下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

月島・勝どき・築地

月島 めし屋 18th

今日は「鏡像」です。
国どうしが情報戦を繰り広げるインテリジェンスの世界には、「鏡像」と呼ばれる落とし穴があるのだといいます。
電話を盗聴し、スパイを送り、情報を集めます。そのうえで相手の動きを予測するわけですが、この際、どうしても自らの行動原理をもとに判断してしまうのだそうです。
相手の姿を見極めるつもりが、浮かび上がってくるのは鏡に映った自分の姿でしかありません。
結局私たちは自分の常識の範囲内で物事をとらえがちで、その結果、相手の行動に驚くことになるのだそうです。
これをわかり易くもうしますと「想定外」というのでしょう。

o0640048012614974349

yjimage
この間、取引先との宴席で私の部下で井筒親方(元関脇寺尾の兄)に体形を含めてクリソツな人間がおりまして彼も同席させたのです。
宴席が終わりお店の前で、店内で支払いをしている人を待っている雑談タイムの出来事です。
取引先の1人にボディビルフリークの若者がいて、実際、ワイシャツの上からもその鍛え上げた筋肉の隆起がわかるくらいなのですが、その若者が、親方の体形を気にいったみたいで、△△さん、ハグさせてください、と言ったのです。親方は、別にいいけど、と言いましたら、そのムキムキ若者は、飛び付くように親方の背中に両手を回して力強くハグしたのです。
1分経ちました。
親方はあまりにそのハグが長いのと、その力強さに異常を感じて、もういいよね、と言いましたら、後、もう少しお願いします、と言ったので、親方はやっと自分の置かれている状況が理解できたみたいです。
オレ、そういう趣味ないんだけど・・・、と言った辺りで、支払が終わったムキムキ若者の上司が、またやっているな、と判断し飛んできてその手の鎖を切ったのでした。
これには、私が大笑いです。
確かに、彼との会話の中で、新宿二丁目のゲイバーの健全性の話があったので、面白おかしく聞いていたのですが、このような顛末になるとはまさに「事実は小説より奇なり」の出来事でした。


Big Brother helps little sister.



IMG_1799

IMG_1800
今日は月島に出没です。
美味しいさば焼きが食べたくなりました。
今日のお店は当ブログ18回出場の私のお気に入りのお店です。
今日のお店は「めし屋」さんです

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_1801

IMG_1802
お店の外観です。

IMG_1809
店内の雰囲気です。

IMG_1803
メニューです。

今日のオーダー「寒さば定食」@930円です。
IMG_1806
待つこと11分で「寒さば定食」の到着です。

IMG_1810
まずはオカズ四兄弟ですが、今日は海苔の佃煮とキザミ沢庵とわさび漬けと塩辛の四兄弟です。
今日はランチですからネパール人美女はリラさんです。
夜の部のサリーさんも美人ですが、個人的にはリラさんの方が日本人ウケするような相貌であります。

IMG_1808
まずはおかず四兄弟でごはんをいただきます。
海苔の佃煮美味し。
キザミ沢庵美味し。
ワサビ漬け美味しであります。
特に伊豆の塩辛は激ウマです。
本当にこの四兄弟だけで満足してしまいます。

IMG_1807
今日のさば焼きです。
今日のさば君は脂ノリが良くありません。
夏痩せでしょうか。味わいはそれなりに美味しいのですが、流石にこれだけ通っていますので、絶巓の味に比べたら残念感はあります。
まぁ、今日は、リラさんと親しく会話できたので由としますか。
リラさんは8月に暑いネパールに一時帰国するようです。
標高の高い国ですが、夏は暑いそうです。

IMG_1811
暑いと申せば月島で一番?賑わう居酒屋の「魚仁」さんです。
クーラーのない店内で且つ酔人達が声高に話すものですからただただかまびすしいだけのお店ですが、いつも大繁盛です。
コスパ良いのは認めますが、暑い、五月蠅い、臭い、の三重苦の中で、よく飲んでいるなぁと、このお店のお客様の我慢強さは、まさにアメージングであります。

※夏休みの為しばらく休みます。再開は8月15日を予定しています。

それでは(^_-)

月島 めし屋 17th

今日は「朋は同級生、友は同僚」です。
「朋(とも)有り遠方より来(きた)る、また楽しからずや」
いうまでもなく『論語』冒頭にある有名な文章だが、ここではいまの日本人におなじみの「友」でなく、「朋」という漢字が使われている。
これについて『論語』のある注釈は、「師を同じくするを『朋』といい、志を同じくするを『友』という」と説明する。
現代風にいいかえれば、「朋」は学校の同級生、「友」は会社の同僚、ということにでもなるだろうか。
論語では「友」ではなく「朋」がやってきたというのだから、昔の同級生が遠くからはるばるやってきたというわけだが、では彼はどのようにしてやってきたのだろうか。
なにせ孔子の時代だから、鉄道や車などはもちろん使えず、歩いてやってきたにちがいない。
また通信手段とてほとんどなにもない時代だから、その「朋」はおそらく事前の通知もアポイントもなく、いきなりやってきたのだろう。それはきっと、とてもうれしかったことにちがいない。
「朋」は《月》が並んでいる形になっているが、この《月》は《貝》が変形したもので、「貝」は古代においては財産のシンボルであった。
「朋」はそんな財産の象徴であった貝をいくつも紐(ひも)でつないだ形で、多くの財宝を意味する文字だったのだが、それがやがて「友だち」という意味で使われるようになったのは、「朋」が「鳳」と同じ発音であったからだという。
鳳は地上に理想的な平和が実現された時に出現する想像上の鳥とされるが、画数の多い漢字なので、古い時代には「鳳」のかわりに、より簡単に書ける「朋」でその鳥のことを表すこともあった。
鳳は鳥の中の王様であって、王様であるかぎり、大勢の家来がつきしたがう。そのことをふまえて、中国最古の文字学書であり、漢字研究の聖典とされる『説文(せつもん)解字(かいじ)』は「朋」と「鳳」を同じところに配置して、「鳳飛びて群鳥従うこと、万をもって数う、ゆえにもって朋党の字となす」と記している。
朋(=鳳)が飛びたつと、1万羽以上もの鳥があとにつきしたがう。それで「朋」の字に「朋党=仲間」という意味ができた、というわけだ。
日本経済新聞「朋は同級生、友は同僚」より転載

4273_L
朋(鳳)は鳥の王様で、その朋(鳳)が飛び立つと、1万羽以上もの鳥があとにつきしたがうので、その威容から仲間という意味ができたのです。
中国では親友のことを朋友(pengyou)といいますが、彼らの意味合いは親友ですので、朋(鳳)を敷衍すれば、そのような解釈になるのでしょう。
10641224_1616073008629862_4954911395307555409_n
加えて朋(鳳)には、お札の首飾りという意味合いもあり、なんともバブリーで結構な漢字なのであります。

今回のフリネタですが、実は、私の妹の名前はこの朋がつくのです。
所謂、朋美、朋江、朋子のような名前なのです。
実は、父親が切望していた始めての女の子でして、その為か名前がなかなか決まらず、とうとう名前の提出期限の当日の土曜日の朝、正しくは三日前の土曜日に名前の打合せをしたのです。
提出締め切りの月曜日は仕事が多忙でいけないので土曜日になったのです。
くだんのとおり母親と私が父から呼ばれて、名前をどうしようか、という事になり、侃々諤々の議論の中で、私が強く提案した、知恵が実る子供という意味合いの「実智子」に決まったのでした。
母親も美知子妃殿下と音が一緒なのでとても気にいってくれました。
名前が決まってから役所にいくのですが、なぜか、その日の父は、車ではなく都電にのって役所にいきました。
今回、このフリネタを書くので調べていてわかったのですが、父は私が生まれてから10年間、住所移転の手続きをしていなかったのでした。
従いまして、出生届は当時住んでいたところの区役所ではなく住民票のある台東区にいかなければならなかったのですね。ちなみに産院のある区役所でも届け出ができたのですが、妹の産院も台東区ですから他の選択肢はなかったのでした。
さら〜に、車で行けば、私がくっ付いてくる可能性がありますので、敢えて都電を選んだのでしょう。
今日の今日までこの事実は全く知りませんでした。
その都電に乗って行って台東区役所に行って昼前に帰ってきた父が言うのには、名前は「朋△」にした、というのです。私は、皆で決めた「実智子」じゃないの、と口をとんがらせて文句を言うと、父は、受付した戸籍係の女性の名前が、「朋△」で、とても良い名前だなと思ったから替えたのだ。いずれにしても、この名前は役所が受理したので、この娘(こ)は、今日から「朋△」だ、という事になりました。
私は、しばらくは「実智子朋△」とふざけて呼んでいたのですが、それもおかしなものだと思い、ある時から「朋△」に変えました。
その妹も大台の年になりました。
個人的には、知恵が実る子供の名前にしていたら、多分に名前負けしていたと思い、友達とお金が集まる「朋△」という名前は、現在、名は体を表しておりますので、宜しかったのではと思う今日この頃であります。


こびりついたシールをキレイにはがす裏ワザ


IMG_1270
今日は月島に出没です。
久々に「さば焼き」が食べたくなりました。
今日のお店は「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_1260
お店の外観です。

IMG_1265
店内の雰囲気です。

IMG_1261
メニューです。

IMG_1263
おかず二兄弟が三兄弟に戻りました。
本日の三兄弟の明細は、たくあん、海苔の佃煮、アミです。

今日のオーダー「寒さば定食」@930円です。
IMG_1266
まずはおかず三兄弟でごはんをいただきます。
たくあん美味し。
海苔の佃煮美味し。
アミ美味しであります。

IMG_1267
待つこと9分で「寒さば定食」の到着です。
見た目、光っています。
さら〜に、今日は美人のサリーちゃんが目の前ですから、まさに「両手に花」状態であります。

IMG_1268
それでは実食です。
今日のさば君は脂が甘いですね。
魚肉は、しなやかで且つ弾力があります。
今日のさばはスーパーデリシャスです。
久々に口福の坩堝(るつぼ)状態となりました。
大満足の夕食になりました

それでは(^_-)

月島 三好弥 10th

今日は「土方歳三異聞」です。
hijikata_toshizou
先日の講座で、「土方を撃った男」について話しを聞いた。
講師の好川氏は、北大名誉教授である米田(まいた)義昭氏の曾祖父、米田(まいた)幸治氏が、土方の狙撃者であった可能性が高いと、そう実感しているようだ。
箱館戦争時、米田幸治は松前藩士。
26歳ながら八番隊を率いていた。
総決戦の時、一本木付近から騎馬で突進してくる若い兵士を見たという。
陣羽織を来た姿と先頭を切って来る果敢さから、きっと名のある指揮官だろうと思った。
米田隊長は部下に「撃て!」と命じた。
しかし突進してくる指揮官の威風に押されてか、八番隊の部下達は誰も撃てない。
そこで米田隊長が自ら銃撃。
すると騎馬から陣羽織を着た若き指揮官が落馬した。
すぐに近づける状況ではなく、米田隊長は銃撃戦と砂埃が収まってから撃った男を確かめに行った。
しかし、撃った陣羽織の男にはすでに首がなかった。
そこで米田隊長はその亡骸の上着をめくってみると「土方」の文字が。
実は、昭和40年代まで、土方を狙撃した者については何も分かっていなかった。
狙撃され馬から落ちてという説が有力ではあったが、異説もあり、曖昧だったところに、土方を撃ったらしき者の証言が急浮上して歴史研究者や歴史作家が色めき立った、というわけだ。
なぜ昭和40年代まで衆知されなかったか。
それは、米田隊長から息子へ、そしてさらに息子へ、と家の中だけで語り次がれてきた逸話であったから。
米田氏の祖父が亡くなった葬儀の際、たまたま弔辞で「松前藩士の子で、父はあの土方を撃ったとされる・・・」という話しが披露され、それを聞いていた誰かが「それはすごい話しだ」と世間に広めたらしい。
土方を撃った男・米田隊長の曾孫に当たる米田義昭氏はこう話しているそうだ。
「曾祖父が撃ったという陣羽織の若い指揮官が、本当に土方歳三であったかどうかは分からない。
しかし、曾祖父から祖父へ。祖父から父や自分へと伝承されてきた話しは真実である」
近藤勇は板橋で処刑され、首は京都三条河原で梟首。
土方は、このような最低最悪な仕打ちを受けないよう、側近者が必死に首を守ったのだろうと、私は想像している。
身体と首の埋葬地はそれぞれ諸説あるが謎のまま。
明治20年代に土方の身内が室蘭警察に頼んで、函館市吉川町の極楽寺(の本堂の下)から別の場所へ改葬した、という説があり、この説の支持者が多いらしい。
Bar MIBURO さんブログより転載

土方歳三の最後は銃弾の腰間貫通により落馬してから死亡しました。その後、敵に土方の首を持ち帰らせない為に旧幕軍の兵士によってその首はおとされ、その首を持ち帰ったとされています。
司馬遼太郎先生の「燃えよ剣」では大鳥圭介が部下を使って暗殺したように書かれていました。
理由は、新政府軍に対して常勝将軍であった土方が永らえば永らえるほど和平調停ができなくなるからです。
司馬先生の暗殺説は、馬上にいる土方を撃つのであれば、馬の首が邪魔して打てないから、後ろから飛んできた銃弾が腰間を打ち抜いたという仮説から構築されています。
要は旧幕軍、即ち味方の銃弾に倒れたという説です。

一方で米田隊長が射殺したくだりにも疑問があります。
松前藩が明治2年に作成した公式文書「戦争御届書」によりますと、米田隊長は土方歳三と対峙した場所に確かにいたのです。
しか〜しこの記録によれば両者の向き合った距離は約300Mです。
当時、米田隊長が使用した火縄銃の有効射程距離の約100Mです。
従いまして、300Mであればその有効射程距離をはるかに超えています。
火縄銃は飛ぶだけなら700〜1,000Mは飛びますので物理的には当たるのです。
くだんの米田隊長は松前藩の武芸士であり且つ鉄砲指令士でその銃の技量は卓越したものをもっていたのです。
従いまして、米田隊長の飛弾は、その技量をもってすれば土方歳三の腰間を射ぬいたとしているのです。
ただし証拠はありませんが、その息子は本人から土方歳三射殺のくだりは幾度も聞かされていて、上述のとおり明治、大正、昭和と語り継がれてきたのです。
司馬遼太郎先生は数多くの弟子に手分けさせて資料を調べさせる作家なので、今までは大鳥圭介暗殺説が真であると思っていました。
しか〜し、このBar MIBURO さんのブログを見ますと米田幸治氏射殺説が正しいように思います。


うまいギタリストがやったら、ギターが単一楽器ではなくなります。



IMG_8488
今日は月島に出没です。
玉子中毒の血が騒ぎました。
今日のお店は、このブログでお馴染の「三好弥」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-28-1
電話:03-3531-1041
休日:不明(多分日曜日)

IMG_0320
お店の外観です。

IMG_8481
店内の雰囲気です

今日のオーダー「ベーコンエッグライス」@ 830 円です。
IMG_0322
待つこと1分でお新香の到着です。
たくあんの黄色が目に鮮やかに映ります。

IMG_0323

IMG_0324
待つこと5分で「ベーコンエッグライス」の到着です。
玉子好きには垂涎の的のビジュアルです。

IMG_0326
それでは実食です。
今日の「ベーコンエッグライス」ですがベーコンのカリカリがいいですね。
絶妙な食感です。
溶岩半熟玉子も良い味わいです。
これにマヨネーズと醤油をかけ回して渾然一体にしていただくのですが、これこそB級の至高の味わいです。
大満足な夕食でした。

それでは(^_-)

築地 ととや リターンズ

今日は「ランキングバトル」です。
img_02
この間、高校の同級生達と花見の帰りにカラオケに行って参りました。
最近のカラオケって「ランキングバトル」という機能が付いているのですね。
最初は皆面白がって挑戦していたのですが、その内にあまりにもランキングがあがらないので、皆が不愉快になってまいりました。
私たち年代は「競争社会」で揉まれて育ちましたので、人に負けるのが嫌いなのです。
ですからカラオケを楽しむのではなく、ただただ点数を上げるのに工夫をするようになり、その結果冒頭に書きましたように面白さが半減してきたのです。
さりとてこの機能の止め方を誰も知らず2時間半もこのランキングバトルに挑戦し続けていたのでした。

帰宅してネットで点数を上げる歌い方を調べてみましたら以下のようなハウツーが書いてありました。
1.間奏中、余計な声、雑音を入れない。
2.キーがずれないように歌う。
3.歌詞を間違わない。
4.必要以上に余計なビブラートを使わない。
5.歌い出しをずらさない。
6.メロディーライン通りにきっちり歌う。
なるほどねとは思ったのですが、なにか社内規程細則みたいな感じがして鼻白んでしまいました。
そこまでマニュアル通りに歌って楽しいのでしょうか・・・

現在の若者はこのランキングバトルを支持しているのでしょうか。
私はしていないように思います。
理由はシンプルです。
今の若い世代は競争が嫌いだと臆断しているからです。
その根拠の一つが、今の新入社員は、同期をさん付けで呼んでいることです。
部内の新人にその理由を聞きましたら、人によっては呼び捨てにしますと、お前からは呼び捨てで呼ばれる筋合いはない、と言われる恐れがあるのでそれを婉曲的に回避しているとの事でした。
多分にライン、フェイスブック、ツイッター等のSNSカルチャーの副産物で、要は他人との直截の軋轢を避けたいという事なのでしょう。
これが「競争が嫌いだ」と決めつけるのは短絡的かもしれませんがで〜も深謀遠慮ではあります。
今の若者は非競争社会というぬるま湯に漬かりたい世代だと思っています。

最後に、私たち皆が歌う歌は全国でも歌っている人間は、平均しますと20人前後でした。
カラオケのマイノリティーであることが結果的に証明されてしまい、これまた不愉快な気持ちになってしまいました。


きらり輝く



IMG_9201

IMG_9203

IMG_9202
今日は築地に出没です。
ということで今日のお店は焼き鶏丼の名店「ととや」さんです。

住所: 東京都中央区築地6-21-1
電話番号:03-3541-8294
休日:土、日、祝日

IMG_9214
お店の外観です。

IMG_9212
店内の雰囲気です。

IMG_9213
メニューです。

今日のオーダー「焼鳥丼&スープ」@1,150+@150=1,300円です。
今日は初めての2階席です。
雰囲気が1階とはかなり違います。

IMG_9209
待つこと6分で「焼鳥丼&スープ」の到着です。

IMG_9211
スープ美味しです。
鶏の滋養が濃縮されています。


IMG_0136
続きまして焼鳥丼です。
鳥肉が柔らかくとてもジューシーです。
焼き加減照りともども結構です。
オコゲもいい味わいです。
加えて脂ののりも過不足なくて結構です。
とくにポン尻は超秀逸です。美味しい。
マシュマロが鶏肉に変じたようです。
柔らかいですよ。
ご機嫌な昼食でした。

それでは(^_-)

勝どき the肉丼の店

今日は「雷門DE大乱闘 其の四」です。
9
おそ先に失礼、と言って逃げ出そうとした、私の右腿の裏面に激痛が走りました。
馬鹿野郎!痛ぇじゃないか。
本気で蹴るのは反則だぜ、と言って振り向きざまに回転を効かせた渾身の廻し蹴りを一閃しました。
私が頭に描いたのは私に蹴られた相手が倒れ込んでいる画像でしたが、その真逆でニコッと笑って左手でしっかりと私の得意技をブロックしている機動隊員が目の前にいました。
喧嘩のプロがきたのかよ、マジか、とつぶやいたものの人だかりの多い金曜日のしかも雷門の門前で若者が大乱闘しているものですから、雷門派出所は第六方面本部の機動隊の出動を要請した模様です。
彼らは幕末の京都の浪士を慄然とさせた新選組と同様に一対一の戦いはせず、必ず一対二、若しくは一対三のようなハンディキャップバトルを仕掛けてきます。
私は大きな深呼吸を一つして態勢を立て直して戦いを再構築したのですが、一人を殴っていると、もう一人が私の空いている箇所をめがけてミドルキックを入れてくるものですから、さすがに押されてきました。
彼らは傷が露出する外傷を嫌うので衣服で隠れている腹部とか両脚を狙ってきます。
従いまして、ダメージは時間の経過とともに幾何級数的に増えていくのです。
全く勝ち目なし、と思った私は徐々に雷門通りに後退しながら退路をうかがっていました。
私の描いた逃避行は雷門通りのガードレールに足をかけ、そこから大きなジャンプをして路肩に止めてあったパトカーの屋根の上をゴロゴロと右に転がり、その勢いて道路に飛び降り、そのまま反対車線までダッシュして、対面にある都営浅草線の浅草駅の地下通路に逃げ込むという絵図を書いていたのです。
相手が殴り合いに疲れ大きな深呼吸をして手を休めたので、今しかないと思い、馬鹿野郎、おととい来やがれ、と言ってふりむきざまに華麗なるステップを左右にポンポンと踏みますと、予定のガードレールが見えてきました。
wst1510280033-p1
ここから三段跳びのようにホップ、ステップ、ジャンプと跳躍してガードレールに着いたら、そこに足を掛けて一気に跳ね上ってパトカーの屋根に飛び移り、後はゴロゴロと転がりパトカーの反対側に降りさえすれば無罪放免なのです。
ところが・・・
オニイサン、映画のようにはいかないよね、と乾いた声が私の背後から脚を掴んで、パトカーの屋根の上から路上に一気に私の体を引きずり下ろしたのです。
脚部をかなり蹴られていたので普段の跳躍ができず屋根の上に登るまでが精一杯だったのです。
o0401029912454029985
地面にガマカエルのように這いつくばった私の背中に、機動隊員から安全靴(鉄芯入りの作業靴)のストンピングがドスドスと刻まれました。
たまらず私は、痛ぇじゃないか!背骨が折れたらどうするんだ、と叫びますと、まだ威勢がいいじゃないか、とさらに倍の安全靴が落ちてきました。
事ここに至るという心境になった私は、もう抵抗しません、と泣きを入れたのを潮時にストンピングの豪雨が止みました。こういうのを「白旗を揚げる」というのです。

13432_01
二人の警察官に挟まれてパトカーで所轄の警察署に連行されました。
若い警官から、いい動きしていたじゃないか。喧嘩なんかに明け暮れてないで改心して機動隊に来いよ、とお誘いがあったのですが、徐々に体のあちこちの打撲が熱を持って痛んできたので変に逆らう元気もなく、喧嘩なんかしたことがありません。今日は先輩たちと歩いていたら乱暴な学生さん達に言いがかりをつけられ殴られただけです、としおらしく言いましたら、ニイチャン、嘘つくと偽証罪も付くからね、と笑い飛ばされたのです。
浅草警察署につきましたら乱闘に加わった全員が連行されていました。
私たちの相手は東洋大学の体育会の人間で、同部内に浅草出身の者がいたので観光を兼ねた飲み会をやっていて、それが終わったので浅草寺にお参り行こうということになり、傍若無人に歩いていたところ、くだんの乱闘になったのでした。
東洋大学の学生は12人で地元浅草の人間は6人でした。
それを聞いて、倍の人間と闘ったにしては善戦だったな、と私は妙な感動を覚えていました。
みんな日ごろ鍛えているので、大きな怪我をした者はいなく、それは幸いでしたが、お岩顔の人間も複数いましたので、そこそこの乱闘だったのでしょう。
署内で浅草の先輩から、お前らそれなりの大学に行っているんだから、ゼッテイに本名を言うなよ、偽名で通せ、と厳命されました。
私はこのような場合、剣道の試合で絶対に勝ったことがない大苦手の郁文館高校の△△君の名前、住所を使わせてもらっていますので、事件調書にはスラスラと偽名をあたかも本名のように書いていました。
しばらくして若大将が浅草つながりで向こうの責任者と示談で話をつけ、加えて台東区の区議会議員にもらい下げを依頼したものですから、留置場にいたのは90分位でした。
時計の針が12時を廻った頃、その前に署に来ていた区議会議員が署長との話がついたみたいで留置場から出されて無罪放免となりました。
署の玄関先で、浅草の人間だから喧嘩の一つや二つをするくらいの元気がなければいけません。
聞くところによると学生さんもいるみたいだから、その有り余ったエルギーは勉学にむけてください。
君たちが浅草の未来を背負って立つのですよ、と議員さんから活を入れられて解散です。

IMG_7573
煌々と輝く大きな満月に雷門での健闘の賞賛を受けながら、いつもの反省会の会場である千束にある「末っ子」までみんなで歩いていきました。
するといたるところで若いのが駆け寄ってきて、チンピラ学生を雷門でシメタんですって、さすがっすね。
皆、拍手喝采すよ、と激励の声掛けです。
さらに歩いていくと、そのスジのコワイ方から、よく頑張った。負けたら殺すところだったぜ、と脅かされ、この夜の乱闘はいち早く浅草中での大話題になっていたみたいです。
そりゃそうでしょう、あれだけのパトカーが雷門の前に横付けされたのですから。
「末っ子」につくと、まずはビールで勝どきの乾杯をして、後は論功行賞です。
誰が、一番倒したとか、誰が一番殴られたとかで大盛り上がりです。
私もそれなりに貢献したのでハイテンションで飲んでいました。
これが浅草のストリートファイトの良いところなのです。
今は昔の話です。
決して「暴力礼賛」ではありませんので那辺は宜しくご理解ください。


フリネタに合わせました。
「The House of the Rising Sun」とは、19世紀に実在した刑務所のようです・・・



IMG_8791

IMG_8778
今日は勝どきはトリトンスクエアに出没です。
トリトンは大手総合商社が入っている複合施設ですが、たいしたレストランはありません。
かなり物色しました結果今日のお店とあいなったわけです。
今日のお店は「the肉丼の店」晴海トリトン店さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8 晴海アイランドトリトンスクエアW棟 2F
電話:03-6204-9936
定休日:無休

IMG_8779
お店の外観です。

IMG_8785
店内の雰囲気です。

IMG_8786
メニューです。

今日のオーダー「絶品ポークソテー丼」@780円です。
IMG_8787
店内に入ると女性店員が、食券を買ってください、と怒鳴ります。
あらコワイ、と大人しく食券を買い求めますと、今度は、水はセルフサービスです。
自分でお取りください、と今度は上から目線で言いきります。
さすがに腹に据えかねたので、食券をこのお嬢さんの口の中に突っ込んで帰ろうかなと思ったのですが、するワケがありません。
あまりに癪なので水を取らずに席につきましたら店長らしき人がヘコヘコと水を持ってきました。
労働力不足なのでこのような女性も雇わなければならないのでしょうね。
武士は相見互いなので、店長の心情を察してありがたくお水をいただきました。
単に冷たい水でした、ハイ。

IMG_8789
待つこと7分で「絶品ポークソテー丼」の到着です。
見た目ニクニクしています。

IMG_8790
それでは実食です。
肉は柔らかくて美味しいのですが、タレが生卵に負けています。
どうなのでしょうか、この味は好き好きですね。
もう少しメリハリのある味の方がよかったです。
IMG_8784
まぁ、デイズニーのアニメを見ながら食事ができたので良しとしますか・・・

それでは(^_-)

月島 めし屋 16th

今日は「睡眠を削ると寿命が縮まる」です。
img1
忙しい人に限って、睡眠時間が短くなる傾向があります。
睡眠時間を削って仕事の時間に当てようということですが、これは、仕事の効率を確実に下げると同時に、健康も害し、命を削る行為なので、絶対にするべきではありません!
アメリカで100万人を対象行われた、 大規模な睡眠時間と寿命に関する追跡調査では、1日6.5時間〜7.5時間の睡眠時間の人が最も死亡率が低く、それより多くても少なくても、寿命は短くなる傾向が観察されました。
いろいろな研究を総合すると、睡眠時間7時間前後の人が、最も長生きできるのです。
睡眠時間、6時間をきると、様々な健康上の問題が現れ、寿命が短くなる、ということが言えます。
睡眠時間を削るとがんのリスクは6倍、脳卒中のリスクは4倍、心筋梗塞のリスクは3倍、高血圧のリスクは2倍、糖尿病のリスクは3倍以上へと跳ね上がります。
日本人男性を対象にした研究で、睡眠時間が6時間以下の人は7〜8時間の人に比べて死亡率が2.4倍高くなる、という報告もあります。
睡眠を削ることは、命を削ることに等しいのです。
睡眠を削って仕事をしても仕事がはかどればまだいいのですが、睡眠を削ると、翌日以降の集中力が大きく下がりますので、トータルで仕事の効率を大きく下げて、時間を失っているのです。
8時間睡眠を基準として、6時間及び4時間の睡眠時間を14夜連続観察し、脳機能への影響を調べてした研究があります。それによると、作業機能、認知機能、覚醒維持機能の全てが、8時間睡眠に対して6時間睡眠、4時間睡眠と順に日を追うごとに悪化していました。
6時間の睡眠でも認知機能の低下が認められるのです。別な研究では、人が日中に明晰な状態を維持するためには、7〜9時間の質の良い睡眠が必要であると報告しています。
ということで、忙しいから、仕事が終わらないので、睡眠を削る。
睡眠を削ると、集中力が低下して、仕事がはかどらないので、やはり仕事が終わらないので、もっと忙しくなる。
忙しいから、睡眠を削る。
睡眠削減の「負のスパイラル」
この「負のスパイラル」に入っている人が山ほどいます。
では、「忙しい」人はどうすればいいのか?
どんなに忙しくても「7時間の睡眠を確保する」ということです。
朝7時起きの人は、12時には、仕事をやめて必ず布団に入る。
それを、ルールにすることです。
きちんと睡眠をとれば、仕事ははかどるようになります。
忙しいから睡眠を削るのではなく、忙しいから睡眠を増やすのです。
嘘だと思ったらやってみてください。
睡眠時間を確保した方が、圧倒的に集中力が高まり、仕事の効率もアップして「忙しさ」から解放されるのです。
「睡眠を削ると寿命が縮まる」樺沢紫苑公式ブログより転載

このフリネタの樺沢先生のおっしゃっている事はよくわかります。
毎週土曜日にこのブログを書き溜めしています。
良く寝た日は緻密な推敲ができますが、短時間睡眠の時は緻密な推敲はほとんどできないというか、脳がはなから拒否反応を示すのです。睡眠時間を確保した方が、圧倒的に集中力が高まり、仕事の効率もアップしてくるのは私の経験からも証明できます。

睡眠時間は夫婦ともども5時間前後です。
それでもその睡眠時間での耐性ができていてあまり問題はありません。
重要視するのは眠りの質です。
どうでしょう、寝たら夜中に全く目が覚めないのは週に半分くらいでしょうか。
Skincare_15994_4
それでも現在停酒していますので、飲酒時代に比べたら睡眠の質は格段に好転しています。
夜になっても何故か、気分が興奮して眠れないというときにアルコールを飲めば、ホッとできて寝つきがよくなる 可能性はあるのです。で〜も、それが大きな落とし穴なのですよ。
その作用は気持ちをコントロールするのにはある程度有効なのですが、実際にお酒で眠ろうとすると、大量のアルコールが必要になります。
アルコールは、少量だと興奮性の作用をもつため、お酒で眠ろうとすると、かなりの量を飲まなくてはならなくなります。そのうえ、深酒を習慣にしてしまうと アルコール耐性ができてしまうため、さらにアルコールの量が増えることになり、最終的にはアルコール依存症+不眠になってしまいます。
私がその典型的な人間でした。
本来、睡眠は脳と体を休息させる時間ですが、毎日大量にお酒を飲んでいれば当然、アルコールを分解するために肝臓などの内臓は休むことができません。
また、大量のお酒を飲んで眠れても、実はそれは、本来の眠りではありません。
先ほど述べたように、それは中枢が麻痺して意識を失った麻痺状態になっているだけなのです。
そのため、本来、睡眠中に行なわれる機能回復過程はほとんど停止してしまっているといわれています。お酒の飲みすぎは生活習慣病にもよくないといわれ ますが、眠りの質が低下することも影響しているといえるでしょう。
本当に停酒してよかったと思えるのはこのような時だけですね(笑)
いいですか皆さん、睡眠を削ることは、命を削ることに等しいのですよ、ご自愛ください。


総統閣下は森友学園の件にお怒りです・・・



IMG_8709

IMG_8708
今日は月島に出没です。
久々に「さば焼き」が食べたくなりました。
今日のお店は「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_8719
お店の外観です。

IMG_8720
店内の雰囲気です。

IMG_8721
メニューです。

IMG_8728
お店のネパール人の男性スタッフから座るやいなや、水はセルフサービスです。
飲みたかったら自分でとってきてください、と言われました。
最近、彼のこのようなぞんざいな口跡が気になります。
日本人ではないのでお店の誰かの言い方を真似していて、そのような話し方になったのでしょうが、正直感じが悪いですね。奈良間のオヤジさんから注意すればいいと思うのですが、オヤジさんも最近ボケてきているし、要は嫌なら行かなければいいのでしょう・・・

IMG_8727
加えてオカズ三兄弟も離散してしまいました。
現在はこのような二兄弟になりました。
これまたがっかりです。

今日のオーダー「寒さば定食」@930円です。
IMG_8723
待つこと12分で「寒さば定食」の到着です。
見た目、今日の寒さばはいつもより光り輝いています。
それでは実食です。

IMG_8724
この寒さばは掛け値なしに美味しいです。
ほどよい脂のりにはほのかに甘みさえ感じます。
これは極楽の味です。
やはり、このお店のさばは別物ですね。
前言撤回します。
ネパール人のぞんざいな言い方おおいに結構です。
オカズ三兄弟が離散しても結構です。
水はお店にはいるやいなや取ってから席に座ります。
これからも引き続きおいしいし「さば定食」を供し続けてください。
お願いします・・・

それでは(^_-)

月島 三好弥 9th

今日は「あら懐かしい・・・」です。
IMG_8491
この画像の少年は商店街の本屋で熱心に立ち読みをしていました。
本屋で立ち読みって死語ですよね。
この懐かしい光景に遭遇してとてもうれしく思いました。
お小遣いが少なかった事に反比例して本の値段が高かった為に、本好きだった私は小さい頃にはこの少年のようにほとんど毎日立ち読みをしていました。

当時の本屋さんは子供の立ち読みには厳しかったのです。
はたきで頭をはたかれるのは当たり前でしたし、長い時間、立ち読みをしていると、買ってからそこで読め、といいがり的な怒声がよく飛んできたものです。
継続して読んでいる本は、日をおいての立ち読みに行くと所定の場所から移されるのは日常茶飯事でした。
その対抗策として本の後背に読みかけの本を隠してそれを防いでいました。
このような本屋さんとの攻防戦に下町の本好きな子供は命をかけていたのです。
本屋のブラインドサイド(しあわせの隠れ場所)を見張るために天井の角々にカーブミラーを常設したのにはエポックメーメーキングでした。
そうか本屋のオジサンは、立ち読みより万引き犯を恐れいたのだったのだ、と小さな脳細胞はそこまで考えが至らず、まさにリーサルウエポン(最終兵器)の出現のように思えたのです。
長じてセブンイレブンが、客があたかもあふれかえっているように演出する為に道路際に面したガラス面に本コーナーを設置し、意図的に立ち読みさせていたのには隔世の感を感じました。


この先生エライ!



