下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

中央区

人形町 そよいち

今日は「collection of jokes vol.2」です。
最近見つけた小噺です。
宜しかったらお付き合いください。

#長生き
長生き
「いいですか、このまま飲酒をつづけると、かなり危険です。
完全に酒を断ってください。完全にです。
そうすれば、寿命が延びることを請合います。
それだけ、生きている時間が長くなるってことですよ」
「おっしゃる通りです、先生。
先月一日だけ、酒が飲めなかった日がありまして。
いやぁ、その一日の長かったこと、長かったこと・・・・・・」

常識と異なる論理を持っている人、人生の優先順位が著しく異なる人、これらの異なる理性が交差するときの落差が面白い小噺です。

アエロフロート社の飛行機が、あまりにも時刻表通りに飛ばないので、ついに怒り心頭に発した男が
「どうせ遅れてばかりいるのなら、時刻表なんかつくるな!」
と息まいたところ
「お客さん、時刻表があるから、遅れもあるのです」
と職員にたしなめられた。
この話と同じです。
視点の切り替えによる落差です。
この「長生き」ネタも同じ構造で構築されています。

#客の希望
はげ頭の男が理髪店を訪れて、理髪師のふさふさした髪の毛を羨ましげに見つめながら、次の様にお願いした。
「もし、僕のヘアスタイルを君のと同じようにしてくれたら、百万円差し上げよう」
「お易い御用です、お客様」
そう言って、理髪師はたちどころに客の要望を叶えた。
自分の頭髪をきれいに剃ってしまったのだ。

話し手が想定している対象を正反対のものに変えることで、想定している対象をハイジャックする方法です。
これと似た話を中国出張の時に聞きました。
取引先が中国出張の際に自らの身におこった窃盗事件を現地の仲の良い中国人にこぼしていましたら、その中国人はムッとして、で〜もすべての中国人が泥棒ってわけではありませんからね!
そして一呼吸おいてから、しか〜しすべての泥棒は中国人であ〜る、とのたまったとの事でした。

#アドバイス
パーティで弁護士と医師が歓談。
そのさなかにも、ひっきなしに他の客達が割り込んできて、あれこれ医師に体調の不調を訴えたり、健康上のアドバイスを求めたりする。
さすがの医師もうんざりした面持ちで、弁護士を羨ましがる。
「まったく、いつもこうなるんです。仕事を離れても気の休まるときがありませんよ。
それにしても、先生はよく相談責めにならずに済んでいますね。
何かコツでもおありになるんですか?」
「コツってほどのものではありませんがね。僕だって相談されれば、先生みたいに懇切丁寧にお答えしてますよ。
ただね、後日、相談された方に必ず請求書をお送りすりる事にしているんですよ」
「なるほどいいアイデアだ!さっそく取り入れなきゃ」
医師は大いに弁護士に感謝したのだった。
そして翌日、くだんの弁護士から請求書が届いたのだった。

自らがこの医師の立場なら、本件は契約行為がなされていない、と異議を申し立てるところでしょうが、人ごとになりますと、そら見たことか、とその無防備の態度に笑ってしまいます。
ところで私の高校の飲み会メンバーの中には、医師×2名、小説家×1名がいます。
そういえば、彼等は同級生の両親の健康相談や、子供が小説家になりたいのだけれど、一度原稿みてくれない、とか確かにひっきりなしに相談を受けながらお酒を飲んでいます。
この話と同じように、これからこの手の相談は有料対応といたします、と宣言したならば、その瞬間に同級生の手にしているグラスの中身が彼ら目がけて飛んでいくでしょう。
これが日本です、私達の国です、ハイ。
「必殺小噺のテクニック」米原万理著より転載


千手観音?



IMG_6392

IMG_6389

IMG_6390

IMG_6391

IMG_6393
今日は桜の香りがむせ返るような人形町に出没です。
今日のお店は訪問宣言店です。
今日のお店は「そよいち」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町1-9-6
電話:03-3666-9993
定休日:日曜・第1月曜日

IMG_6377
お店の外観です。

IMG_6385
店内の雰囲気です。

IMG_6379
メニューです。

今日のオーダー「ポークソテーライス(おかわり自由、豚汁付)」@1,800円です。

今日のお店は人形町の洋食の名店であった「旧きらく」さんの長女・次女さんがやっているお店です。
オープン当初は「ビーフかつれつ そときち」という名前でしたが、訪れました時には「そよいち」さんに名前が変わっていました。
私は白木のカウンターに座って長女さんの料理している所をそれとなく見ていました。
料理が終わったようで、今度は向きを変えビーフカツの下ごしらえ(筋切等)に入りましたので、私と向き合うような形になりました。作業中、長女さんが何度も私の方に視線を送ったので、何か緊張するものを感じました。
昔、「旧きらく」さん時代になにか迷惑をかけたかな、と頭の中で過去記憶を反芻したのですが、そのような事はありません。
しばらくして長女さんがおもむろに、お久しぶりですね、お元気でしたか、と言われたのです。
確かによくきていましたが顔を覚えられていたとは驚きです。
それも本当に「久闊を叙す」的な永き時間が横たわっていましたので尚更です。
そこでしばらく長女さんと先代と先代奥さんの話で旧交を温めたのでした。
余談ですが帰宅して、この旨を奥様にはなしましたら、それを次男が聞いていて、単にお父さんの顔がかわっていないだけじゃない、と結論付けていました。
それだけかなぁ・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_6381
まつこと6分で「ポークソテーライス」の到着です。

IMG_6382

IMG_6383 (1)
このポークソテーは肉厚のロースをいため、フランベをし、しばらく蒸し焼きにします。
そしておもむろににんにく、バター、醤油を加えて味を整えます。
「新キラク」さんと「そよいち」さんとのちがいはポークソテーを蒸し焼きにするかしないかと、バターの量とソースの量です。いずれも「そよいち」さんの方が多いです。

参考までに「新キラク」さんのポークソテーです。
IMG_5956

それでは実食です。
うん、美味しいです。
私のベロセンサーの感度はそれほどよくないのですが、こちらの方が「旧キラク」さんの味だとおもいます。
肉は柔らさ、too muchのソース、ともに先代と同じです。
加えて「思い出」という隠し味もありました。
キャベツが適度にソースを吸ってくれるのも懐かしくおもえました。
大満足で人形町の名洋食店の味を堪能しました。
長女さんご馳走様でした

それでは(^_-)



有楽町 ジャポネ 6th

今日は「札幌の子供達」です。
私が札幌在住の時に子供達の父親で構成されていた「おやじの会」なるものに積極的に参加していました。
一つには東京から転校してきた我が子供達に対する側面的なバックアップも有ったのですが、基本的なところは私自身が道産子の親御さん達と仲良くなりたかったのであります。

テキヤ
「おやじの会」の活動は、小学校の定例な催し、学芸会、運動会、バザー等の後方支援であったり、「おやじの会」主催の模擬店の設営・運営でした。
そのような時に私は、ただひたすら焼鳥を焼いていました。
当時の私の衣装は、ダボシャツに股引という完璧なテキ屋さんファッションでした、
正直、父兄からの私に対する声掛けに妙な緊張感があり違和感があったのは事実です。
要はモノホンのテキ屋さんに間違えられていたのでした。
なお上記画像は私ではありあせん。
あくまでも参考画像です。ちなみに私はこのように太ってはおりませんので・・・

大半はそのような会の反省会がmain eventだったのです。
それでも子供達を側面的にバックアップしていこうとする熱意は絶えず持ち続けていましたので、生徒とのふれ合いはかなりありました。
その中で記憶に残っている二人の生徒さんを紹介します。

#恐竜少年
この少年は恐竜が大好きで恐竜の事を独学で勉強していました。
ある時、教科書に載っていた恐竜の写真と名前に相違感があったので、詳しく調べたところ教科書会社の誤植ではないとかという事が分かったのです。
彼はその事を先生に報告し、そして先生がその旨を教科書会社に報告しましたところ、後日教科書会社から監修の際の誤植だった、と訂正を含めた丁重なお詫びの電話が入りました。
記憶で申せば、恐竜の顎の形状が微妙にちがう程度でしたので、この発見はスキー場で落としたコンタクトを探すような難易度であります。
私達「おやじの会」では、彼の偉業をたたえて発表会を企画し実施しました。
今このように思いかえしても本当にたいしたものです。

実はこの話は後日談があります。
今回、彼をブログのフリネタにしましたので、彼の名前を頼りにnetで調べましたところ、彼は以下のような学者になっていたのです。
個人情報もありますので敢えて名前は公開しませんが、小学校の頃からの刻苦奮闘の努力が開花した事に喜びを禁じ得ません。本当に頑張りましたね。

千葉君
198×年北海道札幌市生まれ。学士。
専門は古脊椎動物学。学部は東北大学理学部で微古生物学・古海洋学を学んだ後、北海道大学院理学院博士課程前期に進学しセントロサウルスのボーンベッドを対象に研究を行う。2009年よりカナダで発掘調査を行う。

#英語少女
英語少女
この少女は小さい頃から英語が好きで独学で勉強していました。
一度なにかの機会に彼女が英語を話すのを聞きましたがほとんどnative speakerでしたね。
かなりのレベルです。
とそのように思ったので告げますと、答えは意外なものでした。
彼女は、自分の英語の能力に全く満足していませんでした。
さらに彼女の口から出てきた言葉は、英語上達の為に他流試合をするのだ、と言っていました。
私は、他流試合って具体的になにをするの、と聞きましたところ、毎週日曜日、大通公園に行って、外国人を見つけると、挨拶をしてからもし良かったら公園を案内するのです、と言っていました。
全くもってたいしたものです。
個人的には、英語ができるということは単なるコミュケーションなので、それよりも小さい時には一冊でも多くの本を読み、自分の知識の礎を確固ためるべきだ、というのが私の持論です。
それはさておき小学生の高学年の女子が、毎週日曜日単独で外国人に話しかけをしている快挙には快哉を叫びました。ちなみに彼女のnowは追跡できませんでした。
多分ご立派になられていることでしょう・・・


Team play



IMG_6241

IMG_6242
今日は銀座に出没です。
時計を見たら16時です。
どうやら今日はランチを食べそこねたようですが、この時間であればquick lunchならいけるなと判断しました。
ということで今日のお店はロメスパの絶巓「ジャポネ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西1-2 銀座インズ3 1F
電話:03-3567-4749
定休日:日曜・祝日

IMG_6246
お店の外観です。

IMG_6247
店内の雰囲気です。

IMG_6243
メニューです。

今日のオーダー「キムチスパ」@550円です。
「キムチスパ」はキムチ味をベースに豚肉、キムチ、シイタケ、オニオン、コマツナ入りのスパです。

IMG_6244
メガ調味料の面々です。

IMG_6249
待つこと12分で「キムチスパ」の着皿です。
いい色合ですね。

IMG_6251
私は粉チーズが大好きなのでこの画像の様に冠雪状態にしました。
それでは実食です。
何ですかこの美味しさは・・・
辛さと醤油味のからみが絶妙です。
何て美味しいのでしょう、大感激です。
さらに豚肉の油っこさがこの味を極大化させています。

IMG_6252
後半試しに福神漬をのせて頂きました。
これまた変化球ですが美味しいのです。
なんで今までこの「キムチスパ」をたのまなかったのかと後悔しています。
大満足のlate lunchでした合格合格合格合格

ご馳走様でした

それでは(^_-)

人形町 きらく

今日は「恩師列伝」です。
私の小中学校の時の恩師の話です。
宜しかったらお付き合いください。

#宮下先生
王選手
巨人軍の元王監督は中学時代の成績はとてもよくて地元で一番東大合格率の高いとされていた都立高校にいこうと考えていたのです。
しか〜し安全性を考えて地元で二番目に良いとされていた高校を受けたのです。
なぜか落ちてしまいました。しかもその高校には自分より成績の悪い友人が受かっていたので王監督はかなりショックを受けていたとの事です。
王監督は正式合格にならなかったものの補欠一番だったので、もし試験当日、合格レベルの受験者が一人でも風邪かなにかで未受験だったら王監督はその都立高校に入り、早実には行かなかったのですね。
そういう意味では世界の「王」が誕生したというのは偶然の産物だったというのが私達下町での都市伝説です。

実は私は王監督の中学校の後輩であります。
私の中学の音楽に宮下先生という方がおられました。
この先生が怒るときによく言われていた言葉があります。
それは「俺の右手を見ろ」です。
私達がその言葉を言われたら「何ですか、皺の多い手ですね」と言うのがお約束です。
すると「ふざけるな、もっとよく見ろ」と言われますので、指先がチョークの粉で汚れているので「指先がチョークの粉で汚れています」と言います。
そこで「お前らの目は節穴だ〜。この手は世界の王を張り倒した右手だ」と大きく見得を切るのです。
さらに「王はこの手で張り倒すと、はるかかなたまでふっ飛んでいったんだ」と言われて締めるのですが、なんで音楽の時間でそこまで怒られる事になるのだろうか、ということですが、いずれにしてもこれは先生が「俺の右手を見ろ」と言われた時の決められたお約束ですので、ハイ。

アインシュタイン
今このように思いだしますと、かなり迫力のあった音楽の先生でした。
実際に体罰もありました。私も授業中に縦笛でチャンバラしていたのが見つかって二三回張り飛ばされました。
ちなみにベートーベンを意識したのか髪型は同じでしたが風貌はアインシュタインにそっくりでした。
もうこのような先生は現れないでしょう(笑)

#磐田先生
ネコ
私の小学校5〜6年の時の担任の先生です。
激情家です。たまに自分の琴線にふれる話をしますと、その言葉に酔って涕涙されていました。
ちなみにお酒にも酔うみたいで不定期に二日酔いで遅刻していました。
そのような時は自習になるのでみんな喜んでいました。
たまに根性で出てくる時もありましたが、根性では調子が戻らず教壇で寝ていました。このような時も自習でした。
と書いていますと、かなりいい加減な先生の様に思われるでしょうが、その実態は熱血先生です。
私は磐田先生が大好きでした。

年に一回、磐田先生の家庭訪問があります。
この時は下町が大騒ぎになります。
私達の親も磐田先生の酒好きは知っていますので、先生がお見えになりますと、今日はお熱いですから、まぁどうぞ、という事になります。ここで断れば良い先生なのですが、親御さんの折角のおすすめをお断りするのも失礼ですので、本当に一献だけですよ、と始まって下町の空は徐々に真っ赤に染まっていくのでした。
正しくは先生の顔ですがね・・・
下町ですから、A男君の家でご酒を頂いたなら、私の家のご酒を頂いてもらいませんと、恥ずかしくて表通りは歩けません、てな事で第二ラウンドの幕は切って落とされるのです。
これが無限極楽みたいに続くわけですから、6軒目当りから酔歩蹣跚状態となります。
次の家に這っていくわけにもいきませんので、先生を移動させるリヤカーなどが出動するなど、まさに我が下町は酒池王城と化すのです。
最後の方は私達生徒がグダグダの先生を乗せたリヤカーを、ワッショイワッショイと言いながら神輿渡行の様に駅まで送っていくのでした。
このように書いていてとても楽しかった気持ちがよみがえってきます。
とても人間味あふれる先生でした。
このような大騒ぎができたのは下町だからでしょうね。
ちなみにその後の磐田先生ですが、とある中学校の校長を勤め、最後は教育委員会の要職にまで登りつめられたとのことです。
「芸は身を助ける」ではなく「酒は身を助ける」の一席でありました。
お後がよろしいようで・・・


Unreal Body Strength



IMG_5957

IMG_5959
今日はくれなずむ人形町に出没です。
ちょっと遅い昼食を食べようと思案していたら、この看板が目に飛び込んできました。
な何と30年ぶりの再訪です。
今日のお店は「キラク」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町2-6-6
電話:03-3666-6555
定休日:日曜・第2第3月曜(祝日の場合は営業)

IMG_5960

IMG_5950
お店の外観です。

IMG_5951
店内の雰囲気です。

IMG_5952
メニューです。

今日のオーダー「ポークソテー(ライス付)」@2,000円です。
たしか30年前、NHKの「きょうの料理」?かなにかで先代がfeatureされた時に「ポークソテー」を紹介していて、その匠の技にしびれ、早速に食べにいきましたら椅子から体が浮き上がるほど美味しくて大感動した思い出があります。
以来我家のポークソテーは「きらく」さんの味付けになりました。
亡き母もこのお店の「ポークソテー」は大のお気に入りです。
そうそう実は私も「ポークソテー」は大好きなのです。
今気がつきました。これって遺伝だったのですね。

IMG_5953

IMG_5956

IMG_5955
待つこと9分で30年ぶりの「ポークソテー」が到着です。
あれっ200gの豚肉なのですがずいぶん縮んでいますね。
肉の下ごしらえ(筋切等)が雑なのか焼き方がお上手なのでしょう・・・
そう申してみますと、何か今のコックさん先代に比べますと仕事が早いといえば宜しいのでしょうが何かはしょっているようにも思えました。
フランべしたのは驚きましたが、なにかが違います。

気を取り直して実食です。
肉が硬いです。
先代の頃は柔らかくて、先代にそれを誉めますと、ギリギリまで熟成させているからさ、と豪語していました。
にんにく・バター・醤油ソースの味はほぼほぼ同じでしたがそれでも微妙に違います。
私のベロメーターの感度が鈍くなったのか、コックさんの腕が落ちたのか何れかでしょう。
帰り際に、ホールの責任者の女性に、先代の娘さんですか、と聞けば、私が正真正銘の二代目です、と答えたので、ここでも違和感を覚えました。
帰宅してブログアップするので周辺情報をcheckしましたら、娘三姉妹の中で遺産相続の内紛があり、以前キラクさんにいたメンバー(長女・次女)は、2008年10月、同じく人形町の甘酒横丁の1本裏に入った路地に「ビーフかつれつ そときち」という店をオープンしたのだそうですね。
いずれにしてもこれで@2,000円は「コスパ悪し」と言わせていただきます。
先代の味は「ビーフかつれつ そときち」で引き継がれているようです。
今度そちらに行ってみましょう、キッパリ。

それでは(^_-)



茅場町 アンデルセン

今日は「netで見つけた面白画像」です。
今日のフリネタは「netで見つけた面白画像」です。
宜しかったらお付き合いください。

#気がつかいないのかな?
pis
肩車されている子供もグショグショでして気持ち悪いのでは・・・

#STOP
stop
非現実性の現実です。まぁ日本ではありえないでしょう(笑)

#うざい!
うざい
どこのセブンさんでしょうか?

#食べにくいですよね・・・
お汁粉
お餅でベイマックスを作ったのですか。お上手ですよね!

#見たような人がいますね・・・
クリソツ
マジくりそつじゃないですか(笑)

#サンタがたくサンタ・・・
サンタだ!
かなりの迫力です。


Amazing Latin Dance!



IMG_5874
今日は茅場町に出没です。

IMG_5876

IMG_5875
キッチュな居酒屋の看板に口がパックりと開いたままでした。
しか〜しサービスの悪さをウリにするとはまじにクリビツです。

IMG_5863
さら〜に只今時計は15時前です。
実はま〜だお昼をたべていません。
しか〜も茅場町ってお行儀の良い街でして、食べるところはいずこもこの時間帯は「準備中」です。
どうしませう・・・と悩んでいましたらこの光景が目に飛び込んできました。
間違いなくどこかで見たはず、とつぶやきながら気がついたら入店していました。

ということで今日のお店は「アンデルセン」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋茅場町3-4-6
電話:03-3669-0886
定休日:日曜日、祝日

モヤサマ

IMG_5870

IMG_5871

IMG_5872
私が見た光景というのは2014年7月13日「モヤモヤさまぁ〜ず2」月島・豊洲編で見た「撮れ高OK」のシーンを撮った喫茶店だったのです。
しか〜しよくこのお店「アンデルセン」を覚えていたものです。
お店の方の狩野アナの評価はかなり高いものでした、ハイ。

IMG_5873
ということでお店の外観です。

IMG_5860
店内の雰囲気です。
しか〜し真紅のふわふわのソファは完璧に夜の蝶が舞い降りる場所です。

IMG_5859
メニューです。

IMG_5864

IMG_5869
今日のオーダー「ナポリうどん(スープ・サラダ・珈琲付)」800円です。
待つこと6分「ナポリうどん」の到着です。
赤々とケチャップ色に彩られたナポリタン風味のうどん、その実態はナポリタンです。
具はウィンナにタマネギにピーマンとシンプルです。

IMG_5865

IMG_5867
それでは実食です。
早速にパルメザンチーズで冠雪状態にしました。
よく炒められたナポうどんはシャツに飛びにくい系です。
味ですか濃厚ですがチープです。
以外に昔のウィンナが存在感をしめしています。
夢中で食べていましたらうどんである事を忘れていました。
やはりこれはナポリタンでしょう。

それでは(^_-)

日本橋 栄太楼喫茶室

今日は「現在になりきること」です。
マザーテレサ
昨日は去りました。
明日はまだ来ていません。
わたしたちにはただ、今日があるのみ。
さあ、始めましょう。
今、この瞬間幸せでいましょう。
それで十分です。
その瞬間、瞬間が
私たちの求めているものすべてであって
他には何もいらないのです。
(マザー・テレサ)

あなたが悩みを抱えているとき、あなたは過去のことを考えています。
あなたが不安を感じているとき、あなたは未来のことを心配しています。
我々人間が、生きていく上で「より良き明日を思うところ」に不安が生じるのは必然のことかもしれません。
「明日への希望」と「不安」は表裏一体と言えましょう。
明日への希望を願う気持ちが強ければ強いほど、同時に抱く不安も強いのではないでしょうか。
こうした不安とどうのように付き合っていくのか・・・
なかなか難しいものですね。

私の尊敬する先生がよく使われた言葉に達磨大師の「前を謀らず、後ろを慮らず」というちょっと難解な言葉があります。これは不安にとらわれ、今現在がすっぽりと抜け落ちている我々に「現在になりきる」姿勢を指導する言葉です。
過去を憂えても、未来の不安に慄いても、何も変わることはありません。
我々に出来るのは、今この瞬間をいかに充実させるかのみです。
コツコツと目の前の必要な関わりに取り組んでいきましょう。
「現在になりきること」このことが未来への活路なのです。

「現在になりきること」といっても一体何をやればいいのでしょう。
とりあえず「現在になりきること」がわかったらやりはじめましょうということになります。
これは「やる気が出てきたらやる」といった考えで、自分の気分に任せての行動と言えます。この当りがすこし難しいのですね。具体的に申せば、現在仕事や家庭なのなかで気になっている事とか積み残している事に対して、やる気になったら取りかかろうというのではなく、とにかく取りかかることなのです。
気分ではなく小刻みに行動することなのです。
ここで大事なことはその結果は別問題なのです。
場合によってはうまくいかない事もあるでしょう、それでも目の前にある懸案を解決しようとする行動が大切なのです。これが「現在になりきること」だと考えています。

私の好きな言葉に「問題は解決されるためにある」というのがあります。
これは日本興行銀行の重鎮だった中山素平さんのものです。
「最初からあきらめてどうします。問題は解決されるためにあるのですよ」という一種のaphorism(人生への戒め)です。問題があるから挑戦できる。挑戦できるから、失敗もできるのです。
失敗もできない、信用されない、何も任されない、認めてもらえないような人になっては、人生つまらないじゃないですか。ドキドキするような緊張と、ワクワクするような興奮を持って、問題に立ち向かっていきましょう。
トラブルはあなたの価値を決して下げません。
問題に立ち向かっていく姿が素晴らしいのです。


The Most Epic Safety Video Ever Made


IMG_5697
今日は「お江戸日本橋♪」に出没です。
時計は17時を指そうというのにまだお昼を食べていません。
なにか食べなくちゃ、死んでしまいます(笑)
ということでお邪魔したのは老舗中の老舗「榮太樓總本鋪 喫茶室 雪月花 」日本橋本店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋1-2-5 榮太楼ビル1階
電話:03-3273-6310
定休日:日曜・祝日

IMG_5698

IMG_5707

IMG_5700
お店の外観です。

IMG_5702
店内の雰囲気です

IMG_5701
メニューです。

今日のオーダー「赤飯弁当」@1,188円です。
実はお赤飯は大好物です。
正直毎食お赤飯でもよいくらいです。

IMG_5703
注文をしようとお姉さんを呼びましたら「は〜い 栄太樓ですっ♪」ではなく「ただいまうかがいます」ですって、ちょっと残念でありました。
待つこと6分で「赤飯弁当」の到着です。
見た目優雅というか雅(みやび)ですね。

IMG_5704

IMG_5705

IMG_5706
それでは実食です。
重箱の弐の重を開けますと、お芋の天麩羅、人参、筍、蕗、里芋の煮付け、玉子焼き、鶏の肉団子、茹で空豆、香の物が満を持して現れます。
壱の重はお赤飯です。ほくほくの栗が重の中心で彩りを添えています。
おかずは淡い味付けで上品な仕上がりです。
お赤飯は餅米が多いのでしっとりと炊けています。
味ですか、イケますね。
子供のときに裕福な伯母の家で頂いた幕の内弁当を彷彿します。
私に取りましては過去への郷愁も加わりとても美味しく頂きました。
しいて申せば「は〜い 栄太樓ですっ♪」のご発声が聞けなかったのが残念至極でありました。

それでは(^_-)

浜町 hitokadoru(ヒトカドル)

今日は「父の思い出」です。
鳥の死骸
今週の月曜日の出勤途中に大きな鳩の死骸をみてしまいました。
私は大の鳥嫌いです。余談ですが私を暗殺するのは簡単です。
朝方、私の布団の中に鶏を2〜3羽を放り込めばいいのです。
それに気がついた私は即に恐怖による心臓麻痺で死ぬでしょう。
まぁそれはオーバーにしても気絶する事は間違いありません。
そのような私ですから、鳩の死骸を見ただけで腰が抜けそうなくらい驚きました。
腰が抜けると会社に行けなくなるので、目をつぶり一目散にその場から脱兎のごとく立ち去ったのです。

父が亡くなって今日で5,335日≒15年が経ちます。
折に触れて墓参りはかかさずしていますが、最近では思いだすこともありません。
しか〜しこの惨劇を見た後に、急に父の事を思い出しました。
私が小学生だった頃、家の前で野良犬が二車線の道路を無理に渡ろうとして車にはね飛ばされました。
みるからに瀕死の重傷です。可哀想に内臓が飛びだしていて万に一つも助からないのは、私にもわかりました。
悲惨なことに、その犬は後続車にも次々と轢かれはじめて、最初甲高かった鳴き声も徐々に蟲の息になり、とうとうその寿命は尽きてしまったようです。

そこにたまさか父が帰ってきたので、父にいましがた犬が轢かれて亡くなった旨を話しますと、父は家から南京袋をすぐに取ってきました。そして走行中の車を一斉に停めた後、血だらけの犬の死体を、持ってきた南京袋にくるみ、歩道に持ち帰ったのです。
私はあまりのむごたらしさに直視はできなかったのですが、それでもその犬の体をこわごわと触るとまだほんのりと温もりが残っていました。
私が父に、このような犬の死骸の片付けは保健所がするんだよね、とこまっしゃくれて言いましたら、父はムッとして、死んだ者には罪が無い。それがたとえ犬だとしてもだ、と私を諭すように言い切ったのです。
今でも父の事を思い出しますと、良い思いでは多くないのですが、ことさら人が困った時や、このような事態に遭遇すると一生懸命になって対処していた事が甦ってきます。
特に身よりない方が死病になると、縁もゆかりもない単なる知り合いだというだけなのに、その時には、死に行くものに罪はない、と言って最後まで看取っていました。
父は奇特なという表現でよいのかわかりませんが、このような時だけは仏になります。
偉かったと思います。

ちなみに私もそのような血を受け継いでいますので、犬の死骸などを見かけますと葬ってやろうと動き出すのですが、その度に必ず奥様にすご〜く怒られるのでしていないだけです。
二人の子供達にこのDNAが引き継がれていることを望んで止みません・・・


真夏の気分を如何ですか・・・



IMG_5612

IMG_5613

IMG_5614
今日は人形町に出没です。
子宝や子育てにご利益のある東京人形町の「水天宮」は現在改装中で仮宮は明治座の前に移ったようです。
その後、時間が開いたので下町っ子ビギナーさんとランチを共にしました。
今日のお店は「hitokadoru(ヒトカドル)」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋浜町1-1-9 吉沢ビル 1F
電話:03-5809-2855
定休日:無休

IMG_5608
お店の外観です。

IMG_5603
店内の雰囲気です

IMG_5607
メニューです。

IMG_5609
今日のオーダー「煮込みハンバーグ&コーヒー」@900+@200=1,100です。
変わった店名「ヒトカドル」は、「ひときわ優れている」「いっぱしの」の意味の「一廉(ひとかど)」に動詞「ル」を付ける「体言+ル」形式の動詞みたいですね。

IMG_5604
待つこと2分で「10品目の野菜スープ」の到着です。
見た目volumyですね。
野菜満載のコンソメスープですか、塩加減がたくみです。
クタクタのジャガイモは私の好みです。
温かいスープなのでとても美味しくいだきました。

IMG_5605

IMG_5606
待つこと12分で「「煮込みハンバーグ」の到着です。
デミグラの色が鮮やかですね。
ハンバーグは牛肉多めの合挽きですか、濃い目のデミグラとの相性が良いです。
ハンバーグは弾力があり、噛みしめるたびに味がふくらんでいきます。
パンは柔らかく且香気が高く美味しいです。
Refill(お替り自由)なのも高評価です。
美味しゅうございました。
コスパも良く下町ビギナーさんの紹介に感謝です。

PS 私がお店に財布を忘れていたのに気がつき、わざわざ追いかけて持ってきて頂きました。
感謝申し上げます。ありがとうございました。

それでは(^_-)

銀座 ヴィラモウラ

今日は「私達の人生は今ここにある」です。
私達は人生という川に流されています。
喜怒哀楽、憂悲苦悩(うひくのう)、さまざまのことにアップアップしながら流されています。
しかし、首一つだけでも高くもたげて周りを見れば、流されている自分が見えます。
行く先も見えます。
訳も分からずに流されていくよりは、無常の現実に流されている自分を知った方が、少しは心が安まります。
いたずらに流されるよりも、立ち泳ぎしながら流れに身を任せたほうが安心感はあるものでしょう。

仕事は好きです。
理由は至ってシンプルです。
努力が報われるからです。
そして困難な山を乗り越えた時の達成感が好きなのです。
仕事を乗りきった時の解放感は得も言わぬ心にやすらぎの光が差し込んできます。
これがありますのでさらに困難な山に登ろうという新たな決意が生まれてくるのです。

しか〜し最近、知力、気力の衰えから、この山を乗り越えるのが苦痛になってきました。
ある意味あたりまえかもしれません・・・
この世に絶対というものはありません。
その絶対価値にたどり着こうとする姿は美しいのですが、おのずと限界があります。
かくあるべし、はそのようにあるべきなのですが、度をこしますと自縄自縛になるのは必定です。
そこから敷衍しますと、山の向こうに見える幸福(しあわせ)より、それを乗り越えようとしている自らのもがき、努力している姿が幸福(しあわせ)なのだなと思うようになってきました。

私達は絶対価値の世の中で暮らしています。
その世の中は、自分にとって良い事、悪いこと、蓋然性でいえば圧倒的に悪いことがおきています。
従いまして絶対価値即ち無理難題の局面に向き合いましたら、まずはそれを真摯に受け止めるべきです。
そしてそこから逃げるのではなく、しかるべき対応をして、努力をしていくのです。
その努力をしていく過程が冒頭に申しました、頭を高くもたげて流されていくことになるのでしょう。

独坐大雄峰
山田無文老子元臨済宗妙心寺派管長、元花園大学名誉学長
中国の高名な禅師が「この世で一番ありがたいことは何か」と尋ねられて「独坐大雄峰(禅師の住んでいる山の別名)、俺が今、現に生きてここに坐っておることが一番有り難いわい」と答えた話が残されています。
めいめいがそれぞれ生き、そこに坐っているという事以上のありがたいものはないという事を言っているのだと思います。たくさんのお金を持っていることがありがたいとか、立派な屋敷にすんでいることがありがたいとか、出世栄達がありがたいとかはありますが、生きているからこそお金が必要なのです、生きているからこそ暮らす住居が必要なのです、生きているから出世栄達も悪くないのです。
一番大事なのは、今ここに生きていることなのだ、とこの禅師は喝破しています。
生きているという事は、それほど尊いことであり、大切・大事にすべきなのです。
困難な現実を平気で生きていく、この様に我が身を律したいと思う今日この頃であります。
こんなことを書く日もあります・・・


ペコリペコリ!歩道でずっとお辞儀をしている女の子の理由にほっこり



IMG_4449

IMG_4450
今日は銀座に出没です。
今日のお店は最近はまっている「ポルトガル料理」店です。
今日のお店は「ヴィラモウラ 」銀座本店さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-2-3 ダイワ銀座アネックスB1
電話:050-5797-1404
定休日:無休

IMG_4451

IMG_4453

IMG_4454

IMG_4455
お店の外観です。

IMG_4467

IMG_4466

IMG_4461

IMG_4457
店内の雰囲気です。
コリドー近辺の隠れ家レストランとして名高いのですが、まさに大人の隠れ家です。

IMG_4452
メニューです。

今日のオーダー「タラと野菜のソテー」@1,000円です。

IMG_4456
待つこと3分で「サラダ」の到着です。
見た目彩りがあざやかです。
これは海老美味しですね。

IMG_4458

IMG_4459

IMG_4460
待つこと5分で「タラと野菜のソテー」の到着です。
美盛りの基本、赤色、黄色、緑色の三色が上手に使われています。
ちなみに紫色は赤玉葱のマリネです。

それでは実食です。
タラは淡白な味わいで美味しいですね。
特に付け合わせのポテトによく合います。
想像以上に美味しい味です。
タラはこのように調理すると美味しいのですね。
さすがポルトガルです。意味不明・・・

IMG_4462
なおパンは店長のおはからいで、通常一個のところ二個に増量してもらいました。
これはエクストラバージンオイルでいただきます。

IMG_4464
食後のデザート「洋梨と玉子のムース」です。
これは特筆するものはありません。

IMG_4465
で〜もこれにコーヒーがついて@1,000円は銀座という場所柄を考えますとコスパ良しではないでしょうか。
夜の部も食べに行った事(接待飯)がありますが、夜のコスパはさらに良いですよ。
ただしこのお店はご紹介のとおり大人の隠れ家なのでほとんどカップルばかりです。
男性同士での入店は避けた方が良いかと思います、ハイ。

それでは(^_-)

茅場町 たん助六

今日は「合コン考」です。
合コン2
さすがに今となって合コンなぞはいきませんが、大学はそのような出会いが大好きな学校でして、若い時はよく企画しましたし、良く行きました。
特に私はファッションに気を使うオサレな仲間が多かったのでhigh-end志向でした。
High-end志向をわかりやすく申しますと、所謂御三家である聖心、フェリス、白百合の女子大学生と付き合う事です。したがいまして、ここらの女子大と合コンの企画をしませんとかなり安く見られました。
日本女子、学習院女子は高田馬場の学校の色がついていて、その当時はまるで汚い雑巾を見るような感じすら持っていました。あくまでも当時ですからね。

一度、赤坂のイタイリアンで複数の東大の女子学生と親しく合コンする機会がありました。
その時は、私達の事をまるで女衒(ぜげん)、即ち性風俗関係の仕事を強制的にさせる人身売買業者のように思っていたようで「そのような事ばっかりしていますといつか地獄に落ちますわよ」的な慈愛あふれるご助言を発し続けていました。
当時の私の大学のイメージがそうだからといっても、それはいくらなんでも言いすぎです。
そこまで落とし入れるのであれば、「蓼食う虫も好き好き」という諺はあったにせよ、「貴女だけは売る自信はない」と耳許で囁きたい気持ちが頭をもたげました。
しか〜しね、さすがにね、そこは大人の対応をしました。

それからしばらくして、今度はフェリスの美女達と銀座の喫茶店「モーツアルト」で合コンした時に、その中の美的女子から驚愕のつぶやきがありました。それは次の様なものでした。
「私は、今日まで容姿に自信のない友達から合コンに誘われたことは一切ありませんわ。
どんなに仲良くても『合コンに行ってきたわ』と事後報告のみですもの。
それなのに『イケメンの男友達を達紹介してくださらない』などはよく頼まれますから都合いいなと思います。
同じような容姿の友達からはさそわれますけれどね。
合コンは幹事以上の美形の友人を誘わないのは暗黙のルールでしょう。
美人は合コンに行かなくても普通に生活しているだけで相手はみつかりますものね。」
な何と自信にあふれたお言葉でしょう。
個人的には、これこそ「美人特権」だと思いますのでおおいに支持しました。

合コンの誇大喧伝は今でも連綿と続いていると思います。
特に女性は同性をやたら褒めます。
それも「一点美人」です。
顔が小さいから始まって鼻の穴が縦長で格好いいなどと枚挙にいとまがありません。
これって、本当は不均衡な仲間の美醜バランスを「それぞれにきれいな部位がある」と認識することによって、皆が同一だと思いこもうとしているのでしょう。
加えてうかつに相手のすごく良いセールスポイントを褒めれば、熾烈な異性獲得競争において無用のadvantageを相手に与えてしまうという深謀遠慮も働いているのでしょう。
だから影響力の少ない「一点ボメ」になるのでしょう。

合コンはある種の「競争原理」の縮図です。
従いまして、競争原理を受け入れるのは合コンを参加する人としてはまったく当然のことで、疑う人はいないと思います。しか〜し、これがさらに加速していき、暴走していけばどうなるのでしょうか。
競争に勝つために、いろいろなものを例えば友情などを犠牲にしていくことになるのでしょう。
競争とは、お互いに相手とフェアプレイで戦って、互いに成長するためのものだと申しても、今さら詮無きことですよね・・・

There's beggary in the love that can be reckoned.
計算された恋は卑しいものだ。
William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア)


Top the bottom run through The Snow Centre Hemel Hempstead for Forged In Steel!



