下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

豊島区

雑司ヶ谷 エル・チョクロ

今日は「Tango in Zoshigaya」です。
タンゴが大好きです。ダンゴ🍡ではありませんから。
タンゴとの邂逅はヨーヨ・マさんです。
彼の「リベルタンゴ」を札幌在住の時に聞いてからはまりましたのでかれこれ30年の付き合いであります。
「リベルタンゴ」はアルゼンチン作曲家のピアソラの作品で、彼特有のタンゴにジャズ、クラシックをミックスした楽しい曲です。
ヨーヨ・マさんのCDは全部聞いていますし持ってもいます。
ちなみにピアソラさんの曲もほとんど聞いています。
なんで好きなのだろうと問われれば体が欲するとしか申せません。
多分前世はアルゼンチン人だったのでしょう・・・
まずは「リベルタンゴ」の紹介です。



エルチョクロ
ということで今日は奥様と一緒に東京は池袋から歩いて10分なのに昭和で時が止まった街・雑司が谷司ヶ谷にあるタンゴバー「El Choclo」さんに行ってまいりました。
「El Choclo」さんはたまさか見ましたTVでfeatureされていて知りえたのです。
店名のエル・チョクロ(El choclo)はタンゴの曲の一つです。
1903年にアンヘル・ビジョルド(Angel Villoldo)が作曲したとされています。
1905年11月3日にブエノスアイレスの高級レストラン「レストラン・アメリカ」にて初演された。
「エル・チョクロ」とはスペイン語で「とうもろこし」という意味であります。
この店名はここから来たのだとおもいます。
せっかくですので「エル・チョクロ」の曲もご紹介します。



IMG_8128

IMG_8127

IMG_8124

IMG_8125
まずは雑司ヶ谷の街の雰囲気です。

IMG_8120
そして「エル・チョクロ」さんです。
ご主人は、築70年になる実家を改築し、心地よい和洋折衷空間を作りました、といわれていましたが、その通りでかなりのvintageな建物であります。
実際、奥様はこの外観をみてすぐに、帰りましょう、と言っていた程です。

IMG_8133

IMG_8132

IMG_8158
中にはいりますとこのような異質な雰囲気が横溢しているタンゴバーなのでした。
しか〜しこのgapには驚かされましたね。

IMG_20150718_0002
今回の聞きに行ったグループは「Yellow Tango Quartet」さんです。
普通タンゴは、ヴァイオリン、バンドネオン、ピアノ、コントラバスという組み合わせですのでサックス、チューバ、バンドネオン、ギターという四重奏は珍しいと思います。
武道家(剣道弐段)なので演奏の優劣はつけられないのですが、サクソホンの鈴木広志さんとギターの田中庸介さんの演奏は素人でもその巧みさはよくよくわかりました。
簡単にお二人の略歴を記しておきます。

IMG_8151
鈴木広志さんは東京藝術大学を卒業し、ソプラノからバリトンまでのすべてのサックス、フルート、クラリネット、バスクラリネット、リコーダーを操る多才な方でありまして、独自の音楽活動を展開しています。
長身のなかなかのイケメンです。

yjimage
田中庸介さんは、埼玉県出身で、14歳の時にエリック・クラプトンを聴いてギターを手にしたそうです。ブルースを主とするプレイスタイルを体得し、その後ジャズを加藤泉氏に師事しジャンルを問わない音楽活動を始めている方です。この方の演奏は、人間の指ってここまで複雑な動きができるのだという点で括目させられました。
後の二人もすごかったのですが、素人目ではこの二人の演奏が私の内耳と瞳にがっしりと刺ささってきたのです。

IMG_8142

IMG_8166

IMG_8155
演目はMCの滑舌が悪くよく聞き取れなかったのですが、踊り子、ブエノスアイレスの春、クラベーア、コナレーラ、ホテルビクトリア、心の底から、夢の中で、黄金の心等15曲程度でオリジナル曲を含めて演奏してくれました。
特に会場全体で合唱した「夢の中で」が良かったですね。
ここでトリビアネタです。
チューバの木村さんから聞いたのですがこのサックス、チューバ、バンドネオン、ギターの演者の中かで一番重労働なのは、10垓のチューバを担いで演奏している木村さんかと思いきや、その木村さんではなくてはなくてバンドネオンの仁詩さんなのですって。
バンドネオンの演奏は左右に大きく伸縮させるのでその運動量(演奏力)はハンパないそうです。
またギターの田中さんはこのような人が密集した狭い場所で演奏すると、いきおい湿度が高くなってしまうのでチューニングが下がってしまい、その調整が大変なのです、と言われていました。

感想ですか、大大満足です。
あらかじめ動画撮影は禁止されていたので演奏は紹介できないのが残念ですが、私の感動の一端が伝わればありがたいです。
シブ格好いいオジサンを演じたい貴方、思いどおりにならない人生にため息をついている貴方、見果てぬ恋を追い求めている貴方、タンゴはこれらのカオスをすべて飲み込んで浄化してくれます。
お時間があれば一食抜いても是非雑司ヶ谷にお越しください。損はしません、ハイ。

最後にお店の紹介です。
今日のお店は「エル・チョクロ」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-2-8
電話:03-6912-5539
定休日:火曜日・水曜日

IMG_8134
メニューです。

IMG_8137

IMG_8157
今日のオーダーは、私はドライジンジャーエール@650円、奥様はシャンデイガフ(ビール+ジンジャーエール)@950でアテはミックスナッツ@550円とドライフルーツ@550円です。
この面子でスタートして、そのあと不定期に追加オーダーを頼みました。
奥様は後半酔いも相俟ってタンゴに対してはノリが良かったですよ。

それでは(^_-)

高田馬場 べんてん 7th

今日は「imprinting」です。
私達夫婦は史跡巡りが好きです。
正しくは史跡巡り好きの私に奥様が付き合っているだけですが・・
今日は地元の浅草から吉原まで歩いていき吉原弁財天にお参りに行きました。
ここのところ続いています・・・

前回浅草に行った時に奥様がlifeworkのご朱印帳を忘れたので再度の挑戦です。
ご朱印帳は神仏との出会いを感謝しその上でお札と同等の朱印を頂くわけですから「きちんと参拝する」「集印そのものを目的としない」ことが肝要なのです。
決してスタンプラリーではないのです。
で〜もご本人には申していません。
そりゃそうです奥様大明神の逆鱗に比べれば、この世に恐ろしいものは有馬温泉ではなく有りませんので・・・

ところで誰でもいつの間にかimprinting(刷り込み)されているっていう事ってありますよね。
私は今日の今日まで吉原に関して間違ったimprintingをしていました。
多分地元の古老から聞いたのでしょう・・・
何を曲解していたのかを説明します。
宜しかったらお付き合いください。

#吉原遊女の悲劇
IMG_8583

IMG_8586

IMG_0001
吉原弁財天には、関東大震災で吉原遊郭一帯が火に包まれ、逃げ遅れた遊女490人が弁天池に飛び込み溺死した事を慰霊する吉原観音像(上段画像)を見ました。
言葉がありませんでした。
ただひたすら合掌するのみでした。

関東大震災で吉原遊郭は炎に包まれました。木造住宅が密集していたから火の回りが早く、手が着けられなかったのでしょう。そんな状況に加えて遊女が逃げ遅れた理由として、当時の吉原遊郭は遊女が逃げられないよう周囲を高い塀で囲っていたうえ、出入りする門に外側からカギがかけられたためと言われていいます。
そしてこの話が私のimprintingとなっていたのです。
しか〜しこの話は単なる憶断だったのですね。
といいますのも吉原の大門は夜10時に閉門し朝6時に開門ですから、震災発生の午前11時58分には開いていたのです。従いまして490人余りの遊女が無くなったのは憶断のような非人情の結果ではなく不可抗力な大地震に巻き込まれたものでした。
Imprintingってコワイですね・・・
今日まで吉原に対して悪印象を持っていましたがこの部分だけは訂正して上書きする事にしました。

#吉原遊女は門外不出
酉の市2

酉の市
吉原の遊女は苦界に身を落としたら年期奉公を明けるまで「籠の鳥」状態で門外にでることは絶対ないときいていましたので、これがまた私のimprintingになっていました。
ところがちがうではありませんか・・・
11月の酉の日に行われる酉の市では、普段閉じられている裏門が開放されたそうです。
従いましてこの日だけは一般の女性も吉原に足を踏み入れることができたそうです。
さら〜に郭外への外出が禁じられていた遊女達も身元のしっかりとした客となら酉の市へ行く事ができたそうです。
これこそ本当に、マジすか、です・・・
ちなみに遊女は17歳から27歳までが年期奉公ですから門外にでられるのは27歳の春です。
年期が明け開放された遊女は奉公中に約束した相手と夫婦になったり、見初められた相手にもらい受けされhappy endの方もいたそうですが、大半は郭内に残って遊女と客との切り盛りをするやり手として働いたり、外で遊女としの生業(なりわい)を続けていたそうですよ。


今日は大晦(おおつごもり)です。
大晦の日は穴八幡に行きお札替をするのが私のお仕事です。
今日は帰省していた長男が穴八幡に帯同しました。
ということで穴八幡の雰囲気を画像でご覧ください。
IMG_8605

IMG_8606

IMG_8607

IMG_8608

IMG_8610

IMG_8609


穴八幡の後は高田馬場にある「べんてん」さんでラーメンを食べるのが約束です。
ということで今日のお店は行列のできるラーメン屋「べんてんラーメン」さんです。
IMG_8611

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_8615
お店の外観です。

IMG_8619
店内の雰囲気です。

IMG_8618
メニューです。

今日のオーダー
私は「ニンニク焦がし塩ラーメン(麺少なめ)」@850円です。
長男は「ニンニク焦がし醤油ラーメン」@800円です。
ところで何で塩と醤油で値段が@50円ちがうのでしょうか?
女店員さんに聞いたら、にこっと笑っていました。
多分わからないのでしょうね(笑)

IMG_8620

IMG_8621
待つこと19分で到着です。
相も変わらず見た目盛りつけがきれいですね。
ニンニク焦がしが絶妙なアクセントになっています。
味ですか、美味しです。
特に麺がイケますね。
スープは塩味も醬油味共々コクがあるでのすが以外にもあっさりなのですよね。
ですので麺の美味しさが引き立つのでしょう。
「べんてん」さん二度目の長男も満足していました。
今年もご馳走さまでした

それでは(^_-)

高田馬場 べんてん 6th

今日は「標準語孝」です。
昨日栃木県は那須に打合せに出向きました。
そこで取引先の工場長と打合せが終わった後、呼んでもらったタクシーが来る間、雑談をしていました。
この工場長、栃木県は宇都宮生まれの宇都宮育ちなので、今日の今日まで標準語を話していたつもりだったようです。
先日地元の有名な行事がNHKでTV放送されていたのを偶然見ていたそうです。
するとその行事の紹介の中で地元の方のinterviewがあり、こともあろうにその地元の方の会話の下に字幕が流れていたのでした。
それを見てこの工場長は愕然としたそうです。
といいますのもこの工場長が那須で普段話している言葉は多少抑揚が語尾上がりになってはいるものの、決して方言ではなく、換言すれば栃木弁は標準語と信じていたからなのです。確かにこの工場長の日常会話は、栃木弁特有の語尾上がりがわずかに見受けられるもののほとんど標準語といってもよいと思うのです。
しか〜しそのわずかな語尾上がりが曲者なのです。

実は私の奥様も栃木県出身です。
普通の会話はほとんど標準語アクセントですが、何気ない時に語尾上がりがでてしまうのです。
奥様は東京ではシティガールで通したいらしく、常日頃栃木県出身であることを極力隠蔽?しようとしているのですが、やはり何気ない時に露見してしまうのですね。
そしてそれを私に指摘されると、仕方ないでしょう、栃木出身なんだから、シモツカレ「栃木県の郷土料理(煮物野菜)、個人的には野菜のクサヤだと思っている」好きなんだから、と逆ギレするのです。
例えが悪いのですが、薬物中毒でも深刻な薬物ははやめる事はできるのですが、ヘロインとかニコチンのような軽度の薬物はやめられないのと同じだと思うのです。
事程左様に軽度の方言(抑揚、アクセント)は抜けないのです。
日本人は単独民族で且つ右顧左眄(うこさべん)を必須とする民族なのでこの方言を隠したい気持ちは宣(うべ)なのかなと思います。

”久し振りに手を引いて、親子で歩ける嬉しさに・・・♪”
戦後の日本の数知れぬ人々がこの親しんだ歌を歌い続けた歌手の島倉千代子さんが亡くなりました。
私は亡き母が好きだったこともあり、島倉千代子さんには懐かしさがあります。
それにしても切々と歌う魂のビブラートは心に染みわたりますよね。
多分ですよ、島倉千代子さんをここまで私達に印象付けしたのは、タレントのコロッケさんの影響があるかと思います。
個人的にはこの「東京だョおっ母さん」を聞くたびに、皇居前で(歌では宮城)で記念写真を撮っている方々の飛びかうお国訛りがイメージさせられます。
また一つ日本人の情念を託せる昭和の歌い手が消えましたね・・・
合掌です。


久しぶりに嬉しいニュースです! 日本人ダンサーの蛯名健一さんがアメリカで最も素晴らしいタレントとして表彰されました。紹介の動画をじっくり見てください。



IMG_7675
今日は人間ドックなので朝早く会社に行って懸案をかたづけてから病院にダッシュ。
ここ20年、どこも悪いところはないで賞、をいただいておりました。
今年も同様かなと思ったら軽度の動脈硬化ですと・・・why?
例年なら
I feel like congratulating myself! (自分自身をほめてやりたい!)
ということでいつもは人間ドックの後、高田馬場にある行列のラーメン屋「べんてん」さんに行くのですが、動脈硬化にoily且つhigh calorieなラーメンはまずいでしょう!
で〜も今年も行ってしまいました。
やはりね、人間ドックのあとはね、「べんてんラーメン」さんですよね(笑)

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_7669
お店の外観です。

IMG_7667

IMG_7673
食前と食後の行列風景です

IMG_7670
メニューです。

IMG_7671

IMG_7672
今日のオーダー「塩こがしラーメン(麺少なめ)」@850円です。
待つこと29分で入店です。
あんど待つこと10分で「塩こがしラーメン(麺少なめ)」の着丼です。
見た目、食欲をそそるぜ、ラーメンです。

それでは実食です。
本日のスープの塩味は過不足ない感じです、イケてます。
アゲネギとニンニクは少しパンチがない感じですが、あまり強すぎますと塩味を相殺してしまいますので丁度良い頃合いかもしれません。
麺はみずみずしくプリプリとしていて美味しいです。
「べんてん」さんはやはり麺でしょう。
と言いつつ味わい深いメンマもloveです。
程良くトロケルチャーシューもbravoです。
ここのラーメンは美味しいですね。
で〜も健康の為にラーメンを食べるのは年に一回がお約束でしょう(笑)

それでは(^_-)

池袋 タカセ

今日は「優しい人々」です。
私には大阪に伯母がいました。
過去形なのには理由があります。
というのは、私の伯母は今年の7月13日に97歳という長きに亘るその人生に終止符を打ったのでした。
伯母の人生の最終目標は実母の寿命96歳越えと、その次に100歳という3桁台の寿命に挑戦しようとして日夜節制に努めてきましたが、実母の寿命越えはできたものの悲しいかな100歳の大台に乗る事はできませんでした。
大変お世話になった伯母です。
特に大阪単身赴任時代にはよく伯母の家にはお邪魔しており、その度に歓待していただき今思い出しても感謝の限りです。
本来なら葬儀に参列して永久(とわ)の別れをしたかったのです仕事が忙しかったことと家族葬ということもあり葬儀にはいかなかったのです。
今回大阪出張の後大阪の伯母の家に行き其の亡骸(まだ未納骨)と位牌に線香を手向けて生前の御礼と安らかなる成仏を祈念したのです。
無宗教、無信心でもこのような礼にかなったことはきちんとやるのです。

今回の大阪行きは疲れました・・・
前日出張だという事で23時まで仕事をし、01時に帰宅してから雑用をかたづけ、新しいNHKの連続朝ドラマ「ごちそうさん」を見て就寝し、起きたのが5時です。
3時間位しか寝ておらず、新幹線の中では大阪での打合せ資料の見直しですから仮眠もとれず、朝の9時に大阪に着いてから18時まで大阪中を飛び回り大阪の伯母宅に着いたのは19時半でした。
そして焼香の後に大阪の従姉妹家族と会食をしていたら最終の新幹線が無くなってしまい、好意で泊めていただく事となりました。
会食後、従姉妹宅に帰宅したらなぜか従姪孫(じゅうてっそん=はとこの子供=12歳)に2元連立方程式を教える破目になってしまいそれで10時となり、その後二人いる従姉妹の妹と雑談していたら12時となり伯母の遺骨と同じ部屋で就寝しました。
次の日はお約束の4時起きですからさすがにキツイです。
帰宅する途中に近所のカナダ人に会ったので、そのscheduleを話しましたら、あなたはアンドロイドだ、と言って大笑いしていました。その時に「位牌」という英単語がわからず、net辞書で調べた「mortuary tablet」で説明したら、通じませんでした。
しかたがないので位牌の内容を説明したら、それはbuddhist wooden tabletだと言っていました。
進化著しいnet辞書英語も今一つですね。

そろそろフリネタにいきませんと冗長になってしまいます。
今日のフリネタは2つです。
#1 スマイリー小原のいる中華料理屋
鴻福門

スマイリー小原
従姉妹達と会食したのは甲子園で一番美味しいといわれている本格四川料理のお店です。
遅れてきた私の為に皆かなり空腹だったようでメニューから食べたいものを選びました。
記憶でもうせば、コーンスープ、海老チリソース、四川麻婆豆腐、棒々鶏(バンバンジィー、四川胡麻ソース)、豚バラのトロトロ煮込み、3色ピーマンのチンジャオロースー、五目あんかけ焼きそば、蟹味噌入りチャーハン、生春巻きがその日のオーダーなのです。
しか〜しこのオーダーを頼みはじめたら、たしか、四川麻婆豆腐の当りで、スマイリー小原、そうそうスマイリー小原を知らない人は画像を見てください。踊る指揮者として一世を風靡した方だそうです(従姉妹姉談)、にクリソツの支配人が怒り始めました。
そんな、ごっちゃに頼まれたら、味がわからなります。たとえていうたら、和食料理屋さんにきはって、いきりなりカツ丼を頼むようなもんですわ。そんなことしたら最初にだされたおつくりの味がわからしませんやろ、とこめかみピクピク状態で言い切ったのです。その後に、頼むのはお客さんの自由ですからこれ以上申しませんが・・・、と駄目だしをしたのです。
それを聞いていた私はさすがに余所者で且賓客?でもあり無言状態でしたが、なんてアホなことを言うのだ、と心の中であざけっていました。
そうであれば、頼まれた料理を前菜、主菜分け且つ味の淡濃の準で料理を作らせ、その料理の頃合いを見計らって出せばいいわけで、それは支配人、スマイリー小原さんあなたの仕事でしょう、と思ったのです。
ところが大阪の従姉妹達は、面倒臭いわ〜、でも何か怒ってはるみたいやし、えげつないいじわるされてもかなわんし、ということで前菜、主菜を区別して、時間差で上述のオーダーを頼んだのでした、エライですね、優しいですね、と深甚より思ったのでした。
私の生まれ育った下町でそんな事を言った日には、即座に大川(隅田川)にスマキにされて投げ込まれ、今頃は禿げた頭を海猫にツンツンと突っつかれていたでしょう・・・

#2 伯母さんごめんなさいm(__)m
IMG_7419
訪れた日に従姉妹の妹と伯母の葬儀のDVD動画とか生前の伯母がご機嫌よく歌っているDVD動画とかを見せていただき悲しみひとしおだったのですが、その中で気になる画像がありました。
それは伯母が出棺する際に花束を棺(ひつぎ)にいれ蓋をする直前の画像で、沢山の花束が伯母の顔をおおっている一枚です。
普通このような時って納棺師かなんかが死化粧を施すものでしょう。
妙な違和感があったのです、正直にもうせば伯母の口が開いていたのです。
私も数多くの遺体と出棺の際にお別れの挨拶をしてきたのですが、口が開いた遺体はみたことがありません。

