今日は「憲法改正」の話です。
f10ebe45-s
このブログは政治の事は取り上げていません。
このようなブログには政治ネタは合いません。
それに加えて、私が政治にはあまり興味が無いためです。
これではいけないのですね。
特に外国人と話していると、軍事・防衛の事をよく知らないと馬鹿にされます。
現在、自衛隊を憲法に明記する改正案が国会を通りそうです。
憲法改正を国会が発議するためには衆参両院でそれぞれ三分の二の賛成が必要なのですが、14年12月の総選挙で自民党と公明党が勝利し、連立与党の両党は現在、衆議院で三分の二以上を確保しています。
参議院でも自民党と公明党のほか、憲法改正を支持する勢力は三分の二以上に達しています。
つまり現在は憲法改正に向けた窓が開いているのです。
正しく申しますと、その後に国民投票による承認が求められるので、国民投票で過半数の賛成が得られると憲法改正が実現するのです。
岸おじいさん→安倍パパ→安倍さんというこの血統の悲願が成就する日が現実的になっているのです。
これにより自衛隊の存在がはっきりするという声がある一方で、これで戦後70年間に亘って守ってきた平和憲法が壊れてしまうのではないかと懸念する声が数多くあるのも否定できない事実であります。

有ってはいけない事ですが、尖閣諸島で中国海軍と自衛隊との武力衝突が発生した場合は、アメリカ軍が出動して中国軍と戦ってくれるという誤解が多くの日本国民にあります。
さら〜に付け加えますと、アメリカは「「尖閣諸島は日本の領土」であるとは言っていません。
アメリカは「尖閣諸島は日本の施政権下にある」といっているだけです。
かりに中国が尖閣諸島を占領した途端、中国の統治下に入ってしまうので、アメリカ軍は手が出せない事にもなりかねません。
その場合は、日本としては個別的自衛権を駆使して戦って取り返すしかないのです。
その論拠としてアメリカは、国同士の領土問題は関与しないとの方針がでているからです。

国民がしらけてしまうのは「安保法案は憲法違反だ」という反対派の人たちは「これからの北朝鮮、中国を含めた東アジア情勢についてはどうするのか」という議論については、はっきりしていません。
単に「憲法違反」だというだけで出口戦略がありません。
さら〜に付け加えれば、「駆けつけ警護」や「安全確保義務」等は、実は、アメリカから出された宿題に答えたものです。北朝鮮の弾道ミサイル発射問題はあまり現実的ではありませんが、例え脅しであっても、日本は日本で準備をしておかなければなりません。
国民の1人として自国を守るために皆が考えて議論する時期にきています。
自由闊達に議論し、議論することが批判される事のない社会こそが、民主主義社会だと思うところであります。
参考文献「知らないではすまされない自衛隊の実力」「日本は本当に戦争をする国になるのか」池上彰著


「スクラム組もうぜ!」の実況が話題に!ラグビー日本代表が大金星を挙げる感動の瞬間!



IMG_0217

IMG_0218
飛行機雲がきれいな高岡に出没です。
今日のお店は、高岡の人が「一番おいしい回転寿司」と口を揃える「すし食いねぇ!」高岡南店さんです。

住所: 富山県高岡市赤祖父433
電話:0766-20-8011
定休日:無休

IMG_0220

IMG_0221
お店の外観です。

IMG_0226
店内の雰囲気です。

IMG_0223
メニューです。

IMG_0222
このお店に来ていつも思うのですが「得得ランチ」が売切れになっていない事はありません。
いつも開店と同時にすぐにソールドアウトになっているでしょうか?
大いなる疑問が沸きあがります。

今日のオーダー「特上ランチ」@1,998円です。
店内は大勢の寿司好きで賑わっています。

IMG_0227
待つこと9分で「ブリのあら汁」の到着です。
このあら汁は脂が良く乗っていて超美味しです。
個人的には、これだけでご機嫌です。

IMG_0229
時間差で「特上ランチ」の到着です。
見た目、美味しそうです。

333111IMG_0228
それでは実食です。
今日は外れ無しです。
その中でのトップ3は、牡丹海老、かに足、大トロです。
美味しいお寿司を食べて口福を味わう。
この上ない喜でもあります。
東京でこのレベルを頂きましたら5,000円でしょうね。
「コスパ良し」であります。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)