IMG_4491
今日は茅場町に出没です。

IMG_4492

IMG_4493
これが今話題の「OKB3」さんです。
この3人は大垣共立銀行の行員さんだそうです。
初めてみましたが、マジにクリビツです。
すごいですね、最近の銀行は・・・

IMG_4481
ということで今日のお店は行列の牛たん屋さんです。
今日のお店は「たん助六」さんです。

住所: 東京都中央区兜町16-6 1F
電話:03-6667-0155
定休日:日曜日・祝日

IMG_4489
お店の外観です。

IMG_4487
店内の雰囲気です。

IMG_4482
メニューです。

今日のオーダー「牛たん焼定食」@980円です。

IMG_4483
待つこと2分で牛たんスープと麦ごはんの到着です、
透き通ったタンスープはネギのジュリエンヌ(千切野菜)と厚い牛たんが入っています。
これは秀逸です。とても美味しいです。

IMG_4485
待つこと5分で牛たんの到着です。
見た目bolumy(和製英語)ですね。
牛たんは柔らかくて美味しいです。
噛みしめるたびに草原を漂うようなふくよかなしっとりとした香りを感じます。
とても美味しいです。

IMG_4484
白眉は味噌南蛮ですね。
辛さは少しキツイのですが、すごく楽しめるのです。
これこそまさに「ご飯の友」でしょう。

気になったのはマダム(お店の奥様の店内呼称)なのですが、針の穴を通さんばかりの気配りにはおどろかされました。しか〜しこれは丁寧と慇懃無礼の狭間にあります。
個人的には後者の方が強いように感じました。
その理由は、厨房に対する指示が上から目線だったからです。
まぁどちらでもよござんすが、すごく素敵なお店だったので、前者であって欲しいなと思う今日この頃であります。

それでは(^_-)

銀座 銀座風月堂

今日は「歴男と鉄女」です。
奥様から東京駅の隠れ名所を探しにいこうとのお誘いを受けました。
奥様が東京駅=鉄道に興味があることは、長〜いお付き合いですが、全く知りませんでした。
いつから鉄女(鉄道オタクの女性)になったのでしょうか・・・
そこで歴男(歴史オタクの男性)である私は、東京駅の歴史の事件現場にも行くのであれば付き合うよ、といいましたら、応諾しましたので、東京駅に出向いたのです。
ということで今日のフリネタは「歴男と鉄女」です。
宜しかったらお付き合いください。

#原敬暗殺事件の現場です 
IMG_4479

IMG_4364

原敬暗殺

IMG_4363
まずは歴男の私の行きたかった場所です。
最初の事件現場は、1921年11月4日東京駅丸の内南改札口付近の、原敬暗殺事件の現場であります。
左から原首相が歩いて来た所、柱の陰(「兇漢」と書かれた位置)から犯人・中岡艮一(鉄道省山手線大塚駅職員)が突進し、原首相を短刀で刺したそうです。
突き刺された傷は原首相の右肺から心臓に達しており、ほぼ即死状態であったそうです。
悲惨ですね・・・
合掌あんどno more terrorism!であります。
テロでは歴史は変えられません。
必ずその思いはその屍(しかばね)を越えて引き継がれます。

#濱口首相狙撃現場です
IMG_4434

浜口首相

IMG_4433

IMG_4432
次に向かった事件現場は、1931年11月14日東京駅で特急つばめに乗り込もうとしていた濱口首相が狙撃されて重傷を負った場所です。
大手術の結果一命をとりとめましたが1931年8月26日に死亡しました。
遠因であるのは確かなのですが、この襲撃と亡くなった事との因果関係は特定されていません。
犯人は、4月にロンドン海軍軍縮条約が調印された際、統帥権干犯が有ったとする問題で不満を抱いていた右翼の愛国社員・佐郷屋留雄です。
「男子の本懐だ」と苦しい呼吸の中で、濱口首相はいわれたそうですが、私はこの顛末を初めて聞いた時にいたく感銘を受けたのでした。
ドラマではありませんので、普通の人は死ぬ間際に「男子の本懐だ」なんて言えませんよ。
正しくは重傷だったのですが、それでもその言葉の重さは変わりません。

#山手線の0キロポストです
IMG_4431

IMG_4430
ここでバトンタッチして今度は奥様の行きたかった、東京駅の隠れ名所です。
まずは山手線の起点標(0キロポスト)です。
鉄道路線の起点からの距離を示すのは距離標(キロポスト)と言いますが、起点を表すのは起点標(0キロポスト)と呼ばれ、それぞれの起点に設置されています。
東京駅には、中央線、東北本線、東海道本線・東海道新幹線、東北新幹線、総武本線の0キロポストが設置されています。
探すのがかなり大変でした。
さらに山手線ホームの新橋よりにある無縁仏の墓を探そうという事になり、それは見つけられませんというか立ち入り禁止なので断念しました。

IMG_4478

IMG_4476
ちなみにこれは私が後日取りました、東北新幹線の0kmポストです。
探さないとかえってこのように簡単に見つかるのですね(笑)

#アンカー工事跡
IMG_4436

IMG_4435
次に向かったのは、行く理由が全く理解できない、東京駅丸の内口の地下にある横須賀線・総武線ホームです。
ホームの床は灰色のPタイルになっていますが、よく見ると白色の違うタイルが数m間隔で無数に並んでいるのが分ると思います。
で〜もこれは壊れたタイルを張り替えたわけではありません。
これは横須賀線・総武線周辺において大深度の地下開発がたくさん行われた結果、このホーに地下水が噴出し水没する恐れがおきました。
その為アンカーを130本打ち込み、地下駅全体を「係留(任意の高さの空中に浮遊させる事)」を施した残滓なのです。こんなのを見て何がおもしろいのでしょうか・・・
もしかしましたら、私の事件現場もそうなのかもしれません。
写真を撮っていたら、かなりの人から、なんで地面を取っているのだろう?という目で見られていましたので、ハイ。


KKR
この後奥様は大学の同期と快気祝い兼新年会の会場に行くので別れました。
ちなみにこの設営は私が担当しました、ハイ。

IMG_4439
そして私は銀座に向かいました。
今日のお店というか今日の料理は前から食べたかったものです。
今日のお店は「銀座風月堂」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-6-1
電話:03-3571-2900
定休日:年末・年始

IMG_4441

IMG_4442
お店の外観です。

風月堂
店内の雰囲気です。

IMG_4443
メニューです。

IMG_4444

IMG_4447

IMG_4445
今日のオーダー「フルーツサンド(珈琲付)」@1,350円です。
待つこと13分で「フルーツサンド」の到着です。
見た目上品ですね。
このフルールサンドにはメロン、バナナ、苺、オレンジが入っています。

それでは実食です。
これは、本当に美味しいですね。
濃厚な生クリームが新鮮なフルーツの個性を引き受けています。
このまったりとした美味しさは何度となく復習され強められ集中され、私の味覚中枢をとうとう破壊してしまいました。大大大満足です合格合格合格合格合格

後日、会社のお局(つぼね)さんに風月堂さんの事をききましたら、このフルーツサンドにはハイボールが合うそうです。まさ〜か洋菓子カフェの老舗、風月堂さんにハイボールがあるなんて、全く知りませんでした。
停酒を止めたら是非チャレンジしませう・・・

それでは(^_-)

銀座 キッチンミユキ

今日は「パーティが苦手」です
パーティ
私はこのブログの通り典型的なメランコタイプ(執着気質)です。
誤解があるといけないので補足しますと、私は対外的には極めて社交的だと認められていますが、その実はすごい「人見知り」なのです。
したがいまして知らない人が多く集まるパーティは大の苦手なのです。
年が開けますと新年会やら賀詞交歓会に多数出席しなければならず今からブルーになっています。
理由は簡単です。他人に対して気を使いすぎるからです。
あらかじめ出席者が決まっている会合などはまだよいのですが、不特定多数の会合=パーティではその気配りができないから苦手なのです。
出席者が決まっている会合などでは、あらかじめ誰とはどのような話題で話そうと決めており、話の糸口さえつかめば後は応答話法なので全く苦にしません。
で〜も大人数のマラソンクラブのパーティなどは予めの予習には限度があります。
そういう場合は予習をした人以外には近づきもしませんし、万が一話しかけられそうになりましたらトイレに逃げこみます。要はメランコタイプ(完璧主義者)の為にきちんと事前準備のできない不特定多数が参集するパーティが苦手なのです。

特に厄介なのはパーティでうすら覚えの人に会った時には、その連れ立った見知らぬ人にも挨拶をしますよね。
こういう場合は機先を制して「どうも始めまして」と言いながら名刺を出すのですが
「あのう・・・実は初めてではないのですが」
なぞと言われた日には、頭が真っ白になってしまい、身も蓋もないうろたえ方をしてしまうのです。
万が一向こうがこちらの方を知っていて、私が覚えだせない人との会話が始まってしまった場合は、完璧に話の内容は上の空です。
その際は、私が話している相手の名前を海馬(脳の記憶関わる脳の器官)がmeltdownするくらいにfull throttleで回しただひたすら思いだす作業に没頭しています。
そして話の途中で思い出しましたら、急に機嫌はよくなり、恥ずかしいくらいのlip serviceを相手にします。
確かに忘れた私が悪いのですが、しか〜し世の中には、若年でもこの手の健忘症に悩む人はいっぱいおられます。
できればパーティで、来場者がしばらく会っていない人、若しくは一度しか会ったことがない人に話しかける時は、いきなり会話に入るのではなく
「どうもご無沙汰しております。△△社の▲▲です」
と言わなければならない法律を制定していただきたいとマジに思っています。
パーティは記憶力競争の場ではないはずですから、ハイ。

赤ん坊はだいたい生後6ヶ月〜12ヵ月頃から人見知りが始まると言われており、早い子だと生後4か月頃から人見知りらしき様子が見られると言われています。
人見知りは、成長する上で必ず通る大切な道です。
早いから遅いからどうというものではなく、人見知りをするということは、母親とその他の人間を判別する能力が順調にスクスク育っている証拠なのです。
しか〜しこのような年代になって人見知りをするのはやはり問題ですよね。
で〜もこの話の顛末からしますと、私の場合は「人見知り」ではなくメランコタイプ特有の「いつもよい子でいたい」症候群なのでしょう。


「神を信じる?」青年が死の直前にアップした動画に言葉を失います。



IMG_4246

IMG_4247
今日は銀座に出没です。

IMG_4250

IMG_4248

IMG_4249
大学時代、泰明小学校前にある喫茶店「モーツアルト」でよくショートケーキとザッハトルテを食べていましたが、今は店変わりしていてありませんでした。
その代わり廃校になっているかと思っていた泰明小学校が健在なのには驚かされました。

今日のお店は私の攻略店です。
銀座を長年知り尽くした女将が、手作りで作る優しいおばんざいや家庭料理を季節ごとにだす、体に優しい家庭料理のランチ専門店です。
今日のお店は「キッチンミユキ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座7-5-10 第2一越ビル 4F
電話:03-3573-7555
定休日:土曜日・日曜日・祝日

IMG_4228

IMG_4229

IMG_4244
お店の外観です。

IMG_4236

IMG_4241

IMG_4234
店内の雰囲気です。

IMG_4232
メニューです。

今日のオーダー「エッグ焼きチーズカレー(おばんざい付)」@1,000円です。
夜はバー、昼はランチ営業の最近銀座で増えている二毛作スタイルのお店です。
ホームページによりますと、博多出身の女将がお客さんの要望でランチを始めたそうです。
店内写真でお分りのとおり、不思議な空間です。
一番驚いたのはホールスッタフの女性が配膳の仕事がない時はあたかもマネキンの様に微動だせず直立でキリッと立ち続けていたのにはマジにクリビツしました。

IMG_4233

IMG_4231
「エッグ焼きチーズカレー」ができるまで、おばんざいでお腹をみたしました。
おばんざいは懐かしく加えて美味しい味わいです。
茄子の煮付けが秀逸でした。
銀座にいることを忘れそうです。

IMG_4238

IMG_4240
待つこと9分で「エッグ焼きチーズカレー」の到着です。
見た目トロトロ卵とチーズたっぷりのアツアツ焼きカレーです。
それでは実食です。
熱々ですね(笑)
トロトロ卵とチーズとカレーって合いますね。
超美味しいというわけではありませんがイケています。
隣の様子の宜しいお客は昼だというのに寂しげに生ビールをいただいていました。
その横顔は悲しみに漂白されたように、どこか虚ろな表情をたたえています。
あらためてここが銀座のバーであることを思い出しました。
都会の雑踏に疲れた人が自らを癒したい時にお勧めのお店です。
コスパは良いですよ・・・

それでは(^_-)

神田 ふくのや リターンズ

今日は「メランコタイプ」です
寿司屋
私は良くいく寿司屋さんがあります。
そのお店に入るやいなや席に着き、ガラ携に入っている仕事のmailをもくもくとcheckしています。
場合によっては返信しています。
そしてこの作業が終わると、店内にあるTVに写しだされるNHKを真剣に見ています。
ここまでの間本当に一言も発しません。
しばらくするとお店の大将から、ヘィ、オマチ、と威勢のよい声で「ちらし」が付け台(カウンター)の上に置かれます。
それから本日のネタを確認しておもむろに食べ始めます。

たまに来る一見のお客はこの一連の流れを不思議な面持ちでみています。
理由は分りますよね・・・
そうなのです、私は「ちらしをお願いします」と一言も言ってないのに勝手に「ちらし」が作られて配膳されるからです。

私のブログを長年見られている方はご承知の通り、私は典型的なメランコタイプ(執着気質)です。
従いまして一度決めた事や、やり始めた事はなかなか変えません。
言い換えれば連綿と継続するのです。
まずはこの寿司屋で頼む「ちらし」です。
次にブログ(7年目突入)です。さらにイベントがあった時につける日記(24年目突入)。
毎日つける家計簿(9年目突入)です。番外編で申せば停酒は3年目をすぎたところであります。
定型作業は始めたからには健康を害(そこな)わない限り継続していくのでしょう。
運動でもうせばマラソン(20年目突入)もそうです。
他にも通勤列車の座る席も一度決めたら変えません。
通勤路も同様に一度決めたら変えません。
仕事も懸案事項は翌週には絶対に持ち越しません。
そうそう家電製品のマニュアルなどは必ず熟読して完璧に覚えてから操作します。
他にも沢山あるのですがキリがないのでやめおきます。
正直このような疲れる性格は嫌っていますが、適当にやる苦痛に比べたら楽なので敢えて完璧・完全を求めているのです。

メランコ型の特徴は「自分にこだわる・自分の価値観や生き方を押し通す・努力を好み几帳面(真面目)である」とされていますがが、これらの特徴は個々人による部分が多いように思います。
メランコ型は自己確立を第一義に考え、学校や会社で几帳面にコツコツ努力して成功しようとする事とか若しくは努力しないことの罪悪感から頑張らずにはいられない事とか自縄自縛のドロドロの底無し沼に自ら入水していこうとする性癖です。
しか〜しそれは「自分らしさへのこだわり」というよりは「周囲が評価してくれる行為の追求」でもあるのです。
換言すれば「いつもいい子いい子とほめられたいシンドローム」なのです。
大人になりきれない「お坊チャマ」なのです。

夕陽6
なにか自虐的筆致になってきました・・・
そうそうこのブログの裏話ですが、私はこのブログを毎週土曜日の朝4時半から翌日の1時半迄の間に一気に四話書きあげているのです。
従いましてその日の気分が全てのブログに反映されます。
従いましてその日の気分が明るかったら四話とも明るい筆致になります。
暗ければその真逆となるのです。
最後に、今週の私の心象風景はブルーだったみたいですね・・・


最近華やかなpartyに行っていないな・・・
行きた〜い!



IMG_4090
今日は帷(とばり)の下りた神田錦町に出没です。
なぜか無性に玉子料理が食べたかったのです。
ということで今日のお店は「ふくのや」さんです。

住所: 東京都千代田区神田錦町1-15-11 福田ビル 1F
電話:03-3291-2978
定休日: 日曜日、祝日

IMG_4081
お店の外観です。

IMG_4088
店内の雰囲気です。

IMG_4082
メニューです。

今日のオーダー「ハムエッグメンチ」@820円です。
閉店間際でしたので店内は私以外一人です。
店内のお姉さんはすでに「片付けするわよ」体勢に突入しています。
閉店間際に「ハムエッグ」を食すなんてロックですよね、カッケェではありませんか。

IMG_4085

IMG_4084

IMG_4086

IMG_4087
待つこと3分で「ハムエッグメンチ」の到着です。
見た目、ひよ子の気分です、意味不明です。

それでは実食です。
私の「ハムエッグ」の食べ方はウ―スターソースを三回かけ回した後、おもむろにライスの上にのっけて、それから玉子を崩してトロトロにしていただきます。
目の前に太陽を溶かしたような黄色が急速に広がってきました。
これはたまりませんネ。
味ですか、美味しいですよ。
これがB級グルメの味わいなのです。
加えてカラッと揚がったメンチも良い仕事をしています。
トロリとした密度の濃い口福が私の体を包み込みます。
満腹感に加えて明日への活力もいただきました。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

お茶の水 やまだ

今日は「銭湯の思い出」です
最近よく浅草に行きます。
本日も所用があり奥様と浅草に参りました。
時間が余ったので浅草周辺をブラリしました。
ブラリの道行に飛び込んできたのが「曙湯」さんです。
今日のフリネタは「銭湯の思い出」です。

IMG_3295

IMG_3297
浅草で銭湯といえばいまでは「曙湯」さんと「蛇骨湯」さんだけでしょう。
「曙湯」さんの創業は昭和24年です。
脱衣室内の高い空間とそこに描かれている花の画は歴史を感じさせてくれます。

曙湯
上記画像はnetより転載
毎年5月のGW頃には藤の花が咲き乱れて綺麗ですよ。
入り口にはスロープもあり、バリアフリー対応で店主の優しさが感じられる地域に根差した銭湯です。

巷間で言われている「江戸っ子は熱い湯が好き」は都市伝説だったみたいです。
あれは江戸時代の銭湯経営者が客の回転を良くするために考えた方策だそうです。
それに江戸っ子が自らの虚勢で自縄自縛状態にてしまったということみたいです。

次男が小学校4年生の夏、御茶ノ水の三省堂に本を買いに行き、帰りに谷中まで歩きました。
さすがにみっしりと汗をかいたので、その汗を流そうということで近隣の銭湯に入りました。
その銭湯の脱衣場に胸に直径20cm程度の真っ赤な太字の同心円の三重丸の真ん中に墨痕鮮やかな墨字で「渡邉」と江戸勘亭流文字の刺青を入れた89383がいたのです。
服を脱いでいた次男があざとくその難解文字を見つけ、お父さん、あのオジサン何で胸に名前書いてあるの。
僕あの字読めるよ、「わたなべ」さんでしょう、と言ったのです。
さすがに、殺されて、その上身元が分からないようにするため顔を焼かれても、刺青さえいれておけば身元が分るからだよ、ともいえず私はその質問に目を白黒させていたのでした。

小杉湯」
最近、若い人達が銭湯通いをし始めているようです。
高円寺の「小杉湯」さんなどは夕方3時30分から深夜1時45分までやっていますので、それこそ夜型の若い男女が通ってくるようです。
意外だったのは若い人が銭湯に通う理由の一つが「見ず知らずの人とコミューケーションをする楽しみ」だそうです。意外でした。
裸の付き合いの効用の様な気がいたします。

ここ数年、銭湯に行っていません。
理由は簡単です。
銭湯には風呂上りに煙草を吸う人が多数いるからです。
折角、精魂こめて隅から隅までキレイに洗った体に、湯上がりの後即紫煙で汚す輩達の感性が私には理解できないからです。
で〜も最近は喫煙ブースみたいなものが設置されているのですよね?


たったの180秒で考え方が変わるCMがここに存在。



IMG_3222
今日はお茶の水に出没です。
このお店の前を通ると中学生の頃を思い出します。
土曜日に参考酒ちがうか参考書を「三省堂」さんに買いにくると立ち寄ったお店の一つです。
今日のお店は「中華料理やまだ」さんです。

住所:東京都千代田区神田駿河台2-10-5
電話:03-3233-1905
休日:日曜日

IMG_3224
お店の外観です。

IMG_3229

IMG_3225
店内の雰囲気です。

IMG_3228
メニューです。

今日のオーダー「B定食(豚肉・玉子・ニラ炒め)」@670円です。
入口で食券を求めて席で待つこと3分で到着です。
創業70年プラ〜スアルファですって、歴史が練り込まれたお店です。
その割には店内がくたっとしていないのは流石(さすが)ですね。

IMG_3226

IMG_3227
それでは実食です
豚肉、ニラの具材をscrambled egg風に仕上げたものという理解で宜しいかと思います。
結構玉子はトロトロ感があり、この当りは不易流行(残し伝えるべきものを残し、変えるべきものを変えること)的ふるまいですね。
味ですか、美味しいですね。
薄味なのですが、それが奏功して豚肉の甘さとニラの香りを引き出しています。
トロトロ玉子のassistもniceです。
これで@670円はコスパ最高でしょう。

それでは(^_-)

新富町 永寿家

今日は「昼飲み異聞」です
昼飲みOL
良くいくお寿司屋さんにお昼を食べにいきましたらOLさん二人がビールを飲みながら寿司をつまんでいました。
みるからに普通のOLさんです。久々にクリビツしました。
午後からの業務はどうするのでしょうか、とても気になりました。

ヘベレケ名言
海外ではよく昼間から飲みますよね。
彼等は日本人みたいにお酒に飲まれないから問題ないのでしょう。

日中、人は夜に比べ活動量が多いので、体温が高めで血液循環のスピードが速いといえます。
このため同じ量の酒を飲んだ場合、昼間の方がアルコールに脳に運ばれやすく、酔いが回りやすいと言えましょう。
さらにアルコールを分解するのは肝臓にある酵素です。
この酵素は副交感神経が働いている時より活発に働きます。
つまり、昼間は交感神経が働いているので、副交感神経はあまり働けませんのでアルコールを分解するのに少し手間がかかるというのが理由です。
これまた、酔いが回りやすいと言えましょう。

個人的には昼飲みは好きです。
コスパ良く酔うには昼飲みが最高なのです。
たまに昼から飲むのは「だらしないから嫌だ」という人がおります。
これって長崎二十六聖人の中にでてくる小さな男の子の殉教の話に似ています。
役人達は「お菓子をやるから基督教は捨てろ」と彼をかき口説いたのですけれど「天国には白くて美味しいお菓子があるから、私は転びません」と言ってあどけない幼児は殺されれていったのでした。
しか〜しこれって10歳になるかならないかの子供ですよ。
天国に美味しいものがあるからって殉教するのは、真の信仰心からでた行為とは言い難いものがあります。
要は信仰心のすり替えでしょう・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
昼に飲むのがだらしなくて、夜だらしなく飲むのはいのかという話ですよね。
だらしなくなりたいからお酒を飲むのであって、それが昼だからだらしないという論理は私にとっては噴飯ものなのであります。これまた道徳心のすり替えなのです。
昼からだらしなく飲むのは、漢(おとこ)のロマンなのであります。
特に酔いながら中島みゆき先生の「世情」を聞いていますと、モリモリと力がわいてきて軽く一升は飲めてしまいます、ハイ。


私の昼飲み伝説は数多くあります。
下町っ子で昼飲みといえば「神輿渡行」の時の力水(日本酒)でしょう。
これは桜田門公認の白昼飲酒ですから、私なんかは中学生の頃から飲(や)っていました。
どんなに飲んでも一度(ひとたび)神輿に肩さえいれれば酒精なんて軽く抜けていきます。
長じてからは神輿に肩をいれている時間より飲んでいる時間の方が長くなっていましたので「何をかを言わんや」であります。

さらにいえば出張の時の車中での昼酒です。
札幌在勤の時は酒好きな取引先と同行する時には15時過ぎたら飲(や)っていました。
電車のガタンゴトンジュットンというリズム音は酔いを早めます。
黒い幕にナイフをすっと走らせたような細い赤い月が車窓に映る頃には自らが暴走列車になっていました。
懐かしい古き良き思い出であります・・・


楽器なし!?これが未来のオーケストラの形。



IMG_3237

IMG_3240
今日は新富町に出没です。
今日のお店は初見参ではありますが、私の第六感が「美味しいはず」と言わしめております。
今日のお店は「永寿家」さんです。

住所: 東京都中央区新富1-16-2
電話:03-3551-0038
定休日:土曜、日曜、祝日 

IMG_3238
お店の外観です。

IMG_3235

IMG_3231
店内の雰囲気です。

IMG_3239
メニューです。

今日のオーダー「肉なすみそ煮定食」@850円です。
料理も雰囲気も家庭的なお店です
女将母娘が中心になっているようですね。
多分厨房におられる方々も家族でしょう。
安心してたべられる地元の定食屋さんなのでしょうね。

IMG_3232

IMG_3233

IMG_3234
待つこと2分で「肉なすみそ煮定食」の到着です、早っ!
見た目盛り沢山です。
「肉なすみそ煮」の具は、豚肉、茄子、玉葱、蒟蒻、人参、隠元です。
副食は「ひじきの煮付け」、碗は「豚汁」です。

それでは実食です。
豚肉、茄子、玉葱の相性最高です。
味付けは甘しょっぱいというよりかなり辛いですね。
ご飯のオカズですからこのくらいの濃い味付けでよいと思います。
副食の「ひじきの煮付け」は鐡板の味わいです。
「豚汁」はかなりのレベルです。
総じてイケていました。
コスパも良いですね。
やはり私の第六感は正しかったのです、ハイ。

それでは(^_-)

続 茅場町 ジュジュ分家

今日は「東大野球部」です
野球といえば東京六大学という時代が、かってあった。たとえば1937年に出た吉野源三郎の少年向け読み物「君たちはどぅ生きるか」には、主人公コペル君らが早慶戦のラジオ中継をまねて絶叫する様子が生き生きと描かれている。その興奮ぶりは並大抵ではない。 

ところがこのロングセラー、戦後の新版では早慶戦の場面がプロ野球の巨人―南海戦の実況にまるごと差し替わってしまった。世間の目がすっかり離れたのだ。むかし神宮球場で声援を送った各校OBもさして興味を示さず、もう長いあいだ、プロ野球と高校野球のエアポケットみたいなところに六大学は落ち込んでいる。 

盛り上がらぬ理由のひとつは「東大問題」かもしれない。毎シーズンのように最下位に甘んじ、特にここ4年間は白星もなく86連敗で今季を終えた。このままだと来年秋には100連敗に到達する。他校とはまるで選手の事情が異なるからなのだが、それにしてもちょっと負けすぎである。リーグ戦の意義が薄れもしよう。 

奮起を迫られる東大ナインにとって、15年ぶりの優勝を狙う立教の活躍は大きな刺激に違いない。これで東大が頑張れば六大学野球ももう少し話題になるはずだ。大スタジアムは早朝より数万の観衆に埋められて立錐の余地もありません。
「君たちはどぅ生きるか」の、野球が若かったころの光景は取り戻せぬにしても。
日本経済新聞「春秋」より転載
東大野球部
東大がこのまま今年の試合をすべて負けると、来年は100連敗がかかってくるそうです。
100連敗したら、「東大は六大学から出て行け」という声が出ないとも限らないそうです。
それはないでしょう、
六大学連盟を創設する際、東大、当時の東京帝国大には東君(医学部1年)という豪腕がいたそうです。
この選手がいなくなれば、東大が弱体化するのは目に見えていたわけです。
5大学野球連盟を結成していた他大学は、「今後どんなに弱くなっても、連盟を脱退しないでくれ」と帝大側に誓約させ、帝大もこれを呑み、6大学連盟結成となった経緯があったそうです。
仮に東大がkick outされたら、その時は東大が誓約しなかった場合の控えの中央大学に替わるのでしょう。
いまさら中央大学ですか、現時点でいえば中央大学より青山学院大学の方が六大学にはfitするでしょう。
ということで東大代替の六番目の大学選定は紛糾することになります。

個人的には今巷間で喧(かまびす)しいスポーツ推薦枠を設けるより、学力優良且つ星飛遊馬のような超弩級の高速投手の入学を一日千秋の思いで待つ事です。
言い換えれば「救世主」待望です。
この方が盛り上がります。
その救世主の入学が遅れれば遅れる程、東大ファンの連敗が止まる瞬間の喜びは最大化するのです。
これってまさにマゾ(masochism)でしょう(笑)

さらに申せば万が一、億が一、東大が優勝したら当然のことながら提灯行列ですよね。
神宮から本郷までの約8kmの長丁場を行進できる体力が東大生にあるのでしょうか。
多分「否(いな)」でしょう。
今年、母校の優勝で神宮から三田の丘まで約2時間歩き続けましたが、日頃マラソンで鍛えてはいるとはいえ正直厳しいものがありました。
そこで提案です。
東大生の学友、学生の皆さん、来たるべき「優勝Xディ」にそなえての体力増強をまずは嚆矢とすべきではないでしょうか。仮にですよ、行進の最中に貧血で倒れる学生・OB続出で、東京中の救急車が提灯行列にピストン出動したらこれこそ面子丸潰れですからね・・・


コカコーラがプレゼントした魔法の電話ボックス。



IMG_3253

IMG_3252

IMG_3251
今日は茅場町に出没です。
たまにはガッツリしたうどんでも食べるかとお邪魔したのはこちらです。
今日のお店は「ジュジュ分家」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋茅場町3-1-4
電話:03-3662-5288
定休日:日曜、祝日 年末年始(12/29〜1/4)

IMG_3265

IMG_3254
お店の外観です。

IMG_3262
店内の雰囲気です。

IMG_3257
メニューです。

IMG_3258
調味料の面々です。
左より粗挽き胡椒・鰹節粉・ニンニク入り辣油です。

IMG_3259

IMG_3260
今日のオーダー「蕎麦美ちゃん」@880円です。
待つこと19分で「蕎麦美ちゃん」の到着です

IMG_3261
当然のことながら「揚げ玉」をかけ回します。

それでは実食です。
麺は平打ちの極太蕎麦です。
麺はコシがありません。
具は豚肉、長ネギと豚肉と玉葱です。
つゆは甘辛い味付けです。
味ですか、今日はあまり美味しく感じられませんでした。
全てにおいて緩慢ですかね。
量が少ないのが救いでした。

IMG_3263
デザートの焼きプリンです。
全くおいしくありません。
カリカリのカラメルもタダのっているだけです。
なんだかなあの一品でした。

それでは(^_-)

築地 蜂の子 4th 

今日は「幼いの頃の思い出」です
幼い頃を思い出したりするのは愉しいですよね。
そういうことは皆、老い先が短くなってから始めるといいますが、私は小学生の頃から幼い頃の事を思い出してはほくそ笑んでいました。
そのようなことで最近思い出した事を書きつらねてみました。
宜しかったらお付き合いください。

#とん子出てこ〜い
あさりやさん
近所にあさり屋さんがありました。
あさり屋さんといってもあさりだけを売っているわけではありません。
売り物は、蜆、青柳、ミル貝、蛤、赤貝、泥鰌等です。


幼かった私はこの中でも「赤貝のさばき」が好きだったのです。
子供心にこの貝のさばきの単純作業が好きだったのです。
嘘です、血が体液の様に溢れでる悪魔的且グロテスクな解体光景に心震えたのでした。
子供の頃って皆このような残酷な心根を持っていますよね。

このあさり屋さんに知恵遅れの子供がいました。名前は敏男ですが、子供達の間では通称「とん子」と呼ばれていました。この呼び名の由来は、敏男からきた「とん子」ではなく、とんまの子供を縮めた「とん子」からきていたと思います。
といいますのも、誰かが、「とん子」ってさぁ、本名は「坂井敏男」っていうンだぜ、って言うのを聞いてみんなでその偶然にのけぞった事があったからです。

なり吃りのキツイ子供でした。
私より5歳位年上でしたが、知能程度は私達と同じ程度でした。
もしかすると以下だったのかもしれません。
いつも、どどどうして、そそそそうなるんだよお、的な言い方をしていました。
私達がみんなでとん子の事を馬鹿にすると、おおおお俺をばば馬鹿にすると、しょしょしょ承知しないぞ、と拳をあげて怒るのですが、最後の言葉を言いきるまでに私達ははるか遠くに逃げ去ってしまうので、ぶたれた事はありません。幼かった私は、先に殴ってから怒ればいいのに、といつも思っていたのですが、何故か啖呵を切ってから殴りにかかるのです。
今このように思いかえしても不思議です。

その内にとん子をからかっても面白くないので、次に私達が作った遊びはとん子の店の前に立って、ととととん子でてこ〜い!って何度も何度も叫ぶ事でした。
それを続けていますと、店先で赤貝のさばきをしているオヤジさんの顔が次第に真っ赤になってきて、それと同時に包丁をふりあげ、うちの子をからかうとタダじゃおかねぇぞ、と言って追いかけてくるのです。
これがたまらなく「危険な遊び」なのです。
単独でこの遊びは絶対にしません、必ず複数人で行います。
と言いますのは複数人で行えば、オヤジさんが怒った時には、散り散りばらばらになってから一目散に逃げれば、このオヤジさんに捕まる事はないのです。
しか〜し運が悪いと捕まって、包丁の柄の底の硬いところでガツンとコブがでるくらいに打たれます。

で〜もこの「危険な遊び」は長続きしませんでした。
理由はsimpleです。
食の洋食化、多様化があさり屋さんの商売の息の根を止めてしまったのです。
しばらくしてとん子一家は引っ越してしまいました
今このように思いかえしますとずいぶん「残酷な遊び」をしていたみたいです・・・

#洋食の思い出
私の母は腎臓が悪く病弱でした。
そのせいか、私が幼いときは不定期な長期入院を繰り返していました。
父は事業をしていましたので、母が入院しますと、家事に加えて幼き弟妹の面倒を見ないといけません。
物理的に仕事、家事、育児を一人でその責を担うのは無理です。
そこで父は家政婦協会に電話をして家政婦さんを呼ぶのです。

母がいないのは寂しいのですが、それは病院に見舞いにいけば普通に会うことができるのでそれ程苦にはなりませんでした。
それに反して大きな喜びが私にうまれたのでした。
母は料理が得意だったのですがそのcategoryは和食onlyだったのです。
世の中に洋食なるものがあるのは知っていましたが、それは外食の時に食べるもので家庭で食べるものではないと思っていました。

家政婦さん
家政婦さんは頼めば洋食を作ってくれます。
まずはコロッケです。
私はコロッケが大好きでした。
母のレパートリーにコロッケはなかったので、コロッケが食べたい時は都バスに乗ってコロッケ料理が得意な築地の伯母さんの所に泊まりがけで食べに行っていました。
それほどに好きだったのです。

そしてそれが美味しかったら次は豚カツをお願いしました。
そしてトドメはグラタンです。
グラタンって今では普通に食せますが当時は作れる人は少なかったのではないのでしょうか、そういう意味で私にとってはグラタンのご馳走は快挙だったのです。
今このように思い返しても心底美味しかったとしか申せません。
私の幼い頃、私の心が躍った美味しい思い出であります。


子供の頃遊んだ紙の玩具を思い出しませんか?



