何で写真厳禁なのか知りませんが、自らTVにでるなどしていながら店頭での写真を厳禁する意味が分かりません。それとこのように客を大事にしないお店はもう結構です。私は二度と行きません。主客転倒とはまさにこのことです、本当に気分の悪い思いをしました。(怒)
 


丁子屋全景奥様にデジカメの持ち運び袋として「掛守」を買ってもらった「丁子屋」さんです。
 


丁子屋バラ丁子屋さんの斜め前にの家のバラです。
きれいなのでパチリしました。
 

丁子屋金魚丁子屋さんの近所の家の壷池です。こういうところが下町らしいですネ。さわやかな気分になりました
 




丁子屋掛守買ってもらった市松模様の「掛守」です。
丁子屋さんの奥さんが言うことには、フランスのルィ・ヴィトンの模様は日本の市松模様をパクッタものだそうです。
 


ねんねこ家三浦坂にある「ねんねこ家」さんの看板です。
最近の猫ブームのせいかこのお店すごく賑わっていました
 

それでは(^_-)

香港料理 九龍

今日は「多慶屋」の話です。
多慶屋パープルビルもとい多慶屋さん外観です。しかしこのお店外国人が多いいですね。ここは日本かという感すらします。貴金属売場で@200,000円もするペンダントを大根でも買うように、カードでサクサクと求めている韓国人のオバさんがいました。
 

今では御徒町のパープルビルとして有名ですね。
多慶屋という商号は、創業者の竹谷(たけたに)氏の名字を「たけや」と読み、多くの人に慶びを与えたいという願いから付けられたといわれています。

私が27歳の時、懇意の仕入れメーカーの部長から多慶屋に流入してしまった商品を買い取るか安値で売らないよう(今なら公取にひっかかりますね)にするかの依頼を受け出向いたことがあります。

結論から言いますとこの依頼は交渉する以前に、いとも簡単に蹴っ飛ばされたのです。
理由は、ここ多慶屋では一度購入した商品は店頭で売り切ることが鉄則。店頭での販売価格は多慶屋で決めるもので他人からとやかく言われるものではないという明瞭明確なる説明を受けたからです。

今でこそ多慶屋はスーパーディスカウンターとして名を馳せていますが、当時はバッタ屋さんでした。
会社経営で資金繰りに行き詰った人達の断末魔のあがきとして、自社商品を捨て値で投げ売りその見返りとして現金を入手するという換金屋さん的お店がバッタ屋さんなのです。

確か夜の八時頃に多慶屋の仕入部に出向きました。
倉庫の周辺の道には自社商品を満載にし、社名を第三者の目に触れさせないようガムテープでベタベタに隠したトラックが引っ切り無しに往来していました。
倉庫の中では商談の際に数百万単位の札束が乱れ飛んでおり、普通のビジネスマンが来てはいけない所だと感じ入ったものでした


今日のお店は香港料理「九龍」です。
九龍外観九龍外観です。この汚さはまさに本場香港風ですね(笑)
 

このお店多慶屋の並びにあるのですぐ分かります。
住所: 東京都台東区台東4-32-7
電話番号:03−3836−4632

お店に入るとすぐに山椒や八角の匂いが出迎えてくれます。
気分は本当に香港です。
ここのシェフは香港、星国(シンガポール)のシェラトンで中国料理のシェフを経てこられた方との話でしたがこの日はいないようでした。

獲物はこのお店一押しの「香港式豚肉と葱入り湯麺」@650です。
香港式豚肉と葱入り湯麺香港式豚肉と葱入り湯麺です。
 


香港式豚肉と葱入り湯麺香港式豚肉と葱入り湯麺の下に隠れている肉君です。この肉の色まさに香港ですが、着色料での色付けでしょうか(笑)
 

味ですか私はかなり香港ぽいこの味付け好きです。
葱を主体としたシャキシャキ野菜は豆板醤の辛さと相俟ってタマリマセン。
麺は細麺ですがいけます。
肉も柔らかく軽く揚げておりジューシーです。
しいていえば香港シェラトンの味というよりも、香港の町中にある美味しくてボラレナイお店っていう感じです。
ただし中国っぽい匂いの嫌いな方は避けられた方が良いかもしれませんネ。


それでは(^_-)

御徒町 横浜六角屋

夫婦で全くの同時間に別々に救急車に乗っていることなんてブラックジョーク以外ありえないと思っていましたが実はあったのです。
それは我夫婦です。
奥様は仕事で患者の付き添いで乗車、私は剣道をしていて大怪我して怪我人として乗車です。
救急隊員から搬送される際、搬送病院をどこにしますかと聞かれ医療関係に知悉している奥様に電話で相談したところ、これから救急車に乗るので即座に回答できないとのことでした。
その旨救急隊員に話すととても驚いていいました。
そりゃそうですよネ。
一人だけでも異常なのに二人は絶対にありえませんね(笑)

