日本のハロウィン
ハロウィンが無事に終わりました。
ソウルの梨泰院(イテウォン)地区の悲惨な事故の再現が渋谷でなされなくて良かったと思っています。
アメリカ人にハロウィンについて聞いてみました。
ハロウィンっていうのは日本のお盆のようなものだそうです。
ハロウィンはヨーロッパの古代ケルト民族の宗教的なお祭りが発祥です。
古代ケルト民族では10月31日が現在の大晦日にあたり、1年の終わりに先祖の霊があの世からこの世に帰ってくると考えられていました。
その際、よい霊だけでなく悪霊も一緒に帰ってくると考えられており、仮装で悪霊を驚かすことで悪霊を退散させようとしたのが始まりだそうです。
アメリカのハロウィンは子供たちの為にあります。
子供たちは思い思いのコスチュームを着て、近所を練り歩き、それぞれの家で“Trick or Treat”と言ってお菓子をもらってくるのですが、これが楽しみなのです。

ハロウィン
またハロウィンは宗教的なものなので参加しない家もあるそうで、そのような家にはこのような張り紙がされており、そのような家には「生卵」をぶっつけて帰るそうです。
これがまたたまらなく楽しいみたいです。
家を廻るたびにお菓子が溜まっていく快感は筆舌に尽くせないようです。
多い年には1カ月くらいはハロウィンのお菓子で暮らしいけるようです。
そして、どこかの広場で、溜まったお菓子を見せ合って、交換するのも楽しいのだそうです。
そんなアメリカの子供も高校に入ると、お菓子もらいにはいかくなるそうです。
理由は恥ずかしいからです。
高校にはいるとお菓子もらいはやめてコスチュームパーテーに参加して楽しむそうです。
大学に入ると、いろいろなところでハロウィンパーティーが、催されるのでそこに参加して楽しみます。
日本の場合は“Trick or Treat”がなく、単に渋谷に集まって、コスチュームやメイクアップを見せ合うだけで、その後、どうするかも決まっていなくだらだら酒を飲みながら歩き回るのは疲れるだけだろう、と言っていました。
お菓子もらいは、都市部ではマンションが多いので入れませんし、戸建ても日ごろ行き来がないので気軽にはお菓子をもらえません。
アメリカのように戸建てが多い地域で流行ったお菓子もらいは、日本では流行らないのかもしれません。
それでも私の孫は保育園で“Trick or Treat”を先生たちがもらう先を仕込んでいて、なんと交番のお巡りさんからお菓子をもらったみたいです。
孫はとても喜んでいたそうです。
お巡りさんも喜んでいたそうです。
このような交流はいいですね。


IMG_5939
今日は池袋に出没です。
今日のお店はハンバーグ池袋NO.1のお店です。
今日のお店は「キッチン Oh!Way(キッチンオーウェイ)」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋2-57-2 コスモス東池袋 1F
電話: 03-5951-3665
定休日:月曜日

IMG_5940
お店の外観です。

IMG_5950
店内の雰囲気です。

IMG_5942
池袋NO.1です。

IMG_5941
メニューです。

今日のオーダー「アボガドのせハンバーグわさび醤油ソース」@1,100円です。
お店のお客さんの多くがこのメニューを頼んでいる事に気がつきました。
ということで私も頼んでみました。

IMG_5945
座るやいなやお水が到着しました。

IMG_5946
待つこと2分で「アボガドのせハンバーグわさび醤油ソース」が到着しました。
見た目、野菜サラダみたいですね。

IMG_5947
それでは実食です。
野菜の森をかき分けるとアボガドがでてきました。

IMG_5949
これをわさび醤油ソースでいただきます。
アボガドとわさび醤油は合いますね。
ハンバーグも和風の感じで好評価です。
いつもながら肉のコリコリ感が美味しいです。
野菜が多いのもヘルシーで結構です。
これが評判なのは納得しました。

それでは(^_-)