その夜従姉妹の妹と雑談している時に私の弟の話になりました。
弟は家族葬だというのにもかかわらず、伯母の葬儀だということで馳せ参じたのです。
それはそれでエライ事なのですが、その日は従姉妹宅に泊まり爆飲したのでした。
まぁそれはいつもの事なので驚く事はないのですが。
そして12時頃になって場がお開きになる際に弟は、皆さん伯母さんが亡くなってから慌ただしかったのでお疲れでしょう。私は特にやる事もないので通夜番(線香を絶やさないように 一晩中番をする事)をしましょう、と自らその大役をかってでたのです。
従姉妹達は、通夜番をすると寝不足になり次の日の葬儀に差し支えがあるので、宜しくお願いします、とお願いしたのです。
そして一夜明けた次の日の朝、遺体が安置されている部屋即ち弟が通夜番をしている部屋を従姉妹が開けたところ、熟柿の腐ったような酒の残り香が部屋中にこもり、通夜番の弟はだらしなく爆睡していたそうです。
そして従姉妹が伯母に目をやると、静かに安置されている伯母の首がなぜか後ろに倒れていたそうです。
そして昨日閉じていた口が開いていたのです。
従姉妹は不思議に思い、その視線を我が弟に目をやると、事もあろうに弟が伯母の枕を勝手に借用して寝ていたそうです。
そうなのです我が弟が伯母の枕をとってしまったために、伯母の頭が後ろに倒れてその重力の為に口が開いたようです。さすがに慌てて口をふさごうとしたのですが、完璧に死後硬直が完了してしまい、元には戻らなかったとのことでした。
私はその話を聞くやいなや冷汗三斗状態となり、すすすみません、私の馬鹿弟が誠にとんでもない事をしでかして、お詫びの言葉もありません、平蜘蛛のように謝ると、ええのよ、▲▲(私の事)ちゃん、本来なら私んとこがやならいかんかったのやし、△△(弟の事)ちゃんも悪気でしたこやないし、気にせんといて、との事でした。
なんという優しさでしょう・・・
言葉がありません。
兄の私に苦言の一つ二つ言っても不思議ではないのですが、本当にその寛大さには頭が下がります。
そして、伯母さん、最後の最後に恥ずかしい格好で天国に昇る事となり申し訳ございませんでした。
本当に穴があったら入りたいとはこの事です・・・


IMG_7426
今日のランチはこの流れです。
最初帰宅途中にある品川駅に美味しい駅中があるということで立ち寄ったのですが長蛇の列で諦めました。
そして東京駅にいくとやはり同様に混んでいました。
仕方ないので東京駅で丸の内線に乗り換えて向かった先は池袋です。
池袋で行ったことがない有名な老舗レストランがあります。
今日のお店は「タカセ」池袋本店さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋1-1-4 3F
電話:03-3971-0221
定休日:無休

IMG_7428
IMG_7431

IMG_7433

IMG_7432
お店の外観です。

IMG_7442

IMG_7438
店内の雰囲気です。

IMG_7430
メニューです。

IMG_7441
東郷青児さんの絵です。
この絵は東郷青児と特別の交友があったタカセの社長が特別に頼んで描いてもらったものです。
タカセの象徴として多くの人から愛されています。

今日のオーダー「ポークのグリル、サーモンのフリッター、味噌汁、パン、コーヒー」@800円です。

IMG_7435
待つこと2分で味噌汁の到着です。
あれっ、洋食なのに味噌汁が美味しいのです。
出汁の取り方がよいですね。
この美味しさにはかなり驚かされました。

IMG_7436

IMG_7437
待つこと6分でランチの登場です。
見た目昭和の洋食です。
それでは実食です。

まずはポークのグリルを頂きました。
肉厚はあるしソースもイケます。
焼き方もよいですね。
これは美味しいです。
続いてサーモンのフリッターです。
これは揚げたて熱々です。
サーモンの身は厚いし衣はカラッとしています。
イケますね、このお店はなかなかのものです。
美味しいです。

強いて苦言を呈せばパンが熱々でないことです。
最近のレストランはこのような常温のパンをだすことはまずありえません。
改善していただければウレシイですね。

IMG_7446

IMG_7443

IMG_7445
最後に別腹ということでケーキを頼みました。
ホールスタッフさんと相談したところ「サラバン」が美味しいということでしたので
「サラバン」を追加しました。
多分ラム酒がベースだと思います、イケます。
これはbravoでしょう。

正直このお店は食わず嫌いでしたね。
瞠目しました、再訪店ですね!

それでは(^_-)

続 池袋 永利

今日は「マラソン考」です。
ホノルルマラソン

ホノルルマラソン
それはそうと去年、ちょうどホノルル・マラソンの時期にハワイに行って仕事をしていた。僕はニューヨークを走ったばかりだったのでその時は走らなかったけれど、ハワイの新聞では日本人ランナーが多すぎるというので、かなり大きな問題になっていた。どれくらい多いかというと、全体の半分以上が日本人ランナーなのである。正確な数字は忘れたけれど、たしか2万人の出場者のうちの1万2千人くらいが日本人であるということだったと記憶している。いずれにせよ仰天するような数字だった。ホノルル・マラソンはもともとが心臓病の治療と予防を目的として始められた大会で、参加したい人は誰でも参加していいし、時間制限のようなものも一切ない。エリートーランナーもほとんど出ないし、記録よりは、少しでも多くの人に走る楽しみを味わってもらうことを目的とする大会である。運営は数多くの地元のヴォランティアの手に委ねられており、市民みんなで協力して楽しいレースにしようという心持ちの感じられる温かい(気温的にはいささか暑すぎるけれど)手作りレースである。僕も1983年に走ったけれど、ほのぼのとして楽しかった。 
でも今ではホノルル・マラソンのあり方に対して、地元の一般市民はかなり苦々しい思いをいだくようになっているようだ。新聞にも「どうして日本人ランナーが半分以上をしめるレースに我々がわざわざ協力しなくてはならないのか」「参加人数の規制をしろ。日本人の大半は走らずに歩いているじゃないか」というような投書がけっこう沢山載っていた。もちろんそれだけの数の日本人観光客が来れば、観光業者は儲かるわけだが、交通規制で一日不便を強いられる観光業とは関係のない一般市民にとっては、何のメリットもない。ただの迷惑である。「観光業者が潤うといっても、ワイキキの観光産業の80パーセントは日本人の経営なのだし、結局のところ日本人ランナーを日本人業者が呼んで、金を儲けて、儲けた金をまた日本に送るだけじゃないか。つまり我々の町の我々の大会を日本人が金儲けに利用しているだけじゃない」という投書もあった。そういう気持ちもまあわからないでない。
「やがて哀しき外国語」村上春樹より転載

ホノルル・マラソンが日本人の為のマラソンレースだったとは、全く知りませんでした。
毎年年末になるとマラソンクラブの仲間からホノルル・マラソンに誘われますが、なにか引っ掛かるものがあって参加を見合わせていたのです。
理由は村上春樹さんがエッセーで書かれている様にこのマラソン大会は歩け歩け大会の様相を呈してきているからです。私はこれが、ちょっとね、なのです。
別にマラソン大会で歩いて完走しても全く問題ないのですよ。但し足切り時間さえなければ、ですがね。
ちなみに足切り時間があると、足切り時間に満たないランナーは問答無用で収容バスに乗せられてgoalとなるのです。

最近full marathonを走っていません。
理由は今から5年前の3月7日に取引先との接待剣道(そんな言葉はない?)で左足のアキレス腱を裂断してから気持ちが萎えてしまったのです。
体力的にはfull marathonを完走するのは特段の問題がないのですが、左のアキレス腱を切ってからは、右のアキレス腱の負担が増すようになったのです。
10km程度の短い距離を走っても、次の日にかなりきつい痛みが健康な右のアキレス腱に襲いかかるのです。
多分健常でない左足を健常な右足でかばっているのでしょうね。
それは走っている時の左右の歩巾に表れています。
私の走っている時の左足の歩幅は92cm前後ですか、右足の歩幅は100cm前後ですので、これが証左です。
もしかして生まれながら右足の方が長かったりして・・・

マラソンって簡単じゃないですか。
右足と左足を交互にだして、なるべく早く己の肉体を前方に移動させる、多分世界中のどこへ行ってもこれが走ることの基本的な動作だと思うのですがね。
後は継続あるのみです。
最近ではnetで簡単にマラソンレースにentryできますので、風邪にちがうか風になりたい貴方・貴女このお手軽なsportsを体感してみませんか?
多分長距離(30km前後)を走れば、「自分が何か別なものになった事」を感じることができると思います。
たとえて言うのであればimaginative(想像に富んだ)、scintillating(機知に富んだ)、thrilling(スリルに富んだ)な感情が心を満たしてくれることでしょう・・・

Experience is not what happens to you.
It is what you do with what happens to you.

経験とは、あなたに起こったことではない。
起こったことに対してあなたのしたことである。

Aldous Huxley(オルダス・ハクスリー)


Sonyがファッションとテクノロジーを融合させることをコンセプトに、キャットウォークを歩くファッションモデルをあらゆる角度から撮影した映像「Xperia™ Z Versus Fashion」を製作しました。撮影にはなんと100台もの同社のスマートフォン「Xperia Z」が使用されたといいます。
今回の映像には映画「マトリックス」でおなじみのバレットタイム的な要素が盛り込まれており、Xperia Zでただキャットウォークを撮影したというわけではなく、ステージを覆うように設置された螺旋状のレールにビッシリXperiaを取り付け、それらでモデルさんの写真を撮影しました。そして撮影された写真は終了後に繋ぎ合わされ、一つの映像が完成したのです。 
一体どんな映像が完成したのかは、以下によりご覧ください



IMG_7352
今日は池袋に出没です。
今日のお店は、永利、阿里郎、知音食堂、楊と池袋の4大ディープ四川料理店の一つ中国東北家郷料理「永利池袋本店」です。
な何と4年振りの再訪です。

住所: 東京都豊島区池袋1-2-6ベルメゾン池袋
電話:03-5951-0557
定休日:無休

IMG_7354
お店の外観です。

IMG_7355
店内の雰囲気です。

IMG_7353
メニューです。

今日のオーダー「鶏肉の中国味噌炒め」@550円です。
4年振りの再訪です。
前回は西武池袋で催されている「全国味の逸品会」の帰りに、奥様と立ち寄ったのでした。
その時は7割が中国人のお客様で店内こみあっていました。気分は中国本土の料理屋さんっていう感じだったのです。今回の訪問では100%日本人です。普通の大陸系中国料理屋さんです。

IMG_7356
待つこと12分で「鶏肉の中国味噌炒め」の到着です。
Es ist gute Kosten-Auffuhrung(なんというコスパでせう)
これで@550円ですか、久々の“くりびつてんぎょのいたおどろ!”です。

IMG_7357
それでは気を取り直して実食です。
まず始めに「鶏肉の中国味噌炒め」です、これは鶏肉が柔らかで且つ弾力があります。
中国味噌は少しピリ辛でこの鶏肉に良く合います。
ウマウマです、これにはbravoを贈ります。

IMG_7358
「麻婆豆腐」です。
最初にレンゲ一杯分のみ口に運びます。
すすると中国大陸のほのかの香りが鼻腔に広がるのと同時にかなりの辛さが波状攻撃で襲います。
なんですか、ホンマモンの「麻婆豆腐」ではないですか。
これはさらにウマウマウマです、オソロシイお店に入ってしまいました。
Levelたかいですね!

「杏仁豆腐(拡大画像なし)」です。
これは美味しさが突き抜けています。
「杏仁豆腐」がゲル状でかつプリンプリンしています。
甘さこそ控えめですがミルクの味わいが立っています。
これには"I'm all run down." (すっかり参ってしまいました)です。

IMG_7363

IMG_7362
最後にいつもきになる「精力酒」@1,050円です。
ちなみに一度も飲んではいませんよ!
スッポンが入っているのは知っているのですが。
後は何が入っているのでせうか、コワくて聞けません・・・
どなたか勇気のシルシでchallengeしてみてください!

IMG_7365

IMG_7366
ところでこのお店にはオチがあります。
夜は会社の歓送迎会で豊洲に出没しました。
呑み直しの二次会を部下が設営してくれました。
美味しい中華料理屋ですので絶対に裏切らないと言われて入ったのが「永利豊洲駅前2号店」です。
何も一日二回も同じお店で食べなくても・・・
で〜も美味しかったので由としませう:D

それでは(^_-)

続 池袋 ドトールコーヒーショップ

今日は「死の餞別」です。
1931(昭和6)年9月18日の満州事変勃発から約3ヵ月後の12月12日午後4時ごろ、大阪の陸軍第4師団衛生隊、井上清一中尉が大阪市住吉区(当時)の自宅に帰ると、玄関に「井上は終日連隊にあり、御用の方はその方に」という貼り紙があった。   
井上中尉は数え29、妻・千代子は21歳の新婚夫婦。翌13日に出征する予定で、最後の水入らずの夜を過ごすため帰宅したのだった。不審に思った中尉が家に駆け込むと、鮮血のなかに横たわる千代子の姿があった。   
喪服を着た千代子は短刀で喉を切って自決していた。部屋には天皇、皇后の写真、机に夫と2人の実家宛ての遺書3通が置かれていた。台所には出征を祝う赤飯と鰍が準備されていた。   
夫への遺書には次のような言葉がしたためられてあった。    
「私の御主人様 私し嬉しくて嬉しくて胸が一ぱいで御座います。〔略〕明日の御出征に先立ち嬉しくこの世を去ります。何卒後のことを何一つ御心配下さいますな。〔略〕御国の御為に思ふ存分の働きを遊ばして下さい―」   
戦場へ向かう夫への「死の餞別」である。世が軍国主義に染まりつつある時代とはいえ、千代子の自決は不可解だった。自決はかえって夫を苦しめ、生きて帰れない立場にするのではないか。

ところが新聞は陸軍の広報に乗って「美談」として大々的に報道した「渡満の井上夫人紋服姿で端然自刃す」「武人の妻の健気なる最期!」などの見出しが躍り、「衰めてやってくれ」という井上中尉のコメントが載った。 

12月16日に大阪・阿倍野で 軍関係者など約1000人、一般参会者数万という盛大な葬儀が行われた。実家のある泉南郡長滝村(現・泉佐野市)では追悼会が催されたほか、近くの清福寺内に「殉国烈婦 井上千代子夫人之碑」と刻まれた顕彰碑が建立された。   
千代子の「美談」は尋常小学校の教科奮に掲載されたほか、演劇、本に取りあげられた。文字通り『死の餓別』や『ああ井上中尉夫人』という映画まで作られた。   
千代子の実家は裕福な地主だった。いまもその地に住む姪の永井蒙さん(68)は「7人兄弟の長女で、弟や妹の面倒を良くみた優等生だったようです。  
父親のしつけは厳しかったと聞いています」と話す。   
永井家には両親あての遺書が保管されているが、紙に鉛筆で走り書きされていて、前々からの覚悟のものには見えない。純情で真面目、人生経験の浅い若妻が衝動的に死を選んだのだろうか。   
千代子の母校・岸和田高等女学校(現・和泉高校)の講堂には「模範的日本婦人」として遺影が掲げられ、後輩生徒たちは毎日拝礼したという。しかし教育現場には戸惑いもあった。    
『和泉高校百年誌』に当時の岡村英敏校長の生徒への訓話が掲載されている。岡村校長は「昭和聖代の烈婦」とたたえながらも、千代子が前年に卒業したばかりで杜会経験が浅く、自決は「秩序ある漸修(段階的な修養)の結果ではない」と話している。
「夫君の生死と夫人の死はとは全く別問題であるから、私は夫君が故意に犠牲となる様なことがないようなに心からお祈り申し上げるものであります」
千代子の死が手本とされれば、出征する軍人の妻は皆自決しなければならない。妻に死なれた夫は、戦地で「手柄をたてなければ」と無理に死へと追いつめられるのではないか。
のちの玉砕、特攻につながる「死の賛美」の危うさを感じた岡村校長の苦渋の訓話だった。
「熱風の日本史」日本経済新聞より転載

久々に驚きました。
これってまさに「会津戦争の悲劇」が昭和になって再現されたのです。
「会津戦争の悲劇」が分からない方にそのsummaryを拙blogから引用します。
【QOT】
今日は「ある明治人の記録会津人柴五郎の遺書」の話です。
ここのところ明治維新にはまっています。今日のフリネタのこの本は「会津藩の悲劇を知らずして幕末維新を語ることなかれ」という内容で網羅されている一冊です。
この筆者は会津人で、朝敵の汚名を着せられた会津藩は藩ごとの流罪が如き辛酸を舐めさせられ、筆者自らも流刑地青森で生地獄をみます。その前の薩長の侵攻時には母姉妹は戦闘時の足手まといになるのを忌避し全員自刃するという壮絶な最後を遂げられたのです。
以下は当時11歳だった筆者が戦場から離れた避難場所で叔父に出会い、家人の様子を聞いたところ、叔父がおもむろにその最後を伝えた件(くだり)です。
今朝のことなり、敵城下に侵入したるも、御身の母をはじめ家人一同退去を肯(き)かず、祖母、母、兄嫁、姉、妹の五人潔く自刃されたり。余は乞われて介錯をいたし、家に火を放ちて参った。母君臨終に際して御身の保護養育を委嘱されたり。御身の悲痛もさることながら、これ武家の常なり。驚きかなしむにたらず。あきらめよ。いさぎよくあきらむべし。幼き妹までいさぎよく自刃して果てたるぞ。
「ある明治人の記録会津人柴五郎の遺書」中公新書より転載

当時の会津藩では同様の悲劇が散見されたようです、あらためて合掌です。
もともと維新は薩長軍が不平不満の貧乏公卿を巧みに利用して年若い天皇を抱きこみ、尊王を看板に、三百年来の私怨と政権奪取の野心によって倒幕を果たしたというのが私達下町の古老がよくいっていた話です。変革の時にはこのような光と影があるのは歴史の冷徹な事実でもあります。
【UNQOT】

しか〜し「会津の悲劇」とこの「昭和の死の餞別」は少し違うような気がします。
会津の悲劇で婦女子は集団自決の理由が「戦闘時の足手まとい」になるということでしたが、既にこの時には会津藩の兵站(物資の配給や整備)活動が破綻していて仮に生き延びても、会津の方々は餓死の悲劇が待ちうけていたのです。
まして薩摩藩・長州藩を中心とする明治新政府軍に捕らわれるriskもあったので「生きて虜囚の辱めを受けず」的な“日本伝統の恥の文化”も背景にあったのでしょう。
いずれにしても、この事を賛美しているのではなく、選択肢としてあり得るなと申しているだけです。

昭和の人々にとってこの会津での不幸な出来事は“No More A Tragedy Of Aizu !”だったのではないでしょうか。
この時点の日本は、既に全面戦争突入の為に全体主義が跋扈横行していて、そのような事を思っていても言えなかったのかもしれませんが・・・
それにしてもこの「昭和聖代の烈婦」には短慮を感じてしまうのです。
なんで自分が抱えていた悩みを家族・知人に相談しなかったのでしょうか。
それ以前になんで夫に相談しなかったのでしょうか。
相談された夫は、とてもいいことだ。是非とも死んで待っていてくれたまえ。俺も後から行くから、と言ったでしょうか。
多分、否(いな)、だと思います。
必ず生きて帰るから、武運長久を祈ってくれ、と返したのではないでしょうか。
これが普通のふるまいです。

分かりませんが、この「昭和聖代の烈婦」には些少の打算があったのかもしれません。
先に天に昇っていれば、間違いなく夫は生きて帰ることなく、天に自分を尋ねて昇ってくる、換言すれば「永久(とわ)の愛」がこの自裁によって完璧なものとなると思っていたのではないでしょうか。

たまらないのは軍人の妻です。
この自裁が賛美されればされるほど、出征する軍人の妻は皆自決しなければなりません。
妻に死なれた夫は、戦地で「手柄をたてなければ」と無理に死へと追いつめられるのです。
こういのを“合成の誤謬(個々人としては合理的な行動であっても、多くの人がその行動をとることによって、社会全体にとって不都合な結果が生じてくること)”というのでしょうね・・・

最後に21歳という若さで健気にも夫の事を案じて自裁された井上千代子さんに合掌です。
そして戦争反対です・・・・


IMG_7083
今日は池袋に出没です。
これから出張ですが昼食時間が17分しかありません。
ということで本日はlight lunchです。
今日のお店は「ドトールコーヒーショップ」ルミネ池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-11-1 ルミネ池袋 B1F
電話:03-3984-9060
定休日:無休

IMG_7084
お店の外観です。

IMG_7091
店の雰囲気です。

IMG_7086
メニューです。

IMG_7087

IMG_7090
今日のオーダー「ミラノサンドCセット」@610円です。
「ミラノサンドC」とはチキンと生ハムのアボガドソースです。
light lunchなので多くは期待していませんが、以外にこれって美味しいのです。
アボガドソースが秀逸です。
最近ドトールさんでlight lunchを食べていて思うのですが、この珈琲に合せてソースを決めているのではないか、と。
多分間違ってないでしょう。
これからlight lunchはドトールさんで決め打ちです。
理由ですか・・・美味しい珈琲をいただきたいからです、キッパリ!

