下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

台東区

谷中 一寸亭 7th

今日は「高校生カップル」です。
本日、色々な偶然が重なり、高校生男女4人の話を約1時間聞く羽目になりました。
特段、盗み聞きをしていたわけではありませんが、自然と耳に入ってきてしまう環境下にいさせられたのです。
高校生男子の二人は、進学御三家である、麻布、開成、武蔵レベルの超難関高校ではありませんが、それに準ずる高校の3年生であります。
かたや女子高校生の二人は、その男子学校の近隣にある宮内庁御用達学校の女子高校生であり、平たく申せば知的レベルの高い男女4人といえるでしょう。
高校生男子の二人の内の1人は、かなり成績が良いみたいで、早々と難関大学である一橋大学文科系学部の合格が視野に入った事を自慢していました。
その方割れは、国立大学理解系を狙っているようですが、まだパッシングポイントに達していないみたいで、受験については一橋大学合格予定男子の自慢にただただうなずいていただけです。

o0480064012673226645
一方の女子の二人は内部進学確定の為か、進学の話はでず、この自慢男子の話にうなずき、この画像の女子に似ている娘(こ)は、うなずくだけでなく、鈴を転がすような声でお追従笑いをし続けていました。
高校生の時って、進学の自慢以外自慢する事はないのですよね。
まして難関大学といえども受験だけは誰でも簡単にできるわけで、仮に合格しなかったからと言ってその責をなじられるものではないわけでブラフはかませた方が勝ちなのです。
ましてそのブラフは大きければ大きいほど拡大視してもらうわけですから、ハッタリの強い人間は言ったもの勝ちで誇大に言う性癖はあると思います。

lgcY43Ef_400x400
お追従笑いの女子も、自慢話の男子が予定とおり一橋大学を入学して無事卒業できれば、40歳くらいまでに年収1,200万円くらいは保証されるわけで、自らの自慢のサイレン(美しい歌声によって航行中の船の乗組員を誘惑し難破させたという海の精=スタバのアイコン)ボイスで男子の歓心を買わせるのは、彼女からしますと玉の輿的帰結を早々と叶わせるthe road to success(成功への道)なのであります。
高校生は夢があって良いですね。
しか〜し、そんなに人生は思い通りにはいかないのです。
若者よ!
人生に安寧を求めるな。
安全地帯は危険地帯なのだ。
安定を得る事は悪いことではないが、それ自体を最大の目標にしてはいけない!
本当にこれが言いたくて喉まで出かかったのですが敢えていいませんでした。
こういうのを負け犬の遠吠えというからです(笑)


慶應義塾体育会43部主将メッセージ



今日は谷中に出没です。
日暮里のとあるホテルのティールームで打合せしていましたら18時過ぎになっていました。
もう今日は疲れたので、夕焼けだんだんまで行って食事をするかという事に決めました。
道すがらのスナップを載せましたのでご笑覧ください。
IMG_1926

IMG_1927

IMG_1928

d6987369-s

IMG_1930

IMG_1929

IMG_1931

IMG_1932

IMG_1933

谷中と言えばこのお店です。
今日のお店は「一寸亭」さんです。

住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話:03-3823-7990
定休日:火曜日

IMG_1934
お店の外観です。

IMG_1936
店内の雰囲気です。

IMG_1935
メニューです。

きょうのオーダー「木クラゲ玉子炒め&半ライス」@1,000+@180=1,180円です。
相も変わらず常連客でほぼほぼ埋め尽くされています。

IMG_1937

IMG_1939
待つこと6分で「木クラゲ玉子炒め&半ライス」の到着です。
いつ見ても肉厚の厚い木クラゲです。

IMG_1938
それでは実食です。
木クラゲ自体に特段味はなく、柔らかいゴムみたいな木クラゲを噛みしだくと、得も言えぬ喜びを感じます。
「木クラゲ玉子炒め」というのは、ただただ木クラゲの弾力を楽しむ料理です。
勿論、しょう油をベースにした玉子炒めは好きですが、個人的には玉子は一緒に炒めるのではなく、玉子だけはオムレツのように別途フワフワに作ってもらい木クラゲと豚肉炒めの上に載せる調理方法が好きです。
閑話休題。
味ですか、美味しいです。
玉子と木クラゲと豚肉のコンビネーションは黄金トリオです。
満足な夕飯です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

東上野 満奈多 5th

今日は「肉食女子のテクニック」です。

合コンにおける肉食女子のテクニックで「さ・し・す・せ・そ」があるというのを知りませんでした。
「さ=さすが」「し=知らなかった」「す=すごい」「せ=センスいいですね」「そ=そうなんだ」などと言うそうですね。
これらのパフォーマンスで自らがかわいく見えるならそれでいいじゃないですか。
これって人事の時の面接を思い起こします。
当時は人事の面接官によく見られるような服装、態度、問答等が就活メディアでフィーチャーされていて、面接対策としてのステレオタイプのふるまいが鼓舞されておりました。
かかる中、面接の最初の頃の質問は、定型的な事に終始しますので、このステレオタイプのふるまいが継続的且つ緻密に面接の場面で再現されるのです。
面接官からしますとこのような金太郎飴のような応答・態度は、マニュアル通りやっているな、とかえって緊張感がとれて、落ち着いて面接ができるのです。
逆に、このようなステレオタイプではない応答をされますと、何か背景に深い意図があるのではないかとこちらもピリッとします。
要は、肉食女子のテクニックの「さ・し・す・せ・そ」は、右顧左眄というか付和雷同というか一衣帯水なのであります。
ちなみに、このような稚拙なテクで付き合いが始まるような男性にロクなものはいないと断言できます。
ところで昨日、会社の新人の女子と飲んでいましたら、今、免許を取るために自動車教習所に通っている、と言っていましたので、車なんか彼氏に運転させたらいいじゃない、と言いますと、その考え方は古いですよ。今は、なんでもシェリングですから、車もby turns(交代) で運転するのですよ、と切り替えされました。
良い時代になりましたよね(笑)


IMG_1002

IMG_1003

IMG_1024

IMG_1004
今日は暑いです。
暑い日には辛い食べ物をです。
今日のお店は、東上野のコリアタウンにある「満奈多(まんなだ)」さんです。

住所: 東京都台東区東上野2-15-8
電話:03-3837-5121
定休日:日曜日・祝日

IMG_1022
お店の外観です。

IMG_1007
店内の雰囲気です。

IMG_1005
メニューです。

今日のオーダー「カレーラーメンチゲ」@980円です。
IMG_1009
座ると即キムチが到着しました。
ここのキムチはコリアンタウンにある同店系列の第一物産でも求めることができます。
ここのキムチは自家製ですので化学調味料まみれのキムチとは違って味わいが深いのです。
辛いけど美味しいというホンマモンのキムチであります。

IMG_1012
待つこと7分でカレーラーメンチゲとライスの到着です。
見るからに辛そうです。
溜まらず口内に唾がジュンジュンと沸いてきました。
それでは実食です。
辛い、でもすごく美味しい!
何ですか、この美味しさは・・・
辛いけど美味い、美味いけど辛いという無間地獄に突入していきます。

IMG_1017
カレースープは辛いのですが中に生卵とチーズが入っていて以外とマイルドなのです。
あれっ!チーズが入ってないではありませんか。
どうしたのかなと思ってメニューを見ますとチーズはオプションになっていました。
まさかの実質的な値上げです。
今から頼んでも仕方ありません。

IMG_1011

IMG_1015
この怒りは私の胃酸を刺激しました。
唐辛子でリベンジです。
大さじ×2杯の唐辛子を投入しました。
味が引き締まりました。
美味しいですね。
さら〜に、乾麺の固めの味わいがこのカレースープに良く合うのです。
カプサイシンの影響で顔はすでに汗だらけですが美味しすぎて箸が止まりません。
結局一気呵成に完食ました。
ここのカレーラーメンチゲは決して裏切りません。
大満足です。

IMG_1019
食後の杏仁豆腐です。
味わいに関してのサプライズはありません。
しか〜し、カプサイシンとの戦いの後ですから、心に静寂をもたらしました。

それでは(^_-)

谷中 一寸亭 6th

今日は「祖母の思い出」です。
takenaka_naoto
私の母は病弱でした。
腎臓炎を患っていたみたいで私が幼少の頃はよく入退院を繰り返していました。
その為に不定期に我が家には家政婦さんが来て家事を担っていたのです。
私の母は洋食が得意でないので、私は家政婦さんが作るポークチャップのようなハイカラ洋食に舌鼓を打っており、お母さんの退院は、僕が家政婦さんの料理を食べ尽くしてからにしてもらいたいな、といつも不届きな事を考えていました。
そんな中、幼稚園から遠足のお知らせが来たのです。
その時も母は入院加療中でした。
日程から考えると、遠足の日には母はまだ入院中だと思われ、仮に退院したとしても体力的には遠足には付いていけなかったと思われます。
父は当初、家政婦さんに付き添いを頼もうとしたのですが、さすがにそれはまずいだろうという結論に至ったものの、当の本人は独立したばかりで会社を軌道に乗せる為に刻苦奮闘の毎日でして、遠足に帯同することなどはできない相談だったのです。
そこで父がウルトラC的に考え出したのは、実母への依頼でした。
父が電話の前でそれこそコメツキバッタのように何度も頭を下げて祖母に懇願していた姿は今でも容易に思い出す事ができます。

遠足の日が来ました。
yjimageZKIW3SPV
父は前日から車で実家に乗り込み朝一で祖母を伴って家に戻ってきました。
車から降りたその日の祖母は別人でした。
普段、頭は構わず引っ詰め髪でしたし、服装も無頓着なのに、この日に限っては品の良い和服をバシッっと着こなし、どこから見てもセレブリティな老女を演じていたのです。
仄聞するに父がこの日の為に祖母に新たな和服を仕立てたみたいです。
幼稚園に行きますと、祖母は園長先生に、時効の挨拶、病気でこられない母の代理できた事、日頃私が幼稚園でお世話になっているお礼、園長先生のご家族の安寧等々まるで平家物語の絵巻物を読み解くかのように田舎の言葉を交えてゆっくりと話していました。
私は、園長先生より挨拶がうまいや、と思ったら少し鼻が高くなっていました。
友人のお母さんから、立派なお婆ちゃんに来てもらって良かったわね、と言われ満更でもない気持ちでいたのです。
この日の祖母は終始凛としていて素敵でした。
お昼の時間になりお弁当を食べる時、嫌いな人参が入っていたので残そうとしたら、その時だけは、好き嫌いするとお前のお母さんみたいに病身になるぞ、と厳しい顔になりました。
遠足から帰ると父は祖母に、泊まっていってよ、と言いましたら、都会は疲れると言って電車で帰宅の途に着きました。今このように思い返しますと祖母にとっては、とてつもなく長く加えて緊張した一日だったのであろうと想像するに難くはありません。

長じてから父と一緒に実家に行く度に、いつも祖母は陽だまりの縁側に招き猫のように座っていて、生け垣から入ってくる父の姿を認めると満面の笑みで、△△来たのか、泊まってゆっくりしてけ、と母親の顔に戻って父に声がけしていました。
懐かしい思い出であります。
最近、父の遺影を見ていると祖母の顔とかぶってきます。
血は争えませんね。
その私も孫を待つ年頃になってきました。
月日の移ろいは早いものです・・・


朝ドラ「べっぴんさん」でお馴染みのJAZZ



今日は暮れなずむ「夕焼けだんだん」に出没です。
IMG_7919

IMG_7922

IMG_7923
最近行っていないな、と思ったら自然とお店に足が向かっていました。
今日のお店は「一寸亭」さんです。

住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話:03-3823-7990
定休日:火曜日

IMG_7924
お店の外観です。

IMG_7926
店内の雰囲気です。

IMG_7925
メニューです。

本日のオーダー「ザーサイ玉子炒め&小ライス」@1,000+@180=1,180円です。
あらかたここの料理は食べつくしているので、何を頼むか悩んでいましたら、今日のメニューが目に飛び込んできました。「ザーサイ玉子炒め」の字面だけでも美味しそうです。

IMG_7930
待つこと8分で「ザーサイ玉子炒め&小ライス」の到着です。
大ぶりなザーサイが美味しそうです。

それでは実食です
IMG_7927
まずはザーサイです。
塩抜きしているようで良い塩加減です。
これに豚肉と玉子は良く合います。
玉葱の甘さがザーサイと良く合います。
噛みしだく度にザーサイ、豚肉、玉子、玉葱が渾然の味わいとなりたまりません。
これは美味しいです。
大満足の夕餉でした。

それでは(^_-)

上野 伊豆栄

今日は「不忍慕情」です
GWの中日は奥様と上野に出没です。
今日は大きな二つの目的があって上野に参りました。
宜しかったらお付き合いください。

#伊藤若冲展
若冲展

IMG_3241

IMG_3240

IMG_3243
生誕300年を記念した若冲展を見に行ったのです。
しかも早起きして・・・
着きましたらこの行列です。
すでに2時間待ちです。
しかも今日は真夏日です。
東京都美術館からのアナウンスは、熱中症にご注意ください、のみです。
このような行列の中どうやって飲料水を買いにいくのでしょうか・・・
炎天下の中、走るのは好きですが、並ぶのは嫌いです。
当然のことながらスキップしました。
秋に行く京都は相国寺で常設の絵を拝見する事にしました。

#ぼたん苑
上野東照宮ぼたん苑は、1980年(昭和55年)に日中友好を記念して開苑致しました。
現在は、中国牡丹、アメリカ品種、フランス品種を含め500株以上の牡丹があでやかに咲き誇ります。
また、4月中旬からは華鬘草(荷包牡丹)や石楠花、5月上旬からは芍薬も見頃をむかえます。
「上野ぼたん苑」HPより転載
IMG_3265

IMG_3266

IMG_3273

IMG_3274

IMG_3275

IMG_3280

IMG_3279
若冲展をスキップした私たちが向かった先は「上野ぼたん苑」です。
真夏日の上野公園ですが、このぼたん苑は生い茂る木々で陽がさえぎられていてひんやりとしていました。
綺麗ですね。
心が洗われるような気分になりました。
本当に若冲展を並ばなくて良かったです・・・

#上野東照宮
1627年(寛永4年)、津藩主藤堂高虎と天台宗僧侶天海僧正により、東叡山寛永寺境内に家康公を お祀りする神社として創建され、1646年(正保3年)には正式に宮号を授けられ「東照宮」となりました。
現存する社殿は1651年(慶安4年)に三代将軍・徳川家光公が造営替えをしたものでございます。
その後戊辰戦争や関東大震災でも焼失せず、第二次世界大戦にも不発弾を被っただけで社殿の倒壊は免れました。 江戸の面影を現在に残す貴重な文化財でございます。
「上野東照宮」HPより転載
なぜかこの東照宮には入った事がありませんでした。
多分入館料が高く、今までではそれにヘジッていただけです。
さすがに今ではこのレベルの料金(ぼたん苑と併せて1,100円)は痛痒を感じませんので入場しました。
想像以上に豪華です。
以下に一挙に公開します。

※石灯籠
IMG_3284
200基以上あり、ほとんどが現在の社殿の建築の年1651年(慶安4年)に諸大名より奉納されたものです。
大石鳥居の脇にある大きな灯籠は1631年(寛永8年)に佐久間勝之より奉納されたもので、高さ6.8mと あまりにも大きいのでこの名があります。
名古屋の熱田神宮、京都南禅寺の大石灯籠と合わせて日本三大石灯籠のひとつに数えられています。

※大楠
IMG_3285
樹齢600年以上の上野の祖木といわれている御神木です。
幹の太さは8m以上で上野公園一です。

※唐門
IMG_3283

IMG_3295

IMG_3292

IMG_3300
1651年(慶安4年)造営。国指定重要文化財。正式名称は唐破風造り四脚門です。
柱内外の四額面には左甚五郎作の昇り龍・降り龍の彫刻があり、毎夜不忍池の水を飲みに行くという伝説があります。偉大な人ほど頭を垂れるということから、頭が下を向いている方が昇り龍と呼ばれています。
これは知りませんでした。

※社殿
IMG_3290

IMG_3298

IMG_3299
1651年(慶安4年)造営されました。国指定重要文化財であります。
文化財保護の為、社殿内は非公開としております。
金色殿とも呼ばれており、参道側から拝殿、幣殿(石の間)、本殿の三つの部屋から構成される権現造りです。
社殿外壁には豪華な彫刻が施されています。


という事で第一の目的は「伊藤若冲展」だったのです。
そして第二の目的というのは『「伊豆栄」さんで鰻をを食べる』なのでありました。
幼少の頃、御徒町にとても裕福な伯母がいました。
IMG_3263
我が家もその近くの佐竹に家がありましたので、母が伯母の家に行くと、必ず「伊豆栄」さんで鰻をご馳走になっていたのです。
高校生になっても二三回、母ともどもご馳走になっていたのですが、長じて自らの財布ではここの暖簾をくぐった事がありませんでした。
多分、ここもその値段にヘジッていたのでした。
ということで「伊豆栄」さんの鰻は、私の「ソウルフード」なのであります。
今日のお店は「伊豆栄」不忍店さんです。

住所: 東京都台東区上野2-11-19
電話:03-3832-0785
定休日:年中無休

IMG_3246

IMG_3247
お店の外観です。

IMG_3244
最初はこの本店に入ろうと思ったのですがここは観光客様御用達なので敬遠して不忍店にしたのでした。


IMG_3249
店内の雰囲気です。

IMG_3248
不忍池が一望できます。
お客は皆シニアのセレブです。
さすがに外国人の方はいませんでした。

IMG_3250

IMG_3252
メニューです。

今日のオーダー
私は「うな丼」松@2,700円です。
奥様は「姫重」@3,780円です。

待つこと13分で「うな丼」の到着です。
IMG_3257


秒差で「姫重」の到着です。
IMG_3260
ここで、ここの仲居さんに「姫重」の内容を聞きましたら、美味しいものがたくさん入っております、と明後日(あさって)の話になりました。
思わず、勉強不足!出直してこい、と言おうとしましたら、奥様からイエローカードが飛んできましたのでその言葉を呑みこみました。
話題を変えまして、こちらの鰻は、地のもの(国内で獲れた鰻)ですか養殖ですか。
老舗ですから地のものなんでしょうね、と尋ねましたら、当店は味が命ですので、産地とかにはこだわっていません、と完璧に老舗の威厳を前面に出して切り返してきました。
仲居風情のくせに、この木で鼻を括ったような言い方を許すはずもなく、暴れん坊将軍に変身しようとしましたら、間髪入れず奥様から二回目のイエローカードが飛んできました。
あいすみません。もう何も聞ききしません。
大人しゅう「うな丼」のみに気持ち傾けむけますわ。

味ですか、鰻は焼き直しでしょう。
13分で到着するわけありあませんもの。
うん、身が薄いですね。
タレは美味しいのですが脂のノリが今一です。
伊豆栄さんは、こんなレベルではなかったはずなのに。
今は昔の話ではありました・・・

IMG_3258

IMG_3259
奥様の「姫重」は、鰻を除けばみな美味しいかったですね。
特に玉子焼きと南瓜は絶品です。
煮物はやはり老舗のプライドでしょう。
大変美味しゅうございました。

食べ終わった頃に奥様から、うな丼と鰻重はどう違うの、と聞かれたので、父からの蘊蓄の受け売りで、鰻重は鰻の中心の部位でうな丼は鰻重の切り落としだよ。だから一流のお店は、うな丼と鰻重の値段を変えているはずだよ、と言ってからこのお店のメニューを見直しましたら同じでした。
このお店は鰻の容れ物が違うだけした。
ということで、私の思い出探しの食事は終わりました。
どうやら老舗「伊豆栄」さんも観光名所化してしまったみたいですね・・・

それでは(^_-)

上野桜木 ラ・クール櫻

今日は「葵の間」です
07

08
色々な偶然が重なり、私と奥様と長男は寛永寺内にある徳川慶喜公謹慎の部屋である「葵の間」を特別に見せてもらいました。なお室内は写真撮影厳禁ですのでnetよりの転載です。
歴史を紐解きますと、江戸幕府が慶応3年(1867)に大政奉還し、慶喜は征夷大将軍職を返上し、翌慶応4年(1868)に慶喜は、ここ寛永寺書院「葵の間」に二か月間蟄居していました。
案内していただいた僧侶の話では、慶喜さんはこの間でず〜っと瞑想し続けていたそうです。
それに疑問を持った私は僧侶に、慶喜さんは、その実読書三昧ではなかったのですか、と聞きますと、ひたすら恭順の意を示すために終日ひたすら瞑想し続け、部屋も雨戸を閉めており、わずかに開けた雨戸の隙間から差し込む日の光で時間の移ろいを確認されていました、との事でした。
さらに非公開の慶喜様が使用した雪隠も見せていただきました。
三畳くらいの畳敷の部屋の中央に雪隠がありました。
皆さんご存知でしょうか、今の和風便所は前方に金隠しがありますが、正しくは後ろにあるのが正しいのです。
ちょっと冷静に考えれば、ひどい下痢でもあんなところまで我が身の分身は飛沫しません。
実はあれって、もともとは金隠しではなく「きぬかくし」とか「きぬかけ」と呼ばれていたのです。
昔の人は裾野長い着物を着ていましたから、それが汚れないように、着物の裾をまくりあげて立てかけておくための板が金隠しの由来です。
その板はトイレの前ではなく、後ろに設置されていたのです。
ちなみに慶喜様の「きぬかくし」は上品な飾り装飾が施された井桁の横三本格子でした。
さらに慶喜様は用便をすますとお付きの者が紙を手渡してくれるので雪隠内には紙置きがありません。
すごいですね。
さらにこの雪隠は深く底までは4〜5Mもあるそうです。
そこで、なんでそんなに深く掘ったのですかね、と聞きますと、それは不明です、と返されたのですが、正しくは便所の底に暗殺者がひそみ槍で突き殺されるのを防止されるためなのですが、さすがにそこは槍だけに突かなかったのです。いずれにしても歴史の1ページを見る事ができました。

個人的には慶喜さんと言えば、10男11女に恵まれ合計21名の「子宝チャンピオン」の方という認識です。
これは、11代家斉(55名)、12代家慶(29名)に次ぐ第3位です。しか〜も産まれた子供は全て明治に入ってからの子供であり、厳密に言うと、将軍で無くなってからの記録と言えます。
正室との間には一子が生まれましたが、夭折してしまい、以後、子供が生まれる事はありませんでした。
慶喜さんの子供は、全て二人の側室との間に出来た子供です。
普通、側室同士と言えば、仲が悪いモノと思いますが、それは慶喜の側室に関しては当てはまりませんでした。
側室は、幸さんと信さんの二人でしたが、慶喜の寵愛を競う事もなく、夜の勤めも、日替わりで勤めるなど関係も良好でした。
慶喜もそんな二人をとても気に入り、就寝では、3名で川の字になって寝るなど奇妙な程に仲良しだったのです。
側室二人は、21名の子供も分け隔てなく愛し、子供達は、どちらの親のお腹から産まれたか分からない程だったと言います。ここまで、居心地のよい環境なら、子供も自然に多くなるのはうなずける理屈だと思われます。
その影響か現在徳川家は18家にも増殖したそうです。
さもありなんです。


第6回公共広告CM学生賞優秀賞「猫と女子高生」



今日はふりネタの通り上野に出没です。
IMG_1826
今日は甘味です。
いつも行列ができているお店ですが、今日は空いていたのでお邪魔しました。
今日のお店は「ラ・クール櫻」さんです。

住所: 東京都台東区上野桜木2-19-1
電話:03-3821-4463
定休日:月曜日(祝日の際は翌火曜日)

IMG_1831

IMG_1830
お店の外観です。

IMG_1837
店内の雰囲気です。

IMG_1828
「ちい散歩」でも紹介されています。

IMG_1827
メニューです。

今日のオーダー
私「あんみつ」@500円
奥様「おしるこ おぐら 餅入り」@550円
長男「(冷)ぜんざいアイスクリームのせ」@550円
店内は外国人夫婦と私たち家族だけですので陽だまりのまったりした空気に室内は支配されていました。
待つこと12分ですべてが供されました。
甘味には全て本格的な抹茶が付きます。

見た目きれいですね。
IMG_1833

IMG_1836
私が頼んだ「あんみつ」は寒天、ギュウヒ、ミカン、パイナップルが乗っていました。
味ですか、とても美味しいです。
と申しますのはここのつぶ餡は甘さ控えめで私の好きな味わいなのです。
脇役のミカン、パイナップルとの相性も抜群でした。

IMG_1834

IMG_1835
おしるこ、ぜんざいも同様に甘さ控えめです。
このお店は美味しいですね。
まったりとした空間で甘さに心をとろけさせたいお方にお奨めです。

それでは(^_-)

上野公園 カフェラン ランドーレ

今日は「何がどうしてこうなっ た」です。
取引先との夕刻の打合せが取引先に着く前でドタキャンになりました。
その日のお昼が遅かったので夕飯を食べる気にもならず谷中を少しブラリしました。
そんな徘徊記録です。
宜しかったらお付き合いください。

#中華そば「光江」さんです。
IMG_9073
昔は地下鉄「入谷駅」のすぐそばにありました。
火事で焼け出されてこの地に移転したのです。
昭和二十二年創業の東京ラーメンの老舗店です。
鶏ガラ、豚骨、鰹節、昆布、野菜などから取る濁りのない綺麗なスープがウリでした。
ここの雲呑麪(わんたんめん)はお薦めでした。
池波志乃さんにはこのお店で一二度会いました。
確かご自宅はここから近かったように記憶していました。
彼女は前の顔の方が好きです。
彼女もはや還暦ですか、▲▲は老けないので良いですね・・・
そうそう「光江」さんは、お休みではなく閉店ですので、行かないでください。

#割烹「さいとう」さんです。
IMG_9074

IMG_9075

かっぽうさいとう
超デカ盛り海鮮丼で有名なお店です。
夜は予約のみみたいです。
ボリューミィだけという風説の流布もあります。
実は一度も入ったことがありませんので依然攻略候補店であります。

#昭和の建物です。
IMG_9076

IMG_9077
当然のことながら入居者はおられます。
この迫力にタジタジな私でした。
店子の方に家賃を聞いてみたい衝動にかられました。

#「ダンスホール新世紀」さんです。
IMG_9080
ここ知っていますか「Shall we dance?」の舞台モデルになったところです。
下町っ子に熱く支持されている大人気なダンスホールです。
ちなみに私の好きな回文の一つが「ダンスがすんだ」です・・・

このお店はダンス衣装屋「トーキョーダンスショップUK」さんです。
IMG_9079

IMG_9078
JR鶯谷駅「新世紀」さんより徒歩1分というロケーションです。
豊富な品揃えとオーダーとは思えない良心的な価格がウリです。
福澤先生が七人集まりますとここのドレスを買えるそうです。

#立ち飲み「ささのや」さんです。
IMG_9081
ここのもつ焼は1本70円と激安です。
最近はその安さがワールドワイドに膾炙して外国人の方も多く来ています。
ちなみにお店の奥(お通し100円が付く)は座り飲み、手前は立ち飲みになっており、テイクアウトのお客さんもたくさんいます。
味ですか、個人的にはシロに一票ですが、まぁ価格見合いだと思って間違いありません・・・
私みたいなセッカチ飲みの方にお奨めのお店です。

#小泉八雲記念碑です。
IMG_9084
国際子ども図書館前に天使像の小泉八雲記念碑があります。
詩人土井晩翠が若くしてなくなった長男のため、長男が慕っていた小泉八雲を記念して建てたものです。
個人的には小泉八雲と申せば「日本人の微笑」です。
日本人の微笑みは、欧米人の心を和ませただけではありません。
多くの場合は、それは不可解で無礼な笑いとして彼らを苛立たせました。
ギリシャ生まれの英国人ラフカディオ・ハーンは著書「日本人の微笑」で興味深い事例を挙げながらこの問題を分析しています。
事例1 西洋人が乗る馬に梶棒を当て、激高した西洋人から鞭の柄で頭を打たれながら、にっこり笑って丁寧にお辞儀した車夫
事例2 主人の英国夫人に微笑を浮かべて夫の葬式に行く暇(いとま)を願い、夕方に戻ると、声を立てて笑いながら夫人に「これが私の夫です」と亡夫の骨壷を見せた女中
西洋人男性は車夫の微笑みの意味が分からず悩みました。
英国夫人は女中を酷(ひど)い人間だと思い込んでしまいました。
しかしハーンの解釈は違います。
「痛ましい事や恐ろしい事をつげねばならない時、日本人は被害にあった当人がその事実は微笑みを浮かべていわねばならない」なぜなら悲しみの表情や深刻な顔を見せるのは、相手に心配をかけ苦痛を与える不躾な行為とされているから、およそ説明しがたい日本人の微笑みの秘密を解く鍵は日本人の礼儀正しさにある、というのです。
英国人のハーンがよくここまで日本人の心象風景を理解していただいたものです。感動です。

#京成「博物館動物園駅跡」です。
IMG_9086

IMG_9087

博物館駅
この駅舎は、京成線開業当時、1933年(昭和8年)の当時を忍ばせる、レトロな外観です。
文化的な利用もたびたびされ、取り壊されずに現存し、今では京成線のトンネルの非常用避難路として利用されているようです。
よく内部はTV番組でfutureされているのでご存知の方も多いかと思います。
京成上野線にのれば瞬間ですが現存しているホームの様子を見ることができます。

#「合格大仏」さんです。
IMG_9093

IMG_9095

IMG_9094
最初は粘土で造られていた大仏様は、その後青銅製の釈迦如来坐(しゃかにょらいざぞう)になり、大仏殿も建造されたそうです。そして火災や地震に遭い、その度に修復されてきましたが、1923年の関東大震災で頭部が取れて落ちてしまいます。
そして第二次世界大戦のさなかに金属供出令により胴体と顔面以外の頭部が日本軍に供給されてしまうという数奇な歴史を持っているのです。
上野大仏に降りかかった幾多の災難から「これ以上は落ちない」として、テレビなどで合格祈願のスポットとして紹介されてから、受験シーズンはもちろん、年中合格祈願にやってくる人が急増。知る人ぞ知る東京の合格祈願のパワースポットとなりました。

