下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

餃子

日暮里 あづま家

今日は「ウケた・・・」です。
9991e2899986d88475c575618e981df0
実は私「目立ちたがり屋」です。
なんでなんだろうと考えてみました。
血統的には母方の血であろうと考えています。
母方の一統は確かに目立つことが大好きでした。
オジサンは祭になると刃物を振り回して誰彼なく切りつけていたので目立っていました。
ちがうか正しく申せばこれは怖がられていたのです。
伯父の名誉の為に申しますと、伯父は決して狂人ではありません。
起業家として大いなる成功を収めています。
その当時の伯父は自分より喧嘩の強い人間を求めていただけで、雑踏の中でその人間を探すのが面倒くさいので、ヒカリモノで道を開けさせていただけです。
その方がかえって異常ですと、それは言えます。
オジイチャンは当時東日本最大の商店街である「佐竹商店街」を褌一丁で練り歩いて、母はあまりにも恥ずかしいのでその度に浴衣を持って追いかけていました。
これは目立つというより、都会のドレスコードをオジイチャンが知らなかっただけです。
私はそのような血を色濃く引つぎ、加えてAC(Adult Children )だったこともあり、これが「目立ちたがり屋」のそもそもの根源なのかもしれません。

2012mori01
さら〜に、小学校の2年〜6年生の間の5年間、私は学芸会の劇の主役をやっていました。
特に6年生の時は「森は生きている」(ロシア人の児童文学作家である、サムイル・ヤコヴレヴィチ・マルシャーク作)で東京都の大会にでて銅賞をもらった事があります。
これは私の演技が上手かったのではなく、劇担当の先生の手腕であり、私は単なる台詞読みロボットだったのです。
それでも幕が上がる前は、心臓が早鐘にように鳴り、その鼓動のうるささで長きに亘って覚えた台詞を忘れそうになるくらい緊張していました。
で〜も、ひとたび幕が上がるとまばゆいスポットライトの光が私の全身を舐めまわし、一筋の影が私の後ろにまっすぐに伸びきった時、漆黒の闇の中で私の最初の台詞が始まるのを大勢の観客が息を殺して待っているのです。
こんなに多くの人に見られているのだという快感は、私の興奮を極みにまで持っていきました。

会社に入って15年目の秋、なぜか営業から人事への異動になりました。
正直に申して営業に比べたら人事なんて面白くありません。
まして私の当時の主業務は新給与体系・新人事評価制度の企画、立案、施行でした。すごいストレスに苛まれながら、吹き矢の風切り音のように毎日ヒューヒューいいながらそれに勤(いそ)しんでいました。
しか〜し、この人事ではひそかな楽しみがあったのです。
それは会社説明会です。だいたい300名位の学生相手に一日6回程度の会社説明会をやるのですが、MCは全て私です。300名といえばそこそこの人数です。
その会社説明会では硬軟おりまぜて一時間ほど学生相手に、飽きさせずに自分の会社の良さを説明するのですが、これが面白かったのです。
特に仕込んだネタがウケた時の説明会は無常の喜びでした。学生も色々なタイプがいますので、クスグリは当意即妙で変えていくのですが、この工夫をするのが楽しかったのですね。
これでウケる喜びをおぼえてしまったのでした。

batu家家系図 (1)
数週間前、マラソンクラブの打ち上げの時、最後の最後にスピーチするように指名されたのです。
私は指名されることはないと思っていたのに加えて、皆がそれぞれのマラソン譚の話しをしてしまっていたので、話すネタがありません。
どうしましょう、と頭のCPUを光速で回したところ、我が先祖がやたら戦死していた事を思い出して、足が遅いので逃げ遅れて戦死していたという切り口で話をはじめたら、このツカミが思いのほかにウケたのでノッテしまい、かなりの笑いをとったのでした。
これはウケたなと確信しました。

batu家家系図 (2)
終わった後、いろいろの人から、面白かったよ、と言われて、アドリブでもできるなという自信も深めたのです。
おまけにこのようなお褒めのメールまでいただきました。
正直たまりません、役者と乞食は三日立ったらやめられない、理由がよくよく理解できる今日この頃なのであります。

こういうノリノリいいね❣



IMG_8313
今日は谷中に出没です。
美味しい餃子を食べさせる甘辛屋さんがあると聞きつけお邪魔しました。
今日のお店は「あづま屋」さんです。

住所: 東京都荒川区西日暮里3-2-2
電話:03-3821-4946
定休日:不明

IMG_8299

IMG_8300
お店の外観です。

IMG_8311

IMG_8302

IMG_8304
店内の雰囲気です。

IMG_8301
メニューです。

今日のオーダー「餃子ライス」@800円です。
時間帯なのかいつもそうなのかわかりませんが、上野高校OB達が差しつ差されつの大飲み会を開催しておりかなり店内は喧(かまびす)しかったですね。
俺ッチが現役の時は東大受験しないと校長に怒られたとか、北野勝はたけしの兄だけじゃないぞ、俺ッチの先輩だぞとか、小椋佳は東大から日本勧業銀行に行って、そんでもって歌手になったんだけど、あれぇ、女の先輩だっけ、とかとか餃子ライスがくるまで楽しくそのお話を聞いておりました。
しばらくしたら仏蘭西美女が日本の女友達ときたりして国際色とローカル色が合い混じって不思議な空間を創っておりました。

IMG_8305
待つこと9分で「餃子ライス」の到着です。

IMG_8310

IMG_8309
まずは副菜のお新香と椀物です。
いずれも美味でした。
特にスープはなかなかの味わいでした。

IMG_8306

IMG_8307
主菜の餃子です。
それにしても見事な焼き色です。
これは色で美味しいのがわかります。
それでは実食です。
まず皮は香ばしく焼き上がっていて美味しです。
餡はみっしりと入っています。
野菜主体ですが甘みがあり美味しい味わいです。
昭和の餃子ですね。
久々に食べ応えのある餃子をいただきました。
大満足です。
くだんの上野高校の人たちの元気は衰えずとうとうトップギアに入ってきたようです。
あんなに酔っぱらえるというのは家が近いからなのでしょうね。
ジモティか・・・

それでは(^_-)

錦糸町 亀戸餃子

今日は「成駒屋醜聞」です。

芸能人のゴシップネタには興味はありません。
しか〜しこの囲いインタビューをたまさかみて驚きました。
三田寛子さんってかなり頭が良い方なのですね。
この人は多分実業、虚業いずれかの世界に身を投じても成功されたでしょう。
驟雨の中のこの会見から、以下の発言が飛び出しました。
「私たちを育ててくださいました七代目中村芝翫である父、この父がいつもなにかと雨が降る『雨男』として有名でございまして、今日も急に、ここに向かう最中に大雨が降り出しました。
父がもっと気を引き締めて頑張らねばいかんぞということと、敦子(三田の本名)を守ってあげなきゃ、女の子だからかわいそうに、ドキドキしながら会見を受けるだろうという思いで、父がきっと私を守ってくださる雨だと思います。」
この当意即妙の発言は、思わず、この人できるな、と感動すら覚えました。
成駒屋という屋号のリスクマネジメントの点でもこの会見は申し分がありませんでした。

一方のご主人の中村橋之助さんは、幼弱性が強い方だなと臆断しました。
乳母日傘で育ってきた甘さの露呈ですね。
多分結婚前はご両親が結婚後は三田寛子さんが困った時には助けてくれていたのでしょう。
これは成駒屋に限らず歌舞伎界全体にいえるのではないでしょうか。
特に成駒屋は、五年前の兄福助さんの不倫騒動では、福さん助との間に子どもができたものの流産してしまったそうですが、福助さんは直撃した同誌記者に対して「なんで僕の子どもとわかるんですか!」と人の命を軽んじた発言をしていました。

閑話休題。
そんな甘ちゃんの彼も芝翫という大名跡を継ぐので流石に20年間の愛憎を精算しなければならず、さりとて自らカミングアウトできず、意図的に密会(多い時は週に3回)し敢えて文春にスクープ記事を書かせているように思えました。もしかしたら橋之助さんと文春とのタイアップ記事かもしれません。
他力を使っての釈明は、大人のふるまいではありません。
武士の情けで申せば、他の方策が浮かばなかったのでしょうね。

ichisayo-1
最後に不倫相手の市さよさんですが、多分ですよ、京都生まれの三田寛子さんに、頭の回転の良さを含めて自らと同質のものを感じ取っていたのでしょう。
実際、彼女は三田寛子さんとは数度会っていますからね。
全く異質の女性ならそこまで拘泥しなかったのでしょうが、彼女は三田寛子さんと自分を比べてしまったのでしょう。
人間は他の者と比較されて優劣をつけられる事は唾棄します。
そういう時には多くの人は、もし私が△△だったら▲▲だったのに、のようなプロテクスト(こじつけ)をして自らを正当化します。
これが20年間も引っ張った因ではないでしょうか。
三田寛子さんを向日葵だとしますと、市さよさんは芸妓とはいいながら艶やかな隠花ですから、このディスクレ(相違)は大きいと思います。

色々と与太話を書き連ね関係者の方々には申し訳ありません。
shikan8_0929a

shikan8_0929c
三田寛子さんが会見でも申していましたとおり、雨降って地固まるということわざがあるように益々の成駒屋の益々の弥栄(いやさか)をお祈り申し上げてこのフリネタを締めさせていただきます。

今日は錦糸町に出没です。
IMG_5334
この街は隠れた名店がなく、ほとんどがチェーン店さんばかりです。
そこを意図的に避けようとしたのですが最終的には五十百歩でした。
今日のお店は「亀戸餃子」錦糸町店さんです。

住所: 東京都墨田区江東橋3-9-1
電話:03-3634-9080
定休日:年中無休

IMG_5335
お店の外観です。

IMG_5338
メニューです。

今日のオーダー「ぎょうざライス」@700円です。

IMG_5337
座ると同時にモヤシと付け皿が置かれました。

まずはつけ汁の仕度です。
IMG_5339
私の場合はここの餃子を食べる時はラー油と醤油のみです。
モヤシは見たままの味です。

IMG_5340

IMG_5341
待つこと3分で一枚目の餃子とスープが到着しました。

IMG_5342
一皿目を食べ終わるとタイミングよく二皿目が出されます。
特に二皿目は焼き色が飴色ですね。
味ですか、ここのお店は大量に餃子を食べさせるために餡を意図的にあっさりとさせています。
従いまして二皿目程度ではここの野菜餡はしっくりきません。
最低でも五皿程度くらい食べませんとこのお店の餡の良し悪しはわからないです。
皮が美味いのは間違いありません。

IMG_5336
ところでこの画像のリーマンはこのお店で約1時間座り寝をしていて、店員さんから大クレームをつけられて、強制退去させられました。
昔の下町ではよく見かけられた光景ですが、その際のオチは無銭飲食でパトカーでの連行です。
この方は流石にお金を払われたのですが、見ていて暗い気分にさせられました。
理由は簡単です。
店員さんの脅迫めいたワーディングが聞くに堪えられないのです。
ニコニコ接客していますが、その実は反社会勢力の方の脅かしとなんら変わらないと思わせるからです。
錦糸町で永年お店をやっているのだから、そのような酔客ははなから入店を断ればいいのだと思います。

IMG_5344
しか〜しこのキスグレリーマンはさらにやり手でした。
このお店を出た後、性懲りもなく隣のこの店に入り座り寝を決め込んだようです。
大昔の錦糸町はこんな感じでした。
このような負の歴史は思いしだしたくなかったな・・・

それでは(^_-)

続 宇都宮 宇都宮みんみん

今日は「女性は役者?」です。
一般に男性は、分析的、論理的、空想的、抽象的で決断力があり、物事にこだわるところがあります。
それに対して女性は、即物的、現実的、感覚的、感情的で直観力があり、物事にあまりこだわらずに判断するところがあります。
脳の構造的にはマルチタスク(論理的且つ感情的)かそうでないか(論理的若しくは感情的)の違いなのです。
このマルチタスクの可否に加えて個人差がありますので、いわゆる男性=論理的、女性=感情的というステレオタイプの区別は間違っているそうです。
かかる中、私は非論理的な会話は苦手です。
特に巷間よく耳にする以下のような言葉を女性からシャワーの様に降り注げられますと心が折れてきます。

