今日は「ため息をつくと幸せが逃げる」です。
ため息
だれが言い出したのかは知らないが、「ため息をつくと幸せが逃げる」なんて言葉がある。
確かに、ため息を吐く姿って、いかにも疲れた感じでつらそうだ。
「はぁ〜」と息が漏れる音を耳にするだけで気が滅入ってしまうこともある。
だから一般的には、ため息にマイナスのイメージを抱いている人が多いだろう。
だが、体の機能の面から見ると、ため息はとても役に立つものだという。
「幸せが逃げる」どころか、むしろ「体にいいもの」なのだ。

「ため息は、バランスが崩れた自律神経の働きを回復させようとする、体の作用。いわば、機能回復のためのリカバリーショットといえます」。順天堂大学医学部教授で、自律神経の働きを研究する小林弘幸氏はこう話す。
息を長く吐くと自律神経のバランスが整う。
ため息がふと出るのは、心配事や悩みを抱えているとき。そんなときの体は、胸やお腹の筋肉が緊張して硬くなり、呼吸が浅くなっている。
すると、血液の中の酸素が不足気味になる。それを補うため、体は交感神経を働かせて血管を収縮させる。
血圧を上げ、全身への酸素供給を維持しようとするわけだ。
「交感神経」は自律神経の一種。血圧や心拍数を高めて体を活性化する作用を持つ。
一方、体をリラックスさせるのは「副交感神経」。両者はいわば、アクセルとブレーキの関係だ。
自律神経のバランスを保つのは、健康の基本だ。
でも、心配事を抱えた人の自律神経は、どうしても交感神経優位に偏りがちなのである。
「ため息は、この偏りを解消します。息を『ふーっ』と長く吐くことで、浅くなった呼吸が深くなり、副交感神経がしっかりと働くのです」と小林氏は話す。
日経Gooday「おとなの体ゼミナール」より転載

会社でため息をつく輩がいますと、ため息をつくな!幸せが逃げる、だろう、とどやしつけています。
小林教授がおっしゃる通り「ため息は、バランスが崩れた自律神経の働きを回復させようとする、体の作用なのです。いわば、機能回復のためのリカバリーショットといえます」だったのですね。知りませんでした。

前述の小林教授に言わせますと、本当に疲れきったらため息も出ない、そうです。
これは、言ってみればアクセルもブレーキも動かない状態なのでかなりまずい状況なのです。
「体が疲れきって、自律神経の働きが全体的に低下しているのです。交感神経優位の状態からのリカバリー的な調節も、まともに機能しないでしょう」と小林教授はアンバランス型よりさらに深刻であると言われています。

そんな状況になると、ため息はどうなっているかと申しますと「ため息をつきたいことに、自分で気づかないかもしれませんね」という事の様です。
そう思いますと、それに比べましたら、「つい、ため息が出てしまう」状態は、体がリカバリーをしようとしているわけで、まだ健全といえるのでしょう。

結論としては何が原因でため息をついているのかあぶり出しませんと、ため息さえでなくなってしまいますのでその問題を解決しましょう。
私の好きな言葉に「問題は解決されるためにある」というのがあります。
これは日本興行銀行の重鎮だった中山素平さんのものです。
「最初からあきらめてどうします。問題は解決されるためにあるのですよ」という一種のaphorism(人生への戒め)です。問題があるから挑戦できる。挑戦できるから、失敗もできるのです。
失敗もできない、信用されない、何も任されない、認めてもらえないような人になっては、人生つまらないじゃないですか。ドキドキするような緊張と、ワクワクするような興奮を持って、問題に立ち向かっていきましょう。
トラブルはあなたの価値を決して下げません。
問題に立ち向かっていく姿が素晴らしいのです。


これはすごい・・・



IMG_7988 (2)

IMG_7986 (2)

IMG_7989
歩きたいのよ赤坂♪明かりがゆれてるタワー♪ということで念願のお店に行くことになりました。
今日のお店は「赤坂離宮」さんです。

住所: 東京都港区赤坂5-3-1赤坂BIZタワー2F
電話:03-5570-9323
定休日:不定休

IMG_8007 (2)
お店の外観です。
妙齢な女性がこの写真撮影の為にわざわざお店の前に立っていただきました。

IMG_7994

IMG_7998
店内の雰囲気です。

IMG_8008

譚彦琳
オーナーの譚親子です。
息子さんはイケメンですね。


IMG_7995

IMG_8001
メニューです。

今日のオーダー「福建炒飯(福建式あんかけチャーハン)」@2,495円、「椰汁西米露(タピオカ入りココナッツミルク)」@832円、「アイスジャスミンティー」@713円です。

IMG_7992
まずはコットンの白いテーブルクロス&ナフキンの紹介です。
ふわ〜っとしたおしぼりは今治製だそうです。しか〜も香しい匂いつきであります。
なおおしぼりはすでに使ってしまっていましたのでこの画像ではairおしぼりでお許しください。

IMG_7999
ホールスタッフの方から、お飲み物は何を召し上がりますか、と聞かれたので、お酒はのめません、と言いましたら、なにか冷たいものはいかがですか、と聞かれたので、特にいりません、と言いました。
そうしましたらそれに対して、アイスウーロンティーかアイスジャスミンティーがご用意できます、と返されたので、前後の会話からして当然のことながらタダだと思いアイスジャスミンティーをお願いしました。
しか〜し支払金額にしっかりと乗っていました。
特段お金には困ってはいませんが、これってある種の引掛けではありませんか(笑)
タダだと思い、半分以上を残してしまいました。

IMG_8002

IMG_8003
待つこと8分で「福建炒飯(福建式あんかけチャーハン)」の到着です。
見た目宝石箱の様です。
この「福建炒飯」は、食べるにしたがって目の前の宝石のような具材がみるみるうちに輝きだし、細胞のひとつひとつに養分が行きわたっていくように感じました。
特に海老とチンゲン菜の組合せは筆舌に尽くせない程の美味しさであります。
さすが赤坂離宮です。

IMG_8004

IMG_8006
待つこと15分で「椰汁西米露(タピオカ入りココナッツミルク)」の到着です。
プチプチはつらつとしたタピオカが綺麗です。
ココナッツミルクは、さらりとした口当たりですが濃厚な甘みが美味いです。

ということで20分という短い時間ですが、英世さん4人が私の財布からでていかれました。
「コスパ悪し」と言いたいところですが、接客態度もよく、料理もおいしく、雰囲気も良いのであれば「たまには良いでしょう」的お店ですね、ハイ。

それでは(^_-)