今日は新富町に出没です。
こってりした美味しい洋食が食べたいなということでお訪(とない)入れたのがこちら「蜂の子」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-5-11
電話:03-3541-9805
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜22:00(LO 20:50)
定休日: 土曜・日曜・祝日

IMG_3156

IMG_3157

IMG_3158

IMG_3159
今日はこのお店の行き方を画像で紹介しておきます。
最寄り駅は有楽町線の新富町です。
新富町を銀座一丁目側の晴海通り側の改札口のエレベーターで上がってすぐに左折し、すぐの角を左折して晴海通りを目指して歩きます。
中央図書館が右手に見えたら後は画像通りに歩けばたどり着きます。
時間にして6〜7分程度です。

IMG_3167
店内の雰囲気です。

IMG_3160

IMG_3161
メニューです。

IMG_3162
今日のオーダー「レバ野菜・白スパ」@1,100円です。
待つこと4分で「レバ野菜・白スパ」の到着です。
見た目、スタミナを頂けそうな感じです。

IMG_3165
それでは実食です。
濃厚な部位と淡白な部位が混在している鶏レバです。
まずはデミシチューソースからいただきます。
優しく酸味が抑えられたソースです。
ウン、美味しいですね。
このレバに合せたソースなのでしょうか相性抜群です。
レバのエネルギーが細胞のひとつひとつに行きわたっていくように感じます。

IMG_3163
そして付け合わせの白スパです。
これは「アルデンテ御免」のスパです。
漢(おとこ)のスパです。
この白スパに先程のレバ野菜を合わせていただくのです。
この組み合わせは絶妙です。
美味しい、否(いな)美味しすぎます。

IMG_3166
後半粉チーズをかけ回しました。
味がまろやかになりました。
とうとう美味しさが突き抜けてしまいました。
このような状況をなんと表現したら宜しいのでしょうか。
敢えて「至福」と呼ばせていただきます。

最高ですね。
B級グルメの絶巓と言ってもよいでしょう。
大満足のlunchでした合格合格合格合格合格

それでは(^_-)


築地 魚竹 4th

今日は「ボタンダウン偏執狂」です。
BD
20世紀に入ってすぐの頃、アメリカはニューヨークの紳士服の老舗「ブルックス・ブラザース」の創立者で当時既に引退していたジョン・ブルックスが、英国ポロ競技を観にいった時、選手達がユニフォームの衿が風にあおられてバタバタするのを押さえるために、衿の先にボタンをつけていたのを見て思い立ち、4人の息子達が受け継いでいたブルックス・ブラザースのシャツにその衿を取り入れて売り出したと伝えられています。
アイビーの大御所、あのくろすとしゆき先生によれば、日本にボタンダウンの衿が登場したのは1950年頃のことで、ショート・ポイントの様に普通の衿にボタンがついただけの妙なものだったらしく、前立てもなくミシンのステッチも入っていない不思議なデザインだったといわれています。
しか〜しそのようなディテールに拘泥する以前に、くろすとしゆき先生が日本の若者に広めたIVY熱に侵されていまだその熱が冷めない人間がおります。
それは私です。

中学校の1年からIVY=トラッドファッションに目覚めた私は、爾来ワイシャツはほとんどボタンダウン・カラーシャツなのです。大学の時ヨーロピアンファッションに侵された2年間を除けば、私はワイシャツといえばボタンダウンしか着用しないのです。
理由ですか衿がバタバタするのを由としないからです。
最近でこそいませんが、両衿が蝶々の翅の様に外側にUの字状にロールしているワイシャツを着ている中年の男性っていましたよね。
私はそのような無神経なファッション感覚を持ち合せておりません。

今現在100%ボタンダウンのシャツを着ている人間は会社では私だけです。

タブカラー
正しく申せばタブカラーシャツが3枚でそれ以外はすべてボタンダウンシャツです。

クレリックシャツ
自慢はクレリックシャツのボタンダウンシャツが充実していることです。
クレリックシャツはそもそもフォーマル用途なのでカジュアル用途のボタンダウンはほとんどありません。
従いましてそれをコレクションしていることはすごいのではと思っています。
最近は金銭的にも余裕ができたので、例えば気にいった柄でボタンダウンでないシャツの場合は、それを一旦買い求めてからリフォーム業者に持ち込んで衿替えをしボタンダウンにしているのです。

例外はワイシャツ以外のカジュアルシャツです。
カジュアルシャツの普通の衿をボタンダウンにすることは物理的には可能ですが問題はボタンです。
ワイシャツの場合はほとんどがボタン紛失用の補助として複数個の変えボタンがついているので普通の衿でもボタンダウンにする事ができます。
しか〜しカジュアルシャツは、紛失用のボタンは1個だけです。
特にUNIQLOさんは間違いなく1個だけです。

具体的に申しますと、マジックミシン等のリフォームショップではボタンダウンをする為のボタンホール加工代は4,000円です。
ということで約3,000円程度のUNIQLOのカジュアルシャツに4,000円の追い銭をすることはしませんし、いずれにしてもボタン不足問題は解決されていません。
結論としては、そこまでの追加投資をする経済的合理性が見いだせないのです。

ところがところがヒョンなことからこの難題が解決したのです。
世の中には頭の良い方がいます。
その方とは先輩の形見のブレザーを自分の体形に合せるべく修理依頼で偶然に知り合いました。
わかりやすく申しますと地元のリフォーム専門の洋服店の店主です。
その方に何気なくカジュアルシャツのボタンダウン化の悩みを話しましたところ、簡単じゃない、というではありませんか。
そこでどのようにするのですか、と聞いたところ、要はもう一個ボタンを探せばいいんだろう、とのことでした。
まさにそうなのですが、そのもう一個のボタンはどこにあるのですか、と聞きましたら、シャツの一番下に付いているボタンを使えばいいんじゃない。そこには同じサイズの違うボタンを付け換えておけばいいんだろ。
どうせベルトの下に隠れているボタンだから普段は人に見られる事もないだろうし、というではありませんか。
さらに料金を聞けば、こんなのやっつけ仕事だから一か所1,000円として2,000円位もらっておくかな、との事でした。
まさに目から鱗です。
2,000円なら全く問題ありません。
私のスフィンクスの謎が解けた瞬間でもあります。
正直に申して万歳三唱的なウレシサなのです。
やはりこれは一種の偏執的拘泥でありましょうか・・・


日清カレーメシのテレビCMが話題を集めている。
CMはほぼ「ゆるキャラが水に打たれているシーン」で構成されている。
視聴者からは「放送事故だと思った」などの感想が寄せられている。



IMG_2908
今日は新富町に出没です。
たまには美味しい焼魚を食べるかとお邪魔したのはこちらです。
今日のお店は味噌汁がスーパー美味しい「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_2909
お店の外観です。

IMG_2910
メニューです。

今日のオーダー「さば塩焼き」@900円です。
何回来てもこのお店の接客は最高です。
帰り際にはどのお客にも必ず「狭いところですみません」の声がけですからね、この気づかいがうれしいのです。

IMG_2911

IMG_2912

IMG_2913
待つこと1分で「さば塩焼き」の到着です。
時間的に作り置きみたいですね。
ちょっと焼がきついですか。

気を取り直して実食です。
肉は柔らかいですが、脂の乗りが日光の手前(今一)ですね。
で〜もかなりのレベルですよ。

IMG_2914

IMG_2915
今日の一杯目のみそ汁の具は「お豆腐」です。
ここのみそ汁は何度飲んでも美味しいですね。
マックスたまりません。
お約束の二杯目を頼みますと、お汁(つゆ)おかわり、の声が厨房内に流れます。
二杯目のみそ汁の具は「なめこ」です。
これは舌がとろけます。
正直今日の「さば塩焼き」は際立ったものはありませんが、それも美味しい味噌汁でカバーです。
このお店のみそ汁を飲んでいますと、日本人に生まれて良かったな、と心底思います。

それでは(^_-)


日本橋 ピッツェリア・ダ・チーボ 

今日は「I am a bit of an exhibitionist.(私はちょっと目立ちたがり屋)」です。
目立ちたがり屋
実は私「目立ちたがり屋」です。
なんでなんだろうと考えてみました。
血統的には母方の血であろうと考えています。
相貌的にもオバちゃん顔なのでこれは遺伝学的にも母親の血が強く入っていることの証左であります。
加えて前日の通りAC(Adult Children )だったこともあり、これが「目立ちたがり屋」の根幹かもしれません。
要は家庭内でいさかいがあると、その緊張に耐えられず、面白い事をいって場を和ませようという習慣が性格となったようです。

さら〜に小学校の2年〜6年生の間の5年間学芸会の劇の主役をやっていました。
特に6年生の時は「森は生きている」(ロシア人の児童文学作家である、サムイル・ヤコヴレヴィチ・マルシャーク作)で東京都の大会にでて銅賞をもらった事があります。
これは私の演技が上手かったのではなく、劇担当の先生の手腕であり、私は単なる台詞読みロボットだったのです。
で〜も幕が上がる前は、心臓が早鐘にように鳴り、その鼓動のうるささで1ヶ月の長きに亘って覚えた台詞を忘れそうになるくらい緊張していたのです。
で〜も一度(ひとたび)幕が上がるとまばゆいspotlightの光が私の全身を舐めまわし、一筋の影が私の後ろにまっすぐに伸びきった瞬間、漆黒の闇の中から青白い目の光、光、光が私の最初の台詞に息を殺して待っているのです。
こんなに多くの人に見られているのだ、という快感が私の興奮を極みまで持っていきます。
正直たまりません、役者と乞食は三日立ったらやめられない、理由がよくよく理解できる瞬間であります。

会社に入って15年目の秋、なぜか営業から人事への異動になりました。
To be honest,営業に比べたら人事なんて面白くありません。
まして私のmain missionは新給与体系及新人事評価制度の企画、立案、施行でした。
すごいstressに苛まれながら、毎日吹き矢の音色のようにヒューヒューいいながら努めていました。
しか〜しこの人事では楽しみがあったのです。
それは会社説明会です。だいたい300名位の学生相手に一日6回程度のセミナーをやるのですが、MCは全て私です。300名といえばそこそこの人数です。
そこで硬軟おりまぜて一時間学生相手に飽きさせず、自分の会社の良さを説明するのですが、これが面白かったのです。
特にウケた時のセミナーは無常の喜びです。
学生も色々なタイプがいますので、くすぐりは当意即妙で変えていくのですが、この工夫が楽しかったのですね。

実は将来の夢は外国人相手の観光バスガイドです。これまた人から見られる仕事です。
英語力は今一つですが、内容については自信ありです。
いまだ円安なのでチャンスありかなぁ、と思っている今日この頃であります。


AMAZING Japanese sweets! お気に入りの和菓子!


IMG_1397

IMG_1407

IMG_1406
今日は日本橋に出没です。
今日はlate lunchであります。
と言っても時間は19時すぎです。
今日のお店は「ピッツェリア・ダ・チーボ」 コレド日本橋店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋 4F
電話:03-3272-6855
定休日:無休

IMG_1399
お店の外観です。

IMG_1402
店内の雰囲気です。

IMG_1401
メニューです。

IMG_1403
今日のオーダー「クワトロフォルマージ+ハチミツ」@1,540+@150=1,690円です。
待つこと7分で「クワトロフォルマージ」の到着です。
ナポリ釜で焼いたピザは香ばしい小麦の匂いが立ち込めてきます。

IMG_1404
クワトロフォルマッジとはゴルゴンゾーラ、マスカルポーネ、モッツアレラ、パルミジャーノの四種類(クワトロ)のフォルマッジ(チーズ)で作られたピザです。
それでは実食です。
ゴルゴンゾーラがかなり美味しいのでハチミツをかけようと思ったのですがありません。
店員さんに、ハチミツがないのだけれど、と言いますと、すみませ〜ん。ハチミツは有料なのです。クワトロフォルマッジを召し上がるのであればハチミツは有った方がいいですねよ、といわれたので、ハチミツよりは壇ミツでしょう、と軽くかました後、いくらですか、と確認しましたら、150円です、と言われましたので追加オーダーしました。
蜂蜜が着くやいなやかけ回しました。
味が深まりました。
やはりクワトロフォルマッジにはハチミツが必須ですね。
ベースはモチモチで適度の堅さがあり結構です。
チーズはかなりの美味しさです。
総じて味はかなりの味しさです。
これでハチミツサービスなら再訪店でしょう(笑)

それでは(^_-)



日本橋 大和屋

今日は「日本橋ぶらぶら」です。
IMG_1367
今日は日本橋に出没です。
打合せの時間が18時半から19時半にskipされた事から暇になりました。
やることもなく無聊を慰めるために日本橋をぶらぶらしました。

#私の好きな街並みです。
IMG_1369
私はCOREDO室町にあるこの一角が大好きです。
ここでぼんやりとしていますと、私の体に江戸の風が吹き抜けます。

#日本橋「江戸茶屋」です。
◎三越館内の日本橋「江戸茶屋」で福島県のPRがされていました。
IMG_1370

IMG_1376

IMG_1371

IMG_1372
福島の「桃ジュース」を頂きました。
美味しゅうございました。ご馳走様でした。

◎映画「超高速!参勤交代」の宣伝が行われていました。
IMG_1375

IMG_1373

IMG_1377

IMG_1378
6月21日公開された時代劇映画『超高速!参勤交代』が、幅広い層からの支持を受けて好発進をしているそうです。
映画観客動員ランキングによりますと「アナと雪の女王」に次いで2位なのだそうです。劇場には、40代から50代男女を中心に、親子連れや若い女性なども来場しており、全国251のスクリーン公開で16万528人の動員実績を作りました。
幕府から“5日以内に参勤交代せよ”との無理難題を強いられた貧乏弱小藩・湯長谷藩が、カネなし、人なし、時間なし!の状況の中、奇想天外な作戦で立ち向かう痛快歴史エンターテインメントなのですが、テンポが良くギャグ盛りだくさんで思わず笑ってしまう楽しい映画なのだそうです。そういえば笑福亭鶴瓶さんも絶賛していいました。
見てみますか。
そういえば話は飛びますが、先週奥様と観ました、劇団ひとりさん初監督の「青天の霹靂」はendingを除けばとても良かったですよ。彼ってある意味で天才です・・・



親譲りのケチと貧乏性で、子供の時からおいしい魚を全部食べた後でも、残った頭と骨に熱湯をかけて、その汁を飲まないではいられなかった。だから、近所の野良猫からはさぞ怨まれていたことだろう。
これは夏目漱石「坊っちゃん」の主人公の口跡です。
いま家庭回帰で、家でご飯を食べる人(除私)が増えています。
そのためか節約レシピも毎日のように登場しています。
そんな中、究極の節約メニューともいえる「ねこまんま」がブームになっているそうです。 
「ねこまんま」と言ってもペットの食べ物じゃありません、むかしの猫はキャットフードではなく「ねこまんま」を食べていたのです。そして我ら下町っ子もです。
下町っ子がいう「ねこまんま」とは、ご飯に鰹節をかけたものをねこまんまと呼びます。
かけた鰹節の上に醤油をかけるかかけないか、葱をのせるかのせないかは、その人の嗜好や家庭文化によって異なります。北海道では醤油にバターが加えられることが多いのだそうですよ。

今日のお店はかつおぶし専門店「大和屋」さんです。
といっても「かつおぶし」を求めただけです。
実は「ねこまんま」を急に食べたくなったのです。
こんな日もあります。

住所: 東京都中央区日本橋室町1-5-1
電話:03-3241-6551
定休日:日曜・祝祭日定休

大和屋3
お店の外観です。

IMG_1384

IMG_1383
店内の雰囲気です。

IMG_1425

大和屋
今日のお求め品「ごはんにかけるかつおぶし」@864円です。
さすが老舗の味です。
臭みがなくとても美味しいのです。
加えて香りが良いですね。
噛みしめるたびに味がふくらんできます。
本当におかずが無くてもこれだけで美味しくいただけます。
欠点はちょとお高いですか・・・

それでは(^_-)

続 神田 ラーメン海人

今日は「卵と玉子のちがい」です。
たまご
日本に居住している外国人が抱く、日本に関するさまざまな疑問と悩み。
それらが投稿されているサイトが「OKWave ありがとう」の「Japan Life」コーナーだ。彼らは日本で一体どんな壁にぶつかっているのだろうか。寄せられた質問をピックアップしてご紹介する。

寿司屋で飲む機会の多い筆者が、女性が〆にデザートを選ぶように、最後の締めくくりに頼む逸品に「だし巻き玉子」がある。ほどよい満腹感をもたらしてくれるだし巻き玉子はたらふく飲みつつ、最後に軽くお腹を満たすには最適だと思っている。そんな話を編集部のメンバーと話していると「そういえばこんな投稿がありましたよ」と紹介された質問が以下である。

「『卵』と『玉子』って両方とも『たまご』のことですよね? 何が違うのでしょうか?」(オーストラリア)

「だし巻き玉子」と自然にパソコンで打っていたが、そんなことを尋ねられると不安になる。「だし巻き卵」が正しいのか?と試しに検索してみると、「だし巻き玉子」と「だし巻き卵」の両方が交互に検索結果で表示されており、どうやら混在して使われているようである。だが実際のところ、「玉子」と「卵」で使い分けがあるのだろうか? 投稿者と同じように首を傾げた筆者に答えを与えてくれたのはカナダの御仁だった。

「『卵』も『玉子』も、『たまご』と読むため、つい混同して使ってしまいそうになりますよね。しかし、両者には決定的な違いがあります。 『卵』は調理前で、生まれたままの姿の『たまご』を指し、『玉子』は調理した後のものを指すのです。これに倣うと『生たまご』は『卵』、『厚焼きたまご』は『玉子』ということになります」(カナダ)

この回答には「面白い! 違いなんて考えたことなかったわ」(オーストリア)、「情報を共有してくれてありがとう。僕の日本語の理解も深まったよ」(ウクライナ)、「私も同じことを考えていた。説明してくれてありがとう」(台湾)と各国のユーザーから腹オチしたというコメントが寄せられていた。筆者もこれで安心して「だし巻き玉子」と使える。

その一方で「温泉卵は玉子じゃないの?」(アメリカ)という疑問を投じる読者も。温泉卵は卵を割って調理をしているわけではなく、かつ半熟であるため、「玉子」ではなく「卵」を使うのかもしれない。ちなみに「ラジウム玉子」は登録商標された温泉卵である。なんて話を始めると本当に漢字はフクザツ。そんな漢字で奮闘している質問者のオーストリアの方の健闘を祈りつつ。
「卵と玉子の違いはなんですか」カルチャージンより転載

久々の蘊蓄ネタです。
調べてみました。
「玉子」は、形が球状のため「玉の子」から「玉子」となったそうです。
「たまご」とよばれる以前は「かひご」と呼ばれていましたが、この漢字として「卵子(かひご)」あるいは「卵(かひご)」が用いられ、呼び方が「かひご」から「たまご」と変化したため「卵」も「たまご」と呼ばれるようになったそうです。
「卵」より「玉子」のほうが先だったとは、ちょっと意外な感じがしましたね。

一般的な区分として生物学的な意味での「たまご」は卵で、食材としての「たまご」は玉子なのです。
纏めますと、たまごは殻のある状態のときは“卵”と言い、 料理されると“玉子”と使い分けるのです。
だから、たまごやきは”玉子焼き”と書きますよね。
従いましてカナダ人の考察は正鵠を射ていたのです。

ところで温泉卵(おんせんたまご)は、半熟卵の一種で、卵黄部分は半熟、卵白部分は半凝固状態に茹でた鶏卵のことをいいます。まあこの辺りは当り前ですよね。
一部では温度卵(おんどたまご)とも呼ばれています。
また、温泉の湯や蒸気を利用して、鶏卵を茹でたり蒸したりしたゆで卵は、その状態にかかわらず温泉卵と呼ばれているのです。要は、温泉卵は調理されていないので「玉子」ではなく「卵」なのでした。


IMG_1291
余談ですが、この画像は私が毎日利用している駅の構内担当の駅員さんです。
いつもこの方がマイクで乗線案内をしてくれているのですが、この方の一挙手一投足をじっと見ていますと、この方からやにわにマイクを取り上げてマイクパフォーマンスをしたくなる自分がいるのです。
多分新入社員の頃、早朝の新宿駅で泥酔したサラリーマンがホームに設置してあったマイクを掴みだして、細川たかしの「心のこり」即ち「私バカよね おバカさんよね うしろ指 うしろ指 さされてもあなたひとりに 命をかけて耐えてきたのよ♪」を歌いあげた事が鮮烈な印象として残っているのです。
その時、私もひどい二日酔いでして、二番を歌おうと思ってその機会をねらっていました。
しか〜し泥酔したサラリーマンはダッシュで駆けつけた駅員にマイクを取り上げられ、死ぬほど怒られたのでした。
結局、薬局、放送局で私の野望は見果てぬ夢と化したのであります。

マイク
もしマイクパフォーマンスができたのならば、永年のもやもやは晴れ、自分の積年の思いがス〜ッと一本の道にのびていくように思えるのです。
さすがに世間体があり今となっては実行こそしませんが、その部分だけがおこり火のように心の奥底でくすぶっているのです。


当たり前すぎて気づかない!「海外から見た不思議な国、日本」のアニメーションが深い


IMG_1262
今日は神田に出没です。
なぜか唐揚げが食べたくなりました。
そいう時はこのお店です。
「和風ラーメン海人(かいと)」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-13-4 丸木ビル1F
電話:03-3256-5064
定休日:日曜日

IMG_1255
お店の外観です。

IMG_1257

IMG_1259
店内の雰囲気です。
結構芸能人も数多く訪れているのですね。

IMG_1258
メニューです。

IMG_1260

IMG_1261
今日のオーダー「からあげ定食」@820円です。
値段は前回訪問時より70円上がっています。
待つこと9分で「からあげ定食」の到着です。
大ブリのからあげが5個入っています。
油淋鶏(ゆーりんちー)ダレでいただきます。
前回は衣が硬くて今一つだったのですが、それがすっかりと改善されています。
マヨネーズの付け合わせが高評価です。
鶏肉を口いっぱいにほおばり噛みしだく快感、時間差で鶏肉の滋味が広がってきます。
これはイケます。満足です。
鶏の唐揚げはこうでなくてはイケません。美味しゅうございました。

それでは(^_-)



神田 神田肉うどん

今日は「Surprise vol.1」です。
今回は私が最近体験したpetit surpriseです。
宜しかったらお付き合いください。

#人の迷惑かえりみず
IMG_1129
この画像は早慶戦を見に行った時のパチリです。
どこから見てもセレブのこの女性は、日射しが強くなったのに呼応して自らの皮膚の慮辱を避けんがためにあたかもメリーポピンズの様にパラリンと日傘を開きました。
たまらないのは後ろの席の方々です。
この日は6季ぶりの慶應の優勝がかかった一戦です。
しばらくして後ろの席の男性から、婉曲なcautionが入りさすがに閉じました。
さすが慶應ボーイですね、その注意の仕方が洗練されていました。
早稲田マンならもう少し違った対応だったのでしょうね?

#住友不動産?
IMG_1112
学生頃から不思議に思っていました、絶対にこの会社は住友不動産とは関係ないですよね。
しか〜しそうだとしたら良く登記できたものです?

#surprise dessert
IMG_0934

IMG_0942
私の奥様が大学の同期の宿泊女子会に参加しました。
今回はmetropolitan leisurely cruiseです。
お昼どうしよう、って相談されたので「the gate hotel」を紹介してさらに予約もとってやりました。
エライでしょう・・・
実はこの奥様の同期は全員旧知の間柄です。
そこで私はpetit surpriseを企画しました。
奥様には、あそこのデザートは評判良くないので頼まない方がいいよ、って予めデザートのオーダーを封印しておきました。そしてその後、こそっと「the gate hotel」に行き、今回のpetit surpriseの企画即ち surprise dessertをホテルの責任者に持ちかけました。
最初は難色を示されたのですが、最後は私の熱意に負け、最終的には快諾していただき、go projectとなったのです。当日の詳細はわかりませんが、食後しばらくして彼女達が歓談している時に、▲▲様のご主人からのsurprise dessertでございます、といってだされてみたいです。
奥様、友人ともども大クリビツされたみたいで、結果我が意を得たりなのでした。

surprise2
一応そのsurprise dessertの画像を貼っておきます。
やるときは、やるでしょう。
ちなみにこの「the gate hotel」のdessertはとてもとても美味しいので、皆様宜しく上書きの程お願い申し上げます。

#精神年齢鑑定
我が家の精神年齢鑑定 の結果がクリビツです。

aaaa
私は29歳です。

bbbb
長男は30歳です。

cccc
奥様は24歳です。

dddd
次男は28歳です。
どういう家族なのでせうか(笑)
あなたは何歳ですか?

IMG_1237
今日は驟雨が吹き荒れる神田に出没です。
寒いですね・・・
こんな日はうどんです。
今日のお店は「神田肉うどん」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋室町4-2-7 滝沢ビル1F
電話:03-6262-3929
定休日:不明

IMG_1231
お店の外観です。

IMG_1234
店内の雰囲気です。

IMG_1233
メニューです。

IMG_1235

IMG_1236
今日のオーダー「肉うどん(中盛)」@500円です。
待つこと9分で「肉うどん(中盛)」の到着です。
見た目しょっぱそう感横溢しています。
聞くところによりますと、「小倉肉うどん」ですのでうどんは柔らかなのでしょうね。
それでは実食です。
うん美味しいですね。
やや甘めの出汁が生姜と相俟ってイケますね。
すじ肉は噛みしめる程に味わいが深くなります。
美味しいです。
瑕瑾はやわやわうどんです。
いくら「小倉肉うどん」だからといっても、関東でご商売されるのであれば、麺はコシあり、固めの方が良いような気がします。
昨今よく言われているlocalization(現地化)、言い換えれば換骨奪胎ですか。
ご検討いただけたらと思います。
コスパ含め全体はよかったのですが、うどんのやわやわが気になったお店でした。

それでは(^_-)

日本橋 利休庵

今日は「American joke vol.4」です。

American joke
#電気製品
「あら、忘れてたわ、来週はお義母さんのお誕生日なのに何も買ってないわ!」
「まぁ大変、お宅のお義母さん、どんなものが好きなの?」
「お義母さんはモダンなひとで、電気製品が好きなんだけど・・・」
「じゃあ、電気椅子なんてどう?」

#ダイエット?
「あんな男とこのまま生活をしていたらイライラのし通しでやせ細ってしまうわ。」
「じゃあ、さっさと別れてしまいなさいよ。」
「もちろんそのつもりよ。でも後10キロ痩せるまで我慢するつもりなの。」

#賢い人
池に身投げした男が死にきれずに岸に這い上がってきた。
やがて近くの木に首を吊ろうと決心し、枝に下げたロープに
首を突っ込んだ。
それを見ていた男
「頭のいい奴だな。あれなら服も身体もいっぺんに乾く」

#過去形
先生:「I go to Tokyo」を過去形にしなさい。はい、太郎君!
太郎:「I go to Edo」

#数列
幼児「センセイ。ボク、冬休みに数の勉強をしたの」
先生「そう、おりこうさん。数えてごらんなさい」
幼児「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、ジャック、クイーン、キング」

#世界一のきこり
「私は世界一のきこりです。昔はサハラできこりをしていました」
「サハラは砂漠じゃないか、なに言ってんだwwww」
「ね?」
※サハラ砂漠は元々木が生えていて、きこりが全て切り倒して砂漠にしたということです。

#動機
裁判官 「あなたはなぜ夫を椅子で殴ったのですか?」
妻    「それは、テーブルがあまりにも重かったからです」

#ジョージ・ブッシュ
が死んで天国の門番のところにやってきたそうだ。
そこで、門番にこう言われた。
「お前は本物のジョージ・ブッシュか?ならば、証拠を見せよ。
アインシュタインがここにやって来たときは、相対性理論について語ってくれた。
ベートーベンが来たときには、ここで運命を演奏してくれた。さて、キミは何をする?」
ブッシュはしばらく考えてこう言った、
「ええっと、アインシュタインとベートーベンっていったい誰ですか?」
すると門番は言った、
「確かにキミはジョージ・ブッシュだ!疑って悪かったな。さあ、ここを通れ。」

#代替食料
ある弁護士が道で草を食べている男を見つけた。
弁護士:「どうして草なんかを食べてるんだ」
男:「職がなく、食べる物もなく草を食べているんです」
弁護士:「私の家に来なさい。さあ、車に乗って」
男:「でも、私には妻と二人の子供がいるんです」
弁護士:「かまわない。みんな呼んできなさい」
そういって車にその家族を全員乗せた。
男は弁護士に礼を言った。
男:「家族全員に・・・なんとお礼をいってよいか」
弁護士は言った。
弁護士:「なぁに、かまう事はないよ。うちの家の草は30cm以上伸びているから」

#因果応報
「ねえトム、どうしてそんな心配そうな顔をしているの?」
「ああメアリー。隣のボブに明日、お金を返す日なんだけど、返せそうもないんだ」
「なんだ、そんなことだったの。私にまかせておきなさい!」
メアリーは窓を開けて隣の家に叫びました。
「聞いてる? ボブ! トムがね、明日お金返せそうにないんだって!」
メアリーはにっこりして言いました。
「さあ、これで悩むのは向こうよ」

世界中の子供が夢中! パパママも是非見せたいアニメと言えば、やはりスタジオジブリの作品だろう。
海外サイトが、そんなジブリ作品を人気アニメとコラボさせた映像を公開、カオスすぎて笑いが止まらないと話題になっている。人気者同士を合体させたらどうなっちゃうの!?
ご覧くださいm(__)m


IMG_0988
今日は日本橋に出没です。
今日は日本橋に美味しいお蕎麦屋さんがあるというのでお訪(とない)を入れました。
今日のお店は「利休庵」日本橋店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋室町1-12-16
電話:03-3241-4006
定休日:日曜日・祝日

IMG_0989

IMG_0995
お店の外観です。

IMG_0990
メニューです。

IMG_0991

IMG_0993
今日のオーダー「納豆蕎麦(大盛)」1,070円です。
待つこと10分で (大盛)」の到着です。
「納豆蕎麦」とは蕎麦の上に納豆や削り節や海苔やカイワレや玉子の黄身が乗った冷し蕎麦です。

「納豆蕎麦」ですので食べる前にかき回します。
私は農林水産省食品総合研究所の指定の100回かき回しではなく、某納豆メーカーご推奨の50回派です。
それではかき回しの支度が整いましたので実食です。
蕎麦はコシのある白い更科そばでedgeも立っています。
出汁は少し味醂が強い甘めです。
味ですか美味しいです、掛け値なしで・・・
しか〜しB級グルメを名のっている私としては、見た目と味が一致する食べ物の評価はあまり高くありません。
そいう意味で申せばここの「納豆蕎麦」の味は想像通りでした。
確かにここの「納豆蕎麦」は美味しい事は美味しいのですが、他のお店の「納豆蕎麦」と比べて格段に美味しいかと言えば「否(いな)」です。
で〜も老舗の風情と安定感はこのお店の奥深さを感じます。
一度は訪れる事をお勧めします。
ちなみにコスパの悪い事は予めお断りしておきます。

それでは(^_-)

日本橋川・神田川クルージング  神田川編

今日は「クルージング」です。
私達おとぼけ夫婦は阪急交通社主催の「日本橋川・神田川クルージング」に参加しました。
今日は後半の「神田川」編です
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

◆ここから神田川に入ります
IMG_9824

IMG_9825
三崎橋をくぐり右折しますと神田川です。
ここからは頭上を覆っていた高速道路から解放されましたので、さわやかな青空が目に差し込んできます。

◆浚渫船です
IMG_9826
まだ現役の舟です。いまでも護岸工事の残材などを運んでいるそうです。

◆謎の穴です
IMG_9829

IMG_9830
謎の穴ではありません、分水嶺です。
大雨等により水かさが増した時に、そのoverflowした水をこの分水嶺で引き受けるそうです。
たまに中をのぞいてみたい、と言う方がおられるそうですが、中は本当に真っ暗闇なので何も見えませんし危険です、と説明されますと、断念される方がほとんどだそうです。

◆お茶の水橋です
IMG_9835

IMG_9836

IMG_9837
お茶ノ水駅にはエレベーター、エスカレーターがなく身体がご不自由な方に不便をかけていました。
JRとしては早急にそのような設備を作りたかったのですが、現在のお茶ノ水の駅周辺には建設資機材を置くスペースがないので見送られていました。
さすがにその為に工事ができない、ということは理由にならないので、東京医科歯科大の方から橋をかけ建設資機材を運ぶことにより工事に着手しました。
その建設資機材を運ぶ橋が青色の橋です。

◆聖橋です
IMG_9838
名前は東京府東京市(現:東京都)が公募し、両岸に位置する2つの聖堂(湯島聖堂とニコライ堂)を結ぶことから「聖橋」と命名されました。
橋は船から見上げた時に最も美しく見えるようにデザインされているのです。
私はこの橋を下から覗いてみたかったのです。
想像以上にきれいなアーチです。
昭和2年架橋です。

◆丸の内線です
IMG_9839

IMG_9840
下から見るとこのような感じでした。

◆柳橋です
IMG_9842

IMG_9844

IMG_9845
ここで休憩です。
柳ばし老舗佃煮屋「小松屋」さんのご主人から「柳橋」の今昔について説明がありました。
昔は柳橋といえばその隆盛を新橋と二分する花街だったそうです。
昭和27年(1952年)は料亭57軒でありましたが昭和39年(1964年)の東京オリンピック以後、衰退していき、特に隅田川の護岸改修(カミナリ堤防)で景色が遮断されたことが花街にとって大きな致命傷となったそうです。
それでも、花街は世間に迎合せずその伝統を守り通してきましたが、世の流れには逆らえず平成11年(1999年)1月、最後の料亭「いな垣」が廃業してしまい、200年近くの歴史に終止符が打たれました。
池波正太郎、永井荷風等著名な作家が良く訪れていたそうです。

IMG_9871

IMG_9872

IMG_9873
ここでお土産の販売をしていましたので、我家は「生あみ佃煮」@500円を求めました。
下町の佃煮なので味がはっきりしており、とても美味しいです。
求めてから毎日食べています。

◆隅田川です
IMG_9846

IMG_9847
柳橋を抜けて、両国橋の上のスカイツリーを左に見て大きく右折しますと隅田川です。

◆「リバーサイド読売ビル」です
IMG_9854
風の通り道のあるビル「リバーサイド読売ビル」です。
近隣対策として日照権の替わりに風の通り道を作ったそうです。
完璧に隅田川のlandscapeですね。

◆新大橋です
IMG_9850
最初に新大橋が架橋されたのは、元禄6年12月7日(1694年1月4日)です。
隅田川3番目の橋で、「大橋」とよばれた両国橋に続く橋として「新大橋」と名づけられました。

◆リバーシティー21です
IMG_9855
私がよく女子会で訪れるリバーシティー21です。
いつも摩天楼からこの景色を睥睨していましたが、川面からみるとこんな感じなのですね。

◆湊橋です
IMG_9859

IMG_9860
昭和三年(1928年)に架けられた三連の鉄筋コンクリートアーチ橋です。見た目にはずっと新しい橋のように見えますが、これは平成元年(1989年)の整備事業で化粧タイルによる装飾が施されたためです。
橋の中央に、江戸時代の帆船のレリーフがついています。

◆日本橋水門です
IMG_9861
日本橋水門です。
ここで分流して亀島川に流れています。
亀島川はわずか1kmの短い水路ですが、江戸時代は越前堀と呼ばれ時代劇を彷彿させる川です。
この水門は高潮や津波の被害から流域の街を守ります。
来たる第二次関東大震災の際には大いに活躍するでしょう、不吉ですか(笑)

◆ゴールです
IMG_9865

IMG_9862

IMG_9864

IMG_9866
最後までご覧いただきありがとうございました。
ちなみにこのクルージングの料金は@3,990円です。
今回みたいに晴天であれば最高の旅です。

◆最後も番外編です
IMG_9868

IMG_9869
今日のランチは「紅花」さんだったのですが、ここでデジカメの電池がexhaustしてしまいました。
ということでgourmet ネタは割愛しますm(__)m

それでは(^_-)

日本橋川・神田川クルージング  日本橋川編

今日は「クルージング」です。
私達おとぼけ夫婦は阪急交通社主催の「日本橋川・神田川クルージング」に参加しました。
という事で大人のクルージングを紹介します。
実は前からこのクルージングに参加したくて機会をうかがっていたのですが、以外にもこの商品人気がありまして、なかなか取れなかったのでした。
まずは前半の「日本橋編」です。
ということで画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

◆いきなり番外編です
IMG_9798

IMG_9797

IMG_9796

IMG_9795
クルージングが始まる前に時間があったので3月20日GRANDOPENしたCOREDO室町に立ち寄りました。
すごい人ごみでした。
この街はCOREDOを筆頭に、三井本館、三井生命、三井不動産、三越(三井グループのルーツ企業)等あり完璧に三井の街ですね。

◆スタート場所の日本橋です
IMG_9799

IMG_9801

IMG_9805
日本橋川の川面からから高速道路をまじまじと見上げました。
この光景は威圧感ありますね。

◆クルージングのスタートです
IMG_9802

IMG_9804
総勢28名の乗員です。
このモーター×2基が水面下に降ろされればクルージングのスタートです。

◆クルージングのスタッフさんです
IMG_9806

IMG_9810
船長さんと阪急交通社の担当さんです。

◆コースの紹介です
IMG
日本橋からスタートして日本橋川を進み、三崎橋を右折して今度は神田川を直進します。
そしてスカイツリーを左手に見ながら右折して隅田川に入り、豊海橋から再度日本橋川に入ります。
最後は振り出しの日本橋に戻るというroundtripです。乗船時間90分の船旅です。

◆獅子のレリーフです
IMG_9808
日本橋のキーストンに施された獅子のレリーフです。生れて初めて見ました。
下から撮った画像は少ないのでは?

