下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

墨田区

錦糸町 亀戸餃子

今日は「成駒屋醜聞」です。

芸能人のゴシップネタには興味はありません。
しか〜しこの囲いインタビューをたまさかみて驚きました。
三田寛子さんってかなり頭が良い方なのですね。
この人は多分実業、虚業いずれかの世界に身を投じても成功されたでしょう。
驟雨の中のこの会見から、以下の発言が飛び出しました。
「私たちを育ててくださいました七代目中村芝翫である父、この父がいつもなにかと雨が降る『雨男』として有名でございまして、今日も急に、ここに向かう最中に大雨が降り出しました。
父がもっと気を引き締めて頑張らねばいかんぞということと、敦子(三田の本名)を守ってあげなきゃ、女の子だからかわいそうに、ドキドキしながら会見を受けるだろうという思いで、父がきっと私を守ってくださる雨だと思います。」
この当意即妙の発言は、思わず、この人できるな、と感動すら覚えました。
成駒屋という屋号のリスクマネジメントの点でもこの会見は申し分がありませんでした。

一方のご主人の中村橋之助さんは、幼弱性が強い方だなと臆断しました。
乳母日傘で育ってきた甘さの露呈ですね。
多分結婚前はご両親が結婚後は三田寛子さんが困った時には助けてくれていたのでしょう。
これは成駒屋に限らず歌舞伎界全体にいえるのではないでしょうか。
特に成駒屋は、五年前の兄福助さんの不倫騒動では、福さん助との間に子どもができたものの流産してしまったそうですが、福助さんは直撃した同誌記者に対して「なんで僕の子どもとわかるんですか!」と人の命を軽んじた発言をしていました。

閑話休題。
そんな甘ちゃんの彼も芝翫という大名跡を継ぐので流石に20年間の愛憎を精算しなければならず、さりとて自らカミングアウトできず、意図的に密会(多い時は週に3回)し敢えて文春にスクープ記事を書かせているように思えました。もしかしたら橋之助さんと文春とのタイアップ記事かもしれません。
他力を使っての釈明は、大人のふるまいではありません。
武士の情けで申せば、他の方策が浮かばなかったのでしょうね。

ichisayo-1
最後に不倫相手の市さよさんですが、多分ですよ、京都生まれの三田寛子さんに、頭の回転の良さを含めて自らと同質のものを感じ取っていたのでしょう。
実際、彼女は三田寛子さんとは数度会っていますからね。
全く異質の女性ならそこまで拘泥しなかったのでしょうが、彼女は三田寛子さんと自分を比べてしまったのでしょう。
人間は他の者と比較されて優劣をつけられる事は唾棄します。
そういう時には多くの人は、もし私が△△だったら▲▲だったのに、のようなプロテクスト(こじつけ)をして自らを正当化します。
これが20年間も引っ張った因ではないでしょうか。
三田寛子さんを向日葵だとしますと、市さよさんは芸妓とはいいながら艶やかな隠花ですから、このディスクレ(相違)は大きいと思います。

色々と与太話を書き連ね関係者の方々には申し訳ありません。
shikan8_0929a

shikan8_0929c
三田寛子さんが会見でも申していましたとおり、雨降って地固まるということわざがあるように益々の成駒屋の益々の弥栄(いやさか)をお祈り申し上げてこのフリネタを締めさせていただきます。

今日は錦糸町に出没です。
IMG_5334
この街は隠れた名店がなく、ほとんどがチェーン店さんばかりです。
そこを意図的に避けようとしたのですが最終的には五十百歩でした。
今日のお店は「亀戸餃子」錦糸町店さんです。

住所: 東京都墨田区江東橋3-9-1
電話:03-3634-9080
定休日:年中無休

IMG_5335
お店の外観です。

IMG_5338
メニューです。

今日のオーダー「ぎょうざライス」@700円です。

IMG_5337
座ると同時にモヤシと付け皿が置かれました。

まずはつけ汁の仕度です。
IMG_5339
私の場合はここの餃子を食べる時はラー油と醤油のみです。
モヤシは見たままの味です。

IMG_5340

IMG_5341
待つこと3分で一枚目の餃子とスープが到着しました。

IMG_5342
一皿目を食べ終わるとタイミングよく二皿目が出されます。
特に二皿目は焼き色が飴色ですね。
味ですか、ここのお店は大量に餃子を食べさせるために餡を意図的にあっさりとさせています。
従いまして二皿目程度ではここの野菜餡はしっくりきません。
最低でも五皿程度くらい食べませんとこのお店の餡の良し悪しはわからないです。
皮が美味いのは間違いありません。

IMG_5336
ところでこの画像のリーマンはこのお店で約1時間座り寝をしていて、店員さんから大クレームをつけられて、強制退去させられました。
昔の下町ではよく見かけられた光景ですが、その際のオチは無銭飲食でパトカーでの連行です。
この方は流石にお金を払われたのですが、見ていて暗い気分にさせられました。
理由は簡単です。
店員さんの脅迫めいたワーディングが聞くに堪えられないのです。
ニコニコ接客していますが、その実は反社会勢力の方の脅かしとなんら変わらないと思わせるからです。
錦糸町で永年お店をやっているのだから、そのような酔客ははなから入店を断ればいいのだと思います。

IMG_5344
しか〜しこのキスグレリーマンはさらにやり手でした。
このお店を出た後、性懲りもなく隣のこの店に入り座り寝を決め込んだようです。
大昔の錦糸町はこんな感じでした。
このような負の歴史は思いしだしたくなかったな・・・

それでは(^_-)

蔵前 吉葉

今日は「2015年京都紅葉旅行 番外編」です。
今日は肩の力を抜いて書かせてもらいます。
今日のふりネタは「2015年京都紅葉旅行 番外編」です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#油をかける
IMG_0242
昨今の世情でたくさんのセキュリティーカメラがついているのによくやりますよね。
多分サングラスをしてマスクですか。
その恰好でカメラに塗料のスプレーをかけてレンズをつぶしてからゆっくり油をかけたのでしょう・・・
で〜も最近のカメラは三次元分析ができますので甘くて見てはいけません。

#幸せのおすそ分け
IMG_0705

IMG_0383

IMG_0620
私たちが行った日はお日柄がよかったのでしょうか。
さすが京都ですよね。
神社で普通に結婚式を挙げているようです。

#京都の大泉洋さん
IMG_0544
大泉洋さんが予備校の英語の先生?
最初見たときは驚きました。
世の中に自分にそっくりな人間は3人いるそうです。
このような顔がそっくりな人は血統的にちかいのだそうですよ。

#京都ならではのお店
IMG_0529

IMG_0530

IMG_0531

IMG_0520

IMG_0521
東京にはこの様なお店はないですね・・・
雰囲気があって好きです。


日本のインバウンドの魅力の一端です。


今日は両国に出没です。
同期の人間とちゃんこ鍋でも食べるかという事になり出向いたお店がこちらです。
今日のお店は「吉葉」さんです。

住所: 東京都墨田区横網2-14-5
電話:03-3623-4480
定休日: 日・祝

IMG_0733
お店の外観です。

IMG_0737

IMG_0736

IMG_0735
店内の雰囲気です。

IMG_0739
メニューです。

今日の料理「不知火」@6,500円です。
このお店は大辰魚類株式会社さんが昭和58年に割烹 吉葉を創業するに当たり、旧宮城野部屋の建屋と横綱吉葉山の名前を譲り受けたものです。従いまして土俵には当時の力士の汗が染み込んでいます。
下町っ子ですので両国界隈のちゃんこ料理屋さんは食い倒しているのですがこのお店だけは未開拓でした。
店内は上で貼ってある画像の通り土俵があります。
お客はほとんどがグループ客です。
土俵に登って仲居さんに記念写真を撮ってもらうのがここでのお約束です。
なお土俵の上で四股をふむのは禁止されていますのでご留意下さい。

IMG_0738

無題
同期の人間ときたので料理の写真は撮っておらずネットからの借用です。
今回のコース料理は「不知火」は、甘みのある、あっさり醤油味です。
具は豚肉・鶏肉・ホタテ・海老・キンメ鯛等さすがちゃんこ鍋という感じです。
味ですか、予想を超えた美味しさです。
後半は沢山の具材の味が出てなんともおつな味わいになっています。
鍋にはお酒ですが、かなりお酒の値段が高いので、いいわいいいわ、で飲んでいますと思わぬ黒星になるでしょう。
一度は行っておかなければならないお店です、ハイ。

それでは(^_-)

吾妻橋 ラ・ラナリータ

今日は「戸締り用心」です。
ある日高校の友人渡辺に高校の友人Aから小包が届きました。
小包を開けると中にはDVDと手紙が添えてありました。
手紙には

渡辺様
急な用事ができ行けません。
面白い動画が手に入ったので見てください。
                       Aより

と書かれていました。
渡辺は、何の動画なのかな、程度の関心で自分のバックにそのDVDをしまいその存在すら忘れていました。

数週間後、高校の定例会があり渋谷に出向きました。
いつものメンバーですので他愛無い話で盛り上がっていたところに遅れてAがやってきました。
ゴメン、人身事故があってさ、電車が止まっちゃたんだよ。まずは何か飲ませてよ、といつものニコニコ顔で遅刻の理由を説明していました。
すかさず渡辺が、A、お前今日こられなかったんじゃないの、と聞きますと、突発な人身事故だからさ、遅れることはあるだろうけど来れないことはないよ、と答えますと、渡辺の怪訝な顔に気がついたらしくてAは、なんで、来れないと思ったの、っと聞き返しました。
渡辺はカバンの中の小包からAからの手紙をだし、Aに見せました。
Aは一瞥して、そんなの出してないよ、だいたいこの小包差出人不明じゃない。えっ、中に俺の手紙が入ってるって。これってワードで書いたもんじゃない。でも差出人は俺で、宛名はナベだよな、変だよな、と言ってさかんに不思議がりましたが、で〜も出してないよ、と言い切ったのです。
二人のやりとりを聞いていた仲間が口を突っ込んできて、なんだよ、Aになりすましの手紙がナベに届いたんだって、ヒマな奴がいるもんだよな、とBが突っ込みました。

黒タイツ
とにもかくにもその動画を見てみようということになりDVDプレーヤーをお店で借りてみんなで見ました。
そこには全身黒タイツの男の姿が映し出され、ソファーでくつろいだり、踊ったりしています。
そして最後には高級ブランデーを一気飲みしています。
私は、ただのアホじゃん、と言いますと、皆も、ただのアホじゃなくて、マジにアホじゃん、と笑っています。
しか〜し渡辺の顔色は真っ青になっています。
Aが気を使い、ナベ、お前顔が引きつっているぜ、といいますと、渡辺はこわばった顔で、この動画は笑えないよ・・・、と言葉を飲みこんでしまいました。
Cが、このくだらない動画に何があったんだよ、と聞きますと渡辺は、この黒タイツがくつろいだり、踊ったりしている部屋は俺の家の居間だ、ってゆっくりと言ったのです。
皆が、マジかよ、って声をそろえて言ってしまいました。
間違いない。黒タイツが飲んでいるブランデーは俺がイギリス出張で買ってきた稀覯酒だ。
国内では売っていない・・・みな沈黙しました。

渡辺はすぐに帰宅しました。
当然のことながら家中が大騒ぎになりました。
家族の誰もが身に覚えがなく、要は見ず知らずの男が知らない間に自分の家に侵入したのです。
警察にも通報して来てもらい現場検証をしてもらいましたが、男が、いつ、どこからどのようにして入ったのかはわからず、犯人の手掛かりさえありません。
幸い盗まれた物は何も無かったのが救いですが、奥さんと娘さんがノイローゼ状態になってしまいました。
Aも警察に聴取されましたが、黒タイツの男とは関係ない事だけがわかりました。何とも気味の悪い話であります。
皆様「戸締り用心!」ですぞ。


Don't Underestimate Anyone



IMG_9464
奥様と所用があり浅草に出没です。
江戸っ子が東京タワーに登った事がないように、下町っ子の私もこの建物の最上階に上がった事がありません。
ちなみに平成元年にできた建物です。
今日のお店は「ラ・ラナリータ」吾妻橋店さんです。

住所: 京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒグループ本社ビル 22F
電話:03-5608-5277
定休日:年末年始

IMG_9499

IMG_9468
お店の外観です。

摩天楼からの眺望です。
IMG_9480

IMG_9475

IMG_9500

IMG_9482
 
IMG_9486

IMG_9483


店内の雰囲気です。
IMG_9498

IMG_9481


メニューです。
IMG_9476


今日のオーダー「Aコース」@2,160×2=4,320円です。
店名の「ラ・ラナリータ」とはイタリア語で「カエルちゃん」です。
イタリア人は蛙が好きなことからきているそうです。
当初はミラノにある「ラ・ラナリータ」本店のプロデュースでスタートしたのですが、現在では独立して日本人スタッフで運営されています。

待つこと5分で「サラダ前菜」の到着です。
IMG_9484
見た目おとなしげです。
キノコのキッシュ以外は特筆するものはありません。

待つこと7分で「パン」の到着です。
IMG_9490
パンはall you can eat(食べ放題)でしたがあまり美味しくはありません。
バターはさすがに深みのある味わいでした。

待つこと19分で「小ヤリイカのラグートマトソーススパゲティー」です。
IMG_9489
小ヤリイカとラグーの相性の良さに瞠目した一皿です。
シャレオツな味です。
奥様は高評価です。

待つこと33分で「大山鶏胸肉のグリルパブリカのソース」です。
IMG_9492
これはケレンみのない味です。
大山鶏胸肉をしっかりとグリルした一品です。
ソースが秀逸です。
美味しいです。

デザートあんどコーヒーです。
IMG_9496

IMG_9497
デザートは「キャメルソースのムース」と「ファッションフルーツのジェラート」です。
いずれも特徴なく好みではありません。
最後は締めてもらいたかったものです。

眺望は良かったもののホールスタッフの勉強不足が気になりました。
顧客満足をベースに、さらなる研鑽、修練をお願いしたいところであります。
接客に不満ありでした・・・

それでは(^_-)

業平 洋食キムラヤ

今日は「バーチャル試着」です。
仮想試着
衣料品各社が相次ぎ、ネット通販事業で「バーチャル試着」を導入する。セレクトショップのアーバンリサーチ(大阪市)は大型液晶画面で試着を仮想体験できるシステムを開発。
ユナイテッドアローズは商品サイズをネット上で細かく確認できるサービスを今夏に始める方針だ。
実店舗より手軽で効率的に服を選べる仕組みを整え、ネット通販の成長を加速させる。
アーバンリサーチはシステム開発のワープジャパン(東京・港)と共同で60型液晶モニターやカメラを備えたバーチャル試着システムを開発した。利用者が等身大に映し出され、好きな服を選ぶとカメラが体形を読み取って3次元(3D)のバーチャル映像で試着したように表示する。
利用者の動きに合わせて3D映像のスカートや上着などの生地が揺れたり伸びたりする。
気に入った商品を選ぶとスマホに画像データを送信。交流サイト(SNS)に自分の仮想試着の写真を投稿して、友人らの意見を聞くこともできる。欲しい商品はネット上で購入できる。
アーバンリサーチは同システムをネット通販の端末として活用する。当初は自社の店舗に設置するが、店舗のない商業施設や駅ビルなどにも設置していく。ネット通販ができる無人店舗として展開する計画だ。
アパレル他社やネット通販会社からの業務受託も検討している。
こうした仮想試着システムは東芝や凸版印刷なども開発を進めているが、ネット通販用に実用化するのは初めてという。アーバンリサーチはまず17日からJR池袋駅に隣接するパルコ池袋店に期間限定で設置。
今夏以降に東京スカイツリータウン・ソラマチ店(東京・墨田)やショッピングセンターにあるラゾーナ川崎店(川崎市)などで順次展開する。
ユナイテッドアローズやイオンモールは7月以降、ネット通販向けに試着の手間を省けるサービスを順次始める方針だ。事前に自分の胸囲や着丈、腕の長さなどを登録しておくと、商品のサイズが大きいか小さいかを、2次元(2D)のイラストでスマホ画面上に比較表示して確認できる。
サイズが合わないことを不安視し、ネット通販をためらっている消費者に利用を促すほか、返品率の低減につながるとみている。
衣料品ネット通販の夢展望も仮想試着ができるスマホアプリを提供するなど、ファッション業界でバーチャル技術を駆使したサービスが広がりつつある。若い世代を中心に、店舗に訪れずにネット通販で購入する消費者が一段と増えそうだ。
実店舗の衣料品販売が伸び悩むなか、唯一成長を見込めるのがネット通販だ。
MM総研(東京・港)によると、13年度の国内の電子商取引(EC)市場は15兆9000億円。このうち被服履物は1兆4000億円を占めるとみられる。EC市場全体で14年度は前年度比11%増、15年度は14%増と拡大が続くと予測している。
アーバンリサーチの連結売上高に占めるネット販売比率は2割近く、ユナイテッドアローズは11%に達する。
アーバンリサーチは20年までに3割まで高める計画だ。
2014年6月17日「日本経済新聞」朝刊より転載

IMG_8648
このバーチャル試着を試みようと東京スカイツリータウン・ソラマチ店にやって参りました。
本当の目的は両親のお盆の墓参だったのですがまぁ所謂ついでであります。

IMG_8647
余談ですがこの「浅岡鐵店」はかつて下町っ子のミステリースポットとして有名だったのです。
このお店の裏に都営浅草線につながる垂直におりる地下道があったのです。
当時この地下道を通って浅草駅に着いたと奴がいたという噂が下町の子供の間に流布されて、それはかっけえぜ、という事で多くのチャレンジャーを輩出したのですが、私の仲間ではこの穴から浅草駅にたどり着いたものはおりませんでした。
実際私も挑戦したのですが、確かに電車が通る音はするのですが、その音の方に降りていく勇気はありませんでした。万が一変なタイミングで降りて、地下鉄に跳ね飛ばされたら、それこそ人間ミンチになり、死んだことすらわからないという恐怖に打ち勝てなかったのです。
為念申し添えますがこのブログを見たからといって試さないでくださいね。

IMG_8649
ソラマチは暑い・・・
多くのお子ちゃまが水遊びをしていました。
微笑ましいものです。

日立コンクリート
この子供たちが遊んでいるこの場所に昔日立コンクリートの押上工場がありました。
たまさか母親とこの前を通りかかった時にこの建物が本当にストップモーションのように前方にゆっくりと倒れ始めたのです。
最初、私は映画の撮影かなと思って見ていたのですが、同じように立ち止って見ていた母が、△△(私の名前)この工場傾きはじめているよ、と大きな声で叫んだのです。
勿論、私は、百も承知、二百も合点で、でただひたすら息をのんでこの大スペクタクルショーを見続けていました。
真ん中まで倒れた建物は、後半加速をつけて一気に大音響をあげて地表に激突したのでした。
そしてきのこ雲のような土煙がたちあがりあたりは真っ暗になりました。
私と母親はその衝撃で地球から30儖免瑤咯紊ったのでした。
私の母親は、歴史的な大事件を見届けた事に大興奮していました。
そしてこの大音響を聞いて慌てて戸外に出てきた人たちに、この顛末をとくとくと語り30分位はまさに超売れっ子のニュースレポーターのようになっていたのです。
正直、私はこの倒壊現場を見ていますのでいくら日建設計、大林組の技術の粋を集めて建造された東京スカイツリーといえども信用していません(笑)

IMG_8653
バーチャル試着ですよね。
このスタッフさんの指導で奥様に被写体モデルになってもらいました。

BlogPaint
前フリが長くなりました。
感想ですが、日光の手前(いまいち)です。
着丈は調整できて良いのですが、子供のころ女の子が遊んでいた紙の着せ替え人形のようです。
要は三次元が表現されていないのでリアル感がありません。
と申しましても画像は体の凹凸はあるのですが、それはこの画像のモデルの体型ですのでやはり違和感があります。さらなる改善を待ちましょう。


痛そう・・・



という事でランチです。今日のお店は大橋巨泉さんの奥さん浅野寿々子さんの実家のそばにある、下町屈指の洋食屋「洋食キムラヤ」さんです。

住所: 東京都墨田区業平1-10-4
電話:03-3624-6444
定休日:木曜日

IMG_8634
お店の外観です。

IMG_8640
店内の雰囲気です。

IMG_8639
メニューです。

今日のオーダー
私は「ポークソテー」@1,100円です。
奥様は「キムラヤ弁当」@円1,400円です。

このお店は下町では有名ですので昔はよく行きました。
上述の大橋巨泉さんの結婚式の日に巨泉さんの奥さんが実家から式場に行くとこところを母とわざわざ見に行った記憶があります。
帰ってから、もしかしたらTVにでているかもしれない、とあらゆるTVニュースをチェックしていたのですが、報道そのものが少なくいわゆる上滑りになったのでした。残念・・・

IMG_8641

IMG_8642
待つこと17分で「ポークソテー」の到着です。
見た目下町の「ポークソテー」です。
存在感があります。
ボークソテーの肉はしっかりと焼かれていて脂身が得も言われぬ味わいです。
肉にかけられているオリジナルソースがマイルドで肉の美味しさを引き立ています。
エッジのたった焼き野菜は彩もよくシャキシャキしていて結構でした。
全てを美味しくいただきました。

IMG_8643

IMG_8644

IMG_8646

IMG_8645
待つこと28分で「キムラヤ弁当」の到着です。
見た目「こんもり弁当」です。
フライはヒレカツ、キス、海老です。それにマグロ、半熟玉子焼き、自家製煮物がつきます。すごいですね。
特筆するのはフライです。
これは衣勝ちです。上質なパイのような食感です。
美味しいです。特にヒレカツはスーパーデリシャスでした。
刺身、半熟玉子焼き、自家製煮物も美味しくまさに食のディズニーランドです。
これには奥様も舌鼓の連打でした。

東京スカイツリータウン・ソラマチ店で何時間も並んでコスパの悪いお店で食べるのなら是非お立ち寄りください。
おすすめします。

それでは(^_-)

両国 雷電

今日は「大相撲一月場所」です。
IMG_5105
大学の友人達と「大相撲一月場所」を観てきました。

IMG_5108
しか〜も升席です。

IMG_5123
大相撲の升席観戦は16年ぶりですのでかなりテンションは上がっています。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#茶屋近景です。
IMG_5110

IMG_5111
相撲茶屋は相撲協会から定価の1割引でチケットを請け負って客に売っています。
協会から相撲茶屋に回るチケットは全体の75パーセントと比率が決まっているのです。
茶屋はこのチケットを企業や贔屓客に売るのですが、チケットの基本料金に弁当や飲み物、おやつ、お土産などを付けます。
実際この料金が実に不明瞭で、同じ席でも、平日と休日とでは10万円以上も違ったりするので物議を醸しています。
私達も今回升席を取るのに茶屋の優先独占があるため友人全員でnetに申し込みをしなんとか手に入れることができたのです。

#人気力士Tシャツです。
IMG_5139
私は遠藤フアンです、キッパリ。

#湊部屋ちゃんこです。
IMG_5142

IMG_5143

IMG_5124

IMG_5141
このような大広間で湊部屋ちゃんこを召し上がることができます。

#力士たちのsnapです。
IMG_5144

IMG_5145

IMG_5146

IMG_5147

IMG_5148

IMG_5149
高田みずえさんを探すことができたあなたは相撲通です。

#力士たちの入館光景です。
IMG_5200
#遠藤関です。
遠藤関は石川県出身、追手風部屋、年齢24歳、身長183cm、体重146kgです。

IMG_5173
#安美錦関です。
安美錦は青森県出身、伊勢廣部屋、年齢36歳、身長184cm、体重146kgです。

IMG_5185
#旭天鵬関です。
旭天鵬関はモンゴル出身、友綱部屋、年齢40歳、身長190cm、体重161kgです。

#横綱鶴竜の土俵入りです。
IMG_5222

IMG_5223
横綱が太刀を持ち、露払いを従えての土俵入りです。
柏手を打って四股を踏む横綱に「よいしょ」の掛け声がとびます。

#本日の名勝負です。
IMG_5332
横綱日馬富士は、立ち合いの鋭い出足から前頭4枚目常幸龍を追い詰めましたが、土俵際の突き落としに敗れ、今場所初黒星です。常幸龍は初金星となりました。
この横綱の初黒星には驚きました。
座布団が乱れ飛ぶのかなと思いきや数える程度でした。
これは日本相撲協会が「座布団や物を投げて人に怪我をさせた場合は暴行罪・傷害罪に該当する場合があります。物は絶対に投げないようにお願いいたします」と警告していたせいでしょうか?
実際事故があった場合は不特定多数がなげる座布団ですので立件はできないはずです。

#私が気になった面々
IMG_5296

IMG_5291

IMG_5293
モルツビールのお姉さんの私達の升席への出動回数は一番多かったように思います。


ということでlunchですが、実はこの日、私はあるトラブルに巻き込まれてお昼抜きで国技館に到着しました。
従いまして今日の私のlunchは必然的に国技館内なのです。
遅起きした友達もいましたので二人で食べに行きました。
今日のお店はお食事処 「雷電」さんです。