それでは(^_-)

続 池袋 ビストロ OTTO

今日は「春風亭小朝『ぼやき居酒屋』其の参」の話です。
小朝
厚揚げが来たね。さっそく、いただこう。熱っ!アチチ(安土)桃山時代ってね」

「あっ!お客さん、それはソースです。うちじゃ、蓋の上に赤いシールがついてるのが醤油で、黄色いシールがついてるのがソースなんです」
「知らないよぉ、そんなの。初めて来た店なんだから。
『ス』って字が見えただけでさ」
「ええ?『ス』って字が見えたらソースでしょ?」
「分かんないよ。『醤油デス』かも知んない」
「ご冗談ばかり。あっ、置いといてください。お取替えしますので」
「ああ、そうかい。ゆっくりやっとくれ。その間に、これ食べちゃうから・・・・・。ははは、冗談だよ。

この頃、歯が悪くなってさ、豆腐とか厚揚げばっかり食ってるんだ。金歯と相性が悪くてね。
こないだ歯医者行ったら、象のぬいぐるみ渡されてね。何かな?って思ったら、先生が『もし痛かったら、このぬいぐるみのお腹を押してください』って。まあ、手を上げるとかよりいいかなって思って、持ったけど、おかしなもんだよ。いい年した親父が象のぬいぐるみ抱いてるってのも。

そうしたら、やたら痛いんだ。恥ずかしいなんて言ってられないから、やたらパオパオ言わせたんだけど、先生ったら『がまんして』って。なら、そんなもの持たせるなって。

腹立ったから医者変えてさ。今度の先生は近眼(ちかめ)でね。こ〜んなに顔近づけてきてさ。で、持ってた金歯が前歯にコツン!あっ!と思ったら、その金歯、飲み込んじゃった」
「え?金歯を飲み込んだんですか?で、どうなりました?」
「3日目に出ました。・・・・・・それがこれ。え?汚いって?んなこたぁないよ、よく洗ったから。

しかし、TVのCMとか見てるとずいぶんいい加減なのがあるよね。通販とかでさ。3日間飲めば2kgやせるジュースとかね。そりゃあやせるよ。3日間、そのジュースだけ飲んでりゃ。

ああゆうのずるいよね。画面にちっちゃな字で、『効果には個人差があります』って出るんだ。

寄席の表にさ、『爆笑寄席』とか出ててね。良く見ると、小さな字で『おもしろさには個人差があります』って。

この頃の歌手はわかんないね。ケツメイシとかコブクロとか、大悟とか。大将は誰が好きなの?」
「へへ、お恥ずかしいけど、・・・・くうちゃん」
「え?くうちゃん?」
「倖田來未(こうだくみ)ですよ」
「へえ〜?あの中国の偉い人って歌うんだ」
「・・・・・・・それは江沢民ですよ」

「昔の歌はよかったよね。どんな歌か、聞いてりゃすぐ分かる。
♪ 私 バカよねぇ〜 ♪・・・・・・ああ、あの人はバカなんだなって分かる。
♪ 15、16、17とぉ〜 私の人生 暗かったぁ〜 ♪ ひょっとして貧乏?ってね。

そこ行くと、平井堅ってゆうの?痩せこけてヒゲ生やしてね。
ヒットラーが生きてたら、生かしておかないような顔をしてる。

『瞳をとじて』ってゆうけど・・・・・・・・閉じるのは瞳じゃなくて目蓋だよ!
♪ 朝 目覚める度に 君の抜け殻が横にいる ♪
・・・・って、毎朝、惚れた女に脱皮されたらたまんないよ。

どうだい、大将。言われ放題だとストレス溜まるだろ?駄目だよ、言われてばかりじゃ。
たまには、よそで発散しなきゃ」
「そうですか?ところで、お客さん。ご商売は何なさってるんですか?」
「ああ、俺?おいらは居酒屋をやってんだよ」
「中国歴史あら?カルト!」より転載

このまくらを転載した方はこの文章をテープ起こしで作成したのではなくご本人の記憶力でなされたそうです。
世の中にはすごいbloggerさんがいるものですネ!

『瞳をとじて』ってゆうけど・・・・・・・・閉じるのは瞳じゃなくて目蓋だよ!
という件(くだり)ですがこの「瞳を閉じる」という時の「瞳」は「目=目蓋」と同義語なので日本語的には間違ってないそうです。
このように、言いたいことが何かと密接に関連している点に注目して、その中の一部分だけを言って言いたいことに換える表現を換喩といいます。換喩(メトニミー)は隠喩(メタファー)と並んで修辞法の重要な位置を占めていますが、あまりに私たちの生活の中に溶けこんでいるので、それが換喩だと気づかないことが多いのですね。そこでいくつか例を挙げてみます。

永田町はコメントを差し控えている。 永田町 → そこにいる人々→ 政府の高官
洗濯機が回っている。 洗濯機 → 洗濯槽
太宰はあまり読みません。 太宰 → 太宰治の作品
テレビがうるさくて眠れない。 テレビ → そのスピーカーから出る音
母は口うるさく私に干渉する。 口 → 言葉
アレルギーで、ずっと鼻が出る。 鼻 → 鼻水
祖父は耳が悪くなってきた。 耳 → 聴力
最近はパソコンで年賀状を書く人が多い。 パソコン → データ→プリンタ→印字
さあ、ゆっくりと瞳を閉じて。 瞳 → 瞳の周りのまぶた
手を貸してもらえませんか 手→その人の体全体
星条旗よ永遠なれ。 星条旗→アメリカ合衆国
そのワインを開けてくれ ワイン→そのボトルのコルク
昨日鍋を食べた 鍋→鍋で調理された料理(すき焼、おでん)

私の業界で多用される換喩(メトニミー)で代表的なものは「ヨコ飯を食う」です。
これは海外からきた取引先を接待するときに使用されるのですが、換喩というかどちらからというと業界用語にちかいですね。


最強の大工(ホームセンター)ドイツのCMです。



IMG_2597

IMG_2596
今日は池袋のGAPに奥様と出没です。
GAPでLUCKYCOUPONを引いたところなな何と50%OFFをgetしました。
こいつは春から縁起がいいわいという事で訪れたのは、スタイリッシュでお洒落な空間が自慢の「ビストロ オットー」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル1F
電話:03-5958-0418
定休日:無休

IMG_2599
お店の外観です。

IMG_2608

IMG_3912

IMG_2613
店内の雰囲気です。

IMG_3907

IMG_2612
メニューです。

今日のオーダーは「ビュッフェ・ドリンクバー付+デザート(ティラミス)」@800+@300=1,100円です。

IMG_2603

IMG_2615

IMG_2616
ここはビュッフェスタイルですから、色々と料理は選べるのですが人気店ですのですぐに無くなってしまいます。

IMG_3909

IMG_3910
奥様と二人で取り分けた食材です。
メインはニース風サラダです。

IMG_3911

IMG_2610
サンドイッチのようにしていただきます。
味ですか大変上品でしかもhealthyで結構です。
ビュッフェは自分のお腹の空き具合と相談して量が調整できるので大好きです。

IMG_2607
デザートのティラミスです。
個人的には城北地区では一番美味しいティラミスだと思います。
マスカルポーネ、生クリームのバランスは良いし、リキュールの効いた甘さは完璧です。
これは本当に超お勧めの一品です、美味しいですよ。

それでは(^_-)

護国寺 群林堂

今日は「NHK放送禁止用語」の話です。
NHKは商品名を言ってはいけない放送局だというのは御存知だと思います。
今回その例を以下のように纏めてみました。
ご参考になれば幸甚です。
NHK禁止用語
しかしスゴイですよね(笑)
No.4の「ペッパーソース」は、一体全体何のことやらでしょう。パスタのソースの一つかなと普通は思いを巡らしますよね。
No.8の「縁起物の矢」は、これこそ「破魔矢」って言い変えてくれないと全くそのもののimageがわかないじゃないですか。
No.12の「粘着テープ」は「セロテープ」よりも「ガムテープ」を連想してしまいすよね。
No.15の「けん盤ハーモニカ」なんて聞いた日には、「ピアニカ」以外のものが新しくできたのかしらんと変な方向に考えが及んでしまいますよね。
No.16の「リバーシ」から「オセロ」を連想した方は個人的に表彰します。
唯一人口に膾炙しているのは「うまみ調味料」ですか、これは即座に「味の素」と関連付けられますが、それ以外は関連付けにかなりの困難を要しますね。

まだここら辺りは可愛いいほうでしてpolitical correctness(ポリティカル・コレクトネス=政治的な正しさ)になるともう言葉の説明がつかないというか、これってほとんど死語でしょう(笑)
いくつか例を挙げてみます。
ロンパリ→斜視
かさっかき→性病患者
しらっこ→白皮症
つんぼ桟敷→聞こえないところ
めくら判→ろくに見ないで判を押す
てんぼう→隻腕
おわい屋→清掃員
おんぼう→火葬場従業員
三助→浴場従業員
ニコヨン→自由労働者
チャンコロ・ポコペン→中国人
支那チク→メンマ
ペイ患→麻薬患者
チャリンコ→掏り
最後の「チャリンコ」から「掏り」を連想された方がいたら、それはそれでその方が有る意味ですごいのではと思います。
Generally speakingで申せば「チャリンコ」は申せば「子供」でしょう。
違いますか、それは「ジャリンコ」・・・
「チャリンコ」と申せば正しくは「自転車」ですよね。
私はそれ以外の言葉もかなり知悉しておりますが、今の若者の中でこの言葉を何人の若者が理解できるやらです。
一番お気の毒なのはこのような禁止用語を定期的にmaintenanceしているNHKの担当の方でしょう、極めて不条理なお働きに対して労(ねぎら)いご言葉を贈らせてもらいます。


he was the best entertainer and best boxer:D



今日は音羽に出没です。
今日は珍しくsweetのお店です。
以前から食べたくて食べたくて仕方なかったのですが、訪れる時間が遅いのか、売り切れる時間が早いのか微妙なところではありますが、毎回品切れ必須なのです。
ということで今日のお店は東京三大豆大福(群林堂、瑞穂、松島屋)の絶巓(ぜってん)との評判の高い「群林堂」さんです。

住所: 東京都文京区音羽2-1-2(講談社の斜め前)
電話:03-3941-8281
定休日:日曜日

IMG_1562
お店の外観です。

池田正一さん
お店の紹介記事です。
講談社の斜め向かいに店を構える「群林堂」。看板商品の「豆大福」は、吉川英治、三島由紀夫、松本清張といった作家への手土産として愛用されてきた。
粒餡を包み込むやわらかな餅には、赤えんどう豆がたっぶり。開店と同時に訪れれば、はねっと湯気の上がる出来立ての「豆大福」を手にできる。  
「味の秘訣は素材を選び、その良さを引き出すこと」と、2代目の池田正一さん。小豆は十勝産えりも小豆、もち米は佐賀産、赤えんどう豆は富良野産。いずれも風味豊かな厳選素材だ。毎日、朝5時過ぎから作り始め、午後2時ごろには完売。その日に作ったものはその日に売り切る。 
最近、「この豆大福は明日でもやわらかいですか?」と聞くお客がいる。頑固一徹な父・長寿郎さんなら追い返したところだが、正一さんは「固くなりますよ。自然なものしか使っていませんから」と笑顔できっぱり、当たり前のことが当たり前でなくなりつつある現代において、なお実を貫く職人の誇りが「豆大福」から伝わってくる、       
(料理通信社・瀬戸理恵子)


IMG_1564

IMG_1608

IMG_1609
今日のsweetsは「豆大福」@160円です。
最初の画像は一人で行って近くの公園で食べたものです。
次の画像は後日、次男に買いにいってもらったものです。

まず最初に驚いたのは一人で買いにいったきに手渡された「豆大福」は、ほわっと湯気あがっていて温かいのですよ。
温かいのなら早めに食べなきゃというので走って近くの公園までいったのです。
そしておもむろに包まれた包装紙を開いて味わいました。
まず飛び込んできた食感は赤えんどう豆の程良い硬さです。
なんですか、この赤えんどう豆はとても美味しいじゃないですか。
そしてさらに味わっていくと、なかにはみっしりとつまった大量のアンコとの会遇です。
しかもアンコは私の大好きな粒餡です。
そしてこのアンコの美味しい事、美味しい事、ちょっと筆舌に尽くせない程です。
例えて言えば「天女の降臨」のような上品でしかもまったりとした風情の甘さです。
これは最高ですネ。
他の和菓子の追従は許さないでしょう、自信ありです。

次男が買ってきた「豆大福」は、この「豆大福」自体にもち米を柔らかく維持するような添加物は一切含まれないため、その日の夕方には表面が少し乾燥し始め、段々と固くなってきました。
しかし霧を吹いてトースターで軽く焼くと、焼き餅のような食感になり、中の餡が柔らかくなり、これはこれで美味しいものでした。
でもこれだけの美味しい「豆大福」ですので、買ってすぐに味わうことをお勧めいたします。
このようにしてこの「豆大福」を頂けば、貴方にも間違いなくこの上ない口福が訪れることでしょう・・・

それでは(^_-)

東池袋 魚真

今日は「透視考」の話です。
御船千鶴子
鈴木光司の小説「リング」に登場する超能力者、山村貞子の母親のモデルがいたとは聞き及んでいましたが、まさか本当に実在していたとは・・・久々に驚きました。
というのもいつも行く本屋さんで「千里眼千鶴子」光岡明著、河出書房新社刊を立ち読みしていたら面白かったので購入し、じっくりとその本を読んでみてわかったのです。
勿論山村貞子はfictionですし、この主人公には子供はいません。

まずはこの本著「千里眼千鶴子」の概要を「御船 千鶴子-Wikipedia」より転載しましたのでご覧になってください。

御船 千鶴子は熊本県宇土郡松合村(現・宇城市)にて、漢方医・御船秀益と、その妻・ユキの二女として生まれる。生まれつき進行性の難聴があり、成人するころには左耳が聴こえ難かったという。繊細な感受性と豊かな情緒性を持っていたと言われる。
また、観音菩薩を篤く信仰していたが、悲観的な感情にとらわれる面もあったという。

22歳のとき、陸軍中佐・河地可謙と結婚。ある日、夫の財布からなくなった50円が姑の使っていた仏壇の引き出しにあると言い当てたことで、姑は疑いをかけられたことを苦にして自殺未遂を起こしてしまう。このことで結婚からほどなく離婚することになり実家に戻る。

実家では義兄(姉の夫)、中学校の舎監・体操教員であった清原猛雄に「お前は透視ができる人間だ」との催眠術をかけられたところ、優れた結果が出たため修練を続けることとなった。その後、日露戦争時に第六師団が、撃沈された軍艦・常陸丸にたまたま乗っていなかった事を透視したり、三井合名会社の依頼で福岡県大牟田市にて透視を行い、万田炭鉱を発見して謝礼2万円(現在の価値で約2000万円)を得るなどした。
また、樹皮の下にいる虫の存在や海で紛失した指輪の場所を言い当てたりしたという。中でも清原は千鶴子に人の人体を透視して病気を診断させたり、手かざしによる治療を試みた。

評判が広まった千鶴子を熊本県立中学済々黌の井芹経平校長が紹介すると、1909年から翌1910年にかけ、京都帝国大学医科大学の今村新吉教授(医学)や、東京帝国大学文科大学の福来友吉助教授(心理学)などの当時の学者が研究を始めた。

1910年4月10日、熊本の清原の自宅で福来と今村は清原の立会いのもと透視実験を行う。人々に背を向け、対象物を手に持って行う千鶴子の透視が不審を招くことに配慮した福来は背を向けても対象物を手に取らないで透視するようにさせたが、この方法では不的中に終わった。今度は清原が用意した名刺を茶壺に入れ、それに触れることを許可して透視させると、名刺の文字を言い当てたという。

千鶴子の透視能力を確信した福来は、この実験結果を心理学会で発表した。
これにより、「透視」という言葉が新聞で大きく取り上げられ、真贋論争を含め大きな話題となった。千鶴子のもとには、透視の依頼が殺到したほか、長尾郁子を初めとした「千里眼」の持ち主だと名乗る者たちが続々と現れた。

1910年9月15日、物理学の権威で東京帝国大学の元総長の山川健次郎が立会い透視実験を行った。千鶴子は鉛管の中の文字の透視を「成功」させたものの、それは山川の用意したものではなく、福来が練習用に千鶴子に与えたものであったことが発覚。この不審な経緯に、新聞は千鶴子の透視能力について否定的な論調を強めて行った。

そんな中、千鶴子は長尾郁子の念写を非難する記事を見て、失望と怒りを感じ、清原に「どこまで研究しても駄目です」と言い放ったという。
翌1911年1月18日、重クロム酸カリで服毒自殺を図り、翌日未明に24歳の若さで死亡した。一般には、新聞や世間からの激しい攻撃に耐えられず自殺したといわれるが、地元では自殺の原因は父親との金銭的なトラブルによるものだと見られていた。


結論から申しますと千鶴子さんの透視力は偶然か、普通の観察力の鋭さで説明がつくみたいで本当に透視力があったかといえば疑問は多々残るようです。
というのも千鶴子さんの場合は、東京帝国大学文科大学の福来友吉助教授の実験方法そのものに問題があったようですね。
しかしそうはいいながらも千鶴子さんは常人を超えた鋭い勘を持つ女性であったことは間違いないと思われます。

私は麻雀をやりますので、人間の持っている「勘」の存在は信じています。
よってカードの裏面当てのように、あらかじめ裏面のカードの内容が分かっていてそれを当てるという透視力は、そのメカニズムはわからないものの信じるところであります。
よく透視力のある方の透視中の様子をサーモグラフィーで観察しますと、顔の温度が急激に上がることがはっきりと確認できていますしね、透視中には、頭部の血流が増加し、特殊能力を発揮するためにより多くのエネルギーが使われているとも言われています。
何らかの脳内及び体内の特殊な能力がそれを実行しているのでしょう。

すべての物質からは波動が出ています。
透視力のある人はその波動を映像化して見ることができるのではないでしょうか。
よく写真でも透視できる人がいますが、その人は写真を通してその人と遠隔でつながり、その人の波動を見ることができるためではないでしょうか。
さらにいえば音波や電磁波でも見えるものもありますものね。

イヌは飼い主を何百辰睥イ譴疹貊蠅濃|里靴匿尾を振ることがあります。
これは生体電位と言われる体内の電気的な状態から生じるもので、準静電界(人体の周囲を包むように存在する弱い電気力の動く空間)と呼ばれるものが関係していると考えられているようです。
準静電界の状態は人間が体を動かすと変化します。
歩く場合には足の裏の設置面積が変化したり、地面との間で電荷のやりとりが起こったりすることで電界の状態が変わります。此の違いをイヌは鋭く感じ取って、飼い主のパターンを認識している可能性があります。

皆さんもたまに“ぞくっ”とするような感覚を引き起こしますよね。
物音や空気の動きよりも先に、この刺激を感じる事もありえます。
人間の内耳は内部にある有毛細胞が振動することによって、電気的な成分が増幅されている可能性があると立証されています。今五感を超えた感覚に少ずつ、科学のメスが入れられようされています。
近い将来、人間もの持つ不思議な能力が白日なもとに晒される日がくるでしょう。
そんな日が来たら、奥様に嘘がつけなくなる、ですと。
それは科学の問題ではなく道徳の問題ですからね・・・


今日は東池袋に出没です。
今日のお店の前は何回も通っているのに、何のお店だか分らなくてず〜っと気になっていました。
お店の外観からは何らかの食事しかも和食のものをだすお店だとは思いをめぐらしていましたところ、今日偶然にもお店の脇を通っていたら魚をおろしていたので魚料理のお店だと判じたのです。
それにしてもこのお店の外観からは“値段が高そう”オーラが出まくっており、@3,000円までなら腹をくくるかと考えていたところ、携帯が鳴り響いたので話し込んでいましたら、お店の人の手によってメニュー看板が出されました。
そしてその看板を凝視しますと、野口英世先生のご威光で事足りるようでしたのでお店に入ることにしました。
今日のお店は謎の定食屋「魚真」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋4-3-8
電話:03-3971-6324
定休日:日曜・休日

IMG_1557
お店の外観です。

IMG_1558
ランチメニューです。

元々はご両親が営む魚屋さんで、そのバルセロナ帰りの鮨職人の息子さんは2011年4月に屋号を引き継いでお寿司屋さんをOPENさせたとのことです。
店内に入ると正面に白木のカウンターがあり、左手にはテーブル席があり落ち着いた雰囲気で高級感漂う店の作りです。
このお店のランチタイムはお母さんとお父さんと娘?お嫁さん?の三人が中心です。
息子さんは裏方でてきぱき仕事をされているようです。
入店するお客さんはほとんど常連さんのようで、皆さん名前とか愛称で呼ばれています。
旦那さんはかなり話好きなようで、入ってくる常連さん達にマシンガンの機銃掃射のように話しかけています。
常連さんとお店の人のやりとりを聞いていますと、どうやらこのお店は、ご飯はお替り自由、お味噌汁もお替り自由のようです。

しばらくお店を窺っていたましたら、待つこと4分で「時サケの照焼」以外を載せたお膳が到着しました。
そして遅れること2分で「時サケの照焼」の到着です。
見た目かなり大きい「時サケ」ですね。

私の隣に常連さんの「会長」と呼ばれる方が座ると、旦那さんが息子さんに「オーイ、△△(息子さんのこと)!カマの美味しいところが有っただろう。それを会長さんにだしてやって」と命じていました。するとその会長さんは「歳だから、そんなに大ぶりなものはいらないから」というと、旦那さんは「まあそう言わずに、食べてみてよ。間違いなく美味しいから」と畳みかけていました。
私は気になってその「時サケのカマ」の到着を待っていましたら、3分位経って運ばれてきました。そしてその尊顔を拝しますと、私の「時サケ」の2倍はあるじゃないですか、おまけにかなり美味しそうです。
ウェーッ!アウェー!、このお店ってhomeとawayのお客を何の臆面もなく差別するのですネ。
しかしここまで露骨にやられると却ってスッキリします(笑)

