今日は「マイナス×マイナス=プラス」です
中学3年の1学期の期末試験の数学をまぐれで満点をとったことから、数学好きになりました。
高校に入っても数学は不定期に満点をとっていましたので通知表の成績は9と10の間を行ったり来たりしていました。得意科目と言えると思います。
数学の醍醐味といえばやはり理詰めで戦えることです。
難問が解けた時はなんとも清々しい世界が広がります。
答えが一つしかないのがフェアです。
これも数学が好きな点です。
加えてひとたび証明された定理の永遠的なゆるぎなきことは神の領域でもあるといえるでしょう。
そのような数学好きなために大学の時は数学の家庭教師をやっていました。

家庭教師を雇うご両親というのは家庭教師を馬鹿に付ける薬みたいに思っています。
その為か教える生徒さんっていうのは勉強嫌いの子が多かったように記憶しています。
高校受験を控えた中学3年生の男子を教えていた時のことです。
季節は夏でした。
そのお宅の庭から夏の盛りを称えるかのような蝉の合唱に耳を取られていたら、中休みの時間になったみたいで、生徒さんのお母さまが冷たいアイスコーヒーを持って入室されたのでブレークしました。
その時、生徒さんとの雑談の中で、マイナス×マイナスがどうしてプラスになるの、という話題になりました。
私は白紙の上に
1+ (-1) =0
と書いて、この式は分るよね、と聞いてから、この式の両辺にマイナス1を掛けるんだ。
するとこのようになるよね。
(-1)×1+(-1)×(-1)=0
(-1)×1の答えは君が知っているようにマイナス1だから説明はしないよ。
-1+(-1)×(-1)=0
そうして両辺に1を足せば・・・
1-1+(-1)×(-1)=1+0
になるから最後は
(-1)×(-1)=+1
ほうらマイナスかけるマイナスはプラスになるよね。
と言ってにんまりしてアイスコーヒーをストローで一口飲みほしました。
するとこの生徒さんは、分りにくいというか分らないよ、と言ったのです。

middle_1208589005
そしてしばらく考えていたら突然、線の上、要はゼロのところに立っている人が回れ右をして後ろ向きになって、そのまま後ろ向きで歩けば前に進むってことじゃないの、って言いだしたのです。
二の句もありませんでした。正解です。
今までこの子を色眼鏡で見ていた自分が恥ずかしくなりました。
それに加えてこのような簡単な説明ができなかった不明をなげきました。
そして、感動は人からもらうのではなく、感動を与えることのできる人間になろう、と心に強く誓った20歳の夏でした・・・


江南スタイル2



今日は人形町に出没です。
IMG_1586

IMG_1582

IMG_1584

IMG_1587
鯛焼きすきなのですが、創業大正5年の高級鯛焼本舗「柳家」さんの鯛焼きだけは食べた事がありませんでした。
理由はいつも大行列で並んでまで買いたくはなかったからです。
今日は僥倖というかツイているというか行列ができてなかったので念願の鯛焼きを求めたのです。
プチしあわせです。
早速近隣の公園で熱々の鯛焼きをいただきました。
餡が優しい甘さなのですね。
それによって他のお店より餡の量を多くできるみたいです。
食べ応えがありました。
いつも行列が途絶えない理由に納得したのであります。

IMG_1569
ということで今日のランチです。
今日のお店は「オステリア チ ヴェディアーモ」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋蛎殻町2-7-8 1F
電話:03-6661-7477
定休日:不定休

IMG_1577
お店の外観です。

IMG_1576
店内の雰囲気です。

IMG_1572
メニューです。

今日のオーダー「かきとほうれん草のクリームソーススパゲッティ(前菜・パスタ・カフェ付」@1,380円です。

IMG_1573
待つこと8分で自家製ポークハムのサラダとローズマリー入りフォカッチャ(画像無し)の到着です。
何とも豪華な盛り付けです。
ポークハムはジューシーで美味しいです。
プチ満足です。

IMG_1574
待つこと15分で「かきとほうれん草のクリームソーススパゲッティ」の到着です。
見た目綺麗です。
それでは実食です。
クリームソースは乳化もよくコクがあり美味しいですね。
かきがソースにほっこりとからまっていて且弾力があり好きな味わいです。
うん、美味しいですね。
うまく纏まりすぎているきらいはありますが高評価です。

IMG_1575
これにコーヒーがつきます。
リーズナブルな価格でレベルの高いイタリアンが楽しめるお店といえるでしょう。
楽しませてもらえました。

それでは(^_-)