今日は「冷静に向き合いましょう」の話です
コロナウィルスが猛威をふるっています。
昨日、電車の中でマスクの着用なしで吊革につかまりながら咳き込んでいる初老の男性がいました。
その前に座っていた眼力が強い中年の女性が、たまりかねたのか、すみません。
時節柄、マスクなしで咳をするのって不謹慎ではありませんか、とその男性を怒鳴りつけました。
私はこの男性の隣に立っていたので、この成り行きを見守っていました。
怒鳴られた男性は、一呼吸おいてから、私は軽い喘息でコロナではありません。
私かて世の中の動きは知っています。
しか〜し、貴女のお言葉をお借りしますと、時節柄、マスクの補充ができないのです。
そこまで激怒されるのなら、貴女がストックされているマスクを1枚お譲りいただけませんか。
勿論、その対価はお支払いしますよ、と切り返したのです。
なるほどな、と思った次第です。

mask_urikire00-940x705
確かに市場ではマスクが払底しています。
政府は緊急対策として2019年度予算の予備費から103億円をマスク増産の為に支出すると決定済みです。
これを受けて最大手のユニ・チャームなど国内の既存メーカーの生産量は2,000万枚程度でしたがこの対策により10,000万枚/週になる見込みです。
シャープもこの政府の緊急要請をうけて350万枚/週のキャパで新規参入する予定です。
しか〜し、国内需要の70%を担っている中国からの輸入が滞っているため、シャープのような新規参入メーカーがどれだけ増えるかにかかっているでしょう。

死亡率
個人的にはすこしコロナウィルスに対して騒ぎ過ぎだと思います。
SARS、MARSと比較しますと致死率は2.4%です。
これから演繹しますと、政府は感染しても重症化するのは一部です。
過度に恐れることなく、感染に注意しながら普段通りに生活しましょう、と言えばいいのです。
このままですと、感染者は減らせても失業者が増え、国民の健康は守れても国民の生活が破綻する恐れがあります。観光業、飲食業、エンタテイメント業などには黄色信号が灯っています。
その一方で外出を控える「巣ごもり消費」でこの特需に沸き返っているところもあり悲喜こもごもではありますが、政府は抜本的な対応が今求められているのです。
私たちもこのウィルスに対して、もう少し冷静に向き合いインフオデミックは毅然と排除しましょう。



IMG_9594
今日はお肉が食べたくて神田に参りました。
今日のお店は「今日のお店は「ゑびす本廛」さんです。

住所: 東京都千代田区神田多2-5
電話:03-3254-3438
定休日:日曜・祝日

IMG_9610

IMG_9597

IMG_9598
お店の外観です。

IMG_9601
店内の雰囲気です。

IMG_9602
メニューです。

今日のオーダー「ビーフステーキ重」@1,100円です。
現在の店舗は仮店舗です。
昔の店舗は現在駐車場になっていますが、しばらくしましたら昔の店舗に戻るようです。
店内はまさ〜に「昭和レトロ」一色であります。

IMG_9603
待つこと1分でビアジョッキお水が到着しました。

IMG_9604
待つこと10分で「ビーフステーキ重」が到着しました。

IMG_9609

IMG_9606
先ずは秘伝のだし汁をぐい飲みしました。
見た目、日本酒を飲んでいるみたいです。
カツオと肉のミックススープでしょうか。
お代わりオーケーなので皆さん最低2本くらいは飲んでいます。

IMG_9608
満を持して「ビーフステーキ重」を頂きます。
肉は画像でわかるように焼き具合はほぼほぼレアです。
それでは実食です。
肉美味しです。
タレ美味しです。
後半は卵をからめていただきます。
肉の味わいが上がります。
これは美味しいです。
肉の量も多いし「コスパ良し」と言わせていただきます。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)