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_1559

IMG_1560
今日のオーダー「時サケの照焼(オススメ)」@1,000円です。
札幌に長くいたので「時サケ」はかなりの皿数を食べていますので、その味はよく知悉しています。
そうそう味ですよね。
かなり美味しいです、でも焼き冷ましです。
これだけの「時サケ」を焼き冷ましでだすとは・・・
かなり考えてしまいます。
Side dishのうずら豆は、私の好きなまろやかな甘さですごく気に入りました。
お替りfreeのお味噌汁も良く出汁が取れていて料亭Levelの味です。

しかしaway不遇のお店だし、さりとてhomeに成るために通い詰めるのには遠すぎるしな、再訪を考えてしまいました。
たまにはこんなお店もあります、ハイ。

それでは(^_-)

東池袋 伊東食堂

今日は「彰義隊異聞」の話です。
白虎隊
一枚の絵があります。
この絵は、はるか昔上野公園の西郷さんの銅像の後ろにある上野彰義隊墓所に屋外展示されていました。今も現存するかどうか未確認ですので不明ですが。
私はこの壮絶な絵を物心ついてから数えないくらい見ています。というか、正しくは見せられていたのです。

彰義隊墓
幼い頃の私は父に連れられて上野公園にくると、必ずこの上野彰義隊墓所で墓参させられて、そのついでにこの壮絶な絵を見せられていました。
そしてこの絵は彰義隊の戦士の自刃画だと小学校高学年になるまで信じていたのです。
そしてこの絵を見る度に、このような小高い山々がどこにあるのかいつも上野の山から周囲を見回していたのです
歴史に造詣のある方はこの画が白虎隊自刃の図であることがお分りだと思います。
白虎隊は負傷者を抱えながら郊外の飯盛山へと落ち延びましたが、ここから眺めた戦闘による市中火災の模様を、若松城が落城したものと誤認して悲観、その結果総勢20名がこの場所で自刃を決行したといわれています。事実は少し異なるようですが。

何で上野彰義隊墓所にこの絵が掲示されていたのかは不明ですが、それ以上に幼児にこのような刺激的な絵をみせるという我が父親の情操教育は如何なものなのかなと今となっては思うところではあります。
一つだけ父親の弁護をしますと、実は私の名前にはこの彰義隊の「彰」の字が使われており、私が長じて「彰」の字を説明するときには、彰義隊の「彰」と言わせるべくの深謀遠慮だったらしいのです。しかしpracticalな話「彰」の字を説明する際には、彰義隊の「彰」より「表彰状」の「彰」の方が万民の方には理解されていたのでした。
東京の下町ならともかく、「彰義隊」のことを知っている人は数少なく、昨今の若年層の歴史離れにより年々急速に「彰義隊」のことは希釈されてきましたからね。

その彰義隊ですが、明治戊辰の役、上野戦争における彰義隊の敗北で、江戸ッ子侍の壮丁数百人が斬り死にしたことと、勝ち誇った薩長人の得意顔の市中の大闊歩、古今を通じてこれほど江戸ッ子に痛痕の衝撃を与えたことはありません。 
ということを私は幼児の頃、地元の古老よりよくその憤慨を聞かされていました。
といってもその古老も父親ないし祖父からのimprint(擦り込み)ですが。
いずれにしても、それほどにも徳川幕府の壊滅や彰義隊壮丁多数の戦没は、江戸ッ子の痛憤のきわみで、戊辰戦後の江戸ッ子は怒りと哀愁でみちていそうです。 
まことに彰義隊士の奮起は、徳川武士の立場として止むに止まれぬ江戸ッ子侍の行為であったと言われていました。敵を迎えて何の要営もなき岡に無謀の戦い、時の大勢に反抗して大軍に挑む(2,000人VS28,000人)、敗北は知れたこと、血気に走る烏合の衆との酷評をなす幕末歴史評論家もおりますが、彰義隊はそんな軽率なものじゃありません。武士道に殉じた尊き時代の犠牲者であります。戦没に江戸ッ子が深く哀悼なすも道理であったのです。

上野の山で戦った彰義隊ですが、隣接する忍不池にも悲劇がおきていました。
戦いに敗れ、忍不池の蓮池に潜み、ときおり水面に出て息を吸うところを生け捕りになり、殺された彰義隊士もいたそうです。

ちなみに当時本所に妻、子供を寓居に住まわせていた新撰十番隊長の原田左之助は家族に、上野の山の戦いに行ってくる、と言い残してその戦闘での負傷がもとで落命しております。まるでコインの裏表のような政権の激変から将来に絶望し、原田左之助のように死に場所を探して参戦して人も数多くいたのではと個人的には思っております。

江戸ッ子がいちばん憤ったのは戦いで死んだ新政府軍の遺体は即座に荼毘にふされたのですが、彰義隊の遺体は見せしめのために放置されていたことです。
戦争が梅雨時だったことも相俟って遺体の損傷がひどく、勝海舟の尽力があって始めて遺体の埋葬が叶ったそうです。

その彰義隊士の遺体は南千住の円通寺に埋葬されております。
ここには激戦の拠点「黒門」も移転されており、多数の弾痕はその戦闘のすさまじさを無言で表しています。

教王寺弾痕

 
教王寺
これは谷中にある新政府軍の射撃した弾の痕が門に残っている教王寺さんです。
彰義隊の一部は谷中まで敗走してこの寺に身をひそめていました。
しかしこの様に攻撃されたのでいたたまれずさらに逃走し、最後は千住まで追いつめられそこで壊滅したのです。
上野から千住といえば約6kmですので、武器を持っての逃避行ですから、かなりつらかったのではと想像するに難くありません。


今日は東池袋に出没です。
今日は地元サラリーマンに絶大の人気がある「伊東食堂」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋5-11-10
電話:03-3982-8601
.定休日:土・日・祝日

IMG_1008

IMG_1009
お店の外観です。

IMG_1011
店内の雰囲気です。

IMG_1014
メニューです。

IMG_1015
名物「鳥羽の山カレー」です。
鳥羽の山とは店主の贔屓の関取だそうですよ。
このカレーは盛りがすごく、三人前だそうです、ハイ。

IMG_1012

IMG_1013
本日のオーダー「焼肉カレー」@600円です。
元はサンシャインのそばにあったお店がこちらに移転しきたそうです。
それにしても超満員の店内ですね。
待つこと10分で着皿です。
見た目普通のカレーです。
味ですか、カレーはチョイ辛です。
ボリュームも普通です。
味噌汁も普通です。
何で超人気なのだろうと思わず考え込んでしまったのですが、これはやはりコスパでしょう。店内には多数のメニューが櫛比しており、夜の部の充実さがうかがえます。
鶏玉子論でいくと、夜の常連さんが昼の部にもなだれ込んでいるのだと断じたのですが如何でしょうか・・・

それでは(^_-)

東池袋 ひまわり亭

今日は「そうだったんだ其の五」の話です。

◆日付変更線
16世紀の初めになされたマゼランの世界一周が日付変更線を設けるきっかけになったそうです。
マゼランは途中死んだのですが、毎日きちんと日誌をつけていた乗組員がいて、スペインに帰ってみたら、一行が記録していた日付とスペインの日付が一日違う事が分かって大問題になったそうです。
なんたって、三年の年月をかけた、国を挙げての大航海ですからね。
つまり、マゼラン一行はスペインを出て、地球の自転とは逆に、西へ西へと行ったわけですから、戻ってきたときには一日スペインの日付が進んでいたというわけです。

◆回文の名人
コピーライターの土屋耕一さん。彼は回文の名人だそうです。
彼の回文を紹介します。
「軽い機敏な子猫何匹いるか」
「スタミナ充たす」
「済んだらふらふらフラダンス」
そして代表作は
「力士手で塩舐め直して仕切り」
です。

◆駄洒落好き人間の執念
紀伊國屋書店の創業者の田辺茂一さん。
夜の帝王とも言われた方です。
この方はあちこちに行きつけの酒場が有ります。その中でも姉と妹で一緒にやっている酒場があって、何故かそこにかならず友人を連れていくそうです。
そこに着くと田辺さんは「あっちが姉さんで、こっちが妹。店を取り仕切っているのは妹のほうだ」って紹介し「だからイモウトコントロール」と駄洒落をかますわけなのですが、ただそれだけを言いたいがために友人は連れ回されるのですと。

◆沖縄のトイレットペーパー消費量
【QOT】
ちなみに全国でトイレットペーパーを最も消費している県は「仲縄県」。一ヵ月のトイレットペーバーの使用量は、一人につき全国平均が3.3ロールだが、沖縄県ではなんと倍近くの6.19ロール。
金銭感覚あふれる関西人か沖縄人のトイレットペーパーの使いっぷりを見たら、卒倒するのではないだろうか。
【UNQOT】

知り合いの沖縄県人にこの件(くだり)を聞いたところ、使用したトイレペーパーの長さは毎回確認することはしないのでそんなに大量に使っているという認識はないですよ。
でも思い当たるとすると沖縄県人は全般的に浪費癖があるのでそこからきているのではないですかね。とのことでした、ハイ。


Hope this really works make that well!:D



今日は東池袋にある人気洋食屋さん「ひまわり亭」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都豊島区東池袋4-3-4
電話:03-3980-5387
定休日:日曜・年末年始

IMG_0523
お店の外観です。

IMG_0524

IMG_0525
ランチメニューです。

IMG_0526

IMG_0528
今日のオーダー「ロースステーキと牛肉のコロッケ(サラダ・ライス・みそ汁・コーヒー付)」@840円です。
一見こぢんまりとした風情ですが、店内に入るとカウンター6席、4人掛けテーブルが5席以上あり、かなりの客数が収納可能な店内です。

IMG_0529

IMG_0530_1
待つこと15分で到着です。
お店の方からは、鉄板が熱いので注意してください、と言われました。
その通り鉄板がチンチンに温まっており湯気が蜃気楼のように立ち昇ってきます。
それでは実食です。
うん、これは美味しい!
ロースステーキは脂ののりもよく塩胡椒もほどよくきいており久々に味わった美味しさです。
コロッケも程良く甘くてホッコリしていて結構な味わいです。
しかしかかし歓喜の昼餉もここまでです。
冒頭のチンチン鉄板の熱がロースステーキに伝わってきて肉が硬くなってきました。
最後の方は美味しかったロースステーキはただの肉の塊と化してしまいました。
これは考えてしまいすね。
確かに鉄板は保温の役目もするので暖めるのは理解できるのですが、やはり“過ぎたるは猶及ばざるが如し”です。
まだロースステーキ@840円だから許容できるですがサーロインステーキ@1,575円ですとさすがに一言シェフに言ったかもしれません・・・
IMG_0531
このコーヒーカップは指がかからないので持ちにくかったのですが、これは使い勝手より意匠を優先したというものなのでしょうね。こちらは納得です。

それでは(^_-)

東池袋 かざみどり

今日は「東京デイズニーランドのトリビア」の話です。 
IMG
実は東京デイズニーランドは大好きです。
子供が小さかったころ子供が行きたいというのをいいことに便乗していき、子供より本人が楽しんでいたというしょうもない父親です。
札幌に転勤して、東京デイズニーランドにはいけないものと諦めていたところ、妹の結婚式で東京にいく機会ができたので皆で結婚式の次の日に出向きました。
楽しかったな・・・
でも帰る時、子供が駐車場で隣の車のドアに私の車のドアをぶつけてしまい、その修理費で大出費となりましたが、今となっては楽しい思い出でもあります。

閑話休題おはなしはもどりまして
東京デイズニーランドには東京デイズニーランドならではの裏話があるようです。ここに紹介しましょう。
ただしこの裏話の内容は「ミッキーマウスの憂鬱」松岡圭祐著よりの転載です。
著者の書いている東京デイズニーランド(以下TDLと略)は浦安にある実在の団体名とはちがうフィクションの同名他社ですので、くれぐれも浦安にある実在の団体名と読みかえないでください。宜しいですか、お願いしますネm(__)m

TDLでは“いらっしゃいませ”といってはいけません。“ようこそ”以外はだめなようです。
TDLではオンステージの時は、キャストはどんなに緊急なときでも走ってはいけないそうです。
TDLでは男性のキャストの髪は耳にかからないこと、染めないこと、これがTDLルックだそうです。
フェイスのキャスト(顔を出しているキャラクター=姫や王子の役)は本場デイズニーランドから一年契約で派遣されてきて、高級マンション住まいで、ギャラも高いそうです。
TDLにおいてはそれぞれのキャラクターの身長はミッキーを基準に決められています。ミッキーとミニーは同じで、グーフィーはミッキーより約11%高く、ドナルドは7%低いそうです。
ワールドバザールは奥に向かうにつれて微妙に道幅が狭まっており、その為により遠近感に錯覚がおきて、シンデレラ城が遠く見えるようになっているそうです。

いかかがですかフィクションのTDLは・・・
TDLは遊園地ではなく体感する映画とでも呼ぶべきテーマパークなんだそうです。ですからそこで働く人々はすべて役割を演じており、従業員は全員出演者(キャスト)と呼ばれ、訪問客はゲストと呼ばれます。ゲストの目に触れるところは全部オンステージで、そうでない裏舞台はバックステージです。
オンステージではキャストは常に演技を続けています。それが食堂で働こうが、掃除係であろうと彼等は演技者だそうです。

著者はこの夢と魔法の王国TDLは、キャストの無邪気な忠誠心を利用して、安い自給でこき使っている資本主義の縮図みたいなものといっていますが、そんなことは皆承知で楽しんでいますよね。
いけません、ついうっかりとTDLを浦安にある実在の団体と混同してしまいました。
だれもTDLには行けませんものね。
ああ何てややこしいネタを選んでしまったのでせう・・・


ダイワハウス 役所広司 唐沢寿明・黒木メイサ 「 HAPPY NEW YEAR! 」 編です。これは面白いですよ



今日は東池袋に出没です。
今日の店は、過去かなり通っていた「かざみどり」さんに再訪です。
なにやらネットでは男性の店主or店員さんの評判がよくないとか・・・
どうなんでしょうか?

住所: 東京都豊島区南池袋2-41-20
電話:03-3987-6453
定休日:日曜日・祝日

IMG_0223
店の外観です。

IMG_0226
メニューです。

IMG_0227

IMG_0228
本日のオーダー「A LUNCH(スープ、チキンカツ、ホタテクリーム煮、ライス、コーヒー)@840円です。
このお店には10年程前、取引先が近くにあったものですから足繁く通っていました。
なんて美味しいお店なんだといつも思っていました。
ということで10年ぶりの久闊(きゅうかつ)です。
お店は中国人のスタッフさんとネットで評判の宜しくない店主or店員さんの二人体制です。
店内は私を含めて六人、いわゆるガラガラ状態です。ネットの書き込み通りの悪評で客足が遠退いたのでしょうか…

待つこと6分位で着皿です。
それでは実食です。
まずはチキンカツから頂きました。ちょっと作りおきみたいな感じですが、温もりもありましたので問題ありません。衣はサクサクとはしてないものの美味しいですね。
白眉は程良い甘みのタレです。すごく美味しいです。
前からこのお店を気にいっていたのは、パスタでもそうですがソースが美味しいのです。
ちょっとないですよこの美味しさは。ここのコックさんのレベルは高いと思います。
そしてホタテのクリーム煮です。大振りなのにプリンプリンしていてこれまたイケます。
なんだ10年前と味は変わってないじゃないですか。

唯一気になったのは、食べ終わると中国人のスタッフさん若しくは男性の方が脱兎の如くテーブルに飛んで来てスープカップやお皿をすぐに下げることです。別にそれはそれでいいんですけれど。
笑ったのは食後のコーヒーですか、最後の一口を口に入れたと同時に中国人のスタッフさんが小走りで持ってきました。
う〜ン、ガラガラの店内ですので何か見張られているみたいで落ち着きませんね・・・
これかな、評判がよくないのは?とすると男性は店主ですかね?

それでは(^_-)

池袋 楊  2号店 

今日は「昔の下町其の八」の話です。 
今日はMy tweetです。
実は子供の時、下町特有なのかは分りませんが以下の言葉の意味が良く分りませんでした。
ということで永年の疑問と決別するためにnetで調べてみました。

バタ屋
◆バタ屋
◆#私の理解:バターから来ている言葉で脂ぎったお乞食さんだと思っていた。
◆#正しい意味:屑物拾いや古物商の事を「バタ」と言った。 
「バタバタ」とごみ箱をあさり売り物を探す様という説と、道「バタ」で拾ってきたような古物を商った事から「バタ」と呼ばれるようになった説がある。
バタ屋を現代風にいうなら廃品回収業者。背中に竹で作った大きな籠を背負い、長い竹のハサミで街の中に捨ててある物を背中の籠に入れて集め、仕切り屋と呼ばれるそれ専門の買い屋に売って、いくばくかの金を得る貧しい生活をしていた。彼らはたいてい川のそばの公営地を不法に占拠してバラックを建て、集団で暮していた。これがバタ屋部落と呼ばれるスラムである。

全く違っていましたね。確かにこのような廃品回収業者はよく町でみかけました。
今ではこの言葉は放送禁止用語になっているようですよ。

◆省線
◆#私の理解:加山雄三が湘南の海に遊びに行く時に乗っていくJRと信じていた。そこから演繹して湘南へ行くJRの電車だと思っていた、即ち「湘線」。
子供だったので字が違う事には拘泥していなかった。
◆#正しい意味:1920年から1949年の間、現在の「JR線」に相当する鉄道を指した言葉。

当時の国有鉄道が、以下のような「省」レベルの政府機関によって運営されていたことによる。
鉄道省(1920年〜1943年)
運輸通信省(1943年〜1945年)
運輸省(1945年〜1949年)

鉄道省、運輸通信省、運輸省で運営されていたのでその「省」をとって省線ですか。
よく理解できました。ところで「E電」はどうなったのでしょうね・・・

◆チンピラ
◆#私の理解:子供だった私はチンピラをキンピラ好きな不良、すなわちキンピラしか食べられない貧乏な不良だと思っていた。
◆#正しい意味:「昔の隠語辞典類に子供のスリをさす言葉という記述がある」とある。子供をあざけっていうときの大阪の方言「ちんぺら」が転じたという説もあるとのこと。陳平という昔の中国の策士の名前から来ているという説もあるそうだが、信憑性には欠ける

要は年端のいかない一人前ではない不良若しくは身の丈以上に虚勢をはる不良なのですね。
キンピラを食べすぎると脳に良い栄養がいかなくなりチンピラになるんだ、その証拠にチンピラはやたら人前で平気でオナラする破廉恥じゃないか、という下町の都市伝説をマジに信じていました。従ってキンピラを食べすぎて下腹が張ってくるとチンピラになるのではないかと戦慄したものです。

◆アッパッパー
◆#私の理解:頭の足りない女性が着る服 。子供だったのでアッパッパーのパーを頭の足りないパーと関連付けていた。
◆#正しい意味:頭からかぶるだけのワンピース(部屋着・簡単服)。服装は、「ムームー」に似ている。戦中戦後直後に流行した。
アッパッパーはルーズとかフリーにしておくとかいう意味合いで使われる。語源は「UP A PARTS」。
服装が大らかな雰囲気をかもし出していることから、「能天気」「アホ」という表現で使われていることもある。

なんだ、これって英語だったのじゃないですか。でも子供の頃の私の理解の半分は当たっていましたね。


アメリカ版サスケです。
They might break their bones ?



