今日は「大酒飲みであるということ・・・」の話です
IMG_2903

IMG_2904

IMG_2905
昨日は大学のテニサーの同期と浅草に飲みに行きました。
やはり昔の仲間との会話は時間を膨らませますね。
昨日は贔屓のホテルで飲み会でした。
いつものように支配人が私の訪問を予約者リストからあらかじめ見つけていたので私の席に挨拶にきました。
一休さんで申込んだので普通は2時間の時間制限が付くのですが、支配人からは、ごゆっくりなさってください、との気配りの言葉がありなななんと3時間半も話し込んでしまいました。
やはり楽しい会話は時間を膨らませますね。
同期からは、私がソフトドリンクで付き合っているのが普通のふるまいとして塗りこまれており、私の停酒が長期間に亘って続いている事を物語っています。
かつて鯨飲家として名をはせていました。
今では絶対NGである大ジョッキ×3杯を一気飲みしてその速さを競う塾内一気飲みコンテストでは、栄えある3位になったこともあります。
ちなみにこのコンテストは3回戦で優勝者を決める為に飲み干したジョッキの数は3杯×3回=9杯であります。その後3位祝勝会という名目で諸先輩方に銀座でさらに杯をあげており、この頃の私はお酒に関しては底なしでした。
日本ではこのようにお酒を大量に飲めることは、自分の強さを強調する行為であり、美徳とされていました。
このように自分がどれだけ飲めるとか、あるいは酔っぱらって隣のリーマンにからんだら実は8983で事務所に拉致されそうになったのだけれど、機転を利かして逃げ切ったみたいな武勇伝は同性からおおいに尊敬されています。
かつての私はこのような武勇伝満載人間でありました。
この間、カナダ人と話しましたら、かつての私のように沢山お酒が飲めても彼らは人前では告白しないようです。
彼らは「酒好き」であるという事は人としての強さではなく「自らの弱さ」を告白しているものとしてとらえているみたいです。ですから「私は大酒飲みです」と自己紹介するのは「私は意志薄弱です」と宣言しているのと同じなのですね。
個人的には、意志が弱いと考えると、性格の問題ということになってしまいますが、もし飲酒欲求が病的になっているのであれば、病気の問題であり、どうやって治すかを考えなければならないと思うのです。
那辺の判断が難しいのが大酒飲みに共通している問題だと思っています。


登美丘高校ダンス部、関西予選で3年ぶり2度目の優勝



IMG_2849

IMG_2850
今日は御成門に出没です。
今日のお店は再訪です。
今日のお店は「味芳斎」支店さんです。

住所: 東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル 1F
電話:03-3433-1095
定休日:日曜日

IMG_2851
お店の外観です。

IMG_2858
店内の雰囲気です。

IMG_2859 (2)
お店の誉れです。

IMG_2852
メニューです。

今日のオーダー「牛肉飯」@1,300円です。
今日も店内は満席状態です。
あいも変わらず人気がありますね。
IMG_2853
待つこと8分で「牛肉飯」の到着です。
立ち昇ってくる匂いでわかります。
この「牛肉飯」は辛いと思います。

IMG_2854
本店の「牛肉飯」はかなりいただいていますが支店の「牛肉飯」は初めてです。
それでは実食です。
辛さを分散させるためにご飯を天地返して混ぜ込んでから頂きます。
肉が硬いですね。
先入観でトロトロをイメージしていたのですがチョット違いました。
辛さはかなりホットで食べていて苦痛すら感じてきました。
これに限っては本店も支店も味付けはかわりませんね。
結論としてここの「牛肉飯」は私の好みではありません。
肉がもう少し味わいが深ければ良かったのですが・・・
このパフォーマンスで@1,300円ですか、敢えてコスパが悪いと言わせていただきます。

それでは(^_-)