下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

練馬区

石神井公園 辰巳軒 5th

今日は「時間をコンビニエンスする」です。
ファミリーマートとタイムズ24は、コンビニエンスストアの駐車場を活用したカーシェアリング事業を始める。
11月にも第1弾のサービス拠点を設け、3年後をメドに全国100店に広げる。
ファミマは駐車場の有効活用と来店機会の拡大、タイムズは需要が急増しているカーシェアの拠点充実につなげる。両社はコンビニの駐車場を活用したサービスで総合的な業務提携を結ぶ。
タイムズはカーシェア事業の国内最大手。カーシェア専用車を置く拠点は全国に7千以上ある。
ファミマの駐車場に同拠点を設置し、専用車を配置する。
第1弾として11月をメドに神奈川県内のコンビニに導入する。その後も住宅街や観光地、新幹線の停車駅の近くなどカーシェアの利用者が多いエリアの店舗を中心に増やしていく。導入したファミマの店舗は駐車場の賃貸料などを受け取る。
カーシェアの利用には会員登録が必要なため、ファミマの一部店舗には無人入会機も設置する。
利用者は会員カードで駐車場にあるクルマのロックを解除する仕組みで、予約すれば24時間いつでも15分単位で利用できる。クルマは借りた場所に戻す。料金はタイムズの通常のカーシェアと同じく15分間で206円からとする。
短時間でも気軽に使えるカーシェアは若者を中心に利用者が急増している。
交通エコロジー・モビリティ財団が今年3月に実施した調査では、カーシェアを提供する主要企業の会員数は計68万人と前年調査より5割近く伸びた。車両台数も3割増えて約1万6000台に達している。
タイムズは会員数が50万人を超える最大手だが、オリックス自動車(東京・港)や三井不動産系のカーシェアリング・ジャパン(同・渋谷)などとの競合は激しい。
全国的な店舗網を持つコンビニと提携することで、顧客獲得に不可欠なサービス拠点の拡充につなげる。
タイムズはすでにサークルKサンクスの東京都内や神奈川の店舗にも拠点を設けている。
ファミマとタイムズはカーシェアだけでなく、駐車場全体の有効活用でも連携する。
観光地に近いコンビニなどでは店舗を利用しない人の迷惑駐車が多い。
タイムズが運営する他の駐車場と同様のシステムを用いて、店舗利用者以外に課金できるようにする。
タイムズが管理運営するため、店舗の負担が抑えられる。まず、全国の30店舗で導入する。
コンビニ各社は全国にある店舗網を活用し、ネット通販の受け取りなどサービス事業の強化を進めている。
ファミマは今回の提携をきっかけにして、幅広い分野の自動車関連サービスを提供していきたい考え。
タイムズの親会社であるパーク24グループ全体との連携も視野に、コンビニ店舗でのレンタカー車両の受け取りや返却などのサービスも検討していく。
日本経済新聞より転載

時間をコンビニエンスするタイムズ24さんがまたヒットを飛ばしました。
コンビニにカーシェリングをさせるということはまさに「コロンブスの卵」でして、これは考えられそうで考えられないものです。かなりの困難があったでしょう。多分時機を得たからできたのだと思います。
合意に至るまでさぞかし長い時間がかかった事と思います。
ファミマ側からしますと、駐車場の有効活用と来店機会の拡大、タイムズ側からしますと需要が急増しているカーシェアの拠点拡大充実につながります。
揣摩臆測で申せばタイムズと組むことにより、タイムズが運営する他の駐車場と同様のシステムを用いて、特に観光地などで急増している店舗を利用しない人の迷惑駐車対策でしょう。
実際、私が土曜の夜遅くブログを書くために利用している駐車料金有料のデニーズ(利用者は2時間無料)なんかは、利用者数より駐車台数が多いのですが、大半は駐車目的です。
課金システムが実施される前は無料で使用していたのですが、課金されてもその便利さから利用され続けているみたいです。

タイムズさんのすごいところは無人の駐車場サービスをすべてオンラインでつなげるという構想の下にTONIC(Times Online Network & Information Center)を構築した事です。
その投資額は当時の売上額の半分に達する大型投資だったと記憶しています。
駐車場も1万ヵ所にまで増えてくるとさすがに、駐車場ごとの営業施策を担当者が現場に足を運んで考えるということは難しくなります。
そこで駐車場版のPOSであるTONICが機能することで、各地のデータが正確に把握できるようになったのです。
全国のデータをもとに、エリアごとの細かな変化を各営業マンが分析し、市場動向を予測し、それを営業ツールとして活用することができるようになったのですね。
TONICの機能の一つとしてカーナビを利用した人の情報を分析することができます。
カーシェアの場合は、予約時点でカーナビに行き先をセットする人が多いので前広に情報を分析することができます。例えば、地方に大手自動車メーカーの工場があるとします。データをみれば、部品メーカーのA社だけでなく、B社もC社も工場に訪問しています。
そうするとその横展開でD社もE社もF社も、クルマを利用していただける可能性が生まれます。
そこで、タイムズの営業が部品メーカーをリストアップして「カーシェアを利用しませんか」と交渉することを始めたのです。その結果、平日の稼働率がアップしました。

TONICを使って何が分かってきたのかというと一番のメリットは「稼働状況」です。
駐車場の稼働率が高ければ料金を少し上げて、稼働率が低ければ料金を少し下げる、利用されていない駐車場は空気を置いているようなものなのでもったいないという判断が生まれます。
従いましてスカイツリーの直下の駐車場の駐車料金が異常に高いのはTONICによるものです。
例えば、駐車場が満車なのに、そこにカーシェアのクルマを置くと、その駐車場の売り上げをカニバ(食い合い)ってしまうことになります。カーシェアのクルマがなければ売り上げが伸びていたのにという事はよくないことなので、データを分析して「この駐車場は稼働率が高いので、カーシェアのクルマを置かない」「この駐車場は稼働率が低いので、カーシェアのクルマを置く」といったことを決めているのですね。
この様にTONICを使えばリアルタイムで空いている駐車場が分かるので、効率よく運営できるようになったのです。
従いましてぽつねんとカーシェリングの車が置いてある駐車場は稼働率が低い事を物語っているのです。

さらに近隣の駐車場と比べて稼働率が著しく悪い駐車場の大半は駐車がしにくいのです。
その為TONICにその様に指摘された駐車場は駐車台数を犠牲にしても停めやすいように改善されているのです

タイムズ24
タイムズさんのすごいところは「クルマ離れと呼ばれる傾向はニーズに見合ったソリューションを産業として提供できていない」と分析しています。そのために4年前にはBMWさんと提携してミニクーパーを用いたカーシェアリング・イベントを開催するなど車の魅力を訴えています。
ということで私が興味をもっている「タイムズ24」さんを紹介しました。
ちなみに私はこの業界とは全く関係なく単にその発想力に惚れ込んで入るだけですから・・・


「バイオハザード』シリーズのアリ・ラーター主演のSF・タイムトリップ・ホラーです。



IMG_9027

IMG_9038
今日は石神井公園に出没です。
今日のお店は、お父様・壇一雄(壇ふみ先輩の父上)宅に身を寄せていたお父様の友人の坂口安吾(無頼派作家の一人)さんの悪ふざけで約50人前ものライスカレーの出前を壇一雄宅に届けたというお店です。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_9028
お店の外観です。

IMG_9033
店内の雰囲気です。

IMG_9030
メニューです。

今日のオーダー「ハンバーグステーキ(玉子付)+ライス」@700+@200=900円です。
一応西洋・中華料理のお店ですが「ハンバーグステーキ」を頼んだものの一抹の不安が残りました。

IMG_9034
待つこと21分で「ハンバーグステーキ(玉子付)+ライス」の到着です。
見た目色鮮やかですね。

IMG_9037

IMG_9036
厨房での作業の音からしますと、 出来上がりに21分もかかったのはハンバーグステーキのタネから作っていたような感じです。
作り置きじゃないのですね。
それでは実食です。
うん美味しいです。
肉が美味しいです。
これは肉もさることながら昭和の濃い目のソースが味を引き立てています。
やりますね。
ポテトサラダを中心とした脇役もいい味をだしています。
食べているうちにご機嫌になってきました。
満足の一品でした。

それでは(^_-)

石神井公園 辰巳軒 4th

今日は「アルツハイマー予備軍」です。
度忘れ
所要があって石神井公園にやってまいりました。
改札をでたとろで、見覚えのある人から声をかけられました。
「▲▲さん、なんでこんなところにいるのですか」と聞かれましたので「ちょっと野暮用があってきたのです」と答えたものの、私の目の前でニコニコと笑っていた人の素性がわかりません。
確かにこの顔には見覚えがあるし会ったこともありますが、一体全体どこの誰なんだろう・・・
逃げようか、まさかいい大人がする事でもあるまいし、と考えながら頭のCPUを高速で回し続けました。
わからない、誰だかわからない、多分取引先ではなくて、業界の人だ、あなたは誰ですか?と聞いてしまおうか、向こうは私の事を知っている、実際私の事を本名でよんでいるのでそれは失礼だ、やめよう。
で〜も絶体絶命だ、こういう場合は向こうの会話にかぶせていけば突破口が見出せるはずだ。
しか〜し相手はニコニコと笑っているだけで、何の言葉も発しません、なにか話してくれよ、本当にまいったなぁ、と思っていたら、体がいきなり変な反応を開始したのです。
「お久しぶりです。ご無沙汰しています」と言って相手の手を柔らかく握ったのです。
まてよ、私の頭君、お久しぶりかどうかわからないのに、勝手なふるまいするな、と言っても、すでに握手してしまったのだからどうにもなりません。
念のためこの「お久しぶり」作戦があっているかどうか、相手の目をのぞきこんだところ、相手の目は当惑の目になっていました。
どうやら「お久しぶり」作戦は、大失敗のようです。
すると向こうが近況を話しはじめてくれたのです。
その端々から読み取れるのは、業界の知り合いで、しかも半年前に私ととあるパーティであっていたようなのです。
しか〜し今もって誰だかわかりません。
しばらく聞き役に徹していても誰だかわからず、すると天の啓示か、相手の携帯電話がなったので「お電話が入ったみたいですね。また今度ゆっくり飲みましょう。それではここで失礼します」と言って脱兎のごとくその場から逃げ去ったのです。
もう追いかけてこないだろう、来るわけもないのですが、石神井公園駅からかなり離れたところに来ましたら、頭のCPUが答えを見つけてくれたのです。
こういうのを「it’s too late!」というのです。
私に声をかけたのは業界のとある会社の専務でした。
以前、私の同級生が社長をやっている会社を紹介してくれと頼まれていたところを、気をきかせてその社長そのものを紹介してやったのです。それもパーティ会場から携帯でチャカチャカと同級生にその申し入れを電話したのものですから、あまり記憶が残っていなかったのです。
さらに言い訳ですが、くだんの専務さんこの半年で急速老化しており、特に毛髪がうすくなっていました。
要は半年前とかなり様子が激変していたのです。

最近思います。
私は多分この10年間くらい多少は老けましたがあまり顔は変わっていません。
加えて苗字が珍しいとうか印象に残る苗字なので、私とあった人はその記憶が長い間残存しているみたいなのです。その一方で、私はアルツが入ってきているようで・・・
それにしてもいくら追い込まれたからといっていきなり握手はないよなぁ、と嘆息しきりです。
あまりに恥ずかしかったので帰宅途中に地球を思いきり蹴っ飛ばしましたら、右足の小指の爪が割れてしまいました。
おかげで今月の定例マラソン大会には出走できなくなりました。こういうのを「踏んだり蹴ったり」と言うのでしょう。
こんな日もあります・・・


頑張れ!



IMG_7698

IMG_7697
ということで今日のふりネタの流れでお店はお分かりでしょう。
今日のお店は、お父様・壇一雄(壇ふみ先輩の父上)宅に身を寄せていたお父様の友人の坂口安吾(無頼派作家の一人)さんの悪ふざけで約50人前ものライスカレーの出前を壇一雄宅に届けたというお店です。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_7691
お店の外観です。

IMG_7693
店内の雰囲気です。

IMG_7692
メニューです。

今日のオーダー「ソース焼きそば」@600円です。
待つこと14分で「ソース焼きそば」の到着です。
見た目、下町の「甘辛屋」さんの「ソース焼きそば」です。

IMG_7696
こんもりと青海苔がかかっています、その山頂には紅一点の紅生姜が鎮座しています。
それでは実食です。
これだけ濃い色をしいるのにあまりソースの味がしません。
この様な場合は、油が多いのです。
ソースが油に負けているのです。
実際そうでした、このソース焼きそばはかなりoilyであります。
味ですか、好きな味です。

ソース焼きそばの奥深いところに格納されていたカリカリになった鶏肉が下町っ子の郷愁を誘います。
子供のころは、肉入り焼きそばは高くて食べたことがなかったのです。
それでもほんの申し訳程度に入っていた肉に、下町の子供たちは欣喜雀躍していたのです。
胸の中に子供のころの思い出が急速に広がってきました。
こうばしいソースの香りが、心の懐かしい部分を燻蒸(くんじょう)しているような気持ちです。
思い出でお腹がいっぱいになりました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

大泉学園 手打ちうどん長谷川

今日は「ユダヤジョーク其の貮」です。
ユダヤジョーク
この素晴らしい本は、おおいかぶさった悲哀のもとでも、苦笑、メランコリックな笑い、そして時としては、心の底から大笑いを挑発する(ディ・ヴェルト紙)
ということで今回はユダヤジョークの紹介です。
出典「ユダヤジョーク集」ザルチア・ラントマン編、和田任弘訳
宜しかったらお付き合いください。

#一人一殺
上官が命じた。
「兵士たちよ。敵軍はわが軍と同じ兵力である。いいか。一人一殺でいけ」
兵士の一人がはりきっていった。
「私は二人引き受けます」
すると、もう一人の兵士がいった。
「それでは私を帰してください」

#女
コサック人の山賊が襲ってくるとのうわさで、ユダヤ人の村人は若い娘たちを穴蔵にかくした。
娘たちはふるえながらあたりを見回すと、なんと老婆が一人混じっているではないか。
一人の娘がいった。
「おばあさん、あなたまで、逃げかくれしなくてもいいじゃないの」
老婆は憤然として答えた。
「山賊だって年寄りがおろうがの」

#即効
ユダヤ人が列車の中で、塩漬けのニシンを食べていた。食べ残した頭を新聞紙で包んでいると、向かいに座っていたポーランド人がユダヤ人に向かってたずねた。
「あなた方は頭が良いという評判だけど、いったいどうしたら利口になるのですかね?」
ユダヤ人は答えていった。
「それは塩ニシンを常食としいうるからで、特に頭の部分を食べると効目があるといわれていますよ」
「それじゃ、その頭を売ってくれませんか」
「これは家へ帰って子供にたべさようと思っていたんですが・・・
ようござんす、ひとつ1ズロッティならおわけしましょう」
ポーランド人は5ズロッティを払って、ニシンの頭を5個もらった。
食べにくいのを我慢して呑みくだしたポーランド人は、しばらく不快げにしていたが、やがて吐き出すようにいった。
「あなたもひどい方だ。5ズロッティ出したら、次の駅で、ニシン5匹を買っても、お釣りがきたはずじゃないか」
するとユダヤ人がいった。
「それごらんなさい。もう頭がよくなってきたようですな」

#三段論法
客がカフェーでアップルパイを注文した。ボーイが運んでくると、気が変わったといってパイを帰し、代わりにブランデーを一杯注文した。運ばれてくるブランデーをグイと一息に飲み干すと、客はそのまま帰ろうとした。
ボーイがあわててひきとめた。
「お客さま、ブランデーのお代金をまだいただいておりませんが」
客は平然としていった。
「だってその代わりにアップルパイを返しただろうかが」
「そのパイのお代金はいただいておりません」
「そりゃそうさ。食べたわけじゃないんだから」

#成長
ユダヤ人の店に子ども服を買いにきた男が、品物を見ながら主人に聞いた。
「この布地は洗濯しても縮みませんか?」
「へぇ、これはうちの品物の中でも上等品で、絶対に縮まぬ保証付きでさぁ。ご心配ないです」
ところが一週間ほどたって、買った子どもの服を洗濯したら、たちまちつんつるてんになってしまった。
憤慨した男が子どもを連れて、ユダヤ人の店へどなりこんだ。
「保証付きだといった洋服がこのざまだ。さあ、いったいどうしてくれるんだ」
ユダヤ人は少しも騒がず、つんつるてんの洋服を着た子どもをしげしげと見ながらいった。
「おやおや、可愛いお子さんだこと。その上一週間も見ないうちに、すっかり大きくなってしまって」


頭がさります・・・



IMG_7419
今日はアニメの街大泉学園に出没です。
この間、高倉健さんの追悼番組をみていましたら、「昭和残侠伝」、「網走番外地」って当地にある東京撮影所で撮っていたそうですね。
さら〜に高倉健さんが映画の撮影中に高級外車で乗りつけて行った銭湯もあるとか、そういえば最近では「相棒」の撮影で水谷豊さんも当地でロケをしているそうです。
意外や、意外で奥行きのある町みたいですね。

IMG_7414

IMG_7416
駅前をブラブラしました。
セレブの町なのに飲屋さんが充実していましたのでパチリしました。
やるな!大泉学園です、ハイ。

という事で最近はまっています「武蔵野うどん」を当地の有名店に食べに参りました。
今日のお店は「手打ちうどん長谷川」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-3-18-102
電話:03-3922-2626
休日:月曜・第1火曜(祝日の場合は翌日)

IMG_7403
お店の外観です。

IMG_7406

IMG_7409
店内の雰囲気です。

IMG_7410
メニューです。

今日のオーダー「糧うどん(温釜揚げ)+大盛(450g)」@780+@150=930円です。

IMG_7411
待つこと19分で「糧うどん」の到着です。
見た目、彩(いろど)りがきれいですね。

糧(かて)もりとはオカズの意味らしいです。
昔の武蔵野の農村ではこのように糧(かて)と一緒に饂飩を食べていた名残から創作されたそうです。
饂飩には紫色の麺が一本入っていて、ひとひねりして、きれいに盛りつけられています。
つけ汁は豚肉、ざく切り葱、牛蒡、小松菜、白胡麻が入っています。
大根おろしが別添えされていて、これは好みに合わせていただきます。

IMG_7413

IMG_7412
それでは実食です。
あれっ付け汁がぬるいですね。
もしかしたら温うどんですからわざとぬるくしたのでしょうか。
そんなことはないでしょう、最近色々なところで温うどんを付け汁で頂いていますが、どこも付け汁は熱々です。
武蔵野うどんの付け汁はもともと味がはっきりしていないのですが、ここはさらにメリハリがないのです。
さらに温うどんにはコシがありません。
他店では温うどんでもしっかりとエッジはたっています。
ということで味ですがかなり残念なものといわざるを得ません。
どうしたのでしょうか、ミシュラン東京2015のビブグルマンに掲載されたお店です。
当然のことながら食べる私の体調もありますので軽軽なことは申せませんが、それでも付け汁の温かさ、うどんのコシの強さくらいはわかります。
ミシュラン東京2015のビブグルマンに掲載された名誉にかけて奮起をお願いするところであります。
頑張ってください。

それでは(^_-)

大泉学園 梅蘭

今日は「恥ずかしがり屋」です。
春の組織移動で席が変わりました。
これによってなな何と端から端まで150m程離れた自分の席まで歩かなければならなくなりました。
それにより挨拶をする人の数が幾何級数的に増えたのです。
実は挨拶が苦手です。
と言いましても挨拶は体育会上がりですのでキチンとできますが、永年身にしみてしまった体育会系のきちんとした挨拶を彼我、貴我間にすることが苦痛なのです。
結果的に数なくなった上役にするのも嫌ですが、目下の人間にもきちんと挨拶してしまう自分がとてつもなく嫌なのです。勿論入退室ドアは複数あるのでショートカットしようと思えばできるのですが、端から入るという永年の習慣を変えるのも嫌なのです。
多分ですよ、感じのよい挨拶ができる人は、社会人として、礼儀正しく謙虚で、思いやりに満ちた人柄を感じさせるという擦り込みがあるのでしょう。
決してそのような人間ではないので苦痛なのです。

結局、薬局、放送局で早く出社することにしました。
従来は始業15分前に来ていたのを45分前に変えたのです。
私は通勤電車内で勉強をするので約30分間待ってその駅からの始発電車に乗って座って行っていたのですが、それを30分待たずに即の電車に乗る様に変えたのです。
面白い事に最近はそのような環境でも立たずに座れるようになったのです。
理由は簡単です。
乗る電車を固定したからです。
そうしますと日本の会社員の多くはほぼほぼ同じ電車で通勤していることが分かったのです。
そのなかで途中下車する人のdata baseを作れば後はその人の前で立って待っているだけなのです。
ところが「男子家を出ずれば七人の敵あり」の故事のとおりライバルがいるのです。
したがいましてこうなると席取戦争なのです。
ちょっと将棋に考え方が似ています。
あの人間があの人の前に立っているなら、私はこの人かあの人の前に立てばいいのだけれど、はたしてどちらが先に下車しただろうかと考えながら、その一方で彼の人は会社人間ではなく一般人なので長時間は座ってないだろうからその人に賭けるか、とかとか色々な組合せが生まれてきます。
あまり策を弄しますと、降車駅まで立ち続けになることもあります。
このシミュレーション考察が楽しいのです。
多分大半の社会人はこのような事を毎日しているのでしょうね。

挨拶の効用はよく知っています。
静まり返っていたオフィスに闊達なあいさつが飛び交う。
仕事上のちょっとした貢献を、誰かが認め、感謝の言葉として言ってくれる。
それに対してきちんとした挨拶で返す。
そのようなことで感じるちょっとした感動の積み重ねが、日々のモチベーションを喚起し「明日も仕事を頑張ろう」という気持ちにさせてくれる、といのは分かっているのですが、恥ずかしいものは、恥ずかしいのです。
色々と挨拶が苦痛な理由を冗長に述べてきましたが懺悔します。
私は見た目とは反対に極度の「恥ずかしがり屋」なのです。

恥ずかしがり屋
「恥ずかしがり屋」の人はしばしば、自分の行動や返答を考えすぎてしまいます。
私の場合は、他の人にどう思われただろうかと、ひどい時には何かにとり憑かれたように自分の言動のすべてについて反省してばかりいました。何かおかしなことを言ってしまっただろうか、攻撃的な言葉を口にしていないだろうか、と今でも考えることがあります。
新しい取引先と会った後には、しばしば会っているときに言った小さなことさえもすべて思い返すことがあります。
そして、少しでも相手を困らせるようなこと、あるいは誤解されそうなことを言ってしまっていたら、と自分を責めるのです。要は「恥ずかしがり屋」ってナルシストなのでしょうね。
このような人間も世の中には存在するのです。

The only thing we have to fear is fear itself.
恐れなければいけない唯一のものは、恐れそれ自体である。
Franklin Roosevelt(フランクリン・ルーズベルト)


すごい呼吸だわん・・・



IMG_6805

IMG_6807

IMG_6808

IMG_6810
今日はアニメの街大泉学園に出没です。
今日のお店は、大泉学園駅の北側、以前は駐車場やバーミヤンがあったエリアが再開発でグランエミオになったテナントビル内にあります。
今日のお店は「梅蘭」 グランエミオ大泉学園店さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉1-28-1 グランエミオ 3F
電話:03-6904-4931
定休日:無休

IMG_6812

IMG_6821
お店の外観です。

IMG_6814
メニューです。

今日のオーダー「五目炒飯」@820円です。

梅蘭やきそば
最初はこのお店の名物、炒めた豚肉、ニラ、もやし、玉葱に熱々の餡をかけ、その上に両面をカリカリに焼き上げた中華麺をのせて包んだ「梅蘭焼きそば」にしようかなと思ったのですがあまり良い思い出がなかったので中華料理の甲乙がわかる味のリトマス試験紙の「炒飯」にしたのです
ところで「梅蘭」さんお店だしすぎではないですかね。
同社のHPをみましたら14店舗もありました。
昔は中華街だけでしかありませんでしたので希少価値がありましたのに。

IMG_6817

IMG_6819 (0)
待つこと6分で「五目炒飯」の到着です。
見た目バスケットボールの半割りです。

IMG_6820
それでは実食です。
ご飯の炒めは良くされています。
しか〜し味がほとんどしません。
味の大半は油から醸しだされる匂い系の味わいです。
たまに巡り会うチャーシューでかろうじて塩分が補給されます。
これでは乾ききった砂漠で水を求めて彷徨する旅人であります。
余りのひどさに怒る気もしません。
ちょっとひどすぎますね。
ということで久々に最悪の味に出合ってしまいました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

石神井公園 辰巳軒 リターンズ

今日は「幼馴染みとの語らい」です。
幼友達
私には幼馴染みがいます。
と申しても男性ですが・・・
4歳からの友達であります。
その彼は飯田橋でイタ飯屋をやっていますので、思いだしたように訪れて雑談をします。
今回は約4年ぶりの再訪です。
いけば、よう、▲▲元気か、と子供の時と同様に私の事を下の名前でよびます。
今となっては、私を名字ではなく名前で呼ぶのは、奥様と限られた親戚のみですので稀有な人間の一人なのです。

IMG_6509
彼はしばらくお客のために料理を作っていて一段落ついたようで私の席にやってまいりました。
久しくの無沙汰なのでお互いに顔を見直していたら、どちらからともなく、オフクロさんに似てきたな、と笑いながら言いあっていました。
どうやら男性は中年を越すと母親に相貌が似てくるようですね。
私から、3年前に酒を停めたよ、っていいましたら、彼は、俺は今年で禁酒10年になるよ、って言っていました。
そうか会って話す時、いつも私は酔っぱらっていましたので、その事すら覚えていなかったようです。
こんなものでしょうお酒呑みは・・・
彼から、酒やめて何かいい事あったか、と聞かれたので、特にないけれど、記憶力が昔に戻ってきた、といいましたら、それはいい事じゃないか、と笑っていました。
返す刀で私が、△△はどうよ、と聞き返すと、onとoffがはっきりするようになったな。
前まで酒を飲むと酔っぱらうまで飲むからいつも2時くらいまで飲んでしまうんだ。
次の日は、仕込みで朝が早いから当然の事ながら酒が残るよな。
日によっては体調の性にして仕込みが雑になることもあるんだ。
これではわざわざ来てくれたお客様に対して失礼だなと思うようになった。
最初は酒に数量制限をもうけて、一日水割り5杯とか決めて飲んでいたのだけれど、そのような器用な事ができるくらいなら、酒なんか飲んでいないぜ、って笑って言っていました。
結局、薬局、放送局で禁酒したんだ、との事でした。
一日一日をケジメたいのなら酒呑んで寝てはだめだな。
酔っぱらって寝るとその日が完結しない、ということで二人の考えは一致したのです。

彼から、最近彼女ができたのよ、って言われて驚きました。
と申しますのも、彼は年の離れた歳上の内縁の奥様がいるのです。
勿論同居しています。
彼曰く、仕事仕事で生きてきたけれど、やっと青春だよ、と言っていました。
奥様は私達の話を遠くからうかがっていましたので、この話になった途端に、その目が稲妻のようにピカッと光ったのを私は見届けました。
人に歴史ありですし、まして彼の人生ですのでなにもいわず、うらやましいな、とアコガレチックで返しましたが、たしか「糟糠の妻は堂より下さず」という故事があるくらいですので、貧しい時を共にした妻は、立身出世したからといって離縁して家から追い出してはいけないのです。
まぁこのクダリは不問にして次の話題に移ったものの個人的には理解できません。
多分、奥様公認なのでしょうね・・・
私には絶対できません。
何が彼をそうさせたのか分かりませんが、人間はそれぞれの道を歩んでいるのだな、言い換えれば幼馴染みと雖(いえど)も、月日の移ろいにより「具体的に生きる誰か」になってしまうのです。
まさに「人生いろいろ 男もいろいろ♪」なのであります。
こんな日もあります・・・


決して最後まで見ないでください・・・



IMG_6529
今日は小糠雨降る石神井公園に出没です。
今回も偶然ながら石神井公園名物のバスのキワキワすれ違いに遭遇しました。
ここのバス会社には腕の良い運転手が多いのでしょう、多分。
すれ違いの夫婦とかけて下町の長屋と解くそのこころはすきま風がおきるでしょう。

ということで今日のお店は、お父様・壇一雄(壇ふみ先輩の父上)宅に身を寄せていたお父様の友人の坂口安吾(無頼派作家の一人)さんの悪ふざけで約50人前ものライスカレーの出前を壇一雄宅に届けたというお店です。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_6514
お店の外観です。

IMG_6518

IMG_6519
店内の雰囲気です。

IMG_6515
メニューです。

今日のオーダー「ハムエッグス定食」@900円です。

IMG_6520
まずは調味料の面々の紹介です。

IMG_6521
待つこと5分で「ハムエッグス定食」の到着です。
見た目玉子が輝いています。
相も変わらずこんもりした盛付です。

IMG_6525

IMG_6524
それでは実食です。
半熟の玉子は大大好物なのです。
Peelingしたトマトを筆頭に野菜はシャキシャキしていて美味しいです。
味ですか、好物に不味い物なしであります。
特に後半の玉子の黄身とマヨネーズとウスターソースとが渾然一体となり野菜に絡んだ味わい、これは私にとってまさにリアル天国なのであります。
大満足の夕餉でありました。

気持ちよく帰宅したら家には誰もおりませんでした。
ボーっとしていたら、宅急便がきました。
印鑑、印鑑とさがしたのですが印鑑がみつからず業者の方にわけを話してサインで受領しました。
無くなった印鑑とかけて女子高校生の家出と解くその心は反抗(ハンコ)期だから。
お後が宜しいようで、良い週末をお過ごし下さい。

それでは(^_-)

石神井公園 麺処井の庄 4th

今日は「母の事」です。
今回の伊豆旅行で母の生まれ育った土地に数年ぶりに行ってみてとても懐かしく感じました。
その一方で私は母の生い立ちをよく知らないということもわかり愕然としました。
特に母が結婚する前のことはほとんど知りません。
多分これは私のみではなくほとんどの人に共通しているのではないかと思います。
そこで今回は私の母の歴史です。
まぁ他人の母親の歴史なんか面白くないと思いますが、宜しかったらお付き合いください。

#私の母の粗粗な生い立ち
私の母は兄二人、姉四人、妹一人の8人兄妹の五女ですが内二人の姉妹が亡くなっていますので実質6人兄妹の末っ子でした。実は妹こずゑさん(叔母)が早世したのは知っていたのですが、今回の調べで8歳も年が離れていたことがわかりました。
さらに驚いた事にこの妹が生まれた時の祖父の年齢は57歳で祖母は45歳だったのです。
これにはマジにクリビツです。
まさに「明治の方はお元気ですねぇ」であります。

滝桜
母は18歳まで伊東市八幡野に住んでいて、18歳の時に次女の姉の二人目の娘の出産・育児の手伝いの為に福島県田村郡三春町に行き21歳まで当地に住んでいました。
母は、この世に天国があるとすれば、それは三春の春だよ、と私に良く言っていました。
実際画像で見ても三春名物の「三春滝桜」は綺麗ですね。
多分このような桜がところかしこ咲き乱れているのでしょう、わかるような気がします。

成金
21歳で東京の三女の姉のところに家事手伝いの目的で同居しました。
ところが三女の姉のご主人は朝鮮戦争特需で大金持ちになり、家事手伝いで同居したものの家事の一切合切は大勢のお手伝いさんが担っていて、ほとんど何もできなかったようです。
25歳の時に父と結婚したのですが、上述のとおり家事がまったくできず、加えてすぐに私ができたので、祖母が家事を教えに上京したようです。
ちなみに私は今でいう「できちゃったベービー」ではありませんから、念の為。

#私の母は運動神経が良かった
八幡野漁港
母は腎臓が悪くて、私の小さい頃は、しょっちゅう入院していました。
したがいまして運動はできないとおもっていました。
いつだったかは覚えていませんが私達兄妹と父が八幡野の漁港で泳いでいましたら、浜で私達の泳ぎを眺めていた母が、今日は気分が良いので泳いでみましょうか、といって水着に着替えて海に入りました。
そして父の方に泳いできて、日頃のうらみはらさずか、と言ってあっという間に父を溺れさせたのです。
勿論ふざけてですよ。
その手際良さに、私は目が飛び出るくらい驚いたのです。
かなりの技量というかその匠の技は一朝一夕ではないことは一目瞭然でありました。
その夜伯父さんに、母が父を海の中に引きずり込んだ話をしましたら、ここらのしは、泳ぎはたっしゃずら。
中学校高学年になれば八幡野から伊東まで(約16辧鳳砲い任いずらから、お前のオヤジを海に引きずりこむなんてお茶の子さいさいら、と言っていました。
さら〜にお前の母さんは、足が速くて、伊東市の大会に代表選手でていたずら、とも言っていました。
そういわれてみればその片鱗は小さい頃みたような記憶があります。
ちなみに母の俊足はなぜか、私の妹に受けつがれているみたいです。
妹も中学生の時は、短距離の選手で活躍していました。

#私の母の友達
女子会
私達が帰省していますと、母は夜な夜な幼馴染と飲みにいっていました。
記憶で申せば友達は二人いました。
一人は「とーちゃん」です。
なんの名前の略だかニックネームなのかはしりませんが呼び名は「とーちゃん」でした。
もう一人は「ふみ」です。
何故だがふみさんは呼び捨てでした。
ちなみに私の母の呼び名は「もーちゃん」でした。
これは単純に名前が「桃」だからです。
たしかふみさんは、八幡野漁港の右上にある一本松で飲食店を経営していて、そこで母と悪友達は飲みながら他愛もない話で盛り上がっていたようです。
ここで思い出すのは時計の針が10時を超えると祖母が怒り始めるのです。
こんな遅くまでももはなにしてるずら、と言い始めましたら止まりません。
そこで伯父さんが一本松まで我が母をお迎えにいくのです。
たしかその当時の母の御年は40歳少し前でした。
いくつになっても母親というのは口うるさいものであります。

冒頭のとおり、私の母の知っている事はこの程度です。
多分皆さんも似たようなものでしょう。
で〜も少しは自分の母親の事、もう少し知ってみたいな、と思いますよね・・・


Disney Characters Surprise Shoppers



IMG_6140

IMG_6126
今日は石神井公園に出没です。
今日は無性に味噌ラーメンが食べたかったのです。
現在このお店で夜限定の味噌ラーメンがあるとのことでお邪魔しました。
今日のお店は「麺処井の庄ラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-25-21ライオンズプラザB1
電話:03-3997-1631
定休日:なし(年末年始を除き無休)

IMG_6127
お店の外観です。

IMG_6130
店内の雰囲気です。

IMG_6129
メニューです。

今日のオーダー「あっつあつ北海道味噌ラーメン」@850円です。

IMG_6136
お店の場所が変わっていると思って過去ログを見ましたら5年ぶりの再訪なのですね。
定休日も木曜日から無休に変わっていました。
これこそlong time no see! ではなくlong time no taste!であります。

IMG_6131

IMG_6132
待つこと5分で「あっつあつ北海道味噌ラーメン」の着丼です。
「あっつあつ北海道味噌ラーメン」とは三種類の北海道味噌に、私蔵南蛮ニンニク味噌と豆板醤を加えて味噌ラーメンにしたものです。
具は、チャーシュー、メンマ、もやし、ニラ、鳥ひき肉、カイワレ、ニンニク、バター、コーンと盛りだくさんです。

