今日は「人生最後の日を迎えた時」です
天国
白血病を3回発症して残りの人生が限りなく少ない方のブログを2年間程読み続けていました。
実はこの筆者は、それほど親しくはないのですが知っている方なのです。
それ故に読み続けていたのです。
厳粛な死と向きあい心の中から絞り出すような魂の徒然は鬼気迫るものがあります。
症状が改善すると喜び、悪化すると悲観するというまるでジェットコースターのような記載が紙面に溢れています。
その一文を以下に紹介します。
既に三月下旬に記したとおり、事態は一気に暗転してしまいました。
今直面している状況を、どう受け止めたらいいのかよくわからないというのが正直なところです。
そして以下がその心情を吐露した短歌です。
花開く桜の便りを聞きながら心が沿わぬことぞ哀しき。

Fotolia_35400387_Subscription_Monthly_M-670x443
死は誰しもが平等に訪れます。
それが5年早いか15年早いかは宇宙の時間軸の中では須臾(しゅゆ=1000兆分の1)の長さです。
確かに予想だにしていない死のお訪(とな)いは驚天動地の出来事でしょうが、人生の最終章に断捨離ができる猶予を得られた奇貨としてとらまえるべきでしょう。
若しくは、光学電子顕微鏡でしか見る事ができない「黄熱ウィルス」そのものの存在がわからず「黄熱病」によりガーナで客死した野口英世。
富国強兵こそが徳川幕府を存続させるという信念で開国を専断し加えて安政の大獄を意図的に仕掛けて暗殺されるように仕向けた井伊直弼などの間接的自殺を選ぶという幕の引き方もあります。
普通の人は、このような不幸は呼び込まないので、全ての機能が不全となり死への旅にでるのですが、どちらの人生を由とするかはその方の人生観です。

私には死後の世界は存在していません。
死んだらあたかもコンセントが抜けたような電子機器と同じ状態が訪れるだけです。
人の生きた証は墓石には残りません。
人が生きた証はその人が親炙した人達の心の中に残るものです。
その為には、今夜床につく自分が、それっきり二度と目覚めたいのだとしたら、自分の中の想像の力をすべて出しきれたのか、集中力、時間、エネルギーをすべて使い果せたのかを後悔せずに死にたいものです。
しか〜し、このような偶然の産物はありえません。
その為には、意識的、持続的な努力によって叶うものなのです。
そしてその努力は賭けるだけの価値があるのではと臆断しています。
最後に冒頭紹介した方の奇跡の復活を祈ってこの話を締めさせていただきます。


ハートカクテル vol.53 夜行列車



IMG_7575

IMG_7576
今日は両国に出没です。
今日のお店は「銀座洋食 三笠會館 」江戸東京博物館店さんです。

住所:: 東京都墨田区横網1-4-1 江戸東京博物館 1F
電話番号:03-6240-4877
定休日:月曜日

IMG_7578
お店の外観です。

IMG_7580
店内の雰囲気です。

IMG_7579
メニューです。

今日のオーダー「スパゲッティミートソース&ドリンクバー」@1,280+@380=1,660円です。
相も変わらず外国人観光客が多いですね。

IMG_7581
今日はとても暑かったのでまずはコーラで涼をとりました。
珍しいですね、コーラを飲むなんて・・・

IMG_7582
待つこと8分で「スパゲッティミートソース」の到着です。
見た目、上品なミートソースです。

IMG_7584
タバスコとパルメザンチーズを軽くかけ回していただきます。

それでは実食です。
IMG_7583
パスタはアルデンテです。
ミートソースはあまり主張がありません。
もう少しニンニクを効かすとかウースターソースを多めにいれいるとかした方が私の好みです。
なにか上品さが前面に出すぎて野趣がありません。
もう少しチャレンジして欲しかったですが、普通の方はこれで充分満足なのでしょうね。
多分・・・

IMG_7587

IMG_7588
食後に両国駅に向かいましたら夏場所を観に来られた方々で国技館は賑わっていました。

それでは(^_-)