◆JR外濠橋です
IMG_9814
なな何とこの橋の上には東北新幹線、京浜東北線、中央線、山手線が走っています。
ということは皆さんは、この橋をJRで通っているはずです。
ちなみにこのレリーフは機関車を表しています。
大正7年に架橋されました。

◆神田橋です
IMG_9816

IMG_9817
神田橋は現在補強工事中です。

◆日本製粉グループビルです
IMG_9818

IMG_9819
スタジオジブリの総帥宮崎駿さんが書いた猫の「コニャラ」が日本製粉グループがイメージキャラクターなのです。
知りませんでした・・・

◆錦橋です
IMG_9820
珍しい三連のアーチ橋です。
「錦橋」の名称はこの橋の北側にある「錦町」 や、この一帯の河岸の名称 「錦河岸」 に由来しているそうです。
「錦町」 の町名は、江戸時代にこの付近に一色(いっしき) 姓を名乗る武家屋敷が二家あったので、合わせて 二色(にしき) を 「錦」 の文字に置換えたといわれています。
この名前の付け方は吉原の日本堤(二本の堤があったから)と同じですね。
すごくキレイだなと思ってパチリしたのですが、キレイなわけです。
一昨年に橋の塗り替え工事を終えたばかりだからです。

◆江戸城の石垣です
IMG_9822
徳川家への忠誠の証として各大名に石垣の石を運ばせたそうです。
その証左に石には各大名のマーク、たとえば前田家なら「田」の刻印が入っているそうです。
勿論全部ではなくどこかに有るのです。
そのマークを探したのですが舟のスピードが速く見つかりませんでした。
ちなみに大半は伊豆半島から切りだされて持ってきたそうです。

後半の「神田川編」もご覧ください。

それでは(^_-)

神田 天府 リターンズ

今日は「ストーカーの心理」です。
ストーカー
恋愛関係ないしは夫婦関係のもつれから、復縁を図ろうとした男がストーカーとなり、最後は元恋人や元妻を殺害してしまうという事件が後を絶たない。
二十一世紀になってからこのかた、こうしたストーカー殺人が倍増しているような印象を受けるのは私だけだろうか?はたから見ると、一度は愛し合ったこともある仲なのだから、なにも殺すほどに憎まなくてもいいじゃないかということになるのだが、フロイトにいわせると、愛と憎しみの関係は一般に想像されるほど単純なものではないらしい。
では、精神分析学では、愛と僧しみの関係はどのように説明されるのか? 
より根源的なのは僧しみのほうである。自我は、それが自体愛(ナルシシズム)的に存在している段階では 外界というものを必要としておらず、外界には無関心である。しかし、やがて自我は自分を保存したいという欲動(自己保存欲動)に駆られて外界に働きかけざるをえなくなるが、このとき、外界からの刺激をおおむね不快と感じ、これに僧しみを覚える。つまり、ナルシシズム段階においては、外界は外界であるというだけで不快なものであり、憎しみの対象となるのだ。
ところが、次の段階、つまり、性欲動が部分欲動を統合して、自己保存欲動と拮抗する段階に進むと、外界の対象が快感の源泉となる場合に限って、自我はこれを同化しようとする。「これが快をもたらす対象の発散する『魅力』であり、その場合はわれわれは対象を『愛する』という」。
つまり、自己保存欲動だけが支配するナルシシズム段階(つまり乳幼児)では外界のすべてが憎しみの対象となりえたのに対し、性欲動が登場する段階(思春期以降)になると、この性欲動にとって快と判断されるものは「愛される」ようになり、憎しみの対象から一時的に除外される。だが、憎しみは、自己保存欲動から発せられる、より根源的なものだから、性欲動段階に達したからといって、これが消えるわけではないのだ。
そのため対象が性欲動に快感を呼び起こすことがなくなると、つまり「愛」が消滅すると、僧しみは自分本来の居場所を取戻すようにパワーアップして戻ってくる。「自我は、不快の感覚の源泉となるすべての対象を憎み、嫌悪し、破壊しようと迫害する」  
現代は、ナルシシズム段階(幼児期)が引き延ばされ、なかなか性欲動段階(大入)が始まらない時代である。つまりナルシシズム固着の人間が多いのだ。そうした人間にとって、愛の消滅は、即、憎しみの劇的な復活を意味する。ストーカー殺人が増えるのもむべなるかなである。対策は、自己愛型の人間を避けること。これ以外にない。
引用句辞典「ストーカーの心理」鹿島茂著より転載

今日はフロイトです。
理科系人間からするとフロイトはすこし手強いですね。

そもそもフロイトに言わせますと、憎しみは、対象との関係においては愛より古いのです。
ナルシシズム的な自我が、刺激を与える外界に対して示す原初的な拒否から、憎しみは発生します。
対象によって喚起された不快反応の表現として、憎しみは常に自己を保存しようとする欲動と密接に関係しているのであり、自我欲動と性欲動はすぐに対立関係へと発展するのです。
それが憎しみと愛の対立として繰り返されるのです。
従いまして愛に代わって憎しみが登場するのも稀ではないのです。

性欲動が主に快感原則に従って欲求を満たそうとするのに対して、自己保存欲動は現実原則にも配慮して、自らを守ろうとする傾向があります。
要はもともと自らを守る自己保存欲動は仕方なく性欲動=愛により一時的に認められるのですが、それが消滅するともともと外界との関係を必要としていない自己保存欲動からすると折角自分の中の領域をわざわざ分け与えたのにどうしてくれるのだという憎しみが劇的に湧き上がってくるのですね。
例えて言えば好意を持っていた女性に物心ともに貢いでい事が愛の消滅ですべて無くなったのと同時に、それの代償を返してよ、若しくは返さなくてもいいから元にもどしてよ、そうしてでももらえないと自分の憎悪がcontrolできないじゃないか、という他罰的な思考がストーカーなのでしょう。

本当にそんな「お子ちゃま」みたいな人がいるの、とは言えないですよね。
かなりいますので。
個人的には私も自己保存欲動の強い、幼弱性人間ではありますが、女性にふられたからと言って、その女性を殺そうなどとは思いませんからね。そいう意味ではやはりストーカー殺人は異常であります。
もっともフラれたこともありませんので・・・
いずれにしてもストーカーの方の自己愛(自己防衛)の深さは私達の思考では想像できません。
全世界の女性の方々ナルシシズムの男性とはお付き合いしない方がいいですよ、と言ってはみたものの周りを見回すとそういう人間って多いものですね。
女性もなかなか大変なことに今さらながら気が付きました。ご苦労様です。


またまたユニリーバの、最後は2012年7月20日に、わずか1.5パウンド(約0.68キログラム)未満という重さで、予定日より3ヶ月半早く産まれてきた男の子の1年の成長過程を追ったビデオ。お母さんが初めて我が子を胸に抱いたのは、産まれて4日後だったそうです。


今日は神田に出没です。
なぜか今日は牛肉が食べたくて食べたくて仕方ありませでした。
そこで思いだしたのがこちらです。
美味しい牛肉料理があったはずです。
今日のお店は「天府」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-11-1 島田ビルB1F
電話:03-6206-9008
定休日:日曜日

IMG_9345
お店の外観です。

IMG_9349
店内の雰囲気です。

IMG_9344

IMG_9348
メニューです。

IMG_9350
今日のオーダー「水煮牛肉定食(ライス、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐、ライスお替り無料」@850円です。
待つこと5分で、「水煮牛肉亭定食」の到着です。
見た目volumyです。

IMG_9351
それでは実食です。
「水煮牛肉」の量はスゴイですね(笑)
こんなに入れなくてもよろしいのですが。
辛さはそれなりにというかなり辛いです。
で〜もその辛さが牛肉の甘みを引き立ています。
この牛肉とても柔らかいですね。
味ですか、イケます、美味しいです。

IMG_9353
玉子溶きスープは薄い塩味のスープです。
トロミが秀逸です。
これまたイケます、美味しいです。

IMG_9352
デザートの杏仁豆腐です。
多分神田ではここの杏仁豆腐が一番美味しいと思います。
濃厚なミルクの味がタマリマセン。

このお店はコスパもよいので、お近くにお越し際はお気軽にお立ち寄りください。

それでは(^_-)



続 茅場町 スプーン

今日は「首切り異聞」です。
首切り朝衛門
普通の刀は二百人の首を斬ると駄目になるといわれているが、現在、千佳回向院にある浅右衛門が使ったという斬首刀は、実に五百人を斬ったといわれている。
私は実際に首を斬ったことも、斬るところを見たこともないので、この話は、かつて中国大陸で首斬りの現場を目撃した人からのまた聞きだが、日本刀で斬りつけた瞬間、ざくっと、音がするらしい。
これは、強靭な外力がくわえられて硬直した筋肉と、その奥の首の骨に、刀がぶつかって生じる音であろう。
音がするほどだから、斬り手への手応えはかなりなもので、それを一気に斬り抜き、首の皮一枚のところでおさえるというのは、まさに神業に近い。
【中略】
首を斬った場合の直接の死因は失血死ではない。首がきっぱりと胴から離れなくても、大上段に振りかざした刀が、項(うなじ)に当っただけで延髄が衝撃を受けて死に至る。
これは後頭部や項を、うしろから強打されただけで死ぬのと同じ理屈である。
よく首を斬ったのに、上体が起ち上ったとか、その瞬間、手を拡げていたのが拍手を打った、などという話があるが、これは頸椎(首の骨)のなかの脊髄神経が衝撃を受け、反射的に手足が動いただけで意志があってやったわけではない。
例えが悪いが、鶏の首を切った瞬間、鳴いたり走り出すのもこれと同じである。
「長崎遊女館」渡辺淳一著より転載

中学校三年生の時父方の実家に行きました。
その際に父から、△△(私の事)、お前も剣道やっているのだから、真剣の扱いに慣れときな。裏の蔵に刀が沢山あるから適当に見つくろって選び、巻藁でもやりなさい、と言われたので、それこそおっとり刀で蔵から適当な刀を見つけてさすがに巻藁はないのですが、藁があったので試し切りをしてみる事になりました。
当時すでに剣道二段だったので、素振りは死ぬほどやっていました。
従いまして藁ぐらいは切れるだろうと高を括っていたのです。
はじめて手にした真剣は想像以上に重かったのです。
それはそうです普段は竹の刀(竹刀)ですし、真剣は鋼(はがね)の刀ですからおのずと重さはちがいます。
実際刀を抜いて藁を切ってみました。
最初の一太刀はきれいに藁を切落とせました。
なんだ、人を切るのって簡単じゃないか、とその時は思ったのですね。
しか〜し二の太刀、三の太刀はうまく切れなかったのです。
理由を考えてみました。刀ってただやみくもに力任せで切ってはダメなのです。
head speedを上手く使って切らなければならないのです。
例えて言えば、golfのswingに似ています。遠心力を最大に活かさないと藁でさえ切れないのです。
後半はコツがわかり、スパスパっと切れるようになりました。

中学生の私は、実際幕末の頃、王政復古をもくろむ警世家若しくは浪士となって、敵対する相手と路上で切り合いになったら、人を切れるのだろうか、一人や二人なら切れるだろう、いやいや血脂で刃がきかなくなり、最後は突くしかないのだろう、と考えは纏まらなくなってきました。
そこから思考が跳躍して、首を切るのって大変だよな、藁でさえ、二の太刀三の太刀で落とす事もあるのだから、まして骨を断ちきるなんて至難の業だよな、実際赤穂義士の処刑の際も、かなりの剛の者でも腕が縮んだみたいで、二の太刀三の太刀で首を撥ねたという逸話も何かの本で読んだこがあったよな、と思ったのです。

ここで本題に入ります。
紹介分の通り、首切り浅右衛門の斬首刀は500人もの首を落としたのに刃こぼれがないとのことです。
伝承技術のために斬首技術は卓越しているのは十分条件でしょうが、必要条件として刀は名刀なのであろうと思ったのです。しか〜し豈図らんや刀は津軽越中守寧親の差料(さしりょう)で延寿国時であったと言われています。
名刀であることは間違いないようですが、歴史に残る一品ではありません。
そこから演繹するに浅右衛門の斬首の見事さは刀及びその卓越した技術によるものではなく何らかの秘技が存在していたと見るのが自然です。

そうなのです実は秘技が存在していたのです。
人間には頭蓋骨と第一頸椎の間には5mmほどの空間があるのです。
具体的にいいますと、後頭部のやや下に丘状に突き出た部分があり、この下には小指の先が入るくらいの陥みがあります。
顎を突き出し、頭を後ろに引きますと、この突起が頭の後ろに突き出てきますので、皮膚の上からさわることができます。
要は浅右衛門は刀を振り下ろす時、この突起を目印に、これの直下5mmの空間を切り抜いていたので、骨に当ることなく首を落とせたのです。
もしわずかに上をゆけば頭蓋骨に当りますし、下にゆけば首の骨にあたります。
すこしでも罪人が首をゆすれば、その位置は動きます。
しか〜し山田浅右衛門は常にその5mmの空間を求めて刀を振り下ろしていたのです。
当時は首の構造図があるわけもなく、ましてやレントゲン・フィルムで見られるわけもありません。
これはひとえに山田家の連綿たる歴史の中で自然と知りえた体験的な空間です。
何故、そこが切りやすいかは当の浅右衛門もその理由はわからなかったはずです。
ただそこが首切りの上での急所であるという事しかわからなかったのです。
歴代10人に亘る浅右衛門達は項(うなじ)の下の5mmの空間を切落す事に一生を賭けていたのです。
その見事さだけが、この呪われた仕事の救いだったのかもしれません・・・

余談ですが市ヶ谷駐屯地で起きた三島事件ですが、介錯人の森田必勝は自身の切腹を控えていたためか動揺しており三島の介錯を三度失敗しております。その際に三島は苦悶の表情を浮かべながら「落ち着いてやれ」と森田に言っていました。
歴史にifはないのですが、縦の会の面々がこの山田家の秘儀を知っていたらと思う今日この頃です。

私の剣道の先生は第二次世界大戦において中国で八路軍の兵士の首を100人以上落としていたと豪語していました。加えていちいち切るのが面倒臭くなって最後の方は据え物切りのようにスパスパと落としていたとも言われていましたので、多分ですよ、私の先生も体験的にその空間を知り得ていたのでしょう。
でなければスパスパと切り落とせるものではありません。
山田浅右衛門の偉業をくさすわけではありませんが、道場での剣道談義でも先生以外の方でもそのような行為を為された方は他にもおられましたが、首切りの下手な奴は骨を断つと言われていましたので、意外や山田家の秘技は暗黙知ではなかったのかな、と憶断しております。


またまたユニリーバの、今度は『Project Sunlight』制作の映像。今の時代いろいろあるけれども、過去と比べてみると、今ほど子どもを産むのにふさわしい時代はない、というメッセージが語られています。


IMG_9180
今日は茅場町に出没です。
いつも女性の行列ができるお店があります。
たまには並んでみるかということで列につきました。
今日のお店はイタリアンレストラン「スプーン」さんです。
5年ぶりの再訪です。

住所: 東京都 中央区日本橋茅場町2-4-3
電話:03-3666-0675
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_9184
お店の外観です。

IMG_9179

IMG_9181

IMG_9191
店内の雰囲気です。

IMG_9183
メニューです。

今日のオーダー「サーモンと根菜のゴボウ香るクリームシチューとソーセージピラフプレート、ミックスフルーツ付」@1,200円です。

IMG_9186
待つこと5分で食べ放題のパンが到着です。
パンは温めて出されるときいていたのですが、暖かさより冷たさ感があり今一つでした。
パン自体は美味しくもなく・・・
せめてオリーブオイルでもテーブルに載せときゃいいのに思った次第です
食べ放題と聞いていましたが、パンを完食してもすすめに来る気配もなし、サービス悪いなぁ、と強く思いました。

IMG_9188
待つこと7分で「サーモンと根菜のゴボウ香るクリームシチューとソーセージピラフプレート、ミックスフルーツ付」が到着しました。
見た目コンパクトに纏まっていて結構です。

IMG_9189
それでは実食です、
「サーモンと根菜のゴボウ香るクリームシチュー」ですが、庶民的な味付けです。
といえば様子がいいのですが、要は家庭料理です。
無くなった母が作るシチューに似ていますが、そのレベルならわざわざ並んで食べる必要もなく、特に舌に残ったのはサケの変な臭みです。
これがこのシチューの幻滅感を加速しています。

IMG_9190
「ソーセージピラフ」は作り置きのピラフを容器に入れて固めてだしたみたいです。
従いまして冷めていて美味しくありせん。
子供の時に食べたデパートの階上レストランのお子様ランチのオムライスみたいな風情です。

最後の砦の「ミックスフルーツ」です。
解凍したばかりみたいで冷たくて食感以前の問題です。
ここに至りますと、心まで冷え冷えとしてきました。

唯一の救いは店員さんの応対ですか。
二度目の訪問ですが、いまだこのお店の行列のできる理由に触れていません。
運が悪いだけでしょうか・・・

それでは(^_-)

小川町 パミート リターンズ

今日は「日本人のサービス」です。
韓国紙・中央日報の中国語電子版は6日、放射性物質拡散に対する懸念で伸び悩んでいた訪日観光客数に昨年9月より変化が生じ、訪日中国人観光客数は同9月には前年同期比28.4%増となり、10月には75%、11月には96%、12月には84.8%の増加を記録したしたほか、1人あたりの消費額も大きく増加したと報じた。
記事はまた、日本の専門家が「日中関係は悪化しているが、中国人観光客は増え続けている」、「政府によるサービス業振興と、円安が観光客を引きつけた」と分析したことを紹介した。
春節の連休は終わったが、日本観光から帰ってきた中国人が日本の印象を話題にする状況がネット上でなおも続いている。感じ方は十人十色だが、皆おおむね「お客様は神様というのを実体験した」と日本のサービスを賞賛している。先日、あるネットユーザーが日本のサービス精神についての文章を発表した。
たった1つの鶏卵がこのユーザーに大きな驚きを与えたという。
文章の内容は以下のとおりだ。

日本のホテルでは日本式朝食を食べることになる。日本人は朝食に卵かけごはんを食べることに慣れていて、われわれのお膳にも生卵が登場した。生ものには抵抗があるので、生卵だけは残してしまった。
2日目の朝食にも、卵がついていた。私は眉をひそめるほかなかったのだが、触ってみたらゆで卵であることに気が付いた。辺りを見渡すと、ほかの客はおいしそうに生卵を食べていて、私の卵だけがゆで卵だったのだ!
昨日のことを思い返したのだが、私は誰にも生卵が食べられないと告げていない。
生卵をもとあった状態のまま残しただけだ。
スタッフはどんな魔法を使って数千人のお客さんから私のことを覚え、その好みを別のスタッフ伝えたのだろうか。
しかも、私が生卵が苦手ということを一目で見抜き、たった1つのゆで卵を正しく私のテーブルに置いたのだ。
こんな些細なことが、日本で受けた最も大きな驚きだった。
なんと敬服に値する民族なのか、なんと恐ろしい民族なのか。
もし、われわれ大中華民族にもこのような相手を思いやる気持ちがあれば、どれだけの強国になるか想像もできない。
(編集翻訳 城山俊樹)
「日本で受けた最も大きな衝撃は、「卵にまつわる小さな出来事」―中国ネット」毎日中国経済より転載

顧客満足
久々の爽快感です。
ざまあみたらし団子です。
日本人のhospitalityの高さを、中国の方に骨の髄まで味あわせて帰国させた快事にはもろ手を挙げて喜びたい限りです。

接客は双方向のcommunicationですから、お客様を認知し、何を求めているか、「お客様の立場で」考えればこのような気配りが生まれるは必定であります。
例えばコンビニの場合、冬、おでんを食べたそうに見ているお客様の視線に気が付いたのならば「いかがですか。温かいですよ」「とてもおいしいですよ」と声かけをして進めています。
お客様が高齢者であれば、フォークをつける事になっているパスタ類にも「お箸をおつけしましょうか」と割り箸を添えて渡しています。
レジでの袋入れ一つにしても、荷物が少し重くなりそうなら、相手によっては、「二つにお分けしましょうか」と分けて入れています。
タバコを買いにくる常連のお客様には、銘柄を覚えて「△△ですね」とすぐ商品を差し出してあげています。
最初から最後まで徹頭徹尾において日本は「気遣い」の国なのです。
他国の追従を許す事は決してないと思います、キッパリ。

余談ですが現在私は大手電機メーカー、カメラメーカー、ベンチャーソフトと組んで「常連客満足度向上支援システム」を開発中です。
これが上市できれば、3回以上同じ店に行って、同じものを購入していたら事前の登録をしなくても「いつものね」と店員にさえいえば、その品物がでてくるようになります。
近未来に皆様に常連であることの特権を自由に行使できるserviceを提供いたします。


私は知らなかったのですが、今年の10月末に、地下鉄の車内で寝ながらもたれかかってくる人を30分以上肩で支え続けた人の写真がバズったそうです。
それを機に行われた「地下鉄で隣の人にもたれかかって寝てみよう」プロジェクト。日本だと普通に見られる光景なので、逆に新鮮です。


IMG_9171
今日は小川町に出没です。
そう言えば最近行ってないなぁ、とつぶやいたら、このお店の前にたっていました。
今日のお店は安美味のイタリアン「パミート」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2丁目1 日米商会ビル 2F
電話:03-5577-4188
定休日:日曜日

IMG_9172
お店の外観です。

IMG_9175
店内の雰囲気です。

IMG_9173
メニューです。

IMG_9176

IMG_9177
今日のオーダー「カルボナーラ」@500円です。
待つこと5分で「カルボナーラ」の到着です。
見た目鮮やかな卵色が目に映えます。

それでは実食です。
相も変わらず美味しいです。
牛乳とコンソメとチーズを入れ強めの火にしてグツグツしてチーズが溶けたら火を止めて茹であがったパスタに黄身をからませてでき上がりというシンプルな料理です。
しか〜しシンプルな料理を美味しく作るのがシェフの腕なのです。
たいした腕です。いつまでもone coinに拘泥していないで、多少高くても美味しいパスタを提供してください。
ご馳走様でした。

それでは(^_-)

中央区役所 グリル

今日は「ストレス耐性」です。
ストレス耐性
満員の通勤電車にうまくいかない恋愛、職場の人間関係・・・・・・
日々のイライラする出来事にストレスを貯め込んでいる人もいるでしょう。
そんなストレスフルな毎日を送るあなたにぴったりの心理テストを今回ご紹介します。

Q.節分の掛け声といえば「鬼は外〜、福は内〜」ですが、「鬼」と聞いて思い浮かべる物語は?

A.
1.桃太郎
2.渡る世間は鬼ばかり
3.ゲゲゲの鬼太郎
4.泣いた赤鬼

この心理テストでわかることは「あなたのストレス耐性」です。「計画通りに進めなきゃいけない」「相手をガッカリさせたくない」という気持ちが強い人は、周囲からの信頼も厚く、好感度も抜群でしょう。でも、それが行き過ぎると、ついつい無理をし過ぎたり、相手に調子を合わせ過ぎたりすることも・・・。さて、あなたのストレス耐性はどうでしょうか?

#「桃太郎」を選んだあなた
「赤鬼」と聞いた瞬間、誰もが知っているメジャーな「桃太郎」の物語がひらめいたあなたは、瞬発力と直感力に優れているタイプ。そのため、ストレス耐性はかなり弱い方です。相手が誰であろうと思ったことをズバッと言うあなたは、ガマンすることが大の苦手。「イヤだなぁ」というネガティブな感情が湧いてくると、すぐ表情に出てしまいます。ストレスに耐えるのはかなり厳しいので、ストレスを貯め込む前にパーっと発散するでしょう。

#「渡る世間は鬼ばかり」を選んだあなた
「赤鬼」と聞いて、リアリティーにあふれるドラマ「渡る世間は鬼ばかり」を選んだあなたは、落ち着いていて真面目なタイプ。ストレス耐性はかなり強い方なので、どんなときも冷静に対処できます。誰かに無茶なことを言われても、計画通りに進まなくても、カッとすることはありません。真剣に相手と向き合い、慎重な判断を下します。また、大きなストレスを感じるほど「負けてたまるか!」という底力が湧いてくるでしょう。

#「ゲゲゲの鬼太郎」を選んだあなた
「赤鬼」と聞いた瞬間、ひとひねりして「ゲゲゲの鬼太郎」を連想したあなた。人とは違う独特の視点を持ち、小さなことにはこだわらないタイプなので、ストレス耐性は強い方です。ただ、人間関係では知的なコミュニケーションを重視するので、感情的にからんでくる相手は苦手かも。ちょっとしたことでメソメソ泣く人やすぐにキレる人など、まともな会話が成り立たない人を相手にすると、イライラしてストレスを感じるでしょう。

#「泣いた赤鬼」を選んだあなた
「赤鬼」と聞いた瞬間、感動的な童話「泣いた赤鬼」を思い出したあなた。情緒豊かでやさしいタイプなので、ストレス耐性は弱い方です。いつでも心を穏やかに保ちたいと願っているため、平穏な気持ちを乱すストレスは大敵。ちょっとでもストレスを感じると、おろおろしたり、取り乱したりする傾向があります。自衛手段として、周囲の人に相談したり、グチったりして、ストレスを積極的に外に出そうとすることも多いでしょう。

いかがでしたか?あなたはストレスに強いタイプだったでしょうか?ストレス耐性が強い人も弱い人も、ストレスを感じたときは、無理をして貯め込まずに上手に発散することが必要です。今回の結果を参考にして、ストレスとうまく付き合ってみてくださいね。

<監修・文/占術家・伊藤マーリン(ハッピーコンパス)>
「マイナビウーマン」peachyより転載

バーナム効果(Barnum effect)とは、誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象です
1956年にアメリカ合衆国の心理学者ポール・ミール(P.E.Meehl)が、興行師 P・T・バーナムの "we've got something for everyone"(誰にでも当てはまる要点というものがある)という言葉に因んで名付けたのです。
アメリカの心理学者バートラム・フォア(Bertram Forer)の名をとってフォアラー効果(Forer effect)ともいいます

これって最初はバーナム効果だと思いました。
ちなみに私が選んだ答えは「桃太郎」でした。
でその分析はかなり当たっているんです。
以下に説明します。

☆ストレス耐性はかなり弱い方です。
弱いなんてものではないのです。
ストレスが脳(前頭前野)に移行する仕掛けが壊れているようです。
何のfilterも通さずその信号が直に脳に伝達しているような感じさえします。

☆相手が誰であろうと思ったことをズバッと言うあなたは、ガマンすることが大の苦手。
もともとズバッと言う性格ですが、ここ数年ひどくなっています。
ビジネスではさすがに契約のためにこらえていますが、会社ではTPOこそ勘案していますが言いたい放題になってきています。
さらに会議では「精神主義と規律主義は無能者の詭弁だ」などと広言しており、そういう意味で言えばかなり病的な人なのです。
あくまでも常識の範囲内での発言ですよ(笑)

☆ストレスに耐えるのはかなり厳しいので、ストレスを貯め込む前にパーっと発散するでしょう。
ここだけはちょっと違うのです。
ストレスが溜まってきますと、その原因を分析して特定し、それを解決しようとします。
私は休日出勤を含めてかなり過剰労働の日々ですが、その多くはroutine workではなく新規案件に費やされています。新規案件は今迄の経験則が役に立たない事があり、それゆえ想像だ、にない問題が発生します。
ですので毎日間断ない難問+珍問+愚問=ストレスの因の解決に没頭しているのです。
さら〜に私は「問題は解決する為にある」と強く信じている天の邪鬼(ひねくれ者)なのです。
基本的に「問題は解決する為にある」と強く信じる分には良いのですが、「解決しなければならない」とするのは、それはまさにドン=キホーテ(妄信的になるあまり周りが見えなくなっている人)であります。
これじゃストレスが溜まるわけです
従いましてストレスを貯め込む前にパーっと発散するではなく、ストレスの元を断つのが正しいのでした。
私ってかなり面倒くさい人間ですね・・・
だから私のふるまいに対して奥様から度々説教がはいるのです、キッパリ。


Google India 制作のコマーシャル。孫がおじいちゃんの再会を Google 検索を駆使して実現します。映像で使われているインドの音楽も素敵です。

IMG_9161
今日は新富町に出没です。
そぼふる雪のために体感温度が低く、lunchのお店を探すのが苦痛でした。
そこに飛び込んできたのが中央区役所です。
役所なら食堂があるだろと思い入館しました。
今日のお店は「グリル」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-1-1
電話:03-3543-0211
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_9170

IMG_9169

IMG_9168

IMG_9164

IMG_9162
お店の外観です。

IMG_9165
店内の雰囲気です。

IMG_9163
メニューです。

今日のオーダー「週替わりランチ(親子丼+カレー蕎麦)」@680円です。
このブログで私の事をご承知の方はお分りの通り、私は頼むものを間違えたのです。
ただの「ランチ」@680円の券売機のボタンを押したつもりだったのですが、その隣の
「週替わりランチ」@680円のボタンを押したのでした。

IMG_9167
待つこと3分で「週替わりランチ(親子丼+カレー南蛮蕎麦)」の到着です。
この時に始めて間違えた事に気が付いたのです(悲)
こんなに食べたくありません。
つまり私はB級グルメではありますがグルマン(大食漢)ではありませんので・・・
仕方ないですね、間違えた私がいけなかったのですが。

気を取り直して実食です。
親子丼は鶏肉が少ないような気がしましたがまずまずの味です。
少し味付けが濃いですか。
カレー南蛮蕎麦は辛さ、トロミが丁度良いですね。
これはイケます。この味ならばカレーうどんの方がうれしかったです。

いずれにしても炭水化物ランチの両巨頭が相俟って@680円は「お得感有り」です。
ご馳走様でした、ちなみに完食しましたので、念の為!

