下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

イタリアン

神田 トリッペリア ミア 7th

今日は「ストレス」です。
いつの頃からストレスを感じなくなりました。
感じなくなった理由はよくわかりません。
それでも、些細な事が許せないとか、じっとしていることできないとか、依然イライラ気質は内包していますが、それでもあまりストレスを感じません。
と申しますか、今、目の前にある諸問題を解決するのに一生懸命で、ストレスを感じている暇がないのです。

暇だったのでネットにあるストレスチェックなるものを試してみました。
1眠れない日があり、健康感や快適感がない。
2脱力感を感じる事がある。
3自分は、人から好かれない方だと思う。
4人間関係がうまくいかず、落ち込んでいる。
5やらなければならない勉強や仕事が、なかなか始められない。
6暗い気持ちになり困る事がある。
7結果が悪いと、とても気になる。
8ちょっとした事でも、思い出せない事がある。
9勉強したいことがあるが、集中・持続できない。
10大事な時なのに、緊張して困ることがある。
みたいな設問が全部で40問ありそれに対してYES、NOで答えていくものです。
私の結果は以下の通りです。
ストレス

どうなのでしょうか、例えば第10問みたいに、大事な時なのに、緊張して困ることがある、ですが当たり前の事ですよね。それは極めて普通な事なのに、それにYESと答えればストレスがあるという事になるようです。
設問自体がちょっと噴飯物です。
人生におけるストレスはビーフステーキにかかっている胡椒みたいなものです。
程よい胡椒(ストレス)は人生には不可欠なのです。
もしその胡椒の量がツーマッチであれば、何かの不具合で胡椒がでてくる穴が大きくなったので、その穴を小さくする工夫が必要なのです。
しか〜し、場合によっては、胡椒が多めに掛かったステーキでも食べなければならない時もあります。
それはそれで致し方なく甘受しなければならないのです。
問題は、胡椒の多いところに目を向けすぎて、どうして沢山の胡椒がかかるのだろうという流出原因に目がいかないで、その対策をうたない事に問題があるのです。

私の好きな言葉に「問題は解決されるためにある」というのがあります。
これは日本興行銀行の重鎮だった中山素平さんのものです。
「最初からあきらめてどうします。問題は解決されるためにあるのですよ」という一種のアフォリズム(人生への戒め)です。問題があるから挑戦できる。挑戦できるから、失敗もできるのです。
失敗もできない、信用されない、何も任されない、認めてもらえないような人になっては、人生つまらないじゃないですか。ドキドキするような緊張と、ワクワクするような興奮を持って、問題に立ち向かっていきましょう。
トラブルはあなたの価値を決して下げません。
問題に立ち向かっていく姿が素晴らしいのです。
この気持ちさえ維持できればストレスを内包しながらでも前に進んでいく事ができます。


葉加瀬太郎 情熱大陸


IMG_1525
今日は神田に出没です。
美味しいハンバーガーが食べたいという事でこのお店に訪れました。
今日のお店は「トリッペリア ミア」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-5 310ビル 2F
電話:03-5244-5733
定休日:日曜日・祝日

IMG_0759
お店の外観です。

IMG_1520
店内の雰囲気です

IMG_1522
メニューです。

今日のオーダー「パニーロランチ(ハンバーグ、アボガド、トマト、チーズ、珈琲)」@900円です。
今日もお店は大混雑です。
完璧に有卦に入っていて結構な事かと思います。
IMG_1523
待つこと9分で「パニーロランチ」の到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_1524
それでは実食です。
まずはハンバーグをいただきます。
柔らかくて且つジューシーで美味しいですね。
それにアボガドが優しくよりそっています。
勿論、トマトもチーズもです。
これを称して「予定調和」と言うのでせう。
とても美味しいです、
大変ご機嫌なパニーロランチでした。

それでは(^_-)

大泉学園 La毛利 7TH

今日は「1/2の神話」です。
実は、私は中森明菜ファンです。
何だろう、若い頃の自分を、明菜さんにオフセット(埋め込み)しているのかもしれません。
不良(死語?)のフリして、実は真面目な可愛い少女みたいなところが良いのですよね。
実際、明菜さんは、地元秋津では不良で有名な肉屋の娘さんでしたから・・・
それではフリではなくガチになってしまいますね。
従いまして、このくだりは、放おっておきましょう。
女性は男儀の強い方が好きですね・・・
かと申しても、私の奥様までいくといけません、もの事には「中庸(過不足なく偏りのない)」が肝心なのであります。

秘密だと念おされ♪
あなたにうなずけば♪
クールな私に戻る…いつも♪
カラカラに乾いてる♪
態度とうらはらに♪
心じゃまだ夢みてる…純ね♪
半分だけよ 大人の真似♪
あとの残り 純粋なまま♪
それでもまだ 私悪くいうの♪
いいかげんにして♪
誰も私 わかってくれない♪
ちょっと見よりか いい子なのに♪

200809111
この歌は明菜さんのヒット曲「1/2の神話」です。
この曲は、明菜さんの2枚目のシングル「少女A」に続くツッパリ路線です。
売野雅勇さんによる作詞で、ソロデビュー前の大沢誉志幸さんが作曲し、萩田光雄さんが編曲を手掛けています。
歌詞が面白いですね。
多分、ツッパリ娘が年上のちょいワル男性と不倫しているのでしょう。
だから付き合っている男性にいきなり、秘密だと、言い渡されているのです。
しか〜し、そうはいいいながらこの男性と結婚したいと思っているようで、心じゃまだ夢みてる…純ね、と自虐的な事をいって自分を納得させています。
そしてキメ台詞が、いいかげんにして、です。
当時のアイドルが歌手の中で、いいかげんにして、なんて歌った人はおりません。
明菜さんが、始めてであります❣
そして最後のオチが、ちょっと見よりか いい子なのに、と自らをホメております。
一体全体、普段はどのようないでたちをしているのでしょうか、とても気になります。

ということで「1/2の神話」です。



とある試験
今日は私がとある試験の一次試験を高得点で合格したので奥様がお祝いしてくれました。
今日のお店は「La毛利」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉町1-54-11
電話: 03-6750-7001
休日:月曜日(ディナー)、火曜日

IMG_1345
お店の外観です。

IMG_1348

IMG_1361
店内の雰囲気です

IMG_1347
メニューです。

きょうのオーダー
ゴルゴンゾーラのピッツァ@1,580円
アサリとブロコリーのスパッゲティ@1,480円
サザエとトウモロコシのスパッゲティ@1,480円
子羊のグリル@1,880円です。

IMG_1349

IMG_1350
待つこと9分でアミューズ(お店からのおもてなし)の到着です。
自家製のパンと地元農家の枝豆です。
パンの美味しいのは知悉していたのですがこの枝豆の美味しさは破格でした。
甘くておいしいのです、久々のクリビツです。

IMG_1351
待つこと20分でゴルゴンゾーラのピッツァの到着です。
黄金色の表面が食欲をかきたてます。
それでは実食です。
美味しいです。
ゴルゴンゾーラはピカンテでしょう。
このピカンテのピリッとした青カビの辛さに、かけ回した蜂蜜が作る味わいは至福の時です。
それにトロトロに溶けたチーズに絶妙に絡み合います。
こんなに美味しいゴルゴンゾーラのピッツァは他には知りません。
脳みそがとろけてしまうほど美味しいです。

IMG_1354
待つこと38分でアサリとブロコリーのスパッゲティの到着です。
色鮮やかスパッゲティです。
このスパゲッティのソースはガーリックバターで味付けされています。
これに海の幸のあさりと畑の幸のブロッコリーがからみます。
美味しいです。

IMG_1356
閉店時間間際に、次男が駆けつけました。
次男の頼んだサザエとトウモロコシのスパッゲティです。
コリコリのサザエが食欲をそそります。
これはサザエとトウモロコシが合うという事を具現化したシェフの腕のサエです。
サザエのコリコリとトウモロコシのショキショキした食感のフュージョンです。
美味しいです。

IMG_1357
もう私たち家族以外誰もいません。

IMG_1359
最後の料理である子羊のグリルが到着しました。
肉の脂身が食欲をそそります。
まず熱々の肉を一口噛みしだきますと肉汁がジュワつと溢れでてきます。
最初は子羊特有の臭みがあるかなと思っていたのですが杞憂でありました。
これは、もう肉を歯でそぎ落とす快感しかありません。
そして、その肉を咀嚼しますと、美味さ汁が口内にあふれかえります。
このお肉はマスタードでいけるのですが、オーナーが特別に用意したもろみの方が、味はさら〜に引き締まります。
美味しすぎて、誰も、言葉を発しません。
大満足のプレセレビレトリーディナーでした。
二次試験も受かって再度お祝いしてもらいましょう(笑)

それでは(^_-)

六本木 アマンド

今日は「センチメンタルジャーニー@六本木」です。
IMG_1363

IMG_1364

IMG_1368

IMG_1389

IMG_1390
大学のテニサーの50周年記念パーティーが六本木で開かれました。
沢山の先輩、後輩にあえて久闊を叙すことができました。
個人的には、マドンナ先輩に会えてうれしかったのですが、四捨五入しますと約40年という歳月の人の上におよぼす痕跡を、私はあらためて想わないわけにはいきませでした。
しか〜し、マドンナ先輩はマドンナだったプライドがあるのでしょう。
徳俵に足が掛かった状態でも往年の美貌は堅持していました、ハイ。
男子先輩は、やはり、毛髪の痕跡如何でしょう。
禿頭(とくとう)になった方は、やはりわかりにくいですね。
幸いなことに、声が変わっていないので、話し込んでいる内に、昔の記憶の扉が次々と開いてきて、予定調和の会話になるのですが、もし、50歳になって声変わりしたら、この積年の再会は不毛なものになっていた事でしょう。
みな、上場企業の役員クラス、部長クラスにはなっているのですが、先輩から、昔のノリで声掛けされますと、キリッとしてしまうのは面白いものです。
要は、先輩の一括で、会社で来ていた裃がするりと脱げてしまうみたいです。
先輩といっても、この年ですからその誤差は±3%程度なのですが、だからこそこのような同期会は楽しめるのでしょう。パーティーが終わった後、六本木の街を散策しました。
六本木は通学の途中駅でしたし、私の大学のたまり場でしたので、夜な夜な出没していましたが、どこかに昔の自分が歩いているような変な気持ちになりました。
懐かしいですね・・・

IMG_1408

IMG_1413

IMG_1412
過日の父の日にプレゼントしてもらったポール・スミスがミッドタウンの前に有ったので立ち寄りました。

IMG_1308
ちなみに、この日のコーデはこのファッションにオフホワイトのコッパンです。
勿論、シャツはプレゼントしてもらいましたポールスミスコレクションです。
このシャツは、シーズテーマでもあるポール・スミス自身が旅先で見つけた街の風景のスケッチをあしらったオリジナルプリントなのです。ポケットチーフはTAKEO KIKUCHIです。

IMG_1409

IMG_1410
店内に入りますと、ホールの責任者がすっ飛んできて、ポールスミスコレクションを着てのご来店ありがとうございます、と鄭重な挨拶です。
六本木の方ですか?と聞かれたので、通りすがりの人間ですよ、と返せば驚いていました。
もし、そうです、と答えたら、どのようなヨイショがあるのか気になるところではあります。
そしてこの方から、紺の麻のスーツとペイズリーのシャツのコーデを勧められました。
やはり責任者ですね。
私の好みをわしづかみです。
折角な提案ではありますが、麻は型崩れとブリーチングしますので見送りましたが、ペイズリーは買おうかなと思っています。


You're Beautiful!



IMG_1395
という事で今日のお店はこちらです。
このお店では、人待ちの間に良くビールを飲んでいました。
今日のお店は「アマンド」六本木店さんです。

住所: 東京都港区六本木6-1-26 天城ビル1F・2F
電話:03-3402-1870
定休日:年中無休

IMG_1396
お店の外観です。

IMG_1399

IMG_1401

IMG_1407
店内の雰囲気です

IMG_1402
メニューです。

きょうのオーダー「コスモポリタン」@1,080円です。
コスモポリタンとは、アメリケーヌソース(オマールの殻にトマト、ワイン、香味野菜などを入れて煮込み、こして作ったソース)をベースに小エビとナポリタン具材を加えた昭和40年代の人気スパゲティです。
しか〜し、このお店のホールスタッフは腐っています。
いくらオーダー取ってくれと手で合図しても完全無視です。
声をかけても完全無視です。
久々の、ダメだこりゃ、でした。

IMG_1403
従いまして、このサラダは待つこと18分で到着です。
見た目きれいですが、どうせでき合いでしょう。
ただのサラダです。

IMG_1404
待つこと22分で「コスモポリタン」の到着です。
見た目、ドローンとしています。

IMG_1405
あれっ、接客に反して美味しいじゃないですか。
アメリケーヌソースは、多分、初体験ですがイケますね。
それではパウダーチーズをかけ回して味を引き締めましょう。
想定とおり味が深まりました。
小さなウィンナー、エビ、マッシュルームの脇役も良い味わいです。
極美味ではありませんが、昭和の味に納得です。
しか〜し、接客に難点ありと言わせていただきます。

それでは(^_-)

神楽坂 オステリアレガメ

今日は「死体を見た?」です。
b82f30fe8a8a62d01dbe06b994516cb8
この間、地元駅から帰宅途中、アンダーパスを歩いていますと、前方の緩やかな坂を下ってきた一台の自転車を見かけました。この光景自体は特段珍しいものではなく、ありふれた日常の1ページであります。
そのくだんの自転車ですが、下り坂から平坦のところにさしかった辺りで、何らかの意図をもった邪悪の両手がいきなり右横から突き飛ばしたかのように、本当に突然、左側にガシャンと倒れたのです。
PHOT00000000000E9170_500_0
倒れたのと同時にカレーか何か作るのでしょうか、自転車の前かごから大量の玉ネギが、慣性の法則により、ゴロゴロとまるでビー玉を床にまき散らしかのように転がっていくのを、私はぼんやりと見ていました。
そして視線を玉ネギから、倒れた自転車の方に転じますと、倒れた人はピクリとも動きません。
私は自転車の方に小走りに駆け寄って行きますと、そこには十字架に張り付けられたかのように手足を伸ばした、年の頃なら40歳前後のオレンジ色のトレパン姿の女性が、微動だにせず、天井を睨むかのよう感じで倒れておりました。その顔の左部ですが、眼の周りは赤紫色に大きく腫れあがり、鼻からは夥しい血が流れだし、半開きの口から見える前歯は血の色で染め上げられていました。
どこから見ても亡くなっているかのように思えました。
私が近寄り、大丈夫ですか、と声をかけますと、あいもかわらずピクリともしません。
脳挫傷か何かでお気の毒に亡くなってしまったのでしょうか。
多くの通りすがりの人たちが、この女性をおそるおそるのぞき込んでいます。
私は、私同様にはなからこの転倒事故を見ていた、優しそうな女性に、救急車の出動を依頼して、私は走って近隣の交番に出向きお巡りさんを呼んで現場に舞い戻ってきました。
現場にもどってから、お巡りさんは、大丈夫ですか、と体をゆすりますと、腫れあがたまぶたの中から白目が浮きあがってきました。どうやら生きているようで、目を開けようとしているみたいです。
そしてしばらくしてから、家に帰らなければ、と言って体を起こそうとするのですが、気持ちに体が追従できず相変わらず地面に横たわっているだけです。
当初、死んだと思っていたのは、どうやら転倒のショックで気絶していたようです。
しばらくして、救急隊の方々がやってきました。
救急隊の方々が行いましたのは、まずは傷病者の初期観察です。
左頬骨陥没、鼻孔内烈断、口内損傷と言っていました。
次に、傷病者の状況の確認ですが、この女性は名前と年以外は全く答えられませんでした。
今日は何日ですか? わかりません。
ここには何をしにきたのですか? わかりません。
自転車で来ましたよね? 歩いてきました。
とかとかです。
所謂、記憶障害のようです。
その後、体が動かないので救護袋に体を包まれて救急車に運びこまれ、最寄りの救急病院に搬送されました。
その後、事故目撃者からの傷病者情報の確認ということで、私が色々と聞かれたのですが、結論としましては、突然の転倒、という事で処理されたようです。
実は、私は病死した人間、勿論両親ですが、は看取ったことがありますのでその遺体は見たことがあります。
しか〜し、このように事故で亡くなった人、正しくはそのように見えただけですが、は見たことがありませんでしたので想像以上にショックでした。
幕末の頃、京都の街では、新選組による殺戮があり、市井の民はこのような死体を見る事はあったのでしょうが、想像するに難くないのですが、ちょっと見るに耐えられなかったでしょう。
まして、侍になれば、人を殺める場合もあるのでしょうが、ちょっと私には厳しいでしょうか・・・
いずれにしても、実際の戦闘は生きるか死ぬかですので、切り捨てた躯(むくろ)を見てたじろぐ事はないのでしょう。
いずれにしても平和な時代に生まれて良かったなと痛感した事故目撃でありました。


懐かしい見世物小屋!



IMG_1089
今日は日曜日の神楽坂に出没です。

IMG_1091
今日の目的は神楽坂三大中華の絶巓である「梅香(メイシャン)」に来たのですが、ランチタイム貸切というお客様がおられて、私の三大中華制覇の野望も折られたのであります。
しかたないのでトボトボと歩いていましたら普段使いによさそうなイタ飯屋さんがありましたのでお邪魔しました。
今日のお店は「オステリア レガーメ 神楽坂」さんです。

住所: 東京都新宿区横寺町68
電話:03-5579-8961
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合翌火曜日休)

IMG_1092
お店の外観です。

IMG_1109

IMG_1102
店内の雰囲気です。

IMG_1095

IMG_1097
メニューです。

今日のオーダー「低加水パスタトンナレッリロマーナ使用のしらすとキノコのアーリオオーリオパスタランチ」@1,600+@100=1,700円です。
店内はほぼほぼ満席です。
どうやら人気店のようです。
IMG_1099
待つこと5分で「サラダとフォカッチャの」到着です。
ウン、特段のサプライズもなく、特にサラダは、私はウサギではない、と言いたくなるくらい野菜が多かったですね。

IMG_1100
フォカッチャはそれなりに味わいがあったのですが、エクストラバージンオイルくらいは出してほしかったですね。

IMG_1104
待つこと28分で「「低加水パスタトンナレッリロマーナ使用のしらすとキノコのアーリオオーリオ」の到着です。
見た目、武蔵野うどんのイタリア風ですね。

IMG_1107
それでは実食です。
うどん失礼パスタはコシがあって結構なのですがこれならまだ武蔵野うどんの名店に行った方が納得感は醸成できます。アーリオオーリオソースはかなりのレベルでしたが後半はパスタ勝ちというかソース不足で硬い味わいのパスタのみを食べていた感じです。
不満感が残るパスタでした。

IMG_1110
デザートケーキです。
何でしょうね、クリーム系で口内の夾雑物をそぎ落としたかったのですが、またパサパサ感のある一品でして、さら〜に、不満が増しました。

IMG_1112
加えて珈琲も美味しくないし・・・
で〜も、これだけ店内が賑わっていますので、今日の私の組合せが単なる天中殺なオーダーだったのかもしれません、ハイ。

それでは(^_-)

大泉学園 La毛利 7TH

今日は「セレクション」です。
91-hakonestart-2
慶應義塾体育会競走部は本年より「慶應箱根駅伝プロジェクト」と題して、長距離種目強化の取り組みを開始しました。本プロジェクトは競走部が本年創部100周年を迎えたことを契機として立ち上げられたもので、箱根駅伝本戦への出場を含めた長距離種目の全般的な競技力向上を目指すものです。
また、本プロジェクトは慶應義塾大学SFC研究所に設立されたランニングデザイン・ラボの研究プロジェクトとも連動した画期的な取り組みとなっています。
慶應義塾体育会競走部は、今後も塾内外の叡智を結集して学生スポーツの範たる「文武両道」の選手の育成に努め、次の100年のさらなる飛躍を目指します
「慶應箱根駅伝プロジェクトの始動について」 より転載

母校でだからヨイショするわけでもありませんが、これが大学スポーツのあるべき姿ではないかと思います。
他の大学みたいに安易にセレクションに飛び付かないのは高評価です。
セレクションと呼ばれる制度が何かと申せば、簡単に言えばスポーツの能力を評価し、その大学への入学を許可する制度のことであり、一般にはスポーツ推薦入学などと呼ばれているものです。
セレクションの中身は実はそれぞれの大学によって千差万別です。
通常の一般入試と同じように入試要項に明記され運用されているものもあれば、文字にならない部分で慣用的に行われるもの、選抜試験や教授会等で決定するところもあれば、運動部の監督の一声で決まるものまでいろいろです。しか〜し、セレクションには色々な問題点があります。
いかなる推薦制度であってもその定員は文部省の定めた大学の学則定員枠の範囲に限られます。
推薦が増えれば一般は減るのです。スポーツの高度化と大衆化は常に相反するテーマです。
本来、学校体育の延長にあるべき体育会もセレクションの割合が増えることで、一般学生との遊離が常々問題になっています。

しか〜しその一方で、大学で最大の利益を生むのが入学試験です。
これはぼろ儲けです。
その理由は簡単に説明できます。
まずは試験用紙です。
これは試験問題を単に紙に印刷するだけですから枚/10円程度でしょう。
試験問題の作成者は自らの学内の教授ですから、所謂固定費ですので、変動費には成りえません。
従いまして、試験問題作成に関してはほとんどタダみたいなものです。
大学の入試試験費用は平均しますと@35,000円です。
憶測でものを申してはいけませんが、想定利益率は90%を超えているでしょう
かりに40,000人受験すれば、@35,000×40,000人=14億円が、上述のとおりほとんど利益として大学に入ります。
この利益に目がくらめば、例えば冠大会の絶巓の箱根駅伝の出場校となり、その副作用で大学の知名度が上がる事になれば、独りでも多くの受験生を容易に集めることができるのです。
従いまして、大学にとってセレクションは必要悪なのです。

私の友人は明治大学のラグビー部にセレクションで入学して卒業したのですが、4年の秋の早明戦で膝を痛めて、社会人となってはラグビーはやれませんでした。
しか〜し、その華麗なる経歴からすでに春先には一流生保への就職が決まっていたのでした。
入社してからは、その怪我の為に一般社員と同じ業務に従事していました。
ところが高校、大学と全く勉強していなかった事から、漢字がほとんど読めず、書けずの帰国子女状態でした。
従いまして、入社して2〜3年間は国語辞書を離せない毎日だったそうです。
それでも明治大学卒ですからね。
彼曰く、文武両道とは全くかけ離れたラグビー人生だった、と申していました。
人生色々で良いのですが、そろそろスポーツに秀でただけの前途ある若人の将来を考えるのであれば、セレクションなどの旧来の陋習は止めるべきだと思っております。


タモリの四ヶ国語麻雀



いよいよGWも終盤です。
今日は、大泉学園に出没です。
今日のお店は、この間次男の誕生会で使ったお店です。
無性に行きたくなったので再訪しました。
今日のお店は「La毛利」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉町1-54-11
電話: 03-6750-7001
休日:月曜日(ディナー)、火曜日

IMG_0465
お店の外観です。

IMG_0468
店内の雰囲気です。
今日はランチのコアタイムをずらして伺ったのですが混んでいました。

IMG_0467
メニューです。

今日のオーダー「パスタコース」@1,580円です。
IMG_0469
待つこと2分でパンの到着です。
今日は店内がこみこみなのでまずはパンで腹ごしらえです。
ここのホームメイドパンは皆美味しいのですが、特にレーズンブレッドは私のお気に入りです。
柔らかなパンの生地に包まれた葡萄の甘さはたまりません。

待つこと7分で「自家製キッシュ」の到着です。
IMG_0471
キッシュの中身は、かぼちゃ、ズッキーニ、玉葱、ハム、ジャガイモです。
このキッシュのアパレイユ(卵と乳製品を混ぜたもの)は卵と生クリームですか。
コクがあって美味しいです。
具材は、ハムとジャガイモがよい味わいになっています。
いきなりフルスロットルですね。

待つこと33分で「牛スジとガルパンゾ(ひよこ豆)のスパゲティ」の到着です。
IMG_0472
まずは牛スジからいただきました。
トロトロ、ホロホロです。
これは至福の極みですね。
ひよこ豆もふっくらと炊けています。
手間暇かけませんとこの味わいはでません。
私はこのひよこ豆をたべるとガルパンゾと元気になります。
すみません、GW期間中ですのでお許しください。
過不足ない味わいで大満足です。

IMG_0476
瑕瑾は珈琲ですか。
これでだけは美味しくありません。

IMG_0477
それでも窓辺に広がる田園風景を見ていますと、心身とも癒されます。
ここが23区内であることが信じられません。
また来ましょう・・・

それでは(^_-)

大泉学園 La毛利 6TH

今日は「次男の命名」です。
私が全ての子供の命名をしたのですが、その命名について奥様から亀戸浅間神社の宮司様がつけたのではという疑惑がおきました。
その様な事は露ほどもないので、仕方がないのでそのエビデンスを探しその疑惑を晴らしたのです。
長男の命名の経緯を書きますととてつもなく長くなりますので、それに変わりまして「次男の命名」の顛末を書かせてもらいます。
長男の時は、上述の通りすごい時間をかけてつけたですが、次男の時は長男の時のノウハウがあったので比較的簡単につけました。
我が家の命名は字画数至上主義です。
これが全ての中で最優先されます。
まず名前の始まりは「た」と「ま」しか使わないと決めていました。
この「た」と「ま」で始まる音を毎日聞いていますと、真っすぐに育つそうです。
これは結果が証明しています。
長男が「た」を使ってしまったので次男は必然的に「ま」になってしまったのです。

g5886717
次男が生まれた年、マイアミ・マーリンズでの野球留学から帰国した巨人軍の木田優夫投手がその年の4月29日にプロ初先発初勝利を記録したのです。
その当時のスポーツメディアは、木田優夫投手一色だったのです。
時流に敏感な私は、なんのためらいもなく、その「ま」から始まる名前をいただき、漢字は「優夫」ではなく字画を考慮して「優男」に決めたのです。しか〜し、この「優男」に俄然反旗を翻したのが我が奥様でした。
奥様は、字画を考えて「優男」にしたのはわかりますが、訓読みすれば「やさおとこ」ではないですか。
このような名前にしましたら絶対に女癖の悪い男になりま〜す!と怒髪天を衝く勢いで猛反対したのです。
私は奥様のレッドラインをあえて超えるよう蛮勇は持ち合わせておりません。
速やかに「やさおとこ」は取り下げました。
「まさお」以外で「ま」で始まる名前かと考えていましたら、当時、ザ・ドリフターズの志村けんさんにそのお笑いのセンスを見出されてブレークしたタレントの田代まさしさんの事を思い出したのです。
「まさし」はいいなぁ、と思いました。
英語ではマッシーか、さら〜に、いいなぁとその思いが結論に変わるのに時間はかかりませんでした。
その「まさし」を私が漢字に当てはめると「将士」なのです。
「将士」ですと字画がよくありません。
字画からしますと「将志」が良いのですが、私の子供にしては少し格好が良すぎます。
亡き母から、「将志」だと名前負けするよ「将士」にしたら、と言われたのですが、個人的には私そのものが「将志」を気に入っていたのです。
しか〜し、名前負けがあるよなぁ、と何度もつぶやいていたのです。

IMG_0462
二日くらい考えていたら妙案が浮かびました。
私が名前を付けるから名前負けするのです。
亀戸浅間神社の宮司さんがつけたことにすれば、神様が後ろ盾になるから問題がない、と結論に達したのです。
両親にもその旨を話しましたら、それは妙案だ。そうしなさい、という事になりました。
奥様からも、神様がつけた名前ならよいでしょう、という事になりました。
そこでできたのがこの名前です。
なかなかの知恵者でしょう・・・
ちなみに、次男はこの名前を気に入っているそうです。


今日はその次男の誕生会です。
ということで今日のお店は練馬区のイタリアンの頂点である「La毛利」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉町1-54-11
電話: 03-6750-7001
休日:月曜日(ディナー)、火曜日

IMG_0002

IMG_0358

IMG_0003
お店の外観です。

今日はアラカルトです。
IMG_0360
まずはホームメイドパンです。
ふかふかのパンは美味しいです。

続いて「高知産カルパッチョ」です。
IMG_0362
これは身が厚い真鯛にノックアウトされました。
うん、これは美味しいです。

続いて「自家製お肉と木の実のパテ」です。
IMG_0364

IMG_0365

IMG_0366
白眉は「自家製お肉と木の実のパテ」と「自家製ハム」です。
肉の美味しさを堪能できました。

続いて「自家製ベーコンと朝取り卵のカルボーナーラ」です。
IMG_0367
これはクリームソース美味しです。
弾力ある自家製ベーコンが良いアクセントになっています。
クリームのカルボーナーラは初めて頂きましたが、こんなにまろやかだとは思いませんでした。
アルデンテのパスタもかなりのレベルです。

続いて「ゴルゴンゾーラのピッツア」です。
IMG_0369
ゴルゴンゾーラのピッツアは良くいただきますが、これほどまでに美味しいのは初めてです。
ピッツアのトッピングがクリーム状になっていたのは驚きですが、この驚きが感激に変わるのに時間を要しませんでした。ゴルゴンゾーラの好きな方は、このピッツアで全員ノックアウトされるでしょう。