ということ今日のふりネタ「何がどうしてこうなっ た」ですが、小腹減らしの為にこんな距離を歩いてしまいました。
マラソンをやっているので40〜50kmくらい走るのは苦にもならないのですが、長距離を歩くと革靴のせいか足の裏全体が腫れぼったい感じになり加えて鈍い痛みも感じるので好きではありません。
そうは言いながらも結局、薬局、放送局で歩いてしまいました。


実はここまで歩いたのはわけがあります。
「合格大仏」さんの真裏にあるレストランで食事をしたかったのでした。
ということで今日のお店は「洗練、伝統、そして真心で至福の宴を彩ります」がキャッチの上野精養軒「カフェラン ランドーレ」さんです。

company_img
明治5年4月、西洋料理の草分けとして、元勲三条実美、岩倉具視卿の支援を受け、東京築地に精養軒ホテルを創業しました。
その後、創業者北村重威は、欧米視察より帰朝した岩倉卿の勧めにより、上野公園開設に伴う公園内食事処かつ社交の場として、最高の展望を誇る現在の地に明治9年に支店として「上野精養軒」を開業しました。
大正12年の関東大震災により築地本店が焼失したため、上野精養軒はこの時より本店機能を果たすこととなったのです。

住所: 東京都台東区上野公園4-58
電話:03-3821-2181
定休日:無休

IMG_9098

IMG_9099
お店の外観です。

IMG_9102
店内の雰囲気です。

IMG_9103
メニューです。

子供の時北千住の叔母のところにいくとよく「精養軒」さんで食事をしましたが、今日の今日まで上野精養軒の支店かと思いましたら、正しくは「神田精養軒」の北千住店だったのですね。
看板には「精養軒」と大きく書かれていましたので上野精養軒の支店だと思っていました・・・
個人的には「精養軒」さんには良い思い出はありません。
新規事業の責任者をやっていた頃ここの大広間でその事業に対しての乾坤一擲のプレゼンを行ったのですが結果はかんばしいものではありませんでした。
その後自分の無念というか悔しさを洗い流すため、この場所で苦いビールを飲んでいました。
あれから幾星霜、まさに「人間万事塞翁が馬」だなと思う今日この頃です。

そうそう本日のオーダーですね。
今日のオーダー「ナポリタン(プチサラダ付)」1,350円です。
しか〜し窓際の席は眺望がよろしいですね。

待つこと4分でサラダの到着です。
IMG_9105
見た目上品ですね。
これは野菜、ドレッシングともども美味しいです。
なんとなく今日は期待がもてそうです。

待つこと8分で「ナポリタン」の到着です。
IMG_9106

IMG_9107
見た目エレガントですね。
それでは実食です。
うん、これは美味しいです。
焼きスパではなく茹でたパスタをナポリタンソースでからめているのです。
味ですか、淑女が荒馬をうまくさばいている様な味わいです。
このように言わせているのはパスタとソースはアンマッチなのですが、それが噛みしだていていると渾然一体となって得も言われぬ味わいになるからなのです。
これは伝統の味ですね。
スーパーデリシャスです。

たまにこの様な高級レストランに来たので家族にお土産ということで宮内庁御用達「鴨場プディング(3個入り)1,500円を求めました。
内数(うちすう)を店内でもいただけるという事なので一つ賞味しました。
IMG_9109

IMG_9114

IMG_9110

IMG_9111

IMG_9112
なななんですかこの味、すきっとしているのにコクがあります。
すごく美味しいのです。
流石宮内庁御用達です。
これには最大級の賛辞を贈らせていただきます。
大大大満足でした。

それでは(^_-)

東上野 満奈多 4th  

今日は「splashな一日」です。
夏休みの序盤です。
今日は忙しく長男と一緒に都内を移動しました。
そんな一日をオムニバスで紹介します。
宜しかったらお付き合いください。

#早朝出勤
IMG_8705
前夜iPadair2様に緊急なmailが入りました。
夏季休暇中ではありますが、この緊急事態を処理するには会社に行かなければなりません。
今からに会社に行くと帰宅の電車がないので、次の日の朝一でいく事にしました。
次の日、朝3時50分に起床した私は4時20分に地元駅に立っていました。
何で立っているのでしょう・・・
そうなのです始発電車が来るのを待っているのです。
しか〜し始発電車が4時31分発だとは知りませんでした。
乗換線も始発待ちでなんともトホホな朝なのでした。

駅に着いて会社に向かえば5時半だというのに公園で子供をベビーキャリアにくるんだ母親が、大声で歌いながら目にもとまらぬ速さでブランコをこいでいました。
ベビーキャリアの中の子供は恐怖で失禁しているのではないかと思ったほどです。
会社のすぐそばにある定食屋のお母さんは、私の私服のかっこに目を白黒させて驚いていました。
別に私の私服がかっこ良かったわけではなく、単に5時半過ぎに会社に行く姿に驚いていただけです。
しか〜し定食屋さんの仕込みも早いのですね。

会社につけばすべての出入り口は閉鎖されていて休日の入退場の自動ドアから入らざるをえず、それに気がつかなかった私は10分も入れる入口を求めて彷徨し続けていたのです。
あらためて会社のある複合施設の広大さに瞠目したのでした。
5時50分の会社はさすがに誰もおらず1時間で緊急案件をかたづけ帰宅したのです。

#清水観音堂
清水観音堂

IMG_8729

IMG_8731
帰宅して家にいた長男を帯同して出向いた先は本日の目玉である不忍池脇にある清水観音堂であります。
清水観音堂(重要文化財)とは、寛永八年に天台宗東叡山寛永寺の開山、慈眼大師天海大僧正によって創建されたものです。天海大僧正は寛永二年に、二代将軍徳川秀忠から寄進されていた上野忍が岡に平安京と比叡山の関係に倣って「東叡山寛永寺」を開いたのです。
それは同時に、比叡山が京都御所の鬼門を守護、 王城の鎮護を担うと伝えられるのに倣い、江戸城の鬼門の守りをも意味していたのです。
そして比叡山や京都の有名寺院になぞらえた堂舎を次々と建立した中の一つが清水観音堂なのです。
要はあまりにも江戸が人気なかったので将軍秀忠は天海大僧正をプロデューサーとして江戸の人気を高めるよう命じたのです。それでできましたのが清水寺のコピーの清水観音堂なのです。
あまりにも矮小なので誰もそのオリジンに気がつかないのです。
さらにいえば不忍池は琵琶湖ですから。
ちなみに神田明神周辺の高台は比叡山らしいですよ。
天海大僧正さんこれはいくらなんでもヤッツケでしょう(笑)


これがマックのアイスです・・・



IMG_8709

IMG_8710

IMG_8711
ランチは上野ですので数あるレストランの中からどこにいくかを悩みました。
熟考の上決めた今日のお店は、東上野のコリアタウンにある「満奈多(まんなだ)」さんです。

住所: 東京都台東区東上野2-15-8
電話:03-3837-5121
定休日:日曜日・祝日

IMG_8712
お店の外観です。

IMG_8719

IMG_8727
店内の雰囲気です。

IMG_8716

IMG_8715
メニューです。

今日のオーダー
私は「カレーラーメンチゲ(キムチ、白飯、マンゴープリン付)」@980円です。
長男は「塩プルコギのチゲ(キムチ、白飯、マンゴープリン付)」@1,000円です。

IMG_8721
待つこと1分でキムチの到着です。
ここのキムチはコリアタウンにある同店系列の第一物産でも求めることができます。
ここのキムチは自家製ですので化学調味料まみれのキムチとは違って味わいが深いのです。
辛いけど美味しい。長男は3皿もおかわりしました。

待つこと16分で「カレーラーメンチゲ」と「塩プルコギのチゲ」の到着です。
見た目は本場のものと遜色ありません。

IMG_8722

IMG_8723
まずは「カレーラーメンチゲ」です。
これは辛いあれ辛くないです。
どうしたのでしょう辛くなくマイルドです。
多分作り置きしていたので中の卵がなにかの偶然により割れ、それにチーズが加わってマイルドになったものと臆断しています。
で〜も美味しいです。
スープが秀逸なのでしょう、多分。
マイルドの辛さの為いつものような汗ドロドロ状態にならなくて幸いでした。

IMG_8724

IMG_8725
そして「塩プルコギのチゲ」です。
これは上品の味です。
春雨が良い演出となっています。
癖はないけれど癖になる味です。
実際、長男は上述のとおりキムチを副食にして白飯をお代わりして完食していました。

IMG_8726
デザートのマンゴープリンは鐵板の味わいです。
過不足ない味付けはまさかインハウスではないよな、と?マークが付いてしまうほどです。
このデザートがありませんと締まりません。

暑いときにはこのお店でカプサイシンによる汗を流しましょう。
健康になりますよ・・・

それでは(^_-)

東上野 満奈多 リターンズ

今日は「車の思い出 其の貮」です。
私は車を運転するのは嫌いです。
そんな私が車の思い出を綴ってみました。
ということで今日は車に関するフリネタです。
宜しかったお付き合いください。

#月極駐車場
IMG_5484
この間、高校の同級生との飲み会で京都に行った修学旅行の話になりました。
その中で、一人の友人が京都で口を滑らせた有名な話で花が咲きました。
それは「月極(げっきょく)という会社は、大会社だよな。京都でも駐車場を経営しているじゃないか」というものです。
17歳の高校生としては致しかたないものですが、私の高校は進学校でしたので、このような無知の発言は所謂「からかわれネタ」となってしまうのです。
そして今日までその残り火は絶えず、連綿と灯され続けていたのでした。
ここで蘊蓄なのですが、月極の「極」と言う字は一定の時間や期間等条件を極める(きわめる=明かにする)言う意味なのです。
従いまして月極駐車場とは「1カ月間いくら」で貸すという意味合いの駐車場なのです。
「月決め」では期間だけしか示していない言葉になるのです。

#奥様はヤクネタ運転手
ヤクネタ
実は我が奥様も免許証はもっているのです。
免許取りたてのころ、奥様の運転で私と2歳になったばかりの長男とで鎌倉にいきました。
横浜・横須賀道路で奥様のちんたら運転に業を煮やした後続車が急な追い越しをかけ、私達の車の前に割りこんできました。まぁよくある話です。
すると奥様は、キャッと言ってから両手で目を覆い、急ブレーキを踏んだのです。
要は80kmで巡航している有料道路の話ですので、後続車がいましたなら追突されていたでしょう。
さらに恐ろしいことに両手で目を覆っているので、ハンドルから完璧に手を離しているわけですよ。
よく蛇行もせずに停止したものです。
長男は事態がわからずこの急ブレーキをキャッキャッと笑って面白がっていました。
奥様は割り込んだ車に対して大激怒しています。
私は冷汗三斗です。
奥様はしばらく興奮さめやらないので、私が運転を変わりました。
それ以来、私は奥様に運転することを封印したのです。
今このように思いだしても脇の下にジワァ〜と汗が噴き出てきます。
ちなみに「ヤクネタ」とは今では死語ですが、災厄をもたらす元凶の人間という意味であります。

#財布の一人旅
今日は奥様の実家に行く日です。
奥様の実家は距離して100km位のところにあります。  
そこで残量が少ないガソリンを給油しにいきました。
私の行きつけのガソリンスタンドはセルフ給油スタンドです。
特段経済がしっかりしているわけではありません。単に自宅から一番近いので利用しているだけです。
いつものとおり、サクサクと給油してから、自宅で待っていた奥様をピックアップして車中の人となったのです。
途中インターで小休止したのですが、ズボンの後ろポケットに入れてあった、財布がありません。
休みの日は普段使用している長財布ではなく、コンパクトな短財布を使用しています。
小さいので運転席に落ちているのだろう的な感慨でたいして気にも留めていませんでした。
酒飲時代、私は泥酔しますとよく財布をなくしていましたが、最近では停酒していますので財布をなくすことはピタリとなくなりました。
そんな思いもあったので、このインターで買った物は奥様に支払いをしてもらったのでthat’s it(それで終わり)です。

奥様の実家で義理の妹達と歓談していましたら、義理の弟が帰宅しました。
そして私の顔を見るなり、お兄さんの車のリアウィンドウになにか挟まっているよ、と言ってましたので、ついでの用事もあり、駐車場に停めてあったマイカーのところに行ったのです。
すすすると、そそこには、なななんと我が財布が挟まっているではありませんか。
私はセルフ給油する時、財布を車の屋根に置いておく癖があります。
この方が支払いするのに楽だからです。
そのように考えますと、今日も屋根の上に財布を置き、きちんとしまっておかなくてはと自分に言い聞かせていた様な気がします。
むむむこんな大事な事を忘れているとは・・・
もしかしてアルツが始まったのでしょうか。
しか〜し100kmの距離を高速で走っていたのによく落ちなかったものです。
落ちない財布ということですので、財布の中にあった紙幣約15,000円を5円玉に両替して、湯島天神で、落ちない=合格祈願のお守りにして売ろうかなと思った次第であります、ハイ。
IMG_5486


IMG_5460

IMG_5461
今日は凍てつく小糠雨ふる御徒町に出没です。
たまにはspicyなものを食べるかとお邪魔しましたのはこちらです。
今日のお店は、東上野のKorean townにある「満奈多(まんなだ)」さんです。

住所: 東京都台東区東上野2-15-8
電話:03-3837-5121
定休日:日曜日・祝日

IMG_5474
お店の外観です。

IMG_5466

IMG_5473
店内の雰囲気です。

IMG_5464
メニューです。

今日のオーダー「カレーラーメンチゲ(キムチ、白飯、マンゴープリン付)」@980円です。

IMG_5465
席に着くやいなやキムチの到着です。
ここのキムチはKorean townにある同店系列の第一物産でも求めることができます。
ここのキムチは自家製ですので化学調味料まみれのキムチとは違って味わいが深いのです。辛いけど美味しい。

IMG_5468
待つこと15分でカレーラーメンチゲの登場です。
丼ぶりがチンチンに熱せられていますので、フツフツとまるで地獄谷の「血の池地獄」みたいなアブクが湧いています。

IMG_5471
それでは実食です。
辛い、でもすごく美味しい!
何ですか、この美味しさは・・・
辛いけど美味い、美味いけど辛いという無間地獄に突入していきます。
カレースープは辛いのですが中に生卵とチーズが入っていて以外とマイルドなのです。
しか〜しそれを凌駕する激辛唐辛子が入っているので辛いのです。
乾麺の素朴で固めの味わいがこのカレースープに良く合うのです。
カプサイシンの影響で顔はすでに汗だらけですが美味しすぎて箸が止まりません。
結局一気呵成に完食ました。
ここのカレーラーメンチゲは決して裏切りません。大満足です。

IMG_5472
デザートのマンゴープリンは出色のできです。
韓国料理でこのレベルはクリビツです。
まろやかで美味しいです。イケますね。

それでは(^_-)

御徒町 コションドール香味屋

今日は「日本語は難しい」です
マッサン」
NHKの朝ドラ「マッサン」の主役に候補者数500名の中、日本では無名のシャーロット・ケイト・フォックスさんが選出されました。番組のチーフプロデューサーは、当初ベッキーさんや加賀美セイラなどさんなど日本で活躍をしているハーフの芸能人を考えていたようですが、最終的には彼女を選びました。
決め手は、彼女の「豊かな表情」「ユーモアセンス」「演技力」等に郡を抜いて輝くものがあったからだそうです。

シャーロットさんの経歴を簡単に記します。
1985年8月14日生まれ 28才。米国出身。
カレッジ・オブ・サンタフェの演劇ダンス専攻でBFA(学士)、ノーザンイリノイ大学の演劇専攻にてMFA(修士)を修了する。「ステラ・アドラー・スタジオNY」等、著名スクールで演技・ダンススキルを磨き、舞台映画で経験を積む。
祖母はスコットランド人。日本でのテレビドラマ初出演となり、ヒロインの大役に挑戦する。


NHKの朝ドラ史上で日本語をしゃべれないヒロインが選ばれたという事は初めてのことです。
ちなみに日本語がしゃべれないシャーロットさんがこのオーディションを志望した動機ですが、これも簡単に記しておきます。
すばらしい冒険になると思い挑戦しました。
こういった経験は初めてだし、こんなチャンスは訪れないと思いました。
オーディションに応募してよかった。やっぱり大冒険です。


10ヶ月間、週6回、150話の長丁場です。
撮影は朝10時から深夜11時まで週4日で、一日20シーンの撮影は日常茶飯事だそうです。
マジに、She barely had time to breathe during a take(息をつく暇がない)です。
チーフプロデューサーは、朝ドラの歴史の中で、誰しもが途中で倒れたり、体調を壊したり、音を上げて撮影が止まる事はよくある事です。
彼女は日本人のヒロインの3倍のハンディを背負っているわけで、それを乗り越えようとしてチャレンジしています、とエールを送っています。

ここで今日のフリネタ「日本語は難しい」ですが、彼女は全く日本語ができません。
したがいまして台詞は次の様な特別な台本を作ってもらっているようです。
1.日本語の台詞:日本に来てしまった事、とても悲しい。
2.英訳した台詞:It is very sad to have come to Japan.
3.ローマ字に変換:Nippon ni kitesimatta koto ,toteomo kanasii.
4.表現用英訳台詞:Japan to come did thing,very sad.
この台本のミソは4番の表現用英訳台詞です。
現場ではcrazy Englishと呼ばれているようですが、シャーロットさんはこの特別台本により台詞のイメージを作り演技をしているようです。
実際私達が仮に役者だとして、全く知らない外国語(e.g. ベルギー語)をローマ字よみで発音し、感情移入して演技をしろといわれても、できないですというか無理ですよね。
本当にたいしたものです。

外国人からしますと日本語の小さな「っ」を発音するのは難しいようです。
その場合は件(くだん)のローマ字に変換した台詞は次の様に変わります。
反対を押し切って→hantai wo oshikitte→hantai wo oshiki-tte
「押し切っ」でone breathを入れて「って」とかぶせることで「反対を押し切って」
と発音しているようです。
ちなみにシャーロットさんは「生きていける(ikiteikeru)」はどうしても「生きてける(ikitekeru)」になってしまうようです。
加えて「裸になって(hadakaninatte)」は「裸きになって(hadakininatte)」となってしまうようですよ。
頑張れシャーロットさん「日本語なんてすぐに慣れますよ」と言ってはみましたけれど結構難しいのですかね?

「マッサン」ファンの私は、エリーさん(シャーロットさんが演じる主人公名)が一生懸命に日本になじもうとしている姿を見ていますと、まるで我が子を見守るような気持ちになってしまうのです。
明るいヒロインのひたむきな姿勢や素直さに共感するという部分も大いにあるのですが、正直エリーさんの応援団のようなものであります。

最後に主人公のマッサンのモデルとなった竹鶴さんは、鳥井さん(鴨居欣次郎役堤真一)にスカウトされて、まずはサントリー(当時は寿屋)に勤めてから後に独立しています。
飲みやすさを求めた鳥井さんと本場の味にこだわった竹鶴さんの路線対立があったようです。
ドラマでもその相克が見せ場になるだろう、と言われていますので、今後の「創業者対決(ニッカVSサントリー)」の盛り上がりは大いに期待するところであります。


余談ですが、ニッカウヰスキー 余市蒸溜所 ニッカ会館試飲会場での試飲は超お勧めです。
特に「竹鶴25年」は市価50,000円の価値です。
マッサンの魂がいっぱい詰まった銘酒です。試飲量はわずか15ccですので味わって飲んでください。
ちなみにここは車できた方のために「ジュース」がありましたが、ここに車で来た人はアホです、ハイ。


IMG_3427
今日は御徒町に出没です。

IMG_3428

IMG_3429
そういえばremodelした「吉池」さんに入ったことがありませんでした。
我家は亡き母が「吉池」さんの鰻が大好きでした。
ということでnostalgia for the past(過去への郷愁)を胸に抱いて訪れたお店は「コションドール香味屋」さんです。

IMG_3448

IMG_3449
余談ですが良く飲みに行っていた「池田屋」さんはオサレなパブに様変わりしていました。
垢ヌケしすぎやろ!

住所: 東京都台東区上野3-27-12 吉池ビル 8F
電話:03-5817-4711
定休日:無休

IMG_3450

IMG_3439
お店の外観です。

IMG_3447

IMG_3438
店内の雰囲気です。

IMG_3434
メニューです。

今日のオーダー「もち豚とモツのパン粉焼き+ライス」@1380+@200=1,580円です。

IMG_3441

IMG_3440
お店の名前の「コションドール」のコションは仏蘭西語で「豚」です。その後の「ドール」は「金」です。
つまり店名は「金の豚」です。

今日のオーダー「もち豚とモツのパン粉焼き+ライス」@1,380+@200=1,580円です。
待つこと21分で「もち豚とモツのパン粉焼き」の到着です。
じっくりと焼きが入ったためかずいぶん縮小されています。
気を取り直して実食です。

IMG_3437

IMG_3442

IMG_3443

IMG_3444

IMG_3446

IMG_3445
表面の衣は油で揚げ焼してみたいで風味があって美味しいです。
中の肉ですが、もち豚は甘さと弾力があり結構ですが、問題はモツです。
モツの表現の仕方をかえようとして作られた料理のように見受けられますが、モツがダメです。
モツのレバー臭さはとりきれていませんし、モツそのものが美味しくありません。
酸味の強いソースもこのパン粉焼きには合いません。
付け合わせのポテトの角切りは、まるで賽の河原で小石を積んでいる風情です。
要は食べにくいのです。
かなり不満が残った料理です。
個人的には本店からのレシピを唯々諾々 ( いいだくだく )と調理している様にみうけられました。
このお店のシェフのあらたな創意工夫に期待するところであります。
辛口コメでごめんなさいm(__)m

それでは(^_-)

御徒町 英鮨

今日は「上野de徘徊?」です。
IMG_7250

IMG_7249

IMG_7248

IMG_7251
前日のブロ グの通り、奥様の意図?錯誤?により、命の次に大事にしていたラン靴をゴミ出しされた私は、極度の悲嘆により尾羽うち枯らし枕を濡らしながら寝いったのです。
しか〜しぐっすりと寝た後はすっかりと元気になりました。
そして今回の事を悔い改めた奥様より慰謝料を頂き、早速御徒町にラン靴を買いに行ったのです。
奥様より頂いた慰謝料はラン靴×2足分ですので、熟慮断行の上、練習用と競技用の2足を買い求めたのです。
冷静に考えればこれって「災い転じて福となる」そのものでありまして、所謂一つの僥倖でも有り、換言すれば「奥様ありがとうございましたm(__)m」なのです。

新しい靴を買い、気分爽快となった私はお腹もすいたのでランチを食べようと上野を徘徊?逍遥?探索?観察?する事としたのです。

IMG_0551
最初に向かった先は「満奈多(まんなだ)」さんです。
Just my luck! (運が悪いなー!)
今日は日曜日なのでお休みでした・・・

IMG_7254

IMG_7253

IMG_7252
そして踵(きびす)をアメ横方面に向けて歩きはじめました。
そして私の目に飛び込んできたのは「磯丸水産」でした。
ここの「貝ちらし丼」を食べようと入店したのです。
しか〜し入店したしましたら13時ちょいすぎだというのに店内は飲屋と化しており、しばらく我慢していたのですが、店員さんはオーダーを取りに来ないわ、となりの酔客に話しかけられるわで、とても落ち着いてお昼を食べる雰囲気ではなく、数分間座っただけでそそくさとお店を出てしまいました。

IMG_7255

IMG_7256

IMG_7257

IMG_7258
酔客といえば昼のアメ横はみなさん開放的に飲酒で明色化をしています。
日本人っていつから昼飲みが定着化したのでしょうか、この殷賑(いんしん)をみるかぎり一つの風景となっています。飲酒をしていた頃、昼飲みは嫌いではありませんでしたが、飲んだ後のけだるくて緩慢な時間がもったいなくてあまり実行しませんでした。

IMG_7263

IMG_7277

IMG_7276
その後「たぬき小路」を抜けて手のし餃子の名店「珍満」さんに出向きしたら、店内超満員で入店を断念しました。

このあたりで頭の中に暗雲がたちこめてきました。
いわゆる「嫌な予感」です。

IMG_7279
次に訪れたのはセレブとんかつ「蓬莱屋」さんです。
ところがこのお店の扉に手をかけた時に、ここの「とんかつ定食」が@2,900円だった事を思い出して扉に手をかけただけで入らずじまいでした。
帰宅してnetでこのお店をのぞいてみたらあまり評価は高くなかったようでしたので私の決断が結果的に正しかったようです。
中学校の頃でしょうか?
ここのトンカツにいちゃもんをつけた客に対して当時の店主が逆ギレし確かバットで殴りかかろうとして、刑事事件になったことがありました。
口さがない下町っ子達は、蓬莱屋はてぇしたもんだよ、カツをあげずに、サツ(警察の事)にあげられたぜ、と揶揄していたことを思い出しました・・・

IMG_7264
ところで私はどこに行くのでしょうか、はたしてランチは食べられるのでしょうか・・・
時計に目をやると14時です、なんてこったい一時間も上野を徘徊してしまいました。
そろそろお店を決めないと死にそうです。
上野に耐久レースをしにきたのではありません。
そこで再度頭のCPUをfull slotにしたところ、寿司屋通りにいけばいいじゃん、という結論にいたりました。
そういえば鯨飲中はよくこの界隈の寿司屋で飲み倒したものでした。
というこで今日のお店は昔さんざん通った「英鮨」御徒町店さんです。

住所: 東京都台東区上野4-2-11 大原ビル 1F
電話:03-3837-3507
定休日:年中無休

IMG_7265
お店の外観です。

IMG_7267
店内の雰囲気です。

IMG_7275

IMG_7268
メニューです。

今日のオーダー「上にぎり」@1,360円です。
入店して分かったのですが、このお店は私が良く食べ?飲み?にきていた寿司屋さんではありませんでした。
仕方ないです、それに気が付いた時には「上にぎり」のオーダーが通っていましたから(笑)
しか〜しこのお店も飲屋と化していました。
お酒を頼んでいないのは私だけです、なんかなぁです。

IMG_7269

IMG_7271
待つこと11分で「上にぎり」の到着です。
すしネタは、中トロ、マグロ、ハマチ、サーモン、玉子、海老、いくら、穴子、かっぱ巻き×3巻、鉄火巻き×3巻の陣容です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
あれっ、すごく美味しいのです。
ネタは肉厚がありますし、寿司にもきっちりと仕事がされています。
特に玉子は甘さ控えめで出汁がきっちりときいています。
併せた海苔が香りと彩(いろど)りを高めています。
さすがに職人さんが直(じか)に握っているので味が違います。
さらに味噌汁が秀逸です。
このお店はホンマモンのお店ですね。

IMG_7272
最後の方にガリがなくなったので追加を頼みましたら気持ちよく出していただきました。

とても美味しいお鮨をいただく事ができました、満足です。

IMG_7273

IMG_7274
ところでこのお店を出てから発見したのですが、私が良く食べ?飲み?にきていた寿司屋さんは「かっぱ寿司」さんでした。で〜もこちらは大行列でしたので、間違わずに来ていても入らなかったでしょう・・・

それでは(^_-)

谷中 一寸亭 4TH

今日は「谷根千は今日も暑かった・・・」です。
いよいよ夏休みも終盤に入りました。
今日は谷根千に次男と出没です。
パチリ中心ですが、宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

◆旧安田楠雄邸
今日は 前回のrevengeで旧安田楠雄邸に参ったのです。
前回は休館日と開館日を勘違いしまして、休館日に出向いてしまったのです。
今回は開館日の土曜日に的を絞ってやって参りました。
旧安田楠雄邸とは、文京区千駄木にある旧安田楠雄邸は大正8年築の近代和風住宅です。
平成8年、相続のために存続が危ぶまれましたが、市民運動の橋渡しにより、ご家族から財団法人日本ナショナルトラストに土地・建物・調度などが寄贈され保存された大正の息吹が色濃くのこる住宅です。
IMG_6669


門の前までくるとなぜか胸騒ぎがしました。
門がしまっているではありませんか・・・
なんていうことでしょう、夏休みではありませんか。
前回スベッタ時にはこんな張り紙はなかったのに・・・
さら〜に必須であった靴下をも忘れていたので何をかいわんやです、ハイ。
久々のダメだコリャ!でした。
IMG_6668



◆教王寺
経王寺は、1655年当地の豪農が、堂宇を寄進建立した事に始まり、本堂隣の大黒堂には日蓮上人様の作と伝えられる「大黒天」が、鎮守として祀られています。
1868年(慶応4年)の上野戦争の時、敗走した彰義隊をかくまったとして、門外から新政府軍の銃撃を受け、山門の扉には今もその銃弾痕が見られます。
新潮社「彰義隊遺聞(森まゆみ著)」によりますと、「この辺りは民家等無かった場所」とありますが、現在ではその様な事案があったと想像も出来ない人家が密集していました。
ここでの戦いは、上野山の谷中天王寺等に駐屯(自然集合)していた彰義隊士が、銃撃戦で新政府軍に追い詰められ、「最後に刀を用いた切り合いとなった」等と土地の長老様等に語り伝えられています。
しか〜し戦いのあった上野からここ教王寺まで約2kmです。
そしてさらに退路をさがして千住まで逃げていきますのでここから加えること約5kmの撤退です。
負け戦での退却ですから、彰義隊の方々のつらさは筆舌に尽くせないと思います。
彰義隊を血気に走る烏合の衆と酷評をする歴史評論家もおりますが、彰義隊はそんな軽率なものじゃありません。
武士道に殉じた尊き時代の犠牲者であります。
負けるのを承知であえて薩長軍に戦いを挑んだ彰義隊に、武士の“義”をおおいに感じとってください。
IMG_6685

IMG_6687

IMG_6688

IMG_6686


かつては教王寺の近隣の富士見坂から富士山が見えたのですよ!
富士見坂


◆夕やけだんだん
JR日暮里駅の北口を出て、緩やかに上る御殿坂を歩いて行くと、買い物客で賑わう谷中銀座商店街に通じる「夕やけだんだん」と呼ばれる階段があります。
この「夕やけだんだん」という一風変わった名称は、一般公募によって命名されました。
名前のとおり、この階段からは美しい夕焼けを眺めることができます。
「夕やけだんだん」の下に広がる商店街の明かりやそこに集まる人々。
どこか懐かしい気持ちにしてくれます。
「荒川区観光振興課観光振興係」HPより転載
ひさびさの「夕やけだんだん」です。今日は買い物客が多いですね。
IMG_6689