住所: 東京都墨田区横網1-3-28 国技館サービス
電話:03-3625-2111
定休日:国技館での催行日以外は休日

IMG_5113
お店の外観です。

IMG_5116
店内の雰囲気です。

IMG_5114

IMG_5115
メニューです。

今日のオーダー
私「焼鳥重」@1,100円です。
友人「焼鳥丼セット」1,100円です。

待つこと17分でともに着膳です。
鳥は手をつかない、ということで相撲取からすると「鳥料理」は縁起がいい食べ物とされています。
国技館内のレストランの「鳥料理」ですので味は間違いないでしょうという事で実食です。

IMG_5119

IMG_5120

IMG_5121
鶏肉はセントラルキッチンで調理したものを加熱したみたいで温かさに難があります。
肉も柔らかくなくかといって硬くもなくギリの食感です。
特筆するのは甘辛タレです。
これは美味しいです。
総じてイケています。
温泉卵が高評価です。

IMG_5117
このようにTV中継もみられますので「中入り」まではここでお酒を飲みながらの相撲観戦が良いように思いました。

それでは(^_-)

両国 江戸蕎麦ほそ川

今日は「ゆめゆめご油断めされるな」です
今週は月曜日から木曜日まで毎日忘年会です。
個人的には酒も飲まないのに、よく行くよな、とは思います。
基本的には私はお酒を飲んでも飲まなくてもふるまいは変わりません。
しか〜しふるまいこそ変わりませんが、お酒を飲んで酒席にでるより素面で酒席に出る方が疲れるのです。
それはそうでしょう、素面の方が頭は絶えずfull throttleでまわっているからです。
要は頭にゆるぎが生じないのです。
従いまして帰宅すると倒れ込むように布団にはいり即寝してしまうのです。

四回の忘年会の内二回は会社の女子にお誘いを受けたものです。
まぁこの年になって女子からお誘いがあるのはありがたいことです、ハイ。
女子の飲み会では最後の方になりますとお約束の恋愛話になります。
そこで私はあることに気がついたのです。
蓋然性からしますとサンプリング数がすくないので恣意的なきらいはありますが、その気づきを二つほど紹介します。

求愛
最初の気づきは「容姿の悪い女性は男性を好きになる要件が多い」という事です。
個人的には、ず〜っと「容姿の良い女性は男性を好きになる要件が多い」と思っていたのですが、我社においては真逆なのです。
美人であればあるほど、男性の好みを多く語りません。
逆に「言い寄られたらごめんなさい」的な女性の方が男性の要件が多いのです。
要件毎のtop3は以下の三点です。
1.生活力のある事
2.頼りがいのある事
3.頭の良い事です。

容姿は当然のことながら街中で昔の友達にあったら、今彼と付き合っているの、と堂々と言えるような男性である事は言わずもがなであります。
さらに優しさもあげていました。
私は男女の機微にうといので、優しさって具体的にどのようなふるまいなの、と聞けば、食事にいってシェアする料理をさりげなくとりわけてくれること、でした。
なるほどですね、わかりやすい事例です。
しか〜し要件を満たす男性を見つけ華燭の典をあげることができれば宜しいのでしょうが、我社の例でいえば容姿の悪い女性はなぜか選ぶ目線を下げています。
これは社内報の式典写真で確認していますのでまごう事なき事実であります。
容姿の良い女性の方はそのような観点で申せばつりあいがとれています。
要は容姿の悪い女性は「願望と実際」は残念ながら違うのでした。
このgapを女心というのでしょうか・・・

次の気づきは「女性は同性の悪口をいう事の誤解」です。
例えば、△△さんってさあ、女性の前と男性の前では完全にしゃべり方、例えば声のトーンとか変えているよねぇ、という悪口です。
この手のたぐいって、今日の今日まで女性は上述の様な不自然なふるまいを落とし込めたくて言っているものだと理解していました。
要は、女性は他の女性の悪口をいうことで自らのプレゼンスをあげる的な喧伝的行為だと思っていたのですが、ここが男性の浅はかさだったのでした。
もとい男性ではなく私です。
彼女達はそのしゃべり方を変えている△△さんの不自然さを「私は気づいた」「私も気づいた」的にただ単に確認を取りたいだけであって他意はないようなのです。
例えていえば、デイズニーランドに行って話題の隠しキャラを見つけたか見つけられなかったか的なキャアキャア話と同じレベルなのでした。
これは大きな気づきとともに全く理解していませんでした。

いずれにしても女性は年の高低にかかわらず男性にとって一生とらえようのない対象だと思います。
分ったようなしたり顔をして女性を御していると後で大きな陥穽(かんせい)に落ち入ってしまう事は必定なのであります。殿方の皆さま、「婦女子にはゆめゆめご油断めされるな」と声高にご注意申上げ仕(つかまつ)り候であります。


「3秒クッキング 爆速エビフライ」がヤバい なんという技術の無駄遣いなんだ!



IMG_4276
今日は木枯らし吹きすさむ両国に出没です。
今日のお店は弊ブログ初めてのミュシュラン店蕎麦の絶巓「江戸蕎麦ほそ川」さんです。

住所: 東京都墨田区亀沢1-6-5
電話:03-3626-1125
定休日:月曜・第3火曜

IMG_4253
お店の外観です。

IMG_4262
店内の雰囲気です。

IMG_4256

IMG_4257
店主紹介です。

IMG_4261
メニューです。

IMG_4259
店内は空き席もあるのですが、空間調和を狙っているのか、入店させてもらえません。
その為に凍てつく寒空の中待ちあいで25分も震えながら待っていました。
下町の店なら中にいれて暖のあるところで待たせればいいのに、と思ったあたりから下町っ子特有の「上等じゃねぇか、てえげえにしやがれ」モードに入ってしまいました。
そして招き入れられた店内は一応暖房が入ってたものの、結局、薬局、郵便局で最後まで寒さがとれずコートが脱げませんでした、ハイ。
なんなのですかね、このお店・・・
客が店内でコート着て食べているのだから空調の温度を上げるくらいの気遣いくらいあってもよさげなのですが、もしそのようにいったらここの鉢巻きご主人と喧嘩になったのでしょうか?
わかりませんが、食べる人の環境の調和も美味しさのfactorの一つかと思うのです。


今日のオーダー「穴子天せいろ」@2,550円です。

IMG_4268

IMG_4269
待つこと12分で蒸篭(せいろ)の到着です。
蕎麦の産地の説明もありませんが・・・
どうなのでしょう普通の蕎麦にしかみえません。

IMG_4270

IMG_4271
待つこと13分で「一本穴子」の到着です。
穴子はカラッと揚がっている感じはします。

それでは実食です。
蕎麦はそれほど香気も感じられず、ただ単に喉越しすっきりなだけです。
蕎麦汁(つゆ)も訴求するものもなく粛々といただきました。
すみません、私は蕎麦の味は良く分かりませんのでこのようなコメになります。

穴子は昔は大衆魚でした。
要は鰻が高くて食べられない家庭の代用魚だったのです。
それなのにメディアではさも高級魚のように持ちあげているのは噴飯ものです。
最近では大衆魚の枯渇により値はあがっているのかもしれませんが、氏育ちはかわらないでしょう。

閑話休題おはなしはもどりまして
天ぷらからは熱々感はすくなく、穴子も豊頬感がないと言い切りますと頭がないので御幣はあるのですが、要は脂ののっていない穴子でした。
塩で食べたらさすがに美味しかったのですが、これはアナゴというより衣(ころも)勝ちでしょう。

IMG_4272

IMG_4274
締めの打ち粉を溶いてポタージュのように濃厚でドロッとしているそば湯は、初めての味わいであり美味しゅうございましたが、こんなところで帳尻があっても何の意味もありません、ハイ。

一応完食しました。
約30分の食事でしたので、1時間換算しますと5,100円のperformanceですか、これでは「コスパ悪し」と言わざる得ません。いわゆるA級グルメのマイルストーン的なお店なのでしょう。
ミシュランに選ばれるくらいですので黎明期はとてもすばらしかった事だったと思います。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

錦糸町 いきなり!ステーキ

今日は「NHK朝ドラ」です。

ほとんどTVは見ないのですがNHKの朝の連続TVドラマは好きでいつの頃からわかりませんがほとんど見ています。個人的には「花子とアン」は好きでした。
「花子とアン」の初回から最終回までの期間平均視聴率が、関東地区で22.6%(関西地区21.6%)だったことが29日、ビデオリサーチの調べで分かったそうですう。
関東地区では、前作「ごちそうさん」や「あまちゃん」「梅ちゃん先生」などを上回り、過去10年間で最高を記録しました。面白かったですものね。
で〜も色々と時代考証を含めて物議を醸したみたいです。
個人的なここがおかしいtop3は以下の通りです。
1.甲府人はあんなに色が黒くない。多くの甲府人が怒っている。
 特に室井滋さんの色の黒さは許せないらしい。(@甲府の安藤家)
2.日本人は座布団の上には立たない。不作法です。(@花子の結婚式)
3.他人の家の訪問者が全員和風玄関の引戸をノックする。あり得ません。
 引戸を開け、玄関の外から「ごめんください」というのが当時の日本の習慣です。(@ほとんどの訪問場面)

脚本家の中園ミホさんが好きでした。
彼女と私は性格が似ているようで色々な場面で「おっしゃる通り」と共感していました。
今回の「マッサン」の脚本家はつかこうへいさんを師匠とする羽原大介さんです。
明日とは、男と女が額に汗して夢を見る熱いまなざしをテーマにしているようです。
まずはその意気込みを以下に紹介します。
ヒロインのモデル「リタ」は、はるかスコツトランドで日本男児と恋に落ち、家族の大反対を押し切って海を渡り、夫の夢を陰に日向に支えながら、懸命に「大和撫子」になろうとがんばりました。
その夫「政孝」は、まだ世間では誰もウイスキーなど飲んだことない時代に、「やがて日本にも必ずウイスキーの時代が来る」と信じ、本場に負けない国産ウイスキーを造る夢を追い続けました。
「国際結婚」と「国産ウイスキー」、時代を間違え、少し早く生まれ過ぎてしまった感のある二人は、共に一途で不器用。純粋さ故に時にぶつかり合い、慰め励まし合いながら、少しずつ本物の夫婦になっていきます。
二人の設定はどこか「つか作品」の登場人物に通じるものがあるかもしれません。
そんな夫婦の七転八倒ぶりを、記録と取材に基づいたエピソードを重ねつつ、大胆なフィクションも交え、笑って泣けるエンターテイメントを目指して紡いでいきたいと思っています。
青い目の大和撫子と、頑固なウイスキーバカの、「国境を超えた壮大な愛の物語」に、どうぞご期待ください。


マッタンの妻 シャーロット・ ケイト・ フォックスさんの演技は好感がもてます。
彼女は既婚なのですね、ちょっと残念(意味不明)です。
いずれにしても「笑って泣けるエンターテイメント」は大大大好きですので、乞うご期待してしまうのです。

このドラマの舞台は北海道は余市です。
ここで先週大学時代の友人と北海道旅行してきた奥様からのトリビアネタです。
余談ですが北海道では「マッサン」はまだ話題にもなっていなかったそうです。
1.リタ(エリー)さんはイカの塩辛が得意料理だった
2.政孝さんの自宅はリタ(エリー)さんの生家に似せて建築した
3.洗面台はリタ(エリー)さんの身長に合せて特注した
4.トイレは洋式にした
5.室内は靴履きで暮らした
6.二人だけの時のcommunicationは英語で行っていた
7.リタ(エリー)さんは「マサタカサン」と発音するのが難しいので「マッサン」と呼んででいた。

P1000645
函館山からの夜景ですが、誰も気がつかないかもしれませんが、私が北海道にいた時より眼下の明かりが減っています。特に中心部です。
函館の人口流出に歯止めがかからなった事の象徴的な画像です。
結果夜景日本一はいまや函館から長崎に変わったようです・・・


IMG_2878
今日は錦糸町に出没です。
めずらしく空腹感がマックスです。
こういう日にはステーキでしょう。
ということで今日のお店は「いきなり!ステーキ」錦糸店さんです。

住所: 東京都墨田区江東橋3-8-12
電話:93-6659-329
定休日:無休

IMG_2877
お店の外観です。

IMG_2876
店内の雰囲気です。

IMG_2871
メニューです。

今日のオーダー「ワイルドステーキ(@300g)」@1,134円です。
このお店は株式会社ペッパーフードサービス(資本金720百万円)さんが経営する、ビジネス街でポピュラーな立ち飲み食いでステーキとワインを楽しむスタイルにより、コストパフォーマンスを追及する的なステーキ屋さんです。

IMG_2874
調味料の面々です。

IMG_2872
待つこと1分でサラダとスープの到着です。
特筆するものはありません。

IMG_2873
待つこと3分で「ワイルドステーキ(@300g)」の到着です。
熱量がすごいですね。

IMG_2875
焼き加減は自分の好みになった時にホットステーキソースをかけて加熱を止めるのです。
炭火焼のために内柔外剛になっていますので中の肉は柔らかいのです。
味ですか、すごく美味しいです。
ガーリックバターとホットステーキソースの相性は最高です。
但〜しこのステーキですが、筋の部分が多いいのです。
さすがにそこは噛みきれません。
時間をかければ噛み切れるのですが、せっかちなのでそこまでしては食べません。
一気に飲み込もうとも思ったのですが、多分喉に肉がつっかえて死ぬなという事が予想できたので敢えてしませんでした。
噛み切れなかった筋の部分が全体の20%位ですか、これでは「コスパ悪し」と言わざるを得ません。
歯と顎の強い方にお奨めのお店です。

それでは(^_-)

石原 福来軒

今日は「思い出のマーニー×種田陽平展」です。
IMG_2474

IMG_2478

IMG_2479
尊敬している美術監督の種田陽平さんの展示会を見に江戸東京博物館に奥様と行きました。美術監督はその映画を見た誰からも注目を浴びるような主役や監督とは違い「黒子」ともいえる裏方の仕事なのです。言い換えれば美術監督は監督やプロデューサーの指示のもと想定どおりのものを作り出すoutsourcee(outsourcingの受託者)なのです。

陽平種田
しか〜し種田陽平さんこの範疇にはいりません。
提示されたthemeにみずからの解釈を加え、新たな提案を盛り込み、映画の舞台となる土地の地形、建物、調度品など登場人物の回りに広がる空間すべてを設計し、実際のセットをつくりあげていくのです。
そうした彼の姿勢から生み出されるセットは、当初の想定を超えるアイデアが詰まった空間となり、監督たちに新たな刺激を与えていき、私もその刺激を大いに受けた一人であります。

<
特に「セデック・バレ 第一部 太陽旗〜第二部 虹の橋」のセットは言葉がありませんでした。
これを観た時に始めて日本に突き抜けた天才がいる事を知ったのです。

IMG_2480

IMG_2482
「思い出のマーニー」の映画はいまだ見ていませんが物語の重要なシーンを表現した精彩で幻想的なジオラマ模型や原画の数々、映画には出てこない美術資料まで「マーニーのいる世界」の秘密にふれる事ができ感激しました。

湿っち屋敷

マーニーの部屋

2マーニーの部屋

サイロ
特に登場人物すべての背の高さ設定の絵コンテはいうに及ばずマーニーのスケッチブックのdetailを細部にまで亘り事細かく指示していた事には驚きを禁じ得ませんでした。
このスケッチブックは物語のkey factorにはなりますが、所詮は小道具です。
「細部を突き詰め、世界を作る」という彼の言葉にあらためて納得した次第です。

ついでに江戸東京博物館の館内も紹介します。
IMG_2489

IMG_2490

IMG_2493

IMG_2494



IMG_2473
今日のランチは「思い出のマーニー×種田陽平展」の流れで江戸東京博物館の近隣の石原町に出没です。
今日のお店は、タンメンではこの店ありとその名がとどろき亘っている「福来軒ラーメン」さんです。

住所: 東京都墨田区石原1-31-9
電話:03-5608-0729
定休日:不定休(日曜営業)

IMG_2462
お店の外観です。

IMG_2465

IMG_2466
店内の雰囲気です。

IMG_2472
ご主人は大勝軒の出自みたいです。

IMG_2464
メニューです。

今日のオーダー
私は「らーじゃんめん」@800円です。
奥様は「みそタンメン」@800円です。
待つこと6分でともども着丼しました。

IMG_2470
まずは「らーじゃんめん」です。
トッピングはニラとモヤシと豚肉です。
麺は中太麺ですが、ゆで加減をまちがえたのかtoo softです。
スープは凡庸な鶏ガラスープです。
辛味は普通です。

IMG_2471
ご主人が私の怪訝な顔を、辛さが足りないのかな、と思ったみたいで、辛子2号を足してくれました。
ご配慮ありがとうございます。
しか〜し辛さが足りなかったのではなく麺の茹で過ぎを不思議に思っていたのです。
味ですか、パンチ不足です。従いまして印象に残るものはありませんでした。

IMG_2467
続きまして「みそタンメン」です。
トッピングは豚肉、キャベツ、モヤシ、玉ねぎ、ニンジン、タケノコ、ニラです。
麺は同様の中太麺です。これまた同様にゆで加減をまちがえたのかtoo softです。
スープは炒めた野菜の甘みがほのかに感じられました。
味ですか、メリハリがありません。
不味くはないのですが全体的にグズグズな感じです。

ラーメンは食べる者の体調もあるので軽軽なことは申せませんがかなり残念なランチでした。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

両国 はせ川

今日は「USJのV字回復」です。
ハリー・ポッター
ユニバーサルスタジオジャパンがV字回復を成し遂げたということをご存知の方も多いのではないでしょうか?
実はV字回復に導いた仕掛け人が存在しています。
今日はその仕掛け人がフリネタです。
まずはそのessenceを以下に紹介します。

何故ハリー・ポッターを誘致したのかが気になる方も多いのではないでしょうか?
どうして450億円を投資してまでハリー・ポッターにこだわったのか?
すぐに経年劣化してしまう中途半端な映画ブランド10個に毎年45億円ずつ投資するよりは、数年に一度絶対に人気の衰えない強力なブランドに450億円投資したほうがよほど効率的です。
私自身、USJに携わる前からのハリー・ポッターファンで、家にはシリーズすべての本とDVDがあります。
そのため、マーケターとしてだけでなく、1ファンの感覚値としてもブランド力には自信がありました。
このレベルのブランドを使って集客施設を作れるチャンスは二度とない。
また、映画館でハリー・ポッターシリーズを観た人は累計約7800万人。
これは、「インディ・ジョーンズ」も「スター・ウォーズ」もジブリ作品でさえもかなわない圧倒的な数字だ。
ハリー・ポッターシリーズの圧倒的なブランド力、そして、そのブランドを使って集客するためのアトラクションが作れるという条件がそろったからこそチャレンジを決めた、と語るのはUSJのチーフ・マーケティング・オフィサー、執行役員、本部長の森岡毅氏であります。

40億で寿命が短いアトラクションを10個作るよりも強力なブランドに投資を集中させるという戦略にはうなずけますが、リスクや反対も大きかったと思います。
圧倒的な話題性を持ち、長続きする大きなものに一点集中で投資をしたほうが絶対に効率がいい!
というのがわかっていても、それに踏み切ることが出来た森岡氏はじめ、USJはさすがだといわざるを得ないのではないでしょうか?
ちなみに、アメリカにあるユニバーサルスタジオオーランドにできたハリー・ポッターのエリアの成功を見てから、日本への誘致を決めたと勘違いされがちですが、実は違っています。
まだオープンしたばかりのオーランドのハリー・ポッターを見て日本につれてくることを決意したのだそうです。
これの質を上げたものを日本に持ってくることができればそしてそのために必要な投資金額を算出し、それまでの3年間をほぼ投資なしで乗り切ったのです。
ですので、これまでの3年間の間の戦略が外れていたら、USJにハリー・ポッターがこないどころか、倒産していた可能性もあったくらいの大きな賭けだったとも語っています。 
「ネットビジネスで『少し』だけ人生を変えてみる哲学をあなたに伝授するブログ」ひろくんのブログより転載

私は今日のフリネタのCMOの森岡毅さんの事は日経新聞でその手腕は知り得ていました。
年間売上が800億円程度のUSJが一つのアトラクションエリアに450億円もの投資をさせた張本人が森岡毅さんだというのが日経新聞の紹介でした。
よくもまぁ社内起案が通ったものだとほとほと感心していました。
加えてよほどの剛腕なのだろうなと思っていました。

森岡毅
今日なにげに見ていたNHKプロフェッショナル「仕事の流儀」で森岡さんを取り上げていたので食い入るようにみていました。
風貌は画像の通り運動不足の中年男性を模範的に演じているような方です。
話し方もはベタなおっとりした関西弁でどちらかといいますと迫力不足です。
で〜も風貌とは裏腹この方は天才的な戦略家なのであります。

映画というフォーマットにこだわってブランドを作るのではなく、エンターテイメントの原点である「感動」にこだわってブランドを作りたいという考えが、森岡さんの頭の中に充満していたのです。
その為にはこのパークを「映画の専門店」ではなく、映画も含めて「最高の感動を届けるブランドを世界中から集めたセレクトショップ」にしたいと考えるようになっていたのです。
要は昔のデパートのように単にそろえておくのではなくそのブランドに熱い魂を注入しようとしたのです。

さらに今回のプランも深謀遠慮です。
First themeは、テーマパーク事業の最大のボリュームゾーンでありながら、USJの長年の弱点だった「家族連れ顧客(ファミリー)」を取り込むことでした。これはTDLの強みを模倣したのですが、USJの弱点をきちんと炙りだした事、これはこれですごい事だと思います。
さら〜にそこから生み出したキャッシュをテコにして打ち上げるsecond themeは、遠方からゲストを集客できる「ものすごい何か」を作って関西依存の集客構造から脱却することでした。
これが今回のハリー・ポッターのエリアの建築に繋がるわけです。
そして更にそれで得た大きなキャッシュをテコにしてより高く打ち上げるthird themeは、科学的経営管理法に基づいてパークを効率的に運営するこの会社のノウハウを複数の場所に展開して、会社を大きく飛躍させていくことでした。
これはTDLもまだ行っていない未開の領域であります。
そして森岡さんはやりっ放しではなくきちんとそのPDCAを回して回して回し続けていたのでした。
この辺りもなかなかできるのものではありません。

個人的に森岡さんを尊敬しているのはleaderとしての類いまれな資質です。
Leaderとは、全員が結果を出せるところに連れて行く力を持っている人、勝つための法則を見つけ出す技術力を持っている人、と定義付け自らは言うに及ばず部下の方にもそれが備わる様に日々育んでいるのです。

さらに社員にチャレンジ力を付けるために「スィング・ザ・バット」賞なるものを作りました。
これは豪快に空振りしたとしてもそのアイデアをたたえるものです。
結果が悪く出たらどうしようと守りに入るのではなくブンブンバットを振らせる事を第一とし、それを打っていると次第にスィングが整ってきて、いつの日かホームラン起動をえがいて打てるようにしたものです。
結果を恐れずに社員にどしどし振らせてチャレンジ力を付けるための施策です。

Everything is possible. Swing the bat!
Decide now. Do it now.

このような会社で働いてみたいものですね。
で〜も自分の会社でできないことがこのような環境が整った会社でできるかといのは別の話です。
やるのなら今の会社でしょう!


