今日は「負のドミノ」です
IMG_7500
この間、とあるレストランで食事をしていましたら、ヤンママ二人が話に夢中になっています。
たまならいのはこの長〜い歓談に飽きたお嬢さんです。
店内を歩き始めました。
お店はランチの掻き入れ時です
当然のことながら熱々の料理を運ぶものですから、万が一、このお嬢さんと接触しましたら大やけどの事態も想定できます。
お店の支配人が、危ないですから、お子様を椅子に座らせてください、と何度もお願いしていますが、このお母さんは無視です。
話し相手のお母さんは、生後2歳前後の男の子を帯同してきています。
この子はこの子でかまってもらえないので泣き始めています。
彼女は聞き慣れた泣き声みたいでヘッチャラで話し続けています。
かまってもらえないものですからこの男の子はさら〜に泣き叫びます。
全く気にしていません。
周囲のお客は2人の子供たちをにらむもせん無き事です。
気分は管理レベルの低い保育園の喧騒です。
さら〜に付け加えますと、私がこのお店に来た時には、このテーブルの食事は終わっていたのです。
本来なら多忙の時間帯ですからお店に配慮することころですがそのようなそぶりは微塵もありません。

441734-1024x768
奥様と私の誇れるところはあまりないのですが、子供たちにはこのような事は一切させないように躾ていました。
言葉が適当ではありませんでした。
誇れることではなく当たり前の事を当たり前にしていただけです。
このような常識的なふるまいをできない方が多くなってきたのでしょうか。
核家族が増えて、忠告したり従わせたりするお目付け役がいなくなったので、このような自己中心的な母親が増えているのでしょうか
象でさえ、お目付け役の高齢なリーダーが居ない群れの育ちや、一匹狼的育ちをすると、群れのルールが守れず、一旦迎え入れられても追放されます。
もしかしましたら、まだ小さいのに躾なんて・・・と思って放任しているのでしょうか。
悪い習慣は大人になってからつくのではなく、小さいうちから親が付けている習慣、だとも言われています。
そうであればこの親子さんは負の連鎖なのでしょう。
多分この幼いお嬢さんもそのような子を育てていくのでしょう。
悲しい一族ですね・・・
品性は、大きくなってからは身につかず、生まれてから幼児期の間にしか養われません。
したがいまして、しつけは子どもが生まれたらすぐに始めましょう。


神がかった一体感のタップダンス集団



IMG_7502
今日は池袋に出没です。
子供が騒いでいないレストランという事でこのお店を訪れました。
今日のお店は「タカセ」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋1-1-4 3F
電話:03-3971-0211
定休日:無休

IMG_7491
お店の外観です。

IMG_7489
メニューです。

今日のオーダー数量限定の「本日の日替わりランチ」870円です。
今日のランチの内容はポーク焼肉、ポテトクリームコロッケです。
タカセさんのランチは始めてです。
店内びっしりと満席です。

IMG_7492
待つこと1分でテーブルセットの到着です。

IMG_7493
待つこと2分でお味噌汁の到着です。
手持ち無沙汰だったので一口いただきました。
良く出汁がとれていて美味しいです。

IMG_7494
待つこと6分で「本日の日替わりランチ」の到着です。
見た目、ステレオタイプというかチージー(ありふれた)な盛り込みです。

それでは実食です。
IMG_7495
ポテトクリームコロッケはかろうじてこのお店の矜持を保っていて美味しいです。
しか〜し、他のものは学食の食べ物と同じです。
美味しくはありませんが食べられます。
デイナーを作っているコックさんがランチも料理していると思います。
何が申したいのかといえば、デイナーはかなりのレベルで且つ美味しいのです。
それ故にコスパを追及するのはわかりますが、それも程度問題ではないかと、敢えて厳しく言わせていただきます。

IMG_7497
良かったのは珈琲だけです。
こんな日もあります。

それでは(^_-)