IMG_6684


◆レストランザクロのかき氷
アリ店長
この画像はASUKAさんより転載
このお店は超過激な客イジリで有名な名物店長(別名日本一ウザい店長)のアリさんがいるレストランザクロのかき氷コーナーです。
外国人観顧客でにぎわっていました。
過日このお店に友人と訪れた次男はこのアリさんの過剰・過激な客イジリに辟易としたみたいです。
この客イジリをしらない人が訪れたのなら、あまりのシツッコさに耐えることがでえできず、一悶着が起きているかもしれない、とまで言い切っていました。
気の短い貴方、貴女は入店する時は“人”の文字を手のひらに書いて呑み込んでから入って下さいね・・・
IMG_6691

IMG_6683

かき氷
この画像はeriko@erikonbuさんより転載

◆惣菜いちふじ
この画像をみて“スゲッ”って思った人は「夕やけだんだん」通です。
このお店は“写真撮影厳禁”のお店です。
万が一写真撮影をするところをここのご主人にみられたら、この世のものとはおもえない修羅場を体験することができます、冗談ではありませんからね・・・
IMG_6681


◆肉のサトー
かつてこのお店の奥様に“肉のサトウ”って言ったら、マジに怒られました。
この商店街は怒りん坊が多いようなきがします、といってもたった二人(肉のサトーの奥さんと惣菜いちふじの店主)だけですからね。
私が怒られたのものこのお店を、吉祥寺のメンチの行列店“肉のサトウ”の関係あるお店ですか、と聞いたのが嚆矢でしたので、所謂stereotypeの怒りん坊ではありません。
味は吉祥寺の“肉のサトウ”の方が美味しいと思いま〜す。
また怒られるかな・・・
IMG_6671

IMG_6692


◆指人形笑吉工房
ここのアイコン「笑吉さん」とは露木光明氏が創作した「指人形 笑吉」のことです。
この指人形の笑吉さんは一人(?)ではなく、露木さんの手に掛かれば無限に増え続けていきそうです。
目標は五百体(五百羅漢がきっかけ?)にと言うことだったらしいのですが、テレビや雑誌などで紹介されたことがきっかけで購入希望者が増え、評判も上々で、なかなか目標の達成は難しいようです。
その上、オーダーでの似顔の笑吉人形づくりの注文も増えたようで日々てんてこ舞いの状態のようです。
IMG_6702

IMG_6700

IMG_6701

IMG_6699

IMG_6698

IMG_6697



ということで谷中にきたならばランチはこのお店です。
今日のお店は、このblogではおなじみの中華料理の名店「一寸亭」さんです。

住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話:03-3823-7990
定休日:火曜日

IMG_6672
お店の外観です。
久々にきましたら店主のご子息が厨房に入っていました。
よろしかったですね、後継ぎができまして・・・

IMG_6680
店内の雰囲気です。

IMG_6678
盆休みかと思っていたのですが、やっていました。
Lucky!これで旧安田楠雄邸のpetit revengeができました。

IMG_6673

IMG_6674
メニューです。

今日のオーダー
私は「ウマニソバ」@850円です。
次男「五目チャーハン+マンゴープリン」@850+@280=1,130円です。
二人でshareした「焼餃子」@500円です。

IMG_6675
待つこと5分で「ウマニソバ」の到着です。
見てください、餡が光っています、美味しそうです。
これは餡よしスープよし麺よし具の野菜よしのGrand Slamです。
白眉は木耳(きくらげ)です。
これだけシャキシャキした木耳は、超高級中華料理店でもお目にかかったことがありません、是非この感動を共有しに来てください。

IMG_6676
待つこと8分で「五目チャーハン」の到着です。
海老が頂上でトグロを巻いています(笑)
これは油が上品ですね。
クドさをかんじさせません。
さら〜に丁寧にご飯を煽っていますので味にムラがありません。
美味しいチャーハンってこう有るべきだと思わせる一品です。
とても結構な味です。

IMG_6677
待つこと11分で「焼餃子」の到着です。
皮が飴色に光っています。
中の餡は上質なひき肉がみっしりと詰まっています。
これは私がこのお店で一番好きな料理です。
思わずビールが飲みたくなりました。

IMG_6679
最後はデザートの「マンゴープリン」です。
存在感ありますね。
想像以上に洗練されたデザートです。
美味しいです、で〜もこれには珈琲がほしいところです!
無理か中華料理屋さんでは・・・

久々の「一寸亭」さんの料理の数々はとても大満足のものでした。heart02
ご馳走様でした。

それでは(^_-)

上野 黒門

今日は「蓮の開花の音」です。
IMG_6371

IMG_6378

]IMG_6382

IMG_6370

IMG_6368

IMG_6369

IMG_6389
前回話題にしました通り、蓮の開花する際に鳴る“ポン”という音をわざわざ不忍池まで聴きに行きました。
当初は私と奥様だけだったのですが家で暇こいている次男もjoinすることになりました。
ということで本日は5時起きです。
朝の支度をテキパキとしたおかげで不忍池には6時に到着です。
いるわ、いるわ、人・人・人で不忍池は煮えたぎっています。
日本人って早起きなのですね・・・

エジプトの女王は、蓮の開花の音を目覚まし代わりにしていたそうです。
さぞかし雅やかな音色なのでせうね・・・
それでは不忍池の蓮の開花音に耳を傾けます。
シーン・・・
音がしないではありませんか。
今日は蓮様のご機嫌が悪い、まさか、そんなことってあるんですか。
私と奥様とがこの件で甲論乙駁(こうろんおつばく)を続けていると、Nikonの高級一眼レフをもっているカメラマンさんが親切にも私達に教えてくれました。
彼の説明では、蓮の花ってゆっくりと開花するので音なんか鳴るわけがない、とのことでした。もしその音を聞いたという人がいるのであれば、蛙が池に飛び込んだ音を勘違いしたんだろう、とのことでした。
というのも不忍池で朝もはやから暇こいているおじいさん、おばあさん達から彼が蓮の開花音の話を色々と聞きつけた上での結論とのことでした。
要は所謂一つの都市伝説のようです。

Netでも以下のような記載を見つけました。
古い文献にもハスの開花音についての記述がありますし、啄木の詩にも「静けき朝音たてて白き蓮花のさくきぬ」、正岡子規の句にも「蓮開く音聞く人か朝まだき」や「朝風にぱくりぱくりと蓮開く」などと詠われ、それらの印象から、ハスの花が音を立てて咲くと信じている人が今でもあるようです。静かな水面に次々と音を立てて咲くハス、なかなか愉快なシーンですが、残念ながら開花時には音を立てません。このことは、千葉県検見川の1200年頃の地層から大賀一郎博士によって発掘された種子から得られた大賀ハス(2000年ハス)で実証されています。開花時の振動を500倍に増幅して測定しましたが、花弁の擦れ合うごくわずかな振動があるだけで、開花音ではないことが科学的に証明されました。
(原体験コラム集より)

どうやらこの話はハスの開花の有様から生まれたロマンのようです。
しか〜し人騒がせな都市伝説ですね・・・

折角ですから上野周辺のパチリを紹介します。

IMG_6383 - コピー
大白鳥の集団です。
静かすぎて不気味です・・・

IMG_6404
正岡子規記念球場です。
この球場の名前を冠している正岡子規は、明治初期に日本に野球が紹介されて間もない頃の愛好者であり、1886年(明治19年)〜1890年(明治23年)頃、この球場がある上野公園内で野球を楽しんでいたといわれています。
その証拠に子規の随筆「筆まかせ」の中に、明治23年3月21日午後、上野公園博物館横の空き地で試合を行った事が書かれており、その時子規は捕手を守っていた事が分かる内容が書かれています。
その後、子規は野球を題材とした俳句や短歌・小説・随筆を発表して野球の普及に貢献しています。また、数々の野球用語を日本語訳したことも知られています。
このような功績を称え、上野恩賜公園開園式典130周年を記念し、2006年(平成18年)7月21日に上野恩賜公園野球場で句碑の除幕式と正岡子規記念球場の愛称が披露されました。
碑には「春風や まりを投げたき 草の原」の句が刻まれています。

IMG_6412
上野の待合せspotとなってしまった西郷隆盛像です。
西郷さんは戊辰戦争で上野を焼き尽くした官軍の中心人物なのに、どうしてその上野を眺めるような場所に像を立っているのかという話があります。
実は、西郷さんは当初皇居の前に立てられる予定だったそうです。
それに対し、西南戦争で政府に対し叛乱を起こした者の銅像を皇居に立てるのはいかがなものか、という反対が出て、上野になったといわれています。
自分が焼け野原にしたところに立たせて、いささかバツの悪い思いをさせてやろうという意地悪な気持ちが政府にあったのかもしれませんね。
西郷さんのすぐ後ろには、官軍が壊滅させた彰義隊隊士たちの墓があります。
今度西郷さんが何かを仕掛けようしても、後ろから銃を突きつけて絶対阻止してやるぞ、という意思表示なのかもしれないと言われています。

ちなみに1899年、上野公園の銅像除幕式に列席した西郷さんの未亡人イトさんが西郷さんの銅像を見た瞬間、「宿んしは、こげなお人じゃなかったこて」(うちの人は、このような人ではなかったのに」)と思わず声を出すと、隣席に腰かけていた西郷縦道がイトの足を踏んでたしなめたというエピソードが噂となって全国に広まったそうです。
それが元になって銅像の西郷隆盛の顔は本物と似ていないと信じる人が増えたということを物の本で読んだことがありますが、このイトさんの言葉は「銅像の顔が記憶に残る亡夫の顔と似ていない」ことを意味するのではないようで、「銅像のように、西郷が着物姿で人前に現れるはずがない」という意味であったと、新人物往来社編集の『西郷隆盛 七つの謎』に書いてありました、プチトリビアです。

IMG_6413

IMG_6414
その西郷さんの後ろにある彰義隊の墓です。
この彰義隊ですが、明治戊辰の役、上野戦争における彰義隊の敗北で、江戸ッ子侍の壮丁数百人が斬り死にしたことと、勝ち誇った薩長人の得意顔の市中の大闊歩、古今を通じてこれほど江戸ッ子に痛痕の衝撃を与えたことはありません。 
ということを私は幼児の頃、地元の古老よりよくその憤慨を聞かされていました。
といってもその古老も父親ないし祖父からのimprint(擦り込み)ですが。
いずれにしても、それほどにも徳川幕府の壊滅や彰義隊壮丁多数の戦没は、江戸ッ子の痛憤のきわみで、戊辰戦後の江戸ッ子は怒りと哀愁でみちていたそうです。 
まことに彰義隊士の奮起は、徳川武士の立場として止むに止まれぬ江戸ッ子侍の行為であったと言われていました。敵を迎えて何の要営もなき岡に無謀の戦い、時の大勢に反抗して大軍に挑む(2,000人VS28,000人)、敗北は知れたこと、血気に走る烏合の衆との酷評をなす幕末歴史評論家もおりますが、彰義隊はそんな軽率なものじゃありません。
武士道に殉じた尊き時代の犠牲者であります。戦没に江戸ッ子が深く哀悼なすも道理であったのです。

IMG_6407

IMG_6408
長男を良く遊びに連れてきた「上野子供遊園」です。
長男はこのような車を運転していればどんなにぐずっていてもご機嫌がなおりました。
当時はタクシーでしたが、今はパトカーに変わっていました。
時の移ろいを奥様と二人で感じいっていました・・・

IMG_6409
最後に何ともふてぶてしいニャンコがいたのでパチリしました。
昔はこのようなニャンコが魚屋さんから魚を盗んでいたのです・・・


時計を見るとまだ7時15分です。
お腹が空きました。
ということでファーストフード店以外を探していたらこのお店にたどり着きました。
今日のお店はきねやホテル内にある「黒門」さんです。

住所: 東京都台東区上野2-14-28 きぬやホテル
電話:03-3833-1916
定休日:無休

IMG_6392
お店の外観です。

IMG_6393

IMG_6400
店内の雰囲気です。

IMG_6391
メニューです。

今日のオーダーです。
私は「洋食(ベーコンオムレツ、パン、スープ、サラダ、季節の果物、珈琲)」@900円です。
奥様は「中華粥(中華粥、スープ、サラダ、杏仁豆腐、紅茶)」@900円です。
次男は「ホットドッグ(ホットドッグ、スープ、サラダ、紅茶)」@700円です。
最初店員さんは、定食類はただいま混みあっているので(きぬやホテルの宿泊客優先)、定食系の料理のでき上がる時間は全くわかりません、と木で鼻を括ったような言い方をしたものですから、私の目がつり上がったのです。
しか〜しすぐに奥様からイエローカードがでた為に口から出かけた言葉を呑み込んで沈黙していました。
しかしなんともひどい説明ですね、空いた口がふさがりませんでした。

IMG_6395

IMG_6397
それでも待つこと15分で「洋食」の到着です。
あれつ、見た目おいしそうじゃん定食、です。
それでは実食です。
ベーコンオムレツはトロトロで美味しいです。
サラダも冷えていてしかもedgeがたっていてイケます。
スープもまずまずの味です。
このような逆期待裏切り料理はwelcomeです。
とても美味しいです。
かなりクリビツしました。

IMG_6398
待つこと17分、「中華粥」の到着です。
これも、見た目おいしそうじゃん定食、です。
これは「中華粥」の味わいが深いです。
かなりのレベルです。
特筆するのは「杏仁豆腐」です。
これは味が濃いです、多分ココナッツシロップを使ったのものではなくて原材料が作られたものです。
これは超ウマウマです。これまたクリビツです。
とても美味しいです。

IMG_6399
待つこと21分、「ホットドッグ」の到着です。
あれっ、ホンマモンのホットドッグじゃん、です。
これはウィンナーのカリカリ炒めが光っています。
パンの焼き具合も過不足ありません。
これはイケます、ここでもさらにクリビツです。
とても美味しいです。

このお店は接客こそ噴飯ものですが、味のレベルはかなり高いと申して宜しいでしょう。
今度訪問したときは接客マナーを従業員に教えられない店長を更迭しておいてください、ハイ。

それでは(^_-)

浅草 ケンタッキーフライドチキン

今日は「大学CM列伝」です。
今の大学って楽しそうって思わせる大学PVをcompleteしてみました。
こんなキャンパスなら再入学したいものです。

今までにない大学PVを作ろうと、総勢のべ1000人の学生が出演して作られた関西学院大学の創立125周年記念です。さまざまな映像演出が駆使されていて見どころ満載。みんなノリノリで、とにかく楽しそうです。
下町っ子の私にとって関西学院大学は大学名の関西をくゎんせい(Kwansei)と発音しなければならない事と「阪急電車」のロケ地になった大学だった事しか知りません。
たしか田舎から出てきた「圭一と美帆」が通う大学で、また、阪急今津線沿いの高校に通う高校生「悦ちゃん」が憧れる大学としてもこの大学が登場していましたね・・・
個人的には高評価です!


国学院大学CMです。この大学には道文化学部があることから神主の子弟が多く通う大学としても有名です。中学校の担任だったM原先生の出身大学でもあり、M原先生は学校を辞められて今や地元香取神社の神主さんになられています。そんなに堅苦しくないキャンパス風景にクリビツです。
image characterはいらなかったのではと思います・・・


神戸女子大学/神戸女子短期大学のCMに使われている歌です。
CMでは一部しか使われていませんが、歌詞の内容、ミュージックビデオ共とても良い物です。制作者の遊び心もありとても気に入っています。
堅苦しい大学CMが多い中でこのCMを作った大学側に拍手!
なかなか完成度の高いCMです・・・


チャライ明治大学の雰囲気を前面に押し出したVCRです。
そのいさぎよさに拍手乱打しました。


同志社女子大学の、初めてのテレビコマーシャルです。
Always rising to a new challenge(いつの時代も、新しきを生きる)が印象的でした。
プラ〜スでている女性が美しいですね・・・
もし出演されている方がタレントさんでなく本当の学生さんだったら合格合格合格合格です。



IMG_6327

IMG_6329
今日は浅草に出没です。
あれっ!神谷バーが工事中です。
耐震補強工事のようですね。
折角ですので地元に伝わる「神谷バー伝説」を紹介します。

実は私が大学生の頃まで神谷バーの歩道の前にはあたかも鏡の様にピカピカに光った電信柱がありました。
この柱はもともとコンクリートの電信柱だったのです。
何でこのコンクリートの電信柱がピカピカの電信柱になったのかをご説明いたします。
そもそも神谷バーの名物「電気ブラン」はアルコール度数45度(現在は「電気ブランオールド」で40度)と、かなりキツイ飲み物であります。
そのためアルコール度数の強い電気ブランをついつい調子にのり飲みすぎた酔客は、店を出てから夜風にふかれると、急にその酔いが足にくるのです。
そして間髪いれずに腰をとられてしまうのですね。
そしてその腰をとられた酔客がふらふらっとヨロメクと、うまい具合にそこに電信柱があるのです。腰がとられているものですから、勿怪の幸い(もっけのさいわい)とばかり、その電信柱にしがみつくのです。ところがそんな状態ですから、ズルズルってずり落ちてしまうのです。
そうすると酔っていますのでまた体勢を立て直そうとして、尺取り虫のようにして柱の上部にしがみつくのです。しがみつくとすぐにまたズルズルって落ちてしまうのです。
そしてまた体勢を立て直そうとして柱の上部にしがみつきズルズルスト〜ンが続くのです。

明治15年からこの電信柱が撤去される平成13年までの120年という永きに亘ってまるで駅伝のようにこの行為が引き継がれたわけですから、必然的にピカピカとなるわけです。
従いまして私達が中学校の時は、髪が乱れた時はおもむろに胸ポケットから櫛を出してその電信柱の前で髪型をととのえていました。

この話は我が下町に古くから残っている都市伝説の一つです。
実際に現地にいってみるとその電信柱がないわけですので、本当に信じてしまうというわけです。
浅草観光の際のブラフ(bluff)にご使用ください。



IMG_6334

IMG_6336
今日は群馬に出張です。
これから浅草からロマンスカーに乗ります。
発車時刻が迫っていたので車内で昼食です。
ということで今日のお店は「ケンタッキーフライドチキン」浅草店さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-1-17
電話:03-5246-7172
定休日:無休

IMG_6333
お店の外観です。

IMG_6331
店内の雰囲気です。

IMG_6330
メニューです。

IMG_6335
今日のオーダーは「ランチボックス(焼きおにぎり、チッキンフィレサンド、コーヒー+フライドチキン」@500+@240=740円です。
ケンタはhigh calorieなので普段は食べませんがたまにはいいでしょう。
ところが味なのですが買ってすぐに食べないで車中で食べました。
従いまして冷めてしまったのでコメントはできません。
しか〜し冷めてもフライドチキンは美味しかったですね。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

続 入谷 万人力

今日は「下町雑感」の話です。
IMG_4335
今日は私用プラ〜ス母の命日も相俟って下町に参りました。
母の墓参をすませるとpetit shoppingがあったのでスカイツリーまで足を伸ばしました。
行きすがら思うところがあり以下に綴ってみました。
ということで今日は私の下町雑感です。

IMG_4329
吾妻橋のゆるキャラ「あづちゃんの家」です。
今下町はゆるキャラブームです。

あづちゃん
あづちゃんの他ににも

おしなりくん
おしなりくん

言問姐さん
言問姐さん

ソラカラちゃん
ソラカラちゃん

台東くん
台東くん等多士済々です。
しか〜し前半の3人あづちゃん、おしなりくん、言問姐さんは負け組で、後半の2人ソラカラちゃん、台東くんは勝ち組みでしょう。
いわゆる東京スカイツリーブームに乗ってまちおこしということでしょうが、東京スカイツリーを持つソラカラちゃんと浅草は浅草寺を有す台東くんは抜群の知名度ですのでそれなりの存在感はあります。したがいましてあえてまちおこしをしなくてもよい背景を持ち合せています。
その一方で東京スカイツリーブームに乗ってまちおこしをしようとした本所吾妻橋、押上、業平、向島地区はその東京スカイツリーの恩恵に属さず、東京スカイツリーの出現により周辺の経済の地盤沈下を早めただけという事になってしまいました。

実際スカイツリーの直下業平で寿司屋をやっている同級生はスカイツリーが誕生するまではそれなりにお店はにぎわったとのことですが、誕生以降は一見の客は潮が引くように遠のいたといっていました。それに追い打ちをかけるようにスカイツリー効果により地下が上がった分の固定資産税が重くのしかかっきて困っているとこぼしていました。

さら〜に押上、業平の商店街では当初予定がなかった生鮮食料品店が東京スカイツリー内にあるソラマチにできたということで約束違反だといきまいて墨田区に抗議していますが、これまた遅きに失したというところであります。

このままでは押上、業平の商店街はシャッター商店街になることは必定であります。
これらの商店街はもんじゃタウン月島の様な街全体がひとつのmallになるように仕向けていかないと落ちていく夕日はその後に続く漆黒な夜にバトンを渡してしまうでしょう。
実際ヨーロパの町々は下町の様なshopping mallを数多く有しており今でも活況を呈しています。それは町全体の特徴を明確にfeatureしてそれをconsumerに印象付けています。
例えば“もんじゃたべるのなら月島”“美味しいう焼肉を食べるのなら新大久保”とかいう具合です。
確かに“言うは易く行なうは難し”ですので軽々には申せませんが、下町生まれの私としましては、いま一度地元が往時の輝きを取り戻して欲しいと願うところであります。

IMG_4367

IMG_4368
実際に東京スカイツリー内にあるソラマチは物価が高くこのお店「宙寅屋(そらとらや)」さんのように何の変哲もない「えび味噌らーめん」を@1,100円で供しても客はちんちんに賑わって活況を呈しています。
これがいわゆる相乗効果です・・・

ここから後はending rollです。

とちまるくん

IMG_4334
栃木のゆるきゃらとちまる君です。
栃木PRのキャンペーンが終わったので控室に入ろうとしたらメタボな身体?(頭)が邪魔をした為に扉に引っ掛かって入れませんでした。仕方がないので扉を壊して入室したのです・・・org
嘘です・・・

IMG_4333

IMG_4332
生まれて初めて見た桜島大根です。
鹿児島(かごんま)のよかおごじょ(美女)は約17kgのこの桜島大根をスーパーで買って帰るそうです。
折角のよかおごじょ(美女)も腕が太くなりますよね。
本当なのでしょうか?
ちなみにこの話は鹿児島の観光PRにソラマチに来ていたミス鹿児島のお嬢さんから聞いたものです。

IMG_4330
これはメガトン級のsurpriseです。
なな何と業平橋は「なりひらばし」ではなくて「なりひらはし」と読めというのですか。
1662年の創架以来業平橋は「なりひらばし」です。
そんな与太聞いたこともありません。
この橋の管理責任者でてこ〜い!です。


知らないという事はコワイ・・・



IMG_4328

IMG_4314
今日のお昼はソラマチで並んで食べる程時間に余裕がありません。
従いまして入谷まで車で移動しました。
ということで油そば初体験という奥様のために向かった場所は、下町油そばの絶巓「万人力」さんです・

住所: 東京都台東区入谷1-24-2
電話:03-3876-2420
定休日:無休

IMG_4315
お店の外観です。

IMG_4320
店内の気配りです。

IMG_4327
お店の特集記事です。

IMG_4317
メニューです。

本日のオーダー、私が「並盛(140g)+ワンタンスープ」@600+@100=700円です。
奥様が「並盛(140g)+メンマ」@600+@100=700円です。

IMG_4318
調味料の面々です。
卓上には、お酢とラー油以外にも調味料が豊富に並んでいます。
万人がらし(赤唐辛子)、万人すりごま、おろしにんにく、にんにくチップです。
これは充実していますね。
これだけの調味料があれば自分好みの油そばを楽しむことができます。

IMG_4319
メンマです。
ウンこれは良く炊けていますネ。
これだけ美味しいと昔を思いだしてビールを頼みたくなってしまいました。

IMG_4321
ワンタンスープです。
これは美味しいですね。
特にスープが熱々で、鶏ガラの香りが高くてイケます。
ちょっとクリビツですね。

IMG_4324

IMG_4326
待つこと7分で、油そばの着丼です。
うん相も変わらず芳醇な匂いが鼻腔をくすぐります。
お約束のラー油とお酢を一周半ずつかけ回します。

それでは実食です。
ウンこれは美味しいですね。
油そば初体験の奥様も同様な感想です。
麺はモチモチして美味しいし、特にここの油そばは、油がとってもいいですね。
醤油ダレはきりっとしていて好きな味わいです。
ここはとても、すごく、きわめてお薦めのお店です、ハイ。

それでは(^_-)

続 蔵前 ダークホース

今日は「I LOVE LOTUSES!」の話です。
「きょうは▲▲を食べる日」というのはいくつあるでしょうか。
一番最初に思いつくのは「鰻を食べる日」で、これは夏の土用の丑の日ということになります。12月の31日は「お蕎麦を食べる日」で、1月1日が「お餅を食べる日」、1月7日は「お粥を食べる日」などなど、これは全国民周知の「食べる日」です。
調べてみますとこのほかに「すしの日」(11月1日)とか「かまぼこの日」(11月15日)とか「アイスクリームの日」(5月9日)とか「乾麺の日」(7月7日)なんてものまであるのですね。

蓮根天麩羅
そして8月4日は「ハスの日」です。
嘘です、8月4日は「ビアホールの日」です。
1899年のこの日、東京・銀座の新橋際に、現存する中では日本で最も古いビアホール「ヱビスビヤホール」が開店したそうです。これを記念して、ヱビスビヤホールの後身である銀座ライオンが制定したそうですよ。

で〜も私は「ビアホールの日」を蹴っ飛ばしてでも「ハスの日」にしたいと思っています。
そのくらいハスが好きなのです。
正しく申せばハスは花のことをいいますので大好きなのは蓮根なのです。

蓮根は本当に美味しいですよね。
煮ても、炒めても、揚げても全て美味しいのですよ。
特に蓮根の天麩羅はからっと揚げるとシャキシャキしていてなおかつモチモチしていてたまらない美味しさです。
冗談抜きで毎日蓮根の天麩羅がオカズでもかまいません。
蓮根の天麩羅は当然美味しいのですが、さらに美味しいのははさみ揚げです。
はさみ揚げは挟む食材が楽しめしますよね。はさみ揚げにぴったりな食材といえば大葉、チーズ、明太子、海苔、ホタテ、鶏ささみなど数え上げたらきりがないくらいあります。
そうなのですはさみ揚げは揚げものの総合商社なのです。

さら〜に蓮根の良いところは穴があいている事です。
この穴から世の中をのぞくと不思議な感覚に襲われます。
けっして世の中を斜(はす)に見るという洒落ではありません。
なぜだか子供の時から蓮根の穴に魅せられていました。
この穴が切ないのですね、たまらないのです、いとおしいのです。
穴のない蓮根なんて、蓮根なんて、ending rollのない映画みたいなものです。
締まらなぁ〜い。

栄養面ではビタミンB12が含まれていますので貧血の予防に効果があります。
食物繊維も含まれており、便食物繊維は秘を予防し、腸の働きが活発になります。
ムチンも含まれています。ムチンはレンコンの粘りのもとで、胃潰瘍や風邪の予防に効果があります。
タンニンも含まれています、タンニンは胃を正常に保ちます。
どうでぃ、すげぇいだろう、と力んでしまうほどの優れものです、押忍!




大原麗子 サントリー CM集。大原麗子さんってすごくおキャンなんですって。
したがってこのCMでの女らしいところは100%演技だそうです。美人は得ですね(笑)



IMG_4352

IMG_4351
今日は蔵前に出没です。
珍しいリヤカーです。
さすが下町ですね。

今日のお店は前回大絶賛しました「ダークホース」さんに再訪です。

住所: 東京都台東区浅草橋3-19-11飛田ビル1F 飛田ビル1F
電話:03-3863-7073
定休日:日・祝・第3土曜日

IMG_4341

IMG_4349

IMG_4350
お店の外観です。

IMG_4141

IMG_4143
メニューです。

今日のオーダー「卵とベーコンのカルボナーラ」@900円です。

IMG_4345
待つこと1分でサラダの到着です。
今回のサラダはちょっと水っぽいしシャキッとしていませんね。
前回も指摘しましたが、ここのサラダは作りおきです。
従いまして、早く来たお客は冷凍サラダで遅く来たお客は常温サラダとなってしまいます。
温度管理を一考して欲しいものです。
ということで今日のサラダはペケポンです。

IMG_4347

IMG_4348
サラダから遅れること3分で「卵とベーコンのカルボナーラ」の到着です。
見た目スープパスタ風です。
それでは実食です。

味付けは卵黄とミルクベースにほのかに塩ですか。
ウン、これは美味しいですね。
ホッコリします。
ちょっと待って下さい。
スープに妙な酸味があります。
ホールスタッフさんに確認しましたところ、このパスタにはビネガー系のものは一切入ってないそうです。
するとフライパンの洗いが悪かったのですね。前の残り香が悪さをしているようです。
さすがにこれは“画竜点睛を欠く”で少し情けないですね。
でも全体的には熱々の美味しいスパでしたよ。
少しベーコンが少なかったですかね・・・

それでは(^_-)

入谷 万人力

今日は「入谷逍遥」の話です。
今日は昼一の打合せがお客様の都合で伸びたためすこし時間ができました。
折角入谷にきたので少し町をぶらぶらしてみました。
私にとって入谷はグルメタウンです。
大学生の時によく食べにちがうか呑みに来ていた街です。
それではここから後はパチリでご覧ください。

まずは鴬谷駅周辺からです。
IMG_4273
鴬谷駅から高架橋をおりたところにある立飲み屋街です。
こうやってマジマジと見ますと昼間はまともな所なのですね。
そうそうここから根岸に向かって線路際を歩いていくと大淫靡なzoneが出現します。
いわゆる春を鬻(ひさ)ぐ女性がひしめき合って立っているのですが、なにかいまでも戦後の様な雰囲気です、といっても私は戦後当時の雰囲気は知りませんのであくまでも想像ですが。
最近は女性が国際化してきているようです。でも長生きしたかったらこのような女性には拘わらない方がよいですよ、too dangerous・・・
誤解があるといけないのでお断りしておきますが、札幌在住の時に一時期出張の際の定宿を鴬谷にしていたのでこの大淫靡zoneは良く通り抜けていただけですから。決して詳しいのではありません。

閑話休題おはなしはもどりまして
ここの立飲み街ではよく飲みました。
私の飲酒歴を振り返ってみても、言葉が適当でないのですが、このような社会の底辺の人達がひしめき合って呑んでいるお店が大大好きなのですね。
勿論今は違いますよ、昔の話ですからね。
何で何だろう、下町生まれではかたづけられないような、何か私の身体の中に貧民窟が大好きDNAが存在しているのでしょうね・・・単に育ちが賤(いや)しいからかな?