天才的な凄さ!バッハが曲の中に仕組んだ秘密に震えが止まらない!
驚きの次に更なる驚きが待っている!
バッハが晩年に作曲した「蟹のカノン(Crab Canon)」に隠された秘密がまさに天才的。
何が凄いのかを、おわかり頂けただろうか?
ヽ敝萃未蠅某聞圓靴討癲当然普通に演奏できる。
∈埜紊泙嚢圓辰晋紊法逆行して演奏しても完璧に音楽が成り立つ。しかも,箸楼磴旋律。
N省から同時に演奏しても、美しいメロディーになっている。
こ敝莠体がメビウスの輪になっている。



IMG_2440

IMG_2439
今日は両国に出没です。
なにやらsuper deliciousな豚カツを食べられるお店があるということでお邪魔しました。
今日のお店は「はせ川」さんです。

住所: 東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル 103
電話:03-5625-2929
定休日:無休

IMG_2441

IMG_2450
お店の外観です。

IMG_2443
店内の雰囲気です。

IMG_2442
メニューです。

IMG_2444

IMG_2445

IMG_2447
今日のオーダー「ロースかつ定食」@1,000円です。
待つこと19分で「ロースかつ定食」の着膳です。
見た目縮小モードです。

IMG_2448
それでは気を取り直して実食です。
まずはお店の方のお奨めで山葵(わさび)と岩塩で頂きました。
平田牧場三元豚の脂身の甘さはよくよく理解できました。
衣もサクサクしておいしいのですが肉が硬いですね。
山葵(わさび)と岩塩で頂くのが飽きたので辛口ソースと甘口ソースで食べ比べてみました。
うんソースは甘口の方が美味しいですね。
しゃきしゃき千切りキャベツと赤出汁、固めのご飯は満足するものです。
なんて感想を頭の中で反芻していましたら肉が無くなってきました。
途中キャベツのお替り(free)で帳尻を合わせましたがお腹には物足りない定食でした。
さりとて特上ロースかつ@2,800円(220g)を頂くには今日のお財布は痩せていましたので仕方ないですね。
できれ〜ばもう少しコスパあげて欲しかったものです。
下町のとんかつ屋さんでしょう・・・

それでは(^_-)

八広 ゴジューバン

今日は「splashな一日」です。
夏休みも中盤に突入しました。
今日は忙しく次男と一緒に都内を移動しました。
そんな一日をオムニバスで紹介します。
宜しかったらお付き合いください。

#とらんくすや
IMG_9654

とらんくすや

IMG_9656
久々に「とらんくすや」さんに藩津(ぱんつ)を買い求めにやってまいりました。

このお店のお客って海外の武道家さんが多いのですって。
特に極心会系の方が、なにかのサイトにこのお店が載っているようですよ。

IMG_2159
ちなみにモスクワの極心会の館長の色紙ですが、ロシア語が話せる次男に訳してもらいましたら、やっと欲しかったものが見つかった、って書いてあるそうです。
店主は下町にも露西亜語が読める人間がいた事にいたく感動していました。

店内で藩津(ぱんつ)を物色していたら、外国人がきたので少し雑談しました。
来られた外国人はイタリア人夫婦で、外でこの藩津(ぱんつ)をみていたら、たまらず買って帰りたくなったので上がってきた、と申していました。
日本人でもなかなか入るのには勇気?が必要なのにたいしたものです。
多分旦那さんも武道家さんでしょう。
雰囲気がそんな感じでしたもの。

IMG_2174
ちなみにこれが私達親子の買い求めた藩津(ぱんつ)と靴下です。
派手なのはすべて次男が買い求めました。私ではありません。

#浅草三業会館
IMG_2160
芸者さんの料亭への手配、花代の支払いや地元浅草の行事に関すること等全ての運営業務を請け負っている総合窓口が浅草見番でその隣にあるのが浅草三業会館です。
新年会、踊りの会などの行事や稽古場としても使われます。
ちなみに「三業」とは、料理屋、待合、芸妓屋の3業が集まって営業している地域の俗称です。
その営業には公安委員会(第2次大戦までは警察署)の許可が必要であることと、3者が合流して三業組合(同業組合の一種)を組織していることにより、三業地とよんで特殊地帯であることを表していたのです。
ちなみに今日は盆休みでした。

#アニマル浜口トレーニングジム
IMG_2162

アニマル浜口道場
今日の今日までアニマル一家はこのビルの4階にすんでいると思ったのですが、ちがったのですね。
さすがにご自宅の場所は教えられませんが、毎日夕方になれば、この周辺をランニングしているアニマル浜口さんに会う事ができます。

#拝啓、皆様、浅草流で稼(かせ)ぎます。
IMG_2164
「稼ぎます」と「嫁ぎます」は似ていると思います!
要は見間違えたのです・・・

#浅草寺提灯を裏から見れば・・・
IMG_2167

IMG_2166
提灯の底部には龍の彫刻が施されています。
龍は大海に棲んで雲をよび、雨を降らす魔力を持つと信じられてきました。
木造の建造物しか持たなかった日本人にとって火事は恐ろしい災害で、雨を降らして建物を火事から救う龍は龍神として崇められてきました。合わせて浅草寺では隅田川から聖観音が出現したとき守護神龍神が金鱗を輝かせ出現したとの由来が「浅草寺縁起」に記されています。
多くのお寺や神社には「火事に遭わないように」と龍の絵や彫刻が奉納されているのです。

#入山煎餅 (いりやませんべい)
IMG_3437
「夏つらく冬はらくちん」というクリーニング屋(死語?)さんと同じ職業です。
ここの煎餅は固くて、昔はここの煎餅を食べたジイサマの歯が欠けたというのは紛(まご)うことなき実話であります。
最近は少し柔らかくなった、とは口さがない下町っ子の与太であります。
イヤ、事実かもしれません。ご興味のある方はその硬さを体現ください。

#STAND BY MEドラえもん
IMG_2171

IMG_2172

帰宅して軽く走った後は、奥様とjoinして映画「STAND BY ME ドラえもん」を観にいきました。
奥様は、オコチャマ映画で嫌だわ、って言っていましたが、これは大人の恋愛ドラマです。
ちなみに「STAND BY ME」とは私が正しいということを信じて、私を支持して、私を応援して、と言う意味です。
大人になるという事は、子供の頃に包まれていた、親、兄妹、親戚、近所のおじさん、おばさん等に守られ慈しまれたバリアが外されるという事です。
子供の頃に味わった、泣けば親が助けてくれる、という甘〜い、甘〜い約束が無くなる時でもあります。
この映画ではのび太の男らしい性格の一端が見てとれます。
多分将来日本の総理大臣になる?片鱗なのでしょう。
未来には無限の可能性があるという事と同時に、年月というものはすべてものを美しくし、それは魔術師のように巧妙で鮮やかである、という事をあらためて胸に刻みこむ事でしょう。
余談ですが、野比家が住んでいたのは練馬区富士見台だったのですね!
よく行く場所です・・・

IMG_2157
今日はお盆ですので両親の墓参をした後に向かった先は、元巨人軍の王監督の従兄弟がやっている「ゴジュウバン(50BAN)」さんです。

住所:東京都墨田区八広4-25-5
電話:03-3617-0428
休日:月曜日

IMG_2158

IMG_2155
お店の外観です。

IMG_2140

IMG_2143

IMG_2152

IMG_2153

IMG_2151
店内の雰囲気です。

IMG_2139
メニューです。

今日のオーダー
私は「ビーフスタミナ焼き+ライスセット」@1,080+@300=1,380円
次男は「かつサンド」@1,080円です。

このお店の住所ですが「食べログ」では東京都墨田区八広4-25-8です。
しか〜し正しくは東京都墨田区八広4-25-5です。
お店の方の説明では、正しくは4-25-5なのよね、って言っていましたが、それなら「食べログ」に説明して訂正して欲しいものです。
Lunchtimeのラストオーダーが14時なのを承知で向かったのですが、この地番違いでもう少しで閉店になるところでした。電話で迷っている事を伝えたので地番違いに気がついた次第であります。

IMG_2144

IMG_2147

IMG_2146
待つこと17分で「ビーフスタミナ焼き+ライスセット」の到着です。
見た目、ちょっと大盛すぎませんか、です。
それでは実食です。
肉自体はおいしいのですが、ガーリックが効きすぎです。
個人的にはニンニクスライスを炒めたものだと思っていたのですが、ソリッド状のニンニクですか?
口内刺激が強すぎます。
後半飽きてきました、かなり残念な一皿です。
味噌汁はmax美味しかったです、さすが下町の洋食屋さんです。

IMG_2148

IMG_2150
待つこと18分で「かつサンド」です。
見た目volumy(何度もこの言葉を使っていますが英語ではありませんから)且美しいです。
元王監督の大好物だそうです。
さっくりと揚がったカツは、脂っこさを感じさせません。
低温でじっくりと揚げたか二度揚げですかね。
ソースもこのさっくりカツに良くあっています。
これは美味しいです。
しか〜しこの「かつサンド」を食べ続けていますと、顔が五角形(ベース形)になってくるかもしれませんよ。
失礼しましたm(__)m

それでは(^_-)

本所吾妻橋 モンブラン

今日は「浅草逍遥」です。
今日はお彼岸より一足早く父母の菩提寺に奥様帯同で墓参しました。
その後、春風に誘われて浅草に出没しました。

画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

★亀十「どら焼き」
私は全く知らなかったのですが2014年3月15日付「NIKKEIプラス」のおいしいどら焼きrankingのtop1の地位に亀十さんは燦然と可輝いたのです。
創業90年なのですって全く知りませんでした。
下町っ子ですのでこのお店そのものは知っていましたが、それほど感がなかった、というのうが正直なところでした。
北海道産に小豆を使ったあんは甘さ控え、小豆の自然な風味を生かしているそうです。
手づくりなので1日3,000個の限定販売で、連日「売切御免」続出だそうです。
IMG_9629

IMG_9634

IMG_9633
多少なら並んで買おうかと思ったのですが、さすがにこの行列ではねぇ、と思い兄弟商品のきんつばで代用しようとしたのです。
為念、店員さんに確認しましたところ、あんは気持ちどら焼きよりきんつばの方が甘いのですが、普通の方は気がつきません、と言われ、我が意を得たりだったのです。IMG_9628

IMG_9630

帰宅してから家族できんつばを頂きました。
どら焼きrankingのtop1の名に恥じないあんの美味しさです。
甘さ控えめながら豆が美味しい、という私の好みにストライクです。
これはハマリますね(笑)
IMG_9662

IMG_9663


★やたら腰の低いチンドン屋さん
IMG_9631
東洋館
顔見知りの人に会うとやたら丁寧な挨拶をしていてほとんど仕事をしていません。
いいんですよ、仕事なんかしなくても・・・

★たまには浅草寺にでも・・・
IMG_9636

IMG_9638
と思ったのですが、浅草寺にはいきませんでした。
やはりお参りは信心しています被官稲荷です。
たしか貴方は神仏は信じていないはずです、そうなのですが被官稲荷は治外法権なのであります。

★Furisode Experience
IMG_9643
この女性の着物の着付けがピシッとしていたので、自分で着付けたのですか、と聞きましたら、以下のお店「撫子庵」さんで着付けてもらったそうです。へぇそんな商売があるんだと思いました。
彼女は初着物でかなり興奮しており、I am a real Japanese!を何度も発していました。
説明なんかしなくてもいいんですよ、どこから見ても和服の似合う日本人に見えますから。
実は彼女、この着物姿で浅草寺の前で記念写真を撮りたかったのですが、どのようにお願いしていいのかわからず困っていたそうです。
「義を見てせざるは勇無きなり」です。私が日本人を代表して、きちんと記念写真を撮ってさしあげました。

ここがその外国人相手の着付け屋、「撫子庵」さんです。
着付け代@3,500円、ぶらり散歩代@1,500円締めて計5,000円也で〜す。
外国人からすると安いのかな?
IMG_9640

IMG_9639

IMG_9642


★かなり怪しいstreet performer
IMG_9648

IMG_9644

IMG_9646
costumeが怪しい、performanceが怪しい、BGMが怪しい、の三拍子です。
奥様は気にいっていました。

★浅草名物忍者傘
IMG_9649
一体全体誰が買っているのでしょうか。
会社に持っていったらウケるかも・・・

★河村屋さんのicon
IMG_9652

IMG_9650
「お客様の役に立つ漬物」を世に出すという信念と日本が誇る漬物文化を後世に 伝える使命を持ち、江戸・文化文政期より今日に至り皆様にご支持頂き続けている漬物屋さんです。

★入るのが恐ろしい「とらんくすや」さん
IMG_9654

IMG_9657

IMG_9655

IMG_9656
浅草だけにその筋の方のお店かと思って入店しましたら普通のお店でした。
私の好きそうなトランクスが巨万(ごまん)と置いてあります。

IMG_9661
たまらず風神雷神のトランクス(@1,365円)を買ってしまいました。
これをはいたらもう怖いものなしです、マジです。

★全く似ていない勝海舟の銅像
IMG_9658

IMG_9659

IMG_9660
「太平洋にズームイン!」指さすのは隅田川から続く江戸湾、そして太平洋までですか?
生誕180年記念の2003年に海に想いを馳せた男らしく「海の日」に建立されたそうです。
顔が全くとは言いませんが、本人とはだいぶちがうではないですか。
他の言葉で申せば似ていないです。
さら〜に背の高さも本人は158cmと小柄なのに、なな何とこの銅像では約250cmと長身であります。
で〜もいつか見よう見ようと思っていたのですが、中々できませんでしたので見れてプチ感激です。


IMG_9615
今日のお店は本所吾妻橋にある有名なハンバーグ屋さんです。
今日のお店は「モンブラン」吾妻橋店さんです。

住所: 東京都墨田区吾妻橋2-2-5 吾妻橋アイカワ 1F
電話:03-5608-2155
定休日:月曜日

IMG_9616
お店の外観です。

IMG_9619

IMG_9625
店内の雰囲気です。
まあ店内にはサインがたくさんありますね。
テレビでよく取り上げられる店の一つですかね、実はあまりこのようなお店は好きではありません・・・

IMG_9618
メニューです。

今日のオーダー
私は「オランダ風(ソフトなチーズソース)、ご飯、みそ汁付」@1,280円です。
奥様は「イタリア風(ピリ辛トマトとチーズのソース)、ご飯、みそ汁付」@1,280円です。

IMG_9622

IMG_9621

IMG_9624

IMG_9623
待つこと12分でともに到着です。
見た目、盛付がきれいですね。

それでは実食です。
切ると肉汁がでない普通のハンバーグです。
good pointはありませんがbad pointもありません。
で〜もともにソースが美味しいです。
特に私のオーダーの「オランダ風」はチーズの味わいがふくよかです。
奥様の「イタリア風」はイタリア王道の味ではっきりとしています。
どうなのでしょう下町ですからコスパがよいとは言えませんし・・・
このレベルだと再訪は悩んでしまいますね。

それでは(^_-)

本所吾妻橋 野口鮮魚店

今日は「Splashな浅草其の壱」です。
年末年始休暇中です。
今日は奥様と浅草に出没です。
このおとぼけ夫婦は何処に行ったのでしょう。
宜しかったらお付き合いください。

# 被官稲荷神社
IMG_8500

IMG_8501
この神社は18歳の時から信心しています。
名前の通り「官を被る」すなわち官位を授かるという意味から出世祈願の神社です。
そのため、就職・出世・商売繁盛を祈願する人が多いのです。
社殿は小振りですが、関東大震災・東京大空襲の被害を奇跡的に免れたことにより安政2年(1855)の創建当時のものなのです。
ご利益ですか、ありますよ。
今年の業績は残すところ後3ヶ月ですがかなり良い結果がだせることが確定しました。
これもひとえに被官稲荷神社のお導きだと信じています。
ただ〜しここの神社をお参りする際は、local ruleに則(のっと)ってやらなければいけません。
別に普通の神社と同じお参りでもいいのですが、やはりねです。
ちなみに我が家族は全員local ruleのお参りができます、当り前か(笑)
3人に1人はlocal ruleのお参りをしていますので、30分もいればmasterできます。
場所は浅草神社の斜め後ろです。

# 「暫」像
IMG_8499
この像は、「劇聖」と賞賛された明治時代の歌舞伎役者、九代目市川団十郎(1838〜1903)の十八番「暫(しばらく)」の銅像です。
九代目市川団十郎は、写実的な演出や史実に則した時代考証などで歌舞伎の近代化を図る一方、伝統的な江戸歌舞伎の荒事を整理して今日にまで伝わる多くの形を決定、歌舞伎を下世話な町人の娯楽から日本文化を代表する高尚な芸術の域にまで高めることに尽力したかたです。
その数多い功績から上述の通り「劇聖」(げきせい)と謳われておりました。
現在の像は、十二代目市川団十郎(1946〜2013)襲名を機に復元されたものです。
歌舞伎愛好者のみならず、多くのご信徒に親しまれております。
この「暫」像は意外と知られてないような気がします・・・
場所は浅草寺境内のはとバスが駐車している後ろです。

# 江戸時代のブロードウェイ
IMG_8502

IMG_8507

IMG_8503

page

IMG_8506

IMG_8505
天保の改革(1841〜43)で江戸幕府は、中村勘三郎を座元とする中村座をはじめ、市村座、森田座の「江戸三座」を、人形操り芝居の薩摩座や結城座などと共に、浅草の猿若町へ強制的に移しました。
芝居小屋を江戸中心部からへんぴな浅草の外れに移すことで封じ込めを図りましたが、浅草観音や吉原遊郭に近いこともあって、江戸唯一の劇場街となった猿若町は空前のにぎわいをみせたのです。猿若三座は明治時代初期まで続いきました。
ということでここいら一帯は江戸のブロードウェイと呼ばれているのです。

ということで当時の雰囲気です。
なかなかですよね・・・
page

IMG_8599



IMG_8491
今日の出発点は、実はこのお店だったのです。
といいますのも栃木に住んでいる義妹が、是非に!と押していたものですから。
なんで栃木の人に地元のお店を紹介されるのでしょうか・・・
場所は東関部屋の裏手です。
といってもわからないと思いますので地図をクリックして確認ください。
今日のお店はデラ盛り海鮮丼の「野口鮮魚店」さんです。

住所: 東京都墨田区東駒形4-6-9 リバーハイツワコー 1F
電話番号:03-5608-0636
定休日:木曜日

IMG_8486
お店の外観です。

IMG_8490

IMG_8487

IMG_8479

IMG_8481
店内の雰囲気です。

IMG_8480
メニューです。

今日のオーダー奥様ともども「上海鮮ちらし」@1,500円です。
義妹は浅草からはるばる歩いていったそうです。
私に、お兄さん、このお店は浅草から行くのと押上から行くのとどっちが近いのですか、と聞かれたので、このお店は本所吾妻橋が一番近く、その次は押上です。
地元の人間からすると浅草から行くのは考えられません、と答えました。
義妹は東武鉄道のグルメガイドを見て行ったらしく、それには都営地下鉄(本所吾妻橋)は載っていなかったために、はるばる浅草から行ったようです。
ご苦労様です・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
しか〜しこのお店寒いのです、客の出入りが頻繁なので入口が開けっ放しです。
さら〜に私達が座ったのが入口から近かったので寒い事、寒い事「上海鮮ちらし」の到着をダウンを着たまま待っていました。

IMG_8483

IMG_8484

IMG_8485
待つこと10分で「上海鮮ちらし」の到着です。
久々の「薔薇盛」です。
ネタは、中トロ4枚、大海老、ブリ、サーモン、シメサバ、タコ、イカ、ホタテ、タイ、アナゴ、ウニ、ネギトロ、イクラ、卵焼き、さらに赤身やサーモンの切り落としにシソとガリ。とにかく色々なネタがテンコ盛りになっています。
副菜は小女子(こおなご) 佃煮でした。

解凍の優劣がネタの味を左右していますが、総じてネタは美味しいです。
正直申しまして、ネタは玉石混淆という感じでしょうか。
シャリはこれらのネタを載せるために少なめで且つ冷えています。
このvolumyなネタの「薔薇盛」ですから天地返しができずらく、食べにくい事この上ないです。
味ですか、美味しいですよ、でもね、後半には飽きます。
奥様も最後の方は、お腹が朽ちてきたようで苦悶の表情を浮かべて食べていました。
個人的にはネタとシャリのバランスの悪い海鮮丼は嫌いです。
さらに付け加えればシャリが冷たい海鮮丼も嫌いです。

IMG_8493
このお店は、一度だけなら♪でしょうね、個人的には・・・
このお店の真裏にある東関部屋も見てみたいなという方は是非!です。

それでは(^_-)

両国 鉄板酒場アケボノヤ

今日は「老化の恐怖」です。
「老化」という言葉とセットになっているのは、常に「恐怖」という感情です。私達が立ち向かわなくてはならないのは、「老化の悲しみ」でも「老化への怒り」でもなく、「老化の恐怖」でしかありません。    
なぜ老化は恐いのかというと、モテなくなってしまうからでもなければ、写真写りが悪くなってしまうからでもないのです。シミやシワの一つ一つが、「あなたはいずれ、死ぬのです」と囁きかけてくるからこそ恐いのであって、三十代であろうと八十代であろうとシミに怯える気持ちが変わるものではないのは、そのせいでしょう。    
今は、老いてはならない時代です。どんな年齢であっても、若く美しい外見を保つ努力をしない人は、怠け者扱いをされてしまう。それは外見だけの問題ではなく、「心はいつも青春」みたいな感覚を持っていない人も、人生の落後者と見なされてしまう。
心身ともに、一生若々しくある。これは一瞬、とても素晴らしいことのように思えますが、果たしてそうなのでしょうか。それは、死というものから一生目を背け続けることであり、引退が許されないということでもあり、また「この世で最も素晴らしい価値は、若さである」ということを信じ続けなくてはならないということでもあるのです。
「おばさん未満」酒井順子著より転載


青春アミーゴ
青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦(きょうだ)を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてしまう。
「青春の詩」サミュエル・ウェルマンより転載
まさにサミュエル・ウェルマンの言う通りです。
「年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる」
しか〜し悲しいかな肉体の老いは、猫がじゃれつくように我が身にまとわりついてきます。
卑近の例でいえば、私の場合はコンタクトレンズです。
少し前までは10時間以上装着してもなんの痛痒を感じていなかったのですが、最近ではドライアイに苛(さいな)まれて、今となっては目薬無しでは暮らしていけません。
後は皮膚病が少しずつ身体を蝕んでいます。
母親が老境にさしかかった時に患っていた皮膚病と全く同じです。
現在は軽度のものですが徐々に身体を侵食していくと思われます。
まぁこれは遺伝性の宿痾みたいなものなので仕方ないです。

おかげさまで頭脳はそれほどの老化はみられず、停酒によりかえって改善されています。
いままで酒飲による怠惰の為に後送りしていた目標が着実に進捗しており、あらためて停酒の効果に驚いています。
この間奥様に、▲▲さん(私の事)、停酒した本当の理由は、お酒を飲み続けていたら醜く老いるので、それが嫌だったからでしょう、と言われました。
実はその通りなのです。
私の美学の中では、醜い(physical&mental)老醜を人前にさらす、という現実(こと)はありえないのです。
さりとて三島由紀夫さんみたいに、その美学のために周囲を巻き込んでの精神的心中なぞは唾棄するところであり、心は千々に乱れます。
できるものなら両親のように短命でこの人生の幕引きができたらと思っていますが、これだけは“No one knows what will happen in the future.”です。

今できる事は「老いへの抵抗」でしょう。
今湧きあがっている、たぎるような情熱の炎を絶やさない事です。
それさえできていれば明日はきっと目を見張るような何かが起きるでしょう。
言葉が眠る時どんな世界が目覚めるのかを夢想する事もあります。
しか〜しそれは優れた宗教家に委ねて、まずは一日一日を悔いなく生きる事を心がけましょう。
こんな事を書く日もあります・・・

Believe that life is worth living and your belief will help create the fact.
人生は価値あるものだと信じなさい。
そうすれば、あなたの信念がその事実を生み出すだろう。
William James(ウィリアム・ジェームズ)


米フロリダ州のディズニー・ワールド・リゾートとカリフォルニア州のディズニーランド・リゾートで秘密裏に無許可で撮影されていたといういわくつきのホラー映画「Escape from Tomorrow」が、今月11日、北米の一部劇場で公開されたそうだ。
この映画、今年1月に開催された「サンダンス映画祭 2013」で、初公開され瞬く間に話題となった。会場には、ディズニー側の弁護士も来ていたそうで、ディズニー側はこの作品の存在を認知しているものの、今のところ法的措置は取っていないという。



IMG_7627

IMG_7191
今日は両国に出没です。

IMG_7617

IMG_7616

IMG_7618
両国駅に掲示してあった相撲取りの手形一覧の中から私が目の子でtop3を選びました。
栄えあるtop1は双葉山、top2は武蔵丸、top3は先代朝潮でした。
さすがにtoo bigです。
こんな大きな手で顔を張られた日には、はるか彼方までふっ飛んでいってしまうでしょう。

ところで両国って食べるところが少ないのです。
しばらく彷徨ってたどり着いたのはこちら「鉄板酒場アケボノヤ 」両国店さんです。

住所: 東京都墨田区両国3-23-9 栄ビル 1F
電話:03-3631-5307
定休日:無休

IMG_7621
お店の外観です。

IMG_7622

店内
店内の雰囲気です。

IMG_7619
メニューです。

本日のオーダー「ひな鶏唐揚げとさんまの竜田揚げ盛り合わせ(ライス、汁ものお替り可)」@650円です。

このお店はベアーズコーポレーションの居酒屋部門です。
まずはベアーズコーポレーションの惹句からのご紹介です。
ベアーズコーポレーション
私たちベアーズコーポレーションは、2010年より自社養鶏場の直営をはじめました。
まだスタートしたばかりで規模は小さいですが、生産者と消費者の良好な関係を築くため、また山口県の事業活性化の一環として、今後も力を入れていきます。
また、2010年後半から飼育をスタートした「長州黒かしわ」は、山口県初の地鶏です。天然記念物の「黒柏鶏」を元に、地域の特色を出して誕生した高級肉用鶏です。
地域との関わりを、より密に、より強くしていくことで、活性化につながればと願っています。
続きましてこのお店の惹句です。
昭和が香るアケボノヤ
ずらりと並ぶ角の瓶。昭和三十年代の大衆酒場ムードを感じながら、名物の「どて焼」とハイボールが楽しめます!
牛すじをじっくり時間をかけて軟らかく煮込んで、特製の赤味噌ダレで仕上げる「どて焼」をはじめ、鉄板焼、揚げ物など盛りだくさん!
ベアーズコーポレーションの居酒屋チェーン店として首都圏に2店舗を展開しています。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_7623

IMG_7625
待つこと7分で定食の到着です。
見た目、学校給食ですか、定食です。
画像の通り唐揚げ×3個、竜田揚げ×3個です。
ちょっとtoo littleですね。

気を取りなして実食です。
ウン唐揚げはそれなりの味で竜田揚げは少し魚臭いですかね。
でもいずれも熱々なのでイケてますよ。
マヨネーズがあるので食が進みます。
ご飯とみそ汁のお替り有りで@650円ですか。
まずまずのコスパではないでしょうか。
折角ですので味噌汁をお替りしましたが美味しかったですよ!
それでは(^_-)

両国 香港楼

今日は「がんがんでしょう!」です。
向田邦子が短編「だらだら坂」〜で登場する女性の泣き顔を形容して書いている。「小さなドブから水が溢れるように、ジワジワビショビショと涙が溢れた」。2つ擬態語をつないだことでパンチカを持ち、並の女性の顔とは違うのだという雰囲気を醸し出している。
擬音語・擬態語のたぐいは厄介である。手垢がついたものを不用意に使うと俗に堕す。賞味期限も短い。だから森鴎外や三島由紀夫は嫌った。一方で、ツボにはまれば鮮やかで意外でもある。「白菜が赤帯しめて店先にうっふんうっふん肩を並べる」(俵万智)。散文より詩歌こそが腕の見せどころといえるかもしれない。
近年よく使われるようになった5つの擬態語を文化庁の「国語に関する世論調査」が取り上げた。「きんきんに冷えたビール」「パソコンがさくさく動く」「ざっくりとした説明」「気持ちがほっこりする」「うるうるとした瞳」。こう並べているだけで少し気恥ずかしいのは、もう陳腐の影が忍び寄っているからだろう。 
事実、「さくさく」をこうした文脈で使うのを聞いたことがある人は38%だが、残り4つは 70%を超えている。「うるうる」にいたっては85%だ。これでは涙顔に「うるうる」と書く気がしない。とはいえ、どんな顔を目にしたところで「ジワジワビショビショ」と思いつくはずもない。日本語はまったく難しく、面白い。
日本経済新聞「春秋」より転載

kinkin
異論あ〜りです。
冷えたビールが「きんきん」とか「ぎんぎん」ですと、そんな擬態語はありえません。
「きんきん」といえば日本国民であれば愛川欣也さんです。
悲しいことに愛川欣也さんはビールではありません。
さらに申せば、「きんきん」には何か光っているよう感じこそしますが、冷たい感じはしません、キッパリ!

