今日は「カミさんとは呼ばないで・・・」
3-3-0-10_top
私はブログ上では妻の事は奥さんと呼んでいますが人前では妻です。
チコちゃんを見ていたら妻、嫁、女房、奥さん、カミさん、家内などの数多くの呼び方がありますが正しいのは妻だけみたいです。
番組の説明では、嫁とは息子の妻の事です。
女房とは使用人の女性の事です。
奥さんとは屋敷の主(あるじ)の妻の事です。
カミさんとは目上の人の事です。
家内とは家にいる人です。
下町では、カミさんと呼んでいる人が多かったですね。
所謂、ポピュラーユーセージ(標準使用)でした。
ここからだいぶ離れてその次は、オッカアとかつれ合いが多かったように記憶しています。
功成り名遂げ遂げた人でも女房止まりで妻には行きつきませんでしたね。
インテリの人だけは妻(つま)とは呼ばすに妻(サイ)と呼んでいました。
さすがにサイは気取って聞こえますね。
日雇いのようなガテン系の人は、オカメ、オタフクとかバケベソと呼んでいました。
バケベソとはお臍が化粧したような不細工な顔をしている妻という意味のようでした。
ヤクザヤさんとかテキヤさんのアウトロー系は100%バシタでした。
自分より立場が下のモノなので場の下でバシタというような説明を聞いたことがあります。
破裂音のバで始まるので、ヤクザヤさんに「俺のバシタだ」などと言われると緊張します。
余談ですが、アウトロー系の奥さんは富司純子さんのような和服の似合う美人が多かったですね
父はインフォマールで短縮した名前でフォーマルでは妻でした。
このように思いだしながら書いていますとなかなか面白いものです。

面白いというと怒られますが、奥様は下の子供が大学をでるまでは私の事はお父さんと呼んでいましたが、下の子供が社会人になったら△△さんという私の名前に変えました。
理由を聞きましたら、私はお父さんという方と結婚したわけではありません。
今までは子育てのために便宜的にお父さんと呼んでいましたが、それも終了したので元に戻しただけです、との事でした。
このようなマインドセットチェンジは中々できるものではありません。
この変化により私も奥様名前で呼ぶようになりました。
えらいのは私の長男です。
娘の白蓮にははなから自らをお父さんと呼ばせていました。もなかなかできるものではありません。
ググりますと200人中の60%の120人が「パパ、ママ」と呼ばせているというのが実態でした。
世界各地で使われている呼称のため違和感はありませんが「お父さん、お母さん」という日本では昔から一般的な呼び方に対して2倍近くもの差をつけたことに驚きを禁じえなったのであります。
最近、30過ぎの若手社員が自らの母親の事をママっていうのを聞いて愕然としたことがあります。
日本人なら母でしょう、キッパリ。
ちなみに我が家は軟弱で下の子供が4歳になるまではパパとママでしたが、その日を境に父と母に変えた歴史があります。
初めてお父さんと呼ばれたときは念願が叶った事もあり眼を細めて唇に微笑をのせておりました、ハイ。
こんな父親でした・・・


【3匹の猫と1匹の犬】ぬいぐるみではありません。
何ちゅう格好で寝てるんでしょうか。
天衣無縫というか、無防備というか。



IMG_1461 (3)

IMG_1463 (2)
今日はバスの街石神井公園に出没です。
今日はハムエッグを食べにやってまいりました。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日・水曜日も隔週であり

IMG_1464 (3)
お店の外観です。

IMG_1467 (2)

IMG_1468 (2)
店内の雰囲気です。

IMG_1466 (3)
メニューです。

今日のオーダー「ハムエッグス&ライス」@700+@200=900円です。
今日はめずらしく空席が目立ちましたがたまさか端境期に来たみたいで帰る頃にはみっしりと席が埋まっておりました。

IMG_1469
座るやいなやお水が用意されました。

IMG_1472 (2)
待つこと4分で「ハムエッグス&ライス」が到着しました。
見事な盛り付けです。
今日も美味しいでしょう。

IMG_1470 (2)
今日のハムパートは薔薇盛です。

IMG_1471 (3)
野菜パートはレタスとピーリングしたトマトとマッシュポテトです。

IMG_1473 (2)
それでは玉子を壊して黄身をだしてそこに醤油をかけまわして頂きます。
炒めたハムが香ばしくて美味しいです。
溶岩のような黄身のトロミが私の心を鷲掴みにします。
なんでしょうこの愉悦は・・・
美味しいです。
レタスはシャキシャキしていて口内感触最高です。
ピーリングしたトマトはジューシー&スィートです。
マッシュポテトはホッコリとしています。
最後の方は全ての味わいが混然となって楽しめます。
これがまた美味しいのです。
時が経つのを忘れて食べることに没頭していました。
美味しい汗が額に浮かんでいました。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)