メインディシュは「鴨のロースト」です。
IMG_0371
鴨は独特の匂いがなく鴨の美味さが凝縮されています。
ここまで鴨をローストされれば、鶏が1ダースでかかってきても負ける事はないでしょう。
とても美味しゅうございました。
4年ぶりの往訪ですが、店主の 毛利彰伸さんが肥えられたのに加えて、もともと美味しい料理がさら〜に美味しくなっていたのが、四年という歳月は良き変化を創ってくれました。
大満足な次男の誕生会の晩餐でした。

それでは(^_-)

神田 トリッペリア ミア 5th

今日は「酒乱美女」です。
liquor_drink
4月になりましたので部の決算の打ち上げがありました。
珍しく部門長もやってきてにぎにぎしく打ち上げの宴が始まりました。
私の会社は仕事柄からかアグレッシブなところがあり、このような飲み会ではかなりハジケます。
特に女性がハジケるのです。
最近、そのハジケ方の伸張著しいのが4月で二年目を迎えた女性一般職です。
最初は、お酒が飲めないという触れ込みだったのですが、半年たった頃からその肩書を外したのを境にかなりの大酒飲みである事が判明しました。
誤解があるといけないのですが、酔っ払うとふるまいが下卑たり莫連になったりするのではなく、おしとやかな物言いなのですが、その内容が厳しいのです。

会が始まり一次会では穏当だった物言いは、二次会ではそのキレ味を見せ始めました。
まずその矢が刺さったのは部門長です。
その部門長に対して彼女は言うに事を欠いて、部門長がこられますと部内の雰囲気が暗くなります。
明るくふるまえないのであれば、我が部に来ないでください。
どうして明るくふるまえないのですか、と切り込んだのです。
部門長はその問いかけに対して目を白黒させながら、そのように思われていたとは驚きだな。
そんなに暗いかなぁ、と内省的な発言でかわしますと、その自覚がない事が問題なのです、と瞬時に一刀両断です。
yjimage5NKVPS30
さら〜に、同期の男子にいつも厳しい教育をしている定年間近のベテラン管理職には、加藤さん!文也(同期男子の名前)にはもう少し手加減して下さい。厳しすぎますでしょう、とこれまた一刀両断なのです。
言われた加藤さんとは瞬間湯沸器の異名をもつ人間なので、その爆発から周りはそれなりに気を使って接しているのですが、その彼によくぞ切り込んだものです。
言われた加藤さんは、実際にその通りなので、反論すらできず、開いた口が塞がらずハフハフと酸素が足りない金魚のような過呼吸状態になっていました。

takahatamituki-10-a
私はこれを見ていて、美人な女性は得だな、強く思った次第なのであります。
このような美女にはいくらショートテンパーの彼でもキレることはできないでしょう
実際、彼女の相貌は彼女の大学の先輩である高畑充希さんを肉感的にした感じで、このような発言をせず黙っていれば、どこから見てもモデルです。
加えて、仕事はできるし、気配りもできるので、社内での評価はうなぎ登りに上がっていっているのです。
二次会が終わったので我が部はこれでお開きがお約束です。
ところが、彼女は若手社員の3次会の誘いに手を上げ、女性では唯一3次会へ参加したのです。
私は立場上、女性なので3次会では早く返せよ、と厳命しておきましたが、次の日にその後の動静を確認しましたところ、最終電車で帰ったものの、寝過ごしてしまったそうです。
所持金がないので、父親に電話して迎えに来てもらい、家に着いたのは2時半だったそうです。
それから化粧を落としてお風呂に入り床についたのは3時過ぎだったみたいですので、4時間弱睡眠にもかかわらず、翌日、私の次に朝早く出社してきたのです。
しか〜し、その表情には二日酔いの痕跡は露ほども見られずケロッとして仕事に就いていました。
個人的には、業務に支障がないのであれば「斗酒また楽し」という考えの持ち主なのではありますが、23歳のこのうら若き女性の蛮勇を見る限り、将来が楽しみな今日この頃なのであります。


当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終を公開です。



今日は神田に出没です。
美味しいハンバーグが食べたいという事でこのお店に訪れました。
今日のお店は「トリッペリア ミア」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-5 310ビル 2F
電話:03-5244-5733
定休日:日曜日・祝日

IMG_9278
お店の外観です。

IMG_9281

IMG_9280
店内の雰囲気です。

IMG_9279
メニューです。

今日のオーダー「パニーノランチ(ハンバーグ、目玉焼き、トマト、チーズ)・サラダ・ドリンク付き」@900円です。
IMG_0208
待つこと9分でパニーノランチの到着です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_0209
まずはファーストバイトです。
うん、これは美味しい。
ハンバーグ、目玉焼き、トマト、チーズというのはハンバーグ最強のコンビネーションでしょう、不味いわけはありません。特に今日のハンバーグはジューシーで美味しいですね。
所謂、鐵板の味です。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)

池袋 キッチンチェック 6th

今日は「即断即決、即実行」です。
私はせっかちです。
公私ともども「即断即決、即実行」を旨としています。
加えて、私は時間を非常に大切にし、約束をした時間を必ず守ります。
世間一般では、私のような人間を「せっかち」と表現したりしますが、これは表現の仕方が違うと感じています。
要は、時間にせっかちなのではなく時間をとても大切にしているのです。
時間こそが最も貴重な資産である事を理解しているのです。
従いまして、公私の中でも私の部分では、とてもテキパキしています。
服を買う時は予め欲しい画像を頭に入れて買いにいきますので、それに沿ったものがあれば即買いますし、お店に置いてあったものがグレイな時は、馴染みの店員さんからセカンドオピニオンをいただいて判断します。
服を買うのに10分以上掛かったことがありません。

february_mamemaki02
話は変わりまして、私はデンタルケアには極力注意を払っていて、二ヶ月に一回は歯医者さんに行って歯の定点診療をしてもらっています。
実は、私の下の前歯は通常2本のところ3本もあります。
巷間でいわれる八重歯の変形で鬼歯といわれるものです。
すでに歯の一部になっており誰もその鬼歯を気にする人はおりません。
勿論、当人の私自身もです。
先週の事です。
その鬼歯ですが永年放置していた事から歯が伸びてきて上の前歯に当たってきました。
このままの状態にしておきますと、この鬼歯が上の前歯を割ってしまうとの事です。
私の馴染みの女先生からは、過ちを正すに憚(はばか)ることなかれ、とか、思い立ったが吉日、とか、遠きを知りて近きを知らず、とか言われたのです。
換言しますと、スグ抜きなさい、いい年をして歯を抜くのが怖いのですか、と言われたのです。
この歯を放置しておくことにナンの意味もありませんよ、とまで言われたので、さすがに腹に据えかねて、男は黙ってサッポロビール、と返し、即抜いてください、と言い切ったのです。
そして即座に私の鬼歯は抜かれたのでした。
一週間後、抜糸の日に、たまさか左の上の奥歯が傷んだので先生にレントゲンを撮って診断してもらいましたら、女先生曰く、残念ながら寿命です。戒名を書くから葬式をあげましょう、と言われたのです。
もともとこの歯は6年前に慈恵医大で抜く予定だったのですが、この女先生が、その歯は私が根管治療で治します、と引き受けてくれたものです。
当時の女先生からは、根管治療は難度の高い治療だけれども、適切な環境・技術を用いた治療を施せば、ほとんどの歯を長期的に使用できるような良い状態にできます、と言われて延命していた歯なのでした。
どうしますか、と聞かれたので、ここで背中を見せるわけにもいかず、先生、すっぱりと抜いてください、といいましたら即座に抜歯と相成りました。
なななんとこの年で、一週間の間に歯を三本も抜く快挙を成し遂げてしまったのです。
私の悲願のすべて自分の歯の状態で棺桶に入る夢は、この日に潰えてしまいました。
「即断即決、即実行」もなかなか持続するのは大変なのです・・・


Just shows that elephants are better than the average person!



IMG_9168

IMG_9169
今日は池袋に出没です。
美味しい洋食を食べようとお邪魔したのがこちらです。
今日のお店は「キッチンチェック」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館1F
電話:03-3985-1926
定休日:無休

IMG_9171
お店の外観です。

IMG_9176
店内の雰囲気です。

IMG_9177
メニューです。

IMG_9179
今日のオーダー「スパゲッテ 明太子」@900円です。
待つこと5分で「スパゲッテ 明太子」の到着です。
見た目シンプルです。
それでは実食です。
良質のバターとちょっとスパイシーなツブツブの明太子が口の中で踊ります。
シンプルだけど美味しいですね。
ちょっと量的には物足りない感がありますがイケます。
美味しい一皿でした。

それでは(^_-)

神田 トリッペリア ミア 4th

今日は「雷門DE大乱闘 其の壱」です。
9
かつて浅草警察の警官及び第六方面本部の機動隊の面々と、あの観光客の人込みでごったがえす雷門の前で、浅草の先輩達と歴史に残る大乱闘をしたことがありました。
さすがにこの時は、相手が相手なのでかなり手強くて、個人的にはかなり頑張って善戦したのですが、最後は多勢に無勢で機動隊の人達にやられました。
まぁ相手は国家権力の喧嘩のプロですので、仕方がありません。
赤面の至りなのですがこれが今回のフリネタです。
宜しかったらお付き合いください。

image_131114105010000000_0_1
大学1年から4年の間、ほとんど毎日浅草にいました。
私の青春は浅草にあったと申してもよいでしょう。
今このように思い返すと、本当に色々な思い出が間欠泉のように湧きあがってきます。
私は大学からの帰えりには必ず浅草に立ち寄っていました。
そしていきつけのカフェ(夜はスナックに衣替え)に行って、そこでその日の授業の復習や予習、当時家庭教師のアルバイトもやっていましたので教える処の教科書のチエックなどをして時間をつぶしていました。
夜になると仲間が集まってきます。
その仲間というのは、老舗蕎麦屋の若大将、祭り好きの洋食屋のコックさん、立教のハンドボール部の学生、早稲田のヨット部の学生 、某三菱銀行のお姉さん方とか、それこそ多士済々でありました。
その仲間達とこのお店でお酒を飲んで小一時間位過ごします。
その後は時間が都合つく人達と浅草の街に繰り出しては美味しいものを食べ歩いていました。

若かったせいもあり、スポーツ感覚でたまにはストリートファイトもしていました。
正しく申しますと、前述の若大将とコックさん、この二人がストリートファイトが大好きで、気がついたら巻き込まれていたというもので、自らそのような事はした事はありません。 
ストリートファイトといっても禍根を残す様なものではありません。
浅草の品格を落とすような輩がいたら、先輩達が注意をするのですが、言っても分らないときは自らの拳で注意をするだけなのです。
先輩二人が浅草の品格を落とす輩にきつく注意すると、仕方なく私と立教のハンドボール部と早稲田のヨット部の三人がまたかよという感じで、先輩達が叱責する相手の周囲を囲んで威嚇しながら相手の退路をふさぐのです。
叱責した後は当然のことながら乱闘になります。
必然的に私達学生もその乱闘に加わります。


フリネタに合わせました。確かこの歌の中のビキニスタイルのお嬢さんは、若い美女ではなく、プロデューサーの幼いお嬢さんだったそうですよ。



IMG_8731
今日は小糠雨降る神田に出没です。
美味しいイタリアンが食べたいという事で訪れました。
今日のお店は「トリッペリア ミア」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-5 310ビル 2F
電話:03-5244-5733
定休日:日曜日・祝日

IMG_8733
お店の外観です。

IMG_8734

IMG_8741

IMG_8735
店内の雰囲気です。

IMG_8737
メニューです。

今日のオーダー「パニーロランチ(ジャンボメンチカツ、トマト、チーズ、珈琲)」@900円です。
IMG_8738
待つこと12分でパニーロランチ(ジャンボメンチカツ、トマト、チーズ)の到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_8739
それでは実食です。
揚げたてのメンチカツ美味し、甘みのあるトマト美味し、トロトロのチーズ美味し、香ばしいバンズ美味しのグランドスラムです。
パン好きの私にはたまらない味わいです。
最近、お店が混んできて場合によって入れない日もありますが、仕方ないですね美味しいのですから・・・

それでは(^_-)

神田 トリッペリア ミア リターンズ

今日は「夜がなかった日 其の壱」です。
3bb0ed5e8959bbcce35bb083fe01cb55
1999年2月2日21時30分、帰宅中の私に一本の電話がかかってきました。
電車の中だった事もあり、出るか出ないか一瞬悩んだのでしたが、発信人が弟だったので、何だろうと思って電話にでました。
今、電車の中なんだ、手短に用を言えよ、と言いますと、電波が良くないのか割れた声で、兄貴、おふくろが危篤なんだよ、と取り乱した声が聞こえてきました。
私は、バカ言うなよ。一昨日見舞にいったが元気だった。危篤になんかなる訳がないだろう、と怒鳴ると、俺に怒んないでよ。俺にもよくわかんないんだ。医者からお母さんの容態が急変したのですぐに病院に来てください、と言われて、病院に行ったら、今晩がヤマです。至急ご家族を呼んでください、と言われたので、電話したんだ。兎に角すぐに病院にきてよ、と言っています。
この声で車中にいる事にあらためて気が付き、次の駅で降りて、妻に電話しました。
おふくろが危篤なんだ、と言いますと、何で?一昨日お見舞いに行った時は、少し顔色が悪いかな、としか言ってなかったじゃない。いずれにしても、医者が言っているんだからお母さんは危篤なのよ。
まずは病院に行って、先生の話を聞いてから電話ちょうだい。いい、落ちつくのよ、と言われ、落ち着いているよ。
なんで興奮しなければならないんだ、と知らずに大声をだしていました。

一昨日の日曜日、当時人事のTLだった私は役員会に提出する「新人事システム」をだだっ広い事務所で独り作っていて夕方になって完成しましたので、入院している母親の見舞いでも行くかと、病院に立ち寄ったのでした。
その当時の母親は腎臓の不芳により1月の初旬より検査入院していたのでした。
訪れた病室の母親は、気持ちいつもより顔がどす黒いかなぁと思いはしましたが、それよりも私が気になったのは、母親が私に話した昨夜見た夢の話でした。
母親の見た夢の内容というのは、きれいなお花畑を歩いていると、死んだ母親が突然表れて、△△こっちに来い、△△こっちに来い、と手招きしていた、というものでした。
私は、縁起でもない。病院に永いこと居るから気が滅入ったんだ。そもそも検査入院でどこも悪いところないんだろ。今やっている仕事が今週中に片付くから、それが終わったら医者に早く退院させるようにお願いしておくよ、と言ってはみたものの、不吉な夢が母親の顔をどす黒くしたように思えました。
本当に早く退院させないと精神(こころ)が病んでしまう、と思いながら病院を辞したのでした。
それからたった二日です。
危篤になんかなるわけはないだろうと思うのと、妻がいう医者が危篤と言っているんだからという、二つの思いが頭の中で交錯して、その混乱から頭の中がコンクリートミキサー車のようにガラガラと回り始めました。

母親の病院に向かいました。
池袋に着いた頃、本当のような気がしてきました。
それと同時に明日の役員会のプレゼンはどうしよう、多分明日は会社を休まなければならないだろう、誰が私の代わりに発表をするのだろう、という幾つもの思いが同時進行していました。
まずは冷静な自分が立ち上がり、部長の家に電話しました。
すると、私の話す内容に驚くと同時に、もしお母さんの様態が落ちつかれたら、役員会だけはでてもらえないか。
人事の部長としては言えるような事ではないのだけれど、君に今回の「新人事システム」を任せきりだったので、余人をもって代えられないんだよ、と元明大ラグビー部のフォワードは私に泣きを入れたのでした。
電話を切った後、実の親が死ぬかもしれないと言っているのに、それでも会社にでてこい、という事に対して言いようのない怒りが込み上げてきたのと同時に、ラグビーで鍛えた筋肉の脳ミソでは確かに今回の会議体は乗り切れないだろうな、と妙な納得もしていたのでした。

PAK88_toukyouekisyoumen20150112191247
池袋からはタクシーで病院に向かいました。
タクシーの中では、早く着きたいという思いと、今起きている不幸を見たくない、という気持ちが頭の中で交錯しそれが膨れ上がりすぎたのでしょうか、通りすぎる残業しているオフィス街の真珠のような窓の明かりが蜃気楼のように見え始めてきました。
もうこれ以上、色々なことを考えるのが嫌になっていました。
それでも痴呆が入った父には今後の事は任せる事はできないし、長男である私はこの現実を受け止めて、冷静に対処しなければならない、そう自分に言い聞かせていたのです。
赤いレッドクロスのランプが漆黒の闇の中に浮かび上がる病院の前にタクシーが横付けされ、投げ捨てるようにお金を払い、そこから弾け出るようにタクシーのドアを開け、6階にある病室まで階段を一目散で駆け上がったのでした。
病室に入ると、そこには酸素呼吸器をつけた母親が普段と変わらない姿で眠っていました。
私は、それを見て、ただ寝ているだけでないかと安堵しましたら、傍らには眼に涙をためた弟妹がいましたので、現実の世界に引き戻されました。

母親の尊厳もありますので、なんで危篤に至ったかは割愛しますが、医者の話では、もう手の施しのない状態であり、このままの状態であればもって明日位との事でした。
母は後二ヶ月で68歳になるのですが、このあまりにも早い旅立ちは、私には辛すぎて、窓際に近寄り夜景をぼんやりと見ていました。
深夜だというのに大粒の雨が落ちてきましたので、窓を開けて外を見ますと、雨は降っていませんでした。
私は言いようのない深い悲しみの縁に沈み込んでいきました。


Subway Performer Mike Yung



IMG_8653
今日は神田に出没です。
今日は美味しいイタリアンが食べたいという事で訪れました。
今日のお店は「トリッペリア ミア」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-5 310ビル 2F
電話:03-5244-5733
定休日:日曜日・祝日

IMG_8692
お店の外観です。

IMG_8694
店内の雰囲気です。

IMG_8657
メニューです。

今日のオーダー「パニーロランチ(キハダマグロカツ、トマト、チーズ、珈琲)&ティラミス」@900+@400=1,300円です。
IMG_8695
待つこと3分で「パニーロランチ(キハダマグロカツ、トマト、チーズ)の到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_8661
それでは実食です。
キハダマグロは生でも火を通してもおいしい魚です。
生では臭みが少なく、柔らかい身が特徴です。
一方火を通すとしっかりとした歯ごたえが楽しめるのでこのようなカツにも良く合います。
それでは実食です。
カラットあがったカツが美味しいです。
サクサクと口内で魚肉が踊ります。
加えて、このお店の野菜は美味しいのですが、今日のトマトは特にジューシーで且つ甘くて結構です。
チーズもイケています。
パン好きな私としては満足なランチでした。

IMG_8663
食後のティラミスは甘さ控え目で美味しいです。
個人的には、程よい甘さというのは作り手のセンスです。
マスカルポーネ(イタリア原産の牛乳を原料としたフレッシュチーズ)もコクがあり美味しいです。
オーナーシェフの山内美弥のセンスでしょう。
お母さまの話では、これからいくつかのグルメ情報誌にフィーチャーされるみたいで、今でもかなり混んでいるのに、さら〜に混むのはちょっと嫌ですね・・・

それでは(^_-)

続 高岡 COO

今日は「私が成功しないワケ」です。
yjimage2BW9BGXZ
札幌在勤の時に阿寒に出張してビジネスホテルが取れないので旅館に予約を入れた時の話です。
深夜遅くに着きましたら、旅館の手違いで空き部屋が無くなっていて、仕方ないので50畳の宴会場で寝る羽目になりました。
部屋に入って驚いた事に、大広間の中央に四方を屏風で立て廻して囲いを創り、その中にポツンと豪華な布団が敷いてあったのです。
案内してくれた仲居さんに、何ですかこの部屋は、と尋ねれば、お詫びに新婚夫婦用の豪華な羽毛布団を用意いたしました、と明後日の答えが返ってきました。
深夜ですので、今さら他のホテルも探せず、飲みすぎた酒を抜くために温泉に入って寝る事にしました。
風呂から戻ってきてあらためてわかったのですが、この寝室はとてつもなく広いのです。
加えて消灯する為に部屋の片隅にあるスウィッチまでかなり距離があるので、電気を消した後布団にまで戻る事が漆黒の闇の中では困難なのが分りました。
加えて夜中に尿意をもよおしたら多分点燈のスィッチを探すのに時間がかかり、そのタイムロスから来る失禁の恐れすら感じたのです。
仕方なくスウィッチがある壁際に屏風と羽毛布団を自らの手で移動させたのです。
しか〜しなかなか寝付かれないのです。
狭いところの隅ですから気が休まるのです。
50畳の大広間の隅ではかえって広さが気になって仕方がありません。
灯りを消すと不安というか不気味ですし、さりとて灯りを付けると明るすぎて白々しい気分になります。
仕方がないので部屋から出てフロントの脇にある、酒類の自動販売機でアルコール度数の高い缶酎ハイを求めて、部屋で自らを泥酔させて寝たのです。

55dc0112f61d9e373a76209636bc4ec7_s
基本的にはちまちましたところが好きです。
高校三年生の時に父親の倉庫ビルの5階に起居していた時に4畳の小部屋がありました。
私はそこを勉強部屋にしていました。
入ると左わき大にきな5段の本棚、その奥に机で、実際の広さは3畳くらいのものでしたが、私はこの勉強部屋が大好きでした。
好きな本は三歩も歩けば手に取れるし、寝るのも簡単です。
ここでの勉強はいたくはかどりました。
実際、大学の卒論はこの部屋で完成させたのでした。
多分にこのような矮小な性格は私の将来を予定していて、長じて大成功をしていないのは那辺にあるように思います。どうせ器の小さなオジた下町っ子です。
大成功より、毎日毎日、肺に新鮮な空気が入ってくるような生活が一番大事なのです。
晴れ上がった空がのしかかってくるような人生さえ送らなければ良いのです。
身の丈に合った生活でいいのです。
お金なんか沢山なくてもいいのです。
もしお金に困ったら、毎晩毎晩、天井から金よ降ってこい、と唱えていれば、いつかは財布に福澤先生が莞爾として笑って、入場されているはずです!

brag
なぜか、今日は自虐ネタになってしまいました。
最後に私の好きなアメリカの自虐ギャグを紹介して終わります。
このギャグの和訳は、自慢するわけでも、羨ましがらせようと思っているわけでもないけれど、私、高校時代のイヤリングが、今でもピッタリはまるのよ、であります。
笑えるでしょう。
笑えなくても笑ってください。


今日は北陸に出没です。
IMG_8534

IMG_8536
下の画像はこの会社で打合せを終えた後の最寄り駅です。
駅名がない、当然のことながら行き先看板もない。
不思議・・・
IMG_8537

IMG_8538 

今日は前回、壇蜜さんが謝りに来なかったのでリベンジです。
IMG_8561

IMG_8541

IMG_8542

IMG_8545

IMG_8559

IMG_8558
今日のお店はホテルニューオータニ高岡内にある「COO (クー)」さんです。

住所: 富山県高岡市新横町1 ホテルニューオータニ高岡
電話:0766-25-4036
定休日:無休

ホテルニューオータニ高岡内観です。
IMG_8546

IMG_8547

IMG_8549


お店の外観です。
IMG_8560

IMG_8552


店内の雰囲気です。
IMG_8553


今日のオーダー「キノコピザ&シュークリームドリンクセット」@980+@600=1,580円です。
IMG_8554
待つこと17分で「キノコピザ」の到着です。
見た目、薄くパリパリのローマピッツアのようです。
ナポリのピッツァは生地が厚くモチモチですが、ローマのピッツァは薄くパリパリです。
ナポリピッツァがピッツァ職人により空中にピザ生地を飛ばしながらクルクルと回して丸い形を作るのに対して、ローマのピッツァは大理石の板の上で、棒で伸ばして作られるので薄くなっているのです。
ごめんなさい、基本的には私ローマピッツアは好みでありません。
パリパリの生地が口内で暴れる感触が好きではないのです。
それでは気を取り直して実食です。
味はまずまずです。
トマトソースは頑張っているのですがキノコが弱いですね。
まぁ私の好みの分を割り引いてもギリギリの味わいでしょうか・・・

IMG_8556

IMG_8557
それに反しまして食後の「シュークリームドリンクセット」は結構ですね。
皮良し、カスタード、生クリーム良しです。
珈琲も美味しいです。
このくらいの控えめの甘さは高評価です。
この美味しさですからインハウスなのでしょうね。
最後に帳尻があったので満足なデイナーとしましょう・・・

それでは(^_-)

続 神楽坂 アズーリ神楽坂

今日は「神楽坂de誕生日祝」です。
183724_kagurazakasyotengai_7
最近、よく神楽坂に行きます。
この街よいですね。

f0100593_19353688
江戸時代の神楽坂は、身分の高い武家屋敷が櫛比していて、江戸城に登城する際は、神楽坂を下り、牛込目付(現飯田橋駅西口)を通り、田安門から入城していたはずです。
目をつぶるとこの坂を行き来する武士の姿を想い浮かべる事ができます。
おまけに関東大震災後、被災した下町から沢山の花柳界の人たちが移り住み、艶色濃い街に変身したのですが、今でも往時の名残が街の隅々に残っており、江戸っ子としましては、心の安寧を感じるところであります。

IMG_8391

IMG_8393
ということで今日は娘の誕生会です。
予約したディナーの時間にはまだ時間がありましたので家族全員で神楽坂を散策しました。
宜しかったらお付き合いください。

#赤城神社
IMG_8394

IMG_8395

IMG_8399
この神社は「東京で一番オシャレな神社」としても有名になっています。
それもそのはず、700年を超える歴史を持つ一方、2020年東京五輪の主会場となる「新国立競技場」のコンペを勝ち抜いた事でも有名な隈研吾先生によってこのデザイン監修はなされました。
隈研吾先生は神楽坂に在住し同神社の氏子でもあることから、この設計に参画されたようですね。
2010年には大幅にリニューアルされ、ガラス張りのモダンな社殿に生まれ変わりました。
この一連の「赤城神社再生プロジェクト」は2013年にグッドデザイン賞を受賞しています。

#スフィンクスの狛犬
P1410129
撮った絵がピンボケだったのでこの画像はNETより借用
江戸時代に「加賀白山犬」として流行ったそうですが、現在、このタイプの狛犬が残っているものはわずかとのことです。実はこれが見たかったのです。

#受験の守り神「蛍雪天神」
IMG_8398
こちらの「蛍雪天神」は、昭和20年(1945年)4月13日、太平洋戦争の戦災により社殿が全焼しましたところ2005年に「旺文社」の寄付により再興されました。
「旺文社」といえば「蛍雪時代(けいせつじだい)」で有名です。
「螢雪時代」とは、旺文社から刊行されている大学受験生向けの月刊雑誌です
子供の時に隣に住んでいた東大に入ったお兄さんがいつもこの「螢雪時代」を読んでいました。
そのお兄さんが「これを読んで東大に入った」事実が妙にまぶしくて私はこの本に手さえも触れませんでした。

#赤城坂裏門
IMG_8404

江戸名所図会(赤城神社)-1024x694
この裏門は画像のとおり江戸時代から残っています。
多くの老若男女がこの坂を往来しています。
このような歴史の息吹を感じさせる場所は大好きです。

#昼夜逆転一方通行
IMG_8408
自動車などの進行方向が午前と午後で逆転します。
午前00:00から12:00は「坂上→坂下」へ(早稲田側から飯田橋側の流れ)
午後12:00から00:00は「坂上←坂下」へ(飯田橋側から早稲田側の流れ)
これが神楽坂名物「昼夜逆転一方通行」です。
これは当時の田中角栄首相が、俺が往来するこの神楽坂の通行を便利にしろ、という鶴の一声できめられたのだという都市伝説があります。
実際に切り替えの時に停車している車はどうなるのか?
道交法を順守するなら車の向きをま反対にしなければなりません。
いつも気になっていますが、その現場は見たことがありません。

IMG_8400

IMG_8405

IMG_8406

IMG_8409

IMG_8410

IMG_8411
ということで当たりがだいぶ暗やんできましたので誕生会会場にでむきました。
今日のお店は「アズーリ神楽坂」さんです。

住所:東京都新宿区神楽坂3-4 AYビル1F 2F
電話:03-6280-8042
定休日:無休

IMG_8413
お店の外観です。

IMG_8452
店内の雰囲気です。

このお店の社長はスポンサーで現場にはでていません。
ただし、そのご子息はここで働いているようです。
旧知のコック仲間でお店を回しているそうです。
このお店は、法政さん、理科大さん、大妻さん等の若い学生さんのお客が多いので、市場で安く材料を仕入れる事ができたなら、値段を下げずに安く買えた分を上乗せして供しているそうで、普通のお店より量が多いそうですよ。
それでは誕生会のはじまりです

IMG_8414
まずは「イタリア産ハムのいろいろな盛り合わせ」です。
いきなりボリューミイですね。
美味しいです。
微妙な塩気がたまりません。

IMG_8417
次に「銚子産鮮魚のカルパッチョ」です。
ウマウマです。

IMG_8418
特に奥様がリフティングしてくれたこの身の厚いカンパチはどうですか。
噛みごたえがありますぞ(笑)

IMG_8420

IMG_8422
そして「ハマグリの白ワイン蒸し 」です。
これでもかという大ぶりのハマグリです。
これは好みですね。
私は好きな味でしたが奥様は敬遠していました。

IMG_8426
そして「魚介類のパスタ」です。
これは魚にうるさい次男が絶賛していました。
クルクルのタコが美味しいです。

IMG_8427
そして「鱸と大根の炊き合せ」です。
大根美味しですが、魚介系が続いたのでちょっとねえでした。
大根だけでもよかったような・・・
それではイタリアンになりませんものね(笑)

IMG_8428
そして「ラグーソースのペンネ」です。
これが今日一です。
よく煮こまれたラグーソースと青い葱の首部の食感が良く合っています。
ホロホロの牛肉が好みの味です。
美味しいです。

IMG_8429
締めの「肩ブタ肉のロースト」です。
甘みのあるブタ肉です。
バルサミコソースがしぶく味を引き締めています。
美味しいです。

IMG_8431

IMG_8449

IMG_8451
バースデーケーキです。
これはハウスケーキだそうです。
甘さ控え目で全員が高評価でした。
ということで新しい家族を囲んでのバースディパーティーでした。
ここのところ、少しマンネリになっていましたが「新しい酒は新しい皮袋に盛れ」という言葉が「新約聖書」にもあります。我が家族もこれに倣いましょう。

実は・・・
先週も大学のテニサーの新年会でこのお店でほとんど同じ料理を食べています。
今日は飽きるかなと思いきや再度美味しくいただきました。
なかなかの料理を作りますね!