一方の「ぎんぎん」は広辞苑では
1 金属的で耳に不快にひびく鋭く甲高い声や音。「女の―した声」
2 頭や耳に感じる鋭い痛み。「耳が―痛む」
となっており、冷たい感じについては、東京から長崎ぐらいにかけ離れています。
強いていえ〜ば、「ぎんぎん」は「きんきん」の濁音擬態語なのそれを強調しているという点では認めてもよいでしょう。

あえて私は声を大にして言いたい、冷えたビールですので、これを表す擬態語は「がんがん」しかありませ〜ん!
これしか腹に落ちませ〜ん!
使用例は「がんがん」に冷えたビールを「グビグビ」と飲むです。
これでしょう!
ちなみに国語辞典で「がんがん」は
1 音や声が大きく響くさま。やかましく聞こえるさま。「ドラム缶を―(と)たたく」「そんなに―言わないでくれ」
2 頭の中で大きな音が響くように、ひどく痛むさま。「二日酔いで頭が―する」
3 勢いが盛んで激しいさま。「ストーブを―燃やす」「―勉強する」
となっています。
この中で該当するのは3の「勢いが盛んで激しいさま」でしょう。
「がんがん」に冷えているという言い方は田中マー君の光速ストライクです、自信あ〜り!

で〜も感覚の問題ですから、これで決まりだ、とは言えないものの(その実言っている)、私は自分の感覚がおかしいとは思っていません・・・


予想していたのに笑ってしまいます:D



IMG_7189

IMG_7201

IMG_7193

IMG_7191
今日は両国に出没です、ドスコイです。
今日はまともな時間にlunchがとれそうです。
そんな私の目の前に飛び込んできたのは「香港楼」両国店さんです。

住所: 東京都墨田区両国2-14-5
電話:03-3635-9168
定休日:無休

IMG_7195
お店の外観です。

IMG_7199
店内の雰囲気です。

IMG_7196
メニューです。

今日のオーダー「カニタマランチ(漬物、デザート、ライスお替り自由)」@780円です。
最近でこそ行っていませんが、このお店の雷門本店は大のお気に入りです。

IMG_7197

IMG_7198
待つこと7分で「カニタマランチ」の到着です。
見た目、本格中華風、です。

カニタマはカニ肉、ネギ、シイタケをまろやか、ふっくらの玉子で包んだものに軽やかな甘酢をひたひたにかけ回したものです。
味ですか、美味しいじゃないですか。
カニ肉が楽しめます。
特に玉子のふっくらさはかなりの技です。
しか〜しカニタマを作った後にすこし放置してから甘酢をかけ回したようです。
甘酢は熱々なのにカニタマは少し冷えていました、少し残念です。
でも美味しかったので由としませう。
お店の人の話によると香港楼は同族経営で皆姻戚繋がりだそうです。
所謂一の華僑さんですね・・・

それでは(^_-)

本所吾妻橋 わくい亭

今日は「白虎隊顛末記」の話です。
私は歴史好きです。特に幕末史はかなり勉強しています。
当然の事ながら今回のフリネタの白虎隊の顛末はよく承知していますし白虎隊の墓にもお参りにいっております。
皆さん、あの悲劇の白虎隊に生存者がいたことはご存知ですよね。
この生存者がいたので白虎隊悲話は世に知れ渡る事となったのです。
そして今日の今日まで私の白虎隊の顛末は以下の通りだったのです。
白虎隊
白虎隊の生き残りは飯沼貞吉さんという方です。
白虎隊の面々は飯盛山から鶴ヶ城が燃え盛るのをみてもうお城には戻れない、さりとて敵に攻め込む体力ももはやない、ここに至っては潔く自刃しようと16名が命を絶ったのです。
しかし貞吉少年は、切腹をしたものの、そのまま虫の息で気を失ったのです。
そして貞吉少年はたまたま通りかかった武家の奥様に助けられたのです。
その後彼は生き恥をさらしてしまったという自責の念から、生きている間は会津に帰らず仙台で過ごしたのです。
そして切腹したときの傷が強く癒着したことで彼の姿勢を極端に前かがみにしてしまいました。それでは普通の職業にはつくことができず前かがみでも仕事ができる仕事、電信技士となり、その生涯を電信技術の発展に貢献したのです。

ところがところが今日朝何気に日経をみていますと、実際は私の擦り込みと全然違うじゃないですか。
まずはその記事をご覧ください。
貞吉にはふたりの男子があった。長男一雄は夭折、次男一精の三男が私である。調べ始めると、一精の長男宅に残された貞吉の遺品から自筆文書が見つかった。「白虎隊顛末略記」と題された20ページの文書には「武士の本分を明らかにする」と記されていた。 
落城と誤認して自刃したというお涙ちょうだいの通説にかねて疑いを抱いていたが、やはり白虎隊は恥辱を避け、朝敵呼ばわりされた理不尽への抗議をこめて自刃したのではなかったか。 
この記録によれば、飯盛山へ登った一隊は炎に包まれた城下をみる。勇猛な野村駒四郎が敵軍突入と玉砕を唱えたが、英才の井深茂太郎が異を唱えた。名城の鶴ヶ城は落もない、入城を目指すベきだ。「甲怒り、乙罵り、激論以てこれ争う」
隊長代行の篠田儀三郎分議論をまとめた。もうこの人数では突入も入城も難しい。敵の縄にかかっては君にも祖先にも申し訳がたたない。潔く自刃し、武士の本分を明らかにしようではないか。 
慶応4年8月23日午前10時過ぎ、少年たちは自刃した。このときの模様は貞吉に取材した「白虎隊事蹟」や平石弁蔵という人のまとめた史料によって伝わる。平石本によれば、貞吉は刀をのどに突きたてたが、切っ先が後ろに出ない。岩に柄を当て、全身の体重をかけて切っ先をのどの奥まで押しこんだ。 
人事不省に陥った貞吉は通りがかった女性に炭焼き小屋に運ばれ、一命をとりとめたが、これがのちの汚名につながる。私は祖父が晩年をすごした仙台の家で生まれたが、小学校の修学旅行の行き先がなんと飯盛山。貞吉の孫だと突きとめた誰かに事前学習の翌日「わざとあっさりのどをついた」と落書きされたことがある。 
その後の消息はよく分からなかったが、意外な事実がわかる。仇の中の仇である長州で庇護されていたのだ。はじめは悪い冗談だと一蹴したが、養育先とされる山口県美祢市の楢崎頼三屋敷跡を訪ねることにした。頼三は会津に味方した徳川方諸藩の兵を東京へ護送する責任者だった。 
屋敷で貞吉の世話をした高見フサという女性の曾孫に会うと、高見家では涙ながらに貞吉の思い出が語り伝えられているという。さらに頼三の玄孫の姉にあたる女性から「貞吉を預かっているとの密書を会津の母におくった」という証言が飛び出した。「このことは誰にも言ってはいけないと開かされて育った」。重い口を開いてくれたのだ。 
話に矛盾がないこともわかった。会津ではデマとみられかねないが、飯沼、楢崎両家が秘中の秘とした長州滞在説はやはり事実であろう
日本経済新聞「白虎隊生き残りの真実」飯沼一元著より転載

でしょう、飯沼貞吉さんは切腹したのではなく喉を突いて自栽しようとしたのではないですか。
さら〜に白虎隊の面々はお城が燃えたのを見て悲嘆して死ぬことを選んだのではなく、武士の本懐を遂げようとして死出の旅に着いたのですね。
歴史学者の方も、史実を書く時は思い入れで書いてはイケませんよ。
もし今日、何かの都合でこの記事を読んでいなかったら、それこそ上述の間違った歴史認識を地獄まで持ちこんでいたのです、本当に勘弁していください。
しか〜し飯沼貞吉さんは死んだ仲間の無念を胸に収めながら、新時代をしっかりと生き抜き文明開化に尽力した事は本当に偉いものです。
さら〜に飯沼貞吉さんが仇敵、長州藩士に庇護されたというのは、事実は小説よりも奇なりそのものですね・・・


IMG_4985

IMG_4987
今日は下町ビギナーさんと本所吾妻橋に特攻です。
今日のお店は、下町で大breakしている「わくい亭」さんです。

住所:東京都墨田区本所3-22-12
TEL:03-3829-3751
定休日:日曜日・祝日

IMG_4988
お店の外観です。
ここのご主人は涌井優二さんです。
日本橋で喫茶店を経営していた頃、奥様の純子さん(51歳)と知り合い結婚されました。
15年前に全くの素人からここ本所に居酒屋をひらき、特に奥様の純子さんは「本所わくい亭のお惣菜ふう酒の肴−お酒がすすむごはんもすすむ」を上梓するほどの料理研究家でもあり、その料理の評価は高いものであります。

IMG_4992
さてさて入店しようとした私達の目に止まったものはこの真っ白なプレートです。
なな何ですと、お酒の飲めない方は、入店禁止ですと、最初は未成年の間違いかなとおもったのですが、それならそれでそのように書くはずですし、今さら他の店にも行けませんのでこれには困ってしまいました。
このプレートを見続けても仕方がないので、下町ビギナーさんと顔を見合わせて取りあえず入る事にしました。
店内に入ると、奥様の純子さんに、医者にお酒を止められているので料理だけでもいいですか、と聞けば、それは大変ですね。でも料理をおかずにご飯を食べることはできませんよ、とキツク言われたのです。
しか〜しノンアルコールビールやノンアルコールカクテルが有卦に入ってお酒を作る会社は活況を呈しているのになんたる入店禁止、さら〜に遠路はるばる来た客が嘘(体は悪くない、単なる停酒)をついてまでその料理を求めるなんて、許せない。
近所に住んでいたらこんな失礼なお店には絶対にイキません。
我が一族のこのお店の近隣に住んでいるLethal Weapon(最終兵器)の妹を送りこんで暴れさせてやるかとも思ったのですが・・・嘘です。
いずれにしてもお酒の飲めない方の入店禁止の理由くらいは書かれた方が良いと思いますよ。

IMG_4991
メニューです。

IMG_4990
最初のオーダー「ハチノストマトソース煮」@800円です。
待つこと8分で到着です。
見た目美ハチノスです。
いつものお約束で、写真撮っていいですか、確認をすると、いいですよ、といわれたので実写です。
味ですか、トマトソースの味付けはいいのですが、ハチノスにwildさがありません。
ハチノスがソースに負けるのってあまりないと思うのですよ。
それにあまり熱くなかったので少し味が落ちていますネ。

次のオーダー「牛ハラミ焼き」@800円です。
アレッ、画像がありませんネ。
そうなのです、「ハチノストマトソース煮」の到着から待つこと10分後、この料理がきて写真を取り始めたら、それと同時に料理を持ってきたホールのオバさんが、すみません、料理の写真は禁止されています、とのことです。
私は、最初に写真撮影の許可を確認した時に、いいですよ、って言ったじゃないですか、と言うと、すみません、私はいいものだと思っていたのですが、たった今店主から料理撮影は禁止だといわれたものですから、と切なそうに言い訳をしています。
私は、何か私のすることがご主人の気に障ったのですか。このお店によく来店される芸能人さんなんかは来店の度に自分のblogにこのお店の料理写真を掲載しています。芸能人ならいいのですか、何かの差別があるのですか、と畳みかけますと、すみません、主人が言っていますので、と言いきって、そそくさと立ち去ってしまいました。
すると下町ビギナーさんが、しょうがないじゃん、駄目っていってるんだから、撮らないいほうがいいよ、と言われたので仕方なく画像撮影は断念したのです。
しか〜しそれならそれでここのご主人は自ら出向いて説明すべきです。
何故、芸能人がよくて、私がいけないのか明確に説明すべきです。
大体ここのご主人は、奥様の純子さんと炒め物、揚げもの担当の方に料理はまかせっきりで、私が見ているかぎり、その動線は緩慢というかほとんどなく、東郷平八郎宜しくただ店内を睥睨しているだけです。
そのうち常連さんに呼ばれて、その席でワインを飲み始めています。
仕事中にお酒を飲むようなプロ意識が欠如している料理人を私は軽蔑します、ハイ。

閑話休題おはなしはもどりまして
私も下町ビギナーさんも牛天国の北海道が長かったので美味しい牛ハラミ(北海道ではサガリと言います)は食べつくしているのでその味は知悉しています。
味ですか、肉の味が今一です。
そのためかソースを濃くしていますが、肉の味は隠せません。

次のオーダー「はまぐりの酒蒸し」@600円です。
これは画像がないのでうまく説明できませんが、かなり大ぶりのハマグリです。
で〜も私は生っぽくてイケませんでしたが、下町ビギナーさんは美味しいとガシガシ頂いていました。
このコスパは高いと思います、私以外は・・・

次のオーダー「ネギオムレツ」@500円です。
見た目美オムレツです。
しか〜し中はトロトロではありません。
別にトロトロでなくもていいのですがね・・・
バターが今一ですかね、これは家庭でも味わえるlevelでしょう。

わくい亭1
画像はグルナビより転載

天ぷら(竹の子、たらの芽、ふきのとう他)@650円です。
これは絶ウマです。
ここの油場の人の腕はすごいですね・・・
下町ビギナーさんともども舌鼓の連打です。
春を感じさせる一品です。

わくい亭2
画像はグルナビより転載
締めは「ヒレカツサンド」@800円です。
グルナビ大絶賛の一品です。
味ですか、コスパ以外は特段のsurpriseはありませんでした。
数が三切れでしたので下町ビギナーさんとshareできません。
仕方ないので一切れを半分にして下さい、といったらナイフを持ってきました、自宅で食べているのではないのですから、もう少し気配りしていただきたいものです、ハイ。

料金は上記料理プラ〜ス付出しプラ〜スアルコールフリービール×5本を頂いて締めて¥6,400でした。
コスパはいいですね、しか〜し感じはよくありませんでした。
特にご主人、店内で飲みすぎですよ・・・・

最後にyoutubeの画像をご覧ください。
現在、奥様の純子さんは眼鏡をかけられて大分ふくよかになられています。
お店の入口の真っ白なプレートにもご注目下さいね。


それでは(^_-)

両国 赤とんぼ

今日は「男のみえ」の話です。
只今とちがってむかしは世の中がよかったんで、旅なんざア歩いてると、大概一週間ぐらいの興行の中には、誰かしら変テコな女でもなんでも出来たもんでございますが、中々自分にや女なんざ出来もしないくせに、「昨夜はなんだよ、女に呼びに来られてねえ」なんてんで、何処かに出て行って帰って来ないことがよくあります。その時分にやそういうことを云って、相手をダマす癖があったもんであります。

あたしと一緒にいる一座に、先代の遊三(三遊亭遊三)の弟子に遊林という男かおりまして、これがまたとても自惚れのつよい男でね。「高座がすんじゃってから女から呼びにくる筈になってるんだが、どうしたんだろうナ」なんてつぶやいている。
それからわれわれ仲間が外に出て行って、近所のタバコ屋かなんかの娘さんにたのんで、「今夜橋のたもとまで来て下さい」という電話をかけて貰うてえと、当人喜びましてナ、
「おう女から電話がかかってきたよ、行ってくるよ」
てんで出てっちまった。
「いまにあいつ帰ってくるよ、待ってるところに行ったって誰もいやアしないんだから」……ところが待てどくらせど帰って来ない。とうとう一晩中帰らずじまい。
そうすると翌る朝になって帰って来たんで早速、
昨夜ゆんべはどうしたんだ?
「いやアおどろいたよ。お約束の橋のたもとに女が待ってるんでね。それから二人で一杯のんで、待合かなんかにしけこんで、嬉しいよオてんでなんたってあたしを帰さねえのさ」……おかしいな嘘の電話なんだがと思うけれども、「疲れちゃって仕様がねえ」なんて、タバコなんぞふかしてる。

そうすると下足番が、「ゆうべ傍に荷を送るんで、遅く停車場に行ったら、停車場の待合室で、おたくの芸人さんが寝てましたよ」てえわけだ。
奴は橋のところに行ったけれども女はいないし、さてといって帰ってくるのも体裁がわるいもんだから、駅の待合室に寝てるところをその下足番が見てたってわけですナ。
「志ん生芸談」古今亭志ん生著より転載

私は高校の時に剣道をやっていました。
夏休みは長野で合宿です。
合宿では当然のことながら稽古の合間には小休止があります。
そこで私達は砂漠のラクダのように水飲み場に行って稽古で蒸発した水分を補給するわけですが、そこで見かけたのは、先鋒をやっていた塚原が、あいけね、飲みすぎちゃった、といって飲んだ水を吐いていたのです。
これを見ていた私は、何やってんだよ、って塚原に聞くと、見ての通り、必要以上に水を飲みすぎるとこれからの稽古がきついんで吐いたんだよ、と事もなく言っていたのです。
これに興味を持った私は、そんなに簡単に飲んだ水を吐けるのかよ、と聞くと、コツがあってさ、基本は腹筋をうまく使うんだけど、後は慣れだよ、と言うではありませんか。
早速真似をしました。
最初はうまくできなかったのですが、徐々にそのコツが分かってきて、合宿最後の方は飲んだ水を自由自在に吐くことが簡単にできるようになったのです。
それを見ていた塚原は、できるようになったじゃない。すごいやつはさ、白と黒の碁石を飲んだ後に胃の中で碁石の表面の質感を感じとって白(白はツルツル)黒(黒はザラザラ)を自由に吐き分けることもできるんだぜ、と言っていました。
私は、そこまではいいよ、と言いながらもこの技を体得したことに大満足をしていたのです。
ちなみに稽古中は胃の中には何の残留物がありませんので単に水を飲んで吐き出しているだけで汚くはありません。あらかじめお断りしておきます。

閑話休題おはなしはもどりまして
今日のフリネタは「男のみえ」ですよね。
大学生の時に「スローなブギにしてくれ」等の著書で有名な片岡義男の小説にはまっていました。
彼が創りだす主人公はどんだけお酒を飲んでも基本酔わないというhard-boiledのguyなのです。
私はこのbehaviorに大憧れをしたのです。
どんだけお酒を飲んでも、クズレナイ、ミダレナイ、コワレナイ、これって超coolですよね!
でも小説ではなくrealな世界ではお酒は飲めば飲むほど酔うわけで、いくら気持ちをキリッと引き締めていても徐々にalcoholの酒毒は身体(からだ)特に頭脳(あたま)を蝕(むしば)んでいきますよね。
そこで登場したのが高校の時に体得した、水分を自由に吐く技、なのです。
ちょっとお酒を飲み過ぎて危険水域に入ってくるとこの技を駆使して疑似素面状態を作り出していたのです。
私はこれにより、どんだけ飲んでも“ミダレナイ奴”という評価を友達特に女友達から受けていて大ご満悦だったのです。
これは私的な男のみえだったのですね。
若いときはこのbehaviorに大満足していたのですが・・・
その内に高いお金を払ってその上飲んだものを戻しているという非経済な行為に疑問を感じ始めました。
そして徐々に酔うようになっていったのです。
今停酒して思うのですが、お酒って人と飲んでワイガヤもいいのでしょうが、つまるところは独り飲みが自由気儘に酔えていいのではと思う今日この頃であります。
これなら他人に気を使う事もありませんし、唯一迷惑がかかるのは自分の肝臓だけですので・・・


感謝と涙でいっぱいです!台湾謝謝



IMG_4881

IMG_4880
今日は両国に出没です。
この街って本当に食べるところが少ないですよね。
ということでお昼をさがしながら歩いていると琴線にピンと触れるお店が出現しました。
今日のお店は「赤とんぼ」さんです。

住所: 東京都墨田区両国3-20-6
電話: 03-3635-5366
定休日:不明

IMG_4871
お店の外観です。

IMG_4872
メニューです。 

IMG_4874

IMG_4875

IMG_4876

IMG_4877
今日のオーダー「ポークジンジャー」@950円です。
店内は大きな鉄板のカウンターが一枚、その前にどこからみてもステーキ職人オーラを全身から発しているご主人が独りおられます。
今日、たまさかお客は私のみですので、対峙している二人の間には凛とした空気が漂っています。
いいですね、こういう緊張感は・・・
注文をしますとさっそく肉のブロックから分量を目計算で切落して焼きあげます。
その流れは能役者の振る舞いを見ているようで動作に無駄がありません。

IMG_4873
そうそうほうれん草のボタージュの紹介を忘れました。
このボタージュは味が深くてコクがあります。
このよう美味しいボタージュを飲んだのは久々です。
ともて美味しいです。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_4878

IMG_4879
「ポークジンジャー」の味ですが、これが美味しいのです。
肉がよいのに加えて調理のサエでしょう。
イケますネ。
少しソースが濃かったようにも思えましたが、これは下町のde factoでした。
しか〜し、両国にこのような美味しいレストランがひっそりと隠れていたとは驚きです。
これだから食べ歩きはやめられないのですね(笑)

それでは(^_-)

押上 好養軒

今日は「マスカレード」の話です。

私も知らない私になれるの♪
そうよ どんな私も もっと もっと 心をさらけ出して♪
それだけの感情 押さえた日常♪
それとも私の素顔が 本性を隠す仮面なの♪
平原綾香「仮面舞踏会」より転載

仮面舞踏会ですかいわゆる変身ですよね。
下町の子供は皆TVのheroに変身して遊ぶのは常でした。
これも一つの変身です。

長じて髪型、髭、眼鏡、服装など、変身の道具には事欠かきませんでした。
高校になって長髪にするのも変身の一つですよね。
で〜も試合に負けての坊主は変身とは言ってくれず“また、負けたのかよ”でした(悲)

役者は演技で変身します。
落語家は口跡で変身します。
警察官は制服で変身します。
人は必ず変身することでその行動を躍動的にするのです。
特に女性です。
女性から化粧を取り上げたらどうなるのでしょう。
そもそも女性の化粧は他人のためにするものではなく自分のモチベーションを上げるためのものです。
したがって女性が化粧をしなくなったのならば太陽のない朝を迎えるようなものです。
漆黒の世になります。
冗談でもそのような事を公言すべきではありません。
貴方しっかりと言っているじゃないですか・・・

女性が嘘をつくのが得意?なのは化粧のなせる業(わざ)でしょう。
スッピンでは嘘はつけないと思います。
今日特別に女性の嘘を見破る方法をお教えしましょう。
女性が嘘をつく時は相手の目を長く見続けます。
多分見続けることで嘘を払拭するそうですよ、そのimbalanceの部分が下半身、正確に申しますと、足の動きに現れます。嘘をつく時の女性は足が小刻みに震えるのです。
何か自信ありそうでしょう(笑)
これは私が人事の時の採用面接で確認済みなのです。
圧迫面接こそしませんでしたが、たまに回答困難の質問をしますと、女性は100%近くこのようなふるまいになります。
ちなみに男性は目に落ちつきがなくなりますので見分けるのは簡単です。
目は口ほどにものを言う、は男性限定の心理特性ですのでお忘れなく・・・

個人的には小栗 旬に変身したいですね。
このような荒唐無稽の願望は今まさに体験している心の苦しみを乗り越えようとしてもうまくいかず、そうした苦しい自分から逃れようとしてもがいている心的状況にあるらしいです。気をつけないといけません。
貴方のことですよ、そこの貴方、最近仕事うまくいっていないのではないですか・・・


合成動画のbefore afterです。


IMG_4450
今日は私用でスカイツリー近辺に奥様と出没です。
丁度お昼時になったのでスカイツリーはソラマチでlunchとおもったのですが、平日でもかなり混んでいる感じがして行くのを止めました。
そこに飛び込んできたのが下町老舗とんかつ屋さんでした。
今日のお店は「好養軒」さんです。

住所: 東京都墨田区業平3-15-6
電話:03-3623-3823
定休日:日曜・祝日

IMG_4451
お店の外観です。

IMG_4457
店内の雰囲気です。

IMG_4452
メニューです。

IMG_4454
私のオーダー「とんかつ定食」@750円です。
待つこと7分で着皿です。
見た目美とんかつです。
大将自ら刻むキャベツの千切りはedgeが立っていてキレイです。

それでは実食です。
衣がサクッと揚がっています。
衣がほのかに甘いですね、いい味わいです。
ロースの脂の入り具合も過不足なしです。
これは美味し〜いです。
瑕瑾をいえばキャベツが少ないですかね。
これでお変わりがあれば最高なのですが・・・
コスパ最高です!