今日のお店は横浜六角屋御徒町店です。
住所: 東京都上野5-20-3
TEL:03-3831−3347

獲物は醤油ラーメン@650です。




麺は太め、スープはコッテリ濃い目、スープの温度も超熱で満足です。
トッピングのジューシーチャーシュー・大判海苔×3枚・ネギ・ほうれん草も優れたバイプレーヤーでとても美味しいものでした。
家系ラーメンはまり美味しい店に巡り合わなかったのですが、これは思わず「イケるじゃん」と呟きました。

明日は手術です。
無事生還できるか乞うご期待(悲)

それでは(^_-)

新御徒町 一番

まじにチエインメール(RHBの血液を探していますという内容)を体験しました(ハジメテ)。今日寝ぼけ眼でPCのメールを見ていたら医者の友達から全く同じ内容のメールが来ており、その直下に他の友人からそれはチエインメールだよとして指摘されていました。 
このメール影響力すごくてラジオでも取り上げられたそうです。
子供に聞いたら一番すごいのは「ザ!鉄腕!DASH!!」」の長瀬さんからというチエインメールでその内容はこのメールがどこまで遠くに届くのかを調査していますのでご協力くださいというものです。
このチエインメールはその当時の若い方々がかなりハマったそうです。
通信キャリアの陰謀か(笑)

昨日は佐竹商店街にあるラーメン屋「一番」に行きました。
住所::  東京都台東区台東4-24-4

佐竹は私が0歳から4歳まで住んでいて、いわゆるマイホームタウン(伊東四郎も近所に住んでいた)です。
佐竹の思い出の一つが次の話です。
三歳のある日、朝方母が私から目を放したすきに、私が忽然といなくなりすわ誘拐かということで大騒ぎになりました。
近所の人総出で探し回ったそうです。
探した結果前の家の熊谷さんちの美代ちゃんと一緒に家の前にある竹町小学校に行き美代ちゃんの隣に椅子を借りて座りおとなしく授業を受けていたそうです。
(昔はこういうこと許されたのですね、今じゃ考えられません
亡き母がお前は全く人騒がせな子だったよとこの話しをするたびにこぼしていました。

誰も知らないと思いますが、佐竹は東日本二番目の大商店街です。
子供の時特売日の日には、多くのチンドン屋さんが繰り出しそれは豪勢のものでした。

折角だから佐竹トリビアネタを少し紹介します。
1. 金沢の片町商店街に続き明治31年に商店街が結成され日本で二番目に古い商店街です。
2. のど藥「龍角散」は佐竹藩の家伝薬だった。
3. 佐竹に明治時代見世物の大仏があった。明治18年高村光雲が高さ15Mの見世物用の大仏を作った。
4. 日本で最初の洋風画を描いたのは、秋田県佐竹家の藩主「佐竹義敦」だった

すみません相変わらず前振りが長くて今日の獲物は「中華丼」@650です。


ここスープが美味しく特にタンメンはグッドです。
この中華丼もオーセンテイックというかブレのない味です。
アンカケのトロミ最高でした。

最後に日本で人肉を食したことが公式に残っている一人に本所区押上春慶寺和尚宮久保日応さんがいます。
西南戦争のとき熊本城に篭城して戦死者の肉を食しました。
食べ方は刺身で、味は鯛に似た白身で、酢味噌があったそうです。
私この春慶寺さん(四谷怪談で有名な鶴屋南北の墓があります)良く知っているのですよ。
これには驚きました

それでは(^_-)


御徒町 麺屋武蔵武骨

今日は高崎の山奥で18:00から打合せです。
しかし風邪が治らないのは何故でしょう?
分かりました、風邪を引いているのにこの様な寒いところに行くからです。

今日のお店は麺屋武蔵武骨(御徒町)白色ラーメン@730です。


お店に入ると黒ずくめのTシャツ、同色のパンツ、黒いキャップのお兄さんがとても丁寧な接客で応対してくれます。
厨房では店主らしきお兄さんが「ソイヤ」「ヨイショ」と変な気合で違和感のある麺の湯切をしています。
そしてその対面で別のお兄さんがそれを恥ずかしそうにご唱和しています。
私は基本的に仕事中に不必要な掛声等するパフォーマンスは嫌いです。
ラーメン屋さんは味が勝負です、大体このようなパフォーマンスは唾が入ってかえって不潔です。
これからは止めましょうネ(願)
ここでいやなデジャブが思い出されました。
たしかマイホームタウン吉祥寺にも似たようなお店に入ったことを思いだいました。
それは麺屋武蔵虎洞です。系列店なのですね。
奥さんと行列店だったので突発的にミーハーに並んだのですがとてもガッカリしました。
私の家族は魚系&豚骨系のダブルスープはあまり好きではありません。
この虎洞で懲りたはずなのにな・・・(悲)
味ですか美味しいと思いますヨ麺も太麺で腰があり、バラ肉は硬くて冷たいけれど不味くはありません。
でもスープがな!パフォーマンスに気合を入れるのなら万民に愛される味を追求して下さい
それでは(^_-)