IMG_4272
「ダンスホール新世紀」さんです。
ここ知っていますか「Shall we dance?」の舞台モデルになったところです。
大人気なダンスホールです。
ちなみに私の好きな回文の一つが「ダンスがすんだ」です・・・

入谷に移動しました。

IMG_4271
戦前の家屋です。
ここら辺(あたり)は戦争で空襲に遭わなかったみたいですね。
其処彼処(そこかしこ)にこのような家が現存していますもの。

IMG_4270

玉勝
この画像は「ケン太」さんより転載
1玉勝
この画像は「ケン太」さんより転載
相撲料理「玉勝」さんです。
ここは本当によくいきました、すごく美味しいです。
多分ちゃんこでは東京一でしょう、自信あり!
元力士だった先代が昭和33年に開店したという老舗ちゃんこ屋ですが、先代はあまり強い力士では無かったように記憶しています。いいのです、相撲が巧くなくても料理が美味ければね。
付出しの肉詰め蓮根はお薦めの一品です。
ちゃんこは美味しいのですがお値段が高いので寒い時ではなくお財布が熱い時、ちがうか厚い時にお訪ね下さい。

IMG_4269
中華そば「光江」さんです。
昔は入谷交差点の角にありました。たしか火事でやけてこちらに移転したのです。
ここの雲呑麪(わんたんめん)はお薦めです。

池波しの
この画像は「本物の沖縄料理はいかが?」さんより転載
このお店ではよく池波 志乃さんにお会いしました。
彼女って顔がお父さん似(金原亭馬生)で好きだったのですが、知らない間に整形していたのですね。
整形しない方が良かったのに、多分彼女が家に住んでいたら夜怖くてトイレにいけないでしょう・・意味不明
そうそうこのお店閉店していました、閉店するならするでmailしてくれなきゃです。
今日はこのお店へ食べにきたのに、どうしましょう(笑)

IMG_4268

えびすや
この画像は「バテバテなんちゃってグルメブログ」さんより転載
「肉のえびすや」さんです。
下町揚げもの惣菜の頂点です。
ここのメンチはお薦めです。
揚げたての熱々のメンチを紙袋に入れてもらい、それにウースターソースをたんまりとかけていただきます。
下町生まれでよかったなと思う瞬間です。

IMG_4264
小野照崎神社です。
ここの三年に一度行われる本社神輿の渡行はすごいですよ。
確か祭礼の日は5月19日だったように記憶しています。

IMG_4261

IMG_4263

かっぽうさいとう
この画像は「バナナメロン」さんより転載
IMG_4262
割烹「さいとう」さんです。
超デカ盛り海鮮丼で有名なお店です。
入ろうかなと思ったのですが、今日は麺類とキメ打ちしているので見送りです。

IMG_4260
私の奥様の大好きな勿論私も大好きですが、ジョニ男、風に吹かれて豆腐屋ジョニー、男前豆腐の製造販売をしている「男前豆腐店株式会社東京事務所」です。
東京で販売されている豆腐商品はこの事務所が管轄しています。

IMG_4258
下町の酒屋「水上酒本店」さんです。創業は明治33年です。
木造建築では珍しい3階建です、どうでぃすげぇだろう、ってあなたが力んでどうするんですか、もしかしたら歩き疲れたのですね、もうすぐですよ、今日のお店は・・・


大変ながらくお待たせしました。
今日のお店は油そばの下町チャンピオン「万人力(ばんにんりき)」さんです。

住所: 東京都台東区入谷1-24-2
電話:03-3876-2420
定休日:無休

IMG_4240
お店の外観です。

IMG_4244

IMG_4251
店内の雰囲気です。

IMG_4243
お店の案内です。

IMG_4247
食べ方の三カ条です。

IMG_4245

IMG_4248
調味料の面々です。
卓上には、お酢とラー油以外にも調味料が豊富に並んでいます。
万人がらし(赤唐辛子)、万人すりごま、おろしにんにく、にんにくチップです。
これは充実していますね。
これだけの調味料があれば自分好みの油そばを楽しむことができます。

IMG_4254

IMG_4255
今日のオーダー「並盛(140g)」@600円です。
待つこと6分で着丼です。
見た目可愛らしいですね。

それでは実食です。
まずはラー油とお酢を一周半ずつかけていただきます。
ウン、これは美味しいですね。
特にモチモチツヤツヤの麺は熱々で美味しいです。
特にここの油そばは、油がとってもいいですね。
醤油ダレはきりっとしていて下町の人が喜びそうな味わいです。
この醤油ダレと油のmariageが奏功しているのでしょう。
お薦めの一品です。

そうそう油そばって一気呵成に食べるでしょう、140gで少ないかなと思っていても
いったん胃に入ると麺の空隙に水分が吸収され急速に麺が膨張します。
したがいまして、食後は予期せぬ膨満感に苛(さいな)まれます。
これが油そばの欠点ですね。
ではゆっくり食べればということなのですが、冷めた油そばって冷めきった恋愛みたいでいただけません、ハイ。

それでは(^_-)

蔵前 飛伝

今日は「初めてのJ・プレス」の話です。
新年号にちなんで、J・プレスの初めてづくしを。      
年が明ける。何の感慨もない、と仰有る方もいる。しかし、我ら、伝統を愛する者。
初め、を大切に考えたいのです。 J・プレスの初めをご存じですか。
J・プレスの店がニュー・ヘブンの街に産ぶ声をあげたのは、1902年のことでした。
初代、ジャコビー・プレスのファースト・ネームを頭文字で表し、J・プレス、と看板を掲げたのは、もう76年も前の話なのですね。もっともJ・プレス狂の間では、それよりもまた42年遡って、J・プレスの前身である「ゴールド・バーム・プレス商会」設立の1860年を、記念すべき初めの年とする説もありますが‥・
では、最初にJ・プレスを着たのは誰だったのか。
これは難問です。アメリ力東部の大学、特にニュー・ヘブンの街にあるエール大学の学生であったろうことは、想像に難くないのですが。残念ながら不明なのです。遺憾です。
汚名挽回に、もうひとつ。日本人で初めてJ・プレスを着たのは誰か。これは答えられる。
1937年に内閣総理大臣となった故・近衛文麿氏です。氏は、エール大学留学中に、初代J・プレスと知りあい、帰国後もJ・プレスの服を愛好し続けたとのことです。
さて、あなたが初めて着たJ・プレスは何?今年、最初に着るJ・プレスは、何でしょう。
J・プレス広告傑作選「1978 MEN’S CLUB」掲載より転載

この広告の「汚名挽回」ですが、この言葉は典型的な日本語の言い間違いと評されている言葉です。
「汚名返上」と「名誉挽回」を混同して生まれたと言われています、
「名誉挽回」=「名誉を取り戻す」という意味から、「汚名挽回」=「汚名を取り戻す」=「過去に何らかの過失を犯した人が、再び同類の過失を犯すこと」という意味だと皮肉る知識者もいます。
しか〜しONWARDさんの子会社でもあるJ・プレスさんが、このような入稿ミスって珍しいですよね、もしかしてこの語感を気にいっての確信犯かもしれませんね。

J・プレス

J・プレス2
J・プレスさんですか、my favorite brandですね。
今トラッドを着ている人って少ないかなと思いきや若い人でもそれなりにいるようですよ。
でも私の様なオジになった今でもトラッドを着続けていると、ただのお洒落ボケの不良オジとも言われかねません。
それでも「変えない事が真のお洒落」と日ごろは豪語しています。
しか〜しその裏では「不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)」に絶えず気を付けています。
よく型破りな着こなしといわれますが、それは型をしっかりと極めた人が言われる褒め言葉であって、それができていない人が突飛な着こなしをすればそれは型なしと揶揄されるものだそうです。
何事にも基本が大事です・・・


IMG_4154
この写真懐かしいですね。「銀玉鉄砲」です。
当時この玩具は主に駄菓子屋や玩具店で販売され、また縁日の露店でも販売されていました。その威力は弱く、至近距離でも新聞紙一枚も射抜けなかった様に記憶しています。
私達が子供の頃は、街の路地裏、廃屋等でギャングごっこなどしてお互いを撃ち合って遊んでいました。
チャンバーには10〜30発程度の銀玉を入れることができました。
なお人を狙うことができる射程距離は精々4〜5m位でしたし、距離が離れれば離れる程玉の弾道が曲がってしまいます。
したがいまして遠距離で打つ場合はそのスライス・フックを考慮して打たなければならないのでかなりややこしい鉄砲でした。
個人的にはかなりのめり込んで遊んでいました。
しか〜し下町の子供は皆貧乏でしたので一度撃ち合いが終わると、玉拾い時間となります。
その際は敵味方入り乱れてひたすら玉拾いをしていたものです。
そのうち撃ち合いをせず玉拾いのみをするしみったれた輩(やから)がでてきたので、徐々に熱が冷めていったような記憶があります。
いずれにしても私達下町の子供にとって忘れることができない遊具です。
今買えば@945円ですか、まだ見ぬかわいい孫達のために大人買いしておきましょうか(笑)


子供達の結婚式にはこれ以上の盛り上がりprofile movieを見せてほしいものです。
冗談で言っているのはありません、ガチマジです!



IMG_4123

IMG_4122
今日は蔵前に出没です。
しか〜し寒いですね。
こういう時には鶏料理です、意味不明・・・
ということで今日のお店は隠れ家的炭焼地鶏「飛伝」さんです。

住所: 東京都台東区蔵前2-4-3
電話:0066-9675-85999
定休日:日曜・祝日

IMG_4115
お店の外観・内観です。
お店の惹句です。
日本三大地鶏と100種類以上の本格焼酎と地酒をご堪能あれ!
当店は日本三大地鶏である「比内地鶏」「名古屋コーチン」「薩摩しゃも」と「60種の本格焼酎」「45種の地酒」が堪能できるお店です。「日本三大地鶏味くらべセット」もございますので、お気軽にお楽しみいただけます。
是非一度ご賞味ください。


IMG_4116

IMG_4117
メニューです。

IMG_4118

IMG_4119
本日のオーダー「焼鳥丼」@750円です。
待つこと7分で着丼です。
見た目ベタな「焼鳥丼」です。
こういうのってコメントのしようがないのですが・・・

それでは気を取り直して実食です。
焼鳥丼の面々は焼鳥×2本、つくね×1本です。
どちらも良く火が通っていますね。
味ですか、焼鳥は過不足なく脂がのっていて結構な味わいです。
つくねは粗いミンチが奏功して充分な歯ごたえが味わえます。
これは美味しいですね。
焼鳥のタレは辛めですがご飯には丁度よい塩梅です。
唯一の瑕瑾はご飯に芯が残っていたのが残念でした。

しか〜し接客はテキパキしていて好感がもてます。
店内は大半が地元客で占められており繁盛店と推察しました。

たまにご元ヤン風のご主人が焼きものの手を休めては、道路を往来する人々を憑かれたように見ている姿が哲学的で絵になるなぁと思い独り気にいっていました・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)

蔵前 ダークホース

今日は「ENJOY!60秒サービス」の話です。
IMG_4155
日本マクドナルドが始めた「ENJOY!60秒サービス」(1月31日まで)。注文から60秒以内に全ての商品を準備できなかったら、好きなハンバーガーの無料券がもらえるというものだ、これがスタートして以来、“凄客”が続々来店中だという。都内店舗のマクドナルド店員が語る。

「バーガーをカットしてくれというお客様や、ふたりで来店され『僕はベジタリアンなので、僕の分の肉は彼の方に入れてくれ』という方もいました。それから、ポテトの“塩抜き”を頼まれる方が増えていますね」

マクドナルドの店舗で用意しているポテトには予め塩が振ってあるため、塩抜きを頼まれると一から揚げなければならない。よって60秒で用意するのは至難の業なのだという。

こういった複雑オーダーの他にも“実力行使”に打って出る客もいる。

「砂時計の砂を早く落とすためなんでしょうが、カウンターをバンバン叩く方が数名おりました」
(埼玉県のマクドナルド店員)

トレイに並べさせといて、終わりそうになったら"あ、やっぱテイクアウトで"これ最強。

ちなみに本誌記者はポテトの用意が間に合わず無料券をゲットしたのだが、結局この盛り上がりって、マクドナルドの思う壺なのでは?

週刊ポスト「2013年1月25日号」より転載

この試みはちょっと引いて見てみればすごく分かりやすいのですが、要はハンバーガー無料券をgetしたいお客にハンバーガーを大量に買わせるものですよね。
さら〜にこれだけmediaに露出しているので、その広告宣伝の効果はこの「ENJOY!60秒サービス」目当てにくるお客全員に10枚の無料券を配ってもお釣りがきます。
来店者はマックにいいように踊らされているのです。
さすがマック(アップル)からマック(マクドナルド)へ転身したことで名を馳せた原田泳幸日本マクドナルド社長はやり手です。

その原田泳幸社長の次の一手は「朝マック」の販売強化です。
1月18日から200円と340〜490円の中間価格になる300円のセットを追加し、朝食時間帯の販売を10%以上伸ばす戦術です。
件(くだん)の原田泳幸社長はメディアに「朝食市場は伸びる余地がある。お得感を演出し、市場シェアを高めたい」と話していました。

胃袋はきまぐれです。朝からマックですか、どうですかね・・・
個人的には朝食は必ず家で奥様が用意してくれています。
朝食は少量ですが良質なたんぱく質のおかずを数品にご飯あんど柑橘類一品が定番です。
ぷら〜すポリフェノール系ドリンクがつきます。
朝食をきちんととれない人は“今日一日闘うことを誓えない人”だと思っていますので
このレベルはあたりまえでしょう。

最後に私はマック好きではありませんが原田泳幸社長は尊敬しています。
特に原田泳幸社長の自論「ゴールから逆算して何をするべきか考える」はいつも心がけて実践するようにしています。

原田泳幸社長、私もマックに行きたくなるようなお店にしてください!


Guinness World Records - Best of 2012



IMG_4153
今日は蔵前に出没です。
蔵前はすでに春・・・

猫
というか雪はもう飽きました。
雪といえば今年の成人式は雪の成人式でしたよね。
今年の新成人達は
新型インフルエンザ騒動で、修学旅行が取りやめになった。
東日本大震災の影響で、高校の卒業式が行われなかった。
東日本大震災の影響で、大学の入学式も行われなかった
ということで、歳をとってからの同窓会でこれらの出来事プラ〜ス今回の雪の成人式の思い出でおおいに盛り上がることができる人達なのです。
春よ恋、早〜く恋です。

ということで今日は以前から気になっていた行列のできるパスタ屋さん「ダークホース」さんです。

住所: 東京都台東区浅草橋3-19-11飛田ビル1F 飛田ビル1F
電話:03-3863-7073
定休日:日・祝・第3土曜日

IMG_4140
お店の外観です。

IMG_4142

IMG_4147

IMG_4146
店内の雰囲気です。
店内はアーリーアメリカン調のインテリアです。
バーボンが似合いそうな風情です。

IMG_4141

IMG_4143
メニューです。

今日のオーダー「ナスのミートソース(サラダ付き)」@900円です。
メニューがたくさんあったので何を選ぶか悩んでしまいました。
こういう時にはホールスタッフさんにお薦めを聞くのがお約束です。
早速ホールスタッフさんにお薦めをお聞きしました。
そしてそのホールスタッフさんのお薦めは「ナスのミートソース」でした。

IMG_4145
待つこと2分でサラダの到着です。
このサラダちょっと冷えすぎです。
これはちょっとヤリスギでしょう。
でも味は美味しかったですよ。白眉はサーモンですか。

IMG_4148

IMG_4149
待つこと9分で「ナスのミートソース」の着皿です。
見た目美パスタですというか見るからに“美味しいぜ”mode全開です。

それでは実食です。
パスタは細麺です、だからでき上がりが早いのでしょう。
パスタは熱々で結構です。濃い目のソースも良い味付けです。
特に美味しいのがホロホロ・ゴロゴロとした弾力がある挽肉です。
ミートソースはこうでなくっちゃ
ナスもよく炒まっていて且つ甘みも感じられてとても結構です。 
ウン、これはとても、すごく、きわめて美味しいですね。
久々にgut(グート)なお店に巡り会いました。
これですから食べ歩きは止められません、再訪店です。
次回乞うご期待下さい。

それでは(^_-)

蔵前 中華楼 本店

今日は「外食メニューの選び方」の話です。 
手軽に利用できるのが外食です。外食利用率が増えるとエネルギーや塩分を摂りすぎたり、野菜不足になりがちです。自炊でも外食でも食事の基本は同じです。
以下の外食メニューの選び方を参考に外食も上手に活用してみましょう。

#カツ丼・天丼
脂肪や塩分が多く、高エネルギーです。食べた時の次の食事は、豆腐や魚などをメインにしたあっさりメニューにしましょう。

#にぎり寿司
野菜が不足します。できるなら酢の物などを追加しましょう。塩分も多くなりがちなのでしょうゆは控えめにしましょう。

#カレーライス
高エネルギーで、野菜、たんぱく質が不足します、卵や豆などが入っている野菜のサラダを加え、ノンオイルドレッシングをお勧めします。

#ファーストフード
ファーストフードは、高エネルギー・高脂肪で栄養が偏っています。野菜サラダや果汁100%ジュース、野菜ジュースをプラスして摂りすぎたエネルギーを他の食事で調節しましよう。

#ラーメン
たんぽく質、野菜が不足します。タンメンなど野菜や肉、卵がたくさん入ったものを選びましょう。塩分を摂り過ぎないように、スープはできるだけ残すのが良いでしょう。

#スパゲティ
野菜が不足するので、野菜サラダを加えましょう。バターやオリーブオイルがたっぷり使用されているので、脂肪の摂取が気になる方は和風スパゲティを選ぶのも良いでしょう

これは私が人間ドックでお世話になっている病院からいただいたresumeです。
しか〜しこれを読む限り、外食ってあまり体に宜しくないといっているようなものですよね。
外食で不足した栄養バランスの調整は他の食事で整えなければいけないのでしょう。
承知しました・・・

IMG_3761
ところでカナダ人とこの間の忘年会で食べた「しゃぶしゃぶ」の話をしていました。
特にしゃぶしゃぶでいただいたA5級の熊本牛がいかにおいしかったかを得々と話しましたところ、彼らって普段はmarbled beef(霜降り肉)って太るので食べないんですってね。
しか〜し、しゃぶしゃぶとすき焼は別で、これは喜んでmarbled beef(霜降り肉)を食べるそうですよ。
さら〜に「しゃぶしゃぶ」の語感ってどうなのって、聞いたところ、very cuteである、って言ったので、きれいなのかって聞きなおしたら、cuteっていうのは、幼児に対するほめ言葉なので、ちょっと違うかもしれないとのことでした。
英会話圏の人からすると“▲▲ぶ” の“ぶ”は幼児を連想してしまうので、いきおい愛くるしいimageになってしまうとのことだそうです。
ちなみに彼等の女性に対するほめ言葉はgorgeous(極めて美しい) 、voluptuous(官能的な)、beautiful(美しい)の順だそうです。
そしてよく日本人がぴっちりとした服を着ている女性に使うボディコン(body conscious)は意味が通じないみたいで、そういう場合はtight(ぴっちりとした)やcurvy(曲線がきれい)を使った方が英会話圏人には通じるよと教えてもらいました。
これって私がいかに綺麗な外人の女性との触れ合いがないかを証明してしまいました・・・


ロシアのマクドナルドのCMを紹介します。
ちなみに以下がロシア人のコメントです。
「広告主は日本のCMのように独創的なものにしたかったんだと思う。
でも、ロシアには陰鬱でつまらない人間しか住んでないって事を考慮してないね。」




IMG_3714

IMG_3713
今日は蔵前に出没です。
ランチを食べようとお店をさがしていたらblack holeのように客が吸い込まれていくお店がありました。
ということで今日お店は創業九十年老號「中華楼 本店」さんです。

住所:東京都台東区浅草橋3-32-3
電話:03-3851-0737
営業時間:[月〜土] 11:30〜21:30 [日・祝] 16:30〜21:30

IMG_3716
お店の外観です。

お店の紹介です。
いまから80年ほど前(大正14年)に開業した中華業界の老舗のひとつ。
「店を広げるな」という先々代の教えを守り、【気軽な本格派】として皆様に愛され続けていきたいと努力しております。

#お料理は、本格派。年に数回、現地有名店の厨房に入り、研修を重ねています。

#中華材料も、本場の市場で吟味した最高品を買って帰ってきます。

#平成元年に、ビルを新築した際、雰囲気から中国を味わっていただきたく【中国が西洋にあこがれていたころの上海】を具現化。雰囲気から中国を満喫していただけます。
この内外装は、映画監督の目にもとまり、伊丹十三監督の【マルタイの女】をはじめ数々の映画やドラマの舞台としてロケに利用されてきました。

#このお店は、日本全国の中国料理業界をバックアップする仕事をしている業界のクロコ【かっぱ橋道具街の中國屋】の姉妹店のため、料理にとどまらず内装、風水の各方面の業界の方々が日本各地から毎日のように視察にこられています。そのためあらゆる面で業界の方々の模範になるようなお店であるように努力しております。

#お飲み物も充実。特に中国酒の品そろえは、日本一と自負しております。


IMG_3715
メニューです。

本日のオーダー「牛肉のカキソース炒めランチ」@800円です。
待つこと15分で料理はきました。
しか〜しすごく混んでいるお店ですね、ひさびさにクリビツしました。
そしてお客の70%は餡かけ焼きそばか堅焼きそばを頼んでいました。
多分これが一番のお薦めなのでしょう・・・

IMG_3717

IMG_3718

IMG_3719
見た目美中華です。
それでは実食です。
肉が硬いですねプラ〜ス味が濃いです。
豆腐料理の方は作りおきなのでしょうね、かなり冷めていました。
全般的に不味くはないと思うのですが、混み過ぎの為に調理及び接客が雑です。
ここはcore timeを外してこないと、その実力は分からないと思います。
しか〜しちょっと厳しく申せば混雑しているcore timeでもキチンとした料理を提供するのが、名店の条件の一つだと思うのですが・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)

浅草 神谷バー

今日は「お風呂の思い出」の話です。
小鳥の村
札幌に住んでいた頃、札幌市南区藤野にあった小鳥の森スキー場によく家族でスキーに行っていました。
そしてその帰りはかならず天然温泉ACB(アシベ)さんにおじゃましていたのです。

この温泉には塩サウナというものがあります。
塩サウナは、体に塩を塗り込むことで発汗作用をますのと美肌効果もあるので利用していました。
このサウナではサウナ利用客同士がお互いの背中に塩を塗り込むのです。
最初はこの約束がわからず、サウナに入って熱さにボーとしていたら、サウナの木製のすのこの上に座っている方から、お願いします、といわれ、何をしたらいいんだろう、と戸惑っていたのですが、右顧左眄(うこさべん)していたら様子が分かり、すぐに頼まれた方の背中に大量の塩を塗り込みました。
それが終わると返礼ではないのですが、今度は私が背中に塩を塗り込んだ方が、私の背中に塩を塗り込んでくれるのです。
お互いに塩を塗り込む時に交わす色々な世間話は、ほんとうにあずましく感じたものです。
それと別れ際には、またね、といってくれます。これには本当に身も心もほっこりとします。
いいですね、こういう裸の付き合いって・・・
これは私の大好きな札幌の懐かしい思い出の一つです。


かっけー!
浅井健一はmy favorite artistです



IMG_3419

IMG_3408
今日は浅草に出没です。

IMG_3409

IMG_3410

IMG_3411
最初は浅草地下街にあるタイ屋台飯「MONTEE」さんにうかがいましたら長期の臨時休業に入っていました。
浅草地下街は何回来ても異臭がします。
こんなところで飲食店やっても、あくまでもいろんな意味でよいのかしらんと思っています。
ということで仕方なく踵をかえして浅草一丁目一番一号に戻ってきました。
浅草一丁目一番地でピンときた方は浅草通です。
今日のお店は、浅草といえばこちら「神谷バー」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-1-1 1F・2F・3F
電話:03-3841-5400
定休日:火曜日

IMG_3412

IMG_3414
お店の外観です。

IMG_3413
メニューです。

今日のオーダーは「チキンカツ、玉子のココット」@650円です。

IMG_3415
待つこと12分で食前酒のワインが登場です。
私は現在断酒中で、連続断酒日361日を更新中でありますので、このワインは目で楽しむだけです。

もう少しで断酒をして一年になろうかというのですが、今でも酒に酔って大失態をした夢をたまに見ます。
体から酒は抜けても精神(こころ)からはなかなか抜けないものですね。
私はアル中とか健康問題とか酒の上で取り返しのつかないことをしたとかいうことではなくて、やることが有ったので断酒したのですが、断酒しようとしてなかなかできないアルコール中毒患者の人達の大変さがよくよく理解できます。

IMG_3421
しか〜し、この間の人間ドックの検査結果が却ってきたのですが、この一年間一滴もお酒を飲まなかったのに、不定期ではありましたが、かなりお酒を飲んでいたその一年前の数値の方が良いというのは考え込んでしまいます。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_3416
目で観るワインの到着から9分後にmain dishの到着です。
見た目美ランチです。

IMG_3417
それでは実食です。
チキンカツです。
下町っ子ならご存知の通り、神谷バーの揚物は浅草一です。
ここの揚物はすご〜く美味しいのです。
お財布が暖かったら「海老フライ」をお薦めします、マジにくりびつてんぎょのいたおどろ!のこと請け合いです。
ということで今日のチキンカツは衣が香ばしくほのかに甘くしかも肉は柔らかいという優れものです。
美味しいです。

IMG_3418
ココットです。
ココットとは、小さな耐熱性の陶器製焼き型のことで、スフレ皿やスフレ型とも呼ばれます。
ココットは卵料理やスフレ、プリンなどを作る時に使われます。
要は玉子料理です。
この見目麗しき玉子の下には、湯むきしたトマトをニンニクのあらみじん切り、粗塩、オリーブオイル、胡椒で味付けをしながら火で炒めて煮詰めたソースが入っていました。
ウン、これも美味しいですね。

ご飯が少なく感じたので、大盛にしてもらうようにお願いしましたら、こころよく対応してくれました。
ここら辺りも下町のレストランですね。

美味しゅうございました合格合格合格

それでは(^_-)

浅草橋 馥香

今日は「酔いの種類」の話です。
トーマス・ダッシュというイギリスの戯曲家が酒酔いを八つに分類していました。
そこで以下により紹介します。

#猿酔い
跳んだりはねたり叫んだりする酔い方です。
去年ですか、銀座の路上で早慶戦の学生がヘロヘロになりながら仲間の前で、△△テニスサークルの▲▲です。これからバク天やります、といってバク天をしたのですが、酔ってやったので着地を失敗しました。強く頭を地面に打ったためか倒れたままピクリともしません。
すごく気になっていたのですが仲間もいることだし、私には他用があったので通り過ぎてしまいました。
次の日に新聞記事になっていなかったので命に別条はなかったんだなと思いホッとしました。
このような猿酔いは危ないですね。

#獅子酔い
盃を投げたり怒鳴りつけたり誰彼なしに喧嘩をふっかけたりする酔い方です。
これは激減したのではないのでしょうか、このような獅子酔いをする人はほとんどが小心な方です。
普段の抑圧が酔いによって全開放されてしまうのでしょうね。
別名虎の皮をかぶるともいいます。

#猫酔い
飲むと直ぐ寝る人です。うるさくなくていいのですが寝た後俄然元気になります。
そろそろ飲み疲れて帰ろうかなと思う頃でもカラオケのマイクを放さないという嫌な奴です。

#羊酔い
知ったかぶって何でもウンチクを語る人です。当然のことながら仲間から疎外されています。
落語の寿限無にでてくる物知りの先生みたいな人ですね。
私は羊酔いで負けず嫌い即ちああ言えば上裕見たいな人間に対して一番殺意を抱きます。
本当に超強力アロンアルファでその口を接着したくなります。

#豚酔い
いわゆる泣き上戸です。ブーブーとうるさいからだそうです。
私の妹がそうです。一度泣きswitchが入るともう止まりません。
心の優しい激情家が酔うとなるみたいですが、泣くネタは自分で作るため終わりが読めません。
そのため泣き疲れるのをひたすら待つだけです、赤ちゃんか(笑)

#鼠酔い
酔っていてもロレツの回らん声で、オレはまだ全然酔っていませんよ、と五月蠅(うるさ)く言う人です。
これはビジネスマンに多いとおもいます。
ケンシロウではありませんが、お前はすでに酔っている、と駄目押してもこうなったらどうにもなりませんね。

#山羊酔い
酔って女をくどいたり女性の体をさわったりする人です。
これは今やパワハラ部長とかに呼び名が変わっていますよね。

#狐酔い
相手を酔わせておいて自分も酔ったようなふりして旨い取引にもっていこうとする人です。
私です・・・


IMG_2684

IMG_2685

刺青きゅーぴー
今日は蔵前に出没です。
街をせかせか歩いていると何やら熱い視線が・・・
視線の先に目をやると、モンモンを背負(しょ)ったキューピーさんが道端で売られていました。
一体、誰が彼をその様な体にしてしまったのか、責任者出てこ〜い!
ちなみに壱キューピー@850円です。
累計で35,000キューピーも販売されており、ちょっとしたプチヒット商品だそうです