今日は久々に月島に出没です。
すこし月島を紹介します。
IMG_8478

IMG_8487

IMG_8488

IMG_8499

IMG_8501

IMG_8503 

まずは漫画「美味しんぼ」でフィーチャーされてからブレイクした「岸田屋」さんです。
個人的には、このように並んで食べなくても、月島にはこのお店よりもっと「安美味」のお店は沢山あります。
IMG_8489

IMG_8490

今日一混雑のもんじゃ屋「蔵」さんです。
混雑のお店は多分にメディアでのフィーチャーによって可変しますので、行列ができているからと安易にお店を選ぶのはよした方が良いと思います。
IMG_8493

路地中の居酒屋「げんき」さんです。
ここでのお酒は自らの持ち込みです。
最近は知りませんが変わっていたらあいすみません。
このお店の煮込みは昔の新宿のションベン横丁等でよく見られた串刺し煮込みです。
なかなか美味ですよ!
IMG_8496

IMG_8494

IMG_8495

ということで今日のお店はこのお店です。
今日のお店は、このブログでお馴染の「三好弥」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-28-1
電話:03-3531-1041
休日:不明(多分日曜日)

IMG_8479
お店の外観です。

IMG_8481
店内の雰囲気です。

IMG_8483
メニューです。

今日のオーダー「ベーコンエッグライス」@ 830 円です。

IMG_8482
待つこと1分でお新香の到着です。
たくあんの黄色が目に鮮やかに映ります。

IMG_8484
待つこと7分で「ベーコンエッグライス」の到着です。
玉子好きには垂涎の的のビジュアルです。

それでは実食です。
IMG_8485
何でこんなにもこの「ベーコンエッグライス」は美味しいのでしょうか・・・
ベーコンはその存在感を示しながらでもでしゃばらない、そのために半熟玉子のまったりとしたたおやかさを際立たせています。

IMG_8486
ベースに敷いてある千切りキャベツ、とろけ出した玉子の黄身、ベーコンの脂身にウースターが渾然と混じり合いますと、得も言われぬふくよかな味わいに変わります。
これには毎回ノックアウトされます。
天国にいるような気分です。
とても美味しい。
花丸五つ進呈です。合格合格合格合格合格

それでは(^_-)

続 新富町 一凛

今日は「潮目」です。
sawamura
ほとんど野球中継は見ませんがこの間といっても10月10日のセCSファーストステージ巨人対DeNAの試合は奥様と観ていました。
個人的には間違いなくDeNAが勝つと思っていました。
理由はDeNAに勢いがあったからです。
実際、延長の10回からマウンドに上がっていた守護神の沢村拓一投手(28)が、緊急降板した辺りで潮目が変わったのでした。10回を3人で抑えた後の11回、先頭の倉本の打球が沢村投手の右足に当たりもん絶(記録は投安)し、ベンチ裏に引き揚げ治療を試みましたが、無死一塁で無念の交代となったのです。
マウンドを引き継いだ田原はDeNA嶺井に決勝打を浴び、沢村に黒星がついたのです。
巨人の切り札が不運なケガで降板するとは、DeNAは敵の怪我をも味方につけたのでした。

物事がうまくいく時ってこのような巡りあわせがあります。
lgf01a201310221300
仕事の上の私は6年に一回くらいにビッグホームランをかっ飛ばします。
最初のホームランは周りの人から獲れたら奇跡と言われた案件をただただ熱心さだけで他社をひっくり返しました。熱心と申しても、ほとんど毎日に22時に呼び出されて打合せをして深夜に帰社して、次の日の朝一番で打合せ内容を踏まえた提案書を作るというものでした。
当初は為念資料的位置づけでしたが、毎日熱心に通う内に潮目が変わっていったのです。
2ヶ月くらいしたある日、先方の部長たまには飲むかという事で25時までつき合わされ、別れ際に次の日に朝8時に来るようにいわれて、二日酔いの頭でその会社に出向きました。
そこには先方の部長は私と飲んだ後貫徹したみたいで、髭ぼうぼうの顔で飲みかけのコーヒーカップを持ち煙草をくゆらせながら現れました。そしておもむろに私が追っかけていた案件の仕様書を私の前に投げすて、見てみろ、とぶっきらぼうに言い放ったのです。
私はまさかと思いながら、仕様書の中身を確認しますと、競合先であった特記事項が当社に変わっていたのでした。金額にして10億円の大型商談を28歳の若造が受注した瞬間です。
全体では何千億円の案件ですから一部の仕様を変更するのは面倒さこそありますが、物理的には可能なものであるものの、今このように振り返りますと大大感謝であります。

多分ですよ、私が若いので最初はからかい半分だったはずです。
しか〜しとことん食らいついてきたので、冗談ですませなくなり、最終的には会社を巻き込み仕様書を変えさえたのです。当の本人は、ただ夢中に先方の投げる球を必死に受けていただけなのですが、途中からこれは取れるなと夢想し始めていたのでした。
理由は潮目が変わってきているのが分ったからです。
特に深夜に亘る打合せは、その部長の恣意的な変更なので夜しかできなかったからなのでした。
帰社する道すがらおぼろげだった勝利の女神の顔が日々はっきりとしてきたのも懐かしい思い出です。
爾来、大きな取引が決まる時の流れが皮膚感覚でわかるようになりました。
最初はガチャガチャと不協和音を奏でたオーケストラが、好転してきますときれいなハーモニーに変わっていくのです。そうなりますとやる事なす事が全てうまくいくのです。
逆に最初のガチャガチャがず〜っと取れない場合は100%失注になります。

大きな案件をとるのはフィジカル、メンタルを合わせた総力戦です。
決まった時の感動は筆舌に尽くせません。
仕事って楽しいなと思う瞬間でもあります。
そして、いまこの幸せを喜ぶこともなく、いつどこで幸せになれるか、この喜びをもとにさらにこれからも全力で進めていこう、と思うのです。
従いまして、うちの若手にもこの成功体験を移植しようと試みている今日この頃であります。


神ってる!



IMG_5635
今日は新富町に出没です。
今日のお店は四川料理の再訪店です。
今日のお店は東京チャイニーズ「一凛」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-5-8
電話:03-3542-6663
定休日:日曜・祝日・第一月曜日

IMG_5645

IMG_5646
お店の外観です。

IMG_5639
店内の雰囲気です。

IMG_5638
メニューです。

今日のオーダー「黒酢の酢豚とよだれ鶏の御膳」1,300円です。
IMG_5636
久々に来ましたらお店に行列ができていました。

IMG_5640
待つこと5分で「黒酢の酢豚とよだれ鶏の御膳」の到着です。
見た目鮮やかですね。

それでは実食です。
IMG_5641
まずは酢豚です。
カラッと揚がっています。
肉が甘くて美味しいです。
衣もよい食感です。
なんでしょう、こんな美味しい酢豚食べたのは初めてです。
黒酢が無くても十二分に美味しいです。

もち豚焼売も秀逸です。
IMG_5643
渡辺直美さんが焼売になったような感すらあります。
モチモチです。
これも美味しいです。

よだれ鶏です。
IMG_5642
パクチが沢山入っていてご機嫌です。
これは業界標準ですが、美味しいです。

溶き卵スープです。
IMG_5644
熱々で結構です。
中に浮かんでいるコーンのツブツブ感が最高です。
美味しいです。

ここの齋藤シェフは四川飯店赤坂本店にて長年修行なされた方です。
個人的には四川飯店赤坂本店よりこのお店の味の方が好みであります。

それでは(^_-)

晴海 築地食堂 源ちゃん

今日は「こんぴらや」です。
original
今日はかつて浅草にありました「こんぴらや 」さんという讃岐うどん屋のオバサンの話です。

original2
私が大学三年生の時でした。
浅草千束での飲み歩きに疲れ、小腹が空いたので「こんぴらや」さんに入りカウンターにすわり玉子とじうどんと熱燗大徳利を注文しました。時間は26:00頃です。

yjimage1
しばらくするとキスグレ(酔っ払い)やーさんが店に入ってきて私の隣に座りました。
こりゃやばいなと思いつつも、ホンチャンのやーさんはトーシロ(一般人)には絶対に手をださないので安心していたのですが、くだんのやーさんをよくよく見ますとどっから見てもただの半ちくでした。

yjimage
何かひと悶着が起きそうな予感がしたので、ここに至ってはとことん酔っちゃうことにしたのです。
案の定、隣のやーさんが調理場にいるおばさんにからみ始めました。
自分はドコソコ組のエレェ兄さんだから始まり、酒はぬるいは、酒のツマミはまずいはとお店にあれこれと難癖をつけ始めました。
するとおばさんは、うちはうどん屋なのですみませんね、とひたすら謝っています。
そしてしばらくするとうどんができあがり、やーさんにだされました。
するとやーさんは、今度はうどんが不味い、味がしねえ、よくこんなんでオアシが取れるねとからみたい放題です。
それでもおばさんはず〜っと、あいすいませんね、と謝り続けていました。
一方同じく調理場にいたおじさんといえば、そんなやり取りを敢えて無視するかのようにひたすらうどんを作り続けていました。
私以外の周りのお客はいち早く荒れ場の雰囲気を読み、お愛想をして三々五々と店を退散しました。
ところが私は飲みかけのお酒がもったいなくて帰らなかったのです。

しばらくして状況が一変したのでした。
おばさんが反撃にでたのです。
おばさん「何処の組のエライ兄さんだか知らねえけれど、うちんとこのうどんをコケにするのもいいかげんにおし。
兄さんがいうように本当に不味ければ半分も食えねえだろう。
それを半分も喰ったというのは美味しかったということじゃないのかい」
やーさん「・・・(絶句)」
おばさん「さっきから黙って兄さんのヨタ聞いていたけれどもうどうにも堪忍なんねぇ。
てめえが▲▲組のお兄ぃさんだったら、私はその上の△△組の▼▼さんに今から掛け合うからそのつもりで性根きめてここで待っていな」
やーさん「呼べるものなら呼んでみろや」
するとおばさんはカウンターの上にあった卓上電話を引き寄せ、その△△組の▼▼さんに電話をかけたのです。
おばさん「こんぴらやの▽▽です。店で▲▲組のチンピラが絡んでるんです。
ちょっと来てもらって・・・・」
その後は小声になったので聞き取れなかったのですが、おばさんは用が済んだみたいで受話器をおきました。
そして、すぐ来なさるから、覚悟決めとけきな。エンコ(小指)の一本や二本は飛ぶかも知れないからね、と凄んだのです。そうするとくだんのやーさんはそそくさと帰ろうとしました。
すかさずおばさんは、無銭飲食かい、それなら桜田門(警察)をよぶよ。
オアシはきちんと払っていっておくれ、とキメたのです。
結果、お酒とうどんとツマミのみでその当時のお金で5,000円位(実際は1,000円もしない)をやーさんに請求しキッチリともらったのでした

やーさんが帰ってお店が落ち着いた頃
私「おばさん、すごい迫力でしたね」
おばさん「こわくて今でも足がブルブルだよ」
私「で〜も、しばらくすると△△組の▼▼さんが来るんだから一件落着じゃないですか」
おばさん「堅気の店にその筋の方がきたら、お客さんは寄り付かないよ」
私「もしかするとさっきの電話、うそ電話で一人芝居ですか?」
おばさん「当たり前じゃないかい、あんなキスグレやーさんだからかましたのよ。
でも本音をいうと怖かったわ」
私「・・・(絶句)
さっきからご主人何していたのですか」
おじさん「あまりに怖かったので、うどんを作っていた」

これ実話です。
数年たってから、お店に行った際に、店を継いでいた息子さんにこの話をすると、おふくろは根性あったからな、といって懐かしがっていました。
今ではお店もなくなりました。
おじさんが亡くなったのは風の便りで聞いていましたが、多分おばさんも天に上がっているのでしょう。
私の懐かしい浅草譚でございました。


第一回は見たけれど、こんなになっているなんて



今日は晴海トリトンに出没です。
IMG_5575

IMG_5574
トリトン前にはオリンピック選手村ができるみたいですね。
今日のお店はあまり気のりしなかったのですが、気がついたら吸い込まれてしまいました。
今日のお店は「築地食堂 源ちゃん 」晴海トリトン店さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトンスクエア 3F
電話番号:03-5547-1161
休日:無休

IMG_5577
お店の外観です。


IMG_5582

IMG_5580
店内の雰囲気です。

IMG_5579

IMG_5578
メニューです。

今日のオーダー「源ちゃん丼」1,026円です。
実はゲンちゃんというのは早逝した私の親友のあだ名でした。
彼が亡くなって早いもので11年ですか、月日の移ろいを感じます。

閑話休題。
このお店は株式会社サイプレス(資本金45百万円)が経営するフランチャイズ店です。
海鮮創業店名が「魚屋源兵衛」東池袋店ですからそこから「源ちゃん」という名が冠されたのでしょう。
ちなみにこの会社の社長東稔哉氏 のモットーは「親分経営と計数管理が飲食店の要諦だ」です。
東社長の簡単略歴は以下の通りです。
1960年千葉県生まれ。
中央大学理工学部卒業後、学生時代からアルバイトをしていた中小飲食店に就職。
在職中の10年間で、様々な業態の開発、店舗運営に携わる。
1993年独立、東京・浅草に串揚げ店「串えもん」を開く。
その後、海鮮居酒屋「魚屋源兵衛」、「すし屋の源さん」「築地食堂源ちゃん」など、立て続けに繁盛店を手がける。

IMG_5583
待つこと5分で「源ちゃん丼」の到着です。
なんともどろんとした輝きの丼です。

それでは実食です。
IMG_5584

IMG_5585
魚は鮮度がよくありません。
それをカバーするのが貝柱です。
美味しいなと感じたのは海老くらいですか。
ネタ量も見た目ほど多くありません。
周りを見回すと私以外は飲み客です。
いいなぁ19時30分だというのに盛り上がっていて・・・
特筆するのはモヤシのナムルです。
冗談でなく飲食店でこんなに不味いものを食べたのは初めてです。
ある意味挑戦者だと思いました。

P5521840
脇では、お店のピークを向かえる時間帯に入っているにもかかわらず責任者が長いあいだ仕事以外の電話をし続けていて、これまた驚きです。
東社長様、全般的に親分経営のタガが緩んでいるのではないでしょうか、と敢えて苦言を申し上げます。
味ですか、行間を読んでください。
ここで食べたら多分損した気分になりますよ・・・

それでは(^_-)

築地 とゝや 4th

今日は「2,000話」です。
c3a79a88
このアップが2,000話です。
実は2,000話が近づいていたのには全く気付いていなかったのです。
個人的には、来場者数100万人突破を目標としていたので、そちらの方は意識していたのですが、知らない間に2,000話も書いていたのですね。
2007年9月1日にスタートしましたので年数にして9年、日数にして3,326日ですか結構な年月を重ねてきた事に驚き桃の木山椒の木であります。
私にとってこのブログを書くことは、あたかもロープで繋がった二艘のボートのようなものです。
このロープの綱を切ろうと思っても、それを切るだけの刃物がどこにもないのです。
これは本人の意志ではどうすることもできない他律的な掣肘(せいちゅう)というか桎梏(しっこく)というか不即不離の状態なのであります。
それにしても毎週土曜日、早朝の5時ごろから17時までに3.5話を書いて、22時から0.5話の続きを書いて25時に終わるという生活を9年間もしていたのですね。
特筆するのはベトナムへ海外出張した時に休載してしまった事を恥じてから、書き溜めをするようになり、最近の休載は全くないように記憶しています。

IMG_2442
加えて旅行ネタです。
あまり評判がよくないのは承知しています。
しか〜しこれは私の日記みたいなものなので奥様との旅行ネタは必ずアップしています。
ところが撮った写真枚数がすごく多いのでそれを整理してキャプションを付けるのが大変なのです。
旅行の行先を奥様とあぁだこぅだいいながら企画するのは楽しいのですが、帰ってきてから旅ブログの構成を考えると本当に寝込んでしまいたような気持ちになります。 
まぁ松尾芭蕉師の「奥の細道」なんかは別格なのでしょうが、人の紀行記みたいなものを見ても面白くはないのだろうなとは想像するに難くありません。

IMG_0969
振り返ってみますと、最初の頃はまさに下町生まれの人間の下町譚が多かったのです。
しか〜しその内にネタ切れになり、加えてネタの宝庫だったキスグレ(酔っ払い)ネタも5年前に停酒したため無くなりました。それからは妙に硬い内容に変わっていったのです。
私そのものはハチャメチャな人間なので、本当は奇天烈(キテレツ)な出来事が通底しやすい飲んだうえでの不行跡を書きたかったのですが、お酒を飲まない為にそれもできなくなりました。
従いましてネタ探しは、今日現在も苦労しています。
個人的には、このお方・・・私の事ですが、本当に好奇心の強い方ですね。
客観的にみてもそのように思います。
よくもまぁいろんな事に首を突っ込むものです。
従いましてネタはご本人がいうほど困っていないように思いますよ・・・

PV
最近来場者数は減ったのですが、それに反してPVが増えてきていますので、真面目に読んでくれている読者が増えているのだろうなと想像しています。
これは書き手といたしましては、本当にうれしいものです。
面白いことに、よくこのブログにでてくる我が奥様は全くこの下町っ子ブログは読んでいません。
理由は字数が多いからだそうです(笑)
で〜もたまに面白そうなネタがあるとこれを書いたらとこっそりと渡してくれます。

110714_kabuki_01
最後にしがない下町っ子のブログにわざわざお立ち寄りいただき感謝申し上げます。
これからはなるべくエンターテインメントを意識しながら連載していきます。
呪われた短命な家系ではありますが、命ある限り100万人来場を目指していきます。
引き続きのご愛顧の程おん願いたてまつります〜ぅる。


こういうの大好き!



今日は築地に出没です。
IMG_5542

IMG_5543

IMG_5541

IMG_5544

IMG_5545
久々に勝どき橋を歩いて渡りました。
今日のお店は焼鳥丼の絶巓「とゝや」さんです。

住所: 東京都中央区築地6-21-1
電話番号:03-3541-8294
休日:土、日、祝日

IMG_5546
お店の外観です。

IMG_5551
店内の雰囲気です。

IMG_5550
メニューです。

今日のオーダー「焼鳥丼」@1,150円です。
焼鳥丼はもも肉5枚、ボン尻1枚の構成です。
待つこと5分で「焼鳥丼」の到着です。
IMG_5552
強火で短時間に焼き上げていますので表面は炭化しています。

それでは実食です。
IMG_5553
焼き加減照りともども素晴らしい仕上がりです。
鳥肉は柔らかくとてもジューシーなのです。
脂ののりも過不足なくておまけに内部がふっくら焼けています。
これは匠の技です。
とくにポン尻は超秀逸です。美味しすぎます。
私はこの焼鳥丼、後半には山椒とタレをかけて味のダレを防いでいます。
これにより味がさらに引き締まります。
これをすることで最後の一切れまで美味しくいただけるのです。
なんでしょうね、ここの焼鳥丼の美味しさは・・・
個人的には都内で一番好きな丼です。

それでは(^_-)

佃 麗江 リターンズ

今日は「歌詞が瑕疵だ・・・」です。
slide1
松任谷由実さんの「スカイレストラン」は名曲です。
そしてマイフェイバリットソングでもあります。
しか〜しこの歌詞がよくわかりません。

街灯り 指でたどるの♪
夕闇に染まる ガラスに♪
2人して 食事に来たけど♪
誘われたわけは 聞かない♪
 
懐かしい 電話の声に♪
出掛けには 髪を洗った♪
この店で さよならすること♪
分かっていたのに♪

もしここに 彼女が 来たって♪
席を立つ つもりはないわ♪
誰よりも あなたのことは♪
知っている 私でいたい♪

長いこと 会わないうちに♪ 
あなたへの 恨みも消えた♪
今だけは 彼女を忘れて♪ 
私を見つめて♪

この歌は彼からスカイレストランに呼び出されて、そこで別れ話を切り出されることがわかっていても、そのデートの日の夕方には髪を洗って出かけるという、女心をあらわした歌詞なのですが、今ひとつ良くわかりません。
なんで夕シャンするのでしょうか。
なんで別れ話だと分っているのにのこのこと出かけて行くのでしょうか。
永い事会っていないのですから、敢えて会う必要はないと思うのですが。

さら〜にこの女性はなんで彼が彼女をスカイレストランに連れてくると夢想したのでしょうか。
もし連れてきたらこの世の最後みたいな愁嘆場になるのが分っているのに、今彼女を連れてくる男性はこの世の中には存在しません。
以前、会社の若い女性と飲みに行った時に、大学時代に付き合っていた彼氏に恋人ができたみたいで、どうやらその恋人は、彼氏と同じ大学の同じゼミの女性だとわかった、という忌忌(いまいま)しい思い出話を聞かされました。
ちなみに彼女は日本女子大学卒です。
さら〜に申せば小悪魔的な美人です。
意図的に男性は「察してよ」とばらしたとは思うのですが、いずれにしてもばれてしまった男は「アホやねん」と思って聞いていました。
そこからが恐ろしくて、くだんの女性は、彼氏が学んでいた早稲田大学工学部の学園祭のバザーにその今彼女が一緒にでると聞きつけて、最高の化粧をし、最高のお洒落をして工学部のキャンパスに出向いたそうです。
2ppsb-SvT30_movieposter
個人的には、高倉健演じる「昭和残侠伝」の主人公の花田秀次郎が敵役の悪行に耐え忍んで、我慢の限界が弾けドスを引っさげて殴りこみ「死んで貰います」というシーンを重ねあわせて慄然としていました。
彼女の目的は、その彼氏の今彼女に会って、もし自分より勝っていたら「こんな腐れ切った生ゴミは熨斗を付けてくれてやるわよ」と啖呵を切って引導を渡すという絵図でした。
IMG_6822
その逆で、もし自分が勝っていたら、彼氏にスナップのきいた平手打ちを食らわしてから「貴方にはこんな腐れメス豚がお似合いなのよ」と捨て台詞を吐いて帰るつもりだった、と言っていました。
結果ですか、こんな恐ろしい女性が来るのがわかったので二人とも学園祭には髪の毛の気配すら残さず消え去ってしまったみたいです。

特に男性としましては、最後のパラグラフは怖いのです。
長いこと 会わないうちに♪ 
あなたへの 恨みも消えた♪
今だけは 彼女を忘れて♪ 
私を見つめて♪
すみません、恨みは消さないでください。お願いですから、ず〜っと恨んでいてください、と土下座したいくらいです。
いずれにしてもメロディラインがきれいなのに相応しくない歌詞であります。


フリネタの「スカイレストラン」はハイファイセットで・・・
夜景がキレイです。



今日は佃に出没です。
IMG_5506

IMG_5507

IMG_5526

IMG_5528

IMG_5509

IMG_5508

IMG_5510

IMG_5524
今日のお店に行く前に久々の佃なので逍遥しました。
佃の小景をご覧ください。
ということで今日のお店は「麗江(リージャン)」さんです。

住所: 東京都中央区佃1-6-7 大栄マンション1F
電話:03-3531-6631
定休日:不明(無休?)

IMG_5511

IMG_5512
お店の外観です。

IMG_5513
メニューです。

今日のオーダー「夜の定食」@1,620円です。

IMG_5516
待つこと0分でテーブルセットの到着です。

IMG_5518
待つこと6分で「牛肉と野菜の炒めもの」の到着です。
赤ピーマンと緑のアスパラガスが目にあざやかです。
味ですか、美味しいですよ。
牛肉の甘みを片栗粉で上手に包んでいます。

IMG_5519

IMG_5520
待つこと9分で「炒飯」の到着です。
見た目べチャッとしています。
前回も水ぽかったのですが今回も同様です。
エッジもつぶれてますのでもしかしたら出来あいの炒飯を煽り直したのかもしれません。
フラムスクラッチであればこんなベチャコ炒飯にはなりません。
現場を見てないのでないので軽々な事は申せませんが、もしそうなら残念です。
味ですか、行間を読んでください。

IMG_5521
デザートの杏仁豆腐です。
ココナッツテーストがいいですね。
もう少し味に深みがあれば申し分ないのですが・・・

今日はセレブリティの団体客ばかりで華やかです。
という事はここでもセレブ女性のマウンティング話を聞かなければなりません。
今日の話題は、伊太利亜語、仏蘭西語、英語が話せる娘さんのお話でした。
ベース言語はみなラテン語なのでそんなに覚えるのに苦にもなりませんのに。
ちなみに今日近所のカナダ人にこの事を話したら、彼は、そんなの文法が一緒なので単語だけ覚えれば話すのは簡単だよ。僕は仏蘭西語、英語、独逸語、西班牙語ぷらす下手な日本語ができると英語で言っていました、ハイ。

それでは(^_-)

築地 きつねや

今日は「ネタバレ君の名は。」です。

映画「君の名は。」をFBの友達が大絶賛していたので流行に敏感な私はこのメガヒットの映画を観に行ってまいりました。事前に調べましたら、この映画のキーコンセプトは古今和歌集で詠まれている「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」という和歌なのですね。
この歌は、実は小野小町の詠んだ歌なのです。
好きな人を思い続けていたらなんとその人が夢の中目の前に現れたのです。だけれども目を覚まして、それが夢だったときのがっかり感という誰しもが経験したことがあろう恋の気持ちを歌ったものです。

1472453958_2_1_0d964abf4637ee48344f485ac83037a7
最初は話がしたいなと思う。
そしてもう少し長くそばにいたいなと思う。
すると少し気持ちが高まってこの人を幸せにしたいなと思う。
この人の為なら命なんかいらないと思う、みたいな初心者恋愛入門編から、ロープで繋がった二艘のボートのように、綱を切ろうと思っても、それを切るだけの刃物がどこにもないみたいな熱い感情に昇華していくのですが、いつまでも繋がっていたいという二人が組み込まれた運命により切り離されてしまう・・・
とこのように書けば純愛ものかと思うのですが、その実態は破滅という渦に巻き込まれていく悲恋をSFチックに味付けしたものです。
ストーリーの後半はかなりメビウスの輪的でわかりにくいのですが、美しい映像がそれをカバーしているので気にはなりません。

若い時の夢で、かけがえのない女性に出会い、あともう少しでその愛が成就するという時に、母親の、学校よ、早く起きなさい。遅刻するわよ、と言う声で目が覚めて、今いいところだったのに、と怒ってもう一度寝直したら、続きが見られなかった感じに似ています。
要は「いつまでもこの夢を見ていたい」と感じさせる映画です。
加えて映像の美しさによって東京や飛騨の街を現実以上に美しく変えてしまう手腕には驚かされました。
希望という名のあなたをたずねて 遠い国へと また汽車に乗る あなたは昔のわたしの 思い出、というような感じですか。

9月19日までの累計成績は動員698万79人で興業収入91億473万9,000円です。
まさかの興業収入100億円突破にリーチをかけたみたいです。
アニメキングであるジブリを完璧に追い抜いたといっても過言ではないと思います。
一食抜いても是非観てください。



IMG_5419

IMG_5420

IMG_5421

IMG_5422

IMG_5423
今日は東京で一番話題騒然な築地市場に出没しました。
今日のお店は「きつねや」さんです。

住所: 東京都中央区築地4-9-12
電話:03-3545-3902
定休日:日曜日・祝日、市場休市日

IMG_5433
IMG_5430IMG_5429
お店の外観です。

IMG_5440
創業以来継ぎ足されてきた八丁味噌ベースの特製ダレでグツグツと煮込まれたモツ
は圧巻であります。

IMG_5435
メニューです。

今日のオーダー「ホルモン丼+半熟玉子」@850+@50=900円です。
このお店は昔よく来ました。
過去の記憶で申せば、このお店のホルモン丼は、熱々の丼に大量の七味を真っ赤になるまでかけまわして一気呵成に食う、食う、食うで、即座に腹に収めることを目的にしていました。
美味いか、不味いかと申せば、腹にすっすっと落ちていくので美味いにきまってるじゃねえか的な味わいです。
要は市場関係者のファストフードですからね、早く食べられ、栄養があり、安い事が求められていたのです。

IMG_5436
待つこと1分で「ホルモン丼+半熟玉子」の到着です。
見た目美味しそうです。
どんぶりの具は国産牛の小腸、肺、コンニャク他諸々です。

IMG_5438
大量のネギをどかすとこんな感じです。
それでは実食です。
ホルモンが柔らかいですね。
八丁味噌が甘からずで結構です。
味ですか・・・
ホルモン丼ですから正直に申せば牛丼の方が美味しいですよ(笑)
で〜も噛みしだく度にパワーが体内に染入っていく感じになります。
ここで美味い不味いは野暮です。
ただただ無心に食べれば、食べ終わった後に、莞爾として笑っている自分がいます。

