今日は「ネバーギブアップ銚電」
img_20180823-860x644
千葉県銚子市を走る片道20分、全長わずか6.4キロのローカル鉄道・銚子電鉄。
例年なら 観光客でにぎわうゴールデンウィークも、新型コロナの影響でガラガラ。
壊滅的なダメージを受けているのだが、この鉄道には危機を乗り切る最大の武器が・・・そう「絶対に諦めない」のだ!常に廃線の瀬戸際に立たされてきた銚電は信じられないほどのジリ貧鉄道。
券売機はなく、切符はいまだに手売り。
列車は12万円で購入した中古で、副業で始めた「ぬれ煎餅」の製造が会社の屋台骨となっている。
そんなジリ貧鉄道を率いるのが顧問税理士から社長になった竹本。
「売れるものは何でも金に換える」をモットーに、駅の命名権などを販売。
また、会社の経営難さえ武器にし「まずい棒」や「サバイバルカレー」など自虐的なネーミングの食品をヒットさせた。
そしてコロナ危機の今、売れ残った鉄道グッズや記念切符を「廃線危機救済セット」として販売、地域住民と新たな名物グルメの開発にも乗り出している。
さらに竹本、一発逆転を狙ったとんでもないプロジェクトも進めていた!「絶対にあきらめない」鉄道会社が繰り広げる、なんでもありのサバイバル経営術に迫る!

yjimageQT3MMGRV
銚子電鉄の前身は銚子遊覧鉄道。
通勤、観光以外にヤマサ醤油の輸送業務を行う貨物路線として活躍していた。
しかし高度経済成長期、マイカーが普及すると乗客はみるみる減り、赤字経営に転落。
1976年、「およげ!たいやきくん」ブームに便乗し、副業で「たいやき」作りを始める。
その後、銚子からの人口流出が進み、鉄道利用客はまたまた減少。
さらにバブルの崩壊で、親会社となっていた建設会社が倒産、資金面での後ろ盾も失う。
1995年、どうしたものかと思いついたのが銚子名物の「ぬれ煎餅」の製造。
たちまち大ヒットとなり、ついに鉄道収入を上回るように。
しかし経営が安定し始めた銚電に最大の危機が…今度は、倒産した親会社の社長が銚電名義で2億円を借金し、業務上横領で逮捕されたのだ。
2億円の借金を背負わせられたうえに、補助金も凍結、銀行からの融資もストップ。
そんな三重苦の時に、竹本が顧問税理士に。
この出会いが後に、「ぬれ煎餅の奇跡」を呼ぶことになる。
竹本は東日本大震災の影響で倒産が現実的となった2012年に社長に就任。
わずか10万円の報酬で会社経営に身を捧げる。
市や県に強く陳情を続け補助金を復活させたかと思えば、食品事業では得意のダジャレセンスをいかんなく発揮しヒットを飛ばす。
さらに列車内での様々なイベントを開催するエンタメ列車を考案しで徐々にファンをつかんでいく。
涙あり、感動あり、そして笑いあり!銚子電鉄の再生劇に迫る!
カンブリア宮殿「放送内容詳細」より転載

カンブリア宮殿
奥様がかつて銚子の友達を訪ねて銚電に乗った際に高評価だったのでチャンネルを合わせました。
面白い番組でした。
ファシリテターの村上龍さんが編集後記で以下のようにコメントしていました。
竹本さんをはじめ、銚子電鉄の従業員には、悲壮感がない。
今でも経営は苦しいが、みな淡々と仕事をして、副業として「売れるもの」を淡々と探している。
銚子電鉄はなぜ廃線を免れてきたのか。
神様の采配と言うしかない気もするが、やり遂げたのは、生身の人たちだ。
あんこが入っていた一斗缶を半分に切り、「ちりとり」として100円で売ったという精神が今も生きている。
ずっと危機的状況が続くと、悲壮感はなくなる。
「銚電はいつか潰れるかもしれない、でもまだそのときではない」そういった思いが、悲壮感を消し去る。

普通はずっと危機的状況が続くと悲壮感は深まると思うのですが・・・
これは竹本社長のネアカキャラに負うところが多いように思えます。
絶対にあきらめないこれですね。
自らも「来るものは拒まず、去る者は追いかける」と広言しているとおり、彼自身がネバーギブアップ精神の持ち主なのですね。
見習いたいものです。
話しは脱線しますが「見習いたいものです」が変換できず何度も何度もタイプしました。
やっとこの不条理の理由が判明しました。
「みらないたい」とタイプしていたのでした。
コロナで少しボケたみたいです(笑)


バナナの皮でコケる



IMG_0118
今日は御茶ノ水に出没です。
今日のお店は「中華料理やまだ」さんです。

住所:東京都千代田区神田駿河台2-10-5
電話:03-3233-1905
休日:日曜日

IMG_0112
お店の外観です。

IMG_0116
店内の雰囲気です。

IMG_0113
メニューです。

今日のオーダー「肉野菜炒め定食」680円です。
メニューを見てのけ反りました。
昭和の値段ではないですか。
歴史的にはもうすぐで創業80年ではありませんか。
だからといって昭和の値段にする事もないのですが。

IMG_0115

IMG_0114
待つこと3分で「肉野菜炒め定食」の到着です。
見た目美味しそうです
それでは実食です。
野菜のアオリがいいですね。
肉も柔らかくて高評価です。
量が多いかと思ったのですがそんなことはありません。
清湯もコクがあり最高です。
軽く胡椒をふったら味がしまりました。
久々のコスパキングでした。

それでは(^_-)