IMG_4453
奥様のオーダー「しょうが焼定食」@850円です。
待つこと6分で着皿です。
生姜は調理前にすりおろしますので香りが高いです。
少し味付けは濃いですが、下町ではこれがde factoです。
これも美味し〜いです。
奥様絶賛です。

IMG_4456
シジミの味噌汁です。
ちょっと煮詰まっていましたがご愛嬌です。
美味しいですね。

IMG_4455
大根の漬物と白菜の浅漬けです。
とんかつ屋さんの漬物ではなく高級割烹の漬物です。
これには思わず舌鼓です。
イケますね。

ソラマチが混んでいなくても押上お立ち寄り際には是非お立ち寄りください。
決して裏切りません、お薦めのお店です。

それでは(^_-)



両国 梁山泊

今日は「ウェディングドレスはなぜ白いのか?」の話です。
ウェディングドレス
ウェディングドレスはなぜ白いのか?
結婚式で花嫁の着るウェディングドレスといえば白、純白である。
招待された側も白いドレスを着ていってはいけないというのは当然のマナーである。

さて、なぜ純白のドレスなのかというと『穢れのない清純・純潔』を連想する人が多いと思うが、出来ちゃった婚なども珍しくないこの時代にその理由はどうなのだろうか。

事の起こりは16世紀のイギリス、白いウェディングドレスを考案したのはとある服飾屋の店主。
「白は花嫁の純潔を表している」と大々的に宣伝したものの、「表現が露骨すぎる!」と評判は散々なもの。

加えてブチ切れたのは教会、「花嫁は純潔なのが当たり前だろ!そんな事強調するまでもない、いい加減にしろ!」とオカンムリ。(そもそも純白のドレスとヴェールの着用は、男性を知らない女性にしか許されていなかった)

このため白いウェディングドレスはまったく人気が出ずに消滅してしまったという。
そんな白いウェディングドレスが再び脚光を浴びたのは1800年代初めのパリ。
当時パリの社交界では白いドレスが大流行し、一転して白いドレスは庶民の憧れとなったわけだ。

パリの庶民層は「生涯一度(のはず)の結婚式の時ぐらい上流階級の女性と同じ白いドレスを着たい!」ということで白いウェディングドレスを着ることが大流行することに。
同時期にヴィクトリア女王の結婚衣裳にも採用された事もあって急速に広まっていき、それがそのまま世界的にも定着していったという事だ。

たしかに白を初めとする淡い色を基調にした色のイメージは『清純さ』なのだがウェディングドレスには+女性の『見栄』という意味合いもあるようだ。
ちなみに日本では白は元々死に装束の色だったが、これはまあ西洋かぶれとしか言い様がない(笑)
「【今日の雑学ねた】ウェディングドレスはなぜ白いのか?」より転載


阪急電車
私にとってウェディングドレスといえば、半年くらい前に映画(DVD)で観た「阪急電車」で中谷美紀さんが演じていたOLの祥子でしょう。
祥子はかわいがっていた後輩に婚約者を寝取られてしまった上に、その後輩から妊娠を告げられた婚約者は、祥子に別れ話を切り出してきたのです。想像しただけでつらいですよね。
そんな最悪の状況の中で、祥子は毅然とした態度で、ある条件を出したのです。
それは二人の結婚式への出席でした。
結婚式の当日、祥子は純白のウェディングドレスでこれ以上ないという最高の髪型、最高のアクセサリー、最高の化粧をして出席し、寝取った後輩を完膚なきまで顔色を失くさせたというのが大まかな粗筋です。

元婚約者の結婚式に、純白のドレスを着て“討ち入り”を果たす翔子を見ていたら、私は女性の怖さを感じました。
まぁ中谷美紀さんの素の様な演技もよかったのでしょうが。
感情のおもむくままの行動ができる女性はこのような事ができるのでしょうね・・・
男性は絶対にこのような感情に走った仕返しはしないでしょう。
感情に走る前に恥ずかしさが先だってしまうと思いますので。
そういう意味で、今でも思い出だすと戦慄してしまう映画でした。

阪急電車といえば神戸松陰高等学校の夏季の真っ白い制服 が思い出されます。
下町っ子なので神戸の女子高はよくしらないのですが、多分名のあるお嬢さん高校だと思っていました。
私はいつも彼女達を見る度に、清らかな心を持った女性に育ってほしいと願っていたのですが、ある程度の年になってくるとやはりこれは難しいのでしょうね・・・
勿論男性もですがね、ハイ。


The World of the Dinosaurs - Symphony of Science



IMG_3375

IMG_3376
今日は両国に出没です
この街って弁当屋さんは多いのですが、食べるところは少ないのです。
相撲部屋は多いのですがね、そうかお相撲さんは部屋でチャンコを食べるからか(笑)
ということで探して探してたどり着いた今日のお店は匠味「梁山泊」さんです。

住所: 東京都墨田区緑2-14-3
電話:03-3635-8220
定休日:日曜日

IMG_3377
お店の外観です。

IMG_3378
メニューです。

IMG_3379

IMG_3380
今日のオーダー「肉豆腐(国産豚)」@700円です。
待つこと11分で到着です。

見た目盛りだくさんですね。
それでは玉子をおもむろに割って軽めに溶いてからから実食です。

ウン、これは美味しいですね。
豚肉が甘いです。
お約束の熱々も充分に守られています。
白眉はサバとかサンマとか色々な魚で煮込んだしぐれ煮です。
これは程良く魚の脂がのっていてとてもイケます。

この内容で@700円ではよいコスパだと思います。
下町ならではのお店でした。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

両国 KOKORO(ココロ)

今日は「My album Vol.4」の話です。
ちょこちょこ撮った画像がたまったのでご紹介します。
いつも私のblogは文字で埋め尽くされた構成ですのでたまにはお気楽にお楽しみください。

#「横綱駐輪場」
IMG_2498

IMG_2499

ハルマフジ
今日は両国に出没です。
大相撲秋場所12日目ですが、日馬富士は豪栄道を突き倒しで退けて無傷の12連勝とし、横綱審議委員会が設定した昇進ノルマの13勝まであと1勝としましたね。
日下開山(ひのしたかいざん)もほぼ焼酎、ちがうか掌中です。
ところでこの国技館裏手にあるこの駐輪場はちょっとしたtrick of memoryが・・・
そうなのですね横綱(よこずな)駐輪場でなくて横網(よこあみ)駐輪場なのです。
私みたいな地元っ子はきちんと読み分けられることができるのですが、相模ちがうか相撲の帰りに見られた人達は、必ず読み間違えてしまうのです、ハイ。

#「セクシー店長のお店」
IMG_2385

IMG_2384

IMG_2387

IMG_2388

IMG_2386
最近ご無沙汰しており、久々にセクシー店長のお店に立ち寄りました。
相も変わらずキッチュ(kitsch)な店員さんばかりいます。
赤ちゃんは、母親不在なのか買物カゴに放置したままです。
すごいところです。
このお店はサンシャインのALTAの中にあります。

#「昔の京橋」
IMG_1983

IMG_1984
昔の京橋です。
東京オリンピックの時に高速道路を建設するので地上げ不要の川の多くは埋め立て若しくは暗渠となって水辺の面影が掻き消えてしまいました。
そういう意味で京橋も橋の名は冠されていますがいまや橋は存在していません。
なおこのcaptionはこの画像の説明ではありませんので悪しからず。

#「はんて」
IMG_2451

IMG_2436
「はんこ」の「こ」の切り文字の値段を安くするためにひと筆書きにしたようです。
つまり「こ」なら2piciesですが「て」なら1pieceですみますのでね、その為に「こ」が「て」になったんだと思います。
このお店はスカイツリー直下の押上駅前交差点(浅草通りと四つ目通りの交わった処)の業平三丁目側にあります。


5 men were nearly killed in the making of this:D



IMG_2496
今日は両国に出没です。
なにやら賑わっている洋食屋さんが目の前に飛び込んできました。
こういう時には間髪いれずに入店するのが私の中での約束です。
ということで今日のお店はキッチン「KOKORO(ココロ)」さんです。

住所: 東京都墨田区亀沢1-8-4 石野ビル 1F
電話:03-3626-6336
定休日:日曜・祝日

IMG_2492
お店の外観です。

IMG_2493
ランチメニューです。

IMG_2494

IMG_2495
本日のオーダー「和風ポークソテー(味噌汁、小鉢付)」@800円です。
JR両国駅かちょっと離れたところにあるのにもかかわらず、13時近いというのに店内は超混雑しています。お客はほぼ地元固定客のようですね。こういうお店はまず外れがありません。

待つこと10分で着盆です。
見た目“美ポークソテー”です。
それでは実食です。

最初の一口はボークソテーのエンドの脂身の混じった部分を頂いた時はそのあまりの美味しさで思わずのけ反ったのですが、そのエンドの部分以外は火が通りすぎているのか、肉そのものがあまり寝かされていないのか不明ですが、要は硬めでした。
味付けはかなりものだと分るのですが、ちょっとねという感じです。
昆布の小鉢はツルンツルンしていて美味しかったですね。
味噌汁は洋食店にしてはしっかりと出汁がとられていてかなりのlevelです。
初回でよくわからないところもあるのですが実力派コックさんのお店という感じですか。
また両国に行く機会があったら再訪しましょう。

それでは(^_-)

京島 オー・デリス・ドゥ・ケンジ

今日は「キラキラ橘商店街(旧橘銀座)」の話です。
キラキラ橘商店街
昔々東京の下町、京島に華やかな大商店街がありました。
奇跡的にも戦災にもあわなかったため昭和の息吹を完璧に残していました。
どうでしょう通算1,000回以上はこの商店街には訪れています。
平成になって札幌転勤から戻ってきたら、すっかり寂れてシャッター通りになっていたのは、驚いたのと同時にとても寂しく感じました。

今日はこの商店街に次男ともに訪れました。
宜しかったらお付き合いください。

IMG_2459
まずはマンモス公園です。
高さ6m滑り台は城東地区最大だと記憶していました。
でもこのようにあらためて訪れるとあまり大きくないなぁっていう感じですかね。
当り前ですよね、子供だったので背も低かったし、それに滑り台を仰角で見上げていましたもの。
でもこの急角度の滑り台は、手を放して滑り降りると真中の段差のところで大きく弾んで滑り台から飛び出てしまうので、それはそれは命がけで滑っていたものです。
そうそう弟が幼稚園の年中になると、弟はこの公園がお気に入りとなり、よく連れて行って、と哀願されました。するとまだオシメがとれそうでとれない妹がそれを聞き付けて、一緒に行きたい、と駄々をこねるのです。
正直オシメを変えるところを友人に見られるのが恥ずかしくて、私は妹を置いていこうとするのですが、感がいいというのか必ずそれを察知して母親に聞こえるように大泣きをします。すると母親がえらく怒って、長男だからしっかりと妹の面倒見なさいと、叱られて仕方なく、お豆だからね、といって連れて行ったのですが、何故かそういう時には必ず持っていったオシメが役にたったのでした・・・

IMG_2460
キラキラ橘商店街入口です。

IMG_2461
キラキラ橘商店街案内板です。

それではお店の紹介です。お店によって知悉の浅深があります。

IMG_2462
「一五八青果店」さんです。
あまり記憶にはありませんね・・・

IMG_2463
タコ焼き・鯛焼「こんこん」さんです。
ここもあまり記憶にはありませんね・・・

IMG_2458
「大国屋」さんです。
ここのおでん種は我が家ではおでんを作るとときにはここの種ものは必須でした。
私はここのウィンナー揚げはが大好物でした。
ここのスリ身は魚を築地で仕入れて、店内にて石臼で挽いてつくるというコダワリのものです。このお店は次男の竜太さんが跡をつぐようで、私の未来の孫もここの味が楽しめることができそうです。

IMG_2457
「鳥よし」さんでも総菜は良く買いましたね。
揚げたてのものはその場でたべると、美味しかったように記憶しています。
特に唐揚げは美味しかったなぁ!

IMG_2456
「ハト屋パン店」さんです。
TVでこの商店街をとりあげると必ず出演するという、そういう意味でTV局側としてはイジリ易いパン屋さんのようです。個人的にはなにもここでわざわざ買わなくてはという感じのお店でしたね。パン屋さんにしてはちょっと衛生面では?マークがついてしまいます。
たまに猫がショウケースの中で寝ていましたもの・・

IMG_2455
「ぺロケ」さんです。
母親の休憩所でした。
甘味が美味しかったですね。

IMG_2454
「くるみ」さんです。
「鳥正」京島店さんの戦略的な橋頭堡(きょうとうほ)店さんです。
実は「鳥正」京島店さんは全く知りませんでした。
というのも我が家はいつも「キラキラ橘商店街」の錦糸町口から入るのでグルメシティ京島店(旧ダイエー)まで来ると引きかえしていました。そのために我が家にとって「鳥正」さんとのお付き合いは錦糸町口の入口近くにある本店だけでだったのです。今日「鳥正」京島店さんは「キラキラ橘商店街」の惣菜の頂点らしいですね。
メニューは50種類以上で、特に「チキン餃子」は一日に150個も売り上げるメガヒット品になっているようです。
ちなみにご主人は墨田区のカラオケチャンピオンだったそうですよ。
長男亮さん、次男夏樹さんともども跡を継ぐようなので、私の未来の孫もこのお店(「鳥正」京島店&「くるみ」)の味は楽しめることができそうです。その前に私が食べてみなくては・・・

IMG_2453
最後はモツ焼「きくのや」さんです。
ここでは結構飲んでいます。当時のモツ焼きは安いことは安かったのですが、味もそれなりのものでした。最近では塾帰りの子供達が買い食いにくるそうで、味も変わったのかもしれませんネ?

ということで「キラキラ橘商店街」のプチ紹介でした。
全国の商店街はここ同様にシャッター通りに変貌していますが、「キラキラ橘商店街」だけは下町のド根性で何とか再生してほしいものです。そして昔みたいにワクワクしながら買い物できる日が来ることを切望しています。
頑張れ「キラキラ橘商店街」、「スカイツリータウン」なんかに負けるな!です。


今日のお店は飛び抜けて美味しいケーキ屋さんが「キラキラ橘商店街」にできたというので折角ですので立ち寄りました。今日のお店は「オー・デリス・ドゥ・ケンジ(AUX DELICE DE KENJI)」さんです。

住所: 墨田区京島3−19−4
電話:03−3612−4679
定休日:水曜日(不定休有り)

IMG_2464
お店の外観です。
「オー・デリス・ドゥ・ケンジ(AUX DELICE DE KENJI)」というのは日本語で「健志のおいしいもの」という意味だそうです。
ご主人の堀健志さんは仏蘭西で厳しい修行をつんだ本格派パティシエだそうです。
その実力は如何?

店内は写真撮影禁止でしたので店内画像はありません。
でも店内では、このお店のdouble angel、とても可愛い湖麦(こむぎ)ちゃん、藍月(あずき)ちゃんの両娘さん達には会うことができましたので、はるばる遠方から来た甲斐がありました。

今日の買い求め品です。

IMG_2467
#フロマージュ@380円です
これはマイルド感が横溢していて美味しいですね。

IMG_2468
#ティラミス@4000円です
濃厚な味です。ティラミスはかなり食べ歩いていますがこの味はtop-levelです。
ほのかなリキュールが味を深めています。全般的に味が深くて食後の余韻が長く続く優れもののケーキです。

IMG_2470

IMG_2465

IMG_2466
#サラバン@420円です
これは新商品です。生クリームもよし、アルコールシロップによる濡れ具合もよし、パンもよしで、いうことのない美味しさですが、ご主人がいっていたとおりアルコール、多分ブランデーがかなり入っており驚きました。
仏蘭西人ってこのようなサラバンを毎日たべているのかなと遥か遠く仏蘭西に思いを馳せるとともに羨ましさを感じました。

それでは(^_-)

両国 メルサ

今日は「珈琲雑感」の話です。
白澤卓二氏は1958年生まれ。順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。
アンチエイジングの第一人者として著書やテレビ出演も多い白澤氏が、コーヒーの摂取量と死亡リスクとの関係について解説する。

米国国立がん研究所のニール・フリードマン博士らは、50〜71歳の40万2260人の成人男女(男性22万9119人、女性17万3141人)を1995年から2008年まで追跡調査し、コーヒーの摂取量と死亡率との関係を解析した。対象は、国立公衆衛生研究所の食事健康調査研究に登録した成人で、そのうちの9割がコーヒーを愛用していたという。

追跡期間中に男性3万3731人、女性1万8784人が死亡。博士は、対象者をコーヒーの摂取量で6グループに分けて効果を比較した結果、摂取量が増加すると総死亡リスクが低下することが分かった。

フリードマン博士によると、コーヒーを全く飲まない男性に比べ、コーヒーの摂取が1日当たり1杯未満の男性の死亡リスクは1%低下し、1杯の男性は6%、2〜3杯の男性は10%、4〜5杯の男性は12%、6杯以上の男性も10%低下することが分かったという。

コーヒー摂取の増加による総死亡リスクの低下は、心臓病、脳卒中、呼吸器疾患、負傷や事故による死亡、糖尿病および伝染病などの病気の死亡率低下によるところが大きかった。

これらの傾向はカフェイン抜きのコーヒーでも同様に観察されたことから、カフェイン以外の抗酸化物質やフィトケミカル(植物由来の栄養素)が重要な役割を果たしていることを示唆している。
「週刊ポスト」2012年8月31日号より転載


今日は珈琲の発見から始めさせていただきます。

珈琲の発見は以下の様です。
イスラム教の高層の若い弟子シェーク・オマールは、イエメンのモカで王女を祈祷によって病気から救います。
ところが、王女に対し恋心を覚えたことから、王は怒りオマールをモカから追放します。オマールは食べるものもなく山の中を歩いていると、美しい小鳥がさえずりながら赤い実をついばんでいるのが目に入りました。
そこでオマールも赤い実を摘み、スープをつくり飲んでみました。すると体も心も生き生きとして、元気が出たのです。これが珈琲の発見で、西暦1258年に起こったとされています。 その後、オマールはこのスープ効用で病人を救い、罪を許されてモカに戻ることができました。最後は、珈琲を発見した聖者として崇拝されるようになったということです。

大きめのカップでライトな味わいの珈琲がアメリカン珈琲です。
「薄味の珈琲」という印象が強いので、普通の珈琲を薄めればOKと思っている人も多いのではないかと思われます。
でも実はそれは間違いなのですよ。
浅煎りした豆を使い、ドリップ式で初めから薄めに淹れたものが正しいのです。 
1970年代半ばに、日本の喫茶店で登場した頃は、世界最大の生産国ブラジルで大霜害が起こり、珈琲豆の価格が大暴騰した時期でした。このため、一部の喫茶店で単にお湯で薄めたものを「アメリカン珈琲」として出していたそうです。こんなことから、薄めた珈琲を「アメリカン」という誤解が生まれたのではないでしょうか・・・
「珈琲の発見」「アメリカン珈琲」については「自家焙煎珈琲豆屋 TONEGAWA COFFEE」HPより転載

珈琲は好きです。
好みはhotのblackです。猛暑の夏でもIce coffeeは滅多に飲みません。
一日三〜四杯は飲んでいます。
長生きしそうですね?

珈琲を飲み始めたのは中学生の頃ですか、お茶の水に参考書を買いに行った帰りには、JRお茶の水駅前にあったピザレストラン「ジロー」に寄るのが楽しみでした。
「ジロー」でピザを食べる時には必ず珈琲を頼んでいました。
当時の下町ではピザはアンチョビ、サラミで珈琲はブラックというのをピザレストランでオーダーするのが“粋” とされていました。中学生ですから、本当は珈琲には砂糖をドップリと入れて甘甘で飲みたかっのですが、かかるようなわけで珈琲との出会いはブラックデビューだったのです。

豆はブルーマウンテンが好きです。
「英国王室御用達」のキャッチフレーズで日本では高級珈琲というふうに定着しています。
しかしこのキャッチコピーは意図的に創出されたそうですよ、何故かと申せば、世界中でブルーマウンテンをありがたがって飲んでいるのは日本人だけらしいですから。
でも個人的には、ブルーマウンテンは、甘み、酸味、苦味、コクのバランスが良くとれた珈琲だと思っており、いつも行く珈琲専門店ではこれしかオーダーしていません。

ところで、一週間前まで「珈琲」という漢字を「珈」だと思っていました。
よぜばいいのに、件(くだん)の珈琲専門店で、「加非」という漢字が間違っていますよ。「珈琲」が正しいのですよ、と大いに指摘したところ、お客様、それは「加非」が正しいのですよ、珈琲屋がいうので間違いありません、と返されて、大いに赤面した次第です。
“加えるに非ず”より“加えて比する”の方が字の落着きがいいのになぁ、と今でも思っています、ちょっとこの辺りはこだわるのですかね。

コーヒー
「珈琲」という漢字は江戸時代後期に活躍した蘭学者の宇田川 榕菴(うだがわ ようあん)という方が草案したのだそうですよ。
珈琲の「珈」はかんざしの玉(花かんざしの花)、「琲」はかんざしの玉をつなぐ紐を意味する漢字なのだそうです。
しかし何故かんざしの字を使ったかといいますと、画像の珈琲の実即ち珈琲チェリーなのですが、この珈琲の実が、たわわに実る様子を「かんざし」になぞらえて作られたそうです。
宇田川 榕菴さん、それならそれと早く言ってよ、大恥かいたじゃないの・・・


100年あまりで、どれだけ速くなったのかひと目でわかりますね。
1896年が12秒、4年後の1900年は11秒と一気に1秒も縮まりましたが、次の1秒を縮めるのには84年掛かっています。1988年からの28年で縮んだのは0.361秒。
人類の限界はどのくらいなのでしょうね。



IMG_2365

IMG_2356

今日は猛暑の両国に出没です。
お昼を何を食べようかと考えていたら、目の前にやたら込み合った洋食屋さんが出現しました。ということで今日のお店は「洋食レストラン メルサ」さんです。

住所: 東京都墨田区亀沢1-10-7
電話:03-3829-8235
定休日:日曜・月曜

IMG_2357

IMG_2358
お店の外観です。

IMG_2364
店内の雰囲気です。

IMG_2359
メニューです

IMG_2360

IMG_2361
今日のオーダー「ひき肉入りのオムレツとメンチカツ(2個)」@850円です。
今日だけなのでしょうか、男性客は私含めて二人、私以外の男性はカップルの方割れです。
従って完璧な女人国状態になっていました。そのせいか喧(かまびす)しいこと、喧(かまびす)しいこと、店内の至る所に夥(おびただ)しいspeakerが埋め込まれた様な感じで、たまらず耳疲れしてしまいました・・・

待つこと6分で着皿です。
見た目美洋食です。
まずは「ひき肉入りのオムレツ」です。ウン、これは美味しいですね。
卵に包まれたひき肉オムレツは、私が子供の頃食べていた下町洋食と同一です。
唯一の差分は子供の頃のオムレツの卵はふわふわ、トロトロでなく少し硬めでした。
これは冷凍保存技術がいまほど整ってないので鮮度管理できません。その為にふわふわ、トロトロの卵を食べると例外なくお腹の調子が悪くなってしまうために硬めだったのですね。

メンチカツです。
これは超熱々です。
肉は美味しいのですが、硬めです。
下町のフライ屋さんのメンチカツに似ています。
つなぎのパン粉がおおいいのか、ひき肉の量が多いのか不明ですが、肉が美味しいのでかなり残念です。