それでは(^_-)

月島 めし屋 15th

今日は「羽生王座が負ける日?」です
2017年春、将棋界のスーパースターがコンピューター将棋ソフトと対戦するかもしれない。
将棋ソフトとプロ棋士が対戦する第1期電王戦二番勝負がソフト側の2連勝で終わった22日、主催のドワンゴは来年春の電王戦に出場する棋士を決める第2期叡王戦に、羽生善治王座(名人・王位・棋聖)が参加すると発表した。
羽生王座が優勝すれば、公の場で初めて将棋ソフトと対戦することになる。
プロ公式戦の叡王戦はエントリー制で、羽生王座は第1期には参加していない。
理由は明かしていないが、棋士のなかでも圧倒的な実績と知名度を誇る羽生王座が将棋ソフトに敗れた場合の影響を考慮したうえでの判断だったと思われる。
だが、囲碁界で米グーグルが開発した人工知能(AI)「アルファ碁」が今年3月、世界屈指の棋士、韓国のイ・セドル九段と対戦し、4勝1敗で圧倒したことで、風向きが変わった。
囲碁のトップ級棋士がAIに敗れたことで、「羽生対コンピューター」実現に向けたハードルはぐっと下がった。
羽生王座は今月下旬に始まる第2期叡王戦の予選の1つ「九段戦」に出場する。
2連勝すると、16人による本戦トーナメントに出場でき、ここで3連勝すれば、決勝三番勝負に進出。先に2勝すれば、最強ソフトを決める次の「将棋電王トーナメント」の優勝ソフトと来年春に二番勝負を戦うことができる。
道のりは楽ではないが、羽生王座は優勝候補の最右翼だ。
羽生王座対最強ソフトの対戦が実現すれば、将棋ファンのみならず、世間の注目を集めることは間違いない。
電王戦・叡王戦を主催するドワンゴの川上量生会長は羽生王座の叡王戦出場について、「びっくりした。聞いたときは体が震えた」と22日の記者会見で語っている。
NIKKEI STYLE「天才・羽生がAIと対戦する日 第一人者を揺さぶる実力」より転載

このニュースには驚きました。
まさに地球に月が落ちてきたような驚天動地の話であります。
6658aeba
客観的にに申せば羽生さんは勝てないでしょう。
と申すのも電脳は約8,000年もの未来からきた棋士なのであります。
従いまして8,000年という時間の重みといいますか、深さといいますかどだい無理な話なのであります。
混沌の中から法則を見つけて先読みする点で、天気予報と将棋ソフトは似ています。
最近の天気予報の精度からみてもやはり羽生さんに勝ち目はないでしょうね。
そもそも棋士は、自分より強い者と闘うのが好きなのだそうです。
さらに強い相手に立ち向かってゆくのは、喜びでもあるのだそうです。
ほとんど勝ち目のない勝負なのに、敢えて「火中の栗を拾う」という果敢な羽生さんの挑戦には賛辞の言葉が見つかりません。
個人的には、コンピューターに学ぶのは将棋の可能性を広げることであり歓迎するものですが、近未来的にはプロ棋士とソフトがペアを組むタッグマッチのような流れが形成されています。
そもそも将棋は「将棋道」といわれる様な人間修養の場でもありますの、エンタテイメント化していく風潮に憂いをもつものであります。


Kay Pike Superman Bodypaint



今日は勝どきに出没です。
IMG_3644

IMG_3645
久々に「さば焼き」が食べたくなりました。
今日のお店は「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_3649

IMG_3648
お店の外観です。

IMG_3651
店内の雰囲気です。

IMG_3650
メニューです。

IMG_3654
まずはオカズ三兄弟ですが、今日はアミとキザミ沢庵とわさび漬けの三兄弟です。
塩辛は夜の部ではつまみとして売られていますのでオカズから外れているのは承知していましたが、塩辛がないのはさすがに寂しいですね。
それでは@280円だして「いか塩辛」を求めればよいのですが、タダだからありがたいのです。
従いまして有償では、やはり興ざめであります。

IMG_3659
有償といえば奈良間のご主人か長男の太郎さんかは不明ですが、自らが釣ってきた「真たい」に4,800円の値付けをされていました。
確かに玄界灘まではそれなりに交通費他の経費がかかるのですが、そんな余計な事はいわなければいいのにと強く思う思うところであります。

IMG_3660
さらにしばらく来ていない間にお水がセルフサービスになっていました。
なにかけち臭くなったような気がします。
さら〜に美人のサリーさんがやたら「本日のおすすめ」その他諸々を強要します。
当然のことながらネパールから来ている彼女がそんな了見があるわけなく、奈良間のオヤジさんの差し金でしょう。
繁盛店なのになにかが起きているのでしょうね・・・

今日のオーダー「さば定食」@930円です。
IMG_3655
待つこと10分で「さば定食」の到着です。
見た目美味しそうです。

今日のご飯はこの様な感じです。
IMG_3658
アミ美味しです。
ご飯だけで幸せな気分になってしまいました。

それでは実食です。
IMG_3656

IMG_3657
さば美味しです。
今日のさばは良く脂が乗っていて且つ甘みがあります。
なんて美味しいのでしょう。
前言撤回します。
営利主義への方向転換おおいに結構です。
さば定食の値上げもおおいに結構です。
これからも引き続きおいしいし「さば定食」を供し続けてください。

それでは(^_-)

月島 ラーメン「朋」

今日は「retirement haven」です
地元の三田会に入って約半年が経過しました。
実は少し驚いた事があります。
この三田会には現役の人が少ないのです。
色々なお誘いが不定期にメールで送られてくるのですが、催行日がすべて平日なのです。
そこから読み取れるのは参加する皆さんは、すべてhappy retirementされた方々なのです。
確かに同じ社中(慶應義塾に関係する人たちの総称)の人間であれば気心も知れていますし、強いていえば「長幼の序(先輩後輩の上下関係)」だけ気を遣えばよいので、気軽にお出かけできるのです。
しか〜しリタイアしたからと言って平日にお出かけする日常は嫌だなぁと思っています。

米大統領選は投票前の最大の山場であるスーパーチューズデーを3月に終え、民主共和の候補が事実上決まりました。ちなみに候補者は、ヒラリー・クリントンは現在68歳、トランプは69歳、サンダースは74歳で3人とも「婆さん爺さん」です。しか〜し皆さん老け込んでいるでしょうか、「No!」ですよね。
世界で一番熱い「婆さん爺さん」と言えます。

この間TVで桃井かおりさんが75歳まで役者をやると言っていました。
e0042361_229951 - コピー
今までは自らの出自がシリアスな、あるいはオルタナティブな映画を製作しつづけていたATGという事から、その路線に沿った女優「桃井かおり」を演じていたそうです。
彼女自身は、その当時の自らの演技について「私にとって演じるとは、毒を吐くこと」と語っています。
妥協を許さない性格で、仕事に厳しいため、たびたび共演者やスタッフと衝突していたそうです。
過去に「自己中心的で生意気」とマスコミに叩かれたことが何度かありましたが、桃井さんは「スタッフに好かれるために仕事しているわけじゃないから」と一蹴していました。
しか〜し、そろそろそのぬいぐるみを脱いで地での女優を演じてみたいとの決意を述べていました。
現在、活動の拠点を10年前からアメリカに移して、出演する映画はインディーズのみだそうです。
しかも自らが気に入った監督の作品しかでないというこだわりです。
一方の監督の方も日本の「桃井かおり」を知らなくそういう意味で五分と五分の付き合いだそうです。

話は振り出しに戻りますが、個人的には「座して死を待つよりも、打って出て活路を見出せ」であります。
私のhappy retirementはまだまだ先でありますが、今まではビジネスマンという縫いぐるみを着て自らを演じています。しか〜しその縫いぐるみを脱いだらどうなるのでしょうか。
上述の「桃井かおり」さんのようなチャレンジグな事ができるのかと考え込んでしまいます。
来たるXディに備えて私もホンマモンの漢(おとこ)になるよう更に自らを磨いていこうと思う今日この頃であります。

We have too many high sounding words,
and too few actions that correspond with them.
私たちは仰々しい言葉をたくさん並べるけれど、
それにふさわしい行動は全くしていないのです。
Abigail Adams(アビゲイル・アダムス)


感動しました・・・



今日は勝どきに出没です。
IMG_2659
就活ですか全員おなじ服装でいますと、まるでファッショの国みたいですね。
たまには美味しい「炒飯」でも食べるかと「どさん子」さんに行きましたら、居抜きでお店が変わっていました。
今日のお店はラーメン「朋」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話:03-3532-0090
休日:水曜日

IMG_2716
お店の外観です。

IMG_2719
店内の雰囲気です。

IMG_2720
メニューです。

今日のオーダー「チャーハン」@680円です。
前のお店の「どさん子」は家庭の諸事情で継続するのが難しくなり、そこで懇意の「どさん子」本部に相談しましたところ、本部の部長と課長がお店を継承したようです。
記憶で申せば店名の「朋」は店長の名前から一文字取ったみたいです。

待つこと3分で「チャーハン」の到着です。
IMG_2721
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_2722
さすが元「どさん子」本部の部長さんですね、良くあおられています。
ご飯が立っています。
味付けは従来よりちょっとワイルドです。
と申しますのは、意図的にところどころに醤油のコゲ目を入れています。
これですよねB級グルメの炒飯は・・・
好きな味です。
スープもかなりのレベルです。
美味しいです。
また来ましょう!

それでは(^_-)

勝どき フォーメス 5th

今日は「大雪雑感」です
c642f465-s
毎年1月の後半になりますと帝都東京は大雪が降り都市機能が麻痺します。
何でだす、というのが札幌在勤歴7年の私の正直なところであります。
ネットで調べましたら都市機能が特に交通機関が機能不全になるのは必定のようです。
その理由とは車両及び設備の両方で本格的な降雪・凍結対策が施されてないからなのです
雪は様々な影響をもたらします。
意外なところでは、電車のドアが雪で凍って開かなくなります。
パンタグラフもバネなので持ち上がらなくなります。
それでは雪害対策をうてば宜しいのでは、と思いますがそれは費用対効果なのです。
首都圏は通常、雪は積もるほど降りません。従いまして耐雪装備をする必要は通常ありません。
年に2〜3回あるかないかの大雪のための備えをして大きなコストをかけて高い運賃を負担するか、異常気象時くらいは平常運行を諦めて、そのコスト負担を免れるか、という選択の中、今は後者が支持されているわけなのですね。
ちなみに次男は車通勤していますがスタッドレスタイヤを買うかどうか悩んでいます。
私は、年に2〜3回あるかないかの大雪のためにスタッドレスタイヤを買うのは不経済だろう。
樹脂製タイヤチェーンで充分だよ、と言いきっています。
仮にすぐにこわれても@3,000円程度ですから息子の財布にも優しいでしょう。
それに効果は間違いなくスタッドレスタイヤよりあります。

札内川ダム
そんな私ですが樹脂製タイヤチェーンにお世話になった思い出がありますのでご紹介します。
十勝川3大支川のひとつである札内川という川があります。
そこにダムが作られることになり、ダム現場に材料を納める大きな契約をとりました。
厳寒のとある日、納期打合せのために現場に行く仕事ができたのです。
いつもその現場には地元の業者の運転で連れて行ってもらっていたのですが、その日は帯広地方に爆弾低気圧が発生し、大荒れの天気になるとの予報でした。
帯広は寒い事は寒い(マイナス10度前後)のですが、雪はあまり降りません。
しか〜したまに降ると、とんでもなく降るところなのです。
地元の業者とその道行を打合せしました。
その結果、爆弾低気圧の中、山奥のダムにいくことはかなりのリスクがあるとの結論になったのです。
それから熟考の上、私はそのダムに行くのにタクシーを利用することを決めました。
その日は帯広には飛行機で行ったものですから、帯広空内で客待ちしているタクシーの運転手に、お昼に上寿司を付けます。半日貸し切り5,000円で札内川ダムまでいきませんか〜、と片っ端からから声をかけたところ一人の運転手がこの話に乗ってきたのです。

空港近隣の寿司屋で私と地元の業者とタクシーの運転手は美味しい上寿司に舌鼓を打ちながら早めの昼食を平らげたのです。
私達の爆弾低気圧作戦が始動しました。
タクシーに乗る前に運転手は命がけなのでと言って、トランクから当時禁止されていた滑り止めのチェーンを駆動輪に巻きつけました。ただし樹脂製ですがね。
これでもあるとないとでは大分違うそうです。

一時間位走っていたら空の色が急におどろおどろしい鉛色になってきました。
低気圧が近づいてきたようです。
雪が間断なく降り始めました。
その雪片は大粒です
最初は2車線だった道路が急速に降り始めた大雪の為にじわじわとその道幅が狭められ1.5車線にまでになりました。路肩には急な大雪のためスタックして動きのとれなくなった車が散見され、その車の面影はすでに雪で覆われているため輪郭でしかわかりません。
ほとんどホワイトアウトの世界になってきたのです。
さらに荒れ狂った雪は猖獗(しょうけつ)を極め容赦がありません。
ついに1.5車線だった車線が1車線になりました。
もう道路ではありません、新雪のスキー場を走っているようなものです。
さすがに驚いた私は運転手さんに、どう、ダム現場までつけますかね、と聞きましたら、
そんなことは分らないですよ。
上寿司に釣られた私が浅はかだった。
こんな事になるんだったら特上寿司にすればよかった、と冗談で返していました。
しか〜し、お客さん、万が一対向車が来てブレーキを踏んだらこの車もおしまいですよ。
動けなくなります。
どうか対向車が来ない事をひたすら祈って下さい、と言ったのです。
冷静に考えれば2車線の道路を走っていたのが1車線になるのですから、対向車がきたらとんでもないことになるのは自明の理であります。
加えて申せば、運転手さんのいうとおりこの車は慣性の法則で動いているわけですので、車が止まれば間違いなくスタックしてしまうと思われます。
私は心の中で、七難即滅、七福即正、を真剣に唱えました。
そのお陰か対向車にも会わず現場に着きました。

現場では所長さんが、こんな大雪の中、良くきたね、と大感動していました。
普通はこないよ、と笑いながらいい、打合せは短時間で滞りなく終わりました。
帰路の事を考えて外に出てみましたら、道が完璧に雪で覆われていて来た道がどこにあったのかもわかりません。
運転手さんに、どうする、って聞きましたら、道がなければ走れませんよ、と笑いながら答えていました。
私と業者の方が途方に暮れていると、先ほどの所長がでてきて、今日は大雪の為この時間で上がります。
このままだと職員も家に帰れなくなってしまうので、これからラッセル車で先導しますので職員の車の後ついてきて下さい、との事でした。
さすが山奥のダムです。対応が違いますよね。
ということで帰路は余裕のヨッちゃんで帰ることができました。
皆さん、雪道を運転していて道路が無くなる恐怖を味わった事がありますか?
ないですよね・・・


A flock of starlings take flight in what is known as a murmuration.


今日は勝どきに出没です。
IMG_1319
今日のお店はブラッスリー「フォーメス」です。
「フォーメス」とは仏蘭西語で居酒屋「燃料」です。
何故かといえばこのお店昔は燃料店を営んでおり、その名残から食べ物で人の体にエネルギーを与えるという願いをこめてつけられたそうです。

IMG_1312
で〜も今でもやっているみたいですよね?

住所: 東京都中央区勝どき2-10-2土信田ビル1F
電話:03-3533-0308
休日:日曜、祝日、第三土曜日

IMG_1311
お店の外観です。

IMG_1317
店内の雰囲気です。

IMG_1313
メニューです。

今日のオーダー「ドライカレー(中)」@900円です。
それにしても女性客が多いですね。
店内は目の子で30人位がいましたが男性は私とお母さんに連れられてきた男の子のみです。

待つこと2分でサラダが到着しました。
IMG_1314
これは特筆するものはありません。
ベタなサラダです。

待つこと5分で「ドライカレー(中)」の到着です。
IMG_1318
これはバターライスの上に、カレーペーストの挽き肉、その上に入り玉子がのっています。
ちょっと意外でした。
気を取り直して実食です。
うん、これは三種の相乗効果が感じられません。
それぞれがその個性を主張していてフュージョンする部分が少ないように思います。
加えて申せばカレーペーストの挽き肉の味が濃すぎます。
うん、これは外れでしょう。
混雑店なので時間短縮の為の産物でしょうか。
次回は鐵板の「ポークピカタ」にいたします、ハイ。

それでは(^_-)

月島 プロヴァンスカフェ

今日は「日本礼賛」です
ent1508210018-p1
TVで「映像の世紀」を見ていましたら我が国日本のふるまいを礼賛するようなフィーチャーがありましたのでご紹介します。宜しかったらお付き合いください。

#The Japanese Earthquake
関東大震災は世界史的な事件として紹介されました。
あるアメリカ人の新聞記者は関東大震災での日本人の態度について次のように書き記していました。
このような大災害に対して、東京が秩序正しく整然としているのは実に驚くばかりです。
警官はひたすら市民の救護に全力を尽くしています。
ほとんど警察がない状態なのに忌まわしい行動もありません。
親を失い、子に別れ、兄弟が行方不明になった幾十万の人がどこに行っても涙一つ浮かべずに後始末に取り掛かっています。
この規律正しい日本人に対する敬服の念をあらたにせずにいられません。

#日本人排斥連盟の陳情書より
日本人の移民は祖国の生活を守り、天皇への忠誠を誓い続けアメリカ国家への忠誠を尽くそうとしない。
日本人の移民はアメリカに同化する事はできない。
アメリカ生まれの者でさえアメリカ国民の義務を果たそうとしない。
アメリカにとって危険な存在なのだ。
この様な外国人が異常なほど沢山の子供を産んでいる。
勤勉で低い生活水準に耐え、楽しみにお金を掛けることもなく、長時間働く意欲がある。
お互いに助け合い団結するその力は異常な程である。
日本人はアメリカ大陸に大和民族を繁栄させようと決意している。

#「Made in Japan」フォーチュン誌より
日本人は列強諸国のプライドを傷つけるだけでも飽き足らず、その懐にまで手を伸ばしてきた。
色々な条件を考えれば日本になる工業国になる力はなかった。
なにかの仕掛けがあったのは明らかだ。
日本は我々から産業革命を輸入しすんなり取り入れてしまった。
それはまるで国民に標準サイズの既製服を着せるかのようなものであった。
その結果得られたのは欧米の資本家が舌を巻くほどの産業の効率性である。
ドイツにビールを売り、アメリカ在郷軍人会に星条旗を売ることであった。
こうなると日本以外でとられている産業政策は資本主義であれ国家主義であれ共産主義であれすべてが面倒で役立たずのものに思われてくる。
日本の産業政策は他のどの産業政策とも似ていいないのだ。

いかがでしたか。
昔の日本人の努力には頭が下がります。
翻って日本経済はなだらかなアッパートレンドではありますが、今一つキレがありません。
これは高度経済成長の亡霊にいまださいなまれていて国際化の推進、IoT(インターネット・オブ・シングス)を筆頭としたデジタル革新の実行があがっていない事にあります。
過去の成功の桎梏を一日もはやく解き放ち、リスクを恐れず、それを背骨にして能力の覚醒(多くの失敗の後飛躍的に良い仕事をする事)を邁進していくべきでしょう。
もはや日本は世界の中位国に成り下がってしまったのですから・・・

Most of the important things in the world have been accomplished by people who have kept on trying when there seemed to be no hope at all.
この世で重要な物事のほとんどは、 全く希望がないように見えたときでも挑戦し続けた人々によって成し遂げられてきたものだ。
Dale Carnegie(デール・カーネギー)


やってみたい!



今日は月島に出没です。
IMG_1234

IMG_1247
昨年11月に南仏プロヴァンスをテーマにしたオープンカフェができたそうです。
今日のお店は「プロヴァンスカフェ」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-9-3
電話:03-6320-0442
定休日:月曜日

IMG_1238
お店の外観です。

IMG_1246
店内の雰囲気です。

IMG_1239
メニューです。

今日のオーダー「Aランチ(人参とコリアンダスープ、ラタトウィユ、プチパン、マドレーヌ)」@1,404円です。
このお店は忽然と月島に出没しました。
どうやら月島ビストロさんの2号店みたいです。
店内は凛とした雰囲気が立ちすぎてくつろいで食事という雰囲気ではありません。
心の中では、出直そうかとなぁ、とヘジリ虫が蠕動(ぜんどう)し始めていました。
しか〜しオーダーが通ってしまいましたので腰を落ち着かせました。

待つこと4分で「人参とコリアンダスープ」の到着です。
IMG_1240
熱々のスープではありませんが味に深みがあって美味しくいただきました。

待つこと11分で「ラタトウィユ、プチパン、マドレーヌ」が大挙して参りました。
IMG_1241
ラタトウィユは、玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニといった夏野菜をにんにくとオリーブ油で炒めて、トマトを加えて、オレガノ、バジル、タイムなどの香草とワインで煮て作るものです。
仏蘭西国内ではまずい料理、粗末な料理の代名詞と揶揄されることもあるそうです。
簡潔に申しますとズッキーニが主役の野菜煮込み料理です。

それでは実食です。
IMG_1242
うん、これはヘルシー過ぎてうまく味の説明ができません。
野菜が足りないときには助かりますね。
色取りが鮮やかです。
ズッキーニの緑とトマトの赤の配色が心を軽くします。
後は行間を読んでください。

IMG_1244
意外にプチパンがホンマモンの味わいで美味しいです。

IMG_1243
マドレーヌは特筆するものはありません。

しか〜しこのパフォーマンスで@1,404円とは、久々の「くりびつてんぎょのいたおどろ!」でした。
で〜もこの料理をいただきましたので、敢えて仏蘭西のプロヴァンスには行かなくてもいかなぁ、と思う今日この頃であります。

それでは(^_-)

晴海 オッティモキッチン・ドゥエ・パッシ

今日は「同級生話 其の弐」です。
同級生話
前話の続きです。
幼なじみの女子の話はさらに過熱してきました。
多分この会話に水をかけたらジュッという音がしたことでしょう。
その中で悲しい話がありました。
それはクラスで一番きれいだった早乙女さんの話です。
ずいぶん前に早乙女さんに会った時は相変わらずきれいでしたが、介護の仕事をやっているのよ、と言っていたのが妙に頭に引っかかっていました。
早乙女さんの家はとても裕福だったので、早乙女さんイコール介護の仕事というのが結びつかなかったのです。

幼なじみがこの悲しい話の窓をゆっくりと開けました。
huransu
大学で仏蘭西文学を履修し、将来は小説家を目指している新進気鋭の青年と、早乙女さんは文通で知り合ったのです。そしてこの書簡のやり取りが二人を親密にしていったのです。
驚いたことにこの二人は書簡のやり取りのみで華燭の典を挙げたのです。
流石に数回は会っていたようですがその程度の逢瀬だったみたいです。
まさに「純愛」を地でいくようなものです。
多分ですよ、早乙女さんは心の中でこの恋愛を等身大以上に昇華させていったのでしょう。
そのように思います。

しか〜し結婚してから蔽遮(へいしゃ)されていた問題が全容をあらわし、早乙女さんを苦しめたのです。
まずはこの小説家志望の夫は生活力がなかったのです。
幼なじみは一度この夫の小説を読ませてもらったそうですが、難解な言い回しが多くなんだかよくわからず、財布の中身を減らしてまで求める小説ではないと言い切っていました。
要は小説家にはなれるような器ではなかったのです。
さらに早乙女さんが嫁いだ先は、夫の両親が同居しており、これまた生活力がなく、早乙女さんの細腕でこの一家の家計を支えなければならなかったのです。
加えてこの夫はマザコンでお母さんの味付けの料理しか口に合わず、夫婦でありながら夫の料理はこのお母さんが作っていたのでした。
ある時幼なじみは早乙女さんと会いそこでこの状況を聞きました。
幼なじみは、即に別れなさい、とその場で早乙女さんに詰め寄ったのですが、早乙女さんはその申し入れをやんわりと断ったのです。
そしてこの事でしこりが残ったのか10年近く行き来が途絶えました。
ある時、早乙女さんは医療事故で顔面麻痺になってしまい働くことができなくなってしまいました。
それを幼なじみは風の便りに聞いたので、慌てて早乙女さんのところに電話したそうです。
すると早乙女さんからは、顔面麻痺が上半身にも転移して起居もできなくなり、成人した長男からは、お前が働かなくなったから家がまずしくなったんだ。体を治してまた働け、と毎日怒鳴られているとの驚きの話を聞いたのです。
この話を聞いた幼なじみは茫然自失となり、すぐに私の家にタクシーで逃げておいで。私の家は死んだ両親の部屋が空いているからさ、すぐに逃げておいでよ、と言ったのです。
しか〜し早乙女さんは幼なじみの家には逃げてきませんでした。

その後幼なじみは早乙女さんの家に数回電話したのですが、電話口には必ず義父がでて、その様なものはおりません、と言ってガチャンと冷たく電話を切られたそうです。
私はこの話がどこまで本当なのか判断がつきませんが、早乙女さんが苦境にいることは間違いありません。
あのきれいだった早乙女さんが憂悲苦悩の生活を続けているのは同級生として悲しいかぎりであります。
ただただ絶望の隣に希望がそっと座っていてくれるのを祈るだけです。

Life is half spent before we know what it is.
人生とは何かが分かる頃には、人生の半分は過ぎてしまっているものだ。
George Herbert(ジョージ・ハーバート)


プチ癒し・・・



今日は晴海トリトンに出没です。
IMG_9967
ここのランチタイムは混んでいますね。
その中で比較的すいているお店を見つけて入りました。
今日のお店は「オッティモキッチン・ドゥエ・パッシ」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話:03-5144-8259
定休日:無休

IMG_9969
お店の外観です。

IMG_9970
メニューです。

今日のオーダー「マーレ・ビアンコ」@900円です。

IMG_9972
待つこと2分で「サラダ」の到着です。
このサラダは特筆するものはありません。

IMG_9973
待つこと10分「マーレ・ビアンコ」の着皿です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_9974
マーレ・ビアンコ」には小海老、あさり、甲イカがかなりこんもりと入っています。
パスタはとても細い麺が使われており、茹で上がりが速く、いかにもランチで多くの量を捌くのに適しているのでしょうね。味ですか、小海老美味しです。
加えてパスタが熱々なので高評価です。
超混雑ランチのトリトンにおいては白眉のお店ではないでしょうか。
すなわち、早い、安い(トリトン内)、美味い、の三拍子のお店です。

それでは(^_-)

晴海 ぽっぽっ屋 14th

今日は「私が日頃思っている事」です。
世の中には例えば「好きな英語を勉強したいのだけれど時間がない」とかいう人が多いですよね。
確かに現代人は忙しいですし且つすることが沢山あります。
その上に好きな事まで始めましたら忙しくてたまらない、というのが世の中の一般的な考えでしょう。
しか〜し思い切ってその好きなことを始めるとわかるのですが、やってみますと案外に時間のやりくりがつくものなのです。
好きなことをしたい為に他のこともきちんとやらなくてはと感じるので、畢竟能率よく上がり、短い時間で仕事が終わるので、全体としてはうまくゆくことになる事が多いようです。
加えてする事の量が増えれば増えるほど、エネルギーの消耗が激しくなって疲れてしまうというように単純に考えすぎているきらいがあります。
いくらする事の量が増えても好きでやっている時は、エネルギーの流れが良いのでそれ程疲れないものなのです。
何かをしながら、やっぱりあの好きなことをしておけばよかったとか、嫌だなと思っている時は、心の中に生じる摩擦のためにエネルギーを消耗するのです。
この為にあまりする事をしていないわりには疲れるという事になるのです。
 
見るまえに跳べ Leap Before You Look.
飛び上がれ
大江健三郎さんの小説のタイトルにもなっていますので、人口に膾炙されている至言であります。
短いので本文を紹介しますね。

Leap Before You Look
               W. H. Auden
The sense of danger must not disappear:
The way is certainly both short and steep,
However gradual it looks from here;
Look if you like, but you will have to leap.


見るまえに跳べ
               W. H. オーデン
危険の感覚を失くしちゃいけない。
君の行く道は、たしかに、急で険しいものだ、
ここから見ると 緩やかなものに見えるけれどね。
見たけりゃ見なさい、でも君はどのみち跳ばなきゃならないのだよ。

この言葉が好きです。
セッカチの性格なので自分に合っているのかもしれません。
よくこの言葉の紹介で「畳の上の水連」が用いられます。
いくら水泳の方法を本で勉強しても実際に泳いでみたら本の通りにはならないということです。
このような人たちは、溺れるという「the sense of danger」にとらわれて、冒険ができないのです。
要はriskに敏感になりすぎて、全体を見失ってしまっているのでしょう。
仕事でもそうです。
始めての仕事・案件は誰しもが不安になります。
しか〜しここでその不安と向き合っていても進展はしません。
したがってまずは着手してみるべきなのです。
やってみて分らない事があったら、周りの人に相談すればよいのです。これがチームプレーなのです。
私が一番唾棄する人間は、やりもしないで、できない言い訳を連綿と述べる人です。
Noから議論を始める人で良い仕事をした人は未だかつて見たことがありません。
加えて申せば「拙速は巧遅に如かず」です。
スピードも要求されるのです。
ビジネスで成功する人たちは、みな早くてうまい「巧速」です。
しか〜し彼らは新入社員の時から「巧速」だったわけではないはずです。
成長過程において「巧遅よりも拙速」ということを意識し、仕事に打ち込んだその結果として「巧速」の仕事術を身につけたのだと思われます。
早さはとりわけ重要です。スピードこそ「力」なのです。

最後に私の好きな名言で締めさていただきます。
If you want something done, ask a busy person.
何かしてもらいたければ忙しい人に頼むとよい。
Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)


一体全体どうやっているんだろう?



今日は勝どきに出没です。
IMG_9848

IMG_9836
久々にトリトンスクエアに来ました。
たまには美味しいラーメンでも食べるかということで入ったお店は「ぽっぽっ屋ラーメン」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話:03-5144-8259
定休日:無休

IMG_9838
お店の外観です。

IMG_9845
店内の雰囲気です。

IMG_9839
メニューです。

今日のオーダー「ラーメン(半麺=100g・野菜多め・玉ねぎ多め・にんにく)」@850円です。
前回の「駄目だこりゃビックリマークラーメン」でしたweepから約3.5年のご無沙汰です。
今日の雰囲気では厨房スタッフが外国人から日本人変わっていました。
Rebornしているのでしょうか・・・

IMG_9841
調味料の面々です。

IMG_9843
トッピングの紹介です。

待つこと8分で「ラーメン」の着丼です。
IMG_9846

IMG_9847
見た目鮮やかです。
それでは実食です。
茹で野菜はまずまずの味わいです。
しか〜しこのお店の白眉だった木耳(きくらげ)にハリがありません。
天地返しを数回することでぽっぽっや定番の荒縄麺がでてきました。
懐かしい味です、この麺は美味しいですネ。
肝心かなめのスープはどうでしょうか。
ぬる〜いですね。
スープの温度管理くらい何でできないのでしょうか。
本来は美味しいのに、野菜が臭かったり、スープがぬるかったりして味に安定感のないお店でしたが、今回も前回同様に「駄目だこりゃビックリマークのラーメン」でしたweep
いっちょん変らん状態に、驚き呆れとるバイであります。

それでは(^_-)

新富町 一凛

今日は「仏様」です。

昔、私が子供のころ橋のたもとのバッラク小屋で靴の修理、磨きに加えて靴の物販をしているおじいさんがいました。当時の下町は貧しかったので、高価な靴が傷むとここで直して履き続けていたのです。
私もたまに親の言つけで靴を直してもらいに行っていました。

乃木将軍2
風貌は乃木将軍に似ていて迫力があり、私たち子供に話す内容も訓話みたいなものが多く正直苦手なおじいさんでした。実はこのおじいさんは裏の顔があり、朝のラッシュアワーには自ら疑似警官みたいな衣裳に着替えて交通量の多い交差点に向かい、交差点にくるとその中心部に60儖未旅發気梁罎鮹屬、おもむろにその台の上に立ち、交通整理をするのです。その動作はこの動画のようにファンキーなものではありませんが、笛でコミュニケーションを取るくだりは似ています。
しか〜しなんでこのような善行をしていたのでしょうか?
幼いころの私は、このおじいさんは軍隊経験者で官位が高かったらしいので指揮命令への郷愁と思っていたのです。特に私たち日本人は制服に弱いですから、靴屋のおじいさんでも一たび疑似警官みたいな衣裳を身につければその命令には従うのです。
当時の制服は国家権力の象徴ですのでその命令は絶対に服従だったのです。
従いまして警官でもないこのおじいさんの交通整理に従っていたのです。
加えて自己顕示欲の充足でしょう。
正直軍隊仕込みの交通整理はかなり格好が良かったように記憶しています。

晩年は憐れでした。
高価の靴も合成皮革の出現で極端に安くなり、その反動で靴は直さず買い替えるようになりました。
お店は閑古鳥が鳴くようになりました。
加えて一般市民に何の許可もあたえず交通整理をゆだねる事が警察内で問題になり、おじいさんの天職であった無償の交通整理も禁止されました。
このような不幸が続いたことで人生にハリがなくなったのでしょう、体調を壊して床につくようになりました。
身寄りもなく蓄財もあまりしていなかったみたいできちんとした医療もうけられず、木が朽ちていくようにやせ細っていきました。
何でこの様な経緯を知っているのかと申しますと、それは私の父から聞いたからです。
父に対してはあまりいい思い出はないのですが、唯一尊敬するのはこのように人が困っていると身を粉にして助けるのです。
このおじいさんの窮状を知り得た父は、大東亜戦争でお国のために働いてくれた人は無下にはできない。
それに人間死んだら皆仏様になるのだから仏様になる人はきちんとしてあげないといけない、という事で、役所に掛け合い区の施設にいれて最後は看取ったそうです。加えてお坊さんを呼ぶだけの簡単な葬式をし、さらに遠縁の人を見つけてそのお骨を手渡すまできちんと始末をしました。
父のように人のお役に立つことは難しいとしても、世間様には迷惑をかけないよう律していこうと思っております。
昭和は遠くなりにけりです・・・


こういうのは如何ですか?



