今日は「泉谷しげるさん」です
izumiya01
泉谷しげるさんは昔フォークコンサートで見たことがあります。
その当時からも荒れ狂うパフォーマンスをしており、その貧弱なガタイに加えて足に障害を持たれており、彼の挑発にのった観客と乱闘になりましたら秒殺でやられているだろうなと思って見ていました。
足の障害については、自らTVで「矢沢がBIGなら、俺はBIKKOだ」と言ってしまい、生放送中だったので、お詫びのテロップが流れたそうです。
どうやら小児麻痺のようです。

確かデビューしたての頃は貧乏でした。
奥様に生活を支えてもらっていたように記憶しています。
生活のために漫画も書いていましたがこれは芽がでなかったように記憶しています。
奥様は泉谷さんに相貌、風体が似ておりまさにおしどり夫婦と言っても過言ではありません。
泉谷さんは、赤貧の生活から抜け出すために非力の体力にもかかわらず、売れるために「荒れ狂う泉谷しげる」を演じざるを得なかったのでしょう。
フォークも下火になりニューミュージックに移行していき、その路線に乗り遅れた泉谷さんは全く売れませんでした。
1979年6月、 テレビ朝日系ドラマ「戦後最大の誘拐・吉展ちゃん事件」にたまさか出演し、テレビ大賞及び芸術祭優秀賞を受賞しこれで新たな「泉谷しげる」像を確定したのです。
これによりさら〜に過激なパフォーマンス俳優に移行していき今に至るのです。

この間TVを見ていましたら、なぎら健壱さんが、泉谷しげるさんの事を馬鹿にしていました。
「あいつの演奏ってのは単にギターをかき鳴らしているだけなんです。
皆さんも買いたてのギターの音鳴りを良くしたければ泉谷の引き方をすればいいですよ。
実はあいつ、フォークシンガーって言っているけれどツーフィンガーもアルペジオもできないんですよ」
さらに「昔はおとなしかったのに、いつの間にかああなっちゃいました」と鼻で笑っていました。
これはこれで面白く聞いていたのですが、実はなぎら健壱さんは二重人格なのですね。
TVのバラエティーで見せる下町のだらしないオジサンのキャラは完全に演じているだけで、本当の姿はフォークミュージックの求道者のようです。
この求道者のなぎらさんは木で鼻を括るようなところがあり感じはよくありません。
人は皆△△を演じているのです。
私は会社では「猛烈リーマン」を演じ、家では「良い夫」を演じています。
本当の私は本音を書いている「splash」なのかもしれません・・・


東京動脈



今日は池袋に出没です。
IMG_2045
鮭が食べたいと訪れましたのはこのお店です。
今日のお店は「タカセ」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋1-1-4 3F
電話:03-3971-0211
定休日:無休

IMG_2046
お店の外観です。

IMG_2048
店内の雰囲気です。

IMG_2047
メニューです。

今日のオーダー「サーモンステーキAセット(ライス・珈琲付)」@1,200円です。IMG_2049
待つこと1分でナプキン等が出てまいりました。

待つこと12分で「サーモンステーキAセット(ライス・珈琲付)」の到着です。
IMG_2050
見た目きれいですね。
それでは実食です。

IMG_2051
サーモンはほっこりと焼けています。
脂が過不足なくのっています。
上品な味わいです。
加えて塩の加減がいいですね。
最後まで飽きずにいただきました。
何度食べてもこれは絶品です。
満足なディナーでした。

それでは(^_-)