#5年前の結婚記念日にあなたこう言ったじゃないの。
検証不可能な過去のことを根拠に持ち出して論戦を張る。
#来年の結婚記念日にも、絶対にあなたはこう言うんだから。
検証不可能な未来のことを根拠に持ち出して論戦を張る。
#私が不幸になったら困るよね?だったらこの服買ってちょうだい。
反対できない発言を根拠にして論戦を張る。
#私がイヤだからイヤなの。
自分の感情を絶対視して論戦を張る。
#消費税上がると困るよね。隣の奥さんの事なんだけどさ。
3分ごとに話題が切り替わるような話が苦もなくできる。
#怒ってる?怒ってるんでしょ?何で怒ってるの?
相手の気持ちを斟酌せずに自分の中の結論をベースに相手を誘導する。
#今日の服可愛いねって何?前からこの服持っていますけど!
自分が怒りたい時は勝手に怒るが、怒っている理由は説明しない。
#何で今日食事作らないのって?私はそういうことはできない人間なの。
こう言いだした時は絶対に謝らない・・・
この様な発言を積み上げますと富士山の高さ位になりますが、ここで披露するのは本意ではありませんので捨て置きます。事程左様に女性は非論理的な話が得意なのであります。

女役者
私の奥様ではありませんが、同期の奥様が病的なヒステリー持ちでして、一度症状がでますと小一時間は止まらないそうです。ある時、いつもの様に反駁すると火に油を注ぐので途中から聞くことに徹したそうです。
しかも客観的に聞くためにその罵声を舞台にいる女優の台詞としてとらまえて聞いてみたのです。
台詞の内容は、何の脈絡なく滅茶苦茶で、ただただ彼をけなしているだけなのですが、次第に、奥様が怒り、ののしる台詞に感服して、よくもこれだけ支離滅裂なことを恥じらいもなく堂々としゃべれるものだなと感動すら覚えてきたそうです。
ヒステリー発作中の女性は、独り舞台の女優と同じで感情変化に重きを置きますから、観客はひたすら息を潜め、しっかりとその女優の演技を見詰めていなければなりません。
その観客の熱い視線を感じれば感じるほど、女優は満足し、一種の陶酔感に没入して、さらなる名演技が生まれてくるのです。
やがて時間とともにののしる声も小さくなり、やがて精も根も尽き果てたように黙り込んだとき、彼は閉幕の拍手の代わりに「ごめんなさい。二度としません」と謝ったそうです。
私はこのような場合、彼のような哲学者的な境地にはならず逃亡者的な境地になります。
この話を聞いた後、そんなにひどい奥さんなら別れたらいいじゃないか、と言いましたらし、この人とうまくやっていけるのなら、他のどんなにヒドイ人とでもうまくやっていけるだろうからその必要はないよ、と言っていました。
「語る人も語られる人も」というお話でした。


笑いましょう!



IMG_9397
今日は宇都宮に出没です。
今日のお店は「宇都宮みんみん」ホテル アール・メッツ店さんです。

住所: 栃木県宇都宮市川向町1-23 宇都宮駅ビルパセオ 3F
電話:0286-600-3151
定休日:不定期

IMG_9396
お店の外観です。

IMG_9401
店内の雰囲気です。

IMG_9400
メニューです。

今日のオーダー「焼き餃子(2人前)+ライス」605円です。
相も変わらずアルバイトの接客が雑です。
そもそも私語が多すぎるのですよ。
洗濯バサミを持っていたらマジにそれで口をはさんだ事でしょう。

待つこと16分で「焼き餃子(2人前)+ライス」の到着です。
IMG_9402
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_9403
羽根付餃子はカラッと焼き上がっています。
皮美味し、餡美味しです。
この熱々の餃子を食べてさえいれば私は超ご機嫌なのです。
大変美味しゅうございました。

それでは(^_-)

浅草 餃子の王様

今日は「危機一髪」です。
危機一髪とはひとつ間違えば、非常な危険に陥ろうとする瀬戸際の事です。
髪の毛一本ほどのわずかな違いで険や困難に陥るかどうかの、きわめて危ない瀬戸際をいいます。
Do you understand?

98f78f191b48d39078b005c408633672
前回の東京オリンピックの時にイギリスのスパイ映画が大ヒットしました。
その映画とはショーン・コネリーが演じるジェームズ・ボンドがイスタンブールとベニスをまたにかけて、犯罪組織スペクターの殺し屋達と戦い、最後はお約束の美女とねんごろになります。この映画ではロシア人の美女でしたね。
そのラストシーンに朗々と流れるのがマット・モンローの歌う「ロシアより愛をこめて」でした。
この曲は、激しい戦いの末にたどり着いた美しい水の都の風景と見事にマッチして世界的な大ヒットとなったのです。この映画の題名は「ロシアより愛をこめて」ではありません。
正しくは「007/危機一発」です。ここでハタと手を打った貴方は極めて優秀です。
そうなのです。ここで始めてふりネタにつながるのです。

実はこの邦題は正しくは「007/危機一髪」なのですがユナイト映画の宣伝部の錯誤で「007/危機一発」としてしまい、今更変えられないのでそのままにしたようです。
しか〜し私はそうは見ていません。
実はユナイト映画の宣伝部は番宣できたジェームズ・ボンドがヅラだった事を偶然にも知ってしまい、そのために敢えて「一発」ではなく「本当は一本の髪の毛もありませんよ」と言う意味で「一髪」にしたのに違いありません。
多分、この経緯はユナイト映画間内での極秘事項ではないかと臆断しております。

「刷毛に毛があり、禿げに毛がなし」と昔の江戸っ子は禿頭を茶化していました。
実は私の家系は禿頭の血筋なのです。ちなみに両祖父はツルッ禿げでした。
父は若いころは毛がふさふさとありましたが、晩年はススキの草原が頭一面に広がり爽やかな高原の雰囲気を醸していましたのでこれまた遺伝のなせる業(わざ)です。
私は大台が見えてきましたが、今のところはその心配は無用の様です。
しか〜しあんで男性はハゲを嫌がるのでしょうか。
ソフトバンクの孫社長のように、髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである。
ハゲは、病気ではなく、男の主張である。
ジョブズさんみたいに、死んで神にならず、生きて髪になってください、みたいな「ハゲの切り替えし」にセンスは感じますが、所詮負け犬の遠吠えであります。
で〜もたまにハゲになって笑われる夢を私も見ます。
「我が髪よ、我が髪よ、どうして私をお見棄てになったのか?」はマタイ伝ではなく、昭和の爆笑王名人林家三平師匠のネタでした。
ハゲのメリットは毛がないだけに怪我ない、は私のつぶやきです。
皆様も「危機一髪」にならないよう、ヘアケアには充分に注意しませう。

締めはやはりこの曲です。



IMG_9008

IMG_9009
今日は打合せがありアサヒビールタワーに参りました。

IMG_9011
打合せが終わり、いい時間になりましたので浅草で夕食をとりました。
今日のお店は「餃子の王様」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-30-8
電話番号:03-3841-2552
定休日:火曜日

IMG_9013
お店の外観です。

IMG_9016
店内の雰囲気です。

IMG_9012
お店の惹句です。

IMG_9014
メニューです。

今日のオーダー「餃子+半ライス+ザーサイ」@400+@200+@350=970円です。
下町っ子ですからこのお店にもかなり来ています。
しか〜し来ていたのは不純な動機だったのです。
当時大学生だった私はたらふく飲んだ後に、このお店に来ては餃子ではなく白乾(パイカル)で締めていたのです。アテはザーサイでした。
当時の白乾はアルコール度数が40度近くあり、これをカポンカポンと飲んでいますと、まさに奈落の底に落ちていくような感じになるのです。
まさに「カ・イ・カ・ン」なのでした

IMG_9015
与太話はほどほどにしましてまずは調味料の面々のご紹介です。
ここらへんの景色は昔と変わりません。

待つこと10分で今日のオーダーが全部そろいました。
IMG_9020


まずは名物の餃子です。
IMG_9017
表面パリパリで具がたっぷり入っています。
特に焼き目が付いている部分は画像の通り硬めです。
いわゆる外硬内柔であります。
そして、中の餡はニラなどの野菜のみです。
それが細かく刻まれており、噛むと野菜の甘みがあふれでてきます。
しか〜しそれは熱々の状態の時だけです。
今日みたいにすこし置き冷ましの状態になりますと、その味は半減します。
「焼いたら即出す」を励行していただきたいものであります。

IMG_9018
ザーサイは浅くつかっていて私の好きな味です。
昔はこれさえあれば白乾を鯨のように飲めたのです。
いわば私の青春の蹉跌の味なのです。
プチ恥ずかしい・・・

そうそう私の前の中年カップルが怪しいのです。
話しぶりから金融関係の会社の同僚の様ですが、その実「不倫」でしょう。
男性の落ち着きのない事ない事笑えました。
私と目が合っている女性が、私のことを誰かに似ている、とその男性に言ったみたいで、言われたその男性は慌てて私の方を振り返りました。私は間髪入れずに睨み付けましたら、その顔にまぎれもない驚愕の色が浮かんでいました。
多分会社の誰それと錯覚したのでしょう。
帰りしなに壁にかけてあった傘を落としましたら、思いのほか大きな音がしました。
するとくだんの男性は椅子から飛び上がって大いに驚いていました。
そんなにビビって浮気してどうするのでしょう。
このようなナヨナヨしている男性をみていますと、背中に思いきりケリをいれたくなります。勿論していませんから。
なにか浅草に来ますと、気持ちが若いころに戻るようです。
で〜もこの不倫カップルにはかなり楽しめました、ハイ。

それでは(^_-)

神田 西海 4th

今日は「少年A」です。
少年A1
週刊文春6/25号によると、「元少年A」は手記を出版する事を熱望していたという。
その少年Aに400万円余を出して補助したのは、幻冬舎社長の見城徹氏。
彼の書いた「編集者という病」と「異端者の快楽」いずれも出版したのは、今回の太田出版高瀬幸途前社長。

元少年Aは、見城氏とエイベックス社長の松浦勝人氏が対談した2010年正月のBSの特番で見城氏を知り、アプローチしてきたという。

しかし、被害者を冒涜する内容を記した手記。
元少年Aの身勝手極まる、自分の痛みを回避する為に書いた本。
小動物や幼児たちを冷酷無残に殺し、自分の冷酷さを得意げに誇示するような描写。
この男は、究極のナルシスト。

こんな男に与えられる 「究極の罰」は「出版を熱望」していたなら出版を拒否することであった筈。
それが「罪の償い」になったのではないでしょうか。

自己救済のためにご遺族の病む心を逆なでし、両親や関係者たちを絶望に陥れる自己中心の男。印税を差し押さえ、ご遺族に全額差し出すべきでしょう。
デヴィスカルノマガジンより転載
少年A
酒鬼薔薇聖斗さんがシャバに出てきてだいぶたつようです。
出所したものの自らが酒鬼薔薇聖斗である事が判明して仕事を続けることができず、真面目に働いても、いつ辞めなければいけないかわからない。頼る人もいない。縁もゆかりもない土地で、カプセルホテルやネットカフェなどを泊まり歩く不安な日々が続いたそうです。日雇い労働を転々としても埒があかない。今のままでは一生この犬小屋発豚小屋行きの負のスパイラルからは抜け出せない。行き場がなく、金もないAにとって、人生の限界はおのずと見えていた。 そんな現状が、執筆に向かわせたという見方もあるそうです。
このくだりは自己申告若しくは臆断でしょう。
さらに言えば自ら若しくはメディアの演出であるかもしれないのです。
真実は不明ではありますが、もしそうだとしましたならばらばかなり噴飯物の話であります。

「Aにはもう守るものも、捨てるものもなにもないわけです。であるならば、どんなにバッシングされようとも、負のスパイラルから抜け出すために、まとまったお金が必要だと考えたのではないでしょうか。出版社サイドにはA自らが手紙を書き、どうしても出版したい旨を伝えてきたといいますから」(出版関係者)
本を出版する際、一般的な著者印税は8〜10%程度。
Aが出版社と交わした印税契約は、この数字よりもかなり大きかったといわれています。
「自分でもこの本がどれほどの話題になるか、わかっていたのでしょう。どれくらい売れるのか計算もあったと思います。印税が10%として1冊あたりAに150円が入ります。今は10万部ですが、これから重版がかかって20万部、30万部と増刷されていけば、Aは5000万円以上の大金を手にすることになります」(前出・出版関係者)
アメリカのニューヨーク州には犯罪者が「犯罪」をネタにして利益を得る事を阻止する「法律」があるそうです。
「サムの息子法」というものです。犯罪加害者が、自らの「犯罪物語」を出版・販売して利益を得ることを阻止する目的で制定されました。
日本でも犯罪者が「犯罪」をネタに利益を得る事を禁止する「法律」を作って欲しいですね。
そうもしませんとマッチポンプ的な犯罪ビジネスの孵卵器になってしまいます。