IMG_2362

IMG_2363
番外編ですが、味噌汁です。
上段の画像はdefaultです。いくらなんでも少なすぎませんか(笑)
お店のお姉さんにその旨を申し伝えますと、笑いながら、少ないですよね、と言って取り替えてきますから、といって持ってこられたのが下段の画像です。
こんどはtoo muchです(笑)
肝心の味噌汁の味は煮詰まっていてしょっぱくてペケポ

両国 キッチン 南海

今日は「そんなに飲んだらい肝臓?」の話です。
お酒好きにはたまらない本に会遇しました。
本の名前は「ロシアは今日も荒れ模様」米原真理著 講談社文庫刊です。
この本は私の琴線にかなり触れましたので以下に紹介します。

ウオトカ
「世の中に醜女(ぶす)はいない、ウォトカが足りないだけだ」
「『このコニャックは南京虫の臭いがする』などと言うヤツをペシミストという。『この南京虫はコニャックの臭いがする』などと言うヤツをオプチミストという」 
なんて具合に現実の理(ことわり)も人生の機微もとにかくありとあらゆる現象を酒を手だてに解釈しようとする慣用句がロシア語には山ほどある。 
たとえば、米ソが中性子爆弾の開発にのり出し、それが社会的に問題になりはじめたころ、この新型爆弾に関する様々な解説や論文が新聞雑誌の頁を賑わしたものだ。しかし、次のように卓抜にして明快な解釈によって、この兵器の本質を突きつつ笑い飛ばした例をわたしは知らない。   

二人の飲み仲間の会話・・・
「おまえ、最近世間を騒がせてる中性子爆弾てのを知ってるかい? 原子爆弾とどう違うのかね」 
「ああ、早い話、原子爆弾ってのは、ここにたとえば落ちてきたとすると、オレもおまえもウォトカもお陀仏ってことだな。ところが、中性子爆弾が、ここに落ちたとすると、オレとおまえはお陀仏だけど、ウォトカの方は無傷のまま残るってことだ」   
「そうかあ。するってえと、おまえとオレがこうして無事なのに、ここにウォトカがないってことは、どんな爆弾を落とされたのかねえ」 

あるいは、シペリアの大地の途轍(とてつ)もない広大さ、その自然条件の途方もない厳しさを物語るにも、ちゃんとウォトカの助けを借りるのだ。   

シベリアでは、400キロは距離ではない、マイナス40度は寒さではない、プラス40度は暑さではない、ウォトカ4本は酒ではない


いきなりきますでしょう!
さらに続きます。

わたしの恩師にして、前垂示外国諸大学学長、日本ロシア文学会会長の原卓恨】氏は、ロシア語とロシア文学を学ぶ者の必須科目として、常々「教会スラブ語とウォトカ」を挙げておられた。二つ目の必須科目については、知識人に多い口先だけでなく、ずいぷんと実践面でも極められたようである。その最大の犠牲者は、肝臓かもしれない。ロシアの小咄も戒めている。

大酒飲みの一生。人生の前半は、肝臓を苦しめ、後半は肝臓に苦しめられる。

斯界(しかい)の第一人者、原卓也先生も告白しておられる。

いったん開栓した珊は空にしなければ気がすまない。ロシア人を日本のバーに案内しても、ボトルーキープ制などといういじましい方式は決して理解してもらえぬ所以である。(中略)冷蔵庫の冷凍室に二日ほど寝かせておき、珊の外側が白く凍りついたやつになると、なんとも形容しがたい、とろりとした舌ざわりが美味で、実にこたえられず、つい飲みすぎて、足をとられてしまうことになる。わたし自身も調子に乗って、これまでいくたび失敗を繰返したかわからぬくらいだ。


そして過度の飲酒は社会問題になっています。

アル中は家庭問題でもある。 ロシアの結婚式で乾杯をするとき、「(酒が)苦い! (酒が)辛い!」と合唱するしきたりがあるのは有名だ。これは、お察しのように、新郎新婦に口づけをするよう催促する言葉で、「酒の苦みを口づけで甘くせよ」という意味である。もっとも酒が口づけで甘くなるのは、家庭生活の門出にあたるこのときだけで、以後過度の飲酒は、家庭生活を苦くて辛いものにするようだ。  

酔っぱらいの亭主を見かねた妻が詰め寄った。   
「あんた、ウォトカをとるの、わたしをとるの? ハッキリしてちょうだい」   
「その場合のウォトカは何本かね?」

二組に一組の割合という高い離婚率のロシアで、その理由の50%前後が夫の飲酒という。こちらは公表されたデータで、国立レニングラード大学法学部によるペレストロイカまで15年間に亘る離婚時調査の結果。


一体全体なんていう国でしょう(笑)
ロシアというのはかなりの貧困国です。政府指導者がその貧困のガス抜きのため即ち人民に自棄をおこさせないために、意図的にウォトカを安く供出していたようです。ウォトカは牛肉より安い。だからロシア人民は飲むのです。
シニカルに申せば1917年10月の社会主義革命以後の体制だけでなく、それに先行した絶対君主制も農奴制も目一杯寿命を延ばすことができたのはウォトカのおかげとも言えるでしょう。
全国民の25%がアルコール中毒だそうですよ、よく国として機能していますネ・・・


IMG_1706 - コピー
今日は両国に出没です。
ランチのお店を探してそぞろ歩きをしていたら「牛島神社大祭」の貼紙が目に入りこんできました。「エッ!両国も牛島神社管内なの?」って考えていたら、気がいつたらお店に吸
い込まれていました。
ということで今日のお店は「キッチン 南海」さんです。

住所: 東京都墨田区両国2-14-8
電話:03-3632-6913
定休日:日曜・祝日

IMG_1706

IMG_1716
お店の外観です。

IMG_1715
店内の雰囲気です。

IMG_1713
メニューです。

本日のオーダーは「カツカレーライス+みそ汁」@680+@50=730円です。
店内にはいるとこのお店はご主人と奥様のtandem体制で切り回されていました。
奥様からはかなりの音量で「恐れ入ります、どうもすいません」の大発声が放たれ続けられています。思わず林家一門の洋食店かと身構えてしまいました。

IMG_1708

IMG_1710
待つこと5分で「カツカレーライス」の着皿です。
見た目“メガ盛”でしかもかなりの”ブラックカレー”です。
カツは13カットの細切でしかも下町カツカレーのお約束の薄い肉厚です。
これは価格を抑える意味もあるのですが、ルーがカツに勝つためのintentional disadvantageなのですね。

それでは実食です。
粘度がやや高めな感じのルーは、見た目通り非常に濃厚でコクがあり、玉ネギの甘味もしっかりと感じられて美味しいです。しかもtoo hotです。
味ですか、極上の美味しさではありませんが、下町カレー独特のジャンクな味わいが横溢していてイケます。

IMG_1711
後半キャベツがかなり余ってきましたので、お約束のhotch potch食い(混ぜこぜ食い)です。そのためにはソース、福神漬、マヨネーズを総動員します。
あれっ、この食べ方のほう味が引き締まって数段に美味しいですね。
しまった、気取って食べなければ良かったなぁ、と思ったのですが“後の祭り”でした。

IMG_1714
そうそうこの豚汁ぽい味噌汁はかなりのlevelです。
すごく美味しかったですよ。

唯一の瑕瑾(かきん)は量が多すぎます。
個人的には完食はかなり厳しかったです。
でもその裏返しで、この内容で680円ならやっぱりコスパは素晴らしいと言えると思います。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

東京ソラマチ トリトン

今日は「My son’s homecoming 」の話です。
IMG_1493

IMG_1494

IMG_1495
ウズベキスタンに留学していた次男が帰国しました。
仕事多忙ではありますが、さすがに会社を休んで家族一同で出迎えに行ってまいりました。
私の携帯電話は取引先からの電話がひっきりなしに鳴り響き、折角の休日ではありますが、その為にあまり休日らしさは味わえませんでした・・・こんなもんでしょう(笑)

次男は当地の食料事情が良くなかったのか72kgあった体重が63kgと激ヤセしており、私と奥様は驚きを禁じ得ませんでしたが、本人は長い時間軸の中でジワジワと痩せていったのであまり気にもとめていませんでした。
留学の第一目的のロシア語習得はそれなりのliteracy levelに達したようで、親としては一安心です。
現地の方にご迷惑をかけることもなく、健康を損なうこともなく、元気な体で帰国できたことに、次男の大学関係者、ウズベキスタン大学関係者、友人、親戚、姻戚の方々にこの場を借りまして深甚より御礼申し上げるところであります。
無事に帰国できました。本当にお世話になりました。

成田空港の後、菩提寺に出向き亡き両親に次男の帰朝報告をしました。
そして次男は久々の日本食の会遇です。
私はどこにしようかなとしばし考えたのですが、日本食なら「お寿司」でしょうということで、菩提寺から一番近い東京ソラマチに足を運んだのです。

IMG_1497

IMG_1498

IMG_1534
本日の東京スカイツリーの威容です。

IMG_1544

IMG_1545

IMG_1546
東京スカイツリーイーストタワー31階からの眺望です。

IMG_1500
「六厘舎 TOKYO」さんの行列です。
「行列してでも食べたい」と瞬く間に口コミで広がり、人気に火が付いた話題のつけ麺のお店です。多分東京ソラマチの中では最高の行列店でしょう。
ちなみに今日は金曜日で午前中は嵐だったのにもかかわらず、待ち時間は目の子で90分です。

北海道において味はさすがに高級回転寿司「根室花まる」に譲るとしても、今日のお店はコスパでは北海道断トツだと我が家族は信じている、回転ずし「トリトン」さんです。
我が家族何と15年ぶりに訪れます。

住所: 東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ6F
電話:03-5637-7716
休日:無休

IMG_1499
さすが人気店です。
超行列です、すごいですね。
目の子で60分とふんだのですが48分で席に着くことができました。

IMG_1501
お店の外観です。

IMG_1504

IMG_1532
店内の雰囲気です。
寿司職人5人の内4人は地元北海道からの単身赴任のようです、なまらゆるくないべさ
しかし上段の画像のこの人のネタ紹介はとても声高らかに行わるので、唾液がかなり飛沫していると思われます。不衛生ですよね。
誰も彼の気合の入った惹句でネタ選びが行われるとはあまり思えず、寿司職人は衛生によくよく配慮して美味しい寿司を握ることに一意専心すべきと思うのですがね・・・

IMG_1515

IMG_1505

IMG_1506

IMG_1507

IMG_1508
メニューです。

それでは力技ですが一挙にネタ紹介です。
★★★数は私の家族の独断と偏見の味の評価です。
値段は一応Wチエックしていますが、あまりに膨大の注文画像から絞り込んでのアップですので錯誤もあると思われます。つきましては正確の値段はお店で再確認ください。

IMG_1509
えんがわ(かれい)★★@157

IMG_1510
サーモン★★@189

IMG_1512
まぐろ★★@189

IMG_1511
中トロ★★★@430・・・これはスゴイ

IMG_1513
炙りエンガワ★★★@236・・・これは甘い

IMG_1514
数の子@330

IMG_1516
穴子★★★@278・・・大好物

IMG_1517
厚切りさんま★★@157

IMG_1518
ぼたんえび★★★@560・・・プリプリ

IMG_1519
自家製シメサバ@189

IMG_1520
はまち★★@278

IMG_1521
エビアボガド軍艦★★@189

IMG_1522
北貝道の三種類(ほてて、ほっき、つぶ)★★★@560・・・貝大好物

IMG_1525
爆弾軍艦★★@189

IMG_1527
★★@236

IMG_1528
たらばがに★★★@660・・・極楽極楽

IMG_1531
お勘定は皿の裏面に埋め込まれたRFIDをSCANするだけですので、数秒で会計が終了します、ハイ。

やはりこのお店はスゴイです合格合格合格合格合格

それでは(^_-)

東京ソラマチ BEER&PUB SUPER “DRY”

今日は「東京ソラマチへ行ってきました(後篇)」の話です。
前篇の続きです。
私ども一族が一軒目呑みで終わるわけがなく、河岸を変えて呑みなしです。
二軒目へ行くまでの間引き続き画像でお楽しみください。

IMG_1334
New downtown「東京ソラマチ」のnew power spot「東京スカイツリーイーストタワー」に映る「東京スカイツリー」です。これを知っている人は少ないのでは?

IMG_1335
「東京スカイツリー」と「プラネタリウム」のtwo platoonの画像です。

IMG_1337

IMG_1339

IMG_1340
「東京スカイツリーイーストタワー」30階からの画像です。
案内した弟いわく、30階(150m)からみても地上450mの「東京スカイツリー天望回廊」から見ても縮尺が違うだけで見た目は一緒だよ、とのことです。
皆様もこの画像で「東京スカイツリー天望回廊」から地上を見たという疑似体験を味わってください。

IMG_1345
ということで本日の二軒目、BEER&PUB SUPER “DRY” 東京スカイツリータウン ソラマチ店さんです。
このお店は気軽に利用できるビア&パブです。
東京の眺望(地上150m)が一望できる雰囲気の中で味わうビールと料理は格別ですよ。
そうそうこのお店にいくには一度1Fにおりて12番地のエレベーターで昇らなければなければなりません。

住所: 東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ30F
電話:03-5637-9031
休日:無休

さすがに二軒目なので皆料理はたのまずで、私と奥様以外はピッチをあげて鯨飲し続けております。その中でも数少ない頼んだ料理をご紹介します。

IMG_1347

IMG_1348

IMG_1349

IMG_1350
まずはこのお店の一押し「大根のタワーサラダ」@800円です。
このサラダは三角錐の樹脂カバーをとると瞬時に雪崩のごとく崩れ落ちます。
フレンチドレッシングで頂くのですが、ただのサラダです。
美味しくも不味くもありません。
要は来店記念撮影menuです。

IMG_1342
「オリオンリングタワー仕立て」@700円です。
写真撮ろうと思ったら不届きものがいて、頭頂部はすでに不届きものの胃袋の中でした。
これも来店記念撮影menuです。
しかしこれは味がイイですネ。
ビールにはアイマス

IMG_1344
「ジャーマンポテト」@700円です。
これはドイツの味です。
美味しいですよ

IMG_1351
「具だくさんな黒焼きそば」@900円です。
イカ墨と黒ゴマの特製ソースで仕上げられています。
最初はとてもイカ墨の香りが良くイケたのですが、冷めてくると味は半減してしまいました。
折角の料理ですので、これは熱々のうちに一気呵成でいただきましょう、皆の衆
この料理は「BEER&PUB SUPER “DRY”」さん自慢の一品と拝察いたします。

東京スカイツリータウン通の弟は、数あるスカイツリータウンの中で、このお店が眺望、混み具合、コスパの三冠王だ、と申していました。
私もその意見に大賛成で異を唱えることは微塵もありません。
お勧めのお店です、自信ありheart02

IMG_1354
PS 東京スカイツリータウンより電車の場合は押上駅直通となっておりますので、この画像の場所までおりてきて下さい。

それでは(^_-)

東京ソラマチ 世界のビール博物館

今日は「東京ソラマチへ行ってきました(前篇)」の話です。
東京ソラマチへ行ってきました。
すでに開業前の東京スカイツリーに4回も昇っている弟の案内で東京ソラマチへ家族・親戚一同で行ってまいりました。
私の子供の時の遊び場にこのような巨大な“new downtown”が出現するとは、長生きはするもんじゃわい(笑)

ここから先は画像でご覧ください。

IMG_1298

IMG_1299
まずは東京スカイツリーの威容のご紹介からです。

IMG_1302
東京スカイツリーと東京スカイツリーイーストタワーのダブルショットです。

IMG_1300
ソラマチ商店街です。
スゴイ混雑ですネ。人ごみに酔いそうです。

中のレストラン街です。

ソラマチ亭
弟一押しの「そらまち亭」さんです。
江戸文化を楽しめる総合和食店です。
下町情緒溢れる寄席芸やオリジナルメニューが楽しめるそうです。
(画像は取り忘れたのでnetより転載)

IMG_1303
牛たん炭焼「利久」さんです。
牛たんの本場、仙台に門を構える牛たん炭焼専門店です。
手造りにこだわり、自慢の牛たんはスライスから味付け・熟成にいたるまで熟練の職人の手作業で行っているそうですよ。
ここはそれ程混んでいませんでした。

IMG_1305
回転寿し「トリトン」さんです。
北海道の美味しい海の幸が存分に楽しめるお寿司屋さんです。
ここが私の一押しです。
かなり混んでいます。
時間待ちは目の子で60分位です。

IMG_1306
お肉の専門店「スギモト本店」さんです。
毛和牛や銘柄牛をしゃぶしゃぶやすき焼きなどで楽しめます。
創業明治33年の老舗ならではの味が堪能できます。
待ち時間は目の子で40分位です。

IMG_1307
「六厘舎 TOKYO」さんです。「行列してでも食べたい」と瞬く間に口コミで広がり、人気に火が付いた話題のつけ麺の味は格別ですぞ。
待ち時間は目の子で90分です。

IMG_1309
「俵屋 重吉」さんです。
鮭や梅など定番のおむすびから、スカイツリー限定の新しいおむすびまで味わいたっぷりのメニューを豊富に揃えていますよ。
このお姉さんが持っているのはスーパージャンボおむすび「六四三」です。
こんな大きなおむすびをかぶりついた日には顎が外れます。
ちなみに写真掲載の許可を頂きましたので、このお姉さんの顔は隠していません。

IMG_1308
インフォーメーションの女性達です。
まだ慣れていないようです。
見た目ペンギンさんですね。

IMG_1322

IMG_1323
ただ今の時間は15:30です。
所用でお昼が食べられなかったのでこれからlate lunchです。
場所はあらかじめ義理の弟が並んで抑えてくれてました。
ということで今日の最初のお店は「世界のビール博物館」さんです。
しかしかかしここも大盛況ですネ。
並んでくれた義理の弟に感謝ですm(__)m

このお店はドイツ、ベルギー、イギリス、アメリカ、チェコ共和国といったビール大国の樽生ビールをはじめ、世界を代表するビールが一同に集まった、まさにビールのパラダイスです。
日本初輸入の樽生ビールを中心に、樽生ビールを常時15種類以上、ボトルビールを含めるとビールの種類は、150種類を超える品揃えです。
テラス席もありますよ。広い空と東京スカイツリーを思う存分楽しめるお店です。


住所: 東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ7F
電話:03-5610-2648
休日:無休

IMG_1325 (0)

IMG_1326
この画像は世界のビール634本で作られたビールタワーです。

IMG_1330

IMG_1332
店内の雰囲気です。嘘です(笑)
店内の液晶大画面モニターで放映されているドイツのビアレストランです。

IMG_1321
テラス席です。
画像の通り暗雲が立ち込めており間もなくにわか雨がくるようなので、折角のテラス席は諦めて店内で食事をしました。
しかし店内は人が多すぎるのか、あるいはビールの売上を伸ばしたいので意図的に冷房を効かせてないのか、とにかく熱いのです。

今日のオーダー、まずはミュージアムビールセット(直輸入生ビール5種+フード盛合せプレート)@4,500円です。

IMG_1312

IMG_1313
ビールセットです。

IMG_1315
フランクプレートです。
内容はドイツ直輸入のフランクフルト、フィッシュフライ、プレッエル、日替わりサラダです。
味ですかフランクフルトは美味しかったですね。
意外だったのはフィッシュフライが油切れがよくて結構なお味でした。

IMG_1318
そしてバッファローウィング@980円です。
これはかなりspicyですが、イケます。
というかビールのアテです。

IMG_1320
東京スカイツリタウンービールです。
だからどうしたってとこでしょうか。

IMG_1314
ついでに車できていたのでアルコールの飲めない私の beverage「Ginger Beer」です。
すごい生姜の味でしたが、これはナカナカですよ。
お試しあれ

ここの「世界のビール博物館」さんはテーブル席が充実しており大人数でしかもテラスでの下町の景色を睥睨して飲もうなんていう時には良いお店だと思います。
しかし値段も隣接する東京スカイツリー同様とても高いですね(笑)

それでは(^_-)

両国 吉良亭

今日は「A fugitive who runs away and hides to avoid arrest!」の話です。
高橋克也
高橋克也容疑者が逃走を続けています。
彼の動静をtwitterで調べてみました。

6月6日
NHK科学文化部 ‏@nhk_kabun
【高橋克也容疑者の画像公開】警視庁は、地下鉄サリン事件で特別手配されているオウム真理教の高橋克也容疑者の画像3枚を午前11時すぎに公開しました

6月6日
毎日jp編集部 ‏@mainichijpedit
警視庁が地下鉄サリン事件などで特別手配されている高橋克也容疑者とみられる男の顔写真を公開しました http://goo.gl/eZRde 手配写真とずいぶん印象が違います。

6月6日
吉田戦車 ‏@yojizen
友人たちに「高橋克也の手配写真に似てる」と言われたこともあったが、ずいぶん変わってしまったなぁ。ぜんぜん寂しくないけど。

6月6日
dragoner ‏@dragoner_JP
高橋克也の顔割れてんだから、高橋捕まえた奴にAKB総選挙の投票権100万票分プレゼントすれば、日本中のAKBオタが高橋を血眼になって探すので、秋元康先生には期待したい

6月7日
毎日jp編集部 ‏@mainichijpedit
警視庁は7日、逃走しているオウム真理教の元信者、高橋克也容疑者の写真を新たに公開しました http://goo.gl/wiXNU 4日午前10時ごろにコンビニで新聞を買った後の姿もとらえられています。この男に見覚えはありませんか

6月8日
japan 代表 有田徹郎 ‏@tetsuro0420
高橋克也容疑者へ、どの道もう逃げられません。出頭、逮捕前に内緒で連絡下さい。懸賞金を東北の子ども達の為に使います。領収書は刑務所もしくはお墓に持って行きます。最後ぐらい少しはご協力を。

6月8日
高木壮太 ‏@TakagiSota
第三京浜や国道一号線は高橋克也狩りの連中がすべての車両を停めて調べているので完全に麻痺状態、横浜市内のバスやタクシーは昼過ぎからストップしている、頭上にはおびただしい数のヘリコプター、空中衝突を起こす機もある、下水道を捜索している連中もいるらしくマンホールの蓋が全部開いている。

6月8日
NHKニュース ‏@nhk_news
高橋克也容疑者の似顔絵を公開 http://nhk.jp/N4206ax7 #nhk_news

6月10日
平野 浩 ‏@h_hirano
菊地直子の通報者には1千万円は支払われないそうである。なぜなら、通報者は菊地直子と同棲していた高橋寛人の親族(兄といわれている)だからである。広い意味で犯人の身内になるので後から批判が出かねない。確かにもしこれを許すと、同じような通報者があらわれかねない。9日の日刊ゲンダイ

6月10日
日本経済新聞 電子版 ‏@nikkeionline
高橋克也容疑者、タクシーで逃亡か 乗車記録追う http://s.nikkei.com/O3KXyg

只今の時間は6月10日()AM4時です。
依然高橋克也容疑者は行方をくらしましたまま、どこかに潜伏しています。
ここまでの情報ですと川崎から横浜までタクシーに行き、横浜から長距離バスで秋田か四国へlong tripしたとされていますが実際のところどうなのでしょうか?
本件はとても気になりますし、なにか疑似ドキュメンタリーの様相を呈してきたのでたまらなくなってきました。

昨日も長男とジョナサンで昼食を取っていた時に本件を話題にしました。
私が長男に、もしいまこのレストランの奥のテーブルに高橋克也容疑者がいたらどうすると、聞いたら彼は、まずはメールで通報する、と返しました。
私は、まずは身柄確保だろう(実際やりかねない)、と言い切ったものの、万が一在庫でもっていたサリンでもかけられたらたまらないと思い、それは即に心の中で撤回したのです。
かりにここで高橋克也容疑者を見つけて通報し逮捕されても、その後所轄で調書作成に協力させられたり、後日再度の手続きとか何とかで川崎署もしくは本庁に呼び出されたりされるのも、仕事多忙のおり迷惑だなと思いながらも10百万円の魅力と迷惑とを天秤にかけていたのです。
こういうのを“取らぬ狸の皮算用”と言います(笑)

私の推理では高橋容疑者は間違いなくオウムシンパのお宅に身を潜めていて、世の中の動静を絶えずcheckしていると思いますよ。
そしてその潜伏情報が本人の潜伏場所とかけ離れていればいるほど安寧な気持ちになりホッとしているはずです。
若しくはヤマダ電機等でバリカンを買い求めて頭を丸坊主にして様相を変えて、マスク等で変装して盛り場の漫画喫茶を転々としているとか・・・
これはありえませんかhappy01
しかし逮捕されても、高橋容疑者はサリン運搬の運転手だったとかで微罪のはずなのに何でここまで必死に逃げ回るのでしょうかね・・・不・思・議!


