今日は「挑戦した結果の失敗なら構わない」です。
名古屋で朝を迎えています。
ホテルで珈琲を飲みながら日経新聞を読んでいますと「柿安本店、進化続ける食の総合企業(ナゴヤの名企業)」という地方記事の特集がありました。
その一部を以下に紹介します。

豊かな自然を抱える三重県は伊勢神宮への参拝者などの観光客を全国から集め、食産業を中心に老舗が連なる。ものづくり産業の一翼を担う半導体や輸送機器といった製造業も盛んだ。
中部経済圏を支える「ナゴヤ企業」として三重企業も時代の流れを見据え、新市場を開拓している。
イオンモール大高(名古屋市)のフードコート。
柿安本店が今春開発した新業態店「柿安 Meat Express」では9月中旬、しぐれ煮を使った牛肉しぐれ丼などを目当てに客が列をつくって並んでいた。
96958A9E889DE0E3E1E1E0E3E4E2E0E2E2EBE0E2E3E5EB
柿安本店が開発したフードコート向け新業態「柿安 Meat Express」では家族連れなどが列をつくって並んでいる(名古屋市のイオンモール大高)
ニーズに合わせ、新業態を続々と生み出す。
柿安の強みはこの機動的な開発力にある。総菜やレストラン、和菓子など5つの事業の下に10業態以上、合計369店を全国に展開する。
この新業態店は反応が良いとみて8月、イオンモール四日市北(三重県四日市市)に2号店を出した。
物件の空き情報を得てから3週間で開くという素早さだ。
6代目の社長の赤塚保正(53)は「まずは短期間で1〜2店出し、うまくいけば多店舗展開する」という。
多店舗展開を進める開発力は和洋中で約400人いる料理人の「職人の技」が支える。
開発する総菜は年間500種類を超える。
店舗は内食(精肉)から中食(総菜)、外食までを網羅した。
創業は1871年で、柿を売っていた初代・赤塚安次郎が三重県桑名市に開業した牛鍋屋がもとになった。
「柿の安(やす)っさ」と呼ばれた初代の愛称がそのまま「柿安」の屋号になり、名古屋や東京・銀座にも高級すき焼き店を出店し、徐々に業容を広げた。
だが2001年、激震が起きた。BSE(牛海綿状脳症)騒動で食肉業界の販売は激減し柿安も創業初の赤字になった。
5代目で当時社長だった赤塚保(83、現名誉会長)は縮小均衡の道を選ばず、総菜店「柿安ダイニング」の積極出店で攻勢をかける。
まだ同店は1998年にそごう千葉店に1号店を出し、徐々に増やしていた段階だったが、保には勝負に勝てるという自信があった。
武器となったのがデパートの地下に持ち込んだ店内調理という手法。
素材の新鮮さや味が仕事帰りに夕食のおかずで総菜を買う女性らに受けた。
2002年からわずか4年で全国の百貨店に約80店を出し、デパ地下ブームの火付け役を演じた。
「行列をつくる男」との異名も付いた保の原動力となったのは徹底した現場主義だ。
「現場を歩くと商売の種が落ちている」
保は社員にニーズの変化にいち早く気付くよう声をかけ続けた。
その考えは06年に社長を継いだ息子の保正も受け継ぐ。
次の成長の柱に育ってきた和菓子は保正の発案だ。
10年の口蹄疫(こうていえき)問題で食肉への消費者の不安が高まった際、総菜と和菓子が業績を支えた。
売上高比率では精肉が35%、総菜が29%、レストランが12%。成長事業の和菓子は16%まで伸びた。
レストラン部門ではフードコート用など大衆向けの業態を積極出店する一方、昨年8月には東京・銀座に高級料亭「銀座別邸」を開いた。
 銀座別邸は屋号の「柿安」の看板も掲げず、隠れ家のような高級感を漂わせる。
松阪牛の最高ランクのA5等級のみを扱い、客単価は夕食で3万円と、既存店の約1.5倍に達する。
保正は「柿安のレベルを引き上げるモデル店にもなる」と位置付け、最高峰ブランドに育てていく方針だ。
「挑戦した結果の失敗なら構わない。気付きは失敗から生まれる」
それが柿安の伝統だと保正はいう。肉から和菓子まで売る食の総合企業は、のれんを守りながら革新を続ける。