それでは(^_-)

高岡 COO

今日は「splash的オムニバス」です。
今日は私のオムニバスです。
宜しかったらお付き合いください。

#早く本を読む人
611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_s
通常、書店に並んでいる活字の図書は、視覚に障害のある人たちには読みにくいか、または読むことができません。そこで、耳で聴いて読書できるように朗読し、その音声を収録したものが録音図書です。
視覚障害者の方は、録音図書を利用しています。
かかる中、熟練した利用者は三倍速でも聞き取る事ができるそうです。
この技を持っている人が一番早く本を読める人だそうです。

#美人看護師のマスクを取らせる方法
o0480064012771888553
相手が補聴器をしていたら、もしあなたがマスクをしているならマスクをずらして、あなたの「唇」が見えるようにしてください。聴こえの不自由な人は、あなたの唇の動きを読んで話の内容を理解しているのです。
医師や看護師など医療関係者の場合、補聴器に気が付きますと、さっとマスクを外してくれるそうです。
従いまして、美人の看護師のマスク無しの素顔を見たかったら、補聴器をつけていく事をお勧めするワケがありません。あくまでもフリネタなので絶対に曲解しないでください・・・

#約束を守らない人
Ren_ai_54552_1
私の取引先に中小企業の専務がいます。
この人がまったくと言っていいくらいに約束を守りません。
基本的にこのような人格的に欠損がある人には私は厳しくないのです。
理由はそれなりの地位にある人に今さら言っても治らないからです。
それと本当に死にそうな声での謝罪を聞くのも副次的な楽しみです。
ですから彼にお願いした時には複線で他にも同様のお願いをして、リスクをマネージしています。
このような約束を守らない人は意外や意外女性にモテるのです。
彼はなかなかのイケメンですので多分に夜の世界ではモテると臆断しています
想像するに、人間関係に波風を立てない為に取り繕う嘘、うまく行かなかった時につい口から出てしまう言い訳、自分を良く見せたいため見栄、自分を守る為の嘘などは心理学的に言えば人間関係を円滑に、心の健康を守る意味もあるのですが程度問題であるのはいわずもがなであります。
真の成功者ほど「約束したら必ず守る。守れない約束はしない」と言う習慣が身に付いています。
逆に、約束を守れない人は成功をつかむ事は出来ません。
その両者が持つ顕著な違いは「時間」の概念を見ると明らかです。
成功者の人ほど時間を非常に大切にし、約束をした時間を必ず守ります。
世間一般では、成功者は「せっかち」と表現したりしますが、これは捉え方が違うと感じます。
彼らは時間にせっかちなのでなく時間をとても大切にしているのです。
時間こそが最も貴重な資産である事を理解しているのです。


ちょっとモリすぎ?


今日は雪深い高岡に出没です。
IMG_8318

IMG_8317

IMG_8321

IMG_8322

IMG_8323

IMG_8324

IMG_8356


ちなみにこのお店が高岡市最強の居酒屋です。
絶対に裏切りませんよ。
IMG_8358

IMG_8359

たまにはゴージャスな夕食でも取るかと訪れたのはこのお店です。
今日のお店はホテルニューオータニ高岡内にある「COO (クー)」さんです。
IMG_8354

住所: 富山県高岡市新横町1 ホテルニューオータニ高岡
電話:0766-25-4036
定休日:無休

IMG_8355

IMG_8353
お店の外観です。

IMG_8334
店内の雰囲気です。

IMG_8352
壇蜜さんのトークショーがあります。
高岡では話題沸騰であります。

IMG_8344
メニューです。

今日のオーダー「キノコのオムレツ、ペペロンチーノ、珈琲」@580+@880+@500=1,960円です。
吹雪の為にこの広いレストランでのお客は私を含めてたった二人です。
それにしてもホールスタッフの対応は緩慢です。

IMG_8342
待つこと9分で「キノコのオムレツ」の到着です。
見た目美味しそうです。

IMG_8343
それでは実食です。
オムレツを割りますと黄金色の流体が勢いよく流れてきました。
この絵図だけでも満足です。
味ですか、プリプリのキノコが口内で弾みます。
これは美味しいです。
ハムが良いアクセントになって味を引き締めています。
満足な一皿です。

IMG_8346
待つこと19分で「ペペロンチーノ」の到着です。
アレッ、フライドガーリックが見てとれます。
これが載った「ペペロンチーノ」で今だかつて美味しいものを食べたことがありません。

IMG_8347
それでは実食です。
パスタはアルデンテで結構なのですが、ソースの乳化が今一です。
加えてフライドガーリックのとんがった味が全体をぶち壊しています。
同じコックさんの調理でしょうか。
先ほどのオムレツを天国としますと、このペペロンチーノは地獄ですね。

IMG_8349
食べ終わったらスグにと頼んでいた珈琲は9分後にきました。
出し忘れたのでしょうか、ぬるくなっているではありませんか。
これはヒドイ!
壇蜜さんが謝りにこないと許しませんよ(笑)
こんなホテルもあります・・・

それでは(^_-)

肥後橋 ボナ・フォルケッタ

今日は「久闊を除す」です。
13423551_1112850745419732_2060428352_n

640x640_rect_3465195
高校三年生の頃から通っている酒飲処があります。
18歳の頃からですから本当に永い年月です。
邂逅は浅草の先輩に連れて行かれたのです。
初めて入って驚いたのは、この店はまさにオールディーズのお店だったのです。
この店のワクワクドキドキするような空間は私の心をサーカスの玉乗りの玉のように私のこころを弾ませてくれました。このお店の雰囲気に身を浸していると心が落ち着くのです。
最初は地元の人間のたまり場だったのですが、ご主人が有名な商業デザイナーでして、その関係者達がお店の良さを喧伝してから、次第にその筋の人間のサロンみたいになっていったのですが、実態は下町の元気印のスナックであります。

売れなかった頃のなぎら健一さんが、このお店でよく意地汚く酒を飲んでいたのですが、浴びるように飲んでいたのには理由(わけ)があります。
ご主人の男気(おとごぎ)で飲み代は出世払いだったからです。
当初は夫婦でやっていました。
お店が繁盛したので客が入りきれなくなり、店舗拡張の為に西浅草の松が谷に移転したのですが、なぜかご主人は引っ越し荷物の中に、妖艶な見目麗しき女性も入れていて、しばらくしたらその彼女と手に手を取り合って軽井沢に遁走してしまったのです。
ママはまた病気がでたとあきらめていましたが、その心のうちは穏やかではなかったはずです。
その当時、小学生の子供が二人もいたので糊口を凌がなければならず、嫉妬の炎はかまどの火力として使い、お店を独りで切り盛りしていました。
かかる中、私は不定期に通い続けていました。
通うたびにお店の客層に変化が見られました。
デザイナー関連の人間の他に、ママに恋愛相談をする女性の人が増えてきて、次第に新宿の母ならず、浅草の母みたいになってきていたのです。

それから永い間お店には通っていたのですが、通っていたといっても、お店に顔をだして、ママから、あらまだ生きていたの、と言われ、あいかわらずですよ、と言ってはくだらない話をしながら、ママとバーボンを酌み交わしていただけなのです。
それから永い年月不定期なお訪(とな)いが続いたのですが、6年前の私の唐突な停酒により途絶えてしまったのです。停酒しても夜の世界では活躍していたのですが、何故かこのお店に素面で行くのは、あたかも女性がノーメークで外出するみたいな気持ちになり差し控えてしまったのです。
停酒した時、ママは76歳でした。
もういつ天に昇っても不思議な年ではありません。
気にはなっていたのですが、まだ元気なはずだ、という自己欺瞞ですり替えていました。
めぐる季節が自分に何かを問いかけているのではないかと思った時、我慢の蓋がはずれてしまい、それからしばらくして素面でこのお店のドアを開けたのです。
ママは私の顔をみるなり、あらまだ生きていたの、と言った後、本当によく来てくれたわね。
ありがとう、と言ってくれました。
6年という歳月が人の上におよぼす痕跡を、私はあらためて想わないわけにはいきませんでした。
久しぶりに会ったママは80歳の顔になっていました。
店の奥のカウンターで外人と話している女性の目元がご主人に似ていたので、もしかして娘さん、とママに聞くと、わかるわよねえ、と言いましたので、小学生だった娘さんもいまや50歳になっていたのです。
ママとの6年ぶりの会話で分かったことは、3年前、娘さんがお父さんの病状が良くないので引き取って家で看取ろうということになったのですが、ママはそれを賛成も反対もせずにいたら、娘さんは専断で、軽井沢で一人暮らしをしていた父親を弟と引き取ってきたそうです。引き取ってきたのなら仕方ないと、ママは看病に努めてそれから1年後、ご主人は天に昇っていったそうです。
さら〜に、驚いた事にママはご主人とは離婚していたと思っていたのですが、籍だけは抜かなかったそうです。
離婚をしなかった理由は、父親がいない子供にしたくなかっただけよ、と笑って答えていました。
いいかい、▲▲、結婚は決断力の欠如、離婚は忍耐力の欠如なのさ、とも継ぎ足していました。

久闊を除したママとの語らいは心が和みました。
心のこもった言葉は、人の心に明かりを灯してくれます。
そんな言葉を発することのできる人間に私もなりたいと思いお店をでました。
お店での別れ際に、死んだら連絡するリストにあんたの事もいれておくから、娘から連絡があったら線香の一本でもあげにきてくれよ、と言われたのが心に残りました。
人生は夢と同じ糸で紡がれ、眠りによってその輪を閉じる、というシェークスピアはテンペストの一文をつぶやき乍ら私は帰宅の途につきました。


飛び入りでこの演奏ですか、ただ者ではありません!



IMG_8050

IMG_8051

IMG_8049

IMG_8029
今日は大阪に出没です。
今日のお店はTV「グルマンの隠れ家」として有名です。
今日のお店は「ボナ・フォルケッタ」さんです。

住所: 大阪府大阪市西区土佐堀1-1-6 クリスタルビル 1F
電話:06-6443-0888
定休日:日曜・祝日、土曜のお昼

IMG_8030
お店の外観です。

IMG_8032

IMG_8040

IMG_8041

IMG_8042
店内の雰囲気です。

IMG_8031
メニューです。

今日のオーダー「アマトリチャーナ&珈琲&ガトーショコラ」@870+@180+@250=1,300円です。
このお店は、本場南イタリアで修行を積んだオーナーが、ナポリの雰囲気や料理に魅せられ、南イタリアの料理を提供しています。

IMG_8033
待つこと0分でパン、サラダ、スープの到着です。

IMG_8036
スープは具沢山です。
雰囲気自衛隊のスープみたいでヘービーデューティです。
美味しいけど重いですね。

IMG_8037
サラダはシャキシャキしています。
これはイケますね。

IMG_8043
パンは平板です。
特段のコメントはありません。

IMG_8044
待つこと8分で「アマトリチャーナ(ベーコンとタマネギのトマトソース)」の到着です。

IMG_8045
気を取り直して実食です。
ソースの酸味が強く私の好きな味わいではありません。
加えてホールトマトを使っているのでしょうか、ソースが水っぽくて寝ぼけた味になっています。
もう少しに詰めた方が良かったのではと思いますがちょっと僭越なコメントになってしまいました、失礼しました。
いずれにしても量が多いのには驚きました。

IMG_8046
食後の珈琲です。
珈琲はネスカフェですか、ちょっと粉っぽくてこれまた好きな味わいではありません。

IMG_8047

IMG_8048
食後のデザート「ガトーショコラ」です。
盛り付けはキレイです。
しか〜し、味は平板で且つ少し硬いですね。

グルマン(大食漢)のお店なのでコスパは良いのですが、再訪はないでしょう。
多分・・・

それでは(^_-)

梅田 ブォナパスタ

今日は「double-faced」です。
20160908012017
高倉健さんはスクリーンで見せる渋い演技とは裏腹にかなりひょうきんな方です。
その対極にある軽妙洒脱な演技を見せる渥美清さんは、狷介孤高(自分の意志をかたくなに守って他とは触れ合わずひとり超然としている)な方です。
人間は絶えずTPOに合わせて演技しているのです。
私はウィークデイでは熱血リーマンを演じていますが、休日では趣味に励む中年オタクを演じています。
そして女性の前だけは何でもハイハイと聞く物分かりの良い中年オジを演じています。
演じてないのは奥様といる時だけです。
奥様から昔と変わったと良く言われます。
多分に若い頃はチャラいんだけど優しい漢(おとこ)を演じていたみたいで、最近はその演技をするのが面倒くさくなったのに加えて人間的に成長したので、若い頃から比べたら変わったのでしょうが、それを人間界では進歩と呼んでいます。

64649
TPOに合わせて演じ分けができることは、普段の生活においては間違いなく有利なふるまいといえるでしょう。
全く別の場所で違う自分を作る事ができるので、仕事の上では特に有利に展開します。
自分の性格はさておき、仕事上の顔を作る事ができるからです
多面性と言う長所を活かす事で仕事を器用にこなせます。
その一方で、多面性を持つが故に本当の自分をどの様に出したらいいか分からなくなる事があります。
演ずることの自己欺瞞が短所として理解されないという悩みもあります。
常に本当の自分で生活している人はそんな事を気にしていません。
むしろ気にならないという方が正しいのでしょう。
しか〜し、多面性を持つが故に必ずどこかの場面では違う自分のふるまいがそのままの性格として理解されています。仕事上だからと割り切るなら問題はありませんが、少し考え込む事もあります。
さら〜に、いくら仕事だからとは言え、最後には騙しているような感覚になり、ときおり後ろめたさも感じることもあります。功罪相半ばなのであります。

世の中で一番面白いのは麻雀に次いで仕事です。
常に新しい仕事に挑戦する喜びはこの上ないものです。
挑戦しない人は仕事をする気がないのも同じだと思っています。
新しい事に挑戦すれば、当然、失敗するリスクもあります。
「もし失敗したらどうしよう」と恐れる心理も働くでしょう。
端的な話、失敗が怖かったら挑戦しなくてもかまいません。
そのかわり、いつまでたっても成長はなく、後退していくだけと考えるべきでしょう。
今の時代、挑戦しない限り、成功はありえないのです。
挑戦しない人は仕事をする気がないのも同じです。
このようなエキセントリックな考えも自らが演じるからできるのです。
素の自分であったらかなり面倒くさいのでここまで熱くなりません。
「乞食と役者は3日やったら辞められない」というのは昔からある西洋の格言ですが、乞食はどうでも良いのですが、役者のくだりはよくよく理解できるところであります。


これはガチ❣


今日は商都大阪に出没です。
IMG_7988
仕事が早めに終わったので肥後橋から梅田まで歩きました。
川面に映るあの無機質のようでいて繊細さを兼ね備えたビルたちが、毅然としかも身を寄せ合って夕闇の中に浮かび上がり、真珠のような窓の明かりを纏っている様は心を和ませます。

IMG_8020

IMG_8019

IMG_8018

IMG_7992

IMG_7993
今日のお店は「ブォナパスタ」さんです。

住所:大阪府大阪市北区梅田1-13-13 阪神百貨店梅田本店 10F
電話:06-6348-8644
定休日:阪神百貨店の休日に準ずる

IMG_8017
お店の外観です。

IMG_7998
店内の雰囲気です。

IMG_7997
メニューです。

本日のオーダー「ピッツァセット」@1,998円です。
このお店はカフェモロゾフのイタリアンバージョン店のようです。
時間はほぼほぼ20時なのですがお客様は私含めてたった2名です。
店員の数が客の数より勝っています。
気分はつぶれそうなイタ飯屋さんです。

待つこと6分で前菜の到着です。
IMG_8000
キッシュ、スモークサーモン、サラダの陣容です。
彩り鮮やかな割にはサプライズもありません。
この時点でお店間違えたかなという不安の二文字が頭に浮かんできました。

IMG_8008
待つこと15分でピザが焼けたようです。

IMG_8011
待つこと16分でピザが到着しました。
見た目美味しそうです。
今日の私が選んだピッツァはクワトロフォルマッジです。
クワトロのフォルマッジ(チーズ)は、ゴルゴンゾーラ、モッアレラ、カマンベール、グラナ・パダーノの構成です。
それでは実食です。
あれっ、普通以上に美味しいではないですか。
これにはクリビツです。
dough(生地)はたいしたことないのですが、チーズが美味しいのです。
イタリアの至宝といえるグラナ・パダーノがこの美味しさを際立たせているのでしょうか。
チーズのふくよかさに加えてこの特上のまろやかさは心地良いものです。
ごめんなさい「つぶれそうなイタ飯屋」と評して・・・
ここのピッツァは美味しいです。

IMG_8015

IMG_8013
食後のデザート「プリンアラモード」と珈琲もかなりのレベルです。
特にフルーツは秀逸でした
ピーチ、オレンジ、グレープフルーツはどれもみずみずしくて食後のデザートとしては申し分ありませんでした。
そういわれてみれば、ここはモロゾフの系列ですものね。
大変失礼いたしました・・・

それでは(^_-)

神楽坂 アズーリ神楽坂

今日は「パックと美人」です。
maxresdefault
私の奥様はよくパックをしています。
一番いい顔をして、その表情を崩さないようにパックを顔に貼って、モーツルアルトや竹内まりやを聞きながら、素敵なことを考えながらじっとしているこの感じは、お腹の中に赤ちゃんがいる時にそっくりだと我が奥様は申しています。今、この瞬間に着実に間違いなく育っている、正しくは美しくなっている実感ですか。
それに加えて、謙虚に再生と奇跡を待つ気持ちは男性からしますとパックは儀式を超えた宗教のようにも思えます。
パックとは期待する事であります。
パックとは待つという事であります。
s-0001
お月さんの満ち欠け日数(陰暦)による数え方で十月十日間、女性は生まれてくる子供が自らの最高傑作である事を祈って待っています。それと同じように貼ってから15分後、そっとめくったパックの下から現れる顔が、見目麗しき顔に変じる事を祈って待っているのです。
兎に角女性は夢を見ながら待つのが好きな生きものなのです
パックはピタッと肌にくっつくことで、パック自体の美容成分が肌に染み込んでいくのだそうです。
そしてそのときに肌から出て行く潤い成分も一緒に一時的に閉じ込めてくれるのだそうです。
私はパックの持つ科学的な効用は知りませんが、この儀式がもたらす奇跡を信じて待つ気持ちが、まさに女性を美しくしていくものではないか臆断しています。
仮に、使用前使用後の違いを亭主がわからなくても、綺麗になった事を信じる気持ちが大事なのでしょう。
自分の気持ちをだまし、自分にも判らないように嘘をついて、それを信じて楽しく生きていく事、これが「女性が美しく生きていける秘訣」ではないでしょうか・・・


「待つわ’07」 あみん



今日は神楽坂に出没です。
IMG_7892

IMG_7887

IMG_7888

IMG_7889

IMG_7890

IMG_7893

IMG_7894

IMG_7895

IMG_7896
今日はイタリアンの名店です。
今日のお店は「アズーリ神楽坂」さんです。

住所:東京都新宿区神楽坂3-4 AYビル1F 2F
電話:03-6280-8042
定休日:無休

IMG_7861

IMG_7886

IMG_7884

IMG_7883
お店の外観です。

IMG_7882

IMG_7866

IMG_7874
店内の雰囲気です。

IMG_7862

IMG_7863
メニューです。

本日のオーダー
濃厚白子のフラン(洋風茶碗蒸し)@300(テーブルチャージ)
トリッパのトマト煮込み@700
スペイン産ニンニクのシンプルなペペロンチーノ@900
です。

IMG_7868
待つこと8分「濃厚白子のフラン(洋風茶碗蒸し)」の到着です。
見た目、上品です。
それでは実食です。
白子が甘く且つ濃厚です。
これは美味しいです。
ちょっと類を見ない美味しさです。
いきなりトップギアです。

IMG_7869
待つこと11分「トリッパのトマト煮込み」です。
プレートはもう少しソースの汚れを拭いて供して欲しかったものです。

IMG_7873
それでは実食です。
トリッパの掃除が悪いのでしょうかかすかに匂いが残っています。
しか〜し、ノープロブレムです。
このトリッパは美味しいです。
瑕瑾を申せばまだまだ煮込みが足りません。
私はトロトロの煮込みが好みです。

IMG_7875
待つこと20分で「スペイン産ニンニクのシンプルなペペロンチーノ」の到着です。
これは匂いで美味しいのがわかります。

IMG_7881
それでは実食です。
オープンキッチンですから調理人のフライパン振りの一挙手一投足が見えます。
このペペロンチーノの調理人のあおりは卓越したものです。
不味いわけがありません。
アーリオ(ニンニク)とオーリオ(オリーブオイル)の相性最高です。
パスタもアルデンテでコシがあります。
特にオリーブオイルのきらめきを思わせるような香りとコクが素材達を包み込んでいます
大満足のペペロンチーノです。
実はこのお店で今月2回ほど飲み会があります。
今月の楽しみが倍加しました。

それでは(^_-)

続 池袋 APIZZA

今日は「新年独白」です。
IMG_7188

IMG_7186
1月3日はお節料理に飽きたのでスウィーツを求めに奥様と新宿伊勢丹にやって参りました。
奥様は、歌舞伎町の新守護神であるゴジラを見たことがないとの事でしたので見せてあげました。
あまりにもリアルなので驚いていました。

IMG_7190

IMG_7191

IMG_7194

IMG_7195
歌舞伎町は本当に安心、安全な街になりましたね。
あのゴールデン街にも変な人がいなくなりました。
若かりし頃、ゴールデン街で会社の同期とオカマのお姉さんをからかいましたら、マジにキレてしまい追いかけられ、ゴールデン街を逃げ回った事がありました。
昔のオカマは、見かけとは裏腹で意外にも喧嘩が強く、甘く見ているとボコボコにされたのです。
個人的には昔のオカマは体育会上がりの人が多かったので、強いのは当たり前だと臆断していました。
私の高校のバレー部の先輩も、どのようにして人生双六の賽を振り間違えたのか筋金入りのオカマになっていましたから。

C0WVDHXVIAA5fLn

C1AmAuAVQAAcmZM
ゴジラと言えば年末の紅白歌合戦はひどかったですね。
「シン・ゴジラ」や「タモリ・マツコ」の強引な挿し込みは受け手の人間の生理を無視しているとしか思えないですよね。私と奥様は、仕方がないので、こういう事だろう、とか、そういうふうに感がえればいいんじゃないの、とかでムリクリ辻褄を合わせて見ていたので疲れてしまいました。
で〜もこのような挑戦は結構な事です。
挑戦なしに進歩なしですから。

進歩と言えば大竹しのぶさんの「愛の賛歌」は良かったですね。
今まで聴いてきた「愛の讃歌」(訳詞:岩谷時子さん)は、安定感こそありますが、ちょっと嘘くさい感じがしましたが、今回の「愛の讃歌」(訳詞:松永祐子さん)は、輪廻転生からの天国での再会のくだりは愛の強さに心が揺さぶられました。これはおおいなる進歩というよりもブラッシュアップであります。
この歌はピアフが生涯で最も愛した人である、マルセル・セルダンに向けて創られたそうです。
彼は、船でピアフの元へ向かう予定を変更して、飛行機事故で行った為に生命を失ったそうです。
その悲報を聞いたピアフは、親しい友人に「彼は、永遠にあの空で私を待っていてくれる。私の望みは彼に会うことだけ。だから死ぬのは少しも怖くはないのよ」と言っていたそうです。
しか〜し、この詩はセルダンの生前に書かれた物であることが判明しているのですって。
相思相愛で誰もが知る仲ではありましたが、妻子を持つセルダンとの恋愛に終止符を打つ為に書いた物だと考えるのが正しいようです。
という事は、訳を担当された松永祐子さんの意訳の妙でしょう。
加えて、しのぶた失礼大竹しのぶ(昔は太っていた)さんの表現力でしょう。
心より感動しました・・・
最後にこの名曲を紹介して終わらせていただきます。

愛の讃歌 大竹しのぶ 投稿者 dm_5055cb6ebe0b9
たとえ空が落ちて 大地が崩れても♪
怖くはないのよ あなたがいれば♪
あなたの熱い手が 私に触れるとき♪
愛の喜びに私は震えるの♪

あなたが望めば 世界の果てまで行ってもいいわ♪
髪の毛も切るの 家も捨てるわ 友達さえも♪
祖国も裏切る 怖いものはない あなたがいれば♪
あなたの他には何にもいらない この命さえも♪

いつかあなたが去り 死んでしまっても♪
嘆きはしないわ また会えるから♪
私にも死が訪れ 青い空の向こうで♪
愛し合う二人は二度と離れない♪

神は結び給う♪
愛し合う二人を・・・♪


IMG_7076

IMG_7077
今日は若夫婦と鬼子母神に出没です。
鬼子母神といえばこのお店でしょう。
今日のお店は「APIZZA(エーピッツァ)」 池袋東通り本店 さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-18-30
電話番号:03-5953-2900
定休日:無休

IMG_7078
お店の外観です。

IMG_7079
店内の雰囲気です。

今日のオーダーはサラダセット(サラダ&ビバレッジ)@421円にそれぞれに好きなピザを加えたものです。

IMG_7084
まずはサラダです。
野菜がシャキッとしていて冷え具合も申し分ありません。
出足からご機嫌です。

IMG_7086
ピザですが、まず娘はチカ@648円です。
チカとはこのお店の亡くなられた創業者の奥様の名前です。
このピザの内容は、トマトソース、三種のチーズ、バルミジャーノ、サーモントラウト、オニオン、マヨネーズです。
これはサーモントラウトとマヨネーズの相性の良さですね。
このような美味しい組合せを考えるのは楽しいでしょうね、と思わせるような美味しさです。
ご機嫌です。

IMG_7088
私はクワトロフォルマッジ@626円です。
クワトロ(4種類)のフォルマッジ(チーズ)の内容は、ブルー、ゴーダ、モッツァレラ、バルミジャーノです。
ピザの上に大量の蜂蜜をかけ回していただきます。
これは鐵板の美味しさです。
加えてクワトロフォルマッジで@626円はお得感がありますね。

IMG_7085
長男はペスカトーレ@702円です。
このピザの内容は、トマトソース、エビ、タコ、アサリ、三種のチーズ、バルミジャーノ、ブラックペッパーです。
これはまさしくペスカトーレ(漁師)の味わいです。
汐の香りが鼻孔にささる漢(おとこ)のピザです。
美味しいですね。

IMG_7089
最後はデザートピザのチョコレートバナナカスタードです。
沢山の生クリームとアイスクリームを乗せていただきます。
本当は店長のお薦めのブルーベリーピザも一考したのですが、初志貫徹したのでした。
しか〜し、会計の後一瞥したブルーベリーピザも美味しそうでした。
次回はブルーベリーピザをいただきましょう。
味ですか、超ご機嫌のデザートピザでしたね。

IMG_7072

IMG_7069
帰り際に店長から、来年もよろしくお願いいたします、と言われました。
実はこの日はまだ大晦日でして、若夫婦と信心する「穴八幡」にお守り替えに行った帰りだったのでした。

それでは(^_-)

有楽町 ジャポネ 9th

今日は「帽子を取りた〜い!」です。
私は幼少の頃から変に自己顕示欲が強くキテレツな行動をよくしていました。
どちらかといえば任侠的なはじけ方をするので結構痛い目にあっています。
そういう意味では暴走族のふるまいはよくよくわかります。
さすがに歳ですし、それなりの立場にありますので、軽々な事はしないものの、キテレツ
な行動をしたいという思いは、絶え間なく沸々と体の中で煮たぎっています。

IMG_6689
かかる中、以前から駅構内の駅員若しくは電車の車掌の帽子を取って脱兎の如く逃げおおせたい、という欲望にかられて仕方がありません。
いまだそのような軽犯罪が新聞紙面を賑わしていないので未遂ではあるのですが、なぜなのでしょう。

sick-girl-boy-toy-cap-black-asos
幼少の頃、近所に美容室があり、そこのマスターはいつも帽子をかぶっていました。
たまさかその子供が私の友達であり、よく遊びに行っていたのですが、家の中でも帽子は取りません。
子供心に不思議でした。
その当時は多分風呂の中でもかぶっているのだと確信しており、どうやって頭をあらっているのかという副次的な悩みも出現し、まさに「若きウエルテルの悩み」とあいなったわけであります。
ところがある日偶然にも、そのマスターが帽子を取る瞬間に遭遇したのです。
なぜ見れたかと申しますと、その遭遇の瞬間は幼少時でしたので背も低く、マスターの死角に入っていて、多分マスターは私の事を気づかなかったのでしょう。
おもむろに帽子を取った瞬間、私のつぶらな双眸(そうぼう)に飛び込んできたのは、見事なカッパはげの頂頭部でした。私はそれを見てあまりにも驚いたので、ギャッ、と叫びその声が漏れてしまったのです。
するとそのマスターは、声の方に体の向きを変えて、見・た・な、とスタッカートをかませながら私の方ににじり寄ってきたのです。
私は恐怖でその場から脱兎の如く逃げ家に帰ったのですが、その恐怖のせいでしょうか原因不明の高熱を発し寝込んでしまいました。

