今日は「飲酒異聞」です。
二日酔い
中学生の頃から酒を飲み始めてから約40年(勿論四捨五入)たっています。
酒を一回飲むと脳細胞の10万個が破壊されると聞いていました。
そうしますと365日/年×10万個×40年間≒16億個が死んでいます。
あるノーベル物理学者受賞者は生涯お酒を飲まなかったそうです。
その理由は、お酒を飲んだ為に死んだその一個の細胞が、ノーベル賞につながるひらめきを生むかもしれないからね、と言っています。
どうしませう。ただでさえ馬鹿なのに本当の馬鹿になってせまう、という事で私は停酒したのです。
嘘です、理由は別にあります。
一方で50年間毎日飲み続けても20億個の脳細胞が死ぬだけさ。
人間の脳細胞は200億もあるから20億個はたかだか10分の1にしかならないよ。
それに人間は一生の内に使用するのはその脳細胞の10分の1だからまったく問題ないね、と言うフィールズ賞受賞学者もいます。

お酒に含まれるアルコールは、最初、大脳の中の理性をつかさどる前頭葉に軽い麻痺を起こさせるのです。
これによって、嫌なことはパーッと忘れて明るく楽しくなれるわけなのですが、そのまま飲み続けると、理性の麻痺は頭頂葉というところまで広がり、自制心が薄れハイになってくるそうです。
このように、理性を麻痺させることによって、精神面での、ストレスのレベルを下げる働きは大きいし、人によっては緊張感、不安感を和らげてくれるのです。
また、食欲を増進させてくれる効果もあります。
ただし、短時間に適量以上飲んでしまうと、運動機能をつかさどる小脳まで麻痺が進み、歩くことはおろか、意識までもうろうとしてしまいます。
こうなるとストレス解消どころじゃなくなってしまうわけですので、ストレス解消も適量を飲んでこそできるのです。

サントリーさんが普段の飲酒状態をチェックしてくれます。
皆様も実態把握をされたらいかがですか。
ちなみに過度の飲酒は判定してくれませんので「あしからず」です。

このようにこの判定をしてみた方はまだ救いがあります。
一番タチの悪いのは、お酒をやめる気のない人です。
お酒をやめる気のない人は、自分がなぜ酒をやめなければならないかを理解することが先決なのですが、大概このような人は心に深い闇を抱えていて、一種の婉曲的自殺行為として多飲を続けているのです。
結果としてこのような人は大概望んだような結末をむかえているのですが、たまらないのはその家族です。
このような人が亡くなる直前にはまるで憑き物が落ちたかのように善人に変わるのです。
この変身によりその家族はなんでもっと早く救えなかったのだろうと深く傷ついてしまうのです。
世の中に地獄というところがあるのであればこのような人を抱えてしまった家族でしょう

停酒は簡単ですが、事程左様に禁酒は難しいのです。
何年もかけて築いたものが、一夜にして崩れさるかもしれない。   
それでもなお、築きあげなさい。
Never give up until you do your best!


Yes, I agree this is a go to happy song.



今日は神田に出没です。
今日はランチをゆっくり食べる時間がありません。
こうい時にはこのお店です。
今日のお店は「馬亜車(まあしゃ)」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-2-1
電話:03-5254-1130
定休日: 土曜日・日曜日・祝日

IMG_9716
お店の外観です。

IMG_9720
店内の雰囲気です。

IMG_9717
メニューです。

今日のオーダー「チキンカレーとミートソースのハーフ&ハーフ」@1,000円です。

IMG_9719
調味料の面々です。

待つこと4分で「チキンカレーとミートソースのハーフ&ハーフ」の到着です。
IMG_9722
見た目美味しいそうです。

それでは実食です。
チキンカレーは辛さ控えめです。
IMG_9724
鶏肉がほっこりとたかれていて柔らかいです。
なかなかの味わいです。

ミートソースはコクがあり隠し味のワインもいい香りづけになっています。
IMG_9723
ちょっと病みつきになりそうです。美味しいです。
しいていえば両方ともパスタの上にソースをかけ回してもらった方が美味しかったでしょう。
乞うご検討であります。

IMG_9725
ミニデザートの珈琲ゼリーが下町っ子の郷愁を誘いました。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)