なかなかなアグレッシブな会社ですね。高評価です。
特に「現場を歩くと商売の種が落ちている」を言いきるのは感動ものです。
さら〜に「挑戦した結果の失敗なら構わない。気付きは失敗から生まれる」は日ごろ私が部下たちにいい続けている言葉です。
個人的には挑戦しない人は仕事をする気がないのも同じだと思うのです。
新しい事に挑戦すれば、当然、失敗するリスクもあります。
「もし失敗したらどうしよう」と恐れる心理も働く気持ちはわかります
極端な言い方をすれば、失敗が怖かったら挑戦しなくてもかまいません。
そのかわり、いつまでたっても成長はなく、後退していくだけと考えるべきでしょう。
今の時代、挑戦しない限り、成功はありえないと思います。
そうは言いながら挑戦をするより、ものまねをする方が一見、楽なように見えます。
しかし本当にそうでしょうか。
一度ものまねをすると、絶えず他社の動きが気になって進む道が制約され、差別化できないまま、やがて価格だけの競争に巻き込まれます。
一方、ものまねをしないふるまいは常に新しい事への挑戦が求められます。
多くの場合、困難がともなうでしょう。
しかし、物まねと違って、あらゆる方向に広い角度で自由な発想で考えることができるのです。
その方がむしろ楽であるという発想に切り替える事が必要なのです。
いずれにしましても失敗をとおして勉強した事はそれを踏み台にして次の挑戦へとつながり、積み上がっていきます。挑戦の失敗はほろ苦さもありますが、それの副産物である気付きは、その後のジャンピングボードになる事は間違いありません。


Sumo Wrestlers Sprint Down Race Track



IMG_2705
今日は名古屋に出没です。
今日のお店は、私の名古屋の取引先が地元で一番と太鼓判を押す鰻屋さんです。
その太鼓判を信じましょう。
今日のお店は「大和田」さんです。

住所: 愛知県名古屋市熱田区玉の井町8-18
電話:052-671-6720
定休日: 日曜・第3月曜、土用の丑の日

IMG_2707

IMG_2708
お店の外観です。

IMG_2711

IMG_2714
店内の雰囲気です。
庭がきれいです。

IMG_2710

IMG_2713
メニューです。

今日のオーダー「鰻のきも焼き+鰻重(上)」@3,200+@600=3,800円です。
前回は「櫃まぶし(特)」を頼んだのですが、量が多すぎて食べきるのに苦労しました。
今回は、仲居さんに確認しましたら、特、上、並の違いは単に量の差だというのが分かり、満を持して
上にしました。
それにしましてもお客様に対する挨拶が徹底されていますね。
とても気持ちが良いです。

IMG_2717
待つこと8分でテーブルセットが用意されました。

IMG_2718

IMG_2719
待つこと13分で「鰻のきも焼き」が到着しました。
串焼きかと思いきやきもそのものが椀に入ってきました。
広げるとこんな感じです。
このようなきも焼きは初体験です。
それでは実食です。
きも焼きはボリューミイですね。
フワフワ感がたまりません。
山椒をかけていただきます。
美味しいです。

IMG_2720
待つこと16分で「鰻重(上))の到着です。
前回の「櫃まぶし(特)」と比べますとみっしり度がゆるいです。
これなら余裕のヨッチャンで完食できそうです。

IMG_2721
それでは実食です。
まず皮のパリパリ感がたまりません。
表面が濃い飴色になっているのですが、身の表面に焦げ目はありません。
熟練の焼きの技です。
味ですか、とても美味しいです。
特に濃い目のタレはこの焼き鰻の味を引き締め且つ至福の味に昇華させています。
鰻ってこのような食べ物だったのだとあらためて瞠目しました。
これを食べてしまいますと江戸鰻がひ弱に思えてきます。

IMG_2723

IMG_2724 (2)
おすまし、奈良漬もよい味わいです。
大満足な夕餉でした。
ちなみになんで名物の「櫃まぶし」を頼まなかったの理由ですが、勿論、前回食べた事もあったのですが、地元の人から、茶漬けで食べるのは、お茶碗に残ったヌメリを取るためにお茶漬けにしているので、それが美味しいと言われてもね、と言われたからです。
要は鰻をお茶漬けで食べるのは美味しいからではなく単に名古屋の合理性からきたもので、ありがたがって食べるものではありませんよ、と付け足されたのでした。
さら〜に、その為に鰻を硬めに焼いているお店もありますが、それは邪道ですから、と締めていました、ハイ。

それでは(^_-)