被害者や遺族方々もある意味、事件の「当事者」であり、その方々の了承も得ずに勝手に出版するなんてことは社会良識に反します。
この本を一般市民が読んで、何の 社会的意義があるのでしょうか。
どのように共感すればよいのでしょうか。
少年犯罪の背景の解明が目的だとする太田出版の言い分を是とするなら、太田出版は無料で Webで公開するべきでしょう。それでなければ出版社がしかけた加害者との共同営利事業と断じられても致し方ないです。

精神病の領域でいえばAはある種のサイコパスだそうで完全な治癒はできないそうです。
私が気になるのは、社会で生活しているAは、いま何らかの心理的サポートや医療のケアを受けているのかどうか、ということです。
それができていなければ多分公安がfull guardしているのではないでしょうか。
もしAが再犯したのならば日本の警察の威信失墜必須です。

個人的にはこのような人間の範疇にある人間で恐怖を感じるのは、「羊たちの沈黙」でおなじみのカニバリズムの殺人鬼アンソニー・ホプキンス演じるハンニバル・レクターです。
このような人間が隣家に居住居していたら嫌なものです。
この感覚は普通だとおもいます。



IMG_7952
今日は神田に出没です。
今日はなぜか「水餃子」を食べたくなりました。
今日のお店は長崎料理の名店「西海」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-8-5 山口ビル1F
電話:03-3254-4780
定休日:土曜・日曜・祝

IMG_7958
お店の外観です。

IMG_7957
店内の雰囲気です。

IMG_7953
メニューです。

IMG_7954
今日のオーダー限定15食の「水餃子」@830円です。
待つこと5分で「水餃子」の到着です。
緑と白のコントラストがきれいですね。

IMG_7955

IMG_7956
それでは実食です。
一口で大量の魚を呑むザトウクジラみたいに丸ごと一つをいただきました。
水餃子の皮はモチモチしていて美味しいです。
肉汁も溢れでてきてお味は結構でしたが口内が熱くてたまりませんでした。
こういう事をすること事態信じられません。
いまだにお子チャマであります。

野菜はシャキシャキして美味しゅうございました。
水餃子は全部で8個です。
どうですかね、物足りなさはありましたがこの味で@830円では宜しいのではないでしょうか。
ちなみに再食はありません、ハイ。

それでは(^_-)

宇都宮 宇都宮みんみん

今日は「splashの最近考えた事」です。
宿題を強制的にさせられてきた子どもは、宿題を忘れた子供に宿題の答えを教えません。
この例えの拡大解釈で、どのような辛いことも、ただただ耐え、努力するだけで生きてきた人にしてみれば、安易に流されて生きてきた人を優遇する社会の仕組みは許せないのです。このような考え方は、社会的常識一般からいえば歪んでいるのでしょう。
しか〜しその「歪んだ考え方をする」人々も、その人が置かれた状況の中で考えれば自然なのです。
自分の運命として、厳しい状況に素直に反応した結果、社会的に多少歪んだ考え方になっただけです。
常識的な考え方をする人だって、同じようにあらゆる苦しみに耐えて、嫌なことをしながら頑張って昇進したときに、安易に流されて怠けてきた人が要領の良さだけで昇進したなら納得しないでしょう。
そうなのです、辛い思いに耐えて生きた人々が、易きに流されて努力をしない人を認めたら、自分の今迄の生き方、自分の価値、自分の存在を否定することになります。
若いころから刻苦勉励して生きてきて、社会的に成功した人が超保守主義に傾くのは自然なのです。
換言すれば「お前達は、俺のように辛い努力をしなかったではないか」ということなのです。
というか、何よりも、辛い努力をしないで安易に生きてきた人が嫌いなのである。許せないのですね。
私を含めてこのような人っていますよね・・・

最近の新人育成はマニュアル中心のOJTです。
何か困難ことがあると新人はマニュアルを要求してきます。
いわゆるstandard operating procedure(標準作業手順書)です。
たしかに業務効率の点からしますとマニュアルは便法なものです。
で〜もマニュアルは、その作業をする時に考えずにやるためのnavigatorです。
その要諦は考えてはいけないという規律を要求する物です。
それがマニュアルの本質でもあります。しか〜しマニュアルを作る側は本質を見つめて作るのですが、残念ながら新人には那辺を十分に教育しないで使わせますと、彼等は心得ぐらいに捉えて読みます。
本質は守らなければならないのです。
本質を忠実に行うから良い結果が出るのです。

マトリックス
しか〜しマニュアルの最大の欠点は業務全体の森羅万象を網羅しているわけではありません。
マニュアル記載されていない事象が起きた場合は、マニュアルの手順をすべてキャンセルして問題の本質を掘り下げて対処することです。
特にビジネスの世界にはマニュアルで解決されないことが多々あり、その為に「応用力」言い換えればinsightfulな行動が要求されるのです。
新人の方にはここを強調したいのです。
世の中の言い古された言葉に「男は敷居を跨げば七人の敵あり」というものがあります。
ましてdog yearの昨今です。映画マトリックスの例でいえば「男は敷居を跨げば数えられないほどの敵あり」となります。従いまして今迄以上に「地頭(じあたま)」を強くしておきましょう。

トラブルは避けられません。
生きている以上、色々なトラブルに巻き込まれます。
そこで「自分は駄目な人間だ」などと決して思ってはなりません。
自分は良く頑張ってきた人間なのだ、どんなトラブルを抱えようが自分は素晴らしいという確信を持ち続ける事です。
私の好きな言葉に「問題は解決されるためにある」というのがあります。
これは日本興行銀行の重鎮だった中山素平さんのものです。
「最初からあきらめてどうします。問題は解決されるためにあるのですよ。」
問題があるから挑戦できる。挑戦できるから、失敗もできるのです。
失敗もできない(信用されない、なにもまかされない、認めてもらえない)ようになっては、人生つまらないじゃないですか。
ドキドキするような緊張と、ワクワクするような興奮を持って、問題に立ち向かっていきましょう。
もう一度繰り返します。トラブルはあなたの価値を下げません。
問題に立ち向かっていく姿が素晴らしいのです。
結果はその次でしょう。
こんな事を書く日もあります。


今世界的ブームになっているHAPPYの福島版を作りました。
総勢200名、たくさんの人を巻き込むカバー動画作り、とても勉強になりました。福島のHAPPYをぜひ、感じてください!



IMG_1293

IMG_1292

IMG_1300
今日は夜のとばりが落ちてくる時間帯の宇都宮に出没です。
今日は20時までに帰社せねばならず多分退社の23時越えは必至であります。
そこで新幹線の待ち時間を利用しましてかるい夕食をとりました。
今日のお店は「宇都宮みんみん」ホテル アール・メッツ店さんです。

住所: 栃木県宇都宮市川向町1-23 宇都宮駅ビルパセオ 3F
電話:0286-600-3151
定休日:不定期

IMG_1294
お店の外観です。

IMG_1296
店内の雰囲気です。

IMG_1295
メニューです。

今日のオーダー「焼餃子+水餃子+ライス」@605円です。
宇都宮「みんみん」は何度もきていますが、パセオさんに入っているこちらへは初めてです。
ホテルの中にあるのでとてもオサレです。
基本的にこのようなしつらえのお店は大好きであります。
しか〜しホールスッタフさんの動線はよくなく見ていてイライラします。
プラ〜ス私語が多い事もあり好感は持てませんでした。
いくらアルバイトであるからといって、仕事中ですので客にその内容が分かるような私語はいけません。
多分マネージャーが日ごろ注意していないのでしょう。

IMG_1297

IMG_1298

IMG_1299
待つこと10分で「焼餃子+水餃子+ライス」の到着です。
見た目美味しいそうです。
まずは「焼餃子」をガブリです。
皮がカラッと焼かれていて、芳醇な小麦の匂いが口の中に広がります。
餡は抑えめな野菜味ですが、これが皮の美味しさを倍加させています。
美味しいです。
それに反して「水餃子」は見た通りのあじです。
スープに浸されてでてくるのかなと思ったのですがただのお湯でした。
もしスープ浸しでしたらごめんなさい。
味音痴のブログですので・・・
結論ここは「焼餃子ウマシ」のお店です。
あんど「コスパ良し」のお店でもあります。
以外にここ穴場かもしれません・・・
雰囲気を大事にする方にお勧めのお店です。

それでは(^_-)

吉祥寺 一圓

今日は「waiting in a queue」です。
国家的大行事GWが始まりました。
私達おとぼけ夫婦はこのGWに大旅行を計画しています。
その為にしばらくブログの更新が止まるかもしれませんがあしからずご容赦ください。

ということで今日はGW初日です。
今日は所用があり吉祥寺に単身やって参りました。
今日のフリネタは「waiting in a queue(行列に並んで待つ)」です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#日本初上陸「オリジナルパンケーキハウス」さんの行列です
IMG_0382

IMG_0383
目の子で申しますと一時間待ちでしょう。
全く人気が落ちませんネ。
しばらくこの行列は吉祥寺の風物詩になるでしょう。
個人的にはここのパンケーキは美味しいと思います。

#メンチカツの王者「肉のさとう」さんの行列です
IMG_0391

IMG_0392
目の子で申しますと90人が並んでいました。
to be honest,このお店は「メンチカツ」より「コロッケ」の方が絶対に美味しいと思います。
我家のようにここの「メンチカツ」を何十年も食べ続けていますと、「メンチカツ」の味はくどいように感じてくるのです。
それに「コロッケ」は並ばなくてよいですからね、ここがpointでしょう!

#「samba parade」の行列です
IMG_0394

IMG_0404
もみくちゃになりながら見ていたのですが、これはなかなか華やかですよね。
女性の皆様は、みな玉乗りの曲芸師のように弾みに弾んでいるかのように見えました。
健康的で結構ですね・・・


IMG_0381
ということで今日は吉祥寺に出没です。
今日の吉祥寺はGW初日とあって、名だたる美味しいお店は皆行列ができています。
休日に飲食店に並ぶのは嫌いのではないのですが、で〜もそれはお腹のすき具合によりけりです。
今日のお店はジャンボ餃子の名店「一圓」本店さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-2
電話:0422-22-5919
定休日:月曜日

IMG_0390
お店の外観です。

IMG_0386
メニューです。

今日のオーダー「餃子定食」@650円です。
行列に並んで待つこと25分で入店です。

IMG_0388
餃子は焼きあげるのに15分かかるとの事でしたが着皿したのは20分後です。
急いでいないからいいですよ。
見た目too bigです。
餃子ライスは、ザーサイ付きのライス、スープがついて、ジャンボな餃子が5個という内容です。

IMG_0389
それでは実食です。
餃子は、皮が分厚くて、表側はパリパリしていて、その一方裏側は、もっちり水餃子風でとても美味しいです。
しかし完璧に皮勝餡負です。
餡が皮に完璧にまけています。
さら〜に餃子が冷めてくると餡の妙な甘さが気になって箸が止まります。
私はかなり早食いの方ですが、それでもこの状態です。
まぁお店の伝統のレシピなので、私の様な食の素人がとやかくいう問題ではありませんが、量も多すぎますね、隣のチャライお兄さんは食べきれず残していました。

ところで隣に座っていたチャライお兄さんの携帯に電話がかかってきました。
すると眼鏡のお兄さんが間髪いれずに、店内の電話はご遠慮ください、と高圧的に言っていました。
所謂公衆道徳問題ですか。
携帯をかけたのならともかく、かかってきた電話の内容も分らずに問答無用でwarningする、国家権力的取締姿勢は如何なものでしょうか。
もし8938さんがきていて、その携帯に、オヤジが取られた、今からカチコミじゃ、道具用意せぇ、みたいな内容だったらどうするのでしょう。
この眼鏡のお兄さん、次の日の朝、井の頭公園池に簀巻き状態で浮かんでいますよ。

このチャライお兄さんが極めて常識があり、電話の内容を判断して、きちとん外に出て電話を続けるつもりだったら、どの様に言葉の穂をつなぐのでしょうか?
失礼しました、では済まないと思います。
この手のwarning(電話受け)は、余計な親切、余計なお世話、だと思います。
このような事が横行してくるから「日本国民の小学生化」に拍車がかかるのです。
特に公共施設・機関にはこのような無用な親切案内が多いのです。
この親切案内は日本人のマナー向上に資する為に行われているのではなく、予想だにしない事故が公共施設・機関で起きた場合の単なるrisk hedgeに他ならないのです。
言い換えれば公共施設・機関の責任逃れです。
そのような裏の意図がはっきりと見えているから、この手のwarningは案内公害と揶揄されているのです。
公序良俗・常識的行動に関しましては、個人の良識に委ねるべきです。
それがきちんとできることが成人の当然の責務であると強く思うところであります。