IMG_9385
今日は新富町に出没です。
今日のお店は四川料理の攻略候補店です。
今日のお店は東京チャイニーズ「一凛」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-5-8
電話:03-3542-6663
定休日:日曜・祝日・第一月曜日

IMG_9386
お店の外観です。

IMG_9390
店内の雰囲気です。

IMG_9388
メニューです。

今日のオーダー「白い麻婆豆腐とよだれ鶏の御膳&珈琲」@1,300+@200=1,500円です。

待つこと3分で「白い麻婆豆腐とよだれ鶏の御膳」の到着です。
IMG_9391
どこから見ても四川料理です。

それでは実食です。

「白い麻婆豆腐」は塩味の麻婆豆腐です。
IMG_9393
うん、この麻婆豆腐にカシューナッツはよく合います。
パクチーもナイスアシストです。
豆腐、牛肉、ザーサイの具材も美味しいです。
待つこと3分ということは作り置きですか?
あまり熱々感がないのは残念です。
さらに熱々感がないので油分がはっきりとわかり体脂肪が増えるのではないかと気が気ではありませんでした。
サーマルイシューがなければ大満足でした。

IMG_9392
「よだれ鶏」はもっちりとしていて何か養殖鶏みたいで個人的には好みではありません。
加えて同系統の二品は料理同士がカニバっています。
この辺りは一ひねりが欲しいところであります。
味は都内標準をはるかに超えています。
美味しいですが上述のとおり半分くらい食べた段階で味に飽きてきました、かなり残念です。

「焼売」は特筆するものはありません。
IMG_9394
冷めていましたしね・・・

白眉は野菜のピクルスです。
IMG_9395
これは癖がなくイケました。
なかなかの味わいです。

今日一日では「鼎の軽重」を問えませんので、このお店は次回を楽しみにして再訪予定です。

それでは(^_-)

月島 魚菜はざま リターンズ

今日は「擦り込み」です。
英語はあまりうまくはありませんが、プライベートを含めて不定期に話しています。
所詮外国語ですので、日本語との違いが色々ありそれらに触れる度に面白く思っています。
例えば発音です。
マクドナルド→マクダーノ
ニコン→ナイコン
エッフェル塔→アイフルタワー
ウィンナー珈琲→ヴィアナコーヒー
とかですか、ウィンナー珈琲は英会話圏の人がきくとウィンナーソーセージが入っているコーヒーだと思うそうです。
イケア→アイキーアですが、この間同僚に聞きましたらこれは英会話圏の人がなまっているらしくて本社のあるスウェーデンではイケーアと発音されている様です。
私の好物のシュークリームは靴のクリームと理解されますので、シュークリームが好きというと目を白黒します。
これはフランス語の「シュー・ア・ラ・クレーム」が転訛したみたいで致し方ありません。
正しくは「creampuff」であります。

JANGLISH
このような差分はまだ笑いながら許してもらえるのですがJanglishには厳しいものがあります。
私がよく使う「volumy」はアウトです。これは「too much for me」と言い換えないと不機嫌になります。
「Fight」は「叩きのめせ」と喧嘩の時に使うので要注意です。
英語で言うなら「Go for it!」みたいな感じですか。
そうそう「頑張って」という意味で「hanging in there」が使えると擦り込まれていたのですが、これまた意味不明でして、完璧にぶら下がっているみたいに取られます。
Netで調べたましたら、そこにぶら下がっている→まだ落ちていない→何とか踏ん張っているよ、みたいなイナダ→ワラサ→ブリのような三段論法?で、苦しい状況の時などにかける励ましの言葉のようです。
かえってシンプルに「Good luck!」あたりが無難ですか。
最近Janglishとして定着しつつある「super delicious」は使った瞬間に英会話圏の人がキレました。
その理由は、英語では「delicious」以上の賛辞はないんだ、と一刀両断でした。
さらに「instant water heater type」を瞬間湯沸かし器みたいな人という意味で使いましたら、ある英会話圏の人は初めて聞く英語だけれど意味はわかるよ、と笑ってくれたのですが、ある英会話圏の人は、変な英語使うなよ、それを言うなら「irritable」だろうとこれまた一刀両断でした。
統計学的母数が少ないので上記の話には普遍性はありません。
しか〜し個人的には英会話圏の人たちは自国の言葉に敏感になりすぎ、多少の揺るぎをも許さないような閉塞性があるように思います。

これは文脈の解釈に起因していると思います。
文脈の解釈には、その国独自の文化背景と密接に関係します。日本、アラブ諸国、フランス、イタリア、ギリシャ、南米諸国などは、「高文脈文化」といわれています。
中でも、日本は、高文脈文化のトップランナーだそうです。一方、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの英語圏、ドイツ、ノルウェーなどの国は「低文脈文化」だといわれています。
高文脈文化の言語は、文化を背景にして会話が成り立っていて、全てを言葉にしなくても通じる文化です。
この最たる国が日本でしょう。一方、低文脈文化の言語、例えば、英語には、文中に全ての情報が入っているので、その文化に初めて触れても、「阿吽(あうん)の呼吸」や行間を読まなくても、相手を理解できます。
日本では、「目を見れば分かる」「阿吽の呼吸」など、一種の精神性に依存することが普通で、細かく説明すると、「やぼったい」とか、「あいつは子どもだ」とか、「空気が読めない」などと言われてしまいます。
「目を見れば分かり合える文化」、例えば日本語では、主語がなくても何の支障もなく会話が続きます。
まれに誤解を生じることもあるでしょうが、特に不便も感じず、私たち日本人は「主語なし会話」で生活しています。
アメリカ人からしてみれば、テレパシーや特殊能力に思えるかもしれません。
アメリカは多民族国家ですから、低文脈文化は、人々のミス・コミュニケーションを避けることに役立ちます。
アメリカ人の目から見ると、文字になっていない言葉、言葉として発せられていない情報が飛び交う日本はものすごく理解しにくく、ミステリアスな国なのでしょう。
従いまして先ほど紹介の「instant water heater type」を瞬間湯沸かし器みたいな人という英語は基本的には分ろうとしないのでしょうね。

ところで今日のふりネタ「擦り込み」なのですが・・・
実は今日の今日までジョージ・ハリスン「マイ・スウィート・ロード」をMy sweet road (私の甘い道)だと思っていました。実はMy sweet lord(私の優しい神様)だったのですね。
この程度です、私の英語能力は・・・
で〜も気がついてよかったです。
これまた棺桶まで持っていってしまう間違った擦り込みネタでした。
ということで締めはこの名曲です。



IMG_9321
今日は夜のとばりがおりた月島に出没です。
たまには美味しい魚でもたべるかと思っていたら、目の前に飛び込んできたのがこのお店です。
ということで今日のお店は月島で行列のできる、ボリューム丼のお店「魚菜はざま」さんです。

住所:東京都中央区月島4-9-10
Tel:03-3534-7698
休日:日曜日、祝日

IMG_9323

IMG_9333
お店の外観です。

IMG_9328
店内の雰囲気です。

IMG_9325
メニューです。

今日のオーダー「サーモンとカンパチ丼」@1,100円です。
店内の怪しい中国人のお姉さんに、いい男、お兄さん、見たことある、どこで、としつっこく聞かれて辟易しました。
月島に中国人の女性の知合いはいませんので・・・
要は中国人顔っていいたかったんたでしょう(笑)

待つこと8分「サーモンとカンパチ丼」の到着です。
IMG_9329

IMG_9332
見た目volumy(Janglish)です。

それでは実食です。
サーモン美味し、カンパチ美味しです。
特にカンパチの身の弾力は特筆ものです。
しか〜し半分食べたあたりで飽きてきました。
うんこれだけ美味しいのですからできれば美味しさの絶巓(ぜってん)を極めるためにadditional menuとして三分の二丼を希望します。

それでは(^_-)

月島 めし屋 14th

今日は「続 日本の一番長い日」です。
田中司令官
実はこの間「日本の一番長い日」を見て一番驚きましたのは、この日にミニクーデータが起こった事です。
簡単に記しますと、反乱軍の首謀者の畑中少佐は東部軍管区田中司令官(大将)にクーデターの協力要請にいったところ眼光炯炯の迫力の田中司令官「馬鹿者、貴様らの言わんとすることはわかっている」と一喝され、その迫力に転がるように退出し悲嘆のなか今度は近衛師団司令部に出向きました。
そこではクーデーの仲間が森師団長を説得していました。
しかし説得の時間がないという短慮から畑中少佐は森師団長をその場で射殺してしまったのです。
近衛師団司令部に衝撃が走りましたが、その中で畑中少佐は森師団長の判を使い「宮城を占拠し玉音盤を奪取せよ」という偽命令を出してクーデターが動き出したのです。
近衛師団は宮内庁の中をすみずみまでさがしましたが、宮内省の徳川侍従の考えで、あえて金庫にはしまわず、「木を隠すなら森へ」の格言とおりに宮内省事務室の乱雑な机の上の書類の下に置く事にしました。
これが奏功して反乱軍は玉音盤を探すことができませんでした。
一方宮城の中でクーデターが起きていると判断した田中司令官は塚本副司令官(少佐)を一人のみを帯同して反乱軍のところに車で向かったところ乾門で反乱軍に入門を止められました。
そこで田中司令官は、俺は東部軍官の司令官だ、無礼だ、お前らのやっていることはなんだ。わかっているのか、大音一喝しました。そして間髪入れず門の傍らにいた守衛に連隊長を呼ばせ併せてその場にいた憲兵に、奴らを捕縛せい、と命じました。そこで何が起きたのかわからないものの、憲兵はすぐに命令にしたがい反乱軍を縛り上げ反乱軍を鎮圧したのです。
まさに奇跡的な顛末であります。
たった一人の司令官の機転によってクーデターが起こらなかったのですね。

私の祖母は、この日玉音放送を聞き戦争が終わったのを知りました。
戦争に行っていた子供二人は内地勤務ですからすぐに無事な姿を見せるだろうと不謹慎ではありますが喜んでいたのです。実際、横浜の陸軍にいた次男(父は三男、長男は招集されず)は終戦からすぐに復員しました。
玉音放送から数日後、父が軍務していた横須賀海軍艦船修理廠が米国海軍に接収されるので、そこにいた日本兵は皆殺しにされたという噂を祖母は聞いていました。
終戦の日から1カ月経っても父は帰郷しなかったのでした。
1カ月たっても帰郷しないのはやはり噂とおり米軍に殺されたのかな、さりとて国からは死亡通知もきていないし、一体全体どうなったものなのかなと悶々としていたそうです。

ccaaa950543f63728483e36a40a11516
一方父はこの日、神奈川県横須賀市追浜(おっぱま)にある海軍艦船修理廠にいました。
前日、上官より最後の命令を受け日本海軍軍事機密に該当する艦船の書類の整理、焼却の業務についていたのです。終戦当日は、敗戦を知り日本の将来を悲観し拳銃で自裁する上官が多数続出したそうです。
そのかたわらで戦争中に無理難題を強いた元上官に対する私刑(リンチ)が横行しており殺伐した空気の中で父は黙々と最終業務を遂行していました。
只々この業務が終われば故郷(くに)に帰れるという喜びが父の頭の中を占めていました。
結局一月位かけ何とか業務を終わらせて故郷に帰ることとなりました。
まだ戦争が終わったという実感もあまり湧かず、そうはいながらこれでもう死ぬことはないなと妙な安堵感も生まれていたそうです。
省線等に乗り継ぎ半日かけ帰郷しました。
「国敗れて山河あり」実家のある駅に降り立った父は何も変わらない景色をみてそう感じたそうです。

ゆっくりと着実に一歩ずつ歩を進めながら我家を目指しました。
まもなく見慣れた景色の中、我家の輪郭を確認できた当りで、一人の中年の女性が家のとなりにある畑で一生懸命に鍬(くわ)を打ちこんでいる姿が目に入りました。
父がその姿に目を凝らしていると、その女性が突然手から鍬を離し父の方を振りむきじっと見つめています。
父はどうしたのだろうと思っていましたら父の方に振り向いた女性が自分の母親であることがわかったのです。
1km以上も離れた距離なのに何故父に気がついたのでしょうか。
少しずつ母親との距離が詰まってくると、久々に再会した祖母の顔は涙で溢れかえっていました。
それから暫くして、父は祖母の前に立ち、無事帰還した挨拶を敬礼にてしました。
「お国の為にご苦労様でした。本当に本当によく無事で帰ってきてくれました」と祖母は父にねぎらいの言葉をかけようとしたものの、湧き上がる涙で声がむせびほとんど聞き取れなかったそうです。
どんな時でも子供の事を思ってくれる母親というのはありがたいものですね・・・

最後に今日の最初のふりネタのクーデターのくだりは、この動画が分りやすくまとめています。
よろしかったらと書こうかとおもったのですが、もう9月の下旬ですよね。
終戦の日にこのネタ書いていたものですから、かなり温度差があります。
お暇でしたらご覧ください。



IMG_9321
今日は勝どきに出没です。
夕飯を何にしようかと迷っていましたらこのお店に来ていました。
今日のお店は「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_9256
お店の外観です。

IMG_9260
店内の雰囲気です。

IMG_9263
メニューです。

今日のオーダー「さば定食」@930円です。
久々に行きましたら美人のサリーさんがネパールから戻ってきました。
あんど女性ゴルファーの伊藤さんと奈良間のオヤジさんが今日の「めし屋」さんの布陣です。

IMG_9257
まずはオカズ三兄弟ですが、今日はアミとキザミ沢庵の二兄弟です。
塩辛は夜の部ではつまみとして売られていますのでオカズから外れているのは承知していましたが、二兄弟ではさすがに寂しいですね。

待つこと13分で「さば定食」の到着です。
IMG_9261

IMG_9262
今日のさば君は脂が甘いですね。
肉も弾力があります。
今日のさば君はスーパーデリシャスです。
久々に口福の坩堝(るつぼ)状態となりました。
このお店の干物の安定感はたいしたものです。

IMG_9338

IMG_9336
そうそう最近「塩辛」はお店で買って家でも食べています。
値段は520円です。
家で「めし屋」の味わいが再現されますので家メシの楽しみが増えました、ハイ。

それでは(^_-)

続 勝どき 銀蕎麦国定

今日は「戦後70年」です。
戦後70年
個人的には第二次世界大戦で日本が負けた最大の理由は、真珠湾攻撃の際南雲忠一の指揮する機動部隊が、第二攻撃を行わなかったことだと思っています。
この案は南雲司令部の参謀である源田実などからも提議されていました。
源田は、戦後になって著した回顧録(「真珠湾作戦回顧録」)の序文で、「私の合点できない一つの例は第二攻撃の問題である」と書いているのですから、よほどの無念だったのでしょう。
換言すれば第二攻撃を行うことで、オアフ島港のアメリカ海軍の基地をもっと徹底的に叩けたというのです。
この意見は、戦後になってアメリカ側からも指摘されています。
具体的には「450万バレルの貯油タンク群を爆破さえしていれば、アメリカ海軍はハワイを基地として使用するのは不可能だった」と分析されていました。 
もうひとつは、「日本軍はあれだけの攻撃をかけたのだから、なぜハワイヘの上陸作戦を強行して、その占領を図らなかったのか。そうすれば、アメリカ海軍としてはアメリカ本土の西海岸を基地とする以外になく、日本軍の作戦は有利に展開しただろう」というものでした。
つまり戦争をどのような状況で収拾するのかという構想がなかったことがこの戦争を敗戦にした最大の要因だと強く思うのであります。

それでは帝国陸軍はこの戦争を勝てると思っていたのでしょうか。
昭和16年11月策定の「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」なるものがあります。
これはアメリカ、イギリス、オランダ、中国に対する戦争計画です。
この案によりますと、重要なことは東南アジアの資源地帯を抑える事となっています。
これは長期に亘る日本軍兵站の自給自足を可能にします。
肝心の戦争の終わらせ方は、ドイツ、イタリアと連携してまずイギリスを屈服させ、それによってアメリカの継戦意志をなくすというものです。
当時、第二世界大戦のヨーロッパ戦線では日本と同盟を結んでいたドイツ、イタリアがイギリスを中心とした連合国を圧倒しており、ヨーロッパの多くを占領下においていました。
よって日本の戦争計画は、日本はドイツやイタリアと共にまずイギリスを打ち負かし、続いて孤立したアメリカの闘う意思を失うように仕向けるというものでした。
つまりドイツが勝つことを前提にドイツに頼り切った計画だったのです。
この極めて楽観的な案は、十分に検討されたものではありませんでした。
この案が脆弱なのは、日本が有利になった場合だけを考え、日本が不利になった場合の考察が一切なされてい事であります。

昭和18年8月に陸軍作戦課が作った「五ヶ年長期戦争指導計画」というものがあります。
これは昭和18年から23年までの5年間の日本の戦闘を9通りに分けています。
それによりますと昭和21年までに中国とソビエトを主な敵としてとらえ、その打倒を目指す事となっています。
そして中国とソビエトに決着をつけ体制を整えた後に、昭和22年以降アメリカと決戦を行う事となっています。
すでにこの時、日本はミッドウェー、ガダルカナル島で大敗しているのに、アメリカが本格的な攻撃に出るのは何年も先だと想定していたのです。
さらにこの想定はドイツが戦い続けていることが前提です。
9通りの案の中でドイツが敗北した事を前提としたものは1案のみです。

帝国国策遂行要領決定時に「もし日米開戦となった場合、どのくらいで作戦を完遂する見込みか」と対米戦争の成算を昭和天皇に問われた杉山参謀総長は「太平洋方面は3ヶ月で作戦を終了する見込みでございます」と楽観的な回答をしました。
これに対して天皇は「汝は支那事変勃発当時の陸相である。あのとき事変は2ヶ月程度で片付くと私にむかって申したのに、支那事変は4年たった今になっても終わっていないではないか」と語気荒く問いつめたそうです。
答えに窮した杉山参謀総長が「支那は奥地が広うございまして、予定通り作戦がいかなかったのであります」と言い訳しますと、天皇は「支那の奥地が広いというなら太平洋はなお広いではないか。いったいいかなる成算があって3ヵ月と言うのか」と一喝し、杉山参謀総長は言葉を失ったというこのような逸話もあります。

確かに後付ではこのように何とでも申せますが、しか〜しであります。
仮に戦争が長引けば、父親は戦地に出向き、万が一骨となって帰国することとなれば、今の私は存在していません。それよりもこのような体たらくで亡くなった同朋の無念さを考えると言葉はありません。
戦争という狂気の行為はひとたび始まれば急には終息できず、ポンピングブレーキのように数を重ねることで制動していかなければなりません。
よくぞ昭和20年8月15日で止めたものです。
この終戦にむけて努力された方々に対しては感謝の念しかありません。
戦後70周年ということで、感じることころがありこの様な事を記してみました。
参考情報NHK「知らざれる陸軍終戦工作」


地道にコツコツ!



IMG_8989

IMG_8975
今日は久々に勝どきに出没です。
たまには蕎麦でも食べるかと出向きました。
今日のお店は銀蕎麦「国定」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき2-12-10
電話番号:03-6268-2715
定休日:日曜日

IMG_8987
お店の外観です。


IMG_8976
メニューです。

今日のオーダー「海鮮丼+せいろ」1,100円です。
店内がわさわさしていてはなから嫌な感じです。

IMG_8979
待つこと8分でつけ汁等の品々が到着しました。

IMG_8980
待つこと10分でお水様の到着です。
10分も放置していて何でお水を出さなかったことに気がついたのでせう。

IMG_8983 (2)
待つこと16分で「せいろ」の到着です。
手持無沙汰なので頂きました。
それでは実食です。
二八の蕎麦ですかね。なかなか美味しいです。
もう少し涼感が欲しいところではあります。
つけ汁はもう少し濃い目の方が好きですがこれはこれで悪くはありあません。
見てくれも味の内ですから、蕎麦はきちんと真ん中に置いていただきたいものであります。
若しくは店主の臍が曲がっていたりして・・・

IMG_8984
待つこと25分で「海鮮丼」の到着です。
久々に待つことの楽しみを覚えました。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
見た目ほど美味しくはありませんね。
白眉は生しらすです。
これは鮮度が命ですので新鮮なのでしょう。
で〜も作り手の工夫はいらない一品ではあります。
海鮮丼のシャリはひと肌の温度が理想であると思っていましたが、熱々のシャリででてきました。
これだけ熱々であればネタに良い影響はありません。

このお店はお客を安く見ていますね。
ご安心ください。こちらもお店を安く見ました。
もう二度と行きませんから・・・

それでは(^_-)

築地 辰の字 リターンズ

今日は「EIKICHI YAZAWA ROCK IN DOME 2015」です。
私の甥っ子は矢沢永吉フリークです。
そののめり込み方はハンパありません。
ちなみに御年は25歳です。
永ちゃんファンって私たちより上の世代でしょう、と思うのは素人の赤坂見附です。
そのファン層というのは老若男女と多岐に亘っています。
世代で申せば下は小学生で上は際限ないそうです
そのファンの格好というのはツッパリとかヤンキー卒業生みたいなイケイケではなく、はげ散らかしたビール腹のオジサンが圧倒的に多いようです。マジすか。

一応私も永ちゃんファンです。
ブログでたまに見せる熱い溶岩のような息吹はロックからきているのであります。
しか〜しこのコンサートはprecaution(注意事項)が多すぎます。
ほんの一部を以下に紹介します。
#飲酒者の入場お断りについて
○飲酒をされての入場はお断りいたします。
ご入場前に飲酒チェックをさせていただきます。
入場をお断りした際の返金は半額、チケットは回収いたします。
#場内における注意・禁止事項
○周囲を威圧する服装の方の入場は固くお断りします。(私設応援団等、団体を思わせる服装、日の丸の刺繍・扇子含む)
○通路に出たり、後ろ・横を向いての永ちゃんコール等の「強要」「あおり」は周りのお客様のご迷惑となりますので、絶対におやめください。
○MCやバラード中の声援、大声は他のお客様のご迷惑となる場合がございますのでご遠慮ください。
○係員が演出を妨げると判断した場合は、退場していただく場合もございます。

加えて永ちゃんファンなら必ずやりたいタオル投げも「止まらないHa〜Ha」とか限られた曲目の様です。
知りませんでした。
個人的には永ちゃんのコンサートっていうのは、全員白い特攻服か白い羽織袴かで、一升瓶をラッパ飲みして、所構わず彼我構わず殴りかかっているようなイメージでした。
そうそうまるで沖縄の荒れ狂う成人式みたいな感じです。
昔々、本当に永ちゃんのコンサートはこのような状態だったらしくて、その為にすべての施設から会場使用が拒否されてライブができませんでした。
仄聞の範疇ではありますが、昔とあるコンサートで一部のファンが騒いで乱闘を始めました。
その時、永ちゃんは音楽を止めて会場のファンのみんなに騒ぐ事をやめてくれるようお願いしていたそうです。
それから幾星霜、今は非常にマナーが良くなっているようです。
しか〜しアルコールチェックがあるとは・・・
飲めないじゃないですか(悲)
今でも白いスーツを着て決めてくる筋金入りのファンはPremiumSS席(25,000円)に集結されている様です。

なにか茶化した内容になって矢沢ファンの皆様すみませんでした。
以下にYAZAWA CLUBさんの見解を紹介します。
「番組の内容は、私設応援団の集まりなどを取り上げたもので、カラースーツを着た集団が歩道を我が物顔で歩く様子など、誰が見ても威圧感のある光景が映し出されるものでした。
カラースーツを着た集団が歩道を我が物顔で歩く様子がfutureされた番組を見て、ファンの方々からいただく内容はこぞって
『矢沢ファンとして、同じように思われたくない』
『永ちゃんと一丸となって、マナーの改善などに取り組んできたのに、とにかく悔しい・・・』
『恥ずかしくて周りに永ちゃんのファンと言えない』
『同じファンとして情けない』
といったものです。
テレビに映し出されたような威圧感を与える服装・雰囲気は、今やコンサート会場においてもほんの一部分であると言っても過言ではありません。その事実はファンの皆様がご周知のことと存じます。
矢沢永吉とYAZAWA CLUB、そして多くのファンの皆様が長年、そして特にここ6年近く力を入れて取り組んできた飲酒や服装の規制により培ったマナーの向上も、このような面白ければ良いといったテレビ番組作りにより『矢沢のファン・コンサートは怖い』という印象を世間一般に与える結果となってしまい、悔しい限りです。
矢沢を応援してくださる全ての皆様へ改めて申し上げます。
矢沢はこのような番組を一切認めてはおりません。今迄もこの先も変わりません。
そして最後に、放送局に乗せられて出演する方たちにも申し上げたいです。
矢沢本人、決して気持ちの良いこととは思っておりません」

ということでこのコンサートの立ち位置をご理解されましたでしょうか。
最後はこの曲で締めさせていただきます。


report0818
PS この画像の甥っ子の予想は「逃亡者」か「せめてダンシング」でした。
ちなみにこの投票ができるのはこのコンサートを見にきた人だけですから。


IMG_8961

IMG_8960
今日は築地に出没です。
今日のお店は親子丼日本一の「辰の字」さんです。
今日は以前から食べたかった一品を食べに参りました。
内容は以下をご高覧ください。

住所: 東京都中央区築地3-14-5
電話:03-3546-2162
休日:土曜日・日曜日・祝日

IMG_8951
お店の外観です。

IMG_8954
店内の雰囲気です。

IMG_8952
メニューです。

今日のオーダー「真如揚げ」@850円です。
実はこれは数量限定なのです。
私が頼んだ後に頼まれた人はsold outでした。
ツイています。

待つこと8分で「真如揚げ」の到着です。
IMG_8958

IMG_8955
なかなか迫力ありますね。

IMG_8959

IMG_8957
まずは「真如揚げ(大山鶏挽肉揚げ)」から頂きました。
すごい熱さです。
ふうふういいながら頂きました。
弾力ある挽肉の中にコリコリ、ポリポリする軟骨が口の中で踊ります。
調味料は最初ウスターソースそしてケチャップと試しましたがこれには醤油が一番ですね。
美味しいです。これは楽しめます。
最後まで熱々なのが高評価です。

IMG_8956
そして唐揚げです。
筋肉質な大山鶏には厚めの片栗粉はあいません。
衣が硬くなります。
硬い衣を突破した後にこれ又硬めの鶏肉はちょっと興ざめです。
ほのかなニンニクの香りが食欲をあおってくれたのですが、しいていえばこの「唐揚げ」はいらなかったような気がします。

個人的には「真如揚げ」をこれだけ大きくてきれいに揚げる親方は全国でも数少ないでしょう。
そういう意味でも「食べる価値」ありです。

それでは(^_-)

築地 魚竹 5th

今日は「ファミリーマラソン」です。
夏休みで長男が帰省していましたので昔話です。
ひょんなことから出走した札幌マラソンで自らのマラソンの才能に気がついた私は、徐々にこの悪魔の競技にのめり込んでいったのでした。
そして札幌マラソンの後いくつかのマラソンレースにでた私は大いなる野望をひそかに温めていたのでした。
それに呼応するかのるように次男が幼稚園年長の時マラソン大会で9位になるなど私の野望の周辺環境は整ってきたのであります。
その翌年次男が小学生になったときに私の野望は全容をあらわにしたのです。
その野望とは・・・
「家族で襷(たすき)をつなぐ」であります。
要はファミリーマラソンに家族で出て入賞することだったのです。
そして新緑深い真駒内公園で開催される「駅伝サーキット」へ誰の了解もなしにマラソン参加を申し込んだのでした。
一応チーム名は「サイバークラブ」という当時はインターネットの黎明期だったという事もあり、インターネットが形成する情報空間すなわちサイバースペースから命名したのでした。
長男からは高評価だったように記憶しています。
そして想定内のトラブルが発生したのです。
それは・・・
走ることが大大嫌いな奥様のちゃぶ台返しでした。
なんで勝手に申し込んだのですか、とまさに「怒髪天を衝く」状態で荒れ狂ったのです。
私はあらかじめ用意していた想定問答集の中から、家族で目標を共有してその目標を達成するために努力する事は子供の情操教育に良い、とアメリカはトーマスクック教授(そんな教授は存在しない)の最新の論文に書かれているんだ。その論文はアメリカ国内で大いなる支持を得て最近日本にも流入し支持され始めてきている。
その論文のエッセンスは「家族の絆」なんだよ。子供たちのために理解してくれないか、と説き伏せたのです。
奥様は、わかりました。それでも私はでませんから、と取り付く島もありませんでした。

ファミリーマラソン
この「駅伝サーキット」はハーフマラソンの距離にあたる21kmを4人で走るのです。
1走は5km、2走は1.5km、3走は3km、4走は11.5kmで計21kmであります。
私がこの大会に申し込んだメンバー表は、1走は長男、2走は奥様、3走は次男、4走は私としたのでした。
まさに高橋Qちゃんを育てた小出監督の采配に勝るとも劣らない名伯楽なメンバー配置であります。
レースは1999年6月2日()であります。
奥様を除いた家族はそれぞれ自主練習を始め入賞を目指したのです。

IMG_2862

IMG_2859
レース二週間前には家のそばにあるサイクリングロードにトレーニングウェア姿で練習している我が奥様を発見したのです。どうやら時宜を得たようです。
これで私の願いである「家族で襷(たすき)をつなぐ」という夢が実現しそうです。

本当ならここで当時の画像があればいいのですが、この日はガチでレースに臨んだものですからその様な余裕もなく写真は撮っていません。レース結果ですが長男、次男、奥様の頑張りで、入賞は逃したものの、なな何と100チーム中35位という好成績で大団円とあいなったのです。
「家族の絆」ですか・・・
レースの後と前ではあまり変わりませんでした。
た〜だレースの疲労からか、しばらく奥様低気圧が発生し続けてその対応に大わらわでした。
大事業をする際は、事前説明が大事である、と心より思った次第であります。