見た目チャーシューに威圧感があります。
それでは実食です。
スープは濃いめの味噌味ですがどちらかといえばかなりしょっぱいです。
油層で蓋をしているせいかスープは最後まで熱々でした。
麺は太めのストレート麺です。
このお店は動物系肉のコラーゲンをたくみに使いトロミをだしているのですが、このラーメンに限って申せば反作用を起こしています。要は端(はな)からこってり、油っこい、しょっぱいを最後まで引きずっていたからです。
これは好みの問題なのですが、私にとりましてこのくどさはthank you but no thank youであります。
白眉はトロトロチャーシューですがこれまた後半はラード分がくどくて辟易となりました。
このようなコッテリ系が好きな方は全てが好循環なのでしょう。
最後に私の恐れていた事が次の日の朝に確認されました。
なな何と体重が1kgも増えていました。
確かにどこから見ても高カローリー食ですものね。
こんな日もあります、ハイ。

それでは(^_-)

続 大泉学園 ナカタヤ

今日は「野次馬」です。
yjimage
「野次馬」とは自分に関係のないことに、興味本位で騒ぎ立て、見物する人の事をいうそうです。
告白します。私は典型的な「野次馬」人間です。
個人的には好奇心が異常に強いだけなのではと思っているのですが、そういう人を「野次馬」人間というのだよ、と切り返されれば言葉の接ぎ穂(つぎほ)がありません。

行列があれば必ずなんの行列なのかを聞きますし、場合によってはその行列に並びます。
交通事故であれば救急車がくるまで見ています。
近所に火事があれば見にいきます。小さい頃は火事見物にいったのはよかったのですが、燃えているところに行く事ばかりに注意を払いすぎて、帰路がおろそかになり交番に迷子として保護された事もあります。
要は落ち着きがないというか、好奇心のおもむくままに行動する人間なのであります。

ある日録画していました「ガイアの夜明け」の次週の予告をみていましたら以下のナレーションが流れてきたのです。
「昔ながらの個人経営の喫茶店。いわゆる『純喫茶』は、大手カフェチェーンやコンビニのコーヒーなどにおされ、およそ30年前の半分以下にまで減っているという。
実は、「ネスレ日本」はこうした喫茶店を支援するという新たな戦略に乗り出していた。
14種類ものコーヒーを作ることができるマシンを喫茶店に貸し出し、経営支援などもしようというのだ。果たして、ネスレによって昔ながらの『純喫茶」は復活するのだろうか?」

高岡浩三
実は私、ネスレが好きなのです。
正しくはネスレ日本社長である高岡浩三氏が好きなのです。
高岡氏の名著「ゲームのルールを変えろ」は何回も熟読しました。
特に同社の「ネスカフェアンバサダー」の大成功は、視点の切り替えをうまく行った事例として高く評価しています。
ちなみに「ネスカフェアンバサダー」とはアンバサダーになりますと、無料でコーヒーマシンを職場に設置しもらい、その後本格的なコーヒーメニューが楽しめるもので、支払うのはコーヒーの粉代等という荒唐無稽のビジネスモデルなのです。

今回はネスレがフルサポートしてじり貧だった喫茶店を再生させるようです。
これまた録画して見たのです。
2015年2月17日(火曜日)放送の番組タイトルは「ニッポンの"カフェ" 新時代!」という内容でした。これは「ネスカフェアンバサダー」同様のビジネスモデルで「ネスカフェミラノ」というマシンの設置(2百万円相当)、メンテナンス費用を無料で行ってくれます。
今回取り上げられたお店においては、一階のパン売り場のリニューアルも無料で行ってくれるという破格な対応です。なんとも太っ腹の椀飯振舞(おうばんふるまい)であります。
要は「損して得とれ商法」なのですが、ここまでやってしまうのはすごいものです。
やるなネスレであります。
具体的には以下の動画でご確認ください。

この番組を見ていた私と奥様はこのお店に行ってみようということになり出向きました。
ちなみに奥様は「野次馬」ではありません。
しか〜し夫唱婦随なので、このような場合はついてくるのです。

IMG_5900
今回の「ガイアの夜明け」でfeatureされたお店はこちらです。
ちなみにこのお店はパン屋さんではありません、地元で評判のパティスリーさんです。
今日のお店は「ナカタヤ」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉学園町7-19-11
電話:03-3924-8102
定休日:無休

IMG_5877
お店の外観です。

IMG_5880

IMG_5884

IMG_5888

IMG_5896
店内の雰囲気です。

IMG_5882

IMG_5881
メニューです。

今日のオーダー
私は「バレンシアケーキセット(珈琲付)」@750円
奥様は「スペシャルショートケーキ(ココア付)」@850円です。

辻口博啓
ここからは「ナカタヤ」さんの蘊蓄です。
この「ナカタヤ」さんは自由が丘「モンサンクレール」の有名パティシェである辻口博啓さんが、若いとき修行したお店です。辻口さんの母親は、大泉のお店のご主人がいい人でね「厨房(ちゅうぼう)の材料でも道具でも、なにを使ってもいいから、修業してりっぱな菓子職人になれ」と言ってくれたらしいです、とこのお店に対して感謝をしておりました。というのが今日まで信じていた話だったのですが、実は違うようです。
辻口博啓さんは石神井公園〜大泉学園の間にあった名店「ら・利す帆ん」にて修行されていて、「ナカタヤ」さんは辻口博啓さんが知り合う前若しくはお付き合いしていた頃の奥様が働いていたお店、というのが正しいようです。

さら〜に今回のネスレの件は、このお店の中田社長の友人がネスレにいて、そこからの提案だったそうです。
そこに「ガイアの夜明け」のproducerが食いつきfeatureするに至ったようです。

さらにさら〜に今回は13分27秒の放映ですが、お店の拘束時間は7日間とか、いかにTVが長時間に亘ってテープを回し、その中で「撮れ高」のよいものだけを選りすぐっているかの証明となりました。

さらにさらにさら〜にTV放映後、ネスレに問合せのあった全国の喫茶店、その数200店ですと、これまたTVの影響力のすごさの証明となりました。
いずれにしてもテレビ東京、ネスレ、ナカタヤさん間でのwin-win-winというtriple winの大団円となったようです。
如何ですか、ここまで調べ上げたのはかなりの野次馬根性でせう・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_5889
ケーキのお味ですが、まずは私の「バレンシアケーキ」です。
ベースの上にオレンジをおきカステラ?パウンドケーキ?でくるみそこにチョコレートコーテイングをしたものです。
見た目gorgeousですし、味もgorgeousでした。
なかなかのケーキです。

IMG_5892
奥様の「スペシャルショートケーキ」は糖度の高い、大ぶりの「とちおとめ」を大量に使用し、甘さ控えめの生クリームで仕上げています。
これは王道の味です。
とても美味しいです。

IMG_5893

IMG_5894
そうそうネスレさんの珈琲とココアは過不足ない味わいです。
所謂優等生的な飲み心地です。
感動はなかったものの美味しかったですよ。

それでは(^_-)


続 石神井公園 辰巳軒

今日は「いんきん物語」です。
思春期でなりたくない病気に「いんきん」があります。
私にとって「いんきん」は中学、高校と剣道をやっていましたので宿命病でありました。
いつ発病するかはそれこそ「神のみぞ知る世界」でありまして、剣道部の中では、一人発病し、二人発病して徐々にその病は音もなく蔓延していくのでした。
どうしても発病しないtoughなフクロを持っている輩は、強烈な菌をもっているやつが自らの患部を自らの手でぐりぐりと触り、非感染者の部員に移していましたのでならない奴はいなかったのです。
なにか「アンネの日記」を彷彿させますね。違うか・・・

金閣寺
私もそのような部にいましたので当然の通過儀礼として2年生の時に罹患しました。
さすがにお年頃なので医者に行きその患部を見せるのはとてもとても恥ずかしく、当初はタムシチンキなど塗ってしのいでいたのですが、そのうち患部が悪化してきてとうとうジドジトする膿がでてくるようになってきたのです。
そのような状態ですので布団に入って身体が温まると患部が痒くて眠れません。
掻けば瞬間は気持ちいいのですが、その後は痛くて眠れないという、まさに無間地獄に陥っていたのです。
ある日妙案を思いつきました。夜中に患部を掻くので悪化するのであれば、掻かないような対処策を講じればいいのではないかという事になり、両手に軍手をはめ、その上から手から軍手が外れないようにガムテープでグルグル巻きにして寝たのです。
次の日朝起きると、頑丈にテーピングした軍手が外されているではありませんか、早速母親に、誰が僕の軍手外したの、余計なことしないでよ!と怒って言いますと、母親は、朝からバカなことをいうのじゃありません。誰があなたの軍手なんぞ外すものですか、と一笑に付されたのです。
私はこの事実を目の当りにして愕然となりました。
素人療法をこのまま続けていると、まだ結婚もしていないのに陰部が腐って朽ちてしまう。
このままでは駄目だ、と思った私は、意を決し地元では名医と呼ばれていた皮膚科の門を叩いたのです。
正直にいえばすぐにでもこの皮膚科に行きたかったのですが、この皮膚科の先生は女医でしたので、恥ずかしくて二の足を踏んでいた、というのが本当のところなのです。
診察室に呼ばれてしぶしぶと患部を見せましたら、先生はいきなり笑いだし、良くここまで我慢したわね、と言われたのです。
さら〜に、激しい運動のためにひどい「いんきん」になり、患部を見せるのが恥ずかしく、我慢に我慢を重ねてきたのだけれど、最後はどうにもならなくなり、いやいやここに来た学生は巨万(ごまん)といたけれど、ここまでひどいのはいなかったわよ。
お見事、やせ我慢将軍、金隠し(金閣寺)、とまでいわれたのでした。
これを正しく言うのであれば、金閣寺開祖・室町幕府3代将軍足利義満、と言うべきところであります。
女医先生は、歴史に関して不見識の様です、キッパリ。
結局薬局放送局で完治するまで半年かかかったのです。

それから 幾星霜、今では剣道の替わりにマラソンをしますので、3年に一回位の割合で軽度の「いんきん」になります。その時には日本皮膚科の中でも「いんきん」の権威の先生が処方された一子相伝の秘薬を持っていますので、それを塗れば二三日で治るのです。
今月マラソンクラブの記録会に出走した後、ひさびさに軽度の「いんきん」になりました。
例によって秘伝の軟膏を患部に塗りましたが、今回は治りません。
おまけに痛みと熱も加わってきました。
どうしたのでしょう、今回は秘伝の軟膏も効果をあらわすのではなくて、逆に痛みが徐々に増してきました。
勿論いかがわしい事など無縁でありますので、理由が皆目見当もつきません。
仕事も忙しい為、二週間ほどその痛みを我慢しましたが、本日土曜日でもあり、数年ぶりに地元で有名な皮膚科に行って受診したのです。
ちなみに一子相伝の秘薬を処方する先生の病院は「土曜日は休院」ですので、地元の皮膚科に行ったのでした。
診察室に行って、先生の指示通りに患部をみせますと、LEDのペンシルライトで患部を照らして確認するなり、▲▲さん、なんですぐにこなかったのですか。手遅れです、といきなり怒り始めたのです。
私は驚いて、先生、いわゆる「いんきん」でしょう。緊急性が無いと思ったのでこなかったのです、と言いましたら
先生は、誰が「いんきん」っていったのですか!
あなたの症状は帯状疱疹(ヘルペス)です。帯状疱疹はすぐに治療を始める事と安静にすることが大事なのです、とさら〜に怒られたのでした。
しか〜し帯状疱疹(ヘルペス)って、顔や胸などにできるもので、フクロにできるものではないと思っていましたので、その旨を先生に言いますと、この病気は体力やウィルスに対する抵抗力が落ちた時に、神経を通って皮膚にでてくるものなのです。したがいまして皮膚であればどこでもこの疱疹はでてきます。実際のあなたの症状も皮膚の上でしょう、ときっぱりと言われましたが、で〜もねであります・・・

政府は、50歳以上人は帯状疱疹の予防の目的で、水痘ワクチンを一回接種することを勧めています。
予防接種は水痘や帯状疱疹の既往の有無によらず全ての50歳以上人を対象としています。これは50歳以上の帯状疱疹は症状が重篤になり、神経通が残りやすいためだそうです。目にでましたらかなりやっかいですよ。
注意喚起申しあげます。ハイ、


Best Fails of the Week 2 February 2015



壇ふみ邸
今日は小糠雨降る石神井公園に出没です。
石神井公園にある壇ふみ先輩のお宅は、道路拡張計画で立ち退かなければならないのに、高齢のお母様が石神井から出たくない、とのことで退去拒否しているようですね・・・
勿論あくまでも揣摩臆測の範疇であります。

IMG_5752

IMG_5767
今日のお店は、お父様・壇一雄(壇ふみ先輩の父上)宅に身を寄せていたお父様の友人の坂口安吾(無頼派作家の一人)さんの悪ふざけで約50人前ものライスカレーの出前を壇一雄宅に届けたというお店です。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_5753
お店の外観です。

IMG_5763

IMG_5758

IMG_5764
店内の雰囲気です

IMG_5755

IMG_5765
メニューです。

今日のオーダー「ポークソティー(並)+ご飯・スープ」@1,100+@200=1,300円です。
待つこと14分で「ポークソティー(並)+ご飯・スープ」の到着です。
見た目、洋食サンプルの様な輝きです。

IMG_5759
それでは実食です。
どうみたってvolumy(和製英語)です。
どこからいただきましょうか(笑)

IMG_5760
まずはポークソティーからです。
肉は意外に硬めですが、ウスターソースとケチャップの古典的こってりソースがうまくアシストしています。
トロリとした密度の濃い香気が口内に立ち込めます。
イケますね。昭和のポークソティーです。

IMG_5761
白眉はシャキッとした野菜が美味しいです。
トマトは表皮をピーリングという小技を利かせています。
満足です。
セレブの街石神井公園に下町洋食の息吹が現存していることに大感激です。
満足の一品でした。

それでは(^_-)


続 大泉学園 スピガ

今日は「人生は積分」です。
文太
昨年の10月神田西口商店街を歩いていましたらよぼよぼしながらもオーラが出まくっている老人を見かけました。
近寄って目を凝らしましたら、そのよぼよぼの老人は菅原文太さんでした。
文太さんは足元こそ覚束(おぼつき)ませんでしたが、目は力強く輝いていたので体力が急に落ちたのかなと憶断していました。
その翌月の11月の末に文太さんの訃報を新聞で知りました。
私の邂逅から1月足らずで亡くなるような感じではありませんでしたので、正直かなり驚きました。
その少し前には高倉健さんも亡くなっています。
お二方とも死因は癌です。

仄聞するに文太さん、健さんの生活は亡くなる数週間前まで普通に近いものだったようです。
癌に冒された方は、体の機能が比較的長い間保たれ、最後の数週間で急速に悪化する経過を取る場合が大半です。そういう意味では文太さんも健さんもこの事例に当てはまっていたようです。
いつまでも元気でピンピンしていてある日コロリと亡くなる「PPK(ピンピンコロリ)」が日本人の理想の死に方と言われています。
癌は痛みが問題ですが、最近では痛みを和らげる「緩和ケア」が普及してきており、どううやら癌は「PPK(ピンピンコロリ)」の一つの形となってきているようです。

フランク・シナトラは死ぬ時に「ああ・・・これで終わりか」と言ったそうですが、 あれだけの成功を収めても心残りはありました。北斎も90才の頃に「後、10年生かしてくれたら本物の絵が描けるのに」と言ったそうです。
どうやら人生の最後には心残りがつきまとうようです。
したがいまして、死の間際にはいい接線の傾き(微分)になるように今を頑張るのです。
死は人生のx座標一つの点だと思えば良いのです。
哀しいかなそこから先がないだけなのですが、それは後世のものにつないでもらえれば良いのです。
一瞬一瞬を悔いなく過ごせば、そのまま積み重なって一生となるのです。
換言すれば人生とは積分なのです。どれだけ多くの面積(人生)を残せるかの積分なのです。一瞬一瞬を悔いなく過ごせるのであれば、単なる一つの点である死はそれだけの位置づけとして落としこめるのです。

never give up
今を生きずに いつを生きるのでしょう。
ここを生きずに どこを生きるのでしょう。
今この幸せを喜ぶことなくいつどこで幸せになれるのでしょうか。
敢えて言わせていただきます。

It matters not how a man dies, but how he lives.
どのように死ぬかではなく、どのように生きるかが重要なのだ。
James Boswell(ジェイムズ・ボズウェル)


こりゃすごい!



IMG_5536
今日は大泉学園に出没です。
この街はくるたびに洗練されています。
北口に住・商・工一体再開発プロジェクトが立ち上がり、その一環で駅からのスカイデッキが新設されて超高級マンション「プラウド」に繋がるようです。
大泉学園は近未来都市ですね。

住所: 東京都練馬区東大泉5-43-1大泉学園ゆめりあフェンテ2F
電話:03-5387-3367
定休日:無休

IMG_5534

IMG_5535
お店の外観です。

IMG_5533
店内の雰囲気です。

IMG_5538
メニューです。

お店の名前の「スピガ」はイタリア語で「小麦粉」です。
このお店は、デュラム・セモリナ100%の小麦本来の味を楽しむ事ができる「生パスタ」が自慢のイタリアンレストランです。今日のオーダー「フェアAセット(野菜とベーコンのトマトスープ+ガーリックトースト+コーヒー)」&「白玉あずきソフトクリーム」=@1,404+@540=1,944円です。

IMG_5539
待つこと2分、「ガーリックトースト」の到着です。
この「ガーリックトースト」はガーリックの塗り込みが多く香気溢れるものです。
美味しいです。

IMG_5541
待つこと6分、「野菜とベーコンのトマトスープ」の到着です。
暖気が立ち昇っています。
それでは実食です。
デュラム小麦100%のもちもち生麺は薄い味付けのトマトスープによくなじみます。
薄い味付けのために、ベーコンの濃い味わいが活きてきます。
併せてきのこを含めた野菜がよいアシストをしています。
美味しいですし、温まります。

IMG_5542
食後のデザート「白玉あずきソフトクリーム」です。
これ美味しいです。
小豆が甘さ控えめで私の大好きな味です。
このような控えめの甘さは大歓迎です。
白玉も美味しいし、イタ飯屋さんでこのレベルは驚きです。
甘味喫茶か!と思わず突っ込みたくなりました。

それでは(^_-)

練馬 やまの

今日は「閉塞感からの脱却」です
佐渡島庸平
出版不況の中、ヒットを連発し、業界にその名を轟かすマンガ編集者・佐渡島庸平(35)。2年前、大手出版社を退社。漫画家と直接契約して創作をサポートする「作家エージェント」という新たなビジネスに挑んでいる。給料がもらえる出版社を辞め、作品が売れなければ収入のないシビアな環境にあえて自分を追い込んだのは、会社から守られていては時代の変化についていけないと危機感を感じたからだ。インターネットやIT技術が発達し、人々のライフスタイルが激変する時代に、ヒットするのはどんな作品か。感性を研ぎ澄ますために、佐渡島は退路を断つ決断を下した。

マンガ編集者の基本的な仕事は、漫画家に資料やアイデアを提供し、創作を後押しすること。だが、佐渡島の真骨頂は、生み出された作品を売り込むためにあらゆる手を駆使するところにある。マンガに音声をつけた動画を利用したり、口コミで評判を広げるために単行本を美容室400軒に配ったり。通常は営業担当が担う書店回りも、自分で直接行ってPRに奔走する。大がかりな仕掛けではない。地道にさまざまな方策を試していくのは、それ以上の魔法はないと考えているからだ。「魔法の一手はないんだと思って、みんなが面倒だと思う作業を1個1個丁寧にやっていく。それがヒットにつながるとイメージできれば、楽しみながらできる」。ヒットを目指す上での佐渡島の信念だ。

佐渡島は、「作品はあくまでも作家のもの」という立ち位置を貫く。だから、中途半端に横から口を出すことは避けようと決めている。作家が迷っていると聞いても、安易に電話をかけたりもしない。多くの編集者が作家と話し込むのは、「自分の不安を和らげるためであることが多い」と佐渡島は言う。「でも僕は、この漫画家と一緒に仕事すると決めるとき、信じる覚悟ができてから頼んでいるから。」タッグを組んだ漫画家を信じて、創作に集中してもらえる環境を作ることを最も大切にしている。
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」より転載
彼は、父親の仕事の関係で中学時代を南アフリカに過ごし、人種隔離政策の撤廃を掲げたマンデラの大統領選挙のとき、「ピースソング」と呼ばれた何気ない曲が人々の団結を深めている光景に、彼は強く心を打たれたそうです。
素朴で何気ないものが、誰かの心に力を与える事実に愕然としたのです。
「役に立つものより、役に立たないもののほうが誰かの人生を変えることがある」ということに気づいたことが、編集者という仕事に就いた原点だそうです。
彼は大手出版社から独立した今、無名の新人や雑誌にまだ連載を持てない漫画家の作品を、1つでも多く世に送り出すことに力を注いでいます。
誰かの心に響く作品を1つでも多く世に出したい、そう願うからなのです。
金融会社と組み、漫画家を応援するあらたな投資ファンドも立ち上げました。
具体的にはこの投資ファンドで集めた資金は漫画家が自らの作品を自費出版する為に資するものです。
雑誌に掲載することができないでいた漫画を、インターネットの力を使って世に送り出しています。
これもある種のsales promotionです。
特徴的な事は漫画の販売価格を漫画家に委ねていることです。

この佐渡島さんは35歳という若さにもかかわらず、自らの手で上述の様なビジネスモデルを次々と立ち上げました。全くもってすごいものです。
出版業界の様な伝統的且閉塞感ある市場に風穴を開けるのは並大抵のことではできません。
閉塞感が怖いのは、負のスパイラル即ち何をやってもうまくいかない状態に陥ってしまうことです。
仕事をしていて「マイナス思考で考えてしまう」「成功のシナリオが描けない」状態で、そこから脱却するのは一苦労なのです。
閉塞感の予見を感じたら、できるだけ早く新機軸を打ち出すべきです。
新機軸を打ち出せなくても、「攻めの姿勢」を示すことはできます。
それは退路を断つことです。
失う事のない崖っ縁の状況は、「窮鼠猫を噛む」状態を創りだします。
ここでしょう。
勇気とは、恐れを知らないことではなく、それを克服することです。
勇敢な人とは恐怖を感じない人ではなく、恐怖を乗り越える人なのです。

We have too many high sounding words,
and too few actions that correspond with them.
私たちは仰々しい言葉をたくさん並べるけれど、
それにふさわしい行動は全くしていないのです。
Abigail Adams(アビゲイル・アダムス)


鉄拳が描くクリスマス☆



IMG_4279
今日は帷(とばり)の降りた練馬に出没です。
ここは過去よく行き来していた街です。

IMG_4297

IMG_4298
例えばこのとんかつ屋「とん陣」さんです。
ここの時間内にじゃんぼメニューを食べきれば無料、新記録には賞金という「じゃんぼチャレンジ」は、テレビ東京の「大食い選手権」等、テレビ番組の取材も多く受け、フードファイターの登竜門として知れ渡りました。

IMG_4295
そしてこの居酒屋「四文屋」さんです。
真冬は凍てつくすきま風に抗する為についついお酒のメートルがあがってしまいます。
もしかしたらこの店舗設計は売上増進の為の深謀遠慮なのでしょうか。

ということで夕食です。
今日のお店は「やまのラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区豊玉北5-23-11 豊玉ビル B1F
電話:03-3557-7099
定休日:月曜日

IMG_4280

IMG_4281

IMG_4283

IMG_4294
お店の外観です。

IMG_4285

IMG_4286

IMG_4292
店内の雰囲気です。

IMG_4287
メニューです。

IMG_4288
「まぜそば」の食べ方です。

今日のオーダー「まぜそば052」@780円です。
Asian tasteのする店内は店主が常連のご婦人とスキーの話を連綿としておりかなりの五月蠅さを感じました。
私は店主が仕事以外の事をよくしゃべるお店は好きではありません。

IMG_4290
待つこと11分で「まぜそば052」の到着です。
見た目彩りが良いですね。
052とは名古屋の市外局番だそうです。

このお店の「まぜそば052」は「台湾まぜそば」です。
そもそもoriginの「台湾らーめん」は、豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けし、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたものでして、今回頼んだものは「台湾らーめん」の「まぜそば」versionであります。
要は炸醤麺(ジャージアンミエン)です。

IMG_4291
「まぜそば052」はモチモチ特製太麺の上に、肉味噌、卵黄、海苔、青葱、魚粉、ニラ、白葱、おろしにんにくがたっぷりとトッピングされています。
それでは一気の「天地返しまぜまぜ」をして実食です。
味ですか、hotchpotch(ごちゃまぜ)なのでよく分かりません。
しいていえば肉みそ、にんにくのみの味が際立っており、あとは渾然一体となっていて、どのように表現したらいいのでしょう。強いて言えば先祖還り的な表現になるのですが炸醤麺同等の味わいと言わせていただきます。
味ですか、不味からず美味しからずです。

IMG_4289
酢とタバスコを入れましたら味がしまりましたが、この変化は追加した調味料が際立だっただけで「まぜそば」そのものtexture(食感)は変わりません。
結論と申しましては、なんとも不思議な名古屋tasteの一品でした、ハイ。

それでは(^_-)

大泉学園 八 My birthday編

imagesMV6OVS22
今日は私の遅まきながらの誕生日パーティです。
今回の仕切りは次男です。
次男が選んでくれたお店は、大泉学園の中華の絶巓「八」さんです。
ということで本日はフリネタがない番外編ですが、宜しかったらお付き合いください。

住所: 東京都練馬区大泉学園町1-1-19第二パールハイツ1階
電話:03-6311-0672
定休日:月曜日

IMG_3612
お店の外観です。

IMG_3610
店内の雰囲気です。

今日の料理は高野シェフのrecommendation(おまかせ)です。
多くのスペシャリテが盛り込まれているはずです。
楽しみです。
それではlet’s get started ! です。

#前菜
IMG_3613
画像の右側は「金糸海月(くらげ)の玉子巻」です。金糸海月はとびきり細く切られています。
真中は自家製チャシューとクルミの飴炊きです。
左側は株の甘酢漬け、白菜の甘酢漬け、茄子の南蛮漬けです。
前菜は鐡板です。特に秀逸なのは自家製チャシューとクルミの飴炊きです。絶品です。

#大根、干し椎茸、鶏肉、クコの実、フカヒレ、金華ハムのスープ IMG_3614
中国では「兵士は銃で戦い、厨師(コック)は湯(タン)で戦う」と言われ、湯(タン)は中華料理の味を決める重要な要素となっているのです。
湯(タン)の持つうま味は、素材のうま味を更に引き立てることが出来ますし、上等な湯(タン)はそれだけで一品料理として成立するのです。
今回のスープは材料を3〜4時間も蒸した手の込んだ一品です。
味ですか濃厚で深みがあり且つキレもあります。
とても秀逸な味です。
心までがほんわかと温まってきました。

#ドライトマトと大根の焼売、上海蟹の蒸し餃子
IMG_3617
両方とも美味しくいただきました。
上海蟹の蒸し餃子は味わい深いですね。
美味しゅうございました。

#鴨のローストと柿のサラダ
IMG_3618
鴨と柿は合うという高野シェフのひらめきによって創られた一品です。
柿は東京御所という最近breakしている人気柿です。
ドレッシングは自家製です。
柿の落ち着いた甘さとジューシな鴨は良くあいます。
まさに相乗効果のなせる一品と称してもよいでしょう。
これは「ほっぺた落ち」です。
ちなみに左半分の空白地帯は私がメモ書きしている間に、次男がすかさず食べてしまった事によりできているのです。

#トマトと玉子の炒めもの
IMG_3619
これは玉子好きの私の為に高野シェフが作ってくれた一品です。
緑色の野菜は百合の蕾です。
トマトの酸味と玉子のまろやかさはとても合うのです。
私のお気入りの料理です。
とても美味しいです。

#大海老、ロブスターマッシュルーム、ジャガイモ、ゴボウのXO醤(エックス・オーじゃん)炒め IMG_3621
本日のスペシャリテです。
画像で紫色にみえますのがロブスターマッシュルームです。
これは外観がロブスターに似ているのでロブスターマッシュルームと言われています。
キノコなのに渋みがあるので良いアクセントになっています。
ジャガイモは「インカのめざめ」です。
「インカのめざめ」の肉質は柔らかで舌触りはかなりなめらかです。
ゴボウは「渡辺早生ゴボウ」です。
「渡辺早生ゴボウ」の肉質は柔らかく内部の空洞もなくみっしりとしていて、食味抜群で馥郁たる香気があります。
これらに海老油、海老子、海老味噌を主体としたXO醤で炒めたものです。
XO(extra old)とはものすごく素晴らしい超高級品ということです。
XO醤は80年代後半に香港ペニンシュラホテルのコックが考え出した調味料のことで、あまりにも素晴らしいできだったのでこの名前を付けたそうです。
味ですか、まさに中華のディズニーランドです。
即ち「夢と美味の王国への誘(いざな)い」であります。
食感の妙が楽しめます。今日一です。

#卵白と蟹の餡かけチャーハン
IMG_3622
これは次男のリクエストです。
とろーりとした白色の餡がエベレストの冠雪を想起させます。
冠雪の下にくるまれているのは、ふんわりと揺れる音が聞こえてきそうなたおやかな味のチャーハンです。
加えて目にも鮮やかな真っ赤な蟹です。
赤は太陽をあらわし、白は純潔をあらわすといわれていますが、ここではこの二色は美味しさのアイコンなのです。
これは理屈抜きで美味しいです。

#デザート
IMG_3624
デザートは小豆とココナッツのプリン、栗のアイス、マーラーパン(馬=中国の蒸しパン)です。
これはシェフの奥様の担当です。
家族でデザートの内容当てをやりました。
私は小豆、次男は栗、奥様は杏、長男は白票でしたが、当てたのは私と次男でした。
味ですかみんな美味しいです。
秀逸なのは小豆とココナッツのプリンです。
多分このプリンは東京の中華デザートの中でもtop3に入るでしょう、自信ありです。

ということで私のbirthday partyは大団円を迎えました。
高野ご夫妻ごちそうさまでした
また本パーティを企画してくれました奥様、長男、次男ありがとう。
大変素敵なプレゼントもいただき重ねてありがとう。
大事に使わせていただきます。
今年も残りわずかですが、悔いのないよう頑張って乗り切りましょう。

それでは(^_-)

石神井公園 辰巳軒

今日は「石神井公園異聞」です
今日は所用があって帳(とばり)の落ちた石神井公園に参りました。
ここはセレブの街という擦り込みだったのですが、実態は少し違っていました。
正しく申しますと本日紹介します南口商店街は昭和のまま時計がとまっていますが、反対の北口はそれに反してオサレです。まるで田園調布みたいですね。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#こんな狭い道なのにバスが交差します
IMG_3391

IMG_3394

IMG_3395 (0)
ありえないでしょう、このような隘路なのにバスが交差します。
かつて自転車に乗っていてバスと道路に挟まりそうになった人が激高して、自転車から降りて自転車そのものをバスに投げつけたのを目撃したことがあります、マジです。

#やたら活気のある八百屋さんがあります
IMG_3392

IMG_3398
コスパが良いのでしょうか、客がひっきりなしに買い物に来ています。

#価格破壊の衣料品店があります
IMG_3397
セレブの主婦もこのような価格破壊のお店で買い物をするのでしょうか。

#ただの靴修理屋さんではありません
IMG_3389
上級シューフィッターさんが貴方の足に合せて靴を作ってくれます。
ここの靴を一度履いたのなら、まるで江戸川乱歩の小説にでてくる「人間椅子」に座っているような履き心地になるそうです。その末路はもう二度と他の靴は履けなくなる程のスグレ靴なのです。
ただし予約でいつもいっぱいなので納期は要確認です。

#アマゾンもくりびつの古本屋さんです
IMG_3393
セレブの方は街の古本屋を利用するようです・・・

#下町には絶対にない画材屋さんです
IMG_3388
セレブの方の嗜(たしな)みなのでしょうか画材屋さんがあります。
下町では見たことがありませんでした。
下町っ子がかくのは「絵」ではなく「恥」だけです。

#旅館があります
IMG_3368

IMG_3384
ちょっと泊まってみたい感じがする旅館であります。
しか〜しセレブの街にホテルではなく旅館ですか、これまたちょっとクリビツですね。

#昭和の食堂です
IMG_3366
昭和を象徴する地元の二大食堂の一つです。
8ケタではなく7ケタの電話番号が昭和そのものです。
昭和26年、この近所の壇一雄(壇ふみ先輩の父上)宅に身を寄せていた坂口安吾(無頼派作家の一人)さんが妻に命じて、何を思ったのか、ほかり食堂さんと辰巳軒さんにライスカレー100人前の出前を頼んだのです。
次々と壇一雄邸に届けられるライスカレーを芝生の上にズラリと並べ、坂口安吾さんは十数人の仲間たちと片端しから食べていったそうです。
仮に半々として50人前づつですか、ほかり食堂さんと辰巳軒さんはよくぞ短時間で作りあげましたよね。
ちなみにここから壇一雄邸は歩いて5〜6分ですので出前そのものは楽だったと思われます。
なお壇一雄邸は都の道路拡張計画の予定地にぶつかってしまった為に近々取り壊されてしまいます。

壇蜜
もう早朝の石神井公園のボート池で壇ふみさんを見かけることは無くなるのでしょう。
あに〜、壇蜜でないから問題ない、ですと・・・
それは言えるかもしれません、ハイ。

#反対側の北口です
IMG_3402

IMG_3400
ここは再開発地帯なので最近建てられた商業施設が櫛比しています。
だからオサレなのです。
石神井公園の象徴はやはり南口です。


ということで今日の夕食は石神井公園、昭和レトロのtop2の片割れの「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_3365
お店の外観です。

IMG_3380

IMG_3382
店内の雰囲気です。

IMG_3381
メニューです。

IMG_3375

IMG_3377

IMG_3378

IMG_3379
今日のオーダー「Aセット」@850円です。
Aセットの内容は、一口カツ、唐揚げ3個、焼ブタ、ロースハム、目玉焼、サラダ、ライス、スープです。
待つこと19分で「Aセット」の到着です。
久々に到着した料理を見て目眩(めまい)がしました。
目眩の理由ですか、量がtoo manyだからです。
私は日大相撲部員ではありませんから。

気を取り直して実食です。
揚げものは総じて美味しいです。
特に唐揚げはしっとりしていてそれに絶妙なソースタレがかかっていてイケました。
焼ブタは寝正月三日目のおせち料理みたいで十分な硬度を保っていました。
要は硬かったのです。
それに反してロースハムはしっとりしていました。
目玉焼きの焼き加減はmy favoriteで満足です。
全体に量を除けば美味しくいただきました。
久々の“くりびつてんぎょのいたおどろ!”の夕食に心よりごちそうさまを言わせていただきます。

しか〜しセレブの街、石神井公園はあなどれません。
今度はほかり食堂さんに行ってみますか。

それでは(^_-)

石神井公園 ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ 石神井公園

今日は「身分相応」です。
久兵衛
私の会社のお局(つぼね)さんが「銀座九兵衛」さんという高級鮨屋によく食事に行っています。
このお局さんのお話によりますと、一回の食事で4〜5万円程度の散財?らしいです。
念の為に確認しましたところ、この食事の為に普段の生活を切詰めたりはしていないそうです。
要は生活のリズムになっているとのことです。
彼女のご家庭(e.g素封家の娘等)の財布の中身まではしりませんので、我社の給与体系が良いという話ではありません。

