漢字の楽しみ方
漢字には、2つ以上の漢字が組み合わさって1つの意味を持つ漢字になった字も多くあります。
今日は「おもしろい組み合わせの漢字」を紹介します。

image653543270
まずは、人の為と書いて「偽り」です。
人の為にすることが「偽り」といって心に感じる人は「偽善者」という言葉が頭に浮かぶからでしょうね。
そもそも「偽」という字は、「人のため」という意味ではなくて、もともとは「人がする、人がつくる」という意味だったようです。つまり、本来は「自然のままではなく、人間の手が加わったもの」を表していたのですが、やがて模造品、ニセモノの意味へと変化していったというわけです。

160114bubble-w1280
詩的な漢字として人の夢とかいて「儚い」があります。
人のつかぬ間の夢がはかないというのは理解できるところであります。
多分に「人の世は夢のごとし」という考えから来ているのだと思います。
この場合の「夢」は「夢まぼろし」ということばがあるように、現実にはならないものを指しているわけですね。
大瀧詠一さんのヒット曲で「夢で逢えたら」という歌があります。
英語の方がその感じがよくでています。
I wish I could meet you in my dreams. Wouldn’t it be wonderful.
夢でもし会えたら 素敵な事ね♪
And if I could meet you in my dreams, I would never wake up again.
あなたに逢えるまで 眠り続けたい♪
夢の中で自分の憧れている人に会えたらうれしいでしょうね。
でも夢はいつか覚めてしまうものです。
悲しいですね・・・

bac9a8120287e3588d2904bec0aa5f0b
その中で、私がこれはと思ったのは、冫(にすい)に妻と書いて「凄い」です。
冫(にすい)は冷たいという意味があります。
冷たい妻は怖いのです。
だからスゴイなのでしょうか。
若しくは妻に冷たい水をかけたらどんなことになるでしょうか。
多分凄いことになると思います。
若しくは妻が冷酷になるときは凄惨な光景が起こるのでしょう。
亡き父は、世の中に女ほどしょうのないものはない。おだてりゃつけ上がり、やさしく言えば図に乗って、小言を言えばふくれる、殴りゃ引っ掻く、殺せば化けて出てくる、とよくいっていました。
これはお釈迦様が言われた「外面如菩薩(げめんにょぼさつ)、「内心如夜叉(ないしんにょやしゃ)」という、女性の外見は優しそうに見えますが、心の中には鬼が住んでいる、という言葉の曲解だったのですね。
いずれにしましても、奥様を冷たい状態にしておくと凄い事になるそうですので、決して殺して冷凍庫などに隠さないようにしてください。
違う意味で凄い事になりますので・・・


日本相撲協会公式チャンネルからです。
新横綱 照ノ富士が歌います。
尾崎豊の I LOVE YOU…なかなか味のある歌い方、ハスキーでありつつ、高音もいい感じです。



私の奥様は「コメダ珈琲店」さんに行ったことがなく、是非連れていって欲しいと頼まれました。
ということで今日のお店は「コメダ珈琲店」練馬土支田店さんです。

住所: 東京都練馬区土支田1-34-27
電話:03-6904-6345
休日:無し

IMG_5203 (2)

IMG_5204 (2)
お店の外観です。

IMG_5205 (2)
店内の雰囲気です。

IMG_5207 (2)

IMG_5208 (2)

IMG_5208

IMG_5209 (2)

IMG_5210 (2)
メニューです。

今日のオーダー、私はジャーマン&珈琲@1,050円、奥様はシロノワール&小豆小町葵@1,390円です。

IMG_5206 (2)
待つこと2分でテーブルセットが用意されました。

IMG_5213 (2)

IMG_5212 (2)

IMG_5211 (2)
待つこと16分シロノワール&小豆小町葵と私の珈琲が到着しました。
私の場合は珈琲だけ来ても困るのですが・・・

IMG_5214 (2)
シロノワールはサクサクのふんわり焼いたデニッシュパンの上にたっぷりのソフトクリームがかかっています。
奥様は愛おしむようにシロノワールに手をつけましたが最初は程よい甘さに舌鼓を打っていたのですが、後半でソフトクリームが溶けてグジョグジョになった頃には甘さに飽きていました。

IMG_5212 (2)
小豆小町葵は、コーヒーに、小倉あんが入ったデザートドリンクです。
程よい苦みと優しい甘さが楽しめるのですがよく攪拌してからいただかなかったものですからアイスコーヒーに間違えて小豆餡を落としてしまい、その餡を画きだしながら食べているような感じになってしまいました。
これまた甘さにやられて飽きていました。

IMG_5215 (2)
待つこと26分で私のジャーマンが到着しました。
不味くはないのですが、野菜が多すぎてウサギさんになったような気分になりました。

IMG_5216 (2)
ウィンナーは美味しかったのですが、このクォリティーなら自らが作った方が美味しいなぁと既に冷めている珈琲を飲みながらメイン料理の味のない野菜を頂いていました。
それにしても30分近くも待たせて、遅れましたあいすみません、を言わないスタッフがいるお店は、礼儀作法を知らない外国人が経営しているファミレスに来たような感さえしました。
それにしてもこれで2,440円は高いような気がします。
店内は若い人達で満席です。
なんでこのお店が人気なのかはわかりません。
多分に年配の人は来てはいけないお店なのかもしれませんね・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)