なおこの話は後日談がありまして、このレースから約1カ月後の7月7日()地元町内会の運動会に長男、次男、私とで参加して全種目入賞しました。
特に私はマラソンではそのスピードが速すぎて、年輩の方がこいでいる先導車の自転車を追い越してしまい、優勝はまちがないからもう少しゆっくり走ってよ。あんたのそのスピードに付いていったらゴールではなく天国に着いてしまうべさ、と言われたのでした。
話は戻りまして全種目入賞の景品によりマジに文房具屋さんが開けるような沢山のカラーペン、クレヨン、鉛筆、ノート等を頂いたのでした。
今は昔の話であります。


家族と一緒には見られない(笑)



IMG_8320
今日は夏休み前の新富町に出没です。
たまには美味しい焼魚を食べるかとお邪魔したのはこちらです。
今日のお店は味噌汁がスーパーデリシャスな「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_8322
お店の外観です。

IMG_8317
店内の雰囲気です。

IMG_8312
メニューです。

今日のオーダー「銀鮭照焼」@900+「なかおち」@400計1,300円です。
お店に入るなり、お暑いところすいません、のお店の方全員での声掛けであります。
相変わらず気持ちの良い出迎えです。

IMG_8314
待つこと6分で「銀鮭照焼」と「なかおち」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
「銀鮭照焼」はふっくらとしており、焼きがよいため身離れがよいです。
味ですか、すごく美味しいです。
特に皮の直下についている脂身がたまらなく美味しいのです。
これは極楽、極楽です。

IMG_8316
「なかおち」は脂がよくのっていて口内でとろけるようです。
刺身のつまのネギがシャキッとしていて「なかおち」の脂分をそぎ落としくれます。
この「なかおち」によく合います。

IMG_2914

IMG_2915
今日の一杯目のみそ汁の具は「お豆腐」です。
ここのみそ汁は何度飲んでも美味しいですね。
マックスたまりません。
お約束の二杯目を頼みますと、お汁(つゆ)おかわり、の声が厨房内に流れます。
二杯目のみそ汁の具はは「なめこ」です。
これは舌がとろけます。
このお店のみそ汁を飲んでいますと、日本人に生まれて良かったな、と心底思う今日この頃であります。

それでは(^_-)

続 築地市場 トミーナ

今日は「珈琲徒然」です。
私は珈琲がすきでよく飲みます。
だいたい1日4〜5杯はブラックで飲んでます。
というか習慣性になって飲まないと落ち着かなくなってきます・・・
しか〜し飲みすぎると必ず胃が重くなり、それがヒドくなりますと口内炎ができるのです。
口内炎はその痛みで食事を取ることが嫌になりますので私の唾棄する病気の一つです。
私は珈琲を「毎日飲むべきか飲まざるべきか」悩んでおります。

ブラックコーヒー
ブラックコーヒーの反対といえば砂糖入り珈琲ですよね。
昔このような会話が全国の喫茶店でかわされておりました。
ただし付き合い始めたカップル限定ですがね・・・
A子「貴方、い・く・つ」
B男「僕ですか・・・ここ今度の誕生日で23歳になります」
A子「馬鹿ねぇ・・・年の数じゃないこと。お砂糖はいくついれるの♪って聞いているの」
B男「いくつといわれても(顔真っ赤)
そうですね、A子さんのお好きなだけ、もといA子さんのお気がすむまで入れてください」
A子「お気のすむまでといわれても、もし多かったらB男さん、私の事きらいになるでしょう」
B男「そんなことありません。どうぞお気のすむまで」
A子「イヤ、きちんとおっしゃって・・・」
B男「私は親から、男は細かい事に気を使うな、と言われて育てられたものですから、砂糖の数なんか言えません・・・」
A子「イヤイヤ、きちんとおっしゃって・・・」
という、今思うとメビウスの輪みたいなこのような話が繰り返され、ホットコーヒーは冷めていくのでした。
そしていつの日かシュガーポットは消え去り、ステイックシュガーが登場したのでした。
昭和は遠くなりにけりであります。


川でサーフィンですか



IMG_8277

IMG_8280
今日は久々に築地市場に出没です。

IMG_8278

IMG_8279
場内は噂通り外国人が多いですね。
まるで気分は香港です。
久々の場内なので寿司でもと思ったのですがこの混雑では一時間以上の待ち時間が予想され、そこまで暇ではありませんのでこのお店にしたのです。
今日のお店は「トミーナ」さんです。

住所: 東京都中央区築地5−2−1 中央卸売市場内1号棟
電話:03-5565-3737
定休日:日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる)

IMG_8282
お店の外観です。

IMG_8283
店内の雰囲気です。

IMG_8285
メニューです。

今日のオーダー「ペペロンチーノ」@1,100円です。
8年ぶりの再訪です。
ちなみに「トミーナ」さんの店名ですが、ご主人の名前が「富山さん」です。
そのままだですとイタリアンレストランぽくないので「ーナ」を付けてトミーナという名前にしたそうです。

IMG_8284
待つこと1分でサラダの到着です。
これは作り置きみたいでほのかに暖かくいただけませんでした。

IMG_8286

IMG_8290
待つこと11分で「ペペロンチーノ」の着皿です。
ここのペペロンチーノは赤ピーマン、黄ピーマン、マッシュルーム、玉ねぎ、ニンニクスライス、鷹の爪が入りそれにバージンオイルを絡めて料理されています。
味ですか「不味からず美味からず」です。
しいて言えば鷹の爪がきき過ぎていますか。
コスパ「悪し」といえるでしょう。

それよりもこの市場に近いところにあるA新聞社の女性の方の自慢話がうるさくて辟易としました。
久々に男性的思考をする女性の話が耳に刺さりましたが、女性なのになんで男性のフィールドで勝負するのでしょうね。個人的には女性らしさで勝負した方が感じよいのにと思いました、ハイ。

それでは(^_-)

月島 草庵

今日は「泣いてはいけないのです」です。
明治も遠くなりにけりですか、最近は劇場型なのか激情型なのかわかりませんが欧米人のように感情を即にだす日本人が増えましたね。
私個人のmentalityとしては、悲しい時には、泣いてたまるか、でしょうか。
私は渥美清のTBS映画「泣いてたまるか(現在BSで放映中)」が好きで、悲しいことがあるとこの歌を心の中で反芻していたものでした。
しか〜し最近はこの信念が変わってきました。
男が泣いていけないのはある種の性差別だと思うようになってきたのです。
女だって泣いてはいけないのです。
すべての人間は泣かないように努力しなくてはいけないのです。
人生を気持ちよくやっていくように努力しなくてはいけないのです。

私たちの先祖は、痛ましい事や悲しい事をつげねばならない時、私たちはそれに遭遇した当人がその事実を泣きながらではなく微笑みを浮かべていわねばならない、と戒めていました。
なぜなら悲しみの表情や深刻な顔を見せるのは、相手に心配をかけ苦痛を与える不躾な行為とされているからです。日本人の哀しみを表してはいけないという淵源は、日本人の礼儀正しさにあるのです。

泣いてはいけません
仕事でミスをしてどうしようもなくなって、泣く、上司に注意をされて泣く、会議中などで自分の足りない点などを指摘されて泣く、といった仕事中の涙は、男性にとっては困るものです。女性にとってもそうですね。
仕事中に泣かれても、何の解決にもならないし、ただ自分の感情だけで泣いているだけですよね。
子どもではないのですから、仕事に関することでの涙は見せないようにしましょう。
今週、実際に部下の女性に泣かれました。
正直対応に苦慮しました。
感情的に泣かれたら取り付く島もありません。
これは女性の最大の反則行為であります。
会社では皆、辛いことがあっても表に出さないよう努力しているのです。
誰だって心の中にはドロドロとしたマグマを持っているのです。
ただそれが富士山のように噴火しないように耐えているだけなのです。

愛は自分の利益を求めない。いらだたない。恨みをだかない。すべてを忍び、すべてを望み、すべてを耐える、と聖書、コリント人への第一の手紙にも書かれています。
自己愛を忘れませんように心がけましょう。
最後に泣く事を得意としている?女性はウォータープルーフのマスカラをつけるようにしてください。
泣きすぎますと最後の方は上野動物園のパンダさんと話しているような錯覚に陥ってしまうからです、ハイ。


Limbo



IMG_7972

IMG_7971
今日はもんじゃの街「月島」に出没です。
なにやらシャレオツのお店が目に飛び込んできました。
気になりましたら入るのが私の信条です。
今日のお店は日本料理「草庵」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-19-2
電話:03-3536-0708
定休日:不定休

IMG_7962
お店の外観です。

IMG_7966
店内の雰囲気です。

IMG_7964
メニューです。

今日のオーダー「すき焼き定食」@900円です。
重厚な店構えとは裏腹に店内は10人位が座れる逆L字方のカウンターがあり、店主がさわやかな笑顔で私のお訪(とな)いを迎え入れてくれました・
この心温まる出迎えにかえって緊張してしまいましたが、とても良い気持ちに包まれました。
このような感動は最近ではありません。
ホールの年輩の男性が、月島にお店を構えて28年です、とゆっくりとした口跡で説明していました。
所謂老舗割烹というお店ではありませんか。

IMG_7967
待つこと8分で「すき焼き定食」の到着です。
見た目豪華ですね。

IMG_7968
それでは実食です。
肉は硬いのですが、割り下は本格的日本料理の味わいになっており、肉の硬さはそれほど気になりませんでした。美味しいです。

IMG_7969
玉子好きの私ですので当然肉は卵をつけて食べるのです。
多分贔屓の引き倒しなのかもしれませんがこの卵は弾力があり美味しいです。

IMG_7970
副食の蒟蒻の炊いたものも良く味がしみ込んでおりイケます。

これで@900円ですか、お店の雰囲気、接客態度、味から鑑みますとコスパはかなり良いですね。
次回は「特選天ぷら定食」に挑戦してみます。

それでは(^_-)

勝どき 池のや リターンズ

今日は「割り勘雑感」です。
割り勘2
この間お取引先と飲んでいた時に、この様な社用なら交際費で落とせるけど、私的飲み会なら、△△さんは飲まないから割り勘負けしますよね、と笑いながらいわれました。
実はこの、割り勘負けしますよね、という言葉を聞いてかなり驚いたのです。
理由は簡単です。
その様な考えがなかったからです。
お酒を飲もうが飲むまいが、公的でも私的でも、飲み会は情報共有且つ情報交換の場であり、そこから帰納するのは飲み会とは「コミュケーションの場」なのです。
従いまして、今まで飲食代という考えはなく、コミュケーション代だと思っていたのですね。
正しく申せばその様に思うようになったのは停酒後であります。
美味しいものを食べたかったらその様な趣旨でその趣旨に賛同したものと行けば良いのです。

個人的な割り勘の按分は以下の様に考えています。
自分から飲み会に誘った時には半分を持ちます。
誘われた時は会計幹事に一任します。
しか〜しここで面白いのは、飲む人は飲まない人に金銭的な負い目があるみたいで、その按分にかなり気を使っています。
飲まないけれども、それなりに料理は食べていますので、損得感でいえばそんなにないような気がします、多分。
逆に損得勘定の算盤を弾きながら飲み会にでているのであれば、端から出席しなければいいのです。
かつて、俺は飲まないからご飯ものもらうわ、と言った人間がいたのには怒りを通り越して笑ってしまいました。

可哀想なのはそのような飲み会を毅然と断れない若い人です。
特に若い女性です。
私の会社では、その様な人間からの徴収額は一人英世にしています。
それが普通でしょう。
最近、会社での飲み会が激減してきたのは業務が多忙なこともあるのでしょうが、極論すれば横断的な飲み会が楽しくないからでしょう。
よく飲んで仕事の話しかしない輩には、今日はひとつ仕事の話しか抜きで場を盛り上げてよ、とからかいますが、仕事の話しかしない人間は、実は仕事以外の話題がほとんどないのです、これは蓋然性から言ってもかなりの高確率で当たっていると憶断します。
海外では給与体系が職務給ですから、飲んで仕事の事で難癖をつけたなら、すぐに殴り合いになるでしょう。

最後にこのふりネタでは、かなり上滑りの論戦を張っている噴飯物の私ですが、二次会には絶対にいきません。
酩酊状態の会話の不毛さはよくよく承知していますし、脳の逆覚醒にもなりますので忌避しています。
その様な砂漠に水を撒くような無駄な時間があるのであれば、家に帰って奥様と他愛もない雑談をしていた方が精神的な癒やしになります。


Charlie Chaplin - The Lion's Cage



IMG_7677
今日は勝どきに出没です。
今日のお店は、勝ちどきの定食王「池のや」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき3-7-10
電話:03-3531-0948
定休日:日曜・祝日

IMG_7678
お店の外観です。

IMG_7688
店内の雰囲気です。

IMG_7680
席の移動を頼まれたのでこころよく移動しましたら、迷惑料として▲50円を引いていただきました。
この「大入袋」が値引きの確証です。

IMG_7679
メニューです。

IMG_7681
今日のオーダー「かんぱち刺身定食」@800-@50=750円です。
待つこと15分で「かんぱち刺身定食」の到着です。
見た目「勝ちどきの定食王」の名に恥じない盛り込みです。

IMG_7689

IMG_7686
ご飯は「おかかふりかけ」をかけていただきます。
おかかウマしであります。

IMG_7682
それでは実食です。
かんぱちは身が厚くて弾力があり美味しいです。
このレベルを河岸から仕入れてくるなんて若主人の目利きは確かです。

IMG_7684 (2)

IMG_7683 (2)
副食の「ほうれん草の胡麻和え」と「厚揚げの煮物」もウマウマです。

これで@800円ですか、相変わらず「コスパ良し」ですね。
しか〜し一時期あれだけ通ったのに、私の事をまったく覚えていてくれなかったのは残念です。
勿論、これは私の思い上がりでありまして、お店にはなんら問題はありません、ハイ。

それでは(^_-)

月島 どさん子 14th

今日は「ユダヤジョーク其の壱」です。
ユダヤジョーク
この素晴らしい本は、おおいかぶさった悲哀のもとでも、苦笑、メランコリックな笑い、そして時としては、心の底から大笑いを挑発する(ディ・ヴェルト紙)
ということで今回はユダヤジョークの紹介です。
出典「ユダヤジョーク集」ザルチア・ラントマン編、和田任弘訳
宜しかったらお付き合いください。


#忘れる
安息日の日、ラビ(ユダヤ教の聖職者)が窓からのぞいているのを知らずに、神学生が三人煙草をくゆらしていた。彼等は早速ラビに呼びつけられ、しぼられたあげく、お詫びをいった。
最初の学生
「先生、申し訳ありません。今日は安息日だということを失念しておりました」
第二の学生
「悪うございました。安息日には禁煙という事を忘れていました」
第三の学生
「いやあ、先生、申しわけありませんでした。ついカーテンを閉め忘れまして」

#罪
アドルフ・アイヒマンといえば、ナチスのユダヤ人殺戮の首謀者として、またイスラエルで死刑の判決を受けた男として有名である。
アイヒマンが死刑になる前、最後の望みとしてユダヤ教に宗旨替えをしたいと申し出た。
理由を聞かれたアイヒマンは重い口をようやく開いていった。
「そうすれば、また一人ユダヤ人が殺されたことになるからです」

#相対性理論
コーンがモーゼスに聞いた。
「アインシュタインが日本に招待されたって聞いたが、何故そんなに有名なんだね。
いったい、相対性理論とかいうのは何のことだね?」
「なあに簡単なことさ。要するに、一つの事象が関連性次第で他の意味をもってくるということだ。
わかりやすい例をあげようか。
たとえばきみがパジャマのまま熱いストーブに座ったとすれば、一分間を一時間ぐらいに感じるだろう。しかし、パジャマを着た若い女の子が、きみの膝の上に座ったとしたら、一時間が一分くらいに感じられるというわけさ」
さてアインシュタイン自身はつぎのように説明している。
「もし、私の理論が正しいと認められるのならば、ドイツ人は私をドイツ人であるというでしょうし、フランス人は私をコスモポリタンであるというでしょう。
しかし、私の理論が世に認められないとすれば、フランス人は私をドイツ人だと呼ぶでしょうし、ドイツ人は私をユダヤ人だというでしょう」

#仮定
イスラエルの軍隊である演習のとき、橋に次の様な表示がしてあった・
「本架橋は爆破されたものと見なす」
丘の上から参謀が双眼鏡で観察していると、歩兵一分隊が、標識にもかかわらず、平然と橋を渡っている。
激怒した参謀、おっとり刀でジープを飛ばした。
兵士達を怒鳴りつけようとして、ふと兵隊が担いでいる旗を見ると、なんと
「水泳中」
と書いてあった。

#互助
バルーフが敵の機関銃を分捕ったので40日の休暇をもらった。
故郷ではみんなが彼の武勇をたたえた。
バルーフは、ちょっとはにかみながら、いった。
「たいした手柄じゃないんです。たまたま休暇がとりたいというアラブ兵と出会ったものだから、機関銃を交換しただけなんです」


StuntsAmazing!



IMG_7539
今日は久々に勝ちどきに出没です。
今日は無性に餃子が食べたくなりました。
そのような日はこのお店です。
今日のお店は「どさん子」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話:03-3531-8870
休日:月曜日、第3月・火曜

IMG_7542
お店の外観です。

IMG_7544
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「餃子定食」@680円です。
最近は女将さんと娘姉妹とアルバイトのおばさんとでお店を廻しています。
次女さんは女将さんにクリソツですね。
店がリニューアルしてオサレになったもののあまり客層は変わっていませんね。

IMG_7543
ということで待つこと3分で「お新香」の到着です。
ここのたくあんは好きな味であります。

IMG_7545
待つこと5分で餃子の到着です。
いい焼き加減です。

IMG_7546

IMG_7547
待つこと8分ですべて出揃いました。
まずは味噌ラーメンの台抜きです。
要は味噌ラーメンの麺なしです。
これは熱々で美味しいです。
昔は味噌ラーメンの替わりにカレーラーメンの台抜きにしてもらっていましたが、娘さん達が調理するようになったので我儘はしばらく封印です。

そして餃子です。
餃子のツケたれは多めのラー油をいれます。
餃子は野菜餃子ですので、甘みがあります。
味ですか、最高です。
餃子と味噌スープとお新香というこの組合せに勝てるものはありません。
満足の夕飯でした。
女将さん、ご馳走様でした

それでは(^_-)

月島 めし屋 13th

今日は「タクシー車内での会話」です。
タクシー
この間タクシーに乗って得意先に行く車中、めずらしく携帯に電話がかかってこなかったので運転手さんと雑談をしていました。
途中で景気の話になり、そこから脱線して高収入のタクシー運転手さんの話になったのです。
運転手さん曰く、うちの会社には収入が10百万円近い運転手が3人もいる、とのことです。
仕事柄そのような話題には食いつきます。
記憶で申せば不況のあおりを受け、タクシー運転手の平均年収は減少傾向で平均すれば300万円前後だったように覚えています。かかる中で収入が10百万円ですと、これはまさにamazingであります。
私は運転手さんに、そういう人って固定客がついているんじゃない、って聞きますと、そういう客はいないみたいなのですね、と言うので、それじゃロングばかりねらっているんではないのですか、と聞けば、それはあるみたいです、との事でした。
ロングだと復路が空車なので営業効率がわるいんじゃないのですか、と重ねると、なぜか復路も客を拾うのですよ、というので、それは揣摩臆測的発言でしょう。蓋然性というか確率論的にはそのような僥倖の連続は発生しませんよ、と言いますと、そうですよね、って返すので、運転手さんがその様に言ったんじゃないですか、と混ぜ返したのです。さらに運転手さんもそのトップ運転手さんの儲ける秘密を知りたくて、今のタクシー会社では当たり前なのですが会社のDBから運転日報を閲覧したそうです。
そこで目の当たりにしたのは客の乗降場所は一定していなくとにかく小刻みにお客を乗せている事が分かっただけで何の参考にもならなかったそうです。

そこで私は考えました。
一番良い方は非番の日の度にそのトップ運転手さんの車の後を追尾して彼のDBを顕在化させればいいのです。
で〜もこれってあまりにも無策であります。
次に考えたのは乗車率を上げること即ち徹底した流しをすることです。
その上でどこに客がいるかを考える事です。
マーケッティングでいえば「乗車率の向上」が戦略です。
そしてその為には「どこに客がいるかを見極める」が戦術です。
例えばタクシー交通費がおおらかな薬品メーカー、マスコミ(含TV局)、商社、プラントメーカー等の周辺をくまなく周回します。特に商社は多忙な事から出発時間ギリギリまで会社にいるので、その副作用としてフライトに間に合うよう羽田空港、成田空港位なら平気でタクシーでいくようです。
特に抑えておかなければいけないのはイベント情報です。
これはある種の特需です。
特に地方からこられた方は東京の土地勘がないので平気でタクシーを使うはずです。
従いましてイベント会場周辺は宝の山となるのです。

個人的にはコンサート会場の終了時がチャンスだと思います。
コンサートはかならずアンコールがあります。
しか〜し普通の人の感覚なら終演時間をベースに帰宅スケジュールを組んでいるはずです。
ところがコンサートのプレーヤーはそんなのお構いなしにアンコールをやりますよね。
ここにビジネスチャンスがあると思うのです。
大好きな歌手のコンサートで高揚したご婦人達はせっかくの幸せな気分を込みあった電車で台無しにされるは無粋だと思う人もいるはずです。
仮に名古屋からこられた4人のグループは、帰りの名古屋最終の新幹線の時間に間に合わせる為にあたふたと帰るのなら、タクシーで帰ろうかなという仮説が成り立ちます。
ちなみに名古屋までは60,000円位のタクシー代で帰れます。
そこで頭の中の電卓をたたけば新幹線で帰るより少し割高になるという計算が成り立つはずです。
実際はわかりませんが、要はこのような仮説を沢山たてて、そのストックを沢山もつことが大事なのです。
加えてそのような僥倖にめぐりあった同僚運転手のreapplyです。
その為には社内コミューケーションを良くして情報を拝受するのです。
なんでもゼロから始めるのは生産性・効率性の点からよろしくありません。
とりあえず他の成功体験のreapplyをすれば良いのです。
それでもどうしようもなかったらトイレの中で妙案をうんうんとひねり出すのです。
個人的には成功の方程式は確率だと敢えていわせていただきます。
とこのような事をたらたらと運転手さんに話していましたら目的地に着いてしまいました。
運転手さんから、とても参考になりましたのでまた乗って下さいね、と言われたのですが、笑いながらお別れしました。この運転手さんは、タダより高いものはない、という日本の故事を知らないのでしょう・・・


Where did you go?



IMG_6863
今日はひさびさに塩辛が食べたくなりました。
となりますと月島に出没です。
今日はこのblog最多出場のご存じ「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_6864
お店の外観です。

IMG_6869
店内の雰囲気です。

IMG_6865
メニューです。

今日のオーダー「寒サバ定食」@930円です。

美人のサリーさんがネパールに帰国してしまってその替りにリナさんが入られたようです。
サリーさんがクールビューティーとするとリナさんはウォームビューティーです。
いずれにしてもネパールの女性は美人であります。

奈良間のオヤジさんは不在で後はやたら日本語のうまいネパール人の青年とベテランアルバイトのおじさん方が今日のスタッフでした。

IMG_6868
お店のPRです。
「焼きさば寿司」です。
なにやら有卦に入っているようです。
所謂ひとつのTV効果のようです。
おいしいのかしらん・・・

IMG_6874
奈良間のオヤジさん絶賛の塩辛くてとても食べられない「本ちゃん紅鮭」がこれまた有卦に入っているようです。
昔の鮭はこうだったとよと言うノスタルジック客が引きも切らず詰めかけているそうです。

IMG_6866
今日のおかず三兄弟は、塩辛、海苔の佃煮、大根の葉の漬物です。

IMG_6870

IMG_6871
待つこと12分で「寒サバ定食」の到着です
見た目脂がのっています。
何て表現したらよいのでしょう、脂ののったサバは甘いのですね。
さらにじっくりと焼きあげた香ばしい皮にその甘さが移っています。
噛みしめるたびに味がふくらんでいきます。
美味しいです。

IMG_6873
それに勝るとも劣らずのおかず三兄弟ご飯です。
今日は伊豆産の海苔の佃煮が馥郁たる香りが強く特に美味しゅうございました。
このお店は私とっての食のparadiseです。
大大大満足のlunchでした。

それでは(^_-)

勝どき まんぷく苑 6th

今日は「お風呂の思い出」です。
今日のフリネタは「お風呂の思い出」です。
宜しかったらお付き合いください。

#泡立ちの良いシャンプー
シャンプー
私達の高校は体育館の奥の方にシャワー室がありました。
シャワー室は三つに区切られていて、その区切りの中には顔の見える鏡があり、新設された時に着いていたと思われるビニールカーテンは既になく、カーテンレールに残っているリングが多分カーテンが着いていたのだろうと思わせていました。
要はシャワーをしている時には背中、お尻は丸見えだったのです。
剣道をやっていたので髪の毛はいつも面によりムレムレと臭かったのです。
そこでいつも稽古後はシャンプーでシャカシャカと洗っていました。
ある時剣道部の仲間が一人でもくもくとシャンプーをしていました。
私は隣の囲いでシャンプーを持って待機していました。
何をまっていたのかですと・・・
友達がシャンプーをした後目をつぶって泡を流している隙をみて大量のシャンプーを友人の頭にかけていたのです。
そうしますと泡がとれたと思って鏡をみますと、さらにこんもりとした泡がわき立っているのです。
友達はおかしいなと思いながらもう一度シャワーで洗い流します。すると再度また大量のシャンプーをかけるものですから、一種のループ状態になります。最後は私のイタズラに気がつくのですが、これが面白かったのですね。
私達はこのイタズラを「泡立ちの良いシャンプー」と呼んでいたのです。

#リンスの変遷
リンス
私達が小さい頃、「リンス」を少量のお湯に溶かして髪にかけていました。
多分、あの頃(昭和45〜50年代)は、大体そうだったのではないでしょうか。
なんでそんなことをしていたのでしょうか。
個人的にはリンスの価格が高かったので薄めて使っていたのだと思います。
一応netで調べてみましたら以下の説明が正しいように思いました。
「そうそう、溶かしてました!なっつかしい〜。
あれは、溶かして髪につけるほうが髪にやさしくなじむからだそうですよ。今でも、少量のお湯に溶かしたり、一度手に広げてからリンスするほうが、なじみやすいし、髪にも負担になりません。でも、今のリンスは髪に優しくマイルドになじむよう改良されているので、お湯に溶かすようにとの提案がなくなったのだと思います」byシャオリンさん
如何でしょうか?

#銭湯で運動するな!
スクワット」
私が良くいっていた銭湯でたまに韓国人の方と一緒になります。
この方は少しおかしいのです。
そもそも韓国の方は公衆浴場で前を隠す習慣がありません。それはそれで構わないのですがね。
それだけなら特段気にもならないのですが、この韓国人は湯船の脇でなぜかスクワットをします。
それも半端ない回数をやります。
銭湯の湯船に肩まで湯につかり瞑想して涅槃の境地に入ろうとしている私の眼前で、まるでアメリカンクラッカー(死語?) の様になにを上下にブラブラさせ続けているのです。
気になりますよね・・・
最後の方になりますと、すごい運動量に加えて高温多湿の銭湯内ですから、彼の汗が飛散して正直気持ちが悪かったのです。よっぽど韓国大使館にクレームをつけようかと思っていました。


すごい反射神経ですね!