下町生まれなので「身分相応」という事は子供の頃から身に染みる程いわれて躾けられました。
これは身分の差が歴然として存在していた時代には当り前の感覚なのです。
当時は身分のちがいは絶対のものでして、身分に相応した衣服や態度や教養を身につけていないと一笑に付されていたのでした。
現在のように身分差がない時代であればこのようなフリネタは噴飯ものでしょう。
しか〜し自らの「身の程」「品格」などは意識した方が良ろしいかと思います。
その立ち位置に相応した衣服や態度や教養、そしてお金の使い方をしたほうが身の丈に合うと思うのです。
このようなことができない人間を江戸っ子は「田舎っぺ」と揶揄していました。
ですので下町の人間は「俄成金(にわかなりきん)」が大嫌いなのです。

私は寿司が大好物ですがさすがに「銀座九兵衛」さんなんかは行けるような身分ではないのですが、自分が長い事かけて精進した事が叶ったご褒美として「銀座九兵衛」さんにいくというのは良いのではないかと思っています。
個人的には、家以外の物でローンじゃなきゃ買えないものを長期分割払いで求めること自体が身分不相応だと感じます。
ヨーロッパやアメリカでは労働者階級は皆収入に見合うモノを持ちます。
低収入で軽自動車乗ってアパートに住んでいるのにバッグはルイ・ヴィトン、時計はロレックス、はっきり言ってこのようなimbalanceは日本だけです。
欧州の労働者階級は実に堅実で身をわきまえています。
特段人それぞれの効用(人が財を消費することから得られる満足の水準)ですので、どのようにお金を使われようと結構なのですが、身分相応(始末)って大事なことと意識すべきではないでしょうか。
貴族制度や階級社会が残るイギリスでは、上流階層にはノブレス・オブリージュの考えが現在でも浸透しています。
ノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige)とは、直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指します。
ここから演繹すればルイ・ヴィトンを普通に持てる高貴な方には責任が伴うという事ですが、日本でそれを適用しましたらとんでもない事になると思います。

最後に「銀座九兵衛」さんですが、折角ですので調べてみました。
巷間での評価は「めちゃくちゃ高い」とか「有名だけど味はたいした事は無い」とか「このお店は観光地(テーマパーク)みたいなものだからいっぺん行っとけば良い」っていうようなものです。
実際数10回行っている取引先の社長にその評価を確認しました。
そのsummaryは以下の通りです・
1.銀座本店は階が上がれば上がるほど料金が高くなる。
2.板場の人のお奨めの通りに全部の料理を頼んだら支払いが18万円(二人)になった。
3.寿司のネタは美味しいがシャリは合わせ酢が特別なのか庶民の舌には合わない。
4.量は確かに多い(15〜20品目程度)ので満腹感はある。
5.客が思い思いに料理写真を撮っているのであまり落ち着けない。
6.会社の財布だから行くのであって自分の財布なら絶対に行かない
7.多分このお店は有名店であって名店ではないと思う。

個人的には自分の財布では絶対に行きません。
寿司に5万円かけるのであれば奥様と旅行にいきます、ハイ。


千葉に現れたヒーロー「チバットマン」がついに英国放送協会(BBC)に取り上げられ世界デビューを果たしました。
チバットマンをじっくり観察できる、職場の「港」で撮影したと思われるムービーがこれです。



IMG_2578

IMG_2579
今日は石神井公園に出没です。
なにやら美味しいピッツェリアがあると聞きましたのでお邪魔しました。
今日のお店は「ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ 石神井公園」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町2-13-5 グリーンハイム 1F
電話:03-5923-9783
定休日:2014年より毎週木曜 尚木曜日が祝日の場合水曜日 

IMG_2571
お店の外観です。

IMG_2577
店内の雰囲気です。

IMG_2573
メニューです。

今日のオーダー「クワトロフォルマッジ」@1,620円です。
店主が各テーブルのお客に愛想をふりまいています。
店主がちょこちょこと店内で接客するお店は好きでありません。
店主は美味しいpizzaを作る事のみ専心している職人の店主が好きです。

まずはクワトロフォルマッジ(4種類のチーズ)の紹介です。
モッツアレラ(軽くクセのない味わいがするのが特徴です)、グラナ(イタリアの中部から北部にかけて製造されている、牛乳を原料とする超硬質のチーズです)、ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズとしては比較的やわらかい風味で、青カビ独特のクセが少ないチーズです)、タレッジオ(穏やかな口当たりと軽い酸味を持つ食べやすいチーズです)の4種類です。

IMG_2574

IMG_2576
待つこと5分で到着です
コルニチョーネ(pizzaの縁)がぶ厚くて、絶妙の焦げ目は高評価です。
焼き加減は申し分ないですね。
薪窯なので馥郁たる香りが鼻腔をくすぐります。

それでは実食です。
生地は美味しいのですが、ゴルゴンゾーラが他の3種のチーズを押さえて完全制覇です。
私の好きな4種類のハーモニーが楽しめません。
もう少し配分の妙が欲しかったですね。

人の財布を覗くのは下品ですが、pizzaの利益率って80%だそうです。
このようなstressの多いpizzaをいただきますと、穿ちですがお店のwin、お客のloseみたいに感じになってしまいます。味は個々人の体調に左右されますので軽軽な事は申せません。
従いまして鼎の軽重を問う為に再訪してみるつもりです。
その際はwin-winになることを切望しています。

それでは(^_-)

続 富士見台 ルーナルッカ

今日は「パッチギの町」です。
今日は有休を取得して十条に出没しています。
実はこの十条には生まれてこのかた来た事がありません。
当然のことながらくる用事がなかったのですが、正しく申せば来る用事を意図的に作らなかったのです。
理由ですか・・・
来るのが怖かったのです。

私達の青春時代、この町は完璧にパッチギの町でした。
したがいまして、以下の動画は都市伝説としては信じられなかったのです。
実話だと信じていました。


それ以外にも巷間で言われていた、割り箸を折ってギザギザになったほうを鼻の穴の中に奥深くまで突っ込んで気絶するまで殴り続けるとか、パチンコ玉を口いっぱいに詰め込んで歯が折れるまで殴り続けるとか、これらもこの町では実話だと思っていました。
実際中学の同級生が高校3年生の時、赤羽の駅の掲示板に書かれていた、朝▲高校参上、の伝言を、国▲舘高校参上、に書き換えた途端、どこから湧いてきたのかわかりませんが、数十人の外国人高校生にかこまれてボコボコにされたという体験談も実話だと今でも信じています。

一応ず〜っと剣道をやっていたので、体力的には普通の高校生と比べても劣ることはなく勝っていたと思ってはいたものの、それはルールのある世界での話であり、このようなノンルールの世界では通用しないことは十も承知、百も合点だったのでした。
特に私立高校の友人からは、こちらが三人で向こうが一人のhandicap fightでもそれは向こうの作戦で、その様子を陰で見ていた仲間が、こちらがタカビーに出た途端マトリックスのように増幅するので、とどのつまり所持金及び金目のものは全部取られるぜ、とも驚かされていたのです。
あまりにもこの町では乱闘事件が多いので、たまりかねた帝京大学は医大病院を併設したという話しもこれまた都市伝説とは思えませんでした。
要はこの町はno thank youなのです。

IMG_2314
ということで始めておりた十条駅ですが、当り前ですが普通の町した。
血反吐をはいてのたうちまわっている高校生の姿は見る影もありません。
なあ〜んだ「平和の町」だったのではないですか。

IMG_2319
件(くだん)の外国人学園も静謐な雰囲気を醸し出しています。
時間がこの町を変貌させたのですね・・・

ちなみに今日の町にきたのは、半年前から「森進一」状態、即ち突然声がかすれてしまう症状がみられるようになりました。最悪の事に夏休みの間、家人にそれを見咎められて医者に行くように言われ、その結果帝京大学医学部付属病院の精密検査を受信しにきたのです。
最終治療は経過観察のうえで決まるのですが、病名は敢えて書きませんが、現代医学では難病の部類にはいるものです。
このまま加療しても最後はしゃべれなくなるみたいです。
まぁこれも運命です。しゃべれなくなった際は手話を覚えなくてはなりません。

IMG_2315

IMG_2316

IMG_2317
そうそう帝京大学医学部付属病院ってすごくhospitalityの良い病院です。
まるでHotelのようです、まったくストレスを感じることなく受付、診察、会計が終了しました。
しばらくは加療通院しなければならないのですが、ここならwelcomeであります。


IMG_2333
今日のランチは富士見台です。
今日は練馬で一番美味しいといわれているPizzeriaである「ルーナルッカ」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都練馬区富士見台2-33-5
電話番号:03-5933-9699
定休日:月曜日

IMG_2332
お店の外観です。

IMG_2324

IMG_2325
店内の雰囲気です。

IMG_2326
メニューです。

今日のオーダーは、「トンナーラ(ツナ、チェリートマト、コーン、マヨネーズ、モッッレラ、パルミジャーノ)&コーヒー付」@1,100円です。

IMG_2328
待つこと3分でサラダの到着です。
このサラダは野菜のedgeが立っていて且つ良く冷えていおり美味しいです。
特にこだわりのトマトはほんのり甘くて美味しく頂きました。

IMG_2329

IMG_2330
待つこと11分で「トンナーラ」の着皿です。
見た目キレイです。
この「トンナーラ」は、バジルの緑色、モッツァレラチーズの白色 、チェリートマトの赤色を使い「イタリア国旗」を表わしているようです。
個人的にはツナ、コーン、マヨネーズ、モッッレラって相性が良いと思います。

それでは実食です。
これは久々の「くりびつてんぎょのいたおどろ!」です。
ピッツアを口いっぱいにほおばり、噛みしだく快感、イタリアはトンナーラの海の香りが口内いっぱいに広がります。
これは美味しいです。
特に生地がもちもちしていて弾んでいます。
モッッレラとパルミジャーノのダブルチーズ、先祖返りではありますが濃厚なミルクを連想させます。
これは絶品ですね。

中国人奥様の日本語も大分上手くなり結構です。
瑕瑾を申せば「熱いのでお気をつけてくださいませ」は「お熱いのでお気をつけください」の方が宜しいかと思います・・・

それでは(^_-)


石神井公園 イル・ポンテ リターンズ

今日は「石神井公園異聞」です。
ピッコロピアッツァ2
所用が有って石神井公園に来ました。
石神井公園の園内には、石神井池、三宝寺池があります。
この池は井の頭池、善福寺池と並び、武蔵野三大湧水と呼ばれています。
私は小学校の頃はるばる遠足で来ました。
芝畑以外なにもないところで辺鄙なところだなぁ、と言うのが感想でした。
その後三宝寺池にワニがでたというので見にいった事があります。
いたのはワニではなく大白鳥でした。

ということで最近ではセレブの街として有名な石神井公園周辺をパチリしました。
宜しかったらお付き合いください。

#けんか広場です
IMG_2071
ドラえもんにでてくる土管のある広場のモデルになった公園という話がありますが、単なる都市伝説か・・・
ジャイアンがどこかに潜んでいそうですね。

#ヘナサロン
IMG_2025
最初はヘアサロンのミスプペイントかと思いました。
ヘナは植物性の天然ヘアマニュキアと言われ、古くから、トリートメントとカラーリングの相乗効果をもつ優れた化粧品として使われてきたそうです。
美に対して貪欲だった世界一の美女クレオパトラが使用していたとうのですから、その美しさを彩った仕上がりは特別のものらしいですよ。

#緑が多いところですね・・・
IMG_2038

IMG_2039
一応東京都練馬区なのです。

#著名人が多く住んでいたようです
IMG_2044
明治時代は東京の別荘地帯でした。

#壇一雄さん
IMG_2041

IMG_2049
ご存じ壇ふみさんのお父さんです。
壇ふみさんも最近知っている方も少ないのでさらにわけがわからないかもしれません。

#五味康祐さん
IMG_2051

IMG_2050

IMG_2052

IMG_2053
剣豪小説作家というより、人相や観相学、麻雀の造詣が深い方で、個人的には「五味手相教室」「五味人相教室」や「五味マージャン教室」の方に親しみを持っています。

#松本零士さん
IMG_2045

IMG_2043

IMG_2048
 松本零士さんは大泉学園のスーパーでよく見かけるそうです。
 大泉学園には松本零士さんをはじめ今でも多くのアニメーターがおられるようですよ。

#三宝寺池です
IMG_2056

IMG_2057

IMG_2068

IMG_2070
この池も緑が多いところです。
かつて大田道灌は総攻撃をしかけた時父親の死を悼み豊島泰明の二女照姫が三宝寺池に身を投げたという伝説があります。
しか〜し足がつく浅い池なので石を投げて入水自殺にみせかけたというのが正しい説だと言われています。
正直、足がつくところでの入水自殺は厳しいでしょう。

鴨が岸から上がって遊んでいます。
実は鳥が苦手です。従いまして望遠で撮ったのです。
IMG_2059

IMG_2064

IMG_2066


石神井公園といえばこのお店でしょう。
今日のお店はパスタハウス「イル・ポンテ」さんです

住所::  東京都練馬区石神井町6-32-38
電話:03-3904-4494
定休日:不明(日曜日は営業しています)

IMG_2035
お店の外観です。

IMG_2028
店内の雰囲気です。

IMG_2026
メニューです。

本日のオーダー「ミックスピッッア(エビ・ハム・マッシュルーム)M+珈琲」@1,050円です。
「イル・ポンテ」というのはil・ponte=the bridgeです。
オーナーが高橋さんなので店名は「橋」なのです、ハイ。

IMG_2030

IMG_2032

IMG_2033
待つこと17分で「ミックスピッッア」の到着です。
見た目「昭和のピッツア」です。
一口ほおばりますとふぁっと立ち昇る芳しいチーズの香りに包まれました。
イケますね、チーズは熱々です。
ベースは古典的なナポリ風でこの強いチーズをしっかりと受け止めています。
久々にヘビーなピッツアを頂きました。
最後まで熱々なのは昭和のピッツアの証(あかし)であります。
とても美味しゅうございました。
毎日食べるのは厳しいですが、たまに食べるにはうってつけのピッツアです。
美味しいパスタとピッツアとご主人の癒しの笑顔に接してみたい方にお奨めのお店です。

それでは(^_-)

大泉学園 八 4th

今日は「ケイコ先輩」です。
中学校一年生から高校三年生まで町道場に通って剣道の稽古に明け暮れていました。
稽古が終って家まで帰る途中には小学校の裏手だというのに、町の角々に立ちんぼ(売春婦)が立っていて、私達中学生に秋波を送ります。
「お兄ちゃん、夜の剣道教えてあげるわよ」と全く意味のわからない掛け声をかけられては、その度に当惑していたのです。立ちんぼ(売春婦)のする事はおぼろげながらわかっていたのですが、問題はたまに見かけるおかまの立ちんぼ、この方々につきましては正直わけがわからなかったのです。
女みたいな格好をしていたので、ある時どこかの酔っぱらいが甘く見てひどいからかい方をしました。
ところがその直後その酔っぱらいは、電光石火の払い越しで地面にたたきつけられ、鼻がヒン曲がったという話を聞いたものですから、要は女装癖のある男ではないか、という結論に至ったのです。

ケイコ先輩
それから 幾星霜、社会人になり取引先の接待で「おかまバー」なるものにも行くようになりました。
といっても当意即妙の会話を楽しみ、カラオケをして、酔っぱらって帰るだけなのですが・・・
とある日カラオケに飽きた後ネタぎれになり、それぞれの高校の校歌を紹介する事になったのです、私の番になりました。私が出だしから歌いだすと、それにかぶせて歌う者がいたのです。最初はマイクのハウリングかなと思ったのですが、そうではなく私の高校の校歌を間違いなく唱和する人間が存在したのです。
誰かと思って目を凝らすと、ケイコさんだったのです。
歌い終わった後、あらためてケイコさんにその略歴を聴きましたら、私の高校のしかもバレーボール部の大先輩だったのでした。かなりクリビツしたのと同時に人生の不可思議な縁(えにし)を感じたのです。

それから一年の月日が流れました。
なにかの拍子で、そのお店に顔を出す事になったのです。
礼儀正しい私の事ですから、件(くだん)の先輩に挨拶をしようとしたのですが、すでにそのお店は辞められたみたいでいませんでした。
ママにその先輩の動静を聴きだしたところ、ケイコは客がつかなくなったので、北へいったんじゃない。売れないおかまは北へ行くのよ。どうしてですって、敗北って字からわかるように「北」という字は人が二人いて背中を向け合っているでしょう。人気を失った、盛りを過ぎた、ということで北へ行くのはおかまの自然の成り行きなのよ。多分札幌あたりじゃないの、と言っていました。

その翌年、私は異動で札幌に転勤となりました。すすきのを酔ってぶらついていましたら、なんという偶然なのでしょうか、前方からケイコさんが夜の世界の格好をして私の方に向かってゆっくりと歩いてきました。私はたまらず、ケイコ先輩〜、と声をかけ手を振りましたら、私の事に気がついたみたいで、あわてて踵(きびす)を返して来た方向に逃げ去っていきました。
ケイコ先輩の慌てふためいた表情だけが目の奥に焼きついていたのですが、それも間もなく消え、ススキのはいつも通りの喧騒の街にもどっていました。
夜の帳(とばり)が降りた札幌の街は四月とはいえまだ寒く、人々はコートの襟を立てて無表情な急ぎ足で私の前を通り過ぎていきました。

みすぼらしいおかま
それからすすきのオミズ系の人からケイコ先輩の事を聴く機会があったのですが、尾羽打ち枯らし、当地では かなりみすぼらしい生活をなされていたようです・・・
おかまと言えどもサービス業です。
栄枯盛衰は必定なのだな、とあらためて思った次第であります。


今日は私の大好きなフラッシュモブです!



今日は大泉学園に出没です。
冷やし中華系が食べたくてお店を探しました。
今日のお店は「八ラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉学園町1-1-19第二パールハイツ1階
電話:03-6311-0672
定休日:月曜日

IMG_1556
お店の外観です。

IMG_1564

IMG_1563
店内の雰囲気です。

IMG_1565
メニューです。

IMG_1558

IMG_1559
今日のオーダー「冷やし汁なし坦々麺」@980円です。
待つこと10分で「冷やし汁なし坦々麺」の着膳です。
見た目さわやかな清涼感あります。

それでは実食です。
まず驚いたのは麺の冷やし方です。
麺の隅々まで涼感がいきわたっています。
冷やしの涼感を愚直に表しています。
具は野菜を中心にクルミと挽肉をふんだんにかけ回しています。
汁は辛さ控え目な為サラダ感覚で楽しめます。
味ですかとても美味しいです。
これは中華の範疇を超えています。

IMG_1561
ジャスミン茶のシャーベットです。
デザート担当の奥様の作り込みはお見事です・
以前から奥様のデザートのセンスは瞠目しておりましたが、今日のデザートの完成度は高いですね。
特にジャスミン茶のシャーベットの甘さ加減には感動です。
これ以上甘かったら下品ですし、これ以下の甘さだったら物足りなかったでしょう。
見切り寸止めの味わいでした、美味しゅうございました。
大満足のlunchでした。

それでは(^_-)


大泉学園 千味餃子

今日は「splashな日々」です。
「splashな日々」とは、私が街で気になった画像を撮り溜めしたものです。
宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

#「癒しのブルドッグ」です。
IMG_0230
あなたの その幸せが いつか
誰かを幸せにするだろう

誰かを癒すことが、
自らを癒すことに繋がり

誰かを許すことが
自らを許すことに繋がり

誰かを幸せにすることが、
自らを幸せにすることに繋がっている。
なぜなら、そこには同じ想いがあるから・・

#「ストーブを焚いているトイレ」です。
IMG_0059
これは先日観光した比叡山の男子トイレです。
厳寒の北海道にも住んでいたこともありましたが、さすがにトイレにストーブは見たことがありませんでした。
珍しいのでパチリしました。

#「偶然の23番」です。
IMG_0251
とあるVOLKSで23番の席順シート持って待っている間に、時間があったので同じ施設内にあるtomodsに薬の処方を頼みに行ったところ、そこでの待ち番も23番でした。
あまりの偶然に驚くのと同時にtomodsの先生に、合番賞はないのですか、と聞きましたら、偶然は認めますが、私どもは処方薬局ですので、残念ながらそのようなincentiveはありません、と恐縮しながら謝られていました。
いいのですよ、言ってみただけですから(笑)

#「何が彼をそうさせたのか!」です。
IMG_9665

IMG_9669

IMG_9668
四車線の両側通行なのに、何がどうしてこうなって片側車線に突っ込んでいったのでしょうか?
もし運転された方が神風特攻隊を気取ったのだとすれば、突こまれた方はそれならば自爆して欲しかった、と申し入れしたことでしょう。本当に不思議な事故です・・・

#「入学式」です。
IMG_9794
なんともnostalgicな入学式の一コマです。
いつの間にか日本人の髪の毛は金髪になってしまったようです。
近所のカナダ人が見てクリビツしていました(笑)

#「このアニメキャラは誰だ?」です。
P1000484
これは先日観光した京都インクラインでのパチリです。
京都ブログで掲載する予定でしたが、このアニメキャラ嬢の氏素性が皆目見当がつかず見送ったのです。
ちなみに我が家族は誰も分りませんでした、ハイ。

#「素晴らしき人生」です。
しろ3

シロ

しろ2
正しくは「人生」ではなく「猫生」なのかな・・・
合掌です。


この男すごすぎる。
一見真面目そうな雰囲気ですが・・・どうやったらこんなことできるのかでしょうか。
俳優はジャン・クロード・ヴァン・ダム(Jean-Claude Van Damme)さん、1960年生まれのなんと53歳。
しかもこれ、CGでもない。
撮影も一発オッケーだったとか。恐ろしいことです。
VolvoのトラックのCMでトラックの安定した走りもしっかりアピール出来ています!


IMG_9950

IMG_9948
今日は大泉学園に出没です。
このお店は、最近良く家族で利用しています。
ということで今日のお店は「千味餃子」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-3-6 田口ビル 1F
電話:03-5935-7576
定休日:無休

IMG_0249
お店の外観です。

IMG_9952
店内の雰囲気です

実は今日私は単独でこのお店に立ち寄りました。
するとお店の入口近くの席で、私のコピーの次男がワシワシと食事をしていました。
当然のことながら、次男も突然に店に入ってきた私を見て驚いていました。
勿論私も驚きました。
次男との食事も終盤の頃、見たことがある中年の女性×2人がせわしなそうにお店に入ってきました。
その内の片割れを注視しましたところ、なな何と我が奥様でした。
奥様は奥様で、私と次男が示し合せて来たものだと思っていたらしく、全くの偶然だよ、って説明したら飛び上がる様に驚いていました。
我が家族、実はテレパシー家族だったのでした、ジャンジャン♪

IMG_9953
まずは「干し豆腐の和え物」@500円です。
これ美味しいのです。
実は「干し豆腐」を食べるのは初めてです。
あっさりしていてコクがあり、なかなかのものです。
付出しとしては最高です。

IMG_9962
そして「豆苗炒め」@680円です。
高温の油で豆苗をいため、塩と大蒜(にんにく)と調味料で仕上げたものです。
シンプルですが奥が深い一品です。
すごく美味しいです。
そうそうここの油は日本人の口に合うようにわざわざ中国油をブレンドしているらしいです。
あんどここの女主人は野菜を頼まないと、体に良くないよ、と必ずWARNINGがでますので必須の一品であります。

IMG_9967
これは女主人一押しの「リンゴ餃子」@500円です。
これメチャクチャ美味しいのです。
ここの女主人はこの餃子を仕上げるのに一ヶ月の間試作品を食べ続けたので、もう餃子は食べたくない、と言い切るほどの苦心作です。
リンゴと餃子の餡って絶妙にあうのです。

IMG_0245
さらに私の大好物の「エビと玉子炒め」@880円です。
この「エビと玉子炒め」はまさに随喜の涙です。
正確に申せば意味はちがうのですが、行間で読み取って下さい。
玉子がこれほどたおやかなものなのかとあらためて認識しました。
ギリギリの塩加減に挑んだ調理人に拍手です。
これはたまりません。

IMG_9968

IMG_9969

IMG_9971
締めの「野菜焼きそば」@800円です。
これはスゴイですよ。
内柔外硬の典型的な一品です。
黄金色に焦げた麺が円盤状になっています。
しかしてその実態は焼きそばのturnover(両面を焼いたもの)です。
焦げた麺を箸で割るとまさにsplash(水しぶき)状態で中の餡が出てきます。
味ですか麺よし中の餡よしです。
特に中の餡は野菜の甘さのエキスがつまっています。
すごいお店があったものです、久々のbravoです。

会社勤めのキャリアウーマンだった女主人が乾坤一擲の勝負を賭けたお店です。
中国人なので日本語の発音は良くないものの、日本人の心根を震わすような日本語を駆使しているのが高評価です。なんでそのような日本人が喜ぶような日本語を知っているのかと聞きましたら、たゆまぬ勉強と、日本人に喜んでもらった日本語をノートに転記して覚えてきたそうです。
私は彼女の様な頑張り屋はついつい応援したくなります。
本当に良いお店です。

それでは(^_-)

続 大泉学園 エノテカ リオーネ

今日は「臨死体験」です。
私は死後の世界を否定するような事を度々書いていますが、特段宗教家でもありませんし、
死後の世界があったらけしから〜ん、と声高にいうものでもありません。
ただの下町生まれの下町育ちのオジです。
しか〜し死後の世界などに思いをはせるより今現在をどう生きるか、それに全身全霊を打ち込めば良いと強く思っているだけなのです。
ですので死後の世界があってもなくてもどちらでもいいのです、ハイ。
皆さん、人生は有限ですぞ、死ぬ間際になって、ああこれもやり残した、これもやり残した、と悔やんでみても、死んだら「無」になるだけですからね・・・

天国
私は5歳の時に麻疹(はしか)をこじらせて人事不省となり、本当に死の一歩手前まで行ったことがあります。
実はその時に不思議な夢を見続けていました。
私はきれいな花が咲き乱れ、おとぎ話に出てくるような夢のような景色が広がっている場所にいました。
そしてそこでは心が躍るような、かろやかな音楽が絶えず鳴り響き、空には消える事のない虹がかかっていました。
寒い熱いは感じませんでした。何ともいえない幸せな気分におおわれていました。
するとはるか遠いところから母親が自分の事を読んでいる事に気がつきました。
そちらの方に耳を傾けるて歩を進めると、急に天に吸い込まれるような感じになり、気が付いたら涙でむせびかえっていた母の顔が見えたのです。
そうなのです、これは五日ぶりに意識を取り戻した瞬間でした。
これは一つの臨死体験なのかなと今日の今日まで思っていました。

臨死体験の方のstoryって似かよっています。
気が付いたら暗いトンネルにいて、明るい光の方に進むと、そこには見たことのない美しいお花畑、そして心地よい音楽、決して会えない人が待っています。
無常の愛や大きな幸せを全身に感じます。
まさにこれこそ天国というのが臨死体験の方のstoryです。

死に瀕した時のネズミの脳は心停止すると急速に機能が低下します。
従来は心停止がおこれば脳への酸素供給もとまるので脳の活動も停止すると思われていました。
実はこの説明はちがっていたのでした。
脳は酸素供給が止まった時点から30秒間に亘って極めて活発に動いていたのでした。
これは人間にも当てはまって、心肺停止状態になっても脳はそれでも生き残ろうと必死にもがくのです。
これは脳に備わったdefaultの機能だそうです。
この30秒間での活動の一つが臨死体験ではないかとの説明がなされています。
このmechanismは脳が低酸素状態におちいった時に起動します。

臨死体験
低酸素状態を再現する方法の一つにメリーゴーランドのような回転運動する機械の円弧上に設置した椅子に飛行士を固定させ、高速で周回させる装置があります。
いわゆる重力負荷訓練です。重力換算でいえば3Gから8Gです。
これをすると多くの飛行士は重い重力により意識を失います。
これをGロックといいます。
飛行士がGロックになり、意識を喪失する時にまず失われるのは視覚です。
そして視覚がblackoutになると、トンネルのようなものが見えるといいます。
トンネルの先には白い光というかそれに似たものが見えるそうです。
そしてさらにその先にいくと穏やかで静かで大きな幸せを感じるといいます。
それはとても心を打たれるような印象的な感覚だそうです。

臨死=低酸素状態=昏睡状態でも視覚の認識は働いています。
だから過去の思い出や彼等においての実在したものが見えるのです。
これから演繹すれば死後の世界など存在しないと言えます。
死という究極の恐怖から逃れる仕組みを脳はあらかじめもっているのです。
これが臨死体験ではないかといわれています。

いかでしたか・・・
臨死体験は脳が断末魔に起こしたillusionのようでした。


テナー・サックスプレイヤーのための、新しいソロ譜"めちゃモテ・テナー・サックス¬"シリーズのデモ演奏です。


IMG_0297
今日は次男の誕生日兼就職祝の宴です。
で〜も皆忙しくてランチでのお祝いです。
ということで三々五々に家族が集まった今日のお店は「エノテカ リオーネ」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-2-2 プリムヴェール 1F
電話:03-3925-1300
定休日:月曜日

IMG_0281
お店の外観です。
店名の「エノテカ」はイタリア語でワインを主体にしたレストランという意味です。
「リオーネ」はイタリア語でライオンです。

IMG_0283
店内の雰囲気です

IMG_0284
メニューです。

今日のオーダー「スペチャーレ」@2,100円です。

#「前菜」です
IMG_0286
待つこと5分で「前菜」の到着です。
前菜は、イタリアンオムレツ、鳥ムネ肉低温ボイル、ブロッコリーです。
鳥ムネ肉低温ボイルは軽やかな味わいです。
他の料理は見た目通りの感じでよろしいかと思います。

#「フォッカチオ」です
IMG_0287
待つこと9分で前菜の到着です。
フォッカチオはオリーブオイルにつけていだきます。
ここのフォッカチオは軽い感じで美味しいです。

#「気まぐれサラダ」です
IMG_0289
待つこと18分で「気まぐれサラダ」の到着です。
見た目きれいですね。
野菜はエッヂがたっていて結構でした。
トマトは甘く高評価です。

#「春キャベツとアンチョビのスパゲッティ」です
IMG_0290
待つこと23分で「春キャベツとアンチョビのスパゲッティ」の到着です。
これは春キャベツがあまり甘くなくアンチョビの塩味に負けていました。

#「カキとブロッコリーのクリームリゾット」です
IMG_0292
待つこと24分で「カキとブロッコリーのクリームリゾット」の到着です。
これは海の味でしょう。
カキとクリームの相性の良さを再認識しました。

#「海老といんげんのトマトクリームソース フェットチーネ」ですIMG_0291
待つこと25分で「海老といんげんのトマトクリームソース フェットチーネ」の到着です。
これ今日一ですね。
海老のうま味がよくでていて、且つまろやか&くりーみーです。
とても美味しいです。

#「鶏もも肉とキノコのトマト煮込み」です
IMG_0293
待つこと38分で「鶏もも肉とキノコのトマト煮込み」の到着です。
この辺りでかなりお腹が朽ちてきていたので若干食傷気味であります。
それがあるので少し舌センサーの感度は落ちていますが、それでもこの料理はイケます。
鶏肉が柔らかくソースは少し辛めでしたが、それが味を引き締めていて結構です。

#「サプライズプレート」です
IMG_0295

IMG_0294

IMG_0296
なな何とW受賞です。
一日も早く会社に慣れる事を祈っています。
末は社長か?
おおくは期待しないで見守っていきましよう。

それでは(^_-)

続 大泉学園 シェ・ヴー (CHEZ VOUS)

今日は「反論する技術」です。
今日は「反論する技術」の話です。
たとえば、会議やプレゼンで突っ込まれたとき、あるいは、上司や部下からなにかを要求されたとき、又取引先からクレームが入ったときや、恋人などから詰められたときもそれに相当するでしょう。
いずれにしても、痛いところを指摘された場合であればあるほど、反論できなくなることはよくあるものです。
しかしそんなとき、「図解 反論する技術 反論されない技術」(木山泰嗣著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)が役に立つかもしれません。
反論する機会の多い弁護士である著者が、「ふだん使っている反論のポイント」をまとめたものです。
しかも意識的に、すぐに使えるポイントだけを選りすぐって図解にしているため、とてもわかりやすい内容になっています。
それではLet’s move on!

#1.事実を淡々と伝える
人が話に説得力を感じるのは、背景や歴史が語られるとき。そこで事実そのものを「物語」として語る、つまり起きた事実を「時系列」で示していくことが大切。
200×年×月×日・・・があり、同年×月×日に・・・があり、というように、実際に起きた事実を客観的に「時系列」で話せば、相手も突っ込みを入れられなくなるもの。
つまりは相手から否定される余地がない話を、長い時間をかけてしゃべることができるというわけです。

#2.「動かない事実」をベースに
時系列で話しても、捏造やうそが入っていては逆効果。大切なのは、「動かない事実」をベースにすること。
「動かない事実」だけを抽出して話をすると、時系列の話と同様に、相手が「それは違う」と突っ込める場面がなくなると著者は言います。

#3.反論のあとに代案を
反論がある場合は、それにかわる代案を出さないと、議論は平行線のままになってしまって当然。
なにかをやることが前提である以上、「A案はダメだ」と言うだけでは話がまとまらないわけです。
つまりこうした場合、「A案ではダメだ」ではなく、「B案をやろう」というのが正しい反論。

#4.キーワードを繰り返す
使い方によっては強力な武器になるのがキーワード。事実、上手な政治家は、人の記憶に残る短いフレーズを繰り返し、話のなかに散りばめるそうです。そこで、短く、よい印象を与えるフレーズを選定し、それを繰り返し遣うことが重要。

#5.一貫性のある話を繰り返す
話を繰り返す際、ぶれないように一貫させることで、信用度は高まるといいます。なぜなら「ぶれない人だな」「本気なんだな」「熱意があるな」「しっかりしているな」という印象を与えることができるから。
ただし微調整が必要なケースもあるので、臨機応変な対応も忘れずに。

#6.専門用語を使う
専門家同士で会話をする際、能率のよい議論を実現する魔法の言葉になるのが専門用語。
逆にいえば、専門家でない人に対して使うと「かっこつけている」「意味がわからない」と思われてしまう言葉でもあるわけです。しかし、そんな専門用語の負の側面を、反論に利用する方法もあるのだとか。
明らかに議論をふっかけてくる好ましくない人物や、不当な主張ばかりをぶつけてくるような人物と対面した際、その攻撃を鎮めるために、あえて説明なしに専門用語を使ってしまうという手段。
すると専門用語を知らず意味がわからない相手は、それ以上強く出られなくなるわけです。

#7.キーパーソンをねらいうちに
説得力を高めるために重要なのは、キーパーソンに響く言葉を使うこと。そして、そこで忘れるべきでないのは、相手の物差しを知ること。キーパーソンがなにを重視するタイプなのか、なにを見る人なのか、どのような立場で、どのような価値観を持っている人なのかなどを入念に分析したうえで、その人に響くような言葉を使うということです。
なお、キーパーソンの情報を調べられない場合は、話しながら相手の様子を探ることも大切だとか。
Livedoor News「弁護士流、反論されない会話術、7カ条」より転載
交渉
仕事柄tough negotiationが多い事より、当意即妙、一気呵成の話術はいつも心がけていましたので、この7つのポイントは無意識に駆使していたのでした。
これには本当に驚きました。

私達はたしかに黒白をつけなければいけない打合せもあります。
しか〜しそれとて法定闘争のような、いいかえればwin-loseの決着をつけるのではなく、お互いの差分を炙りだす事で問題点を浮き彫りにし、その帰結としてsolutionを導き出す事を最大の目的としているはずです。
win-loseの帰結はしこりを残しますので、できるだけwin-winの帰結にする様に心がけています。
特に反論ばかりの繰り返しは落とし所が見えにくくなり、さらに問題が那辺にあるのかを見出せなくなります。
それ故小田原評定になる恐れもあるのです。

個人的には、本当に大事な問題の根幹を見誤ってないかを心がけています。
これを的確にとらえていないと決着の直前に大どんでん返しを食らう事が良くありました。
ここでの要諦は問題を顕在化させ敷衍するinterview能力でしょう。
これに尽きると思います。
加えてkey person(決定権者)と交渉することでしょう。
特に揉めた時の交渉はなるべく早くにkey person(決定権者)を引っ張り出すことです。
何が一番むなしいかといえばkey person(決定権者)でない方と不毛な議論を重ねる事でしょう。
さらに、夜明け前が一番暗い、の喩の通り、光明が見えないからと言って、落胆して諦めてしまうことは、避けるべきです。詰まる所never-say-die(弱音を吐くな)です!