#番外編 この「キラリナ京王吉祥寺」のモデルさん綺麗ですね・・・
IMG_0380

IMG_0370

IMG_0378
このモデルさんはスターダストプロモーション所属の長尾寧音(ながおしずね)さんです。
北海道出身です、納得!
1995年8月17日生まれ。現在18歳。高校3年生のようです。
2007年のスターダスト芸能3部オーディションで約1万人の中からグランプリに選ばれ芸能界デビューしたそうですよ。

それでは(^_-)

亀戸 亀戸餃子

今日は「よそ者視点」の話です。
俺のフレンチ2俺のイタリアン
コンビニエンスストアなどに押され、不振が続く外食業界で型破りの企業が注目を集めている。東京・銀座を中心に低価格で高級料理を提供する「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」を運営する「俺の株式会社」(東京・中央)だ。 
立ち食いが中心の店内では、フォアグラやキャビアなどを使ったメニューが一皿1000円前後と高級店の3分の1程度。女性客を中心に平日から行列ができ、1ヵ月後の予約も即日満杯となる。 
2011年9月に1号店を開業してから、低価格の高級割烹(かっぽう)店を含め、早くも14店に達する。仕掛け人は中古書店を運営するブックオフコーポレーションの創業者、坂本孝氏。書籍流通に風穴を開けた同氏が今度は外食を揺さぶる。 
焼鳥店の経営を託されたのがきっかけで外食市場に入った坂本氏は不況を打破する条件を考えた。「(レストランや旅館の格付けをする)ミシュランガイドに載るような腕のいい料理人と質の高いメニューを持つ店は客足が途絶えない。家庭やネットで手に入らないからだ。それに人気の立ち飲み店の要素を加えてみた」という。 
外食チェーンは原材料の仕入れコストを通常、売上高の3〜4割に抑えるが。 
「俺の」シリーズでは低価格で高級料理を出すために6割を目安とする。しかも料理人にはミシュランガイドに載る有名レストラン出身のシェフが多く名を連ねる。引き抜きではなく、人材の仲介会社に依頼し、人選。経営方針への賛同を得た上で参加してもらった。メニュー作りもすべて店舗のシェフ任せだ。 
当然高コスト体質だが、立ち食い中心の利点がここで生きる。利用客の回転率が速く、売り上げでコストを吸収する。示均所得の高いビジネスパーソンが集まる銀座に集中出店し、食材の融通もできる。開業2力月以上の店はすべて黒字で、今後も出店を加速する。
「業界の常識は分からないことが功を奏した。株式上場も目指す」(坂本氏)
「経営の視点」日本経済新聞より転載

この記事にでてくる「俺のフレンチ」は、「松涛レストラン」の元総料理長能勢和秀氏や、「青山サロン」の布川鉄英氏など、国内のトップシェフが勢ぞろいしている立ち飲みフレンチのお店です。
この「俺のフレンチ」には是非とも訪れてみたいなと思っていましたが、その一方でこのお店を仕掛けた会社にも興味をもっていました。
仕掛けたのはブックオフコーポレーションの創業者、坂本孝氏だったのですね。
私のように食べ歩きを趣味にしている人間からするとよくぞこのようなお店をproduceしてくれたものだと拍手乱打でございます。

戦後日本で最大のヒット商品はミネラルウォーターだと思います。
ミネラルウォーターは「水と空気はただ」と思っていた日本人の感覚を根本的にparadigm changeをさせたというすごい商品だと思います。
さらに個人的に次のparadigm changeの商品ともうせばジェイアイエヌの非視力矯正用眼鏡だと思います。
一例でいえばこの会社の大ヒット商品であるPC用眼鏡は累計で100万本販売されています。
このお店はPC用眼鏡を求めるひとだけではなく、眼鏡をfashionの一部としてみなして求める人や、花粉症対策でオサレな眼鏡を求める人等来店者の40%は普段眼鏡をかけていない人達です。
言い換えればジェイアイエヌは度無し眼鏡を求める購買層をあらたに創出したのです。
この社長田中仁氏は韓国で一本3千円の眼鏡を買い求める友人の姿を見て、日本では数万円する価格体系に疑問をもったのがこのビジネスのきっかけだそうです。
以後田中社長は「目を守る、よく見えるための新機能・デザインの開発」を会社のmain missionとして次々とヒット商品を作りだしてきています。
この度無し眼鏡も本当に画期的なparadigm changeだと思います。

このフリネタのコラム子は、近年国内ではヒット商品がでてこない。理由の一つとして経費削減から採用を絞り込んだ結果、業界も企業も人材の同質化が進み、組織の発想力が低下したと推測しています。
さらに組織の活性化には新しい視点を持つ「若者」「ばか者」「よそ者」が必要というが、若者の数が減る時代、よそ者視点を備える企業は強いと纏めています。
そうなのでしょうか、たしかに「俺の株式会社」坂本社長、「株式会社ジェイアイエヌ」田中社長ともどもよそ者視点は持たれているのでしょうね。
個人的にはそれに加えて、“常識にとらわれない”“あったらいいなというものをさがす”“色々な視点で発見する”“アイデアは皆で育てる”というような事も必要だと思います。
単なるよそ者視点だけではヒット商品は作れないでしょう。当然ですよね。
そしてヒット商品を作る為に一番大事な事は、自らの手で変化を作るのだというドロドロとした熱い執念です。
これがあって初めてヒット商品が作れるのだと強く思うところであります。


恐怖の「花粉の飛散」をハイスピードカメラで捉えた映像の紹介です。
早くこの時期が終わって欲しいものです、クシュン・・・



IMG_4902
今日は亀戸に出没です。
今日のお店は「亀戸餃子」です。
外人が入ったのでつられて入店してしまったのです

このお店は下町に住んでいる人は皆知っている「焼き餃子」のお店です。
「パパは5皿、ママは4皿、お兄ちゃんは3皿、お姉ちゃんは2皿、私は1皿!餃子を食べて健康家族」というキャッチが有名で、私が下町に住んでいた頃は店内いたるところに貼ってありました。ちょっとあざといですよね。
決して、愛人はなん皿?妹はなん皿?弟はなん皿?と聞いてはいけません、あくまでもキャッチですから(笑)

大学生の時ここの先代とオオモメしたことがあります。
母親に頼まれて、このお店に「焼き餃子」を買いに来ました。
すると先代から、持ちかえりに、何分かかるんだい、と言われて、車できているから早ければ10分、道が混んでいれば15分位かな、何で、と聞くと、持ち帰りに10分以上かかる客には餃子が冷めちゃうから売れないね、と突き放したように言われ、若かったこともあり完璧にスィッチが入ってしまったのです。
ちょっと待てよ、オジサン、一体お店のどこにそんなことが書いてあるんだい。仮に10分で持って帰ってもすぐに食べるかどうかは分からないじゃない。大体オジさんの店って、客の皿の餃子が残り少なくなるともう1枚どうですかって聞いて、半強制的に皿を出すじゃない。一皿二皿は熱々でたべるけど、だんだん皿数が増えてくると食べる時間は遅くなるし、酒を飲みながら食べていたら冷め餃子になってしまうてのはよくある話だよね。自分のお店のご都合主義は棚上げしといて、わざわざ遠路はるばる焼き餃子を買いに来た客に、突然聞いたこともない10分ルールを持ち出すのかい。それなら店内でも10分ルールを徹底しろよ!客に冷め餃子食べさせるような押し売りをするなよ!って店内に響き渡る大声で返したものですから、お店の中が騒然となって、そこからオジさんと私はさらに激しい言い争いになっていったのです。
最後は先代の奥さんがとりなして、今回だけよって、焼き餃子を買って帰った事がありました。

それ以来このお店にはいっていません。
多分私はこのお店では出入禁止客になっていたと思います。
すみません、当時若かったとはいえ年長者に対して大変不礼な発言をしたことあらためてお詫び申し上げます。
ということで多分30年ぶりの再訪です、ハイ。

住所: 東京都江東区亀戸5-3-4
電話: 03-3681-8854
定休日:無休

IMG_4903
お店の外観です。

IMG_4908
店内の雰囲気です。

IMG_4904
メニューです。 
な何ですか、今では焼き餃子の持ち帰りができるのですか?
先代は焼き餃子の持ち帰り禁止をどうやら遺言しなかったようですね?

IMG_4910
生餃子のお土産の案内です。

IMG_4907
調味料の面々です。

今日のオーダー「餃子3皿」750円です。
店内に入ると知っているお店の人は一人もいません、従いまして、お前は出入禁止のはずだ、とも言われずおごそかに席につきました。
そしておもむろに、餃子定食ねっ、っていったら、うちは餃子のみです、といわれ30年のtime gapに気がついたのです。さらに、お飲み物は、といわれたので、水でいいです、と返してから店内を見回すと目の子で20名のお客がいてその内お酒を頼んでいないのは私ともう一人のサラリーマン風の客だけです、マジですか。
時計を見ると13時40分ですよ。
飲んだ後、仕事はどうするのですか、って思わず立ち上がって全員にききたくなりました。

そうそうこのお店は一人最低2枚がお約束ですので何も言わなくても勝手に2皿は順を追ってだされます。
見た目美餃子です。
美味しそうですね。

IMG_4905

IMG_4906
それでは実食です。
皮はカリカリモチモチしていてとても美味しいです。
で〜も餡が少しゆるいというかその存在が希薄です。
たしか昔の記憶をたどってみると、餡を100%美味しくすると飽きて量が食べられなくなくなっちゃうので、餡はすこし控えめの味にしているような、ことを先代が言っていたような気がします。
まあその正誤はべつにしてもう少ししっかりとした餡が私は好きです。

IMG_4909
そして二皿目の残りが二個になった時点で店員さんから、追加しますか、との声掛けです。
気分はワンコそばですね。
本当はいらなかったのです。しか〜し先代へのオマージュもあり追加をしましたが、やはり私にはtoo manyでした。
でも久々に下町の雰囲気と餃子の匂いと油(餃子の焼き場の隣の席)を身体全体に感じることができpetit幸せでした。
ご馳走様でした


それでは(^_-)

宇都宮 宇都宮餃子館

今日は「collection of Kobanashi Vol.1」の話です。
無題3
今日は世界各国の小話を取り上げてみました。

#其の壱
酔っぱらいが二人、首までウォツカに浸って、めいめいの女房の貞節を自慢しあった。
一人の酔っぱらいは、ある夜家へもどったらベッドに女房が寝ていて、そのよこにニワトリの羽根が一枚、落ちているのを発見したという。感心なもんじゃないか。おれがいないと女房はニワトリと寝てるらしいゼ。
それを聞いたもう一人の酔っぱらいは鼻を鳴らして、こういった。
おれが酔っぱらって家へもどったらベッドに女房が寝ていて、そのよこで運転手が寝ていた。どうやらおれがいないと女房はトラックと寝てるらしいゼ。

オチが秀逸ですよね。
落語でいえば考えオチですか。
しかし外国の人って視点が違いますよね、視点の跳躍力に拍手です

#其の弐
猛勇で聞こえた中国人民軍のある隊の兵士達が、あるとき、いっせいにむかって、女房がこわいと訴えた。
女房がこわいようではアメ帝と戦争ができるかと隊長がキメつけたけれど、いっこうにききめがない。そこで、隊長は、女房のこわい兵隊は右へでろ、こわくないのは左へでろと命令を下した。すると、100人のうち、99人がそろって右へでた。左へでたのは、たった一人だけであった。
そこで隊長が感動してその男の肩をたたき、同志、君だけが真の人民英雄だといった。
するとその男は、うろたえて頭をかき、低い低い声で、ナニ、私はかねがね女房にみんなのあとへついていってはいけないといわれつけてるもんですから、と答えた。

全世界の男性が笑えるjokeです。
なんで男性は奥様が怖いのでしょうか。
怖いものは怖いのであります、以上。


無題1
奇跡を信じておりましたが残念です。ゆっくりとお休みください。
ご冥福お祈り申し上げます。
この画像は「アン・ルイスさんのFB」より転載



現在日本のあるミュージックビデオが、世界で大絶賛されています。
そのミュージックビデオとは、音楽ユニット・livetuneと人気声優・中島愛さんがコラボして作った「Transfer」という曲のミュージックビデオです。


IMG_3134

IMG_3135

IMG_3136
今日は宇都宮に出没です。
宇都宮といえば餃子です。
宇都宮餃子といえば「みんみん」さんです。
その「みんみん」さんは基本無休なのですが今日は臨時休業でお休みでした。
仕方がないので出向いた先は「宇都宮餃子館」東口駅前イベント広場店さんです。