IMG_5580
今日は雲が重い勝ちどきに出没です。
たまにはコッテリしたものが食べたいと思いお訪(とない)を入れました。
今日のお店は「まんぷく苑」さんです

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1サンスクエアビル2F
電話:03-3531-2989
定休日:無休

IMG_5579
お店の外観です。

IMG_5583
店内の雰囲気です

IMG_5581

IMG_5588
メニューです。

今日のオーダー「牛すじ煮込み」@1,000円です。

IMG_5584
待つこと1分でパンチャン(おかず)とご飯の到着です。

IMG_5586

IMG_5587
待つこと7分で「牛すじ煮込み」の到着です。
すごい熱気です。所謂チンチン状態です。
熱気による気泡が収まったら大量の牛すじが出現しました。
それでは実食です。
良く煮込まれた牛すじはヤワヤワでトロトロです。
これはゼラチン勝ちですね。
スープはそれほど辛くなくマイルドな味噌仕立てです。
味は私のすきな味です。美味しい。
これは温まりますね。満足しました。

それでは(^_-)

月島 どさん子 13th

今日は「人生は苦労」です。
喜ばれるように生きるうえで、重要なポイントがあります。
たとえば、喫茶店をしている人がお客様に喜んでもらおうと考えたとき、初めに新しいメニューを考えたり、きれいな壁紙、座りやすいイスに変えたりするかもしれません。
しかし、投げかけるものの優先順位としていちばん重要なのは、「お金をかけない」ということです。
温かい笑顔で迎えたり、優しく接する、居心地のいいようにきれいに掃除したりすることが、人間関係において、いちばん喜ばれます。
その人の態度、生き方、笑顔がとても重要なのです。
それをやらずに、お金をかけて建物を替えたり、調度品などを変えたりして喜ばれようとしても、お客様は遠ざかってしまいます。
笑顔、優しさ、温かな応対など、まずお金をかけないでできることをやっていく。
それがある程度できるようになったら、お金をかけて変えていくのがよいかもしれません。

七福神
お釈迦様の教えに。「無財の七施」というものがあります。
これは、財産がなくてもすべての人ができるものです。

優しいまなざし (眼施・がんせ)

思いやりある言葉 (眼辞施・がんじせ)

温かい笑顔 (顔施・がんせ)

感謝の心で人に接する (心施・しんせ)

手足を使い人のために汗を流す (身施・しんせ)

席や場所を譲る (床座施・しょうざせ)

一夜の宿を提供する (房舎施・ぼうじゃせ)

このように、お金をかけずに体で示せる行為がいちばん喜ばれます。
お金や物を使って喜ばれるのは、第二、第三の順位です。
酸素、空気、水のように、生きていくうえで必要なものはすべて無料です。
人生の中になくてはならないもの、重要なものほど、お金を使うものではありません。
「笑顔で光って輝いて」小林 正観著 実業之日本社刊より転載

人生は苦労
喜んで生きるのに要諦な事は感謝の気持ちです。
「ありがとう」と言える相手がいることは、幸せな事だと思います。
またそう言える相手と過ごす時間は、その人の人生(生き方)を頂くというのと同じ事でもあります。
このことを忘れている人は意外に多いと思うのです。
そこに気がつきますと、自然と感謝しかなくなり日常の中に展開するすべての人、風景、全てのものの中に、すばらしい「感謝」が宿っていることに気がつきます。

毎朝早起きして寒暑風雨をいとわず働く事は大変に辛いのですけれども、その苦痛の代償として朝の食事を特に美味しいと感じます。
深夜まで酒杯を重ねるのは愉快なことは愉快でありますが、翌朝の二日酔いは言葉に表せないほど苦痛です。
血気盛んな青年時代に、様々な欲望を抑え、小心翼翼として種々の困難を乗り越えていく事は人には語れない程の苦痛は多いものの、そのお陰で老年になって、何のさまたげの無い快適な暮らしは、かつての苦しみを補ってもなお余りがあるといえるでしょう。
特に仕事の上で困難が多いのはこの世の常で、一つとして易しいものはありません。
誰にでもできると思われる簡単な仕事でも、念を入れて励めば決して簡単ではありません。
もしこのような仕事を簡単であるという人があれば、それは仕事が簡単なのではなくて、当事者が怠慢で仕事をなおざりにし、苦しむべきものを苦しまないために簡単と感じているのでしょう。

要は喜んで生きるのに要諦な事は上述の様に「困難に耐える」気持ちです。
思うにまかせない状況を耐え抜くことは、これまでとは違う、新しい自分を作りなおす作業です。
耐え抜くことにより希望が生まれ、自分の中の新しいいのちの扉が開かれていきます。
そこに感謝の蘖(ひこばえ=樹木の切り株や根元から生えてくる若芽)が芽生えてくるのです。


「英語が話せるようになりたい」という人へのアドバイス 【精神科医・樺沢紫苑】


IMG_4909

IMG_4918

IMG_4917
今日は久々に勝ちどきに出没です。
今日は無性にチャーハンが食べたくなりました。
そのような日はこのお店です。
今日のお店は「どさん子」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話:03-3531-8870
休日:月曜日、第3月・火曜

IMG_4910
お店の外観です。

IMG_4914

IMG_4911
店内の雰囲気です。

IMG_4913
メニューです。

今日のオーダー「カレーチャーハン」@750円です。
どうやら暫くきていない間にお店がrenovateされていました。
昔はガテン系のお店だったのですが、なな何とセレブ系のお店に変わっていました。
どうやら店主が高齢なので、娘たちにお店を任せた為のrenovateの様です。
娘さんといってもそれなりのお歳ですが皆さんおきれいですね。
しか〜し下町のお店で働いている人が、全員女性である、というのにはくりびつです。

IMG_4915

IMG_4916
待つこと9分で「カレーチャーハン」の到着です。
作り手が変わっても見た目同じです。

それでは実食です。
ここの「カレーチャーハン」の美味しさの決め手はアオリです。
手が折れんばかりにアオッてアオッてアオッてアオれば美味しくできるのです
特にチャーハンの最後に香り付けで鍋際に醤油を廻して軽く焦がした香気がカレーチャーハンに混ざりあう処がたまらなくすきなのです。

ということで実食です。
ウン、見事にアオッていますね。ふんわりと仕上がっています。
味は以前のシェフの味を寸分もたがわずに伝承されています。
美味しいです。
たいしたものです。
スープも以前の味です。
これまた美味しです。
綺麗になって雰囲気こそ変わりましたが、下町の味はしっかりと守られていました。

それでは(^_-)

勝どき 月源 リターンズ

今日は「キャッチコピー」です
キラリナ
今日奥様のお付き合いで吉祥寺は「キラリナ吉祥寺」にshoppingに出向きました。

kichijoji

IMG_3456
今日のフリネタは「キラリナ吉祥寺」内にある香水専門店で見つけました「キャッチコピー」です。
その内容にかなり驚かされましたので以下に紹介します。
「キャッチコピー」とは、主に商品や映画、作品等の広告など、何らかの 告知や宣伝に用いられる文章、煽り文句をさします。

#フルール 南仏に咲く藤の花を思わせるネロリの清楚でエアリーな香り
IMG_3451
まずこの中に出てくるネロリですが全くわかりません。
Netで調べましたら、ネロリってオレンジの花の香りなのです。
果汁がメインではなく、花の香りがメインなのでカテゴリは「フルーティ」ではなく「フローラル」系の香りなのだそうです。かといって、フローラル特有の甘さやパウダリー感はなく、どちらかというと花の蜜や、柑橘系の皮を絞ったときの苦味や、花弁や、木の葉や皮の香りも含まれていて、甘さと苦味と重みのハーモニーが予想以上に繊細でとても生命力溢れる香りとの事です。
ネロリの清楚でエアリーな香りってネロリの知識がないと全くわかりませんよね。

airyって
1.空気[大気]の
2.広い、広々とした
3.風通しの良い、新鮮な空気に満ちた
4.実体のない、実在しない
5.屈託のない、無頓着な
6.快活な、陽気な
7.〔空気のように〕優雅な、軽快な
8.上空の、はるか上の
9.〔泡立てた卵白などが〕軽くてフワフワの
こんなにも意味があります。
強いて訳してみますと清楚で快活な若しくは陽気な香りでしょうか?
一体全体どんな匂いがするのでしょう・・・

#シトロン シシリー島の太陽と爽やかな風を感じる柑橘系のフレッシュな香り
IMG_3452
シシリー島の太陽と爽やかな風がどうして柑橘系のフレッシュな香りに繋がるのでしょうか?
いずれにしてもベタなキャッチといえるでしょう。

#ローズ トルコに咲く天然ローズの深みと爽やかさを両立させたフェミニンで透明感のある香り
IMG_3453

黒いバラ
トルコに咲く天然のバラと申せば「黒バラ」の事を指します。
その「黒バラ」はドキッとするほど黒いそうです。
ちなみに黒バラの花言葉は「貴方はあくまで私のモノ」だそうです。
そのような意味合いをもたせたキャッチなのでしょうか?
黒色の薔薇に深みと爽やかさが両立するのでしょうかおおいに疑問が残るところであります。
フェミニンで透明感のある香り即ち女性らしい透明感ある香りと読み替えますと矛盾しますよね。
もし透明感にこだわるのであれば女性そのものの個性を無視しろということになります。

#サボン 南フランス産ラベンダーの清潔感ある石鹸の香り
IMG_3454
見渡す限りに広がる南フランスのラベンダー畑は「一生に一度は見たい世界の絶景」にも挙げられるほど美しい紫の海を見せてくれるとの事です。
しか〜しどのような因果関係で南フランス産ラベンダーが清潔感ある石鹸の香りにつながるのでしょうか?
これまた意味不明です。

#オスマンサス 中国・雲南省産キンモクセイの天然香料を使用したナチュラルな香り
IMG_3455
中国・雲南省産キンモクセイとナチュラルな香りの因果関係が全く不明です。
雲南省といえばプーアール茶の産地として有名なところです。
どうやってここから香りにつなげていくのでしょうか?

お店の店員さんそのものは親切で如才ない接客で好ましいものでした。
香水そのものも外連味(けれんみ)なく且ナチュラルな素材を使い香りにこだわったものでその完成度は高いといえます。なのに許せないのが一連の夜郎自大(仲間だけでのみ通用する独善)のキャッチです。
為念お店の方にこのキャッチの独善を確認しましたら、あくまでもイメージですのでキャッチそのものに整合性は求めていません、としれっとした答でありました。
決して天邪鬼(あまのじゃく)で書いたわけではないのです。
いずれにしてもこの様な事が気になるのは私だけでしょうからご放念下さい。
でも・・・しかしね・・・っていうところであります。

parfum

cream
最後に私達はこのお店の香水とハンドクリームを求めました。
私は今週から毎日つけて会社にいっています。
理由は・・・とても気にいっているからです。
従いまして他意はありませんので、お店の関係者の方々くれぐれも誤解なさりませぬようお願いします。


IMG_3594
今日は勝ちどきに出没です。
たまには行ってみるかな、と思いだしたお店は個人的には「煮込みの店」としている先です。
今日のお店は「月源」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1サンスクエアビル2F
電話:03-3531-4036
定休日:多分日曜日?

IMG_3595
お店の外観です。

IMG_3599
店内の雰囲気です。

IMG_3596

IMG_3597

IMG_3598
メニューです。

今日のオーダー「カキランチ(まぐろ刺しとカキフライ2個)」@1,000円です。
待つこと4分で「カキランチ」の到着です。
見た目小ぶりですよね。

IMG_3600

IMG_3601

IMG_3602
まぐろはそれなりの味です。
もう少し脂がのっているとうれしいですね。
カキフライは出来合いではなく、厨房でパン粉をうってから揚げるので衣は美味しく、カキはホクホクに揚がっているのでジューシー感が横溢しています。
小満足です。
小満足の理由ですか、勝どきの他店と比してあきらかにコスパ悪しです。
で〜もカキフライが超美味しかったので由としませう。

それでは(^_-)

勝どき フォルクス 4th

今日は「ハレの日」です
パンドラの箱を開けると
罪やら病気やら・・・いろんなよくないものが飛び出してくる。
そして最後に希望だけが残ります。
絶望したとして、必ずまたいいことがあります。
絶望の隣には、希望がそっと座っているのです。
「ちいさなてのひらでも」やなせたかし著より転載

ネコ
この世に生きる人々は、一人一人みな何かの問題をかかえています。
街を行きかう人々を見ていますと、苦しんだり悲しんだりするような問題は何もないように見受けられます。
大変な問題を抱えている人から見ますと、何で自分だけがこんな辛い問題を抱えているのかと、恨めしく思う人はすくなくありません。
しかし、みんな見えないところで辛さに耐えているのです。

「悲喜こもごも」という言葉がありますが、まずは悲しみが先にやってきます。
ということは、確率的にも人間は生きているかぎりにおいて、悲しみがおおいのです。
しか〜し消えない悲しみはありません。
一つには時間のなせる「忘却」があります。
もう一つには、悲しみのどん底でも、ある日降ってわいたように良くなることがあります。
なんとかなるさと思って頑張っていれば、その思いが後押しをしていつかハレの日に誘(いざな)ってくれるのです。

昨今、巷間で「癒し」という言葉が多用されています。
しか〜しその「癒し」の定義とは、過度の緊張や慢性的な心的疲労を蓄積させている人に、さまざまな手法で、一時的、あるいは中短期的なストレス軽減のための手段を提供する行為としています。
要は「気休め」ですよね。
実際は、どんなにつらくても、もがきながら生きていこうとする人生行路の中でなにかの拍子に訪れる「ハレの日」が「癒し」だと思うのです。
苦しみをかかえながら、よくぞここまで頑張ってきましたね、という自へのご褒美が「ハレの日=癒し」ではないかと思っています。

私は良く奥様と旅行に行きます。
これは決して特段に仲が良いというわけではありません。
二人三脚みたいなものです。
二人で息を合せて歩かないと転んでしまうので、敢えてその当りを意識的に調整しているのです。
加えて私達夫婦は世間一般の比較で申せばかなりの過剰労働をしています。
従いましてこれらの旅行は、二人とも日夜歯を食いしばって働いるご褒美(ハレの日)だと思っているのです。
仮に私達が有閑夫婦でしたら、旅行に行っても楽しくないと思います。

小さな手のひらでもしあわせは掴めます。
小さな心でもしあわせは掴めます。
で〜もその可能性を信じない人にはしあわせは訪れません。
絶望の隣には、希望がそっと座っています。

Believe that life is worth living and your belief will help create the fact.
人生は価値あるものだと信じなさい。
そうすれば、あなたの信念がその事実を生み出すだろう。
William James(ウィリアム・ジェームズ)


あなたのもとへ



IMG_3410
今日は勝どきに出没です。

IMG_3420
今日は私の誕生日ですのでなにかpetit presentを頂けないかなとnetでさがしましたら、晴海トリトン内にありました。
今日のお店は「フォルクス」晴海トリトン店さんです。

住所:東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトンスクエア2F
電話:03-3532-2720
定休日:無休

IMG_3411
お店の外観です。

IMG_3415
店内の雰囲気です。

IMG_3412
メニューです。

今日のオーダー「アサリと帆立のドリア(パン・サラダ付)」@880円です。

IMG_3416

IMG_3417
サラダバーです。
ここのサラダはどれもがエッジが立っていて好きです。

IMG_3418

IMG_3419
ブレッドバーです。
ここのクロワッサンは絶品です。
ただし焼き立てのみです。
今日はタイミングよく焼き立てがあがったので2個もとってしまいました。
クロワッサンは超美味しい・・・

IMG_3421

IMG_3422
待つこと14分で「アサリと帆立のドリア」の到着です。
このメニューができた当時はアサリに火が入りすぎていて完璧ちがう食べ物に変身していましたが、最近はイケています。好みで塩と胡椒を加えますと味が引き締まります。
美味しいです。

IMG_3424
私のbirthday petit presentは「抹茶パフェ」です。
正しく申せば私がsweetsの中から選んだのです。
意外に粒餡が美味しく高評価です。
ちなみに普通に頼めば@410円でした。

それでは(^_-)

月島 めし屋 12th

今日は「所変われば品変わる」です
今私の暮らしている町は祭礼真っ盛りです。
しか〜し祭礼と申しても私が生まれ育った下町とはかなり違うのです。
大きく違うのは神輿渡行がないことです。
神輿を担げない祭りなんて具のない味噌汁のようなもの、いやいや肉のないスキヤキのようなもの、それをいうならネタのない握り鮨か、そうではなくて頭のないカツ丼でしょう。
事程左様に神輿渡行の無い祭礼って画竜点睛を欠くのであります。

IMG_2959

IMG_2994

IMG_2981
しか〜しその代わり夜編が充実しているのです。
画像の通り高級住宅街の祭りの割にはそこそこの出店となっています。
為念申し添えますと、私は残念なことに高級住宅には住んでいません。

IMG_2967
特筆するのは売り出し中の歌手の歌謡ショーです。
ちなみに私の町の歌謡ショーに出た後、メジャーになった歌手は皆無です。
私はこのコテコテ・ノリノリの歌謡ショーが大好きなのです。
異様な一体感とでもいうのでしょうか、下町っ子の血が騒ぎ、気がついたら一生懸命応援している自分が会場内にいるのです。

今年の歌手は「演歌歌手はやと」さんです。
はやと
まずは彼の略歴です。甲子園球児です。
歌は上手いですね。
聞かせます。

IMG_2964

IMG_2961

IMG_2962

IMG_2985

IMG_2976

IMG_2978

IMG_2983
今日は彼もノリノリで舞台から降りてきて地元の女性の方と肩を抱き合ってのduetです。
こういう演出は大好きなのです。
たまりませんネ!
勿論売れている歌手であればある程私のテンションはさらにpush the limitとなっていくのです。

なんでこのように盛り上がれるのでしょうか、勿論わたしの事です。
多分母方のDNAのなせる技です。
私の母方の一族はお祭りが大好きで、祭りとなると皆が楽曲を担当して祭りを盛り上げていました。

唯一の例外は叔父です。
若かりし頃の伯父は「お祭り保ベエ」と言われていて、日中は模範的な「お祭り保ベエ」を演じています。
しか〜し一度(ひとたび)日が落ち祭りの余興の頃になってきますと、そのエネルギーがsuper high-tensionになり、会場内にたむろしている元気のよさそうな若者を見つけては、片っ端しから殴り倒していたそうです。
長じてその蛮行を伯父に確認しましたところ、否定はしていませんでしたので真実の様です。
うれしさの表現がおかしいというかうまくできなかったのでしょう。
で〜もいきなり殴り飛ばされた方は大変かと思って、その旨を妹である母に確認したところ、地元の人は皆「お祭り保ベエ」の悪行を知っており、伯父が余興に来ますと「お祭り保ベエが来たぞ!」とのwarningが人づてに伝わり、伯父が進んでいく道はまるでモーゼ十戒のように人ごみが割れて、伯父が欲するような元気のよさそうな若者即ち殴る相手は見つからなかったみたいです。
伯父の若かりし頃はまさに「歩く狂犬」を絵にかいた様な人でした。
あくまでも若かりし頃の話で、奮闘努力のかいあって中年以降は実業家として成功し、いまや悠々自適で暮らされています。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_2993
「演歌歌手はやと」のサイン会です。
結構な行列ができていました。
最後に彼のヒット曲「天の声」を紹介して終わります。
今回のフリネタは私だけが楽しんでいたようです。失礼しましたm(__)m



IMG_2886
今日は月島に出没です。
たまらなく塩辛が食べたいのです。
こういう日はここしかありません。
今日のお店は「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_2887
お店の外観です。

IMG_2889
店内の雰囲気です。

IMG_2888
メニューです。

今日のオーダー「さば定食」@930円です。
今日は美人のサリーさんはいなく、奈良間のオヤジさんと次男の二郎さんとベテランアルバイトのおじさん方の陣容です。
奈良間のオヤジさんは眼鏡を今時風に変えたようで、勝手に若返っていました。
似合っていますよ。

IMG_2890
まずは今日のオカズ三兄弟です。
今日は塩辛、アミ、たくあん細切りです。
最強trioではないですか。

IMG_2892
待つこと13分で「さば定食」の到着です。
良い焼き加減です。
まずはオカズ三兄弟をいただきました。
伊東産の塩辛は何度食べても美味しいですね。
たまりません。
アミもイケています。
To be honest、さばが無くてもこれだけで大満足です.

IMG_2891

IMG_2894
嘘ですよ、さば君も好きです。
今日のさば君は脂が甘いですね。
肉も弾力があります。
今日のさば君はスーパー美味しいです。
久々に口福の坩堝(るつぼ)状態となりました。
大変美味しゅうございました

それでは(^_-)

勝どき まんぷく苑 5th

今日は「splashな日々」です。
今日は初めての自虐ネタです。
宜しかったらお付き合いください。

#私はただうろたえていただけでした
自虐ネタ
帰宅の車中で見ず知らずの右隣の中年の男性にいきなり顔に鼻くそをなすりつけられました。
初めはあまりの異常さに恐れおののいて何もできませんでした。
それでも冷静さを取り戻した後はその中年の前に立ち、視線でそのふるまいを抑えながら頭の先から足の先まで確認しました。
どうやら精神疾患のある方の様です。
ポケットからお気に入りの赤、紺、緑、紫のタータンチェックのハンカチを出し、その鼻くそをぬぐいとりました。
こんな事の為にこのハンカチ買ったのではないのに・・・

#私は線香花火でした
自虐ネタ2
とあることが我慢できず上席役員に食って掛かりました。
しかしなんだかんだと懐柔されたのとこのまま突っ込んでいくと万が一の事にもなるので妻の怒る顔が頭の中に浮かんできました。
結果最初の勢いは何処へやら消え入ってしまいました。
日頃威勢のいい事をいっているに、保身の道を選んだ自分が嫌になりました・・・

#私の覚悟はたいしたものではありませんでした
自虐ネタ3
声がかすれる病気になりました。
将来は声がでなくなる、との事でしたので仕方がないので手話でも覚えるかと覚悟しました。
しか〜し与薬を飲み続けいたら最近は声の調子が良いのです。
手話のことをすっかり忘れている自分に気がつきました。
私の覚悟なんかこの程度のものなのでしょう・・・

#私の司会はたいしたことありませんでした
自虐ネタ4
150人位の集まりの司会をすることが欠席裁判で決められていました。
欠席裁判とはいえ決まったからには恥ずかしくない仕切りをしようと会の一週間前から帰宅途中の公園で練習をして会場にのりこみました。
最初の30分間は皆私の司会進行に耳を傾けていました。
しか〜し歓談タイムの後の再開で真面目に聞いていたのは前の席の人達のみです。
後ろの方はアルコールを片手に我関せずで三々五々と歓談していました。
私の司会の影響力は50人位にしか行き渡らなかったのでした・・・

#私は努力がたりませんでした
自虐ネタ5
前話でUSJの森岡毅チーフ・マーケティング・オフィサーの事を書きました。
調べれば調べるほどこの方と私の差が途方もなくある事を自覚しました。
まだ彼は42歳という若さなのに・・・
自分はその年の時に何をしていたのかと思うとひどい自己嫌悪に陥りました。
最上なものは過去にあるのではなく、将来にあります。
旅路の最後まで、希望と理想を持ち続け進んでいくものでありますように。
という言葉を反芻しても立ち直れませんでした・・・


ヒロシです・・・



IMG_2425
今日は勝ちどきに出没です。
今日のお店は勝どきが誇る焼肉の名店です。
今では定番となっているネギタン塩の元祖と言われているお店でもあります。
1日50本以上のネギを細かく刻み、特製のタレに絡めて肉の上にたっぷり敷きつめています。
ということで今日のお店は「まんぷく苑」さんです

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1サンスクエアビル2F
電話:03-3531-2989
定休日:無休

IMG_2427
最初はサンスクエアビルB1にある「たなか」さんに行ったのですがお休みでした。
この間お邪魔した時には色々な問題を抱えていたようでしたので、このまま閉店になってしまうのでしょうか・・・
その動静がとても気になります。

IMG_2428
お店の外観です。

IMG_2430

IMG_2433
店内の雰囲気です。

IMG_2431
メニューです。

今日のオーダー「ハラミランチ」@1,000円です。
店内はこの間のアド街「勝どき」編でランキング5位になった影響か予約の電話の応対で忙しそうでした。
それでなくても人気店なのに・・・

IMG_2434

IMG_2435

IMG_2432

IMG_2437
待つこと3分で「ハラミランチ」の着膳です。
ハラミは7枚です。
それでは火を付けて焼きます。
うん安定の味ですね。
脂も程良くのっており申し分ありません。
付けタレも過不足ない味わい即ち王道のブレンドタレです。
強いていえばサラダが野菜もドレッシングもそっけもないことくらいですか。
それ以外の「バンチャ」(韓国風突き出し)は美味しゅうございました、ハイ。
焼肉はコメントが書きにくいというか書けないので、手抜きではないのですがこのあたりで終わらせていただきます。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)





勝どき さより

今日は「スプラッシュ的アドマッチック天国」です。
IMG_2382

IMG_2388

IMG_2379
2014年8月23日(土)放送の「アドマッチック天国」勝どき編を見ていて思ったのですが、この街って中身が急変していたのですね。
特にトップ20をみていましたら、これらのお店が本当にトップ20なのかなぁというのが感想でした。
地元の有名店・繁盛店はほとんど出ていません。
あたりまえですよね、このようなTV番組にでましたら常連客を無くしますからね。
ということで本日のフリネタは「スプラッシュ的アドマッチック天国」です。
宜しかったらお付き合いください。

アド街紹介のはし田」さんです。
IMG_2373

店内の雰囲気

IMG_2374
アド街によりますと「勝どき一の寿司の名店。夜は一見さんお断りだが、ランチなら気軽に楽しめる。握りはもちろん、創作寿司も評判。ウニの軍艦はこぼれる程ウニを乗せて、卵焼きを添えて供する。二代目が作るマカロンも名物」との事です。
若旦那がロスとハワイに留学していたので英語が堪能でキャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス姉妹、「セックス&ザシティ」のサラジェシカ・パーカーにおいては、2回も来店しているそうです。
先代の頃から客筋は良かったお店です。
先代はこのような創作寿司よりも正統日本料理に邁進して欲しかったようですが、代替わりしましたので今では若旦那にすべてを任せているようです。

ランチが3,240円と5,400円ですか。
デカ盛で有名らしいですね。
地元の方々は行かないのでしょうね、多分。
月島にあるステーキハウス「山口」さんと同類なのでしょう。
ここへは安倍総理が昭恵夫人とお忍びでこられています。
どうなのですかね、地元民がこない繁盛店って・・・
夜は一見さんお断りということに加えて一人15,000円という値付けでは自分の財布ではこられません。
お昼におじゃましてみますか。

アド街紹介のSHARESさんです。
IMG_2375

IMG_2376
アド街によりますと「築80年の長屋で営む、ニューヨークスタイルのレストラン。名物はアメリカから取り寄せる最高ランクの肉、ブラックアンガスのステーキ。分厚くカットし、表面は香ばしく、中はミディアムレアで供する」との事です。
このお店は突然勝ちどきに出現しました。
お昼はハンバーガー系が主体みたいですね。
値段は少し財布に厳しいですがたまには良いでしょう。
客層は地元の若いリーマンが多いみたいですので時間があったらお邪魔してみますか。

スプラッシュ紹介の池のや」さんです
IMG_2380

IMG_2381
ここの家庭料理のコスパを知ったら他のお店にはいけないでしょう。
このお店の料理は築地場内に上がるその日の食材に左右されますがほとんどハズレはありません。
しか〜したまにハズレる事があります。
その日に当るとかなりショックを受けるかもしれません。
warm-heartedの接客に飢えている方にお奨めのお店です。
この部分は決して裏切りません。

スプラッシュ紹介のしなそば家」さんです
IMG_2385

IMG_2386

IMG_2387
このお店は画像の通り勝ちどきでは稀な行列ラーメン屋さんです。
味は好きな人ははまるという万民向けの味ではないのですが、やはり行列ができるという事は独特のこだわりを持っています。
店内にはいるとこのお店のlocal ruleの支配下に組み敷かれます。
この部分を我慢できる方にはお奨めです。
一度勝どき行列の味をご堪能ください。
私のお奨めは「味噌ラーメン」です。


CGじゃないぞ。イチローのミラクルスロー!!!



IMG_2362
ということで今日は勝どきに出没です。
今日のお店は以前から候補店にしていたお店です。
今日のお店は「さより」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき3-16-7
電話:03-3533-0056
定休日:土曜日・日曜日・祝日

IMG_2363

IMG_2364

IMG_2372
お店の外観です。
このお店少しわかりにくいのです。
一応ここだろうなと目ぼしをつけてお店に向かったのですが飛び込んできたのは古びた下町の住居でした。
かなりの意外感があるお店です。
ここのご主人は昔築地の仲卸で働いていて、旨い魚を、旨いと分かる人に食べさせたいという思いから開業されたそうです。

IMG_2367

IMG_2366
店内の雰囲気です。

今日のオーダは「おまかせ四点盛刺身」@850円です。
なにかお店が始まる前にご主人と奥様?との間にいさかいがあったみたいで妙な緊張感が店内を支配していました。
正直に申しますと、このような雰囲気はあまり好きではありません。
息がつまりそうな思いになりました。

IMG_2368

IMG_2369

IMG_2370
IMG_2371
待つこと4分で「おまかせ四点盛刺身」の到着です。
見た目美味しいそうです。
刺身の内容は、鮪、しめ鯖、平目の昆布しめ、鯵です。
それでは実食です。
どの刺身も外連(けれん)がなく美味しいです。
意外だったのはツマの大根です。
甘いのです。
このツマのレベルは始めてです。
大変結構でした。
常連さんのほとんどが魚系の唐揚げを頼んでいました。
次回はこの料理を目当てに再訪してみますか・・・

それでは(^_-)

勝どき 松乃屋

今日は「ソーセージの思い出」です。
子供の頃読んでいたアメリカの小説にはよくソーセージ、ウィンナーの話がでてきます。
特に黒人の貧民階級を描いた小説の小道具としてよく登場していました。
彼等、黒人たちはパンにはさんで食べるのはいうまでもなく、そのまま食べていたほうがよくみられたように記憶しています。
多分手軽さ、保存、栄養面から重要な食べ物だったのでしょう。
また彼等は強い酒のつまみにソーセージなどを良く食べていました。
仕事が終わっていっぱいひっかけるのに酒だけを注文し、つまみにはおもむろにポケットからウィンナーを取りだす、といような感じですか。
私はウィンナーに見果てぬ国アメリカを投影していたのです。

魚肉ソーセージ
日本では1950年に魚肉ソーセージが商品化され、鳥獣類の肉を用いたソーセージに代わる安価な商品として、学校給食でも定番のメニューとなりました。
従いまして下町の子供達のソーセージとは即ち魚肉ソーセージの事をさします。
私の本好きの原体験は小学校の時の夏休みにあります。
夏休みになると、私はほとんど毎日図書館に本を読みに行っていました。
その時に母親がお弁当として渡してくれたのは、大きな海苔おにぎり×3個、モロキュウそして魚肉ソーセージだったのです。これがたまらなく美味しかったのです。
ですので図書館に行くのは、読書の楽しみと食事の楽しみだったのです

エラリークイーン
その当時親しんでいた本はエラリー・クイーン(Ellery Queen)の推理小説でした。
たしかエラリー・クイーンのペンネームはダニエル・ネイサンとマンフォード・エマニュエル・レポフスキーというユダヤ人の従兄弟の合作であり、その当時の都市伝説となっていた「藤子不二雄は二人いる」というのに個人的には重なっていたのでした。その頃は二人で作品を作るという分業の仕組みが分からず、考えれば考える程頭に???が浮かんできました。
今となってはエラリークイーンのプロット等は全く思いだすことはできません。
しか〜しこのハードカバーから立ち昇ってくる異邦の風情は、私の脳細胞のひとつひとつにその憧憬を染みいらせていたのです。

最近では、魚肉ソーセージは魚が主原料なので、カロリー、脂質が抑えられ、タンパク質は牛乳よりも多く、効率的に栄養補給を行ないながら、肥満が気になる人でも安心して食べられるというこことからちょっとしたブームになっています。
したがいまして私もちょこちょこ食べたりしますが、その時にはその味わいを楽しむとともに幼いころの思い出がよみがえってくるのです。


IMG_2258

IMG_2261
今日は勝ちどきに出没です。
ちなみにこのマンションは芸能人が多数入居されています。
故坂口良子さんとか、ビ▲▲たけしさんとか、和田▲▲子さんとかで地元では周知の事実であります。

炎天下の中勝ちどき駅を目指して歩いていますと、なにやら行列のお店がありました。
こういう時は並んでしまうのです。
今日のお店は「松乃家」勝どき店さんです。

住所:東京都中央区勝どき4-11-10
電話:03-6219-5033
休日:無休

IMG_2254
お店の外観です。

IMG_2246

IMG_2250

IMG_2249
店内の雰囲気です。

IMG_2255

IMG_2256
メニューです。

今日のオーダー「親子チキンモモかつ丼」@500円です。
大手牛丼フランチャイズの松屋フーズが提供する新業態のとんかつチェーンです。
本日はセール期間とかで通常@590円のものが@500円とかなりお得の値付けになっています。

おばさんスタッフが、暑い暑い、と悲鳴をあげながら作業をしいています。
そりゃぁトンカツ屋さんだから厨房内は暑いでしょう、ご苦労様です。
汗は労働の対価であります。

IMG_2251

IMG_2252
待つこと10分で「親子チキンモモかつ丼」の着丼です。
画像ではわかりにくいのですが湯気がもうもうと立ちあがっています。
すごい熱量です。

それでは実食です。
カツはサクッと揚がっていて美味しいです。
鶏肉はあまり弾力がありませんでした。
割下がイケますね。
瑕瑾をいえば卵が硬めに仕上がっています。
多分、そのように調理しなさい、という松屋さんの指導なのでしょう。
かなり残念です。
味ですか、でもイケますよ。
この味でone coinはクリビツです。
最後までカツが熱々だったのにも驚かされました。
ということは猫舌の方は敬遠された方が宜しいかもしれません・・・

それでは(^_-)

晴海 すき家

今日は「splashな日々」です。
「splashな日々」とは私が、私の日常生活の中で出会った事や私の振り返りを記したものです。
宜しかったらお付き合いください。

#要注意人物
優先席
私は通勤車中の約1時間はみっしりとiPadで英語の勉強をしているのでほとんど車中の動静はわかりません。
ところがある日イヤホンから聞こえてきたのはチリンチリンとなる鈴の音です。ここは北海道の山中かと思ったほどです。補足説明しますと、道内の山中は熊と遭遇することがあるので、それを避ける対策としてリュックには鈴をつけ鳴らしながら移動するのです。
鈴の音の主は身体に障害のある方の様です。
鈴はその方の杖に夥しく付いていました。
さらに詳しくみていますとこの方はpriority seatの前に近づいてきます。
そしてそのseatに座っている前の方に立ちます。
しか〜し目の前の人は席を譲りません。
しばらくして電車がゴトンゴトンジュットンと動き始めますと、それに呼応して鈴がチリンチリンではなくヂャリンチャリンと壊れたオーケストラの様に鳴り響きます。
通常の感覚ならその音と、周りの人の「席譲れよ!」視線で席を立たざるを得ません。
実際前の方はたまりかねて席を譲りました。
そしてその方は想定内なのでしょうね、席に座るやいなや鈴が鳴らないようにバンドかなんかで鈴を固定しました。鈴の音は静まったのです。
その後おもむろに読書timeに入りました。
恣意的な感想ですが、私はこの行為を「好意の恐喝」だと断じました。
自らが席に座りたいが為に、他の乗客の迷惑を顧みず鈴を鳴らす行為は、軽蔑されるものであり唾棄すべきものであります。
さらに驚いた事に、この方が降車する駅に着きましたら、この杖を小脇にかかえスタスタと歩いて改札方面に向かったのです。要は普通に歩けるのです。
この方は年の頃なら50歳後半で体躯は熊のような大男です。
頭髪はゴマ塩頭ですから、かなり御髪(おぐし)には白いものが混じっています。
左手にはヒスイの腕輪をしています。
要注意人物であります!