Our greatest weakness lies in giving up.
The most certain way to succeed is always to try just one more time.
我々の最大の弱点は諦めることにある。
成功するのに最も確実な方法は、
つねにもう一回だけ試してみることだ。
Thomas Edison(トーマス・エジソン)


相次ぐ不祥事によって失墜した信用を取り戻そうとしている、全柔連。
そんな全柔連のイメージを著しく向上させるであろう動画を発見しました。
「絶対に笑ってしまう柔道キョログロムグゥ〜」というこの動画は、さるロンドン五輪の代表選手を発表する会見を伝えるもの。
しかし、これがもう爆笑過ぎて、全柔連に対する気持ちがいささか和らごうというものです。
淡々と各階級の選手を発表するのは強化委員長の吉村和郎氏。
今となっては数々の不祥事の責任をとって職を辞した人物です。
その吉村氏が担当した代表選手発表は前代未聞の出来となりました。
強化委員長ならよく知っているはずの選手の名前が読めなかったり、「キログラム級」を噛みまくるなど、もはや酩酊状態と言われてもおかしくない状態だったのです。



今日は奥様と「トリック劇場版ラストステージ」を観に行きました。
この映画は、多分観たら損します、です・・・IMG_8810

IMG_8809

IMG_8814
今日のお店はシネコン近辺で一番評判のよいイタ飯屋さんです。
今日のお店は「シェ・ヴー (CHEZ VOUS)」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉2-7-1ホームズ横山‘60 1F
電話:03-3978-7838
定休日:火曜日

IMG_8796
お店の外観です。

IMG_8800
店内の雰囲気です。

IMG_8797
メニューです。

今日のオーダー
私は「アサリのジェノベーゼ」@950円です。
奥様は「野菜のペペロンチーノ」@900円です。
あんど
二人でshareした「ティラミス」@500円です。

この店名は「CHEZ VOUS」とは「あなたの家・場所」という意味です。
早いもので石神井公園からこの地に移転して3年半経っています。
かなりの人気店のようです。

IMG_8802
待つこと17分で私のオーダーの「アサリのジェノベーゼ」の到着です。
見た目、緑色が目に優しいです。
麺量は乾麺90gを茹で上げたものです
ジェノベーゼですからバジリコペーストをベースにしチーズ、オリーブオイルを加えて味を整えたものです。
味ですか松の実の食感は楽しめましたが、味自体は平板です。
量がやはり少ないですかね・・・
何か物足りなさのみがのこって満足感は醸成されませんでした。

IMG_8803
待つこと18分で奥様の「野菜のペペロンチーノ」の到着です。
見た目、野菜の緑、赤、黄色が目に鮮やかに映ります。
味ですかペペロンチーノ(唐辛子)の味だけ際立って“なんだかなぁ”という味です。
これも何か物足りなさのみがのこって満足感は醸成されませんでした。

IMG_8806
食後5分後に「ティラミス」が到着しました。
見た目、小ぶりだのうお主、です。
マスカルポーネチーズのまろやかさとエスプレッソの苦味、ラム酒等のリキュール、これらの甘味の複雑なハーモニーは、イタリア語の “Tira mi su(ティ・ラ・ミ・スー)”の“私をhighにして”とか“私を元気づけて”という意味からおわかりのように食べる人を夢心地にしてくれるsweetsです。
しか〜しこの曖昧の味わいは、“はい”といよりも“は〜いいわ”という趣(おもむき)です。

食べる者の体調もあるのでこのような酷評的コメントは差し控えるべきだったのですが・・・
いずれにしてもコスパは良くないと思います。
もしかして催促するまで、お水がこず15分間も待たされた事が、私の心に負の楔(くさび)となっていたのかもしれません。

それでは(^_-)

続 大泉学園 ブッチャーズテーブル 

今日は「信念考」 です。
信念
この世に雑用という名の用はあります。
しかしそれは用を雑に扱った時に発生するものです。
用をpositiveに見るかnegativeに見るかで必要か雑用かが決まるのです。
Negativeな事をしている時間の累積は、つまらない人生になっていきます。

仕事は人生の大切な時間の一つであります。
仕事は、選べなくとも、仕事のやり方は選べます。
何をするかよりどんな思いでするかを大切にすると、素敵な人生が訪れます。

幸せを探すのではなく、どんなときにも幸せを見つけられる能力、即ち「幸せ力」を付けた方が人生をふくよかにします。幸せの「青い鳥」は自分で見つけるのです。
なぜならば自分が心から幸せでなければ、人を幸せにすることはできないからです。
人を幸せにできない人は、自分そのものが幸せなわけがありません。

新年なので「信念」の話をします。

去年今年(こぞことし)貫く棒の如きもの

高浜虚子の句です。
「去年今年」は新年の季語です。あわただしく年が去り新しい年がやってくることを意味しています。
「貫く棒の如きもの」とは何という表現なのでしょう。
大晦日から元旦へ一夜明け途端に、なにかが新しく変わったような気がして、人はそこに清新な喜びを見出そうとします。
それを虚子は、悠久の時に流れの中で、人間世相の転変などは須臾(しゅゆ)の烟霞(えんか)と同じ、と一閃にして切り捨てたのです。

私が思うに人間には「貫く棒の如きもの」が必要だと思うのです。
その中での「不易流行」なのでしょう。
「不易」即ち「不変の真理」があって、その「不易」を基礎として、刻々と「流行」する森羅万象を捉えることにより新たな「知」が獲得され、更にその中から「不易」が抽出されていくのです。
従いまして「貫く棒の如きもの」とは、個々人におきかえますと「信念」というものになるのでしょう。

年始で色々な業界の経営者と話す機会がありました。
その経営者の方々が皆共通しているのは、確固たる「信念」の持ち主です。
ぶれのない「信念」こそ、揺るがない覚悟に通じているものだと思います。
人生での成功を収めるには「信念」が不可欠なのです。

Every individual has a belief to fill in the world
and is important in some respect whether he chooses to be so or not.
それぞれの個人には、この世で持つべき信念がある。
その信念を見つけられるどうかが、生涯において最も重要なことだ。
by Splash


海外のドッキリ粥淵魯奪圈璽ΕД妊ング)


今日は次男が美味しいハンバーガー屋さんがあるというのでお付き合いです。
今日のお店は「ブッチャーズテーブル」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉2−9−18
電話番号:.03-5947−4414
休日:無休

IMG_8753
お店の外観です。

IMG_8759

IMG_8760
店内の雰囲気です。

IMG_8755
メニューです。

今日のオーダー
私は「グリルドチキンバーガー」@1,000円
次男は「グリルドチーズバーガー」@1,050円
です。

IMG_8761

IMG_8762
待つこと23分「グリルドチーズバーガー」の到着です。
すごい迫力ですね。
鉄串が刺さったバーガーはバンズがカリッと焼き上げられている感じで本格的です。
青々とした立派なグリーンカールや2種類のとろけたチーズが絡まったパティなど、なんとも美味しそうです。
鉄串を抜きつつ、バーガーを押しつぶしてガブリといただいてみると、イケます。
厚みのあるパティは程良く弾力があり、塩気も過不足なく肉自体の美味しさもしっかりと楽しめます。
チェダーとゴーダの2種類のチーズをトロトロに溶かし、最後に香ばしく炙ったチーズは、チーズ好きの方なら垂涎ものの味わいです。
味ですか、まさに王道の美味しさです。

IMG_8763

IMG_8764
待つこと26分で「グリルドチキンバーガー」の到着です。
「グリルドチーズバーガー」を若者の味わいとしますと「グリルドチキンバーガー」は紳士の味わいです。
香ばしくグリルしたハーブチキンにゴーダチーズを溶かしたバーガーは意外や意外落ち着いた味です。
うんいい感じです。素材の味を楽しみたい方によいと思います。
味ですか、まさに安寧の美味しさです。

このお店はバーガー好きの「コダワリ」を熟知しています。
客足が絶えない理由に納得です。
駐車場がないので大泉学園駅から歩いていくか、隣のUNIQLOさんで服を買い求め、その誼(よしみ)で駐車させてもらうのもよいかもしれません・・・

それでは(^_-)

続 練馬高野台 ビッグボーイ

今日は「American joke Vol.2」 です。
アメリカンジョーク
American jokeって面白いですよね!
笑って下さいm(__)m

#落し物
医者が道に落ちている千円札を見つけたが後ろから人が歩いてくるのに気づいて
拾おうかどうしようか迷っていると後ろから歩いてきた坊主がすかさず拾った。
医者「それは私が先に見つけたのに」
坊主「医者が見捨てたものは坊主のものと決まっておる」

#ブッシュは馬鹿
ブッシュ大統領とチェイニー大統領補佐官、ラムズフェルド国防長官が飛行機に乗って話していた。
大統領が「ここから100ドル札を落とすと誰かが幸せになれるね。」
大統領補佐官は「私なら10ドル札を10枚落としますね。そうすれば10人が幸せになれる。」
「いや。」国防長官は「1ドル札を100枚落とした方がいいでしょう。」という。
するとパイロットが言った。「あんたら3人を落とせば世界中が幸せになりますよ。」
この後怒ったブッシュはこのパイロットを飛行機から突き落とした。

#賭け
ひどく酔っ払った男がバーテンダーに言った。
「おい、賭けをしようぜ。俺の右目をもし俺が噛むことが出来たら100ドルだ」
酔っ払いの言うことだ、とバーテンはその賭けを引き受けた。
すると酔っ払いは義眼の右目を取り外し、それを噛んで見せた。
酔っ払いは更に飲み、今度はバーテンダーにこう言った。
「今度は200ドル賭ける。次は左目を噛んでやる」
バーテンは男の左目をよく見てからその賭けを引き受けた。
すると酔っ払いは入れ歯を取り出し、入れ歯でその左目を挟んだ。
バーテンはかなり悔しがっていたが、酔っ払いは相変わらず飲み続けた。
酔っ払いは次にこう言った。
「あのショットグラスをカウンターの上に滑らせてくれ。
滑っているグラスの中に一滴漏らさず小便をしてやる。500ドルでどうだ」
バーテンは喜んで賭けを引き受け、目にも留まらぬ速度でグラスをスライドさせた。
男は立ち上がったが、小便をバー中に撒き散らした。
それを見たバーテンは500ドルの大金に大声を上げて喜んだ。
その後ろで別の男が悪態をついていた。
バーテンが事情を聴くとその男は言った。
「あの酔っ払い、バーに小便を撒き散らしたらバーテンが喜ぶって1000ドル賭けてたんだ」

#天の助け
ある敬虔なクリスチャンの男が川沿いを散歩していると、誤って足を滑らせ川に落ちてしまった。
岸に向って必死に泳いでいたが、流れが急で全然進まない。
すると、そこへ偶然にもボートが通り掛かり、助けの手を差し伸べるとその男はこう言った。
「いや、大丈夫。私には神様がついている。神様が助けてくれるから、助けは必要ない」
しばらくすると、また別のボートが通り掛かり、同じように男を助けようとした。
「私のことは神様が助けてくれるから大丈夫だ。さぁ、行ってくれ」
しかし、結局男はそのまま力尽き、死んでしまった。
天国に着いた男は神様に会うとすこし怒りながら尋ねた。
「神よ、どうして私を助けてくれなかったのですか?」
神は言った・・・
「何を言っておるのだ?2回も助けのボートを出したではないか・・・・・」

#世界一のビール
ビール大会の後、ビール会社の社長が連れだってバーに行った。
コロナの社長が席について言った。
「俺は世界最高のコロナビールを頼むとしよう」
バーテンダーは棚の奥からボトルを出してきた。
バドワイザーの社長も
「俺は真に世界最高のビールを頼もう。"キング・オブ・ビア"バドワイザーだ」
と、バーテンダーに頼んだ。
クアーズの社長は
「俺ならロッキーマウンテンの湧水でつくられた、あのクアーズを飲むね」
と頼んだ。
ギネスの社長が最後に言った。
「コーラをくれ」
他の社長が、なぜギネスを頼まないのか不思議そうに尋ねると、彼は答えた。
「君達がビールを頼んでないのに、わたし一人で飲むわけにはいかんよ」

#精神病院でのひとコマ
ある患者が大声で「俺はナポレオンだ!」と叫んでいる。
看護婦があわてて主治医を呼んだ。
駆けつけた主治医が訊ねた。「いつからあなたはナポレオンになったのですか?」
するとその患者は言った。「今朝からだ。夢の中に神様が現れて『お前はナポレオンだ』と仰ったんだ」
それを聞いていた同室の患者が言った。「俺はそんなことを言った覚えはないぞ!!」

#悪い知らせ
医者「悪い知らせともっと悪い知らせのどちらを先に聞きたいですか?」
患者「じゃあ、悪い知らせのほうを・・・」
医者「では・・・あなたの余命は残り2日です」
患者「なんてことだ・・・しかしそれより悪い知らせとは?」
医者「それを昨日言い忘れたことです」

#悩み
「どうしたの?深刻そうな顔して」
「ちょっと悩んでんだ、ほっといてくれよ」
「ふーん、話変わるけどさぁ、髪薄くなった?」
「話変わってないんだけど…」

#確信犯
あるバーに酔っぱらいがやってきて言った。
「ブドウをくれ」
バーテンが「ブドウなんてうちにはないよ。ここはバーだからな」と言うと、酔っぱらいは残念そうに帰っていった。
翌日、また同じ酔っぱらいが来て言った。
「ブドウをくれ」
バーテンが少しいらついて「ない」と言うと、酔っぱらいはまた帰っていった。
翌日、また酔っぱらいが店へ来ると、バーテンは堪忍袋の緒が切れて怒鳴りつけた。
「おい!どの世界にブドウを出すバーがあるってんだよ! また同じ質問をしやがったら、
その間抜けな口を縫いつけてやるぞ!」
酔っぱらいは困った顔でしばらく黙っていたが、やがて口を開いて言った。
「縫い針と糸をくれ」
「そんなもの、どこにもねぇよ!」
バーテンが答えると、酔っぱらいは安心した顔で言った。
「ブドウをくれ」

#釣りバカ
サムとジョージが川にボートを出して釣りをしていると、ちょうど橋の上を葬送の列が通り掛かった。
サムはそれを見るとボートの上で立ち上がり、帽子を脱いで胸にあて、葬列が過ぎるまで頭を垂れていた。
葬列が過ぎるとサムは帽子を被り、座って釣りを再開した。
それを見ていたジョージが言った。
「サム、君がそんな敬虔な人間だとは思わなかったよ。正直、感心したよ」
するとサムが言った。
「まあ、さすがに40年も連れ添った女房だからな」

#いい知らせ
妻「ねえ、いい知らせと悪い知らせがあるの、どっちから聞きたい?」
夫「どっちからでもいいよ」
妻「じゃあ言うわね、実は赤ちゃんができたの、あなたパパになるのよ!」
夫「そうか、で、いい知らせってのは?」

#探し物
ある職人が客の家でカーペットを敷き終わり、
一服しようとしたが、ポケットに入れておいたはずのタバコが見つからなかった。
職人がタバコを探してあたりを見渡すと、カーペットの一部が盛り上がっていた。
今さらカーペットを敷き直すのは面倒だったので、
職人は木槌でカーペットの下のタバコの箱を潰して平らにし、
何ごとも無かったように客に作業の終わりを告げた。
「まあ、何て見事な仕上がりなの!」
カーペットを見た婦人が喜びの声を上げ、ポケットをまさぐりながら言った。
「あ、そうそう。これがキッチンに落ちていましたよ」
婦人は職人にタバコの箱を差し出した。
「ところで、私のハムスターを見掛けませんでした?」


海外のドッキリ亜too big!)


IMG_8713
今日は所用があって練馬高野台に次男と出向きました。
お昼でも食べようとお店を探しましたが適当なところがありません。
結局アンパイなお店に行こうということになりました。
向かった先は「ビッグボーイ」練馬高野台店さんです。

住所: 東京都練馬区高野台2-5-15
電話:03-5923-7001
定休日:無休

IMG_8697

IMG_8698
お店の外観です。

IMG_8705
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
私は「高山にんにく直火焼きチキン」@1,153円です。
次男は「ダブル大俵ハンバーグ(450g)」@1,573円です。
ともにサラダバー、スープバー、カレーバー、ライスバーが付きます。

IMG_8701

IMG_8702

IMG_8703
サラダバーです。
相も変わらずサラダバーは充実しています。
葉物は4種類ほどで茹でたほうれん草やオクラ、豆やポテトサラダ、デザートのゼリー、杏仁豆腐、パイナップル、ドラゴンフルーツなんかもあります。
ちょっと今日のサラダはエッジが立ってなかったですね。

IMG_8706
中華スープです。
まずまずの味です。トロミが良いですね。

IMG_8707
カレーです。
辛さは中辛ですか。美味しいですよ、ウン。

IMG_8704
私のサラダボールです。
ドラゴンフルーツが彩(いろど)りを添えます。

IMG_8708
待つこと13分で「高山にんにく直火焼きチキン」の到着です。
見てください、ニンニクがゴロゴロと入っています。
これはスゴイですね(笑)
味ですか、皮をもっとジューシーに焼いて欲しいものです。
これではパリッパリッではないですか(悲)
肉が美味しいのですごく残念です・・・

IMG_8710
待つこと14分で「ダブル大俵ハンバーグ(450g)」の到着です。
ジュウジュウに焼けています。
肉はレアですが、“焼き石”が用意されていますので、自分好みの焼き加減で楽しめます。
味ですか、ここのハンバーグは調理勝ちではなく肉勝ちです。
飽きのこない美味しさです。

ちょっとお値段が高い気もしますが、サラダバー、スープバー、カレーバー、ライスバー付ですので、グルマン(大食漢)系の方には宜しいかと思います。

それでは(^_-)

大泉学園 八 リターンズ

今日は「長男の誕生日」です。
我が家は奥様が偉いのか、子供達ができているのか、家族の誕生日は皆で祝うのがお約束になっています。
そのお祝いは持ち回り幹事の熱意で年々豪華になってきており、支払い担当の私としては嬉しい悲鳴です。
長男は今から20数年前に生れました。
正直初めての子供でしたので、根っからの子煩悩の私はその誕生に狂喜しました。
それに加えて子供好きの亡き父母がとても喜んでくれたので、少しは親孝行の真似ができたのかなと思っています。

私の奥様はとても几帳面な性格です。
几帳面な性格とは単なる奥様の性格外相描写ですので、その是非はそれ以上それ以下のものでもありません。
ちょっと晦渋な文章となりましたが、書いた意図は行間を読んでください。

閑話休題おはなしはもどりまして
几帳面な性格ですよね、長男の予定日が9月20日でしたが生まれる気配は微塵(みじん)もありませんでした。
▲▲(奥様の名前)は几帳面なので、きっちりと予定日に産むよ。出産は体力勝負なので、しっかりとしたものを食べときなよ、ということで前日の夜、おとぼけ夫婦は焼肉を食べに行ったのです。
次の日の朝、まるで計ったように陣痛が始まり、それに呼応して近隣に住んでいた母が初孫の誕生ということで猛然とはりきり始めました。
その後は壊れたジェトコースター状態となりました。
私は会社を早退させられるは、長男は難産でなかなか生まれてこないは、その難産をわけのわからない父が怒り始めるはで、まさにてんやわんや状態の中、家族全員の祝福を受けて長男はこの世に生まれたのでした、でした。

IMG_7222
この日の私は自宅改修の立会をしており終日家におりました。
夕方、次男が帰宅したので、交替してジムに走りに行こうとしたら、ラン靴がありません。
多分改修工事でどこかかに退避したのかなと思っていたのですが、その夜に、カラオケ熱唱後帰宅した奥様が私に、ごめんなさい、▲▲さん(私の事)、探せと言われたラン靴はビニール袋にしまってベランダに置いてあったんだけど、今日間違えてゴミとして出してしまいました。本当にごめんなさい、土下座して謝ります、と懺悔したのです。
捨ててしまったものは仕方ないですが、今まで命の次に大事にしていたラン靴、しかも四足全部ですよ・・・
懺悔を聞いた後の私は、放心状態となり寝込んでしまいました。


imagesCALYU81G
ということで今日は長男の誕生日パーティーです。
今回の仕切りは私です。
そして選んだ会場は、自宅からはすこし遠いのですが大泉学園に忽然と現れた本格中華の名店「八」さんです。
それではパーティー会場にLet’s move on!

住所: 東京都練馬区大泉学園町1-1-19第二パールハイツ1階
電話:03-6311-0672
定休日:月曜日

IMG_7223
お店の外観です。

IMG_7224
まずは「Shall we make a toast?」です。
私は停酒中なのでお酒はあまり興味がなかったのですが、このお店かなりお酒の種類は豊富の様です。
頼んだお酒、私はノンアルコールビール、長男は杏露酒、次男は赤梅酒、奥様は藍苺酒です。

#前菜です。
IMG_7225
1.帆立とオクラの紹興酒漬
2.自家製叉焼、胡桃の飴炊き
3.海月(クラゲ)の頭スモークサーモン巻、パクチーのドレッシング添え
4.苦瓜、生姜、新生姜の甘酢漬
いずもれ手の込んだものです。
My surpriseは「海月(クラゲ)の頭スモークサーモン巻、パクチーのドレッシング添え」です。
多分生れてこの方「海月(クラゲ)の頭」は食したことがありません、所謂初体験です。
なな何ですか、この絶妙な質感は、例えて言えば赤貝から野趣を除き洗練した風情の味わいです。
これは美味しい、bravoです。パクチーのドレッシングが秀逸です。
「自家製叉焼、胡桃の飴炊き」もスゴイ、質感、滋養感が横溢しています。
これだけの叉焼を作れる人が練馬区にいたとは、感嘆の言葉がおもわずもれてきます。
「帆立とオクラの紹興酒漬」は、帆立の甘さを思い切り際立させています、美味しいです。
「苦瓜、生姜、新生姜の甘酢漬」は清涼感を極めるとこのような料理になるのでしょうか
感動の域に達しています。
高野夫妻、前菜からfull slotです、今夜の料理は楽しめそうです

◆スープです。
IMG_7226
冬瓜、干し椎茸、鶏肉、松茸、金華ハム(中国・浙江省の金華地区で生産されるハムの一種)、百合の蕾のスープです。
家族全員この美味しさに放心状態です。
この世に極楽があるとすれば、今でしょ、です。
これはbravoでしょう!

IMG_7227
長男はspecialty itemです。
なな何と幹事(私の事)が大奮発して、長男のスープには「ふかひれ」を入れてもらいました。
「ふかぞり」ではなくて「ふかひれ」ですぞ!
皆の者、フカヒレ様の御前でござるぞ、頭が高い、控えおろう、です。
これは形容のしようがありません、美味しさが付き抜けると、人間の心には「無の境地」が生じます。
どうやら長男は今「悟り」を開いたようです・・・

◆シューマイです。
IMG_7229
外観が黄色が特製シューマイです。
豚肉と干し椎茸が入っています。
質感、肉感ウマウマです。
外観が緑色が蒸し餃子です。
海老とドライトマトが入っています。
中で海老が踊っているのではないですか。
安定感ある美味しさです。

◆鶏のパリパリ揚げです。
IMG_7230

IMG_7231
鶏の皮を水飴と酢でcoatingして揚げています。
北京ダックと同じ製法で仕上げているとのことです。
大葉と玉葱のサラダ添えです。
このパリパリ揚げは山椒と塩の調味料につけていただきます。

画像で見てもおわかりのようにテリがすごいです。
全部が飴色です。そして皮はパリパリです。
肉はとてもjuicyです。じっくりと低温で時間をかけて揚げているので骨まで軟らかです。
これはスゴイ・・・
超ウマウマです。秒殺でこの「鶏のパリパリ揚げ」は家族の胃に収納されました。

◆「韓国カボチャと大海老の炒め」です。
IMG_7232
「韓国カボチャ(ズッキーニの様な味わい)と大海老の炒め」には豆苗(とうみょう)、生木耳、海苔ジャン(焼き海苔と生海苔の佃煮)、紅芯大根、セロリ、白あわび茸(エリンギ)が入っています。
この美味しさは天まで突き抜けています。
そしてこの美味しさを表現する言葉が見いだせません。
高野chefは海苔ジャンが入っているため和食tasteに陥りそうなので、意識的に中華風あじわいを心がけたと、いわれていましたが、その出来栄えは大拍手ものです。
白あわび茸が白眉です。感動の一皿です。

◆海老のあんかけ炒飯です。
IMG_7233
卵白のあんかけは高野chefがふんわり感を心がけて作られた一品です。
これは・・・とても、すごく、きわめて美味しいです。
私の炒飯の概念を変えました。まさにamazingです。
家族もこの一品を今日一にしていました。

◆デザートです。
IMG_7235
黒ゴマのプリン、ジャスミン茶のシャーベット、ココナッツの団子(蓮の実の餡入り)です。
これは全て美味しいです。
以前から奥様の律子さんのデザートのセンスは敬畏していましたが、今日のデザートもすごいですね。
特にジャスミン茶のシャーベットの甘さ加減に感動しました。
多分これ以上に甘かったら下品ですし、これ以下の甘さで有れば物足りなかったでしょう。
所謂見切り寸止めの味わいでした、拍手です。

IMG_7236

IMG_7239
長男のbirthday plateです。

どうですかこの「八」さんは・・・
高野夫妻の料理の技は、今まさに玉乗りの曲芸師のように弾みにはずんでいるようであります。
このような旬の調理人の料理を味わうのが食べ歩きの醍醐味です。
宜しかったらお立ちより下さい。
ちなみに料金は@4,000円/人(飲み物別)でお願いしました。
お得感ありありですね:D

IMG_7242

IMG_7243
この後男組だけで恒例のカラオケにいきました。
そして帰宅した私には冒頭の大大不幸が待ちうけていたのです(悲)

それでは(^_-)

練馬高野台 ビッグボーイ

今日は「Splashな一日」です。
今日は「Splashな一日」です。
ここのところ硬い話が続きましたのでたまには肩の力を抜いた話で失礼します。

1. エックスガールフレンド
元彼女1
今日の今日までこのex-girlfriend(エックスガールフレンド)をx- girlfriend(エックスガールフレンド)とエックスをmysterious(秘密の)の意味のxだと思っていました。
つまり私的にはエックスガールフレンドと言うのは秘密というか他人に会わすことができない不倫相手みたいな彼女だったのです。
しか〜し本日いつものカナダ人と話していたら意味が微妙に噛み合わないので確認してみましたところ、正しくはformer girlfriendということで元彼女とかかつての恋人という意味だったのですね。
ちなみに辞書で調べてみましたら、exはラテン語の前置詞で元の〜、以前の〜という意味だったのです。
全く知りませんでした。

2. 金満東京オリンピック
東京オリンピック
今回のオリンピックは東京都と国の負担ですが、大会が終わるとマンションに転用する選手村は民間が開発します。仮説会場はスポンサー収入などを元に大会組織委員会が作ります。東京都の施設整備費は1,500億円程度になります。
これにつきましてはすでに都が4,000億円超を積み立てているのです。
都は2006年度から4年間、都税収入から毎年1,000億円を基金に積み立て、今後はこの基金を取り崩して施設整備費などに充てるそうです。
猪瀬都知事が海外のpresentationで「銀行に預けてある」などと自慢していましたが、実際、前回の五輪招致で失敗した事で、利子などで基金残高は約100億円を超えているそうですよ。ということで現状では予算を通じて都民が追加負担を強いられることはないようです。些少であれば五輪のために身銭を切る覚悟はしていました。

3. 鈴木さん一家
IMG_6917

IMG_0176
確〜か・・・鈴木(ガッツ石松)さんの奥さんって美人だったのにと思いながら、このポスターを毎日斜(はす)に見ながら通りすぎていました。
しか〜し本日よくよく見ましたら、なな何と4人鈴木だったのですね(笑)
たしか鈴木さんって母親似でしたので納得の母親ぶりです。
ついでに鈴木さんのお墓です。栃木県粟野では観光spotになっています。
多分鈴木さんは奥様の遠い遠い親戚だと思いますので“鈴木さん”と親しく読んでいますが、TV以外で会った事はありません、ハイ。

4.両替考
両替
小銭が多い場合には最寄り駅のCVSで何かを買ったついでに小銭をお札に替えてもらっています。
今回も出張で新幹線に乗る時にわさわさと小物を買っていたら小銭がたまり、小銭入れがパンパンになりました。
従いまして一番近いCVSで飲料水を求め、そのついでに小銭をお札に替えてもらうことにしたのです。
今回のお店は有楽町のファミマさんです。
Cashierでその旨をお願いしたところ女性の店員さんから、当店は両替をしていません、といわれましたので即座に、両替というのは大きな紙幣を細かくすることですよ。今回のお願いは真逆ですので両替とはいわないと思います。さらにCVSにだったら小銭は沢山あった方がいいわけで、このような事を受けいれておけば小銭がなくなったからといって銀行に両替に行かなくてもよいのですよ。しいてはお店の為にもなります、と返しましたら、その彼女は答えに窮してfriezeしてしまいました。
これ以上言っても仕方ないので、できなければいいですよ、と言ってお店を出ました。
で〜もこれって私の説明が合っていてCVSにとってはmeritになるお願いかと思うのですがね。ちがうのでしょうか?


人馬一体(じんばいったい)という言葉があります。まるで騎手と馬が一心同体になったかのように、巧みに乗りこなすことをいいます。馬でなくともバイクも同じです。マシンと一体になってこそ、自由自在の運転が可能となるのです。そんな人馬一体の見本とも言うべき、見事すぎるバイクの運転が収められた映像が大きな話題となっています。



今日は長男が帰省しています。
たまには美味しいものでも食べるかということで奥様、長男帯同で訪れたのは「ビッグボーイ」練馬高野台店さんです。
というのも「ビッグボーイ」さんは8月31日(土)放映の「第二回ファミレス総選挙」にて新メニュー部門で栄えある一位に輝いたからです。
基本私はミーハーです・・・

住所: 東京都練馬区高野台2-5-15
電話:03-5923-7001
定休日:無休

IMG_7009

IMG_7011

IMG_7012
お店の外観です。

IMG_7024

IMG_7023
店内の雰囲気です。

IMG_7014

IMG_7015
メニューです。

今日のオーダー
私は栄えある一位に輝いた「骨付き日南どりの直火焼き+ドリンクバー」@1,258+@189=1,447円です。
奥様は第七位に輝いた「チーズINハンバーグ+ドリンクバー」@1,153+@189=1,342円です。
長男は第六位に輝いた「大俵ハンバーグ+ドリンクバー」@1,048+@189=1,237円です。

まず入店して驚いたのですが超混雑なのです。
21時近くだというのにこんなに活気のあるファミレスって見た事はありません。
ほとんどが家族連れでお父さん、お母さんはガシガシ呑んでいます。
ワインのフルボトルが1,000円ですからね、コリャ安いです。
奥様と長男もつられてグラスビールを頼みましがこれは@367円ですからちょっと高いね〜です。

ここはゼンショーグループでしょう。
個人的には小川 賢太郎社長が好きです。
社名のゼンショーも「全勝=全部勝つ」「善商=善なる商売」「禅商=善の心で行う商売」からきています。
さら〜にここの企業理念は「世界から飢餓と貧困を撲滅するために日本からフード業世界一」を目指す、ですからとても分かりやすい会社です。

IMG_7016

IMG_7019

IMG_7017
まずはサラダバーです。
サラダバーは充実しています。
葉物は4種類ほどでゆでたほうれん草やオクラ、豆やポテトサラダ、デザートのゼリー、杏仁豆腐、ムース、ライチ、ドラゴンフルーツなんかもあります。
これだけのサラダバーってフォルクスさんくらいですか・・・

IMG_7020
スープバーはコーンスープ・わかめスープと2種類あります。
どれもいい味ですよ。

IMG_7022

IMG_7021
ドリンクバーは普通ですか。

IMG_7018
カレーとライスは食べ放題です。
以外にカレーが美味しいのです。

IMG_7025
そうそうお味ですか。
私の「骨付き日南どりの直火焼き」ですが正直申して火が入りすぎです。
表面が炭化していてコゲた匂いが全てを台無しにしています。
かなり残念です。

IMG_7026

IMG_7027
奥様、長男のハンバーグはまさにストライクです。
かなりの美味しさです。
肉が良いのでしょう
私と長男のプレートには“焼き石”が用意されていますので、自分好みの焼き加減で楽しめます、この当りもうれしいところです。

個人的にはこのような“選べる楽しみ“があるお店は大好きです。
また来ようって!

