今日は「大垣共立銀行」です。
OKB4
今日のフリネタ「大垣共立銀行」は、日本経済新聞による金融機関の顧客満足度ランキングで2011年は総合1位(ネット系銀行を除く)、2012年はトップ10入りし、地銀では1位に輝いた岐阜県の地方銀行です。
この大垣共立銀行は、岐阜県内シェア44%、大垣市シェア82%という地元密着型の銀行で、すばらしいサービスで差別化していることでも有名です
このようにすばらしいサービスを提供している大垣共立銀行ですが、銀行のサービスを変革することがなぜできたのでしょうか。ちなみにこの美女たちはここの行員さんですから。

OKB3
その答えは、頭取の土屋氏の掲げた「我々は金融業ではなくてサービス業だ」という言葉にあります。
自らを「サービス業」と定義することは、スタッフひとりひとりの意識を変え、組織一丸となってサービス変革を推進するためには、極めて効果的なのです。
ちなみに地元トップ地銀の十六銀行を一方的にライバル視する大垣共立銀行です。
その本店ビルが17階建てなのは十六のひとつ上という意味があると言われています。

それではまず、具体的にどんなサービスを行っているのか、その一例を挙げてみたいと思います。
# 全国初のキャッシュコーナーの365日年中無休稼働。定休日を気にせず利用できます。
# 移動ATM「ひだ1号」。銀行機能をのせたバスが過疎地域を巡回してくれます。
# ドライブスルーATM。わざわざ車を降りずにATMを利用できます。
# ATMに説明スタッフ配備。不慣れなご老人などに何度でも親切に対応してくれます。
# 商談でリラックスできるように、高齢者には和風、奥さまにはキッチン風の商談室が用意されています。
OKB2

IMG_5670

IMG_5671

IMG_5672

スロットサービス開始においては、評論家の勝谷誠彦が、週刊誌「SPA!」、TBSラジオ「ストリーム」2005年7月20日の「コラムの花道」 や自身のウェブなどで、「金融機関が射幸心をあおるのはいかがなものか」、「銀行がパチンコ屋を始めた」、「不良債権処理に対しての公金投入や、低金利に加え、ATMや両替での手数料を蓄え、微々たる手数料を抽籤で免除するなど、巨馬鹿」などと批判を繰り返してきましが、同行を全国的に有名にした宣伝効果も含めて、メディアや利用者の反応は概ね好意的であったようです。
ちなみに以下のルーレットで運よく当たれば最高1,000円なので一英世さんが入金されます。
OKB1

IMG_5673
「誠 誠 Biz.ID 誠 Style 誠ブログ」他参照


今日は大阪に出没です。
この街の食べ物は安いですね。

IMG_5637
飲み放題で980円ですか。
これは竜馬でなくても「たまらんぜよ」ですね。

IMG_5655

IMG_5656

IMG_5657

IMG_5658

IMG_5659

IMG_5660

IMG_5661
キッチュな食堂街です。
なんで「焼きそば定食」が@630円で供せるのでしょうか。
もしかして消費税はいまだ5%ですか、信じられません・・・

IMG_5643

IMG_5645
ということで遅いlunchです。
今日は心斎橋に出没です。
心斎橋といえばここでしょう。
ここの「カツ丼」を食べないと大阪に来た気になりません。
今日のお店は私のお気に入りの「味万」さんです。

住所: 大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-6-12
電話:06-6252-0612
定休日:土曜日

IMG_5646

IMG_5647
お店の外観です。

IMG_5649
店内の雰囲気です

IMG_5650
メニューです。

IMG_5652
IMG_5653
今日のオーダー「カツ丼」@820円です。
待つこと7分で「カツ丼」の到着です。
揺(たゆ)う揺(たゆ)うした玉子が美味しそうです。

それでは実食です。
カツは揚げたてです。今日のカツ丼もちょっと火が入りすぎたような感じです。
もしかしたらこれがstandardだったりして・・・
カツ丼なのでカツを煮るからですからね。
玉子は半熟トロトロです。
出汁は関西風なのですこし薄めの味付けです。
これが素材の美味しさを極大化しています。
この味わいは、大阪では他の追従を許さない美味しさだと思います。
もし取調室でこのカツ丼がだされたら自白者続出でしょう(笑)
大満足の心斎橋のlate lunchでございました。

それでは(^_-)