今日は池袋に出没です。
今日のお店は四川料理の名店中国家庭料理「楊 」2号店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-25-5
電話:03-5391-6803
定休日:不定休

IMG_0544
お店の外観です。

IMG_0546
店内の雰囲気です。

IMG_0545
メニューです。

IMG_0547

IMG_0549
今日のオーダー「汁無し坦々麺」@780円です。
実はこのお店は二回目です。
前回はownerの楊さんがいて色々と説明してくれたので楽しく頂きました。
しかしこのお店はオーダーをone by oneで調理するのではなく纏めて作るので出てくる順番が滅茶苦茶です。まあ前回(夜編)は飲みながらだったのでそれ程は気にはならなかったのですが、それでもoperationの悪さには鼻白んだものでした。

待つこと10分で着皿です。
運ばれてきた担々麺はたっぷりの中太麺に挽肉、青梗菜、砕いたアーモンドが乗せられています。かん水を使っていないという中太ストレート麺はモチモチしていてパスタ的な食感です。それでは天地返しを繰り返して実食です。
量がかなり多いですね・・・実は量が多いのは好きではない。
ソースは芝麻醤とラー油がメインでかなり濃厚な味わい。
山椒は多いと注意書きでかかれていたので受付するものの何の為にここまで投入するのか疑問です。
味ですか、最初の3分間はそれなりに食べられたのですが、その後は麺にからまっている油がくどくてイケません。そのうちモチモチ麺が胃の中で膨満してきたので”クドさ”が”嫌さ”に変わってきました。さらに追い打ちをかけるように山椒の辛さで舌が痺れてきてトホホ状態です。この状態をresetすべくお水を頼んだら定番のoperationの悪さからお水の放置playです。
仕方なく食べ続けたのですが、油のくどさと妙なショッパさとアーモンドのコッテリさが三重苦状態となってきました。
食べる者の礼儀として残すことはほとんどしないのですが、事ここに至ってはquit eatingです。
ごめんなさいね、体調が悪かったのかもしれません・・・
しかし山椒を多く入れるのであればお水のchangeはtimelyしていただきたいものであります

それでは(^_-)

池袋 かるかや

今日は「芸妓(げいぎ)読本」の話です。 
芸者
“今芸妓に求められているものは?”という課題に取り組み、花街側を含めた色んな分野の人々に意見を求めたのが、昭和10年5月に発行された「芸妓読本」(三宅狐軒著、全國同盟料理新聞社刊)でした。
これは稀覯本 (きこうぼん)です。Netで調べましたら現在12,000円の値付けがされていました。
今回本当に苦労してその本を探しました。
つきましてはその一部を以下に記しましたのでご覧ください。
昭和初期の芸妓さんのこの職業への向き合い方が理解できると思います。

一、芸妓は日々のおつとめを、厳しくすべし。
朝は午前十時までに起きて身の廻りの掃除、衣裳の手入れをして、入浴は三時までにすまし、何時お座敷がかかっても行けるよう大事にすること。
二、髪結いと化粧は、定められたる見だしなみを致すべし。
髪結い賃は惜しまず日髪にし、遠出、芝居行き、その他、これに類する時以外には、一切女優髭、ハイカラ髪を結わぬこと。なお髪結いの待ち時間に、お客様、抱え主、朋輩の噂を慎むこと、化粧も当世風を避け、京白粉、京紅を用い、耳采や髪の生え際などに白粉が固まっているのは、素人くさく芸妓として恥ずべきこと。
三、お稽古ごとは、芸妓学校で定める諸芸を習得すべし。
舞、唄、三味嫁、鳴物、大鼓、笛の諸芸を一通り習得のうえ、一芸に励み、芸妓がお座敷にて私は立方(舞)だから地方は出来ないなどといわぬこと、それには髪結いの待ち時間にも、口三味線で唄の稽古をすることが肝要。
四、お座敷への道すがらは、舞台の花道と心得るべし。
お座敷へ行く途中、朋輩と喋りながら歩いたり、男衆(箱屋)と並んで歩かぬよう、往来にはどんな人が歩いているか解らず、将来、大切なお客様になる方もおられるから、一流の芸妓として後指を指されぬように品位を守ること。
五、お座敷入りは、作法正しく入るべし。 
お茶屋へ入る時は、冬ならば襟巻、コートその他の被り物を取り、履物は邪魔にならぬよう片隅へ揃えて脱ぎ、お座敷の前まで来ると、襖を開いて敷居の外にお尻を置き、両手を敷居際についてお客様に笑顔で挨拶し、応答あって後、はじめて内へ入ること。
六、主客を見極め、取りなしを慎重にすべし。
お座敷へ入ると、まず主客を見極め、解らぬ時はお茶屋に聞き、お手前様(招待側)よりお客人に気を配り、上座のお客入を大切にすることはもちろん、同特に下座のお客様も丁重にもてなすこと。
下座のお客人は、将来、大切なお客様になられる方で、特に床柱を背負っている上座のお客人より、花柳のためになるお客入が多く、また芸妓の人気も下座のお客人から出る場合が多いことを忘れぬよう。
七、芸妓はみだりにものねだりをするべからず。
芝居行き、買物はもちろん、お座敷で袂から会の切符を出して買取リねだるのは、橋のたもとで物売りが押売するのとご同様のこと故、固く慎むこと。なお食べ物のねだりが最もいやしくお座敷でご馳走をねだったり、お客様の帰られた後、勝手に食べ物を注文するに至っては、芸妓の一番の恥辱と心得ること。
八、座替りは、必ず検番、お茶屋を通すべし。
御贔屓のお客様が、他の座敷にいらっしゃるからとて、お茶屋の指図を待たずに、勝手に座替りして花代をつけてもらわぬよう、止むなく座替りしたり、座敷をぬける特は、必ずお茶屋または検番の許しを得て、代りの人が来てからぬけること。
九、お座敷中はみだりにお茶屋の電話を使うべからず。
勝手にお座敷をぬけ、お茶屋の電話で長話するは、おつとめを疎かにする固故、屋形、検番などへの商売の用の時のみ、断わって電話を借り、電話代は必ず支払うこと。僅かな電話代を胡麻化したり、惜しむ人がありますが、先の食べもの回様、その人の意地汚い日常を物語ること故、ゆめゆめお支払いを忘れぬよう。
十、お客様の屋形入りは厳禁なるべし。
お茶屋でお馴染をつけてもらったお客様を、お茶屋を通さず無断で屋形へ引き入れるのは芸妓稼業を損う因で、お茶屋と芸妓は、持ちつ持たれつ、つまり共存共栄の業であることを忘れぬよう。それに屋形入りするお客様に緑な人はなく、意地汚い遊びの末に、女は欲張り、男は己惚れで角突き合し、とどのつまりは喧嘩別れになることは間違いなし。
十一、亘耶さんへのおつとめは、専一丁重に心かけるべし。
旦那さん持ちの芸妓は、目分のご主人と思い、専一におつとめすること。閨捌きは 巧みに滞りなく、しかも事後は慎しいご挨拶と身じまいを忘れぬこと。淫に乱れ、あと汚なきは、早々のお暇の因になり、どこまでも芸妓らしい技でおつとめすること。


当時の旦那は芸者を落籍(ひか)せて、お妾さんにしたか方も多かったと聞き及んでいます。
昔のお妾さんって大変なのですよね。
お妾さんになったら、まずは本宅に妾になった旨の挨拶に出向きます。
するとそこで本妻さんにお子さんがいる場合には子供は作らないことを条件にだされます。
仮にお妾さんに子供ができたら、その子の臍の緒と引き換えに手切れ金が渡されて、その子はその旦那の本宅との縁がないことを承諾させられます。
明治時代の法律が非嫡出子(ひちゃくしゅつし)を認めてなったので仕方のないところなのかもしれません。

当時のお妾さんは、今見たいに携帯がないので旦那さんとは自由気ままに会えないのです。
ひたすら“私待つわ〜♪、いつまでも待つわ〜♪”のあみん状態です。
当然のことながら本宅に電話するのは厳禁です。

一番酷(ひど)いのはお妾さんが、不慮の病気、事故等で亡くなった時、旦那さんは通夜や葬式にもでられないそうです。当然の事ながら逆の場合の旦那さんがなくなった場合もお妾さんは旦那さんの通夜や、葬式にも出られないのです。

結構厳しい環境での夫婦?関係ですが、その代償としてありあまる時間と不自由ないお金(含不動産)が渡されていますので、如何なものでしょうか・・・

今でこそお妾の子供って死語ですが、僕らの世代では山口百恵さんがそうでしたし、西武グループの堤義明、清二氏もそうだったように記憶しています。
昭和は遠くなりにけりですね。


IMG_0384
今日は少し風変わりなお店で昼食です。
今日のお店は西武デパートの屋上にある「かるかや」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋1-28-1 池袋西武屋上
電話:03-3981-0111
定休日:不定休(西武デパートに準ずる)

IMG_0385
お店の外観です。

IMG_0382
西武デパートのB1にかるかやさんの製麺販売店があります。
西武デパート店内は写真撮影厳禁ですので地図でその場所を示します。
ここの切り落とし(二~三人前@50円)はよく買いにきます。美味しいですヨ!

IMG_0386
メニューです。

IMG_0387

IMG_0390
今日のオーダー「スタミナうどん」@500円です。
トッピングは生卵、山菜、揚げ玉、油揚げです。
それでは実食です。
このような冬晴れのポカポカ陽気にさぬきうどんを食べるというのは本当に気持ちのいいものです。思わず大好きな仕事のことも忘れてしまいそうです。
味ですか、山菜がなければかなり美味しいですよ。この山菜、多分業務用でしょうか。
妙にくどいです、私はこのような山菜は嫌いです。
白眉は揚げ玉です、香ばしくって美味しいですネ。
麺は太さが不揃いでコシがありいかにもこれぞ手打ちという感じで結構です。
少し塩が効きすぎていますがご愛嬌です。
しいていえば麺汁(つゆ)がぬるいですね。
毎回頼む時にいうのですが、私の欲する温度には達していません。
でもこれが@500円でいただけるのであれば、全く申し分ありません。
B級グルメの頂点のようなお店です。

それでは(^_-)

高田馬場 べんてん リターンズ

今日は「Christmas omnibus vol.2」の話です。 
クリスマスがcountdownされています。
もう少ししましたら街中に“Merry Christmas”のご唱和が響き渡るのでしょう。
ところでアメリカでは“Merry Christmas”って言わないのをご存知でしたか。
アメリカは多民族によって形成されている移民国家です(いまでも世界の移民の20%はアメリカを目指すと言われています)。
そうしたさまざまな人種や民族が混合している状態はこれまで「人種のるつぼ」(melting pot)とか「サラダボウル」(salad bowl)と呼ばれてきました。
いろいろな国からやってきた人がたくさんいるということは、すなわちさまざまな宗教を背負った人たちがいるということを意味します。

つまり、アメリカにはキリスト教以外の宗教をもった人びとが数多くいるということです。
そうした人にとってクリスマス(キリストの降誕祭)は自分たちにはまったく関係ないことなのです。
ですから、当然のことながら「クリスマスおめでとう!」( Merry Christmas!)の挨拶もしません。
では、そうしたクリスチャンではない人たちはどんなあいさつをしているかというと、
ほとんどが Happy holidays!(よい休暇を!)か Enjoy holidays!(休暇を楽しんでね!)です。
メールやカードもMerry Christmas!は書かず、 Season’s greetings!(季節のごあいさつ)としてWe wish you all the best for the holiday season (素晴らしい休暇を過ごされますように)などと書くのが一般的です。
「ニュース超速報」参照


「I Love Cinemas」シリーズの評価が高い手嶌 葵が、クリスマス名曲を全編英語でカバーしました。心を揺さぶる透明感あふれる歌声とジャジーでアコースティックな手嶌ワールドをお楽しみください。

eggnog
今日カナダ人と来週やるPotluck party(お料理持ち寄りパーティー)の下打合せをしていましたら彼から、飲み物はEggnogだよね、といわれたので直ぐには意味が分からず、数回聞き直したところ、彼らのクリスマスの時の定番飲み物だそうですよ。
帰宅してからあらためてNetで調べたところ、英米などでは、クリスマスや新年のような冬の祭りに供される飲み物のようです。
このクリスマスにはなくてはならない冷たい飲み物は、ミルク(またはクリーム)、泡立てた卵、砂糖、ナツメグ、さらに、ラム酒が伝統的に使われているようですが、近年ではブランデーやウィスキーを入れてもOKだそうです。
飲んだことがないので来週のPartyの時に作って持って来てよ、と頼みましたので、初飲みです。こういうSurpriseが異文化交流の楽しみですネ・・・

皆さんはどのようなクリスマスをむかえますか・・・

今日はグルマンのメッカ、大行列大盛ラーメンのお店「べんてんラーメン」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_0219
お店の外観です

IMG_0222
年末・年始休業のお知らせです。
恒例の元旦営業、今年は元旦が日曜日なので材料が入らない為見送ったそうですよ。

IMG_0220

IMG_0221
今日のオーダー「焦がし(焦がし油、葱)塩ラーメン(麺少なめ)」@850円です。
まずここの麺量ですが
Default 350g
中盛 600g(+@100円)
大盛 1,000g(+@300円)
だそうです。
ちなみに今日の私の麺量は240g位なのでしょうか、それでも多いですネ。
食べている時どなたかが半盛を頼まれていたので半盛があるのを知りました。
次回は半盛にしましょう。

味ですか、スープは鯖節を主体とした魚介系のスープです。
スープの熱々は守られています。
少し塩ダレが効きすぎているのか、後半少しきついですネ。
麺は定評あるプリプリ麺です、これは美味しいです。
チャーシューは肉厚があり、なおかつ適度の油がのっており、ホッコリしてイケます。
全般的に美味しいのですが、個人的には麺の美味しさの方に気をとられてしまい、印象が今一つでした。

それでは(^_-)

池袋 キッチABC リターンズ

今日は「サラリーマン川柳」の話です。 
第一生命さんが毎年行う「サラリーマン川柳」です。
過去の優秀作品を記してみました。なかなか面白いですネ。

第1位仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い 北の揺人
得票総数 3,191票

第2位「先を読め!」 言った先輩 リストラに 山悦
得票総数 3,183票

第3位ただいまは 犬に言うなよ オレに言え さらば地球
得票総数 3,096票

第4位 「離さない!」 10年経つと 話さない 倦怠夫婦 得票総数:3,038票

第5位 すぐ家出 諭吉はわが家の 問題児 甘下り 得票総数:2,588票

第6位 先を読め 読めるわけない 先がない 先端社員 得票総数:2,568票

第7位 こどもでも 店長なのにと 妻なげく  みいみい 得票総数:2,295票

第7位 体脂肪 燃やして発電 出来ないか  ちょびっと 得票総数:2,052票

第9位 70歳 オラの村では 青年部  長老A 得票総数:2,007票

第10位 妻キレて 「来とうなかった 嫁になど」 一見(いっけん) 得票総数:1,867票

如何でしたか、個人的には第十五回一位の「デジカメの エサはなんだと 孫に聞く」が好きです。こうやってみても何げなく世相を表しているのがいいですね。

面白遠近画像です。
遠近画像

遠近画像



IMG_9405
今日は高岡に宿泊出張です。
取引先は飛行機移動出張がNGなので、それに付き合いでいつもJRです。
4時間も車中の人になるのは疲れますね、はやい北陸新幹線の開通を望みます。


今日は池袋に出没です。
今日のお店は洋食の殿堂「キッチンABC」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-26-6 サンサーラ西池袋ビル 102
:03-3982-1703
定休日:無休

IMG_9406
お店の外観です。

IMG_9408
店内の雰囲気です。

IMG_9407

IMG_9409
今日のオーダー「日替定食」@720円です。
内容は焼肉、茄子の生姜焼、ベーコンエッグです。
ここの洋食は良いです、焼肉は肉が柔らかくホクホクしています。茄子の生姜焼きはキッチリと生姜の存在感をだしています。ベーコンエッグはお約束の半熟でイケます。
全般的に味が濃いのも評価が高いのです、最近この様なベタな洋食屋さんが少なくなってきたので大事にしたいお店です。
今日も美味しかったですよ

それでは(^_-)

東池袋 YUKI

今日は「My soul food」の話です。 
高校の同級生ウダと飲むと必ずでる話題が「どんどん焼き」です。
同級生でもこの話をすると「どんど焼き」と勘違いする輩(やから)がいますが、後者は日本各地で行なわれる小正月(1月15日)の火祭りのことですから。
「どんどん焼き」というのはお好み焼きの路上販売品です。
多分東京の下町でしか食べられないものだと思います。

焼きどんどん
「どんどん焼き」は今のお好み焼きのように、何でもかんでもメリケン粉の中へまぜこんで焼き上げる、というような雑駁なものではありません。
ベースはメリケン粉(小麦粉)を溶いて卵とあわせたもので、牛ひき肉のボイル、イカ、干しエビ、食パン、牛豚生肉、揚玉、キャベツ、タマネギ、鶏卵、こしあん、乾燥麺、豆餅等が使われています。

メリケン粉の中へ材料をまぜこむのは「牛てん」のみで、これは牛挽肉と日本葱を入れ、ざっくりとまぜ合わせて鉄板へながし、焼きあげてウスターソースで食べます。

イカやエビを焼くときは、かならず、メリケン粉をうまく小判型に鉄板へ敷き、その上へ材料をのせ、さらに上からメリケン粉をかけまわして両面を焼くのです。

子供の頃は縁日や公園にいけば「どんどん焼き」の屋台がありました。
また太鼓をどんどんと鳴らしながら巡回していた屋台もあったので、案外語源はここからきていたのかもしれません。
しかしこの「どんどん焼き」は突如として東京の下町から掻き消えたのです・・・何ででしょう、もんじゃ屋さんがそれに替って台頭したか、作れる職人が高齢化により払底したか、何れかでしょう?

最近この「どんどん焼き」をもう一度食べたいなという気持ちが湧きあがっています。
特に食べたいBEST3は以下の通りです。

カツレツ 鉄板にメリケン粉を小判形にのばし、その上に牛や豚の生肉の薄切りをのせ、メリケン粉をたらし、乾かないうちにパン粉をふりかけて、両面を焼いたものです。

オムレツ ベースのメリケン粉に卵を割り落として焼き、あげ、長方形にたたんでソースをかけたものです。

おしる粉 鉄板にメリケン粉をほそながくのばして、上から豆餅と餡をのせて巻き込んで焼き、それをハサミでチョキチョキと小さく切ります。
そしてこの小片を入れる土台を焼き、その上に切っておいた小片を盛り、黒蜜をぐるぐるとかけ回したものです。

味ですか、当時で一個5円から20円位のものですから極上の味ではありません。
しかしこの値段で似非(えせ)カツや似非(えせ)オムレツ、似非(えせ)お汁粉が食せることができたのです。
貧乏家庭が多い当時の下町っ子は、この様な買い食いをすることで、プチブルジョアになったような気になれたのです。
本レシピは「チキンライスと空の旅」池波正太郎著を参照しています。

全国的にGWに突入です。
妹や長男はな何と10連休とか・・・私の会社はいかなる時でも暦通りですし、昭和の日は休日出勤をしていました。
ということで画像だけでも海外旅行気分です・・・書いていてムナシイ。

▲疋ぅ弔離┘襯拈遒砲かるマクデブルク水路橋

ドイツのエルベ川にかかるマクデブルク水路橋
ドイツのエルベ川にかかるマクデベルク水路橋です。世界最長とか?

ハワイの夕焼け
Hawaiiの夕日です、Honoluluマラソンに“出る出る”といって掛け声だけです、はたしていつ出走できるのか・・・


今日は池袋に出没です。
今日のお店は、前から気になっていた洋食店「restaurant Yuki (幸)」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋3-7-11
電話:03-3983-1639
定休日:不明

IMG_8296
お店の外観です。

IMG_8298
店内の雰囲気です。

IMG_8297
ランチメニューです。

IMG_8299

IMG_8300
本日のオーダー「ショウガ焼」@870円です。
見ての通りの「生姜焼」です。
味は古典的洋食の「生姜焼」の味付けです。生姜の味わいが存在感を持っています。懐かしい味です。
しかしこの「ショウガ焼」は肉が薄いし、火を入れ過ぎたためか硬いのです。さらに言えばご飯の盛が少ないのです。
でも店内満員です、そうなのですね、このお店はフライ系が得意なのです。
店員さんとお客さんの会話を聞いていても大半が常連さんのようです。そしてその常連さんの80%がフライ系の料理を頼んでいました。
確かに隣のサラリーマンのオジの「メンチカツ」はベースがコンモリとした焼きスパ?でその上にボリュームたっぷりのとても良い揚げ色のメンチが鎮座しています。
Just my luck! (ついてない)・・・こんな読み違いの日もあります。

それでは(^_-)

高田馬場 ラーメン二郎高田馬場店

今日は「サクラ咲く」の話です。 
暖かくなって春が来だのを知ってから、サクラは花をつくるのではない。サクラが花を咲かせる準備をするのは、なんと前年の夏前、六月頃のことなのだ。ひととき皆から花の季節を愛でられて、花が散ってしまうと忘れ去られてしまうサクラ。青々と葉っぱを茂らせている頃、サクラはひそかにもう次の年の用意をしている。
 
植物の芽の先、いちばん細胞分裂が盛んな部分を生長点という。青葉茂れるとき、生長点は盛んに葉っぱを作り出し、光合成を盛んに行う。しかし生長点のいくつかの細胞は、花を作るため特別な分化を果たす。分化とは細胞の専門化のこと。花を作るためのもとになる細胞群を「花芽」という。形成された花芽は、そのままいったん成長を止めて休眠状態に入る。秋から冬のあいだ、花芽はじっと寒さに耐えながらその寒さの数を数えている。ここで一定期間、一定量の低温にさらされることが重要で、このプロセスを経て初めて花芽が再活性化される。だから暖冬で寒さが中途半端だったり、一年中暖かいところではサクラはきれいに咲けない。
 
再活性化された花芽はこんどは暖かい日を数え始める。気温が15度より低ければブレーキをかけ、高ければアクセルを踏む。そして蓄がだんだん膨らんでいく。開花予想はこの時点で、気温変化と蕾の様子を観察して算出されている。

そしてサクラが一斉に開花するのにはもうひとつ理由がある。それは日本の春を彩るソメイヨシノというサクラの樹が、たった一本の樹から挿し本だけで全国に広められたクローンサクラだから。 
「福岡ハカセのパラレルターンパラドックス」福岡真一著より転載

そうなんですか、桜が一斉に開花するのはクローン桜だからですか。
今年は東日本大震災の影響でお花見もできないとか、個人的には一億総自粛状態は経済活動を停滞させ、しいては日本の税収にも影響を及ぼします。
満開の桜の下でドンチャン騒ぎは如何なものかと思いますが、皆が一日も早く普通の状態に戻るのが日本復興の嚆矢だと思う今日この頃であります。

街で見かけたワンシーンです、この画像の判断は見た人の考えにゆだねます。
しかし・・・
IMG_8103

IMG_8105

IMG_8104


今日は朝から二郎が食べたくなりたまさか打合せで高田馬場にいくので、lunchは二郎と決め打ちしていたのです。
ということで今日のお店は「ラーメン二郎高田馬場店ラーメン」さんです。

住所:: 東京都豊島区高田3-17-8
:非公開
定休日:木曜日・日曜・祝日

IMG_8096

IMG_8102
お店の外観&行列画像です。

IMG_8097_1
店内の雰囲気です。

IMG_8099
今日のオーダー「らーめん」@650円です。
本日のトッピング(無料サービス)は、野菜、にんにく、ちょい辛です。
ウーンどうなんだろう・・・この小山の様な野菜の塊を見ると一体これはラーメンなのだろうかと思わず考えてしまいました。

味は仄聞するに三田本店に限りなく近いというのですが。
総帥が三田の角地で@150円でラーメンを供していたころから食べ続けているオールドジロリアンですがこのボリュームにはもうついていけません、そろそろ手仕舞か(笑)
味は二郎です、美味しいです。
スープは最初乳化が少ないかと思っていたら途中から乳化したスープがでてきました。
野菜がおいしいですね、特にモヤシが臭みもなくいけました。
崩し豚はホロホロしていいて美味しかったです。
全般的にイケましたが量がねやはり・・・5行前にも書きましたがそろそろ二郎は引退か?

