今日は「木島佳苗考」です。
2009年(平成21年)8月6日、埼玉県富士見市の月極駐車場内にあった車内において会社員男性C(当時41歳)の遺体が発見された。死因は練炭による一酸化炭素中毒であったが、自殺にしては不審点が多かったことから、埼玉県警察の捜査が始まった。
その結果、Cは被疑者の住所不定・無職の女、木嶋 佳苗(きじま かなえ、1974年《昭和49年》11月27日生まれ、当時34歳)と交際していたことがわかり、捜査していくにつれて、木嶋には他にも多数の愛人がおり、その愛人の何人かも不審死を遂げていることが分かった。
埼玉県警は木嶋が結婚を装った詐欺をおこなっていたと断定し、9月25日に木嶋を詐欺の容疑で逮捕した。
また、逮捕時に同居していた千葉県出身の40代男性から450万円を受け取っていた。
2010年(平成22年)1月までに、木嶋は7度におよぶ詐欺などの容疑で再逮捕されている。
警察は詐欺と不審死の関連について慎重に捜査を継続。
2月22日に木嶋はAに対する殺人罪で起訴された。
窃盗罪や詐欺罪などですでに起訴されており、併せて6度目の起訴となる。
10月29日には、東京都青梅市の当時53歳の男性を自殺に見せかけて殺害したとして、警視庁に再逮捕された。
ただし、被害者男性の遺体は、当時は「自殺」と断定されて解剖されていない例もあり、死因に関する資料が乏しい中での、極めて異例の殺人罪の立件となった。
Wikipedia「首都圏連続不審変死事件」より転載

この被告の木島佳苗さんは4人の死亡した方を含めた12人の方から、詐欺未遂×3件で340万円、詐欺×9件で総額10,870万円をだまし取った若しくはだまし取ろうとしたものです。
裁判で検察側は、論告において「窓の外には夜空が広がっている。夜が明けると、雪化粧になっている。
雪がいつ降ったかを見ていなくても、夜中に降ったと認定できる」との比喩を使い、状況証拠の積み重ねで木嶋の犯行を十分立証できると強調したのです。
これに対し木嶋及び弁護側は、練炭等は被害者から譲ってくれと頼まれて木嶋が渡したものであり、被害者の死は別れ話が原因の自殺や事故死であったとして殺人罪の無罪を主張していましたが、最終的には状況証拠の積み重ねで死刑が確定したのです。
今日現在、木嶋さんは死刑囚として、東京拘置所に収監されているのです。

実は「木島佳苗100日裁判傍聴記」北原みのり著を読んだのです。
bbafe7ec
今回の被害者たちは「中年で女性の扱いが得意ではない親と同居する若しくは将来その可能性がある独身者」でした。そこから演繹できるのは、彼らには近未来的に介護の問題が発生します。
騙された彼らは、介護を手伝ってくれる女性の容姿は美人の方が良いが、私なんかにはそのような美人なんか来るわけがなく、仮に美人が来たらどのように扱っていいのかわからない。
仮に、美人が来たとしたら、それは金目当てにちがいないから、騙される。
だから美人は怖い。
で〜も、ブスならきっとその点は安心だ。
ブスは性格がいいというし、それにブスの方がコントロールしやすい、というようかつてにステレオタイプの妄想を抱いていたのです。
端的に申しますと彼女はモテない若しくはモテた事がない男性を毒牙にかけてきたのです。
その為に彼女が演じたのは介護も手伝い且つ家事も得意な従順な女性だったのです。
実際、彼女の料理の腕はプロ級でした。

ビジネスで世界では容姿より仕事の出来不出来が評価されますので、容姿の良し悪しはほとんど評価しませんというかそのような事を申せばセクハラです。
ビジネスの世界では容姿が悪くても仕事さえできえればリスペクトされますし重宝がられますので、彼女たちにとりましてある種のパラダイスであります。
一般的に、容姿が良くて仕事ができる人は少ないと思います。
いたとしましたら希少だから目立つのです。
それは彼女たちが持っている評価のポイントが違うからです。
その対極で容姿の悪い人で仕事のできない人はあまり見かけた事がありません。
さら〜に突っ込みますと、容姿が悪くて仕事ができて性格の良い人を見かけた事はありません。
推測で申しますと、その容姿から色んな場面で精神的な苦痛を味わってきたのでしょうか、その副作用で意地悪の人が多いと思っています。
しか〜し、木島佳苗さんは、実態はそうでも、容姿の悪い女性は性格が良いとい男性が持つ虚構を信じていたのです。そして唯唯諾諾(何事でも「はいはい」と人の言いなりになる事)でどんな事でもしてくれる女性を男性が好きである事を皮膚感覚で分っていたのでした。
従いまして、生々しく悔しがり、嫉妬し、怒る感情的で面倒くさい美人より、自分をすべて受け入れてくれる料理上手で感情を表さない不美人の方が男性にはモテるというessential(本質的な事)な部分を承知していて、それを演じていたのだと思います。
実際のところ彼女は本当に12人の男性から愛されていたのです。
これはまごう事なき事実なのであります。
そういう意味では彼女は男心をよくよく理解していたのです。
しいて申せば彼女は男を騙した後の達成感に酔いしれるばかりに、その達成感が途切れるのが嫌で多くの犯罪を続けてきたのでしょう。
換言すれば「アルコール中毒」ならぬ「騙し中毒」という病気になっていたのではないかと臆断しています。
いずれにしましても興味深い女性である事は間違いありません。


ビージーズ「小さな恋のメロディ」



IMG_6023
今日は八丁堀に出没です。
今日のお店はカレーの名店です。
今日のお店は「ロダン」さんです。

住所: 東京都中央区八丁堀3-8-4
電話:03-5541-5777
定休日: 日曜・祝日

IMG_6024
お店の外観です。

IMG_6027

IMG_6031

IMG_6036
店内の雰囲気です。

IMG_6025
メニューです。

今日のオーダー「特製チーズチキンカレー&ダルスープ」@1,200+@300=です。
IMG_6029
待つこと9分で「ダルスープ」が到着しました。
見た目、濃厚感が満載です。
それでは実食です。
うん、これは味が深くて美味しいです。
ゾル状のスープはご機嫌です。
塩味が強いのですがこの濃厚なスープには合います。

IMG_6033
待つこと13分で「特製チーズチキンカレー」の到着です。
ビジュアルが綺麗ですね。

IMG_6034
それでは実食です。
カレーは中辛です。
大ぶりな鶏肉がゴロンと入っています。
中庸感ありですが、美味しいです。

IMG_6035
ライスには高級チュダーチーズと燻玉がのっかています。
この二つが美味しいのです。
特に高級チュダーチーズは味わいが深いです。
すごく幸せな気分になります。
加えて、昼間の混雑とは裏腹に夜は空いています。
夜は穴場と敢えて言わせていただきます。

それでは(^_-)