今日は「定年楽園への扉」です。
非常にショッキングなデータがあります。それは高齢者の犯罪が増加しているということです。
ニュースなどでは凶悪な少年犯罪や外国人の犯罪が目立つように思えますが、実際の数字を調べてみると(2014年度犯罪白書)、少年犯罪はピークに比べて3分の1近くに減少しています。
外国人犯罪者も2005年にピークを打ってから減少を続け、現在ではピーク時の3分の1以下になっています。

暴力団犯罪者も薬物犯罪者も着実に減少している中で、唯一、65歳以上の高齢者の犯罪だけが大幅に増えているのです。例えば約20年前の1994年に比べて高齢者の検挙者数は約4倍に増えています。
もっと驚いたことに万引き犯の約3割は高齢者、特に女性の高齢者だそうです。
一方、男性の犯罪で圧倒的に多いのは暴力・暴行犯でこちらは過去20年間で検挙数は50倍という驚異的な数字になっています。

たしかに最近はちょっとしたことですぐ大声を上げたり、キレやすくなった老人が増えているような気がします。
もちろん高齢化社会になっているわけですから絶対数が増えるのはやむを得ないとしても、この増え方は異常です。どうも我々が考えているようなお年寄り=穏やかでおとなしい社会的弱者というイメージではなくなりつつあるようです。

15年2月に発刊された「老人たちの裏社会」(宝島社)という本を読んだのですが、そこには想像を絶する高齢者の犯罪が描かれていました。私も14年6月に書いた「定年楽園」(きんざい)という本の冒頭でこの高齢者犯罪の増加に触れたのですが、事態は私が想像する以上になってきているようです。
なぜこのような高齢者の犯罪が増えているのでしょうか? 理由は2つあると思います。
1つは昔と違って最近の高齢者はとても元気だということです。確かに平均寿命が65歳ぐらいの頃(昭和30年代)の60歳と今のように80歳を超えるまで生きる時代の65歳とでは元気の度合いが全く違います。
体力もはるかに当時よりは上でしょう。元気があるから犯罪に走るというわけではありませんが、十分な体力があることはその要素の1つといえるでしょう。

もう1つの理由、これが大きな問題なのですが、孤独なお年寄りが増えてきているということです。
これは家族が居るとか居ないとかは必ずしも関係ありません。パートナーがいるにもかかわらず精神的に孤独な人は増えてきています。

私は3年前に会社を定年退職した後、ひと月ほどぶらぶらとしていた時期がありました。
その時に感じたのは、平日の昼間は本当に世の中に居るのはお年寄りばかりなのだな、ということです。
自分もその中のひとりであるということに気がつくのにあまり時間はかかりませんでしたが(笑)。

こうしたお年寄りを見ていると本当に所在なげにしているのです。公園のベンチ、図書館の中、喫茶店の中……。
ありとあらゆるところで友達と話をするでもなく本を読むでもなく、思索にふける風でもない、ぼんやりとしたお年寄りが実に多い。そしてその多くは男性です。また時としてこういうお年寄りが駅や図書館などで係員に大声で食ってかかっているところも何度も見ました。

先日、NHKの番組でも、高齢者の犯罪が取り上げられていましたが、やはりその最大の背景は孤独なお年寄りが増えていると描かれていました。万引きに手を染める高齢者の人も別にお金が無いからというわけではなく、社会との関わり合いを持ちたくてやっているということなのだそうです。これは実に悲しいことです。

私は老後の最大の問題は「お金」のことより、この「孤独」だと思います。体力もある、お金も持っている、ところが自分の居場所がない、信頼できる家族や友達がいない、というのはとても残念なことです。
これからこのコラムでも取り上げていきますが、現役世代の人は将来に向けて、人とのつながりや絆を何よりも大切に考えておいた方がいいのではないでしょうか。
日本経済新聞コラム「定年楽園への扉」より転載
定年楽園
私も最近荒れる老人をJRの車内で見かけました。
優先席でくだんの老人の隣りでチャカチャカとスマホでmailをしていた30歳前後の女性の音がうるさかったのでしょう、見ていたスポーツ新聞を丸めてその女性のスマホを叩き落とそうとしたのです。
その女性は驚いていたものの、車内でスマホをしていたからといって、そこまでの仕打ちを受けるいわれはありません、と言い返したのですが、どうやら火に油を注いだみたいで、その老人はさらに逆上して、さらにその女性を叩いたのです。
どうしようかなと笑いながら見ていたのですが、さすがに次の仕事が有ったものですから、その顛末を見届けず下車してしまいまいした。

昔の下町ではキレやすいではなく荒ぶる老人は沢山いましたので特段驚くものではありません。
下町の荒ぶる老人は体力の衰えをカバーする為に、すぐにヒカリモノを持ち出すのでマジに危険でした。
それもそのような騒ぎを起こす時はほとんどが泥酔状態ですから本当に始末に負えません。
その様な老人をいさめる時はほとんど時代劇の捕物みたいでした。
子ども心にこの大活劇にはおおいに喜んでいたものです。

脱線しましたが問題は老人の孤独ですよね。
おかげさまで信頼できる家族や友達がおりますので那辺は心配ないのですが、問題は長命です。
我が一統は短命だというのが私の運命だというように律してきましたが、この間の横浜での手相占いでは、稀に見る長命の手相だとわかって以来私の人生双六が狂ってきました。
そういう点では、長命をもくろんで停酒をしたわけではありませんし長命をもくろんでマラソンを趣味にしたわけでもありませが、もしかするとこれらが私の手の平の上に、長命の線を書き足したのかもしれません。

私には「男の美学」があります。
老醜をさらして迄長生きはしたくありません。
このまま長生きしましたら多分荒ぶる老人になる事は間違いないでしょう。
ピンピンコロリ教にでも入信しようかと衷心より思っている今日この頃なのであります。


Cool!



IMG_7940
今日は有楽町に出没です。
たまには肉でも食べるかとお邪魔したのはこちらです。
今日のお店は「ミートバル銀座」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西3-1 銀座インズ2 B1F
電話:03-3561-1477
定休日:銀座インズに準じる

IMG_7942
お店の外観です。

IMG_7945
店内の雰囲気です。

IMG_7946
メニューです。

今日のオーダー「牛ハラミの焼肉と10品目野菜の健康サラダ定食」@980円です。
このお店は銀座インズ2の地下にあります。
インズの地下はあまりパリッとしていませんが、このお店のみ光っていました。
席はカウンターでした。
肉を焼く匂いが還流してきて嫌な感じでした。
焼き場とカウンターは何らかの仕切りが欲しいところであります。

IMG_7947
待つこと7分で「牛ハラミの焼肉と10品目野菜の健康サラダ定食」の到着です。
見た目「品数多いじゃん」定食です。

IMG_7949
それでは実食です。
まずは「10品目野菜の健康サラダ」を」頂きました。
サラダは雑駁な感はありますが、意外にも美味しいのです。
イケました。

IMG_7948
そしてmain dishの「牛ハラミの焼肉」を頂きました。
肉は柔らかくジューシーでした。
高評価とまではいえませんがまずまずです。
肉が少ないですか。

ザギンという場所柄このコスパであれば良いのではないかと思います。
私は煙対策を施してもらわない限り再訪はあり得ません、ハイ。

それでは(^_-)