それでは(^_-)

大泉学園 叙々苑

今日は「Splashな一日」です。
私の土曜日はだいたい4時〜5時の間に起床してこのblogを纏めて作っています。
その後にマラソンしたり、家に持ちこんだ会社の仕事を片付けたり、自宅の改修工事の打合せをしたり、近所のカナダ人が暇していたら雑談したり、図書館に行ったりして超多忙なのです。盛っていませんから、マジです。
それですので夜は本当にストンと落ちるように寝ています。

今日はblogがはかどりません。
だいたい一日に4ネタをしかも長文ネタで仕上げること事態がsomething crazyなのです。

貴方なにか怒っていますネ、もしかして先週の耐久マラソンの疲れが残っているのではないのですか。
実はそうなのです。先週の日曜日は32度の炎天下の中、地元のマラソンクラブの耐久レース(12時間走)に出走して13時から16時の間に24.5km走破したのですが、結果13位でした。
鍛えているので熱中症こそなりませんでしたが、疲れがまだ抜けていないのです・・・
ちなみにtopは8時から15時までの間に71km走破した方でした。
この耐久レースそのものが常軌を逸しています。
マラソンクラブの会長は、皆さん、熱中症にはくれぐれも気をつけてください〜ね、といっていますが、それならこのような危険な炎天下レースを止めればいいのではないかと思うところでありますが、誰も反対もせず嬉々として参加しているところにこのマラソンクラブの狂気が垣間見えます、ハイ。

IMG_6465
そうなのです6時にblogネタが行き詰まってしまったのでblogを書くのをやめて地元のラジオ体操にいってまいりました。ラジオ体操はかつて日本の某大手金属メーカーに出向していた時に毎日やっていたので大得意なのです。

IMG_6467

IMG_6479

IMG_6495

IMG_6496

IMG_6497
7時に汗だくになって会場につきましたらだれもいません。
今時ラジオ体操する人間っているのか?ってブツブツ言っていましたら来るわ、来るわで会場がみっしりと埋まってきました。

IMG_6483
そんなこんなでパチリしていましたら、地元のダンス名人ちがうか衆議院議員の先生がやってきて、お世話になっています、と挨拶をしてくれました。
この先生は早稲田大学入学後、ディスコダンスに目覚め全校大会に入賞し、trfのサムとユニットを組んで全国行脚をしていたそうです。
これは盛ってなくマジネタのようです。



その後帰宅してから建築業者と改修工事の打合せをしていたら、前からだましだましていた歯痛がひどくなったので、さすがに耐えきれず地元の口腔外科に見てもらいにいったのです。この口腔外科はかつて顎関節症(顎外れ)を直してもらってから全幅の信頼をおいています。診察の結果は虫歯でした・・・
甘いものなんか食べてないのに(これは真っ赤な嘘)、寝る前には必ず歯を磨いているのに、何故なのでしょうか?
診察してくれた先生がおっしゃるのには、今回の虫歯は神経を抜いた歯で、そのような歯は歯そのものの組織(エナメル質)が弱くなり、その為に歯の内部が溶けやすくなり、その隙間に雑菌が入り虫歯になっていたとの事でした、それならば納得ですが、痛いのは勘弁です。取りあえず応急措置をしてもらい、痛みは和らぎましたので一安心です。

帰宅したら夕方になっていました。
今日は奥様のお誕生日partyです。
このpartyに家から離れて暮らしている長男も駆けつけてきました。
美味しい焼肉屋があるとのことでしたので今日の誕生祝いは「叙々苑」オズスタジオシティ店さんです。
会場には三々五々で指定時刻に集まることにしました。
指定時刻5分前には全員集まりました。
In any case, let's get started!

住所: 東京都練馬区東大泉2丁目34−1
電話:03-3978-8989
定休日:無休

IMG_6499
お店の外観です。

IMG_6501

IMG_6500
店内の雰囲気です。
実は「叙々苑」さんには他のお店を含めて行った事がありませんでした。
店内は想像以上に高級感あふれ、ゆったりとした空間と控えめな照明は落ち着いた雰囲気を醸しだしています。

IMG_6502
メニューです。

今日のオーダーは「華会席」=@6,000×2sets=12,000円、「彩会席」=@4,500×2sets=9,000円です。

IMG_6504
まずは「叙々苑」エプロンです。
これを着けませんと奥様の目がつり上がりますのでね・・・

IMG_6505
「叙々苑」サラダです。
これが噂の一品ですか。
野菜はしんなりしていますが美味しいです。
これはドレッシングが良いのですね。

IMG_6506
レアステーキユッケ漬です。
これは美味しいですね。
今日の料理の中で一番手間がかかっている一品です。
例の食中毒事件以来細心の注意を払って作っているそうです。
細心の注意というのは専用の包丁、まな板を使用し、使用後は即消毒をすることを指しています。
さらに現在、生肉はだせませんので軽く炙ってだすようにしているのですが、これは叙々苑さんの作戦勝ちです。
というのは軽く炙ることで生肉ではないとしていますが、実態は生肉です。
食中毒事件以後いち早くこのmenuを上市し、お客様には疑似ユッケということで供したことが好印象・高評価となったようです。
味ですかこれは秀逸です。
ほのかに甘い醤油ダレと卵黄のmariageが奏功しています。
すごく美味しいです。

IMG_6507
豆腐です。
これは特段のsurpriseはありませんでした。

IMG_6508
チャプチエです。
これは美味しいですね。
胡麻油がよいのでしょうがタレが際立っています。
ちょっと他の店の追従は許さないのではと思います。

IMG_6509
キムチとオイキムチです。
オイキムチはシャトーにして表皮を飛ばしでpeelingしていてオサレです。
漬かり方が浅く酸っぱいです。
こういう場合は砂糖を加えて調整するのですが味見をしていないのか若しくは手を抜かれた様です。
キムチの盛付はキレイな太鼓状になっていなくこれまた同様に手を抜かれたようです。
キムチタレが四角い皿の底部からはみでていて「叙々苑」の標準盛付仕様から逸脱しています。
この一皿は厨房のチーフの管理不行届きですね。

IMG_6510
タンと海老です。
両方ともかなりの美味しさです。
私は海老の美味しさにknockoutされました。

IMG_6511
帆立、海老、タン、カルビです。
どれも美味しいです。
カルビは肉厚があります。

IMG_6512
ナムルです。
これは普通の味ですか。

IMG_6513
焼肉のタレです。
右から特製、塩だれ、甘辛です。
個人的には唐辛子、コチュジャンを加えた、大人の辛さと深みのある甘さの「甘辛」がmy favoriteでした。

IMG_6514
一応焼いているところも・・・
タン塩です、これもすごく美味しいですね、ブラボーです。

IMG_6515
上カルビです。
見ただけでヨダレが湧きでてきます。
これは超美味です、タマルカですね。

IMG_6516
ミノです。
これは大大大好きです。
ウマウマの極みです。
久々に美味しいミノを堪能しました。
ミノが美味しい店は決して裏切りません、が私の焼肉店の真贋の見極め方ですが、それが証明された一品です。

IMG_6517
締めのクッパです。
落ち着いた味付けが締めということもあり高評価です。

IMG_6518
締めの冷麺です。
中のフルーツが秀逸です。
口内の夾雑物をそぎ取ってくれました。
このフルーツの盛り合わせはとても良いセンスだと思います。

IMG_6519
デザートです。
まずまずですよ・・・

IMG_6520
最後に家族からのsurprise plateです。
奥様いつもお世話になっています。
いつまでもいつまでも今のような若々しい姿でいることを祈っております・・・by splash

IMG_6529
今日の総括です。
値段は高いかもしれませんが大事な奥様の誕生日ですからね、奮発しましょうheart02

IMG_6523

IMG_6526

IMG_6527

IMG_6530
これで帰宅の途につかないのが良い所です。
この後男組でカラオケにいき0時20分までの2時間34分歌い続けていました。
ちなみに我家の締め歌は「仮面ライダーBLACK RX」であります。
今日も落ちる様にストンと寝てしまいました、但し深夜の2時ですがね(笑)

それでは(^_-)

続 大泉学園 八

今日は「風立ちぬ」です。
奥様と宮崎駿監督作品の「風立ちぬ」を観てきました。
久々にアニメを観て感動しました。
突然終わるラストシーンに驚く暇もなく、間髪いれずending rollに切り替わり荒井由美の「ひこうき雲」が流れ出しました。その曲は私のノスタルジーと重なり合って胸にしみいり、劇場が明るくなっても感動に打ちのめされて、しばらく立ち上がることができませんでした。
いい映画です。
これは一食抜いても是非ご覧ください!

ここから先はネタばれですので、まだ観ていない方は食べ歩きネタにskipしてください。
零戦の設計者堀越二郎とイタリアの先輩ジヤンニーカプローニとの同じ志を持つ者の時空をこえた友情。いくたびもの挫折をこえて少年の日の夢にむかい力を尽すふたり。 
大正時代、田舎に育ったひとりの少年が飛行機の設計者になろうと決意する。美しい風のような飛行機を造りたいと夢見る。 
やがて少年は東京の大学に進み、大軍需産業のエリート技師となって才能を開花させ、ついに航空史にのこる美しい機体を造りあげるに至る。三菱A6MI、後の海軍零式艦上戦闘機いわゆるゼロ戦である。1940年から三年間、ゼロ戦は世界に傑出した戦闘機であった。 少年期から青年期へ、私達の主人公が生きた時代は今日の日本にただよう閉塞感のもっと激しい時代だった。関東大震災、世界恐慌、失業、貧困と結核、革命とファシズム、言論弾圧と戦争につぐ戦争、一方大衆文化が開花し、モダニズムとニヒリズム、享楽主義が横行した。詩人は旅に病み死んでいく時代だった。
私達の主人公二郎が飛行機設計にたずさわった時代は、日本帝国が破滅にむかってつき進み、ついに崩壊する過程であった。しかし、この映画は戦争を糾弾しようというものではない。ゼロ戦の優秀さで日本の若者を鼓舞しようというものでもない。本当は民間機を作りたかったなどとかばう心算もない。 
自分の夢に忠実にまっすぐ進んだ人物を描きたいのである。夢は狂気をはらむ、その毒もかくしてはならない。美しすぎるものへの憬れは、人生の罠でもある。美に傾く代償は少くない。二郎はズタズタにひきさかれ、挫折し、設計者人生をたちきられる。それにもかかわらず、二郎は独創性と才能においてもっとも抜きんでていた人間である。それを描こうというのである。 
この作品の題名「風立ちぬ」は堀辰雄の同名の小説に由来する。ポールーヴァレリーの詩の一節を堀辰雄は“風立ちぬ、いざ生きめやも”と約した。この映画は実在した場越二郎と同時代に生きた文学者堀辰雄をごちゃまぜにして、ひとりの主人公“二郎”に仕立てている。後に神話と化したゼロ戦の誕生をたて糸に、青年技師二郎と美しい薄幸の少女菜穂子との出会い別れを横糸に、カプローニおじさんが時空を超えた彩りをそえて、完全なフィクションとして1930年代の青春を描く、異色の作品である。
「風立ちぬ」パンフレット内「飛行機は美しい夢」より転載




最初はゼロ戦のメーキング映画かなと思って観ていたのですが、そんなことはありませんでした。
この映画は日本の物作りに対する明治以来のpassion(情熱)の歴史を紡(つむ)いだものなのです。
そのpassionが日本を技術立国の道へと歩きださせたのです。
そして日本が欧米の先進諸国に追いつけ追い越せとその夢をおいかけて急な坂道を登りきった時に見たものは我が国の敗戦でした。
最後にカプローニ(イタリアの世界的に知られた飛行機技師)から堀越二郎(主人公)に以下のように問いかけていました
「君の10年はどうだったかね。力を尽くしたかね」
「はい、終わりはズタズタでした」
「国を滅ぼしたんだからな、君のゼロは」
という映画の最後に交わされるこの二人の会話がこの映画のsummaryでしょう。

宮崎監督がこの映画でいいたかったことは「力を尽くしているかね?」です
これは宮崎監督が私淑する堀田善英が随筆集「空の空なればこそ」で引用した旧約聖書の伝道の書の「凡(すべ)て汝(なんじ)の手に堪(たふ)ることは力をつくしてこれを為せ」がもとになっています。
宮崎監督は「力を尽くせという言葉は単純ではあるが胸にささった。堀越二郎も堀辰雄茂インテリ。海外の文献を読み、自分たちが激動の時代のどこにいるかよく分かっていた。
どんな状況であれ職業軍人はその職業の中で精いっぱいやるしかない。
力を尽くしても必ず見返りがあるわけではないが、やっぱり力を尽くしてやったほうがいいんです」と言っています。
そうだと思います。
この映画は時間がないと自覚している人達皆が輝いていて“今を生きている”ということをそれぞれの形で表現しています。
従いましてこの映画の鑑賞後は、それぞれが今“自分が生きている事”の尊さを噛みしめることができるかと思います。
そうなのです、この映画は突き詰めて申せば“超現実肯定”映画なのです。
今の流行りの言葉で申せば“今でしょう”です。
そして皆さんもこの映画を観るのは“今でしょう”です。

個人的にこの映画は堀越二郎と里見菜穂子のlove storyに感動しました。
彼女の短い人生に対する潔い生き方、言い換えれば与えられた時間を精一杯生きるという篤き思いに心が震えました。
そのエッセンスが菜穂子の初夜のシーンです。
ほんの数秒のシーンなのに涙なしでは見られませんでした、本当に切なかった。
菜穂子の気持ちを思うと、悲しすぎます・・・


今日は先日除く次男で行った大泉学園の広東料理店「八」さんの話を家で暇こいている次男にしましたら、次男が喰いついてきました。
ということで今日は間髪いれず「八」さんへ再訪です。

住所: 東京都練馬区大泉学園町1-1-19第二パールハイツ1階
電話:03-6311-0672
定休日:月曜日


IMG_6236
お店の外観です。

IMG_6237
店内の雰囲気です。

IMG_6235
メニューです。

今日のオーダー、
私は「大陸セット(イベリコ豚とナスの味噌炒め+ライス+スープ+小鉢+マンゴームース」900円です。
次男は「海セット(ベビーホタテとチャーシューの炒飯+ライス+スープ+小鉢+マンゴームース」900円です。

IMG_6238

IMG_6239
待つこと6分で海セットの到着です。
コスパ良い内容ですね。
小鉢はシューマイです。
肉がみっしりと詰まっていてかつジューシーです。
美味しいですね。
炒飯はあいもかわらず蜜汁叉焼 が光っています。
ベビーホタテも健闘しています。
ただしこれだけご飯量が多いと味付けはもう少し強めの方がありがたいですね。

IMG_6240

IMG_6241
待つこと9分陸セットの到着です。
料理が光っていますね。
「イベリコ豚とナスの味噌炒め」は味噌が美味しいですね。
隠し味の中国大陸香辛料が味を深めています。
特にナスがシャキシャキと炒まっていて軽やかです。
ナス美味しさを引き出すためにイベリコ豚が存在しているような感じです。
楽しめる一皿です。

今日の白眉はマンゴームースです。
点心系なので奥様の作品でしょう。
味が深いです。
とても美味しい。
まだ二回だけの訪問ですので性急に断じることはできませんが、もしかして本体料理より別体料理の点心の方がサプライズ多そうですよ・・・

それでは(^_-)

大泉学園 八

今日は「オムニバスの日々」です。
今日は「オムニバスの日々」です。
「オムニバスの日々」は私の日常の雑感を纏めたものです。
宜しかったらお付き合いください。

#じっとこの画像を見続けて下さい・・・
じっと見ていると
I have no idea what's going on.
I think about it for a bit・・・

#河内熟子(かわちじゅくし)
IMG_6120

IMG_6121
お菓子のroots柑橘類である事をご存じの方は少ないと思います。
垂仁(すいにん)天皇の命を受けて不老長寿の薬を求めて唐、天竺にいったのが田道間守(たじまもり)です。
その田道間守が持ち帰ったのが「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」、今でいう橘(たちばな)です。
折角、勇んで持ち帰ったものの、その時天皇はすでに身罷(みまかわ)れており、悲しみのあまり、墓前に橘を植え絶食をしたという話が残っています。

そのような歴史の悲話に思いを馳せる事ができる和菓子が仙太郎さんの「河内熟子(かわちじゅくし)」です。
「河内熟子(かわちじゅくし)」は「河内晩柑」という大ぶりなみかんに蓄えられたみずみずしい果汁を糸寒天、甜菜糖、吉野葛で包み込んだ一品です。
特によくよく冷やして食べれば、ほっぺが落ちるくらいに美味しいですよ・・・

夏の乾いた体を癒してくることは間違いありません。
宜しかったら最寄りのお店で求めてみては如何でしょうか・・・
お奨めの和菓子です
お店のHPです。

#会社の先輩の死
会社の先輩が突然亡くなりました。
死因は脳梗塞です。
日夜セブンイレブン(CVSの事ではありませんから)で仕事をしながらもキッチリとイレブンからはあびる様にお酒を飲んでいたのが遠因のようです
いくら柔道で鍛えた体でも脳だけは鍛えられなかったようです・・・

葬儀に行った会社の仲間は皆異句同様に、死ぬには早すぎる、と言っていました。
個人的には、先輩の人生は寿命としては短かったのですが、その人生は濃密であり他の人の一生分は生きたと思っています。
遺族の方の悲しみは幾許(いくばく)のものかと思いますが、先輩は日曜日(土曜日は出勤していた)には日頃の罪ほろぼしなのか、みっしりと家族サービスをしていました・・・
孫の顔を見られなかったのは残念でしょうが、一番可愛がっていたお嬢さんはめでたく華燭の典をあげていますし、ある程度父親の仕事は果たせたのではないかと思っています。

日頃先輩は、成功の反対は、何もしない事だ、と言い続けていて、自らeveryday positiveを心がけていました。
人の死は不公平なくじ引きです。
くじが当ってしまうまでは、全力で生きなくてはいけません。
言い換えれば“死ぬまで生きろ”です。
日頃、電車に飛び込みたいとか広言して命を粗末に考えている人達は、もう少し生きたいと思っている人に寿命を分けてあげてください。


今日は長男が帰省しています。
たまには美味しいものを食べようということで、車でわざわざでかけたのは、大泉学園で最近人気急上昇中の広東料理の名店「八」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉学園町1-1-19第二パールハイツ1階
電話:03-6311-0672
定休日:月曜日

IMG_6172
お店の外観です。

IMG_6176

IMG_6188

IMG_6187
店内の雰囲気です。
ご主人は赤坂離宮で周富徳さんと一緒に仕事をしておりその後銀座の広東料理の名店を経て新鮮な朝採れ野菜が豊富な大泉学園に転身されたそうです。
奥様も中国料理の名店で点心(デザート)部門をまかされていました。
今大泉学園の地に中国料理の絶巓を極めた二人がこのお店を運営しています。
言い換えれば広東料理の名店が当地ににわかに出現したのです。
ちなみに店名の「八」は、ご主人の強いこだわりで末広がりの「八」から命名されました。
中国ではこのお目出度い意味から中国料理店名にはよく使われるそうですよ・・・

IMG_6194

IMG_6195

IMG_6175
メニューです。

今日のオーダーまずは点心
「とうもろこしシューマイ」@750円
「ドライトマトとえびの蒸しギョーザ」@750円です。

IMG_6179
「とうもろこしシューマイ」は肉がみっしりとつまっていて且つジュシ―です。
とうもろこしの黄色いアクセントが香りをふくよかにしています。
これはすごく美味しいです。

IMG_6180
「ドライトマトとえびの蒸しギョーザ」は初実食です。
えびのプリプリ感とトマトの酸味がbest matchです。
初夏を彷彿させる一品です。
夏のウマウマです。

麺飯です。
「叉焼炒飯」@900円
「五目あんかけやきそば」@1,000円
「坦々麺」@850円です。

IMG_6181
蜜汁叉焼 (広東式チャーシュー)を主材として作られた炒飯です。
あおりが良いのでご飯のパラパラ感が楽しめます。
味ですか、とても美味しいですよ。
特に蜜汁叉焼 が光っています。
安定感ある一品です。

IMG_6184
「五目あんかけやきそば」は地元朝採り野菜が光る一品です。
麺の揚げ方も完璧、味付けも過不足なく、餡のトロミは光っています。
これはとても楽しめる一品です。
素材そのものの味を楽しみたい方にお奨めの一品です。

IMG_6185
「坦々麺」は本格派です。
本場花椒(ホワジャオ)を使用したスープは辛味の強い味付けになっています。
セサミペーストが香ばしいですね。これは美味しい「坦々麺」の基本です。
白眉は全粒粉(ぜんりゅうふん)を使用した麺です。
モチモチ感あり、歯ごたえもあり、「坦々麺」には一番適した麺だと思っています。
ここの「坦々麺」は東京でもトップレベルでしょう。
夏バテで食欲がない方にお奨めの一品です。

デザートです。
「杏仁豆腐」@400円
「マンゴープリン」@400円です。

IMG_6193
「杏仁豆腐」はトッピングにキウイとブルーベリーです。
とてもトロピカルな一品に仕上がっています。
甘さも過不足なくミルクテーストが味を深めています。
安定の一品です。

IMG_6192
「マンゴープリン」はボリューミーなマンゴーが散りばめられています。
見た目よりマンゴーのエッセンスが濃縮されています。
フルーツデザートの極みの一品です。
挑戦的な一品です。

ということで大泉学園に鄙にも稀なとても素晴らしい広東料理店が出現した事はまちがいないようです。

それでは(^_-)

大泉学園 ビストロサンマルク

今日は「Let’s try to stay positive!」です。
The aim of life is self-development.
To realize one's nature perfectly - that is what each of us is here for.
人生の目的は、自己啓発である。
自らの本性を完全に認識すること、
それが我々一人一人がここにいる理由である。
Oscar Wilde(オスカー・ワイルド)


長い人生、私達は変化の波にたえず洗われ続けます。
しかしだいたい50代、すなわち人生の半分に差し掛かった頃に本当の意味での変化が訪れるようです。
この頃よく鬱になる人がいます。
子供の独立・結婚、間近に迫る定年、健康への不安等まだまだ将来の人生行路がまだまだ平坦な行程でないことが自覚できるからです。
色々な問題が山積してきてその積分値がピークを迎えます。
そのような人が自らに向き合った時、人によっては自分の老後に不安を覚えながら鬱々となり、その退避行動として過去を振り返るようになるのです。そして過去の栄光にすがりつきその栄光を称賛します。
いやゆる前官礼遇の個人版です。
人によっては再び思春期の若者のように振る舞い始めることもあります。
海外では「真昼の悪魔」と呼ばれるような、アバンチュールに発展するようなこともあるようです。
特にこの傾向が顕著なのは、欲しいものをほとんど手に入れている人です。
豊富な財産、時間の余裕、制約のない日常、物質的な保証のようなものがあまり余っている人です。
即ち“小人閑居して不善をなす”ですね。

50歳からの10年間は、自らの人生に区切りをつけて、次のstageに歩を進める絶好のtimingなのです。
人生の折り返しを快適に過ごすために、昔の事は忘れて、以前失敗に終わったことに再チャレンジしてみるなど、今こそ将来に目を向けるべきなのです。
今まで散々物質的な喜びを味わってきて、本当に大切な事はそれらの中になかったということを充分に理解してさえいれば、自らを物欲充足の世界から解き放つ事ができるのです。
そしてその上で新たな別の「頂上」を目指しましょう。

目的を持ちながら生きる事は、目的を持たずにただ無為に漠然とした日々をすごすことより、もっと豊かで、健全、精神的、物質的な健康にあふれた生き方ができます。
50歳からの人生が生彩を欠きブルーなものとならないよう自分がやってみたい思う目的を持ちましょう。
そして一つでも自分の夢の実現にむけてその一歩を踏み出してくだい。
そうすることで自分の人生の再生産、再構築をしましょう。
できれば将来の夢カレンダーを作りその進捗の差分を確認しつつ調整しましょう。
“人生でたとこ勝負”は瞬発力、跳躍力のある若い世代にまかせておくべきです。
Our Renaissanceは“今でしょう”です。

ちなみに、このフリネタは自分への戒めですから、ちょっと“熱かった”でしたか、猛暑ですからネ・・・

世の中にこんなにクダラナイCMがあっていいのでしょうか!



夏風邪をひいたみたいです。
あんまりこってりしたものは食べたくありません。
こういう時にはパンでしょう。
ちょっと家からは遠いのですが、ベーカーリーレストランができたとかいうことで、家で暇こいている次男と車でかけました。
ということで今日のお店は、「ビストロサンマルク」大泉学園店さんです

住所: 東京都練馬区大泉学園町1-29-8
電話:03-5935-3090
定休日:年中無休

IMG_6105
お店の外観です。

IMG_6113
店内の雰囲気です。
このお店netでは可哀想なくらいホールスッタフのサービスの悪さが指摘されています。
ということでドキドキしながら入店したのですがそんなこともなく、若い女性スタッフが満面の笑みを湛(たた)えて接客してくれましたのでかなり好印象でした

IMG_6106

IMG_6110
メニューです。

今日のオーダー「ホリデーランチ(チキンのグリルマスタードソース)+ブレッド+サラダ+スープ+ドリンクバー」@1,449円です。
次男も同様です。

IMG_6112

IMG_6115
Refill(食べ放題)のパンです。
パンの種類は多岐に亘っています。
ヨモギ、トマト、クロワッサン、クルミ、チョコ、ミルク、ベーコン等らしいのですが覚えきれませんでした、ハイ、私の記憶力では無理です。
パンは焼き立てでどれを食べても美味しいですね。

IMG_6111

ドリンクバーです。
黒糖ぶどう&ベリーミックスが秀逸ですね。
二回もお替りしてしまいました。

IMG_6116

IMG_6119

IMG_6118
待つこと22分でmain dishの到着です。
見た目、gorgeous、です。
裏から固形燃料で余熱しています。
このようなサービスは始めて見ました。

味ですかとても美味しいですね。
少し量が少ないような気もしましたが、その頃はガシガシ食べていたパンが既に胃の中に収まり膨満していましたのでno problemです。
極めて巧妙に仕組まれたパンの食べ放題です。

コスパは少し悪いような気もしますがたまには良いでしょう。
美味しいのですから・・・

それでは(^_-)

続 富士見台 麺條居士

今日は「回転ずし受難」です。
回転すし
「30代男性がマクロの皿をとった後にサーモンを選ぶ確率は?」 
あきんどスシローは顧客の注文を先読みするシステムの開発を急ぐ。1人あたりの平均食数は10皿。豊崎賢一社長は「もう1皿を誘うポイントを探し出せ」と専任チームにハッパをかける。 
全国に約350店あるスシローが蓄積する販売データは1年で15億。膨大な経験値を分析して「軍艦巻きを食べた小学生の男の子が卵焼きを食べたくなるタイミング」を狙い澄まして皿を流すサービスに挑む。

週末には60〜90分待ちもある回転ずしの人気店。「くら寿司」のくらコーポレーションはインターネット予約をいち早く導入。顧客の待ち時間を減らしつつ、座席の稼働率を平準化した。景品が当たるルーレットが付いた注文タッチパネルで子供を飽きさせず、店内で待つ顧客にはスマートフォンに電子漫画を配信して楽しませる。 
2000年から12年に市場規模が2倍近く膨らんだ回転ずしの成長のけん引役が、顧客満足度を高めるIT(情報技術)経営だ。裏方でも100万円を超える「しゃり玉ロボット」を導入して省力化。売上高人件費比率もシステム化で先行してきたファミリーレストランより平均で5ポイント低い。 
だが、調査会社エヌピーティー・ジャパン(東京・港)によると昨年10月、24ヵ月連続で前年実績を上回っていた回転ずしの利用客数がマイナスに転じた。同社は「低価格に慣れた家族客がファミレスなどに流れはじめた」とみる。  
変調の波は出店競争にも及ぶ。大手3社が得意とする郊外が一巡。「幹線道路沿いの出店余地が狭まり、都心部に新たな出店地を求めている」
(いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主席研究員)
「変調の波回転ずし」日本経済新聞より転載

なな何とデフレキングの回転ずしが調子悪いようです。
理由は色々とあるようですが、一番目の要因は“客離れ”のようです。
低価格に慣れた家族客がファミレスに流れ始めたようです、
要は回転ずしの味に飽きられたのでしょう。
二番目の要因は円安による原料高と日本人の味のこだわりからおきる海外調達の難しさが起因しているようです。
というのも回転ずしの原価に材料費の占める割合は45%と構成比の中で断トツです。
ちなみに他の比率は、人件費が25%、地代、家賃、水道光熱費が25%、営業利益が5%です。
ここで特徴的なのは収益性の低さですね。
例えば安定的に輸入している人気ネタが不漁となれば、他の国から高くても緊急輸入しなければならず、あっというまに10%程度材料コストがあがります。
45%×10%≒5%ですから、瞬間的に5%の利益は吹き飛んでしまうわけです。
そのような背景のなか、かっぱ寿司の13年2月期決算は9億円の黒字予想から20億円の赤字になっているようです。他のくら寿司、スシローも似たり寄ったりの決算です。

このような構造的収益体質から回転ずしでは“脱すし”メニューに力を入れて、魚の使用率を下げる試みをしています。実際にくら寿司ではデザートなどのすし以外のメニュー比率を4割までもってきています。
しか〜しどうなのでしょう、回転ずしにきてデザートを食べる必然性ってあるのでしょうか。
子供客が多いくら寿司では喜ばれるのでしょうが・・・
私は大人客の多い銚子丸にいっていますが、そこでもデザート皿は流れていることは流れていますが、取る人はほとんどいません。
難しいところですよね、すし以外メニューを増やすのはお店の勝手ですが、取ってくれなければ意味がありません。その一方で好きなすしを食べに来ている客は、肝心要のすしが流れてこなくてデザートばかりでは、食の楽しみは半減となりいずれは再訪しなくなります。

いずれにしてもデフレ下で急成長した回転ずしは、景気回復の期待が高まる中、あらたなパラダイムを作り上げなければなりません。
頑張れ回転ずし、たまには食べに行くぜ



巨匠ウディ・アレン監督が、古都ローマを舞台にさまざまな男女が繰り広げる人間模様を¬軽妙なタッチで描くロマンチック・コメディー。『タロットカード殺人事件』以来となる¬ウディが自身の監督作に登場するほか、ベテランのアレック・ボールドウィン、『それで¬も恋するバルセロナ』のペネロペ・クルス、若手実力派ジェシー・アイゼンバーグ、エレ¬ン・ペイジら豪華キャストが勢ぞろい。コロッセオやスペイン階段などの名所をはじめ、¬普通の観光では訪れることがあまりない路地裏の光景など、次々と映し出される街の魅力¬に酔いしれます。



今日は富士見台に出没です、美味しい中華でもたべるかとお訪(とな)いをいれたのは「麺條居士(めんじょうきょし)」さんです。
このお店は美味しいですよ。
今日はどのような喜びを与えてくれるのでしょうか・・・

住所: 東京都練馬区貫井3-16-11 関口ビル1F
電話:03-3999-2185
定休日:無休

IMG_6016
お店の外観です。

IMG_6020

IMG_6025
店内の雰囲気です。

IMG_6017

IMG_6018
メニューです。

IMG_6021
今日のオーダー「海老となすのチリソース」@1,160円です。

IMG_6022
待つこと10分で「トマトのスープ」です。
トマトの酸味がよいですね、味わいは意外とマイルドです。
イケます。

IMG_6023
「茄子としし唐の煮びたし」です。
うん、これは食感が最高です。
美味しいです。

IMG_6024
待つこと11分で「海老となすのチリソース」の到着です。
なんとも色鮮やかな一皿です。
これは海老良し、なす良し、ソース良しです。
白眉はモロッコいんげんです。
これが食感と彩(いろどり)に良いアクセントになっています。
なんとも美味しい一皿です。
チリソースの辛さがこのお店が四川の名店である事を思い出させます。
とても美味しゅうございました。

それでは(^_-)


西新宿 ル・モンド

今日は「オムニバスの日々」です。
今日はオムニバスの日々です。
どうでもいい話ばかりなので読み流してください。

1.父の日プレゼント
今年の父の日のプレゼントは財布でした。
以前のものは大分使いこんでいたので、そろそろ買い替えかな、と思っていたのでとてもうれしかったです。
ちなみに費用は奥様と長男と次男の三人の間で傾斜負担したそうです。
ありがとう、みんな・・・
IMG_5821
IMG_5818


2.ホームドア
国土交通省は3月はじめに「ホームドアの設置状況(平成23年12月末現在)」というデータをWebサイトで公開した。ホームドア3 件の設置駅は昨年末までで510駅。日本で旅客扱いをする駅の数は9,611あり、国土交通省のデータは「その駅に乗り入れる路線のひとつでも設置されていればカウントする」とのことなので、ホームごとで考えると実質的な普及率は5%に満たない。
皮肉なことに、この発表とほぼ同じ頃、大手私鉄のある駅で目の不自由な男性がホームから転落して亡くなった。報道によれば、鉄道会社はその駅について「ホームドア3 件設置の検討を進めている途中だった」という。「設置を決めた」ではなく「検討を進めている途中」という、なんともじれったい話である。
「なぜ駅にホームドアの設置が進まないのか」business model「誠」より転載

ホームドア設置状況
Handicapperの方の為には一刻も早く全駅設置に努めてほしいものです。
ちなみに私が通勤で利用している東京メトロ某線は半分位設置されています。
半分設置のために電車が遅れます。
理由ですか・・・運転技術が稚拙な為にoverrun若しくはstop too soonが頻繁に起きます。
そしてその度に電車停車位置の調整をするので電車が遅れるのです。
私は大きな声で言いたい、東京メトロの運転に関わる全職員の方々、家に帰ったら必ず“電車でgo!”でその停車技術lをあげてくださ〜い!です

ホームドア
さらに私の通勤駅ではホームドアのwallの設置は済んでいるのですが、door部がまだです。
その為に電車が入線してくるたびにホームドアによりかかって待っている私に対して、危険ですので、離れてくださ〜い、とかなりきつい声で毎日警備会社の方から注意されます。
疲れているのでよりかかっているのです。決して線路に飛び込もうなどとは思っていませんから・・・
まぁ警備会社の方もお仕事ですから仕方ないとは思っていますがね、しかしねです。

3.タイガー&ドラゴン
この間たまさかTVを見ていたら、この曲って、元々この曲はCKBの横山剣さんが「和田アキ子さんに歌って欲しい」という思いで作曲し、シングルとして発売した際にはあたかも和田が歌っているかのようにレコーディングしたそうですって、知りませんでした。
ちなみのこの歌は私のカラオケの持ち歌です、ハイ。


4.近所で大事件
なななんと家の近所でTVで中継されるような大事件が起こりました。
次の日事件現場に次男といきましたら、現場はまだ騒然としていました。
たまさかCXのTVクルーがきていたのでinterviewを受けようとして、その内容を考えて向かっていったらthroughされてしまいました(笑)
ちなみに今回事件を起こした犯人はやはり地元の人でした。
近所でも評判の悪いクレーマーだったそうです。
しか〜し家の近所がTVでexposureしている画像見ているのはとても不思議な気持ちです。
次男は地域の治安を守るために、夜警團に入ると、いっています。
IMG_5956

IMG_5959


5.就職祝い
次男の就職祝いをイタリア街の三井ガーデンホテル内にある「ラ・マーレア」で家族全員にておこないました。
もうこれで、何時会社を辞めてもいいのだな、と思うと感慨ひとしおです。
さら〜に私がお酒を飲まないsceneが当り前になっていたことにも感慨ひとしおです。
時の移ろいは早いものです・・・
IMG_5952

IMG_5953

IMG_5955

IMG_5954



IMG_5940

IMG_5939
今日は新宿に出没です。
ここのところ“ヘコメン” になる為に努力をしていたら、10年ぶりに体脂肪が10%台に突入してきました。
かなりウレシイ(笑)
ということで今日はスタミナをつけようということでステーキです。
今日のお店は行列のステーキ専門レストラン「ル・モンド」さんです。

住所: 東京都新宿区西新宿1-16-11
電話:03-3343-7728
定休日:日曜日

IMG_5951
お店の外観です。

IMG_5946
店内の雰囲気です。

IMG_5943

IMG_5947
メニューです。

今日のオーダー「サーロインステーキ定食(150g)」@1,100円です。

IMG_5945
待つこと4分でサラダの到着です。
このサラダは涼感なくedgeもたってなくベチャです。
加えてドレッシングの酸味が強すぎます。

IMG_5948

IMG_5949

IMG_5950
待つこと8分で「サーロインステーキ定食(150g)」の到着です。
見た目、どこから見てもホンマモンのサーロインステーキ、です。
付け合わせはフライドポテトといんげんです。
それでは実食です。
カットした肉を口にいれ軽く歯噛みをすると美味しい肉汁が吹き出てきます。
そして数秒の時間差で香草の入ったバターに醤油ベースのからんだソースが口内にあふれます。
うん、美味しいですね。
久々にステーキを食べた感じです。
ホテルでたべるステーキのレベルには至っていませんが@1,100円でこの味が楽しめるのであれば大満足です。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

光が丘 めんくい 6th

今日は「どうなのでしょう?其の壱」です。
#scene1 有名なバイオリン弾き
ある寒い1月の朝、一人の男がワシントンD.C.の駅で座りながらバイオリンを弾き始めました。彼はバッハの曲を1時間程演奏しました。その時間帯は通勤ラッシュだったため、約1,100人がその男の前を通りました。

3分後、ある中年の男はバイオリンを弾いている人がいると気づき、足を止めました。しかし、結局止まったのはほんの僅かな時間で、数秒後にはその場を離れました。

1分後、バイオリニストはやっとお金を稼ぐことができました。ある女性がケースに1ドル札を投げ入れましたが、彼女は止まることなく歩き続けました。

少しした後、壁に寄りかかって彼の音楽を聴く者が現れましたが、腕時計を見るとすぐに歩き始めました。会社に遅刻しそうだったのです。

一番彼の音楽が気になったのは、3歳の男の子でした。彼のお母さんは急いでいて、男の子の腕を強く引っ張りました。それでも男の子はバイオリニストを聞こうと足を止めます。お母さんは男の子の背中を強く押し、無理やり歩かせました。それでも男の子はずっと後ろのバイオリニストを見ながら去って行きました。他の子供も同様でしたが、親は全員例外なく止まることなくその場を去りました。

彼が演奏した一時間内で、足を止めて彼のバイオリンを聞いたのはたった6人でした。お金を入れてくれたのは20人程でしたが、止まった人は誰もいませんでした。稼いだお金はたったの32ドル。彼が演奏をやめ、駅が沈黙に包まれた時、気付いた人は誰一人いません。拍手はなく、このバイオリニストを認める人はいなかったのです。

バイオリニストの名前はジョシュア・ベル。
彼は世界で最も才能のあるミュージシャンの一人です。彼はたった今、歴史に残る傑作を演奏したのです。それも3億円のバイオリンを使って。

彼の駅での演奏の二日前、彼のボストンでのコンサートのチケットは、一枚一万円するものの全て売り切れました。

これは実際にあった話です。ジョシュア・ベルが素性を明かさず行ったこの演奏は、人々の視覚・嗜好・優先順位を研究するための実験としてワシントン・ポスト紙によって行われました。私たちは本当に「美しさ」を理解しているのだろうか?
それをちゃんと足を止めて味わっているのだろうか?予想していない状況でも、才能を感じ取ることはできるのだろうか?