それでは(^_-)

続 池袋 キッチンABC

今日は「負け犬・勝ち犬」の話です。 
たとえば二十三歳の若手OLが、同じ日に二人の男性から誘われたとしましょう。一人は、素朴で貞面目で今のところは貧乏で話題の貧困な、同い年の男性。
彼は「東京一週間」に載っていた新しい居酒屋に行こうと言っています。 
もう一人は、既婚で物識りでマスコミの仕事をしている、年上の男性。彼は、行きつけのフグ屋に行こうと言っています。
その時、勝ち犬的素養を持つ女性であれば、たとえそれまでの人生の中で一度もフグを食べたことがなかろうと、 
「フグ屋に行ってはいけない」 
という天からの声を聞き、前者と居酒屋でデートをするはずです。
ところが負け犬的素養を持つ女性は、 
「フグつてどんな味なのか?」 
という好奇心に抗(あらが)うことができません。
ついフラフラとフグ屋に行ってしまった結果、てっさだのヒレ酒だのそして不倫だの、知らずに一生終えても何ら問題はない「面白いもの」の味を、憶えていくことになるのです。

【中略】

未来の勝ち犬は、フグ屋に誘われた時にこう考えるのです。
なるほどフグは、おいしいのかもしれない。
しかし私がフグの昧を知ったからといって、そこに何の得が生まれようか。私はグルメ自慢をしたいわけではない。
女は下手に贅沢な味など憶えず、何を食べても「うわあおいしい、こんなの初めて食べた!」と言った方がずっと男ウケは良いのだ。また、年上の物識りの男の方が同い年の男より刺激的で面白いことも確かだろうが、そんな男と親交を深めても、やはり何ら得は無い。
何だかんだ言ったところで、女としての幸福の基礎になるのは結婚であり、より良い結婚をするにあたって、おじさんとの付き合いは百害あって一利なし。
同い年の男は、今は貧乏でも将来性があるし、話なんかつまらないくらいの方が、将来こちらの意のままに扱う事ができて結局はとくなのだ。

【中略】

対して、未来の負け犬はこうです。
「フグ?食べてみた〜い!『フグ食べちゃった』って友達にも自慢できるし、それにこのおじさんと仲良くしていれば、色々とおいしそうなもの食べさせてもらえそうだし。同い年の男なんてつまらないもの」と目先の快楽しかおってない。

「面白いことより、将来的に得なこと」
と考えるのが未来の勝ち犬
「将来の事はよくわからないから、今面白いことを」
と考えるのが、未来の負け犬。
「負け犬の遠吠え」酒井順子著より転載

なるほどこのエッセイを読んでいると、まるでイソップ寓話の「アリとキリギリス」を彷彿させます。
男性としてはこのようなstereotypeの切り分けより含羞の包含差に勝ち犬・負け犬の分岐があるように思えます。
いわゆるミエミエのプラフを男性にどれだけ言えるかという事です。
例えば「貴方のために素敵な奥さんになるわ」から始まって「貴方のために毎日美味しい料理を作るわ」「貴方のためにいつもお家(うち)はきれいしておくわ」「貴方が帰ってくるまで寝ずにまっているわ」等々のできもしない?ことを言える恥の差が勝ち犬・負け犬の差だと思います。
畢竟、男性はこの手の女性の虚言に弱いのです、よってできもしないのに結婚という二文字の為に大いなる誤解をさせることができる女性が勝ち犬なのでしょう。
その証左に前例の裏返しの家庭は、世の中には掃いて捨てる程存在するからです・・・勿論我家以外ですがね(笑)

面白画像です。
IMG_7949
この人ここが左右逆分けになっていますが、何か意図してやっているのでしょうかね?
しかしこの境界線を一体どうやって分けているのでしょうか、もしかして合わせ鏡?

若い?
髪の毛は年齢に大きく影響を与えます。

今日は池袋に出没です。
今日のお店は洋食の殿堂「キッチンABC」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-26-6 サンサーラ西池袋ビル 102
電話:03-3982-1703
定休日:無休

IMG_7929
お店の外観です。

IMG_7930
ランチメニューです。

IMG_7931

IMG_7932
今日のオーダーは「インディアンライス」@630円です。
ところで豚肉とピーマンと玉ねぎの卵とじライスを何でインディアンライスというのでしょうか、多分インディアンはこのような料理は食べたことがないでしょうし。
インディアンというとどちらかというとカレー系の感じがするのですがね・・・

閑話休題

このトロトロの卵に包まれたやや甘い味付けの豚肉と野菜の面々の組合せ大好きです。
これは万人向きではありませんが、美味しいと断じられます。
料金もこのパフォーマンスで@630円はお安いと思います。
さらにカウンターテーブルにすわるとコックさんの千手観音的な調理シーンが楽しめますので味も倍加します。
ビジネスマンにお勧めのお店です。

それでは(^_-)

南池袋 東池袋大勝軒

今日は「じっくり見ないでください!」の話です。 
まずは下のパチリをご覧ください。
9013ccb2[1]

9b1eed34[1]

2776b014[1]
いかがでしたか・・・?

今日は南池袋に出没です。
お昼でも食べるかと歩いていたら、見知った顔が飛び込んできました。
なな何と山岸神様ではないですか。
IMG_7189
ここはどこだと辺りを見回すと「東池袋大勝軒」の軒先だったのですね。
お願いして山岸神様のパチリを撮らせてもらったのですが、全く嫌がりもせずポーズをとっていただきました。
あくまでも老婆心で申し上げるのですが、山岸神様お身体の具合悪いのではないでしょうか、パチリの時は表情を作っていただいたのですが、その前までは覇気がなくとても気だるげのように見えました。
ラーメン界の至宝ですのでご自愛ください。
ということで今日のお店は「東池袋大勝軒ラーメン」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋2-42-8
:03-3981-9360
定休日:無休

IMG_7191
お店の外観です。
お店の紹介です。
「特製もりそば」というメニューがある。
つけ麺の元祖とされており、東池袋「大勝軒」の山岸一雄が考案したものだ。
東池袋「大勝軒」は、1961年(昭和36年)に開業。開業当初から行列の絶えない店として、数々のメディアが取り上げた。2007年(平成19年)の再開発計画により一時は閉店したが、閉店を惜しむ声に、一年後の2008年(平成20年)に復活。
山岸一雄が創り上げた味と心は、弟子の飯野敏彦が二代目店主として継承した。東池袋、南池袋、滝野川の3店舗を直営店とし、修行を積んだ弟子達は、「大勝軒のれん会」として山岸一雄の味と心を受け継ぎ、地域に愛される味を提供するために、日々精進を重ねている。
「東池袋大勝軒オフィシャルサイトより転載」


IMG_7187
店内の雰囲気です。

IMG_7186

IMG_7188
今日のオーダー「中華そば」@700です。
総本山の「中華そば」ですから言わずもがな気合が入ります。
待つこと10分で着丼です。
湯気がこんもりと立ち上がっています。スープは甘めの煮干し魚介スープです、私は甘め系スープはあまり好きではないのですが熱々スープのせいかかなりいただけました。
麺はストレートの太麺です。メンマはスープと同じく少し甘めです。チャーシューは少しパサつき感ありです。
全体に他の行列「大勝軒」の方が味は良かったような気がします・・・
実際山岸神様はいまやアイコン状態で調理には携わってないようですが、しかしそうはいいながらも旗艦店ですからね、何でなんだろう?
そうそうここの店員さん人のコート汚れた長靴で踏んづけても謝りもしません。
何やら苛立ち気味ですが、小怒多笑(多少苛々してもニコニコしていれば忘れてしまう)の気持ちで接客をお願いします。

それでは(^_-)

池袋 栄児家庭料理(ろんあーるかていりょうり)

今日は「龍馬伝異聞」の話です 
ryoma1103-2-thumb-350xauto-94026[1]
「龍馬伝」も残すところ、「大政奉還」、そして最終回「龍の魂」で終了です。好きなドラマだったのでもう見られなくなってしまうのはとても残念です。
ネタバレですが、最終回はは15分を超える、ヘビーなシーンが二つあります。
まずは一つ目、龍馬と弥太郎が最後の会話を交わす場面です。
福山さんと香川さんのここに賭ける気合が素晴らしいようです。大友ディレクターも、いつも以上に二人と打ち合わせを重ねています。一年間、積み重ねてきた二人の歴史と想いが凝縮した、名場面となっているそうです。
そして二つ目は、いよいよ龍馬と中岡が話しているところに刺客が襲う暗殺場面です。これまた17分にも及ぶ長丁場を、ノンストップで収録しています。
福山さんと上川さんの鬼気迫る最終回の演技を楽しみにしましょう。

DSC00501[1]
このドラマ、NHKチーフプロデューサー鈴木圭さんは次の様に龍馬伝の思いを語っています。
「資料を読み込んでいくなかで、岩崎弥太郎という人物がでてきました。弥太郎から見た龍馬というアプローチをするということで、新しい龍馬像が描けるのではないか。いけるという手応えがありました。それはちょうど映画『アマデウス』に出てくる天才モーツァルトと、そこそこの天才サリエリの関係に似ている。サリエリはモーツァルトに追いつけない。でもモーツァルトの才能をいちばんよく知っているのがサリエリです。岩崎弥太郎も“土佐の天才児”ではあったけれど、龍馬は常に時代の一歩先を進み、弥太郎は置いていかれる。そんな弥太郎から龍馬を見ることで等身大の龍馬像が描いていけるんじゃないか」
そして脚本家の福田靖さんは「なかなか芽が出ない弥太郎から見た龍馬像。映画『アマデウス』の ように、ライバルの宮廷音楽家サリエリから見たモーツァルトは破天荒なのに輝いた というイメージで構築した」と語っています。
そのようドラマになっていましたか・・・

アマデウスは、天才作曲家モーツアルトを羨むサエリエを扱った映画作品で、プーシキンの戯曲「嫉妬」を原作に持つと言われています。
功名心が旺盛なサリエリは、さしたる苦労もなく、次々と名声を勝ち得る天才モーツアルトに強烈なジェラシーを抱いていました。
「神よ、私はあなたの化身、モーツアルトをこの手で滅ぼして見せる」
まるで、ゲーテのフゥストに登場するメフィストフェレスのようにモーツアルトを呪ったサエリエなのでした。

岩崎弥太郎役の香川照之さんの番組中のナレーション“×××だったがじゃ”は「龍馬伝」の第一話に出てきた土陽新聞社に勤務する坂崎紫瀾という記者に、岩崎弥太郎から見た龍馬回顧録を話しているので、番組のstoryを話しているのではありません。この件(くだり)はご存じですよね・・・

ryoma1029-1-thumb-250xauto-93227[1]
最終回に登場する京都見廻組の3人は、今井信郎役に市川亀治郎さん、佐々木只三郎役に中村達也さん、渡辺篤役にSIONさんです。特に市川亀治郎さん扮する今井信郎役は自薦、多薦含めてとても演じたがる役者さんが多く、NHKの鈴木チーフプロデューサー、大友ディレクターはとてもその人選に苦労されたようです。
はたして市川亀治郎さん、見事な剣さばきで三太刀(歴史的事実)にて福山龍馬を天国に送ってくれるのでしょうか、乞うご期待ですね!
ちなみに今日11月15日は143年前に坂本龍馬が京都河原町近江屋で暗殺された日であります、合掌。

今日のお店は、前から行きたくて行きたくてタマラナカッタ池袋にある「英児家庭料理ろんあーるかていりょうり」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャインシティアルパ3F
:03-3982-6886
定休日:無休

IMG_7047
お店の外観です。

IMG_7053
メニューです。

IMG_7056

IMG_7054

IMG_7058
今日のオーダーは「麻婆豆腐定食+食べ放題水餃子」@950です。
このお店は尊敬するB級グルメの頂点、伊丹由宇(いたみゆう)さんの一押しの辛い系のお店です。本店が板橋にあり過去二回行こうと試みたのですが、近隣に駐車場がないので致し方なく引き返しています。従ってその思い入れには半端ないものがあるのです。
まずは水餃子の実食です。これはランチタイムに限って食べ放題です・・・六個も食べてしまいました。作りおきになっているので熱々感が足りませんが、その分割り引いてもかなりの美味しさです。皮がモチモチしていますし浸けタレもいいですね。
そしてmainの麻婆豆腐です。アレッそんなに熱くないじゃないですか、いやな予感・・・
味ですか、やはりこれも作りおきみたいでその為か辛さだけが際立ってきてそれ程の美味しさは感じられませんでした。しいていえば味に深みがありません。
花山椒を効かした自家製ラー油は脳にくる辛さではなく、どちらかというと喉にくる辛さでした。個人的には脳にくる辛さ系支持者なので少しがっかりです。
やはり超人気店なので作りおきは致し方ないのでしょうが、少し残念なランチとなりました。次回は夜の部に行きますので、本場の痺れる辛さで私をknockoutして下さい!

それでは(^_-)

池袋 三田製麺所 池袋店

今日は「貧乏」の話です。
一億総中流と言われ続けて何年たつのでしょうか、「貧乏」という言葉が死語になりつつあります。タレントの島田洋七さんがオバアサンの思い出を綴った「佐賀のがばいばあちゃん」を何気に読みましたが、なかなかの名作ですね。内容は大半が貧乏譚ですがどんな時も楽しく生きるがばい(すごい)生き方に元気をもらいました。
楽しい貧乏話しの一文を以下に紹介します、その雰囲気を味わってみてください。

三田製麺所21
このばあちゃんは、夫に先立たれ、貧乏のどん底暮らしのなか、学校の便所掃除の仕事をしながら、7人の子どもを立派に育てたばあちゃんです。
そういう意味で洋七さんは由緒正しい貧乏家系で八代も続いてきたそうです。

このばあちゃん、貧乏ですが、底抜けに明るく、前向きです。そして極めて頭のよろしい方ですね。
たとえば、小学2年生の洋七さんがお腹がすいて

「さあ、うちもそろそろご飯かな」
と思っていると、ばあちゃんは、言います。

「さあ、寝よう」
「えっ、でも、ばあちゃん、ご飯は?」
「晩ごはんはな、毎日食べるものと違う」
とキッパリと言い切るのです。

「だって、お腹がへったよ」
「気のせい、気のせい、さあ、早く寝よう」

朝になると、ばあちゃんは仕事に行く支度をしています。
「ばあちゃん、朝ごはんは?おれ、ご飯たくから」
「朝ごはん?昨日、食べたろ」
「・・・? うん・・・」
「さあ、はよう学校いけ。お昼には、給食、給食。給食食べてがんばれ」

そして、ばあちゃんは、さっさと便所掃除の仕事にでかけていくのです。
もちろん米櫃には、一粒の米もありません。

しかし、「お腹はすいてたけれど、家の中は明るく、笑いが絶えなくて、
 不幸だなんて考えたことは一度もなかった」と洋七さんは言っています。

私も子供の頃は貧乏でしたが、あまり実感したことはありません。父、母ともども働いていたので、両親の帰宅が遅い時は、近所の食堂に幼い弟、妹を連れていき大盛を一人前頼んでは三人で分けあっていましたね。それと台風が来た次の日は大量の軟球が裏の川に流れてくるので魚網で拾い洗剤で良く洗い、それを乾かし近所のスポーツ店に売りに行っていました。
赤釜
鉄屑拾いもよくしました、銅物(あかもの)は換金率が違うので、湯沸し器や給湯器など落ちていたら小躍りしたものです、今の子供達には考えられないでしょうね(笑)

今日はいつもの通り休日出勤です。奥様が池袋に用事があるとかで一緒に行き、昼食も一緒にとりました。私のお勧め店は日曜休なので、当たり外れがないつけ麺店「三田製麺所 池袋店ラーメン
」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都豊島区西池袋1-40-1
:03-5911-3839
定休日:無休

三田製麺所22
お店の外観です。

三田製麺所23
店内の雰囲気です。ここのスタッフはとても感じがいいですね、結構でした。

三田製麺所24

三田製麺所25
今日のオーダー私が「つけ麺(300g温盛り)」@700で、奥様が「つけ麺(200g温盛り)」@700です。ここは製麺所なので麺が美味しいですね。具は、太メンマ数本に、角切りのチャーシューが1切れ程で、海苔は一枚です、後はネギですか。
スープは濃厚魚介系を思わせる粘度の高いスープです、甘、辛、酸はバランス取れていて満足です。しいていえば麺の美味しさのみ際立ってスープにあまりimpactがありませんでしたねビックリマーク
でも美味しかったですよ、ご馳走様でした 

それでは(^_-)

続 池袋 つけ蕎麦 玄八

今日は「ねこまんま」の話です。
親譲りのケチと貧乏性で、子供の時からおいしい魚を全部食べた後でも、残った頭と骨に熱湯をかけて、その汁を飲まないではいられなかった。だから、近所の野良猫からはさぞ怨まれていたことだろう。
これは夏目漱石『坊っちゃん』主人公の口真似ですが、猫といえば「ねこまんま」でしょう、かなりコジツケ(笑)。
いま景気の影響もあり、家でご飯を食べる人が増え、節約レシピも毎日のように登場しています。そんな中、究極の節約メニューともいえる「ねこまんま」がブームになっているそうです。 「ねこまんま」と言ってもペットの食べ物じゃありません、むかしの猫はキャットフードではなく「ねこまんま」を食べていたのです。そして私達下町っ子もです。

ところで「ねこまんま」って東日本系の「鰹節ねこまんま」と西日本系の「汁をかけた飯」とに分かれるそうですが、我ら下町っ子は両方とも食べていました、ハイ。
玄八21
鰹節ねこまんま
飯に鰹節をかけて混ぜ込んだものをねこまんまと呼ぶ地方は、主に東日本に見られる。かけた鰹節の上に醤油をかけるかかけないかも文化や各人の嗜好等によって異なる。北海道では醤油にバターが加えられることが多い。
汁をかけた飯
汁をかけた飯をねこまんまと呼ぶ地方は、主に西日本に見られる。かける汁は味噌汁が多いが、すまし汁や豚汁など、味噌汁でない汁をかけてもねこまんまと呼ばれる。他の地方では汁かけ飯やぶっかけ御飯、犬飯などとも呼ばれる。
wikipedia「ねこまんま」より転載


玄八21
ところでこのパチリは「温たまマヨしょうゆまんま」です。そうなのですね、いま「ねこまんま」はflatではなく王侯化してきており 、このような「高級ねこまんま」も現れてきているようです。
余談ですが私が子供の頃、「鰹節ねこまんま」が大好きで、よく母親に「ゴロニャン、ゴロニャン」といって甘え声でおねだりすると、啐啄同時(そったくどうじ)でこの料理(高級ねこまんまではありません)がでてきました。そして私も『坊っちゃん』の主人公よろしく、食べ終わった後にはキザミ葱とオカカを再度入れてもらい、その上に醤油と味の素をかけて熱湯を注ぎこみ今度は「鰹節ねこまんまスープ」として味わったものです、これはごはんとスープ両方とも本当に美味しかったですね!

