今日は「天使か悪魔か」です
2016年3月、グーグルの開発した囲碁の人工知能が、世界最強と言われる韓国人の棋士に圧勝し、世界に衝撃が走った。囲碁は、人類が発明した最も複雑なゲームと言われ、人工知能が人間を凌駕するのはまだ10年はかかると言われる中での出来事だった。
このまま人工知能が進化していけば、どんな未来が到来するのか。
番組のリポーターとして世界各地を取材していくのは、将棋界・最高の頭脳、羽生善治さん。
圧倒的な思考のスピードと深さで将棋界に君臨し、日々「人間にしかできないことは何か」を考え続けている。
囲碁の人工知能を開発したイギリスの天才研究者、専門医にも判断できないがんを、画像から精緻に見分ける人工知能を発明したアメリカのベンチャー企業、人工知能に感情を持たせる研究を続ける日本企業など、人工知能開発の最前線を取材。人工知能が人間に何をもたらすのかを探っていく。
NHKスペシャル「天使か悪魔か」より転載

私はこの番組を見て驚きました。
人工知能
最も複雑なゲームと言われている囲碁で人工知能が 世界王者を圧倒し4勝1敗の結果となったのですが、負けた一敗は世界王者セドル九段が奇天烈な一手を打った事により、アルファ碁が今まで記憶した棋譜になかったことから自滅しただけなので、もし自滅しなかったら完勝していたでしょう。
picture_pc_4f9fb4f5c55a4219bc1bbbdca9a3a8b2b02069b5
例えばこの一手はプロ棋士からしますとありえない悪手らしいのです。
実際、韓国のプロ棋士はこの手をみて「これ悪手ですね」と笑っていましたが、20手目辺りにきますと、常識では考えられない巧妙な一手だったのです。

従来の人工知能は1億に近い手を考えて、そこから絞り込む作業をしていたのです。
最近の人口知能は数万 の手しか考えなくなり、その代わりに直観力を強化していたのです。
直観力を強化するという事は、アルファ碁は局面を丸暗記しないで、抽象化して学習していたのです。
加えて想像力につきましては、アルファ碁同士で3,000万局を打たせて強化しました。
これを人間に置き換えますと、毎日10局打ち続けても8,200年の年月になります。
要は、世界王者セドル九段は未来から来た人間と闘っていたわけですから、はなから勝てるわけがなかったのです。

羽生さんはこの収録の後に次のようにコメントしています。
絵を描くとか、自動運転とか、医療の診断とか、これだけ汎用的というか、幅広く、いろいろな世界で進歩が起こっています。今までだったら、人が最も得意とすることなど、AIが関与するのは考えもしなかったことでも、もう具体的なところまで来ているのを目の当たりにすると「この世界だけは特別で、絶対AIが入ってくる余地がない」ということはないのではないでしょうか。
「これは人間しかできない」とか、「これはAIには出来ない」ということはないということを前提に考えているほうが、いいのではないかなと思います。

如何ですか。
私たちが気がつかない間にAIは各段に進化していたのです。
多分これから論理的な事はAIに委ねことでしょう。
人工知能に心を持たせる試みも始まっています。
人間も機械も突き詰めれば物質にすぎません。
従いまして機械に心が持てない理由はないのです。
脳の働きが解明されたら、それを人工知能として落とし込むことは可能なのです。
人工知能に人間の心を作ることができる日は遠くありません。
人工知能の本当の恐ろしさは人間を敵視することではなく、人間に関心がないことです。
それは大きな脅威です。
人工知能の中には、邪悪で私たちが望まないものもできるはずです。
今のうちに人工知能を管理する方法を考えておくべきです。
最後に人工知能にリストラされる日が来ることは今やSFではなくなったことを申し添えて終わらせていただきます。


約束



今日は池袋に出没です。
IMG_3608
そういえば最近このお店に行っていないなと思いお邪魔しました。
今日のお店は「キッチンABC」西池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋2-16-2 大西ビル 1F
電話:03-5396-5399
定休日:無休

IMG_3609
お店の外観です。

IMG_3612
店内の雰囲気です。

IMG_3611
メニューです。

今日のオーダー「インディアンライス&黒カレー+カニクリームコロッケ」@850円です。
IMG_3613
待つこと10分で「インディアンライス&黒カレー+カニクリームコロッケ」の到着です。
見た目ナイトアンドデイです。

それでは実食です。
IMG_3614
まずは「インディアンライス」即ち「洋風玉子とじ」をいただきました。
そして右側の「黒カレー」をいただきます。
そうですね、「インディアンライス」甘い風味の「洋風玉子とじ」と超スパイシーな「黒カレー」は合いません。
要はカニバッテ(食い合い)しまうのです。
アイデア倒れの典型的な一品です。
ちょっとセンスを疑ってしまいます。

IMG_3615
まぁ安定感ある「カニクリームコロッケ」で口直しをしていましたので完食はできました。
こんな日もありますというか選んだ私の脇が甘かったのです。
お店の方あいすみません。

それでは(^_-)