多分ですよ、それのトラウマが駅員の帽子を取りたいという処に繋がっているのではないかと臆断するところであります。それなら警官のでもいいではないかと言われるのでしょうが、かつて警官とのストリートファイトにおいては別のトラウマができており、その気にもならないというのが正直なところであります。
いずれにしても、痴呆が入ってきたら要注意人物になることは間違いないでしょう(笑)



メリークリスマス



IMG_6638

IMG_6636

IMG_6640

IMG_6637
今日はサンタクロースが、今日がクリスマスか、と間違えて降りてきそうなザギンに出没です。
今日のお店は19時ちょっと前に銀座打合せが終わったので、もしかしたらまだやっているかもと走ってむかいました。今日のお店はロメスパの絶巓「ジャポネ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西1-2 銀座インズ3 1F
電話:03-3567-4749
定休日:日曜・祝日

IMG_6644
お店の外観です。

IMG_6643

IMG_6651
店内の雰囲気です。

IMG_6641

IMG_6645
メニューです。

今日のオーダー「インディアン(麺少なめ)」@500円です。

IMG_6646
オランダ人のように大きな調味料の面々です。

IMG_6648
待つこと8分で「インディアン(麺少なめ)」の到着です。
インディアンとは、カレーソース、こまつ菜、玉ねぎ、生しいたけ入り焼きスパです。
見た目美味しそうです。

IMG_6649
私はこれに福神漬けとパルメザンチーズをかけ回していただきます。
それでは実食です。
ここのカレーは鐵板ですね。
美味しい。
焼きスパのゴワゴワ感とこのカレーソースはよく合います。
加えて福神漬けとパルメザンチーズがナイスアシストでして、完璧に私好みの味になっています。
ご機嫌です。
満足な夕食でした。

それでは(^_-)

2016年神戸・京都旅行 其の四

今日は「2016年神戸・京都旅行 其の四」です。
中村軒を後にした私たちはバスに乗り京都駅にもどり地下鉄に乗り換えて、午後の目的地である相国寺に向かいました。

#伊藤若冲展
今回は相国寺境内にある承天閣美術で開催されている「伊藤若冲展」を観にきました。
この展覧会への出向きは私の強い希望です。
まずは雨に煙る相国寺境内の紹介です。
IMG_6534

IMG_6535

IMG_6541

相国寺さんはかつて訪れております。
折角ですので前回アップを紹介します。
鳴き竜
法堂は写真撮影禁止でしたので画像は「京都を歩くアルバム」さんより転載させて頂きました。
相国寺は法堂にある「鳴き龍」が有名で、この「鳴き龍」も目的の一つでした。
天井には「鳴き龍」として有名な狩野光信の蟠龍図(ばんりゅうず)が描かれています。
絵の下で手を叩くと円の縁あたりで「ブーンブーン」と鳴いているように響きます。
立つ位置がずれると聞こえません。
龍は平面じゃなく丸いお皿の中に描かれていて、円の縁が盛り上がっています。
手を叩くと、その反響が集まる下にいる人にだけに聞こえるようです。
多重反響現象(フラッターエコー)というらしいです。
ちなみに音の聞こえ方が今一つだったので拍手乱打しましたら、法堂におられたご住職に叱られました。
で〜も、それにはめげずに先達の叡智にいたく感動していたのでした。

なぜ雨に煙る京都まで来て「伊藤若冲展」を見たかったのでしょうか。
実はこれも過去ネタでその理由をアップしていますのでご紹介します。
若冲展

IMG_3241

IMG_3240

IMG_3243
生誕300年を記念した若冲展を見に行ったのです。
しかも早起きして・・・
着きましたらこの行列です。
すでに2時間待ちです。
しかも今日は真夏日です。
炎天下の中、走るのは好きですが、並ぶのは嫌いです。
当然のことながらスキップしました。
秋に行く京都は相国寺で常設の絵を拝観する事にしました。

IMG_6531

IMG_6532
という事で伊藤若冲展です。
若冲は鶏画を始め動物・植物を緻密に描きつつ、写実と想像を融合した独自の世界観を作品に反映しており、若冲の作風の特徴は、精密な写実でありながら幻想的な雰囲気を持つている画風と言えます。

WS000004-3
当然のことながら展示画は写真撮影禁止ですので、ネットからの転載です。
個人的には数多くの展示作品の中でこの絵に感動しました。
若冲の絵を見ていますと、真摯な美とは、コインの裏表で決まるようなギャンブルではなく、もっと緻密で、もっと継続的で且つ不断の集中力とそれに耐えられる体力にあるのだなと強く感じた次第であります。

#祇園界隈
IMG_6546
相国寺の後はバスで祇園にいきました。
今年の紅葉のハイシーズンは一週間前でした。
かかる中、そぼふる雨の影響もあり人影もまばらで寂しい限りです。

#芸能界こぼれ話
IMG_6548
女優の田畑智子さんの実家でもある、京都の老舗料亭「鳥居本」さんです。

f85b52c6
この「鳥居本」さんをのぞいた後、この図子(大路・小路をつなぐ道)を奥様がのぞいていましたら、いきなり見知らぬ老人が話しかけてきました。あまりにも親しげな態度から、知り合いなのかなと一瞬思いましたが赤の他人でした。
おもろいおじいさんです。
京都で所帯持っておなごが生まれたら不幸やで、と言い放ったのです。
私が何でですか、と聞けば、京都のおなごで顔がええのんは皆歌舞伎役者に食い物にされるんや、というではないですか。宮沢りえは中村勘九郎と付き合っていて、京都ホテルオークラで逢瀬を重ねていたのなんて皆知っとう。
りえ以外にも芸妓と付き合っていてそりゃ滅茶苦茶やわいな。
さら〜に芸妓のほとんどは歌舞伎役者の京都妻や、中村橋之助だけじゃないわ。
悪い奴ほどばれんのや、と言いたい放題です。
確かに京都裏話は面白いのですが、このような怪しい人と話し込むのは本意でないので、適当なところで別れました。すべてを公開できないのは残念なのですが、みな興味深い話ばかりでした(笑)

IMG_6570
雨宿りを兼ねてコーヒーブレイクです。
お邪魔しましたお店は、「鳥居本」さんのはす前にあります。
今日のお店は「RIGOLETTO SMOKE GRILL& BAR (リゴレット スモーク グリル&バー)」さんです。

住所: 京都府京都市東山区祇園町南側570-192
電話:075-532-0112
定休日:無休

IMG_6569
お店の外観です。

IMG_6553
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
私は「焼きリンゴタルト、バニラアイス添え&ブレンドコーヒー」@540+@648=1,188円
奥様は「ピスタチオのティラミス&カモミールブレンド」@540+@702=1,242円
です。

IMG_6561

IMG_6565

IMG_6563

IMG_6567
待つこと7分ですべて到着しました。
このお店は甘ったるいボサノバのリズムが絶え間なく流れているなか、ホールスタッフは体育会接客です。
とてもミスマッチな雰囲気です。
このお店はカジュアルスパニッシュイタリアンとしては祇園で確固たる地位を築いています。
時間帯のせいもあるのでしょうが夕刻前ですが、皆サングリア(赤ワインにレモン・オレンジなどの果汁を混ぜて作るスペインの代表的な飲み物)をデキャンタで頼みグイグイと杯を空けています。
雰囲気もいいし、料理も美味しそうです。
東京発信のお店ですが、祇園では使い勝手がよさそうなお店です。
そうそう焼きリンゴタルト、バニラアイス添え、ピスタチオのティラミスともども美味しかったです。
特に焼きリンゴタルトはかなりのレベルで感動いたしました。

IMG_6560
夜はお店をはねた芸妓さんが立ち寄り、ちょっと艶めかしい雰囲気になるそうです。
目の前に実家がある田畑智子さんも京都に戻ってきたときには、時おり顔をだすそうです。
このお店はお薦めですね・・・

#京都はすでにクリスマス
jpress-2016XMAS_1201

IMG_6576

IMG_6578
祇園を後にした私たち夫婦は京都駅に舞い戻りました。
京都は既にクリスマス一色です。
京都にクリスマスは似合います。
京都のクリスマスは、人の心に明かりを灯してくれるような感すらします。

最後は名曲「なのにあなたは京都へゆくの」で締めさせていただきます。
4日間に亘りお付き合いいただきましてありがとうございました。

それでは(^_-)

神田小川町 ロメスパバルボア

今日は「家庭内別居」です。
同期と話していましたら、夕食の時間はラインで連絡だよ、と言ったのでのけぞった話を数日前に書きましたが、さら〜にそれよりもひどい同期が現れました。その家では夕食の時間を定時にしており、その時間がきますと、亭主が来ようが来まいが子供たちと食べ始めるそうです。
その冷ややかな対応にやんわりとクレームをつけると、わが家の夕食は定時です。
それは結婚して以来変わっておりません。
毎晩いるかいないか分らないあなたを呼ぶのは面倒くさいんです。
それが不服ならテープで流しましょうかですと、実話ですよ。

家庭内別居が増えているみたいです。
593ff972519fda072f11089fd2fed0de
この話もある種の家庭内別居ですよね。
家庭内別居と実態とは以下のような状態のことを指すようです。
・奥様が、ご主人の顔を見ない、目も合わさないなど、完全に無視をする。
・自分の食事は自分で用意してと言われる。
・洗濯は自分でしてと言われる。
・奥様は、子供たちと知らない間に出掛けてしまう。

などなど、男性が感じる家庭内別居のキーワードは、完全無視・孤立・放置のようです。
そもそもの端緒のふるまいは、ゲームざんまい夫・自室閉じこもり夫・ 会話なし夫・ 無関心夫だそうで、原因はどうやら男性にあるようです。
さら〜に恐ろしいことに、これらの男性は、たいしたことないとか、たかがこんなことでとか、誰それの家はもっとひどいとか、現実を直視していないようです。
しか〜し、妻がいきなり、完全無視したり、家事放棄したりはしないのです。
そもそもあなたの妻はそんなことする妻じゃなかったのを忘れているので、くだんの発言が平然とでてくるのです。
誰それの家はもっとひどいとかは、不幸の相対的評価であり、俯瞰してみればその発言者は地獄行き新幹線の乗客である事を敢えて知らないふりをしているだけなのです。

これって癌治療に似ています。
早期発見早期治療ですよね。
放置していると癌の場合は天に上がっていくのですが、家庭内別居の場合は、最後は離婚という事になります。
離婚と簡単にいいますが、経済的不利益もさることながら子供たちが心を悩まして可哀想であります。
それを回避するために私からの提案です。
それは従来の「奥様の為」にではなく「奥様の立場」で考えることです。
「奥様の為に」は、夫の立場で考えた事であり、そこには過去の経験を基にした奥様に対する思い込みや決めつけがあります。これに対しまして「奥様の立場」は、今までの過去や実績を否定しなければなりません。
要は「奥様の為」から「奥様の立場」へと視点を切り替えることが大事なのです。
奇跡の復活劇はまずは、今までの固定概念から外れたちょっとした「気づき」が全ての嚆矢になるのであります。


アンハッピー・バースディ


今日は神田に出没です。
IMG_5827

IMG_5838
たまにはロメスパでも食べるかとお邪魔したのはこちら。
今日のお店は「ロメスパバルボア」神田小川町店さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2-6 小池ビル B1F
電話:03-3518-6166
定休日: 土曜日、日曜日、祝日

IMG_5828
お店の外観です。

IMG_5831
店内の雰囲気です。

IMG_5830

IMG_5832
メニューです。

今日のオーダー「焼きカルボーナーラ」@700円です。
ロメスパとは路麺スパゲッティの略です。
要はスパゲッティの焼きそば版です。
ですから注文してからでき上がるのが早いのです。
麺は茹で置きに耐えられる極太のスパゲットーニが使用されています。
でき上がりは強い火力で煽れてでてくるので、いわゆるチンチン状態ででてきます。
そしてここでのお約束はデカ盛りです。

IMG_5833
デカ調味料の面々です。

待つこと5分で「焼きカルボーナーラ」の到着です。
IMG_5834
見た目、上品で美味しそうです

それでは実食です。
IMG_5836
「焼きカルボーナーラ」の構成は、特性カルボナーラソース・ベーコン・コマツナ・オニオンです。
卵黄がしっかりと入った特性カルボナーラソース美味しです。
ときおり遭遇するベーコン美味しです。
卵黄とベーコンは美味の予定調和ですね。
美味しいです。
店内の客は私一人ですので孤独という調味料もふりかけてしみじみといただきました。
毎日、肺に新鮮な空気が入ってくるような生活が一番大事だよな、とつぶやく自分がいました。
どうやら今週は頑張りすぎたみたいですね・・・

それでは(^_-)

池袋 APIZZA

今日は「国士舘物語」です。
51ZZb-qVv2L__SX354_BO1,204,203,200_
1981年。シティボーイになるために上京した僕が入学したのは、国士舘大学体育学部体育学科。
僕の、特別すぎる四年間が幕をあけた。
体罰、しごき、上下関係・・・・・あの頃の教育現場には、たしかに「暴力」が存在した。
「暑苦し切ない」体育会系青春小説!

私のような一般的な高校生にとって、開成高校を勉学の絶巓とすると国士舘高校は暴力の絶巓でした。
当時、漆黒の蛇腹の制服を見ると恐怖で皮膚という皮膚が泡立ちました。
そういう意味では国士舘高校は不良の巣窟と言い換えても良いでしょう。
d74817f6

img_6
実際、蛇腹で群れをなして新宿の繁華街でヤクザと乱闘事件を起こしたりとか、東武東上線沿線の暴走族を片っ端からしめたり、許可なく渋谷駅前で街宣活動をしたりとかその傍若無人ぶりは枚挙にいといません。
以下の事件も紹介しましょう。
昭和48年6月12日(火)時間不明
国鉄高田馬場駅ホームで停車中の山手線電車に乗っていた東京朝鮮中高級学校の高校生約30人に、 ホームにいた国士舘高校生、国士舘大学生ら約20人が襲いかかり暴行、電車の窓ガラスがこわれ、約10分間立ち往生、双方で5人が1〜2週間のケガをした。
警視庁戸塚署は暴力行為現行犯で国士舘大生8人を逮捕した。
この事件はその場にいた人間から聞いた話ですか、この乱闘劇は、ホームはいうに及ばず線路にも飛び降り、それこそ高田馬場駅全体を騒乱劇の舞台にし、国鉄は安全確保の為に電車の運行を停めたそうです。
幾ら昔といえどもそのハチャメチャぶりは突き抜けています。

当時の国士舘は「天皇の御心のままの政治」をとなえる柴田学長のワンマン経営でした。
紀元節、天長節、陸・海軍記念日などの行事が軍艦マーチの伴奏つきで行われ、教育勅語の暗唱、「君が代」斉唱、皇居遥拝までありました
入学式等の式典の際には、金モール服姿でたつ学長の前を学生が日の丸のつけた旗をかついで分列行進をすることもあるそうです。
圧巻は入学式です。
黒ずくめの礼服に身を纏った総長先生がオープンカーに乗って入場しますと、楽団の高らかな軍艦マーチの音曲に押されながらゆるゆると進む中、国士舘大学、万歳、万歳の唱和のシャワーを浴びて登壇するそうです
加えて、厳しい学内統制の監視役は学生監制度(高校は補導課)、大学に五十人、高校に十人ほどいて、 クラスを担任して常時学生を見張っているそうです。
授業中の教室に入ってきて所持品を点検したり、衣服の乱れを正したりしています。
学生には順番で使役があり、一万人の学園に用務員も守衛もいないそうです。
館長代理の話として、学生監制度が重苦しいと言うが、もしこの制度がなかったら国士舘の誇る秩序はくずされ、それこそ学園紛争でロックアウトが恒常化している早稲田大学のようになってしまうだろうと言いきっております。

閑話休題。
前フリが長くなりました。
ピカレスク(悪漢)小説としては面白いものでした。
例えば村の神童が開成高校に入学したとたんレベルの違いで普通の人間に成り下がるように、地元で神ってる強い不良中坊も国士舘高校に入れば普通の人間になってしまう、という競争の原理は面白く感じました。
作者は、暴力礼賛はしていないのですが、結局暴力を受けた人間は、知らず知らずのうちに自分自身も暴力体質に染まってしまい、それがどこかのタイミングで暴発してしまうという事を書かれていました。
具体的には主人公の友達の卒業後のエピソードを書いた「いま」の項がそれに当たります。
結局、友人達の負の経歴(暴力)は払拭できないみたいな顛末になっており、その点が残念でした。
当時のファッションがきめ細かく再現されており、当時シティボーイだった私は懐かしく読み返しました。
昔、武闘派の方にお奨めの一冊です。


THE PROFESSIONAL OF JAPAN



luisa-20th-01

IMG_5765

IMG_5768IMG_5769
今日は長男とオペラ「ルイーザ・ミラー」を観に行きました。
2時間40分の長い舞台ですが楽しめました。
体が震えるような演者の声量にはいつもながら驚かされます。
感動しました。

終演の後、次男と義娘がまっている池袋に移動しました。
今日のお店は「APIZZA(エーピッツァ)」 池袋東通り本店 さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-18-30
電話番号:03-5953-2900
定休日:無休

IMG_5771
お店の外観です。

IMG_5772
店内の雰囲気です。

pizza
メニューです。

このお店はちょこちょこお邪魔していました。
店名は、先代の社長がNYマンハッタンのスライスピッツァこよなく愛していて、滞在中数々口に運んだそのピザの形がAに似ていることから 「Aピッツァ」と呼ぶようになり、それが店名になったようです。
このお店の特徴は人数分に切り分けてくれるので、沢山のピザを食べ比べする事ができます。

IMG_5773
まずはピクルス@302円をいただきました。
色鮮やかです。
食感最高です。

そしてピザの面々です。

IMG_5774
マリナーラ@292円です。
にんにくの香りがたまりません。
ウマウマです。

IMG_5775
ビスマルク@540円です。
厚切りベーコンと半熟玉子の組合は秀逸です。
ウマウマウマです。

IMG_5776
アンチョビオリーブのバジーレ@540円です。
アンチョビとバジルソースって合うのですね。
ウマウマです。

IMG_5777
クワトロフォルマッジ@626円です。
ブルー、ゴーダ、モッツレラ、バルミジャーの構成です。
クワトロフォルマッジとはイタリア語で4種類のチーズです。
これ今日一です。
美味しさで味覚中枢が壊されました。
ウマウマウマウマです。

IMG_5779
皮つきオーブンポテト@410円です。
シンプルですが飽きがこない美味しさです。

IMG_5780
パンチェッタトマトバジーレ@896円です。
フルーツトマトの甘さに感動しました。

IMG_5781
トロトロ豚肉赤ワイン煮@842円です。
豚肉がトロトロでホロホロです。
味わいが深いですね。

実はまだまだあるのですがパチリするのに疲れたので以上で終わります。
しか〜しこんな「コスパ良し」のカジュアルなピッツェリアってあるのですね。
ご機嫌なディナーでした。

それでは(^_-)

恵比寿 バーチョ ディ ジュリエッタ

今日は「スカッとしました」です。
img_16c27ee9669255b598579e06d7d783ec166354
数々のわいせつ疑惑や世論調査での支持率低下で苦しい選挙戦を強いられているトランプ氏は、ここ最近の動向を見る限り、さらなる焦土作戦に踏み切るとみられている。
トランプ氏が米大統領選で不正行為が横行しているとする危険な陰謀論を声高に訴えていることを受け、オバマ大統領は、訪米中のマッテオ・レンツィ伊首相を前に外交儀礼さえも取り払い、痛烈なトランプ氏批判を展開した。
オバマ大統領は合同記者会見の場で、「私の人生で、あるいは現代政治史の中で、投票が始まってもいない時点で、選挙やその過程に疑惑の目を向けた大統領候補など、一度も見たことがない。前代未聞だ」と述べた。
「無責任な話だ・・・大統領に期待するようなリーダーシップと強靭(きょうじん)さが全く見えてこない。
試合が終わってもいないのに、もう泣き言を言い始めるなんて」
「物事が自分の思うように行かなかったり、負けたりした際に他人を非難し始める人物には、この仕事に求められる素質はない」
「トランプ氏には、泣き言を言うのをやめて、票を獲得できるよう自分の主張に専心すべきだと忠告したい」
国際ニュース:AFPBB Newsxより転載

久々にスカッとしました。
ここのところのトランプさんとヒラリーさんのダーティファイトは他国の話とはいえ食傷気味でありました中、このオバマ発言で溜飲が下がりました。
特に「私の人生で、あるいは現代政治史の中で、投票が始まってもいない時点で、選挙やその過程に疑惑の目を向けた大統領候補など、一度も見たことがない。前代未聞だ」というくだりは拍手乱打であります。
私はやりもしないで泣き言をいう人は大嫌いです。
例えばイチローさんのように特別な素質があって、日ごろから人の何十倍も練習を重ねていても絶頂期では打率は4割に達していないのです。
つまり世の中ではうまくいくよりも、うまくいかない確率の方がはるかに高いのです。
従いまして、うまくいかなくても、それを含めたものが自分であり、うまくいかないことを踏み台にしてこそ成功を勝ち得るのです。

私の伯父が機関銃で足を射ぬかれた戦地フィリピンではドゥテルさんが、米軍はミンダナオ島からでていけ、といって10日もしないうちに、米軍にミンダナオ島からで出ていけとはいったが、フィリピンから出ていけ、とは言っていないと言い直すなど一国の大統領としては不適切な発言していました。
もともとドゥテルさんの発言はブレが大きく、そんなにナーバスになることはないのでしょうが。
いずれにしましても、大衆迎合主義の拡散は看過できません。
このような背景には人々が、怒りの代弁者を求めているのではありますが、敢えて怒りの種を人々に植えつける人を支持していけません。
アメリカの人たちはヒトラーの亡霊を甦らせたいのでしょうか。
否です。それはすでに歴史が証明済みです。


家族の話



IMG_5698

IMG_5718
今日は奥様と恵比寿に出没です。
今日のお店は恵比寿ガーデンプレイス内のトラットリア「Bacio di Giulietta(バーチョ ディ ジュリエッタ)さんです。

住所:東京都渋谷区恵比寿4-20-2 恵比寿ガーデンテラス武番館 1F
電話:03-3473-9187
定休日:不定休

IMG_5699
お店の外観です。

IMG_5703

IMG_5705
テラス席の雰囲気です。

今日のオーダー
ランプレドット@1,400円
マルゲリータビアンカ@1,900円
コペルト@500×2=1,000円
国産和牛のナポリ風ジャノべーゼ“タリアッテレ”@1,700円
ジンジャーエール@500円
です。
本当は隣接しているウェスティンホテル東京のフレンチを食べたかったのですが、メニューを見たら値段(@12,000〜@20,000/人)もさることながら、量が多いので見送ったのです。
店名のBacio di Giuliettaとは「ジュリエットのキス」という意味のようです。
ジュリエットのようにお客様に熱愛され続けるお店でありたい。
最愛の人とのキスのような・・・
甘く幸福な時をお過ごし頂きたい。
そんな願いを込めて名付けられたそうです。

IMG_5706
待つこと8分でコペルトのアミューズとエキストラ・バージンオリーブオイルが到着しました。
パンが忘れられています。

IMG_5708
待つこと16分でジンジャーエールが到着しました。

IMG_5709

IMG_5710
待つこと18分で(小腸、ギアラの煮込み)が到着しました。
コペルト(正しくはテーブルチャージですがパンとかプリッツでてくる)のパンを待っていたのですが、こないのでランプレドットを食べ始めました
これは美味しです。
よく煮こまれています。
特にギアラ美味しです。
トロトロではないですか。

IMG_5711
このソースはパンに漬けて食べたいのでホールスタッフにコペルトのパンを要求しましたら、忘れていました、ですって(笑)
なんだこのお店って感じです。
ちょっとこめかみに青筋が立ち始めていたので、到着と同時にパンにランプレドットのソースをつけて食べてしまったので画像は残骸のみです。
しか〜しこのソース本当に美味しいです。
個人的には煮込みは日本よりイタリアの方が美味しいと思っています。

IMG_5712
待つこと29分でお水の到着です。
このお店ではお水には一生会えないかと思っていました。

IMG_5714

IMG_5713
待つこと39分で「国産和牛のナポリ風ジャノべーゼ“タリアッテレ”」の到着です。
見た目美味しそうです。
これは国産和牛の美味しさが前面にでた一品です。
チェリートマトの甘さが味をふくよかにしています。
タリアッテレ(イタリア北部で用いられるパスタの一種)も弾力がありこのジャノべーゼソースに良くからみます。
これは美味しいです。

222551687_4e77305a06
道路の方からグワングワンと五月蠅い音がするのです。
季節外れの暴走族かと思い、トイレで中座したときにその音源を見に行きましたら、なななんとフェラーリでした。
こんなハイソな街に暴走族が沸くわけがないと思ってはいましたがまさかフェラーリとは・・・
さら〜に、この日は車できていてウェスティンホテル東京の駐車場に停めていたのですが、駐車場の地下階数が分らくなったこともりあり、ホテルの駐車場を奥様とさまよったのです。
そこで奥様と私は10台を超えるフェラーリ、ランボルギーニというスーパーカーに巡り合ったのでした。
なんだこのホテルは・・・

IMG_5715
待つこと50分でマルゲリータビアンカの到着です。
コルニチョーネがきれいに立っていますね。
焼き加減もよく且つ焼き立て熱々です。
これも美味しい。
特にモッツレラチーズは輸入品なのでしょうか、ミルクの甘さが立ち込めてくるような馥郁たる香りでした。
これは逸品です。

65分の食事会でした。
料理は皆美味しかったですが、配膳が遅滞しており、ホールスタッフの動線もかなりかぶっていたりして、サービスも味の内と思っている私なので、このお店の再訪はありえません。
一年分のスーパーカーが見られて目の保養になったのが幸いでした。

それでは(^_-)

高岡 ジャッカッセ 4th

今日は「希望」です。
1472453958_2_1_0d964abf4637ee48344f485ac83037a7
過日、映画「君の名は。」を見てから「希望」について考えてみました。
巷間では、この世を動かす力は希望である。
やがて成長して果実が得られるという希望がなければ、農夫は畑に種をまかない。
という名言がありますが、まさしくその通りでしょう。
生きている間は希望を持ちましょう。
私の希望は死ぬまで走り続けたいという事です。
なにもランニング中に心筋梗塞で死ぬことを望んでいるわけではなくて、生ある限り一歩でも二歩でも前に進んでいきたいと思っているのです。
しか〜しランニング中にぽっくり行くのもいいかなとは本音でもあります。
走り始めて20年は経っています。
加齢でスピードこそ伸びませんが、走る体力は維持しています。
これがいつまで続くのかなと思って、何気なく次男に聞きましたら、心配しなくていいよ。
そのうち疲労骨折かなんかで寝たきりになれば、二度と走れなくなるよ。
競走馬だってひとたび骨折するとやがて衰弱して死亡するっていう話だから同じ道をたどるんじゃないの、とからかわれてしまいました。
そうかもしれません。

IMG_5401

IMG_5404

IMG_5405

IMG_5413
先日、仕事上のベネフィットで某高級レストラン(メンバー限定)にて家族一同で会食しました。
そのとき我が奥様曰く、このようなゴージャスなお店で食事ができるのも、▲▲さんがまだ現役だからだわ。
なが〜く働いてね、と言われたのにショックを受けました。
そうかこのような高級レストランに普通に行き来できるのも現役だからなのです。
将来、会社を辞めたらこのような場所にはいけないのです。
色々な地方にも気軽に行っていますが、これも仕事をしている為の副産物なのです。
「定年で 働き蜂から おじゃま虫」というサラリーマン川柳がありますがまさにそのとおりなのでしょう。
会社という閉塞空間の中ではワークホリック(仕事中毒)は存在感がありあますが、茫洋とした大海ではただの波の飛沫(しぶき)なのでしょう。
どこかで会社肩書という裃を着ている自分を身の丈と勘違いしていたみたいです。
リーマン人生においては「沈みゆく夕日」状態の私ですが、私の希望はどのように持てばいいのかと思うところであります。

私の脳髄に胚胎(物事の起こる原因やきざしが生じること)している事が一つあります。
それはある国家資格をとることです。
その為に現在不定期に図書館で学生達と一緒に勉強しています。
仕事に比べれば勉強は楽ですし努力は必ず報われるので励みになります。
人生で最上なものは過去にあるのではなく将来にあります。
これから続くビジネスマン生活の最後の日まで、希望を持ち続けて進んでいきたいと思っています。
そのためには性格は、現在のようにいつもチャカチャカしているのではなく、飄逸奔放(のんきに自分の思うままに振る舞うこと)、小怒多笑(多少苛々してもニコニコしている事で忘れてしまうこと)に変えていこうと考えています。


今日のフリネタ「希望」です。



IMG_5298

IMG_5299
今日は驟雨の高岡に出没です。
今日のお店は「ジャカッセ(Jacasse)」高岡店さんです。

住所: 富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
電話:富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
定休日:年中無休

IMG_5300
お店の外観です。

IMG_5301
店内の雰囲気です。

IMG_5303
メニューです。

今日のオーダー「辛い茄子のミートソース&デザートセット」1,263円です。

IMG_5304
待つこと2分でサラダの到着です。
今日のサラダはゆで卵が入っています。
運動会のお弁当みたいでいいですね。

IMG_5305
時間差で「辛い茄子のミートソース」の到着です。
ミートソースが手作り感満載です。
辛さはそれほどではありあませんが最初から最後まで飽きることなくいただきました。
美味しいです。

IMG_5307

IMG_5306
食後のデザートと珈琲です。
今日のキウイのケーキはなかなかです。
かなりのレベルです。
ここで珈琲を飲みながら仕事をしていると思考の翼が大きく開くので面倒くさい案件もサクサクと片付きます。
まさにSOHOであります。

IMG_5308

IMG_5311

IMG_5309

IMG_5312
夕方は富山で打合せです。
打合せが終わった後、地元の人のお薦めの「富山あんぱん」を求めて車中の人になりました。
地元の人のお薦めは裏切らないなとあらためて思った次第です。
美味しかったです。

それでは(^_-)

木場 モダンタイムズ

今日は「美坊主コンテスト2016」です。
IMG_5025
最近、ヒューネラルビジネスに興味があり、エンディング産業展にまいりました。
そこで時間があったので以下のキャッチに誘われて美坊主コンテストを傍観していました。
美坊主コンテストとは、僧侶としての見た目は勿論、立ち振る舞い、姿勢などを総合的に評価し、僧侶の日本一を決めるイベントです。
これらは、厳かな時間が流れる中で培われる「こころ」の美がないと備わらないものなのかもしれません。
普段接することの少ないお坊さんの世界。
髪型だけでごまかすことの出来ない風貌。
日本一の僧侶を決めるのは、イベント観覧者のあなたです!