今日は池袋にあるあるつけ蕎麦「玄八」さんに再訪しました。
住所: 東京都豊島区池袋2-42-1 第3ミネオカビル1F
電話:03-3971-7565
休日:日曜日・祝日

玄八23
お店の外観です

玄八24
店内の雰囲気です。

玄八25
メニューです。

玄八26

玄八27

玄八28
今日のオーダー「豚そば(並)」@800です。
前回は小を頼んだものですから麺量が300gと若干物足りなかったので、今回は並、麺量400gにしました。
お店の惹句では「そばには欠かせないわさびを豚肉と一緒つけ汁に仕込んだ新感覚のつけ蕎麦」となっていましたが、はたしてどうでしょう。
それでは実食です。麺は黒っぽい田舎蕎麦風でとても美味しいです。麺の冷やし、水切りも完璧です。しかしつけ汁がいけません、決して不味くはないのですが、腰だめの味というのか、微妙な甘さが曖昧です。わさびも何やら存在感ありあませんしやはり今一でした。
私は料理評論家でもなく、自分のblogにただ食の感想をかいているだけで、他意は何もないのですが、蕎麦が美味しいだけに本当に残念に思えてなりません。
つけ汁にもう一工夫をと願うところであります。

それでは(^_-)

池袋 山頭火 池袋店

今日は「私の京都奇譚二つ話」です。
高校生の修学旅行のときの話です。当時の修学旅行は三泊四日の中で一日がfree planでした。友人同士でグループを組み京都市内の観光spotを廻ります。嵐山近郊を重点的に歩きました。皆歩きつかれたので、お茶でも飲もうよ、ということになり、とある喫茶店にはいりました。
お店に入るやいなや私達に対する視線が異様に熱いのです、なんか変だなと思い冷静に店内を見回すと、店内は100%女性客ばかりです。さらに皆それぞれが色鮮やかなビニールキャップをかぶっています。
異常に気がついた友人の一人が表に飛び出し、このお店の看板を確認しに行きました。そして足早にもどり皆に、店まちがえたようだ、このお店は美容院だ、といったのです。
その時点では皆だれもがこのお店が美容院であることがわかっており、なんでこのお店に入ったのかが知りたかったのです。
答えは簡単でした、この店名は正確には「コーセーロレアルサロン嵐山」なのですが、オッチョコチョイのやつがいて、この名前を「コーヒーロレアルサロン嵐山」と読み間違えていたのです、しかしとてもcloseな名前なので、ありかなという感じですが、突然東京弁を喋る私服の高校生らしきグループが大挙して店に入ってきたのですから、一番驚いたのは、中にいたお客さんでしょう。

30歳前後の時の京都出張の話です。夕方に京都につきcheck inして、時間に余裕があるので風呂に入り、後は取引先を接待するだけのitineraryでした。ホテルの窮屈なバスユニットをヘジった私は、京都の銭湯に入ろうと考えていたのです。偶然ホテルへ行く途中に銭湯がありそこの暖簾をくぐりました。
番台のオバサンはトレンチコートを着た、みるからにサラリーマン風の若いお兄さんが忽然と入ってきたので驚いていました。
番台でタオルと練りシャンプーと石鹸を求め、おもむろに脱衣して、引き戸を開け風呂場に入りました。京都の銭湯は下町のように風呂場の奥に長方形の湯船があるのではなく、風呂場の真ん中に長方形の湯船があります。さすがところかわれば湯船も変わるものだなと私は妙に感動していたのです。
体を軽くながしてから、風呂にはります。すると突然ブクブクと体が急速に沈む感じと、それと同時に鼻腔の奥底に大量のお湯がツンと差し込んできました。どうやら私は溺れているようです。
何故なんだと思いながら、水面にでようとして手足をバタつかせました。時間にして数秒なのですが、なんとか水面上に顔をだすことができました。そして心の安静を取り戻した私は、この水没の事態を理解したのです。
要はここのお風呂は湯船が深いのです、丁度私の乳あたりに水面があります。私の身長は177cmですから、その乳に水面があるということはかなり深いのです。よってすぐに足が着くものだと思って湯舟に入った私はたまらずふかみにはまってしまったのでした。本当に“アブナイジャナイデスカ”といいたいところです、世が世なら溺死していました(笑)
他の京都の銭湯はいったことがないのですが、京都の銭湯は皆このような深さなのでしょうか、私の長年の疑問です。

山頭火1
今日はお彼岸なので、奥様と揃って私の両親の墓参りに行きました。
行く途中、この間の「アド街ック天国“牛込神楽坂”」編にでていました俳優?の「峰竜太」さん宅を見学してきました。
建物は思ったほど大きくはなく、なぜか我が下町の名物アサヒビールスーパードライホール屋上のウ○コオブジェに相似しています。
為念、パチリしてきました。しかし「峰竜太」さんはお金持ちですね…

今日のお店は池袋「山頭火ラーメン」の暖簾をくぐりました。

住所: 東京都豊島区南池袋1-23-3
電話:03-5957-1191
定休日:無休

山頭火2
お店の外観です。

山頭火3
店内の雰囲気です。厨房スタッフは中国人が多いようです。

山頭火4
私のオーダー「塩ラーメン」@850です。ここの塩味は豚骨と野菜に北海道特有の「タラ」の干物をベースに、絶妙なブレンドで作られているそうです。味はいいですね、美味しいです。具は、大ぶりのチャーシューと木耳、ねぎ、そして小梅が乗ります。小梅の必然性はよくわかりません。麺は中細のちぢれ麺で北海道ラーメン特有の低加水麺らしいですが、もそもそして美味しくありません。全般的にです。しかし、塩ラーメンが@850とはかなりお高いですね・・・

山頭火5

山頭火6
奥様のオーダー「とろみ醤油ラーメン」@850です。これは魚介系スープにトロミがついています。味はかなりのレベルです。「塩ラーメン」ともどもですがチャーシューがとても美味しいですね。しかしスープの攪拌が悪く丼の底の方でダマになってのこっていましたのが残念でした。

しかしここのお店はnet上ではすごく評判が悪いですね、久々にこれだけ叩かれているお店にめぐり会いました。たぶんコストパフォーマンスが悪いのと、接客かなと推察するのですが、個人的にはそれほど酷評を受ける感じではなかったと思うのですが…

それでは(^_-)

池袋 キッチンABC 

今日は「A列車で行こう」の話です。

どこへ行くかなんてしっちゃいない
ただもう ここから
はなれていくのだから
暁にまた一台の長距離トラックが発ってゆく
彼らの人生は、ただ走ることである
一人の運転手が、ドライブインのホステスに多きな声で叫んでいる
「俺に手紙をくれようたって、それは無理だよ
俺の住所は、道路だからな」 
「七十五セントのブルース」 ラングストン・ヒューズ


何てロックな詩なのでしょうか、シビレました。
フリネタの通り雪が降り積もった昨日の払暁から家を出て電車に飛び乗り、高岡、神戸、大坂、奈良、京都と日本を一泊二日で半周して、小雪ふる東京に今日戻ってきたのです…マジに疲れました。

ここから先はパチリでご覧下さい。
キッチンABC1
今年の北陸は雪が多いときいていましたが、結構スゴイですね!

キッチンABC2
金沢駅での「元祖天麩羅うどん」@530です。駅構内のうどん屋さんではありますが、とても美味しいので吃驚しました。

キッチンABC3
大坂の私の癒やし飲み屋さんの飲み友達がサラリーマンとの二足の草鞋(わらじ)で歌手デビューしていました。たしかにカラオケで歌うのを聞けばかなり上手いなとは思っていましが、まさか歌手になっていたとは…でもこのCDまだ68枚しか売れてなく前途多難のようです。頑張れ木田君応援しているよビックリマーク

キッチンABC4
大坂に住んでいたのですが、高麗橋に銅座があったとは…全く知りませんでした。

ということで疲労困憊で東京に帰ってくれば上述の通り雪の出迎えです。少し遅いのですが、池袋の名物洋食屋さん「キッチンABC」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都豊島区西池袋3-26-6 サンサーラ西池袋ビル 102
電話:03-3982-1703
定休日:無休

キッチンABC5
お店の外観です。あれれ店名が「レストランABC」から「キッチンABC」さんに名前が変わっていました、何で変えたんだろう?

キッチンABC6
お店のメニューの一部です。

キッチンABC7
店内の雰囲気です。このおみせオープンキッチンなのですね。

キッチンABC8
今日のオーダー「ジャワスパゲッティ(カレー風味)」@680です。このお店の料理はほとんど食べているのですが、この「ジャワスパゲッティ(カレー風味)」だけが唯一食べたことがなかったので今日初トライです。味ですか、かなりジャンクな感じですが、これはイケます、美味しいです。特に柔らかジューシーな豚肉にスパイシーカレーそしてまろやかさを演出する黄身です。本当に下町の洋食屋さんの味です、大満足ですhappy01happy01happy01happy01

それでは(^_-)

池袋 天狗 池袋東口店

今日は久々のSplash(ダラダラ話)ネタです
土、日と二日間もお仕事でさすがに疲れが溜まりました。夜は弟から私と妹に何やら相談事があるというのでホームタウン下町に出没です。話が終わり、義理の弟も参加して想定内の飲み会です。
いつもの通りなのですが、あまりに皆の飲むスピードが速いのでコワレそうな予感がしてまいりました。暫くすると胸のカラータイマーがピコピコと光り始めましたので、M78星雲に帰らねば、ということで、緊急退避して事なきを得ました。酔い覚ましに上野までブラブラと歩いて帰ったのです。
ダラダラ話しにお付き合いください。

天狗1
アサヒビールのシンボルオブジェ、通称「ウ×コビル(正しくは“ウ×コ”ではなく”躍進するアサヒビールの心”を象徴)」です。僕らの子供の頃は、ここにあった朝日ビール吾妻橋工場で工場見学をして三ツ矢サイダーをお土産(オミヤ)でもらって帰るのがお約束でした。

天狗2
夜の雷門参道です、猫一匹おりません。

天狗3
昔ここに都電の停留所がありました。ヘベレケに飲んだ真冬の明け方あまりに寒いので、一緒に飲んでいた先輩たちと停留所の端の窪みで新聞紙を燃やして焚き火をしていましたら、目の前の交番からお巡りさんがすっ飛んできて捕まりました。

天狗4
この交番で説諭されていたのですが、お巡りさんが先輩の後輩だと分かった途端、潮目が変わり浅草同窓会になってしまいました。結局、呑み過ぎないようにして下さい、と注意されただけでお咎めなしでした(笑)

今日のお店は、私達夫婦のお気に入りSpot heart02「天狗」池袋東口店さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋1-3-6 山手ビルB1F
電話:03-3894-4551
定休日:無休

お店の惹句です。
「居酒屋なんて安いだけさ」、あなたが、もしそう思っているのだとしたら、天狗にきたときびっくりされることでしょう。だってあなたが口に運ぶのは、さっきまで漁港で跳ねていた魚たちなのですから。天狗にあるのは質にこだわって選び抜いた食材ばかり。もちろん、海と大地の恵みに感謝を込めて、すべての料理は丁寧に、手づくりで仕上げました。旬がある、本物がある。天狗はあなたを待っています

私達夫婦は「天狗」さんが好きなのではなく、この池袋東口店が好きなのです。このお店何故か料理が美味くサービスが良いのですね、他店はこのレベルに至っておりません、ハイ!

天狗5
トップバッターは「サイコロステーキ」@399です。ビールのツマミに最高です、色んな居酒屋さんに行くのですが、ここの「サイコロステーキ」最高です。柔らかかくて、肉汁がほとばしります、ニンニクの香りはお酒を進ませてくれます。

天狗6
そして「青唐辛子チャーハン」@399です。これデラ美味です合格合格合格合格合格青唐辛子の辛さと、チャーハンの美味しさが融合しています。どうしたらこんなに美味しく作れるんだろう、やはり火の管理かな?

天狗7
さらに「もち明太チーズ焼き」@294です。もち、明太子、チーズ、このトリオにかなう組合せは存在しません。もちのトローリとチーズのトローリに明太子の辛さ、口福という言葉はこの食べ物のためにあるのでしょうか。

天狗8
そして「だし巻玉子」@294です。すこしオイリーな食べ物が続いたので、口直しです。この「だし巻玉子」美味く仕上げていますね。ここでは出汁に山葵をつけて食べるのがお約束です、イケますね〜

天狗9
ラストオーダー「いか一夜干し」@504です。これは単に私がイカ好きなので頼んだのですが、やはりいかいかします…仕事の疲れかな(笑)いかは毎日たべても私的にはです。

何度来てもこのお店は美味しい、また来ます!ご馳走様でした

それでは(^_-)

続 高田馬場 べんてん

今日は久々のSplashダラダラ話ネタです。
知る人ぞ知る、知らない人は全く知らないという、私の殆んど取らない有休の話で始まります。毎年誕生日の前後のどちらかの月曜日は短期人間ドックの為に会社を休むのです。不思議なものでこれだけ大酒飲んで不摂生しているのにも係わらず、健診の結果は「痩せすぎ」意外は何にも引っかからず、少なくとも20年以上は再検すらないのです(マジ)。ところが今年は何と一箇所引っかかってしまいました。何の病気ですって?それは申し上げられません、何たって胃炎ですから・・・どうやら仕事のストレスが溜まっているようです(笑)

ということで昼食の後高田馬場から池袋までゆっくりと逍遥したのです。何でいつもの通りセカセカ行かずにゆっくりと逍遥したかと申せば、昨日マラソンクラブの大先輩の古希祝70分走をマジに走り、結局薬局17kmも走ってしまい、さらによせばいいのに夕方体育館で10km走ったらな何と久々の筋肉通になってしまったからです(阿保

途中面白いお店があったのでパチリしました。お店の名前は「天下鳥ます」さんです。べんてん11
住所: 東京都豊島区高田3−7−19プラザ高南1F
電話:03-3983-3066
定休日:日曜日、祝日

べんてん12
何が面白いのかといえば、このお店芸能人の来店がやたら多いのです、このパチリはそのホンの一部です。このお店の社長は1979年生まれ、大阪市出身で青山学院卒の松井理悦(まついまさよし)さんです。夢はヨーロッパのサッカーチームの買収、この若きアントンプレナーがこの若さで数多(あまた)の芸能人の知己がいるのが不思議です、意外と芸能界のヤクネタだったりして、青学卒だから有りえるかもしれません・・・
※ちなみに松井社長は喩えが穏当ではないのですが、ピーナッツが顎鬚をはやしたような顔の方です

次の途中立ち寄りは三遊亭小遊三さんの次女の次子じっこさん(本名はつぎこといいます)がやっている「ひなの郷」です。つい最近の円楽師匠の死亡記事で知ったのですが、彼女の弟の王楽さんは、円楽師匠の最後の直弟子だったのですね。
お店の外観です。
べんてん13

住所: 東京都豊島区雑司ヶ谷3-3-14
電話:03-5952-1565
定休日:木曜日

べんてん14
これが最近次子じっこさんが力を入れている「子宝たいやき」@170です。これは小豆餡に白玉と豆乳クリームが入ったトリオDE鯛焼です。
味ですか、これがな何と美味いのなんのってイケます。甘味好きの私がいうのだから間違いありません、思うに豆乳クリームって小豆にあうのですね。そうそうクリームあんみつの世界と同じです、ハイ!
ところで次子(じっこ)さん久々にお会いしましたら、言わなかったですけれど太りましたね。小手先のダイエットでは手遅れでは・・・

夢中で脱線していたものですから、本ネタを書くのを忘れそうになりました。去年も確か人間ドックの後に立ち寄りました。今日のお店はつけ麺行列店「べんてん」さんです。
お店の外観です。
べんてん15

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

べんてん16
最近常連達の議論の的、オーダーチエックボードです。私はこのお店良く知らないのですが、常連さんが細かくてマニアックなdirection(e.g.中盛少なめetc)をするのでそれの備忘のためにあるようです。

べんてん17
今日のオーダーは「塩ラーメンラーメン」@850です。この麺は人を狂わせますね、麺は本当に美味しいです。スープはアッサリ系でクドクなく、塩系の王道のような味わいでイケます。シナチクも食感、味付けともに優れていて秀逸です。しかしチャーシューは逆白眉でジューシーさがなくゴワゴワしていて今一です。私にはここの麺量350gは多すぎます、最初美味しくても後半キツク、さりとて残すのは自分のプライドが許さずで、結局ヒーヒーいいながらも完食してしまうので満足感が後半希釈してしまうのです。多分このお店のmantraでも習得すれば、麺量調整も苦もないのでしょうがそこまでする気にもなりませんし、さらに比叡山の修行僧が食事しているような重厚で今にも暗雲が立ち込めそうな雰囲気も息苦しくて好きになりません。よってこのお店は美味しいお店ですが、今日決めました、このお店はFile Closeにします、ご馳走様でした

それでは(^_-)

鬼子母神 御会式

今日は「番外編」です。
今日も日曜日だというのにお仕事がお好きなようで、朝も早から一人で広い〜事務所でシコシコ働いていました。ブログ仲間から、鬼子母神の「御会式」やっているよ、お店においで、と誘われましたが、愛妻家の私ですから切り替えて奥様と行くことにしました。
諸事情があって17:30迄に会社を出なければならず、そのため結局昼飯抜きで奥様と待ち合わせの池袋にイソイソと出向いたのです。

昼飯を兼ねた夕飯+アルコールを「和民 池袋フジビル店」でとりました。ここから後は私達夫婦の和民ワールドをパチリでご覧下さい

御会式1

御会式2
ますは「フカヒレチャーハン」@628です。後のパチリはフカヒレ餡を掛けたものです。これ美味しいhappy01、絶妙ですねビックリマーク

御会式3
次は二人の好物「サイコロステーキ」@628です。小ぶりながら味は良いです、思わず二人で舌鼓をしました。

御会式4
そして「鉄板なんこつ」@418です。ガーリックピースが味を深めるのとともに私の一日の疲労を拭い去ってくれました。

御会式5
さらに「ベーコントマトピザ」@628です。トマトの酸味とトロトロチーズのコラボ、イタリア人に生まれてよかったなと思う一品です(笑)

まだまだ二人の夕餉は続いたのですが、空きっ腹で飲んだ為急ヘラになったのと、飲んでのパチリは好きではないのでここで終わりにします。

御会式6
「御会式」ですか、今回で五回目と記憶していますが、これはまさに仏教のサンバですね。心が震えます、初めてみた奥様もすごく感動していました。

参道内でさらに意地汚く飲んだため、倍ヘラになりBest動画は錯誤で消してしまったのですが、Second動画は何とか残っていました。それなりの雰囲気を出しているのでお楽しみくださいm(__)m


それでは(^_-)

巣鴨 一番

一番1
世の中に耳のない人っているのですね(嘘)
でもこの画像見てどう思われますか?この方は佐久間象山さん(勝海舟の義理の兄)、幕末の明星です。京都通の私は、象山さん遭遇(暗殺)の場所を何度も現地で確認していたので、今回の「耳なし芳一」の写真を見て驚きを禁じえませんでした。

今日のお店は巣鴨一番です。
一番2
お店の外観です

住所: 東京都豊島区巣鴨2-3−10
電話:03-3918-3559
定休日:不明

一番3
一番4
本日のオーダー「四川麺」@890です。
これは「中日グルメ大賞」受賞ラーメンです…期待が持てますよネ
この「四川麺」野菜が多いですね。玉葱、白菜、人参、ベビーコーン、マッシュルーム、茸、豚肉、トキ卵と盛り沢山です。

一番5
味ですか、全く美味しくありませんweep
麺は平打ち縮れ麺はモチモチでイケましたがしかしそれで終わりです。何なのでしょうか、このマズサは、多分スープとラー油なのでしょうね!全く工夫の後を見ることができません(笑)
中国人のマネージャーが「うちの料理美味しいでしょう! 美味しいでしょう!」をお客様に連発しています。しかし日本人の味覚をナメルナと思っている私にとっては全くの耳ざわりでした。
こんな日もあります(悲)


それでは(^_-)

池袋 節骨麺たいぞう 池袋本店

今日は昔の「月島」は治安が良かった話です
昭和の頃まで月島は鍵をかける習慣がなかったそうです。勿論月島の長屋街での話ですヨ。そりゃそうでしょう家並みが櫛比(しっぴ)して立ち並んでいるのですから常在衆人環視です。万が一よそ者が紛れ込んだら誰何(すいか)され怪しまれますものね、泥棒が一番嫌うのは「見られる」ことですから(笑)
それと鍵はどの家も同じだったそうです。「三丁目の夕日」を地でいっている街だったのですね…

今日は歯周炎が悪化して炎症を起こしたので歯肉剥離掻爬手術です。一時間程患部の歯肉をかきだされて、心身ともクタクタです。それと麻酔が切れてきたら今度は疼痛が始まりのたうち回りはじめています。ということで今日は軽めのBlogにしました。

今日のお店は「節骨麺たいぞう」池袋本店です。
ちなみにこのお店社長が中川泰象さんですから「たいぞう」なのです。
たいぞう1
お店の外観です。
たいぞう22
店内の雰囲気です。

住所: 東京都豊島区西池袋1-24-8 江戸半ビル1F
電話番号:.03-3980-6461
休日:無休

たいぞう3
お店のこだわり「節」、「麺」、「骨」です。

節は鹿児島県枕崎産本鰹と高知県土佐産宗田節、九十九里産煮干、北海道産天然日高昆布。弱火でこれをどっさり使っています。

麺は麺の達人「高橋工場長」全面プロデュースのたいぞうオリジナル麺です。中太麺は関東麦を使用し24時間熟成させたコシの強い麺で、切り歯16番で切り出しています。

骨はぜいたくに薩摩産黒豚を使用。鶏ガラは九州産地鶏と数種の野菜をどっさり使ってじっくり煮込んでいます。豚骨は12時間以上煮込み8時間熟成させ、鶏ガラは時間煮込んで、2時間熟成させています。
【この画像文章を転記】

たいぞう4
今日の獲物「節骨こってりたいぞうラーメン」@780です。

たいぞう5
味ですかこのラーメンは美味しい。スープは魚介系と豚骨系のブレンドが私には丁度良く、さらにお約束の熱々です。麺は中太ツルツルのためお箸でキチンとつかめないほどです。チャーシューもトロトロ、ホロホロで美味しい。シナチクは歯ごたえ充分でしかもシャキシャキです。すこし塩味が強い気がしましたがこの美味しさの前ではご愛嬌でしようか…ご馳走様でしたhappy01

それでは(^_-)

池袋 大門

今日は池袋最高のB級居酒屋「大門」です
仕事が大崎で19時に終わり帰社するのもかったるく、尚且つ今日は独り飯の日なのでそのまま池袋「大門」に直行です。このお店B級居酒屋としては東京では多分Best3に入るでしょう。

住所: 東京都豊島区西池袋1-13-7
電話:03-3985-1558
定休日:不明(多分日曜日)

このお店通い始めて長いのですネ。お客さんは場所柄西武、東武デパート及びJR関係の人が常連ですが、あまりお高く止まった方はいないPureなB級居酒屋です。

ここから先はパチリでご覧下さい。
大門1
乾杯ビール@580です。

大門2
タン塩焼×2本@260です

大門3
ご酒代えのホッピー@400です。

大門4
本日の目玉「ニラ玉」@600です。
これは美味しいですhappy01

大門5
このニラ玉の作り方を紹介します。先ず卵を二個割その上に魔法の液体、醤油、味の素、塩、胡椒を親父さんのの掴みで適度にいれ掻き混ぜます。そしてフライパンを熱しその上にバターを投じます。それからニラを入れ炒め、卵がトロトロになる前のギリギリのタイミングに焼酎「ナポレオン」をお猪口に一杯このニラ玉の上に注ぎこんで完成です
簡単そうに見えますがここの親父さんの伝統芸ですから一見の価値はありますヨ。

大門6
締めの「豚肉とネギのニンニク炒め」@630です。これはネギの香りが秀逸です。ニンニクの匂いは隠し味ですか、あまり感じません。これも親父さんの伝統芸ですので味は最高です。豚肉はホコホコしています。

ここのお店に来るといつもヘラヘラになるのですが、今日は多分初めてですかねしっかりして歩いて帰ったのは(笑)
いずれにしてもこのお店は、焼物ではなく料理の美味しいB級居酒屋さんです。そうそう煮込みも美味しいのですが今日は紹介できませんでした(残念)また来よう!