一つ結論として言えるのは、

もし私達は世界で最も才能のあるミュージシャンが、歴史上一番の傑作を演奏してさえ気付かないのであれば、私達は他にもきっと多くの「美しいもの」を見過ごしているのではないか?
YoshiheYamasakiさんのFBより転載


どうなのでしょうか、判断がわかれるところだと思うのですが。
音楽は、アーティストが良い演奏をすることで、来てくれたお客さんのラポール(rapport=相手と自分との間に心の橋が架かっている状態)を感じることで盛り上がり、そこで初めて一体感が醸成され高い熱量を持った演奏会が作られていくのです。
それを一方通行的に行われ、それに気づきがないと言われても・・・
We weren’t conscious of creating a new kind of music experimental trial.
いくら良い音楽といえども、音楽を受け入れ楽しみ感動するのにはやはりTPOが必要だと思っています。
従いましてこのような試みには賛同できません。
またこのような試みをした意図も個人的には汲み取れません。
うがった見方をすれば、これはある種の音楽に対する冒涜(ぼうとく)ではないのでしょうか・・・


今日は炎天下の中、地元マラソンクラブの記録会に出場しました。
今日は5.25kmrunでの出走です、一応一着にはなりましたが、timeが伸びていません。
練習不足なのでしょうね・・・
その後所用があり光が丘に、光が丘といえばラーメン、ラーメンといえば「めんくい」さんです。
ということで今日のお店は「めんくい」さんです。

住所: 東京都練馬区高松5-14-9
電話:非公開
定休日:月曜・火曜日
IMG_5754
お店の外観です。

IMG_5758
店内の雰囲気です。

IMG_5756
薬味三兄弟です。高菜、ニンニク、紅生姜が自由に選べます。

めんくいメニュー
メニューです。お安いですね

IMG_5757
今日のオーダー「とんこつ(麺堅)」@600円です。
待つこと6分で着丼です。
見た目、脂ギトギトラーメン、です。
それでは実食です。
スープは背脂の「粒」が大きいいですね。スープの表面5mmほどは脂の層です。
とんこつ系博多ラーメン、家系、背脂チャッチャ系のいい所を合わせたようなスープです。
麺は緩めのストレート麺です。
チャーシューはトロトロです。
味ですか、とても美味しいですよ。
特に「千石自慢ラーメン」系の流れを汲んだスープは秀逸です。
麺量があいもかわらず少ないのは気になりますが、如何せん@600円ですからね。
仕方ないでしょう。
疲れた体にenergyを注入したい時にお奨めのお店です。
その際は、にんにくの増し増し投入をお忘れなく・・・

それでは(^_-)

大泉学園 La毛利 5TH

今日は「自分が何を知らないのかを知る」の話です。
「We don’t know what we don’t know」
という私がよく言う言葉があります。和訳するまでもないでしょうが、「私たちは自分が何を知らないかを知らない」という意味です。もっと言えば、 
「知識を吸収する出発点は、しっかりと目を開いて自分が知らないことが何なのかを認識するところにある」 
ということを示唆する言葉です。これは、哲学者・ソクラテスの「無知の知」にも通じるもの。自分の無知を知ることが、真実を知るための出発点であるということです。
【中略】
「いつもとは違う空気」 
を吸うことをしていかないと、知らないことはなかなか発見できず、いつまでたっても成長しない自分に甘んじるしかないでしょう。 
いろいろな世界を知ることの大切さの一つは、世の中にある多種多様な価値観を理解することにあります。
こんな考え方をする人がいるのか、こんな生活があったのか、こんなビジネスがあったのか、こんなサービスがあったのか、こんな趣味・嗜好があったのか・・・お決まりの生活パターンにはない異質な世界では、さまざまな人々との出会いや経験を通して、多くの発見をすることができます。 
もちろん、それを発見と感じとる感性がなければ、ただ漫然と異質な世界にいるだけになってしまうでしょう。ここでも、 
「何でも経験してやろう、吸収してやろう」 
という強い意志がポイントになります。もし、みなさんのなかに、
「毎朝、遅刻せずに会社へ行き、遅くまで真面目に働いて、疲れて帰宅して寝るだけ。休日はごろ寝で過ごす」 
という人がいたら、そういう毎日は自分の感性を鈍らせ、成長を妨げると危機感を感じたほうがいいでしょう。 
私はいまも、休日を何もせずに過ごすことはできません。未知との遭遇を求めて何か行動していないと、気がすまないのです。実際、行動をすれば必ず、いままで知らなかったことや、経験のないこととの出会いがあるものです。
「とことんやれば、必ずできる」原田永幸著より転載

原田社長
マクドナルドの会長兼社長兼CEOの原田永幸氏は私が尊敬する経営者の一人です。
私のblogでマックのことをよく取り上げる理由は那辺(なへん)にあります。

「知識を吸収する出発点は、しっかりと目を開いて自分が知らないことが何なのかを認識するところにある」 
知らなかったことを知る楽しさ、世の中にこれに変わるものはないのでは、と強く思いうところでもあります。
人間の一番の長所は好奇心でしょう。すべてのinnovationは好奇心が嚆矢(こうし)となっています。

その為にはまず
「We don’t know what we don’t know」
を知ることです。
そして実践です。
かの貝原益軒も
「知って行わざるは知らざるに同じ」
とかように申しています。

個人的には、人というものは自分探しの旅人である、と思っています。
その為には
「どう生きるかという目標を探すのが目標」
ではないでしょうか。
ここでおしまい、というgoalがないから人間はやる気が続くのです。
さらに、人というものは究極の目標を見いだすためにその一生を費やす、と言い換えられることもできます。
究極の目標が見つかれば、あとはその達成に向けて、いつまでに、どのように、どこで、という具体的なplanができます。
そうはいいながらも目標に向かって思い通りにいかないことは多いと思います。
でもその停滞があるから成長があるのです。
停滞期のもがくような努力はやがて大きな成長につながります。
Never give up! 
人生は有限であるから努力する意義があるのです。

と本人はかなり熱く語っています。
しかしこれは私の根本となる思考と行動の紐帯です。
ご笑読いだけたらありがたいです。
こんな日もあります・・・


時代劇などの人々が斬られるシーンの音って実は…



今日は次男の誕生日祝いと就職内定祝いを兼ねてのデイナーです。
我が家ではこういう日はこのお店ということになっているようです。
ということで今日のお店は練馬区のイタリアンの絶巓「La毛利」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉町1-54-11
電話:03−6750−7001
休日:火曜日

IMG_5225

IMG_5227
お店の外観です。

IMG_5246
店内の雰囲気です。

IMG_5229
メニューです。
今回はコース料理ではなくアラカルトです。
それではLet’s move on!

Vino

IMG_5231
ワインは長男がホールスタッフの女性に色々と聞きながら選んでいました。
そして長男が熟考の上で決めたのは「ますかっとベリーA」です。
2011年(甲府産)に仕込んだものですので、すこし荒々しい部分がのこっているもののその凛とした味わいはvintageものに勝るとも劣らないとのことです。

IMG_5245
このワイングラスですが左右の縁のグラスの厚さが違います。
これはこのワイン専用のグラスです。
毛利chefのお話では口が当たる部分によってグラスの厚みが変わるとのことです。
したがってその場所々でこのワインの持っている風合いの変化を楽しんでくださいとのことでした。
私は現在停酒中ですのでその素敵な体験はできませんが、家族一同は充分に堪能したようです。

Antipasto

IMG_5233

IMG_5237
「畑のグリーンサラダ」@780円です。
毛利chefは地元の契約農家の野菜を使っています。
したがいまして、その野菜はとても新鮮です。
味ですか、野菜の甘さとシャキシャキ感を堪能しました。
ドレッシングは酸味押さえ目で野菜を主役にしています。
とても美味しいです。

IMG_5232

IMG_5236
「お肉のパテ(Pate de Campagne)」@980円です。
これは他所のrestaurantで供されるような脂粘度の高いパテではありません。
毛利chefのお話では、これがフランスの農家の人達がたべるものとの事です。
日本で供される脂粘度の高いパテは、大概が網脂等でwrappingされています。
本来のパテの質感はこのように肉の味わいが楽しめるもの、とのことでした。
味ですか、とても美味しいですね、食べながら眼を閉じると仏蘭西の濃い緑の田園風景が浮かんできました。
最高です!

IMG_5234

IMG_5235
「本日の自家製キッシュ」@780円です。
これはポテトのキッシュです。
カラリとしたふくよかな味わいは安定感があります。
味ですか、名脇役という感じです。
いい味をだしています。

Pastasciutte

IMG_5238
「岩手二戸・福田さんのペペロンチーノ(ガーリックオイル)」@1,280円です。
パスタの定番、千両役者です。
この料理は毛利chefが外すわけがありません。
これはひたすらその美味しさに心も体もゆだねればよいのです。
今、まさに口福の神が降臨してまいりました。
美味しいです。

IMG_5241
「海の幸のスパッゲティ(トマト)」@1,680円です。
海の幸系の料理は、毛利chefが岩手県三陸町にある北里大学水産学部卒であるからして、鉄板の一品です。
貝がこんなに甘いものだとはしりませんでした。
特に貝柱は絶妙な味わいです。
たまりませんね。
美味しいです。

Pizze

IMG_5239
「イタリア・ガルパーニのゴルゴンゾーラ・ピカンテ」@1,580円です。
ピザといえばゴルゴンゾーラです。
我が家ではこれがお約束です。
世界三大ブルーチーズといわれるのがフランスの「ロックフォール」、イタリアの「 ゴルゴンゾーラ」、イギリスの「スティルトン」ですが、私は「 ゴルゴンゾーラ」が大大好きです。
そしてこれがピザのtoppingになっているわけですからたまりません。
味ですか、「 ゴルゴンゾーラ」が良いですね。
当り前です今回のものは「ゴルゴンゾーラ・ピカンテ」ですから、青カビが多く塩味が強いのです。クリーミーでほんのりとミルクの甘味の残っているドルチェを使っているお店もありますが、ピザには「ゴルゴンゾーラ・ピカンテ」でしょう。
その為に濃い味調整の蜂蜜が絶妙な効果をもたらします。
味ですか、美味しすぎます。
今年一ですね。

Dolce

IMG_5242
「ドルチェミスト」@700円です。
見た目鮮やかです。
しか〜しちょっと味は平板でしたね。
最後は少し残念でした・・・

それでは(^_-)

豊島園 ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト リターンズ

今日は「知らなかった・・・」の話です。
たまにはお気軽にということで私の「知らなかった・・・」です。
宜しかったらお付き合いください。

#小学校5年生の時の交差点での話
友達と交差点で待っている時に交差点の向こう側で「オーイ」と手を振っているやつがいました。
すると隣にいた友達が、オーイ、▲▲!家にカバンを置いたら遊ぼうぜぃ〜、って返していたのです。
私はとても不思議に思って、手をふっているのが、何で▲▲だとわかったの、って聞いたら向こうも不思議に思ったらしく、何で???見ればわかるじゃん、とのことでした。
私は、見てもわからないじゃん、と返すと、今度は向こうが、???、なのでした。
ここで初めて私が強い近視になっていたことを理解したのです。
目は悪かったので小学校の席は一番前の方ではあったのですが、ここまで目が悪くなっているとは知らなかったのです。
そうか健常者の視力だと交差点の向こうの人間の顔がクッキリ、ハッキリと見えるんだなと思った小学校5年生の春の話でした。

#センターリーグとは・・・
これは小学校六年生の時の話です。
友達に、昨日の巨人阪神戦見た、って話をしていて、今年のセリーグって、一位から三位まで団子状態になってペナント争いしているから、試合見ていても面白いよね、って言って独り盛り上がりしていました。
さらに、この間お父さんと新聞屋さんからもらった招待券でロッテ対南海戦を東京スタジアム(南千住)に見に行ったんだけれど入場者はほとんどいなかったよ。しかもかなり寒かったんでスタンドでたき火している人がいたんだぜ。
やはりパリーグは人気のセンターリーグとはちがうよね、と言って生の野球を見たことをプチ自慢していたのです。
すると友達は、今人気の何リーグって、言ったのって聞かれたので、センターリーグだよ。よく言うじゃない。人気のセ、実力のパのセンターリーグだよ、って言うと、恥ずかしいな▲▲(私のこと)、それを言うのなら人気のセントラルリーグって言うんだよ、と大笑いされました。
その嘲笑で逆ギレした私は、そんなのどっちだって縮めればセリーグじゃない。そんな人の揚げ足ばかりとっていると大人になっても偉くなれないぞ、とムキになって友達に言いかえしていたのですが、世の中にはそういう擦り込みってありますよね(苦笑い)
と言って本人苦笑いしていますが、実は本当に知らなかったのです。
さらにコクるとパリーグの正しい呼び方も知らなかったのです・・・

#最強の判じ物
「春夏冬二升五合」
居酒屋でときどき目にする貼紙の言葉ですね、「商いますます繁盛」と読みます。
「春夏冬」で「秋がない=商い」、「二升」で「升升=ますます」、「五合」で「半升=繁盛」ということです。
なかなかしゃれていますよね。

商売繁盛
さらにその上をいくのがこれ「一斗二升五合」です。
これは「ご商売益々繁盛」と読みます。
一斗が五升の倍なので「五升倍=ご商売 」で、「升升=ますます」、「五合」で「半升=繁盛」
と読みます。

升
それに加えて居酒屋でよくみかけるのが「▲▲あります」ですが、この「ます」の箇所を平仮名でなく四角に斜め線をいれて「ます」を表しているような表記がありますよね。
これは洒落に加えて、「枡」は「増す」につながり目出度いものとか縁起物の意味があるのではないかと思っていますが、違いますかね?
そして居酒屋の判じ物で最強がこれ「イカ○」です。
実はこれってしばらく読めずにいたのです。
このように横書きだからまだわかるのですが、実際の居酒屋での貼紙では縦書きでしかも○が細長い楕円形になっているのですよ。
こうなるとちょっと読解不能だと思います。
というか○なら○って正しく丸く書いてよ、と突っこみたいところでありますが、この正しい読み方は「いかまる」です。
要は烏賊の丸焼きですが、理解するのに苦労しました、ハイ。
と本人さらっと苦労したと言っていますが、実は本当に読み方を知らなかったのです。


RIDICULOUSLY amazing - make sure you watch to the end to see the finale!



今日は奥様が今勤めている会社を辞めるので周辺整理を手伝わされました。
そんなこんなでお昼は美味しいイタリアンとなったのです。
無聊をかこつていた次男もjoinして向かった美味しいイタリアンのお店は豊島園の超有名店「ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト」(Pizzeria da Aoki tappost)さんです。

住所:: 東京都練馬区早宮4-37-29 ラフィット豊島園 1F
TEL:03-5999-3988
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_4724
お店の外観です。

IMG_4726

IMG_4728

IMG_4729
店内の雰囲気です。

IMG_4725

IMG_4727

IMG_4740
メニューです。

今日のオーダー
「ジンガラランチ(しめじ&エンリギのオイルソテー&パルマ産生ハム)」@850円
「パスタランチ(白菜とベーコンのカルボナーラ)+パスタ大盛」@1,250+@150=1,400円
「パスタランチ(シラスと菜花のアーリオ・エ・オーリオスパゲッテーニ)+パスタ大盛」@1,250+@150=1,400円
です。
これに
ドルチェ(ティラミス)@390円(ランチタイムは安い)
ドルチェ(トルタアルチョコラ―タ)@390円(ランチタイムは安い)
を三人でshareしていただきました。

IMG_4730

IMG_4732
待つこと15分で「ジンガラランチ(しめじ&エンリギのオイルソテー&パルマ産生ハム)」の到着です。
ジンガラとは、もともとはイタリア語でジプシーという意味なんだそうです。
ピザ生地を使ったサンドイッチと思っていただけたら宜しいでしょうか。
始めてジンガラを頂いたのですが、作る人の人柄(じんがら)が表れていて美味しいのです。
ちょっとlightな感じではありますがパルマ産生ハムが味を引き締めています。
これはイケます。

IMG_4733
待つこと17分で「パスタランチ(白菜とベーコンのカルボナーラ)+パスタ大盛」の到着です。
カルボナーラは私の好きなクドクナイ系です。卵黄のからませ方がお見事ですね。
Black pepper(カルボ=炭を表現)も程良いアクセントになっています。
ウンこれは美味しいです。

IMG_4735
白眉は豚タンです。なん〜てホロホロしているのでしょう。
しかも隠し味に辛味を忍ばせています。
デミグラベースのソースとホロホロのタンが口内でトロケます。
これってとても美味しい〜!

IMG_4736
イタリア風オムレツです。
イタリアではフリッタータと言います。
冷めてもおしいとされていますがやはりオムレツは作りたてでしょう。
でも美味しく頂きました。

IMG_4737

IMG_4738
待つこと19分で「シラスと菜花のアーリオ・エ・オーリオスパゲッテーニ+パスタ大盛」の到着です。
菜花にエグミがなくて美味しいのです。アーリオ(ニンニク)が全体の香りづけとなって馥郁たる香りが漂っています。
春らしい一品に仕上がっていて、とてもて美味しくいただきました。

IMG_4742
ドルチェ(ティラミス)です。
これは青木ownerが直々に作っていただきました。
でもこれってマスカルポーネチーズもそうですが全体にライトに仕上がっています。
やはりティラミスは濃厚でトロケル甘さでしょう。
これではティラミス(私をハイにしての意味)にはなれません。
ちょっと残念な一品でした。

IMG_4743
ドルチェ(トルタアルチョコラ―タ)です。
これは何の変哲もないチョコレートケーキです。
特段のコメントはありません。
た〜だティラミスもトルタアルチョコラ―タも特段のimpactがありません。
このお店のドルチェって以前はもう少し美味しかったのに、というのが正直な感想です。

それでは(^_-)

大泉学園 帯広ロッキー 6th

今日は「レ・ミゼラブル」の話です。

「レ・ミゼラブル」を奥様と観てきました。泣けた、泣けた、泣けました。
こんなに感動に打ち震えた映画は・・・多分ここ数年はないでしょう。
よい映画です。
まだ観ていない方は一食抜いても是非ご覧ください。
お薦めの映画です。

ガブローシュ
ネタばれですが、こじゃれた演技をみせていた子役ガブローシュがバリケードでフランス軍に射殺されます。
子供が革命戦とはいえ撃たれて死ぬのですよ、これだけでも涙・涙・涙なのですが。
そして革命戦が終わった次の日、ジャベール(ジャン・バルジャンを追い続けるしつっこい警部)が革命戦で亡くなった学生達の死体の中にジャン・バルジャンの死体があるかどうかを確認にきます。するとそこにガブローシュの死体があるのを見つけて、思わず眉を曇らせます。そしてその死体の胸に自分の勲章をおごそかにつけるシーンがあるのですが、これにはもう涙腺がこわれてしまいました。(ごめんなさい、観てない人にはこの感動は分かりませんよね)
「英国王のスピーチ」ではそれほどの監督とは思わなかったけれど、監督のトム・フーバー、貴方は泣かせ上手です。泣かせる場面を作るのが天才的に上手い人です。

ところで「レ・ミゼラブル」では、銀の燭台を盗んだジャン・バルジャンを、司教は彼が燭台を盗んだのではなく私が与えたのだ、とジャン・バルジャンを逮捕しにきた警官に対してその罪をつくろって彼をゆるします。小説で読んだことがある人も、これは泣ける名シーンだったはずです。

罪をゆるされたジャン・バルジャンは、回心し、「人のために生きる」生き方へと変わり、人をゆるせる人間になっていきます。
逃亡生活を続ける中、彼のカバンには「銀の燭台」がずっと入っていました。
彼の行動の原点は、司教のゆるし、神のゆるしにあったということなのでしょう。

ゆるされた経験が、「ゆるせる人」を育てます。
人をゆるすのは、本当に難しいですけれども、人を責めるのではなく、人をゆるせるようになると、心は非常に楽になるはずです。
あなたをゆるしてくれる人が誰もいないのであれば、まず自分で自分をゆるすところから、始めてみるといいかもしれません。
そしてゆるすことができたならば自分をほめてあげましょう。
こころにほんのりとした温もりが生まれてくるはずです・・・


IMG_4597

IMG_4595

IMG_4594
今日は映画を見た後、奥様と映画館の1Fにある「帯広ロッキー大泉店ラーメン」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都練馬区東大泉2-34-1オズスタジオシティ1F
電話:03-3922-0085
営業時間:11:00〜21:00(スープが無くなり次第終了)
定休日:なし

IMG_4601
お店の外観です。

IMG_4606
店内の雰囲気です。

IMG_4600

IMG_4602
メニューです。

IMG_4603
調味料の面々です。

IMG_4604
今日のオーダー、私は「カレーラーメン」@850円です。
待つこと24分で着丼です。
見た目美ラーメンです。
美味しそうですね。
具はホロホロのチャーシューの他、メンマ、白菜、タマネギ、キクラゲ、モヤシですか。
プラ〜スカレーラーメンなので福神漬が加わっています。
麺は西山製麺のやや黄色っぽい縮れ中麺です。
それでは実食です。
スープは熱々で、結構です。
麺も縮れのヒダヒダが舌にからんできて結構です。
しか〜しスープが妙に甘いのです。
あんで?カレー味はするのですがなにを思ってスープを甘くするのでしょう。
意味不明です。
カレーラーメは漢(おとこ)のラーメンです。
ピリッとしないとイケません、ハイ。
かなり興ざめのラーメンでした。

IMG_4605
奥様のオーダー「炙り醤油ラーメン」@800円です。
待つこと26分で着丼です。
大ぶりの炙りチャーシューと長ねぎのざく切りがアクセントです。
プラ〜ス映画の半券で半熟玉子がついています。
ちなみに私のカレーラーメンにもついていましたが玉子の姿が不鮮明でしたのでコメしませんでした。
見た目美ラーメンですが、これもスープが妙に甘いのです。
折角の美味しい炙りチャーシューも泣いています。
いつからここのスープはこんなに甘甘になったのでしょう。

北海道の帯広本店でもよくここのラーメン食べましたが、こんな甘甘ラーメンではありませんでした。
もしかして「レ・ミゼラブル」を観て泣きすぎたので口内が塩分不足で甘さに敏感に反応しただけだったりして、そんなわけないか?

それでは(^_-)

大泉学園 十兵衛 リターンズ

今日は「体罰考」の話です。
体罰
体罰ですか・・・
ず〜っと中学校の時から剣道をやっていましたので殴られるのは稽古の一つみたいに思っていましたので今回の一連の事件は驚きを禁じ得ないという感想です。

「体罰は必要ない。絶対に仕返しをされないという上下関係の構図で起きるのが体罰です・・・」と、元巨人軍の桑田真澄氏が言っていましたが、本当にそうだと思いました。
絶対に抵抗しない相手に向けて行う暴力は、卑怯極まりないとあらためて思った次第です。

ちょっと面白い記事があったので紹介します。
この問題について豊富な資料を使って論考したのが、江森一郎著「体罰の社会史」だ。 
それによれば、江戸時代の藩校や寺子屋は総じて体罰には抑制的で、熊沢蕃山などの儒学者も体罰がいかに有害無益かを説いていた。徳川光圀も体罰反対論を展開している。中世以前はともかく、少なくとも近世の日本には教育に暴力を用いることを忌み嫌う文化があったことを、この研究は教えている。 
じつは昭和初期にも、教育学者の乙竹岩造が「日本庶民教育史」で寺子屋の実相に光を当てた。ここで明らかにされたのも、寺子屋では体罰によくよく慎重であったという事実だ。
こうした素地があったせいだろう。明治政府も1879年に教育令で体罰禁止を法制化し、1900年の第3次小学校令では、戦後の学校教育法と同じように児童への懲戒権を定めたうえで体罰は禁じた。日本は脱・体罰に関しては欧米よりずっと進歩的だったのである。
そんな空気を変質させたのが軍隊だった。軍隊は、とりわけ徴兵制によってさまざまな階層の国民を集める軍隊は、厳しい規律と懲戒を必要とする。世間と隔絶し、閉鎖性が際立っていた旧日本車ではそれが日常的な私的制裁へと逸脱し、古兵の鬱憤ばらしと相まってゆがみを大きくしていったに違いない。 
軍隊と共通する性格を持たされた戦前日本の学校に、こういう負のエートス(文化などの本質的な特性、精神のこと)が持ち込まれたのは不思議ではない。軍が教育への介入を強めた昭和期に、学校での体罰は常態化する。 
戦後、旧軍は解体され、清張が描いたような世界は根こそぎ消滅した。ところが学校やスポーツ界にはそれが息づき、いまあらためて体罰・暴力問題が噴き出している。背景にあるのは、そうした集団や組織に色濃い閉鎖性、排他性、そして同調・横並び圧力にほかならない。いじめやパワーハラスメントの発生と土壌は同じである。 
日本経済新聞「日曜に考える」より転載

なるほど体罰は軍隊からの宿痾(しゅくあ)だったのですね。
このコラム子は最後の纏めで以下のように述べています。
明治の初め、日本にやってきた西洋人は、この国の大人たちが子どもを慈しみ、決してムチで打ったりしないのを驚きの目で見て、多くの記録を残している。そういう文化の国であったことを顧みるべきだろう。

角界でもかつて親方の暴行で死者を出したことを思い出しました
アテネ五輪の時、予選で落ちた韓国の女性選手を、平手打ちする監督を見たカナダの選手がIOCに報告し、IOCは即座にこの監督を大会から追放処分にしたことがあります。
「いじめ」は「犯罪」であり、「体罰」も暴行という「犯罪」なのでしょう。

しか〜し「体罰」を受け続けたものとしては、これは殴られてもしかたないと思う事は多々ありました。
行き詰った時にはこれは殴って気合を入れてもらうしかないなと思ったことがあります。
要は猪木ビンタです。
猪木ビンタも体罰なのでしょうか、違いますよね。

敢えていいます殴られる方にも問題があるのです。
特に私はそうでした。
日本人はこのようなincidentがあると加害者を一方的に糾弾しますがこれまたおかしいことだと思うのです。
「体罰」するほうの理由・釈明も聞くべきです。
ということで個人的には十把一絡(じっぱひとから)げに「愛の鞭」を否定するのは如何なものだろうと思うところであります。
しか〜し「体罰」と「愛の鞭」を明確に分ける術(すべ)はありません。
温かいお湯とぬるいお湯を分けるのと同じです。
主観と客観が相互に入り混じるからです
やはりこれを機会に「体罰」は引退していただき「犯罪」という名前に変えた方が落着きの点では良いのかもしれませんね・・・


日本が世界に誇る車メーカー、TOYOTA。
各国で乗られているだけあってそのCMも様々。
このCMはオーストラリア編、Hiluxの頑丈さを顕示したおもしろCMとなっています。



IMG_4405

IMG_4402
今日は所用があって吉祥寺に買い物です。
休日の今日は3時間睡眠(普段は4時間睡眠)なので少し頭のネジが巻きすぎていてくだらないポカを連発しています。
吉祥寺に行く途中には上石神井の8時〜10時の時間制限の侵入禁止のところの時間制限標識を知っていながら通り抜けたり、吉祥寺についてビル内駐車場に車を止める際には、薄暗いところから明るいところにでた為かライトをつけっぱなしにしたり、まぁこれは忘れ物を車に取りに来て気がついて事なきを得たのですが。
さら〜に「肉のさとう」さんにメンチを買いに行く途中では駐車券を落としてしまい、その駐車券を探し回る試練を自分に与え、とんでもはっぷんさがして20分と吉祥寺の街中の地面のみを見続けて歩きまわりました。
ということで惨憺たるものでありました。

帰宅したら時計の針は早13時をまわっており、さすがにお腹がすいたので家にいる次男と食事にでかけました。
今日のお店は「十兵衛ラーメン」さんです。
惜しまれながら閉店した「十兵衛」さんでしたが、元スタッフによる「康基」さんを経て、一年前に新生「十兵衛」さんとして生まれ変わりました。
Blogをcheckしたら3年半ぶりの再訪です。
どうでしょう、前のお店の味は継承されているのでしょうか・・・

住所::  東京都練馬区石神井台3-24-39
TEL:03-3995-3113
定休:月曜日

IMG_4411
お店の外観です。

IMG_4421
店内の雰囲気です。

IMG_4422
お店の紹介です。

IMG_4413
メニューです。

今日のオーダー、私は「十兵衛らーめん(中盛)」@700円です。次男は「十兵衛つけめん(中盛)」@750円です。
待つこと10分でぞれぞれ着丼です。

IMG_4416

IMG_4417
私のオーダーの「十兵衛らーめん(中盛)」は、和風スープ、豚骨スープをブレンドしたものです。スープはお約束の熱々は守られています。豚骨のくどさはあまり前面にでず心地よい魚介風味が全体を押さえていてとても飲みやすいものとなっています。
麺は縮れ中太麺です。縮れのヒダヒダが舌にチュルンとからみます。
モチモチッとした触感も舌に心地よいです。
具は、チャーシュー、メンマ、海苔、薬味ネギ、ナルトとかなりあっさりしています。
味ですか、旧「十兵衛」さんと変わらずで美味しかったですよ。
少し優等生的らーめんですかね。

IMG_4419

IMG_4420
次男のオーダーの「十兵衛つけめん(中盛)」は原則「十兵衛らーめん(中盛)」と同じです。
具はキザミチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルトとらーめん同様にあっさりしています。
つけスープの甘辛酸は甘みと酸味が強いですね。私はあまりつけ麺好きではないですが、しいていえば誠実な味だといえます。
締めにスープ割を飲んでみましたら、鶏、豚など肉系、鰹節、煮干などの魚介系が混然となって味わえました。
よい仕事をしています。
ちなみに食後の次男の感想は、十兵衛のような無化調らーめんは雑味がなくパンチ不足だね、との事でしたが美味しかったようですよ。

それでは(^_-)

土支田 グラッチェ リターンズ

今日は「春風亭小朝『ぼやき居酒屋』其の弐」の話です。
小朝
こないだ近所の人が脳梗塞で倒れたら、俺のこと心配してね。病院で検査の予約をしてきたから、行ってきたらって言うんだ。
でさ、何て検査なんだい?って訊いたら、『芋洗い』だって。
何で病院で芋を洗わなくちゃならないんだ?って訊いたら、よく分かんないけど、ボケは手先から来るってこと言うから芋を洗わせて指がちゃんと動くか診るんじゃないかって。
でもさ、やっぱりおかしいんじゃねえかと思ってよくよく調べてみたら・・・・・『芋洗い』じゃなくてMRIだったんだよ。

うちのかみさんもさ、昔はスタイルが良かったんだよ。腰なんかきゅっ!と締まってさ。『笑う砂時計』なんて言われてたんだ。
それが今じゃ・・・・・・。こないだ、茶色い服の上から白いベルト締めてたんだけど、屋久島の縄文杉に注連縄が巻かれてんのかと思っちゃった。

そんなだから、あっちの方もすっかりご無沙汰なんだ。そしたら、かみさん、俺のナニにクララってあだ名を付けてさ。三月(みつき)にいっぺんくらい、ナニがゆうことをきくことがあるだろ。そしたら、かみさん、『まあ、クララが立った』って・・・・・・・・。まあ、分かる人だけ分かってくれりゃいいけどね。

うち、子供が3人いるんだよ。
こないだ、長男がしょんぼりしてるんで、いじめにでもあってるんじゃないかと思ってね。『どうしたんだ?何か悩みがあるなら、相談しろよ』って言ったんだ。『親は何のためにいてると思ってんだ』って言ったら、うちの息子、どう言ったと思う?『念のため』って。

下の男の子は、まだ小さいんだ。その子とこないだ動物園に行ったんだけどね。シロクマのおりでさ、この頃良くあるんだけど、ガラス張りになってて、クマが、見てる人間をエサだと思って飛びかかってくるやつ。それだったんだ。
あれ、わかっててもびっくりするね。うわ〜ってひっくり返っちゃってさ。で、息子に『怖かったなぁ。あれ、もしガラスがなかったら、お父さん食べられちゃったねえ。もし、お父さん食べられちゃったら、お前どうする?』って言ったら、どう言ったと思う?『うん、お父さんが食べられちゃったら、僕は何番のバスで帰ったらいいの?』。

高校生の娘は、食事の時もメールを離さないんだ。今の子は、携帯がつながらないとすごく不安になるらしいね。圏外孤独(天涯孤独)って。
「中国歴史あら?カルト!」より転載

このまくらを転載した方はこの文章をテープ起こしで作成したのではなくご本人の記憶力でなされたそうです。
世の中にはすごいbloggerさんがいるものですネ!