#擦り込み
IMG_1508

IMG_1511
我家は増改築の嵐が吹き荒れています。
アルミサッシを「インプラス(二重樹脂サッシ)」に変え、玄関網戸をつけ、部屋の改築をし、給湯器をリニューアルして、今度はガスレンジのリニューアルです。
最初IHにしようかと思ったのですが、私の好きな「焼魚」はIHでは美味しく焼けないみたいなのでガスレンジにする事にしました。
そこでノーリツさんのショールームに行ったのです。
上述の画像の青色の部分は何に見えますか?
普通は「ガスの炎」のフェイクだと思いますよね・・・
我が奥様はこの青色の部分を新しいガスレンジの部品だと思ったようです。
こういう発想はよいですよね。
日頃いかにステレオタイプの思考経路になっているのか思いしらされました、ハイ。

#オデキ
おでき
40年ぶりにオデキができそうです。
実は癌は嫌ですがオデキは好きなのです。
小学校の高学年の夏休みの時に左の胸の乳首の下に突然オデキができました。
直径4cm位のものです。
母親に見せましたら、医者に行けば、すぐに切られてしまうので、十分に膿ませてから芯をだしなさい、と言われました。オデキですからかなり痛いのですが、母親から膿ませなさい、という事なので毎日毎日オデキを撫でるのが日課となりました。
気分は玉子を孵す雌鶏(めんどり)のようなものです。
この撫でる行為は、痛いのですが気持ち良いのです。
一週間位すぎますとオデキの芯が確認でき、膿が破れた時にこの芯が一気に吹き出れば完治なのだな、と思うと撫でる手にも力が入ります。
X-day は唐突にやってきました。
いつものように定型業務としてオデキを撫でていいましたら、突然胸の鼓動が速くなり、オデキの芯に焼けつくような熱さを感じた瞬間、ピュッとオデキの膿があたり一面に吹きとんだのです。
気持ちいい!
これぞ快感と言わずなんと言いましょう。
私の夏休みの外科手術の完了した日でもあります。
その後傷跡がふさがってもオデキ痕を撫でを続けていたのですが、その馴染んだはずの行為が、いまは他人のようによそよそしく素っ気なく感じるようになってきたのでした。
やがて潮が引く様に終息していきました。
爾来私の体にはオデキの神は降臨しません。
そういう意味で、今回の前兆におおいに期待している今日この頃であります。


良い話です。
日本人に生れてよかったな・・・


IMG_1514

IMG_1520
今日は所用があり晴海トリトンスクエアに出没しました。
妙に小腹が空いたので、どうせ今日も深夜残業だよな、と思い軽く食事をすることにしました。
今日のお店は「すき家」晴海二丁目店さんです。

住所: 東京都中央晴海2-5-24
電話:0120-498-007
定休日:無休

IMG_1515
お店の外観です。

IMG_1519

IMG_1517
店内の雰囲気です。
中は広くてオサレです。

IMG_1516
今日のオーダー「とろ〜り3種のチーズ牛丼」@421円です。
待つこと2分で着丼です。
3種のチーズの内2種はチーズが溶けていません。
で〜もno problemです。

それでは実食です。
想像していた以上チーズがよいですね。
ちなみにチーズの面々は、コクのあるレッドチェダー、マイルドな味わいのエグモント、弾力のある食感のモッツァレラであります。
美味しいです。

IMG_1518
後半タバスコをかけました。
こうなると牛丼ではなくpizzaです。
うん、この食べ方の方が美味しいですね。
@421円でこのパフォーマンスは高評価です。

それでは(^_-)

勝どき センプレ ピッツァ

今日は「American joke vol.5」です。

打ちっ放し
#そこかい!
FBI本部の電話が鳴った。
「もしもしFBI?」
「そうですが、なにか?」
「隣の奴が薪の中にマリファナを隠してるぞ」
「情報をありがとう、で、住所は?」
次の日、その家に捜査官がやってきて、薪の中のマリファナを捜索した。
でも何も出てこなかった。「どうやらガセネタだったようだな」FBIは帰っていった。

次の日、その家の電話が鳴った。
「よう、俺だ。昨日FBIが来ただろう?」
「ああ、来たね。俺は何もしちゃいねえのにさ」
「薪を全部割っていったか?」
「ああ割っていったよ。それはそれで助かったけどな」
「よし上出来だ。今度は君がFBIに電話してくれ。女房に菜園を耕してほしいと言われてるんだ」

#ちがうだろう!
ラクダに乗って砂漠を旅していて性欲を持て余した男は「ラクダとやればいいんだ!」と思いつく。
だがラクダに挿入しようとしたがラクダはすすっと逃げてしまう。
男はラクダを追っているうち、喉をかわかした若く美しい女に出会った。
女は「水をください」といったので、男は「水をあげたらなんでも言うことを聞くか?」と聞いた。女はうなずいた。
そして男は水をあげ、女にこう頼んだ。
「ラクダを押さえていてくれないか?」

#ケチっていいたいの?
子「何でユダヤ人は鼻が大きいの?」
親「空気はタダだからさ」

#どっちが怖い?
変態が8歳の女の子を森深くに連れて行きました。
女の子は
「こわいよーこわいよー」といいながら泣き出しました。
変態は
「こわい?俺は一人で帰るんだから、もっと怖いよ。」

#男と女
A子「男と女ってどっちが賢いのかしら?」
B男「女に決まってるだろう」
A子「あら、悪い気はしないけどなぜ?」
B男「女は男と結婚するだろ、実に賢明な判断だ、しかし男は女と結婚するだろう、実に愚かで馬鹿な判断だよ」

#熱の話じゃないのか
韓国の医学校にて
「先生、三十八度を超えるとどうなりますか」
「射殺されます」

#優先順位
ある島に食人族の親子がいた。息子に食人族としての技能を教えきるころには他の島民は食べつくしていた。
ある日親子は海岸に若い女性が漂着しているのを発見した。
息子は喜んでこういった
「やったねパパ!今日は若い女性が食べられるね!」
ところが父親は
「いや、今日のご飯はママだな」

#ちがうだろう
テキサスのおじいさんの家に、都会から孫が遊びに来たのですが、孫は田舎で退屈そう。そこでおじいさんは、
「猟銃を貸してやるから森で撃ってきていいぞ。この猟犬を連れて行くといい」
「うん、わかった」
そしてしばらくして帰ってきました。
「どうだった。楽しかったか?」
「面白かったよ!他に犬はいないの?」

#真実
「トム、お誕生日おめでとう。プレゼントよ。」
「うわーい、パパママ、ありがとう!」
トムに贈られたのは、本物そっくりのポルシェのゴーカート、最新パソコンそしてアニメDVD30本。
「よかったね、お兄ちゃん。」
「ジョニー、お前の誕生日には何を貰った?」
「僕はミニカーが1つだけだったよ。手に乗るようなちっちゃなやつ。」
「そんなけち臭いものだったのか?へへ、うらやましいだろ?」
「ううん、そうでもない。」
「やせ我慢するなよ、羨ましいくせに!」
「でも僕は癌じゃないからさ・・・」

#できない事
イギリス人はビスケットと紅茶を禁止され、皮肉を言ってはならない。
フランス人はワインを飲まず、フランス語以外で話しかけられた場合、フランス語を使ってはならない。
アメリカ人はむやみに裁判をもちかけてはならない。
ドイツ人は無秩序状態の部屋ですごさなくてはならない。
イタリア人は居住区を男女別々に分け、パスタを食べてはならない。
日本人は絶えず自己主張を続けなくてはならない。
タイ人は叱責されるときには人通りの多い場所にいなくてはならない。
中国人は食事量を日本人並に減らし、謙虚にすごさなくてはならない。
韓国人はキムチを食べず、自分達の区域を統治して、トラブルを他区域住人のせいにしてはならない。


ユーモアと、うえっと顔をしかめる感覚が絶妙に合わさったCM。思わず舐めたくなるほどのおいしさを宣伝しているわけだが、デスクの男性はオーケーが出るまで何回くらい舐めたのだろうか?


IMG_1096

IMG_1095
今日は勝ちどきに出没です。
晴海トリトンにナイスなピザ屋さんができたとかで立ち寄ってみました。
今日のお店は「センプレ ピッツァ 」晴海トリトン店さんです。

住所:東京都中央区晴海1-8-8 晴海トリトンW棟
電話:03-5547-4554
定休日:無休

IMG_1228
お店の外観です。

IMG_1226
店内の雰囲気です。

IMG_1093
メニューです。

今日のオーダー「クアトロフォルマッジ」@630円です。
まずはお店の案内です。
「日本のピッツァはカレーやラーメンのような国民食になりつつあります。しかし、本格的なナポリピッツァとなると国内での歴史はまだ浅く、価格が高いこともあり、その広がりは一部のグルメ・富裕層の方のみに限られています。
ピッツァの本場、イタリア・ナポリではピッツァは特別なご馳走ではなく、誰もが気軽に食べられる手頃な食事として根付いています。ファストフードでありながら、安心安全の地元食材と職人の卓越した技術を使って調理する伝統的な「スローフード」の形を保っています。
こうした食文化を日本にも根付かせることができないかと、2011年都内に「sempre pizza(センプレ・ピッツァ)」を開店いたしました。sempre pizzaはその名のとおり、本格的なナポリ・ピッツァを「いつでも」しかもナポリさながらの低価格で日本全国、多くの皆様に召し上がっていただくことを目指しております。」

IMG_1089

IMG_1090
待つこと9分で「クアトロフォルマッジ」の到着です。
見た目かわいらしい感じです。
クワトロフォルマッジとはゴルゴンゾーラ、マスカルポーネ、モッツアレラ、パルミジャーノの四種類(クワトロ)のフォルマッジ(チーズ)で作られたピザです。

それでは実食です。
ベースはモチモチで美味しいですね。
少し塩分が強いような、で〜も気になる強さではないのでno problemです。
トッピングのチーズは上述の通りに入っているかは不明ですが、味はイケています。
美味しいです。
しか〜し「クアトロフォルマッジ」が1,000円以下で食べられるとは驚きです。
この店は知り合いのアメリカ人も絶賛していましたので、この味は万国共通の「Good!」でしょう。
個人的にはコスパ最高です。

それでは(^_-)

続 月島 あざみ

今日は「余計な一言」です。
「あの人、本当にいつも最後に余計な一言を言うよね!」
OLさんと思わしき女性たちが電車内で不満を口にしていました。
わざわざ相手を苛立たせる余計な一言を付け加えてしまう人、確かにいますよね(自分が言う側になってしまうこともありますが!)。そのように、余計な一言をつい言ってしまう人の心理とは? 余計な一言を言われてもイライラしないための回避法とは? 
ご紹介します。

余計な一言
余計な一言を言ってしまう人には、いくつかのタイプに分けられます。
1.本音がついつい出てしまうタイプ。それを言うことのデメリットまで考えていない
場の空気や相手の状態や機嫌が読めず、言わなくてもいい本当のことを言ってしまう。あっけらかんとして熟慮が足りない。悪気がないため嫌われることは少ないが、信用を得られないことも。

2. 頭に浮かんだシニカルな表現やブラックジョークを我慢できないタイプ
頭の回転が早い、頭のキレるタイプに多い。本人はその思いつきを表現したいだけで、それほど悪いと思っていないが、場合によっては相手を深く傷つけたり、「馬鹿にされている」と恨みを持たれてしまうことも。

3. 自信のなさや不安から、余計な一言をつい足してしまうタイプ
自分の立場や権威が揺らぐのではないか、相手が調子に乗ると困るな、といった考えから、褒め言葉などにも余計な一言を加え、相手に嫌な思いをさせるタイプ。
プライドや自信のなさ、無意識に相手の上位に立ちたい心理が原因。

4.孤立している寂しさから、必要以上に周囲に絡もうとして喋りすぎるタイプ
「自分が浮いているかも、孤立している」と感じるほど、周りに構ってほしくなり、必要以上に喋り続けた結果、余計なことまで口にしてしまうタイプ。他人の感情を敏感に感じ取ってしまう人に多い。

自分や身の回りに思い当たる分類はあったでしょうか。1や2の場合は、発言前に、それを言って傷つく人はいないか、ひと呼吸置いて考えるのがおすすめ。3の場合は何もかもで勝とうとせず、素直に他人を褒める習慣をつけること。4の場合は、「相手はこちらが思っているほど何とも思っていないから大丈夫」と落ち着かせ、余裕を持ってコミュにケーションをとる心がけが有効かと思います。
Peachy 「「余計な一言」を言う人の心理とは?言われたときの回避法」より転載

久々に「キタ〜って」いうフリネタなのです。
私は亡母ほどではないのですが、たまに余計な一言を言ってしまうのです。
結構shyなので言ってしまった後に深く傷ついています。
タイプは2です。加えて必要以上に喋り続けた結果、余計なことまで口にしてしまう事が多々あります。
このブログでも顕著なのですが、頭に浮かんだことはすべて吐き出したい気持ちが普通の人より強すぎるのです。
ブログはまだ推敲した後に添削できるのでよいのですが、会話はそれができません。
う〜ん、どうしたもんでしょう。

特に会話では絶えずウケねらいで話をしているので、ウケネタが枯渇してくると、ついつい気を引くために余計な一言をいってしまうのです(悲)
そうそう余計な一言とは25%が自慢話です。
聞かせられた人は感じ悪いですよね。
頭の中では間違いなくこれを言ったら自慢話だよ、とは思っているのですが、いいじゃん、元々自慢したいんだから言っちゃえば、と言うことになり、気が付いたら音声になっているのです。

To be honest,私は極めて自己韜晦(自分の才能、地位、本心などを隠して知られないようにすること)の強い人間なのです。
それなのに自慢をしてしまう・・・
嫌になります。
かなり抑えているはずなのについつい気が付いたら自慢してしまうこの矛盾にいつも悩まされています。
仕事の上では完璧に自己韜晦を堅持しているので問題はないのですが、privateではいけません。
特に酒を飲んで泥酔していたらひどいもんです。
神社の鳥居が赤いのも自分が赤くしたようなイキオイで自慢しています。
ちなみこの話を奥様にしていたら、貴方の言っていること(除自慢話)は余計な一言レベルではありません。
錐のような直言です。まだ余計なひと言の方がどれだけましだかと思いますよ、と切り返されました(悲)

いずれにしてもしゃべりすぎない事に留意しましょう。
そして自慢話をしそうになったら、三回我慢しましょう。
それでも言いたいのなら、体に良くないので言ってしまいましょう。
こんな戒(いまし)めですかね・・・
皆様の回りには余計な一言levelではなくやたら自慢話をしている人っていませんか?

Do not say a little in many words but a great deal in a few.
多くの言葉で少しを語るのではなく、少しの言葉で多くを語りなさい。
Pythagoras(ピタゴラス)


スウェーデンのアニメーター/フィルムメーカーのデビッド・F・サンドバーグさんが、電気を消すのが怖くなるホラーショートフィルムを製作しました。このフィルムは数ヶ月前に作られたものらしいのですが、最近になって急激にネット上で話題になったんです。
理由は・・・・観てもらえれば分かります。では、以下から最後に叫びたくなるショートフィルムをご覧ください

Lights Out - Who's There Film Challenge (2013) from David F. Sandberg on Vimeo.




IMG_0341
今日は月島に出没です。
20周年記念の花束に足がとまりました。
今日のお店は月島「あざみ」さんです。

住所: 東京都中央区月島4丁目10‐11
電話:03-5560-9347
定休日:日曜日

IMG_0333
お店の外観です。

IMG_0339
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「さばの唐揚げ定食」@1,000円です。
「あざみ」さん開店二十周年ですか、おめでとうございます。
地元では美味しい和食を供されるお店として有名ですが、店内が見えにくいこともあり入りにくい感が横溢しており、ついつい見送っていました。
今日は二十周年ということですので、祝賀を表してお邪魔しました。
店内はご夫妻が二人で切りまわしています。
多分ですよ、ご主人は昔名のあるお店でそれなりの地位で働いていたのでしょう、それほどの腕です。

IMG_0334
待つこと10分で「さばの唐揚げ定食」の到着です。
見た目がきれいですよね。

IMG_0337
それでは実食です。
まずは「さばの唐揚げ」を頂きました。
これはポン酢で頂きます。
美味しい、とても美味しいです。
揚げたての「さばの唐揚げ」がこれほど美味しいとは思いませんでした。
さばの脂分が前面にでるのかと思いましたが、そんなことはありませんでした。
とてもmildな一品になっていました。

IMG_0336
「ハマチとホタテ」の刺身です。
画像でもお分りの通り新鮮です。
多分築地で仕入れているのでしょう、かなりのレベルです。
とても美味しいです。

お吸い物は良い出汁で採られているのかコクを感じます。
イケますね。
デザートのオレンジも隠し包丁がほどこされており、和食職人の気配りを感じます。
正直このperformanceで@1,000円は安いと思います。

それでは(^_-)

晴海 丸亀製麺

今日は「感動の広告」です。
興味のない広告を見せられると邪魔に感じることもありますが、中には何度も見たくなるような面白い広告もあります。 もはや感動レベルと言ってもいい、ひねりのきいた10の広告をご紹介します。

#Hut Weber(帽子メーカー)
Hut Weber
帽子ひとつで劇的に変わる。(独裁者と喜劇王)

#ロシアの博物館
ロシアの博物館
ええっ!? これは行って確かめないと。

#旅行代理店
旅行代理店
オフィスの風景が、リゾートのプールに見えてきた!

#ドッグフード会社
ドッグフード会社
「犬はあなたの人生をもっと幸せにしてくれます」

#望遠鏡
望遠鏡
200倍 400倍 800倍
Made in Chinaが秀逸です。

#ニベア・メンズ用
ニベアメンズ用
「お父さんのシワは、ないほうがいいよ!」

#Fedex (中国-オーストラリア)
Fedex
確かにこのくらい近く感じます

#シュガーレス・チュッパチャプス
シュガーレス・チュッパチャプス
砂糖が入ってない証明。

#フィットネスクラブ
フィットネスクラブ
左が入口、右が出口。 痩せるの早すぎ!

#ペプシ
pepsi
「ハロウィンで驚かせるつもりだよ」

#メガネの会社
眼鏡の会社
見えすぎちゃって困るの!

どれも広告にしておくのがもったいないくらい、よく考えられていますよね。
「もはや感動レベル・・・とことん考えつくされた16のアイデア広告」らばQより転載


あれよあれよと早変わり!こちらの「Icons」という映像は、『フォレスト・ガンプ/一期一会』など名作の有名シーンやポーズを次から次へとカットなしで再現した、英紙The Sunday TimesのCMです。
作品タイトルよろしく、古くはロダンの「考える人」から、現代のミュージックシーンを象徴するダフト・パンクまで、全部で6つのシーンが再現されましたが、いずれもピンと来るモノばかりです。



IMG_9067

IMG_9068
今日は晴海に出没です。
雪がまだ残っています。
こういう日は饂飩でしょう。
ということで訪れましたのは、晴海トリトンスクエア1Fにあるフードコート内にある「丸亀製麺」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトンスクエア1F
電話:03-3534-2720
定休日:不定休(晴海トリトンに準ずる)

IMG_9069

IMG_9070

IMG_9071
お店の外観です。

IMG_9072
メニューです。

今日のオーダー「カレーうどん(並)」@380円です。
このフードコートは大手総合商社の子会社が経営しているものです。
仄聞するにテナント料が高いのでテナントの定着率が悪いようです。
要はここでは儲かりにくいみたいですよ・・・

カウンターに並べば自動的に調理されます。
それを盆にせて適当なところに席を決め頂きます。

IMG_9073
見た目美味しそうですね。
それでは実食です。
カレーはそれなりの辛さがあり美味しいです。
麺は丸亀製麺さんですから鉄板です。
これで@380円ならコスパはかなり良いですね。
しか〜しone coinで120円のお釣りが戻ってくるとはお財布に優しい限りです。

それでは(^_-)

月島 norme(ノーム)

今日は「We took a sentimental journey」です。
今日は高校の体育会の仲間三人と下町の懐かしい場所を巡りました
企画した理由ですか、きちんと説明するには5時間かかるでしょう。
それをもし誰かに話したら、他の皆も聞きたがるかもしれません。
その内に世界中に向かって説明する羽目になるかもしれません。
そんな日が来た日には、すべての言葉を眠らさなければならないでしょう。
そんな大げさの事でもありません、お気軽にご覧ください。

IMG_9074
亀戸駅に集合です。
私とK君は会社から駆けつけました。
K君は日曜日だというのに家にいさせてもらえない理由があるようです。
私は仕事が好きだからです(笑)

IMG_9104
しか〜し家の周りが大雪だったので、長靴で会社にいったのっですが、長靴って歩きにくいですね。
歩くたびに底にたまった空気が足の裏、特に土踏ます当たりでプカプカと動くので気持ち悪いです。
長靴ってこのような履物でしたかね(笑)

IMG_9075

IMG_9076
まずむかった先は我が高校の超有名人THE ALFEEの坂崎大先輩の実家です。
立飲みありです、酔談ありです。
坂崎大先輩の実家を継いだお兄さんはやはり高校の先輩です。
卒業生であることを明かせば、お兄さんも加わって盛り上がっていただけるそうです。
ただしお店が暇な時だけですけれどね。
しか〜し今日は雪の為休みちがうか日曜日の為休みでした。

IMG_9078
次に向かったのはご存じキラキラ橘商店街(旧立花銀座)です。
昔は押しあいへし合いだったのですが、今じゃ下町名物のシャッター商店街です。

IMG_9079

IMG_9082
歩きすぎた為か咽喉が渇いたので皆で小休止です。
もつ焼きの名店「きくのや」さんです。

IMG_9081
私が頼んだのは「ハツ」「タン」「レバ」@100×3本=300円、「緑茶ハイの焼酎抜き」@400円です。
「緑茶ハイの焼酎抜き」は焼酎がない分だけ安いのかと思えば、焼酎の替わりに緑茶を入れたので値段は一緒です、と整合性がある様な無い様な、要はだまされた気分です(笑)

IMG_9083
城東地区最大の滑り台があるマンモス公園です。
K君、I君も向島から遊びにきていたそうです。

IMG_9084
私の高校のある地蔵坂商店街です。
昔の名前で出ていたお店は、3割くらいですか。

IMG_9090
高校の側面です。体育館が取り壊されてグラウンドになっていました。
剣道部の私としては青春の汗がしみ込んだ体育館がなくなっていたのはかなり寂しい限りです。

IMG_9088
相も変わらずロードレース(5km)をやっているようです。
私がもし過去最高記録でゴールテープを切ったとすれば26位です。
現役の高校生は速いですね!

IMG_9091
テニスコートの脇に新設校舎ができていました。
かなり格好がいいです。下町にはそぐわないですね(笑)
そうそう今回の体育会の仲間の中に、私の高校の入学一番と二番の者がいます。
しか〜し私達の頃は学校群制(一学区三校)だったので入学一番でも学校群では一番から三番の可能性があります。で〜も私達が入学した年は我が高校に一番の人間を配属させたようで、高校入学一番と二番は学校群では一番と四番です、ちなみに点数は学校群一番(高校一番)が300満点中298点、学校群四番(高校二番)が297点です。つまり二番と三番と四番は同点だったのですね。
ちなみに私は300満点中270点で学校郡順位100番の切り番でした。
我が高校では33番です。
したがいまして一年の時はマジに東京大学を狙っていたのです、ちょっと面影ないですね。

IMG_9093

IMG_9102

IMG_9096

IMG_9095
ついでに鳩の街(昔の赤線地帯)商店街まで足を伸ばしました。
木の実ナナ
ここは下町の超有名歌手の元ヤンキー木の実ナナさんのhometownです。
彼女は当時かなりヤバかったそうですよ。
仄聞するに木の実さんが経営している芸能事務所が最近自己破産したようですね。
ちょっと気になります・・・

IMG_9098
高校2年生の時に健康診断をズル休みしたらこの病院で健康診断を受けさせられました。
なぜか2Hの宇田川啓子さんと一緒に行ったのです。
二人ともレントゲンで胸やけしたので、それが落ち着くまで近くの喫茶店でウダウダとダベっていました。
個人的にはその当時の宇田川さんはかなりキレイだったので楽しい一時だったのです。
その後たしか授業に戻らず家に帰ったような気がします。
これじゃ東大は無理ですね(笑)

この後錦糸町で待っていた、体育会の仲間と合流し、ちょっと遅い新年会をしたのでした。
おかげで今日は寝不足で会社に行く事になったのです。


IMG_8929
今日は月島に出没です。時計をみましたら14時です。
late lunchで食べるかとお店をさがしましたら、適当なお店がありました。
今日のお店は「norme(ノーム)」さんです。


住所: 東京都中央区月島2-10-2 ムーンアイランドタワー B1F
電話:03-3533-1234
定休日:年中無休

IMG_9042
お店の外観です。

IMG_9040

IMG_9041
店内の雰囲気です。

IMG_9036

IMG_9037
メニューです。

今日のオーダー「鶏ミンチのナゲット風ホワイトソース(珈琲付)」@850円です。
このお店は勝どきの超高価格焼肉屋「傳々」さんが経営するお店だったのです。
「傳々」さんには過去三回程行きましたが、値段が高い割には味がそこそこだったので
いやな思い出があります。
で〜もそれに気が付いたのは店内で「食べログ」でこのお店をcheckしてからですので
too lateです。出ようかなと思ったのですが、今さらジロウ♪だったのでやめました。

IMG_9038

IMG_9039
待つこと3分で「鶏ミンチのナゲット風ホワイトソース」の到着です。
盛付がオサレです。気分はHawaiiですね。
それでは実食です。
「鶏ミンチのナゲット風ホワイトソース」はイケます。
揚げ方もよく鶏ミンチもよい味付けです。
全般に量が少ないですかね。
で〜もこれに珈琲がつきますから、まずまずのコスパではないですか。

しか〜しななんかこのお店には違和感があります。
まず煙草の煙が店内に漂っています。
全席喫煙可の影響です。今時分煙にしていないのは珍しいですね。
プラ〜ス女性店員さんがアンニュイ感を全身で表しており、そんなに体がだるいのなら早退したら、って言いたい感じでした。
親会社が「傳々」さんなので倒産等のriskがない為か緊張感が欠如しているのでしょう・・・

それでは(^_-)

晴海 港湾食堂

今日は「不易流行」です。
不易流行
私は「不易流行(ふえきりゅうこう)」という言葉が好きでよくこのブログでも使用しています。
ちょっと聞き慣れない言葉です。
意味はgoo辞書によりますと
「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。
また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること」
と書かれています。
あまり平易ではありません。

もう少し噛み砕きますと「不易」とは即ち「不変の真理」のことです。
その「不変の真理」を基礎として、刻々と「流行」する森羅万象(世の中に存在する全てのもの)を取り入りいれる事により新たな「知(工夫)」を加えて更にその中から「不変の真理」を抽出していく事を「不易流行」といいます。
これでも平易ではありませんね。

こんな説明はどうでしょうか。
AKB48の総合プロデュサーとして手腕を発揮している秋元康さんが参考になる話をされていました。
その秋元さんによれば、お笑いの世界でも「不偏的な笑い」と「飽きられる笑い」があるといいます。
その年の流行語になるような言葉を生みだしても、それに頼っていると、その言葉が飽きたら終わりです。
それが「飽きられる笑い」です。
一方、たけしさんなどは、そういう「飽きられる笑い」ではなくて、いま話題になっていることを「ネタ(流行)」にして、それを自分の「視点(不易)」を通して、何か面白い事をいったり、やったりしてくれる。
そのお笑いの「視点」が面白いので飽きられないというのです。

さらにこんな説明はどうでしょうか
この間、歌舞伎の番組をみていたら尾上菊五郎さんが、歌舞伎が江戸時代の頃と同じ事(不易)をしいていたらとっくに飽きられている。演ずる役者が自分の感性で演技を組みたて新しい表現をするので現代の人に受け入れられるのだ。もし江戸時代の頃と同じ事をしていたのであればそれは単なる技術伝承にしかすぎない、と言っておられました。そして今回の舞台には若手の発案で「頭で回るヘッドスピン(流行)」を演技に加えたと言っていました。

IMG_9143
上記の説明の通り、秋元康さんや尾上菊五郎さんが言われているような事が「不易流行」に当るのではないかと思います。
特に芸能の世界では、良い新作はやがて時が経ちますと立派な古典になります。
そこでその古典を守ることが伝統ではないのです。
守るとともに常に新しいものを生みだしてこそ観客の鑑賞に耐えられるのです。
これが「不易流行」なのでしょうね。
これは仕事にも通じる話です・・・


成績表を家に持ち帰った息子が撮影したホームビデオ。お父さんの喜び方が半端じゃありません。
こんな親になりたいものです。


IMG_9064

IMG_9065

IMG_9063

IMG_9046
今日は超deepな食堂を紹介します。
そのお店の名前は「港湾食堂」です。
行くのにかなり迷います。
迷っても当方は責任を負いかねます(笑)

住所: 東京都中央区晴海4−6−29 の裏側
電話:不明
休日:土曜日、日曜日

IMG_9048
お店の外観です。

IMG_9049

IMG_9050

IMG_9051

IMG_9052

IMG_9054

IMG_9057
店内の雰囲気です。

IMG_9056
メニューです。

今日のオーダー「煮込み、カボチャとヒジキの煮付け、納豆、ご飯、みそ汁」@650円です。
このお店は取引先にこっそりと教えていただきました。
まさか晴海ふ頭の奥まったところにこのような超deepなお店が生息していたとは思いもしませんでした。
これこそ、知る人ぞ知る、です。

店内は画像の通り会議室の様な感じです。
小上がりの6畳程度の和室もありそこで仮眠もできます。
お客は港湾関係者や近隣のビジネスマンです。
込み入ってないのでゆったりとTVを見ながら食事ができます。

IMG_9059

IMG_9060
今日の料理ですがカボチャとヒジキの煮付けは鉄板です。
カボチャはほっこりしていますしヒジキはオフクロの味付けです。
特筆するのは煮込みです。
良く掃除されて丁寧に煮込まれているので柔らかでフルフルです。
味噌の加減も最高です。
ビールが欲しいところです。
さらにこの煮込みはメニューにないのでこれまた、知る人ぞ知る、です。
結論久々の「安美味」です。

IMG_9062
で〜も折角探し当てたお店なのに3月末で閉店ですって。
多分東京オリンピックの関係ですかね?
とても残念です、ハイ。

それでは(^_-)

月島 めし屋 11th

今日は「皇室クイズ」です。
天皇陛下
嵯峨天皇を祖先に持ち、かつて宮内庁病院に通院経歴がある私は皇室と近しい関係にあります。
ということで今日は「皇室クイズ」です。

#天皇陛下に戸籍はあるか
答えは×です。
皇室の方々には戸籍はありません。その代わりに皇統譜というものがあります。
卑近な例でいえば、雅子さんは皇室に入る前は民間人でしたので戸籍がありましたが、皇室に入った時点で無くなっています。

#天皇陛下はパスポートを持っているか
答えは×です。
天皇陛下は全世界に周知されている方なので不要なのです。
ちなみに他の皇族は持っておられます。

#天皇陛下は健康保険証を持っているか
答えは×です。
しか〜し宮内庁病院は皇室の病院ですので、そこにかかる限りは無料です。
かつて宮内庁病院に通院していた私は、民間人ですので30%負担です。
一年前に東大病院で心臓のバイパス手術をした時の天皇陛下の医療費は保険がきかないので100%負担でした。

#天皇陛下は運転免許証を持っているか
答えは○です。
最近高齢者教習を皇居内で受けたそうです。
マイカーは持っておられます。
ホンダのインテグラでしかもマニュアル車です。
しか〜し天皇陛下が運転する時は後部座席に皇宮警察の方が同乗するのでものものしい限りです。
従いまして路上で天皇陛下のお車に当て逃げしようなんて思わない方が良いですよ、即刻現行犯逮捕ですから。
一度でいいから天皇陛下が酒気帯び検査をするところを見てみた〜い。