住所: 栃木県宇都宮市宮みらい1-6
電話:028-638-5400
定休日:無休

IMG_3137
お店の外観です。

IMG_3140
店内の雰囲気です。

IMG_3138

IMG_3139
メニューです。


IMG_3142

IMG_3143
今日のオーダーは「もつ煮+ライス」@500+@150=650円です。
実は今日は那須に出張です。
電車の待ち時間を利用しての昼食です。
本当はここの「餃子12種類食べくらべ」@800円をたのみたかったのですが、電車の待ち時間が37分しかありません。
店員さんの所作をみていたら緩慢なので、餃子を頼んだら間に合わないだろうと思い「もつ煮」にしたのです。

いい感をしていました。
この「煮込み」は温めるだけですので、遅くとも5分で到着とふんでいたのですが、実際はその倍以上の13分でした。店員さんに私語がおおいので調理時間がかかったのです。

それでは実食です。
ウン、煮込みじたいは美味しいですね。
モツは良く掃除されていて臭みもないし、適度の脂身も残っていて合格の煮込みです。
野菜は量がすくないもののホッコリ炊けていて美味しいですね。

しかしかかしこの料理で@650円はなぁと考えながら嘆息をついてしまいました。
ただ本部が用意した冷凍品を温めるだけでしょう・・・
観光客用価格だなぁと思った次第です。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

宇都宮 悟空

今日は「東京スカイツリー異聞」の話です。
IMG_1193
東京スカイツリーの高一さは634mで、電波塔としては世界一を誇る。2006年に計画を発表した後、各国が600m級のタワーや建物を想定していることが判明。電波塔としての世界一にこだわり、当初の約610mを変更した。昨年11月に中国の広州タワー(600m)を抜く「世界一高いタワー」として、ギネス世界記録に認定された。 
変更を検討する上で、有力案となったのは、東京タワー(333m)の倍の666mだ。しかし、構造設計上、640mが限界のため、早々と見送りとなった。 
また、628m(浅草寺創建)や、645m(大化の改新)のように年号にちなんだ案も浮上。さらには、小中高校の在学年数を並べた633mにするというアイデアもあった。「外国人に分かりにくい」などの理由でいずれも却下されたという。  
最終的に高さ634mに決まったのは、東京、埼玉、神奈川の一部を含む古地名「武蔵(むさし)」の語呂合わせが決め手だったという。 
高層建築物としては、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにある超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」(828m)が世界一の高さを誇り、東京スカイツリーはこれに次ぐ。事業主体・東武鉄道の担当者は「世界一で開業したかった。(限界ぎりぎりの)640mまで伸ばさないことへの葛藤もあったが、親しみやすい『むさし』に自然と意見がまとまった」と振り返った。

IMG_1029

IMG_1031

IMG_1030

IMG_1027
そしてその東京スカイツリー(東京・墨田)が22日開業した。 
初日は展望台や商業施設「東京ソラマチ」などに20万人を超える人が足を運び、にぎわいを見せた。事業主体の東武鉄道は初年度から営業利益を出せるとそろばんをはじく。約1400億円を投じた大型プロジェクトはもうかる仕組みになっているのか。
「家族4人で1万円を超えるのは高い」スカイツリーを見物に来た男性会社員(36)は話す。待ち時間の少ない日時指定券で、第2展望台(高さ450m)まで上ると料金は、大人が3500円、小学生は1900円。大人2人、小学生2人の家族では計1万800円かかる。大人料金は東京タワー(東京・港)の特別展望台(1420円)の2倍以上だ。だがこの高めの入場料が収支を安定させる要となるようだ。
スカイツリーはどんな収支構造なのか。東武によると、ツリーと関連施設の初年度の収入見込みは201億円。うち95億円は、東京ソラマチや水族館、オフィスからの賃料収入だ。ソラマチは312店が入居し、「ツリーの集客力で当面は安定した賃料収入が見込める」 (不動産アナリスト)という。 
残る106億円かツリー本体部分。電波塔としてテレビ局などから得る施設利用料は計30億円前後とみられる。主力の入場料収入は「60億〜70億円台」(SMBC日興証券の板崎王亮シニアアナリスト)で、総収入の3分の1程度を見積もっているとの見方が多い。
一方、人件費や広告宣伝費などの費用は193億円で、計画通りなら初年度から8億円の営業利益が出る。そのためには「大切な柱だが一番の変動要因(東武)という入場料をきっちり稼ぐことが必要だ。レジャー業界の推計では、大人や子供、割引きの効く団体などすべての客をならした平均入場料は1500円前後。この単価を維持するために「高めの料金を設定する必要があった」(レジャー大手幹部)とみられている。
東武はツリーがフル稼働する2013年度に460万人、14年度も430万人の入場者を見込む。両年度の営業キャツシュフロー(現金収入)は90億円台、ブームが落ち着く5年目も80億円強の予定だ。この基調が続けば総事業費1430億円は「20年程度で回収できる」(国内証券アナリスト)計算となる。
問題は人気に陰りが出たときに料金設定がどう受け止められるか。日本経済新聞が5月上旬、スカイツリー見物客100人に聞いたところ、「1000〜1500円」が妥当と答えた人が43%で最多だった。 
実際、国内レジャーには 「滞在1時間あたりの大人料金の上限は1000円」という目安かおる。東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)は大人6200円。平均滞在時間は8.7時間(11年度)なので712円。
2時間の映画作品は900円だ。平均1時間半の滞在とされるスカイツリーは第2展望台で2000円と目安の2倍だ。 
東京タワーの開業当時(1958年)の入場料金は120円で、映画と同じ料金設定だった。余暇産業研究所(川崎市)の井手信雄主席研究員は「東京タワーはソフト面の拡充などで年月とともにサービスの中身を変えてきた。スカイツリーも鮮度が落ちるころに新たな集客策を打ち出せるかが勝負」とみる。 
日本経済新聞「真相深層」より転載

東京スカイツリーが開業しました。
地元に住んでいる弟は開業前にすでに2回も昇ったそうでうらやましい限りです。
たしかに料金は高いですが、一度は昇ってみたいと思います。
亡き父母が存命だったら、どれだけ東京スカイツリーの開業を喜んだかと思うと感慨深いものがあります。

むかし東京スカイツリーの敷地内にあった日立コンクリーの巨大タワー(高さ6〜7m)が地盤の不等沈下からか、ある日、本当に突然倒れたことがあります。
私は倒れる瞬間をあたかもコマ送りの映画の様に見ていました。
最初はタワーの頭頂部が傾いたかなという程度でしたが、徐々に後ろにのけぞるように倒れていき、最後は大音響のあと巨大な砂埃が立ち昇りました。
タワーが倒れた瞬間私の体は、まさにトランポリンの上に乗っている様な感じで数10cm浮かび上がったのでした。
倒れたのを見届けてから、母にこのbig newsを伝えに家に帰ったら、母は母で突然のこの大衝撃に気が動転していました。
私の顔をみるなり、近くで爆弾が落ちたんだって、火が来る前に避難するんだから支度しなさい、と声高に叫んでおり、私が事態を説明すると安心し、今度はすぐに現場を見に行こう、と言ってから、私を連れて家を飛び出していったのでした。

Catastropheを煽る気はないのですが、そのような不幸な事故があった場所に東京スカイツリーが立ったんだな、と回想しただけです、ハイ特段に深い意味合いはありません。

Truth is stranger than fiction!
まさに「事実は小説より奇なり」ですね。


今日は宇都宮に出没です。
宇都宮っていえば餃子ですよね、ということで今日は奇をてらわずに餃子です。
というこで今日のお店は「悟空」さんです。

住所: 栃木県宇都宮市川向町1-23 JR宇都宮駅ビルパセオ 2F
電話:028-600-3575
定休日:無休

IMG_1212

IMG_1213
お店の外観です。

IMG_1220
店内の雰囲気です

IMG_1216

IMG_1215
メニューです。

IMG_1219

IMG_1217
今日のオーダー「ランチセット」@600円です。
ランチセットの内容は、餃子・小龍包・にらまんじゅう・スープ・ライス・漬物です。
餃子が選べます。
ということでジャンボ餃子(4個、400円)、肉餃子(5個、500円)、キムチ餃子(6個、380円)、シソ餃子(6個、380円)、野菜餃子から(6個、350円)から一品選るのですが、コスパ視点で考えますと、選択する餃子は肉餃子(5個、500円)しかありえませんね(笑)

待つこと10分で着盆です。
見た目美餃子ですね。
それでは実食です。
肝心の餡の味わいがまるでありません。
お肉も中に入っている野菜も旨味と甘味に乏しく餃子の醍醐味の肉汁もありません。
皮が美味しかったのが救いですが、最悪なのは小龍包・にらまんじゅうです。
これは皮も餡もベチャ子ちゃんで噛めば噛むほど空しさが横溢してきます。
IMG_1221
U字工事さん、栃木を代表して、ここのお客様にゴメンネ、ゴメンネと言って下さい。
しかしな、餃子の街なのに・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)

宇都宮 みんみん

今日は「昔の下町其の弐」の話です。 
前回のupで下町の子供達が鼠取りで捕まえた鼠を川で始末した話を書きました。
川と言えば私の実家のすぐそばには北十間川があったのです。

私が小学校高学年の頃、台風の翌日にはどこからかともなく大量の「軟球」が北十間川に流れてきました。私はこの大量の「軟球」をすくうために、紐をつけたバケツを川に何度も投げ込み、軟球を拾い揚げていたのです。
そして家に持ち帰り、洗剤でごしごし洗いそれからお日様で乾かして「運動具屋」さんに持ち込み買ってもらっていたのです。
「運動具屋」さんはそれを私から買ってC級品として店頭で売っていました。
いくらで買ってもらったかはもう記憶が希釈していて覚えていませんが「夜店」で2カ月は大豪遊できるお金でした。
その当時にそんなことをする子供はいなかったのでほぼ寡占状態の儲けでした。
かなりぼろい思い出であります。

そうそう川といえ私が幼稚園児だったときの話しです。季節は真冬。
いつもの通り川っ縁で遊んでいたら、プカプカト大きな人形が流れてきました。
人形にしては妙にリアルなので刮目したら、どうやら土左衛門さんのようでした。
私には断定ができないので、近所のオジサンに確認してもらいましたら 、間違いなく土左衛門さんでした。
すると近所のオジサンは、こんな寒いのにずーっと水に浸かっていたら可哀想だ、成仏できやしねぇ、って言って交番に届けにいきました。
すると交番のお巡りさんがオジサンと一緒に戻って来てこの土左衛門さんを見て、間違いなく水死体であります、と言ったきり何もしませんでした。
お巡りさんは川の流れに合わせて土左衛門さんについて歩いていきます。
その頃には物見高い下町ですから、砂糖に群がる蟻さん状態となり黒山の人だかりです。
ある橋まで来ましたら、ここから先は本官の管轄外でありますので、自分は交番に戻るであります、と声高らかに周囲にいる野次馬達に宣言し、その言葉の通り踵を返して交番に戻っていこうとしたのです。
すると周りの野次馬から大booingで、人間は死んだら皆仏様だ、仏様に管轄なんかあるけぃ!すぐに陸(おか)にあげろ、との怒声がどこからともなく湧きあがったのです。
しかしお巡りさんは、管轄は管轄でありますので、できないものはできないのであります、と言ってやはり交番に戻ろうとしました。
すると野次馬達がお巡りさんを囲み、そのお巡りさんを小突きまわし始めたのです。

世の中には本当に偶然というものがあるのですね。お巡りさんと野次馬達との揉みあいがい始まったまさにその時、川の潮目がかわり引潮となったのです。
するとそれにより土左エ門さんはお巡りさんが恋しいのか管轄にゆっくりと戻ってきたのです。
お巡りさんは事ここに至っては仕方ないと思ったようで覚悟を決めてこの凍てつく寒空の中、越中褌一丁の裸になり川に入っていったのです。
近所の舟屋「上総屋」さんも釣り船をだして協力し、この土左衛門さんのすくいあげ作業が始まったのでした。
数十分後、この土左衛門さんは毛布にくるまり、救急車で搬送されました。
可哀想なのは、このお巡りさんです。寒中作業により、唇は土気色、顔は青ざめ、大きなクシャミを連発しています。多分風邪をひかれたのでしょう。
すくいあげられた土左衛門さんよりこのお巡りさんのほうが顔色が悪くなっていたのでした。
第一発見者の私は子供心に“土左衛門さんを見つけてごめんなさい”とお巡りさんに手を合せて詫びていたました。