ということで今日のお店はよくグルメ番組に登場する「馥香(フーシャン)」 浅草橋本店さんです。

住所:
東京都台東区柳橋2-14-2 アリス・マナーガーデン浅草橋1F

電話:03-5833-6555
定休日:日曜日(祝日は営業しております)

IMG_2692
お店の外観です。

IMG_2694
店内の雰囲気です。

IMG_2691
メニューです。

今日のオーダー「牛肉と二種アスパラの炒めかけやきそば(デート付)」@1,000円です。
店内は高級感が漂っています。しかしお客様はほとんどが中高年のオバサマ達です。
何やら店内が喧(かまびす)しくて何だかなぁっていう感じです。

IMG_2693

IMG_2695
待つこと9分で着皿です。
見た目美やきそばです。
それでは実食です。
具は牛肉、アスパラ、キクラゲ、タケノコです。
あれっこの焼きそば温かくないのです。正しく言えば温かいところと冷めているところが混在しています。
要は作り立てではないようです。
さらにいえば薄い塩味はするものの、ほとんど麺の味と油の味しかしません。
高級中華料理なので仕方ないのかなと思うわけはありません。
美味しい料理は万民が食べても美味しいので、高級中華料理だからといってこのような超薄味をだしていいわけがありません。さらにいえば作りおきと誤解を持たれるような温度管理をする料理とはいかがなものかと思います。
食後のデザート(杏仁豆腐)も平板でしたし特筆するものは何もありません。
私は料理評論家でもなんでなく好きで食べ歩きをしているものです。
したがって私のベロメーターは決して正しくないものの、料理の熱い冷たい、味の濃い薄いくらいは分ります。
非常に残念なランチでした・・・

それでは(^_-)

新御徒町 白根屋 4th 

今日は「My home town」の話です。
私は神田で生まれてしばらくしてから竹町に移り住んで爾後5歳まで竹町におりました。
つい3〜4年前までその生家が現存しており画像に収めておこうと思ったのですが、こういのって思い立ったら吉日ということで直ぐにでも写真を撮ればよかったのですが、次でいいやと安易に引き延ばしたために、次に来たときは再開発で跡かたもありませんでした。
マジにJust my luck! (まったくついてないなあ)だったのです。

当時の竹町は東日本二番目の大商店街でその賑わいといったらそれはすごいものでしたよ。日曜日になるとチンドン屋が3〜4連出て佐竹商店街を練り歩いていました。
ちょっと勘違いされる方がおられるかもしれませんが、昔のチンドン屋ってその列がやたら長いのですね。最低でも10人は下らなかったような記憶があります。一番長いのと言えば、23人はいたように覚えています。
そして子供達は金魚の糞(フン)みたいにそのチンドン屋の尻尾についていきます。
私みたいな能天気な子供は遠くまでついて行ってしまい結果迷子になり、母親が捜索するというのが常だったようです。

そんな私の子供の頃の遠出は、母に連れられて蔵前神社に行き放生会で放たれた亀に餌をやりにいくか、上野公園まで出向いて鳩に餌をやりにいくかのどちらかだったそうです。
いずれにしても懐かしい街であります。

それでは私の生まれ故郷近辺を画像で紹介します。
#昔の竹町です
佐竹商店街
正しくは竹町は左側の集落でこの絵そのものは「三味線掘」です。
以下は「古老がつづる 台東区の明治.大正.昭和」(伊豆山 定七氏)よりの引用です。
「三味線掘」は大正十二年八月にこの掘も川も埋め立てられて暗渠になったんですが、それまでは随分船が入ってきたんです。大体おわい船が主だったそうです。この船は来るときは米を積んで来るんです。蔵前には隅田川沿いに四角い赤煉瓦で入口が丸くなった米蔵が五つ位ありましたかね。ここで米をおろすと、鳥越川に入って三味線掘まで来て、帰りの船でここに集められた屎尿を積んで帰るんです。
船には板で蓋がしてあって底は深いんです。この蓋を開けてこやしを流し込むんです。岡から船に板を渡して、そこを天秤で桶を担いで渡っては船底にあけるんです。だからその時になると近所中臭くて通れませんでした。通る人は鼻をつまんで通るんです。


#現存する戦前の家屋
IMG_2503

IMG_2367

IMG_2504
神田は戦争で焼けなかったのでしょうね。
なにげに歩いてもこのような家屋が散見されます。

#下谷神社
IMG_2366

下谷神社祭礼

縁日
なにやら鳥居のところから神気が噴き出ています、神は一体何を怒られているのでしょうか? 
下谷神社の祭りはすごいのですが、もっとすごいのは祭日にでてくる屋台の多さです。
それこそ字面の通り櫛比(櫛の歯のように、すきまなく並んでいること)しています。
子供の頃の最大の楽しみは下谷神社祭礼の際の縁日での買い食いでした。


IMG_2449

IMG_2450
ということで今日は竹町に次男ときています。
竹町といえばこのお店しかありません、今日のお店は「白根屋」さんです。

住所:東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

IMG_2438
お店の外観です。
「白根屋」さんは今年で創業52年目になります。
今の経営者は二代目、創業者は新潟から上京してきたそうです。
このお店は佐竹商店街の長い移ろい、その殷賑から零落を見てきた歴史の証言者でもあります。ちなみに「白根屋」さんは「しらねや」さんではなく「しろねや」さんが正しい読み方なのですよ。

IMG_2448
店内の雰囲気です。

IMG_2439

IMG_2443

IMG_2445
メニューです。

IMG_2442
私のオーダー「ニラ炒め定食」@580円です。
下町なので少し濃いめの味付けです。
てもご飯のオカズなのでこの位の味が丁度よいのです。
しんなりとしたニラが箸をすすめます。

IMG_2440
次男のオーダー「焼肉定食(スープ付)」@580円です。
このお店での定食kingです。
ちょっと肉が少ないのはご愛嬌ですが、その分味でカバーしています。
これは安定感ある美味しさです。

IMG_2441
番外編の漬物です。
定食を頼むと必ずついてきます。
この漬物の色艶と量に注目ください。
とぼけたお店ならこの漬物だけで@300円はとりますよ・・・

IMG_2446
私の食後のデザート「チョコレートパフェ」@400円です。
このコスパで@400円ですか、これまたくりびつてんぎょのいたおどろ!です。
そうそう味ですが、すごく美味しいのですが、少し量が多すぎますネ・・・

IMG_2447
次男の食後のデザート「氷カルピス」@410円です。
なんで「氷カルピス」が「チョコレートパフェ」より+10円高いのか考え込んでしまいます、普通は逆ですよね?
ここの氷は鋭利の刃でかいているので、氷そのものが雲みたいにふわふわとしています。
こういうかき氷は減りましたョ。
味ですか、次男は無口になりひたすら無心に食べ続けていました。
こういう時って必ず美味しいんですよね(笑)

それでは(^_-)

上野 スティック&スプーン (STICK & SPOON)

今日は「My album Vol.2」の話です。
ちょこちょこ撮った画像がたまったのでご紹介します。
いつも私のblogは文字で埋め尽くされた構成ですのでたまにはお気楽にお楽しみください
 
IMG_2251
東京四大老舗居酒屋といわれている、シンスケ(湯島)、みますや(神田)、 新八(神田) 、山利喜(森下)の内、みますやさんのランチメニューです。
御飯(大)80円は安くないですかね・・・

IMG_2250
鎌倉橋にあった道路横断禁止の婉曲的な縦看板です。
ここは広域一方通行道路なので、赤信号で交通が遮断されると道路横断する人は沢山います。
とても見通しの良い道路なので道路横断しても安全だと思うのですがね・・・
なにをおっしゃいますsplashさん、日本は法治国家ですぞ!

IMG_2239

IMG_2240

IMG_2242

IMG_2243
まるでイタリア映画のone sheenのようなポスターです。
この女性は綺麗ですね!すこし眼力が強すぎるような・・・
男の頬のヒトデmarkに注目してください。
近所のLIVINにありました。

IMG_2237
大阪名物「食い倒れ太郎」の太鼓の画像です。
いつも前から撮っていたので、たまには横からパチリしました。
「食い倒れ太郎」ってこんな大きな太鼓しょっていたんだ、さぞかし重たいのでしょう。
ご苦労様です。

IMG_2238
大阪名物「ビリケン(Billiken)」さんです。
元々は1908年にアメリカ合衆国の芸術家フローレンス・プリッツが制作した像で、彼女が夢の中で見た神秘的な人物の姿がモデルになっているといいいます。これが「幸福の神様」として世界中に流行しました。足を掻いてあげるとご利益があるそうですよ。

IMG_2225
宝塚10月の雪組公演は「JIN−仁−」です。
漫画界の巨匠村上もとか氏による「JIN−仁−」は、シリーズ累計800万部突破という記録を持ち、2011年に第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞するなど、村上氏の傑作の中でも特に幅広く支持を受けた作品。更に近年では、ドラマ化によるヒットも記憶に新しいところです。宝塚歌劇では、主人公・南方仁と橘咲の時空を超えた純愛、坂本龍馬との友情を中心に、現代人が忘れかけている命の尊さを、時を超え二つの人生を生きた仁の生き方を通して訴えかけるヒューマンドラマとして壮大に描き出します。ですと・・・


大原麗子も好きでしたが田中裕子の表情もいいな〜



IMG_2164

IMG_2165
今日は秋葉原にあるヨドバシカメラに奥様とお買いものです。

IMG_2146
その後上野のKorean townにある「万奈多」さんでおいしいものを食べようかと思って出向いたら“お・休・み”でした。

IMG_2162

IMG_2163
ということでまたとぼとぼと上野に戻り訪れたのが幸福のハンバーグと情熱のカレーで有名な「スティック&スプーン (STICK & SPOON)」さんです。

住所: 東京都台東区上野6-5-7 JUNビル2F
電話:03-3834-1555
定休日:水曜日

IMG_2161

IMG_2160
お店の外観です。

IMG_2154
店内の雰囲気です。

IMG_2147

IMG_2148

IMG_2149

IMG_2150

IMG_2155
メニューです

IMG_2157

IMG_2159
奥様のオーダー「ふっくらハンバーグ(180g)+しょうゆジンジャーソース+ライス」@800+@200+@250=¥1,250円です。

IMG_2156

IMG_2158
私のオーダー「ひとくちステーキ(180g)・ガーリックソース+ライス」@1,350+@250=¥1,600円です。

待つこと24分で着皿です。
このお店、ホールには女性3名配置でサービスが行き届いているのですが、厨房は2名体制です。厨房の中を見ていると動線に無駄な動きがあるように思えて・・・要はlate lunch(14:30)だったのでかなりお腹が空いていたのですね。それなのに24分も待たされたのですこしイライラし、上述のつぶやきとなったのです。
Splashさん「空腹は最大の調味料」っていうじゃないですか、こういう時は大人の対応ですよ!

閑話休題おはなしはもどりまして
味ですか、熱々鉄板ではこばれたハンバーグとステーキは蒸気機関車のような湯気を立ち昇らせています。そしてその湯気は、空腹のお腹に染みわたるような馥郁(ふくいく)たる香りを運んでいます。

それでは実食です。
ハンバーグはナイフで切ると肉汁が出てますます食欲をそそりますね
ハンバーグはふわふわの食感です。ステーキは少し火が入りすぎましたが充分に柔らかくてこれまた満足の食感です。
最近、肉はどこでも食べても等級表示なので値段の多寡以外の差はあまりないのですが、ソースは違いますよね。ここのソースはとても美味しいのです。
奥様のしょうゆジンジャーソース、私のガーリックソースともども今迄にいただいたソースとは一線を画しています。とても美味しい
特に私のガーリックソースですか、ingredients(ソースの中身)は不明ですが、多分マヨネーズ、マスタード+香辛料+アルファでしょう。
これが美味しいこと美味しいこと、本当に病み付きになりそうです。
ここは再訪店ですね、キッパリ!

それでは(^_-)

浅草 舟和 本店

今日は「My prediction(私の予言)」の話です。
20歳の頃、30年後はこうなると予言したものが三点あります。
全て外れましたが、それを責めるのは、大理石を見て、これはミケランジェロにそこなわれた結果だと言い張り、画布を見て、これはラファエルに汚されたのだと叫び、紙を見て、これはシェークスピアに穢(けが)されたのだと憐れみ、沈黙を見て、これはバッハに破られたのだということと同じです。
ということで結界線を張っておきましたので、私への反駁無しでお付き合いください。

#今から30年後には神輿が担ぎやすくなる
20歳の頃、私の身長は178cm(現在は177cm=1cm縮まる)でした。
当時ではかなり大柄の方でしたので、神輿を担ぐ時にはその身長の為にかなり圧力がかかり、長時間神輿を担ぎ続けるのには無理がありました。
腹筋、背筋を鍛えれば何とかなるのかなと思い、その両筋を鍛えたものの結果的には長時間神輿を担ぐことはかないませんでした。
そして、まぁいいさ、30年後には日本人の体格が向上して、平均身長が175cm位になるよ、と嘯(うそぶ)いていたのでした。
確かに青年男子の体格は向上したものの、その一方で神輿渡行に女性の担ぎ手が多くなり、彼女達は神輿に背が届かない場合はぶら下がるので、結果として神輿の担ぐ高さはあまり変わらなかったのです。
確かに神輿の棒が低くて肩が合わないのは調整できますが、棒に背が届かない場合はやりようがないのでぶら下がるしかなく、これはこれで致し方ないのでせう・・・
という事でこの予言は外れたのです。

#今から30年後には少子化により大学が入りやすくなる
私の大学受験の頃は同級生が180万人位いまいしたので、難関校の倍率は20倍前後とまさに“二階から目薬=入らない” みたいなものでした。
でも30年後には少子化となり大学なんて、難関私大(難関国立大は元々倍率が低い)以外は誰でも入れると、信じていました。
しかし30年後の我が豚児達の受験の際には、そんな予言はかすりもしなく、MARCHクラス以上になると簡単に入ることは難しく、これまたキレイに外れたのです。
但し確かに不人気大学はすごく入りやすくなりましたが、そのような大学にいってもね、大学で勉強することは、通過儀礼ではありませんから・・・

#今から30年後には翻訳機の技術が格段に上がるため英語を覚える必要はない
これが一番当たると思っていたのですがこれまたキレイに外れたのです。
アニメの世界では2003年4月7日に鉄腕アトムが生まれていて、アトムの世界での英会話はすべて翻訳機でされていたのですが、これは世界の技術がついてこられませんでしたね。
AI(人工知能)の急激な進歩で、かなりのlevelまできていたものの、今一つです。
後4〜5年は待ちませんと、実用化は難しいのでしょうね。
まさか英語を使う仕事につくとは思いませんでしたので・・・
いまさら不勉強をなじってもしょうがありません、今でも英語には苦労しています。
正直きちんとした文書を書くのは苦手です、ハイ。


IMG_2182

IMG_2183
今日は浅草に奥様と出没です。

早世した友人が死ぬ一週間前に、私に渡したメモが心に重く圧(の)し掛かっていて、捨てるに捨てられず9年間も持っていました。
彼は末期の肝臓癌でこのメモをもらった時は、ほとんど会話も厳しい状況だったので、筆談を多用していたのです。メモの内容は他愛のないものなのですが、彼との最後の会話がこのメモを受け取ったときだったものですから、心にその時の情景が深く刻まれていました。
当初は友人の奥様に返却したのですが、その奥様は私に持っていて欲しいと言われていたので持ち続けていたのです。
見返す度に悲しくなります。
もう自分としては、頃合いだなと思って熟慮した結果は、彼の菩提寺である東本願寺の住職にお願いしてこのメモを焚き上げてもらうことにいたしました。少し胸のつかえがおりました。

ということで焚き上げお願いの後は、友人の墓参をしてから、奥様と一緒に浅草にsweetsを食べに行きました。ここから後はパチリでご案内します。

IMG_2167
浅草名物、人力車さんです。
車夫さんって従量給ではなく時間給なのですね、知りませんでした。
時給1,000〜3,200円でプラス各種イセンティブがあるようです。
年齢制限があり、20歳から28歳までだそうです。
外国人専用ガイドやろうと思ったのに年齢制限で引っ掛かってしまいます(笑)

IMG_2179
大人のオモチャ店です。
このお店は、私が物心ついた頃からあります。
なんとvintageなお店でしょうか(笑)
300回以上はこのお店の前を通っていますが、一度も中に入ったことがありません、ハイ。
一体何を売っているのでしょう?
大人のオモチャです、キッパリ

IMG_2181
浅草「染太郎」さんです。
二三回食べに来たと事があります。
たしか値段は高かったような、それと夏はクーラーが無かったよう記憶があります。
扇風機でお好み焼きは勘弁してほしいものです。
それにどうしても食べたかったら北千住駅で売っていますので・・・

IMG_2180
浅草漫才協会です。
名誉会長は内海桂子さん、 会長は青空球児さん、 副会長は昭和のいるさん、おぼんさんです。
結構こぢんまりとしていて、ちょっとクリビツです。


今日のお店は浅草元祖みつまめ王「舟和」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-22-10
電話:03-3842-2781
定休日:無休

IMG_2169
お店の外観です。

舟和
舟和さんのHP「みつ豆 明治36年」をご紹介します。 
モダンな洋銀の器を使用して、角寒天、甘煮杏、ぎゅうひ、赤えんどう豆を盛り、特製の白蜜、黒蜜のどちらでもお好みにかけて銀製のスプーンで召し上がるみつ豆を、舟和が初めて考案いたしました。当時しん粉を用い、赤えんどう豆、糖みつをかけただけのみつ豆を、現在のみつ豆のように、内容を充実し、衛生的に高級感を増して売り出したのです。
今では、全国の喫茶店で召し上れるようになりましたが、舟和が世に先駆け「みつ豆ホール」を開設し、初めて喫茶店でみつ豆をご提供したのが、「舟和がみつ豆の元祖」たる所以です


IMG_2174
今日の私のオーダー「冷製和フォガート エスプレッソ珈琲ゼリー添え」@650円です。
これって見た目以上においしい、エスプレッソとアイスクリームと餡子(あんこ)って合うんですネ。
このような和洋折衷を考えた人に座布団一枚です。
美味しゅうございました。

IMG_2175
奥様のオーダー「冷たい抹茶しるこ」@740円です。
見た目美しるこです。
これはすごい、抹茶としるこのmariageですが、奥深い味わいに拍手です

今日二人でいただいたものは、舟和さんの旧来の伝統甘味とちがって貪婪な甘味に対する意気込みを感じさせます。老舗なのに不易流行を忘れない舟和さんにも座布団一枚です。

それでは(^_-)

浅草橋 天竜

今日は「無念千万」の話です。
私が取引先の部長を神楽坂で接待し、二〜三件ハシゴしたあと、その部長から、締めは面白いところがあるから、そこに行きましょう、と言われて連れて行かれたのが歌舞伎町にあるBatting Centerです。
なんでこんな深夜にBatting Centerなんかに来なければならないのだろう、と思うと同時に、この部長あんなに飲んでいてBatting Centerで球なんか打って大丈夫なのかしらん、と思った次第です。

取り巻きの部下の方に聞いたら、その部長は高校の時に甲子園にでたとのことでした。
なんだい、昔取った杵柄を見せびらかしたいのかい、とつぶやいた後、部下の人に、あんなお腹で甲子園行けたの?って聞けば、部下の方は、あんなお腹の高校球児はいませんよ。社会人になってから激太りしたらしいですよ、とのことでした。

想定内の結末ですが、あろうことか私とその部長はBatting Center内にあるホームランボードを当てるカケをしてボロボロに負けたのでした。
あまりにも一方的に負けたので、その悔しさからその場でその部長に再戦状を叩きつけたのです。

Revenge is mine!(復讐するは我にあり)
そしてその次の日から地元にあるBatting Centerに通い詰めました。
約2カ月間通った結果、10回に2〜3回はホームランボードに当たるか、かするかのlevelになったので、満を持してその部長の会社に電話をいれました。
すると、その部長は急な異動で転勤となっていたのでした。

ウヴェ〜、何てこったい!
今回のBatting Centerへの投資額は約20,000円にも達し、手の平及び指にできた豆は、全部合わせると10個にも及んでいたのです。
さらに子供達からはその異常な熱心さから、誕生日には木製のmy batをpresentとまでされていました。
一体全体、この落とし前は・・・
無念千万の出来事でした。

ちなみに私の地元のBatting Centerでホームランボードを当てると、高校野球のplay ball時に発せられるサイレンが高らかと鳴らされて、▲▲番ボックスの方ホームランおめでとうございます。ホームラン賞がありますので、受付まで起こしくださいませ、とのアナウンスが流れます。
そしてその景品は、な、なんと、く・つ・し・た(靴下)でした。
20,000円もお金を突っこんだのに、靴下とはこれまたトホホの結末でありました。


サントリーローヤルの懐かしCMです。



IMG_1748

IMG_1749

IMG_1753

IMG_1752

IMG_1750
今日は浅草にちょっと探し物があってやってまいりました。
しかし暑いですネ!
暑い時には熱いものということで、今日のランチは味噌ラーメンです。
今日のお店は浅草橋最強「サッポロラーメン天竜ラーメン」さんです。

住所: 東京都台東区浅草橋1-23-3
電話:非公開
定休日:日曜・祝日

IMG_1733
お店の外観です。

IMG_1737
店内の雰囲気です。

IMG_1736
メニューです。

IMG_1734

IMG_1735
本日のオーダー「味噌ラーメン」@700円です。
待つこと7分で着丼です。
なにか異様に丼ぶりが大きいですネ。
スープは最近流行りの豚骨系や魚介系ではなく、直球の高塩分の味噌味でしかも化学調味料がガツンと投入されています。
麺は中太の縮れ麺で普通盛りでしたが、ちょっと麺量はたりませんでした。
麺は硬めでたのんだで丁度よい硬さでした。
具材は炒めたもやしと大量のひき肉と細かく刻んだチャーシューです。
ここのチャーシューはとても美味しいです。
ちょっと強めの塩加減、食感は柔らかいのに豚肉の旨味がしっかりしています。
トロトロ感もあり申し分ありません。

食べていた私にデジャブが湧き上がりました。
これって私の高校の時毎日のように通っていた、向島は地蔵坂通りにあった「三福」の味噌ラーメンの味じゃないですか!
まさか浅草橋で私の青春の味が堪能できるとは、深謝です。
美味しかったですよ、でもとても喉が渇きました(笑)

それでは(^_-)

続 御徒町 肉の大山

今日は「水野十郎左衛門異聞」の話です。
歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の足跡に思いをはせる人を「墓マイラー」と言います。このblogを良くご覧になられる方なら私がstereotypeの「墓マイラー」なのはご承知のことだと思います。
この日のBlogの通り泉岳寺にある赤穂浪士の墓参に出向いた私は、吉良上野介の墓参もしなければいけないだろうと考え、netで吉良上野介の墓を探していたのです。
吉良上野介の墓は中野区上高田にある萬昌院功運寺というお寺でした。それなら自宅よりすぐにでも行けるなとほくそ笑んでいたら、なな何とこのお寺には旗本奴、水野十郎左衛門の墓もあるではないですか。
実は私は水野十郎左衛門について、すご〜く興味を持っていた時期があったので、この偶然には歓喜雀躍したのでした。

水野十郎左衛門は、生年不詳ながら実在の人物です。
「旗本奴」の首領として悪名を馳(は)せた人物です。そして「旗本奴」と並ぶもう一方のヤクザ集団である「町奴(まちやっこ)」の親分「幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)」を裏三番町の自宅の風呂場で謀殺したことで有名です。
生涯その不法な行動は止むことはなく、寛文4年(1664)、遂に切腹させられたということです。
切腹させられたのは「幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)」を謀殺したことではありませんでした。「幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)」を謀殺したのは明暦3年(1657年)7月18日でしたが、この事件について水野重郎左衛門はお咎めなしだったのですね。
その7年後の寛文4年(1664年)3月27日、行状不行跡(ぎょうじょうふぎょうせき)により幕府評定所に召喚された水野十郎左衛門は、わざと袴も着けず、ふり乱した髪には泥を塗りつけ、乞食同然の身なりだったといいます。これに激怒した時の幕府老中・土屋但馬守の命により、水野は即日切腹、水野家は家名断絶となったとのことです。

徳川家康が征夷大将軍となり江戸幕府が開かれたのは、慶長8年(1603)のことですが、2代将軍秀忠を経て、3代将軍家光の頃になると徳川幕府は安定期に入り、徳川家に反旗を翻(ひるがえ)す者はもういなくなりました。これから明治維新まで、200年以上も戦争のない平和な時代が続きます。
戦争がなくなると、武士は無用の長物となっていくのは自然の成り行きですが、そうなると武士の間に不平不満が蓄積していくのもこれまた自然の成り行きです。

徳川家直属の家来を旗本と呼ぶのですが、この旗本でも直接将軍に謁見(えっけん)する資格(御目見=おめみえと言います)のない者を御家人(ごけにん)と呼びます。このクラスの武士にとっては、ただ決められた俸禄(ほうろく、給料のことです)を受けるだけで何の役職にもつけません。サラリーマンで言えば窓際族の生活を送っているだけで出世の機会は永遠にありません。それでもまだ家督(かとく)を継げる長男ならまだしも、次男以下になると、長男が貰ったサラリーのおこぼれを頂戴して生きていくだけのやっかい者になってしまいます。
ちなみに水野十左衛門の家は3千石のお殿様でしたが、長男でない彼は只の穀潰(ごくつぶ)しだったのです。今でいえばセレブの出自でありながらニート、それなのに文武においては溢れんばかりの才能があります。
従ってこの溢れんばかりの才能を封止するがために、勢い飄逸奔放(ひょういつほんぽう)で自堕落な日常の中に自らを埋没させるしかなかったのですね。

そしてこのように世に受け入れられないこうした不平分子が徒党を組み、乱暴・狼藉(ろうぜき)を働く無頼(ぶらい)の集団になっていく訳ですが、これが水野十郎左衛門に代表される「旗本奴(はたもとやっこ)」だったのです。男伊達(おとこだて)を競い、喧嘩(けんか)と博打(ばくち)に明け暮れ、江戸市中を我が物顔で横行する「旗本奴」は、それでも身分が旗本であるだけに庶民からみれば全くもって迷惑な存在だったようです。

水野十郎左衛門が組織した「旗本奴」は、「白柄組(しらつかぐみ)」と呼ぶのですが、この他に「大小神祇組(だいしょうじんぎぐみ)」、「六法組」、「吉弥組(きちやぐみ)」、「鉄砲組」、「鶺鴒組(せきれいぐみ)」「笊籠組(ざるぐみ)と呼ばれる組がありました。それに対抗する町奴の頂点が幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)の率いる「浅草組」だったのです。

そんな水野十郎左衛門達がよく行っていたeventの一つが「風流我慢会」でした。
彼等は夏と冬を取り違えることをもって、風流と心得ていたのです。
冬に夏の遊びをし、夏に冬の遊びをして、これを持って自己鍛錬としていました。

水野十郎左衛門は蝉も暑さで落ちんばかりの盛夏の日に、伝法院での「風流我慢会」に幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)を招待しています。
当日は薪をうず高く盛った焚火を数か所に配置し、どれもこれも勢いのよい小山のような立ち昇った炎をみせていました。Dress codeは特別に厚くしたてた“どてら”の三枚重ねです。綿の重さだけで7.5kgあったというheavy dutyです。そして飲み物はチンチンと沸き立った熱湯熱燗です。このような中で「今日は、冷えるぜ」と真っ赤な顔で、そしてその顔面からは滝の様な汗を滴らせて大宴会を行っていたのでした。

ということで冒頭の通り、私は水野十郎左衛門について、このようにすごく興味を持っていたのです。如何ですか、私の拙文で水野十郎左衛門の心の闇を垣間見て頂ければ幸甚です。

ここから後は画像も見てください。

IMG_2117

IMG_2112
まずは萬昌院功運寺の外観です。

IMG_2114

IMG_2113
吉良上野介の墓です。

IMG_2115

IMG_2116
水野十郎左衛門の墓です。

幡隋院長兵衛


銀座ブラジル1
幡随院長兵衛(ばんずいんちょうべい)の墓です。この画像は浅草の源空寺「幡隋院長兵衛(ばんずいいん ちょうべえ)の菩提寺)」さんが、正月の墓参客用の為に開いていたのでわざわざ撮ってきたものです。


IMG_2096

IMG_2110

IMG_2111
今日は上野に次男と出没です。
マラソンのrunning formをheal contact running(踵着地走法)からforefoot strike running(爪先着地走法)に変えたことから、それに合わせてrunning shoesを変えなければなりません。そのためにアートスポーツさんにrunning shoesを求めに来たのです。
今日はお盆期間中なのかいつも行くお気に入りのお店は休みでした。
ということで今日のお店は、唯一お盆期間中にもかかわらず営業していた「肉の大山」さんです。

住所: 東京都台東区上野6-13-2
電話番号:03-3831-9007
休日:元旦のみ

IMG_2109
御徒町のlandmark「吉池」さんが忽然となくなっていました。
建て直しのようですが全く知りませんでした。

IMG_2108
お店の外観です。

IMG_2100
店内の雰囲気です。

IMG_2098

IMG_2101

IMG_2102
メニューです。

IMG_2107
私のオーダー「牛肉生姜焼き&唐揚定食+ドリンクバー」@680円です。

IMG_2105
次男のオーダー「豚肉生姜焼き&唐揚定食+ドリンクバー+特製メンチ」@680円+@210=890円です。

IMG_2103
まずはメンチカツです。
ちょっと揚がりすぎですが安定した美味しい味です。
これは肉がとてもおいしいですね。

牛肉生姜焼き、豚肉生姜焼き&唐揚定食ですが、笑っちゃいけないのですが、これってほとんど肉そのものの味です。
たしかに肉屋さん直営のお店なので肉に自信があるのは結構なのですが、調理された味がほとんどないというのは驚きです。
IMG_2106
でもドリンクバーがついて、このボリューム、特に豚汁の肉の量のすごいことにはあらためてクリビツしました。
あいかわらず頓珍漢な接客をするマネージャーさんも、その頓珍漢振りを含めて健在でしたし、下町の洋食屋さんらしくてよい店だなとあらためて瞠目した次第です。
たまに下町に来た時に行くなら、こんなお店っていう感じでしょうか・・・