What an amazing waste of time, I love it:P



IMG_1267

IMG_1268
今日は両国に出没です。
このお店の前は300回以上通り過ぎていますが一度も入ったことがありません。
ということで今日のお店は両国「吉良亭」さんです。

住所: 東京都墨田区両国3-23-8
電話:03-3634-5226
休日:日曜・祝日

IMG_1269
お店の外観です。

IMG_1274
店内の雰囲気です。

IMG_1270
メニューです。

今日のオーダー「サーモンとそら豆の豆乳クリームソースパスタ(サラダ・パン付)」@900円です。

IMG_1271
まずはサラダとパンです。
サラダはあまりedgeがたっていなくさらに酸味の強いドレッシングだったのであまり好みではありませんでした。
パンはパンダでした、ハイ。

IMG_1272

IMG_1273
パスタはサーモンとそら豆の豆乳クリームソースです。
見た目美パスタですが見るからに超乙女盛です。
麺はさすがにアルデンテですね。
ソースはサーモンが存在価値を表しすぎで豆乳の立場がありません。
どうなのですかねサーモンとそら豆の豆乳クリームソースはあまり合わないような気がします。
それにしても久々の超乙女盛にはクリビツです。
支払いの時にcashierの男性に、大盛を頼んだら何グラムですか、とききましたら、150グラムです、と答えてくれました。
しかしかかし、大盛は150グラムです、とお店の方から返された日には・・・
大盛でこの量はさすがに草葉の陰の“吉良さん”も“大いに盛のすけ(大石内蔵助)”と言ったとか言わなかったとか、お後がよろしい様で、山田君この方の座布団蹴っ飛ばしといてねぇ〜、です。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

墨田区 太平 寿々喜

今日は「マラソン奇縁」の話です。 
私がマラソンをするようになったのはただ単なる偶然が重なっただけです。
何故このようなsportにハマったのかを説明いたします。
聞きたくない、そういわずお付き合いください。
説明する為には時計の針を1994年7月に戻す必要があります。

札幌に転勤してはや4年目がたとうしています。
取引先に横山専務という方がいます。
この方は地元では有名な室蘭工大の応用理化学を卒業されたeliteさんです。といいたいのですがほとんど授業は出ておらず、ひたすら空手の稽古に明け暮れていたバンカラ学生であります。
この横山専務とは私が同じ武道系(私は剣道二段)ということでとても可愛がってもらい、よくすすきのには飲みに連れてってもらいました。
酔っぱらうと専務は必ず、△△君(私の事)、回し蹴りはこのように蹴ります、といってその型を見せてくれるのですが、お酒の所為(せい)かお歳のせいか大コケして地球に熱い接吻をするのが常でした。

この専務は生涯体育会ということで当時50歳近かったのですが色々なsportを熱心にされていました。特にマラソンがお好きのようで、私と飲む度毎に、マラソンしよう、やろう、しちゃおうよ、と誘いこみます。
その誘い方があまりにしつっこいのでとうとう耐えきれなくなり、ある時にlip serviceで、ジョギングくらいならいいですよ、と言ってしまったのです。

それから三週間後のとある日、事務所に戻るってくると私の机の上に申し込んでもない札幌マラソン10km走の申込書がありました。
その申込書には、私の姓名、年齢は勿論、住所その他、諸々が書き込まれていてしかも“受付済”の判がご丁寧にも押してありました。
専務の仕業だとすぐに合点がいったのですが、何で自宅の住所を含む私の個人情報を知り得たのだろうと疑問に思って眉をしかめていたら、部下の女性が申し訳なそうに、すみません、△△さん。先日横山専務から電話があり、△△さんの自宅にお中元を贈りたいから住所、電話番号、生年月日等を教えてくれ、と頼まれたのです。
私は札幌ではよくある話なのであまり不思議にも思わず教えてしまったのですが、生年月日まで確認するのはやはり変だなとは思っていました、との事でした。

どうやら私は“ルビコン川”を渡らなければならなくなったようです。
早速専務に電話して前から誘われていた練習の日時の日取りを決めました。
申込書を入手したその週の土曜日の午前、札幌は野幌森林公園で札幌マラソンに向けての練習が始まりました。
野幌森林公園
野幌森林公園は冬場はクロスカントリーの競技場になるくらいですから起伏の富んだ練習コースが沢山あります。
その日専務が選んだのは6kmのup-and-downのきついtrickyなコースでした。
当然のことながら私はそれまで長距離なんか走ったことはありません。
専務に並走してもらい約一時間強かけて何とか完走しました。
すごい疲労で完走した後はたまらず地面にへたり込み、その日の朝に食べた食事を全て戻してしまいました。

その日から私の思いは完璧に臥薪嘗胆(がしんしょうたん)状態となり、くそう、下町っ子をなめるなよ!とマラソン練習を開始したのです。
取りあえず10kmは完走しないと、面子丸つぶれになるので、毎夜仕事が終わると家の近くのサイクリングロードでtrainingを続けました。

札幌マラソン
札幌マラソンの当日、空は抜けるような青空、しかし私の心は曇っています。
何故かといえば練習をすることはしたのですが、どうひっくり返っても8km完走が最高なのです。こりゃマズイナぁ、恥をかきに来たようなものだなと嘆息しながらスタートラインに着いたのです。しかしアドレナリンの力で何とか完走しました。
結果ですか、いいわけないじゃないですか。
これで私は咽に突き刺さった小骨が抜けるかのように、この数カ月間苦しめられたマラソンとの向き合いをfile closeにしたのです。

それから約一ヵ月後の月曜日の朝、いろんな取引先からジャカスカと私に電話がかかってきたのです。
内容は皆同じで、道新(北海道新聞)のマラソン結果を見たよ、すごいじゃない!です。
実はこの札幌マラソンで私は予想だにしない100位というキリ番だったのです。
従ってマラソン100位以内入賞者ということで北海道新聞に私の氏名、会社名が掲載されていたのでした。
ここからが本領発揮です。根がお調子づく下町っ子ですので、なんだ俺って才能があるんじゃない、今からバルセロナオリンピックでも狙うか、と広言し始めたのですね。
この日を境にこの魔性のsport=マラソンの世界にのめり込んでいったのです。

いかがでしたか、冒頭の記述の通り不可思議な縁(えにし)で私はマラソンと向き合うようになり現在に至りました。

この動画くだらないと思いながら、ついつい引き込まれて最後まで見てしまったのです。



IMG_0424IMG_0425
今日は成人の日です。
姪の成人の日のお祝いに錦糸町に参りました。
今日のお昼は土地っ子である妹夫婦が推奨する「寿々喜」さんに参りました。

住所: 東京都墨田区太平3-18-8
電話:03-6638-8622
休日:木曜日

IMG_0410
お店の外観です。

IMG_0415
店内の雰囲気です。
この壁の俳句は「花の後 万日まいり すみだ川 海苔を力に 蕎麦切を噛む」と書かれています(左半分は画像には写っていません)。
この俳句は芭蕉時代の句らしいですが、読み人知らずです。

IMG_0411
メニューです。

IMG_0412

IMG_0413

IMG_0414
今日のオーダー「カツ丼+ぶっかけ」@850円です。
このお店はもともと 平井にあったのですが道路拡張で移転してきたようですよ。
しかし14時だというのに客足が途切れませんね。義理の弟の説明では、このお店は繁盛店なので地元の客は混雑を避けて時間差で来ているから絶え間なく混んでいるとのことでした。
待つこと15分で着丼です。
すごいボリュームですね、これで本当に採算がとれるのかなと思わず心配してしまいます。
それではカツ丼から実食です。肉が柔らかいですね、この柔らかさには瞠目しました。
玉子はいま流行(はやり)のトロトロではなく、しっかりと火を通したものです。
味ですか、と・て・も・美・味・し・い!
かなりのlevelです。

ぶっかけは蕎麦にコシがあり太さもいいですね。これはカツ丼ほどではありませんがやはり匠の味です。
料理全般に味が濃いのですが下町ではこれが普通です。
それと義理の弟が一押ししているカレー丼を一口ご相伴させてもらいましたがこれまた絶品です。
豚肉freakの方は是非challengeしてみて下さい、決して裏切りませんよビックリマーク

IMG_0434
新年なので地元の名店「やげん掘」さんの七味唐辛子を頂きました、さすが下町ですね。

それでは(^_-)

錦糸町 海亀 4th 

今日は「カムイ伝異聞」の話です。 

江戸前期の豪商河村瑞賢(1618~99)というと、海運治水の功労者として知られています。東回り航路と西回り航路を開発し、淀川などの治水工事を完成させています。大商人ということになります。

でもこの大商人、生まれは伊勢の貧農でした。幼名は七兵衛、十歳のときに江戸へでてきました。職を転々として、車力の仲間などをしていたということです。漬物について調べていたら、いきなりこの人の名が出てきました。おもしろかったので、かいつまんで書いてみます。

二十歳を過ぎたときに、うだつの上がらない江戸の暮らしに見切りをつけて、上方で一旗あげようと覚悟を決めます。家をたたんで江戸をあとにしました。
そして小田原の宿屋で、たまたま同宿した老僧と親しくなります。自分の心中を伝えました。すると老僧はこたえました。

「その料簡は間違っている。あれだけ繁盛している江戸でなりわいの立たない者が、勝手の知らない上方へ行っても、うまく行くわけがない。もう一度江戸にもどってやり直してはどうか」

そう言われて、素直に考え直した七兵衛さん。江戸へ引き返しました。よいと思った意見は、すぐに取り入れるというところは立派です。

品川まで戻ってくると、波打ち際に瓜や茄子がごろごろ漂着しています。ちょうど盂蘭盆会のあとで、精霊流しの用いられた品でした。
それを見て、「おお」と手を打ちます。
街道の物貰いや雲助たちに小銭を与えて、あたりの瓜や茄子を集めさせました。

七兵衛さんはこれで、塩圧しの漬物を作ったのです。これを普請場などに持ち込みました。ちょうどお昼時で、飛ぶように売れたということでした。拾った瓜や茄子で大儲けです。
この成功が端緒になって新香物を売り出し、江戸中に「新香」の名をはやらせたというものです

千野隆司の「時代小説の向こう側」より転載

実は子供の頃、この話は白土三平先生の漫画「カムイ伝」で読んで覚えています。
「カムイ伝」では、登場する商人・夢屋が供え物の野菜を刻んで漬け「ヤタラ漬(今の福神漬)」の名で売り出し巨利を得ました。
その後、黒幕っぽく豪商「河村瑞賢」が出てきたときには、もしや夢屋と河村瑞賢は同一人物かと思ったのですが、その後の成り行きは遠い昔の記憶なので忘れました。
しかしカムイ伝でこの「ヤタラ漬(今の福神漬)」の話だけは今でも明確に鮮明に覚えていたのです。
昔の商人は機(き)を見るに敏(さと)いと子供心に感銘を受けたからです。
付け加えれば、この「ヤタラ漬(今の福神漬)」がとても美味しく思えたこともあります。
今に置き換えればエコビジネスということでこのビジネスのpresenceはさらに高まったのではないでしょうか。
何れにしても子供の頃の希釈されていた思い出がくっきりと焼き直すことができました。
千野先生には感謝ですm(__)m


今日は錦糸町に出没です。
錦糸町といえば久々に「海亀ラーメン」さんに訪問です。

住所: 東京都墨田区江東橋4-25-11
電話:03-3634-4017
定休日: 毎週日曜日と第一・第三火曜日

IMG_0007
お店の外観です。

IMG_0010
メニューです。

IMG_0011

IMG_0013
今日のオーダー「肉そば(中盛)260g」@700円です。
あれっ!値上げしましたね、前は中盛250g@600円でしたのに。
待つこと10分で着丼です。
あれ湯気の上がり方がハンパないですね、熱々です。
それでは実食です。
肉はほどよく甘辛に煮付けておりこれまた熱々です。
麺は大勝軒の伝統を受け継いだツルツル、モチモチ麺です。
スープも熱々です。
今年食べた麺類で最高の熱々です・・・超結構!
味もいいですよ、しいていえば野菜がすくないのが気になりますが、全体的にgutです。
前より一段と美味しくなりましたね
ところでこの「肉そば」はラーメンなのでしょうかウドンなのでしょうか・・・

それでは(^_-)

錦糸町 みつまさ

今日は「皇室溺愛異聞」の話です。 
愛子さまの不登校問題、そして病的としか思えない雅子さまの愛子さまへの溺愛。ご病気、ご病気とされながら、全くご病気にみえないほどハツラツとされている。
昨年2月22日に始まった不登校騒動。そしてその後 愛子さまには 前例のない特別扱いが学習院で。学校の授業に1時間目から行くこともなく早退を繰り返された。そしていくら 我が子が心配とはいえ、東宮の妃殿下ともあろう方が、毎日愛子さまに付き添って学校へいくという異常さを許している宮内庁と内閣府。
世界広しとはいえ、こんな母親はありえない!それを大目にみている日本の女性週刊誌のバカさ加減。愛子さまはお弁当も他のお子様たちと教室でいただかず、特別室で雅子さまといただくそう。こんな我儘をなぜ宮内庁が許しているのかわからない。また、夫である皇太子殿下は、妻に何もいえないのであろうか。私にはわからない。このような雅子さまが全週刊誌に守られ、紀子さまのような方がなぜ批難されるのか。ご結婚前、あの凛々しかった皇太子さまが、ご結婚後、まるで小和田家に婿養子にいったようになり、実に不甲斐なく思う。
美智子皇后の、ご実家の正田家も、紀子さまの、ご実家の川嶋家も、皇室に嫁がれたお二人を宮廷に訪ねることは殆どありませんが小和田家は違う。雅子さまの母、優美子さんと双子のご姉妹の礼子さんに節子さん方は、頻繁に東宮御所にあがっているようす。

ご病気であるはずの雅子さまがご公務はできない、宮中の祭事はおできにならないのに、なぜスキーやスケートに行かれたりディズニーランドに行くことはでき、季節折には必ず避暑地にいかれたり、バカンスをとられる。そうした 色々な折々にご姉妹とそのお子様たちを招かれていたり。
つまり税金で雅子妃のご姉妹とそのお子様たちをもてなしているのである。また、皇居へあがって両陛下に新年のご挨拶もしない雅子さまが、ご両親と銀座の高級レストランに出かけてお食事することは、いとわないのだ。
天皇陛下をして「愛子」に会えないのは 寂しいことだ」と言わしめてしまったことを、皇太子殿下はいったいこうしたことをどう思っていらっしゃるのだろう。毎日学校へ愛子さまの付き添い登校をハツラツとしている雅子さま。
毎日の大名行列の登校だけではない。宿泊を伴う校外学習にまでついていってしまう。こういうことを許す宮内庁は実におかしい。宿泊を伴う校外学習の目的は親から離れ、友達や先生との集団生活の中で規律やルールを守りながら、自立心を養うことにあります。保護者の間では、また雅子さまが同伴されるのではお泊り学習の意味がないという意見も口にする人も少なくなかったそうだ。
かまぼこ工場見学の時にまで、雅子さまは出かけたため工場の周辺道路には総勢30名ほどの 制服・私服警官が立ち、物々しい雰囲気に包まれ、児童の中には、心から社会科見学を楽しむことができない子もいたという。

これだけだってあきれているのに、今回の富士山中湖の2泊3日の校外学習は、前代未聞の異例事態!この初等科の校外学習は原則として、保護者の同伴が認められていなかったにもかかわらず、雅子さまは愛子さまの2泊3日の行程に強引に同行。学習院初等科のバスを10分遅れで追走。そのため、愛子さまを 車両10台、警官80人で、「掟破りの大追走3日間」と、女性雑誌に書かれるほどになった。

今回のこのお付き添いは、ご公務ではないのに大勢の警官がつかれてたことについて、掟破りと言われても、しかたがないと思われている。47才の雅子さまは、いったい何という病気にかかられていらっしゃるのでしょう。適応障害でしたかしら・・・・・・・・・・・・・・・?!

私は、オランダのベアトリクス女王の夫君、プリンス クラウスが、うつ病にかかられた際拝見しましたが、お顔には魂が入っておりませんでした。また、高島忠夫さんや、先日お亡くなりになった竹脇無我さんがうつ病になったとき、やはり同じ症状がお顔にみられました。が、雅子さまの場合、ハツラツとなさっていてとてもとてもご病気にはみえません。ご結婚のとき、皇太子妃となられた認識と覚悟がなく、"わがまま病″に陥っただけと思われてもしかたがないような お振るまい。このままではとても皇后さまになることはとても無理なご様子。いっそのこと、皇太子さまは、東宮であることをご遠慮され、秋篠宮さまに ゆずられた方がよいのではと思ってしまいます。そうすれば、雅子さまは自由になれます。本来大変優秀な方であったのですから。外交に、思う存分、そのお力を発揮され、国連でも、どこでも世界の一流のところで、ご活躍されたらよいのではと思ってしまいます。その方が、雅子さまが お幸せになれるのではと思ってしまいます。
「デヴィの独り言 独断と偏見」より転載

実際雅子様が毎日のように授業を見学され、普段から「毎日が参観日状態」で子供達も委縮しているようです。
何が皇室で起きているのでしょうか・・・
デヴィ夫人の様に辛口ではないのですが、愛子様は12月で10歳、世間でいわれる「つ離れ」の年頃です、雅子様は愛子様への溺愛を正に卒業をしなければなりません・・・
ちなみに「つ離れ」の「つ」とは一つ、二つの「つ」です。一つ、二つと歳を数えられるうちは子供ですが、「十歳」となれば大人扱いしなければなりません。
「つ離れ」とは子供扱いからの訣別の意味です。

閑話休題。
雅子様がこのように校外学習に付き添われると、交通規制、検問、愛子様が宿泊される施設周辺は「立入禁止」規制がしかれるなど多大な迷惑が我々民草にかかるわけです。
常識人で有った雅子様は重々奈辺の事情はご存じだと思いますが、やはり「可愛い子には旅をさせろ」でしょう。

今日は錦糸町に出没です。たまには「海亀 さん」 行こうと思い出向いたら休みです。
いつから火曜日が休みになったのでしょう。
仕方なく 風俗店の呼び込みをさん達を避けながら訪れたお店がこちら「そばの里 みつまさ」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都墨田区江東橋4-20-4
電話:03-3631-5850
定休日:土曜日・日曜日・祝日

IMG_9369
お店の外観です。

IMG_9371
店内の雰囲気です。
奇数月の第三水曜日には若手真打「三遊亭金時」師匠仕切りの落語会があるようです。

IMG_9370
メニューです。

IMG_9373

IMG_9375
今日のオーダー「おおもり」@760円です。
待つこと10分位で着蒸篭です。
なな何と蕎麦の色が緑色です、甘皮を丸ごと挽き込んだのでしょうか・・・
水切りが悪いのか?少しベチャベチャしていますね。
蕎麦の匂いが濃厚です。
ヒゲタの超特性醤油をベースに薩摩のかつお荒本節でとった「辛汁」でいただきます。
「辛汁」はいいですね、ツルツルとお蕎麦が口に入っていきます。
味ですか、まずくはないのですが、なにかつけ麺を食べているような感じがします。
麺が細縮れ麺だからでしょうか?

それでは(^_-)

錦糸町 タンメンしゃきしゃき

今日は「豚足」の話です。 
幼き頃の私が住んでいた下町では在日朝鮮民族に対してある種のracism(人種差別)があり「豚足」を食べることは憚(はばか)れました。
当時の在日朝鮮民族も日本に対して同様のracism(人種差別)があり私達を蔑称で「チョッパリ」と呼んでいました。これは、足袋、下駄、草履など、足先が二つに分かれる履物を履く日本人を、同じく蹄が割れた「豚足」にたとえた言葉からきているそうです。
多分ですよ、記憶でいえば不良を表す「ツッパリ」もここからきていると聞いたことがあります。
今の若い世代の人に話すと信じられないかもしれませんが、日朝間でそのような不幸な時代があったことは歴史的事実だと思います。

北海道に転勤して、良く食べたのは焼肉です。好んで行っていたのが市電資生館小学校前にあったトトリ本店さん です。
よく支店の女性とも行っていましたね、ここのサムゲタン(蔘鷄湯)を初めて食べた時はあまりの美味しさに絶句した思い出があります・・・また札幌に行く機会があったら食べてみたいものです。
そうそうその宴席で驚いたことは、北海道の女性が美容に良いとのことから「豚足」をお気軽に食べていたことです。前述の通り「豚足」に対して緊張感を持っていた私は、女性が豚足を食べるという事に瞠目しておりました。そして女性達から食べてみないということで初めて「豚足」を口にしたのですがその美味しさにノックアウトされてしまいました。
その時から「豚足」の虜(とりこ)となったのです。

豚足
豚足はまず姿がイイですよね、醤油色したジャンケンのチョキ様な安定感ある姿が食欲を盛りたてます。シンプルな外観はとても清潔な感じがします。柔らかいのにサクッとした歯ごたえの皮にかぶりつくと、かすかに染みこんだ醤油の味わいがたまりません。
半割にして手でつかみ、皮の奥のゼラチン質を攻略します。
複雑に入り組んだ軟骨のまわりにも、プリッと弾む白い肉がみっしりと入っていて、それを口にいれればこれまた巧妙に口内にへばりついてきます。
運が良ければ茶色い肉にも巡り会うことがあります、これはまさに砂漠で彷徨していた旅人がオアシスに遭遇する感すらあります。
ヒトの前歯がものを削(そ)ぐためにあるのが実感できるのは、「豚足」を食べている時か「トウモロコシ」を食べている時でしょうか。
頭をからっぽにして向き合うにつれ、トランス状態に陥り、歯、舌、口内が混然一体となったような錯覚に陥りますね。
これこそ真に口福の瞬間と言えるのでしょうね・・・I love Tonsoku!

今日は猛暑のなか錦糸町に出没です。
暑いときには熱いものをということでお邪魔したのがこちら「タンメンしゃきしゃきラーメン
」さんです。

住所: 東京都墨田区錦糸3-3-3
:03-3624-4541
定休日: 当分休みなし

IMG_9103
お店の外観です。

IMG_9106
店内の雰囲気です、鰻の寝床の様ですネ

IMG_9105
メニューです。

IMG_9109

IMG_9110
今日のオーダー「タンメン」@700円です。
このお店はタンメンと餃子だけで勝負しています。今時このメニューの少なさは貴重ですよね、タンメンに自信ありとみました。
待つこと10分強で着丼です。
それでは頂きましょう、綺麗に野菜がこんもりと盛られています。
スープはややサッパリ系の塩味、野菜のエキスが存分に入っています。
縮れ太麺がモチモチしていて美味しいです。
野菜はモヤシを主体にニラ、ニンジンで店名の通りシャキシャキしています。
多分野菜が新鮮なのでしょうか、とくにモヤシはedgeが立っていました。
それと忘れちゃいけない豚肉、とても美味しいじゃないですか。
IMG_9107

IMG_9108
途中からお店特製のラー油をタラタラと投入します、味わいが深まりますね。
このお店美味しいですネ、満足しました。
しかし一度店内をでると体内タンメンの暑さで体がほとばしる汗でグシャグシャです、真夏ですから仕方ないですよネ

それでは(^_-)

錦糸町 海亀 リターンズ

今日は「心霊写真」の話です。 
大学三年生のゼミ合宿の打ち上げの後くつろいで雑談をしていました。
すると何かのきっかけで「心霊写真」の話になりました。
その後「心霊写真」を肯定するか否定するかの話にフォーカスされてきたのです。

当初は7対3で肯定派が優勢だったのですが、否定派の首領Kが一人で論陣を張り八面六臂の働きで多勢に無勢の状況下であったのにもかかわらず完璧に抑えに入ったのです。
Kの舌鋒は錐(キリ)の様に鋭く相手を容赦なく畳みこみました。

やられっぱなしで終わらせたくないという肯定派の暗黙の総意でKを酒でつぶそうということになり、明け方に予定通りにKを潰しました。

しかしKは酒があまり強くなく、暫くして急性アルコール中毒になり病院に搬送ということになったのです。
救急隊の人には怒られるはゼミの先生には怒られるは、病院についていって付き添いをさせられるはで本当にエライ目にあいました。

実は肯定派の首領は私だったのです。
Kを潰すように図ったのも私でした。
何かとある国のカウンターテロに似ていたなと最近思う今日この頃です

それから幾星霜、私は大学の時とは異なり心霊写真否定派に宗旨替えしたのです。
それでは心霊写真が本物ではないとしましょう・・・心霊写真に見える理由は2つあると思います。

一瞬を切り取る写真の特性から、日常の感覚からは不自然な映像になってしまう場合がある。
あまりに高性能な人間の脳は、よく錯覚を起こしますし、心理的な不安にも弱かったりする。

例えば顔文字なんて、(^.^) (-_-;) これだけの情報で笑顔やむっつりした情報を読み取りますよね。脳ってものすごく高度な事をしていると思います。高性能ゆえに、よくわからない部分は勝手に脳が補正してくれたりしますし、脳はいろんな錯覚もします。

ですから、古い写真やカメラで撮影した不鮮明な写真の方が、脳が沢山補正する事になるので、その結果、心霊写真と錯覚する可能性も高くなるわけです。
その証拠に、デジカメが普及し、カメラの性能が高くなってからは、心霊写真って減ってきましたよね。

やはり、一瞬起きた不自然な出来事が写真に刻まれ、それが心理的に不安を覚えるような状態で映っていたら、やはり衝撃的なものとして、深く心に刻まれる事でしょう。特に人間の脳は恐怖を覚えるものには敏感に反応します。危険なものを避けるための脳のひとつの防衛本能だと考えるのが良いと思います。

如何ですか心霊写真否定派の論拠は得心できましたか(^_-)
「pianikato」さんblog参照


今日は錦糸町に出没です。
錦糸町といえば大勝軒さんに暖簾を返上した新生「海亀ラーメン」さんに訪問です。

住所: 東京都墨田区江東橋4-25-11
電話:03-3634-4017
定休日: 毎週日曜日と第一・第三月曜日

IMG_8545
お店の外観です。

IMG_8546
新メニューです。

IMG_8548

IMG_8549
今日のオーダー「肉そば中(250g)」@600円です。
麺が太くなったのに伴い茹で時間が長くなり暫くして着丼しました。
美味しそうな盛り付けです。
麺は自家製麺で相変わらずモチモチ、ツルツルして美味しいですネ。
葱も上物を使われているのか甘く香りが高いです。
豚肉が秀逸です、これは特に美味しい。
スープが少し甘めでこの豚肉によく合っています。
新生「海亀」立派に船出したじゃないですか。
しいて苦言を呈すと美味しいだけで個性がないことですか、さらなる精進を期待しています。

それでは(^_-)

錦糸町 チャンプ

今日は「匂いの思い出」の話です。 
匂いの思い出ですか、鼻がつまっていたら思い出以前に何も感じませんよね!
そこで、いち早く、簡単な鼻づまりの治し方というものがNetにありましたのでご紹介します。

鼻づまりを治す6ステップ
ステップ1:深く息を吸う。
ステップ2:吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。
ステップ3:鼻をつまむ。
ステップ4:頭を上下にゆっくりと動かす。空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。
ステップ5:これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。
ステップ6:鼻づまりが解消した、空気の通う鼻呼吸を楽しむ。


実際には6ステップどころか5ステップで完了しているというシンプルさです。どこにも行かずにその場で出来るのがありがたいところです。
念のためこのblogのコメント履歴を確認してしみましたらかなりの効果があるようですよ。

ちなみに私にとっての匂いの思い出は中学、高校、大学でやっていた剣道の小手の匂いです。
当たり前ですが武道具の匂いはとても臭いのです、ひとたび購入しましたら絶対に洗いませんし、さらに付け加えれば大半の方は中古の小手を求めますからね(笑)
他人の小手の匂いはとても嫌がっていた私ですが、自分の小手の匂いだけは抱きしめたいくらい慈(いつく)しむのです、これって変ですか。
でも剣道家千人に聞いてもらっても皆同じことを言うと思いますよ!