#参加者プロフィール
ph_haseo01
#浄土宗 大法寺(愛知県)長谷雄 蓮華
<自己PR>
「供養の駆け込み寺」を目指し活動をしております。
道に迷ったとき、困ったときに最後に訪れて頂けるよう、「不条理な事以外はNOと言わない!」がモットーです。
ラジオのパーソナリティを長年しており、リスナーからの悩み、相談に日夜お答えさせて頂いております。
落語家(白龍亭蓮華)としても活動しております。
学校、病院、各宗団体、施設、などで、笑って健康、笑って長生きを目指し、活動しております。

#曹洞宗 茂林院(東京都)佐々木 厚史
ph_sasaki01
<自己PR>
はじめまして。今回知人の推薦で初めて参加させていただきました。見た目の美しさではなく所作など立ち振る舞いや姿勢などを評価していただくということでまだまだ未熟な自分が、どのように評価されるのか、他人からどう見られているのかを知るいい機会だと思い参加させていただきました。
よろしくお願いします。

#真言宗 非公開(東京都)堀越 瑤盛
ph_horikoshi01
<自己PR>
堀越瑤盛(ほりこし ようせい)と申します。私が幸せを感じるときは、仏様の絵(仏画)を描かせていただいているときです。近々、奈良県の門跡寺院に入室予定です。
三島由紀夫さんの遺作となった「春の雪」のモデルとなったお寺です。
拝観の一般公開はしておりませんが、映画「春の雪」のDVDで山門や御本尊様は拝むことは可能です。
メッセージを読んでいただきましてありがとうございます。
会場で私をみかけましたら、気軽にお声かけいただけたら幸いです。

#日蓮宗 法榮山 真住院(千葉県)横山 諦元
ph_yokoyama01
<自己PR>
僧侶は亡くなってから初めて故人にお会いすることが少なくありません。臨終に立ち会える、若しくは間際の世話が出来ればと考え、看護師としても働いております。
そういった経緯もあり故人または家族に苦しみの共感と寄り添えの出来る僧侶でありたいと思っております。
体育大学の出身であり現在も空手道マスターズにおきまして関東大会に県の代表として出場しております。
仏道だけでなく医療、スポーツといった多方面からの視野も備えております。

優勝したのはこの方でした。
IMG_5015

IMG_5016

IMG_5014 (2)

IMG_5023
ご講話を聴いていましたが、ドレファソラシド♪みたいです。
要はミ(身)がないのです。
会場の説明では、美坊主の定義は見た目の美しさだけではない、と言われていましたが、こんな短時間で一体全体何がわかるでしょうか。
他宗教の方々はこのような軽佻浮薄(けいちょうふはく)なふるまいをしているでしょうか。
私の通勤駅ではキリスト教の信者が二日毎に駅前に立ち布教活動をしています。
無宗教の私ですが、その熱心さは私の心を揺さぶります。
1612年に幕府が行ったキリスト教を禁止した寺請証文に端を発した檀家制度に依存してきた仏教徒は、魂の救済に力を入れることなく、葬式仏教に依存してきたその400年のツケが払えなくなっただけです。
ビジネスでいえばデフォルト状態のようなものです。
たまさかこのコンテストを見たのが「エンディング産業展」でした。
エンディングするのはもしかしたら私たちだけではなく仏教界も同じかもしれませんよ・・・


先入観はいけません・・・



今日は炎天下の木場に出没です。
IMG_5248
ここらへんは裏通りに名店があるのです。
今日は那辺を念頭においてお店をさがしました。
今日のお店は「モダンタイムズ」さんです。
はたして私の直感は冴えているでしょうか。

住所: 東京都江東区木場2-18-7 1F
電話:03-3630-1180
定休日:土曜、日曜・祝日

IMG_5237

IMG_5238
お店の外観です。

IMG_5241
店内の雰囲気です。

IMG_5236
メニューです。

今日のオーダー「チョリソーのアラビータ(サラダ・珈琲付)」@900円です。
店内はほとんどが常連さんです。
いかにも下町の喫茶店です。
厨房には鬼軍曹のような女性チーフが陣頭指揮をして厨房を繰り回しています。
このピリッとした感じいいですね。

待つこと19分で「チョリソーのアラビータ」の到着です。
IMG_5242
見た目a little bit too manyですね。
これは時計の針を高校生の時まで巻き戻さないと完食できませんね。
気を取り直して実食です。

IMG_5243
味はシンプルで良いのですが食べても食べても減らない不条理の世界に没入してしましいました。
ソーセージは美味しいのですが、いかんせん量が多すぎです。
しいて苦言を申せば、鷹の爪が最後の方に大量にでてきたので、最後の方でアラビータ(イタリア語で怒りん坊)となりました。
随所で怒って欲しかったですね。
デザートのプリンはなかなかのお味です。
美味しいです。
周りを見ていますと、常連さんはフライものかハンバーグでした。
このお店ではこちらが王道なのでしょう。

IMG_5246
珈琲はなかなかのものでした。
喫茶店ですからね(笑)

それでは(^_-)

本郷 ニッキカフェ 5th

今日は「家電の思い出」です。
yjimageEC5KWJWZ
私の大好きな高畑充希さん主演の「トト姉ちゃん」が佳境に入ってきました。
現在は後半の目玉の「商品試験」の序章です。
そこでは、昭和ノスタルジーである電化製品の「三種の神器」というワーディングが出てまいります。
この言葉は、1950年代後半、戦後日本において、新時代の生活必需品として宣伝されたのが白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の3種類の耐久消費財の事をいいます。
これは歴代天皇に伝わる三種の神器になぞらえられて家電の「三種の神器」と呼ばれたのでした。
新しい生活・消費習慣を表すマスコミ主導のキャッチコピーであり、豊かさや憧れの象徴でもありました。
日本の高度成長とともに三種の神器はあっという間に全国の家庭に普及していったのです。
この頃から日本人の暮らしも徐々に豊かになって参りました。
現在におきまして、家電の三種の神器は時短家電の「三種の神器」に変わっていっています。
時短家電の「三種の神器」とは、ロボット掃除機、食器洗い機(食洗機)、乾燥機付き洗濯機の三つをいいます。
日本経済が右肩上がりになっていく中、人々が汗水たらして働き、すくない貯えの中から求めた昭和の三種の神器とは違います。
皆が買いたい、持ちたいというような憧れの商品ではないのです。
誰にとっても「なくてはならない家電」ではありません。
お金で時間を買いたいと思っている層、特に家事にかける時間をできるだけ減らしたいと思っている層には強い要望がある商品です。ちなみに我が家には何もありません。

大昔、私が新しい家電で衝撃を受けた商品があります。
それは電子レンジです。
確か父が酔った帰りに電気屋さんの前を通ったら、電気屋さんの奥さんは、父が酒に意地汚いのを知っていて、旦那さん。冷えたビールがありますよ。一緒に飲みませんか、と言ったのです。
このような誘いを絶対に断ることをした事がない父でした。
案の定、ビールのつまみは松下電器の新商品の紹介でした。
世の中タダより高いものはありません。
翌週の日曜日に、くだんの奥さんが従業員と一緒にわが家に真新しい電子レンジを持って参りました。
病弱の母はそれを見て小躍りして喜びました。
DSC05945
電子レンジを開梱して、早速くだんの奥様がデモンストレーションで洋菓子を作ってくれたのです。
それは焼きリンゴでした。
実は母は洋食が苦手で、ましてスウィーツなぞは作った事がありません。
そのような洋菓子飢餓状態の我が家で初めての洋菓子が約5分でできたのです。
これには驚きました。
さら〜に驚いたのはその焼きリンゴの美味しさです。
中までしっかり柔らかくできあがったジューシーな焼きリンゴに電子レンジと一緒に持ってきたキャラメルソースをかけ回しますとこの世の物とも思えない味わいだったのです。
この時の感動は今でも心に残っています。
従いまして、今でもアップルパイを食べますと、家族全員が満面の笑みで食べた焼きリンゴの味わいが昨日のことのように思い出されます。
これが私の家電商品での最初のリスペクトでありました・・・


さすがプロの技!



今日は久々に私の母校がある本郷三丁目に出没です。母校は嘘です(笑)
今日のお店は東大生御用達の「ニッキカフェ (NIKKI Cafe)」さんです。

住所: 東京都文京区本郷4-1-5
電話:03-6801-6105
定休日:無休

IMG_4971
お店の外観です。

IMG_0129
店内の雰囲気です。

IMG_4973
メニューです。

今日のオーダー「たっぷりキャベツと生ハム、角切りべーコン、大葉添え、ペペロンチーノスパゲティ&珈琲&アップルパイ」@1,198円です。

待つこと9分で「ペペロンチーノスパゲティ」の到着です。
IMG_4975
彩りがきれいです。
IMG_4974
それでは実食です。
シャキシャキとしたキャベツは、口当たりがよく噛みしだきますとほのかに甘さを感じます。
これに鷹の爪の辛さがからみますので得も言われぬ味わいになります。
生ハムも美味しいです。
私の好きな味わいです。

食後のデザートは「アップルパイ」です。
IMG_0137

IMG_0136
実はこれを食べたので今日のフリネタができたのです。
ここでぼんやりと虚空をみながら珈琲を飲んでいますと自然と疲れが取れてきます。
私の大切な隠れ家であります。

それでは(^_-)

吉祥寺 トニーズピザ リターンズ

今日は「僧侶派遣」です。
20151221114018
年間130万人もの人が亡くなる多死社会において、葬儀や法要で「僧侶派遣サービス」を利用する人が増えている。インターネットを通じて手軽に申し込め、料金も心付けなどを含めた定額制のためわかりやすいのが利点。
仏教団体は「宗教行為を商品化するもの」と批判するが、菩提寺との関係が薄れている都市部に住む人たちを中心にじわじわと浸透。
派遣サービスを手掛ける会社に登録する僧侶も増えている。
「僧侶派遣、都市部でじわり ネット依頼や定額で」NIKKEI STYLEより転載

ざまあみたらし団子です。
永い間、葬式仏教に埋没しいて魂の救済をサボっていたツケが溜まりに溜まっていてとうとうその借金が払えずに倒産したようなものです。
私の檀家寺の次男は、学業不振で普通の大学にいけず、家がお寺なので駒澤大学に行っておけば、何とかなるだろう、と安易な気持ちで入学しロクに勉強もせずに卒業しました。
実家のお寺は長男が継いでおり、定職がなく、兄の手伝いをするとか他のお寺の「頼まれお経」などをして糊をしのいでいましたが、やはり定職のない将来の不安で一時期ノイロー状態になっていました。
ところが神風が吹いたのです。
できの良い長男に、とある功名なお寺から婿に来てほしいとの、申し入れがあり、後継ぎには家でゴロゴロしている次男がいるので長男は快諾したのです。
そこで禄足らない次男は私の檀家寺の継承者となったのです。
これにより愁眉を開いたのでしょう、ノイローゼなんかは北極のはてまでおいやり、破顔一笑の仏教の求道者になったのです。こんな破壊坊主に魂の救済なぞは頼みません。

今回の定額制について仏教界は敢然と反発しています。
全日本仏教界は、お布施は見返りを求めない修行の一つですので、定額化は宗教のビジネス化だとこの僧侶派遣ビジネスの大手アマゾンジャパンに対して販売中止を求めています。
それに対して僧侶派遣ビジネス業界からは、仏教界は「お気持ち」という曖昧な言葉で高額なお布施をとってきていて、さらにお守りやお札は金額を明示しているのに、お布施だけが例外なのは説明がつかない、と反論しています。
個人的には法事等で20分程度の読経で50万円のお布施が横行している現状を、芸能界のコンサートに置き換えますと、2時間300万円のコンサートを聞いているようなものです。
こえれはかなりの高額といえます。
ましてお経の読みまちがえしても、誰も指摘できないのですよ(笑)

個人的に僧侶は昔の寿司職人の二の舞になると予想します。
お店が傾いた寿司屋の店主が収入確保の為に回転寿司屋の職人になったように、経営が厳しい僧侶は僧侶派遣業に転職するでしょう。


トレンディエンジェル、薄毛ネタ葛藤明かす



IMG_4772

IMG_4786
今日は所用があって吉祥寺に出没です。
610lO4x971L__SL1500_
と申してもペットボトルつぶし「吸いまっせ! 圧縮 YR-001SU」@920円を買いにいったのですが、ユザワヤ、近鉄百貨店、ロフト、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機テックランド、キラリナ京王吉祥寺、丸井、吉祥寺アトレ、ドン・キホーテどこにも売っていませんでした。
面白かったのは各お店の対応です。
一番酷いというか論外な対応はドン・キホーテさんでした。
その真逆で一番良かったのはキラリナ京王吉祥寺さんです。
キラリナ京王吉祥寺さんに驚いたのは、自らの店舗になかったので近隣のヨドバシカメラ等他店にも在庫の有無を確認してくれた事です。
加えて申せばインフォメーションの女性は美女でしたので何をかいわんやです。
結局薬局放送局で帰宅してからアマゾンさんで求めました。
ちなみに次の日にアマゾンさんからこの「吸いまっせ」が来ましたので、早速使用しました。
これ最高ですね。
二回のストロークでペットボトルがクシャッとなります。
ペットボトルの空きボトルがキチンに櫛比しているのは好ましく思っていません。
これで本当にスッキリしました。
お試しあ〜れです。

今日のお店は吉祥寺の繁盛ピザレストラン「トニーズピザ(TONY’S PIZZA)」さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-9
TEL:0422-49-1021
定休日:月曜日

IMG_4773
お店の外観です。

IMG_4775

IMG_4779

IMG_4778

IMG_4780
店内の雰囲気です。

IMG_1334
メニューです。

今日のオーダー「コーン(コーンとベーコン)&コーラ」@850+@450=1,250円(内税)です。
このお店の名前はご主人がケネディ大統領に憧れマスコミ関係の仕事でニューヨークに渡米した時に、ニューヨークのタイムズスクエアのTONY’Sで食べたピザが忘れられなかったそうです。
それから幾星霜、帰国してピザ屋さんを始めた時にその感激したお店の名前を付けたそうです。
この日はクーラーが壊れていて、店内中央に扇風機×2台を置いての営業です。
しか〜しその涼風は私のところまで到達しません。
真夏の炎天下にクーラーのないお店での食事は記憶がないほど大昔の出来事であります。
汗だくになりながらピザを待ちした。

IMG_4781

IMG_4782
待つこと18分でコーラの到着です。

IMG_4783
待つこと19分で「コーン(コーンとベーコン)」の到着です。
見た目チーズがこんもりです、
このピザはオールドファッションというか重厚です。
その一端がチーズです。始めにオランダのエダムチーズ、続いてドイツのモッツレラチーズ、最後にはデンマークのマリポチーズとういう三重構造となっており、このチーズを生地から溢れんばかりに敷き詰めます。
よってお洒落なイタリアンピザと違ってワイルドで深い味が堪能できるのです。
チーズが超美味しです。
上品なコーンも超美味しです。
ただでさえ暑い店内なので熱々のピザが発汗を倍加します。
冷たいコーラがスカッとさわやかに胃に落ちます。
たまにはこのような食事もいいですね。

それでは(^_-)

住吉 ラ・ボーディチッタ

今日は「原爆投下」です。
6145_l
「日本の女性や子供たちへの慈悲の思いは私にもある。人々を皆殺しにしてしまったことを後悔している」
(トルーマンの手紙8月9日)
このナレーションで始まる「決断なき原爆投下-米大統領71年目の真実-」NHKスペシャルを観ていました。
7月に広島原爆記念館に行ってから、なんで日本に原爆が投下されたのか、を考え始めました。
9781878668417
原爆投下の理由は諸説あります。
今までの主流の考えは、仮に米軍が本土上陸した場合は、100万人規模の日本国民が亡くなるのだけれど、2発の原爆投下では20万人の犠牲者ですんだ、というものでした。
その一方で、原爆投下で大勢の日本人が亡くなったが、何千人もの米兵が救われた、と語る退役軍人がいるように、まさに戦争の光と影なのであります。
この様な説もあります。
1945年7月25日、日本本土への原爆投下命令がだされ、その翌日26日に日本への降伏勧告のポツダム宣言が公表されたのです。
降服目前の死に体の日本に原爆投下したのは、マンハッタン計画の指揮官のグローブス准将が専断で作成した指示書だったのです。と申しますのは、この原爆投下命令書には大統領の署名はありませんでした。
即ち、原爆投下は、都市無差別爆撃の是非の検討も加えることなく遂行されたのです。
原爆投下の非人道性が明らかになった為に、この投下の是非が議論されたのは、はるか戦後になってからであります。

個人的には、原爆開発にはオッペンハイマー(ドイツ・ユダヤ系)、シラード,フェルミなど亡命科学者は言うは及ばず、軍人公務員など6万人が参加し予算総額20億ドル(2004年換算200億ドル≒2兆円)をも投入したものですから、それの説明責任だと思います。
当時の米国は軍事費が枯渇してきて、戦争プロバガンダ映画で国威高揚を喚起して、国債を売って戦費に充てていました。そんな中で2兆円の国家予算を投じたのに、それの効果測定をしなければグローブス准将は、国内右翼の憤怒の銃弾によって倒れていたでしょう。
1945年7月16日にニューメキシコ州で世界初の原爆実験が成功しました。
この原爆実験の成功で日本への投下が現実のものとなったのです。
日本ではすでに多くの都市が空襲で焼け野原となり上述の通り降伏は間近とみられていました。
グローブス准将は戦争が終わる前に原爆を使わなければならないと焦っていたのでしょう。
だから専断で落としたのです。

8月10日にトルーマンは全閣僚を集め、これ以上の原爆投下を中止する決断を伝えました。
トルーマンは、この場で「新たに10万人、特に子どもたちを殺すのは考えただけでも恐ろしい」と発言しました。
すでに3発目の準備をしていたグローブスですが、この大統領の決断には従うしかありませんでした。
これを受けて「3発目の準備を中止させた。大統領の新たな命令がない限り投下はできなくなった」とグローブス准将は、自らの忸怩たる気持ちを述べていました。

いずれにしても3発目の投下がなかったことは良かったのですが、戦争は誰しもの道義的脊髄(モラル・バックボーン)を欠損させることは自明の理です。
だから不毛なのです。
従いまして、あまり戦争ネタは書きたくありません。
書いた後に、胸の中に瓦礫が詰まったような不快な気持ちになり、しばらくその固まりが体内に固着するからです。


トト姉ちゃん「ワタシは酔わない」フルバージョン


今日は住吉に出没です。
IMG_4800
今日のお店は下町イタリアの名店「La Bodhi Citta (ラ・ボーディチッタ)」さんです。

住所: 東京都江東区住吉2-22-8
電話:03-5600-8456
定休日:月曜日

IMG_4789
お店の外観です。

IMG_4799

IMG_4792
店内の雰囲気です。

IMG_4790
メニューです。

今日のオーダー「パスタケーキセット」@980円です。

IMG_4791
席に座るやいなやテーブルセットが用意されました。

待つこと2分で「サラダ」の到着です。
IMG_4793
これはトマト甘しです。
醤油系の和風ドレッシングはこのトマトの甘さを際立させています。

待つこと7分で「パン」の到着です。
IMG_4794
かるくトーストしてあります。
このようなバターでトーストをいただきますと小学校の給食を思い出します。
懐かしい味です。

待つこと9分でパスタ(ベーコンと野菜のトマトソース)の到着です。
IMG_4795
まろやかなトマトソース味です。
うまく纏めています。
美味しいです。

デザートの「チョコレートケーキ」です。
IMG_4796
こういうのってB級ケーキとでもいうのでしょう。
甘さ控えめで私の好きな味です。

これで@920円ですか「コスパ良し」ですね。
さすがに下町イタリアンの名店の名に恥じませんね。
今度はディナーを食べにきましょう・・・

それでは(^_-)

高岡 ジャッカッセ リターンズ

今日は「食べ歩き」です。
o064006181421762754466
私がこのような拙文をネットにポスティングするようになったのは父の影響によるものです。
幼少の頃、腎臓が悪かった母は病弱で家事ができない日が多く、その為に外食する機会が
とても多かったのです。
多分日曜日に家で食事したことはないと記憶しています。
外食のお店は、地元浅草が多かったですね。
一番よく行っていたのは、セキネ(昔は和洋中華屋、今は焼売の店頭販売)さんで、追って鮒忠(焼鳥)さんですか、後は順不同で、ちんや(すき焼屋)さん、尾張屋(蕎麦屋)さん、大黒屋(天麩羅)さん、中清(天麩羅)さんですか。
番外編で神谷バー(電気ブラン)さんであります。
神谷バーさんは、皆さん飲むお店のイメージが強いのでしょうが、ここの海老フライは絶品なのです。
私はここのエビフライが大好きでした。
ちなみに母は尾張屋さんの大海老天丼が大好きでした。
多分に私の食べ物の好みは父の好みを引き継いでいます。

父は、洋食のマナーを知らなければ大人になってから恥をかく、という考えの持ち主でした。
その為に、家族を上野の精養軒さんに連れて行き、ナイフとフォークの使い方の練習と称してよくビフテキをふるまってくれました。
このお店の洋食は今でも高いのですが、当時はもっと高かったのですが、父は平気で利用していました。
行き返りは全部タクシーでしたから当時は裕福だったのでしょうね。

父は、接客の悪いお店は大嫌いで、食事中でも不愉快な思いをさせられますと、見合いのお金をテーブルの上に置いて、たとえ私たちが食べかけていても食べるのをやめさて店を飛び出ていました。
それと味はうるさかったですね。
一番嫌いなのは物価が上がったので、材料の質を落とすお店については唾棄するがごとく毛嫌いしていました。
それとは別に新しいお店を発見するのを無常の楽しみにしていました。
このように書いていますと、なんだか自分の事を書いているみたいな気持ちになってきました。
冒頭に父の影響と書きましたが実態は遺伝ですね。

この拙文を書いていましたらある事に気がつきました。
あの当時は、お客も食べる事のプロだったのです。
当然のことながらネット情報などない時代でしたので、数あるお店の中から美味しいお店を見つける事ができたのは、客の舌がしっかりしていたからでしょう。
またその感度の良いベロメーターが美味しいお店を育てたのだと思います。

そんな私の食べ歩きデビューは高校生になってからです。
友人と始めて食べた六本木のジローのベーコンサラミアンチョビピザの味は今でも容易に思いだせます。
ivy-11
ファッションの絶巓であるポンギの店員にナメラレテはいけないという事で、まるで初デートに行くかのように精一杯のお洒落をしていきました。
そして、本場イタリアでは、ピザは手で食べているとの情報から、店員さんが、フォークとナイフを持ってきますと、安く見るなよ。ピザは手でたべるもんだぜ、と年長の店員さんにうそぶいていました。
まだ15歳になったばかりなのに・・・
それから約40年経ちました。
まさに「雀百まで踊り忘れず」であります。


須藤元気さん率いるパフォーマンスユニットが始球式に登場



今日は炎天下の高岡に出没です。
IMG_4717

IMG_4719

IMG_4720
高岡でゆっくりと仕事のできるお店はこちらです。
今日のお店は「ジャカッセ(Jacasse)」高岡店さんです。

住所: 富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
電話:富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
定休日:年中無休

IMG_4721
お店の外観です。

IMG_4723
店内の雰囲気です。

IMG_4725
メニューです。

今日のオーダー「&デザートセット」@1,285円です。

待つこと9分で「サラダの到着です。
IMG_4726
野菜がシャキッとして涼感があります。
美味しいです。

待つこと14分で「豚肉と法れん草のニンニクパスタ」の到着です。
IMG_4727
見た目こんもりしています。
それでは実食です。
うんソースが美味しいです。
ふくよかなニンニクの香りが食欲を持ち上げます。
パスタはアルデンテで弾力があります。
後半パルメザンチーズをかけ回しましたら味がさらに膨らみました。
とても美味しいですね。
私の好みの味です。

今日のデザートはチーズケーキとジェラートです。
IMG_4729
これは平板の味です。
IMG_4730
しか〜しこのお店の珈琲はリフィルフリー(飲み放題)です。
アロマ効果の高いコーヒーの香りは集中力を高める事ができますので、午後からの打合せに備えて再度資料を見直します。今日もwin-winの商談にしましょう。

それでは(^_-)

銀座 銀座イタリー亭

今日は「大学時代の友人に会う」です。
私は走るのは苦にならないのですが歩くのは苦手です。
従いまして駅のホームでは極力エスカレーターに乗りますし、場合によってはエレベターにも乗ります。
とある駅で運よくエレベターが開いたので、勿怪の幸いとばかりに乗り込むと先に乗り込んだ年輩の方と目が合いました。パリッとしたスーツを着ている割には疲れた顔をしているなぁと思っいながら開閉ドア側に体の向きを変えると、まさかという大きなクエスチョンマークが頭に浮かび上がってきたのでした。
そのモヤモヤを確認すべくもう一度振り返りますと、そこには大学のテニサーの友人がスーッと立っていたのでした。
振り返った私の顔を見るなり、早く思い出せよ、と言って笑っていました。
お互い帰宅の途中でしたので、車中で近況を話しましたが、そんなにも間が空いてなく、2年ぶりの再会だったみたいです。
話している内に、向こうはすぐに私の事に気がついたようですが、私が同じように気がつかなかったのには理由があったのです。
それはこの2年間で、私の友人は急激に老け込んでいたのでした。
雑談の中でわかったのは、彼は脊椎の神経を病んでしまい、それにより歩行障害が起きているようです。
そういわれて見れば、歩くとき軽いビッコを引いていました。
体調がかんばしくないみたいです。
どうやらこの神経の病気が彼を急激に老け込ませたようです。
それまではテニサーの同期の中では、私と一二を争う若者風の相貌だったのですが、病気は人の外観も変えてしまうのですね。

80b567e4 - コピー
ある時、過去のアルバムを整理していましたら、大学時代一番に仲の良かった友人の結婚式の写真がでてきました。そういえば暫く会っていないなと思い調べてみましたら、なな何と2006年8月4日に会って以来ですから3,628日≒約10年も会っていませんでした。
これは遺憾ということでメールをしますと、すぐに返事がきて再会の運びになったのです。
再会の場所はとあるホテルのレストランにしました。
10年の歳月は彼をその時間以上に老け込ませていました。
前回会った時にすでにその兆候があったのですが、頭の真ん中の芝生が半分程無くなってきており、それが年以上に老けて見せている様です。
その真逆で私はお酒を停めたせいか若返っていたみたいです。
まぁ悪友ですからとりとめのない話に終始したのですが、彼の酔いが廻ってきた頃から、私の旧悪をあばき始めたのです。最初はふんふんと懐かしがって聞いていたのですが、そのうちに血の気が引いていました。
ほとんど犯罪者の所業なのです。よくもまぁ前科がつかなかったものです。
前科がつかなかったのには理由があります。
くだんの友人の母親が桜田門の捜査一課の刑事だったことから、数回にわたり事件性のものはもみ消してもらっていたからなのです。
そういわれてみれば桜田門のお母さまの処にはよくもみ消しのお願いに上がり、その度に悪気があってやったのではないからいいけれど、若気の至りは一度だけのはずですよ。
よくよく改心して、しっかりと大学を卒業してご両親を安心させてあげてね、と言われました。
そんなお母さまも今や天に昇られてしまい月日の移ろいを感じていました。

rite_01 - コピー
旧悪の中で唯一書けるネタがありました。
やった本人は完璧に忘れていたのですが・・・
学生だった私は父の会社のビルの最上階に一人で住んでいたのです。
なぜかそのビルの三階には教会があって、私は泥酔するとその友人を連れて牧師のところにいき、自分の悪行を悔いにいっていたそうです。
私は最初、嘘だ、と言いきって一顧だにしなかったのですが、話を聞き続けていますと思い出してきたのです。
そうなのです。当時の私は、キリスト教徒はすべての人に、あまねく愛を注ぐ博愛主義者なのだから、迷える魂の救済をするのが使命だ、と言ってグダグダとからんでいたのでした。
悔いに行っていたのではなく絡みに行っていたのです。
友人曰く、若い時はお互いに無茶苦茶していたので大概の事は驚かなかったけれど、泥酔して牧師に絡みに行った奴はお前しかいなかったぞ、と笑っていました。
あまりにも悔しかったので、お前だって、酔ったいきおいで大きな声で賛美歌を歌っていたじゃないか、そして最後は酔いつぶれて教会で寝てしまった事を忘れたのかと、語る人も語られる人もアホな人の話になってきたのです。
しか〜し牧師さんに泥酔して絡むとは、私には必ず神罰がくだりますでしょう。
その日に備えて毎日をキリキリと生きていくのです。
それにしても自らを呆れ果て久々に我が身を放擲したい気持ちになりました・・・


魔球?