それでは(^_-)

小川町 丸香 4th

今日は「大雪の思い出」です。
大雪
2月8日未明から降り続く雪で、各地は記録的な積雪となりました。
東京は午後8時に積雪が25cmとなり、1969年以来45年ぶりの大雪となったそうです。
千葉でも午後8時に積雪が26cmとなり1984年以来30年ぶりで観測史上1位、熊谷は30cmで1954年以来60年ぶりの大雪で観測史上3番目の記録となったとのことです。

札幌に7年住んでいたものからとすると、25cm位の雪でなにを大騒ぎするのだろう、という感覚になりますが、雪に対する免疫がないので仕方ないでしょう。
家の近隣でも累計三台の車がstuckしていて悲惨な状態になっていました。
可哀想になって家から近い車には雪道脱出用具を持っていき助けてやりました。
東京の人は持ってませんものね(笑)

札内川ダム
そんな私ですが本当に驚いた大雪がありました。
十勝川3大支川のひとつである札内川という川があります。
そこにダムが作られることになり、ダム現場に材料を納める大きな契約をとりました。
厳寒のとある日、納期打合せのために現場に行く仕事ができたのです。
いつもその現場には地元の業者の運転で連れて行ってもらうのですが、その日は帯広地方に爆弾低気圧が発生し、大荒れの天気になるとの予報でした。
帯広は寒い事は寒い(マイナス10度前後)のですが、雪はあまり降りません。
しか〜したまに降ると、とんでもなく降るところなのです。
地元の業者とその道行を打合せしました。
その結果、爆弾低気圧の中、山奥のダムにいくことはかなりのriskがあるとの結論になったのです。
それから熟考の上、私はそのダムに行くのにタクシーを利用することを決めました。
その日は帯広には飛行機で行ったものですから、帯広空内で客待ちしているタクシーの運転手に、上寿司付で半日貸切5,000円で札内ダムまでいかないか、と片っ端から声をかけたところ一人の運転手がこの話に乗ってきたのです。

空港近隣の寿司屋で私と地元の業者とタクシーの運転手は美味しい上寿司に舌鼓を打ち大満足のearly lunchを平らげました。
私達の爆弾低気圧対策が始動します。
タクシーに乗る前に運転手は命がけなのでと言って、トランクから当時禁止されていた滑り止めのチェインを駆動輪に巻きつけました。ただし樹脂製ですがね。
これでもあるとないとでは大分違うそうです。

一時間位走っていたら空の色が急に鉛色になってきました。
低気圧が近づいてきたようです。
雪が間断なく降り始めました。
その雪片は大粒です
最初は2車線だった道路が急速に降り始めた大雪の為にじわじわとその領域を縮小されて1.5車線にまで狭められました。通りすぎる路肩には大雪のためstuckして動きのとれなくなった車が散見され、その車の面影は雪で覆われているために輪郭でしかわかりません。
ほとんどwhiteoutの世界になってきたのです。
さらに荒れ狂った雪は猖獗(しょうけつ)を極め容赦がありません。
ついに1.5車線だった車線が1車線になりました。
もう道路ではありません、新雪のスキー場を走っているようなものです。
さすがに驚いた私は運転手さんに、どう、ダム現場までつけるかね、と聞きましたら、
そんなことは分らないですよ。上寿司に釣られた私が浅はかだった。こんな事になるんだったら特上寿司にすればよかった、と半分冗談で返しました。しかし、お客さん万が一対向車が来てブレーキを踏んだらこの車もおしまいだ。動けなくなる。どうか対向車が来ない事を祈って下さい、とお願いしたのです。
冷静に考えれば2車線の道路を走っていたのにそれが1車線になっているのですから、対向車がきたらとんでもないことになります。さらに運転手さんのいうとおりこの車は慣性の法則で動いているわけですので、車が止まれば間違いなくstuckしてしまうと思われます。
私は心の中で、七難即滅、七福即正、を真剣に唱えました。
そのお陰か対向車にも会わず現場に着きました。

現場では所長さんが、こんな大雪の中、良くきたね、と大感動していました。
普通はこないよ、と笑いながらいい、打合せは短時間で滞りなく終わりました。
帰路の事を考えて外に出てみましたら、道が完璧に雪で覆われていてどこに来た道があったのかもわかりません。
運転手さんに、どうする、って聞いたら。道がなければ走れません、と笑いながら答えていました。
私と業者の方が途方に暮れていると、先ほどの所長がでてきて、今日は大雪の為、仕事は終わりです。このままだと職員も家に帰れなくなってしまうので、これからラッセル車をだして先導するから職員の車の後ついてきて下さい、との事でした。
さすが山奥のダムです。対応が違いますよね。
ということで帰路は余裕のヨッちゃんで帰ることができました。
皆さん、雪道を運転していて道路が無くなる恐怖を味わった事がありますか?
ないですよね・・・


IMG_8996
今日はお茶の水に出没です。
時間は19時です。
これから会社に戻らければなりません。
考えてみたら大事なお昼をとってないではありませんか。
何か最近自分の体がrobotのように思えてきました。
良く食べずに働いているものです。
こんな日は讃岐うどんです。
今日のお店は讃岐うどんの名店「丸香」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-16-1錦華通り お茶の水小南側
電話:非公開
定休日:日曜日、祝日、年末年始

IMG_8997
お店の外観です。

IMG_8998
メニューです。

IMG_8999

IMG_9000
今日のオーダー「かけうどん+げそ天」@380+@210=590円です。
待つこと7分でかけうどんとげそ天の到着です。
見た目、透明感のある出汁が目にさわやかです。
それでは実食です。
「いりこ」の丸みのある旨味とふんわりとした香りが存分に引き出された出汁ですが、なぜか熱々感がありません。
うどんはコシがなく柔らかめです。
最近わかったのですが、本場の讃岐うどんって柔らかいのがdefaultなのですね。
知りませんでした。
げそ天は揚げたてではありません。
青森で水揚げされたスルメイカで氏素性はよいのですが、冷えた体でこられてこられてもねぇ、帰ってよ、って言いたいところなのですが・・・
げそ天は甘みがありおいしいのですが、これが熱々だったらさらに美味しかったのでしょうね。
いずれにしても、個人的には、thermal issueあり、と断じたいです、ハイ。

それでは(^_-)


お茶の水 デリフランス

今日は「損失回避性」です。
人間は損と得と同じ天秤にはかけず、同じ金額なら利得より損失の方を大きく感じてしまいます。
おなじ一万円でも、一万円をもらった喜びや満足感より、一万円を失った苦痛や不満足の方をおおきく感じてしまいます。そこで、人間は損失を回避しようと考え、行動するようになります。
これを行動経済学では損失回避性と呼びます。

遺失物
To tell the truth・・・
私は損失回避性については病的です。
物をなくすとこの世の終わりが来たかのように嘆き悲しみます。
それでだけで済むならいいのですが、嘆き悲しんだ後は必ず探しだします。

一度大雪の日に酔っぱらって、酒場のトイレが混んでいたので路上に放尿したのです。
ついでに目がかゆいのでポリポリと掻いていたら、瞼ではなく目まで掻いたようでコンタクトレンズを雪の上に落としてしまいした。
そしてその後とった行動は、落とすと同時にチョーク(一時期カバンに入れいた)で結界線を丸く書き、中で飲んでいた人を総動員して、探すところの場所割をしてさがさせた事があります。
初動に誤りがないといえばその通りなのですが、節操がありません。
さすがに5分位でコンタクトは落とした私の目に戻ったのですが、ですがね、書いていて恥ずかしい限りです。

一度通勤列車の中で手帳をおとしまた。
即に前頭葉から遺失物捜索のscrambleが発せられ、遺失物預かり所を始めありとあらゆる所を探しましたが出てきません。そこでその日の出来事をすべて思いだして、思い当たる処を探しましたら、地下鉄のホームのベンチに落ちていた可能性に気付き運よく見つけたのです。

最近の話ではどこかで小銭入れを無くし、その事を帰宅してから気が付きました。
たいしたお金が入っているわけではなく普通なら諦めるところなので諦めました。
しか〜し次の日の朝、またもや前頭葉から遺失物捜索のscrambleが発せられ、前日の行動を全てtraceして、とあるコンビニがくさいということでわざわざ出向きそこで遺失物として届けられていた財布を取り戻したのです。
正しく申せば店員さんは、私が忘れて帰ったのに気が付き、追いかけたのですが見失った、との説明をされていました。

この病的な執着心にはほとほと嫌気がさしています。
頑迷固陋、というか狷介孤高といえば納まりがいいのですが要は幼弱性が抜けないのです。
さらにその明るすぎる含羞のなさに、自分自身があきれ返っています。
最近は過去の猛省から所有物のtriple checkを励行しています。
その甲斐あって最近は物を無くす事はなくなりました。
なんでこのような簡単な恒久策を立てなかったのかが不思議で仕方ありません。
多分ですよ、無くした物が出てくる満足感、再所有することの充足感がたまらないのでしょう、やはりこれは私の宿痾(しゅくあ)かもしれません(笑)


ロシアの地下鉄に設置された、お金ではなくスクワットで支払うチケット販売機。ありそうでなかった面白いアイデアで、お金の概念について考えさせられます。


IMG_8958
今日はお茶の水に出没です。
時計をみたらもう少しで21時です。
さすがに帰社する気にもならず、夕食でもとるかということでお店を探しました。
するとパン好きの私にぴったりのレストランが飛び込んできました。
今日のお店は「デリフランス」お茶の水店です。

住所: 東京都千代田区神田駿河台2-1 お茶の水クリスチャンセンター 1F
電話:03-3233-6731
休日:無休

IMG_8959
お店の外観です。

IMG_8966

IMG_8969
店内の雰囲気です。

IMG_8961
メニューです。

今日のオーダー「ビーフシチュー、ベーカリービュッフェ付」@1,050円です。

IMG_8964
待つこと7分で「ベーカリー(ふんわりコーン、クルミパン、フォカッチャ)」の到着です。
軽くトーストしていただいたみたいでほのかに暖かです。
これはイイネ!ということで実食です。
あれっモサッとしていて美味しくありません。
甘みもありませんしね、かなりガッカリです。

IMG_8967
待つこと10分で「ビーフシチュー」の到着です。
見た目オイシゲです。
牛バラ肉をハーブと赤ワインで一晩漬けこみ香ばしくソテーした後、野菜と一緒に煮込んだものです。
味ですかソースが苦いです、肉も少量です。
何ですかgood pointがないではありませんか、これには驚きました。

IMG_8970

IMG_8968
口直しにベーカリービュッフェに行き、今度はクロワッサン、レーズンパン、クルミパンを取り、トースターで一分温めました。席に戻ってからおもむろに再食しました。
やはりモサモサ感はかわりません。
どうやら端(はな)からいまいちのようでした。

で〜も席は広いし、店内のしつらえは落ち着いており、くつろぐには良いかもしれません。
あれこのブログはたしかB級グルメでは・・・

それでは(^_-)

続 神田 ふくのや

今日は「今ここで頑張らずにいつ頑張る」です。
大好きだった母が旅立ち、冬の雲となってから早いもので、2月の3日に15年目を迎えました。
私も50の齢(よわい)からいくつか過ぎ、人生の縁(ふち)がおぼろげながら見えるようになってきました。
人生の幕引は須臾(しゅゆ)の烟霞(えんか)と同じものだ、とその無常を強く感じるようになってきています。
そろそろ長年の疑問、言葉が眠る時どんな世界が目覚めるのか、をはっきりする時がきたようです。

母が亡くなった時の悲しみは深く、しかしいつかは来世であえるから、と茫漠たる天国を夢想し自分が天に登った時の再会を楽しみにしていました。
しかし15年間の間、母の天国での健やかな暮らしを祈り続けていたのに、一度たりとも母からの連絡はありません。もしかしたら星になってるのではと、ずっと夜空を見上げていても母は答えてくれませんでした。

今日まで数多くの葬儀に参列してきましたが、この儀式は生きているものの為に行われている、と思うのです。
葬儀で死のはかなさを目の当たりにすれば、誰でもがいつかは訪れる死の誘(いざな)いを恐ろしいものと感じる事と思います。それを払拭するのが故人の成仏の祈りであります。
そしてそれを補うのが読経であり焼香なのです
即ち通夜が、葬式が、読経が、焼香が残ったもののおどろおどしい死に対する安寧を得るためのものなのです。
換言すれば死の不安を希釈する儀式が葬儀である、と強く思うようになったのです。
中学生の時は死後の世界はそれなりに受け止めていましたが、それがフィクションであることも同様に受け止めていました。
しかし最近では、死の瞬間に、死者の意思が動き、魂が生れたとはとうてい思えません。
つまり電気のスィッチが抜ける瞬間に別のワークが立ち上がる事はない、という事を死の瞬間に置き換えれば理解が得れることと思います。

言葉が眠る時即ち私達に訪れる死は永遠の漆黒の闇です。
死とは肉体とともに精神も亡び無の世界に入り込む事です。
これは冷徹な事実であります。
死ねば全てが終わりです。
ですので、一生懸命に生きたいのです。
今この瞬間を大切に生きたいのです。

明日への希
最後に京都にある大徳寺内の「大仙院」の尾関宗園和尚の言葉でこの話を終わらせてもらいます。
皆様の人生の活力になれば幸甚です。

今こそ出発点
人生とは毎日が訓練である
わたくし自身の訓練の場である
失敗もできる訓練の場である
生きているを喜ぶ訓練の場である
今この幸せえを喜ぶこともなく
いつどこで幸せになれるか
この喜びをもとに全力で進めよう
わたくし自身の将来は 今この瞬間にある
今ここで頑張らずにいつ頑張る


退役軍人でホームレスの男の人を、プロのヘアメイクアーティストとスタイリストが変身させるという、非営利団体『Degage Ministries』のプロジェクト。この撮影後、彼は自立に向けての一歩を踏み出したそうです。


IMG_8957
今日は神田に出没です。
今日は前回お邪魔して気に行ったお店です。
ということで今日のお店は「ふくのや」さんです。

住所: 東京都千代田区神田錦町1-15-11 福田ビル 1F
電話:03-3291-2978
定休日: 日曜日、祝日

IMG_8951
お店の外観です。

IMG_8952
店内の雰囲気です。

IMG_8956
メニューです。

今日のオーダー
オムレツライス@720円
カキフライ@200円
みそ汁@50円
計970円
です。

IMG_8954

IMG_8953

IMG_8955
待つこと6分でオムレツライスあんどカキフライの到着です。
どこから見ても下町洋食です。
オムレツがふっくらとしていて美味しげです。
さり気ない焼きコゲがオサレですね。
カキフライは揚げ加減が秀逸です。
みっしりとしたカキが中に詰まっているが一目瞭然です。
それでは実食です。
オムレツは中がトロトロではないですか、玉子に包み込まれた鶏肉はふっくら柔らかです。
美味しいです。
カキフライはジューシーあんど滋味あふれる味わいです。
海の味です。
大満足です。
やはり下町の聖地神田です。
すごい名店がさりげなく生息していました。
また来ます、ご馳走様でした

それでは(^_-)












築地 魚竹 リターンズ

今日は「勘ちがい」です。
勘違い
世の中、百人百様、それぞれに勘違いがあるようです。
ラジオで拾った勘違いをご案内します。
宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

#モロキュー
私は「モロキュー」をもろ胡瓜と勘違いしていました。
正しくは胡瓜にもろみを付けて頂くものですよね。

もろみとは酒・醤油などの醸造で、原料の混合したものです。
また、それを熟成させたもの。まだ粕(かす)を絞ってないものをいいます。
これはありますよね。

#寒風抹殺
寒風摩擦を寒風抹殺だと勘違いしていました。
凍てつく風のなか乾いた布で体をゴシゴシと拭くことにより寒風を抹殺できると思っていました。

でもこれって正しくは「乾布摩擦」なので、この方はまだ勘違いしいます(笑)
通常人間の体は、寒い場所に行くと、体を冷やさないようにするため、毛細血管がギュっと細くなります。
逆に暖かい場所に行けばゆるみます。
このように人体は血管をコントロールし、血の巡りを良くしているのです。
しか〜し現代人は、冬は暖房、夏は冷房といった状況が多いため、本来人体が行う体温調節ができなくなっているのです。
例えば「寒い」と思って上着を着ると、下半身や手足が温まっていないのに、脳が「全身が温まった」と勘違いを起こすのです。
体は温かくなって頭はボーッとするのに、全身は冷えたままです。
そうなると、内臓や関節が冷え、万病の元となるのですね。
ですから、全身に刺激を与え、血行を良くする必要があるのです。
本当は毎日適度な運動をするのが一番ですが、まぁなかなかできませんので、乾布摩擦で肌に直接刺激を与えるのが効果的なのです。

#葛根湯
「葛根湯」をず〜っと入浴剤だと思っていました。

これは本当ですか?
「葛根湯」は一袋7.5gですから、こんな微量では体が温まるわけもなく、これはあきあらかにモッているでしょう。

#ナイタースキー
「ナイタースキー」とは皆が両手に松明を持って滑るスキーだと思っていました。
たまたま北海道に移住して、友達から「ナイタースキー」に誘われましたが、私はボーゲンしかできないので断りました。松明を持って滑っている時に転倒すれば、全身火だるまになりますものね。

これは分るような気がします。
私も北海道は長かったのですが、実は松明を持って滑るスキーは見たことがありません。
そもそも夜になると冷え込みのために雪質がジョリジョリに硬くなるため、滑りにくい事この上ないです。
スキーは朝一番の親切ちがうか新雪スキーが一番です。
これは本当に気持ちが良いものです!

#人間だけど
小学校の授業で人間の次に賢いのはチンパンジーでその次はイルカだと習いました。
で〜もそれでも小学生の自分よりは、大人のチンパンジー、イルカの方が賢いと思っていました。

これは謙虚ですね。
こういう人って好きです、ハイ。

#雨ツブ
雨が降ると大人の人は窓を開け手のひらで雨を受けて「雨だ」と言っていました。
幼少の時分は、そんな事をしなくても自分は雨ツブが見えたので、これは自分だけの特殊能力に違いない、大人には秘密にしておこうと思っていました。

これは分ります。
実際は雨の強さを手のひらで見ているのですが、こういう勘違いっていいですよね。

#7月生募集
ず〜っと「7月生募集」のような「▲生募集」を▲月生まれの人のみ募集しているのだと思っていました。
自分の生まれつきの募集はいつになるのだろうと絶えず見続けていました。

これはちょっとギリではないでしょうか。
でもこのような勘違いって好きです。

#謦咳に接する
これは私の勘違いです。
「謦」も「咳」も咳を意味します。
間近で咳払いをきけるだけでも幸せであるということから、尊敬する人と直接会ったり、話を聞いたりする事を敬って言う言葉なのですが、なぜ〜か私は咳払いしか聞こえないので、尊敬する人をはるか遠くからしか見ている、即ち直接会う事はできませんが、その人の姿は見た事がある、と今日の今日まで思っていました(笑)
他方で謦咳に接する(けいがいにせっする)とは、明晰な人、偉大な人物から直々に風邪をうつしてもらうという、極めてナンセンスな行為であるという曲解もあります。
その曲解の趣旨は「偉人から風邪をうつされると、ウィルスと同時にその偉人が持っている明晰な思考も感染し、自分もまた偉人になれる」というものなのです。
私の曲解の方がまだ受け入れられるのではないかな、と思います。


海外のドッキリ22(水中からゾンビが・・・)


IMG_8788
今日は築地に出没です。
久々に美味しい焼魚でも食べるかということで訪れたのは「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_8785
お店の外観です。

IMG_8784
店内の雰囲気です。

IMG_8786
メニューです。

今日のオーダー「銀鮭照焼(ごはん、みそ汁おかわりサービス)」@800円です。
待つこと3分で「銀鮭照焼」の到着です。
この「銀鮭照焼」は、銀鮭焼、ワカメの酢の物、漬物、おみそ汁(油揚げ・一杯目、なめこ・二杯目)、ごはんで構成されています。

IMG_8781

IMG_8782
それでは実食です。
この銀鮭焼、ふっくらとしており、脂のりがよいため身離れがよく焼けていました。
味ですか、すごく美味しいです。
特に皮の直下についている脂身がたまらなく美味しいのです。
この味は他の追従を許さないでしょう。
そして白眉は酢の物です。
こういうのをメリハリある味付けというのでしょうか、まさに江戸っ子の味というような一品です。

IMG_8783
油揚げの味噌汁はよく出汁がとれており、安定した美味しさです。
当然のことながら二杯目のなめこの味噌汁も頂きましたが、こちらも甲乙つけ難い美味しさです。
いつもこのような安定した味、サービスを供するこのお店はmy favoriteであります。

それでは(^_-)

日本橋 タイかぶれ食堂

今日は「American joke Vol.3」 です。
huhuhu
American jokeって面白いですよね!
笑って下さいm(__)m

#知らぬが仏
不幸な身の上のジョンはある日、孤児院の先生に尋ねた。
ジョン「先生。どうして僕にはパパとママがいないの?」
先生「あなたのご両親はね、ジョン。あなたが小さい頃、黒人の強盗に殺されてしまったのよ」
ジョン「どうして僕は歩けないの?目が見えないの?」
先生「その強盗にひどいことをされたからよ」
ジョンは黒人を恨んだ。全ての黒人を憎んだ。
無理だと分かってはいたけれど、いつか犯人を探してぶち殺してやろうと思っていた。
ある日先生がいった。
先生「喜びなさい、ジョン!あなたの足と目が治るのよ!」
ジョンはまず足の手術を受けた。
そして目の手術をした翌日、ジョンは治ったばかりの足で電車の前に飛込んだ。

#墓石
墓地にひときわ立派な墓石が建っていた。
表面にはこうある。
「偉大な政治家
 精錬潔白な男
 ここに眠る 」
通りかかった老人がそれを見てつぶやいた。
「二人の人間を一つの棺に入れることができるなんて、わしゃ知らなんだ」

#野党体質
激しい与党叩きで有名なA党は、民意の追い風を受けて、ついに第1党を追い落とした。
その日党首は党員たちを集め、深刻な表情で言った。
「知っての通り、今日からは我々が与党だ。
 そこで諸君に聞きたい。
 我々はこれから、一体誰を叩けばいいのだろう?」

#ロス市警
LAPD(ロス市警)とFBIとCIAと言えば泣く子も黙る犯罪取締り組織だが、捜査の腕はどこが一番?という話になり大統領が一計を案じた。
森にうさぎを1匹放して先に捕まえた者が勝ちという競争をやらせてみることにしたのだ。
まずはCIAが入った。森全域にスパイ網を張り巡らし、ありとあらゆる動物と鉱物をしらみ潰しに当たって目撃情報を集める。
3ヶ月の大がかりな捜査の末、うさぎはいないとの結論に達する。
今度はFBIが入った。なんら手がかりが得られぬまま2週間が経過、森を焼き払って、うさぎもろとも皆殺しにしてしまう。
謝罪はせず、出火元はうさぎ、ということにする。
次はLAPDが入った。ものの2時間でボコボコに殴られたタヌキを1匹しょっぴいてくる。タヌキは叫んでいる。
「オーケーオーケー、分かったってば! 俺がうさぎ!俺がうさぎだ!」

#言い訳
会社に遅刻しそうになったジョンは猛スピードで運転する車の中で遅刻の言い訳を考えていた
試行錯誤の末、三つの言い訳を思いついた
〕達と朝まで呑んでたから
¬訝戮迄TVゲームで遊んでいたから
J譴熱を出したので寝ずに看病してたから
ジョンは決めた
「よしっ!H屬」
そして会社に着いたジョンに部長が
「何で遅刻したんだっ!」
ジョンは自信を持って言った・・・
「H屬任后」

#白と黒
教会での結婚式に参列していた小さな男の子が小さな声でママに訪ねた。
「ママ。あの女の人ドレスはどうして白いの? 」
「白いウェディングドレスは,幸福の色なのよ。 人生で一番幸せな日に着るのよ 」
「フーン 」
男の子はしばらく考えて,また聞いた。
「じゃ,ママ。なんで隣の男の人は黒い服を着てるの? 」

#免許証
真面目な警官ボブは、猛スピードで走り抜けようとしたスポーツカーを停止させた。中からでてきたのは、車同様真っ赤なドレスに身を包んだタカビーな感じのブロンド
「免許証をお見せください」
「まあ!ロサンゼルス市警ってなんていいかげんなの!大体、やってることに一貫性がなさすぎるわよ。昨日は免許証を取り上げたくせに、今日は免許証見せろだなんて!」

#プレゼント
「トム、お誕生日おめでとう。プレゼントよ。」
「うわーい、パパママ、ありがとう!」
トムに贈られたのは、本物そっくりのポルシェのゴーカート、最新パソコンそしてアニメDVD30本。
「よかったね、お兄ちゃん。」
「ジョニー、お前の誕生日には何を貰った?」
「僕はミニカーが1つだけだったよ。手に乗るようなちっちゃなやつ。」
「そんなけち臭いものだったのか?へへ、うらやましいだろ?」
ううん、そうでもない。」
「やせ我慢するなよ、羨ましいくせに!」
「でも僕は癌じゃないからさ・・・」


グーグルグラスが発売されます。値段は69,800円ですって・・・


IMG_8742

IMG_8743
今日は兜町に出没です。
ホテルオークラ
最初は東京証券会館にあるホテルオークラレストラン、ニホンバシでコ洒落たlunchをしようと思ったのですが、security checkが厳しくkick outされました。
というのは冗談でどうやらこのレストラン、予約客以外は駄目みたいです。
また証券業界以外の会社でも、利用することはできるようです。

ということで失意の中、踵を返して向かった先は「タイかぶれ食堂」さんです。
以外にタイ料理が好きです。
ちなみにタイに行って喋ならければ、私は現地で外国人に見られた事がありません・・・

住所: 東京都中央区日本橋1-5-6 藤ビル 1F
電話:03-5542-1617
定休日:日祝日

IMG_8752
お店の外観です。

IMG_8748

IMG_8749
店内の雰囲気です。

IMG_8744
メニューです。

今日のオーダー「ガバオ」@690円です。
店内は妙にキレイな日本語を話す店長(もしかすると日本人)とタイ人女性がかいがいしく働いています。
タイの人って礼儀正しいので好きです。

IMG_8747
待つこと3分でスープの到着です。
鶏肉で出汁をとったスープです。
これすごく美味しいですね。
絶妙な塩味に拍手です


IMG_8750

IMG_8751
待つこと11分で「ガバオ」の到着です。
何ですかこの小山は・・・
確認しましたら大盛サービスですって、いらないのに(笑)
結構おおきめの鶏挽肉です。
「ガバオ」は挽肉系が好きなのですが、肉が美味しかったのでno problemです。
甘辛魚醤味に地元とうがらしでおいしい辛みを感じます。
味ですか、美味しいですよ。
タイのほこっりした雰囲気を味わいながらリーズナブルなタイ料理を楽しみたい方にお奨めです。

それでは(^_-)

神田 ど丼がぁドン 4th

今日は「American joke Vol.1」 です。
アメリカンジョーク
American jokeって面白いですよね!
笑って下さいm(__)m

#チェルノブィリ産
お婆さんが市場でトマトを売っていた。トマトには大きな字で「チェルノブィリ産」と張り紙がしてあった。
客「おばちゃん、こんな張り紙したら、誰も買わないんじゃないの?」
婆「お若いの、修行が足らんね。皆、たくさん買っていくよ。」

#出生届
税務署にて
「では次の方どうぞ」
「ママママママママイケル=スススススススミスです。」
「あの、落ち着いて下さい。」
いいえ、私は落ち着いていますが、父が私の出生届を出すときに緊張していたもので」

#毒ヘビ
A「なあ、俺たち毒ヘビだよな?」
B「ん? ああ、俺たちは毒ヘビだよ」
A「・・・」
B「なんかあったのか?」
A「さっき、舌噛んじゃった・・・ ・・・」

#スイカ泥棒
あるスイカ畑の農民は、自分の畑から時々スイカが盗まれるのに困ったので、ひとつ策を施すことにした。
「この中にひとつ青酸カリ入りのスイカがある。」と書いた看板を立てたのだ。
すると、それ以来1つもスイカは盗まれなくなった。
そしてついに収穫の日、農民が畑を見ると、例の看板にこんな張り紙が
「今は2つ」

#妻の理由
裁判官 「あなたはなぜ夫を椅子で殴ったのですか?」
妻 「それは、テーブルがあまりにも重かったからです」

#世界一のきこり
「私は世界一のきこりです。昔はサハラできこりをしていました」
「サハラは砂漠じゃないか、なに言ってんだwwww」
「だから世界一なんだ」

#ブッシュは馬鹿
ジョージ・ブッシュが死んで天国の門番のところにやってきたそうだ。
そこで、門番にこう言われた。
「お前は本物のジョージ・ブッシュか?ならば、証拠を見せよ。アインシュタインがここにやって来たときは、相対性理論について語ってくれた。
ベートーベンが来たときには、ここで運命を演奏してくれた。さて、キミは何をする?」
ブッシュはしばらく考えてこう言った、「ええっと、アインシュタインとベートーベンっていったい誰ですか?」
すると門番は言った、「確かにキミはジョージ・ブッシュだ!疑って悪かったな。さあ、ここを通れ。」

#草食
ある弁護士が道で草を食べている男を見つけた。
弁護士:「どうして草なんかを食べてるんだ」
男:「職がなく、食べる物もなく草を食べているんです」
弁護士:「私の家に来なさい。さあ、車に乗って」
男:「でも、私には妻と二人の子供がいるんです」
弁護士:「かまわない。みんな呼んできなさい」
そういって車にその家族を全員乗せた。
男は弁護士に礼を言った。
男:「家族全員に・・・なんとお礼をいってよいか」
弁護士は言った。
弁護士:「なぁに、かまう事はないよ。うちの家の草は30cm以上伸びているから」

#ブッシュは馬鹿
小学校を訪問していたブッシュ大統領が、あるクラスで質問した。「誰か "悲劇" の例を挙げられる子はいるかい?」
小さな男の子が立ち上がって答える、「隣に住んでる一番仲のいい友だちが道で遊んでいます。そこへ車が来てひき殺されちゃったら、それが悲劇だと思います」
「いや。その場合は、"事故" だろうね」、ブッシュが答えた。
今度は女の子が手を上げた。「スクール・バスに 50 人の子が乗っています。崖から落ちてみんな死んじゃったら、それが悲劇だと思います」
「残念だがね、それはね、"大きな損失" って言うんだよ」、ブッシュが答えた。
教室は静まり返り、誰も手を上げようとしない。
ブッシュが言う、「どうしたんだね、みんな? 悲劇の例を挙げられる子は誰もいないのかな?」
ついに後ろの方に座っていた男の子が手を上げた。そして、自信なさそうに言った。「ジョージ・ブッシュ一家を乗せている飛行機が爆弾で吹き飛ばされたら、それが悲劇じゃないですか?」
素晴らしい」、ブッシュは顔をニコニコさせた。「すごいよ、君。で、教えて欲しいんだけど、どうしてそれが悲劇だと思ったの?」
その子は答えた、「だってこれは事故じゃないし、それに大きな損失でもないと思ったんです」

#ブッシュは馬鹿
トニー・ブレアとジャック・シラクとジョージ・ブッシュがある研究所に集められ
ウソ発見器にかけられることになった。研究者が3人に言った。
「この椅子に座って日頃から考えていることを自由に喋ってください。
もしそれが嘘だったら、ビーッと音が鳴ります」
まず初めにブレアが装置を頭に付け、椅子に座った。
ブレアは言った。
「私はいつも考えています。イラクに真の平和が訪れればいいなと」
「ビーッビーッ」
次にシラクが座って喋り始めた。
「私はいつも考えています。イラクが豊かな国になって繁栄すればいいなと」
「ビーッビーッ」
最後にブッシュが椅子に座って喋り始めた。
「私はいつも考えています」
「ビーッビーッ」

#ハエ
とある男がハエに芸を仕込んだ。
そのハエは賢く、ありとあらゆる芸を覚え、一攫千金も確実と思われた。
男はハエを見せるために、とある酒場へ向かい、マスターの前でハエの芸を見せる事にした。
「おい、マスター。このハエをみな」
マスターはハエを見ると
「おっと、すみませんね旦那」とたたきつぶした。

#ワシントンの桜の木
先生「ワシントンが桜の木を切ったことを正直に話したとき、
   彼の父親はすぐに許しました。
   何故だか分かりますか?」
生徒「はーい。ワシントンはまだ斧を持っていたからだと思います」


すげえ・・・身体の一部があんなことに!衝撃的なマジックが話題になっています


今日は神田に出没です。
たまにはほっこりとしたランチでも食べるかと訪れたのがこちらのお店です。
ということで今日のお店は「ど丼がぁドン」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-5-7 村瀬ビル 1F
電話:03-3293-1010
定休日:日曜日

IMG_8460
お店の外観です。

IMG_8464
店内の雰囲気です。

IMG_8461
メニューです。

今日のオーダー「野菜チーズ煮込み」@780円です。
久々ですね、このお店。
なな何と1年近く来ていません。
ということで久闊を叙しながら奥様と世間話をしていました。
正月は帯広から両親が来てくれたのですね。
東京から帰省すると交通費だけでも大変ですからね。

IMG_8462
待つこと2分でポテトサラダの到着です。
相も変わらずここのポテトサラダは美味しいですね。
味付けもさることながら奥様の実家から送ってくれる十勝産のポテトが良いのでしょう。

IMG_8463
待つこと8分で「野菜チーズ煮込み」の到着です。
野菜の甘さとトマトの酸味とチーズのまろやかさが渾然一体となって、言うに言われぬ味わいとなっています。
とても落ち着いた味わいで美味しいです。
強いて苦言を呈するのであれば自家製チャーシューは少し温めてからのせた方が違和感ないように思います。
でも後半、煮込みの熱で温まりますので、no problemですよ・・・

それでは(^_-)

日本橋 日本橋にぎにぎ一

今日は「Ichiro is so awesome, and intelligent!」です。
イチロー
久々にTVを見ました。
正確に申せばTVはDVDに録画したのを纏めて見ているので放送日と実際にみた日はかなりずれているのです。
見た番組はイチローさんの4000本安打記録をkeyにしてinterviewで纏めたものです。
NHKのBSで放送されたものです。
前からこの人すごいと思っていました。多分この人は実業の世界に転じても成功するだろうなと思っています。
そのsummaryを以下に紹介します。
宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

# 4000本安打
4000本のヒットを打つには僕の数字で8000回以上は悔しい思いをしているのですよね。
それと常に自分なりに向き合っていた事、その事実はあるので誇れるとしたらそこじゃないかなというふうに思いますね。
要は8000回以上悔しい思いをしいて、そこに残るものは、結局なんでできないんだ、と言っている自分なんですよね。
4000本を打った瞬間はうれしい、満足感、達成感もある、チームメートも祝福してくれた。
しかし4000本をトータルで打った自分は楽しくない。
1本もヒットを打っていない入団発表の時の18歳の自分は、バッテイングはメチャメチャ楽しいと、答えている。
失敗を自分の中に刻みこんでその中でだしていく、それが18歳のよどみなく楽しいと言った自分がプロになったんだなという瞬間です。

この4000本を記録した本年のイチローさんは先発から外れていて9対1の負け試合にも代打に出された屈辱もありました。
本年は極めて不調なために扱いもそのように低いものだったのです。
実際に4000本を打ったのはその代打の数試合後の試合でした。
4000本のヒットではなく8000回の失敗、周りからの称賛ではなく心の内の悔しい思いが彼の心の反発力となっていたようです。
失敗と屈辱を体に刻みこむ事、それが彼の哲学的なbehaviorなのです。

# 自分の弱さ
自分の弱さしか感じない。
それと向き合う自分がいて、それを弱さというならそうかもしれない。
例えばうすいピンク色Tシャツを着てクラブハウスに行くと選手は馬鹿にする。
何でお前はそんな女みたいな服を着てきて、と言われるんですよ。
でもそれを言われた次の日は、もっと濃いピンクの服を着て行くんです。
それを弱いなと思う人もいるけれど、弱いからそれをしているんですよ。

これは聞いていてわかりにくかったのですが、人間の強いところと弱いところは表裏一体で、要は強いと見るか弱いと見るかは視点の切り替えなのだと読み変えたのですが、この理解で合っているのでしょうか・・・
Typicalなイチロー言葉です。

# スランプ
スランプになると普段続けた事を放棄したくなる。
ストレッチとかやりたくなる瞬間が表れる。それをすると僕を支えてきた僕が崩壊してしまうと想像したのでそこまでは続けた。
それを放棄すると、今までやってきた自分を否定しなくてはいけない。
それをやってしまうと僕の事を真面目に見続けてくれた人の気持ちを踏みにじる。
それは頑張りましたね。これは努力ではないかと思いますね。

スランプの時には誰もが行動が鈍くなります。
それをイチローさんは、なすべき事をなす、で乗りきってきたようです。
なかなか含蓄ある言葉です。

# 常在戦場(ヤンキースチームスッタフ アレン・ターナーのinterview)
もうヤンキースはプレーオフに出られないってわかっていまして、ベテランの選手はほとんど試合に出なかったんです。
スターティングメンバーに入ってなかったんですね。
イチローさんもスターティングメンバーに入ってなかったんです。
でもイチローさんはもうとにかく最後の最後までずっといつでもいける準備をしていたんです。
みんなそれを見てびっくりしていたんです。
というのは他の選手、他のベテラン選手はスパイクも履いていない。ユニホームも着ていない。
たまたまその試合が延長14回までいったんです。延長14回までいって、14回の表イチローさんは、バットを持って素振りをしているんです。ロッカーで。
少しでもその可能性があるんじゃないかと思っているイチローさんは、最後の最後まで準備をして、そしてその試合が終わってシーズンが終わったんですけど、あれがイチローさんですね。
失敗した時でも成功した時でもサヨナラホームランを打った時でも三振した時でも、何があってもコンスタントにやり続けるイチローさんがいるからこそ4000本という数字があるんじゃないかなというふうに思いました。

このエピソードなかなかできるものではありません。瞠目しました。
常在戦場ですか、自分も見らなわなくてはいけないと強く思いました。

# 精密な準備(ヤンキースバッテイングコーチ ケビン・ロングのinterview)
イチローほど準備にこだわる選手は見た事がない。まるで宗教の儀式を見ているようだよ。
全てはその日の試合のためなんだよ。
イチローは毎日必ず6時15分にバッテイングゲージに来る、1分の狂いもなくね。
時計を確認して6時10分だとわかると「まずい、後5分でイチが来てしまう」と焦ってしまうんだ。
練習が終わるのは6時19分から20分の間だ。
きっちり同じ回数だけバットを振るんだ。
ここまでくるとほとんど精密機械のようだよ。
イチローはメジャーリーガーとしては非常に小さい体をしている。でもその体は強靭でありとても柔らかい。
162試合すべてに出場できるよう鍛えられているんだ。
毎日の精密な準備がそれを可能にしているんだよ。

なぜかこの件(くだり)は「巨人の星」の星飛遊馬を彷彿していまいました。
本当にたいしたものですね、感心しました。

一時間のinterview番組でしたがイチローさんの修行僧のようなストイックな練習姿勢にはあらためて瞠目しました。たいしたものです。
少し気になったのは、所謂イチローさん語り、言い換えればイチロー語録は完璧に言葉を選んで話していますね。
そのためか頭に浮かんだ単語を核にして言葉の穂をつなげて話すものでから、話が理解しにくいところが多々ありました。
それとたまに出てしまう普段の語り口があまりにも雑なので、そのイチロー語との落差が楽しめました。
野球以外は普通の41歳のオジサンの様です。
プラ〜スイチローさんは「瞬間」という言葉が口癖です。
強調するときは必ずこの「瞬間」という言葉がでてきていましたので・・・


今日は日本橋に出没です。
今日は忙しいのです、いつもか(笑)
ちゃかちゃかと食べられるお店を探していましたらありました。
今日のお店は「日本橋にぎにぎ一」本館さんです。

住所: 東京都中央区日本橋1-5-6 藤ビル 1F
電話番号:03-3527-9946
定休日:日曜日

IMG_8450
お店の外観です。

IMG_8455
店内の雰囲気です。

IMG_8451

IMG_8457
メニューです。

今日のオーダー「其の二」@1,000円です。
板さんはまるで漫画の「味いちもんめ」に出てきそうな風格のある初老の方です。
見るからに美味しそうな寿司を握って頂けそうです。

IMG_8452
待つこと1分で付出しです。
牛肉の大和煮です。
これは美味しいすぎです。
甘辛い味付けと肉のホロホロ感がたまりません。
で〜もこれだけ美味しいとこの美味しさが後から出てくる寿司の美味しさを掻き消しそうな感じがします。

IMG_8454

IMG_8456
待つこと7分で寿司の面々の登場です。
まぐろ、ほたて、あじ、かつお、いか、さば、白身魚×2貫、うに手巻きです。
シャリは赤酢でしめています。
むらさきは煮切りをネタの上にぬっています。
立ち食いでなければさらに良かったのですが・・・
もともと江戸前の寿司は立ち食いでしたので粋に食べましょう。
味ですか、想像以上に美味しいですね。
一貫@100円の味ではありません。
多分ここは日本橋の穴場でしょう!