MRIっていえば、今から5年前取引先の社長と剣道の稽古をしていてアキレス腱を断裂しことがあります。その際応急措置で救急車で病院に搬送されたのですが、その搬送された病院でアキレス腱裂断部を確認する為にレントゲンだけにおよばずMRIまで撮られたのです。次の日最寄りの整形外科に行って診察を受けたのですが、前日搬送された病院で撮ってもらったレントゲン写真とMRI写真をdoctorに見せたところ、そのdoctorより、搬送された病院の先生は、何らかの意図でこの画像を撮られたと思います。しかし我々整形外科ではアキレス腱の裂断は触診で判断できるのでこのような画像は不要です。ましてMRIなどは撮った意味がわかりませんね、とけんもほろろにあしらわれたのです。
その日の午後アキレス腱裂断した足が左足だったこともあり車の運転ができました。
前日レンタルで借りた松葉杖を返しに奥様と搬送された病院に出向いたのです。
そして私と奥様は太陽に照らされて光輝く病院の看板を見て全てが氷解したのです。
その病院の看板には「前田脳外科病院」と大きな切り文字で書かれていました。

今ノロウィルスが流行っています。
実際先週私も罹患しています。
ところでのロウィルスのような危険な疫病に対しても、免疫的に打ち勝つ個体は必ず現れそうです。過去20万年に亘って人類を絶滅させる疫病が発生しなかったことは、現在生きている私達がそれを証明していますよね。
一方、現時点における唯一の心配事は、ヒトの免疫システムを直接攻撃するウィルスの出現です。

1969年6月アメリカ国防総省研究開発局副局長は「『5年から10年以内に、免疫プロセスが通用しない病原性微生物を創りだす』とのことであるが、このような生物兵器が紛争地域で使用され、あるいは実験施設から漏洩し、感染が拡大すればヒトの種としての存続は危険にさらされる」と議会証言で述べていました。

エイズがアメリカ国内で確認されたのは、1980年代のことです。
アメリカ国防総省が副局長の証言通りに計画を進めていたならば、70年代には「免疫プロセスが通用しない病原性微生物」が誕生したことになっています。
ウィルスの潜伏期間を考慮に入れると、生物兵器の開発とエイズという病気の出現が時期的にはぴたりと一致するという風説があります。
あなたはこの偶然をどう思われますか・・・


カールトン・ドラフト(ビール)オーストラリアのCMです。



今日は子供達が全員揃いました。
たまにはガツンとイタ飯でもいくかということで訪れたお店は「グラッチェ」練馬土支田店さんです。

住所: 東京都練馬区土支田3-27-22
電話03-5933-2139
定休日:無休

IMG_3995
お店の外観です。

IMG_3997
店内の雰囲気です。

IMG_4006

IMG_4002

IMG_4007
私のオーダー「フェスタコース(チキンステーキライス付+ニョッキのミートソース+自家製ティラミス)」@1,038円です。
これは安定した味です。特筆するのはチキンステーキです。今回のソースはガーリックトマトソースです。これは美味しいですネ。ニョッキのミートソースは凡庸な味ですが、悪くはないですよ。自家製ティラミスもそこそこのlevelです。
コスパは問題ありません。

IMG_4000

IMG_4003

IMG_4005
次男のオーダー「ピッッア食べ放題セット(蟹クリームスパ+イタリアンサラダ+ピッッア(マルゲリータ、ジェノベーゼ)+ドリンクバー)@1,153円です。
蟹クリームスパは見た目濃厚には見えませんがクリームの味は深いですよ
マルゲリータはイタリアンピッツアの四番バッターなので外しようのない味です。
ジェノベーゼはブロッコリー、カリフラワーがゴロゴロと入っていてベジタブルの味です。
なんたって食べ放題ですから、コスパは限りなく高いですネ。

IMG_4004
長男のオーダー「フレッシュトマトと小海老のスパゲッティー」@523円です。
想像以上に小海老がはいっているのはうれしいですネ。
フレッシュトマトの酸味は絶妙です。
これで@523円であればコスパも問題ありません。

このお店はワイワイガヤガヤしながら美味しくイタリアンを食べるお店でしょう。
そして高いコスパにグラッチェですね・・・

それでは(^_-)

新春点描(番外編)

謹賀新年
今日は「新春点描」の話です。

とうとう癸巳(2013年)が始動しました。
本年も宜しくお願いいたします。

去年からの感染性胃腸炎を引きずりながら越年したものですからあまり体調よくありません。体調が良くない事を証明するために三段謎を一つ申し上げます。
「感染性胃腸炎とかけてツタンカーメンのミイラと解く」
その心は
「呪(ノロ)われている・・・」
お後がつかえていますのでサクサクと続けます。

旧年中とある事務所に提出しなければならない私的書類を病気の為に提出できませんでした。
さすがに郵送だと新年事情により大幅に遅れると思い、元旦にわざわざ届けにスカイツリー近辺に出没したのです。
ついでに菩提寺で父母の墓参もしました。
墓参りの間に菩提寺の住職の奥様と雑談していたら、スカイツリーって災害用に30万人分の食料がスカイツリーの地下に用意されているのですってね、知りませんでした。

ということでまずはスカイツリーのday nightrの画像ををご覧ください。

IMG_3946

IMG_3954

IMG_3947

IMG_3955


IMG_3948

IMG_3952
次に住職の奥様が立ち寄って行きなさいと強くというか命令的にいわれた「魚力」さんでいくら@928円、寿司@1,190円、大とろにぎり@1,290円を家族の人数分買って帰りました。
それで作った元旦の我が家のおせち料理です。
しか〜し一貫約300円の大とろの美味しさは、くりびつてんぎょのいたおどろ!でした。この味を売られた日には、近隣の寿司屋は洒落でなくマジに潰れてしまうかもしれませんね・・・
IMG_3960

IMG_3961

IMG_3963


二日は体調が大分戻ったので多分生まれて初めての二日目の初詣です。
近所の氷川神社に行ってきたのですが、二日目の午後なので空いているかと思えばこの大行列です。
お参りするのに1時間もかかってしまいました。
IMG_3994

IMG_3965

IMG_3967

IMG_3969

IMG_3970


氷川神社の境内の雰囲気です。
IMG_3990

IMG_3971

IMG_3966


23区内では珍しいお炊き上げです。
IMG_3972


ついでに少し足を伸ばして石神井公園に立ち寄りました。

これは石神井城の城跡です。
この城は、平安時代末期から室町時代中期まで、今の台東・文京・豊島・北・荒川・板橋・練馬・足立などの諸区やその周辺の地域にまで勢力を持っていた豊嶋氏の居城の一つです。
室町時代後期、上杉禅秀の乱で足利持氏側に立った豊島氏は最盛期を迎えますが、やがて新興勢力の扇谷上杉氏側の太田氏と対立を深め、長尾景春の乱において太田道灌に攻められ没落しました。この戦いにおいて、豊島氏は当主の泰経とその弟泰明はそれぞれ石神井城と平塚城に拠り太田道灌と対峙ましたが、攻められた平塚城の後詰戦(江古田・沼袋原の戦い)で惨敗を喫し、泰明は戦死、泰経は石神井城に落ちたそうです。
IMG_3975

IMG_3976


三宝寺池です。
さて、この三宝寺池には、落城時にまつわる伝説があります。太田道灌に攻め立てられた豊嶋泰経は、重代の家宝の鞍を白馬につけて、この三宝寺池に入水し、その後を追って息女の照姫も城に蓄えられた金銀財宝とともに入水した、というものです。
池の底にはキラキラ光る財宝が見えるそうですが、決してそれを取る事はできないそうです。付近にはふたりを祀った殿塚・姫塚が残っています。
これは虚偽伝説でしょう。
というのも三宝寺池は池の深さはとても浅いのです。いくら室町時代の人の身長が低いとはいえ、ここで入水自殺をするというのは銭湯の浴槽で自殺するのと同じで、足がつく場所で窒息死するのは無理があります。まして豊嶋泰経は馬に乗って入水しているのですから、馬に足のつく場所で潜れといってもさすがにそれには従わないでしょう。
所謂、馬くいかないのです。
入水自殺に見せかけるために大きな石を投げ込んだというのが正しい史実の解釈かと思います。
IMG_3973

IMG_3977

IMG_3978

IMG_3979

IMG_3982

IMG_3984

IMG_3985

IMG_3987

IMG_3988

IMG_3989


それでは(^_-)

富士見台 ルーナルッカ

今日は「My favorite performance」の話です。 
交際スタートから11年目を迎えた夫婦に訪れた奇跡。 それは、ご主人とご家族、お友達から奥様へのサプライズプレゼントでした。

実は私はこの手の演出が大大大好きなのです。
こんな日がいつの日かこないかなと思っています。
しか〜しこの奥様を自分に置き換えてみますと。
子供達はこのperformanceをやってくれると思います、多分。
私の両親は既に他界しているので、このperformanceへの参加をお願いするには、まず依頼人の奥様が恐山のイタコのところに行って両親の交霊してもらわないといけません、これにはかなりの時間プラ〜ス費用がかかってしまいます。
弟は頼まれてもやらないと思います・・・
妹夫婦は頼まれなくてもやると思います、間違いない。
奥様の家族は奥様の頼み方次第では、奥様の両親以外はやてってくれると思います、多分。
私の友達関係は条件付きでやってくれると人は沢山いると思います。
しか〜し、その条件は反省会なので、きっと高くつくと思います、間違いない。
それ以外の交友関係を思い浮かべてもやってくれる人はそれなりにいると思います。
特に高校の時の女子達は安牌でしょう(笑)

でもこのようなことを尽瘁(じんすい)してやるのは、私の知っている限りでは私だけでしょう。
しか〜し、これは私に対するsurpriseなので、私が自作自演したら意味がありません、やはりこれは無理ですか・・・
そもそも奥様がこのようなことは絶対に企画しません、やはり絶望だ、間違いない。

いくら日産のfull supportがあったとはいえ、このご主人は良く74人のschedule調整と踊りの練習を遂行したものです、実はこのご主人は見掛けによろらずなかなかのやり手だったりして・・・
真に纏め上げたなら尊敬しましょう!
万が一これがやらせのactingだったら、これからは絶対に日産車は買いません、宣言でき〜る。
ちなみに私は、日産車の車しか買ったことがありません、これは事実であって間違いな〜い。
確か日産の広告代理店は博報堂です、あそこならこのような仕込みはやりかねない・・・かな?
いずれにしても本当に本当にウ・ラ・ヤ・マ・シ・イ・ゾ

なにか体調が悪いのかくだらないことをつぶやいていますので口直しにお気に入りのフラッシュモブ(flash mob)をご覧ください。フラッシュモブとは、インターネットを通じて連絡を取り合った大勢の人々が、突如としてある場所に一斉に集まってperformanceをすることです。

フラッシュモブの名称は、2003年に米国で開かれた大規模集会において初めて使われたとされています。それ以前から開かれていた「オフ会」に比べると、特定の目的や主張のもとに会合を開くという意味合いはより薄く、むしろ一種の即興・集団performanceに近いといわれています。



IMG_3510
今日は練馬で一番美味しいといわれているPizzeriaである「ルーナルッカ」さんに奥様と長男とでお邪魔しました。

住所: 東京都練馬区富士見台2-33-5
電話番号:03-5933-9699
定休日:月曜日

IMG_3511
お店の外観です。

IMG_3524
お店の紹介記事です。

IMG_3526

IMG_3513
店内の雰囲気です。

今日のオーダーは「マルゲリータセット」@1,000円、「マリナーラセット」@1,000円、「アマトリチャーナセット」@900円、「クレームブリュルレ(ジェラードはサービス)」@400円です。

IMG_3514
待つこと11分でサラダの到着です。
このサラダは野菜のedgeが立っていて美味しいです。
特にこだわりのトマトはほんのり甘くて美味しく頂きました。

そしてその5分後に「マルゲリータ」と「マリナーラ」の到着です。

IMG_3517

IMG_3518
まずは「マルゲリータ」です。
「マルゲリータ」は、一般にバジルの緑色、モッツァレラチーズの白色 、トマトソースの赤色を使い「イタリア国旗」を表現したものをいいます。
このピザは生地がもちもちしていて美味しいですね。
チーズがトローリとろけてたまりません。
トマトが控えめに主張しておりそれがチーズの味を引き立ていて家族の皆が高評価です。
かなりのlevelの味です。

IMG_3516

IMG_3519
続いて「マリナーラ」です。
「マリナーラ」はハーブとニンニクだけのシンプルなピザです。
特にここの「マリナーラ」はニンニクがかなりきいておりハーブが箸休めのアクセントです。
これは漢(おとこ)のピザでしょう。パンチがきいています、キッパリ。美味しいです。

IMG_3520

IMG_3522
パスタは「アマトリチャーナ」です。「アマトリチャーナ」は、イタリアのアマトリーチェという町の名前からついたパスタです。ベーコンにトマトを加えて煮詰めて調理します。
このパスタも「マルゲリータ」同様に控えめのトマトソースで仕上がっており、奥様は大絶賛です。
パスタがとてもモチモチしていて、さら〜に弾力ある柔らかさで口内感触最高です。
これは女性向きですかね。
美味しいです。

IMG_3525
ドルチェの「クレームブリュルレ+ジェラード」は硬いカラメル層の煮詰まった甘さが蠱惑(こわく)的で楽しめました。ジェラードは口内の夾雑物を相殺するような感じでスッキリと頂きました。サービスなのがうれしいですね。

最後にこのお店の奥様はnet上で評判が悪いのです。
実際最初に単独で行った時は、予約がなければ帰ってください、と言われてかなり気分を害して帰ったのです。
しかしその後netで調べたらこの奥さんちょっと日本人ポイ顔しているので初見ではわかりづらいのですが中国の方だったのですね。さらにいえば日本語が下手なわりには日本語の発音がいいので皆さん勘違いしてしまうのです。
私が片言の中国語で話をしたらなかなか好い人だったです。
その会話の中で、ご主人はイタリアのどこのレストランで修業されたのですか、と聞いたところ、シェフはイタイリアはちょびっと、親方(師匠?)がイタリア人だよ、イタリアにはちょびっといない、との答えでした。さらに、日本語は難しいでしょう、と聞いたところ、全然難しくないよ、と言っていました。この件(くだり)は中国の国民性(原則自分の不利は認めない)から推し量ったとすれば、いずれにしても日本語は発展途上の様です。
そうであればその様に接しておけばnet上で喧伝されている接客受けストレスは軽減できるのではと思う今日この頃であります・・・

それでは(^_-)

富士見台 麺條居士

今日は「迎賓館赤坂離宮前庭公開」の話です。
赤坂離宮
内閣府さんのHPで以下の案内が掲示されました。
平成24年の迎賓館赤坂離宮前庭公開は、11月1日(木)〜3日(祝・土)の3日間を予定しています。
館内は御覧いただけませんが、国宝に指定された迎賓館本館を間近で御覧いただけます。
迎賓館赤坂離宮参観とは異なり、申込み不要で年齢制限もありませんので、お気軽にお越しいただけます。
開催時間等詳細につきましては、以下を御確認ください。

こんな機会を逃すわけもなく次男帯同で見学に行ってまいりました。

無題
さらに内閣府さんの迎賓館赤坂離宮の紹介文です。
迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、明治42年(1909)に東宮御所(後に赤坂離宮となる。)として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風建築物です。
戦後、わが国が国際社会へ復帰し、国際関係が緊密化してゆくなかで外国の賓客を迎えることが多くなったため、「旧赤坂離宮」を改修して迎賓館とすることになりました。
昭和49年(1974)の開館以来、世界各国の国王、大統領、首相などの国賓、公賓がこの迎賓館に宿泊し、政財学界要人との会談やレセプション、天皇皇后両陛下によるご訪問など華々しい外交活動の舞台となっております。また、過去3回の先進国首脳会議や日本・東南アジア諸国連合特別首脳会議(平成15年)などの重要な国際会議の会場としても使用されています。


IMG_3237
今日は最終日ですので大混雑です。
それでもおこないがよいのか10分程の待ち時間でした。
最初受付で「君が代」でも歌わされるのかと思い準備していたのですが、荷物検査のsecurity checkを受けるだけで入館できました。

IMG_3239
本日の公開範囲です。

IMG_3240
いつも外部から見ている正門の内観です。

IMG_3241
中庭です。

後は一気に画像公開です。
荘厳で格調高い建物ですね。
良い思い出になりました。
IMG_3243

IMG_3242

IMG_3250

IMG_3251

IMG_3253

IMG_3256

IMG_3260

IMG_3261

IMG_3265

IMG_3266

IMG_3267

IMG_3268



前庭公開見学の後は新宿までブラブラと歩いて行きました。
途中の画像をお楽しみ下さい。

IMG_3281

IMG_3282
居酒屋「あぶさん」です。
以下は常連さんのコメントです。
球(たま)にいくならこんな店ですか・・・
あぶさんは野球好きにはたまらない「聖地」です。10年以上前に初めて行って以来、月に1回程度行きます。
壁一面に野球選手のユニフォームやサインが飾られています。野球好きなら1度いけばとりこになります。
特に水島新司さんの漫画が好きな人は、たまらなく感動すると思います。
もちろん、つまみのホルモン焼きやあぶさんサラダもおいしいですよ。行くときには予約を入れた方が確実です。


IMG_3283
駐日本国大韓民国大使館に抗議活動で特攻する街宣車です。
即座に駐在していた警察官により道路封鎖されました。
その間わずか10秒の早業でした。

IMG_3286

IMG_3284

IMG_3285

IMG_3287
ご存じ新宿二丁目です。
同好者用のcatchyな看板です。

IMG_3288

IMG_3289
ご存じ末広亭です。
桂米丸さんてまだ現役で寄席にあがっているのですね。
確か今年で87歳のはずです、生涯現役ですか、見上げたものです


今日は迎賓館赤坂離宮の帰路にたまには本格的中華を食べようかということで、お訪(とな)いをいれたのは麺條居士(めんじょうきょし)さんです。
一時期集中的に食べに行っていたのですが、本当に久々の再訪です。

住所: 東京都練馬区貫井3-16-11 関口ビル1F
電話:03-3999-2185
定休日:無休

IMG_3227
お店の外観です。
お店の紹介です。
当店は決して四川料理店ではございません。
山東料理(北方菜)を五割、庶民的な北京の料理を三割、広東料理(広州菜)を二割、という地域を基調とした料理を提案し営業しております。
料理長 出口喜和が創りだす滋味滋養溢れる中国家庭料理の極味をご賞味下さい。


IMG_3229
店内の雰囲気です。

IMG_3228

IMG_3235
メニューです。

本日の私のオーダーは「揚げ牡蠣と豆腐・高菜漬けの塩煮込み定食(主菜・スープ・白飯・サラダ)」@1,050円です。次男のオーダーは「白菜と春雨・豚肉のピリ辛炒め定食(主菜・スープ・白飯・サラダ)」@1,050円です。
当り前ですがこの2皿をshareしていただきました。

IMG_3230
注文6分後にサラダがきました。
卵の焼き加減が絶妙です。
野菜もedgeが立っていて美味しいですね。
中華料理でこの美味しさは珍しいと思います。

IMG_3232
スープです。
これは溶き玉が揺蕩(たゆたゆ)うしており玄妙な風情です。
味は塩ベースでアクセントにトマトがあり味わい深いスープです。
美味しいです。

IMG_3233

IMG_3234
そしてサラダの1分後にmain dishの登卓です。
まずは「揚げ牡蠣と豆腐・高菜漬けの塩煮込」ですが、これはすごい料理です。
揚げ牡蠣が発散される海のエキスが濃厚です。
目を閉じると群青の海の底のゴツゴツとした岩場に舞い降りた様な感じです。
塩味のスープも滋養溢れる味で結構です。
豆腐が善戦しています。
香菜(シェンツァイ)が味を引き締めています。
これはとても美味しいです。

IMG_3231
そして「白菜と春雨・豚肉のピリ辛炒め」です。
これは中華の王道料理ですので口に入れた瞬間に、安定した味わいが口内に広がります。
ただし量がtoo much for usです。
二人でワシワシと蚕食しても量がなかなか減りません。
この一品は、ちょっと濃いめの醤油味に中国の香辛料で香りづけがされていて、白飯の相方としては最高のpartnerでしょう。
これもとても美味しいです。

麺條居士(めんじょうきょし)さん久々の再訪でしたが大満足でした。
ご馳走様でした合格合格合格合格

それでは(^_-)

大泉学園 松屋

今日は「Bloody Mary」の話です。
ブラッディマリー
ブラッディ・マリー (Bloody Mary) とは、ウオツカをベースとする、トマトジュースを用いたカクテルです。レシピはウオツカのトマトジュース割にレモンの小片を飾ります。好みによりウスターソースかタバスコ、塩、こしょうを加えセロリスティックを添えます。

16世紀のイングランド女王、メアリー1世の異名に由来するといわれています。
メアリーは、即位後300人にも及ぶプロテスタントをカソリックの復活のために処刑したことから、「血まみれのメアリー」(Bloody Mary) と呼ばれて恐れられていたということですが、Bloody(血まみれ)というのは殺伐としていて小粋ではないなぁと以前からこの由来は好きではありませんでした

ところが今回異説をみつけましたので以下に紹介します。
夜半過ぎに飲み過ぎたジョージという男がリフレッシユするためにパームスプリングスのビストロに入ったところ、バーテンがいなかった。そこで勝手にカウンターに入ってトマトジュースでウオツカを割って飲み物をつくり楽しんでいるとき、近づいて来たメアリーという女性にうっかりこぼしてカクテルを服にかけてしまった。「赤くならなかった?メアリー(Aren’t you bloody? Mary)」とあやまったところから出たともいう。
これで決まりでしょう・・・

このカクテルってどうやって考えても、お酒を飲むのをバレナイように飲みたい輩が考えたのだと思います。ウオツカってそもそも無味無臭でしょう、それにトマトやウスターソースかタバスコ、塩、こしょうを入れて飲めば、気分は健康的なソフトドリンクを楽しんでいる絵面(えずら)ですもの。
例えば大量飲酒で健康をそこない禁酒を余儀なくされた酒に意地汚いオジとか未成年なのに酒の魔力に取りつかれてしまったボウヤとかね、そんな気がします。
もしかしたら考えたのは「女殺し」のジゴロかもしれません。

大学生の時六本木で遊んでいた頃ですか、悪友達と初めて会った女子達を誘っては良く飲みに行っておりました。今でいうプチ不純異性交遊ですが、私達の大学生の時は娯楽が少なかったので彼我の差あれ皆このようなことはしていたのです。
決してその後世間を騒がせた早稲田大学の「スーパーフリー」とは根本的に違いますのでよくよくご理解くださいね。

ある時悪友の一人が「美女を瞬時に酔わせる」という本を買い求めました。
そこには美女を効率的に酔わせるには、美女の飲み物に目薬を入れなさい。そうすれば、美女はめくるめく様な酔いかたをし、素敵な貴方に介抱を頼むでしょう。と本の帯に書いてあったからなのです。本著には、それ以外にも「美女」を酔わせる秘伝が硬軟併せて書かれた極めて優れた本だったのです。

目薬の件(くだり)は使えるなと踏んだ友達の一人は、ある時にいつものように飲みに誘った美女たちが三々五々にトイレで席を外した時に、サンテドウという目薬をショキショキと入れてみました。しかしまったく効果がありません。その効き目のなさに私達仲間は???と考え込んでしまいました。その中で私は、美女じゃないからじゃないの、と口をとんがらせて悪友にクレームをつけました。しかし悪友は、目薬は美女かどうかは判断できない、とキッパリと言い返して、要は目薬の量が足りないんだ、と決めつけてショキショキからワサワサと入れ始めたのです。
そうなると徐々にお酒の味も変わってくるわけで、さすがに女子達にバレました。
そしてその女子の代表格が怒髪天を衝く状態となり、その代表格がこの私達の仕掛人にするどく詰問したのです。しかし私の友人はのらりくらりとかわしていたものですから、その右頬に高らかな音のする平手をくらわし、憮然とした表情をして皆で総上がりしたのです。

後日、私達は大学の図書館に、なんでこの間の女子達はお酒に目薬を入れたのにもかかわらず、めくるめく様な酔いかたをしなかったのを調べにいったのです。
するとこの手口は古典的なネタで、めくるめく様な酔いかたをさせるのにはロートエキスという成分が悪さをするそうです。昔の目薬は飲んだりすると、ロートエキスが神経を麻痺させたり、幻覚症状をおこさせたりする作用がありました。しかし現在市販されている目薬にはロートエキスの含まれているものは無いので効果はありませんと書かれていました。完璧な調査不足です。本来ならばきちんとPDCAをまわさなければいけなったのですが、やはり泥縄的捉え方だったのですね・・・
しかしこの古典的手口はかなり人体には良くないのではと素人考えでも思うのですがね。昔の人は大丈夫だったのでしょうか?
その前に過去の悪戯(いたずら)に反省ですね・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
ところでブラッディ・マリーは多様なバリエーションがあります。
ベースをジンに変えると「ブラッディ・サム」、テキーラに変えると「ストロー・ハット」、ビールに変えると「レッド・アイ」、アクアヴィットに変えると「デニッシュ・マリー」、ウォッカを抜くと「バージン・マリー」というカクテルになるそうです。
私の義理の弟はベースを焼酎にして飲んでいます。
これがまたイケるのです、さながら呼び名は「サムライ・マリー」とでも呼びますか。
お試しア〜レです。


ラップ音楽などでおなじみの「YO!」ですが、小気味よいテンポで入れていくのには、速度も要求されるようで、そんな特訓から思いついちゃった世界記録なのかどうかはわかりませんが、15秒で何回「YO!」を言えるか試した男の映像です。で、世界記録出しちゃったYOです。なんと123回のYOを言えちゃってます。



今日は最近のマイブームです。
今日のお店は運転中にお昼でも食べるかと立ち寄った「松屋」大泉学園町店です。

住所: 東京都練馬区大泉学園町7-15-20
電話:03-5947-4515
定休日:無休

IMG_3005
お店の外観です。

IMG_3006
とうとう東京チカラめし「焼き牛丼」の向こうを張った商品を上市してきました。
これは食べないといけません。

IMG_3004
今日のオーダーは「豚と茄子の辛味噌炒め定食」@580円です。

IMG_2649

IMG_2651

IMG_2650
待つこと2分で着膳です。
見た目おいしそうですね。
それでは実食です。ウン茄子が柔らかいことそれに以外と量の多い豚肉のコラボです。
茄子は一回素揚げにしてから炒めるので柔らかいそうですよ。
これは美味しいですね。辛味噌もイケています。
茄子好きな私としてはたまらない一品です。

IMG_2648
紅生姜も死ぬほどかけさせてもらいましたので大変満足させていただきました。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

大泉学園 エノテカ リオーネ

今日は「『吉野家』を変えた男其の弐」の話です。
「『吉野家』を変えた男」それは私です。
吉野家54年の歴史の中で、私は大きな change を二つもしてしまいました。
そのchangeについて説明しましょう。
宜しかったらお付き合いください。

#second change
丁度20歳頃の話です。
浅草の先輩から、ちょいと話したいことがあるから雷門脇の吉野家で待ってろよ。仕事終わり次第直ぐにへえるから、との電話があり、おっとり刀で夕方の6時頃吉野家さんの暖簾をくぐりました。
この日は手元不如意でして、たしか3千円位しか財布に入っていませんでした。
先輩のすぐ来るはあまりあてにしない方がいいなぁ、とつぶやきながら“取りあえずビール”を頼みました。
長期戦になるのかなぁと思ったので、財布の中身を考えてツマミをとることは止めにしました。30分位でビール×3本を片付けました。ツマミは紅生姜です。

4本目からはツマミを紅生姜に醤油をタラタラってかけていただきました。
時計をみると7時15分です。ビールは6本目の底が見え始めました。
途中白髪頭のオジイサンが入ってきて、おもむろに白いご飯を一つ頼んだのです。
私は「生姜友の会」の会員が来たと、喜んでいたのですが、なな何と、このオジイサンは本当に白いご飯のみを美味しそうにゆっくりと頂いてお行儀よく帰られたのです。
ヘン、何でぇ、格好つけやがって。吉野家きたら紅生姜は蒲鉾だよ。これを食べるから板につくんじゃないか、ケッ、と嘯(うそぶ)いていました。
だいぶ酔ってきたようです。こうなるとこの人はシツッコイのです。
とうとう店員にグダグダと話しかけ始めました。
他愛もないことしか言ってないのですが、店員さんは間違いなく煙ったがっているのはその顔に書いてあります。
そのうち店員さんは、お客さん、当店は牛丼屋ですので、牛丼は宜しいですか、と恐る恐る伺いを立てています。
すると私は、上等だよ、牛丼結構、豚よりエライ。でもなぁ兄ちゃん、こちとらオアシがないの。わかる、オアシ、銭ッ子がないの。だから麦のカスしか飲めないの、とからんでいます。ショウガナイ人間ですね、まだ二十歳(はたち)になったばかりなのにね。

そろそろ紅生姜+醤油に飽きた様で、今度は紅生姜+醤油+唐辛子に宗旨を変えた様です。
ビールは7本目に突入しています。だんだん声が大きくなり、店員さんの一挙手一投足に気合を入れ始めました。
このふるまいで店内の雰囲気も怪しくなってきました。
そのうち店長がやってきて、他のお客さんもおられますので、もう少しお静かにしていただけませんか、とやんわりと帰ってくれといっています。
すると私は、好きでいるんじゃねぇよ。待ち人来たらずなんだ。だからってチャンネエじゃねえよ。先輩、専売公社じゃねぇよ、先輩だからな、わかってるよなぁ、もう少しこらえてくれよ、ともうグダグダの酔っ払いです。書いている本人も恥ずかしいって・・・

そして9本目に突入したころ、件(くだん)の先輩がやってきました。
時計の針はすでに8時です。
するとその先輩はカウンターに並んでいる9本のビール瓶をみて、いってぇ、オメエ誰と飲んでたんだよ。何一人だって、馬鹿か、オメエ掛け値なしの馬鹿、豆腐の角に頭ぶっけて死んじゃいな、と大笑しています。
するとそれを聞いた私は、先輩が遅いから、吉野家風情(ふぜい)でキスグレ(酔っぱらった)たんじゃないですか。落とし前つけてよっ!、と今度は先輩にからみ始めました。
先輩は、わかった、わかった、神谷バーで死ぬほど電気ブラン飲ましてやるから、と言って私の飲んだ分を払ってくれて、そして私を夜の街に連れだしたのでした。

それからしばらくして先輩の職場(喫茶店)に行くと、先輩が笑いながら新聞を差しだしてくれました。そして、オメエが吉野家で牛丼も頼まずにビールを9本も飲んだから、吉野家はお酒の制限するようになったそうだぜ。これからは一人3本までだとさ、俺知らねえって、と笑っています。
確かに先輩が手渡してくれた新聞には、吉野家の酒類に関するお知らせが黒々と書かれていました。


バースディ
今日は長男のbirthday partyです。
今回は美味しいお店というrequestが何故か奥様からあり、選んだお店はこちら「エノテカ リオーネ」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-2-2 プリムヴェール 1F
電話:03-3925-1300
定休日:月曜日

IMG_2515
お店の外観です。
店名の「エノテカ」はイタリア語でワインを主体にしたレストランという意味です。「リオーネ」はイタリア語でライオンです。

IMG_2535
お店のアイコンです。

IMG_2518
店内の雰囲気です。

今日のオーダーは「大皿パーティーコース」@2,980円です。
それではbirthday partyの開幕です。

IMG_2519
イタリア産生ハムの三種盛合せ〜鴨肉と季節のフルーツ〜
いきなりすごいものがでてきました。イタリア産生ハムの三種盛合せは無茶苦茶美味しいではないですか。
肉の味が深いのですね、これにはくりびつです。
イチジクも甘く熟しており結構でした。

IMG_2520
有機野菜とたっぷりハーブのサラダです。
ウンこれさわやかですね。健康が体内に入っていく感じです。

IMG_2521
真鯛のカルパッチョです。
真鯛ってこんなにも美味しいものだったのですね。粒胡椒が味を引き締めています。

IMG_2522

IMG_2523
ツブ貝のスエカルゴ風オーブン焼きです。
ニンニクの香りに包まれたツブ貝は深い味わいが楽しめます。
エスカルゴプレートのアップでその美味しさを目でも味わってください。

IMG_2525
モッツレラチーズ入りにライスコロッケです。
ちょっとプチサイズですが、その分中のチーズが気を吐いています。
美味しいですね。

IMG_2526
本日のナポリ風ピッツアです。
ベースがホッコリして美味しくいただけます。
このピッツアの特選チーズはすごく美味しいですね。
さらにメルテイングチーズのトロ〜リ感にもやられました。
これは他に類をみない美味しさです。

IMG_2527
自家製タバスコです。
以外に辛くないのですね。

IMG_2528

IMG_2529
本日のパスタです。
ソースがマイルドなのです。この味付けは始めての味わいです。
こういうソースもイケるのだなぁと瞠目させられた一品です。
鶏肉のつみれ団子がシャキシャキしていて味を倍加させています。

IMG_2530
地鶏のロースト マルサラ酒ソースです。
見た目クドそうに見えたのですが、意外や素材の良さを前面に押し出した一品です。
地鶏の滋養ある美味しさが、噛む度に口内に広がります。
秀逸な味です。

IMG_2532

IMG_2533

IMG_2534
デザートはガトーショコラとアイスクリームです。
Niceな甘さが今迄の口内の夾雑物を洗い流してくれます。
これはlevelが高いドルチェですね。

全体を通して過不足ない味付けと量でした。
いままでイタリアンってすこし濃い目の味付けが多く、食後に食べ疲れがでる場合があったのですが、ここのイタリアンに限ってはそのようなことはありません。
お勧めのお店ですね

ちなみにこの後は恒例のカラオケ大会に突入したのはいうまでもありません・・・

それでは(^_-)

練馬 ラーメン「大」 リターンズ

今日は「オムニバスな一日」の話です。
暑いですネ、今日の最高気温は35度でした。
さすがにこんな日の日中走るとHeatstroke(熱中症)になるので走ることは止めにして次男と吉祥寺に買い物に出掛けました。

ところで私は、Heatstroke(熱中症)のベテランです。そりゃそうです、しょっちゅう炎天下の中、マラソンレース等で走っていますからね。
ちなみにランニング中のHeatstroke(熱中症)の初期症状はまずは汗が出にくくなります。それでも走り続けていると今度は炎天下にもかかわらず寒気がしてきます。
まぁここまでくるとかなりアブナイですね、さらに走り続けていると今度は動悸が激しくなります。そして目の前が真っ暗になってきます。
ここに至ってはかなり危険ですし、そこはかとなく死に神が誘(いざな)い始めているように感じますので、走るのを中止します。
そしておもむろに日陰を探しそこで横になります。併せて水分を大量に補給します。
しばらく動悸は収まりません。そして数十分後突然に、汗が水芸人の曲芸のようにピュッ、ピュッと噴き上がってきます。
こうなった時点で体温調節機能が復元したのでしょうね。これでHeatstroke(熱中症)から解放されます。
ところでHeatstroke(熱中症)は死に至る危ない症状です。
ランナーはレース出走等で致し方ないところもありますが、皆様はくれぐれもあまく見ないよう注意して暑さと向き合ってください。

そうそう吉祥寺ですよね。
邸梅図IMG_1726 - コピー
久々に「楳図かずお」邸にまいりました。あれっ!いつの間にか植栽で外観が分からない様になっていました。多分近隣の方から、景観美化を損ねるということで物議を醸したので、それの対処策なのでしょうね。
Before(左画像)、After(右画像)を見くらべてください。

IMG_1731
この暑さの中、元気なのは井の頭ボート池の白鳥さんだけです。

IMG_1732
公園通りのクマさんは、すでに暑さでぐったりしており、意気消沈していました。

桑名正博
この画像は美勇士さんのtwitterの公開画像より転載です
ところで私の大好きなmusician「桑名正博」さんが重体です。
以下はnet記事からの引用です。