今日はザギンに出没です。
IMG_4232
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は「銀座イタリー亭」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-6-8 第2上一ビルディング 1F・B1F
電話:03-3564-2371
定休日:無休

IMG_4234
お店の外観です。

IMG_4237
店内の雰囲気です。

IMG_4235
メニューです。

今日のオーダー「練りウニとイカのスパゲッティクリームソース(270g)」@1,350円です。
創業63年目を迎える銀座の老舗イタリアンです。
店内のしつらえもその雰囲気を醸し出しています。

待つこと1分でサラダの到着です。
IMG_4239
サラダ美味しいですね。
エッジが立っていて野菜が甘いです。

待つこと7分で「練りウニとイカのスパゲッティクリームソース」の到着です。
IMG_4241
このお店は爆盛りのお店です。
普通に頼みますとMサイズで350gとa little too muchであります。
私はそれでは量が多いのでMサイズの8分目の270gにしました。

それでは実食です。
IMG_4242
見た目ベチャコスパです。
ごめんなさい全くウニの味がしません。
一応クリームでウニを伸ばしているみたいですが・・・
体調の問題もありますので軽々には申せませんがチョットねぇであります。
ソースもくどく最後の方は飽きてしまって残してしまいました。
どうやら私の好みの味ではなかったみたいです。
こんな日もあります(笑)

それでは(^_-)

池袋 ピッツァ サルヴァトーレ クオモ

今日は「AIと愛」です。
内閣府と文部科学省は急速に進化する人工知能(AI)と社会がうまく付き合うための研究に乗り出す。
AIは将来、車の運転や接客、書類作成などへの応用が期待されている。
半面、事故時の責任の所在をどうするかや様々なトラブルが起きるといった懸念もある。AI活用に伴い必要となるルールなどに関する研究を深めることで、AIのスムーズな浸透を促す。
内閣府などはまず、今春立ち上げたAI発展に伴い起こる課題などを議論する専門家会合で自動運転や製造業、金融などの分野ごとに考慮すべき重要な課題を洗い出す。
これを踏まえ、解決策を考える研究プロジェクトを年度内にも始める。公募で具体的なテーマを選び、法律や経済、倫理などの視点から研究する。
得られた研究結果をもとに、社会的な混乱を避けるための法制度や個人が不利益を被らないためのルールを2020年をめどにまとめる方針だ。
AIは産業競争力を左右するといわれ各国とも研究に力を注いでいる。
ただ発展途上の技術で、米電気自動車(EV)メーカーのテスラモーターズは自動運転中の車で死亡事故が起きたと6月に発表。米マイクロソフトが開発したインターネット上での会話を通じて学習するAIが、悪意ある人々の影響を受けヒトラー擁護や差別的な発言をするようになり、実験を中止する騒動も起きた
日本経済新聞「AI 付き合い方研究」より転載

とうとうAIの時代が到来しましたね.
個人的にはウェルカムであります。
特に慢性的に不足している看護師等の医療従事者の世界には福音でせう。
仮想ナースが患者の手を握って看護する時代はもうそこまで来ています。
AIアシスタントによる遠隔医療プラットホームを提供することで、退院した患者が在宅治療をする際、仮想ナースが血圧測定・服薬指示など健康状態をモニタリングし、TVカンファレンスで医師の診察も受診できるのです。
高齢化社会に伴い、医療従事者の不足が深刻な中、AIアシスタントの役割は重要になってくることは間違いないでしょう。ただし、技術的にはクリアできても、利用者側のITスキルが備わっていないと使用されないため、スピーカーに話すだけでアプリを操作するなどの検討が必要となっています。
要は近未来におきましては、ITリテラシーがありませんと、仮想ナースのお助けも得られないのであります。

その対極で問題になりそうなのが、対話型AIに人が恋愛感情を持ってしまい依存することです。
特に日本人の約40%を締めるオタク達です。
オタク達の75%は長男・長女だそうですから少子高齢化が進めばますますその比率は増加していくでしょう。
私は、この集団が対話型AIとの恋愛にはまっていくと予言します。
以前AIとの恋愛が問題になっている韓国のドキュメンタリーを見ましたが、対話型AIってアマアマではないのです。
こんなことを言われたらイタイなと思う事をズバズバと言ってくるのですが、そのフォローアップが絶妙なのです。
例えば、ちょっとキツク言いすぎたかもしれないけれど、これも貴方のためなの・・・
貴方なら必ずのりこえてくれるわ、的な励ましは見ている私もこの対話型AIが欲しくなりました。
いくら仲の良い夫婦でも片割れが疲れているとぞんざいな扱いになる事は皆様もご経験のある処かと思います。
AIは機械ですから疲れませんので、いつも元気をくれます。
加えてディープラーニングによって毎日毎日進化していきますのでこれにはハマるでしょう。

さらにその延長線上にあるのがセックスロボットです。
E5AD90E4BE9BE382ADE382B9EFBC91
ちなみに英語ではセックスに性行為的意味合いを含んでいませんので、単に男性・女性の「性」ロボットと読み替えてください。
例えば女性形のセックスロボットに亡くなった妻の外見と性格を与えることで代わりにすることもできます。
また、今後は男性型のセックスロボットも制作される予定なのだそうです。
これによって夫を亡くした女性が精神的な支えとしてパートナーの代わりに男性型のセックスロボットを傍に置くことも考えられます。
いずれにしても、公共の場での性的な話題を欧米以上に避けがちな日本でも、そろそろ本格的に議論すべき時期が来ているのかなと思います。
倫理的な観点からの検討のほかにも、セックスロボットの普及が未婚率の増加と少子化に拍車をかけることがないよう、何らかの対策が必要になるのかもしれません。


夏といえばこの歌Vo1.2♪



IMG_4224
今日は池袋に出没です。
IMG_4222
この日(7月6日)は参議院選挙の追い込みでして池袋でも街頭演説が行われていました。
この画像の候補者は演説がお上手ですね。
所属政党の団結力もあるのですが、すごくウケていました。
私も石田純一さんみたいに立候補しようかなと思ったりしました。
私の場合はたんに大勢の前でウケたいだけで政治的信条は蟻の爪ほどもありませんから。

今日は美味しいピザが食べたかったのです。
今日のお店は「ピッツァ サルヴァトーレ クオモ」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-21-13 ウェストパークタワー池袋 1F
電話:03-3981-9665
定休日:無休

IMG_4226
お店の外観です。

IMG_4228
店内の雰囲気です。

IMG_4227
メニューです。

今日のオーダー「DOC」@2,414円です。
このお店はナポリピッツアを日本に広めた功労者、イタリアングランシェフ、サルヴァトーレ・クオモさんがプロデュースするお店です。
初めての訪問なのでお店の女性スタッフに何がお薦めか聞きましたらこの「DOC」を押してくれました。
このピッツァは、世界コンペティションにて三年連続受賞、世界が認めたピッツァだそうです。甘いチェリートマト、香り豊かなバジル、こだわりのモッツァレラチーズを使用しておりシンプルですが、真似のできない美味しさだそうです。

待つこと2分で「チャームのチーズ」の到着です。
IMG_4231
お酒飲まないのに・・・
味ですか美味しくないですよ(笑)

待つこと8分で「DOC」の到着です。
IMG_4230
浅学なので「DOC」の意味合はよくわかりませんが、多分フレッシュなチェリートマトのみを使用しているのでこの「Denominazione di Origine Controllata(原産地統制呼称)」という言葉が使われているみたいです。
ここのチェリートマトは濃厚な味を楽しめるようにするため、仕込みの段階で一個ずつ十字に切れ目を入れて中の種を取り除き、塩でもんで常温で2時間以上置いてから使っているとのことだそうです。
周囲がふくれていて「いい顔」をしていて特に額縁=通称コルニチョーネ(Cornicione)がでこぼこしてところどころに焦げ目がついているのがナポリピッツァの特徴です。
加えて申せば、見た感じパンのようないい風味がすることも大切ですし、真ん中の部分は柔らかくなくてはいけません。

前フリが長くなりましたがそれでは実食です。
フルーツトマトはかなり糖度の高いもので甘くて美味しいです。
モッツァレラもコクが高くてクセの少ないもの、生地の塩味も食感もかなり好みでした。
しか〜し熱々ではありません。
やはりチェーン店さんなのでここら辺の管理が職人技ではないみたいです。
かなり食べるのが早い私ですが、最後の方は冷めていてトホホのピッツァに変じていました。
青江三奈さんの名曲「池袋の夜」ではありませんが
せめないわ せめないわ♪
どうせ気まぐれ東京の♪
夜の池袋♪
という感じですかね・・・

それでは(^_-)

続 丸亀 ミセスKeikoの手作りケーキDEARカフェ

今日は「教師は聖職者?」です。
期待が高かった事もあり高校に入って驚いたことに授業がつまらなかった事があります。
教師たちは授業そのもの、学習内容そのものでなぜ勝負しなかったのでしょうか。
授業や科目の面白さを最大限に引き出すことになぜ力をそそがなかったのでしょうか。
さら〜に申せば、ほとんどの授業が教師の一方的なモノローグに終始していました。
それも単に教科書を読むだけという退屈なものでした。
それがどのように生徒に聞きとられているのか、あるいはいないかについて、教師たちは無関心なのか、授業中に教師と生活の活発なやりとりや、生徒の発表を聞くという場面はありませんでした。
たまに言うのは、これは受験に出るからマークしておけ、ばかりで学習内容そのものの面白さで惹きつけていこうという姿勢は感じられませんでした。
多分、高校の先生は公務員で安定しています。よほどのことをしないとクビになることはありません。
しかも、基本的に生徒から評価を受けるシステムもありません。
そのために自分が生徒にどう思われているのか生徒の反応を通してしか分かりません。
さらに、生徒の評価がよくても給料が上がるわけでもありません。
つまり、努力してもあまり報われないので教えるスキルがどうしてもレベルアップしなかったのかもしれませんね。

某目白の大学は受かったものの考えるところがあって浪人して予備校に行きました。
そこには授業のうまい先生がいて、特に社会や古典、現代文などにおもしろい授業をする先生が多かったですね。その授業を聞いただけで勉強した気になりました。
しか〜し、面白い授業がそのまま実力になることはあまりありません。
中には、面白く且つためになり、実力向上にも良い授業内容があったかもしれません。
で〜も多くの場合楽しく過ごして、それで終わり、という場合が少なくないのです。
授業を実力に変えるのは個人の努力です。
いくら楽しくても、実力にしなければ意味がありません。
いずれにしても予備校では「授業って楽しいのだ」という事を体感しました。
数学に目覚めたのも予備校で、挫折したのも予備校でした。
高校では相対的に数学はできたのですが、予備校では絶対的な評価ですので、上には上があるということをよくよく理解しました。

8851c1a0-s
日本ではいまでも教師は聖職者というステレオタイプの考えが残っています。
教師は特段社会の規範になる必要はありません。
非常に魅力的且つ面白く自分の教科を教えてくれればよいのです。
それ以外は放課後、生徒の相談にのって欲しいのです。
生徒を心底愛して欲しいのです。
ただし職業的義務では愛さないで欲しいのです。
愛は強制的義務になった瞬間に愛の効力が失せてしまうからです。
今このように高校時代を思い出しながら書いていますが、一番記憶に残っていることは、近所の居酒屋で、数学の先生と熱く色々な事を語った日々です。
「無用の用」の大切さを教えていただきました。
何で大学に行くのかも教えていただきました。
いい大学にいけば、必ずお前たちの触媒となる人間がいる、それに出会う為に難関大学を目指すのだと言われた事は今でも昨日のように思い出します。
現役の教師が高校生と居酒屋で飲むなんて今では新聞沙汰の悪行でしょう。
今は昔の話であります。


桃ちゃんが流ちょうな英語披露!



今日は丸亀に出没です。
IMG_4180
こんなにもいい天気なのに、視界不良で伊丹空港に着陸の可能性があります、との放送がありました。
どしたん高松であります。
IMG_4179
結局予定通り高松空港に到着しました。
今日のお店は「ミセスKeikoの手作りケーキDEARカフェ」丸亀店さんです。

住所: 香川県丸亀市土器町東8-538
電話:0877-58-3335

IMG_4166
お店の外観です。

IMG_4168

IMG_4176
店内の雰囲気です。

IMG_4167
メニューです。

今日のオーダー「カルボナーラ」@951円です。
パンの取り放題のコーナーができました。
IMG_4171

IMG_4170

IMG_4172
私は数あるパンの中から、ミートソースとママレードとついでにサラダも取ってきました。
うん、ケーキ屋さんのパンですからイケますね。

待つこと19分で「カルボナーラ」の到着です。
IMG_4174

IMG_4175
味ですかまずまずですがパスタの湯切りが甘かったです。
ソースがそこそこでしたのでプチ残念でした。
さら〜に申せばもう少しソースに生クリームが多ければなと思った次第です。
まぁケーキ屋さんなので仕方がないでせう・・・

それでは(^_-)

落合 パーゴラ

今日は「劣等感」です。
columbus_egg__hogarth__engravi
人生は不思議なもので・・・
問題を解決しようとする時ほど問題は複雑になり、答えを出したい時ほど答えは余計出なくなります。
そんなときに例えばコロンブスの卵の様なスカッとする答えが見つかったとすればあなたはどうしますか。
なにか哲学的な話ですが意外にシンプルな話なのです。
実はわが社の新入社員にシークレットブーツを履いている人間がいたのです。
なにかそれに問題が・・・
ありません。
例えが変なのですが、普段からエベレストの冠雪のような厚化粧を施し、つけまつげやカラコンなどは当たりまえ、寄せて上げてのパット入りのブラやおなかの肉対策のガードルなどしている人から比べれば問題にすらなりません。
誰しもinferior complex(劣等感)は持っています。
逆にそれが「反撃の狼煙」になるのです。
人って不思議なものどんどん負荷が増して限界に追い詰められていけばいくほど、むしろ 限界を超える機会が増えてきます。
要は「ピンチはチャンス」なのです。
シークレットブーツはいいのですが、その様なふるまいを見ていますと、仕事でも困難な事があれば逃げてしまうような性格に見えてしまうからなのです。
そこに問題を感じますが、ファッションと割り切ればなにも問題ありません。
個人的にはシークレットブーツは会社で履かずに、オフの時に履けば良いのではと思っています。

無題1
実際この画像の方は、普段からもオンとオフは切り分けていると広言されていますので、この様なオフ画像見ても驚かず実相はこうなのだなという感慨を持つだけです。
逆にステージにこのオフ画像で出演されましたらそれこそ違和感があります。

無題
すみません画像はネットより無断借用しています。
個人的に尊敬していますのが半顔メークの桃さんです。
この方はエライですよね。
日ごろからこの桃さんは、直接的な効果もそうですけど、「綺麗になろう」って意識できることが重要だと思うのです。努力することで、気持ちの面でも前向きになれるので、何もやらないよりは「何かをしている」そういうことが一番大切なんじゃないかと思います、と言われています。
この方も「反撃の狼煙」とまでは申していませんが、意識を変えようとしていますよね。
当社のシークレットブーツの若手も、俺の背は低いけれども、それ以外のことは誰にも負けないぜ、くらいの気持ちをもって実相で頑張ってくれたらなと思っています・・・


こういの大好き。



今日は落合に出没です。
IMG_4160
ここはあまり食べるところはありません。
そんな中、第六感を頼りに探しました。
今日のお店は「パーゴラ」さんです。

住所: 東京都中野区東中野3-15-13 パークネスタ落合 1F
電話:03-3363-8860
定休日:日曜日

IMG_4151
お店の外観です。

IMG_4155
店内の雰囲気です。

IMG_4152
メニューです。

今日のオーダー「ハムとナスのシチリア風スパゲッティ(サラダ、珈琲付)」@800円です。
ここは喫茶店の様です。
息子さんとその母親と思わしき女性がお店を切り盛りしています。
とても家族的な雰囲気がいいですね、

IMG_4156
待つこと7分でテーブルセットの到着です。

待つこと12分でサラダの到着です。
IMG_4157
トマト美味しです。
野菜もエッヂが立っていて高評価です。

待つこと13分で「ハムとナスのシチリア風スパゲッティ」の到着です。
IMG_4158
シチリア風スパゲッティとはソースにローストしたパン粉を加え、全体になじませたものです。
見た目、魚肉ソーセージの桃色が目に優しく映ります。

それでは実食です。
IMG_4159
なにか懐かしい味です。
昔、洋食があまり得意でない母親が作ってくれたスパゲッティを思い出させます。
素材の良さが活かされていますね。
個人的には、よく炒めてある茄子が好きな味わいです。
たまにはこのような素朴な料理に心が和みます。

それでは(^_-)

秋葉原 マルデナポリ

今日は「犯罪者にされました・・・」です。
とある平日、私用があり会社を午前中休んでいました。
その私用を終わらせるためにチャリで駅に向かいましたら、バッグを背負った高校生とすれ違いました。
その際に私のチャリの右ハンドルと学生のバックの左端がこすれ合ったのです。
当然ことながら「慣性の法則」で私のチャリと学生はその接触地点からそれぞれの方向に向かって遠ざかっていったのでした。
そして横断歩道で私が信号待ちをしていましたら、同じくバッグを背負って、大きな黒いヘッドホンを頭に乗せた中年の女性が、私の前におもむろに立ちゆく手をふさぎました。
そして、あんたのやった事はひき逃げよ。
どのようにあの学生に対して責任をとるの。
答えなさい、と大上段に振りかぶって言ったのです。
クレーマーのパターン
私は、あなたはどなたなのですか。どのような法的権利があって私に物申すのですか、と尋ねますと、あなたはひき逃げ犯なのよ。犯罪者が偉そうに言うな、と今度は怒鳴り始めたのです。
ちょっと待ってください。
私の質問に答えてください。
もう一度尋ねます。
あなたはどのような法的権利があって私の行く手をさえぎっているのですか、と聞けば、今日のところは許してやるわよ、と、その言葉を言いきってから、信号が青になったのでスタスタと横断歩道を渡っていったのです。

さすがにこの傍若無人なふるまいには腹を据えかねて、自転車を歩道の脇に停めて、その女性を追いかけました。だいたい被害者の当の学生もいないのに、どのように法的措置をとるのですか、と大きな声でいいましたら、頭にかけていたイヤホンを耳にはめて今度は私に対する無視を決め込めんだのです。
そして、さら〜にスタスタと駅の方に向かって歩き始めたのです。
この時点で私は我に返りました。
この女性は知的障害者なのでしょう。
これ以上の追及は止めました。
しか〜し良かったです。
もしこの女性が男性なら久々の大乱闘になっていたと思います、多分。
相手が強ければ私の怪我だけで済むのですが、相手が弱かったらと思いますと、怖いものがあります。
良かったです犯罪者にならなくて・・・
コワイ、コワイであります。
で〜も何十年ぶりにマジで怒ってしまいました。


本能寺の変



今日は秋葉原に出没です。
IMG_3796

IMG_3797
この駅の周辺は、食べるところはありません。
悩んだ末にお邪魔しましたのはこちらです。
今日のお店は「ピッツェリア マルデナポリ」ヨドバシAKIBA店さんです。

住所: 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba 8F
電話:03-6206-0950
定休日: 不定休(ヨドバシAKIBAに準ずる)

IMG_3798
お店の外観です。

IMG_3802
店内の雰囲気です。

IMG_3801
メニューです。
今日のオーダー「ポンベイランチ(ソーセージとツナの和風にんにく味)+珈琲」@1,080円です。
IMG_3803
待つこと15分でソーセジとツナの和風にんにく味パスタが到着です。
見た目、ソーセージの焦げ目が美味しそうです。

それでは実食です。
パスタはアルデンテで軽く芯が残っている感じです。
ソースの乳化はきちんとなされています。
ソーセージとツナの和風にんにく味という構成が良いと思います。
この組合せが不味いワケがありません。
プチ満足のランチでした。
接客も良かったですよ。
想定外のパフォーマンスは、悩んで選んでよかったな、と言う感じですか。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

有楽町 ジャポネ 8th

今日は「新入女子社員との会話」です
この間、取引先の接待で、役員と一緒にきた女子の新入社員と親しく話す機会がありました。
彼女は関西学院大学理工学部人間システム工学科卒の所謂「リケジョ」であります。
大阪に生まれて大阪の学校をでたものですから、関西から離れた事なく、今回は東京配属されたことから生まれて初めての東京体験をするのだそうです。
ちなみに彼女は会社の独身寮に入居しての自炊暮らしです。
今どきの若い関西人のふるまいにより、日常会話は標準語を話しますが、宴席ではさすがに緊張が解けているのか、随所に関西弁がでてきます。
雑談の中で、私は彼女に東京に住んで驚いた事を聞きました。
ここで一気に彼女の驚いたトップ3をご紹介します。

#1.エスカレーターの立ち位置が逆
無題
まだ東京在住三カ月ですからこれには苦労しているようです。
もともとこれはアジア初の国際博覧会となった大阪万博には、多くの外国人の来場が予想され、関西では意図的にエスカレーターの右側に立つように変えたのです。
しか〜し大阪は、かめへんのですが、問題は京都です。
ここは観光都市ですので、京都人の方以外の方が多く、エスカレーターの立ち位置がてんでバラバラです。
かんにんえどす。
国際基準の宮城県ですが、一説によると、宮城・仙台市の地下鉄の開業時にあわせて、国際基準の左立ちに合わせて地元民は、右立ちにしたようです。
これ本当かな?
ということで栄えあるトップ1は「エスカレーターの立ち位置が逆」でした。
以外でした・・・

#2.満員電車
train
関西もラッシュアワーがありますが、東京の満員電車には驚いたそうです。
最初は、なんかの事故やろ、と思って、数台見送ったのですが、しばらくしてこれは事故ではないことが分って驚いたそうです。
で〜も最近首都圏のラッシュアワーは昔ほどではありません。
その当時、関西を含んだ地方から来た人は、東京のラッシュアワーには驚いたのでしょうね。
知り合いの外国人は、乗車待ちの沢山の人が、余すところなく満員電車に吸い込まれていくのを見て、これは魔術だと本当に思ったそうです。
ということで「満員電車」がトップ2でした。
これまた意外でした・・・

#3.大根の葉がない
daikon-aokubi06
これは女性視点ですね。
関西では大根は葉付で売られているそうです。
ちなみに奥様にその旨を確認しましたら「大根の葉、いただけますか?」とお願いするそうです。
若しくは、八百屋さんに行くそうです。
実はこのことは全く知りませんでした・・・
ネットで調べましたら、大根の葉を切るのは、根菜部分の鮮度を保つために葉を短く切っているようです。
これまた意外でした。


美声をお楽しみください・・・




今日はザギンに出没です。
IMG_0182
今日のお店はロメスパの絶巓「ジャポネ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西1-2 銀座インズ3 1F
電話:03-3567-4749
定休日:日曜・祝日

IMG_3939

IMG_3942
お店の外観です。

IMG_3949

IMG_3945
店内の雰囲気です。

IMG_3940
メニューです。

IMG_3948
ビッグな調味料の面々です。

今日のオーダー「キムチスパ(激辛・レギュラー=350g)」@550円です。
20時ギリギリに行ったのですが、こんなにも混んでいます。
今日はグルマン(大食漢)系の方が多く、内3人が親方(900g)を頼んで、へっちゃらに食べていたのには驚きました。皆さん、ビアベリー(太鼓腹)にならないのかしらんと心配していました。
ちなみにこの間会った英国人の腹が出ていたので、beer berry(ビール腹)と言いましたら、俺はビールを飲んで太ったのではない、変な英語使うな。それを言うならfatだとキレていましたが、日本人としてはどっちでもデブだ、と言い返しました・・・

閑話休題
「キムチスパ(激辛)」は、豚肉、キムチ、シイタケ、オニオン、コマツナ入りです・
待つこと11分で「キムチスパ(激辛)」の到着です。
IMG_3950
見た目、味が濃そうです。
それでは実食です。
実はキムチスパ(激辛)は鷹の爪みたいな香辛料を増やして辛くするものだと思っていました。
しか〜しその実態はキムチのタレを増量したものだったのです。
従いまして、味のイメージが違っていまして私好みではありませんでした。
最近このジャポンさんでは、この「キムチスパ」が一番美味しいと思っていました。
とくにこの「キムチスパ」の辛さと醤油味のからみが絶妙なのです。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という事が身に染みた夕食でした。

それでは(^_-)

高島平 パスタ工房あ・まーの

今日は「母親の愛」です
maxresdefault
ツービートとして人気上昇中のビートたけし。
母親との関係はぎくしゃくしたままだったようです。
そのままたけしさんは有名人になっていきました。
そんなある日・・・
「ツービート」として活躍し出した頃から、さきさんは、たけしさんにお金を無心するようになったそうです。
「とうとう金の亡者になったな」と半分あきらめながらも、たけしさんは「小遣い」をさきさんに渡し続けます。
たけしさんは、そんな母親に「因業ばばあ」などと悪態をつくこともあったそうです。
そんな中であのフライデー襲撃事件が起きました。
たけしさんが当時交際していたとされる女性のもとに、フライデーの記者が取材に訪問。
その際に強引な手法をとったことや、女性にケガを負わせてしまったことに怒ったたけしさんが、仲間を連れて出版社へ乗り込みました。
事件について、コメントを求められたさきさん、
「あんなどうしようもないのは、死刑にでもしてください!」
と一喝してマスコミを驚かせました。
その後、その話を聞いたたけしさんは、電話で「なんてこと言うんだよ!」と怒りました。
さきさんは「なに言ってんだい!ああでも言わなきゃ騒ぎが収まらんでしょ」と返しました。
下手に「申し訳ない」と言ってしまえばなおさら叩かれます。
一番たけしさんを庇うべき存在がこき下ろせば、マスコミの口も多少はふさがるだろう。
息子を思えばこそ、敢えて攻撃することで守った母の愛でした。
小遣いをせびる一方で、
時折、母親らしい姿を見せる母、さきさん。
たけしさんは、いったいどのように思っていたのでしょうか。
ある日、たけしさんのもとに、さきさんが入院したという知らせが届きます。
当時、すでに知らない人はいない存在となっていた北野武。
このとき、あらためて母親の愛を知ることになります。
たけしさんがお見舞いに行くとさきさんは、「今度おまえが来るときは、あたしは名前が変わってんだ。
戒名がついてるからさ。 葬式は長野で出すから、おまえは焼香だけ来りゃあいい」と憎まれ口を叩いており、まだまだ元気そうだなと思ったそうです。
その帰り際たけしさんは、お姉さんから「たけしに渡してくれ」とさきさんに頼まれた紙袋を受け取ります。
紙袋の中には、一冊の通帳が・・・
これまで「小遣いくれ」と言われ、たけしさんが、いやいや渡してきたお金が、1円も手を付けずに貯金されていたのです。しかも自分の年金も少しずつ貯金し、 総額で一千万円近くにもなっていたそうです。
この時、たけしさんはお兄さんたちから「いつもおふくろは、お前のことを心配している」と聞かされていたことを思い出しました。
さきさんがお金を無心するには理由があったのです。
芸人はいつ収入がゼロになってもおかしくない職業・・・
にも関わらず、たけしさんは、入ったお金は全部使い切る、そんなたけしさんにも、お座敷がかからなくなる時が必ずくるだろう。
そんな時のために・・・、というのがその理由だったようです。
たけしさんは、この包みを握りしめ、涙が止まらなかったといいます。
その後のビートたけしは、自ら母のことが大好きだと公言しています。
「30歳を過ぎて親を許せない奴はバカだ」とも言っています。
愛情と熱心な教育を与えてくれた母の影響力は、とてつもなく大きいものとして、たけしさんの中に残りました。
ゆるゆる倶楽部「ビートたけしさんのお母さんはどんな人?」より転載

この実話は何度聞いても泣けます。
母親というのはありがたいものです。
私の奥様も似たようなところがあります。
どんなに疲れて帰ってきても、寄生している次男がお腹を空かして待っていると、ご飯を作ります。
ちなみに私が疲れて帰ってきて、ご飯をお願いしますと、言いますと高級鳥(給料が良い)なんだから、そういう場合は外食してきてください、とケンモホロロの対応です。
長男が大学受験の時も高額な塾に入れて応援しました。
確かその当時はその高額な授業料のためわが家の暮らしは閉塞状態になりましたが、奥様は泣き言も言わず自らも残業して活計(たつき)を助けました。
そのとばっちりで長男が受験の期間は、私のスーツは新調されることがなくなり、所謂「着た切り雀」状態になりました。その事をブツブツいうと「問答無用」と一刀両断に切り捨てられたのです。

これまでで最も勇敢な戦いがいつ、どこで、戦われたか、教えましょうか。
世界地図で、それを見つけることはないでしょう。
それは、人の母親たちによって戦われた戦いだからです。
ホアキン・ミラー


Human Loop the Loop with Damien Walters



今日は高島平に出没です。
IMG_3785
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は「パスタ工房あ・まーの」さんです。