天麩羅「天三」

本日は中学時代の悪友との忘年会です。
ということで今日は地元にある天麩羅「天三」です。
ここは週刊文春週間の覆面調査によりそのお店の味、雰囲気、値段、サービス他、総合評価を毎回行っていての98点は、年間を通し全国一位になったお店だそうです。
ほかのメデイアでも天才が天麩羅を揚げるとかその評価は喧しい限りです。
いつもこのお店の前を通るのですが、その名声に圧倒され中々お店に入ることはかないません(臆病)。
そういう意味では、行きたくて行きたくてたまらないお店の一つでした。

お店に入ると、内装が白色で統一されており清潔感に溢れています。
左側に大きな紅い胡蝶蘭が置かれており、白色の室内にアクセントをつけています。
実はこのお店悪友の父親がよく行くお店で、その風評では天麩羅は美味しいが奥様がなにやら騒がしいとのことでした。
私も下町生まれなので、その手おばさんはゴマンと知っているのでかなり腰が引けていたのですが、その対応は下町の親父連に限りの様で見事な接客でした。

お店は今の長男が四代目で、創業は魚市場が日本橋にあり築地に行く前のころ確か明治四年?とかのお話でした。店名は創業者が佐藤三三朗ですから「天三」成程ということです。
個人的には天才は若主人ではなく、現主人ではないかと踏んでいたのですが、残念なことに今日は油場にはたっていませんでした。

味ですか、このような天麩羅は食したことがありません。
全然油濃くなく、その証左に天麩羅の敷紙にほとんど油がついていません。
ということは、素材の水分が程よく飛んでおり美味しいエッセンスのみが凝縮されて衣に包まれているのですね
天麩羅の概念を根底から代えてくれました。

あまり写真は取れなかったのですが、今日夜の部コース@4,200のメニューは以下の通りです。
・ 白魚
・ 京人参、しし唐、ホタテ、茄子
・ キス、オクラ、海老、蓮


・ 青柳、小柱、芝海老の天丼(これはオプション)


あまりの美味の舌鼓に乗って皆が饒舌となりました。
結果大分日本酒を聞し召したようです(でも後味スッキリ)。

本日の一押しはホタテです。
今度は白子に是非挑戦したいですね(高そう)。
東京入谷には天麩羅の名店がありました。
それでは(^_-)

手のし餃子、タンメンの店「珍満」

イテェ!(怒)で始まるのは訳があります。
先週の土曜日にヘモ(痔)の根治療法の一つである「ジオン注」という措置を受けるため入院していました。
私はこの人生の悪友「ヘモ君」とは長いお付き合いです。
十数年前に札幌で大手術をしこの悪友ともアデューしたはずなのですが、彼は私の事を忘れずまた訪いをいれてきました。
ましてこの注射療法は、前回の大手術前に一度やっておりその時は全く効果がなく、今回も高を括っていました。
よって前処置を無視し前の日はヘベレケノケに飲んでの施術受けです。
そうしたら痛いの何のって堪らなく痛いのです!記憶が無いくらい本当に久々に痛みの為寝ることができませんでした。
折角ホテルみたいな個室を病院から通常料金で用意してもらったのに(涙)
西洋のアフォリズムに「胃のある場所が分かる人は胃の悪い人だ」という言葉がありますが、私は起きていても夢を見ていても、ヘモ君の場所が分かります。
まして本来は今日まで入院が必要だったのに仕事の為退院してしまったので、今日も一日疼痛で苦しんでいたのです。
しかし今回の「ジオン注」は前回注射のものとは異なり中国から取り入れた画期的な措置なのです。
よって私は、現代医学の著しい進歩を心より期待しているのです→目指せ完治(でも中国からなのネ?)

さて今日の獲物は御徒町「吉池」裏にある、手のし餃子、タンメンの店「珍満」です。
ここは昭和30年代の味を頑なに今日まで伝承しています。
一押しは「餃子定食」ですが、施術後胃薬、整腸剤を飲んでいる関係から空腹感が強く二番目に好きな「ニラ炒め定食」を食しました。
味ですか、ここのニラ炒めはシャキシャキ感こそありませんが、絶妙の塩味と珍しいトロミ仕立がたまりません。あっと言う間に完食でした(大満足)
無口なコックさん達も好感持てます。
御徒町にお立ち寄りの際は、是非一度暖簾をくぐってみてください。

代替テキスト


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