今日は「トランプゲーム」です。
1f1024092c8faa23f41b4e7dd7873e2d
トランプさんが第45代米国大統領に就任しました。
なんでしょうね、この大統領は・・・
政策は思いつきと偏見を団子にして丸めたもので、その団子の中身は、経済ナショナリズム、反グルーバル主義、反移民、イスラム過激主義の徹底拒否、米国の利益を優先したゼロサム思考で構成されています。
そしてその実態と申せば、保護主義政策に加えて徹底した孤立主義です。
多分、トランプさんは、米国を世界の指導者という主役から降板させるのでしょう。
ロシアのプーチンさんは、かつて米国主導の国際秩序を批判して、多極化世界の構築を呼びかけてきましたが、仮に米国が世界の指導者から退けば、ロシアは国際秩序の一翼は担えても米国の代役は務まりません。
例えば、米軍がアフガンから撤退すれば、イスラム原理主義がロシアに波及するリスクは高まるし、イランの核合意が反故にされれば、核拡散の恐れが強まります。
世界の自由貿易が後退し、国際金融市場が混乱すれば、ロシアにも悪影響を与えるはずです。
トランプさんの型破りの言動は、ビジネスで成功を収めた自信からくるもので当初は面白がっていました。
ビジネス的損得勘定で外交ができるのかと応援もしていました。
しか〜し、最近では新種の火種を作るのではないかと杞憂しています。
かかる中、米国で「三権分立」がキチンと機能することを願ってやみません。
三権分立とは、権力の乱用を防ぐために三権(立法権、行政権、司法権)をそれぞれ分散したものです。
たとえば、法律を自由に決められて、自由に政府を動かせて、自由に人を裁判でさばけるなんていう状況はまさにブラック国で、これでは独裁政権と言わざるを得ません。
それを避けるために権力を分散し、それぞれの権力が相互に抑制、均衡させるシステムがきちんと起動する事を信じています。

加えてジャーナリズムの復活です。
トランプ当選を読めなかったジャーナリズムは真摯に反省すべきです。
国家権力の腐敗を防ぎ、政府の横暴を監視・批判しながら市民の声を代弁する役目を担ったジャーナリズムなのに、いまやはそうした輝かしい座から滑り落ち、三大権力に次ぐ、第四の権力になり下がってしまいました。
換言すれば三大権力を補完する存在になってしまったのであります。近年では、ジャーナリズムは政府や企業に恐れられることによって、権力を維持しようとしているようにすら見受けられます。
Twitterのような自作自演の言論操作の媒体に負けないよう、臥薪嘗胆で巻き返し真実の報道に徹するべきです。
まだトランプゲームは始まったばかりなのですから。

trump4
昨年、あるアメリカ人とトランプさんの事を話しました。
彼曰く、トランプはポピュリズムの推進者のように思えるが、彼は成功した実業家でその実態は大金持ちである。従って、今後の政策は、富裕層に有利な方向に誘導するし、できもしない公約(メキシコの壁等)もすぐに化けの皮が剥がれる。
これによりイスラム国含めて彼を嫌いな人を沢山創りすぎた。
このトランプゲームを終わらせるのは、一発の銀色の銃弾だよ、と一刀両断に切り捨てていました。
個人的には、彼の政策は目標を実現するようには設計されていない、と言わせていただきますし、このコメントは正鵠を射ているでしょう。
なお、政治ネタは極力避けていたのですが、たまには許してください。


ナツカシぃ



IMG_7334

IMG_7349

IMG_7350

IMG_7351
今日は神楽坂に出没です。
今日のお店は、明治22年からの120年以上の長い歴史を持つ老舗中華料理店です。
今日のお店は「神楽坂 龍公亭 」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-5
電話:03-3260-4848
定休日:年末年始

IMG_7336
お店の外観です。

IMG_7338
店内の雰囲気です。

IMG_7339

IMG_7340
メニューです。

今日のオーダー「水餃子」@600円あんど「五目チャーハン」@1,300円です。

IMG_7342
調味料の面々です。

IMG_7345
待つこと9分で「五目チャーハン」と「玉子スープ」の到着です。
見た目チャーハンに輝きがありません。

IMG_7346
それでは実食です。
ご飯のあおりはいいですね。
加えてさすが老舗での仕事で熱々に仕上げています。
具材のチャーシューと隠し味のザーサイは高評価です。
で〜も、後半は熱さが半減してそれにともない味も半減です。
大ぶりの海老が×5匹ありましたが際立つものではありません。
ご飯一粒一粒に油分のコーティングがされていないので冷めやすいのですね。

IMG_7348
待つこと10分で「水餃子」の到着です。
皮がイマイチです。
水餃子は麺類で皮が主役と言いますが、皮がモソモソしています。
私の好きな水餃子の皮はツルツモチモチです。
ちょっとこのお店の考え方とは違います。
餡も平板です。
味ですか、残念ですが私の好みではありませんでした。
いくら老舗といえども、もう少し「不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)」に励んでいただきたいものであります。

それでは(^_-)