それでは(^_-)

続 東上野 満奈多

今日は「O型男子がグッとくる殺し文句」の話です。 
実は私はO型です。
殺されるかどうか検証してみました。

◆頼りがいをアピール
頼られたい気持ちが人一倍強いO型男子。ちょっとしたことでも他の男に頼んだりすると、心底くやしがる。裏を返せば、「おねがいっ」とかわいく頼ってくる女にはコロリといく。
◆My comment
頼られるのはイイですネ、OKです。

◆向上心を褒める
頑張りを褒められると嬉しいO型男子。「そういうところ、尊敬するよ」と言えば素直に喜ぶ。しかも実りのない無駄な片想いができないO型。「オレのことを見てくれる存在」というだけで心が動くので、あなたの片想いはあっという間に報われるかも。
◆My comment
褒められることは自尊心にいい刺激ですネ、OKです。

◆寛大さにつけこむ
世話焼きなお兄さん気質のO型男子。しかも寛大な男でありたい願望が強いので、彼が機嫌を損ねたときは「許してくれる?」とベタな上目遣いが効く。これでだいたいのことは許される。
◆My comment
機嫌を損ねさせた内容によりけりですネ、これは?です。

◆一緒をアピール
乙女のハートを持っているO型男子。一緒に何かをする、というシチュエーションで恋愛モードに入りやすい。「このケーキおいしかったから、Oクンと一緒に食べようと思って買ってきた」というアピールはとっても響く。「お返しに飯おごるよ」なんて言ってきたらかなり脈ありだと思っていい。
◆My comment
こういうのは逆に鬱陶しいです、NGです。

◆周囲の評価を伝える
他人から認められたいO型男子。「みんなOクンのこと、すごいって言ってるよ」という言葉で有頂天になる。みんなという言葉を思いっきり強調しよう。彼のテンションを頻繁に上げてやると、気に入ってくれる確率も上がる。
◆My comment
有頂天傾向はふんだんにあります、OKです。

◆やさしいところを褒める
やさしさが最大の武器であるO型男子。「そういうところ、やさしいね」といわれるだけで、「オレの良さを分かってくれている!」と思っちゃう単純な思考回路。たまに「オレ、やさしいでしょ?」と強要してくる子どもっぽさをカワイイと思って大目に見るべし。
◆My comment
どうかな、そんなに単純ではありません、NGです。

◆言葉を残す
言葉を大切にするO型男子。「うまく言えないから、手紙に書いてきた」というシチュエーションだけでも酔ってくれる。わざわざ手紙を書いたというだけで、内容はともかく感動する人のよさが彼の魅力。逆に、なにげない言葉を根に持つのには要注意。
◆My comment
一番唾棄するpatternです、NGです。

◆独占欲もスパイスになる
独占欲は愛情と正比例するというのがO型男子の持論。「こんなにキレイな湖に来たの、初めて」「一度好きなヒトと来てみたかったんだ」など……必殺・初めて攻撃!! ぐらいの強調ぶりがちょうどいい。「以前にも来た?」「だれと?」と言わせない迫力のある言い方を練習しておこう。
◆My comment
歯が浮くような言葉は“勘忍やで”です、当然NGです。

◆家族と仲良くなる
家族愛が強いO型男子。彼の家族や親友とうまくやれば、結婚を意識するまでがやたら早い。「Oクンのお母さん、やさしそうだね」と、特に親兄弟は誉めちぎれ。平和主義な彼は親が賛成しない相手とは結婚したがらないので、彼に近い人物は敵に回さないのが最大のポイント。
◆My comment
家族愛は強いほうなので、OKです。

◆とにかく尽くす
尽くすことも尽くされることも愛情のバロメーターであるO型男子。尽くしてもらうことが男の勲章だという価値観は、亭主関白とされるゆえんだ。逆手にとれば「週末にごはん作ってあげたいな」という良妻アピールがなにより響く。
◆My comment
照れてしまうので、NGです。

上記が私の殺し文句に対する回答ですが、別に私の性格をdiscloseしたいわけではありません。血液型性格分析についての私の見解を述べたかったのです。
血液型性格分析は上述のようにあたりません。
日本に住んでいる外国人からよく言われるのは、なんで日本人って、外国人に血液型をやたら聞くの?です。これは彼らに言わせると、やたら初対面の人の星座を聞く母国人のpatternに似ているな、と言っています。
血液型分析はde facto standardではないのですよ。日本だけ蔓延(はびこ)る国家?都市伝説なのです。

これは以前本で読んだものの受け売りですが、ある大学の心理学のゼミで大勢の学生を集めて血液型性格分析の実験をしました。
実験の内容は性格特性の項目を多数羅列して、自分に当てはまる内容を選びなさい、というものです。
実験結果は残念ながら血液型による性格特性は統計的に証明されませんでした。
血液型には何ら性格の共通性がなかったのです。
では何故、血液型性格分析が受け入れられるのか、ですか、それは受け入れられ人の大半は血液型性格分析の多数ある内容の中から自分に当てはまる部分のみを受け入れて、それ以外はチョット違うなということで抹殺若しくは無視してしまうからなのです。
かりやすく言えば、血液型性格論は「当たっている」というより「当たっている処だけ取り込んでいる」なのですね。
したがってA型の人のOKの項目はO型の人もOKになる可能性があるわけです。
また血液型性格論ですから大概の人は自分の血液型の箇所しかみないので、仮に他の血液型の項目に自分に一致するものがあっても気がつかないのですネ。
日本人は単一民族ですから、もともと付和雷同的性格傾向にあり、この血液型性格分析が受け入れられているのは“鰯(いわし)の頭も信心”的なものなのでしょう・・・


Creepy Grudge Ghost Girl in the Mirror! 見ない方がいいと思います・・・



IMG_0550
今日は前回 絶賛した、上野のKorean townにある「満奈多」さんに家族で再訪です。
私の前回の歓喜は再現されるのでしょうか。

住所: 東京都台東区東上野2-15-8
電話:03-3837-5121
定休日:日曜日・祝日

IMG_0551
お店の外観です。

IMG_0563
店内の雰囲気です。

IMG_0533
メニューです。

IMG_0558
これは全員につくキムチです。
そうそう食事の後、奥様のrequestで同店の系列の第一物産にキムチを求めに行ったんですが、第一物産の奥さんって老けませんね。
一時期ここのキムチが好きでよく買いにいっていたのですが、その当時と奥さん変わっていません。もしかしてキムチって不老効果があったりして・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_0561
まずは私のオーダー「ヤンニョムキムチランチBOX(ライス、小鉢、スープ、キムチ、デザート付)@1,000円です。これは甘辛いタレに絡めた唐揚げです。実食してみて驚いたのは唐揚げが熱いこと熱いこと、すこし舌が火傷しそうなくらいです。でも問題はありません、熱いのは大歓迎ですから。味ですか、美味しいですね。鶏肉というのがこんなにジューシーで柔らかいのをしりませんでした。フリッター状の衣もサクサクしていて美味しいです。
甘辛タレも嫌みのない味加減で結構でした。
私的には大満足の一品でした。

IMG_0559
奥様のオーダー「石焼プルコギビビンパ(スープ、キムチ、デザート付))@1,000円です。
これは牛肉と野菜のビビンパに特性ダレをかけてイタダキます。
少しご相伴させていただいたのですが、香りがいいですね。それと牛肉がイケます、美味しいです。強い火力で焼いているので丼ぶりに固着しているオコゲもクリスピー状です。
当たり前ですがソウルで食べた石焼ビビンパと同じ味わいでした、本場の味です。

IMG_0560
長男のオーダー「カレーラーメンキムチチゲ(キムチ、ライス、デザート付9@1,000円です。長男は無言で食べ続けています。徐々に顔が紅変してきました、それと同時に汗が噴き出てきています。
彼も前回の私同様このカレーラーメンキムチチゲの無間地獄にハマってしまったようです。
この美味しさは麻薬ですか、食べ始めると勝手に箸が暴走します。辛いけど美味しい、美味しいけど辛いという連鎖リレーです。
アヒアヒ系の絶巓(ぜってん)とも言ってもよい一品です。

IMG_0562
デザートの杏仁豆腐です。
これまたKorean restaurantでは珍しいといっては失礼ですがとても上品な味わいです。
これまた美味しゅうございます。

それでは(^_-)

東上野 満奈多

今日は「東大秋入学」の話です。 
東大秋入学
海外は7〜8月がバカンスで9月に新学年を迎えます。
日本は4月に入学して3か月半位で夏休みとります。せっかく身につき始めた勉強する習慣は夏休みを満喫するとどこかへ行ってしまいます。したがって9月に新学期を迎える時には勉強する習慣を取り戻すのにひと苦労します。
春入学の日本の学生たちは国際競争において圧倒的に不利だそうです。
アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ロシア、カナダ、中国と主要国の ほとんどが9月入学です。世界215ヶ国のうち116ヶ国つまり世界の半数以上の国々が秋9月入学です。アジア圏のように四季がない国々や一年中気候がほぼ同じのアフリカ諸国では4月入学でもよいと思います。しかし日本には四季があります。暑い夏に休みを長くとり、避暑することで夏を乗り切り、9月から心機一転して入学、新しい学年を迎える方が日本の風土に合っていると思います。
日本でも大正9年までは秋入学だったそうです。大正10年から春入学に変わってしまいました。春入学へ変更した理由は、国から補助金を得るために会計年度と一致させたからであり、その会計年度は田植えの時期を考慮して設定したと言われています。時代はglobal化へと進んでいます。日本独特ともいえる春入学は時代にそぐわなくなってきています。

日本では超一流大学の頂点東大ですが、世界で比較するとどうでしょう。
優秀な大学には優秀な学生が世界中から集まってきます。海外からの学生留学生の割合をみると、ハーバート大学は10%オックスフォード大学は7%に対して東大はたったの1.9%です。優秀な大学には優秀な教員も世界から集まってきます。外国人教員の割合をみるとマサチューセッツ工科大学は14%オックスフォード大学はなんと20%それに対して、東大は2.3%です。
この数字が表していることは、世界トップクラスの生徒、教員が東大に集まってきていない、ということです。それは東大が春4月入学であることが大きな要因です。留学生たちのほとんどが秋入学の国から来ています。春入学の東大へ留学しようとすると半年から1年のロスが留学生たちに強いられることになります。外国人教員たちにも同じことがいえます。そして、世界クラスの優秀な学生たちが少ない大学には、世界クラスの優秀な 教員たちは来たがりません。東大が春入学から秋入学へ変更されれば今よりもっと海外から優秀な生徒、優秀な教員が集まりやすくなることでしょう。そして、東大は世界的にも超一流大学になっていくと思います。

今年のハーバード大学に入学した日本人は”たった一人” となりました。韓国、中国からの入学者数はもっと多いのです。2009年度のデータによるとこの年の日本人入学者数は5人でしたが、韓国は42人、中国は36人、シンガポール22人、インド20人でした。日本人留学生の減少は日本の大学の存在感を低下させることに つながります。数年後に東大が秋入学に変更された場合、入学試験は今までどおり冬に行うため秋まで約半年間の空白が生じることになりますが大学側はこの期間にボランティア活動、企業での体験就業(インターン・シップ)、サマースクール等の留学などを学生たちに体験してほしいと述べています。日本では、国際基督教大学(ICU)が秋 9月入学を実施しています。秋入学にしたことで、留学生が増加し海外の大学との交流がスムーズになったそうです。また、卒業生を採用する企業側も秋入学の学生に合わせて、春と秋の年2回の採用を行うところが増えています。
優秀な学生を採用したい大企業は、優秀な学生の卒業時期と採用時期を合わせます。東大が秋入学へ変更するのであれば採用時期を年2回にする企業が増えることでしょう。昨年8月に民間の調査機関が全国の大学に調査をしたところ、回答を寄せた263の大学のうちの4割が「秋入学について肯定的である」という調査結果が出ています。東大のように秋入学へ一本化することに前向きに考える大学がある一方で春入学も残し、学生たちに選択肢を与えようとする大学もあるようです。今後は東大だけでなく、どれくらいの大学が秋入学を導入していくかが焦点になっていくことでしょう。時代はglobalに活躍する人材を求めています。
東大が秋入学に変わることで得られるメリットは大変大きいと思います。
「デヴィの独り言独断と偏見」参照

海外で海外の取引先と話をしているとよく言わるのが「日本の常識、世界の非常識=Don't take anything for granted」です。確かに日本人は単一民族ですので、皆目が黒くて髪の毛が黒く、さらに常識的なことは言わなくても意思の疎通はできる国民です。いきおい夜郎自大(やろうじだい)になる素地は十分にあったのです。
そんな日本人において桜の花ほころぶ春入学は疑問の挟む余地はなかったと思います。東大のde facto standardに合せた秋入学ですか、結構ではないでしょうか。
農業の自供率の低い日本はいきおい頭脳で差別化するしかレーゾン‐デートル(存在価値)はありません。どんどん秋入学を推進して優秀な学生を輩出してください。

ちなみに海外の人がきて驚く日本での常識surpriseは以下の通りです。
街頭でポケットティッシュ配っている
レストランでタダでお茶がでる
レストランでタダでオシボリがでる
本にブックカバーを付ける
電車の中で寝れる=安全
“スイマセン”を多用する=謝っている訳ではない
試験などの正解にはチェックマークではなく丸を付ける
美白化粧品を売っている
手招きするときに掌を下に向けて手を上下に振る→西洋ではあっちいけ=シッシシ
“ほか弁”などの弁当屋が多数ある


Sexy Bikini Nun、これ思わず笑えます。



IMG_0520

IMG_0534
今日は月上野のKorean townに出没です。
今日のお店は「満奈多(まんなだ)」さんです。

住所: 東京都台東区東上野2-15-8
電話:03-3837-5121
定休日:日曜日・祝日

IMG_0522
お店の外観です。

IMG_0523

IMG_0527
店内の雰囲気です、

IMG_0533

IMG_0526
メニューです。

今日のオーダー「カレーラーメンチゲ(キムチ、白飯、杏仁豆腐付)」@1,000円です。
IMG_0525
まずはキムチです。このキムチはKorean townのmain streetにある同店系列の第一物産でも求めることができます。ここは自家製ですので化学調味料まみれのキムチとは違って味わいが深いのです。辛いけど美味しい。
IMG_0528

IMG_0529

IMG_0531
待つこと15分でカレーラーメンチゲの登場です。
丼ぶりがチンチンになっていますので湯気の迫力に押され気味です。
それでは実食です。
辛い、でもすごく美味しい!
何ですか、この美味しさは・・・
辛いけど美味い、美味いけど辛いという無間地獄に陥っていきます。
カレースープは辛いのですが中に生卵とチーズが入っていてmildなのですね、しかしそれを凌駕する唐辛子が入っているので辛いのです。
乾麺の素朴な味わいがこのカレースープに良く合うのですね。
カプサイシンの影響で顔はすでに汗だらけですが美味しすぎて箸が止まりません。
結局一気に食べつくしてしまいました。
ここのカレーラーメンチゲは本当に美味しい。

IMG_0532
杏仁豆腐です。強烈な辛さの後ですから正に一服の清涼剤ですね。これまた美味しい!
このお店はできれば公開したくなかったのですが・・・

それでは(^_-)

御徒町 蒙古タンメン「中本」 リターンズ

今日は「甘い物は脳に悪い」の話です。 
笠井奈津子
お酒が飲めなくなってから一段と食べ物に傾斜しています。
その中で久々に目から鱗というか、マグロコールで腸内清掃というか、食との向き合い方がハッキリ、クッキリする本、笠井奈津子著、幻冬舎新書刊「甘い物は脳に悪い」を読みました。
かなり良い本でしたので、以下に紹介します。

「甘い物は脳に悪い」というタイトルをみて、この本を手にとった読者の方は、
「疲れたなあ。甘い物でも食べて、リフレッシュしようかな」と思って、お菓子などに手を伸ばすことが多いのではないでしょうか。 
ですが、ここで一度じっくり思い出してみてください。 
そのあと、仕事ははかどりましたか? 
サクサクと順調に終わらせることができましたか? 

おそらく、甘い物を食べている最中はテンションが上がって、元気が出た気がしたけれど、食べ終かってしばらくすると急に眠くなったりして、食べる前よりも集中力が続かなくなった方が大多数なのではないかと思います。
これには理由があります。 
甘い物を食べることにより、体内では急激に血糖値がにがります。それで一時的に疲れがとれたような気分になり、頭もすっきりしたと勘違いしてしまうのです。
問題は、そのあとです。
急に血糖値が上がると身体にとって負拒になるので、血糖値を抑えるために膵臓が大量のインスリンを分泌します。朧臓としては、急に血糖値が上がったので、「早く下げなくて!」というプレッシャーのもと、通常よりも多くのインスリンを分泌します。したがって、血糖値は急激に下がることになります。
その結果、甘い物を食べる前よりも、血糖値が下がってしまい、集中力が続かなくなるばかしりか、よけいに疲れを感じ、けだるくなってしまうのです。 
これでは本末転倒だと思いませんか? 
しかしながら、“刷り込み″とは怖いもので、「甘い物でリフレッシュできるはず」と思い込んでいるからか、何十年も働いてきた部長クラスのビジネスマンですら、「疲れたから甘い物でも・・・」と、部下にお菓子を差し出したりすることがあるから驚きです。

では、仕事で疲れて、気分転換したいときには何を食べればいいのか。 
その答えはズバリ、たんぱく質を多く含んだ食品です。 
たとえば会社で仕事をしていて、「疲れた・・・」「小腹がすいた。何か軽く食べたい」と思ってコンビニに足を運ぼうと思うのであれば、「ゆで卵」「温泉卵」「冷ややっこセット」「サラダ十たんばく質(鶏肉、卵、シーチキンなど)」「干した魚介類のおつまみ」「枝豆」(ビールが飲みたくなるかもしれませんが、そこは我慢して・・・)などの購入をおすすめします。そうすれば、気分転換のあとの仕事がはかどるだけでなく、身体にとっても非常にいい。しかも甘い物に比べて太る心配もありませんから、一石三鳥になるのです。
【中略】
もうひとつ、女性で勘違いしている人が多い、食事の例をお話ししておきます。よくセミナーで、 
「どんな食事が健康的だと思いますか?」 
と聞くと、 
「野菜をたくさんとること!」 
と答える女性が大多数です。実際、身体によいからと、お肉やお魚を減らして、野菜中心の食事をとっている人は少なくありません。 
しかしながら野菜の主な働きは、身体をつくる“素”に働きかけることです。その“素″となるたんぱく質が不足していては、せっかく取り入れた野菜もサポートする対象がないため” もったいない“結果となるのです。
食事は身体をつくるだけではありません。 
悩も食べ物がエンジンとなって働いているわけですから、食べる物で、脳のパフォーマンスは大きく変わります。欠けている栄養を補い、過剰なものを削るだけで、脳の力をフルに発揮することができるのです。


というように鋭いツッコミで始まります。
特に感動したのは本著の中にある「私は食べることは闘うことだと思います。その意味で、朝食を十分にとらなくなった現代人は闘うことを忘れた人だといわなくてはならないでしょう」という一文です。よくここまで言い切りましたね。
個人的にgood pointと思った点をあげると以下の10点です。

1.ゼロカロリー飲料だからといって太らないわけでない
2.食べ物は味わって食べること
3.仕事ができる人は食べること、特に食べるものを意識している
4.市販の野菜ジュースを飲むのであれば同じ値段の生野菜や果物を食べた方数段よい
5.朝食に菓子パンを食べるくらいなら柑橘類をとるべし
6.ガツガツ食べられる男は魅力的
7.うつ症状(鬱病ではない)は食事で治る
8.前向きな人間になるのには良質なたんぱく質をとること
9.イライラ感は生のビタミンCで解消しよう
10.疲れが長いこととれなかったら食生活をみなおそう


まだまだこの本の良い点は書き足りないのですが、あまり書くとこの本を買う人がいなくなってしまっては困るのでこの辺りで手仕舞いにします。
一冊@777円ですので、一食抜いても、そうか抜いてはいけないので自らの投資としてお求めください。

この笠井先生のお奨めでは、どうしても食べたいものは体が欲するものなので食べましょう(少し曲解)ということで、今日の私のwantは“HOT”でした。
という事で今日のお店は蒙古タンメン「中本ラーメン」さんです。

住所: 東京都台東区上野5-20-3ラーメン横丁
電話:03-5688-1233
休日:不明

IMG_0403
お店の外観です。

IMG_0408
店内の雰囲気です。

IMG_0404
メニューです。

IMG_0406

IMG_0407
今日のオーダー「五目蒙古タンメン(辛さ度6)」@850円です。
待つこと12分で着丼です。
辛さ度6ですか、その割にはかなり赤いですね。
野菜がこんもりとしかも珍しく湯気がたっています。
それでは紙エプロンをもらって実食です。
まずは野菜と麺の天地返しです。野菜に隠れていたモチモチ麺があらわれます。
モチモチ麺は相変わらず美味しいですね。
野菜はどうでしょうか、アレッ美味しいです。
そうか今日は野菜が熱々ですからね、特に豚肉が美味しいです。
これが普通の味なのでしょう、いつもは作り置きですから。
ここのラーメンの真の美味しさがよくよくわかりました。
辛さも丁度よく満足できた昼食でした

それでは(^_-)

浅草 餃子館 リターンズ

謹賀新年
今日は「1月2日」の話です。 
元旦は奥様の実家に家族皆で年賀の挨拶に出向いたものですから比較的静謐(せいひつ)にしていた一日でした。
しかし開けて二日になるとエネルギッシュに動き始めました。

箱根駅伝
二日の今日は、朝も早から5時に起きて大好きな箱根駅伝の順位予想をしました。
といっても論理的な演繹です。優勝候補大学の出場選手の10,000mの最高ラップを単に距離数に置き換えたのが私の順位予想です。
しかし、結果は大違いでした。
往路一位を駒澤大学としたのですが結果は東洋大学でした。駒澤大学は第四位でしたね。
やはり二十歳前後の学生が出走する競技なのでメンタルが占める割合が多いのでしょう。
各大学の監督及び関係者の気苦労は幾ばくのものかと拝察いたします。

個人的には長男の出身大学の青山学院大学が2区戸塚中継所で三位になり、応援していた私は大興奮しました。しかし往路結果は7位でした。
まぁ明日に期待しましょう。

駅伝予想の後は両親の墓参で奥様と浅草に出向き、その足で恒例の被官稲荷神社で初詣です。
初詣を済ませた後は浅草散策です。
IMG_0375
縁起の良い招き猫の露店です。

IMG_0374

IMG_0372

IMG_0381
似顔切り絵の田中良平先生 です。
初詣の時は浄財をするのが下町でのお約束です。折角ですので奥様と私のカップルショットを作ってもらいました。
この似顔切り絵ですが奥様はまずまずクリソツですが、私はもう少しいい男です、キッパリ!

そして隅田公園内に開設された「平成中村座 」さんで「寿初春大歌舞伎」のパンフレットをもらってきました。見に行くつもりです。

IMG_0380
この画像は「平成中村座」さんの脇から撮ったスカイツリーです。正月の抜けるような青空にその偉容が映えていますね。

夕方は夕方で兄弟の「新年会」です。
やはりこの人は慌ただしい方ですね・・・ハイ!私もそのように思います。

ということで新年の浅草の食事といえば「餃子館」さんしかありません。

住所: 東京都台東区花川戸1-10-13 1F・2F
電話:03-3842-3808
定休日:無休

IMG_0358
お店の外観です。

IMG_0363
店内の雰囲気です。

IMG_0359
メニューです。

IMG_0364
私のオーダー「上海風焼きそば」@700円です。
待つこと10分で着皿です。
野菜がこんもりと盛られています。
そして全てが熱々です、イケますね。
ちょっと量が多かった気がしましたが、今日はお腹が空いていたのでno problemです。
味ですかこの焼きそば絶妙の油加減と塩味で作られています。
少しでもこの黄金比率が違っていたら別物の一品になっていたような気がします。

IMG_0370
奥様のオーダー「茄子の黒胡椒炒め+ライス」@680+@250=930円です。
これは何度いただいても美味しいですね。
中国料理のセンスの良さがわかります。
茄子の中身だけをとりだしてパン粉でカラッと揚げて塩、黒胡椒で味をつけています。
茄子の身の柔らかさを最大限に美味しくする工夫が随所にされていおり、これはお勧めの一品です。
お試しあれ!

それでは(^_-)

上野 ブルースカイタイランド

今日は「ローラーコースター」の話です。 
高飛車
富士急ハイランド(富士吉田市新西原)に、最大落下角度121度でギネス世界記録に認定された大型ローラーコースター「高飛車」が完成し、今月8日、報道陣に公開されたそうだ。このニュースは海外サイトでも大々的に報じられ、スリル大好き、高所落下は俺のもの的な人々の関心を集めている
「高飛車」というネーミングに恥じないくらいの高飛車な走りを見せるこのコースター。総工費約30億円。リニアランチ方式による直線加速では約63メートルのトンネル内を一気に加速し、垂直巻き上げによって落下し、2種類の「加速感」を体験できる。
巻き上げでは空を見ながら上昇し、高さ43メートルのタワー上で落下姿勢で一時停止、そこから最大落下角度121度でえぐるように落下する。4人乗り前後列8人が1回に乗車、乗っている時間は160秒、コース全長1000メートル、最高時速100キロ。
1回の料金は1000円だそうで、一般にオープンするのは16日から。この夏休み、高飛車な態度で高飛車にトライするのも悪くないかもしれないね。
「カラパイア」より転載



人間ですから不得意のものがあります。
私の場合それがローラーコースターです。
子供達が幼少の頃よくディズニーランドに連れて行きました。
子供達が乗らないと思いlip serviceで、スペースマウンテンに乗ってみようかと、誘ったら豈図(あにはか)らんや“Yes!”と言われたので嫌々乗りました。
降りた後気分が悪くなりトイレで吐いたことがあります。

ローラーコースターを乗り続けると慣れてきて恐怖を感じなくなるので結果乗り過ぎとなります。
その乗り過ぎは脳に硬膜下血腫(けっしゅ)を作ることもあるそうですよ。
でもこれが平気な人ってもともと前庭感覚(重力や加速度を感じる感覚)が鈍い人なのではないでしょうか、それが経験を重ねることにより慣れてしまいさらなる刺激をもとめる、その為にローラーコースターが過激になっていくという絵図が私の考えです。

それにしてもあんな気分の悪いものになんでお金を払うのでしょう、信じられません。
事故は定期的に起きるし、何れにしても私は全否定です。
そんな私でも平気なローラーコースターがあります。
それは浅草花屋敷のローラーコースターだけです、これは子供の頃から乗っているので恐怖を抑えられるのです、ハイ。


暑い時には辛いものをということで、今日は女子会の人気店「ブルースカイタイランド」さんです。

住所: 東京都台東区上野3-7-4水谷ビル 1F
:03-6803-2709
定休日:日曜日

IMG_8833
お店の外観です。

IMG_8824
店内の雰囲気です。ちょっと田舎の学校を喫茶店にした様な店内です。

IMG_8823
メニューです。

本日のオーダー「ガパオライス(豚ひき肉タイバジル炒目玉焼き付)@900円です。
ウーン女子会人気店だけあって店内の男性はシェフと私だけです、何じゃい(笑)
このお店の接客はとても良いです。
東北大震災のときも帰国することなく営業していましたね、好感度のお店です

IMG_8825
それでは実食です。
まずは前菜の「春雨サラダ」が運ばれてきました。
蒸されて熱が通った春雨は温かく、挽肉や野菜が混ざり、レタスが添えられています。
でもこれはかなり酸っぱいです。

IMG_8828

IMG_8829

IMG_8830
そして本日の目玉「ガパオライス」が運ばれてきました。
楕円形のお皿にジャスミンライスと鶏肉とバジルの炒めが盛られ、目玉焼きが乗っています。
たっぷり入った粗挽き鶏肉や玉ネギのスパイシーな味わいとバジルの風味が美味しく、ジャスミンライスとの相性も抜群です。
これはかなり辛いですね、気分はタイです。
たまにシェフとホールスタッフの奥さん?とのタイ語でのやり取りがタイ気分を増加させます。
とても結構な美味しさでした合格合格合格合格

IMG_8832
デザートはタピオカ入りのココナッツミルクです。
これで口内の雑味を取り除きます。

そして最後はコーヒーでしめて終わりです、大満足なランチでした。

それでは(^_-)

谷中 一寸亭 リターンズ

今日は「女子アナ受難」の話です。 

まずは以下の日刊ゲンダイさんの記事の紹介。

一度だけなら許してあげる――。そんな流行歌もあったけど、2度目となると問題だし、資質を疑われても仕方がないだろう。NHKの青山祐子アナ(38)がまた漢字の誤読をやらかした。

青山はこの4月から夜の「ニュースウオッチ9」の司会から昼の「スタジオパークからこんにちは」の司会に異動になった。その放送2日目の5日、中学生でも間違えないようなミスをやってしまった。

この日は俳優の永井大がゲスト。永井は初主演時代劇「新選組血風録」の撮影の際の殺陣や乗馬シーンのエピソードなどをスタジオで披露。永井は「殺陣のシーンは難しいですね。自分なりの殺陣が」などと時代劇初挑戦の意気込みをさわやかに語った。

視聴者が「おい!」と突っ込みを入れたのは、その後の視聴者からのファクスを紹介するコーナーだった。青山はファクスを読み上げる際に「土方歳三の物語だけでなく、殺陣(さつじん)アクション・・・」と誤読。コンビの近田雄一アナに「殺陣(たて)アクションです」とすぐさま訂正されて「あっ、ごめんなさい」と平謝り。永井は苦笑いするしかなかった。

青山はNHK入局以来、スポーツ・報道畑を歩んできた。そのため、リアクションが重要な生のトーク番組は不慣れとされていた。だれもがやっぱりボロを出したと思ったはずだが、青山が漢字の誤読で注目を浴びたのはこれが初めてではない。今年1月には「ニュース9」の中で「音楽のヒットチャートを“せきまき”する人気グループ・・・」と、「席巻」を読み間違えた。

席巻も殺陣も中学生レベルの間違いだから、NHKのアナウンサーとしては失格。レベルが低すぎる
「2011年4月7日付日刊ゲンダイ」より転載

他局でも放送中に以下の誤読事件が・・・確かに間違いやすい漢字ではありますがね!

