今日は「Loneliness」です。
エンゼルフィッシュ
エンゼルフィッシュいう熱帯魚は、普段は好き勝手生きているが、いざ外敵がくると、家族が結束して、相手を攻撃すると聞いたことがある。彼女たちの外敵はいつもわたしなのだ。家族の「族」という文字は、弱い人間が群がり集まって生きることを指す。それが親族、一族、部族、民族となって国家を構成するが、それゆえに人間関係の大本は家族だ。だがそこに組み入れてもらえない人間もいる。それがわたしだが、自業自得というものだろう。 
人生はどう生きても大差はないと思っているが、その人生は、孤独をどう癒して生きるか、ということではないか。
孤独というのは淋しいということで、その孤独の「孤」は親のいないこども、「独」は子のいないお年寄りのことだ。
つまり家族構成を持てない人たちが、最も淋しい人たちだということになる。
社会が変容しているのか、未婚の人たちが増えているが、老いて孤独を抱えて生きるのは、相当に苦しいはずだ。そのことをもっとおとなが教えるべきではないか。
不安が人間を作るということもあるが、孤独に打ち勝つというのは、なかなかにしんどい。
日本経済新聞「生きている間が人間」日大教授佐藤洋二郎著より転載

人生の中で独り暮らししていたのは大阪での単身赴任時代だけです。
それ以外は実家での暮らしか、結婚してからは今の家族と暮らしており、ほとんどが家族帯同の暮らしです。
大阪単身赴任時代は快適だったかと申しますと、会社がある間は快適というか誰もいさめる人がいなかったので夜の部はまさに暴れん坊将軍状態で天国でした。
ほとんどが神戸近くの三ノ宮周辺で外国人達と飲んだくれていました。
たまに女性もいましたが外国人といってもほとんどは男性ですからね。
しか〜し会社がやっていない休日は寂しかったですよ。
基本的にテキパキ家事をしていたので、土日は洗濯以外やることもなく、後はマラソンしているか京都に行っていました。で〜も目的があって京都にいくのなら宜しいのですが、行くところがないから京都に行くというのも如何なものかでして、旅の気づきや感動を共有できなければ楽しさも半減です。
そこで旅行記と称して「浪速徒然」を定期的にmailで家族に一方的に送り始めたのがこのブログの淵源というか嚆矢なのであります。

私の同級生の中には奥様との会話がなく空気のような夫婦を演じている友人がいます。
会話がなくても一緒にいるだけで幸せだという夫婦もありますがそれは小説の中での話です。多分、私の友人も結婚当初は会話があったのでしょうが知らない間に徐々に減っていったみたいです。友人は夫婦間の会話は今のままで十分だと思っていたようですが、意外や意外奥様は不満を感じているかもしれません。
多分、結婚する前にはうっすらとしか自覚していなかった価値観の違いが、子育てが終わった頃からティシュペーパーにたらしたコップの水が急速に面積を拡げていく様に二人の隙間を大きくしていったのでしょう。
それが敷桁となって会話レス夫婦に移行していったのだと思われます。
上記のようなケースでは、孤独や価値観の違いを感じた奥様が離婚を決意することがあると聞き及んでいます。
要注意であります。

そういう点ではわが家では私は不定期に奥様からいわれのない事で叱られていますが、そこで私にはなにも落ち度がないのだと抗弁しても、向こうには何らかの怒る理由がありますので、それに対して正当性を主張しても詮無いことであります。そういう意味で申せば、いわれのない叱責でも敷衍すれば家族はいたほうが良いのです。
年老いて孫が生まれて喜ぶのは、自分の未来がつながった気がするからだろうし、奥様からの叱責も生きていく手ごたえになると思えば辛抱もできるのです。
夕闇の中に真珠のような窓の明かりを纏っている無機質な高層のビル群を電車から眺めるとき、私はとても寂しい気分になります。
その様な場合は、艶然と笑う奥様の姿を思い出し家路を急ぐのであります。

He is the happiest, be he king or peasant, who finds peace in his home.
国王であれ、農民であれ、 家庭に平和を見いだせる者が、もっとも幸せである。
Johann Wolfgang von Goethe(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)


驚きました



IMG_8076
今日は神田に出没です。
今日のお店はランチタイムにはいつも混雑しており気になっていました。
今日のお店は「馬亜車(まあしゃ)」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-2-1
電話:03-5254-1130
定休日: 土曜日・日曜日・祝日

IMG_8077
お店の外観です。

IMG_8083
店内の雰囲気です。

IMG_8078
メニューです。

今日のオーダー「ミートソース(珈琲付)」@850円です。
このお店は濃い目の渋い珈琲が楽しめるのでたまにお邪魔していました。
どうやらランチも美味しいという話を聞きつけ今回初体験とあいなったのです。
店内は地元の人とリーマンが6対4くらいの割合です。
創業1973年との事ですので多分地元の人に支えらえてきたのでしょう。
今回のオーダー「ミートソース」は店員さん曰く、ミートソースはマスターの手作りですので是非召し上がってください、との事で頼みました。

IMG_8080
待つこと4分で「ミートソース」の到着です。

IMG_8081
ミートソースの存在感が大きいですね。

IMG_8082
大好きなパルメザンチーズはこのように大量にかけまわします。
それでは実食です。
うん、これは美味しいです。
ミートソースはコクがあり隠し味のワインもいい香りづけになっています。
あっと言う間に完食しました。

珈琲
これにまた食後の濃い目の珈琲がよく合うのです。
禁煙だったら最高です。
仕方ないですね昭和の喫茶店ですから・・・

それでは(^_-)