#天皇陛下は山手線に乗られた事があるか
答えは○です。
学習院高等科3年在籍の時に高校最後の試験が終わり、ご学友と示し合せて銀座にお茶を飲みに行った際に、宿舎があった目白から新橋まで乗られたそうです。
最初に入った喫茶店では支配人が挨拶に来た為に慌てて出られ、その後銀座の「コロンバン」でアップルティーを飲まれました。
その後はまた山手線に乗り目白に戻られたそうです。
ということで生まれてこのかた二回といっても往復ですが山の手線に乗られたそうです。
「ローマの休日」の様にはい行きませね(笑)
愛子様もこの間、目白から信濃町までJRに乗られました。
愛子様は将来民間人になられますので教育も兼ねているようです。

#皇居にないものは
1. ATM
2. ガソリンスタンド
3. 自動販売機
答えはすべてあります。
一番多いのは自動販売機です。
地下食堂に×5台、東御苑に×3台、その他×2台系10台もあります。
東御苑の自動販売機では、私は缶コーヒーを買いました。
料金は@100円です、普通の値段でした。

#佳子様が出席した新歓コンパのサークルは
1. テニス
2. チアリーディング
3. ラクロス
答えはチアリーディングです。
唐揚、フライドポテト付@2,500円のパーティセットが新歓コンパの料理です。
しか〜し佳子様は当然のことながらSP付でしたので、多分このコンパは盛り上がらなかったことでしょう(笑)

#天皇陛下の好物は
1. カレーライス
2. ハンバーグ
3. ラーメン
答えはカレーライスです。
ルーは市販のものではなく、一から作ったものを一晩寝かして供される本格的なものです。
ご飯は塩とバターを加えて炊いたカレーライス専用のものです。
薬味は紅生姜、らっきょう、玉子の黄身、玉子の白身、のしイカの粉末です。

#天皇陛下のお代わりしたものは
1. 鰻茶漬け
2. 松茸ご飯
3. ネギトロ丼
答えは鰻茶漬けです。
ただし「ひつまぶし」ではなく、普通の鰻茶漬けです。
鰻がお好きなようです。
ちなみに「つけ蕎麦」もお好きです。
しか〜し山葵は今まで箸をつけたご様子がないので、もしかするとお好きではないのかもしれません。

#昭和天皇が「美味しくない」といったものは
1. 最中
2. 鯛焼き
3. 柏餅
答えは柏餅です。
天皇陛下が食べるものは全て宮内庁の大膳で作ります。
柏餅もその大膳で作りました。
しか〜しこの柏餅を食べた時の天皇陛下は「美味しくない」とボソッとつぶやいたそうです。
その証拠として柏餅の葉脈(茎)のみがお皿に残っていました。
そうなのです、天皇陛下は桜餅と同じ様な葉まで頂く食べ方をしたので、「美味しくない」との発言に繋がったようです。
本来なら女官が天皇陛下に食べ方を説明すべきだったのですが、女官は陛下の方からお声掛けがないと話してはいけないということから説明できなかったそうです。
さすがに天上人ですね・・・
可哀想にこの担当した女官は後でかなり叱責されたそうですよ。

#天皇陛下に会える方法
1. 一般参賀
2. 園遊会
一般参賀は会えるというより万歳をしにいくという感じですので少し違いますよね。
園遊会に呼ばれる事はそれ自体かなりハードルが高いので難しいでしょう。
ちなみに園遊会の好評メニューはジンギスカンだそうです。
なんで羊肉なのかと申せば、羊肉は宗教の違いがあっても問題がありませんし、ヨーロッパでは羊肉はセレブの好む肉だからですって、ちょっとね、ですよね。
まぁ呼ばれる事はありませんのでいいのですが・・・

そこでちょい頑張れば天皇陛下に会える方法としてあげられるのが「歌会始め」です。
例年一月中旬に行われるので今からですと来年の「歌会始め」には余裕のヨッチャんで間に合います。
ちなみに来年のお題は「本」です。

歌を作るポイントは次の三点です。
1. 思った事をシンプルに読む
2. 時事ネタを入れて読む
3. 自分のキャラクターや仕事の内容がわかる歌を読む
です。簡単でしょう?
で〜も2013年度は21,680首応募で選ばれたのが10種ですから、当選確率は0.5ミリ%です。これまた難しいですね。

ここで思い切りハードルを下げましょう。
天皇陛下に一番簡単に会える方法は、「皇居勤労奉仕」です。
即に15人以上の友達を集めれば参加できます。
万が一、天皇陛下より「ご苦労様」とねぎらいの声をお掛けいただけたら、友人、知人、親戚、家族、町内会、上司、同僚、はては中華料理屋のお姉さん、洋食屋のオバサン、床屋のお姉さん、クリーニング屋のオバサン、よく行くガストの美人のホールスタッフの加藤さん等、皆に自慢ができること間違いありません。
CQ「全力教室」より文字起こし

IMG_8929

IMG_8928
今日は月島に出没です。
最近サリーちゃんと塩辛に会ってないなぁというphraseで今日のお店がわかった方は個人的に尊敬します。
そうです今日のお店は当ブログ最多登壇のお店、月島「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_8930
お店の外観です。

IMG_8936
店内の雰囲気です。

IMG_8931
メニューです。

今日のオーダー「さば定食」@900円です。
私のテーブルにオーダーを取りに来てくれたのは、やはりサリーちゃんです。
相変わらず美人でね。ミャンマー人なのに綺麗な漢字が書けます。
オーダー伝票に書かれた「さば定食」は達筆です。
写真撮っておけば良かったですね(笑)
待つこと13分で「さば定食」です。

IMG_8933
その前に今日のオカズ三兄弟の紹介です。
今日の三兄弟は、塩辛、海苔の佃煮、たくあん細切りです。
最強trioではないですか。
IMG_8935
特に伊東産の塩辛、いつもお主は愛(う)い奴じゃのう、どこから見ても唾がわくぞ、っていう感じです。

IMG_8937

IMG_8938

IMG_8941
それでは実食です。
今日のさば、脂のノリがハンパないです。
ジュクジュクと泡が立っています。
味ですか、すんごく美味しいです。
これ最高ですね。
さら〜に脇を固めるオカズ三兄弟もたまりません。
まさに口福の坩堝(るつぼ)状態です。
大変美味しゅうございました

それでは(^_-)

月島 マクドナルド

今日は「夢が教えてくれる」です。
夢売占い
睡眠中、人が夢を見る時は浅い眠りの時だと言われています。
どんなに寝たくても悩みや不安なことがあると、なかなか良い眠りにつながりません。
そこで、普段何気なく見ている夢がどんな意味なのか、どんな精神状態の時に見やすいのかを調べてみました。

#1. 事故に遭う・物が壊れる夢
車の免許を持っている・持っていないに関わらず、コントロール不能な車に遭遇して事故に遭う夢や、壊れた機械を操作しようとしている夢など見たことはありませんか?
このような夢は、心や体の一部がうまく機能していないことを表すと言われています。あるいは、人間関係の悩みなど生活面に不安がある場合に見ることがあるそうです。

#2. 追われる夢
誰もが見たことがある夢ではないでしょうか?追いかけてくるものはなんであれ、この夢は、誰か・何かに対して恐怖を感じていることを表しているそうです。また、原因を探るためには追いかけてくるものに似ている現実の人や物を探してみることが重要だそうです。

#3. 遅刻する夢
学校や会社・大事な約束事に遅れる・船や飛行機に乗り遅れる夢など、遅刻する夢も一般的な夢だと言われています。このような夢を見る時は、重要な機会を逃したくないと強く思っている場合が多いそうです。
また、重要な決定にプレッシャーを感じている場合にも見るようです。

#3. 歯に関する夢
筆者の友人でもよくこの夢を見るという人がいます。虫歯や歯が抜ける夢というパターンが一般的に多いそうです。歯は今ある環境や精神状態を表す象徴で、このような夢を見る時は自信がないことを周囲に知られてしまう恐れや、実生活で力を失ってしまう恐れを感じている時に見ることがあるそうです。

#5. 裸または変な服装をしている夢
全裸だったり、一部だけ服を着ていない、会社にパジャマで行くなど間違った服装をしている夢があたります。このような夢を見る時は、秘密にしておきたいことがあるなど過度に自分自身を知られてしまうのを恐れていることを示しているそうです。

#6.追われたり、狙われる夢
多くの人が見たことがある悪夢ではないでしょうか。この夢は誰かと対立している時に見やすい夢だと言われています。家庭間、仕事上、学校の交友関係など、日常生活の中で誰かに対して隠し事や後ろめたさを感じている時に見る傾向があるそうです。
追われている時や攻撃から逃げている時にあなたが取る回避行動を分析することで、実生活での問題解決に役立つと言われています。

#7.落下する夢
落下する夢を見る時は、お金の問題、人間関係、キャリアなど人生において不安を感じている時に見やすい夢だそうです。
立場的に人を管理するポジションの人が見やすい夢だそうです。家庭や仕事、人間関係など多くのものに挟まれた耐え難いストレス状況が見せる悪夢なのかもしれません。

#8. 迷子になる夢
道に迷ったり、知らない場所にいて途方も無い気持ちになる夢を見たことがないでしょうか。
このような夢は、現実でどう行動するか決断をする際に矛盾した考えを持っている時に見る傾向があるそうです。
また、知らない場所で罠に囚われる夢は、現実で正しい選択ができない状態に陥ることを暗示しているそうです。

#9. 死ぬ夢
なにか悪い暗示かと不安になってしまう家族や自分が死ぬ夢。
しかし、これらの夢は多くは縁起がいい夢だと言われています。
死は、生まれ変わることを暗示しており、環境が変化することや自分自身の考え方が変わるなど、何かが変化する機会があることを意味している夢だそうです。

#10.自然災害に遇う夢
自然災害に会う夢は、心に不安を抱えている時に見やすい夢だと言われています。差し迫った不安事を表しているそうです。自然災害や天候は予測不能なものであり、日常生活の中の不確実な心配事が解決されず不安に思っている時に見やすい傾向があるそうです。
「快眠できてる?よく見る夢が教えてくれるあなたの精神状態」Peachyより転載
どうですか・・・
私は「襲われる夢」をよく見ます。
夢の内容は定型化しており、ある時に「自分が誰かに狙われている事」を知ってしまう事から物語は始まります。
その事を知った時から、突然にassassin(暗殺者)から追われるのです。
最初は余裕のヨッチャんでの逃避行が始まります。
逃げる先々で懐かしい人達と久闊を叙し楽しいのです。
その中には何故か幼いころの子供も含まれています。
そしてある時点からassassin(暗殺者)の追い込みがspeedupしてくるのです。
ここからは命からがらで逃げ回るのですが、逃げる先に逃げる先でassassin(暗殺者)が待ち受けているので当初は戦って相手を打ち倒たおしています。
しか〜し徐々にassassin(暗殺者)が増幅してきて、どこに行っても私を待ち受けていることから戦って相手を倒してばかりいたら逃げる機会を失ってしまいます。
即ち殺されてしまうことになります。
そこで逃げる事に徹すのですが・・・
多分魘(うな)されているのでしょう、胸が締め付けるように苦しくなってきます。
この頃になりますと、潜んでいた理性が起動してきて、これは夢だ、夢だから殺される事はない、と予言者のように優しく諭(さと)してくれます。
ここで一回目が覚めるのです。
するとすごい寝相で寝ていたことが判明します。胸が苦しいわけです。呼吸が苦しいわけです。
そして大きな深呼吸をして、夢だったのか、と自らに言い聞かしてから、それなら倍返しだと、又夢の世界に戻るのですが、その追っかけられる夢はとうに終了しており、つかみどころのない夢に変わっているのです。
それからつかみどころのない夢に我が身を漂わせていると、いつしか目覚まし時計が鳴り響いて朝を迎えるのです。
これのくり返しです。
で〜もこの夢ってフリネタの紹介の通り「日常生活の中で誰かに対して隠し事や後ろめたさ」に結び付く夢なのでしょうか。
単に寝相が悪い時にだけ再生する夢のように思えるのですが・・・

We are such stuff as dreams are made on, and our little life is rounded with a sleep.
我々は夢の素に似て、ささやかな生もまた眠りに取り巻かれている。
William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア)


ユニリーバ(Unilever)のパーソナル・ケア製品ブランド、Dove のコマーシャル。元 FBI の法廷美術家(forensic artist)が、本人の顔を一切見ずに、本人による描写と他人による描写のみを参考にして似顔絵を描き、比較するプロジェクトです。


IMG_8859
今日は月島に出没です。
時計をみましたら22時を少し回っています。
月島のこの時間帯はもんじゃ屋さん以外に食事ができるところはありません。
さすがにこの時間に独りでもんじゃを食べる気持ちにもなれず、消去法で考えたらもんじゃ屋さん以外で食べることができるのはこのお店だけです。
今日のお店は、「マクドナルド」月島駅前店さんです。

住所: 東京都中央区月島1-3-11KMビル
電話:03-5548-2631
定休日:無休

IMG_8864
お店の外観です。

IMG_8869
店内の雰囲気です。

IMG_8863
このクーポン券を利用しようとしましたが、期限がまだ達しておらず使用できませんでした。
実は1月中旬分のクーポンはすでに期限がexpiredしており、それなら次の1月後半のクーポンを使用しようと考えたのですが、まさか期限の空白があったとは、想像だにもしませんでした(悲)

今日のオーダー
ダイナーズハニーマスタード@390円
マックポテトS@50円
プレミアムローストコーヒー@100円
です。

ここのお店のホールスタッフさんは日本語が通じません。
注文の際に、ダイナーズハニーマスタード×1個、マックポテトS×1個、プレミアムローストコーヒーS・ブラック・ホット×1杯、を店内で、と明確に申し上げたのに、バリューセットがお得ですよ、と切り返します。
私はバリューセットに付いてくるマックポテトのMとプレミアムローストコーヒーのMは時間が時間だけにtoo muchです。従いましてこのように切り返されても、ただただthank you but no thank you!になってしまうのです。
細かい話ですがバリューセットは@690円ですが、私の頼み方ですと@640円になり、50円且つ6%もお得なので、バリューセットがお得というのはあまりにも説得力がありません。
それなのに無理強いします。
さらに、コーヒーにはお砂糖とミルクはつけますか、と確認します。
最初にブラックと申上げましたよね、と返しますと、そうでしたね、というだけで謝りもしません。
ちょっとねぇ〜です。
リサ社長に言いつけるよ〜とかぶせたいところであります。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_8867

IMG_8868
ダイナーズハニーマスタードはサクサクチキンに北米産のマスタードとハチミツの自然な甘みが特徴と味わいのハニーマスタードソース、香ばしくグリルしたベーコン、チェダーチーズ、レタスを特製のバンズでサンドした、絶妙な味のバランスとハーモニーを楽しんでいただけるチキンサンドイッチなのですが・・・
食べにくい事この上ないです、おまけに熱々でないし、ハチミツの甘みはかなたに掻き消えています。
不味くはありませんが、ほめる点は何一つありません。

で〜もいいのです。
このお店が空いてなかったら夕食難民に成り下がるところでしたものね。
Thank you. Mac!です

それでは(^_-)

続 月島 魚菜はざま

今日は「光と影」です。
目の前に1枚の紙があります。

あなたが紙の片面を「こちらが表」と定義するとき、
同時に「裏」が生まれます。

あなたが「生」まれたとき、
同時に「死」が生まれました。

あなたが何かを「美しい」と思ったとき、
同時に「醜い」ものも頭の中に生まれました。

もし世界に「男性」がいなければ、
自分が「女性」だとはわからない。

「善-悪」「強-弱」「左脳-右脳」
「勝-負」「高-低」「出逢い-別れ」・・・

それらは別々のものではなく、
すべてワンセットであり、 互いに支えあっている。

凍える寒さを経験した人は、
日差しの暖かさを知っていて

病気を経験した人は、
健康への感謝を知っていて

飢えを経験した人は、
一膳のご飯の美味しさを知っていて

孤独を経験した人は、
絆の大切さを知っていて

絶望を経験した者は、
希望のありがたみをよく知っている。

でも
自分の弱さを認められない人は、
他人の弱さを受け入れることもできず
自分の弱さがわからなければ、
自分の強さにも気づくことができないのです。

光が美しく輝くことを
支えているのは「闇」であり、

光が存在できるのは、
闇がそこに在るからです。

あなたの光の部分を引き出すために、
まず闇の部分を認めてみてください。

これは、闇を好きになれ、
という意味ではありません。

好きになるのと、
存在を認めるのとでは、まったく違う。

長所(光)と短所(闇)、
両方あるからこそ、自分なんだ

と認めてあげること。

自分のダメなところ、カッコ悪いところは、
素直に認めればいい。

そうやって
プラスもマイナスも両方を受け入れ、

それでよいのだと自分を許してあげると
心の余裕が生まれる。

心に余裕が生まれると、
そのマイナスの欠点から
魅力的な人間力がにじみ出てくる。

そうなれば、人はどんどん、
活き活きと輝いてくるんだよ。
( 大樹 )
FB『幸せはいつも「今」ここにあるより」転載
なるほどですね、という感じです。
物は光が当ると必ず影ができます。
これは自明の理です。

白と黒
人は長い間、鬱屈し続けていると、なぜか影の部分にしか目がいきません。
例えばこの添付画像には白い手と黒い手が書かれていますが、鬱屈状態が長期化すると
黒い手(影)しか見えなくなります。
何故でしょうか、今自分の周りに起きている不幸の事象を説明するには、すべてが黒い手の部分でおきているものと説明した方がその人の心の落ち着きがよいからです。
理由は簡単です、逆境から抜け出す努力をしなくていいからです。
人間関係が大変だから、仕事の難易度が高いから、置かれている環境が最悪だから、とその不快な感情に鬱々と身を浸してさえいれば、抜け出す事すら忌避できるからです。

そういうときにプラスもマイナスも両方を受け入れ、それでよいのだと自分を許してあげる、という境地にはなれません。会社や学校にいくのも嫌でしょうが、それはそれで舌がひん曲がるような苦い煎じ薬を飲んでいる様なものだと、換言すれば「良薬は口ににがし」だと思い替える事です。

こういう時に肝要なのは、日常生活を当り前にやることです。
日常生活ではあらたな不快の出来事が発生します。
それでも日常生活をきちんとすることです。
朝起きたら挨拶をし、洗顔をし、身だしなみを整えて会社、学校にいき、特筆することはしないけれどもミスだけをしないことだけを心掛けていればいいのです。
それが続くとあれだけ苛(さい)なまれていた不安が、なにかに集中していた時に掻き消えていた事に気が付くはずです。
そこでこのessayの通りに、自分の弱さに気がつきましょう。
自分の弱さを認めてあげましょう。
そしてたまには自分の良いところをほめてあげましょう。
しばらくは一進一退が続くでしょうが、少しずつ進んで行くことに気が付いた時、それは鬱屈の国から抜け出た事を表しています。
元気な時の自分に戻れたのです。
毎日活き活きと輝きましょう。
その為にも「今日より明日が良い日である」事を信じて一日一日を悔いなく過ごす事です。

The great end of life is not knowledge but action.
人生の大きな目的は、知識ではなく、行動にある。
Thomas Henry Huxley(トマス・ヘンリー・ハクスリー)



IMG_8887
今日は久々に月島に出没しました。
たまには美味しい魚でもたべるかと思っていたら、目の前に飛び込んできたのがこのお店です。
弊blogを振り返ったら、な何と5年も来ていませんでした。
ということで今日のお店は月島で行列のできる、ボリューム丼のお店「魚菜はざま」さんです。

住所:東京都中央区月島4-9-10
Tel:03-3534-7698
休日:日曜日、祝日

IMG_8884

IMG_8885
お店の外観です。

IMG_8876
店内の雰囲気です。

IMG_8870

IMG_8875

IMG_8873

IMG_8874
メニューの一部です。

今日のオーダー「まぐろの尾の身煮付け定食+赤身丼」@1,200円です。
本当に久々です。
何で行かなかったのかなと振り返りますと、行列するのが嫌だったのですね。
今日はlate lunchだったので並ばなくてもよいので入店したのです。
このお店は名前の通り、月島最大のもんじゃ屋グループ「はざま」さんの確か一番下の息子さんが経営しているお店です。かつて築地で働いていたこともあり魚の目利きは間違いないようですよ。


IMG_8877
待つこと16分で「まぐろの尾の身煮付け定食+赤身丼」の到着です。
すごいボリュームですね。
まぐろの赤身丼は小丼ぶりと書いてあったのでイケるかとおもったのですがちょっとtoo muchですね(笑)

IMG_8879
それでは気を取り直して実食です。
まずは「まぐろの尾の身煮付け」です。
肉が柔らかです、肉にみっしり感があって且つ柔らかなので口内感触最高です。
煮付けは甘からず、辛からず、過不足ない上品な味わいです。
これはとても美味しいですね。

IMG_8878
傍らにある「赤身丼」ですが、これがまたまぐろの脂身がふくよかです。
うんいいまぐろです。
これを山葵醤油につけていただくと味が引き締まって、得も言われぬ味わいです。
これまたとても美味しいですね。

ちょっとvolumyな感は否めませんが、たまには良いでしょう。
体から馥郁たる海の香りが立ち昇ってくるような気分です。
ご馳走様でした 

それでは(^_-)

勝どき フォルクス リターンズ

今日は「No more necktie!」です。
現在のネクタイの原型ができたのは17世紀頃とされています。
ネクタイの起源として伝わる有名な説として、ルイ13世を守るためにクロアチアの兵士がフランスを訪れた際、彼らが首に巻いていたスカーフが起源である、というものがあります。
彼らは無事な帰還を祈って妻や恋人から贈られたスカーフを首に巻いていたのですが、それを見たルイ14世が興味を示し、側近の者に「あれは何だ?」と側近に尋ねたそうです。
側近の者はクロアチアの兵士について尋ねられたと勘違いをし、「クロアチア兵(クラバット)です」と答えたため、その布をクラバット(cravat)と呼ぶようになったという逸話があります。
この説には、14世紀にはすでにフランスでcravateという語は使われていたという反論があるのですが、どちらにせよ、1660年ごろに人気のあったクラバットは、単に幅広のネッカチーフを首に巻いたものに過ぎなかったのです。
これが進化して現在のネクタイになったそうですよ。
日本では小山梅吉さんが1884年10月1日に初めてネクタイを生産したことを記念して、1971年に、ネクタイ業界の業界団体である日本ネクタイ組合連合会が、10月1日を「ネクタイの日」と定めたことから敷衍しますと、まだ我が国に浸透してから約130年位の歴史の装飾品なのです。

クールビズの恩恵で長きに亘ったノーネクタイの季節が会社の定めによって10月30日で終了しました。
何て事でしょう、折角快適だったノーネクタイがネクタイ着用になってしまったのです。
会社は、ノーネクタイはクールビズの期間のみの特例で本来は礼儀に欠けるもの、ということからいとも簡単に復活させています。
それならば、クールビズの期間は礼儀に欠けていたのでしょうか、というような天の邪鬼のようなことを申す気はさらさらないのですが、でもね・・・です。
社則を読み返してもそのようなdress codeはなく単なる前官礼遇の装飾品versionです。
もはやそういう時代ではないでしょう。
礼儀は個人の品格で表すものでしょう。
ネクタイに礼儀はありません。
私は敢えていいたい、まずはeveryday no necktieにすべきです。
そして個々人にTPOに合せてネクタイを着用するかどうか判断させるべきです。
ネクタイは首周りを圧迫し血圧の上昇の因になっているとも聞き及んでいますし、古びたよれよれのネクタイは不潔感のみでその上に礼節に欠けるものだと思います。
官公庁がそのように改めれば全国の民間会社はすぐにでもそれになびくでしょう。
安倍総理是非ともご検討ください。

ネクタイ鉢巻き
ところでネクタイといえば80年代までですか、よくサラリーマンが酔っぱらうとネクタイを鉢巻きにして盛り上がっていましたがあれはいったい何だったのでしょうか。
一説には、時代劇などで殿様が病気のときに頭に巻く「病鉢巻」が起源ではないかと言われています。
さらに頭にネクタイを鉢巻きのように巻いて、巻いたネクタイの端を頭の横でだらりと垂らしている姿というのが助六の独特な鉢巻き姿の模倣になっているという説もあります。
いずれにしても歌舞伎からきているのでしょう・・・
で〜もかつて外国人を接待したとき時に、彼等もhigh tensionになりますと頭にネクタイを巻いていましたのでこれって万国共通かもしれません。
気合はいりますものね!

野球拳
酔った時のネクタイで思いだすのは私の上司です。
バブル全盛だった頃です。
その当時はまだスナックなるものがあって接待すれば必ず二次会と称してスナックに行きました。
そこで必ず盛り上がりイベントとして「野球拳」をするのです。
そしてその時の上司の常套手段がネクタイ多重巻です。
分かり易く申しますと、二次会にきている人のネクタイを全部借りて首に巻くのです。
その用意ができてから「野球拳」をするので必ずスナックの妙齢の女性は、あら恥ずかしぃわん、姿態を私達のお取引様に提供することとなるのです(笑)
本当に良き時代があったものです。
個人的には泥酔すると必ず締めにラーメンを食べていました。
その時に何故かラーメンの丼にネクタイを浸けてしまうのです。
決してツケネクタイを気取ったものではありません。
次の日には奥様になぜかそれを発見され、説教されるという事になっていたのです。
毎回説教されながらも 何故か泥酔するとまたやってしまうという不思議なふるまいでした・・・
Anyway this is an old story!


極寒の地、アイスランドの今年9月の表情を捕えた超美麗タイムラプス映像。水の流れがまるで生命体のように意思をもっているかのようで、空にかかるオーロラの素晴らしさは筆舌に尽くし難いとはまさにこのことです。



IMG_7615

IMG_7605

IMG_7604
本日は晴海トリトンに出没です。
トリトンはHalloween一色でした。
今日もパンが食べたいオーラがでています。
晴海トリトンでパンが食べられるお店はここだけです。
ということで今日のお店は「フォルクス」晴海トリトン店さんです。

住所:東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトンスクエア2F
電話:03-3532-2720
定休日:無休

IMG_6227
お店の外観です。

IMG_7607

IMG_7608
サラダバーです。

IMG_7606
ブレッドバーです。

IMG_7609
メニューです。

本日のオーダー「きのこのドリア+サラダバー+焼き立てパン」880円です。

IMG_7612
このお店はパンが美味しいですね。
本日のパンは、パンプキンブレッド、よもぎブレッド、クロワッサン、チーズフランスです。
ここのパンは美味しいですね。特にパンプキンパン美味しゅうございました。
クロワッサンは楽天のマー君です。安定感抜群です。

IMG_7611
サラダは好きものを好きなだけ選べるのでいいですね。
これらがmy favoriteです。
大満足です。

IMG_7614
待つこと18分で「きのこのドリア」の到着です。
この時点ですでにブレッドとサラダでお腹がくちています。
頼んだものを残すことができないのでいただきましたが、ごめんなさい、感動とか驚きは皆無でした。
で〜もイケてましたよ。
最後はlip serviceです・・・

それでは(^_-)

勝どき Cafe KASUGA

今日は「音痴考」です。

「あまちゃん」終わっちゃいましたね(悲)
さすがにliveでは見られず、帰宅してからDVDで撮っていたのを毎日見ていました。
ほとんど深夜の1時前後に見ていましたので朝8時の時計表示がシュールでした。
個人的は鈴鹿ひろ美役をやっている薬師丸ひろ子さん好きでした。
彼女キャワイ〜ですね。プラ〜ス天然キャラが良かったですね。
薬師丸ひろ子さんは、本人は天然キャラという認識はなかったようですが、最近いろんな人から素ではないかと言われ続けるようになって、そうだったのかなと、と言われていました。
多分脚本を書かれた宮藤官九郎さんは、物語の後半は能念玲奈さんより薬師丸ひろ子さんを念頭において「あまちゃん」の脚本を書かれていたのだと思います、間違いないでしょう!
ちなみに「あまちゃん」で鈴鹿ひろ美さんが毎朝作る特製ジュース、薬師丸ひろ子さんも日常生活では毎日作っているそうですよ。
ただし色は紫色ではなく緑色です。
ingredientは、小松菜、りんご、オレンジ、人参です。
すごく美味しいそうです。
さら〜に「あまちゃん」で使われたジューサーは薬師丸ひろ子さんの私物だそうです。

ところで鈴鹿ひろ美さんは何故歌がうまいのを隠していたのでしょうか。
宮藤官九郎さんは、鈴鹿ひろ美さんの歌唱力を移ろいやすい音程というように設定しおり、その為に10回に1回は偶然に音程が有ってしまうというものです。
従いまして「あまカフェ」でのリサイタルでは、たまたま10回に1回に訪れるという正しい音程となったようです???
所謂僥倖ですかね・・・

そもそも音痴というのは、本人はしっかりと耳で正しい音程、音階を聞き取れているのに、発声する際に、咽喉の運動や筋肉の緊張、呼吸の乱れなどが原因して音程がずれてしまうという症状でしょう。
私の知っている音痴の人は音程を外しますが、その外し方には法則性があります。
そういう意味では安定した音程外しなのです。
鈴鹿ひろ美さんは10回に1回しか音程が合いません。
こういう音痴の人はいないでしょう。
ということで鈴鹿ひろ美さんの音痴は、巷間で喧伝されている「女優になりたかったからわざと歌をヘタに歌った説」に賛成です。

個人的に私は歌の巧拙は別にして音痴ではありません。
家族では奥様と次男は音痴です。
さらに言えば亡父と弟は音痴です。
結構我が血統は音痴が多いですね。
このような事を書くのは憚れるのですが、我が音痴の次男はエライのです。
カラオケに行っても全くその音痴を恥ずかしがりません。
その為か最近音程が合ってきていますというか歌が上手くなっています。
これはたいしたものです、なかなかできるのものではありません。
さらにカラオケの選曲は、私達が知る由もないマニアック且つニッチのものを選ぶ事が多いのです。
従いまして音程が外れているかどうかは余人を持っては判断できないという高等戦術も併せて駆使しています。
所謂「完璧な偽装」でしょう(笑)

その真逆が我が奥様です。
従いまして最近はカラオケに誘っても絶対に行きません。
次男の音痴は奥様の遺伝でしょうか・・・
誤解があるといけないので付け加えますと、私は音痴が悪いといっているのではありません。
音痴というのはその人の個性の一つですので排除や消失する事はできません。
従いまして共存することでその個性をふくよかにすれば良いのです。


最後に口直しです。鈴鹿ひろ美の正調「潮騒のメモリー」です。


今日は勝ちどきに出没です。
なにやら見かけぬお店を発見しました。
今日のお店は、9月1日にオープンした「Cafe KASUGA」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき2-6-9 春日ビル1F
電話:03-3531-1011
定休日:不明

IMG_7293

IMG_7285
お店の外観です。

IMG_7283

IMG_7282
店内の雰囲気です。

IMG_7280
メニューです。

今日のオーダー「もつ煮定食」@900円です。

IMG_7284
本日はテラス席でいただきました。この席は開放的でよいですね。

IMG_7287

IMG_7288

IMG_7290

IMG_7292
待つこと4分で「もつ煮定食(珈琲付)」の到着です。
見た目、華やか定食、です。

それでは実食です。
モツは豚モツをこつこつと煮たみたいで雑味がありません。
白味噌で合わせた様で女性でも抵抗感なくいただけます。
味ですか、美味しいですが、パンチがありません。
勝ちどきは「もつ煮」のレベルは高いのです。
例えば漫画「美味しんぼ」(原作:雁屋哲、作画:花咲アキラ)で「煮込み」が大breakした「岸田屋」さんがあります。
毎日行列がとだえません。
私はこのお店は汚いのであまり好感をもっていません。それに加えて美味しいけれど値段が高いですよね。
この店レベルの煮込みであれば月島には安くておいしいお店が沢山あるので見劣りします。
個人的には「月源」「愛伊堂留亭」「魚仁」さんなどがおいしいお店として挙げることができます。
皆それぞれにモツにパンチがあります。
ということで「Cafe KASUGA」さんには期待しています。
更なる精進をお願いするところであります。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