今日は「エンプティランプ」です
私は羅針盤のない航海は嫌いです。
用意周到にしてはじめて大胆な行動にでるのを旨としています。
従いまして好きな言葉は「勝利の女神は細部に宿る」であります。
しか〜し若い頃は破天荒というか荒唐無稽な疾風迅雷の生活をしていました。
良くここまで五体満足でいたものです。

この間、車を運転していましたらエンプティランプが点滅しました。
DSC04865
冒頭のとおり、普段ならこのようなリスクを取るような振る舞いはしないのですが、このエンプティランプを見つめていましたら大学生の時に流行った遊びが甦ってきました。それはエンプティランプが点滅してから何km走れるかというものです。
正確に申しますと、エンプティランプがオレンジになってからでなく、レッドになってからです。
巷間ではレッドランプ点滅してもガソリンは10ℓ位残っている事になっていますが、ここからが問題なのです。
たまにあるのは昇りの緩い坂道なんかを走っていますとレッドランプになるのが遅れます。
言い換えますとレッドランプが点滅した時は優に10ℓを切っているのです。
従いましてエンストになるのが早くなるのです。
最高100km走行したがことがありますがそれは単なる僥倖です。
この時はエンストへの恐怖から心臓が早鐘のように鳴り、あまりの緊張で喉がカラカラに渇き唾も飲みこめない程でした。とても体に良くありません・・・
ある時、ギリでガソリンスタンドに入れるとふんで運転していましたら100M手前でエンストししました。
その為炎天下だというのに友達二人でガソリンスタンド迄押していったことがあります。
今で言うチキンレースです。
そうそう炎天下といえば、真夏日の日中に何時間クーラーを切って走れるかもよくやりましたが今思うとクレージーであります。
青春の蹉跌
何が私たちをそうさせたのかは不明ですが、まさに「青春の蹉跌」であります。

余談ですが、車を進路変更するときにウィンカーを出しますよね。
長男が小さい時は、右に曲がれ、と言ってからウィンカーを出してから、うちの車は音声で替えられるんだ、とだまし続けていました。
これを言うたびに、何歳くらいまでだませるのかなと思っていたのですが、意外にXデイは早かったのです。
長男が4歳の夏休みのある日、いつもの儀式をしましたところ、僕、知っているよ。
お父さんが操作しているんじゃない、と冷たく言われたときには正直寂しさで体が打ち震えたのでした。
気づくのちょっと早いんじゃないの・・・


“倒れるだけ”CMのワンダーコアが進化



今日は静岡県は磐田に出没です。
IMG_3470

IMG_3461
磐田駅周辺には食べられるお店がありません。
しか〜し掃き溜めに鶴と申しましょうかナイスなお店がありました。
今日のお店は「寿司好」さんです。

住所: 静岡県磐田市中泉555-2
電話:0538-34-2120
定休日:不明

IMG_3462
お店の外観です。

IMG_3468
店内の雰囲気です。

店内に入りますとお客がいません。
加えて高級そうな雰囲気が店内には横溢しています。
ネタケースにはゴージャスな魚介類がみっしりと入っています。
そういえば店頭にメニューがなかったよな、と思いだして、つかみで3,000円位かなと値踏みをしていましたらメニューを見つけました。
IMG_3464
まぁ普通じゃんと思い注文しました。

今日のオーダー「松ちらし」@2,160円です。
IMG_3466
待つこと7分で「松ちらし」の到着です。
「松ちらし」のネタは、中トロ、カニサラダ、貝柱、イカ、玉子、イクラ、キュウリです。

それでは実食です。
IMG_3467
ネタが薄いですね。
しか〜し不味くはありません。
シャリが冷めていて硬めです。
私は人肌のシャリが好きです。
上述のとおりネタが薄いのでシャリ勝ちしてしまいラスト10マイルはシャリだけ食べ続けていました。
残念です・・・
磐田って海に近いので期待して入店したのですが意外にや「コスパ悪し」でありました。

それでは(^_-)