思わずジーンときてしまう動画です。



IMG_0463
今日は一日中宇都宮にいました。
昼食が餃子だったのでさすがに夕食は“餃子は無しよ!” と思っていたら、夕方に取引先に行く時に乗ったtaxiの運転手さんが宇都宮の餃子名店を紹介してくれました。
運転手さんのお奨めは、一に「みんみん」、二に イキイキ、三に正嗣 、後は中華トントン 雅秀殿 のようです。特に「みんみん」を食べずに帰る宇都宮出張はあり得ないとまで言い切りました。
同乗していた提携先が、それなら行くっきゃないですよね、と言い始めましたので,今日のお店は宇都宮の泉タクシーさん一押しの「みんみん」さんです。

住所: 栃木県宇都宮市宮みらい1-13
電話:028-651-6810
休日:不定休

IMG_0471
お店の外観です。

IMG_0466
メニューです。

今日のオーダー「焼餃子」@240円、「揚餃子」@240円、「水餃子」@240円です。
ちなみにこの店のアルコール類はビール飲みですのでお酒好きな人は“要注意”ちがうか“酔う注意”です。
IMG_0464
まずは泉タクシー運転手さん一押しの「焼餃子」です。
この餃子の餡は、基本のキャベツ・ニラ・しょうがといった野菜類に、豚バラのミンチで構成されているようです。いわゆる羽根付餃子ですね。
味ですか、美味しいですネ。餡が秀逸です。

IMG_0468
そして「揚餃子」です。これは栃木だけに日光の手前、所謂今市ですね。
餃子をあげる意図がよくわかりません。

IMG_0470
最後は「水餃子」です。これが一番餡の美味しさが良くわかります。
皮のツルリンと食感がたまりません。

前日のblogで書きましたように日本一の餃子の町は浜松市で決定です。
マラソンでいうと宇都宮市は浜松市の背中が見えない状態です。
泉タクシーの運転手さん始めとした51万強の宇都宮市民は観光客ばかりに餃子をたべさせるのではなく、自らが餃子を食べないと浜松市にcatch-upできませんよビックリマーク

それでは(^_-)

宇都宮 宇都宮餃子館 餃子村 本店

今日は「昔の下町其の壱」の話です。 
スカイツリーができ私の生誕の地、下町はなにやらここにきて観光美化されてきていますが、昔の下町はその実まさにダウンタウンでありました。

昔の下町は随所に棟割り長屋がみられました。
細い路地の両側に長屋が並びその中央に共同水道があり、そこで食事の支度や洗いもの等がなされていました。
路地の中央には排水路がありその排水路の上には長い木蓋がかぶさっており、随所には木蓋が朽ち落ちてないところもあり、そこからは糸みみずがゆらいでいるのが見えます。
ほとんどの家が汲み取り便所で、水洗便所の家は稀で不衛生きわまりありませんでした。
家の前にはゴミ箱があり、そこは蠅の繁殖場所でもありました。
ゴミ箱には上部に上げ蓋があって、そこからゴミをはじめ台所からでる野菜くずその他を入れていました。そのゴミ箱の全面には差し込み板があって、上の方にずりあげてたまったゴミを回収していました。しかしこのゴミ箱は悪臭の元凶で夏場にはまさにサリン状態となっていたのです。
家には鼠が多く、夜になると鼠の運動会が始まり、その運動会阻止のため大半の家庭では猫を飼っていました。金網で作られた鼠捕り、猫イラズという駆鼠剤も売られていました。
鼠捕りに入った鼠の始末は下町の子供の仕事で、子供達は近くの川に鼠捕りを持っていき、水に浸けてお陀仏にするのですが、すぐには殺さず鼠の苦悶の表情を楽しみながら始末していました。

このように昔の下町は不衛生でした。よって住民は町をきれいにすることを心がけていました。住民は早起きで、家の前をきれいにすることから町の一日がはじまります。
箒(ほうき)で丁寧にはき、バケツにとった水を柄杓にすくって撒きます。それも、自分の家の前だけでなく、両隣の家まで清めます。
両隣の家でも同じことをするので、家の前は三度はかれ、水がうたれます。
夏の日など、暑さを和らげるため水がまかれ、夕方には再び清掃します。

顔をあわせれば、必ず挨拶の言葉をかわします。
学校へ行く時、路上で会う近所の人に挨拶をしながら学校に急ぎます。
素知らぬ顔をするのは他所者か、最近引っ越してきた人のみです。

当時下町の親達は子供の躾で口を酸っぱくして言っていたのは「他人様ひとさまに迷惑をかけぬよう生きなさい」です。
家が密集しているので、住民は互いに譲り合わなければ暮らしてゆけないのです。
一人一人が思う存分の振舞いをしては混乱が起こるわけで、周囲の人への配慮をしながら日をすごす。まさに、ご迷惑にならぬよう身を処さなければ、生きてゆけない町、それが昔の下町だったのです。
参考文献 吉村昭著「東京の下町」

この動画は必ず最後まで見て下さい。結末は・・・これ以上書けません。



IMG_0463
今日は宇都宮に出没です。
宇都宮といえば「餃子の町」です。
餃子の消費量日本一といえば、今まで栃木県宇都宮市と認知されていました。
しかし、2007年2月19日、静岡県浜松市の浜松餃子学会が突如「餃子消費量日本一宣言」を行いました。市が行った調査によると、市内1世帯あたりの餃子年間平均消費が宇都宮市を大きく上回ったとのことです。

静岡新聞の記事によると、浜松市ではかねてからご当地グルメとして「浜松餃子」が知られ、市内には餃子を扱う店が300店以上あるなど消費量は全国でも1、2を争うほど。
去年9月に独自調査を実施した結果、市内1世帯あたりの平均年間消費量が1万9400円と、日本一とされている宇都宮市4710円を上回ったことが分かったのです。

では、なぜ今まで餃子の消費量は宇都宮が日本一と発表されてきたのでしょうか?
それは、総務省の家計調査が県庁所在地と政令指定都市のみのためです。
なので、今まで歯がゆい思いをしていた浜松市が独自調査を行いこのような結果を得たというわけです。

調査方法が異なるため、現時点では単純に比較することはできませんが、浜松市は2007年4月1日に政令指定都市に移行するため、次回の総務省の家計調査の対象になります。
この時ようやく同じ土俵で勝負ができるようになるわけです。
参考文献 Yahoo知恵袋!「minami0355」さん回答

ということで今日のお店は宇都宮餃子館餃子村本店さんです。

住所: 栃木県宇都宮市駅前通り3-4-4
電話:028-666-6067
休日:年中無休

IMG_0453
お店の外観です。

IMG_0461
店内の雰囲気です。

IMG_0460
来場芸能人の色紙です。
2009年7月6日に栃木県は太田原市のsuperstar、U字工事さんが来店されていました。
御承知の通りU字工事は地元断トツの進学校の県立「太田原高校」OBなのです。
ということでいつもすごいなぁとrespectしていたのですが、この後太田原の取引先に行ったら、U字工事って「太田原高校」は「太田原高校」なのですが、今は廃科されてしまった同校の商業科卒って言っていました。
取引先の担当者さん曰く、いくらなんでもお笑い芸能人が太田原に入れたら、それこそ私達が“ゴメンネ、ゴメンネ”ですよと笑っていました。

IMG_0456

IMG_0462
今日のオーダー「食べくらべセット」@800円です。
待つこと15分で着皿です。
食べくらべセットというくらいですから、短冊かなにかで中身が分かるようにしてあるのかなと思いきやありません。
お店のお姉さんに、これじゃまるでロシアンルーレットじゃない、って笑いながら聞きますと、食べれば中身が分かります、ですって・・・
それでは実食です。
皮は美味しいですネ。
味ですか、餃子は餃子ですね。しいていえば“にんにく”“激辛”“チーズ”の三点が刮目されました。
そうそうスープが美味しかったので、ここのラーメンは多分美味しいと思いますよ?

それでは(^_-)

有楽町 浪花ひとくち餃子 チャオチャオ

今日は「神栖海難事故」の話です。 
2011年1月1日午前6時55分ごろ、茨城県神栖市日川の日川浜オートキャンプ場近くの堤防で、同市の高校3年の男子生徒2人が高波にさらわれ海に転落した。1人は自力で岸に上がったが、同県立波崎柳川高校の保科良樹さん(18)=同市知手=が行方不明となっている。2人を救助するために飛び込んだ生徒はサーファーに無事救助された。
県警鹿嶋署によると、保科さんは中学時代の同級生の男子生徒らと計6人で初日の出を見に来ており、保科さんともう一人の生徒が堤防に近づいた際、波にさらわれた。
保科さんらは当初は堤防から離れた場所にいたが、「度胸試し」と称して上半身裸になって堤防の先端に向かって行ったという。一緒にいた同級生らによると、初日の出見物の際、毎年「度胸試し」をしていたとされる。(2011/01/01-19:27)
「時事ドットコム」より転載

以下がその状況動画なのです。
このYouTubeは限定公開のためリンクがはれないのでURLから見て下さい。
まず最初の動画ですが、前の方に写っている方は自力で岸に上がった高校生です。そして後ろの方に写っている方は行方不明となっている保科さんです。
そして次の動画ですが、友人二人を助するために海に飛び込んだ高校生を救助にいった勇気あるサーファー二名の救助活動の様子です。
しかしこの友を助けに行った高校生もエライものです、海岸にこのサーファーがいなかったら間違いなく天国にいっていたものと思われます。
さらにこのサーファー二人は二重遭難のriskもかえりみず、あえてこの荒波の中この高校生を助けにいったのです。
オレンジ色に輝く朝日、無機的にまわる風車、人間がいかに自然の前では無力だということを思い知らされました。
そして海岸について、サーファー二名のうち一名は膝から崩れ落ちるように倒れ込みました。彼らもギリギリの状況だったのですね、命がけの救助に拍手です。

面白画像

だまし絵
ひさびさのtrick画です。
如何ですか・・・

今日は成人式だというのに朝も早よから仕事です。
このパターンは去年と同じですネ・・・それでも14:00には仕事が終わったので所用と昼食をかねて銀座に出没しました。
餃子が食べたくなって探したところ、有楽町のガード脇に派手な餃子屋さんがあったのでお邪魔しました。
今日のお店は、浪速ひとくち餃子「餃々(チャオチャオ)」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町1-2-9
:03-3503-8333
定休日:無休

IMG_7560
お店の外観です。なにやらこのお店は株式会社餃子計画という大阪発のフランチャイズ店の様です。

IMG_7566
店内の雰囲気です。

IMG_7561
メニューです。

IMG_7568
今日のオーダー「特製餃子定食」@780です。
フランチャイズ店だからというので色眼鏡で見ているわけではないのですがあまりここの接客は好ましくありません。
始めにいつものように写真撮影のお願いをすると厨房staffの方から「かまわないけどっ!」との返しです。ウ~ンッ、厨房staffの方とは友達でも何でもないのですからもう少し他のいいかたはないのでしょうかネ。
そして「特製餃子定食」を頼んだ後に、プラス100円でソフトドリンクが付けられますが、とのたたみ掛けです。私が、ソフトドリンクって何ですか、と聞けば、ウーロン茶とジュースにカルピスです、とのことです。お子チャマじゃないのですから、そんなものを頼むわけがないじゃないですか、仮に頼むとするならば当然ビールです。やはりマニュアル通りに言うのではなく客の風体みて聞かないといけないと思うのです。

IMG_7565
そして待つこと5~6分して、このポテトサラダとお新香の突き出しがきました。
そして3分後にご飯と味噌汁がきましたので、餃子はまだかいな、って思いながらポテトサラダとお新香をオカズにしてご飯を食べ始めたのです。
そして5分後、おもむろに餃子の出現です。この真逆配膳も好きではありません。

IMG_7570
ここの餃子はパリパリの皮がこだわりです。
強く歯噛みするとお約束の肉汁が飛び出してきます。まあここまでは良いのですが
餡がユルユルです。ここの工夫の餡なので問題があるといっているのではないのですが、私はもう少し固めが好きなのですネ。
それとニンニクがダマになっています。ダマにあたるとニンニクの味しかしません・・・如何なものでしょうか。

最後に斜め前の宴会客に、お酒のお代りを聞いていましたが、宴会客の1人が、まだ、入っているからいいよ、と怪訝な顔で断っていました。
このお店は餃子屋さんではなくもしかして居酒屋さんなのかもしれません、居酒屋さんでもお酒が入っているのに追加注文は取りにきませんよネ。

14:30という時間だったのでかなりの空腹ですこしピリピリ感はあったのですが、それを差し引いても変な雰囲気と時間を有してしまいました、こんな日もあります。

IMG_7571
帰路の駅に向かう途中、有楽町電気ビルに「天鴻餃子房」さんがありました。
端(はな)からここにすれば良かったにな、と思ったのですが、ここに「天鴻餃子房」さんがあることはここを通るまで知りませんでしたものね(悲)

それでは(^_-)

日本橋浜町 天鴻餃子房別館

今日は「High Five」の話です。 
ハイファイブ(High Five)は二人が同時に頭の高さで互いの手のひらを平手打ちするような動作。称賛・祝勝を意味するジェスチャーです、要はハイタッチですね。
ちなみにハイタッチは英会話圏では通じないようです。
意味は多分5本指からきていると思われます。

この動画を見てほっこりされた方は私と同じ感性の方です、意外に嫌いな人もいるかもしれません。この動画、海外では“日本人がやたらマスクしている” ということで話題になったそうです。海外でマスクをしているのは日本人ばかりらしいですね。ニューヨークや香港などでは、マスク姿はほとんどいないようです。

だまし絵
この絵って不思議です、作者はこの効果を意識して書かれたわけですので一体どのような頭の構造になっているのでしょうか?