独特のしゃがれた歌声と気さくな大阪弁で人気の桑名が突然、倒れた。

桑名の長男でミュージシャンの美勇士(みゅうじ、31)が午後8時から、入院先の友愛会病院で会見。「来たときは多少、指先がピクッと動いたようで希望に応えてくれるのかと話しかけたけど…」と声を震わせた。

桑名は13日に妹で歌手の桑名晴子(56)らと香川県小豆島でライブを行い、兵庫・神戸市内に住む母親を訪問。その後、晴子と別れて大阪市内の自宅に戻り、スタッフと酒を飲みながらライブの反省会をしていた午前4時過ぎに突然、「頭が痛い」と訴えた。

スタッフの119番通報で午前4時53分、同病院に搬送されたとき、すでに呼吸は停止して血圧も上がり260以上に。脳幹出血と診断された。

同病院脳神経外科の垣田寛人医師は、手術が不可能な、呼吸をつかさどる脳幹部分の出血が激しいと説明。「人工呼吸器を装着しているが、積極的な処置はできない。手術ができて出血部が取れたとしても、良くなることはない。非常に重篤な状態」と明かした。

「最近、多忙と聞いた。疲れやストレスで血圧が上昇傾向にあったのでは」とも。入院後は逆に低下してきた血圧を上げる薬を投与しているが、桑名の妻、栄子さん(48)は「しんどい時間を長くしたくない」と話しているという。

桑名は来月7日の59歳の誕生日に盛大なライブを長野・軽井沢市で予定していたほか、来年の還暦までに100回ライブを行うと宣言して全国を回っている途中だった。

美勇士はこの日、関係者から連絡を受け、妻で元宝塚男役の女優、日向燦(28)、昨年10月31日に生まれたばかりの長女を連れて病院に駆け付けた。美勇士によると桑名と親交が深かった俳優の原田芳雄さん(享年71)が昨年7月、歌手のジョー山中さん(享年64)が昨年8月、俳優の安岡力也さん(享年64)が今年4月に相次いで死去したことに、強い衝撃を受けていたという。

「酒を飲みながら涙することも多かった」と美勇士。歌手の宇崎竜童(66)に提供された楽曲「生きてるうちが花なんだぜ」をツアーで好んで熱唱していたといい、「『仕事、やり過ぎじゃないか』と言っても、『生きてるうちが花なんだよ』と…」と声を落とした。

美勇士は「眠ってるようで、『あぁ、よく寝た』と起きてきそう」。奇跡を祈るほかない。


桑名正博さんは、1830年創業の廻船問屋「桑文」の7代目の跡取りとして生まれました。
1953年8月7日生まれ。次の誕生日で59歳になります。
妹はミュージシャンの桑名晴子さんです。家庭には女中さんが2名いて、家族4人で700坪の邸宅に住んで育ったというどっから見てもボンボンです。

甲南中学校2年のとき引きこもりになり、義務教育であるにも拘らず留年を経験しました。のち退学処分を受け、公立の中学校に移ってから卒業。高校から再び甲南に進みましたが、入学式だけ出席して中退したそうですよ。この後の経歴は、皆さんの知るところであります。

なんで好きなのかなと考えたのですが、この人はお金に苦労したことがないので、心がpureでしたね、アセクセしたところが無い彼の発言はいつも好意的に聞いていました。
それと留学経験もあったことより、若い頃から英語はペラペラでしたし、いわゆる私の憧れだったのですね。アン・ルイスさんと結婚した以外は・・・
何とか復活してもらいたなと祈っております。

ご子息の美勇士さんのコメントです。

美勇士‏@myuji69
もうニュース見た方もいるかと思いますが、おやじが脳幹出血で今朝倒れました。もうどうやっても助からないみたいですが、あと少しの時間を一緒に過ごしたいと思います。愛してるよ、おやじ。



暑い時には熱いものというこで、昼間はほとんどクーラーが効いていないという、ラーメン「大ラーメン」さんに次男と特攻です。

住所: 東京都練馬区豊玉北5-32-9 フォレストヒラキ1F
電話:非公開
定休日:無休

IMG_1725
お店の外観です。

IMG_1720
店内の雰囲気です。

IMG_1721

IMG_1722
本日のオーダーは「ラーメン+野菜+ニンニク+麺少なめ」@650です。
久々ですネ、ラーメン「大」さんは、約2年ぶりの再訪です。

待つこと1分でラーメンの着丼です。
麺少なめにしたのですが、やはりコンモリしています。
天地返しがしにくそうすね・・・

こんなのをお約束にしてもらっては困るのですが、いつも通りスープは熱くありません。
荒縄麺は健在でこれはモチモチしていて、この脂っこいスープによく絡んで美味しいですね。チャーシューは肉厚でvolumyですが硬めです、もう少しトロトロの方が好みなんですが。味ですか、ウン、美味しいですよ。

IMG_1723
特に後半はカレーパウダーが参戦しますので味がしまります。
これがmy favoriteなのです、ハイ

それでは(^_-)





大泉学園 惣菜の点点 4th

今日は「オヤジ呑み其の弐」の話です。
オヤジ呑み
前回オヤジ呑みについてblog upしたのでその続編を書こうと思ったのですが、オヤジ呑みって一体何なのだろうと考えたら行き詰ってしまったのです。
オヤジ呑みって文字通り、いかにも安そうな居酒屋で、安いつまみで、安い酒をオヤジが呑むこと、だと思うのですが、それが何で現在featureされているのでしょうか?

まずこのオヤジ呑みには考察を加える必要がありますね。
オヤジ呑みというのは、「居酒屋」、「つまみ」、「酒」の三要素が密接に係わってくるという仮定の上に一つ一つを定義してみましょう。

最初は「居酒屋」ですが、遠くから招くような目映いばかりの赤提灯の光、ゆれる藍染めの暖簾若しくは黒光りしている縄暖簾、入ると親父が黙って仕事をしていて、来店の挨拶こそ礼儀正しくするものの後は寡黙である、ということが必須条件かと考えます。
そして「つまみ」ですが、まずは突き出しには浅漬けのお新香、メニューにはオヤジの定番谷中生姜、店主特性のこだわりの煮込み、新鮮な為にツルンとした輝きを見せるレバ刺し、滋味あふれてジューシーなモツ焼き、焦げ具合も楽しめるほっこりと焼きあがった焼魚(目刺がbest)、ふくよかなネギの香りがたまらないネギ入り玉子焼き(甘いのはNG)があること、というのが必須条件かと考えます。
最後の「酒」は、辛口な日本酒、高級吟醸酒はNG、瓶ビール、三冷ホッピー(凍らせたホッピージョッキ+冷やした焼酎+冷やしたホッピー)、バクダン焼酎(生の焼酎をコップに並々とつぎその表面にお情け程度の梅コンクをたらしたもの)があるということが必須条件かと考えます。

この3要素がバランスよく組み合わされているお店に、50才以上のオヤジが単独で来店し、長っ尻せず、そそくさと切り上げて帰るのがオヤジ呑みだと定義したいのですが。
要は 、“旨い”、“安い”、“早い”の三拍子が揃った店。
そして小料理屋までの価格や料理ではなく、ただ単純に酒を楽しめるだけの旨いつまみ(料理)が揃っている店でオヤジが中年悲哀のオーラを加齢臭とともに全身から発散しながら、財布の中身を気にしつつ、しみじみと呑んでいる状態と言い換えてもよいでしょう。

特に近年オヤジギャルという突然変異の新人種が、競馬しかり、ゴルフしかり、立ち呑みしかり、これまでオヤジたちの聖域だった場所にうら若き女性たちが入ってくるようになり、これらの遊びを楽しみ出してきたのです。
そしてオヤジの聖域と呼ばれる場所は徐々に狭(せば)まりつつあります。
その中でオヤジの聖域の頂点である居酒屋、換言すればオヤジ呑みがfeatureされる因だと演繹するものであります。

最後に亡き父のオヤジ呑みですが、初めての居酒屋で必ずやる儀式があります。
私の父はビール党です。したがって居酒屋では瓶ビールしか呑みません。
お勘定する時に、今日は初めてだからお代の目の子がつかないんだけれど、何枚のお札を用意したらいいんだい、と聞くのです。
すると居酒屋の店主は、ヘイ、はじめてのお客様なので勉強させていただきやして、切り良く3,000円丁度でお願い申しあげます、と言うと、ところでビールは何本呑んでるんだい、と父は聞き返します。
店主は、今日は気分がよろしかったのでしょうか5本ほど呑まれていますが、というと、父は握りしめていた左手をおもむろに開け、そこには握りしめていた為に湿っぽくなったピーナッツの殻が出現します。それを父は、1,2,3,4,5と数えてから、合ってらい、良心的だねこのお店、といってから支払いを済ませるのです。
そのときには居酒屋の店主は例外なく目を白黒させて驚きの表情をします。
父流の、ぼったくり防止策だそうです。
私は数回その現場に居合わせたことがありましたが、効果抜群でしたね(笑)


Did you shit your pants?



今日は大泉学園に出没です。
今日のお店は、私に中国語を教えてくれる中国料理のお店、惣菜の「点点」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-1-5
電話: 03-5905-0336
定休日:不明

IMG_0895
お店の外観です。

IMG_0888

IMG_0890
店内の雰囲気です。

IMG_0889

IMG_0887
メニューです。

本日のオーダー「タンタンメン半チャーハン」@680円です。
ここの奥さん会う度に日本語がうまくなりますね。それにキレイになっています。
どうやら日本の水にも慣れてきたみたいですね。

IMG_0891
待つこと10分で着皿です。
すごい量ですね。
それでは実食です。

IMG_0892
まずはタンタンメンです。
麺はストレート細麺です。スープはそんなにhotではなく、そのせいか花椒(ホワジャオ)の量もそれほど多くはありませんのでむせかえる辛さではなくコクのある味です。
お約束のスープの熱々は守られています。
美味しいですネ。

IMG_0894
チャーハンは安定感あるパラパラチャーハンです。
ちょっと味がたおやかですかね。
でもこれまた美味しいです。

白眉は杏仁豆です。これはココナッツの味がよく出ており美味しく頂きました。
それにしてもこのパフォーマンスで@680円ですか、お見事です

それでは(^_-)

続 桜台 茶平

今日は「防災食料調達」の話です。
IMG_0532
半月前に書きました防災食料調達のために、今日は陸上自衛隊朝霞駐屯地 SAKURAさんに再訪にしました。
ヘリコプター搭乗体験
それに加えて5月13日に実施されるヘリコプター体験搭乗に応募する目的もあったのです。
これは過去何度も応募しても一回も当選したことがないので今回も駄目かなとも思いながらもまずは申し込みをしてきました。 
このヘリコプター体験搭乗は東京都上空を一周します。
私の地元の下町にある東京スカイツリーへは何と朝霞駐屯地から15分という短時間での到着だそうです。とても当選を楽しみにしています。

それでは防災食料調達のまえにすこし広報センター(りっくんランド)を見学です。
IMG_0534
まずはヘリコプター、AH-IS Attack Helicopterです。

IMG_0535

IMG_0537
そして2,000ポンド普通爆弾(不発弾)です。
戦争中にはこのような巨大な爆弾が帝都に大量に落とされていたとは、戦争中の銃後を守っていた人達の苦労がよくよく理解できます。

ということでいよいよ防災食料調達です。
IMG_0533
この物資を販売しているお店はアーミーショップ「SAKURA」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉学園町無番地
電話:03-3924-4176
定休日:月曜日、第4火曜日、年末年始(12月28日〜1月4日)

IMG_0563

IMG_0566

防災まるかじりセット
まずは防災丸かじりセット@2,380円です。
これはパン缶以外の8品の食品は、レトルトの特殊パッケ−ジに入った非常食です。
食べ終えた後もゴミが少なくすみます。

IMG_0564
つぎに牛丼@980円です。

IMG_0565
さらにカレーライス@980円です。

IMG_0567
最後に自衛隊パンツ@980円です。
これはすごい何てたってパンツに日の丸がついていますからビックリマーク
でも自衛隊の人は必ず着用しているわけでもないようですよ。

今回調達したものすべてが自衛隊推奨なので味を含めた品質もゆるぎないものであると信じています
日の丸に敬礼。


You will find this YouTube interesting!



今日のお店は、残念なことに早逝してしまったのですが高校の同級生(女子)の旦那様が経営している中華レストラン「茶平」さんです。

住所: 東京都練馬区桜台1-1-5
電話:03-3993-7337
定休日:年中無休

IMG_0538
お店の外観です。

IMG_0540

IMG_0542
店内の雰囲気です。

IMG_0539

IMG_0541
メニュー―です。

今日のオーダーはまず二人でshareした「焼餃子(バリバリギョウザ8ヶ)」@700円、私のオーダーの「汁錦炒飯(五目焼き飯)」@980円、奥様のオーダーの「蝦仁湯麺(海老そば)」@1,080円です。

IMG_0544

IMG_0545
まずは「焼餃子(バリバリギョウザ8ヶ)」です。
野菜がこんもりと入っておりニラのアクセントがタマリマセン。
皮のパリパリが味わいを高めます。
美味しいですネ。

IMG_0546

IMG_0548
「汁錦炒飯(五目焼き飯)」はまさに横浜中華街でたべる炒飯と同根の味わいです。
パラパラに炒めたお米の一粒一粒が際立っています。
たおやかな塩味に頬づつみ乱打です。

IMG_0543
蝦仁湯麺(海老そば)」です。
このお店での一押しです。
光り輝く海老がとても、すごく、きわめて美味しいです。
安定感ある一品です。
これは一食抜いても食べる価値はあると思います。

それでは(^_-)

陸上自衛隊朝霞駐屯地 SAKURA 番外編

今日は「SDF」の話です。 
今日は久々のまったりとした休日です。
ということで今日は番外編です。
ところで今日のネタの「SDF」は何の頭文字の略だか知っていますか?
そうですねSelf Defense Forceです。即ち自衛隊です。
今日私は陸上自衛隊朝霞駐屯地内にある広報センター(りっくんランド)にとある買物をしに行ったのです。ついでに展示ゾーンにある洗車ちがうか戦車等を見学しましたのでご案内します。

IMG_0395
広報センター外観です。

IMG_0399

IMG_0405
本日のガイドの飯島さんです。
この人の案内は面白いのです。下手な芸人より話が上手なのでとても楽しめました。

IMG_0397

IMG_0401
74式自走105mmりゅう弾砲です。
74式というのは1974年生まれですからこのりゅう弾砲君は38歳です。
素人はこのりゅう弾砲君は戦車だと思いますが、実は違うのですね。
りゅう弾砲は野球で例えると外野手です。
従って実際の戦闘では前線にはおらず、はるか後方からりゅう段を打ち、敵の陣営を破壊する役割を担っているのです。
要はこのりゅう弾砲君は前線で戦うことがないので戦車ではないのです。

IMG_0398

IMG_0400
74式戦車です。
これが戦車君です。
エッ、りゅう弾砲君に似ていますが、何でこれが戦車なのと思う貴方はするどいのです!
戦車君とりゅう弾砲君は投げる球(砲弾)の球筋がちがうのです。
りゅう弾砲君は、はるか後方から山なりの玉を投げます。野球で例えれば外野手です。
それに対して戦車君は近距離から高速の直球をなげます。野球で例えればピッチャーです。
このちがいですね。従って外見では識別ができないのです。
さらにいえば戦車君は最前線で戦いますので、万が一はるか遠くから撃たれたりゅう弾砲君の玉が飛んできて当たっても、ドスコイとへっちゃら君です。
要は鋼板の厚さがちがうのです、ハイ。

IMG_0403

IMG_0402

IMG_0404
94式水際地雷敷設装置です。
戦闘車用語ってわかりにくいですね。これの主目的は海上での機雷の設置ですが、海上に障害物をおいて敵の軍艦の運行を妨げることもします。
したがって水陸両用です。ちなみにお値段は5〜6億円だそうです。
りゅう弾砲や戦車が1〜2億円ですからだいぶお高いのです、勿論我らの血税で作られています。

IMG_0406

IMG_0407
ヘリコプターです。
日本国の災害救助で必ず目にする働き者です。3・11東北大地震でも我ら多くの同胞を助けていただきました、ありがとうございます。ご苦労様でした。


IMG_0409
展示ゾーンです。
展示されているヘリコプターはAH-IS Attack Helicopterです。

さてさていつもながら大変ながい前フリでしたね。
今日私はとある買物をしにきたということでしたが、それはカップヌードルSDFだったのです。
カップヌードル40年に亘る歴史の中で、73人の兄弟が生まれましたが、SDFだけはout of scopeなのですね、どうだ!
そんなに偉そうにいうこともありませんが・・・
ということで今日のお店はアーミーショップ「SAKURA」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉学園町無番地
電話:03-3924-4176
定休日:月曜日、第4火曜日、年末年始(12月28日〜1月4日)

海上自衛隊に勤務していた女性が、男性しかいない軍隊?生活から休日の無聊を慰めるために友人に手紙をだしていました。しかし海上自衛隊だけに勤務先が1年間くらいでかわっていました。しかし彼女はそんなことを頓着せず友達に手紙を出し続けていました。
すると彼女の友人達は彼女が刑務所におり、定期的に収監場所が変わっているという噂が流れたそうです。
そうなのですね、刑務所と自衛隊は番地が無番地だからです(笑)

サバイバル食品
そうそうアーミーショップ「SAKURA」さんは、自衛隊だけに防災用食料が充実しています。時節柄、災害用食糧セットが売られていますが、コスパとくにパフォーマンスがよいので品切れ状態です。
これを帰宅してから奥様に話したところ、きたるサンマルニーマル!!(3月20日の自衛隊的呼称)、朝霞駐屯地物資部に出向き、万難を排し防災食料を調達すべし、と大本営指令がでました。“イェ、イェッ、サーであります”

IMG_0410

IMG_0420
お店の外観です。

IMG_0412

IMG_0414

IMG_0418

IMG_0419
カップヌードルSDF@150円です。
味は普通のカップヌードルと同じです。
自衛隊仕様だからといって奇をてらうところはありませんでした。

カップヌードル
SDF VS 普通版の比較表です。
SDFの方が、すこしパフォーマンスがよいのと、容器はSDFの方が断然に大きいですネ。

それでは(^_-)

中村橋 デニーズ

今日は「外国人にはわからないQuiz」の話です。 
今日、日本語の少し喋れるイギリス人と雑談しているとき、ひょっとして彼なら分るかなとおもって以下のQuizをだしてみました。
皆さんもお暇でしたら考えてみてください。答えは最後にあります。
ヒントは漢字に関係があります。そして答えは食べ物です。

I am black and shiny.
People often ask for me at 3 o’clock.
I am normally given as a present.
Water, sweat potato, chestnut(栗)are my good friends.
People like me best where I am born from tiger.
Actually I am a sheep.
Who am I?


このQuiz、結局イギリス人は分らずで、No idea、Give up!でチャンチャンでした。
そりゃそうでしょう、私でさえわからなかったのですから、当り前です(笑)
その後も引き続き雑談していたら、このイギリス人が東京近郊のどこかでhaeadcut△△△という名前のbarberを見かけたらしくて、日本人は腹以外に頭も切るのか、と笑いながら英語で質問していました。
たしかに日本人は床屋で頭は切らないけれど頭は刈るとは言うので、その床屋さんは“頭を刈ります”という意味でhaeadcutってしたんじゃないのかな、と英語で説明すると、ウーン日本語は難しいねィ、と今度は彼が日本語でぼやいていました。
さらに奥さん(奥さんは日本人)がこの間、神社に行って“家内安全”というお守りを買ってきたので、なんで“旦那安全”は買ってこなかったのよ、とcomplainしたら、意味が違うわよ、と笑いながら日本語で言うだけで、その意味の違いを英語で説明してくれないんだヨ、とまたまたぼやいていました。
“家内(妻)安全”は日本人でもレベルの高い使い分けなので仕方ないとおもいますが、事程左様に外国人にとって日本語は難しいと思います。
David君(上述のイギリス人)、確かに英語は美味いかもしれないが日本語はまだまだ修行が足りないよ!

そうそう床屋といえば床屋での耳かき。終了直前にふわふわの毛でではたいた後、指を耳穴に突っ込んでとんとんされますよね、あれは一体何のオマジナイなのでしょうか。
それと札幌にいたときは手の指にとどまらず足の指の爪まで切ってもらったのですが、札幌だけのサービスなのでしょうか。
両者ともどうでもよい私の解決されない疑問です、ハイ。


今日の動画は前述のDavid君の奥さんが今年一番に驚いたLolongという巨大鰐の動画です。Lolongはフィリッピンのミンダナオ島で捕獲されました。捕獲された鰐では世界最大だそうです。Lolongの名前はフィリッピンの鰐取り名人にちなんで付けられました。体長は6.2m、体重は1075kgです。鰐というか恐竜ですね。この動画は、たしかにすごいのですがフィリッピン語の字幕がないので少しわかりにくいかもしれませんm(__)m



今日は家で午後から積み残した仕事を片付けて、その後体育館に走りに行って、シャワーを浴びてサッパリし、おもむろに時計を見たら20時半です。
夕飯は何を食べようかな、としばし熟考していたら、一本の電話がかかってきました。
IMG_0346
発信人は奥様からです。電話の内容は、学校の同級生と懇親会をして今終わったので、新宿NSビルまでpickupしに来てほしい、とのことです。
仕方ないので夕めし付条件でアッシー君となったのです。
ということで今日のお店は「デニーズ中村橋店」さんです。

住所: 東京都練馬区中村北1−22−1
電話:03-3970-7391
定休日:無休

IMG_0351
お店の外観です。

IMG_0347
店内の雰囲気です。

IMG_0348

IMG_0349
今日のオーダー「すき焼仕立てのハンバーグ」@850円です。
結局、薬局で夕飯にありつけたのは22時40分でした。
う~ん、とてもお腹すいたぞ(笑)
この料理はデニーズ自信のハンバーグをすきやき風に仕立てたものです。
白菜、長ねぎ、しめじなど、すき焼きには欠かせないたっぷりの野菜、豆腐が加えられています。
IMG_0350
半熟卵を別皿で添えていますので、卵好きな私にはうれしい一品です。
味ですか、空腹のせいかとても美味しいですね。
ふっくらしたハンバーグがすき焼風割下とよくなじんでおり、それを半熟卵にからませると和風のtasteが口内にじんわりと広がります。
とてもたおやかな一品でした、美味しゅうございました。

それでは(^_-)


答えは「羊羹」です。虎は虎屋さんのことです。羊は「羊羹」の羊です。

続 大泉学園 La毛利

今日は「そうだったんだ其の参」の話です。 

◆死ぬ直前に聞く歌
人間は母親のお腹の中にいる時から外の音を聞いているのです。
従って死ぬ直前に残る五感は聴覚だそうです。
要は人間は聴覚に始まって聴覚で終わるのですよ。もし視覚が最後まで残っていたらな、疎ましいこの世の残像を引きずってサラバイになってしまいますからね(笑)
死ぬことが避けられないことが分った時に、Songs you must listen to before you dieを予め決めておくのは良いことだと思います。
私ですか、すでに決まっています。
貴方は如何ですか、決まってないのであれば今の内に決めといた方が宜しいですよ・・・
間違ってもお経はよしましょうね、洒落になりませんから。

◆投薬(病気に適した薬を患者に与えること )とは?
お釈迦様が病気で危篤状態になったときに、それを知った天国にいるお母さんが、不老の薬を袋に入れて下界に投げたんですと、これが語源です。
一体どうやって拾ったのでしょうか・・・
多分ですよ、とどのつまりお釈迦様は亡くなってしまったのですから、この不老の薬を拾えなかったのでしょうね若しくは不老の薬が効かなかったのかな。

◆相撲は国技か?
明治42年に両国に国技館が出来た頃、相撲はスポーツでさえなく単なる見世物扱いだそうです。だから今でも相撲は「興行」といいます。
普通、歌謡ショー、サーカス、プロレスなどでは「興行」を使いますが、スポーツではあまり「興行」は使いませんよね。ですから相撲はスポーツではないのです。
明治42年に出来た国技館も「国技館」とは名ばかりの見世物小屋としてデザインされていたのは有名です。遊園地と同じで建物自体も外国風で「見世物」だったようです。
そもそも相撲を国技と決めた法律もなく、どうやら国技館という建物でやっているので国技らしいですよ。


日本之形謝罪編



今日は結婚記念日です。
奥様、長男と私とで結婚記念日にかこつけてプチリッチなdinnerを食べようと訪れたのがこちら「La毛利」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉町1-54-11
電話:03−6750−7001
休日:火曜日

IMG_0288

IMG_0289
お店の外観です。

IMG_0308
オーナーシェフの毛利彰伸さんです。
毛利シェフは岩手県三陸町にある北里大学水産学部卒業されたこともあって、昨年の大地震の悲しみは一年経った今でも深く刻まれているようです。

IMG_0305

IMG_0291

IMG_0307
店内の雰囲気です。

IMG_0290
今日のオーダーは「本日のシェフのおすすめコース」@4,200円です。

IMG_0292
まずは自家製パンです。
焼きたてのパンは「くるみ&レーズンのパン」と「全粒粉パン」の2種類が供されます。
オリーブオイルをつけて頂きますがこれが美味しいこと美味しいことついつい食べ過ぎてしまいます。

IMG_0294
冷前菜盛り合わせ(自家製ハム・ブリのカルパッチョ・野菜のオードブル)です。
野菜が美味しいです。白眉は自家製ハムです、これはたおやかな味です、イケます。

IMG_0295
温野菜のアンチョビ風味です。温かい野菜にアンチョビの塩けがbest matchです。
良い味わいです、とても美味しいですね。

IMG_0297
高知産アサリと畑のブッロコリーのリングイネです。
リングイネが美味しいですね。このリングイネの美味しさはちょっと筆舌に尽くせません、多分アサリのエキスが良いソースとなってリングイネにからんでいるからでしょう。

IMG_0302

IMG_0300
土佐あかうしのグリルです。
牛肉がこんなに美味しいとは知りませんでした、タマルカ!

IMG_0304
自家製デザート盛り合わせです。
苺が甘いです。バランスのよいデザートです。

まるでオーケストレーションのようなコースでした、加不足なくて随所に毛利シェフのコダワリが見られるこの料理はお勧めです。
一食抜いても食べにいらしてください。
決して裏切らないと思います

それでは(^_-)




大泉学園 れんげ リターンズ

今日は「ドリフトダンス」の話です。 
私はセッカチなのに大雑把という矛盾した性格のためか運転が下手です。
幸い慎重なので今までに大事故はないのですが、定期的に自損で車を凹ませています。
よって修理代も馬鹿になりません(悲)
そんな私ですが唯一できる高等運転技術がドリフトです。

勿論こんなに旨くはできないのですができることはできるのです。
何故小市民的ビジネスマンがこのドリフトができるようになったのかを聞いてもらえますか?

北海道に転勤した初年度にスパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律が発布されスパイクタイヤが禁止されました。生粋の下町っ子ですから雪道でのは運転したことは未だかつてありません。
それでも北海道にはスパイクタイヤがあるから何とかなるかなと思いきや、何ィ、それが今年から使えんですと、そげなこと聞いとらんばい、環境省!って言っても詮無いことなのでした。
上司に相談したところ、ちなみに上司は運転ができないので、基本、空空寂寂(くうくうじゃくじゃく)なのですが、それでも私のことを心配して道警(北海道警察)でスタッドレス講習会があるのでそれを受講しなさいとの命でした。

そして業務ということなので半日かけて受講したのです。
会場はアクセス札幌近隣の雪捨て場でした。着いてから驚いたのですが、道警の人が教えるのではなくプロ、セミプロ若しくはラリー経験者の方が指導教官なのです。
受講内容は雪道がいかに危ないか、即ち危ない状態の体験です。
具体的にはピカピカの氷上で60km位のspeedで急ブレーキをかけたらどうなるかを数回させられます。
その後はブレーキターンの練習を始めとして、周回コースのコーナーをドリフトで回ることを一人2回させます。ということは、一周4回ですので計8回体験するのです。
教官はすごく親切で懇切丁寧に教えてくれるので2回目にはどうにかドリフトができるようになりました。
こりゃ面白いということで、その講習の後は、暇をみつけては空き地で飽きる程練習し続けたので完璧にドリフトを身に着ける事ができたのです。

余談があってこの技を子供達に見せては自慢していたのですが、ある日北広島にある後楽園スキー場に長男と行く道すがら360度ターンをしたのです。
でもこれは雪道のgapを拾ったものでintentionalなものではないのですネ。
もし対向車があったら、とんでもないことになっていたわけですが、同乗していた長男は私のほんのイタズラだと思っていたそうです。
暖気の効いた車内ですが、私は冷汗三斗になっていました。
雪道はコワイ・・・

今日はチキンカツが美味しいという「れんげ」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都練馬区大泉町4−20-6
電話: 03-5387-2903
定休日:月曜日

IMG_0565
お店の外観です。

IMG_0568
店内の雰囲気です。

IMG_0566
メニューです。

IMG_0569

IMG_0573
今日のオーダー「チキンフライ=チキンカツ」@780円です。
多分ですよ、このお店は練馬区で一番料理が出てくるのが遅い店です。
ご主人の調理がとても丁寧なためなのです。
でもご主人、奥さんとても気さくな人なので好きなお店です。

前川清
そうそうお店の奥さんは前川清さんの大ファンです。
東京近郊でコンサートがあるときは必ず行っているそうですよ。
そこで私が、前川清の調子って携帯電話だって知っていましたか、と言いますと、何で?って聞き返したので、彼の調子が良い時は眉間にアンテナ三本が立つからですよ。これは前川清本人がラジオで言っていましたから間違いありません。アンテナ二本しか立ってないときは調子が悪いので音程が外れることもあるそうです、って言うと、ありがとう。それは知らなかったわ、ですって可愛いでしょう。

閑話休題おはなしはもどりまして
味ですか美味しいです。ここのチキンカツは衣がイケるのです。
甘くてパイ生地みたいにサクサクしているのですネ。
鶏肉もジューシーで柔らかくて味わい深いです。
Said dishもいつも工夫されていて今日は何かな?って考えるのも楽しみの一つです。
お奨めのお店です、ハイ。

それでは(^_-)

光が丘 めんくい 5TH

今日は「昔の下町其の四」の話です。 
昔の下町っ子の娯楽は色々ありましたが、個人的には寄席鑑賞が好きでした。
亡き父が落語が好きでよく浅草にある松竹演芸場に連れていってもらった影響でしょうかネ。
当時は木戸銭が安く入場料は映画と変わらなかったので、下町の人達は気楽に寄席に行っていましたよ。
下町の人達は芸には厳しくて、つまらない話をすると露骨に新聞を広げて新聞を読み始めたり、ビールを買いに席を外したりして、やられた方はたまらなかったでしょうね。

林家三平
My favorite rakugo performerは昭和の爆笑王“林家三平”さんです。
この人は天才です。兎にも角にもこの人の話は面白かったのです。
とくにアドリブというか当意即妙のネタ廻しは子供ながら瞠目していました。
しかしそのネタの中で当時わからなかった話があります。
何故か今でも覚えているのでここに記(しる)してみます。

オバA「奥さま、最近何でもかんでも値上がりして大変ですわね、とくに野菜がお高くて大変ですわ〜」
オバB「そういえば今日市場(いちば)の“八百八”さんで大根のお特売があるんですって。これから行きませんこと」
オバA「そうですの、それじゃせっかくだから御一緒させていただくわ」
三平「この二人がおっとり刀で”八百八”さんに着いてみるとまさにイモの子を洗う混雑です。
二人は人波をかき分けもみくちゃになりながら山のように積まれた大根の中からめぼしい大根を引っこ抜きはじめました。」
オバB「あーた、あーた、何してんのよ!」
オジ「何してるって、見りゃわかんだろう。瑞々(みずみず)しい大根を見っけたから引っこ抜いてんだよ」
オバB「あーたが引っこ抜こうとしているのはあたしの太腿ざんす」
オジ「どうりで葉っぱが黒々としていたわけだ」
三平「もう大変なんすから。本当に身体だけは大事にして下さい。お坊っちゃんたちには難しかったですかね。この話のどこが面白かったのかは、お家(うち)に帰ってからお父さん、お母さんに、聞いてくださいね。今聞いちゃ、だめっすよ♪」


という内容です。
サスガに子供だった私はこの話のどこが面白いのかが分からず、寄席を観終わってからしつっこく父にこの話のどこが面いのかを聞きました。
すると父は「今わからなくてもいいんだ、大きくなったら自然と分るんだから」と憮然として答えていました。
これ以上聞くと父が怒り始めるなと思い不問に付したのですが、爾後長いこと私にとってなっていたのでした。
皆さんは分りますよね・・・

林家正楽
そして色物では二代目「林家正楽」さんです。
この人は江戸言葉とは異なる埼玉弁特有のアクセントが抜けない為、落語の師匠の正蔵から比較的早い段階で噺家を断念させられたという経歴の持ち主ですので、話し方が面白かったのですネ。
当時の下町っ子は江戸言葉を流暢に話せたものですから、方言というのは優越感の対象だったのです。
それ以上に面白かったのは、この正楽さんは「切れないものはない」とまでいわれ、お客様の無茶苦茶な切り絵requestも類まれなる頓才で切り抜いていたのです。
当時の記憶を絞り出してみますと、「闇夜のカラス」「銭湯に入る透明人間」「ハゲ頭のおでこ」「雪の日の白犬」等(など)などです。
このようにrequestをして切り抜いてもらった作品をかなり家に持ちったのですが、一枚も残っていません。
もし現存していたならばすごい価値になっていたのでしょうね、そんなこともないですか(笑)


ダンスの神です、この子供は天災、ちがうか天才です。



今日は二年ぶりに光が丘にあるSilentラーメン屋「めんくいラーメン」さんです。
相も変わらず沈黙operationは堅持されているのでしょうか・・・

住所: 東京都練馬区高松5-14-9
電話:非公開
定休日:月曜・火曜日

IMG_0472
お店の外観です。

IMG_0474
店内の雰囲気です。
後ろ姿はご主人です。
すみません、このshotは断りをいれませんでした。

IMG_0473
御存じ3種類の薬味王です、高菜、ニンニク、紅生姜が自由に選べるのが魅力です。

IMG_0475

IMG_0476
ここのご主人は「千石自慢ラーメン」で修行されたようで、ラーメンの雰囲気も似ておりますが似ているのはここまでです。
このご主人そして奥様は「千石自慢ラーメン」とは異なって本当に無口です。
こういうのは愛想がないとはいわないのでしょうネ、挨拶は声こそ小さいのですがキチンとされていますので。
しかしこの二人は喋らないですネ。多分ですよ、この夫婦はテレパシーが使えるのです。ちがうか正しくは以心伝心系なのでしょうね。

閑話休題おはなしはかわりまして
それでは実食です。
まずスープですが、背脂の「粒」が大きいいですね。スープの表面5mmほどは脂の層です。全体を俯瞰していいますと、とんこつ系博多ラーメン、家系、背脂チャッチャ系のいい所を合わせたようなスープです。麺は緩めのストレート麺。チャーシューはトロトロです。
味ですかとても美味しいですよ、自信ありビックリマーク
強いて瑕瑾(かきん)を申せば麺量が少ないのと、麺がゆるめでしょうか。
しかしそれを割引いても充分に美味しいのです、ハイ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