今日は「横濱バザール」です。
IMG_5958

IMG_5959
横浜中華街の地久門から関帝廟方向にすすみ、関帝廟の斜め前あたりにある建物が横浜居留地166番地です。
この建物ある山下町166番地は、かつて横濱居留地百六十六番地と呼ばれていました。
江戸時代(幕末)から明治三十二年(西暦1899年)まで、中国だけでなく、米国、仏蘭西、独逸、伊太利亜、印度などの人々が、治外法権の下で活発な商業活動を行い、多くの洋風商館が立ち並んでいました。
横濱バザールの歴史は戦後昭和24年先々代オーナーの中地清が、ここ横浜山下町166番地に居を構え事業を始めたことにはじまります。
時を経て、先代オーナー中地隆が、ビルの一階に「骨董品店アンティークガレージ」をオープンさせ事業が拡大し、自ら建物を作り直していくうちに、いつしか様々なお店とともに歩むようになり「横濱バザール」 となりました。
2005年に、老朽化のため建物が建て替えられ現在に至っています

#横濱バザールのテナント
IMG_5971

横浜バザール

#横濱バザールの店内の雰囲気
IMG_5961

IMG_5962

IMG_5963

IMG_5964

IMG_5965

#スージーウォン
IMG_5967

IMG_5968

IMG_5966

IMG_5969
スージーウォン とは、クレイジーケンバンドの横山剣さんの親御さんがおられるオフィシャルグッズ販売店です。
ちなみに私は、クレイジーケンバンドのファンであります。
どうですかファンキーな雰囲気な空間だったでしょう?


両腕を失った中国人女性が、
ライブ動画配信で話題を呼んでいます。
彼女の名は、ヤン・リーさん。
4歳のころに不慮の事故で高圧電線に触れ両腕を失ってしまったのです。



IMG_5972
という事で横浜中華街に来ています。
今日のお店は攻略店です。
今日のお店はピッツェリア「ビスコンティ」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町276-5 ルグラン元町
電話:045-664-6646
定休日: 毎週火曜日

IMG_5975

IMG_5973
お店の外観です。

IMG_5948

IMG_5955
店内の雰囲気です。

IMG_5947
メニューです。

今日のオーダー「クァトロフォルマッジ&ティラミス&珈琲」@1,650+@600+@400=2,650円です。
口入れに入ったみたいで店内の客は私だけです。
店内のオペレーションは白髪のご主人と奥様とバイトさんで繰り回しているみたいです。
アットホーム感にあふれています。

IMG_5950
待つこと6分で「クァトロフォルマッジ&珈琲」の到着です。
見た目、美味しげです。
クァトロフォルマッジ(4種類のチーズ)はゴルゴンゾーラ、リコッタ、モッツアレラ、バルジャミーの構成です。

IMG_5949
それでは実食です。
釜焼きなのでドウ(生地)がしっとりしています。
チーズの組合の妙でしょうか味が濃いですね。
私の好きな味わいです。
美味しいです。

IMG_5951
ちょっと浅めの珈琲を飲みながら食べていましたら口福の神様が降臨してきました。
幸せです。

IMG_5953
食後にティラミスを頼みました。
イタリア産マスカルポーレをたっぷりと使用したティラミスは軽い味わいです。
甘さも控えめで高評価です。
さら〜に、チョコレートパウダーがシャリシャリしていて絶妙な食感です。
これまたご機嫌な味わいです。
とても楽しめたピッツェリアでした。

それでは(^_-)