IMG_7355
今日歩いていたら映画?TV?の撮影が。エキストラの多さに驚きました。
そうそうアングルの関係で割愛しましたがこの後にも10人位立って待っているのです、ここまで仕込むのですね。

今日のお店は餃子のことなら任せてネという餃子専門店「天鴻餃子房別館」さんです。

住所: 東京都日本橋浜町3-10
:03-3669-6963
定休日:日曜定休

IMG_7340
お店の外観です。

IMG_7341
メニューです。

IMG_7342

IMG_7343
本日のオーダー「黒豚餃子定食」@750です。
国産の黒豚の腕肉を使用しており、モチモチとした皮の中にはおいしいスープがたっぷりとつまっています。味ですか、美味しいですね、パチリでも分るとおり皮がパリンとしてとても食感がいいです。歯噛みが強いとスープが飛び出てきます、このお店は穴場ですね。スタッフは全員中国人ですから、気分は上海ですか・・・
ここは再訪店です、次回をお楽しみにして下さい。

それでは(^_-)

浅草 末っ子

今日は「パチリミュジアム」です
IMG_6822
まずは会社の打ち上げのパチリです、この青年は先輩女性に大変失礼なことをいったのでお叱りビンタの洗礼を受けています、ハイ。
皆さん女性へのお声掛けには充分気をつけなければいけません。

d9e1aa55-s[1]
このパチリ不思議ですね、プールの底で読書、夏ならこんな場所にいってみたいものです!

IMG_6855
我が家に石原プロからのお届けものが・・・たいしてお世話もしてないのにありがたいことです。

IMG_6874
なんですか、このお店。
「ないものはない」一応メニューを確認しましたが、中華系、洋食系と豊富ではありますが、やはりこの場合は額面通り、ないものは無いでよろしいみたいですね。

IMG_6873
下町のアイドル「山田太郎」さんこと西川 賢(にしかわ けん)さんです。
まだ現役だったのですね。ちなみに「山田太郎」さんは私の中学校の同級生のオジサンです。この人は「新聞少年」で紅白歌合戦♪にもでたことがあり下町を代表する歌手です。社長が経営されている「新栄プロダクション」は昔、中学のそばにあり、所属していた北島三郎、新川二朗、五月みどり、大月みやこ、西川峰子、小松みどり、藤圭子などなどが見られるということでよく覗きにいきましたが、見たことは一回もありませんでした、ハイ。

今日は久々に浅草に出没です。
200回以上は来ている下町の中華(餃子)の名店「末っ子」さんです。

住所: 東京都台東区浅草5-17-8
電話:03-3875-2274
定休日:月曜日

IMG_6861
お店の外観です。去年エントランス部をrenewalしたようで、最初気がつかず通り過ぎてしまいました。

IMG_6862

IMG_6863
店内の雰囲気です、下段のパチリにはマスターが写っています。ちょっと太ったような、御髪(おぐし)もなにやら茶髪のような、変わりましたね!

IMG_6864
メニューです。

IMG_6866

IMG_6867
今日のオーダー「ガツニンニク」@850です。浅草で一番好きな味です、ホルモンをこれだけ美味しく作れるお店ってなかなかありません。

IMG_6868

IMG_6871
冬季限定の「煮込み」@700です。昔はこの「煮込み」はなかったような。味ですか、とても美味しいじゃないですか。特にフワ(肺)がトロトロ、小腸もトロトロ、ベリナイスな味です、やはり地元はあなどれません、ハイ。

それでは(^_-)

御徒町 中華 珍満

今日は「交通事故の軽傷・重症」の話です。
「死亡」は交通事故に遭遇して24時間以内に死亡したものだけをいいます。そのため、24時間後の死亡を含める厚生省統計の数字よりも、少なくなっています。
また「重症」は30日以上の治療を必要とする怪我のことで、30日未満の場合を軽傷としています。
ところで、この「重症・軽傷」ということばは、事故の模様がどのくらいの規模であったかを発表するときの目安で、実際の調書には「全治××日間」と日数で記載されているのが普通です。ただ、この「全治」という表現にも無理があって、完全に治るという意味ではありません。
後遺症が残って治療が長引く場合とか、逆にすぐ治ってしまうとか、個人差が大きく一律にはいきません。ですから、この「全治×日間」という表現も、事故の時の怪我の程度を表す、一つの目安ということです。
ただ、全治まで30日未満の怪我だからといって、機械的に「軽傷」とすると、負傷者の感情を害することもあるので、できるだけ「軽傷」という表現は避けて、「全治×日間」と日数で表すように努めています。
「つい誰かに話したくなる雑学の本」日本社より転載

北海道の交通事故の死亡者は警視庁によるとWorst2です。
一方厚生労働省の人口動態統計から交通事故死亡者数ランキングによると1998年から2007年まで10年間の交通事故死亡者数の平均値によると北海道は27位です。
この差は冒頭述べたとおり、24時間以内の死亡かどうかのものです。
基本的に交通事故死は自動車の保有台数の比率に運転の粗さ等の県民性が加わるものです。
したがって人口560万程度の北海道がWorst2になるのは何故でしょうか、これは一つには
高速がだせる道路が多いので即死者が多いこと、二つには広大な土地なので事故を起こしても救援の救急車がなかなかこず手当が遅れ24時間以内に死亡することに起因していると思います。
札幌在勤時代は大きな街から少し離れると携帯が通じないところがあり、万が一事故を起こしても救急車の出動を依頼できないところも多くあったと思います。
よって警視庁調査によるとWorst2(Worst1は愛知県)になるのです。
ちなみに厚生労働省調査によるとWorst1は香川県です。この県は進路変更の際、ウィンカーを出す習慣がない上に急に曲がるのでうべなるかなでしょう。今年香川にいったとき体験しました、ハイ。

今日のお店は手のし餃子、湯麺の「珍満」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都台東区上野3-28-10
:03-3831-8801
定休日:年中無休

IMG_6597
お店の外観です。
このお店古くからあります、歴史は本当に古く50年以上はやっていると言う人もおります。子供のとき亡き父に連れてきてもらい餃子を食べた記憶があります。
場所は御徒町は吉池の裏です。雨の日なんか御徒町駅から吉池に入り、吉池からdashすれば濡れずにいけます。
ここの良いところは調理人の方が無口で、一生懸命中華鍋をふっているところですね、やはり調理の現場はこうでなくてはいけません。
おすすめは、餃子、チャーハン、湯麺ですね、裏切りませんよ!

IMG_6598

IMG_6599
今日のオーダーは「餃子ライス」@680です。
いつ食べてもここの皮はパリンとして美味しいですね、香ばしくて本当に美味しいです。
餡は野菜系肉少なめですが、この皮の主張のまえではbest combinationですね。
餃子というものに真に向き合いたい方にはお勧めしたいお店です。

それでは(^_-)

続 飯田橋 餃子の店 おけ以

今日は「目には目は」の話です
「目には目を歯には歯を」という慣用句があります。これは紀元前1770年頃古代バビロニアで作られた世界最古の法典の一つ「ハンムラビ法典」のなかにある言葉で、「目をやられたら、同じように目をやりかえせ」という好戦的な報復の意味で使われたり、復讐を認める野蛮な規定の典型と解されることが一般的であったようです。
しかし本来の意味は、仕返しのやり過ぎを防ぐ為に「目を傷つけられたら、目以上は傷つけてはいけない。歯を傷つけられたら、歯以上を傷つけてはいけない」という意味で、傷つけられたこと以上の報復を認めない主旨のものです。
【からだことば日本語から読み解く身体 立川昭二著】より転載
そう立川先生にいわれても、やはりこの慣用句は報復の意味として完全に人口に膾炙しているので、いまさら使い分けなどできませんよネ(笑)

おけ以1
今日のお店は飯田橋にある餃子の店「おけ以」さんです。
お店の外観です。このパチリは撮り忘れたので、「ウィーンの森の物語」さんからの転用です。

住所:  東京都千代田区富士見2-12-16
電話番号:03−3261-3930
定休日 日祭日・第三土曜日

おけ以2
炒め物のメニューです。このお店「餃子」と「タンメン」で有名なお店ですが、今は「ニラレバ」がブレイクしているそうです。


おけ以3
今日のオーダー「炒肚子(ガツ炒め)+ライス+清湯(チンタン)」@750です。盛が炒肚子(ガツ炒め)、ライス共々少なすぎませんか…欠食児童定食?


これは前回のコメントです。

炒肚子(ガツ炒め)@580です。ガツの脂肪部と醤油をベースにしタレの相性最高です。量がすこし少ない気がしましたが、その名残惜しさの為しみじみと食せることができました。ベリグッです。


おけ以4
このお店はオバサンの接客が悪く嫌いですが、味が良いので仕方なく行っています。今回は今回で最初四人掛けテーブルに相席で坐らされ、しばらくして今度はカウンターに移動させられました。それはそれでお店の効率性を考えれば仕方ないなと思いましたが問題は時間なのです、これだけの料理が出てくるのにな何と35分もかかってしまったのです。しかしこれもお店の混雑ぶりから判断しますと宜(うべ)々しとしました。
しかしかかし本当の問題は、お店のオバサンの応対だったのです。私はこの日とても急いでいて席に坐ってから10分程経ってから、どの位時間がかかるのですか?、と聴いています。そして、今やっていますから、とオバサンは言っ切って明後日の方に行ってしまい私の質問は放置されてしまったのです。暫くたって更に、時間がかかるのなら、キャンセルしてくださいネ、というと今度は無視です。今日のフリネタの「目には目を歯には歯を」ではありませんが、こんなぞんざいな接客する店にお金を落とすほど、私の懐に余裕はありません。二度とこのお店には行きません(怒)

味ですか、残念なことに前回ほど美味しくありませんでした。量も前回同様少なくてがっかりでしたが、問題はあまり料理が熱く感じられないことです。多分注文がRushしている為に作って即に配膳できなかったのでしょうね、ここでも放置プレーが横行していました。調理の方々はとても優秀なのに残念なお店だと思う今日この頃です(悲)

それでは(^_-)

吉祥寺 餃子 みんみん

人間の体は約六十兆個の細胞から成立し、肝臓ひとつをとっても、それに匹敵する工場を建設するには京浜工業地帯の何倍かの広さが必要であり、もし大脳の働きと同じ機能をもつ人工頭脳を作ろうとすれば、地球の全表面を覆ってしまうほど超巨大なものになります。さらに、人間の一個の体に張り巡らされている血管を全部つなぎ合わせると、毛細血管も含めてその全長は9万6千キロ、地球を二周以上する長さです。
そう人間の体は偉大なのです。

昨日は午後15:00から雨がフルというので、朝早くからチャリで吉祥寺までお買物です。正しくは一昨日新宿ヨドバシカメラで買った携帯電話用マイクロSDにさらにアダプターが必要となりそれを求めてのものです。

ヨドバシ吉祥寺のDOCOMOのコーナーでアダプターについて説明を受けたところ、何やら不要とのことで、一昨日買ったものでやりくりができるらしくとても親切に使い方を教えてくれました。さらに日頃疑問に思っていた携帯電話の使い方も懇切丁寧に教えていただき深謝です。

少しケチクサイ話しなのですが、結果何も買わなくて良くなった為、領収書が貰えませんでした。そうなのですここは領収書がないとチャリを泊めたヨドバシ専用駐輪場では@400を取られるのです。
そこで恥ずかしながら「買うつもりで有料駐輪場に泊めたのですが」といいますと、「大丈夫ですよ、無料駐輪扱書をお持ちします」ですと…何と親切
前からヨドバシカメラ好きだったのですがさらにファンとなりました。

