今日は「鋸山へ行こう!前編」の話です
IMG_4282
GWの中盤です。
鋸山に行こうと思い次男を誘いました。
当日は家を7時にでました。
家をでてから4時間10分・・・

IMG_4314
私たちはアクアラインに乗ることもなく、いまだ川崎浮島にも着いていません。
川崎浮島まで5kmのところでスタックしていました。
憂鬱と絶望が私たちをまるっと包みこんでいます。
しかもこの渋滞の中での運転当番は私なのです。
湾岸線のトンネル内からどこからか風にのって潮騒が聞こえてくるような気がしましたが、それは極度の疲労からくる幻聴でした
鋸山に行く気力はほとんど底をついていました。
企業でもトップの行うマネージメントで一番重要な判断は撤退を決める事です。
時計の針11時10分を指していました。
暫し熟考してから、次男に、鋸山登山は諸般の事情により中止。
これから横浜中華街へ転進する、と声高らに言い渡したのであります。
それを受けて次男は、御意、お見事な決断です、と厳粛に受け入れました。

IMG_4309

IMG_4307
それにより一番左の車線から一番右の車線に一気に車を滑らせて大黒埠頭に向かったのたです。

IMG_4234

IMG_4233
転進の決断から15分横浜中華街に到着しました。

#横浜関帝廟
IMG_4235

IMG_4236

IMG_4237
中華街に入るやいなや横浜関帝廟にお参りに入りました。

kantei

sanpai_1
線香を買い求め、ここでのお約束である、玉皇上帝(国泰平安)、主神關聖帝君(交通安全・商売繁盛・入試合格・ 学問)、地母娘娘(除災・健康)、観音菩薩(解難・健康・縁談・安産)、福徳正神(金運・財産安全)の順にお参りしました。時間をかけて行いましたのでご利益はあることでしょう。

#中華街
IMG_4243

s_0026
ランチです。
今日はキメ打ちです。
今日のお店は「聘珍樓 」横濱本店さんです。

320x320_square_84410153
今日の料理は、このお店の「ゴールデンウィーク限定スペシャルコース」@8,100にするつもりでいました。
ところが受付で私の風体をみて安く見られたみたいです。
それもそのはず今日は鋸山登山なので汚れてもいいような恰好でこの超高級中華料理店に忽然としかもいつものように偉そうにお店に入ろうとしたから態のいいお断りです。
ごめんなさいモリました。
ゴールデンウィークなので、私が食べたかったコースはかなり前から「予約売切御免蒙」なのでした。

IMG_4241

IMG_4244
ここでも転進です。
結局薬局放送局でいつものお店にしました。
今日のお店は「你好(ニーハオ)」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町137
電話:045-681-8281
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_4245
お店の外観です。

IMG_42511
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
大根もち@630円
豚ばら煮込み@1,580円です。
マヨネーズ大海老@1,890円
ニーハオ炒飯@890円

IMG_4250
食事ができる間、「你好」さんの前面にある兄弟店の小籠包大王「福楼」さんのマスコットであるフクロウのふくちゃんに挨拶してきました。
しか〜し、既にお昼寝タイムに入っていました。
残念・・・

IMG_4252
待つこと9分「大根もち」の到着です。
このお店の「大根もち」は千切りした大根をうるち米から作った餅の中に入れて長いあいだ蒸しあげます。
大根の食感はなく、かすかに匂う大根の香りでこの餅の氏素性を確認できます。
食感最高です。
しょっ辛い味付けも好評価です。
この「大根もち」は絶品です。

IMG_4253
待つこと13分「豚ばら煮込み」の到着です。
この黒光りした色合い・・・
美味しそうです。
口にいれますとトロットロッです。
八角の香りが美味しさを極立たせています。
なんて美味しい「豚ばら煮込み」でしょう。
これまた絶品です。

IMG_4254
待つこと14分「マヨネーズ大海老」の到着です。
大海老の名前に恥じません。
これだけ大きいとオイリーかなと思いきやカラッと揚がっています。
甘みがあるマヨネーズが食欲を加速させます。
海老好きなら皆ノックアウトされるでしょう。

IMG_4255
待つこと20分締めの「ニーハオ炒飯」の到着です。
これは中華街炒飯の絶巓(最高峰)です。
美味しい炒飯はこのようにして作るのですとこの炒飯は物語っています。
辛み香辛料が味を引き締めて最後まで美味しくいただけました。
締めの料理にお薦めします。

それでは(^_-)