それでは(^_-)

高田馬場 べんてん

今日は久々に持病の調子がよくないので会社を16:00頃早退して主治医のところへ診察に出向いたのです。ドクターに「なかなかすっきりとは治りませんね」といいますと、ドクターは「近視みたいな一種の体の癖だから、人生の悪友と割りきって長い付き合いしなくちゃ」と宣(のたま)っていました。成るほど成るほどと妙に納得してしまいました。

今日は家には誰もいなく一人飯の日なので、診察後は夕飯のことばかり思い巡らせていました。
私的には池袋の「蒙古タンメン中本」か高田馬場のつけ麺東京一?の「べんてん」にしようかと決めていたのですが「べんてん」は盛が多いらしく、先日千駄木の「つけめん哲」でメニューの内容が良く分からず400gのつけ麺を食べることとなったばかりなので、少し大盛についてはトラウマになっていたのでした。千千に心が乱れる中、最終的には初見参の「べんてん」にしました。
お腹ごなしに池袋から高田馬場までブラリしました。
べんてん1
途中見かけぬホテルがあったので、いつできたんだろうと考えていたら、な何と黒田清子様の マンションのエントランスでした。しばらく呆然とその威容を眺めていましたら出入りする人達が皆若く、小さな子連れ夫婦等もいたりしてあらためて昨今の富の偏在を強く感じたのであります。

今日のお店はつけ麺の雄「べんてん」です。
べんてん2
お店の外観です。風格がるといえば格好いいのですが・・・ちょっと歴史を感じさせる建物です(笑)

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

べんてん3
今日の獲物は「辛つけ」@850です。
作るところをジーット見ていました。先ず初めにつけドンブリにかなり大量の砂糖を入れます。そして酢、胡椒、ニンニクを事務的にサクサクと入れ、妙に茶色っぽいスープを注ぎ込み、ネギ、メンマ、桜海老?(よく見えず)、辛ダレをさらにサクサクと入れ完了です。甘・辛・酸の割合はどうなっているのだろう、まさか掴(つか)みでやってないだろうなと不安に思いましたが、それは後で杞憂となったのでした。

べんてん4

べんてん5
350gの麺様です。最初お店の店員さんが隣の方の「中盛」を間違えて私のところに置いたのです。わたしはそれを見たとたんに食に対する闘争心が突然に消え失せ、腰を持ち上げこのお店を退散しようと考えたほどです…量が多すぎ(笑)
それと私はつけ麺は温盛が好きで温盛にしたかったのですが、お品書を見ても記載がなく誰か頼むのではと右顧左眄(うこさべん)していたのですが、結果誰も頼まなかったため冷盛となったのでした…これには残念(悲)
味は大行列ができるお店だけあってイケました。特にホロホロのチャーシュー、シャキシャキのシナチクは絶品でしたね。スープもトガッタ味で満足です。辛ダレが私の好きな頭を痺れさせる辛さではなく、喉にくる辛さなので今一でしたが、よくスープをひきしめておりナイスアシストでした。
しかしこのお店量が多いのは結構なのですが、常連の方が多いせいなのか皆がこの大塊(かたま)りの麺ををツルツルと長スピードで手繰るものですから、ついつい私も連られて長高速モードで食べてしまい、あまり味わって食べられなかったのは残念でした(笑)

それでは(^_-)

池袋 永利池袋本店

ゴールデンウィーク最終日です。
今日は買物があって池袋に出没しました。Echikaで早々と買いものを済ませ昼食です。
というのも買うものは予め決めていたので後は奥様に決めてもらうだけですから早いのです(笑)
今日のお店は永利、阿里郎、知音食堂、楊と池袋でも4大ディープ四川料理店の一つ中国東北家郷料理「永利池袋本店」です。お客様のほとんどが中国人で尚且つ日本語が通じないと聞いていましたので少し腰がひけての訪問です。

永利1
お店の外観です。

永利2
店内メニューです。

住所: 東京都豊島区池袋1-2-6ベルメゾン池袋
電話:03-5951-0557
定休日:無休

永利3
店内の雰囲気です。開店間際だったのでお客は少なく、それでも7割は中国人のお客様です。気分は中国本土の料理屋さんっていう感じです。

永利4
店内で販売されている「精力酒」@1,050です。

永利5
私のBlogにのせるのもオゾマシイ精力酒の原料君達です。ほとんどが知らない爬虫類君が水没、違うか酒没しています。本当に中国人はこんなお酒飲むのでしょうかネ(笑)

永利6
今日の私の獲物「孜然羊肉(ラム肉の中国クミン辛味炒め)」@1,050です。
この店一番人気ということで注文しました。羊肉は少し硬いけど臭みもなくマズマズです。
隣の中国人がお酢をかけて同じ料理を食べていましたので早速真似てみました。やはり本場の方ですね食べ方がお上手です。味が引き締まってイケました。
お店のお姉さんが日本語を喋れるのでクミンについて聞きましが、中国料理では欠かせない香辛料だそうです、これが無いと中国独特の味が生み出せないそうです。
羊肉料理としてはレベルが高い一品かと思います…量が噂通り多いですね。日本人なら3人前の分量でしょう。

永利7
奥様の注文「扣肉炒飯(豚バラ青菜チャーハン)」@890です。味は油っぽいのかなと思いきや、そうではなく美味しい味付けでイケました。
豚バラがジューシーで結構でした。しかしこれも量が多く、日本人なら二人前の分量でしょう。

永利8
甜点心(デザート)の「杏仁西米露(アンニン豆腐タピオカミルク)」@630です。この甜点心(デザート)はさすが本場の味です美味しいhappy01
しかしこれだけ量が半分なのは反則です(笑)
仄聞するに中国は料理を少し残すのが礼儀とかで盛が多いとか聞きいていますが、しかしここは多すぎます。グループで来て取分けしたらコストパフォーマンス最高でしょう
それと日本語が通じるのもアリガタイですね、中国情緒を楽しみたい方にお勧めの一店です。

永利9
その後予定では皇居内見学だったのですが、生憎の雨で順延することとし、西武池袋で催されている「全国味の逸品会」会場にブラリしました。

永利10永利11
最初は漫画「美味しんぼ」やTVでの露出が多い大阪の「会津屋」さんです。
お店の説明書によりますと、大坂のたこ焼きは、昭和8年会津屋初代、遠藤留吉さんが肉・コンニャク等を入れたラヂオ焼が始まりだそうです。その後もっとおいしい大人の味をと考え、昭和10年「明石のたこ」と「ころも」に味をつけて焼いた大阪のたこ焼きが生まれました。…中略…たこ焼きとはソースをつけない、手もよごさず。さめてもおいしいのが本物ですとのことです。
味ですか、残念ですが美味しくありません
我家族全員が同様の感想を言っていましたので独善的なものではありません。しいていえば「ヌレ煎餅」をたこ焼きにしたような感じと我豚児は言ってましたが…例えて妙ですネ(笑)

永利12
その後北海道の「花畑牧場」のブースに行き「生キャラメル」を求めに行きましたが、な何と午前中で完売だそうです。
ここのお店繁盛店ブランドに胡坐をかいているのか、なぜか商品説明が居丈高です。要はここにおいてあるものは全て美味しいのだ、これでイイのだっていうかんじです。ナマラ感じ悪いベヤです。何様だ「花畑牧場」って言いたかったのですが、根がミーハーの為「生キャラメル&バニラソフトクリーム」@350を求めてしまいました。
永利13永利14
味ですか…普通のバニラとかキャラメル味のソフトクリームです。北海道に7年いて美味しいソフトクリームを食べ歩いた私からいわせてもらいますと、特筆することのないソフトクリームでした(失礼)

それでは(^_-)

池袋 BASSO ドリルマン

今日は日曜出勤です。帰りに池袋に行く用事がありましたので少しブラリしました。
ドリルマン2
池袋のイワレの説明板です。要は池袋って池が多かったのですね(納得)

ドリルマン1
昔の池袋の「池」のレプリカですが、なんでフクロウ君がいるのでしょう・・・池梟(フクロウ)だからです(笑)

今日のお店は「BASSO ドリルマン」(旧店名「ゼットン」)です。
ところが私は店名が「ゼットン」から「BASSO ドリルマン」に変わったのを知らなかった為にこの後の長徘徊に繋がったのです。
ちなみにこのお店はTOKYO1週間ラーメングランプリ2007の新人賞受賞店です。さらに豊島区ラーメン店No.1を連続して記録している有名店です。スゴイ行列ができるということなので15時頃を狙っていきました(ヒマ)

住所: 東京都豊島区西池袋2-9-7
電話:03-3981-5011
定休日:月曜 (祝日の場合翌日)

ドリルマン
お店の外観です。 しかし私は「ゼットン」というお店を探していたので迷いながらもこのお店の前に来たのですが、このお店の名前が「ゼットン」ではなく「BASSO ドリルマンだったので通り過ぎてしまったのです。結局このお店に辿り着くのに40分かかり西池袋を一時間もさまよったのですRubbish!
でも分かりにくいお店でしょう(笑)

住所: 東京都 中央区京橋3-4-3
電話:03-6904-3700
定休日:祝日

ここから先はパチリでご覧下さい。

ドリルマン4
お店の看板です。ラーメン屋さんの看板ではないですよネ(オシャレ)

ドリルマン5
店内です、ラーメン屋さんの店内ではなく何やらCafé barのようですよね。

ドリルマン6
本日のメニューです。ここはつけ麺が美味しいのですが・・・あえてラーメンにチャレンジです。しかし麺量は200gか300gか悩んだのですが、ここのところ大盛でエライ目にあっているので200gにしました。

ドリルマン7
本日の獲物「特濃中華そば」@750です。麺は極太のほぼストレートで喉越し最高です。スープは豚骨と魚介(鰹)のWスープでしかも熱々で美味です。チャーシューは肉厚が厚いものでしかも後半はお約束のホロホロです。これは美味しいです合格合格合格合格


ドリルマン8
おネエサンの接客もよく本当に最高でした、ご馳走様でしたhappy01
しかし食べ終わったのが16時ですので・・・夕飯が食べられません(笑)
 
それでは(^_-)

駒込 萬来

今日は会社の部下と軽く飲んだのですが地元に帰ったら小腹が空いて地元の居酒屋で小食をとりながら英語の勉強をしていました。小上がりでは五月蝿いオバチャン達がペチャクチャと喧(かまびし)いしし隠れた小上がりでもオバチャン達が喧(かまびし)いです。

私は今日の復習が終わり早々とお会計をして帰ろうとします、ところが好奇心が強く隠れた小上がりにいる喧(かまびし)いオバチャン達を脇目で眺めたのです・・・普段はしない(嘘)

ナナ何とそのオバチャンの一人が私の奥さまでした。向うもビックリして私の顔を見つめているだけです・・・こんな偶然ってあるのですね。

今日のお店は駒込ラーメンハウス「萬来」です。
萬来1
お店の外観です・・・チョット寂しい感じですね。

住所: 東京都豊島区駒込1丁目40-8
電話: 03-3943-9387
定休日:不明

駒込のB級グルメ店は初見参です。こういうときは下町っ子の嗅覚でお店を探します(笑)
萬来2
このお品書きを見て入ることを決めました。鮮蝦麺(センシャ―ラーメン)辛味のきいたトムヤンクンスープ@750・・・思い切りアブナイ感じですよね(笑)

萬来
お店に入ると客は誰もおらず(12時前に入った為)何となくお店の雰囲気もオドロオドロしく感じられ、実はこういう暗いお店も好きなのです。
今日の獲物。鮮蝦麺(センシャ―ラーメン)@700です。外のお品書きより店内のお品書きの方が▲50円安い・・・不思議ですね(笑)

萬来4
具はイカ、ピーマン、キクラゲ、豚肉、キャベツ、ニンジン、タマネギ等の豊富の具を熱々の火力でサックリトアオッタものです。
味ですか、麺はノビノビで×でしたがスープは何と何とイケました、辛さも程よく美味しさを倍加させていました。かすかに、本当にかすかにですがトムヤンクンの香りもしましたし多分スープスットクが良いのでしょうね合格合格合格
仄聞するにこのお店「タンメン」の名店らしくコアのランチタイムになれば満席の繁盛店です。そう評価するとなんであんな暇なときに麺の茹で具合を間違えたのが残念でなりません。妙に後ろ髪を引かれたお店でした。


それでは(^_-)

高田馬場 とんかつ とん太

今日は午前中人間ドックで午後は所用が有ったため会社はお休みです。
午後から奥様と池袋で待ち合わせして池袋界隈をブラリしながら所用を片付けたのです。

まず池袋から高田馬場まで移動します。
今日の獲物は東京で二番目に美味しいといわれている、旨いとんかつ「とん太」です。
とんかつ「とん太」


住所: 東京都豊島区高田3-17-8
電話:03-3989-0296
定休日:不明

店内に入ると可愛い豚君の歓迎です。
ぶた君


まずメニューです。
豚カツ一流店にしては結構値段がリーズナブルです。
とんた太メニュー


そして今日の獲物です。
お昼定食にしようか悩んだのですが、あまりしょっちゅう来れる場所ではないので上ロースかつ定食@1,500+ミニカキフライ@450(奥様と半分っこなので実質は@225です)にしました。

店主ご推薦の食べ方です。
とん太食べ方


味ですか、バカウマです。衣はサクサク軽く上品なパイ菓子です。ほのかな衣の甘さがタマリマセン。
とん太豚カツ


肉です。レアなのがわかりますよね。肉は豚肉ですが口の中でトロケます。こんな豚カツは食べたことがありません。本当に美味しい
とん太豚カツ肉


色々な食べ方がありますが、個人的には完全天然塩「鳳凰」が一番あいました。この塩で食べますと肉の甘さがすごく引き立ちます。
とん太塩


そしてカキフライです。
このカキフライは豚カツよりさらに美味しいのです。
とん太カキフライ


なんていっていいのでしょう、本当に海のミルクとはこのことなのでしょうね。
口の中にカキ肉、カキのエキス等の口福味がミッチリとツマッタったという感じです。これは奥様も絶賛でした。
ただものではありません、ここの料理・・・(拍手)
とん太カキフライ肉
ここの美味しさを聞き付け、先週は西武ライオンズのデーブ大久保が来店し舌鼓をうって帰ったそうです。

この後は清子様のマンションの前を通り鬼子母神までブラリです。
清子様のマンションの裏に学習院の高層学究棟ビル(地上12F)が建つようで、折角深い緑に囲まれたところにお住まいでございましたのに残念ですね。
そして鬼子母神は三遊亭好楽さんの娘さんである家入つぎ子さんが経営する甘味処「ひなの郷」に立ち寄りです。

住所: 東京都豊島区雑司ヶ谷3-3-14
電話:03-5952-1565
定休日:木曜日
ひなの郷店構え


鯛焼が名物です。
味ですか、笑点で日本一と紹介されたそうですが・・・以外にもとても美味しいのです。
イケますね。
ひなの郷鯛焼


特にアンコがツブツブ、ほの甘でいけました。
ひなの郷鯛焼アンコ


三遊亭好楽さんが飲む為に作られたバーカウンターですが、見渡す限りでは酒のアテがないような(笑)
まさか鯛焼でチョット一杯というわけではないと思うのですが不思議ですね
ひなの郷鯛焼バーカウンター
この後ろ姿の女性はつぎ子さんです。なにやら鯛焼の仕込が忙しくて振り向いてもらえませんでした(残念)

父親の関係で落語関係者の立ち寄りが多いようです。
最初の落語関係者の立ち寄りは林家一平さんのようです。
ひなの郷来客者
ちなみにこの写真の左側がつぎ子さんでお隣がご存知「桂三枝大師匠」です。

鬼子母神境内にある駄菓子屋「上川口屋」さんです。
な何と江戸時代からあるようで・・・(笑)
いつもはチョット肥えた猫君が店番をしているのですが今日は外出かな
上川口屋


そしてご存知「鬼子母神」です。
うちの奥様も勘違いしていましたが「鬼子母神」は神社ではなくお寺ですので、礼拝者の皆様お願いですから柏手は打たないで下さい(笑)
ちなみに「鬼子母神」の鬼の字はツノがありません。
それは鬼子母神様はお釈迦様とお会いになる前、まさに鬼のような事をしてきたのです。しかし、お釈迦様の教えを受け、改心し鬼ではなくなりました。そのことをあらわすため、“鬼”の字の一画めの点すなわち「ツノ」を取った字を使うのです。
鬼子母神


そしてこの後池袋まで歩き所用をすませ家路についたのです。今日のブログ少し長かったですね(反省)

それでは(^_-)

ぽっぽ屋VS二郎

本日は人間ドックの為会社はお休みです。
健康診断を受ける合間々に待合室にある「あなたも××病から抜け出せることができる」という本を読んでいました。
こんな病気の人、世の中にゴマンといるぜと思っていたら、成人した日本人の中に280万人もいて、私のつぶやきはあったていたのでした。
しかし仔細に読み込むとこの病気の症状、私はかなりあてはまっていたのです。
さらに追い討ちをかけるように、「今のあなたの行動は、もって生まれた性格からではありません。病気がそのような行動を取らせているのです。さあ勇気を出して病院の門をくぐりましょう!」と宣わっているでは有りませんか。
そんなこと分っているワイといいつつも、ここのところ自分を悩ます病気?がこの本の××病に起因してることも分りました。
To Stop or Not・・・まさに煉獄の問題です。
本当に真面目に考えないといけないのかもしれませんネ

ということで今日の獲物は高田馬場でラーメンです。
なんとこの街有全国名ラーメン店が24店あります。
色々悩んだのですが、いつも食べているぽっぽ屋の元祖店ラーメン二郎にいってまいりました。
私は大学生の時、かなりの頻度でラーメン二郎を食べていたので、その舌感は優れています。
結果は以下の通りです。
馬場二郎は駄目ですね、まだミャンマー人が作るぽっぽ屋ラーメンの方が美味しいです。でも馬場二郎も不味くは無いのですよ。
あくまでも比較論です。


ぽっぽ屋ラーメン

ラ−メン二郎高田馬場

【採点表】

スープチャーシュー 野菜価格
ぽっぽ屋 700円
ラーメン二郎650円
これだけ評点が接近しているということは、あまり変わりが無いのではという結論にもなりますね(笑)

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