今日のお店は餃子で有名な吉祥寺「みんみん」です。
みんみん外観
みんみんのお店です。いかにもハモニカ横丁内という感じですね。

みんみん店内
みんみん店内です。何やら下町っぽい(笑)

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
電話:0422-22-5015
定休日:無休

このお店イツも行列ができているので味は間違いなさそうです。
ということで今日の獲物は「餃子定食」@680です。
みんみんメニュー
みんみんメニューです。値段は吉祥寺ではB級ですか。

餃子定食
この餃子定食はオオブリ餃子が五個、真っ白ご飯、塩味スープ、ザー菜の組み合わせです。
まず餃子ですが、皮はモチモチパリパリでほのかに甘く最高です。但し餡がパサパサでジューシーさがなく少し塩味が強いような感じです。
しかしご飯は甘くて美味しく餃子のタレに良くあいます
塩味スープも濃くがあって美味しい
何故か脇役のザー菜も個性があり申し分ありません
何か四人兄弟の長男餃子だけが少し物足りなさがあったものの後の兄弟が盛りたててくれたので全体としては美味しかったのです。

餃子の餡
餃子の餡ですが、ヤハリ画像でもパサパサ感がうかがえます。何故何だろう?
今日だけデキが悪かった
吉祥寺の人々はこの味が好き
皮が命なので餡には力を入れていない
野菜餃子なので肉餃子みたいにジューシーにはできない
いずれれにしてもかなり美味しいのにもったいないナと思う今日この頃です。

餃子の焼き方
持ち帰り用の「餃子の焼き方」です。でもここの餃子かなり大きいので家庭では美味く焼くのは難しいと思います。

帰り際超行列店の「肉のさとう」が珍しく行列ができていなく、久しぶりに「メンチカツ」を買いましたら・・・値上げしていました。
毎日あれだけ行列ができて繁盛しているのだから、付和雷同しないで欲しかったなこのお店だけは…残念

それでは(^_-)

代々木 曽さんの店

今日は 昨日の続き です。
浅田次郎が週刊文春に連載している「一刀斉夢録」について大分クレームをつけていましたが、それほどたいした事もないのです。

浅田次郎が書く「一刀斉夢録」主人公斉藤一は「居合い抜き」と「左利き」ということで坂本竜馬の暗殺を成し遂げたということになっております。
彼のロジックは暗殺現場で竜馬と中岡慎太郎と相対した斉藤一は、作法にのっとり刀を右の傍らに置きました。そして右側から抜き打ちができないという二人の安心感に乗じて兜薙ぎにて竜馬の額を割り、返す刀で中岡慎太郎に重篤な傷を加えたのです。

しかし剣道では、左手が軸で刀(竹刀)を振りますので、左ききの方が有利といわれています。剣術家でも左利きは宮本武蔵と斉藤一の両人が有名ですが二人とも左利きの構え(逆構え)をした記述は残っていません。
そうなのです剣道は左利きに有利な武道ですのであえてその長所を捨ててまで左利き(逆構え)に構える剣術家はいないというのが正しいのです(自信あり)
よって斉藤一は左利きの構え(逆構え)をしたことがないので、右からの「居合い抜き」はありえません。さらにいえば儀礼的に斉藤一が刀を右側におきましたら、刃が逆ですので刃を切返す動作が入りますので「居合い抜き」にはなりません。
浅田先生残念でした(笑)

ちなみに竜馬暗殺犯の私の見解は この通り です。

今日のお店は手延べでっかい餃子「曽さんの店」代々木店です。



住所: 東京都渋谷区代々木1-35-2
電話:03-3375-1864
定休日:無休

今日の獲物は台湾ラーメン+餃子(三個)セット@800です。
このお店は「おとなの週末」餃子編で東京59店の餃子店の中で一番に選ばれた名店です。期待はいやおうにも膨れ上がります。
店内には「肉汁の飛散りにご注意ください」と私をアオル惹句が至る所に張ってあります。

まず東京一番餃子です。確かに皮はモチッとコンガリで餡はスペシャルジューシィです。


美味しいといえば美味しいですが、何やら「包子(パオズ)」ですかね、餃子じゃないような・・・チョット上品かもしれません。

次に台湾ラーメンです。


トッピングはニラ、モヤシ、メンマ、挽肉。辛味です。
本場の台湾ラーメンとはメンマ以外は少し違うような気がしますが・・・これはB級グルメラーメンです。
豚骨スープに煮干系の出汁が入っていてそれほど美味しくないのですが後を引きます。珍しくスープを全部飲んでしまいました。こういうのってイイですよね。美味しいからスープを全部飲むのでしょう(笑)
結構でした

それでは(^_-)

餃子の店「おけい」

今日は私が平社員の頃の浅草の話です。
担当している会社の課長さんが、私が下町っ子ということで浅草で食事をご馳走してくれる代わりに美味しい店を探せという申し入れを受けました。

考えたあげく西浅草の釜飯屋「かづ」に決めました。
ここのご主人チャキチャキの江戸っ子で、当時流行した幼な妻(18歳)をもらったことで地元じゃ有名人です。

当日そのお客様との打合せが終わり約束通り、西浅草までタクシーを飛ばし「かづ」まで行ったのです。お店に入るといつも使う小上がりが開いていたので、ここでいいですかと確認すると生憎小上がりは全席予約が入っておりカウンターに座ってくれとのことでした。

私は先にお客様を座らせ、さっきから我慢していたものを解放する為に中座しました。そしてそそくさと席に戻ると様子が変です。

ご主人「今日悪いけれどここのカウンター席も予約が入(へえ)っているんでさ、帰ってくんない」
私「さっき開いていると言ったじゃないですか(怒)」
ご主人「予約が入(へえ)っているっていったら入(へえ)っているんだよ、聞・こ・え・な・い・の・か(怒)」
私(お客様に)「何かあったんですか
お客様「何か知らないけれど、この時間から小上がりが予約で一杯でもうかって結構ですねっていたっら血相がかわったんだヨ」

私はこれだと思いました。ここで食い下がっても詮無いことでとりあえずお客様を外に出してから調理場出入り口からご主人のところに行きます。

私「何怒っているのですか?」
ご主人「冗談じゃねえや、始めてきた客で料理にも手をつけねえ前から、オタクは儲かって結構ですねというからカチンときたのよ。内の店のことをよく知りもしねえ客に値踏みをされるほど内は安くはネエゼ(怒)二度とあの客連れてくるな
私「・・・(アングリ)」

江戸っ子は粋でべらんめえで、負けず嫌いの見栄っ張りで、生一本でけんか早く、そのくせお人好しで、面倒見がよく、華があってひがみっぽく、講釈嫌いで講釈好きで、新しいも好きで、要するに気が短いのです。
事々左様に江戸っ子は難しいのですね(笑)。

今日のお店は餃子の店「おけい」です。

住所:  東京都千代田区富士見2-12-16
電話番号:03−3261-3930
定休日 日祭日・第三土曜日

このお店餃子のお店かと思っていたのですが、夜は本格中華料理のお店だったのですね。
お店の雰囲気は昼とは全然と違うしとても感じが良いです。
ここから後はパチリでご覧下さい。



炒猪肝(レバ唐揚)@600です。なんと餃子屋さんでこんな美味しいレバ唐揚に出会うとは、レバの臭みもないしジューシーです。衣も厚からず薄からず丁度よく、レバーの美味しさを一滴も残さず完璧にあげた絶品です。これには拍手で称えたいですね



炒肚子(ガツ炒め)@580です。これもいけました。ガツの脂肪部と醤油をベースにしタレの相性最高です。量がすこし少ない気がしましたが、その名残惜しさの為しみじみと食せることができました。ベリグッです。



ここの名物の餃子@570です。二度目の体験ですが、前二品と比べるとすこし格が落ちますね。普通の羽付餃子でしょう(笑)

それでは(^_-)

飯田橋 餃子の店「おけい」

昨日のオチが分からないとう指摘が一部からあり、林家三平ではないのですがオチの説明をいたします。
【QOT】
「おーーーい」
「・・・
「呼んでいるのに聞こえないのかい」
「・・・
そうのなのです(笑)
不摂生がたたって、とうとう扁桃腺炎になってしまいました(チョット難しいですかね?)
【UNQOT】
これは「返答せんねん」と「扁桃腺炎」の語呂合わせだったのです(虚しいナ

ここのところ「文人悪食」嵐山光三郎著(新潮文庫)にはまっています。
その紹介文を簡単に記しますと以下の通りです。

「何かを喰いたい」臨終の漱石は訴え、葡萄酒一匙を口に亡くなった。鷗外はご飯に饅頭を乗せ、煎茶をかけて食べるのが好きだった。鏡花は病的な潔癖症で大根おろしも煮て食べたし、谷崎は鰻や天ぷらなど、こってりした食事を愉しんだ。そして中也は酒を食らって狂暴になり、誰彼構わず絡んでいた。・・・

とても面白くたまりません。電車で移動中の際は一秒をも惜しんで読みふけっています。

さて今日のお店は飯田橋にある餃子の店「おけい」です。
餃子グルメではかなり有名なお店で一度行きたいなと思っていましたが、何故か私はジャンボ餃子の「神楽坂飯店」と「おけい」とを勘違いしていました。
そして「おけい」のつもりで「神楽坂飯店」に行ってしまい、その度にお店を間違えたといって踵を返し「おけい」には行かずに全く別の店に行っていたのです(アホチャン)

まずお店に入ると感じの悪いオバチャン三人がお客を仕切ります。
なぜ感じが悪いと即断したのかといえば、中華料理店にはそぐわないド派手な化粧そして繁盛店の為か比較的空いている時間帯にいったのにも拘わらず、窮屈な座席を強要すること、そして私が一番嫌いな私語が多いいことです。
しかし厨房内は苦行僧のように一心不乱にラーメンを作るご主人と一生懸命に餃子を焼く店員さん(サブかもしれない)と同じく一生懸命に洗い物をするお兄さんというフォーメーションです。
まさにこの店のお客は天国(厨房)と地獄(接客オバ)のハザマの煉獄にいるかのようです。

最初の獲物は餃子@525です。


羽付餃子のお手本みたいですね。
皮はモチモチ、パリパリして美味しいのですが最後の方では美味しすぎて却って飽きてきます。というのも中の餡が皮に負けているからです。
餡はジューシーではないし、特にニラの味が強すぎると思います。
期待したほど美味しくなくとても残念でした。

次の獲物は湯麺@609です。


麺はモチモチ、プリプリしていて鶏ガラスープとの相性抜群です。具はシャキシャキモヤシとグズグズ白菜と豚肉とでとてもシンプルな組み合わせですがこれがとても美味しいのです。スープも最後まで熱くまさに古きよき昭和の伝統を引き継いだチョットクラッシクな味ですが全くブレはありませんした。
これはグッドですね。とても大満足でした。

最後に本日とある方から昨日のサプライズの「厚岸」の盛合せサラダ@630の画像を頂きました。
以下にご紹介しますので驚いてくださいね




それでは(^_-)

餃子

今日は宇都宮で昼食。宇都宮といえばやはり「餃子」ですね。
探す時間がないので普段はしない飛び込みで、元祖「宇味屋(うまいや)=かなり当てつけ?」の暖簾をくぐりました。

何やらこだわりがあるようで、キャベツは群馬、茨城、千葉県産を使用。玉葱、韮、豚肉は栃木県産を使用。ニンニクは青森県産を使用。生姜は高知県産を使用。
調達方針は栃木県産を中心に国内産を使用ということです。さらに塩は、天然熟成甘塩の「喜三郎の塩」を使用。そして醤油は栃木県は高島弥次右門商店の「無添加醤油」を使用と鈴なり状態のお店です。すごいすごい\(^O^)/

しかし味にはサプライズはありませんでした。もう一ついえば肉汁はジューシーではなく「パサパサ感」が強く「羽」を含めた「カラリ感」は今一つですネ!(残念)。

下町界隈で、餃子何処が美味しいかと問われれば、飯田橋の「おけい」、千束「末っ子」、勝どき「清月」、佐野「まる九」但し 栃木=(out of scope)かなと思いますが、あまり「ラーメン」程こだわりがないのあてにしないで下さい.

今日ヘラ書きですから

【注釈】酔っ払ってい書いているという意味⇒ヘラポッポ(これって下町言葉ですかね?)の短縮動詞です。

それでは。


なおBlog 投稿後、吉祥寺「小笹」に「早朝販売羊羹」(たしか朝四時)をチャリで買いに行こうとして家族皆から怒られた

飲まなきゃいい人なのにね。



訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