それでは(^_-)

神田 デビルクラフト

今日は「お寺と神社の違い」です。
「お寺と神社って何が違うのですか?と聞かれたのはいいけれど答えられなくて困っています」
という質問がyahoo知恵袋にありました。
なるほど、良い質問ですね。
ちょっと私なりに考えてみました。

まず仏教ですが、まず仏とは悟りを得た人全般を指します。
釈迦はシャーキヤ族のガウタマさんという個人を指します。
ガウタマさんは悟りを開く事の天才でもあることから当然のことながら悟りを開かれていますので仏でもあります。

お寺は、日本の場合は大抵、仏教の関係の場所です。
お寺にはお坊さん(和尚さん)がいます。仏像や銅像などもあります
お参りの時に手を合わせて拝みますが決して柏手などは打ってはいけません。
そのような罰(ばち)当りな事をした方には仏罰がふりかかります!
そしてお坊さんは何故か肥えた人が多いです。
お布施のなせる技でしょうか。それとも般若湯か?

それに対して神社は神道(しんとう)のための場所です。
神社には鳥居があります。神主、巫女、狛犬などがいます
イタコには口寄せ(神仙や死者・行方不明者の霊などを自身に乗り移らせてその言葉を語ること)巫女がいますが神社ではありません。
ここは不思議なところです、東北弁しか話せないイタコなのに、なぜか外人の口寄せの際はその外国語、多分全世界の言語を瞬時に訳して東北弁で話すことができます。
ちなみに私はお酒を飲む時に升への口寄せができます・・・
お参りの時には、二礼二拍手一礼、という作法があります。
そうそう特に神社では被りもの(帽子等)は外してお参りしてください。
神様はとくに穢(けが)れたものを嫌いますので、帽子等をかぶったままでお参りするのは畏れ多い行為にあたります。そのような無礼な事をした方には必ず神罰がふりかかります!
そして神主さんは何故かやせた方が多いです。
低成長経済になって地鎮祭等が減ったからでしょうか?

ちなみに、なんでお寺と神社が紛らわしいのか、と言いますと、第二次世界大戦後に日本がアメリカの占領下になった際にGHQが神道に対して、弾圧および廃止などを行ったので、そこから逃れるために神社らしくない神社にした場所が多くあるから、ということらしいです。
それは皇室が神道と密接に関わっているからです。
アメリカが行った神社・神道に対する制限は、天皇崇拝をやめさせるための策だった、ということのようです。
さらに付け加えますと、神道は八百万(やおよろず)の神様という概念から仏教も下部組織の一つにしていますのでさらにややこしいのです。

鬼子母神
個人的に混乱したのは雑司ヶ谷の鬼子母神(きしもじん)です。
神がついているので神道かと思いきやこの神は仏教系の方なのです。
その昔、鬼子母神はインドで訶梨帝母(カリテイモ)とよばれ、王舎城(オウシャジョウ)の夜叉神の娘で、嫁して多くの子供を産んだのですが、近隣の幼児をカニばる(cannibalize)悪癖があったのです。
所謂自分に優しく他人に厳しいという女性特有の性格の方だったのです。
それを見かねた釈迦さんがその末の子を隠してしまい猛省を促しました。
その顛末として更生したという方なのです。その為に筋は100%仏教系なのです。
私は若い時はこの鬼子母神に行くといつも柏手を打っていました。
しか〜しそれは大きな間違いだったのです。
さら〜にこのお寺は入口が多いために鳥居がないことを気付かせない構造にもなっていたのでした。

最後にこの両派は新興宗教に厳しいのです。
なにせ1000年以上前から民衆から守り賃とって生業(なりわ)っていますので、新興宗教はショバ荒らしにしか見てないようです。ですので、もし貴方が、貴女が新興宗教をこの両派の近隣で起こす際には菓子折等をもって挨拶をしておかないといけません。
もしなさらなかった場合は、仏罰、神罰に加えて反社会的勢力の方々が行うような示威行為をうけるかもしれませんよ・・・


海外のドッキリ(巨大隕石が落下し人類が滅亡する?)


今日は近所のカナダ人が、日本で一番美味しい、と言い切るピザ屋さんに行ってまいりました。
そのお店の名前は「デビルクラフト(Devil Craft)」さんです。
彼曰く、外国人の友だちの輪の店、だそうです。

住所: 東京都中央区日本橋室町4-2-3 石川ビル 1〜3F
電話:03-6265-1779
定休日:不定休

IMG_7774
お店の外観です。

IMG_7775
メニューです。

IMG_7780

IMG_7781

IMG_7778

IMG_7779
店内の雰囲気です。

本日のオーダー「デビル・ワークス&コーヒー」@1,550+@400=1,950円です。
ビール好きアメリカ人が共同オーナーで成功しているアメリカンテイストなシカゴピザをうりにしたビアバーです。
私は時間が早かったので1Fのカウンターに座りました。
まだ19時前後だというのに皆さんかなりメートルがあがっているようです。
普段は外人率が極めて高いそうですよ。
しか〜し今日はやっとかめ状態の女子会の集まりの団体が一角を占めていたので、名古屋人比率が高かったのでした。
それ以外は常連さんです。
常連さん達は、一見の客がこのお店の中の会話に、気軽に張り込めないような参入障壁オーラを出されていました。
ちょっとこのような雰囲気は苦手です。
I am a little shy nanode・・・

IMG_7776

IMG_7777
待つこと27分で「デビル・ワークス」の到着です。
この27分の間、普通はクラフトビールを楽しむのですが、私は停酒中なので暇を持て余していて、周囲の方々の話に耳を傾けていたのでした。
このピザのトッピングは、チーズ(モッツァレラ、ゴーダ、パルメザン、プロボローネ)、フレッシュトマト、マッシュルーム、紫玉ねぎ、ほうれん草、マッシュルーム、ピーマン、オリーブ(スタッフド&ブラック)というボリューム感です。

見た目、きれいなパイじゃん、です。
かなりの空腹感もあり早速にいただきました。
ピザ自体は熱々でなくて熱ムラもあります。
トマトソースは刺激的な味わいです。
味ですか、美味しいのかな〜、っていう感じなのですね。
はっきり言えるのは日本ピザの味わいではありません。
ホールスッタフさんのお話によりますと、アメリカ人はシカゴで食べたシカゴピザより日本で食べたシカゴピザの方が美味しくてその逆で日本人は日本で食べたシカゴピザよりシカゴで食べたシカゴピザの方が美味しい、と笑いながら話をしてくれました。
本場のシカゴピザは食べたことがないので比較はできないのですが、シカゴピザの特徴でもある熱々でない点が私の感性に合いませんでした。つまりあまり美味しくは感じられませんでした。

ホールスタッフの方からは、お店に入ったら必ずone drinkのorderをお願いしますと、言われて頼んだのがコーヒーでした。これがまたぬるいのです。所謂シカゴスタイルです。
為念、帰り際にそのことを聞きましたら、コーヒーは機械の調子が悪くてぬるくなってしまった、とのことでとした。
ということで今日の私のkeywordは“ぬるい”だったのです。
なんだかなぁの日でした(悲)

それでは(^_-)

続 神田 THE有頂天酒場

今日は「ポジティブ視点」です。
ごちそうさん
「魚島季節(うおしまどき)の挨拶」。急用ができたからと挨拶まわりに出られなくなった和枝は同行せず、め似子はひとりで鯛を持って挨拶まわりをはじめましたが、どの家に行っても鯛は受け取ってもらえず門前払い。

実は、和枝は、め似子に先駆けて誰にも気づかれぬように、鯛を親戚縁者の各家にすでに送っていたのです。しかも、め似子のことを悪く言う手紙まで添えて。

め似子の用意した鯛は拒絶されて、手元に鯛が残ってしまった上、今度は和枝が密かに贈った鯛のお返しとして、鯛が次々と西門の家に届けられて来たのです。

大量の鯛をめ似子はすべて使い切ろうと、師匠(近藤正臣)に助けを求めに行さました。すると、師匠は一冊の本を貸してくれました。「鯛百珍」という鯛料理の虎の巻です。

ありとあらゆる鯛料理づくりに励むめ似子に、静(宮崎美子)や希子(高畑充希)も面白かって手伝いはしめました。

そうして出来上がった数々の鯛料理を、悠太郎も加わって堪能し、和枝の策略は不発に終わってしまうのでした。
「『ごちそうさん』第七回第42週『たいした始末』」最新エンタメ情報より転載

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」を「あまあちゃん」ロスをいやすために例によって毎日深夜01時頃奥様とみています。
正直に申しまして「ごちそうさん」は「あまちゃん」より面白いのです。

めいこ
当初は単なる大阪嫁いびり物語かと思いきや、そうではありません。
要は「細腕繁盛記」の大阪版ではないのです。
特に今日の放送のようにネガティブ視点をポジティブ視点に変えて見る、視点を変えると違う物が見えてくると言うメッセージは非常に心に染みわたりました。
具体的には今日め以子が言っていたこの件(くだり)です。

これが本当の始末か・・・
美味しく食べる方法はあるのよね。
骨も腸(わた)も人もきっといっしょだよね
骨は食べられないけどいい出汁(だし)がでるし、腸(わた)は扱いにくいけどその分珍味になるし、いやなとこって、見方ひとつっていうか、あつかい方ひとつっていうか、きっとそういう風にすれば楽しいおうちになるのよね。
今日みたいにごはん食べられるのよね。

要は学校教育のように間違えを恐れ、完璧主義で生きることではなく、どうやったら自分の人生を面白くできるかに集中すべきということなのでしょう。
そんな生き方をするためにまず必要なのは、物事を近視的な眼でその表層を見るのをやめることです。
視点の切り替えを行う、換言すれば短所の裏返しは長所になるということなのです。
欠点だけを見つめていては視野狭窄になり、その中おいて二次元的、相対的な価値を考えても人生はエキサイティングになりません。
視点を切り替え俯瞰することにより、短所の中に埋没していた長所を浮き彫りにすることで、問題点が明確になり、その解決の糸口をみつけることができるのです。
その糸口さえ見つけることができれば、今日のめ以子の様な幸せな気持ちになれるのです。

特に日本人は右顧左眄(うこさべん)的性癖から人からどう見られるか、人と比較して自分はどうなのかを気にしすぎる傾向があります。
そのために「こうあるべき」といった画一的な価値観に縛られてしまい、自由な行動を自ら妨げてしまうのです。
自由な行動を促すためには、短所の裏返しは長所であるという極めて当り前の定理に戻るべきなのです。


鉄拳さんの「家族の話」です。じんわりと心が暖かくなること請合います。



IMG_7681
今日は神田に出没です。
今日の昼食は15分で食べなければなりません。
ということでせっかち飯を頂くのはこちらです。
今日のお店は「THE有頂天酒場」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田3-5-1 大蓄ビルB1
電話:03-5577-5622
定休日:土・日曜日、祝日

IMG_7783
お店の外観です。

IMG_7793

IMG_7788 - コピー

IMG_7789
店内の雰囲気です。

IMG_7782

IMG_7787
メニューです。

今日のオーダー「元祖!とりテキ定食(スタミナガーリック)ご飯お替り無料・全品ドリンクバー付」@750円です。

IMG_7790

IMG_7792
待つこと9分で「元祖!とりテキ定食」の到着です。
見た目、ポテトチップスがのっているかと思ったらフライドガーリックじゃん、定食です。
なにか圧迫感ありますね。
気を取り直して実食です。
できたてですので熱さは充分すぎます、というかtoo hot!です。
このとりテキは軽い衣がついています。
聞くところによりますとこの「とりテキ」は、三重県ご当地グルメの「とんテキ」をアレンジしたものだそうです。

味ですか、もう少し衣が美味しかったらイケましたのに、で〜もまずまずの味です。
やはりここの名物「から揚げ」に比べますと格が落ちますね。

IMG_7786
ドリンクバーがあったので個人的には満足です。
せっかち飯なのに多くを求めてはなりません(笑)

それでは(^_-)

日本橋 金子半之介

今日は「たまには小噺など如何ですか?」です。
立川志の輔
◆其の壱
「先生、あのー、右足が痛いのですけど」
「どうしました?すぐに診ましょう。
・・・・・・ああ、たいしたことありませんよ。
年のせいでしょう」
「年のせい?いい加減な診断しないでもらいたいねえ」
「いや何も悪いところはない、お年のせいだといっているんです」
「右足の痛みが年のせいなら、左足だって同い年だよ」

◆其の弐
「また忘れたのか、おまえは!学校に来るのに鉛筆を忘れてくるとは何事だ!鉛筆を忘れた生徒というのは、戦場で鉄砲を忘れた兵士と同じじゃないか。馬鹿者!
お前は戦場で鉄砲を持っていない兵士を見たら、なんだと思う?」
「ええっと・・・・・・、大将だと思います」

◆其の参
宗教観が違うといのうは面白いことでしてありまして。
「死語の世界はあると思いますけれど、日本はどうなんですか?」
「日本には、あるという人とないと言う人がいるねえ」
なんて話してまして
「死語の世界はあるって言う人もいるんだよ、常に死語の世界に行っているという人もいるんだよ」
「(丹波哲郎の真似で)死後の世界は、あ〜る」
もう丹波さん、ずーっと言ってますもんね。あんなにおおらかに言い続けられることは、幸せなことでありますなあ。
楽屋でお会いでしても必ず言いますもん。
「死語の世界は、あ〜る」
「いらっしゃったんですかあ?」
「私などは日に三度も四度も行ったり来たり、行ったり来たりしてる」
「はあ〜。どんなところですか」
「素晴らし〜いところだ」
「へえ〜。私たちは行けないんですか?」
「あなただって行こうと思えば、行けます。目を閉じて五つも数えてごらんなさい。
すぐに見えてきます。いち、にぃ、さん、死語」
なんてね。
「志の輔旅まくら」立川市の輔著より転載

如何でしたか?
ちなみに◆其の弐は北朝鮮で演(や)った時には大ウケだったようですよ。


IMG_6790
この画像の方は私の高校の剣道部の大々先輩です。
伝説の先輩です。
普段は稽古に来ないのですが、夏休みの強化合宿なんかにはぶらっとやってきて稽古をつけてもらっていました。
体は小ぶりですが当りが強くてよく打ちこみの後に腰が入っていませんと跳ね上げられて思い切り床に叩きつけられていました。
この先輩の伝説の武勇伝は数多くあり書くと紙面がたりなくなるのですが、私を含めた同級生は卒業後まちがいなくその筋の関係にいくと思っていました。
しか〜し人生にまさかという坂があります。
私の高校は進学校でもあったことから、この先輩は少し勉強したら運よく?筑波大学に入ってしまったのです。
その後の音信は全く分からずじまいだったのです。
ところが最近にわかにその動静がわかったのです。
なな何と母校の校長先生になっていたのでした。
本当に、マジすかです。
皆さんもこの画像のbefore⇔afterを見くらべてください。
別人ですよね(笑)
このような表情になるにはさぞかしご苦労されたのでしょうね・・・
ちなみになんでTVに出たかというと、この先輩はアルフィーの坂崎先輩と同級生で、坂崎先輩が生まれ故郷に帰るみたいな番組にでたときに友情出演されたのですね。


ミシガン州で未だかつて見たこともない不気味な雲が発生し、住人を震え上がらせております。発生した雲はいくつものボコボコとした泡のようなものが無数に散らばり、かつ夕日に照らされ非常に不気味な形状をしています。撮影者はこの光景にあまりに驚き「クレイジースカイだ!」と驚いているのです。果たしてこの雲は何かの前兆なのかそれとも単なる気象現象なのでしょうか。



IMG_6751

IMG_6750
今日は日本橋に出没です。
いつもの通りlunchtimeには食事をとることができずlate lunchとなりました。
それであれば、いつも行列の「金子半之助」さんに伺うことにしました。
今日のお店は行列King「金子半之助」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋室町1-11-15
電話:03-3243-0707
定休日:不定休

IMG_6741
お店の外観です。

IMG_4923

IMG_6742
ちなみにいつもはこのような行列です。

IMG_6739
メニューです。

IMG_6744

IMG_6746

IMG_6747
本日のオーダー「江戸前天丼+味噌汁」@880+@100=980円です。
待つこと12分で行列天丼の着丼です。
見た目、はみだし天丼、です。
天丼タネは、穴子、海老2尾、シシトウ、かき揚げ、卵、海苔です。
ちょっと食べにくので小皿にタネを移動してご飯とタネを別々にして食べることにしました。
すだちの皮がご飯の上になにげに乗っており気配り充分です。
しか〜し香りは弱いですね。
最初に頂いたのは大ぶりな穴子です。
衣はかなり硬めです、サクサク感なしです。
それに引きずられてか穴子はジューシー感なしです。
油切りが上手いのか油っこさはあまり感じらないのに反比例して衣のパキパキ感を強めています。
折角の穴子が割をくっていますね。

IMG_6749
ご飯がかためです。これも悪印象です。
それと丼の保温のために二重底にしているとのことですが、ものは言い様でそのperformanceがはっきりしなければ単なるかさ上げじゃないですか、といいわれても仕方ないような気がします。

天つゆはかけ回しがたりずちょっと物足りない感じです。
個人的には天つゆを天ぷらのタネにかけまわすより、揚げたて天ぷらを熱々天つゆにくぐらせた方が好きです。
白眉は卵の天麩羅です。
これは美味しかったですね、初体験です。

IMG_6748
ガリ牛蒡もnice assistでした。
これが一番美味しかったりして、嘘です盛っています・・・

一度だけなら並んであげる♪のようなお店です。
勿論「てんや」さんよりは数段美味しいですよ、誤解なさりませぬように・・・

それでは(^_-)

茅場町 ジュジュ分家

今日は「応援團にはまりました」です。



まずはこのblogで有名な星川大輔さんのyoutubeでのコメントの紹介です。
みなさま 新郎でございます。
閲覧・コメントありがとうございます。
奥様確かに引き気味ですね(笑)。一生のお願いということで我がまま言わせてもらいました。
関係者の方々のご協力あっての開催でしたが、本当に一生の宝物となりました。
この時妻のお腹にいた新しい命はいま2歳の娘になっています。
いずれチア入ってくれたらいいなどと淡い期待をしております。
また折を見て閲覧・楽しんで頂ければと思います。

星川さんは現在江東区にある某一部上場通販商社に勤務の様です。
MCをしていた奈良橋さんは大手銀行に勤務の様です。
いずれにしてもお二人とも活躍の由、大変結構なことです。

アホな私は本日暇にまかせてエールを20分程きっていたら思いもかけない筋肉痛になり腕が上がらなくなってしまいました。想像以上に筋力がいるのですね。

この土日の二日間六大学の応援團(除東大、立教)を詳(つまび)らかに見た結論として、私にとって最高にかっけー応援團の絶巓は法政大学でした
理由は運動量、キレともども最高です。プラ〜ス馬鹿さ加減も群を抜いています。
その次に明治大学、特に“狙い撃ち”の拍手連打の運動量は眼を見張るものがあります。
ついで慶應大学、そしてベッタは早稲田大学です。
早稲田は直線のエールが少なくて、私の感性にあいません。
どうでもいいことですが、六大学の応援團員って他大学の応援もできるのですね。
これにはちょっとクリビツでした。

応援團はいいですね。
感覚が神輿を担ぐのに似ています。
でもこれは見ているよりやっている方が楽しめそうです。
かなりのアドレナリンとかエンドルフィンがでまくりそうです。
だからハマるのでしょう。

しか〜しこの一連の動画は結婚式でしょう。
厳粛な結婚式より余興の六大学応援合戦が主になって・・・
本当にいいのだろうかと悩んでしまいました。
いずれにしても、この一週間、応援團の応援にすっかり楽しませてもらいました。
とても楽しかったです、ハイ。
こんなblogを書く日もあります。


IMG_5912

IMG_5913
今日は茅場町に出没です。
今日のお店は2013年06月15日ONAIRの「アド街ック天国」で24位にランクインした「ジュジュ分家」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋茅場町3-1-4
電話:03-3662-5288
定休日:日曜、祝日 年末年始(12/29〜1/4)

IMG_5921
お店の外観です。

IMG_5917
店内の雰囲気です。

IMG_5916
メニューです。

今日のオーダー「冷やし豚そば」@850円です。
まずは「アド街ック天国」の紹介からです。
もつやきが評判の居酒屋ですが、お昼は豚そば専門店。「豚つけ」の麺はラーメンかと思いきや、日本蕎麦です。茹で上げると400gを超える麺は、田舎蕎麦風の平打ち麺。豚肉をごっそり投入するつけ汁は、鰹や鯖の濃厚な出汁がきいています。ビジネスマンのスタミナを支える大満足ランチ。使い放題の卓上の天カスは、ツユではなく麺にまぶした方が食感を楽しめます。

"ジュジュ分家"というくらいだから勿論本家もあるようです。
本家は新川から箱崎の方へと渡る湊橋近くの「東京JUJU」さんです。
和洋折衷の居酒屋ダイニングからどんな経緯で豚そばが創出されたのでしょうか?

待つこと10分、入店です。
お店は調理×1人、洗い場×1人、ホール接客×1人の計3人で繰りまわしています。
待つこと18分で「冷やし豚そば」の到着です。
見た目、美そば、です。

IMG_5918

IMG_5919

IMG_5920
実食に入る前に卓上の天カスをかけ回します。
それでは実食です。
ウン、美味しいですね。
しか〜し平打ち麺は食べにくいです。
それと曖昧な汁(つゆ)に後半飽きてきます。
全体的には美味しいのですが、なんでこのような主張のない汁(つゆ)にしたのでしょうか・・・ちょっと悩みます。
豚肉がかなり美味しかったのでこれで相殺ですか(笑)
ちょっと評価に悩む一品でした。

それでは(^_-)

茅場町 オステリア ウネット

今日は「Staying in a Ryokan」です。

以下はこの動画を見た外国人の反応です。日本の旅館に魅了される外国人って結構多いみたいです。
旅館は日本食や温泉、畳の部屋で布団で寝るなど、日本文化の真髄を味わえるのが人気のポイントなのかもしれませんね。
それではLet’s get started!

◆インドネシア
父親と日本に旅行に行く度に旅館に泊まってるんだけど、旅館はとってもリラックス出来る素敵な場所だよね。

◆アメリカ
旅館は日本を体験するのに一番素晴らしい場所だよね。初めての人にとってもオススメ出来る宿だね。

◆イタリア
このビデオは最高だね。
いつか日本へ行く時の旅館選びの参考にもなったよ。

◆アフガニスタン
ちょっとちょっと・・・この動画の人さぁ・・・湯船に入る前に体は洗うんだよ!
いや、まぁそれにしてもこの旅館はとっても開放的で素晴らしいね。

◆アメリカ
日本の温泉や銭湯って他の人が入って来た時にちょっと気まずい感じになりそうだよね・・・

◆アメリカ
恐らくこの旅館は安くはないだろうな。
それと他人と裸でお風呂に入るのに抵抗があるのってアメリカ人には結構多そうだけど、
北欧とかのサウナ文化のある国や日本じゃ皆でお風呂に入るのは当たり前なんだよね。
これは本当に慣れの問題だと思う。

◆オーストラリア
日本の旅館に行った時に例え外国人であっても湯船には裸で入るんだって言われたわ(笑)
確かにスッポンポンで入るのは慣れが必要だよ。

◆ハンガリー
旅館に行ったことあるなんて羨ましいわ〜。

◆ベトナム
旅館のスタッフってまるで母親のようだね、食事を持って来てくれたり、布団の準備までしてくれたりとか(笑)

◆アラブ首長国連邦
旅館で働いてる女性スタッフ達って物凄く礼儀正しそうだね。

◆日本
このリポーターは日本の文化や言語、食事や挨拶の作法などとても理解がありそうで素晴らしいね。
しかし最近じゃ多くの日本人がこのような伝統的な旅館よりも、西洋スタイルのホテルを好む人が多いってのは皮肉だよね。

◆アメリカ
旅館は西洋風のホテルよりも高価だって聞いたんだけど本当?

◆日本
大体夕食と朝食がついて100 $〜300 $くらいからって感じだね。
でもホリデーシーズンによっては200 $〜500$くらいと高くなることもあるよ。

◆ペルー
旅館ってどこもこんな感じなのか。
凄過ぎるね最高だよ!

◆カナダ
いや、全ての旅館がこういう感じという訳ではないよ。
むしろこの動画の旅館はかなり豪華な方だと思う、自分の経験からするとこの旅館は一泊400$クラスだと思う。

◆日本
日本には旅館は沢山あって安い所なら70$くらいのとこもあるし、高級なとこだと一泊400$とか500$したりもする。まぁどういう旅館を選ぶかは人それぞれだね。

◆ペルー
自分は安めの旅館に泊まろうと思ってるんだけど・・・どう思う?

◆日本
おすすめするとしたら、観光ガイドに載ってる旅館の中でも中級クラス以上の旅館がいいかも。
あんまり値段の安い所だと失望してしまうかも知れないからさ・・・。
だから一泊200$前後を目安に決めるといいかも。

◆ペルー
そっかぁ・・・一泊200$は正直キツイ。
自分はバックパッカーとして行くつもりだからさ。
多分だけどユースホテルに泊まろうかなって考えてる。

◆カナダ
昨年行ったけど、ある程度のまともな旅館に泊まりたいなら一泊200$はみておいた方がいいよ。
100$くらいのとこもあるけど、やっぱ安っぽさがあったりする。
ちなみに高級なとこだと一泊800$とかする旅館もある。

◆アメリカ
旅館は一回泊まってみたいわ、スタッフが英語を話せればだけど・・・。

◆アメリカ
アメリカに住んでる12歳だけど、夢は日本へ行くことなんだ。

旅館で温泉に浸かり美味しいお酒や料理を楽しみ至福の時を過ごす、これはきっと素晴らしい思い出になりそうですね。
「海外反応!I LOVE JAPAN」より転載

この動画のリポーターは日本語が上手いですね。
以前にもこのような日本探訪企画にでていたような記憶があります。
ところで外国人は裸の付き合いは苦手なようです。
といいますのも彼等は家族といえども一緒にお風呂に入ることはないようです。
正確にいえば子供の頃を除いてですがね。
以前カナダから日本にきた姉妹が温泉に一緒に入るのにとても緊張した話を聞いたことがあります。
でもそれも緊張していたのは最初の5〜6分位らしくて、お互いの裸に慣れてきたら、昔に戻ってかなりはしゃいでしまった、と言っていました。
さらに付け加えますと、外国人は日本の温泉の温度の熱さにかなり驚くようです。
はっきり言って彼等にとってこの熱さは未体験温度なのです、ハイ。
それに旅館で浴衣を着て記念写真を撮るのが外国人旅行者の間では最近のboomの様です。
確かにまごう事なき日本旅行の記念ですからね、その気持ちはよく分かります。

旅館ですか、最近いっていませんね。
理由は料金が高いことでしょうか、プラ〜ス仲居さんに気を使うのに疲れますネ。
昔は旅館が安かったので、宿泊する場合のほとんどが旅館でした。
逆にその当時のホテルの値段は高かったのです
温泉で泳ぐのがたのしみでした。
旅館にはかならずゲームセンターがあり良く遊びました。
まさにレジャー施設そのものといってよいでしょう。

ちなみに我が家族がよくいってたホテルは伊豆高原にあるヴィラージュ伊豆高原 でした。
ここは住友不動産がバブルの時にリゾートマンションとして売り出されたのですが販売不調によりリゾートホテルとして再生したのです。
ここは、料理は美味しくて、温泉はかけ流しで、プールはすごく綺麗だし、アミューズメントは充実していたし、とても良かったですよ。
料金は当時会社の福利厚生等の利用で@5,000円位でしたが、今では普通に予約すれば@25,000円位になっていたのですね、ちょっと高いですか(笑)


IMG_5845
今日は茅場町に出没です。
2013年6月15日(土)に“アド街ック天国”を見ていたら琴線に触れるお店がありました。
今日たまさか茅場町に行く用事ができたので立ち寄りました。
今日のお店は「オステリア ウネット」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋茅場町3-4-8 山本ビル
電話:03-6206-2129
定休日:日曜・祝日

IMG_5836
お店の外観です。

IMG_5842

IMG_5839
店内の雰囲気です。

IMG_5837

IMG_5838
メニューです。

IMG_5840

IMG_5841
今日のオーダー「白のラグーソースパスタ(豚肉をたっぷりの野菜とハーブでじぃ〜くり煮込みました)」@800円です。

まずはアド街よりお店の紹介です。
“日本初のトリッペリア”と謳います。“トリッペリア”とは、イタリアでいうモツ料理中心のイタリアンレストラン。人気メニューのモツ煮込みは、“Rosso(赤)”と“Bianco(白)”の2種類から選べます。濃厚な味がお好みの方は、トマトベースでブルーチーズと味噌のコクがアクセントの「モツ煮込み Rosso」がオススメ。「モツ煮込み Bianco」は、サワークリームと豆乳でマイルドです。名物は、イタリア・フィレンツェで人気の屋台フード「ランプレドット」。ギアラ(牛の第四胃袋)を香味野菜とブイヨンでトロトロに煮込んだ一品です。

待つこと15分で「白のラグーソースパスタ」の到着です。
見た目、寂しげパスタかな、です。
それでは実食です。
平打ちパスタにこげ茶色のホロホロした肉がのっております。
パスタには粘度の高いソースがからんでいてパスタの個性がでていません。
チーズをソースとあらかじめからめているのでフォークにチーズの固まりがやたらこびりつきます。
味ですか、かなりガッカリです。
決して不味くはないのですが、特筆するものはありません。
普通の平べったい味のパスタでした。
実はモツ好きなのでlunchが美味しかったら、dinnerにギアラ(牛の第四胃袋)料理を食べに来ようと思っていたのですが、ちょっと再考ですね。

IMG_5843

IMG_5844

じゅじゅ分家
もう一つアド街で気になったお店があったので覗きましたら、こちらは13時だというのに行列が途切れていませんでした。
そのお店は「ジュジュ分家」さんです。
同様にアド街よりお店の紹介です。
ピンクもつやきが評判の居酒屋ですが、お昼は豚そば専門店。「豚つけ」の麺はラーメンかと思いきや、日本蕎麦です。茹で上げると400gを超える麺は、田舎蕎麦風の平打ち麺。豚肉をごっそり投入するつけ汁は、鰹や鯖の濃厚な出汁がきいています。ビジネスマンのスタミナを支える大満足ランチ。使い放題の卓上の天カスは、ツユではなく麺にまぶした方が食感を楽しめます。
※日曜定休

正直、こっちにすれば良かったかな・・・

アド街では私の知っている茅場町の人気料理店はfeatureされていませんでした。
個人的な感想として、常連客を大事にするお店は、いくらTVで取り上げたおかげで瞬間的にお客が増えたとしても、結局は刹那的な特需であり、普段からは考えられない客の来店によりサービスや味が落ちて常連客が離れていくことを考えれば、出演拒否をするのが常識的な判断と思うのですがね・・・

それでは(^_-)

続 築地 ととや

今日は「Just my lack!(しまった)」の話です。

#scene1 マックでの主婦の会話
A「今日の朝いつも通りに5時半におきてさぁ、炊飯器のボタン押して、洗濯機を動かして、そんで犬の散歩いったんだよね」
B「早起きなのね」
A「娘のお弁当を作らないとならないからね。そんで散歩から帰ってからさぁ、また洗濯機動かして、お弁当のオカズつくってたら、炊飯器がピーピー鳴ったんで止めてお弁当にご飯詰めようとしたじゃない」
B「ふん、ふん」
A「したっけ炊飯器の蓋開けたらさ、ご飯がないわけ!」
B「まじに!」
A「ちょーびっくりというか、米といてなかったというか、それ忘れていたというか、ショックだったわけ。
ありえな〜い、よね。それからあわててお米といて早炊きで何とか間に合わせたんだけど。
結局朝ごはん間に合ったし、何事もなかったように見せかけたんだ・・・」
B「よかったじゃないの」
A「よくないわよ。もしかしてこの若さでボケがはじまったんだわ。」
B「充分に年とっていると思うんだけれど・・・」
炊き忘れ


#scene2 ドトールでビジネスマンの会話
先輩「どうだいマリリン(ベルギー人)との新婚生活は?」
後輩「結婚してからわかったんですけど、想像してた以上にカルチャーギャップがありますね」
先輩「たとえば」
後輩「食事ですよ。妻は付き合っている時に日本食が大好きといっていたのですが、それはたまに食べる時の日本食が好きだったみたいで、基本はベルギー家庭料理なんですよね」
先輩「そりゃしんどいな、日本人なら朝は納豆、豆腐、味噌汁だものな」
後輩「納豆は好きでよくでるんですが、どうしてもベルギー料理には合わないんですよね」
先輩「ふんふん」
後輩「こんな感じですから、どうでもいいことでの口喧嘩がたえないんですよ」
先輩「・・・」
後輩「このあいだも食べ物のことでちょっとした喧嘩になったんですよね。そしたら次の日に悪いと思ったのか、手作りお弁当作るわ、っていってくれたんです」
先輩「そりゃできた奥さんじゃないか」
後輩「でもそのお弁当って、サンドウィッチですよ」
先輩「・・・」

#scene3 寿司屋で親方との会話
私「ナベちゃん(寿司屋の親方、62歳、独身)ってさぁ、髪の毛ふさふさ、黒々だけど染めてないんだよね」
親方「そうなんだよね、おふくろも年とっても髪の毛黒々だったんで、おふくろの遺伝かもしれないね」
私「まるで高倉健(高倉健も60歳代は髪の毛黒々)みたいじゃない」
親方「でもさぁ、黒々しているのは髪の毛だけさぁ、眉毛は真っ白なんで染めてんだよね」
私「そういわれてみれば、妙に眉毛黒いね」
親方「そうなのよ、でも染める毛があるからまだいいわけで、下の毛ななんか抜け落ちてほとんどないんだから、これじゃもう結婚あきらめるしかないよね・・・
しまった、これって誰にもいってなかったんだ」
私「・・・」


1984年3月に、アイスランド沖で実際に起こった海難事故。極寒の海に放り出された漁船乗組員6人が一人ずつ意識を失って海の中へ沈んでいく中、若手漁師の一人グリ(Gulli)はなんと、泳いで岸を目指します。
この手の作品というと、たいていグリが助かって感動的に幕を閉じるというあらすじを想定しがちですが、この作品はそこで終わりません。そこが一番衝撃的でした。「もう終わりやな」と思ったところで終わらないのです。最後まで観ないと監督が映画に込めた真意を読み取ることができない映画です。



