今日は「誕生日会設営担当」です
誕生祝3
我が家は家族の誕生日会をやり続けています。
当たり前ですが、子供たちが小さい頃は家で誕生日会をやっていたのですが、子供が大きくなってきましたらレストラン等で催行されるようになったのです。
その嚆矢は1998年9月20日ですから、20年間の永きに亘って催されてきました。
そしていつの頃からか、設営と食事代は私の担当となり、プレゼント代はそれ以外の家族というのが不文律となっています。
4人家族ですから、4人×20年=80回もやってきたのです。
あらためてこの実績に刮目しました。
さら〜に、家族が2人増えましたので、これからはマックスで年/6回の誕生日会が催行される事になるわけで、まさにうれしい悲鳴であります。
年に数回ですが、家族で美味しいものを仲良く食べる。
その結果、心身ともに健やかに心満ちて暮らす事ができるのだと思います。
ただし、その効果は短期間で失せるので次の誕生日会に思いをはせる。
この循環が誕生日会の楽しみに繋がれば良いと思っています。
世の中に、家族の笑顔がある誕生日会以上になにを望むものがあるのでしょうか。

といいうとで、長男の誕生日がまじかに迫っていますので会場探しにはいりました。
我が家は奥様が偏食なので、レストランの選択は一苦労です。
基本的に奥様は鮮魚が得意ではありません。
従いまして、洋食系を選考するようにしています。

IMG_9370

IMG_9372

IMG_9381

IMG_9379

IMG_9378
まずは、ホテルカデンッアに向かいました。
気分はアロハです。
どうなのでしょうか・・・
ここはアウトにしました。
理由はホテルの華であるデザートが弱いのです。
さすがにチョコーレートファウンティンみたいなものではお茶は濁せません。

日をおいて、美味しい「蕎麦屋」があるとの情報がありました。
しか〜し、お酒が飲めないので、夜の「蕎麦屋」には独りではいけません。
会社の後輩に付き合ってもらって行きました。
という事で、今日のお店は「こんごう庵」神保町店さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-18-1 千石屋ビル 1F
電話:050-5593-4639
定休日:年末年始・お盆

IMG_9416
お店の外観です。

IMG_9436
店内の雰囲気です。

IMG_9434

IMG_9435

IMG_9417
メニューです。

画像は撮っていませんが店内は超混雑です。
美味しさの熱気を感じます。
それでは下見のスタートです。

IMG_9422
まずはお疲れさま乾杯です。

IMG_9423
まずは突き出しの「胡麻豆腐」@378円です。
いきなりレベルの高い料理がでてきました。
なんともコクのある「胡麻豆腐」です。
トッピングの海老も甘みがあって美味しいです。

IMG_9424
「トウモロコシのつまみ揚げ」@650円です。
これは店長の一押しです。
トウモロコシが甘く揚っています。
多分に水分が蒸発して糖分が濃縮されることによるものと思うのですが、軽く振られている粒目の粗い塩が甘さを極大化させています。
これは今日一であります。

IMG_9425
「穴子白焼き」@1,058円です。
これはフワフワに焼き上がっています。
目を閉じていただいていますと、海の音が聞こえてきます。
山葵をのせていただくと鼻孔の奥にほどよい辛さが届きます。
これも美味しい。

IMG_9426
「イカの姿焼き」@853円です。
これはイカが新鮮なのでしょう。
口内でイカが跳ねています。
私は軽く醤油をたらしたマヨネーズで頂くのがお約束です。
これはイカ好きなら皆ノックアウトされるでしょう。

IMG_9427
「しめ鯖」@842円です。
これは今年頂いた「しめ鯖」の絶巓です。
肉厚の厚い「しめ鯖」は口内でふくよかさを感じます。
甘みを感じる「しめ鯖」は私の大好物であります。

IMG_9428
「柳かれい」@1,058円です。
淡白な「柳かれい」ですが、白身が柔らかい。
これはカリカリの皮に美味しさが詰まっています。
お腹を空かせた猫の様に余すところなく頂きました。

IMG_9429
箸休めの「谷中生姜」@518円です。
よく冷えた「谷中生姜」は江戸っ子の大好物です。
江戸っ子はこの「谷中生姜」で夏を感じます。

締めの「へぎそば(二人前)」@1,685円です。
IMG_9430
最初にご飯がきたのかと思いきや天かすでした。

IMG_9432
きれいに盛り付けされた「へぎそば」です。

IMG_9433
リフティングでご覧のとおり美味しそうですよね。
実際は画像よりもさら〜に美味しいです。

IMG_9476
という事ご機嫌な下見でした。
長男の誕生日会の催行はこのお店できまりました。
当然のことながら個室を予約しました。

それでは(^_-)