団塊(だんかい)の世代→だんこんのせだい
防府(ほうふ)→ぼうふ 
重複(ちょうふく)→じゅうふく
老朽化(ろうきゅうか)→ろうちくか
辛(つら)い→からい =>視聴者から寄せられた手紙を読むとき、「つらい」を「からい」と読んだため、ちなみに何れも使用する漢字は同じです。

個人的にはCQ(フジテレビ)の有賀さつきさんの誤読がすき。
旧中山道を、『いちにちじゅうやまみち』という他局のとちり例を説明する際に彼女が誤読のフリップボードを持ちながら、「まずは、N局美人アナのとちり。このフリップ、正しくは『きゅうちゅうさんどう』と読むんですよね、・・・えっ、違うの?」と有賀自身も間違えて読んだという話。
さらに彼女はこんな誤読もしています。
平将門(たいらのまさかど)・・・ひらしょうもん
前頭(まえがしら=相撲の番付)・・・ぜんとう(「私、相撲ダメなんです」と言い訳していたが、MCから「相撲だけかい!」と突っ込まれていた)

そして極めつけはANN(テレビ朝日)のこの動画(笑)

昨今ビジネスの国際化で帰国子女も増加しており誤読はいた仕方ない環境になっているので、私はこのような間違いやすい漢字は原稿にルビをふれば良いだけなのになと思うのですが・・・


今日はここの煮込みが食べたくて食べたくて来てしまいましたここ谷中に。
今日のお店は絶対に裏切らない下町の中華料理店「一寸亭」さんです。

住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話:03-3823-7990
定休日:火曜日

IMG_8265
お店の外観です。

IMG_8266
チャームのシナチクです。これはすごく美味しいです。歯ごたえ、香り、味わい最高です。
これだけのシナチクを作れるお店ってあまりないと思いますよ。

IMG_8268

IMG_8269
私の大好物「もつ煮込み」@400円です。
肉がよく掃除されていて雑味なし。ほど良い脂っこさがこの塩仕立てのスープに合う事、合う事至福です。

IMG_8270
これも大好物の「ギョーザ」@500円です。
画像見ても美味しさが充分に感じとれると思います。
皮はほのかに甘くて質感モチモチ、餡はホクホク、ジューシーでえも言えない美味しさです。皮、餡、焼き方、最高!これは芸術食品でしょう。

IMG_8273
そして締めの「五目かたやき」@880円です。
画像見てください。この餡の輝き、ピッカピッカに光っていますよね。
野菜が甘くてこの餡に良く合っています。
日本で三本の指に入る美味しい堅焼きそばですと言っても過言はないと思います。
このお店はもとと餡かけ系中華は多くの愛好家を有しているのですが、この「五目かたやき」が最高峰でしょう。本当に美味しい。

それでは(^_-)

御徒町 えぞ菊

今日は「楽しい仲間がポポポポーン♪」の話です。 
ACジャパンのCMが震災以降かなり露出しています。
そもそもACジャパンの誕生は1971年に遡ります。
大阪万博の翌年、日本中が好景気にわきたっていたその年に、大阪で関西公共広告機構が誕生しました。
提唱者は当時のサントリー社長佐治敬三氏です。
佐治氏はアメリカAC(The Advertising Council)の活動を知り、研究され、これを日本で実現したいと考えました。「環境汚染」「公共マナーの悪化」「人間関係の希薄化」など、景気上昇の陰で出はじめた社会のひずみに光をあて、みんなで考えるきっかけをつくりたい。そんな思いが、「企業が少しずつお金を出し合い、世の中のためになるメッセージを、広告という形で発信しよう」という呼びかけになりました。広告の仕組みを社会貢献に生かそうという考え方です。一般企業、メディア、広告会社がこれに呼応し、114の会員数での出発になりました。初代の理事長には佐治氏が就任しました。初年度の広告媒体費は1.7億円とまだ規模は大きくありませんでした。
1974年には、社団法人・公共広告機構として認可され全国組織になります。その後全国8箇所に事務局が置かれるようになり、現在の体制が固まりました。そして40年の長きに渉り、延べ500を超える公共広告キャンペーンを展開し続けてきたのです。
2009年7月、公共広告機構からACジャパンと名称を変更します。そして、40周年を迎える今年、2011年には内閣府の承認を得て、公益社団法人としての活動をスタートさせました。現在、最高議決機関である理事会の理事数は70名、第3代の理事長は佐治敬三氏の子息佐治信忠氏です。

そしてなぜかACジャパンの役員(理事・監事)・顧問・相談役には電力(原発)会社の役員が多いのですね?

理事    千葉昭     四国電力株式会社 取締役社長
理事    當眞嗣吉   沖縄電力株式会社 代表取締役会長
理事    西澤俊夫   東京電力株式会社 常務取締役
理事    原田正人   中部電力株式会社 常務執行役員
理事    深堀慶憲   九州電力株式会社 代表取締役副社長
理事    向井利明   関西電力株式会社 取締役副社長
理事    山下隆    中国電力株式会社
名誉顧問 嶺井政治   沖縄電力株式会社 元会長

仁科仁美
ところで各スポンサーのテレビCM自粛によるACジャパンのCM乱発で一躍脚光を浴びたのが、子宮頸がん啓発キャンペーンCM「大切なあなたへ」に出演している女優の仁科仁美(26)さんです。
このCMで母娘共演している同じく女優の仁科亜季子(57)と俳優・松方弘樹(68)の間に生まれた彼女は、兄・仁科克基(28)も俳優であり、克基の妻は多岐川裕美(60)の長女・多岐川華子(22)という芸能界の超サラブレッドなのですね。
ACジャパンのCMが頻繁に流され、批判もされたことに「1年半前に撮影してこんな時に流されるとは思わなかった。どうすることもできない」と困惑の表情を浮かべているそうです、確かに子宮頸がん啓発キャンペーンCMには辟易とさせられました。


そして今大breakしている「あいさつの魔法」CMですが、実はマニアックな楽しみ方が・・・
1.いただきマウスの耳はお茶碗で、右側にはご飯がのっている。
2.食べ終わった ごちそうさマウスのお茶碗は、空っぽになっている。
3.ロングバージョンにしか登場しない いってきまスカンクは、プゥーと屁をこいている。
4. ただいマンボウには何故か?足が生えているが、実は足ヒレである。
5. おやすみなサイは 最後の整列でも寝たまま。 鼻風船ができています。

今日は御徒町に出没です。
今日のお店は「えぞ菊 御徒町店ラーメン」さんです。

住所:: 東京都台東区上野5-20-4
電話:03-3836-9063
定休日:無休

IMG_8076
お店の外観です。

IMG_8079
メニューです。

IMG_8081

IMG_8082
このお店、店内は奥に細長い逆コの字型の全席カウがンター席です。
さらに具体的な席数を申しますと_部に4席、|部に11席、 ̄部に2席という配置です。
何ていったってこのお店の惹句は「創業40年かわらぬ味」ですから、これはスゴイですよ。
本日のオーダー「味噌ラーメン」@750です。
もやしたっぷり、メンマたっぷり、挽肉たっぷりというスゴイトッピングです。スープは濃いめの味噌味で濃厚な味噌とも違うし、乳化したクリーミーな味噌とも違います。
お約束のスープの熱々は守られています。麺は黄色い縮れ麺です。
味ですか、漢(おとこ)の味です、洗練された味ではないのですが、味噌ラーメンって何だろう?って悩んだ時にお奨めです。
とても美味しいですよ、ここでは無心にガツンと食べましょう!

それでは(^_-)

御徒町 放心亭

今日は「東京マラソン余話」の話です。 
2月27日東京の気温は18.4度達しました。
晴天の下、開催された第五回東京マラソン。石原慎太郎都知事の号砲を合図に、約36,000人のランナーがスタートを切りました。 
今年の応募数は33万人、抽選倍率は9.6倍と出場の困難っぷりは相変わらず。そこに目をつけた石原都知事は今年からチャリティー枠を設立したのです。10万円以上の寄付をして枠をGetしたランナーも694名もいました。

男子はハイル・メコネン(エチオピア)が2時間7分35秒で初優勝。昨年4位の川内優輝(埼玉陸協)が2時間8分37秒で3位に入り、世界選手権代表に内定しました。川内は埼玉県立春日部高定時制職員の市民ランナーです。日本人選手が国内レースで2時間10分を切ったのは08年12月の福岡国際以来。初マラソンの尾田賢典(トヨタ自動車)が2時間9分3秒の好タイムで4位に入りました。

ところでハイル・メコネンが栄えある第一位だとすると、栄えある?最下位はどの方なのでしょう。実はこの方なのです。
IMG_7908
正しくいえば37km地点での最下位です、この後下の画像の収容車に乗せられたらまた話が違うのですが・・・
IMG_7911
ハイル・メコネンは確かにすごいと思いますが。このような方々がいたので頂点になりえたのです。

ところで何故こんな画像を捕ったかといいますと、取引先の女性がこの東京マラソンに出走しており応援に行ったのです。
IMG_7907
申告タイムから、逆算した時間帯にこの37km地点、春海橋で応援していました。
IMG_7905
しかしウェアの内容も聞いていなかったので、これだけの大群衆から探しだすのは困難で空振りに終わったのでした。
ちなみにこの夜の月島は初マラソンのランナーの反省会で混みあっていました。
過半の方々は筋肉疲労からかガニマタで歩いていましたので、異様な光景が散見されたのです。

滲みでる教養。
腹にでる栄養。
顔にでる紅葉。
胃にでる潰瘍。
今日はどこで食べヨウ。
ということで今日は御徒町に出没です。
今日のお店は箸処「放心亭」さんです。

住所: 東京都台東区上野3-27-12 ファミリーデパート吉池6F
電話:03-3836-0446
定休日:無休

IMG_7914
お店の外観です。

IMG_7921
店内の雰囲気です。
お店の惹句です。
約300年の歴史を持つ、ドイツのハイデルベルグにある学生酒場“ツム・ローテン・オクセン”でドイツ料理を学び。初代シェフ自慢のロールキャベツをはじめ豊富なメニューが揃っています。ドイツからの直輸入ビール・ワインをはじめ新潟の銘酒も揃え、グループのお店の寿司・刺身も楽しめます。
貸切、50名〜130名が可能、10名〜36名の個室と40名〜90名の個室ももご用意できます


IMG_7924
ランチメニューです。

IMG_7917

IMG_7918

IMG_7919

IMG_7920

IMG_7922
今日のオーダー「豚ロースのフライ(和風おろしソース)カレイの卵包み焼き、スープ、サラダ、コーヒー」(限定30食)@800です。
このお店はスープ、サラダが食べ放題です・・・ウレシイ!
味ですか、このお店は美味しいですね。
特に豚ロースのフライ(和風おろしソース)はカラッと揚がっていて衣も美味しい。
和風おろしソースもポン酢の配合が絶妙です。
カレイの卵包み焼きもフレッシュ生クリームと白ワイン、塩、胡椒で整えられた桃色ソースも秀逸です。
このlevelの味で@800は感激です。
吉池さんのテナントなので軽んじていたのですが、ここはおすすめ店です合格合格合格合格

それでは(^_-)

続 浅草 餃子館

謹賀新年
今日は「初詣」の話です。 
IMG_7484
昨日は親族一同が会して新年会です。
気がつくと皆でお店の人が驚くほど飲んでしまったので、地域経済振興におおいに貢献したものと確信しております。
トイレッツ
ところで行ったお店のトイレに有ったこの尿量測定SEGAトイレッツですが感心?感動しました。
多分トイレ汚し除けのデジタル系かと思われるのですが・・・ハイスコア狙いでお酒をガバガバ飲む輩をtargetにした売上増大の最終toolかもしれません?
男子(おのこ)ならこのgadgetに向き合えば、必ず血わき肉躍ることと思います、間違いない!



閑話休題
「初詣」の話ですネ。
今日は奥様帯同で初詣に浅草に出没です。

IMG_7517
スカイツリー大分立ちあがってきましたね、現在539mですか、進捗率85%です。
完成までもうすぐですね・・・

IMG_7498
アサヒビールさんのアサヒビールタワーとスーパードライホールの「炎」オブジェ(フランス人デザイナー、フィリップ・スタルクさん作)の見上げパチリです。

IMG_7499
左から墨田区役所、スカイツリー、アサヒビールタワー、スーパードライホール、URリバーピア吾妻橋ライフタワー墨田区skyscrapersの面々です。

IMG_7516
浅草「松屋」に買い物に立ち寄りました。
なな何と懐かしい「松鶴(ショウカク)マーク」です。
これは日本航空の「鶴丸マーク」ではありません、「鶴丸マーク」は鶴君が横向いてますもの。
松屋の店員さんに頼んで背中を撮らせてもらいました。
ちなみにこの松鶴マークの由来は次の通りです。
1907年に開発された松鶴マーク。松屋は、1869年(明治2年)「鶴屋呉服店」として横浜に創業し、さらに1889年(明治22年)神田「松屋呉服店」を買収して鶴屋と松屋の二つの屋号を継承しました。その後、1907年(明治40年)頃より二つの店に統一したマークの使用を開始しました。これが「松鶴マーク」の開発された由来であり、以後呉服業から発展した老舗型百貨店として、その個性を発信し、永い間愛され続けてきました。
「松屋」HPより転載


IMG_7500
三社祭の神輿の御開帳です。
正月には見られるのですネ、知りませんでした。

IMG_7504
私の浅草での「初詣」定番の被官稲荷です。
30年以上通い続けています。

ということで今日のお店は浅草「餃子館」さんです。

住所: 東京都台東区花川戸1-10-13 1F・2F
電話:03-3842-3808
定休日:無休

IMG_7515
お店の外観です。

IMG_7510
まずは「豚肉餃子」@500です。
結構このお店にきているのに、何故か「餃子」だけは食べたことがありません。
これ美味しいですね、餃子の皮の味わいがとても良いのです。
中の餡もニラ主体で、すごく美味しいです。
お約束のスープも強く歯噛みすると飛び出てきます、levelの高い一品です。

IMG_7509
奥様オーダーの「あんかけ焼きそば」@880です。
これもイケます、美味しいです。
とくに餡が秀逸です、熱さも充分、この餡でくるまれることで全ての材料の良さが倍加します、とても結構でした。

IMG_7511

IMG_7513
私のオーダー「若鶏のから揚げ+スープ」@800です。
これは衣がおいしいものの、鶏肉がすこしジュシ―さに欠けていますかね。
しかしそれでもそこそこのlevelです。
スープは隠し味に柚子が入っていました、独特の爽やかな香りがスープの美味しさを高めています。
ここは多分ですよ、コスパ含めたら浅草一番の中華料理店だと思います・・・

それでは(^_-)

新御徒町 白根屋 リターンズ

今日は「龍馬伝」世間山(よもやま)話です。 
ryoma1125-4-thumb-300xauto-98471[1]
今日は楽しみにしていた土曜スタジオパーク「龍馬伝」スペシャルを見ていたがじゃ。
そして待ちに待った『あなたがもう一度みたい「龍馬伝」Top10』の発表がされたぜよ。

1257票  第1位 寺田屋騒動 (第36回)
757票   第2位 坂本一家で桂浜へ 龍馬が夢を語る (第7回)
478票   第3位 龍馬vs後藤象二郎 清風亭の対決 (第40回)
395票   第4位 龍馬とお龍 新婚旅行 (第38回)
383票   第5位 龍馬、武市、弥太郎 牢での再会 (第28回)
314票   第6位 武市切腹 以蔵の最期 (第28回)
300票   第7位 高杉と龍馬 最後の語らい (第41回)
287票   第8位 龍馬 黒船目撃 (第5回)
273票   第9位 龍馬とお龍 最後の休日 (第45回)
265票   第10位 脱藩前夜 家族との別れ (第13回)
土曜スタジオパーク「龍馬伝」スペシャルより転載


そうか第1位は「寺田屋騒動」か、さもありなんです。
個人的には第3位の「龍馬vs後藤象二郎 清風亭の対決」ですね。
やっぱしシェイクハンドは胸にしみるがじゃ、たまらんきに!
後藤象二郎役の青木宗高さんいい役者ですね、この役作りのために10kgも体重を増やし、そして今度は次のドラマの為に激ヤセさせているとか見上げた役者根性です。
そういえば岩崎弥太郎役の香川照之さんがド二日酔いで福山雅治さんとの思い出を話していました。寝不足なのか目がボッタリと腫れていましたよ。
福山雅治さんってcleverな役者ですね、話が軽妙洒脱で面白かったです。でも少しcoolかな、妙齢の女性に人気があるのが良くわかりました。
福山雅治さんがこぼしていましたが、「龍馬伝」の大友監督ってあまりカット割をしなくて長回しを多用するのですって、その為どこで終わって良いのかがわからず仕方なくアドリブで続けていくのですが、それが大変だったそうです。
一度隣のスタジオでやっている2011年度大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」を見学にしに行ったのです、そうしたらそこではキッチリとカット割りがされており、それを目(ま)の当たりにして、大友監督だけが異常だったんだと納得して帰ってきたそうですよ。
アドリブといえば西郷隆盛役の高橋克己さん、あまり薩摩弁が得意ではないので福山龍馬のアドリブに薩摩弁でかえせません。なす術(すべ)もないので、ただ笑うのみでしのいでいたそうですって、役者さんも色々と大変なのですね・・・

役者さんといえばこれ、インドキャッチプリキュアです。
ちなみにプリキュアとは、ABCの日曜朝アニメとして制作された「ふたりはプリキュア」に始まる女児向けアニメ作品群です。シリーズ全体では東映アニメーション女児向け作品として最長年数及び放送回数が継続されており、「美少女戦士セーラームーン」シリーズ(5年間、通算200回放送)や「おジャ魔女どれみ」シリーズ(4年間、通算201回放送)以上ですが、本作はこれらの作品とは異なり、ストーリーに連続性はなく、1年、あるいは2年ごとを区切りに1シリーズとしており、シリーズ間の登場人物や世界観などの連続性もありあません。
これはフリネタの流れで記しましたが、私はこのアニメ興味もありませんし、一度も見たこともありませんので、ハイ。
「プリキュア」Wikipediaより転載

閑話休題。

この役者さんたちスゴイですね。実は私、一糸乱れずという踊りが大々々好きなのです、これには大感動です、芸術的でさえもあります、ブラボー!

今日は私のホームタウン、竹町に出没です。
妙に甘いものが食べたくて、「白根屋」さんにお邪魔しました。

住所:東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

IMG_7086
お店の外観です。このお店は昭和35年創業ですから今年は50年の節目の年です。
今の経営者は二代目、創業者は新潟から上京してきたそうです。
このお店は佐竹商店街の長い移ろい、その殷賑から零落を見てきた歴史の証言者でもあります。
ちなみに「白根屋」さんは「しらねや」さんではなく「しろねや」さんが正しい読み方なのです。

IMG_7087
店内の雰囲気です。

IMG_7088

IMG_7089
今日のオーダー「クリームぜんざい」@390です。
甘味は脳の疲労を瞬時に回復させてくれる特効薬でもあります。
スプーンでこのぜんざいを口に運ぶ度に疲れた脳が生き返ってきます。
そうそう味ですか、バリ美味ですよ。量がデラ盛りなのも嬉しいかぎりです。
いつまでも美味しい甘味を提供してください。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

浅草 末っ子

今日は「パチリミュジアム」です
IMG_6822
まずは会社の打ち上げのパチリです、この青年は先輩女性に大変失礼なことをいったのでお叱りビンタの洗礼を受けています、ハイ。
皆さん女性へのお声掛けには充分気をつけなければいけません。

d9e1aa55-s[1]
このパチリ不思議ですね、プールの底で読書、夏ならこんな場所にいってみたいものです!

IMG_6855
我が家に石原プロからのお届けものが・・・たいしてお世話もしてないのにありがたいことです。

IMG_6874
なんですか、このお店。
「ないものはない」一応メニューを確認しましたが、中華系、洋食系と豊富ではありますが、やはりこの場合は額面通り、ないものは無いでよろしいみたいですね。

IMG_6873
下町のアイドル「山田太郎」さんこと西川 賢(にしかわ けん)さんです。
まだ現役だったのですね。ちなみに「山田太郎」さんは私の中学校の同級生のオジサンです。この人は「新聞少年」で紅白歌合戦♪にもでたことがあり下町を代表する歌手です。社長が経営されている「新栄プロダクション」は昔、中学のそばにあり、所属していた北島三郎、新川二朗、五月みどり、大月みやこ、西川峰子、小松みどり、藤圭子などなどが見られるということでよく覗きにいきましたが、見たことは一回もありませんでした、ハイ。

今日は久々に浅草に出没です。
200回以上は来ている下町の中華(餃子)の名店「末っ子」さんです。

住所: 東京都台東区浅草5-17-8
電話:03-3875-2274
定休日:月曜日

IMG_6861
お店の外観です。去年エントランス部をrenewalしたようで、最初気がつかず通り過ぎてしまいました。

IMG_6862

IMG_6863
店内の雰囲気です、下段のパチリにはマスターが写っています。ちょっと太ったような、御髪(おぐし)もなにやら茶髪のような、変わりましたね!

IMG_6864
メニューです。

IMG_6866

IMG_6867
今日のオーダー「ガツニンニク」@850です。浅草で一番好きな味です、ホルモンをこれだけ美味しく作れるお店ってなかなかありません。

IMG_6868

IMG_6871
冬季限定の「煮込み」@700です。昔はこの「煮込み」はなかったような。味ですか、とても美味しいじゃないですか。特にフワ(肺)がトロトロ、小腸もトロトロ、ベリナイスな味です、やはり地元はあなどれません、ハイ。

それでは(^_-)

西浅草 来集軒 4TH

今日は「スベルナァ〜」の話です 
今日は体育の日、久々の休日のため合羽橋に奥様と出没しました。
合羽橋には私の大好きな下町っ子小説家池波正太郎先生の池波正太郎記念文庫があり、以前から行きたかった場所だったのです。
ここは池波作品に関するさまざまな資料を収蔵し、書斎の復元や著作・自筆画像・絵画等の一部を常時展示しています。
また時代劇小説コーナーを設け、戦前の貴重本から現代の人気作品まで時代小説に関する資料を収集し公開しています。
池波正太郎さんは浅草生まれの下谷育ちと聞いていたのですが、正しくは、下谷=浅草・永住町ながすみちょう(現元浅草二丁目=昔の永寿病院の当たり)なのです。これって私の育った佐竹町とは隣合わせです、なにかの奇縁を感じます。
館内は写真撮影禁止でしたので外観だけでも撮ろうと構図を決めていたら警備の方が来られて外観も駄目とのことで撮ることは叶いませんでした…外観くらいはいいのではないでしょうか・・・スベルナァ〜
IMG_6672
このパチリは警備のオジがくれた資料です。ここは品川荏原の自宅二階にある書斎の一部を復元したものです、やはり生パチリでないと味気ないです。

IMG_6666
このパチリは合羽橋からの東京スカイツリーです。大分上がってきましたね。しかしここでパチリを撮っていたら車道の真ん中まで出てしまい、クラクションのcautionを受けました。あれっ、この道って今日は歩行者天国ではないのですか!
Splashさん、目の前に車が走っているじゃないですか(笑)
注意散漫です・・・しかしスベルナァ〜

IMG_6668

IMG_6667
その後近隣にある両親の墓参に行きました。墓参のついでに「出没!アド街ック天国 本所吾妻橋」編で第11位にrankingされた、大正10年創業の甘納豆専門店「平野屋」さんに出向きました。
このお店で主に使用するのは、厳選した7種類の国産豆です。初代から受け継いだ丁寧な仕事を、2代目ご主人・高柴久嘉さんが50年以上守ってきました。こだわりの甘納豆は一粒一粒が大きく、さっぱりとした甘さとほっくりとした柔らかさが特徴。食べるとホッとする銘菓は、素朴な下町の味です。アド街ック天国紹介文より転載
女優の三田寛子さんもよく買いに来られるというので期待していきましたら、昼一番だというのにsold outでした。TVで取り上げられたんだから仕入れは大幅に増やさなければと思うのですが・・・スベルナァ〜

IMG_6669
仕方なく、夕飯のオカズを求めて元フライ級チャンピオン内藤大輔さんの奥さんの実家、墨田区は立花銀座にある“鮒忠”さんに行きましたらパチリの通り「本日休店」です、またですか!・・・スベルナァ〜
こんな日もあります、ハイ。

今日のお店は子供の頃から含めると40年以上も通い詰めている、下町ラーメンのメッカ「来集軒ラーメン」さんです。

住所: 東京都台東区西浅草2-26-3
電話:03-3844-7409
定休日:火曜日

IMG_6658
お店の外観です。

IMG_6662
店内の雰囲気です。芸能人の色紙が多いのは、浅草演芸場の芸人さんがよく訪れるからです。

IMG_6659
私のオーダー「タンメン」@800です。ここのタンメンはいつ食べても裏切りません、バリ美味です。スープが良いのでしょうね、お約束のスープの熱々は当然のことながら守られています。縮れ麺が特に芳醇スープに良くあいます。一時期「当店は、来集軒製麺所とは一切関係ありません」との張紙がありましたが、どこの麺を使用していたのかは失念してしまいました。唯一の瑕瑾は値段が高い事でしょう。

IMG_6661
奥様のオーダー@800です。久々に食べたらここの「カタヤキ」ってこんなに美味しかったのでしょうか・・・
特にtoppingのチャシューは口の中でトロケルじゃないですか、トロミ完璧、塩加減完璧、アゲソバ完璧、恐れ入りました、これほど完成度の高い「カタヤキ」を食したのは久々でした。

それでは(^_-)

御徒町 中華 珍満

今日は「交通事故の軽傷・重症」の話です。
「死亡」は交通事故に遭遇して24時間以内に死亡したものだけをいいます。そのため、24時間後の死亡を含める厚生省統計の数字よりも、少なくなっています。
また「重症」は30日以上の治療を必要とする怪我のことで、30日未満の場合を軽傷としています。
ところで、この「重症・軽傷」ということばは、事故の模様がどのくらいの規模であったかを発表するときの目安で、実際の調書には「全治××日間」と日数で記載されているのが普通です。ただ、この「全治」という表現にも無理があって、完全に治るという意味ではありません。
後遺症が残って治療が長引く場合とか、逆にすぐ治ってしまうとか、個人差が大きく一律にはいきません。ですから、この「全治×日間」という表現も、事故の時の怪我の程度を表す、一つの目安ということです。
ただ、全治まで30日未満の怪我だからといって、機械的に「軽傷」とすると、負傷者の感情を害することもあるので、できるだけ「軽傷」という表現は避けて、「全治×日間」と日数で表すように努めています。
「つい誰かに話したくなる雑学の本」日本社より転載

北海道の交通事故の死亡者は警視庁によるとWorst2です。
一方厚生労働省の人口動態統計から交通事故死亡者数ランキングによると1998年から2007年まで10年間の交通事故死亡者数の平均値によると北海道は27位です。
この差は冒頭述べたとおり、24時間以内の死亡かどうかのものです。
基本的に交通事故死は自動車の保有台数の比率に運転の粗さ等の県民性が加わるものです。
したがって人口560万程度の北海道がWorst2になるのは何故でしょうか、これは一つには
高速がだせる道路が多いので即死者が多いこと、二つには広大な土地なので事故を起こしても救援の救急車がなかなかこず手当が遅れ24時間以内に死亡することに起因していると思います。
札幌在勤時代は大きな街から少し離れると携帯が通じないところがあり、万が一事故を起こしても救急車の出動を依頼できないところも多くあったと思います。
よって警視庁調査によるとWorst2(Worst1は愛知県)になるのです。
ちなみに厚生労働省調査によるとWorst1は香川県です。この県は進路変更の際、ウィンカーを出す習慣がない上に急に曲がるのでうべなるかなでしょう。今年香川にいったとき体験しました、ハイ。

今日のお店は手のし餃子、湯麺の「珍満」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都台東区上野3-28-10
:03-3831-8801
定休日:年中無休

IMG_6597
お店の外観です。
このお店古くからあります、歴史は本当に古く50年以上はやっていると言う人もおります。子供のとき亡き父に連れてきてもらい餃子を食べた記憶があります。
場所は御徒町は吉池の裏です。雨の日なんか御徒町駅から吉池に入り、吉池からdashすれば濡れずにいけます。
ここの良いところは調理人の方が無口で、一生懸命中華鍋をふっているところですね、やはり調理の現場はこうでなくてはいけません。
おすすめは、餃子、チャーハン、湯麺ですね、裏切りませんよ!

IMG_6598

IMG_6599
今日のオーダーは「餃子ライス」@680です。
いつ食べてもここの皮はパリンとして美味しいですね、香ばしくて本当に美味しいです。
餡は野菜系肉少なめですが、この皮の主張のまえではbest combinationですね。
餃子というものに真に向き合いたい方にはお勧めしたいお店です。

それでは(^_-)

続 浅草 なると

今日は「鳥越神社祭礼」の話です。
本当に久々に出勤なしの日曜日です。折角の機会ですから奥様と「鳥越神社祭礼」に行ってまいりました。
「鳥越神社」は佐竹で生れ育った私の散歩コースです。若かりし母は赤ん坊の私をおぶって毎日「鳥越神社」の放生会に供された亀を見せに来ていたそうです、当然のことながら私は全く覚えていません、ハイ!