今日は築地に出没です。
本当に最近来ていません。何でなのかな、と考えてみたらやはり込んでいるからでしょう。
特にアジア系外国人観光客で・・・
最近の築地の様子をパチリでご覧ください。 
ちなみに今日は水曜日即ち市場は休みですので、人の往来はまばらです。
IMG_5724

IMG_5725

IMG_5726 (0)

IMG_5732

IMG_5729

IMG_5730

IMG_5731


ということで今日のお店は焼き鶏丼の名店「ととや」さんです。
なな何と6年振ぶりの再訪です。

住所: 東京都中央区築地6-21-1
電話番号:03-3541-8294
休日:土、日、祝日

IMG_5736
お店の外観です。

IMG_5733
メニューです。

本日のオーダーは「焼鳥丼(もも肉×5、ポン尻×1」@1,100円です。
最初行列にすぐに並んだのですが、混雑に嫌気がさして行列から離れたのですが、結局場外が休みの為に良いお店がなくて戻ってきてしまいました。

待つこと14分で着丼です。
見た目、匂いは写らないのでおいしさが分からない、丼です。

IMG_5734

IMG_5735
それでは実食です。
ウン、ここの焼鳥丼は美味しい!
まず鳥肉が柔らかくとてもjuicyなのです。
焼き加減照りともども結構です。
脂ののりも過不足なく結構です。
とくにポン尻は超秀逸です。美味しい。
私はこの焼鳥丼、後半には山椒とタレをかけて味の冗長化を防いでいます。
これにより味がさらに引き締まります。
これをすることで最後の一切れまで美味しくいただけるのです。

このお店の初めての方はサービス丼(もも肉×3、つくね×2、スープ付」@1,000円をお勧めしますが、このサービス丼ではここの焼鳥の美味しさは満喫できません。
そしてその物足りなさが再訪につながるのです。
もしかしてこれってお店の深謀遠慮だったりして・・・

それでは(^_-)

新富町 ブワドパン(bois de pin)

今日は「嘘の見抜き方」の話です。
1.「記憶にない」は嘘つきの常套句
政治家の証人喚問などでは、「覚えていない」「記憶にない」などのフレーズが飛び交います。(中略)
ただし、「覚えていない」「記憶にない」というフレーズは、嘘の常套句としてあまりに有名になってしまいました。たしかに言質をとられず、法的追及をかわすという点においては有効ですが、「嘘をついています」と言っているようなものなので、疑いを抱かれたくない場合には避けるべき言葉です。

2.嘘がうまい人に多い「話のすりかえ」
核心的な質問をされたとき、直接答えずにはぐらかしたり、過度に一般化した話し方をしたり、逆に同じ質問を投げ返したりする。
分かりやすく言えば、「○○さんは彼女がいるんですか?」と聞かれた際に、「僕はともかく、□□くんに彼女ができたらしいよ」(はぐらかし)、「彼女がいると楽しいよね」(一般化)、「そういう君は彼女がいるのかい?」(逆質問)と答えるやり方です。

3.「聞き返し」は時間稼ぎ
たとえば「昨日、どこかに行きましたか?」と相手に聞いたとしましょう。間違いなく聞こえる声の大きさで、はっきりと聞きます。小学生でも分かるような平易な言葉です。しかも、昨日のことですから、特殊な事情がない限り忘れることもありえません。
でも嘘をついている人は「えっ、何ですか?」「今なんて言いました?」「それって昨日のことですか?」などと聞き返してくる人が多い。別のことに集中しているときに話しかけたのであればまだしも、向かい合っている状況ではあまりに不自然です。
これは、聞き返すことによって時間を稼ぎ、嘘がばれないよう自分の中で答えを用意しているからです。

4.「媚びたり情に訴える」のも嘘つきの特徴
僕を疑うなんてひどいなあ」「信じてくださいよ」「そんなことをするはずがないでしょう?」「僕がそういう人間に見えますか」など、媚びたり情に訴えたりする人も多いですが、こういう物言いは嘘をついている人の特徴です。もし本当に無実であるならば、説得力のある弁解を模索し、なんとか信じてもらおうとするはずです。
この手の「嘘つき」は意外と日常にも潜んでいます。交渉、相談事、投資話などで相手がこのようなセリフを言ってきたら要注意です。情に流されるのではなく、客観的で合理的な説明を求めなくてはいけない。

5.嘘つきは「怒りの表情」を持続できない
演技なのか本心なのかを見分けるヒントを1つ紹介します。それは怒りの表情の「持続時間」です。無実の人間は、自分が疑われているということに本当に怒っているので、それがずっと持続する傾向にあります。逆に嘘をついている犯人は、演技として怒りの表情を一時的に作るにすぎない。内心は焦りや不安に満ちていますから、その演技をずっと続けることが難しいのです。

6.嘘の追及は「木」をイメージして行う
事象の大筋は幹、個々の事象は枝、さらにディテールは葉をイメージします。このとき、1箇所の枝葉を丹念に聞くより、幹や枝葉の間をどんどん飛ぶように質問するほうが、相手の供述の綻びを引き出すことができます。もし本当のことを話していれば、どの部分を聞かれても正確に答えられるでしょうが、木が「幻」の場合はそれだけで混乱してしまうからです。

7.嘘つきは「事件に無関心なフリ」をする
事件やトラブルが身近に起こった場合、普通の人なら興味をひかれ、誰がなぜそんなことをしたのかと想像をめぐらすものです。もちろん仲間内の話であれば、特定の個人の名前を挙げたりすることに抵抗はあるでしょうが、「参考程度に色々な観点からの意見を集めている」と説明すれば、たいていの人なら1人2人は挙げてくれるものです。
 一方で真犯人は、「分かりません」「見当もつかない」などと答えがちです。特定の名前を挙げたところで、その理由を色々問われればボロが出るかもしれない。もっともらしい動機を説明しようとすれば、自分の本当の動機を説明するようでためらわれるものです。
「知らないと損する『嘘の見抜き方』」マインドマップ的読書感想文より転載

上記ポイントの2番目にある「話のすりかえ」がうまい人として、橋下徹・大阪市長が挙げられています。
先の衆院選で争点となっていた「TPP交渉参加」や「脱原発」問題について、記者会見でも「問題を一般化」してはぐらかし、聞かれた質問に最後まで正面からは答えませんでした。
また「君が代の起立斉唱問題」では、質問した記者に「逆質問」で応酬し、結局この質問には答えぬままだったといいます。
ちなみに、地方自治体の議会では、市長などの行政のトップに「逆質問」のような「反問権」を与えていないのですよね。
橋下さんの場合、嘘をついているというよりは、答えたくない質問に答えないために、このような手法を取っているのでしょうが、ポイントの1番目の「記憶にない」同様、「さぐられたくない腹がある」ことは確かなのでしょう。

さて、ここで質問ですが、皆さんは今まで生きてきて、うそをついたことが一度もない、という人はいますでしょうか?

もちろん私はうそをついたことはいくらでもあります。
それこそ、ありとあらゆるパターンのうそをついています。
言い換えましょう。
この世にうそを全く一度もついたことがない人って、いるのでしょうか?
私はそのような人に会ったことは残念ながらありません。

人がうそをつく理由ですが、大きく分けて7つあります。
(1) 相手のためを思ってつくうそ
(2) その場から逃れたいからつくうそ
(3) うそをついていることに本人も気づいていないうそ
(4) はじめはうそをついてないつもりが、結果としてうそになってしまううそ
(5) 楽しさからくるうそ
(6) 悪意のあるうそ
(7) その他のうそ

すべてに思い当たる人が多いと思います。
ということは、うそはすべての人間が「してしまう行為」のひとつですから、おそらく人間にとってうそをつくということは意味があることではないでしょうか。

「嘘も方便」という言いかたがあります。
基本的には、うそは悪い、ことですがTPOによっては必要な場合もあるのです。

最近ビジネスの世界では「見える化」が喧伝されています。
「見える化」とは、「ビジネスにおける問題を常に見えるようにしておくことで、問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると共に、問題が発生しにくい環境を実現するための取り組み」のことです。
このように隠す環境を排除していけば、ビジネスの世界では殊更うそが減っていくのでしょう。

最後に、貴方はいい人ですね、とか、貴方はいい男ですね、というようなうそをつかれても、私はそれをうそだとは思わない謙虚な人間であることを申し添えておきます。


IMG_5442
今日は新富町に出没です。
なにやら美味しいフレンチのお店があるとか・・・
早速いってまいりました。
今日のお店はブワドパン(bois de pin)さんです。

住所: 東京都中央区新富1-10-10
電話:03-3551-2552
定休日:日曜・祝日

IMG_5464
お店の外観です。

IMG_5474
店内の雰囲気です。

IMG_5465
メニューです。

今日のオーダー「スコッチサーモンのポワレ カレーバルサミコソース(シーザーサラダ、パン、コーヒー付)」@1,000円です。

このお店は2011年7月にOPENされたそうで、シェフは「シェ・松尾」にいらした方です。店名は、Bois de pin =松林という意味です。
以下はお店のHPよりの引用です。
シェ・松尾でスーシェフ(総料理長を直接補佐する2番目の管理者)として働かせていただき、最高の知識を教えていただきました。
そしてまだ未熟だった私を温かく見守り、支えてくれた名前に松のつく二人の恩人。
私は松に出会えたお陰で今があります。
多くの松に出会える松林(ブワ ド パン)という店名にしました。


お店は約30席ほどのこじんまりした店内なのでアットホームな感じです。
店内はご夫婦ぷら〜すイケメンスタッフでお店を切り盛りされていました。
奥様は小雪似の超美人です。
まずはこのお店の接客はいいですね。
過不足ない気配りgoodです!

IMG_5467
待つこと6分でシーザーサラダの到着です。
野菜そのものは特段のsurpriseはありませんでしたがドレッシングは高級ホテルレベルです。
もっともchefの出自はシェ・松尾ですので当然といえば当然ですね。

IMG_5468
待つこと8分でほんのり温かいプチパンが2個の到着です
全粒粉のものと、白パンの2種類です。
エキストラヴァージンオリーブオイルに浸けて食べます。
多分homemadeなのでしょうね。
美味しすぎます。

IMG_5469

IMG_5471
待つこと16分で「スコッチサーモンのポワレ カレーバルサミコソース」の到着です。
きれいな盛付です。和製トロワグロか!
ちょっと食べるのを逡巡してしまいます。
バターが上質なのでしょう、味わいがとてもふくよかです。
そしてスコッチサーモンがjuicyあんどsoftです。

IMG_5472
こんがりと焼かれた皮が得も言われぬ味わいです。
パリパリ感が口内で小気味よいです。

この料理はすごく美味しいですね。
ひさびさのくりびつてんぎょのいたおどろ!でした。
しいて瑕瑾をあげればパン×2個ではものたりないです。
もう一つ加増していただけたら合格合格合格合格合格です。

ごちそうさまでした

それでは(^_-)

続 新富町 ひさまつ

今日は「アルコール依存症」の話です。
今朝のNHKの「あさイチ」で、女性のアルコール依存症、いわゆる「キッチンドリンカー」の特集をやっていましたが、非常に良い番組だと思いました。

私は本を出したり、Facebookやメルマガで、精神医学の情報を発信していますが、実際に心の病を持って苦しんでいる人は、書店で本を買ったり、インターネットをやる余裕もないはずです。唯一、テレビくらいは見るかもしれません。

ですから、テレビで「心の病」の特集をやるというのは、極めて意味があることなのです。今日の番組を見て、「ひょっとして、私はアルコール依存症かも」と思った人がたくさんいたはずです。この「かも」というのがとても重要なのです。

「私は、アルコール依存症かも」と思わない限り、自分からお酒をやめたり、病院や専門家に相談に行くということはないからです。

この「病気かも」という一番最初の気付き。これが「治療しないとまずいかも」という治療動機へとつながっていきます。

「ひょっとして、うつ病かも」
「ひょっとして、不眠症かも」
「ひょっとして、パニック障害かも」
なんの病気でもいいのですが、この「かも」という気付きがない限り、治療につながらないのです。

では、この「かも」はどこから生まれるのかというと、「予備知識」です。「知る」ことです。

特にテレビというのはビジュアルなので、実際の患者さんが「生の体験談」を語ったりすると、「自分と同じだ!」「自分と似ている!」というのが、直感的にわかります。なので、テレビというのは、「かも」の気付きを非常に得やすいといえます。

もし、「病気かも」と思ったら、できるだけ早く専門家に相談してください。「心の病」は、放置すればするほど治らなくなりますから。
「今日の癒しの言葉」精神科医 樺沢紫苑facebookより転載

アルコール依存症
どうなのですかね?
私もかつてアルコール依存症に近い状態だったので「私は、アルコール依存症かも」と思うだけではなく「私は、アルコール依存症にちがいない」と確信していた時期もありました。

そんな私ですので恐ろしくて恐ろしくて病院に行く勇気はおきませんでした。
何故ですって?そんなの当り前じゃないですか(笑)
もし病院に行ってdoctorから、貴方はまごうことなきアルコール依存症です。長生きしたかったなら今日から禁酒してください、って言われた日には死んだほうがましだと嘯(うそぶ)いていたでしょう、間違いありません!

そしてそれを回避する為に成人病検診等での数値、特に肝機能検査、腎機能検査、糖代謝の値にはsevereにcheckしていました。
幸いの事に私はすべての項目においてA判定でした。
従いまして病院に行く必然性はないと決め打ちしていたのです。
これによりアルコール依存症?予備軍?であったにもかかわらず、A判定であるが故に正々堂々と多飲を続けてきたのです。

私の人間ドックの病院は偶然にもアルコール専門外来が併設されていました。
その中に集団精神療法(ミーティング)というのがあったのです。
その内容を以下に記してみます。
アルコール依存症の治療にミーティングは欠かせない役割をしめています。集団の中で素面で自分のことを語り、他人の話を聞くと言うのがミーティングの基本です。
長年の飲酒習慣における対人関係の持ちよう、アルコールへのとらわれなどを語るとともに、違う見方や考え方に触れることで自分の飲酒問題を振り返り、素面の生き方を探すことになります。治療初期の人の中には「ミーティングでなぜアルコール依存症が回復するのか?」と疑問を抱く人もいますが、回を重ねる中でその必要性を多くの人が感じていきます。
ミーティングは月曜日から土曜日、10時から11時の1時間、4〜5グループに分かれて行っています。さらに就労者の人たちが参加しやすいように、月、水、金曜日の18時から19時の1時間、夜間ミーティングを行っています。
また女性だけのミーティングを火、金曜日10時より11時の1時間行っています。

そしてそれのミーティング内容を記した冊子があり、人間ドックの待ち時間に斜め読みをしていたのですが、恐ろしいことに禁酒を続けられず落ちる人の多いこと、その多さに驚きを禁じ得なかったのです。
要は麻薬のように依存症や毒性の強いものはやめることはできるのですが、アルコールのように依存症の弱いものはなかなかやめられないのですね。
さらにこの人間ドックに置いてある書籍で抗酒剤というものの存在をしりました。
抗酒剤は酒が嫌いになる薬ではないのです。肝臓でのアルコールの代謝過程をブロックして、飲酒時に苦しい反応を起こさせるものなのですね。
従ってこれを与薬してもらうには本人の強い禁酒の決意が必要なのです。
言い換えればこの薬を飲めさえすれば自然とお酒が止められるものではないのです。
この当たりの人はまだ救いようがあるのです。
一番質(たち)の悪いのは、お酒をやめる気のない人です。
お酒をやめる気のない人は、自分がなぜ酒をやめなければならないかを理解することが先決なのですが、大概このような人は心に深い闇を抱えていて、一種の婉曲的自殺行為として多飲を続けているのです。
結果としてこのような人は大概望んだような結末をむかえているのですが、たまらないのはその家族です。
このような人が亡くなる直前にはまるで憑き物が落ちたかのように善人に変わるのです。
この変身によりその家族はなんでもっと早く救えなかったのだろうと深く傷ついてしまうのです。
世の中に地獄というところがあるのであればこのような人を抱えてしまった家族でしょう。

このようにこの病院においてある書籍の読後感は非常に悪いものでしたが、かといってそれは対岸の火事と私は読み変えていたので、禁酒にいたるには至りませんでした。
事程左様に禁酒は難しいのです・・・
ちなみに今私が継続して行っているのは禁酒ではなく停酒(現在561日)ですので宜しくご理解ください。


1999年に流行った映画やゲームを、当時流行したヒットナンバーと共に紹介したまとめ映像。
ヒットナンバーは海外基準だから知らないものもあるけれど、リプリーとかアメリカン・ビューティーとかスリーピー・ホロウとか、1999年の映画を見るとそんなに昔なのかって驚く。
ポケモンはともかくデジモンが出てきたのが以外だったんだけど、海外でも結構放映されてたのかな。



IMG_5475
今日は新富町に出没です。
今日は伝説の「豚の角煮」を食べにきたのです。
今日のお店は「ひさまつ」さんです。

住所: 東京都中央区新富1-10-11
電話:03-3551-2985
定休日:土日祝日

IMG_5443
お店の外観です。

IMG_5444

IMG_5445
メニューです。

IMG_5446

IMG_5447

IMG_5448
今日のオーダーは決め打ちの「豚の角煮定食」@950円です。
待つこと3分で「豚の角煮定食」の到着です。
見た目光っているぜ!豚の角煮です。

なぜか角煮のうえに冠雪のようなとろろ状のマッシュポテトがのっています。
意味があるのでしょうか・・・
満を持して実食です。
二日間手間暇かけて仕込まれている角煮は柔らかいです。
箸で切るのに痛痒を感じさせません。
味は過不足のない甘辛です。
脂の部分はとろとろですが、しつっこさはなく、強いて言えば上品tasteです。
味ですか・・・
美味すぎます!
久々のくりびつてんぎょのいたおどろ!あんど大満足でした。
このような裏切らない伝説はwelcomeです。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

築地 蜂の子 リターンズ

今日は「沈黙」の話です。
沈黙
司祭は憶えていた。西勝寺で始めて会ったフェレイラの耳のうしろにひきつった火傷の後のような傷口があったことをはっきり憶えていた。その傷口の褐色の色まで今、まぶたの裏に甦ってきた。その影像を追い払うように、彼は壁に頭を打ちつづけた。
「あの人たちは、地上の苦しみの代りに永遠の悦びをえるでしょう」
「誤魔化してはならぬ」フェレイラは静かに答えた。「お前は自分の弱さをそんな美しい言葉で誤魔化してはいけない」
「私の弱さ」司祭は首をふったが自信がなかった。
「そうじゃない。私はあの人たちの救いを信じていたからだ」
「お前は彼等より自分が大事なのだろう。少なくとも自分の救いが大切なのだろう。お前が転ぶと言えばあの人たちは穴から引き揚げられる。苦しみから救われる。それなのにお前は転ぼうとはせぬ。お前は彼等のために教会を裏切ることが怖ろしいからだ。このわしのように教会の汚点となるのが怖ろしいからだ」そこまで怒ったように一気に言ったフェレイラの声が次第に弱くなって、「わしだってそうだった。あの真暗な冷たい夜、わしだって今のお前と同じだった。だが、それが愛の行為か。司祭は基督にならって生きよと言う。もし基督がここにいられたら」
フェレイラは一瞬、沈黙を守ったが、すぐはっきりと力強く言った。
「たしかに基督は、彼等のために、転んだだろう」
夜が少しずつあけはじめてきた。今まで闇の塊だったこの囲いにもほの白い光がかすかに差しはしめた。
「基督は、人々のために、たしかに転んだだろう」
「そんなことはない」司祭は于で顔を覆って指の間からひきしぼるような声を出した。
「そんなことはない」
「基督は転んだだろう。愛の為に。自分のすべてを犠牲にしても」
「これ以上、わたしを苦しめないでくれ。去ってくれ。遠くに行ってくれ」
司祭は大声で泣いていた。閂(かんぬき)が鈍い音をたててはずれ、戸が開く。そして開いた戸から白い朝の光が流れこんだ。
「さあ」フェレイラはやさしく司祭の肩に千をかけて言った。「今まで誰もしなかった一番辛い愛の行為をするのだ」
よろめきながら司祭は足を曳きずった。重い鉛の足柳をつけられたように一歩一歩歩いていく彼をフェレイラがうしろから押す。朝方のうすあかりの中に彼の進む廊下はどこまでも真直ぐにのびていた。そしてその突きあたりに二人の役人と通辞とが黒い三つの人形のように立っていた。
【中略】
司祭は足をあげた。足に鈍い重い痛みを感じた。それは形だけのことではなかった自分は今、自分の生涯の中で最も美しいと思ってきたもの、最も聖らかと信じたもの最も人間の理想と夢にみたされたものを踏む。この足の痛み。その時、踏むがいいと銅版のあの人は司祭にむかって言った。踏むがいい。お前の足の痛さをこの私か一番よく知っている。踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生れ、お前たちの痛さを分つため十字架を背負ったのだ。
こうして司祭が踏絵に足をかけた時、朝が来た。鶏が遠くで鳴いた。
「沈黙」遠藤周作著より転載

今遠藤周作さんにハマっています。
私はこの小説家をぐうたらシリーズでしかその筆致を知らなかったのですが、実態はキリスト信仰の根源的な問題を弱者の視点を通して浮き彫りしていくというstorytellerだったのですね。その宗教関連の小説は正直かなり面白いのです。

前後関係を分かりやすくするために、この件(くだり)の粗筋を掻い摘んで以下に記してみます。
長崎奉行所でロドリゴは棄教した師のフェレイラと出会い、さらにかつては自身も信者であった長崎奉行の井上筑後守との対話を通じて、日本人にとって果たしてキリスト教は意味を持つのかという命題を突きつけられる。奉行所の門前では、キチジローが何度も何度もロドリゴに会わせて欲しいと泣き叫んでは、追い返されている。ロドリゴはその彼に軽蔑しか感じない。

神の栄光に満ちた殉教を期待して牢につながれたロドリゴに夜半、フェレイラが語りかける。その説得を拒絶するロドリゴは、彼を悩ませていた遠くから響く鼾(いびき)のような音を止めてくれと叫ぶ。その言葉に驚いたフェレイラは、その声が鼾なぞではなく、拷問されている信者の声であること、その信者たちはすでに棄教を誓っているのに、ロドリゴが棄教しない限り許されないことを告げる。自分の信仰を守るのか、自らの棄教という犠牲によって、イエスの教えに従い苦しむ人々を救うべきなのか、究極のジレンマを突きつけられたロドリゴは、フェレイラが棄教したのも同じ理由であったことを知るに及んで、ついに踏絵を踏むことを受け入れる。

夜明けに、ロドリゴは奉行所の中庭で踏絵を踏むことになる。すり減った銅板に刻まれた「神」の顔に近づけた彼の足を襲う激しい痛み。そのとき踏絵のなかのイエスが「踏むがよい。お前のその足の痛みを、私がいちばんよく知っている。その痛みを分かつために私はこの世に生まれ、十字架を背負ったのだから」と語りかける。

こうして踏絵を踏み、敗北に打ちひしがれたロドリゴを、裏切ったキチジローが許しを求めて訪ねる。イエスは再び、今度はキチジローの顔を通してロドリゴに語りかける。「私は沈黙していたのではない。お前たちと共に苦しんでいたのだ」「弱いものが強いものよりも苦しまなかったと、誰が言えるのか?」

踏絵を踏むことで初めて自分の信じる神の教えの意味を理解したロドリゴは、自分が今でもこの国で最後に残ったキリシタン司祭であることを自覚する。

信者達の上にふりかかる迫害、拷問、相次ぐ信者達の犠牲、文字通りの人間の気力、体力の限界をこえた苦難にもかかわらず、ついに神の「救い」はあらわれません。神はかたくなに「沈黙」を守ったままです。
はたして信者の祈りは、神にとどいているのか、いやそもそも神は本当に存在するのかと揺さぶるだけ揺さぶっといて、キリストは棄教者に足で踏まれても実際はこれを許していたという大どんでん返しなのですね。
すごい構成力です。
それでは殉教して死の旅に着いた信者はどうしてくれるのかと思わず突っ込んでしまいたいところでありますが、その信者達は天国で救済されるということでしょう。
信仰の不偏性、とその裏にひそむ融通無碍さですか、無信教の私としては理解ができないとところではあります。
作者は自著「深い河」でも、キリストはヨーロッパのキリスト教だけでなく、ヒンズー教のなかにも、仏教のなかにも、生きておられると思うからです。思うだけでなく、そのような生き方を選んだのです、と書かれていてその不偏性を強調していました。
キリストは転生し続けることでその存在感を示威し続けると読めるのですが、はたしてどうなのでしょう。

「神も仏もないものだ」という言葉は一般的な人が困惑の極みにおいて発しており、我が国でもかように「神、仏の沈黙」は悪い意味で認知されかつ人口に膾炙しております。
その「神の沈黙」に対して作者は「悲しみの連帯」即ち「神は沈黙していたのではない。共に苦しんでいたのだ」と説明しています。
もしキリスト教若しくは他の宗教でも「神の沈黙」に対して「悲しみの連帯」以外に明快な説明がつくのであるのであればおおいに傾聴するところであります。

私の子供からとある時に、宗教の事を何も知らずに無宗教だと広言すること事態が問題だよ、と言われた事が端緒となり、仏教、基督教関連の本を読み続けてきました。
そしてその帰結として、宗教を信じるというのはなかなか大変なものだな、というのが正直なところです。
Leap Before You Look!(見る前に飛べ)
今私にはその必要性がありません。しばらくは宗教には縁がないでしょうね・・・


CM撮影の裏側を見せます、という今回の企画、シーンの数はトータルで88カットに及ぶ大作CM。仕上げも編集に2週間、CGにも3週間かけた渾身のCMに仕上げています。
面白いですよ。



IMG_5260
今日は新富町に出没です。
たまには美味しい洋食が食べたいなということでお訪(とない)入れたのがこちら「蜂の子」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-5-11
電話:03-3541-9805
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜22:00(LO 20:50)
定休日: 土曜・日曜・祝日

IMG_5252
お店の外観です。

IMG_5255
店内の雰囲気です。

IMG_5251
メニューです。

今日のオーダー「Cランチ(オムライス・ハンバーグ・本日のフライ・サラダ・スープ」@950円です。
ここのところ手元不如意というか野口英世さんナシ状態でランチに行くことが続いてました。
今日で三回目です。過去2回はカードで支払ったので事なきを得たのですが、今日の「蜂の子」さんはカードが使えません。仕方なく(当り前)最寄りのATMまでお金を下ろしに行ってまいりました。
しか〜し、3回とも思うのですが、よくオーダーするときに金欠に気がついたものです。
世が世なら無銭飲食ですからね、エライ!
エラクもないですよ・・・ 

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_5254
待つこと3分で「ブロッコリーのスープ」が到着です。
見た目鮮やかですね、まるで抹茶みたいです。
それでは実食です。
ウン、これはすごく美味しいです。
ブロッコリーを素材に使っているのですが、味がとてもふくよかです。

IMG_5257

IMG_5258
待つこと7分で(オムライス・ハンバーグ・本日のフライ・サラダ)の到着です。
見た目大人のお子様ランチです。
オムライスは使っているバターがいいですね。
ハンバーグはミートローフみたいな感じでかたいですね。
もしフライパンで焼いていたらのなら相済みません。
フライはメンチでした。
ハンバーグにメンチという献立は工夫がないように思います。
全般に美味しくまとめていましたがパンチ不足はいなめません。
少しガッカリなランチでした。
プラ〜スこのお店が好きだった理由の一つには、お店に入った時や、帰る時の挨拶が、奥様を核にしてホールスッタフ全員で揃って言ってもらえる事がありました。
お店が大きくなったせいですかね、今日は皆の挨拶が揃っていませんでした。
寂しいなと思っているのは私だけでしょうね・・・

それでは(^_-)

佃 麗江

今日は「コの字酒場」の話です。
英語で「コの字形」は、Uシェイプ。まあ、そういうアルファベットがないんだからしょうがない。
でも角があってもなくても、Uシェイプ。日本語には「コ」があってよかったと思う。
と感謝しつつ、今週のお題はこちら。「コの字酒場」だ。カウンターをコの字に配した居酒屋のこと。
コの中でお店の人が働き、まわりをぐるりと客が座る。「コの字酒場探検家」の加藤ジャンプさんがガイド本を出版するなど、とくに「おじさん界」から熱い視線で注目される酒場のジャンルとなっている。 
そもそもコの字は、大衆酒場のシンボルだったもの。そういえば映画「居酒屋兆治」も、ドラマ「深夜食堂」も、舞台の店はコの字だし。でもそんな昭和な店はつぎつぎ姿を消し、今や身近なコの字といえば、牛丼チェーンくらいしか思い浮かばない時代に。 
というわけで、そんな貴重なコの字酒場のひとつ、とあるおでん屋さんに出かけてみた。久々にコの字酒場の客になってみると、店の人や客同士の距離感が絶妙。向かいの客や店員と目が合うと、なんせ気まずい牛丼チェーンとは大違いで、不思議と気軽に言葉も交わせる。
日本経済新聞「コトバの鏡」より転載

「コの字酒場」ですか、たしかに減りましたね。
停酒して522日です。
たまには付き合い飲みにいきますが、さすがに独り飲みはいかなくなったので、このような「コの字酒場」に出向くことはありません。
昔はこのような「コの字酒場」は沢山ありましたよね。


typicalな「コの字酒場」といえば、月島にある「大島や」さんでしょう。
ここは過去形ですがよく飲みにいきました。
プラ〜ス、私はあまり好きではないのですが、おなじく月島にある「岸田屋」さんですか。

おざわ家14
この画像は「大島や」さんでのパチリですが、たしかに「コの字酒場」というのは客同士の距離感が絶妙ですよね(笑)
私の地元にも駅前に「コの字酒場」があります。
焼きトン屋さんですがね。
一度鬼のかくらんか何かで体調がよくなく、早めの帰宅で20頃地元駅に着きました。
家に帰るには早いのとお腹が空いたのでホッピーでも飲もうということになり(自分で決めた)件(くだん)の駅前の焼きトン屋さんに行ったのですね。
私はすごくせっかちなので何でもやることは早いのです。
食べるのもご多分に漏れず早く、よく胃で噛んでいるとも言われています。
さらに飲むのは早く、これは早く酔いたいところもあり無茶苦茶なspeedなのです。
このお店でもそのピッチは早くて、30分でホッピーを5杯くらい焼きとんをアテに飲んだというか流し込んでいました。
すると私と同じピッチで飲んでいるオジが隣にいて、なにか早飲み競争みたいな様相を呈してきたのです。
そのうち隣のオジが、お兄さん、酒好きですね、と話しかけられたのが嚆矢となり、話しが弾み、私も酔ってきたことも相俟って、二人は完璧に壊れたジェットコースター状態になったのです。
そしてそのオジがどこかで飲み直そうということになり、そのオジの案内で近所のスナックに行きそこで豪遊しました。皆さんも経験あるかと思うのですが(ないか)こういう時って、なぜか別れにくくなるのですよね。
そしてさらにそのオジが接待で落とすからといって、このスナックの後にそのオジの行きつけの高級クラブにも連れて行ってもらったのです。
今でもそのオジの名刺を持っているのですが、そのオジは某大手不動産会社系列のリハウス会社の池袋支店長だったのです。
三軒目はそのオジが払ってくれたのですが、さすがに初対面の人にご馳走になるような厚顔ではなく、さりとて割勘にすると、とんでもない金額になるので、むりやり2万円をそのオジのポケットにねじ込んだのですがね。
しか〜しその日は一体いくら使ったのでしょうか・・・
思い出したくもありません。
さらに恐ろしい事はそのオジとなにを話したのかも全く覚えてなく、もう一つ加えればそのオジの顔も全く覚えていません。
覚えているのは調子悪かった体調が完璧に戻った事と無茶苦茶楽しかったことです。

この話後日談があって、地元の仲間としばらくしてそのオジと行ったスナックに行ったのです。
するとお店のママが先だって私とオジとが来たことを覚えていて私の顔をみるなり、このあいだは、とても楽しかったわよ。あなた達って芸達者ねぇ〜、お店の女の子達はあの二人ってまた来ないかな〜、って話していたわ、って言ってくれたのです。
私は一体何をしたんだろう、とかなり冷汗がでてきました。
一応確認のために、この間、私と一緒に来た人って、このお店はよく来るの、って聞いたら、始めてよ。何で、と聞かれたので、酔った勢いで一緒になった人で、実は全く知らない人なんだよ、と言うと、冗談よしこさん。とても仲良く飲んで騒いでいたわよ、と言われたのです。

この話は酒場での距離感が異常にcloseした時の顛末ですが、実は私この手の話は多いのです。
私が停酒した理由の一つに、酔うと誰とでも友達(除女性)になる酒癖があったかもしれません・・・


暴走酔っぱらい。
ほとんどの日本人は酔っ払っても礼儀正しいだろうからね、こんな風に暴走する人はとても稀な例だと思いながらもこれはヒドイ!



IMG_5165

IMG_5166

IMG_5178

IMG_5180

IMG_5181

IMG_5183
今日は佃に出没です。
この辺りはもともと詳しく且住吉神社の大祭で神輿を担いできた場所なので懐かしいところであります。
今日は以前から気なっていた中華料理屋「麗江(リージャン)」さんです。

住所: 東京都中央区佃1-6-7 大栄マンション1F
電話:03-3531-6631
定休日:不明(無休?)