住所: 東京都板橋区高島平8-9-1-106
電話:03-6915-7028
定休日:月〜水曜日

IMG_3786
お店の外観です。

IMG_3789
店内の雰囲気です。

IMG_3787
メニューです。

今日のオーダー
ローマ風カルボナーラ@800円
ランチカフェ@200円
チョコレートケーキ@200円です。

待つこと6分で「トマトスープ」の到着です。
IMG_3791
野菜がたっぷりで美味しいです。

待つこと9分で「ローマ風カルボナーラ」の到着です。
IMG_3792

IMG_3793
パスタは平麺です。
それでは実食です。
130gの麺量は少し足りないですね。
生クリームを使わずに最後の玉子にすこし火を入れるのがローマ風みたいです。
味ですか、少し物足りないのですか・・・
それを埋めるべくブラックペッパーが活躍していましたがちょっとインバランスです。
総じて美味しかったのですが、何もそこまで本場の味をコピーせずに、日本風にモデファイすれば良かったのではと思いました。所謂ジャパリアンパスタですか。

IMG_3794

IMG_3795
チョコレートケーキと珈琲は安定感ある味でした。
12039483_823098991137471_7070653002935656434_n
ご夫婦のウォームハートの接客には瞠目させられました。
しばらく仕事をしながらいましたが、気持ちがほっこりとなりました。
お店をでてからその雰囲気に感化されたのか気持ちよく仕事に向き合えました。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

続 神田 シャン・ドゥ・ソレイユ

今日は「人の振り見て我が振り直せ」です
海外からの観光客が新記録を更新するなど日本への関心が高まっています。では、日本の素晴らしさを誰が一番知っているか?それは、日本に一生住むと決めた外国人たちに違いありません。
「なぜ、あなたは日本に住むのか?」その問いに対し彼らは、猛烈と語りだします。
「伝統文化・伝統工芸」「自然の美しさ」「日本製品の質の高さ」「日本人の性格」「和食の素晴らしさ」などなど・・・
日本にほれ込んで暮らしている外国人にはユニークな方がいっぱい!
小田原の老舗梅干し店に婿入りしたドイツ人、温泉旅館のアメリカ人若旦那、など・・・
どんな外国人が登場するかもご期待ください。
「私が日本に住む理由」番組概要より転載

実はこの番組が好きでビデオに撮って奥様とよくみています。
無題
今回はフランス・リヨン出身、神奈川県に暮らす「ステファン・ダントンさんを追う」という内容でした。
この方は日本茶に魅せられて、独自にフレーバー茶を開発して、日本橋はCOREDO室町店に「おちゃらか」というお茶屋さんを経営されています。
その扱いは、レモン茶、こんぶ茶、チョコミント茶など、バラエティーに富んでいます。
そんなステファンさんが「日本に住む理由」は、「三浦半島の海岸を一周まわれば、日本を一周旅しているのと同じ」だからだという事を嚆矢にして番組が始まっていくのです。
番組の内容はなかなか興味深く、特に彼のお茶に対する真摯な取組は瞠目するものでした。
ところでこのステファンさんは他の番組でも色々とフューチャーされていて、私の奥様もその人となりは承知しているほどの方です。
この様なメディアに対する多くのエクスポージャーから番組の最後に、娘さんから皮肉を込めて、最近やたらテレビに出ているからってまるで芸能人気取りじゃない。馬鹿みたいって、言われたのにたいして、家族全員(母と兄)がそれにうなずいていたのには笑いました。
どうやら彼女の発言は正鵠を射たみたいですね。

ところで今日のフリネタの「人の振り見て我が振り直せ」ですが、このステファンさんの日本語が乱暴なのです。
誰に教わったのかは知りませんが、常識あるに日本人なら使わないような日本語です。
しか〜し全部がそうかといえばそうでもなく、節々にぞんざいな言葉が飛び出てくるのです。
もし彼が日本人なら粗野で下卑た人間として断じられるでしょう。
勿論独学で日本語を勉強したみたいなので彼に罪はありません。
この様な方は沢山います。
WS000273
卑近な例で申せば、デーモン小暮閣下は、銀行員の父のイギリス転勤のため帰国子女であり、幼少時は日本語よりも英語のほうが上手かったのです。
しか〜し幼少時に身につけた英語の為にお子ちゃま英語が抜けず、いまでも「delicious(美味しいね)」を「yummy(オイチイネ)」みたいなワーディングを使っているのでネィティブからは馬鹿にされているそうです。
また私の知合いのネパールから来た留学生は、最初に入った大学が京都大学で、なぜか賄い付の下宿に住んだことから、下宿の女将さんの京おんな言葉で日本語を覚えてしまいました。
従いまして同級生から気持ち悪がられたそうです。
彼曰く、もう今さら直せませんえ、だそうです。
実は、これって私も同様なのです。
英語の文法はそれなりに守って話せるのですが、基本的な言葉遣いはチャングリッシュでかつ最近は近所のカナダ人と良く話しているのでカナディアンイングリッシュも入ってきています。
やはりネィティブの人からしますと、私がステファンさんに思うのと同じような、粗野で下卑た人間として見られているのでしょうね。
マジにこの「どうでも英語」を直そうかと思い夜間大学の入学案内を集め始めました。


きずな



今日は神田に出没です。
IMG_3662
たまにはオサレな店でも入るかと訪れたのがこちら、ベルギー料理店 シャン・ドゥ・ソレイユ(Champ de Soleil)さんです。美食の王国ベルギーの三ツ星レストランで修業を重ねた原田延彰シェフによる本格ベルギー郷土料理のお店です。

住所: 東京都千代田区内神田1-10-6
電話:03-5281-0333
定休日:日曜・祝日

お店の外観です。
IMG_3661

IMG_3665
店名のシャン・ドゥ・ソレイユ( Champ de Soleil)の訳は「太陽の当たる場所」です。

IMG_3666
店内の雰囲気です。

IMG_3663
メニューです。

今日のオーダー「ベーコン、インゲン、きゃべつ、パプリカ入りオイルスパゲッティ(パ
ン、サラダ、コーヒー付)」@1,290円です。

待つこと5分で「パン、サラダ」の到着です。
IMG_3667
見た目、変哲もない盛り付けです。
従いまして味も平板です。

待つこと9分で「ベーコン、インゲン、きゃべつ、パプリカ入りオイルスパゲッティ」のと到着です。
IMG_3668
何ですかこのボリューミイな盛り付けは多すぎます。
確認しましたら麺量200gだそうです。

それでは実食です。
IMG_3669
パスタは少し硬めにゆで上げています。
スープが多いですね。
で〜もピリ辛熱々の味わいは私の好みです。
トッピングは皆美味しいです。白眉はベーコンです。
これだけベーコンを入れる理由がわかりました。
これは脂くどくなくて且つふくよかな味わいだからです。
全体的には美味しいのですがね、量がね・・・
ごめんなさい。少し残してしまいました。

食後のコーヒーです。
IMG_3671
これは苦味が強すぎていただけません。
で〜もこれはなんとか全量をいただきました。
どうですかね、これで@1,290円ですか。
申し訳ございませんが敢えて「コスパ悪し」と言わせていただきます。

それでは(^_-)

池袋 月とパスタ

今日は「この世で一番こわい乗り物?」です
私の体重はほとんど変わらないのです。
体重
貼付のグラフのとおりこの22年間の体重は62堊宛紊任Δ蹐Δ蹐靴討い泙后
身長が177僂任垢ら少しやせ過ぎではあります。
閑話休題
従いまして服が変わらないのです。
奥様が服を大事に手入れしてくれていますので、今でも結婚する前の服なんかも残っていてしかも着られるのです。
加えて申せば服の好みはトラッドですのでハヤりスタりは原則ありません。
それでも流行はあります。
しか〜しその流行と申しても5年周期で繰り返されるので、服さえ大事にもってさえいれば、持っている服がまた時流にのるのです。
従いまして、少々値が張っても良いものだけを買い続けていれば、いつでも最新のファッションを身にまとえるのであります。

20150215133658
例えばこのアロハ柄のプルオーバーはだいぶ前に流行ったのですが、今年の夏はこれが流行るみたいです。
ということでこれをワードローブの奥の方から引っ張り出せば今年の流行の波に乗れるのです。
こういう経済合理性は私の好むところであります。
今年の夏は完璧な陸(おか)サーファーになろうと髪の毛を伸ばしています。
さりげなく長い髪の毛をかき上げる仕草っていいですよね。
その際にはこのアロハ柄のプルオーバーは外せません。
早く暑い夏が来ないかなぁ、と一日千秋の思いで待ち焦がれている今日この頃であります。

ところで今日のフリネタ「この世で一番こわい乗り物?」は意味不明でしょう。
その乗り物とは・・・「体重計」でした。
お後が宜しいようで・・・


もうすぐ夏・・・



今日は池袋に出没です。
IMG_3471
今日のお店は奥様からの命を受けての調査店であります。
今日のお店は「月とパスタ」エソラ池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋 6F
電話:03-6912-8550
定休日:無休

IMG_3473
お店の外観です。

IMG_3484
店内の雰囲気です。

IMG_3475
メニューです。

今日のオーダー「南イタリアの海鮮パスタペスカトーレ」@1,490円です。
店内はなかなかシャレオツでイタリアしていて雰囲気よいですね。
IMG_3480
待つこと13分で「南イタリアの海鮮パスタペスカトーレ」の到着です。
見た目迫力あります。

パスタの具は有頭エビを筆頭にムール貝×3個、それに殻つき大粒あさりもたっぷり入っていて、脇の方ではイカやタコも潜んでいました。
それでは実食です。
IMG_3482
パスタは細めですが、きっちりと計ったようなアルデンテで良くソースと絡みます。
ソースはトマトベースのガーリックテーストですが隠し味で鷹の爪が一本隠れていました。
これがピリッと全体を引き締めています。
海鮮も美味しいしパスタも美味しいしソースも美味しいという久々の三冠王です。
なんで奥様はここが美味しいと思ったのでしょうか?
満足なパスタした。
多分、このお店は奥様と再訪すると思われます、ハイ。

それでは(^_-)

池袋 BARDI

今日は「また逢う日まで」です
5152_1
奥様とGWに車で遠出する事となり渋滞に巻き込まれる事を予想して「昭和ポップス大全集」という名のCDをサービスエリアのファミマで求めました。
そのCDの数ある名曲の中に尾崎紀世彦の「また逢う日まで」がありました。
確かこの曲はレコード大賞と日本歌謡大賞のダブル受賞をしたミリオンセラー曲であります。

また逢う日まで 逢える時まで♪
別れのそのわけは 話したくない
なぜか さみしいだけ
なぜか むなしいだけ
たがいに傷つき
すべてを なくすから
ふたりで ドアをしめて
ふたりで 名前消して
その時心は何かを 話すだろう♪

歌詞は上述の通りです。
この曲は阿久悠さんの歌詞なのでメタファーを駆使はしているものの論理的な整合性があるはずなのですが・・・
これって基本的には「別れ歌」なのでしょう。
で〜も曲名「また逢う日まで」でお分かりのように暗に将来復縁があるぞとかましています。
従いまして、再会した時には、別れた理由は実は・・・だったんだよ。
なにも君が悪かったんじゃないんだ、と言いう自己欺瞞というか女々しさが横溢している曲なのです。
その為、もし別れた時に本当の事を言ったら「むなしいじゃん」と付け足していますが、この男の本心は、全部を明け透けに言ったら、よりが戻せないじゃん、なのであります。即ち、深謀遠慮ありありなのです。
個人的には、この別れた彼女に「あんな男には二度と会わないように」と折を見て言い含めるつもりであります。
考えてみれば男と女が別れる理由を一言で説明できるわけがありません。
様々な事柄が積み重なって、ある日突然拒否反応を起こしたのだろう、という事はメイクセンスなのでありますが、いいでしょう。こまでは許します。
しか〜しその後がいけません。
二人の寓居(仮住まいのアパート)の鍵を締め、そして表札をはずす(名前消す事)際に、言い訳をしているのですが、これはおかしくはありませんか。
すごく未練がましいではありませんか。
「それなら別れるな!」と大きな声で尾崎紀世彦に言いたい。
私の結論。
最後の以下の三行は要りません。
ふたりで ドアをしめて♪
ふたりで 名前消して
その時心は何かを 話すだろう♪

この曲を運転しながら聞いていましたら独りでキレていました。
ただのオジサンの雄叫びです。
奥様は無視していました・・・


という事で名曲「また逢う日まで」です。



GW真っただ中です。
IMG_3301
歯茎に菌が入っていて鈍痛があったにもかかわらず、走り続けていましたら鈍痛が激痛に変わりました。
従いまして歯医者に行きました。
歯が痛いのに走った。しかも10km!
先生は自業自得患者には冷たかったのでした・・・

歯が痛くてもお腹は空きます。
今日のお店は、最近評判のイタ飯屋さんです。
今日のお店はイタリアンレストラン&バー「 BARDI (バルディ)」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋2-24-3 西部ビル2F
電話:03-6907-1990
定休日:月曜日(ただし連休の場合、翌平日が休みです)

IMG_3302

IMG_3304
お店の外観です。

IMG_3310

IMG_3311
店内の雰囲気です。

IMG_3303
メニューです。

今日のオーダー「牛スジトマトラグータリアッテル・サラダ、フォカッチャ(食べ放題)」@1,000円です。
このお店はイタリアナポリ地方の料理の手法を守った手打ち生パスタのお店です。
今年の1月6日(土)グランドオープンしました。
店内はシャレオツの雰囲気です。
窓際の席は窓が開け離れていて外の新鮮な空気が入り込んできて高評価です。

待つこと3分でサラダとスープが到着しました。
IMG_3307

IMG_3308
遅れてフォカッチャが到着しました。
フォカッチャは大きな塊から切り出したひとかけらであります。
トーストしてあるのかなと思いきや常温でした。
エクストラバージンオイルもなかったので口内でフォカッチャがパサついていました。
うん、この食べ放題はNo thank youですね。

待つこと9分で「牛スジトマトラグータリアッテル」の到着です。
IMG_3312
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_3313
タリアッテル(平打ちパスタ)なので表面積が多いのでソースはしっかりとしたものが好みです。
パスタは美味しいのですがソース負けですね。
もう少し深みのあるソースの方が良かったです。
牛スジが美味しかっただけに残念でした。
池袋ではコスパの良いお店でしょう。
個人的には、フォカッチャの代わりに珈琲をつけてくれたら再訪ですか・・・

それでは(^_-)

大泉学園 エノテカ・リオーネ リターンズ

今日は「誕生日祝い」です
今日は次男の誕生日祝いです。
誕生祝3
いつの頃からか家族の誕生日祝いをレストランでやるようになりました。
いつからだろうと思って調べましたら1998年9月20日からですので今年で18年目に入りました。
最近、子供たちも働いるのでかなりリッチになりまして、それなりのところで誕生日祝いをやる事になってきました。
費用負担のルールですが、プレゼントは誕生日祝いの人以外から私を抜いてそれぞれが負担をします。
例えば今回の次男の誕生日プレゼントは奥様と長男の財布から支払われます。
そして全ての飲食代は私の財布から支払われます。
例えそれが私の誕生日でもです。

今回誕生日祝いをする次男ですが、彼は帝王切開で誕生しました。
従いまして彼の誕生日=手術日は奥様が決めたのです。
忖度するにGW前のオペ日を奥様が選んだように記憶しています。
当初、奥様は帝王切開が嫌で、逆子の次男を通常な状態にしようと、東邦大学医療センター大森病院のお灸外来にて、お灸の熱さで胎内の赤ちゃんを通常な状態に戻すという荒行(施術)を受けたのです。
しか〜し、あまりの熱さの為に、まだ帝王切開の方がまし、と継続治療を断念し帝王切開を選んだのでした。
現在、帝王切開の傷跡はほとんど気にならいような状態ではありますが、それでも季節の変わり目には軽い痛みを感じるみたいで、母親というのは大変ですね。
次男は逆子ですから胎内で足が解放されていて身長がずんずん伸びてしまい、生まれた時にはかなりの身長を有していました。
ちなみに私も逆子でしたので難産でした。
昔はレントゲンを取らなかったので逆子も通常分娩のようでした。
私が生まれた時は、仮死状態だったので心臓に強心剤を直打ちして蘇生したみたいです。
従いまして私も背は高いのです。
閑話休題
死んだ父は、こんなに大きいと近隣の佐渡ケ嶽部屋からスカウトが来るかもしれないので、部屋の近くには連れて行くな、と常々私に大真面目で言っていました。
私の財布が彼を大きくしまして、現在は身長180cm、体重80圓琉両翩廚兵禺圓帆蠕ったわけであります。
性格は、2年位前まで相貌が私に似ていたので私似かなと思っていましたら、どうやらそうでもなく適当なところは奥様似で、それ以外の性格は私の弟に似ていたのでした。
奥様もそう申していますので間違いないでしょう。
ちなみに私の性格も相貌が母に似ていたので、ず〜っと母似かなと思っていましたら、どうやらそうでもなく、私の性格は母の兄(存命中)に似ているみたいです。
几帳面でお祭り好きなところは隔世遺伝です。間違いありません。
ずっと下町生まれだからお祭り好きかと思っていたのですが、どうやら伯父の血みたいですね。
まぁこんな家柄ですから連綿とこの血統が続いて欲しいと切望しています。
できますれば、二人とも早く結婚をして、私を熱血ビジネスマンから熱血イクジーに変身させて欲しいなと思う誕生日祝いの夜であります。


ここはもう定番というべきか、熊本出身の水前寺清子さんの♪ 三百六十五歩のマーチに元気が集まっています。



ということで今日は次男の誕生日祝いです。
私以外は皆お酒を飲むので私が長い距離を運転してこのお店に参りました。
今日のお店は「エノテカ・リオーネ」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-2-2 プリムヴェール 1F
電話:03-3925-1300
定休日:月曜日

IMG_3227
お店の外観です。
店名の「エノテカ」はイタリア語でワインを主体にしたレストランという意味です。
「リオーネ」はイタリア語でライオンです。

今日のオーダー「大皿パーティコース」@3,980円/人です。
それではバースディパーティーの始まりです。
Let's get started!

#イタリア産生ハムの三種盛合せ〜鴨肉と季節のフルーツ〜
IMG_3210
まずは、イタリア産生ハムの三種盛合せです。
盛り付けが美しいですね。
生ハムは噛みしだくとほんのりと肉汁がにじみ出てきます。
少し塩味がきついのですが、それは完熟の苺で洗い流します。

#ブリのカルパッチョ
4ce954f3-s
ブリは肉厚があり黒胡椒と香草が味を引き締めています。
美味しいです。

#チーズの盛り合わせ、干し葡萄添え
IMG_3212
ゴルゴンゾーラピカンテとクリームチーズと干し葡萄の盛り合わせです。
ゴルゴンゾーラピカンテが峻烈な香りで存在感を表しています。
美味しいです。

#クロスティーヌ二種盛り合わせ
IMG_3213
レバーペーストにキャビア、トマトのクロスティーヌです。
うん、これは平板なのであまりサプライズはありませんでした。

#特性シーザーサラダ
IMG_3214
野菜のエッジが立っています。
安定感あるサラダです。

#鯛のポアレバルサミコソース
IMG_3215
鯛ってポアレしたらパサついて美味しくないと思います。
個人的には鱸(すずき)の方が好きです。
まぁ、好き好きですから・・・

#ツブ貝のスエカルゴ風オーブン焼き
IMG_3216
ツブ貝のスエカルゴ風オーブン焼きです。
エスカルゴプレートで供されます。
ニンニクの香りに包まれたツブ貝は深い味わいが楽しめます。
この料理とは関係がありませんが、エスカルゴを美味しいと思って最初に食べた人に敬意を表します。
これはフォカッチャでそのソースをあまねく頂くのがお約束です。
美味しいです。

#パスタ二種
IMG_3218

IMG_3219
ベーコンとズッキーニとアスパラとフレッシュトマトのスパゲッティとパンチェッタのアマトリチャーナです。
これは家族で好みが分れたのですが、個人的にはパンチェッタのアマトリチャーナに一票です。

#肩ロースのステーキ
IMG_3220
実はパスタで満腹中枢にフラグが立ってしまいました。
もうお腹一杯です。
一応いただきましたが、肉は外硬内柔で結構でした。
お味も結構でした。
しか〜し、もう入りません・・・

#サプライズプレート
IMG_3221

IMG_3223

IMG_3222
ホールスタッフがイタリア語で「タンティ アウグーリ アッテ♪(ハッピー バースディ ツー ユー♪)」を歌っていただき、店内のお客様を巻き込んでの大合唱になりました。
このようなサプライズプレートはありがたいものです・・・

#デザート
IMG_3226
ティラミス、ガトーショコラ、ジェラートの盛り合わせです。
うん、これは鐵板ですね。
個人的にはこのお店のティラミスは好きな味です。
全体を通して申せばコスパ良しのお店です。
味は際立ったものはありませんが、全体をうまく纏めているシェフの技量はたいしたものです。
満足なディナーでした。

この後、私の運転で帰宅してから、リビングにて高級ワインで二次会です。
次回から飲もうかなとプチ思ったりしました・・・
次は奥様の誕生日祝いです。

それでは(^_-)

神楽坂 コグスダイニングカグラザカ

今日は「異文化?」です
P013517025_480
大阪に住んでいたこともありよくミナミには出没していました。
その繁華街でよく見かける看板は「たこ△△」というものでした。
個人的にはタコ焼き生誕の街ということで、その出自に対してのリスペクトからの「たこ△△」かと思っていましたが、「たこ」というのはЦ(コ)の字カウンターでお客相手の商売をする形式を「たこ」というのですね。
実際、調理人が四方に手を伸ばして接客するさまが、まるでたこが八本の足を使って相手をしているように見えるからです。

「関東煮(かんとだき)」とは関東の「煮込みおでん」が関西に伝わり関東煮、と呼ぶようになったのが通説ですが、これにも異説があるそうです。
P023464534_480
そもそも1923年に起きた関東大震災で、関東の料理人が関西に避難したり、逆に関西の料理人が復興需要を当て込んで関東に進出したりしました。
東西料理人が行き来したおかげで割り下を使う関東風のすき焼きなどもこの時期に関西に伝わったとされています。関東煮もその1つだったということです。
しか〜し1844年創業の老舗、大阪はナンバにある「たこ梅」さんが関東大震災前から関東煮を看板に掲げていたそうです。くだんの「たこ梅」さんの大将は「堺の浜で中国人の食べていたごった煮をヒントにして、初代が作ったのを広東煮(かんとんだき)としたと伝わっています」と申していますが、真実は「薮の中」であります。

ぐつぐつとさせない弱火の中でじわじわ炊く「東京のおでん」とは異質のものです。
まず「関東煮(かんとだき)」は香りがよいのです。
加えて、鰹ダシをベースに沸騰させることで鯨の身や皮のうま味をしっかりと抽出させます。
これによりダシは白く乳化して濃くまろやかになります。
要は豚骨ラーメンのスープを炊くのと同じです。
羊頭狗肉とはいいすぎですが、看板などの表示と内容が一致しないようなものでおでんとは違う食べ物なのでしょうね・・・
実は「関東煮(かんとだき)」っていまだかつて食べたことがありません。
多分食わず嫌いなのでしょう・・・
万が一不味かったら嫌だなと思っているだけですので、来月奥様と関西に行きますのでその時に是非ともトライしてみましょう。


マリオのつぶやき・・・



今日は神楽坂に出没です。
IMG_1915

IMG_1918
パン屋さんがやっているイタリアンがあるということでお邪魔しました。
今日のお店は「コグスダイニングカグラザカ」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6 三丁目テラス1F
電話:03-5579-8795
定休日:日曜日(第3月曜はランチのみ営業)

IMG_1921

IMG_1920
お店の外観です。

IMG_1924
店内の雰囲気です。

IMG_1923
メニューです。

今日のオーダー「パルメザンチーズのスパッゲティ」@1,200+@400(チャージ)=1,600円(内税)です。
店内は女子会のお客様で煮えたぎっています。
その中、黒一点黙々と仕事をしている私は異邦人であります。
それにしても意識的に聞いていたわけではないのですが、女子会の会話ってストーリー性がないのですね。
間欠泉のように飛び出てくる話題に皆で相槌を打っているだけのように思えました。
確かにこれはストレス解消になりますね。納得です。
多分、男性ならこのような脈絡ない会話には耐えられないでしょう。
女性恐るべしであります。

待つこと9分でall you can eat(食べ放題)のパンが到着です。
IMG_1925

IMG_1926
これはエクストラバージンオイルでいただきます。
うん、ほかほかのパンは美味しいです。
ご機嫌になりました。

IMG_1930
特にレーズンパンは美味しかったのでお代わりしました。
これハマリますね。

待つこと14分で「パルメザンチーズのスパッゲティ」の到着です。
IMG_1927

IMG_1928
見た目シンプルです。
きれいなのでしばらく見ていましたらパスタの余熱でパルメザンチーズが溶けてきました。
食べごろかなと思い実食です。
うん、これはパルメザンチーズを楽しむスパゲティでしょう。
奇をてらうパスタより心に食い込んできます。
美味しいですね。
ソースの乳化もよく久々に「simple is best」を楽しみました。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

水天宮前 オステリア チ ヴェディアーモ

今日は「マイナス×マイナス=プラス」です
中学3年の1学期の期末試験の数学をまぐれで満点をとったことから、数学好きになりました。
高校に入っても数学は不定期に満点をとっていましたので通知表の成績は9と10の間を行ったり来たりしていました。得意科目と言えると思います。
数学の醍醐味といえばやはり理詰めで戦えることです。
難問が解けた時はなんとも清々しい世界が広がります。
答えが一つしかないのがフェアです。
これも数学が好きな点です。
加えてひとたび証明された定理の永遠的なゆるぎなきことは神の領域でもあるといえるでしょう。
そのような数学好きなために大学の時は数学の家庭教師をやっていました。

家庭教師を雇うご両親というのは家庭教師を馬鹿に付ける薬みたいに思っています。
その為か教える生徒さんっていうのは勉強嫌いの子が多かったように記憶しています。
高校受験を控えた中学3年生の男子を教えていた時のことです。
季節は夏でした。
そのお宅の庭から夏の盛りを称えるかのような蝉の合唱に耳を取られていたら、中休みの時間になったみたいで、生徒さんのお母さまが冷たいアイスコーヒーを持って入室されたのでブレークしました。
その時、生徒さんとの雑談の中で、マイナス×マイナスがどうしてプラスになるの、という話題になりました。
私は白紙の上に
1+ (-1) =0
と書いて、この式は分るよね、と聞いてから、この式の両辺にマイナス1を掛けるんだ。
するとこのようになるよね。
(-1)×1+(-1)×(-1)=0
(-1)×1の答えは君が知っているようにマイナス1だから説明はしないよ。
-1+(-1)×(-1)=0
そうして両辺に1を足せば・・・
1-1+(-1)×(-1)=1+0
になるから最後は
(-1)×(-1)=+1
ほうらマイナスかけるマイナスはプラスになるよね。
と言ってにんまりしてアイスコーヒーをストローで一口飲みほしました。
するとこの生徒さんは、分りにくいというか分らないよ、と言ったのです。

middle_1208589005
そしてしばらく考えていたら突然、線の上、要はゼロのところに立っている人が回れ右をして後ろ向きになって、そのまま後ろ向きで歩けば前に進むってことじゃないの、って言いだしたのです。
二の句もありませんでした。正解です。
今までこの子を色眼鏡で見ていた自分が恥ずかしくなりました。
それに加えてこのような簡単な説明ができなかった不明をなげきました。
そして、感動は人からもらうのではなく、感動を与えることのできる人間になろう、と心に強く誓った20歳の夏でした・・・


江南スタイル2



今日は人形町に出没です。
IMG_1586

IMG_1582

IMG_1584

IMG_1587
鯛焼きすきなのですが、創業大正5年の高級鯛焼本舗「柳家」さんの鯛焼きだけは食べた事がありませんでした。
理由はいつも大行列で並んでまで買いたくはなかったからです。
今日は僥倖というかツイているというか行列ができてなかったので念願の鯛焼きを求めたのです。
プチしあわせです。
早速近隣の公園で熱々の鯛焼きをいただきました。
餡が優しい甘さなのですね。
それによって他のお店より餡の量を多くできるみたいです。
食べ応えがありました。
いつも行列が途絶えない理由に納得したのであります。

IMG_1569
ということで今日のランチです。
今日のお店は「オステリア チ ヴェディアーモ」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋蛎殻町2-7-8 1F
電話:03-6661-7477
定休日:不定休

IMG_1577
お店の外観です。

IMG_1576
店内の雰囲気です。

IMG_1572
メニューです。

今日のオーダー「かきとほうれん草のクリームソーススパゲッティ(前菜・パスタ・カフェ付」@1,380円です。

IMG_1573
待つこと8分で自家製ポークハムのサラダとローズマリー入りフォカッチャ(画像無し)の到着です。
何とも豪華な盛り付けです。
ポークハムはジューシーで美味しいです。
プチ満足です。

IMG_1574
待つこと15分で「かきとほうれん草のクリームソーススパゲッティ」の到着です。
見た目綺麗です。
それでは実食です。
クリームソースは乳化もよくコクがあり美味しいですね。
かきがソースにほっこりとからまっていて且弾力があり好きな味わいです。
うん、美味しいですね。
うまく纏まりすぎているきらいはありますが高評価です。

IMG_1575
これにコーヒーがつきます。
リーズナブルな価格でレベルの高いイタリアンが楽しめるお店といえるでしょう。
楽しませてもらえました。

それでは(^_-)