ここから後はパチリでご覧下さい。
なると21
まずは鳥越にある艶やかな銭湯「梅の湯」さんです、鳥越には100回以上は来ていると思いますが気がつきませんでした。

なると22
鳥越神社の境内です。

なると23
屋台が櫛比のごとくひしめきあっています。往来の人波が途切れません、昨日「アド街ック天国」で放送された影響もあるかもしれません。

なると24

なると25
御本社宮神輿渡御です。
御本社宮神輿は、台輪幅4尺3寸の元祖千貫神輿で有名です。狭い下町の町内を渡御するので、大きな胴体に比べ太く短い担ぎ棒のために担ぎ手一人の負担も大きくより重く感じるので、昭和の初めよりその重さから都内で最も重い神輿と言われています。

なると26
天狗様も猛暑のためお疲れのようで・・・何やら怒っているようですね。

なると27
宮司様も同じくお疲れのようで・・・疲れているのは宮司様でなく馬様か(笑)

今日みたいな暑い日は韓国料理です、ということで鳥越の後はTXで浅草に出没しました。
今日のお店はアニマル浜口家御用達の「なると」さんです。

住所: 東京都台東区浅草4-39-2Yコーポ1F
電話:03-3872-7560
定休日:水曜日

なると28
お店の外観です。

なると29
店内の雰囲気です。

なると30
今年の正月の「ぴったんこカン・カン」で取り上げられていましたね。

なると31
それでは料理の紹介です、まずは「バンチャ」(韓国風突き出し)@500です。マグロの煮つけがいけました、ナムルは安定した味です。

なると32
「お勧めマッコリ」@1,700です。頼んだ後気がついたのですが私の奥様あまりお酒が飲めないのですね。私の試算ではマッコリワンショットが@400なので二人で最低5杯飲めばbreak-evenと踏んだのですが、奥様が一杯しか飲まなかったので結構キツイ量となりました(笑)

なると33
海鮮チヂミ@800です。イカ、貝などの海鮮物がたっぷり入った一品です。
ふっくらと焼き上がったこのチヂミは私の思うところ東京一でしょう、他の追従を許しません。

なると34
「蒸し鳥」@1,500です。漢方材料を入れて蒸しています。この柔らかさ、味わいの深さタマリマセンネ、美味しいです。

なると35
「エゴマのサラダ」@550です。ほど良い酸味のドレッシングがエゴマのエグミを和らげてくれます。

なると36
「真タコニンニク炒め」@750です。以前から確信していましたが韓国のイカ料理ってレベルが高いですね、大々々満足です。

ということでこの美味しい韓国料理を二人で一気呵成に食べたでのすが、やはり量が多いようで・・・ここは3〜4人で来るお店ですね。

ご馳走様でした

それでは(^_-)

御徒町 パンチョ

今日は「蕎麦の種類」の話です。
数日前「デン助」さんのフリネタで、地元の明治以来の有名蕎麦店「らんめん」さんの話を書きました。ちなみに「らんめん」とはらんめん【蘭麺・卵麺】=たまごそばきりのことです。

ところで「もり」「ざる」「せいろ」の違いは何でしょう。
語源は単純で、「ざる」は竹笊(タケざる)に、「せいろ」は蒸籠(せいろ)に盛るからです。
蕎麦はもともと、汁(つゆ)に付けて食べるものでしたが、元禄(1868〜1704)の頃から、汁(つゆ)を直に蕎麦をかけて食べる「ぶっかけ蕎麦=かけ」が流行りました。
そこで、従来の食べ方と区別する為に「もり」の呼び名が生まれたのです。
今は「笊(ざる)蕎麦=海苔かけ」のイメージですが、「もり」に海苔をかけて「笊(ざる)」としたのは明治以降のことです。
「もり」とは明確に区別する為、「笊(ざる)」の汁(つゆ)はこくの深い辛汁を用いることが決まりでしたが、近年笊(ざる)用の汁(つゆ)を別に作る店は非常に少なくなっているようです。
「OuiMenVol.2」より転載


下町っ子の私としては、憤っているのはこの件(くだり)です。
我が下町の全ての?蕎麦屋では、「ざる」と「もり」を区別する為に汁(つゆ)を使い分けるのは当たり前でした。
しかし昨今この使い分けをキチンとしているお蕎麦屋さんは何%あるのでしょうか…
大半は海苔があるかどうかの違いで、@100〜150の「もり」との値差をつけています。
本当に良心的なお蕎麦屋さんってナンなのでしょうか、東京の蕎麦屋さん猛省してください。
でも最近の若い方は「ざる」と「もり」の違いは、海苔があるかどうか、若しくは山葵が摺りおろしているか練り山葵で出されるかどうかの違いだと思っていることが分かり、かなりのshockを受けている今日この頃です。

今日は御徒町に突如として出現したナポリタンの名店「パンチョ」さんです。
本店は渋谷とのことです。

住所: 東京都台東区上野5-26-10 B1F
:不明
休日:無休

パンチョ1
お店の外観です。「改めて(懐かし味)ナポリタンは上手と言わせたい」という惹句の縦看板がありました…マジでしょうか(笑)

パンチョ2
店内の雰囲気です。80年代の映画のポスターが沢山貼ってあります。
レトロ感出したいのでしょう、後かなりの客が漫画を見ながら食べています。
不思議に思ったらレトロ漫画がかなりおいてあるようです。「ビー・バップ・ハイスクール」が多かったような気がしました…食事中にいい大人が漫画読んじゃいけません!

パンチョ3
ナポリタン美味しくする脇役の面々です。さすがに「粉チーズ」は使い放題です…当たり前でしょう!

パンチョ4
今日のオーダー「目玉焼きのせ」@700円(並盛り)です。
味ですか、その前にこの並盛400gです。食べる前に確認すれば良かったのですが、無理です、こんなボリューム食べられません(悲)
具はピーマン、玉葱、ウインナーです、所謂ナポの定番です。
ソースはシャツに飛ばない系です。
味ですか、目玉焼きの黄身をまぜて食べているうちは美味しかったのですが、これが無くなると酸味の強さが際立ってシツッコイです。
ボリュームの多いことも相俟って、終盤飽きました。
このお店、私にとってはゴメンナサイのお店です、こんな日もあります・・・weep

それでは(^_-)

浅草 捕鯨船(くじら屋)

今日は「とある土曜日」の話です。
とある土曜日1
前日仕事が遅くまでかかり終電で帰宅したのが1:30それからお風呂に入って即に寝たものの次の日が起床5:30です。3時間強の睡眠で仕事に成田に出向き。車中で寝ようかと思っていたら後部座席(スカイライナーで行った)の老夫婦の会話が五月蝿く寝られずそのまま成田に直行。
午前中に仕事が終わり、なぜか昼時ビール×1本飲んだのがこれから後の壊れたジェットコースター状態の始まりです。

とある土曜日2
姪の大学入学祝を届けに下町へ立ち寄り。そしてそこで無理に時間を作ってくれた妹と合流。
スカイツリーが336Mと東京タワー越えとなったためか、スゴイ観光客です!
実家でこの観光客相手にビールでも売ったらエラク儲かるのにな(笑)

とある土曜日3

とある土曜日4
隅田川公園の桜、梅、etc、花見客は思ったよりおらず、拍子抜け。

とある土曜日5

とある土曜日6
定番の浅草に出没です。浅草神社境内内での猿君のパフォーマンスです。知らなかったのですが、猿君には目を絶対合わせてはいけないとか、それは猿君に取ってLet's fightの申入れなので即に飛びかかってくるそうです!
パチリの通り5Mを超え大ジャンプです、御年50歳の老猿ですがスゴイものです。

とある土曜日7
三遊亭小遊三師匠です。ここから松竹演芸場まで乗っていきました。
なんで行き先が分かるかですって、小遊三師匠に降りたところでまた合ったからです。

とある土曜日8

とある土曜日10
北野武さんが売れない頃よく飲みにきていた「捕鯨船(くじら屋)」さんです。これは店内のパチリです。北野武さんやや若いですね。「捕鯨船(くじら屋)」さんは昭和52年にオープンし、平成12年に浅草六区通りに移転しました。店主は、六区で一世を風靡した「デン助劇団」の元座員、河野通夫さんです。だから店内にはいたるところデン助さんのオマージュグッズがあります。

住所: 東京都台東区浅草2-4-3
電話:03-3844-9114
休日:木曜日

とある土曜日11
デン助さんのポスターです。亡父がこの喜劇役者が好きでした、実家近くの「らんめん寿司」に良くきており亡父はあったことがあるとか。素顔は極めて真面目な演劇人なのでその人となりのギャップにかなり父は戸惑ったようです。
ちなみに幕末から明治初頭の風俗記録「江戸の夕栄(ゆうばえ)」(大正11年刊 鹿島萬兵衛著)によると手打ち蕎麦屋の名店として「らんめん」が掲載されています。長じて「らんめん寿司」に行った時、幼稚園の先輩の親方に、なんで老舗蕎麦屋が寿司屋になったんですか、と聞いたことがありますが、曾爺のころだから、ワカンネェヤ!とのことでした。

IMG_5193
「捕鯨船(くじら屋)」さん名物「牛煮込み」@600です。このお店多分居酒屋さんでは浅草で一番高いのでは…その替わり味は、浅草ではトップレベル!肉はキレイに掃除されているので雑味がなくとてもジューシーで程よい脂身がたまりません。

とある土曜日12
なぜか今でも現存しているスマートボール屋さんです。韓国系の方が経営しています、絶対でません、ださせませんモード炸裂です。妹も結構粘ったのですが、結果摺りました。ここで勝ったのは、私の次男だけです…実話です。
しかし一回300円とは暴利です、そんなに儲かっているのならトイレ直せばいいのに、汚臭いですよ!

この後もさらに壊れていくのですが、ここらで手仕舞いにします。
如何でしたか、春の下町は…

PS 宜しかったら続編もどうぞm(__)m

それでは(^_-)

浅草橋 西口やきとん

今日は「函館のもんじゃ」の話です。
札幌在住の頃の話です。
札幌に転勤してたいして困ることはなかったのですが、ひとつだけあったのです、それは北海道では「もんじゃ」が食べられなかったことです。
しかし函館は五稜郭に一軒あるとのことで出張のときに訪れてみました。
お店の看板をみると「お好み焼き、もんじゃあります」と書いてあります、間違いないと確信しました。早速お店にはいるやいなや「五目もんじゃ」を頼みました。するとお店の店主が、もんじゃは焼き方が難しいから教えますよ、とのこと、私は、大丈夫ですよ、といいますと、そうはいうけれど、うまく食べられないお客もいるんだからねと、心配してくれます。私の顔に「下町っ子」なんて書いてありませんもの。

しばらくすると店主が「五目もんじゃ」を持ってきました。再度、本当に難しいから分からなかったら聞いてね、とのことです、まぁしつっこいことしつこいこと。
早速久々のもんじゃの実食です、なんと美味しいのでしょう。
厨房のほうに目をやると、店主が柱の陰から心配そうに私のほうを見つめています。
目が合ったのでたまらず店主が飛び出てきて、どうお兄さんうまく焼ける、って言いながら私の手つきを見つめています。
私が普段通りに食べていたら、おじさんは驚いています。そして、スゴイね、本当に上手に食べられるね、と感動しています。たまらず私は、実は私函館の人間ではなく、東京から札幌に転勤してきて、今日は出張で函館にきたのですよ、そして育ったところが浅草の近辺ですから、もんじゃは4歳のころから食べていますよ、といいますと、なんだそれならそれといってよ、心配しちゃったじゃない、とのことです、本当にいい人なのですね。

家でもんじゃを焼こうとして、札幌の丸井今井という一番大きなデパートにもんじゃのヘラ(ハガシ)を買いにいきましたら、もんじゃもへらも店員さんがわからず、大変苦労したことがあります。結局札幌にはもんじゃのヘラ(ハガシ)がないことがわかり、東京に出張した際、わざわざ合羽橋で買ってきたのです。

西口やきとん0
このパチリは私の函館の定番店「だるまや食堂」の開店当時のパチリです。ここは本当に安美味(やすうま)のお店でした…

とうとう会社を出るのが0時前になってきました、身体持つのでしょうか…
たまには息抜きということで、久々に妹と飲みに行きました。
いうことで、今日のお店は「西口やきとん」さんです。

住所: 東京都台東区浅草橋4−10−2
電話:03−3864−4869
休日:日曜祭日

西口やきとん1
お店の外観です。

西口やきとん2
店内の雰囲気です。

西口やきとん3
塩煮込み@150です。たっぷりと入った野菜の旨みとモツのこくのコラボレーションです。これはイケます、ちょっとポトフに近い感じですか。

西口やきとん4
フランスパン@150です。フランスパンを串に刺して焼いたものです。
クレイジーソルトを一振りしてから、外はカリカリ、中はもっちり、焼き上げています。
イケますね、モチロン塩煮込みに浸していただきます

西口やきとん6
なんこつの醤油漬け(こつ皿)@150です。デラ美味です。
圧力鍋でじっくり煮込んだ柔らか軟骨を秘伝のタレに漬け込んだものです。骨ごと食える驚きの美味さです、これってまさに下町の味です。

西口やきとん7
きゅーり@100 です。口代わりに最高ですね…

どうですすごいコスパでしょう、感動してください!

それでは(^_-)

浅草 D's diner

今日は「松風考」の話です。
浅草の有名居酒屋「松風」さんが2009年3月に70年の歴史を閉じました。
このお店に私は何歳の頃から行っているのでしょうか、もしかしたら生まれる前(母親の胎内)から行っていたのかもしれません。というのは私の父がこのお店が大好きだったからです。当時は夫婦でいっていたのだと思いますが、母親はあまりお酒が好きではなかったのでそれはないかもしれませんね…
いずれにしても物心ついた頃から父親についていき、脇でじっとジュースを飲んでいた記憶があります。
幼少の頃の私はこのお店が好きでした。というのも私の父は意地汚いお酒飲みだったのですが、このお店ではお酒が三本しか飲めなくいつも早く切り上げたからです。
しかしそんな父の酔態を見ながら成長したので、大人になったら絶対にお酒は飲むまいと決めていたのですが、既に中学二年生から飲み始めていたのは恥ずかしい限りです。

このお店Local rule(特殊約束)が多いのです、確か「酔客禁止」、「知らない人への献杯の禁止」「お酒は一人三本まで」がありました。記憶を遡れば、お酒は3本、ビールは3本だったはずです。もともと吉原(遊郭)にいく客が景気づけに立ち寄ったので、酒は売るが、量は売らないということですが、これはコジツケですね。上述の飲兵衛の父が、昔はタンと飲めたのにな、とよく言っていましたので、客の回転率をあげる為でしょう。

長じて大学生の頃から、松風へ再訪し始めました。
このお店は燗がつくたびにお燗番さんの「ます〜み(日本酒「真澄」のこと)〜、三番さ〜ん」「あ〜い〜」の甲高い抑揚のある呼び声がこだまします。私はこの節回しが三代目「三遊亭金馬」の落語「居酒屋」にでてくる小僧さんの声に似ているので、お可笑しくいつもこの声がこだます度に笑いをこらえていました。

それにしても上述のLocal rule(特殊約束)の中の数量制限は全く忌々(いまいま)しいものでした。
とぼけて多めに頼むのですが、店員さんに気づかれ、絶対にだしてもらえませんでした。よくやったのが友人と飲みに行く時、一人を15分ほど散歩させてから店に戻らせて、今来た客だからといって数量を嵩(かさ)上げさせていました。
さらにあまり飲めない女性達を多く連れて行き、数量を嵩(かさ)上げして飲んだ記憶がありますが、結局そこまでしてまで飲む必要がないことに気がつき、その後足が遠のきました。

世の中には奇特な方がおられて、松風のアテをパチリしていたので紹介します。
D's diner1
「おじゃこの佃煮」と「昆布の紫蘇」です。この店はこのアテから始まります。これは「松風」さんでのお約束です…
D's diner2
「湯豆腐」です。「湯豆腐」といえば「湯豆腐」なのです。これ以上なくこれ以下でもありません・・・不思議なアテです(笑)
D's diner3
「湯葉」と「マグロのヌタ」です。湯葉は山葵で、ヌタは隠れていますが若布の下には青柳が偲んでいるとのことです・・・忘れていました。これは美味しかったですね。
D's diner4
「おでん」と「塩辛」です。「塩辛」は柚子の香りがきいていていけます、日本酒がすすみます。おでんは確か最後のほうにでてきた記憶があります、そうこれがでてきたら「お積(つも)り」なのです。
上記画像は「KISHO director's blog」さんblogより転載

ということで今日のお店は浅草「浅草ビアホール D's diner」の暖簾をくぐりました。
要はフリネタの「松風」さんに居抜きで入ったお店です。

住所: 東京都台東区浅草1-15-6 1F
:03-5806-5566
定休日:月曜日

D's diner5
お店の外観です。

D's diner6
店内の雰囲気です。このお店「ダイマス」さんの浅草での三軒目のお店です。ということで期待して入ったのですが、駄目ですこのお店、まずストールが坐りにくい…長時間滞在させない為ですか。お店がガチャガチャして喧騒と紫煙のトルネードです。
なにか食べようかと思いメニューをみるとhotchpotch(ごちゃ混ぜ)です。
スペアリブ、ハンバーガー、うどん、餡蜜…なんだこれは、耐えられない、耐えることはできません、というこでスーパードライの中ジョッキ一杯を急速に胃に流し込み、這う這うの体で立ち去りました。
こんな日もあります…

それでは(^_-)

浅草 香港楼 2010年1ST

今日は私の思春期の恥ずかし話です。
私の恥ずかしい話は高校生の時「大事なトコロを女性に見せた」ことです。
中学校から剣道していた私は高校二年生のとき剣道青年の誰もが通過儀礼としてなる「いんきん」になったのです。
いつも股間をポリポリ掻きながら、坊主頭で”女子無用”という顔で校内(男女共学)を闊歩する姿は凛々しくもあり、これが剣道家の正しい姿であると盲信していたのでした。
ところがこの病気思った以上にあまくなく、当初はタムシチンキなど塗ってしのいでいたのですが、病状が悪化してきてそのうちがでるようになってきました。
おまけに布団に入って身体が温まると痒くて眠れません、掻けば瞬間は気持ちいいのですが、その後今度は痛くて眠れないという、まさに無間地獄に陥ってきたのです。
ある日妙案を思いついたのでした。夜中に患部を掻くから悪化するのであれば、掻かないような対処策を講じればいいということで、両手に軍手をつけてその上から外れないようにガムテープでグルグル巻きにして寝たのです。次の日朝起きると、頑丈にテーピングした軍手が外されているではありませんか、早速母親に、誰が僕の軍手外したの、余計なことしないでよ!といいますと、母親は即座に、朝からバカなことをおおいでない、誰があなたの軍手なんぞ外すもんですか、と一笑に付されたのです。私はこの事実を目の当りにして愕然となりました。このままでは駄目だまだ結婚前なのに陰部が溶けてしまうと思った私は、意を決して地元の皮膚科の門を叩いたのです。

受付をすませ呼ばれるのを待っていた私は、思春期になって初めて他人に大事なトコロをもろに見せる恥ずかしさで身も心も捩(よじ)れんばかりになっていたのです。
しばらくして名前が呼ばれて診察室入り、そこに坐っている先生が女性であることに初めて気付いたのでした。私は即座に踵を返して退室しようとしたのです。
すると先生は予め診察内容を申し送りされていたので、余計なところは見せなくていいから、とりあえず見せてみなさいと、おっしゃったのでした。
事ここに至っては致し方なく、神妙に陰部をご開帳したのでした。すると先生は笑いだし、良くここまで我慢したわね、といわれました。
先生曰くたまに運動をやっていて「いんきん」になり、陰部を見せるのが嫌で重篤な状態でくる学生はいるとのことでしたが、ここまでひどいのはなかったようです。さすが武術家、やせ我慢将軍!とまでいわれたのでした。結局完治するまで半年を要しました。

今思えば何気ないことですが、当時は自己韜晦の強い思春期だったからなのですね。
たまに風呂場でその当時の名残を見ると、女医さんの驚いた顔が浮かんできます。
私の青春の蹉跌のワンシーンでした

今日も昨日に続けて浅草に打合せで出没です。今日のお店は下町中華No.1の「香港楼」さんです。

住所: 東京都台東区雷門1-6-7
電話番号:03-5358-0998
定休日:無休

香港楼61
お店の外観です。このお店、浅草の中華では私の一番好きなお店です。

香港楼62

香港楼63
今日のオーダー「鰕仁豆腐(えびと豆腐の煮込み)+杏仁豆腐+漬物 +スーブ+ご飯お代わりし放題」@800です。これは鰕仁が美味しいですね、とてもプリンプリンしています。口内での鰕仁の躍動感はタマリマセン。上品なマッタリした味付けは純粋無垢の豆腐まで変身させます、これはイケます。値段が安いのは下町ならではですネ

香港楼64
韮菜餃子(ニラまんじゅう)@500 です。ルビーの如き輝きです。さらにホッコリした餡にジューシィな肉汁、滋養深い味わいです、これはイケました。

やはりこのお店はとても美味しゅうございます、ご馳走様でした

それでは(^_-)

浅草 銀座ブラジル 浅草店

謹賀新年
今日は「下町初詣」です。
初詣は昨日地元神社で二年詣をしました。実はNHK紅白歌合戦をダラダラ飲みながら見ていたものですから酔っ払ってしまい、時間を一時間間違え10時半に家を出て、結局1時間20分も携帯ワンセグを見ながら初詣を待つ破目となりました。あまりに寒いので出店の熱燗で暖をとっていたものの、それでも全然暖まらず震えていたのです。ところが家に帰って入浴するとその熱燗の酔いが一気解放され今度はヘロヘロになってしまったのです。わたしの体はバイメタルですか(笑)

今日は私のホームタウン下町に初詣です。いつものように上野で降りて浅草まで逍遥です。銀座ブラジル2
途中浅草演芸ホールの前で林家喜久扇師匠が木久蔵ラーメンの店頭販売をしていたのでパチリしました。林家喜久扇師匠って以外に小柄なのですね。

今日のお店は下町っ子ならここのフライドチキンとカツサンドを食べないとモグリとまで云わせしめる隠れた名店「銀座ブラジル浅草店」さんです。ちなみに銀座本店は早々とクローズされていますので「銀座ブラジル」というのは日本でここだけです。仄聞するに浅草店の名前を外す時期を逸したようです。
住所: 東京都台東区浅草1-28-2 2F
電話:03-3841-1473
定休日:水曜日

銀座ブラジル3
お店の外観です。

銀座ブラジル4
店内の雰囲気です。このお店、今日は雰囲気が変なのです。といいますのは、このお店のオーナーの長男が泥酔しながら、日本酒をガバガバ飲んでいるのです。オーナーである母親から、あなた車の運転が仕事(Taxiの運転手さん)でしょう。そんなに飲んで大声で話していると、明日からの仕事に差し支えるわヨ、と叱責されています…たしかに高吟談笑ってわけではないのですけれど、お店の方と取り留めない会話されているのですが、五月蝿いといえば五月蝿いかな!


銀座ブラジル5
メニューです。喫茶店なので結構値付けは高いです。

銀座ブラジル6
今日のオーダー「元祖ロースカツサンド+バドワイザー」@1,450(元祖ロースカツサンド950+バドワイザー500)です。今日は元旦なので昼ビールイカセテもらいます!

銀座ブラジル7
ここのカツサンドの特徴は高さを同じにするために、カツを互い違いにしています。それと特製デミグラソースです。味ですか、これはイケます、美味しいです。
特にカツがすごくシューシーですし揚げたてでホッコリしています。ただ全部で四切れでは少し物足りないような気がします。

銀座ブラジル8
初詣行く途中にあった水飴細工の屋台です。最近トンとお目見えしないものですから、アングル悪いのですがパチリしました。ちなみに今作っているのはドラゴン(西洋竜)です。

銀座ブラジル9
私の初詣の神社、浅草神社裏にある「被官稲荷」です。ここの御利益は出世です。たしか新門辰五郎の妻が重病で床についた時、京都府南部にある伏見稲荷神社でその快癒を祈願したところ全快した為その守護神を当地に勧請してできた神社だそうです。

銀座ブラジル10
ローソクを求めました。求めないとどうなるかですって、神様はいつもウトウト眠たげにしていますので、ローソクで光らせてお参りに来たことをしらせるためなのですね。そこで初めて願い事が聞き入れられるのです。

銀座ブラジル11
時間があまったので、両親の墓参と小学校からズーットの友人の墓参に行き、今日は通算四時間も歩き詰めでした、そんなこともあろうかと思って革靴ではなくスニーカーにしたのですが、大正解でした…さすが本人の性格を熟知していますね!
スカイツリー大分できてきましたね、それでも完工2〜3ヶ月遅れるようですが、何故か地デジスタートには影響を与えないようです…Why???

それでは(^_-)

銀座ブラジル 浅草店 ( 浅草(東武・都営・メトロ) / 喫茶店 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



新御徒町 白根屋 3rd

今日は「泥酔」の話です。
私は経験が無いのですが(嘘)、何で酷く酔っ払うことを泥のように酔っ払うという表現をするのでしょうか。実は、泥酔の「泥」は、土の泥の意味ではなく、空想上の虫の名前なのだそうです。この虫は南の海に生息し、水の中では活き活きしていますが、水がなくなると、骨がないためにフニャフニャになって、泥のように積み重なるのです。
このフニャフニャした様子が、酒に酔いつぶれた姿に似ているというところから「泥酔」という言葉ができたのです。
ちなみに酔っ払いを「トラ」ということがありますが。これはお酒を「ささ」と呼ぶことからきた洒落です。ささ(笹)にはトラ(虎)がつきものなので、酔っ払いは「トラ」というわけです
「雑学の王様」幸運者編より転載

今日のお店は、私の生誕の地でB級グルメの頂点佐竹「白根屋」さんで連食です。
前回書いた通り、私は神田で生まれてここ佐竹に4歳まで住んでいました。「白根屋」さんがある佐竹商店街は当時東日本第二位の商店街でその殷賑は筆舌に尽くしがたいものがあります。年末の大売出しなどは、チンドン屋さんが4、5連来てこの商店街を一日中練り歩いていたものです。That’s old storyですかね(笑)

住所: 東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

白根屋31
お店の全景です。

白根屋32
店内の雰囲気です。

白根屋33
今日のオーダー「たんめんラーメン」@460です

白根屋34
ピーマン、白菜、筍、モヤシ、人参、ネギをふんだんに使ったこの一品は野菜のシャキシャキ感で口内が破裂するが如きです。豚肉はカレー用のコマ豚を使用しているので弾力があり尚且つJuicyです。特筆すべきは、絶妙な塩加減です、多分このスープにあと1mmg塩を加えたらお釈迦でしょうと思わせるほどの匙加減です。
この美味しさ、タマリマセンね
この味でワンコインでお釣がくるのですよ、また寄りましょう、ご馳走様でした

それでは(^_-)

続 新御徒町 白根屋

今日は「Macの商標」の話です。
Macの商標は、かじったりんごで、Mac Fanの中には、りんごマークが可愛いからという理由の人もいますよね。ところでなぜMacのりんごは一部かじったようなデザインなのでしょうか。Macがりんごマークを採用したのは、ニュートンが万有引力を発見したのがりんごの木の下だったという故事に由来しています。りんごを一口かじってあるのは、パソコンのディスクの容量を表す単位、byteがかじるというbiteと同じ発音であることからのギミックなのです。ちなみにりんごがレインボーカラーになっているのは、虹のように大きく広がる可能性をもったbyteのりんごを象徴しているのです。
「雑学の王様」幸運者編より転載

Macといえばマクドナルドで、私的にはマクドナルド創業社長藤田田氏です。この社長は偉いと思います。猫バーガーの「都市伝説」が横行したとき、マクドナルドの当時の会社説明会で藤田社長は毅然と、新しいものは色々言われます。味の素だって当初は“蛇の粉”、と言われていました、誹謗中傷は私達の新しいビジネスに対する向こう傷です。気にしないで下さい、と言い切りました。そしてその流言飛語を払拭する為にバックヤードを小学生児に解放するなどして猫バーガーからの信頼回復の努力をされていたのです。

そして思いきり舵を切りますが、猫肉といえば私的には昭和53年に下町の屋台ラーメン好きを戦慄させた、「ラーメン手首混入事件」です…無理矢理ですね(笑)
この話は、要はヤー様の抗争事件で、抗争先の若頭を殺したのですが、何故か“手首”の処理に困り屋台ラーメンのスープにして、下町においてチャルメララーメンしていたのです。そして事件全容が判明した時、下町及び帝都全域において屋台ラーメンに対する多大なる不信感を植え付け(売上30%減)、そして驚愕させたのです。

私はこの話を長男にする時、多分その若頭の手が極めてわかり易い欠損(ある指の長さの一部が通常の1/2とか1/3とか)なので、そこから身元が判明しないように手首をラーメンにいれたのだよ、という説明をしていたのですが、今日このBlogを書いていて間違いに気がついたのでした。

この事件は屋台ラーメンの縄張りで揉めて、上述の様に抗争先の若頭を神戸山中で殺戮したのです。その死体は頭、胴体、両手、両足ときれいに4ブロックに切断された処までは良かったのですが、その後何故か山中に適当に投げ捨てられたのです…なぜ何だろう?
そこまでは投げやりだったのですが、殺人を指示した親分がこの若頭の身元を判明することを恐れ、一番身元が割れ易い指紋がある手首を別に処理にさせたのです。
ということでこの事件の嚆矢は極めて単純だったのでした。そしてそれを指示された兄ちゃんが、これまた短絡的にこの手首を神戸から下町まで持ち帰り、そして考えあぐねてラーメンのスープにいとも簡単にしたのでした。
ところがこの若頭は背中に極めてわかり易い「天女」の入れ墨していたことから、即に身元がわれこの親分の指示はなんの効力もなかったのです。
要はラーメンスープにしたことは全く意味が無かったのですね、しかし何で埋めなかったんだろう?ちなみにこの手首は出汁が取れた後、金槌で粉々に砕かれ地表の肥やしになったのです。さらにいえばこの屋台ラーメン屋さん、このスープのラーメンは一杯も売ってません、と警察の取り調べで述べています…ありえないですよね、嘘だと思いませんか

今日のお店は、私の生誕の地でB級グルメの頂点佐竹「白根屋」さんです、

住所: 東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

白根屋11
お店の全景です。

白根屋12
今日のオーダー「焼肉定食」@600です

白根屋13
このボリューム見てください、これで@600ですよ。お新香だけでも満腹になります。味ですか、豚肉は少し硬いですが、問題有りません、充分美味しいです。特に玉葱とピーマンのシャキシャキたまりません。美味しすぎますhappy01happy01happy01
やはり私の聖地のお店は紹介したくなかったですね!

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