IMG_5167

IMG_5177
お店の外観です。

IMG_5175
店内の雰囲気です。

IMG_5171
メニューです。

今日のオーダー「Aランチ 麻婆豆腐(スープ・ライス・ザーサイ・デザート・コーヒー)」@1,000円です。

IMG_5172

IMG_5174
待つこと、3分で到着です。
見た目、美麻婆です。

それでは実食です。
3分で到着というのはあらかじめ調理し保温していたものがでてきたということですね。
その為に豆腐が麻婆色に染まっています。
熱々です、それではレンゲで一口頂きましょう。
花椒(ホワジャオ)の量が私好みです、イケますネ。
挽肉のつぶつぶは口内感触がいいです。
辛さもよい加減です。
ウマ、美味しいじゃないですか!
なにかベテランの麻婆豆腐と言う感じです。

IMG_5176
白眉は杏仁豆腐です。
ココナッツテイストが口内の麻婆豆腐の夾雑物を中和させてくれます。
とても上品な味わいで美味しいです。

このお店は佃観光の際に寄られたらいいのではと思います。
お薦めします・・・

それでは(^_-)

日本橋 ストーブ

今日は「キャベッジダウン」の話です。
私の長男が小学生の頃に読んだコミックの話です。
主人公がたった一人で冬の山小屋で過ごしていた時に、二人の男女がやってきます。
その男女は夫婦だったのです。
主人公が過ごしていた山小屋にはキャベツなどわずかばかりの野菜しかありません。
しかしこの夫婦がブロックのベーコンを持っていたことから、彼らが昔良く食べていた「キャベッジダウン」を作ってくれることになりました。「キャベッジダウン」とは水が手に入らない山の中で作る、キャベツの水分だけで煮込む料理のことです。

キャベッジダウン
作り方はあきれるくらい簡単です。
キャベツを四つに切り、葉の間に薄切りにしたベーコンを挟みこんで煮るだけですが、このコミックでは主人公が水を持っていたので大きな鍋にキャベツが隠れるくらいまで水を入れ、そしてその中に材料を放り込みキャベツがクタクタになって原形をとどめなくなったら火を止めるというものです。
この話の最後に、思い出の「キャベッジダウン」を作ってくれた夫婦に主人公が「とても仲が宜しいのですね」と声をかけると、ご主人は沈んだ面持ちで「そう見えますか。実は私たち、山を下りたら離婚することになっているんです。でも今日のキャベッジダウンの味は生涯忘れません」と語っていました。

これはなんとも素晴らしい料理だと思った私は、今日は美味しい晩御飯をつくるから楽しみにしてよね、と奥様に言い切って昼一番から夕方までコトコトと「キャベッジダウン」を煮込んでいました。
そしてお楽しみの夕食です。
奥様は私の言葉に期待したのか他の料理は作らず、「キャベッジダウン」が本日のmain dishです。
そして家族全員で実食です。
味ですか?
家族みんなからは、低予算の味薄ポトフだ、と酷評の嵐です。
たしかに塩、胡椒、オリーブオイルをベースにウィンナー、玉葱、ジャガイモなど入れたら味がしまったのでしょうが・・・
私はくやしまぎれに、これは愛し合った夫婦が山で別れる時に食べる料理なんだ。だから心の痛みが隠し味なんだよ、と言ったら、今から心の痛みを作れっていうこと。無理、こんなの食べれないわ、と奥様からきつく返されました。
たしかに味は薄いなと心の中でつぶやきながら、食べ直しに行くための車をだしにいったのです・・・
レシピ・画像「酔中狂言・junkichiの雑記・コラム」さんより転載


台湾の反原発CMがすごい!と話題になっている。
どうやら台湾の第4原発の是非を問う国民投票に関するCMのようだ。



IMG_4912
今日は日本橋に出没です。

IMG_4923
念願の天麩羅の絶巓「金子半之助」で豪華天丼を頂こうと思って参りましたら長蛇の列です。いつも思うのですがこの長蛇の列に加わっているビジネスマンはどのような仕事をされているのでしょうか、目の子でみても1時間半越えだとおもうのですが・・・
午後の仕事に影響はないのですかね(笑)
ということでせせこましく働いている私は「金子半之助」をあきらめて、転進した先は重厚な両開きの木製ドアが目を引く「ストーブ(stove)」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋室町1-11-5
電話:03-5202-4580
定休日:日曜日・祝日

IMG_4913
お店の外観です。

IMG_4916
店内の雰囲気です。

IMG_4914
メニューです。

今日のオーダー「牛肉100% 煮込みハンバーグ 赤ワインソース(サラダ、パン、ドリンク付)」@1,000円です。
しかし女性客の多いお店です、店内は20名のお客がいましたが男性は私を含めて3名です。

IMG_4915
待つこと2分でアイスティーの到着です。
オサレですね・・・

IMG_4917
待つこと8分で、サラダ、フォカッチャ(focaccia)、パンプキンサラダです。
サラダはedgeがたってなく、涼感もありません。
パンプキンサラダは見た目通りで特段のsurpriseもありません。

クライヴ・オーウェン
その後カウンターの男性がかなりパニックっていてオーダーをいれるのがuncontrollableな状態になってきました。
それを厨房にいるクライヴ・オーウェン似のownerが見ていて、怒気をふくんだ鋭い目でにらんでいます、コワ・・・

IMG_4918
待つこと21分で「牛肉100% 煮込みハンバーグ 赤ワインソース」の到着です。
これは五穀米、フライド、ポテトの組合せです。
お子ちゃまランチは頼んではいません、オカシイな〜。
食べる前にいくらなんでもこれはnot too muchです。
それでも気を取り直して実食です。

IMG_4919
ハンバーグの粗引き肉そのものはおいしいのですが、いかんせん酸味が強すぎます。
それに画像の通り火の通りがよくありません、すこし生焼けです。
隣の一人で来ていた知的オーラを体全体から醸しだしている女性は、その為に一口食べただけでフォークを止めていました。
香辛料もまだらにちりばめられており固まりにあたりますと折角のハンバーグの味も台無しです。
かなり残念なランチです。
もう時間がないので食後のdessertを断ると、ホールの人は、食後のdessertは女性の方のみです、と言われました。
こういのって客が聞くのではなく、客に説明するのが貴方のお仕事でしょう。
まったくもう、忙しくなかったらdessertの到着を待っていたかも知れません、ありえませんが(笑)
このお店の再訪はありませんね・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)


日本橋 エイト珈琲店

今日は「あなたにとってお肉といえば」の話です。
ステーキ
西の牛、東の豚ということが漠然と言われる。それに関する声から聞いていこう。
まず「兵庫県出身女性昭和生まれ」さんは「肉といえば牛肉。塊でドンとあるのが理想です。牛肉→国産→但馬牛→塊肉→ヘレー本」と簡潔かつ明快に答えてきた。「ヘレ」というのは関東の「ヒレ」。肉の部位の呼び方にも言葉の上の「方言」がある。
「大阪では肉といえば牛がデフォルトです、豚はブタ、鶏はかしわかトリ。肉ジヤガなら牛肉でしょう。肉うどんなら牛肉でしょう。焼き肉と聞いて焼いた鶏肉を思い浮かべませんね、まず」と「大阪生まれ新宿区在住の小島」さんも言い切る。 
四国からは「恒石」さんが「高知も西日本のはしくれなので、肉といえば牛です。肉ジヤガ、肉うどんなど普通に牛を使います。学生時代、関東地方の豚肉の肉ジヤガに違和感があったのを覚えています。また煮込みも高知では牛筋が普通です。肉まんのこともコンビニ以外では豚まんです」とのメールを送っていただいた。
【中略】
「愛媛生まれ神奈川往往」さんの文章には笑ってしまった。「大阪出身の友達がダイエットするとき『肉絶ち』を宣言しました。しかし言った当日に豚肉を食しているので聞いたら、彼女の常識は肉=牛。豚肉は豚、鶏肉は鶏で、扱い的には魚と同じだそうな。そんな彼女は肉ジャガにも牛肉を使っていました。彼女が豚肉を使うのはギョウザのときのみでした。彼女は『肉星人』を名乗っていました」。これでダイエットになるかどうかは別にして「関西人にとって豚は魚と同じ扱い」というところが問題の本質を端的以上に物語っている。
【中略】
ここで地域偏差の歴史的背景に触れたメールが到着した。「かつて西日本では農耕用に牛を多く飼育しており、老牛をすぐに食べやすい環境にあったことが牛肉文化発展のひとつの背景になったということを聞いたことがあります。一方、関東では農耕用に馬を多用しており、軍馬としての需要から馬肉文化はおもったよりも広がらず、飼育に広い土地を必要としない豚が明治時代以降、関東一円に広まったということも聞きました。しかしながら、新潟から会津に抜けるあたりは肉屋さんでも普通に馬肉を売っていて、地域性を感じて面白かったです。熊本の馬肉も有名ですね」(ミルフォードさん)
【中略】
例えば味の素食の文化センターが発行している食文化誌「veSta」(二〇〇三年春号)に高田公理武庫川女子大教授(当時)が連載している「近代の食a」の六回目にこんな記述がある。 
「もとは洋風料理素材の牛肉を、味噌や醤油で煮て食べさせる牛鍋屋が、明治10年に東京で550軒をかぞえた。よほど人気が高かったのであろう」「明治24年には露天で五目飯を売る屋台が軒をならべ、『一椀一銭』の行灯をかかげた牛飯屋が急増した」。
当時の東京の人々が牛鍋や牛飯を好んで食べていたことがわかる。豚ではなく牛である。
【中略】
日本食糧新聞社刊『昭和と日本人の胃袋』からの引用。「(トンカツ)は昭和6、7年頃上野あたりから広まった料理であるらしい……洋食らしくなく、しかも肉が食べられるというところが一般に大いにうけて、トンカツは急速に普及した……しかし、トンカツが普及したのは、だいたい東京を中心とした東日本であって、牛肉の質が良く、豚肉がそれほどでもなかった西日本、特に関西では東京ほどの普及はみられなかったようで、関西にトンカツが行き渡ったのは、牛肉が高価なものになった第二次大戦後であるといってよいであろう」
明治五年、明治天皇が牛肉を試食したのを機に、東京の人々は牛鍋や牛飯のかたちで牛肉を盛んに食べるようになった。東京は当初、牛肉文化圏だった。ところが昭和の初めにトンカツが発明されて爆発的な人気を得、次第に豚肉文化圏へと変わっていった。
【中略】
洋食の普及が豚を食べる習慣を広げていく。東京にいわゆる大衆的な洋食店が次々に現れるようになったのは明治二十年ごろのことだったという。小菅桂子著『近代日本食文化年表』の明治二十年の項に「この年東京では三橋亭(上野)、三緑亭(芝公園)、東亭(芝)、亀田(神田)、宝来亭(神田)、りゅうきん亭(神田)、旭亭(下谷)といった西洋料理店が相次いで開店する」とある。現存する東京で最も古い洋食店「彫舵苧」の開業が明治二十八年。ここで「カツレツ」の付け合わせが温野菜から刻みキャベツに変わり、カツとキャベツという今日に至る名コンビが誕生した。だが、カツはまだビーフだった。明治三十、四十年代になると東京の洋食店は千五百軒から千六百軒にのぼったという。 日清戦争(明治二十七人一十八年)、日露戦争(明治三十七人二十八年)で牛缶が大量に戦地に送られ牛肉が不足したことも豚肉に目を向けさせる契機になった。 
そして大正元(一九一二)年に事件が起きる。コレラの流行である。警視庁はコレラの流行を防ぐため生食をしないようきつく指導した。「このため一般家庭にも魚食をやめて肉食に切り換えるところがふえ、その際、安い豚肉が注目されたのである」(『日本食肉文化史』)。
「天ぷらにソースをかけますか」野瀬泰甲著より転載

この肉の話でいつも不思議に思うのは、関西って牛肉文化圏ですので牛肉が安いのかなと思っていたのです。
しか〜し私が大阪在住の時、肉屋に買物に行くとそんなことはなく、やはり牛肉は豚肉より高いのです。
付け加えれば安い豚肉より高い牛肉の方が売り場面積は広かったのでした。
関西の方って金銭感覚が関東と比べて高いという認識ですので、なんでわざわざ高い牛肉を食卓に供するのか不思議です。そこまでも牛肉が好きなのですかね?
私も豚肉より牛肉の方が好きですが、牛肉は値段が高いので倹約家の奥様はあまり牛肉を買い求めることはありません。しか〜しそれに特段のクレームをつけることもありません。
さら〜に私が大阪に住んでいた時はあまり牛丼チェーンもみかけず、どこが牛肉文化圏なのかと思っていましたが、カレー屋さんにはポークカレーはなくビーフカレーがdefaultでした。
一度定食屋さんで、ポークカレーはないのですか、と聞いたところ、カレーは牛さんしかありまへん。豚さんはカレーにはあいまへん、とキッパリ言われたことがあり、唖然としたことがありました。
そういえば関西でとんかつを食べたことがありません・・・
あなたにとってお肉といえば何でしょうか?


IMG_4570
今日は日本橋に出没です。
今日のお店は以前から気になっていた、高島屋さん真横にある喫茶店です。
今日のお店は「エイト珈琲店」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋2-6-10
電話:03-3275-3570
定休日:日曜日

IMG_4571
お店の外観です。
いつもここがお店の入り口だと思っていました。

IMG_4581
実はこちらだったのですね・・・

IMG_4575

IMG_4574
店内の雰囲気です。
私の座った席は麻雀ゲームのできるテーブルでした。
このお店はマスターとマスターのお母さん、とお客の注文を正しく厨房にいるマスターに伝える能力が欠如している女性のホールスタッフの3人で繰りまわしています。
しか〜しガチャガチャしたお店です。
一番の原因は厨房にいるマスターに注文を的確に伝えることができない女性に対する叱責が五月蠅(うるさい)いのです。
プラ〜ス結構喫煙者が多いのに分煙がされていません。したがいまして煙草を吸う習慣がない私はかなり辟易とさせられました。

IMG_4572

IMG_4573
メニューです。

今日のオーダー「焼きチーズカレースパ(珈琲付)」@1,000円です。

IMG_4576
待つこと20分で調味料の面々が運ばれてきました。

IMG_4577
待つこと23分でコンソメスープが運ばれてきました。
うん、このスープは美味しいですね。
期待が持てそうです。

IMG_4578

IMG_4579
待つこと25分で「焼きチーズカレースパ」が運ばれてきました。
見た目uglyです。
どうやら炒めたスパゲッティにカレーのルーを入れてその表面に粉チーズをのせてオーブンで焼いたもののようです。

それでは実食です。
チーズをかき分けるとそこにはひたひたのスープ溜まりが出現しました。
スープスパですね。
アッィ!かなり熱々です。スープはチンチンです。
食べこむとゴロゴロしたジャガイモに遭遇します。プラ〜スシャトーに切られた人参にも遭遇します。
何だろうこの食べ物・・・
カレーライスのご飯の替わりにスパゲッティがあるようなimageでよいかと思います。
味ですか辛いだけで味がしません。
その為に塩・胡椒・タバスコがあるのだと気がつき、塩をmainに味付けし直したら味が締まってきました。
ウ〜ン、これはコメントのしようがありませんネ。
すごい食べ物であることプラ〜スコスパは悪いなということは断言できます。

IMG_4580
喫茶店だけに濃い目煎った珈琲は美味しかったですね。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

銀座 上海湯包小館 銀座3丁目店

今日は「八重の桜異聞」の話です。
八重の桜
今年のNHK大河ドラマ『八重の桜』の主人公は新島八重。2012年は平清盛、2011年は徳川秀忠の正室・江、2010年は坂本龍馬を扱うなど、よく知られた歴史上の人物を取り上げる大河ドラマのなかで、新島八重はかなりマイナーな人物です。綾瀬はるかさんが演じ、大河ドラマでは“幕末のジャンヌ・ダルク”“ハンサムウーマン”などとキャッチコピーがつく新島八重は、いったいどんな女性だったのでしょうか?
※()内は『八重の桜』のキャスト名。画像はNHK大河ドラマ『八重の桜』より引用

1.13歳で60キロの米俵を4回も肩の高さまで持ち上げる
新島八重は1845年生まれ。ペリーが浦賀に来航する9年前、激動の幕末時代がはじまる頃に会津藩の砲術師範の家に生まれました。女の子として裁縫や機織りを習う一方で、薙刀や剣術を学び、父(松重豊)からは砲術の手ほどきを受けたと言われています。
今に残る写真からもふくよかな容姿が伝えられますが、少女の頃からまるまると太り、男の子の真似ごとが好きだった八重は、13歳のときに米4斗(約60kg)の俵を軽々と4回も肩の高さまで上げ下げしたそうです。今の世に生まれていたなら、重量挙げの選手にスカウトされそうですね。

2.最新式の銃で45メートル先の的を撃ち抜く
兄・山本覚馬(西島英俊)が江戸から最新式の銃(オランダ製のゲベール銃、ヤゲール銃)を持ち帰ると、その扱いを学んで約45メートル先の的を撃ち抜いていたそうです。銃の重さは約12kg。持つだけでもよろめきそうな重さの銃です。撃ち方のみならず、銃のしくみに関する知識も身につけた八重は、隣の家の男の子に銃の撃ち方を指導するまでになります。
武家の娘とはいえ女だてらに銃を撃つ八重は、男勝りという言葉がぴったりの少女だったに違いありません。
 

3.男装して会津戦争で大砲を撃つ! 日本初の“女性砲術士”
明治元年、鳥羽伏見の戦いに幕府軍が敗れると、藩主・松平容保が京都守護職を務めた会津藩は新政府軍から朝敵とされ、薩摩藩、長州藩などから攻撃を受けることになります。飯盛山で悲劇的な最後を遂げた白虎隊で知られる会津戦争のはじまりです。
このとき、約1か月に渡る若松城(鶴ヶ城)での籠城戦には、約500名の女性も参加していました。このとき八重は24歳。亡き弟・三郎(工藤阿須加)の装束を身につけて男装し、大小の刀を身につけて七連発のスペンサー銃を手にし、身体には100発の銃弾を巻きつけていたそうです。
籠城した女性のなかで最初に断髪したのも八重でした。昼間は兵士のために食事の用意や負傷した人の看護に励み、夜は刀を差して銃を携え夜襲にも参加。銃を持って戦ったのは八重だけだったと言われています。最初の夫・川崎尚之助(長谷川博己)とともに大砲を操作しさえしました。

4.日本初の公立女学校で教鞭を取る
会津戦争から3年後、明治4年の夏に八重は京都へ移ります。死んだと思っていた兄・覚馬の生存が確認され、さらには京都で活躍していることがわかったからです。翌年、京都に日本初の公立女学校・女紅場(じょこうば)が開かれると、八重はここで英語を学ぶとともに教師として教えることになります。
当時、キリスト教に傾倒していた覚馬は、アメリカで洗礼を受けてアーモスト大学やアンド―バー神学校に学んで帰国した新島襄(オダギリジョー)に出会い、ともに同志社英学校の開設に奔走。八重もまた当時の京都府知事から紹介されて新島と出会います。西洋の文化になじみ「亭主が東を向けと命令すれば、三年でも東を向いている東洋風の婦人はご免です」という新島と、男勝りで自分の意見をハッキリと持つ八重はお似合いのカップルでした。
 

5.京都で初めて受洗し、キリスト教式の結婚式を挙げる
八重は、京都で初めてプロテスタントの洗礼を受けたのち、キリスト教式の結婚式をあげて新島と夫婦になります。ふたりは、京都でキリスト教式の結婚式で結ばれた最初のカップル。式の後は、ふたりで同じ人力車に相乗りして人々を驚かせます。男女が同じ人力車に乗るなんてあり得ない時代だったのです。
“キリシタン禁制”が解かれてまだ三年、仏教界が強い力を持つ京都でのキリスト教洗礼、結婚式は、白眼視されたことでしょう。周囲がどう思おうとも自らの意志に従って突き進む八重の覚悟は、やはり会津戦争での籠城戦のなかを死をも恐れず戦った経験に裏打ちされていたのではないでしょうか。
 

6.京都で初めての洋装、しかも絶妙な和洋折衷に周囲は仰天
八重は京都で初めて洋装した花嫁でもありました。しかも、新婚の頃の写真では、着物に革靴を履き、膝のうえには花をつけたつばの広い帽子を載せています。なんという絶妙な和洋折衷! 矢絣の着物に袴をつけてブーツを履いた女学生が現れるのは、数十年後の大正時代のことですから、八重のファッションは時代を数歩先行くものだったと言えるのではないでしょうか?
 

7.自車に乗り、“洋式トイレ”のある家で暮らす新婚生活
結婚後は、当時はまだ珍しかった自転車に乗って京都を駆け回って評判になりました。八重は日本で初めて自転車に乗った女性だったのではないか、とも言われています。和洋折衷だったのは服装だけではありません。新島とともに暮らした家には、畳の部屋は作らず、寝室はふとんではなくベッドを使用。トイレも板張りの“洋式”なら、台所も土間ではなく板を張ったうえ井戸を取り込んでいました。洋館ながらも、窓の上部には和風の欄間を取り入れるなど、和と洋を調和させたスタイルは明治初期の建築としても見ごたえがあります。今でも見学可能(要予約)。

8.“愛夫”とラブラブ!「僕はそんな八重さんが大好きです」
和服に帽子や革靴を合わせたり、自転車に乗って人々を驚かせていた八重ですが、結婚後は夫・新島を“愛夫”と呼んでいたと伝えられています。「愛」という言葉がまだ新しく、また妻は夫の後ろにつき従うのが当然だった時代に、新島を“愛夫”と呼んで肩を並べて歩く八重は、「悪妻」と非難されることもありました。新島は西洋風にレディーファーストで八重を扱ったので、八重の態度はより一層横柄なものに見えたのでしょう。
しかし、新島は「気にすることはありません。僕はそんな八重さんが大好きです」と励まし、八重もまたそのスタイルを変えませんでした。ふたりはたいへん仲睦まじく、同志として共に歩んだカップルだったのです。
新島はこう書いています。「彼女は決して美人ではありませんが、やることが非常にハンサムです」。ここでの「ハンサム」は「美しい行いをする」という意味。今回の大河ドラマでも使われている「ハンサム・ウーマン」という言葉は、このエピソードに由来しています。
 

9.夫の死後は看護婦学校で教え、看護婦育成につとめる
新島と八重の幸せな結婚生活は14年間しか続きませんでした。同志社大学設立のために病身に鞭打ち続けた新島は、48歳という若さでこの世を去ってしまったのです。2年後には、愛する兄・覚馬をも相次いで亡くしています。
しかし、気落ちして立ち止まるような八重ではありません。会津戦争で負傷者の世話をした経験から看護の仕事に関心を持ち、夫の死後3か月後に日本赤十字社の社員になって、やがては看護婦の育成に関わることになります。
明治20年、同支社が京都看護婦学校を設立すると、八重は助教師として教鞭をとります。明治27年の日清戦争時には、20数名の看護婦を率いて広島陸軍予備病院で篤志看護婦として傷病者の看護にあたります。さらに10年後の日露戦争時にも、大阪の陸軍予備病院で篤志看護婦として活躍します。そのとき、八重はすでに60歳でした。
 

10.女であることにこだわらず、勇敢に快活に生き抜いた87年
八重は、夫の死後42年の間、看護婦の育成に務め、茶の湯を楽しみ、同志社の学生たちに「お母さん」「おばあさん」と慕われたと言われています。同志社大学栄光館で行われた葬儀には2000人もの人が参列しました。

この記事のなかにも「日本初」「京都初」という言葉がたびたび登場しましたが、八重は「女だから」「誰もやっていないから」という理由で、何かを思いとどまることはなかったと思われます。同志社での学生時代、八重を嫌って強く批判した徳富蘇峰は、やがて八重を認めて、その死の折にはこんな追悼の言葉を送っています。
「刀自(※)の存在は、新島先生の好配であった為ばかりではなかった。刀自は一個の女性としても日本女性の誇りとするに足る一人であった」
※年配の女性を敬愛の気持ちをこめて呼ぶ呼び方。ここでは八重のこと。

さて、まだ大河ドラマでは八重の子ども時代。八重の激動の人生はこれからです! どんなふうに新島八重が描かれ、演じられるのか楽しみです!
「ガジェット通信」より転載
 
「八重の桜」の舞台は男尊女卑の考え方が主流の幕末から明治初期にかけての頃です。
女は夫を立て、家庭を守ることが当たり前という時代であるなか、銃をもって戦いに出向いたり、日露戦争や日清戦争では看護師として同行したりとアクティブすぎる女性・新島八重の生涯を描いた物語です。
彼女はそのエネルギッシュさや看護への従事ぶりから、幕末のジャンヌ・ダルク、日本のナイチンゲールとも呼ばれているのだそうです。
夫を呼び捨てにし、先に車に乗るなど、世間からは夫をたてない悪妻だと言われていた新島八重。

アメリカ帰りの夫・新島襄(じょう)がレディーファーストであったため、それを見た世間の印象から悪妻と広まってしまっただけで、夫・襄はとても愛妻家で夫婦円満だったのだそうです。

新島八重は悪妻ですか。
私は奥様が、綾瀬はるかさんであれば悪妻でもかまいません、ハイ。

悪妻といえば夏目漱石の奥様です。
夏目漱石の奥様の鏡子は、hyperお嬢様育ちです。
その為に家事は不得意ですし、寝坊することや、漱石に朝食を出さぬままに出勤させることもしばしばで、漱石がこのことを、「お前のやっていることは、不経済極まりない」と叱ると、逆に、「眠いのを我慢していやいや家事をするよりも、多目に睡眠をとって、良い心持で家事をするほうが、何倍も経済的なのではありませんか?」と言い返して、漱石を閉口させることもしばしばだったそうです。

鏡子は、慣れぬ結婚生活からヒステリー症状を起こすこともままあり、これが漱石を悩ませ、漱石を神経症に追い込んだ一因とされています。
ただ、夫婦仲はそれほど悪くはなかったようです。漱石が英国留学後に、神経症を悪化させ、鏡子や子供達に対して頻繁に暴力を振るうようになり、周囲から漱石との離婚を暗に勧められた時には、「(漱石が)私の事が嫌で暴力を振るって離婚するというのなら離婚しますけど、今のあの人は病気だから私達に暴力を振るうのです。病気なら治る甲斐もあるのですから、別れるつもりはありません」と、言って頑として受け入れなかったといいます。

漱石の死後、鏡子が子供達の前で失言し、それを子供達にからかわれると、「お前達はそう言って、私のことを馬鹿にするけれど、お父様(漱石)が生きておられた時は、優しく私の間違いを直してくれたものだ」と、亡夫・漱石を懐かしむことがしばしばだったそうです。

八重も鏡子もともに身体は豊満です。
悪妻=豊満というイメージが日本?世界?では定着しています。
何故でしょうか・・・
ご主人を朝昼なく働かせてその稼ぎを搾取する。その搾取したお金で美食三昧、そして家事労働はご主人にやらせるのでカロリー消費はほとんどなく、その結果ぶくぶくと太るという構図なのでしょうね。
面白いもので、なぜか悪妻とダメ夫の夫婦の離婚ってあまりきいたことがありません。
夏目漱石夫婦のようになにか言い知れぬ補完関係が構築されているのでしょう。
男女の中はmysteryです。


IMG_4504
今日は銀座に出没です。
春寒ですか、というかマジ寒です。
奥様からの指令で東京交通会館にある「千葉スペシャル」さんで靴磨きです。
常日頃から奥様同様私もオシャレの基本は足元からと考えています。
従いまして@1,000円/回の靴磨きの投資は必要経費です。
「千葉スペシャル」さん、TV露出の影響か女性の靴磨き客が増えています。
仲良しのオジサンに聞いたら、ここ数カ月で女性が増えてきて、今では一日2〜3名はくるかね、との事でした。
女性って靴磨きはご自身でするものではなかったのでしょうか・・・
そんなことよりランチです。
今日のお店は「上海湯包小館」銀座3丁目さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-7-16 銀座NSビル 1F・2F
電話:03-5524-2608
定休日:無休

IMG_4506

IMG_4507
お店の外観です。

IMG_4505
メニューです。

今日のオーダー「黄金海老炒飯セット」@880円です。
なんですかこのお店禁煙席に26名のお客がいましたが男性客は3名です。
喫煙席の6名のお客は女性です。男性率9%、アマゾネスですか(笑)

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_4508

IMG_4514
待つこと5分で小籠包3個が運ばれてきました。
きざみ生姜に黒酢と醬油をかけていただきます。皮が柔らかく、箸でもっただけで中に肉汁がたまっているのが分かります。
それでは実食です。
すごいですよ、熱々の旨味の肉汁。
これはとてもイケますね。
美味し〜い!

IMG_4510
遅れて1分後に黄金海老炒飯、溶き卵スープが着膳です。

IMG_4512
見た目美炒飯です。
それでは実食です。
美味しいbut・・・
いわゆる優等生的炒飯です。
男性には量・味付け含めて物足りないでしょう。
ウン、これ女性tasteですね。

IMG_4513
白眉は溶き卵スープです。
トロミ、塩加減、熱さ、gutです。
私見ですが、ここのchefさんのde factoとってこの味付けではないのでしょうか。
銀座、飲茶、となれば女性となりますので、意図的に女性を意識した味付けにしているのではないかと演繹する今日この頃であります。

それでは(^_-)

続 築地 魚竹

今日は「ビールが売れないのは若者のせいではない」の話です。
ビール離れ
ビールも、コンビニで必要な分だけ買うスタイルが定着するでしょうか。
コンビニエンスストア大手がビール、ワインなど酒類販売を強化しています。私もよくコンビニに寄り、ビールと一緒に「おつまみ」を買っています。不況の影響で外食が減り、その分、家飲みが増えています。そこでコンビニに寄ってお酒を買ってもらおうとギネスや銀河高原ビールを取り揃えているコンビニや、地酒コーナーを作っているコンビニもあります。実際、セブンイレブンではお酒を買った人の34%が惣菜を買っていて、客単価をあげています。

もう少しマクロ的にみるとビール全体の売上は伸びておらず、売上の奪い合いをしているゼロサムゲームになっています。

ビール全体の売上が減少
ビール出荷量(売上)は1994年をピークに右肩下がりで減少しています。今やビールはピーク時の35%までの落ち込み。もっとも1980年代から発泡酒が発売され、やがて第三のビールが出たので、価格が安い発泡酒などにブランドスイッチしたこともありますが、「ビール+発泡酒+第三のビール」を足しても売上はピーク時の70%しかありません。

なぜビールが飲まれなくなったのでしょうか。

よく聞くのが若者がビールを飲まなくなった話。確かに宴会での「とりあえずビール」がなくなりました。乾杯ではビール&ウーロン茶が定番でしたが、最近は乾杯前に酎ハイレモン、ソーダ割り、冷酒などと様々な声が上がり、乾杯が始まる時間がどんどん遅くなる傾向にあります。また生理的にお酒を飲めない男性が目立つようになってきました。

生産者年齢人口の減少が影響
ビールが売れなくなったのは若者のビール離れなどの影響ももちろんありますが、一番大きいのが生産者年齢人口の減少。日本の総人口が減少しだしたということはよく聞きますが、その前に減少しはじめているのが生産者年齢人口です。生産者年齢人口とは15〜64歳の人口で、いわゆる働いている人の数を差しています。

総人口の減少前に生産者年齢人口がピークアウトしています。ピークアウトの時期が1995年頃。見事にビール出荷量と合致しています。ですのでビールが飲まれなくなった主な原因は働き盛り世代の減少、つまり生産者年齢人口の減少です。

きょうの料理は5人前だった
もう一つは単身世帯の増加。日本全国の1世帯当たりの人員は2.42人ですが、東京では2人をとうとう切りそうな数字になっており単身世帯が全体の45%を占めています。

50年前、NHK「きょうの料理」がスタートした時、材料は5人前でした。核家族化が進むとともにどんどん減り、今や2人前を前提に放送しています。早晩、1人前になる日がくるでしょう。

単身世帯は若者だけでなく中高齢者もいます。ですのでビールを安いスーパーでまとめ買いするという買い方から、コンビニに寄って必要な分だけ買おうに購買パターンに変化しています。料理をしないので家に冷蔵庫がない、あっても買い置きできないほど小さな冷蔵庫しかない単身世帯もあります。

コンビニとしては酒類を充実して、スーパーなどからビールの売上を奪おうということでしょう。

ビール会社はどう考えている
ドラッカーの言葉に「すでに起こった未来」というのがあります。これは「結果の中に見出されるものは、既に原因の中に芽生えている」ということで未来を予想することは難しいのですが人口構造の変化など、ある程度は予想できます。結局、話は頓挫してしまいましたがキリンとサントリーが経営統合に向け交渉に入ったのも縮小する国内市場で規模の経済を追わないと生き残れないと考えたからでしょう。

現在、ビール各社は海外のビール会社のM&Aなどを積極的に展開し、海外市場へ視点を移しています。またサッポロビールはセブン&アイ・ホールディングスと共同開発でPB(プライベートブランド)ビールを発売。サッポロはブランドを捨て、とうとうルビコン川を渡ってしまったと業界で話題になりました。
「All About」より転載

要は日本の胃袋そのものが小さくなったのですね。
どうなっていくのでしょうか、日本の将来は・・・

政府は早急に人口(新生児)倍増計画を施行しませんと、本当に日本はsetting sunになってしまいます。
日本の総人口が1億人を切る日が近づいてきています。
国立社会保障・人口問題研究所が発表している人口統計資料集では、2050年に1億人を切り、95,152千人になると推計していますので37年後です。
まぁその時私は生きていないのでその日を見ることはできないでしょうが・・・

政府は不足する労働力を補うために外国人の介護福祉士の国家試験を簡単にしています。現在インドネシアとフィリピンから来た何百人もの人々が、日本で介護福祉士の訓練生として働いています。この人々が日本の介護施設で働き続けるためには、日本語で書かれた介護福祉士の国家試験に来日から4年以内に合格しなければなりません。
しかし、大きな障害は言葉の壁です。そこで日本の厚生労働省は、この人たちのために試験をより易しくなるように変えたそうですよ。
この5年間に933人の介護福祉士の訓練生が経済連携協定(EPA)に基づいてインドネシアとフィリピンから来日し、日本人の介護福祉士不足を補って働いていますが、去年国家試験に合格した訓練生はわずか36人、全外国人受験生の38%でした。合格率が低い原因の一つは、専門用語の読み書きを覚えるために十分な時間が取りにくいことです。
今回は訓練生のために漢字にふりがなが付けられ、試験時間も3時間半からおよそ5時間15分に延長されたそうです。
まぁこれは対処療法ですので冒頭にふれたように我が国は一刻も早く人口増加問題を取り上げて実施しなければならないでしょう。

ビールが売れなくなったのは少なからずお酒を止めた私のせいもあるでしょう。
しか〜し今日で断酒して452日なりますが、断酒して良かったなと思う事がおおいですね。
一番の効用は時間が効率的かつふんだんに使えることです。
好きな事が心おきなくやれます。
その次には睡眠の質が良くなったことでしょうか。
お酒飲んでいた頃は寝つきは良いのですが眠りそのものは浅かったですからね。

少量のアルコールを飲むと、寝つきが良くなるのは事実ですよね。
たしかにアルコールは脳の中で、興奮系の神経伝達物質であるグルタミン酸の働きを抑え、抑制系の神経伝達物質であるギャバの受容体を刺激することで、鎮静や催眠の作用を発揮するそうです。

この効果のために、昔から世界中で寝酒が愛好されてきました。
ところが、アルコールは量が増えると、睡眠の質を悪くしてしまいます。体重1kgあたり1gほどの中等量のアルコールでは、睡眠前半の深い睡眠が増えますが、後半には浅い睡眠が増え、夜中に目覚めやすくなります。

さらに、多量のアルコールを毎日飲み続けていると、はじめにあった催眠効果が次第に弱まり、アルコールに対する耐性ができてしまいます。数日後には、飲み始める前よりも睡眠時間が短くなるため、睡眠時間を確保しようとしてお酒の量が増えてしまい、結果としてアルコール依存症になるリスクが高まるのです。

しばらくお酒を毎日飲んだあと、「これではいけない」と思って急に飲酒を中断すると、一時的に不眠がひどくなります。このときも正しい不眠治療のために、医療機関を受診すればよいのですが、「時間がない」とか「面倒だ」などと思っていると、再びアルコールに依存した生活に陥ってしまいます。

まさに私がこれでしたもの・・・
お酒の量がcontrolできない人は私みたいに断酒の道を選択すべきです、キッパリ!


日本が世界に誇る車メーカー、TOYOTA。
各国で乗られているだけあってそのCMも様々。
このCMはイギリス編、一体何人が乗っていたのでしょう。



IMG_4448
今日は新富町に出没です。
たまには美味しい魚料理を食べるかという事でお邪魔したのがこちら、大人の隠れ家的魚介料理の老舗「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_4438
お店の外観です。

IMG_4447
メニューです。

今日のオーダー「鮪ハラス大根煮+玉子焼き」@1,000+@200=1,200円です。
このお店は本当に接客が良いですね。
お店に入れば、いらっしゃいませ。今日は何しましょう、と明るい声掛けですし、帰る際には、狭いところすみません、ありがとうございました。これまた明るい挨拶ですもの、とても感じが良いです。

料理は待つこと5分で到着です。
煮しめた色が食欲をそそります。
これは美味しいそう・・・

IMG_4440

IMG_4442
それでは実食です。
まずは若芽の酢のものです。
これは味が鮮烈ですね、どこから食べても酢の物っていう感じです。
最近このような自己主張のしっかりとした食べ物って少ないですから貴重です。
美味しいです。

IMG_4445
鮪ハラス大根煮はみっしりとしています。
味はやや濃い目ですが、私はこのくらいの方が好みです。
この一品はしゃぶる楽しみです。
みっしりと骨にからみついた魚肉を歯でそぎ落とす感触はまさに口福です。
な何て美味しいのでしょう。

IMG_4444
味噌汁、ご飯はお替り自由です。
私は大好きな味噌汁をお替りしました。
おみそ汁は一杯目油揚げ、二杯目はなめこです
いずれも負けず劣らず美味しいです。

IMG_4443
白眉は卵焼きでしょう。
なんて濃厚かつ芳醇な卵焼きなのでしょう。
冷めていてもこれだけ美味しいのですから、焼き立てを頂いたら狂喜乱舞間違いないでしょう。
これはすご〜く美味いです。たまりませんネ。

少しお値段が高いですが、たまにはこれくらいの贅沢をしませんと、一生懸命働く気持ちにはなれませんものね・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