仏蘭西の匂いがほとばしる動画です、その雰囲気をお楽しみください。
この歌の意味ですが、私は仏蘭西語が得意ではないので、最初のphraseの英訳を記しておきます。
I'm just the Same
I'm just the same
as you used to know
the very same person
that used to move you




今日錦糸町は「海亀」さんに部下とお邪魔したら第三月曜日はお休みとのこと。
仕方なく私の秘蔵スパ屋さん「チャンプ」さんに部下を案内しました。
あまり教えたくなかったのですが・・・

住所: 東京都墨田区江東橋3-8-10 井野ビルB1F
電話:03-3632-8777
定休日:夜10時以降入店可、日曜営業

IMG_8235
お店の外観です。
このお店は何年前から通っているのでしょうか、多分15年前位前からだと思います。
よくもまぁこんなにも妖しくて美味しいお店を発見したものです、この点だけは自分をほめてあげましょう、ハイ。
ちなみにこのお店の英語表記はChampではなくChanpuですから、さすが錦糸町、deep!でしょう(笑)

IMG_8239
店内の雰囲気です。
そうそうこのお店は地下にあります。
店内に入り狭い通路を抜けるとスイスの山小屋風のわりと広い空間が現れます。
しかし照明は薄暗く、その妖しい明りがいかがわしい雰囲気を醸しだしています。
やはりこのお店は、妖しい、怪しい、暗夜(あんや)らしい・・・

IMG_8237
ランチメニューです。

今日のオーダー「ボンゴレビャンコ+コンソメスープ+ホットコーヒー」750+50+サービス=@800です。

IMG_8241
コンソメスープです。
こんなに琥珀色のコンソメスープは見たことがありません。
すこし味が深いのですが、これとても美味しいのです、イケます。

IMG_8242

IMG_8243
ボンゴレビャンコです。
ボンゴレ(アサリ)スープが良く乳化されています。
アーリオ(ニンニク)が存在感を持って輝いています。
鷹の爪がふんだんに薔薇湿疹のように点在しています。
味ですか、濃いです、deepです、とても美味しいです。
決して上品な味ではないのですが心を震わせます。
永年の悪友の味わいを思わせる一皿です、舌に残った味はいつまでも付きまとって離れることはないでしょう(笑)

最後にここのお店を楽しむ秘訣は当たり前のメニューを選ばないことです。
徹底的にジャンクなメニューを頼んでください。
例えば味噌味のカルボナーラにガーリックトースト、そしてドリンクはコーラです。
下町っ子のsoulに触れることは間違いありません、お・試・し・あ・レ・!
それでは(^_-)

続 錦糸町 海亀

今日は「ひょんなことって何?」の話です。
「ひょんなこと」という言葉の意味は「意外で奇妙なこと」「とんでもないこと」ですが、この「ひょん」という言葉、その語感から何かの音、という風に思われているのですが、実際はそうではないようで…これには現在有力な説が2つあります。
まず1つは、そのものなのですが「ヒョン」という植物の名前から来ているという説です。イスノキ(柞)という木があり、その別名をヒョン、あるいはヒョンノキといいます。この木にできる実は卵形をしていて、毛が密生し、他にあまり類のない姿をしていることから、意外で奇妙な様子を「ひょんな」というようになったといいます。
もう1つの説は、漢字の「凶」に由来するものです。あの新井白石は「同文通考」というものの中で、「ものの良からざることをヒョンというが、それは『凶』という字の中国語読み(唐音)のヒョンからきている」と述べています。つまりヒョンという言葉は、良くないこととして使われていたのだということになります。
「重箱の隅 ☆雑学メルマガ☆」より転載
ちなみに「ひょんなところで会いましたね」を英語でいいますと、「Fancy meeting you here」です、英会話の先生に教えてもらいしました。

今日はフリネタの通り、ひょんなことから住吉に打合せに行くことなり、お昼になったので少し遠いけれど歩いて錦糸町のつけめん「海亀ラーメン」さんまで足を伸ばしました。

住所: 東京都墨田区江東橋4-25-11
電話番号:03-3634-4017
定休日:日曜日

海亀21
お店の外観です。

海亀22
店内の雰囲気です。久々の再訪ですが満員でした、とても繁盛しているようで結構ですね

海亀23
今日のオーダーは「節多めラーメン」@750です。
ここは麺(手打麺らしい)がメチャ美味ですね、タマリマセンビックリマーク節多めのスープはすごく深みがあり、魚粉の味わいは魂をフルワセマス。そしてお約束のスープは当然のことながら熱々です。奥様の作られるシナチクはコリコリポリポリしていて食感最高です。チャーシューはもう少しトロトロであれば申し分ないのですがそれは贅沢というものでしょう。とても満足のラーメンでした合格合格合格合格合格
ご馳走様でした、また食べに来ます。

ところでラーメンを食べるのを待っていた時に右隣のお兄さんが胡椒を取ろうとして、爪楊枝入れを引っかけて思いっきり爪楊枝をカウンター一杯にぶちまけてしまいました。隣のお兄さんが食事するのを止めて楊枝を拾っていたので、折角のつけめんが伸びてしまいそうです。私はそれではと拾うのを手伝ってあげたのです。しかし二度ある事は三度有るではないですが、私がやはり同じく胡椒を取るとき、爪楊枝入れを引っかけてカウンターに爪楊枝の溜まりを作ってしまったのです。私の場合は店員さんが気をきかして拾ってくれたので良かったのですが、この楊枝入れ少し座りが悪いようです。老婆心ながら一本ずつ出るような容器に変えるか、ボトムヘビーの容器にした方が良い様に思えます。

それでは(^_-)

押上 太楼ラーメン

太楼ラーメン1
昨日「花畑牧場」の事を嘲弄(ちょうろう)したら天に通じたのか今日念願の「生キャラメル」を会社の部下からGW中の北海道土産ということでもらいました…ラッキ−
味ですか…すみませんパチリをする前に歯を磨いてしまったので後日コメントしますm(__)m

太楼ラーメン2
今日は押上に出没です。地元民期待の星「スカイツリー」は基礎が終わり少しだけその威容の一部を覗かせ始めました。

太楼ラーメン3
お店の外観です。

住所: 東京都墨田区押上1丁目16-7
電話:03-3622-7547
定休日:不明

今日のお店は下町の老舗のラーメン屋「太楼ラーメン」です。ここのラーメンは私のソウルフードでもあります。私の記憶では確かご主人が亡くなってから奥様一人でお店を切り盛りしながらお子様たちを育てていました。そして今や奥様の後ろ姿を見て育った、二代目の娘さん夫婦が立派にお店を守っています。太楼ラーメン4
今日の獲物「太楼ラーメン」@550です。
すみません、このパチリは具が皆スープの下に潜っていたので持ち上げて、胡椒を自分の好みでかけたパチリですのでこのお店のDefaultのパチリとは違います。

太楼ラーメン5
鶏と魚介系(多分サバ節、煮干等が多く入っている)のスープは熱々で美味しいhappy01
トッピングは最大のアクセントの豆もやしを始め、挽肉、ワカメ、メンマ、チャーシューと充実しています
個人的に中太縮れ麺と豆もやしが螺旋に絡み合う食感が私は大好きです
この店は本当に美味しくて尚且つ接客が素敵なのですhappy01
夜の部の醤油ニンニクゆでワンタンも秀逸ですので是非お試しください。

いつまでも下町の美味しいラーメン屋さんとして繁盛し続けてください


それでは(^_-)

錦糸町 海亀

今日は「子供の名前」の話です。
子供の名前が読めなくなっています、
ベテラン教師もクラスの二割位は名前が読めないそうです。
要は無理な当て字が多いようですね。

私が選んだファニーな名前を列挙します。
愛声(あのん)⇒読めない、アイセイだろう
遥和(のわ)⇒読めない、ヨウワだろう
(はいじ)⇒楓物語(かへでものがたり)ヨハンナ・スパイリ原著山本憲美譯述でハイジという女の子を楓って訳した事が嚆矢とか…誰も知らないだろう(笑)
天使(みかえる)⇒この名前を子供につけた親の顔がみたい
樹里亜菜(じゅりあな)⇒読めるけれど、多分この名前をつけた親は子供のこと考えていない。
(ぶれいど)⇒個人的には許す
清文(せぶん)⇒読めない、これはいくらなんでもこれはキヨフミだろう
黎亜瑠(れある)⇒クラブ名?これは読めるけれど、ホトンド暴走族のノリでしょう夜露死苦っていう感じですか(笑)

法務省によると「命名権の乱用に当る事例もあるようですが、人名用漢字及び平仮名・片仮名さえ使用されていれば届出を拒否する法的な根拠はありません。読み方について、戸籍法の規定が存在しないからです。
【週刊文春 「先生が名前を呼べない子供達」】より転載。
私の苗字は難しく小学校三年まで漢字で名前が書けなく苦労した思いがあるのですが、黎亜瑠君などは同じ轍(てつ)を踏まないことを祈るだけです(笑)

今日のお店は錦糸町つけめん「海亀」です。
このお店は下町っ子フリークのtototaさんのお友達のお店です。
開店してすぐ休業してしまったのですが、その理由はtototaさんからの厳命で書けません。
いずれにしても

祝再開店


海亀1
お店の外観です。大勝軒では唯一山岸超えしたお店として有名です。

住所: 東京都墨田区江東橋4-25-11
電話番号:03-3634-4017
定休日:月曜日

海亀2
店内の雰囲気です。店主がイケメンなのにはビックリしました。

海亀3
今日の獲物「つけめん中(300g)」@700です。ツケ汁です。魚介系のスープです。甘・辛・酸のバランスがよくイケました。

海亀4
麺です。ここの麺美味しいhappy01
喉こしよくツルツルっと胃袋に吸い込まれていきます。久々に麺ってこうあるべきだよなって思わされました。並盛(200g)と中盛(300g)が同額なのもウレシイですね。

海亀5
スープ増しです。湯気の中から芳醇の鰹節の香りが広がってきます。しっかりとした出汁(ダシ)がとれています。二度美味しくいただけました合格合格合格合格合格
店主夫婦が仲睦まじく黙々とラーメンをつくる姿が微笑ましかったですねheart02

それでは(^_-)

両国 文殊 両国本店

電車に坐っていた時、隣に坐っていた人がすっと立ち上がって、別の席に移ったのだ。何故だかはわからなかったが、自分が嫌われているかもしれないと考えると、たしかに気持ちは落ち着かない。頭で否定しても、心の中では納得しきれない。そうしたことが又起きるのではないかと身構えるようになる。そう考えていると、実際にまた同じようことが起きてしまう。やはり思った通りだとつい考えてしまう。客観的に考えるのはなかなか難しいとその時に思った。
【慶應義塾大学保健管理センター教授 大野裕「客観的に考える難しさ」より転載】
確かにこのような経験はあります。しかし見ず知らずの人が嫌って立つわけがないので、その理由を思いっきり考えてしまいます。私の場合、殆どは「酔っている」時だけと思っているのですが、日中完璧な状態でこれをされるとやはり理由を考えてしまいます。
特にすぐに降りたりすれば気にもならないのですが、暫く同じ車中にいると思わず立ち上がった理由を聞きたくなります。

文殊1
今日のお店「文殊 両国本店」です。行列ができていたんで入ってしまいました。
住所: 東京都 墨田区両国4-34-1 渡引ビル103号
電話番号:03-5624-6040
定休日:祝日

文殊2
今日の獲物は「かき揚蕎麦」@340です。ここは代金引換の椅子席のあるお蕎麦屋さんですが、気分は「立ち食い蕎麦屋」さんです。ツユは出汁がきいていますが、少し味醂が強いような感じです。それに少し濃いですね。麺は細くてコシがありますけれど、少し粉っぽく、パサパサした食感です。天麩羅は私の好きな揚げ方です。前も書きましたが私はあまりお蕎麦の味は分からないのですが、ここは申し訳ないけれどあまり美味しとはいえないですね。しいていえば林家三平ではないけれど「安くてどうもすいません」って感じでしょうか(笑)

それでは(^_-)

業平 なりまち

本日はお彼岸なので菩提寺に出向き両親の墓参、その後奥様と次男坊と妹夫婦とでもんじゃ三昧です。

本日のお店は下町で一番美味しいお好み焼き「 なりまち 」です。

住所: 東京都墨田区業平1-9-9
電話番号:03-3623-5269
定休日:月曜日
ここから後はパチリでご覧下さい。
なりまち全景
まずはお店の全景です。チョット見にくいですね、実はフラッシュ切っていたのを忘れていたのです(笑)


カレーもんじゃ
カレーもんじゃです。これは粉っぽくなく美味しい。


生姜もんじゃ
生姜もんじゃです。思ったほどカラクなかったのです。もんじゃ「辛い系」の王者ですね。


モヤシもんじゃ
モヤシもんじゃです。イカの吸盤のツブツブと挽肉のホロホロがBest Matchでした

五目焼きソバ
焼きソバの王者「五目焼きソバ」です。これは文句なく美味しい

雪ん子焼き
なりまち一押しの特製「雪ん子焼き」です。それではその作り方を順を追って説明しましょう


雪ん子焼き
ニンニクをいためて香りを出します。

雪ん子焼き
ニンニクの香りがついた頃挽肉とネギを炒めます。


雪ん子焼き
さらに炒めます。


雪ん子焼き
餅で六角形(雪の結晶のつもり)の囲いを作ります。


雪ん子焼き
餅の囲いの中に生地を流し込みます。


雪ん子焼き
おおよそ八分目程度注ぎ込みます。


雪ん子焼き
生地が固まった頃、先ほど炒めた挽肉とネギを載せます。


雪ん子焼き
上から残った生地でフタをします。


雪ん子焼き
裏が焼けた頃ひっくり返します。


雪ん子焼き
表が焼けたらさらにひっくり返し、醤油をつけたのち少し醤油を焦がして完成です。

味ですかニンニクでパンチをつけた挽肉とネギにとろーりとろけた餅の甘さのコラボです。そしてそのコラボに焦がした醤油の香ばしい香りが絶妙に合わさって、本当にホッペタガ落ちそうな味です。
タマリマセンね・・・口福とはこのことをいうのでしょう。

値段はお酒を飲んで一人@2,000位ですから、下町B級グルメの名に恥じません(間違いなし)
是非一度お尋ねください。

それでは(^_-)

業平 くわた

昨日は実家の祭礼で神輿担ぎに次男坊といってきました。
3月にアキレス腱切ったばかりなので、奥様からは再断裂しないようにクレグレも言い含められましたが、こればっかりはワカリマセンよね・・・
「落石注意」みたいな話で不可抗力だと思うのですが、最善策はそのようなリスクのあることをしなければよいのでしょうが、できないからな(笑)

今日のお店は「くわた」です
これこそ下町最強の甘辛系B級グルメ店でしょう。
わたしはこのお店40年以上通っていて思いいれのある店なので載せたくなかったのですが・・・
何を食べても「安くて」「美味しい」のです。
オジサンとオバサンが高齢のため頓珍漢のところも見え隠れしてきていますが、そこは誰もが通る道ですので暖かく受け入れてください(笑)

住所: 東京都墨田区業平3-4-16
電話番号:不明
定休日:不明

くわた玄関
お店の全景です。ここの店内いつ行っても「清潔」です。飲食店はこのようにあって欲しいものです。

くわたショーケース
くわたさんの食べ物サンプルです。甘辛屋さんですからアンミツからカツ丼までないものはありません(当たり前か)

くわたメニュー
くわたさんのメニューです。これは「辛系」メニューです。安いでしょう

くわたメニュー
これは「甘系」メニューです。チョコパが@300とは本当に安いですね

焼きソバ
今日の獲物の「肉入り焼きソバ」@400です。この肉の多さすごいでしょう。味は下町一番、理屈抜きでとっても美味しいですよ。

drawing
祭りの反省会は親戚が集まって「カラオケ」です。やはり歌いすぎてしまいました。


この盆踊り「洋楽」で踊っていたので面白いのでビデオってしまいました。
変でしょう(笑)

それでは(^_-)

錦糸町 てっぺん

昨日は一日お仕事です。
朝バナナ一本食べたのみで昼も食べに行くのが面倒くさくてパスしました。
ここのところ飲んでないので体調悪いのかな(笑)

夕方は次男の入学祝を私の兄弟達がしていただけるとのことで奥様を除いて全員で錦糸町に出向きました。
地獄の蓋は五時半に開いたのです。


きょうのお店はお好み焼き「てっぺん」です
住所:   東京都墨田区太平4-6-17 シェグランほり川 1F
電話番号:03-3621-6223

てっぺん全景
いか焼のある下町のお好み焼きてっぺん錦糸町です。

お好み・たこ焼の本場大阪で30数年守り続けた粉屋の精神を下町錦糸町にOPEN!味にうるさい大阪人が認めた味をお楽しみ下さい。東京ではほとんど食べられない、いか焼や関西直送の青ねぎを使ったねぎ焼をぜひご賞味下さい」というのがこの店の惹句です。
楽しみですね
 

イカ焼イカ焼きです。すみませんビールで乾杯したら突然空腹感におそわれ写真取るのも忘れ半分食べてしまいました。このお店はかの有名な阪神百貨店のイカ焼きを凌駕するといっていましたが、間違いありませんでした(笑)
 

ネギ焼きねぎ焼きです。これは安定感ある味でした(満足)
 

ソバ飯ソバ飯です。これイケましたね。微妙な油コサと甘辛ソースのコンビネーションのソバ飯が口の中でパラリと広がります。赤い紅生姜がアクセントをつけています
 

チーズ餃子チーズ餃子です。これ今日一ですね。餃子の皮の食感と餡のチーズが何ともいえずに美味しいのです。今までこれほど美味しいチーズ餃子は食べたことがありません。もんじゃ王国の下町に関西風お好み焼きで殴りこんできた理由(わけ)がうなずけます。
 

トイレの永チャンここのご主人永チャンフリークらしくてトイレの壁という壁に永ちゃんが貼りめぐらされています。永ちゃんの視線が熱いです(ヨロシク)
 

drawing
この店の後繰り出したカラオケ店です。ここで二時間半歌い倒し、さらに店を代え11時までダラダラと飲み続けていました。すぐ帰るわけないと思いながらも結局5時間半のロングランの入学祝いでした(笑)
 

それでは(^_-)

錦糸町 ビストロセゾン

-禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如し-
糾縄(キュウジョウ)はより合わされた縄の意味ですが、要は「幸せ」と「不幸せ」は変わり番こにやってくるということでしょう。

私は取引先の若い人に女性を紹介するという事をしていました。
女性を仲介した人からのお取り決めにより、写真の交換を申し付けられ、その写真の入手にかなりの手間暇をかけたのです。
やっと昨日その彼から写真を入手できたのですが、彼が私に写真を渡したあと実は昨日内示が有り、名古屋に転勤とのことでした。
人に女性を紹介することはあまりしないのですが、本当に性格のよい人なのに彼女がいないということで骨をおったのです。
性格が良いのがかえって女性に対して控えめになっていたのでしょう(笑)
個人的にはこの話ビンゴと思ったのですが、最初から長距離恋愛は無理でしょうということでこの話は流れますね(悲)
三ヶ月でも転勤が後だったらと思う今日この頃です。
まさに禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如しです

夜待ち合わせて彼と飲んだのですが、本当に暖かい性格です。
仕事も良くでき、去年成績優秀で「社長表彰」をもらっています。
日本の若い女性は何故このような好男子を放っておくのでしょうか(笑)

さて今日のお店は錦糸町ビストロセゾンです。
住所::  東京都墨田区太平2-3-4-101
TEL:03-3624−9004
定休:日曜日・祝祭日

フレンチをベースにした洋食レストランです。
伊豆下田港直送の魚料理が特徴です。
そして今日の獲物はランチです。


生姜焼きと魚フライです。
美味しかったです。
特に生姜焼きの味付けにはセンスの良さを感じさせます。
ランチは行列となりますので、出向くときはお早めに行かれることをお勧めします。

それでは(^_-)

おしたじ

今日からブログを始めます。
まずは簡単に自己紹介します。
タイトルの通り、東京は神田で生まれ成長、その後大川(隅田川)を超え墨田区で生息する、小学校から高校まで、巨人軍王監督(今はダイエーでしたか?)と同じ学歴、ただしくは王監督は私の高校を落ち早実に入学する。しかし王監督は補欠一番だったので、もし試験当日一人でも風邪かなにかで欠席していたら、我高校に入学しており、世界の「王」が誕生しなったというのが我下町の定番伝説です(本当かな?)。確か中学の音楽の先生がよく言っていた言葉に「俺の右手を見ろ」(先生)「何ですか、皺が多いように見えますが」(生徒)「ふざけるな、もっとよく見ろ」(先生)「チョーク汚れのことですか?」(生徒)「NO! 世界の王を張り倒した右手だ!」(先生)「!!!」(生徒)これは実話です、ネM下先生。
その後脱下町を計るため有名セレブ系私立大学に入学、しかしかかし大学の友人が殆ど同じ大学に入ったことから交友関係変わらず、大学でも「下町」を引きずる。
その後社会人になり下町とは縁遠く国内を転々する。
地方でのTopicsが一つ、念願の禁酒を札幌の時実現する。しかし大阪での単身生活で簡単に復活、それ以来鯨飲人生まっしぐら。
趣味はB級グルメ食べ歩き、マラソン。

さて本日の「おしたじ」子供の時、醤油のことは「おしたじ」って言っていた、間違いなく!いつの頃から「お醤油」に変わっていた。
子供の時は、おしたし(正しくは「御浸し」?)に付けるから、おしたじかと勝手に考えていた(意味が分からん)。
しかし本を読んでいたら解明しました。
蕎麦のつけつゆをタレと言いますが、これは「垂れ味噌」を略して呼んだ名残だそうです。それに対して「下地」とも言いますがこれは醤油で味をつけるようになってからのことだそうです。「下地」とは吸い物の味付けの土台になるもの、すなわち「醤油」のことです。つけつゆが完全に醤油味になったのは18世紀後半以降の江戸でからです。
そうか「おしたじ」は下町言葉ではなく立派な「日本語(江戸弁)?」のようです。
といこうとは下町言葉じゃないか!(^^)!
しかし何で使わなくなったのでしょうか。醤油メーカーのCMの影響ですかね?
子供の時「醤油」なんていったら、何か「かっこ」つけている様に思えて「封印」してたものですが、要は人口に膾炙しなくなったんですね。

それでは。


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