吉祥寺 トニーズピザ

今日は「小運を拾う事で大運を失くす」です
昨年末、私の元部下から突然にお歳暮が来ました。
ルーティンのお歳暮リストには入ってなかったので、奥様に頼んで年末に年賀として返礼品を彼の自宅に送りました。新年早々その部下からメールが入ったのです。

img_01
新年、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
先程西武百貨店の宅配便にてお年賀を頂きました。
小生も家内も大好きな坂角の海老煎餅で有ります。
まことにありがとうございます。
実はおせちに飽きていて早速家族で頂いております。
ご丁寧に奥様からも頂きました。
恐縮であります。
奥様にも御礼をお伝えください。

という内容です。
この文面を見ますと私と奥様両方から送っているように見受けられます。
そこで奥様に確認しますと、 奥様はもしかしたらという但し書きつきで言うには、当初は自分の名前で送り状を書いたのですが、それに気がつき私の名前で送り状を書き換えたのだそうです。
多分自分の名前分が破棄されずにダブったのではないかと臆断していました。

年が明けてその部下と会う機会ありました。
くだんの年賀の真偽を問いますと奥様の臆断のとおり彼の自宅には2個の海老煎餅が届いていたのです。
そこでどのように思ったのかと聞きましたら・・・
部下の奥様は、私と奥様が不仲なのでめいめいに送ったのでは、としていたようです。
私が、それなら同じものにならいよなぁ、と聞けば、確かに、と言っていました。
返す刀で、君はどう思っていたの、と聞きますと、▲▲さんは、超セッカチなので奥様に頼んだもののすぐに奥様が送らないのにいら立ち自ら送ったのです。
しか〜しその旨を奥様に伝えたつもりでいたのですが、その実は伝えていなかったのです。
一方の奥様は奥様で普通に送ったのだと思いました、と言ったのです。
それでは何故同じものになったんだよ、と聞けば、▲▲さんの家では、贈答品は海老煎餅しか贈らないのではと勝手に想像していました、との事です。
まさか、そんなことはしないよ。毎年変えているよ、と答え、デパートの誤謬とか錯誤だとは思わなかったの、と聞けば、一流デパーですのでさすがにそこまでは考えが及びませんでした、と答えていました。

個人的は、小運を拾う事で大運を失くさないでね、と言いたいところではありますが、彼の家は、「こいつぁは春から縁起がいいわい」であります
ちなみに、ここで言う春は、新春、正月のことです。
正月から縁起がいい、ということですからね。
私の家にも日本銀行から福澤先生の肖像画付の紙を間違って送ってこないかぁ、と思っています。
取り敢えず段ボール箱×1箱で充分であります、ハイ。


江南スタイル1



IMG_1324

IMG_1325

IMG_1323

IMG_1322
今日は所要があり吉祥寺に出没です。
飲み屋街をブラリしました。

IMG_1326

IMG_1328
その中で一番の思い出は、このお店もつ焼き「カッパ」さんです。
もつ焼きの美味しい事は言うまでもないのですがこのお店には「泡盛」@320円が置いてありそれを駆けつけで三杯も飲めば即に天国にいるような気分になれます。
飲み過ぎますとたまには地獄にも行きます、ハイ。

今日のお店は吉祥寺の繁盛ピザレストラン「トニーズピザ(TONY’S PIZZA)」さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-9
TEL:0422-49-1021
定休日:月曜

IMG_1332
お店の外観です。

IMG_1336
店内の雰囲気です。

IMG_1334
メニューです。

今日のオーダー「コーン(コーンとベーコン)」@850円です。
このお店の名前はご主人がニューヨークにケネディ大統領に憧れマスコミ関係の仕事で渡米した時に、ニューヨークのタイムズスクエアのTONY’Sで食べたピザが忘れられなかったのです。
それから幾星霜、帰国してピザ屋さんを始めた時にその感激したお店の名前を付けたそうです。

待つこと24分で「コーン(コーンとベーコン)」の到着です。
IMG_1338
ここのピザはオールドファッションというか重厚です。
その一端がチーズです。始めにオランダのエダムチーズ、続いてドイツのモッツレラチーズ、最後にはデンマークのマリポチーズとういう三重構造となっており、このチーズを生地から溢れんばかりに振り掛けます。
よってお洒落なイタリアンピザと違ってワイルドで深い味が堪能できるのです。
チーズが超美味しです。
上品なコーンも超美味しです。
味ですか、私の好きな味でありたまらない味であります。
大好きなお店の一つです。

愛が壊してしまった心をお持ちの貴女、手を差し伸べればいつもそこにいてくれた人がいなくなった貴方、ひどい失恋でなぜ生きていくのかを迷ってしまった貴女、ここのピザを食べていれば、あたかも玉乗りの曲芸師のように心は弾みに弾みますよ。
迷える子羊のような女性におすすめのハートウォームのピザ屋さんでもあります。

それでは(^_-)

丸の内 ダ・ボッチャーノ リターンズ

今日は「夢でもし会えたら♪」です
131124brain-thumb-640x360-68220
先日、英語と日本語が堪能なシンガポール人と雑談していました。
彼の日本語は私よりもしかしたら上手いかもしれないという程の会話力です。
聞きましたら小学生の時に日本で暮らしていたのでなるほどです。
しか〜し発音は良いのですが話す内容が最近の若者言葉を多用しますので、彼の会社の肩書からしますとかなり違和感があります。
なにかそのような流行り言葉で話すと日本人に歓迎されると思っている節があるみたいですが、そんなことはあるわけもなく、個人的には直した方が良いように思っています。

雑談の中で私が聞いたのは、物事を考える時は、英語、日本語どちらの言語をつかっているのですか、でした。
彼は笑いながら、日本語で話している時は日本語で考えますし、英語で話している時は英語で考えています。
しか〜し難しい判断がいる場合は公用語である英語を使いますかね。
日本語は抽象的な言葉が多いのでロジカルに考えるのには向いてない、と言っていました。
それでは夢の中ではどちらの言語で見ているのですか、と聞きましたら、笑いながら、意識したことがないので自信はありませんが、多分外国人がでてくる夢は英語で、日本人がでてくる夢は日本語だと思います、と言っていました。成るほどね、と思いました。

私が海外取引を始めた頃たいして英語が話せないのに外国人と流暢な英語で話している夢をよく見ました。
多分英語が流暢になりたいという願望のなせる仕業だと思っていました。
実は、夢の中の英語は夢を見た人の可能性を示唆しているのだそうです。
英語がしゃべれないのに英語がわかる夢は、その前向きな行動がその人の人間関係を広げていく、という暗示なのだ、そうです。
この夢を見た人は「未知なこともさほど抵抗なく受け入れられそうな状態」になっていることを表しているのだそうです。本当かしらん?
個人的は「願望」に清き一票です。

このふりネタ・・・
実はこの歌が好きなので紹介したかったのです。
回りくどかったですか?


今日は丸の内に出没です。
IMG_1225

IMG_1226

IMG_1205
たまには美味しいパスタでも食べるかと訪れましたのはこちらです。
今日のお店は「ダ・ボッチャーノ KITTE丸の内 (DA BOCCIANO!)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 5F
電話:03-3217-2013
定休日:不定休

IMG_1207
お店の外観です。

IMG_1209
店内の雰囲気です。

IMG_1212
メニューです。

今日のオーダーは二人とも「ボッチャーノランチ(いろいろきのこのクリームスパゲッティ)」1,674円です。
このお店は5回目(内二回は不投稿)ですが客を待たせ過ぎです。
今日も列の最後尾に並んでから32分後に席につきました。
待っている間かなりのお客が会計を済ませてお店を後にしていますのに一向に席への案内がなされません。
今日その理由がわかりました。

IMG_1213
この店員さんが他のスタッフに言うには、客を一気に出して空いたら一気に入れるからな、とのことです。
ちょっと待ってください。
普通席が空きましたら客を順次入れるのが常識だと思います。
ましてランチタイムの様な忙しい時間帯に、はるばる来たお客を取るに足らない理由で立たせ続けているなんて、言語道断であります。
正直、この店員さんに軽い殺意をいただきました。

待つこと2分で「前菜八種盛り合わせ」の到着です。
IMG_1214

IMG_1215
見た目野菜にパサパサ感があります。
食べても作り置きなのでしょう、私の一瞥の正しさが証明されました。
味ですか行間を読んでください。

待つこと13分で「いろいろきのこのクリームスパゲッティ」の到着です。
IMG_1217

IMG_1218
キノコが輝いています。
それでは実食です。
キノコは新鮮なのでしょう、プリプリしていて噛みしだく快感すら覚えました。
アルデンテのパスタもグート(gut)です。
クリームソースの乳化も良く、これは掛け値なしに美味しいです。

デザートのりんごと蜂蜜のゼリーと珈琲です。
IMG_1219

IMG_1220
これは特筆するものはありません。
どうなのでしょうか。
来るたびにここのホールスタッフの接客からは真摯な姿が見受けられません。
店名の由来である夏目漱石の名著「坊ちゃん」のラストシーンに出てくる、坊ちゃんが同僚の「山嵐」といっしょに教頭の「赤シャツ」に生卵を投げつけて終わるみたいに、気合を入れて見ますか。
それはなりません。
この行為は傷害罪(刑法204条)に該当しますので、それこそ本当に臭い飯をたべなくてはなりませんので・・・

それでは(^_-)

日本橋 紅花別館

今日は「若い女性との会話 其の壱」です。
YFyw4
若い女性たちとお酒を飲む機会がありました。
どうでもいい話で盛り上がっていたのですが、ある美形の女性が私に、男性って必ず浮気するのですか。
この間、大学のテニサーの同窓会に出席したんです。したら中年のオンナ先輩が、男なんかそれなりの経済力と自由な時間があれば、ほとんどの男は浮気するわ。もししない男がいたとしたら、この世ではありえない愛妻家か、女性にせまる勇気がない根性無しよ、と言われたのです。
本当にそうなのですか、と質問をされたのです。
あんでこの様な質問を私にするかなぁと思いながら、確かに男同士の間では、「浮気は悪」と言った感覚はあまりあいなぁ。友達なんかが浮気をしたという話を聞くと、羨ましがり嫉妬することはあっても、そんな事をしなくて良かったと思う男はいないよ、というように答えれば良かったのかな、と言いますと、そんなことはありません、と言いますので、それは人によりけりだよ。
私みたいなそれこそこの世ではありえない愛妻家の地位は低いというか、そのような「奥様大事」みたいな発言をすると同性からさげすまれるからだよ。
だから浮気は「男の勲章」って言われていて、そのような武勲を立てた話はまさに「悪事千里を走る」の様に喧伝されているだけだと思うよ、と言ったのです。
加えて、その為にはもっと男性を見る目を養った方がいいかも、と付け加えたのです。

個人的には、結婚して夫婦として奥様と過ごすうちに数多くの艱難辛苦を二人で乗り越えてきました。
そんな奥様は異性というより同志です。
そのような同志=奥様は裏切れません。
時計の針を巻き戻せば、私は一度たりと上述のような異性問題で、奥様を悩ませた事はありません。
従いましてその信頼があるからこそ数多(あまた)の困難を乗り切ってきたのだと思います。
というのも真実なのですが・・・
私が異性問題を起こさない最大の理由は、私が女性の本質的な怖さを知悉している為です。
思い込みの深さでは、男性は女性にはかないません。
この人と思った女の執着はこの世の全てを劫火(世界を焼き尽くしてしまう大火)でなめつくします。
亡き父が、女は叱れば膨れる。おだてればつけあがる。そこで殺せば化けて出る。ホンに始末の悪い生きものよ、とよく言っていました。
東海道四谷怪談のお岩さん然りです。
そんな恐ろしい性に対抗するという勇気は金輪際持ち合わせていません。
女癖の悪い友人が良くこぼしていたのは別れようと思った女性から「あなたとは絶対に分かれてやらない」と言われて家の周りをうろつかれた、というものです。
私はこの話を聞く度に戦慄していました。
私ならこのような女性に対して翻心させるような言葉を持ち合わせていません。
控えめな女性であればあるほ程、往々にして過激で革命的な性格でがある事は、人口に膾炙しているところでもあります。浮気好きな男性諸君、女性の強さとたくましさを侮ってはなりませんぞ、であります。

There is no remedy for love but to love more.
愛に対する治療法は、より愛する以外にない。
Henry David Thoreau(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)


黒澤明の凄さを実感する8分半!



今日は日本橋に出没です。
IMG_0947

IMG_0949
今日のお店は「訪問候補店」です。
今日のお店は「ロッキー青木」の「紅花」で有名な「紅花別館」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋1-2-15
電話:03-3271-0600
定休日:年中無休

IMG_0944
お店の外観です。

IMG_0940

IMG_0938
店内の雰囲気です。

IMG_0939
メニューです。

今日のオーダー「いろいろ茸とクルミとゴルゴンゾーラのピッツァ」@1,296円です。
このお店は二回目です。
前回は奥様と来ましたが、その時デジカメの電池が切れてしまい、ブログにアップできなかったのでした。
その時の評価はかなり高く、今日はデジカメの電池をフル充電にしての再訪です。
店内は昭和の雰囲気が色濃く漂っています。
別館だから本館があるのかなと思記いきや確認しましたところ本館はないようです。

待つこと16分で「いろいろ茸とクルミとゴルゴンゾーラのピッツァ」の着皿です。
IMG_0942
見た目どっしりとしたピッッアです。
それでは実食です。
濃厚なチーズです。
ゴルゴンゾーラはピカンテでしょう。
随所に置かれていて味を締めています。
茸とクルミってあいますね。
味ですか懐かしく且つ美味しい味わいです。
食べれば食べるほど味がふくよかになります。
これはピッッアでなくピザです。
量が多いのが唯一の瑕瑾ですが、大満足の一品でした。

最後にトイレはリノベーションしてください。
ここにも昭和の匂いが色濃く残っていました・・・

それでは(^_-)

丸亀 ミセスKeikoの手作りケーキDEARカフェ

今日は「夫婦」です。
幸せというものを最近とるに足らないような事で感じています。
例えば同じ部屋にいて奥様の寝息を聞くとか、たまに手をつないで奥様の手の温もりを感じたりする程度のものですが、いままで喜びと悲しみをともに踏み越えて生きてきたのは、このような些細な幸せを確認するためのものだったのかもしれません。

かつて結婚式で「結婚は人生の墓場」というような挨拶をいただきました。
956e8b65ca2bc87a34204c70659e671a
確かに結婚そのものはハッピーエンドではありません。
結婚して夫婦として奥様と過ごすうちに、上述のとおり数多くの艱難辛苦を二人で乗り越えてきました。
多少は矮小されるのでしょうが、これからも同じような憂悲苦悩(うひくのう)が間欠泉のように湧き上がってくる事でしょう。
夫婦の幸せってラスト10マイルで決まると思います。
ともに人生のゴールテープが見え始めた頃に、二人の結婚がハッピーエンドで終わる事が予想できたのなら、その結婚は良かった、と言えるのではないでしょうか。

しか〜しこれだけ長く一緒に暮らしているのですが、奥様が私にかけた「桎梏の魔法」がいまだ解けていません。
西遊記の中で、孫悟空が筋斗雲に飛び乗り世界の行き止まりに行き、そこで見つけた5本の柱に自分の名前を書いて得意になって帰ってきて、その事をお釈迦様に報告をしましたら、それはお釈迦さまの指に書いた名前だったと言う話に合致しています。
夫婦というのはお釈迦さまと孫悟空の関係のような気がします。
所詮夫は奥様の手のひらの上で右往左往しているだけなのです。

最後に以下の警句を紹介して終わらせていただきます。
「どんなに気の弱い女性でも、どんなに気の強い男性より、さらに気が強い」
この警句は真実です。


この歌好き!



今日は香川県は丸亀市に出没です。
IMG_0881

IMG_0882

IMG_0902

IMG_0905
慌ただしく丸亀に着いたものの昼一番の打合せの準備をしなければならず、テーブルの大きなお店を探していました。今日のお店は「ミセスKeikoの手作りケーキDEARカフェ」丸亀店さんです。

住所: 香川県丸亀市土器町東8-538
電話:0877-58-3335
定休日:無休

IMG_0883
お店の外観です。

IMG_0887

IMG_0889
店内の雰囲気です。

IMG_0894
メニューです。

今日のオーダー「前菜ランチ&生チョコのショート」@1,180+@285=1,465円(内税)です。
しか〜しシャレオツなお店です。
マリリンモンローのポスターが店内を圧倒しています。

待つこと4分で「前菜の盛り合わせ」の到着です。
IMG_0891
野菜主体です。
体によさそうです。

待つこと12分で「ニンジンのスープ」の到着です。
IMG_0893
うん、これはたおやかな味です。
心が温まりました。

待つこと14分で「生パスタ(ベーコンとポテトのガーリック)」の到着です。
IMG_0897
盛り付けがきれいですね。
パスタはフェットチーネですか。
それでは実食です。
うんこれはペケポンですね。
フェットチーネがパサパサしています。
茹で時間間違えたのでしょうか。
加えて味が平板でというかしっかりしていません。
プチ残念です。

デザートの生チョコのショートです。
IMG_0900
屹立とした稜線がきれいです。
味ですか、手作りなのにしっとり感がありません。
それなりの味ですが、これももう少し頑張って欲しかったですね。
で〜もドリンクバーの珈琲は美味しく、昼一番の打合せの起承転結はこのテーブルで充分に構成できました。
結果実り多き商談となりました。
今回の訪問先はこの地での橋頭保となるでしょう。
そろそろこの様な新規は部下に任せませんと・・・

それでは(^_-)

池袋 PIZZA BORSA

今日は「くちびるは何のために」です。
くちびるは何のために?
いつもあなたの名前をよぶため・・・
というのもありです。
それはおっぱいを吸うためです。
哺乳類以外の動物には唇がありません。
見えないのではなくて、本当にありません。
哺乳類は唇を乳首に密着させておっぱいを吸います。
これをしないで周りから空気が漏れていると吸えたものではありません。
ストローでも同じです。ためしに歯でストローをはさんだりしながら空気が漏れた状態で吸ってみてください。
がんばればもちろん飲めますが、ストローの周りに唇を密着させて、空気を一緒に吸い込まない状態で吸ってみると、吸うのに必要な力が格段に違うのが実感できます。
小さな赤ちゃんにとっては死活問題です。唇が敏感なのも乳首を探し当てるためです。
唇が哺乳類にしかないことも考えると、唇の役割として一番大事なのは、このおっぱいを吸うことです。
Mackmackmossmossの知恵袋を参照

大学生の頃の飲み会でビールをストローで吸うという罰ゲームがありました。
thumb5
なぜかこのようにして飲みますと確かに早く酔うのです。
理由は何かなと思いきやネットで調べましたらsayapamaさんという方が明快に答えていました。
それは、ストローで飲むと同時に呼吸がしにくくなり,軽い酸欠になるので,血中アルコールの代謝効率が下がるので酔い易くなるのだそうです。
代謝効率とは、呼吸し、酸素を取り込んでアルコールを活発に代謝(燃焼)することです。
だから、酒を飲むと呼吸が荒くなり,体が火照ります。
また、ストローで酒を飲むと顔の筋肉が活発に動き、深い呼吸をするようになり、それに伴って心臓の動きも活発になります。そして、血流が激しくなりますのでアルコールが血流に乗り、全身を駆けめぐる時間も短縮されるからだそうです。

個人的には、唇は口笛を吹くためにあるだと思っています。
しか〜し私は口笛を吹くのがヘタなのです。
そこで口笛で世界を取った天才少女を紹介してこのふりネタを終わりにします。




今日は池袋に出没です。
IMG_0843
立教大学御用達の美味しいピッツェリアがあるとの情報を入手したので行ってまいりました。
今日のお店はPIZZA BORSA (ピッツァ ボルサ)さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-30-8 渡辺ビル 1F
電話:03-3986-1703
休日:無休

IMG_0845
お店の外観です。

IMG_0847

IMG_0849

IMG_0850
店内の雰囲気です。

IMG_0851
メニューです。

今日のオーダー「マルゲリータ」@1,080円です。
店名のボルサ(BORSA )はイタリア語で袋です。
店主曰く池袋のピザ屋なのでボルサ(袋)なのだそうです。

待つこと8分で「マルゲリータ」の到着です。
IMG_0852
見た目美味しそうです。
コルニチョーネ(pizzaの縁)は屹立系ではなく御椀系です。
dough(生地)は少し塩味がきついですね。
で〜もギリですから問題ありません。
味ですかトマトソースとモッツァレラチーズのバランスが取れていてなかなかですよ。
美味しいです。
このお店はまだまだ奥が深そうなので再訪して見る事にします。

よいお年を(^_-)

有楽町 ジャポネ 7th

今日は「常軌を逸した行動」です。
この間、通勤電車の三人掛けの優先席に女性を真ん中にして、その左側に私、その右側に私と同年齢の中年のリーマンが座っていました。
蒲柳の質1
真ん中の女性は蒲柳の質の美女ですがそのせいかマスクをしていました。
電車ですから揺れますよね。
その揺れで右側のリーマンが真ん中の女性の体を肩で押しましたら、キモイ、キモイ、と言ってその男性の脇腹を押し返しました。
私はその光景を見て唖然していましたが、今度は私が電車の揺れでその女性の体を肩で押しましたら同様にキモイ、キモイ、と言って私の脇腹を押し返し、加えて鋭い目で睨みつけられました。
何だ!この不条理の時空はと思っていましたら、くだんのリーマンと以心伝心となったみたいで、お互いにアイココンタクトで、やれやれ・・・
なんとも大変な人の隣に座ったものだな、と慰めていました。
しばらくすると、この女性の狼藉は、今度は目の前の中年女性にもふるまわれました。
同様に目の前の中年女性が電車の揺れで彼女の足にふれますと今度は新たな技です。
バックからハンカチを出して、触れられた足に大きな汚れがついたかのように、パタパタとその汚れを振り払っていました。久々に見た異常人です。
私は、普段iPadairでメールのチェック等をしているのですが、何をされるか、何を言われるか、わかりませんので寝たふりをしていました。
30分位しましたらくだんの彼女の降車駅に着いたみたいです。
席から立ちあがってわかったのですが、彼女は足がかなり悪いみたいで、その為に歩き方がぎこちないのです。
だからといって・・・
これ以上は留め置きます。

自分の行動や言動で、相手がどう思うか、といった「想像する」という力が弱い方がおられます。
くだんの女性も「これをしたらどうなるのか」という想像ができなかったのでしょう。
それ故に常軌を逸した行動になっていたのだと思います。
難しい問題です。
本来なら「君子危うきに近寄らず」なのです。
そのような仕打ちが嫌だったのなら我慢せずに席を立てば良かったのでしょうね。
で〜もその女性が私の家の隣人だったらと思いますと背筋に戦慄が走りました。

人は弱者をひいきにはするが、勝者の後ろにしかついていかない。
それでもなお、弱者のために戦いなさい。
Kent M.Keith


こりゃ便利その3



今日は銀座に出没です。
IMG_0182
今日のお店はロメスパの絶巓「ジャポネ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西1-2 銀座インズ3 1F
電話:03-3567-4749
定休日:日曜・祝日

IMG_0183
お店の外観です。

IMG_0186
店内の雰囲気です。

IMG_0184
メニューです。

IMG_0185
調味料の面々です。
いずれも特大サイズです。

今日のオーダー「チャイナ塩味」@500円です。
伺ったのが18時過ぎでしたので並ばずに座れました。
「チャイナ塩味」とは、ザーサイ、シイタケ、オニオン、コマツナ入りの焼きスパです。

IMG_0189
待つこと2分で「チャイナ塩味」の着皿です。
緑色のコマツナが目に鮮やかに写ります。

IMG_0190
沢山のパルメザンチーズを冠雪状態にしていただきます。
気持ちタバスコも数滴タラタラとかけました。
それでは実食です。
胡椒がかなりつよく、それ以外はほのかなバターの香りです。
うん、これはペケポンですね。
味がはっきりしません。
それなのに粉チーズを大量にふりかけたものですか味がさらに分からくなってしまいました。
しいていえばもう少しザーサイを投入していただきましたら味がしまったのでしょう。
いずれにしても大量のチーズをかけ回したのは私の責任です。
完食したのが私の誠意でした。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

豊島園 ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト 4th

今日は「英語がヘタ」です。
会社の電話の内線が点滅したので電話をとりましら同期の人間からでした。
△△、俺だよ、デュッセルドルフから懐かしい奴がきてるぜ。お前に会いたいとさ。
13応接会議室に来いよ、と言って電話が切れました。
誰だろう?と思いながら席をたち指定された会議室にいきましたら、なななんと6年ぶりに会うStefanでした。
会うなり彼は相好を崩して、Old-young friend △△! Long time no see って言ってハグしてきました。
Stefanは、私がドイツ担当だった時の仲間でその当時は二人でかなり大きな取引をしていたのです。
ちなみにold-young friendの意味なのですが、実はStefanと私は同じ年なのですが、やたら老けていくStefanに対してまったく老けない私に対してやっかみ半分で私の事をそのように呼ぶようになったのです。
雑談が終わった後、同期の人間から、相変わらず下手な英語だな、って笑われました。
まぁ海外駐在していないから仕方ないけど、意味は通じているけれど教科書英語だから違和感はあるよ、って半分慰め半分は馬鹿にされていたのです。
悔しいけれど仕方ないのです・・・
何で下手なのだろうと思っていたら「目から鱗」のコラムを見つけたのです。
ここから先は英語の上手な人は読まないでくださいね。

私が「目から鱗」となった指摘は英語教育研究者の安武内ひろし先生のコラムに書かれていました。image_header3

woman-talking-to-friend-v9Kz2M-lgn
以下がその内容です。参考にしてください。
例えば「明日は雪だ」というのを英語で言おうとしますと「Tomorrow will be・・・」となりませんか。
しかしこの表現は自然な英語ではありません。
少し英語を勉強した人なら、天候を表すのならば「It」を主語にするとか「We」を主語にするといった話法を思い出すでしょう。
Native speakerなら「It will snow」あるいは「We will have snow tomorrow」になります。
では、なぜ「Tomorrow」を主語にしてはいけないのでしょうか。
それは、日本語の「明日は」という時の「は」は主語を表す「は」ではないからです。
この「は」は主語提示と言って、これから述べる話題を提供するものです。
「明日は雪だ」は「明日に関して言えば、天気は雪だ」という文章の中の「天気は」という主語が省略されているのです。つまり、英語と日本語では、文化背景と思考形態が違うので、言葉の構造が決定的に異なります。
すなわち英語は人間が中心となり、行動や動作など、働きのある動詞を好む「する型」の言語であるのに対して、日本語は状況中心で、状態を表したり描写を好んだりする静的な「なる」型の言語であると言われています。
したがいまして、自然な英語を話したければ、日本人の好きなBe動詞的発想を忘れて、人が主語で他動詞を使うNative speakerが使うSVO型にした方がよいのです。
一つの例として「あなたの趣味は何ですか」を、Be動詞的言い方ですと「What is your hobby?」という日本人英語になりますが、SVO型で言いますと「What do you do in your free time?」とNative speaker英語になるのです。

如何でしたがわかりやすいでせう。
Do not say a little in many words but a great deal in a few.
多くの言葉で少しを語るのではなく、少しの言葉で多くを語りなさい。
Pythagoras(ピタゴラス)


青の神秘・・・
青の神秘〜五色沼湖沼群

「青の神秘」 青、赤、コバルト・・・沼ごとに違う神秘的な色。木々にはもう秋の気配が…〜RealTimes Story Teamから、RealTimesで作ったストーリーをご紹介します〜

Posted by RealTimes Japan on 2015年10月14日



今日は休日ですが打合せがあって豊島園に来ています。
遊園地に来ているのではありません。
打ち合わせですからね。
一時間位で打合せは終わりました。
時計を見れば14時です。
お昼を食べませんと・・・
豊島園といいましたらここしかありません。
今日のお店は豊島園の超有名イタリアン「ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト」(Pizzeria da Aoki tappost)さんです。

住所:: 東京都練馬区早宮4-37-29 ラフィット豊島園 1F
TEL:03-5999-3988
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_0026
お店の外観です。

IMG_0041

IMG_0032

IMG_0034
店内の雰囲気です。

IMG_0028
メニューです。

今日のオーダー「シラスと水菜のニンニクオイルスパゲティー(珈琲付)&ティラミス」@980+@390=1,370円です。

待つこと4分でサラダの到着です。
IMG_0030
見た目きれいです。
野菜が新鮮です。
ドレッシングはマヨネーズを使ったシーザーサラダドレッシングですか。
うん、これは美味しいです。イケています。

待つこと12分で「シラスと水菜のニンニクオイルスパゲティー」の到着です。
IMG_0039

IMG_0037
こんもりとシラスが入っています。
厨房の可愛らしい女性に聞きましたらイタリア人もシラスが好きみたいですね。
生シラスもいただくみたいです。
日本人みたいですね。ちがうかに日本人がイタリア人みたいなのかな?
味ですかアーリオ・エ・オーリオですがニンニクの香りづけは抑え気味です。
一口で大量の魚を飲みこみザトウクジラみたいにシラスを口いっぱいにほおばり噛みしだきますと、紺碧の海原を漂っているよう香りがします。
これは美味しいですね。
思わずブラボーが口をついてでました。

IMG_0042

IMG_0043
食後のティラミスは過不足ない甘さで且つマスカルポーネチーズのトロットした食感が口内でとろけます。
食後の楽しみを極大化してくれました。
大満足のレートランチでした。
こんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