膵臓がんが予測できる
複視の検査で日本橋にあるAIC八重洲クリニックに出向きました。
人気のあるクリニックで満員でした。
このクリニックは主として画像診断(MRI、CT、PET-CT、超音波、マンモグラフィ検査)を行なっています。
2002年の開業以来、画像のプロフェッショナルの立場から、膵臓がんの診断を行われている臨床医の先生方の治療方針に影響を与えるような質の良い画像診断レポートをお届けすることを目的に診療を続けてきています。
現在の画像診断医は80名(うち常勤医16名、大学病院寄附研究部門職員を含む)、以下の検査機器を用いて画像診断を行なっています。
年間の検査数は約9万検査です。
八重洲クリニック
MRI10 台(うち3.0 テスラ8 台)
CT2 台(高精細160 列、320 列)
つくばクリニック
MRI3 台(うち3.0 テスラ1 台)
CT2 台(320 列 2 台)
PET-CT2 台
ここで驚いたのはMRIを13台も保有していることです。
MRI3.0テスラの値段は10億円以上するのです。
ラフな計算ではMRI13台×10億円=130億円です。
現在診療を行っているビルにはこれ以上のMRIが入りません。
しか〜し、膵臓がんの早期診断を更に進めていく上で、新たな場所で20台のMRI稼働を目指しています、とコメントしています。
このクリニックの院長の経歴は、日本医科大学卒=>日本医科大学付属第一病院 放射線医局長=>癌研究会付属病院 放射線診断科副部長=>癌研究会付属病院 放射線治療科副部長=>二番町インタークリニック院長=>AIC八重洲クリニック 院長です。
現在74歳ですか、どうして医者でこのような多額の資金が得られるのでしょうか。
提携病院は、がん研有明、東京女子医大、都立駒込病院、東京大学医学部、東邦大学、順天堂大学、東京医科歯科大学、聖路加国際病院、慶應義塾大学病院、東京医科大学、帝京大学医学部、東京慈恵会医科大学、筑波大学付属病院と優良顧客を持ち隘路は全くありません。
院長は医療従事者でありますがビジネスマンとしての側面も持っています。
現在では金融機関もスタートアップに出資を開始していますが、その昔は見合いの担保がないと、資金は出なかったはずです。
このビジネスモデルを作り、金融機関を説得して、資金を調達した経営手腕はすごいと思います。

膵臓がん
現在でもこの院長は、膵臓がんの早期発見を行うことを生涯の目標として対応しています。
その一つ事例として、このクリニックでは、49歳以下の方で膵臓がん等の家族歴のある方に対しては、将来膵臓がんを発症する可能性をAIで予測してくれます。
膵臓がんは発症してから2年で転移がんになってしまう進行の早いがんであり、初期症状は、ほとんどありません。その多くが発見時に転移がんまで進行してしまっており、5年後生存率はがんの中の最下位の12%です。

20180122s00001173229000p_view
昭和天皇、安部晋太郎(安部前総理の父親)、千代の富士(横綱)、星野仙一(中日ドラゴンズ監督)、坂東三津五郎(歌舞伎役者)など多数の方が膵臓癌で亡くなっています。
毎日飲酒する方、毎日でもなくて大量に飲酒する方はこのクリニックを受診しましょう。
特に女性の方は部位別がん死亡数で第三位です。
女性の方といえども膵臓がんを甘く見ない方がいいでしょう。
私の仲の良かった会社の先輩と言っても1級上が、ある時から背中が痛い痛いといってました。
本人は、てっきり筋肉痛だと思って、神の手と言われた高名なマッサージの先生のところに通ったのです。
最初の頃、痛みはおさまっていたのですけれど次第に痛みが固着してきました。
そこでマッサージの先生から、これだけ筋肉痛が続くのはおかしい。
キチンと大学病院で診てもらったら、と言われて順天堂大学に行きました。
順天堂大学からは、膵臓がんの骨転移です、と言われて治療したのですが、それから3カ月くらいで亡くなりました
生前はバツ2の独り身で酒ばかり飲んでいました。
前妻との間にできた小5の娘がいて、離婚条件で半年に1回だけ会えることができたので、その娘と遊ぶことだけが唯一の楽しみだっだのです。
その娘が、葬式に来て、もうお父さんとは遊べないの、と母親に聞いてたのが、参列者の涙を誘っていました。
もう少し早く膵臓がんを疑って大学病院に行けば良かったのに、と皆は言っていましたけれど、そんなのはコロンブスの卵だと思います。
事程左様に膵臓がんはステルス戦闘機のように知らない間に近寄ってくるものなのです。


今日は日本語レッスンです。
生徒の都合で光が丘にやって参りました。
ここは食べるとこがないですね。
仕方ないので路面店にしました。
今日のお店は「和食レストランとんでん」 光が丘店さんです。

住所: 東京都練馬区高松5-4-22
電話:03-3904-5571
休日: 無休

IMG_6703
お店の外観です。

IMG_6706
店内の雰囲気です。

IMG_6704
メニューです。

今日のオーダー「北海道産かれいと野菜の黒酢あんかけ&ドリンク付き」@1,452円です。

IMG_6705
座るやいなやお茶とお水が到着しました。

IMG_6707
待つこと3分で珈琲が到着しました。
まずまずの珈琲です。

IMG_6708
待つこと10分で「北海道産かれいと野菜の黒酢あんかけ」が到着しました。
野菜が前面にでています。

IMG_6709
それでは実食です。
野菜と黒酢あんかけはよく合っています。
しか〜し、かれいはあまり巡り会いませんでした。
これは野菜の黒酢あんかけにかれいは少々です(笑)
仕方ないです、ファミレスですから。
不味くないのに救われました。

IMG_6710

IMG_6711
ミニ帆立の味噌汁はダシが良く出て美味しかったです。
それにしても帆立が小さい。
1円玉より小さいですね(笑)
こんな日もあります。

それでは(^_-)