今日は「ソーセージの思い出」です。
子供の頃読んでいたアメリカの小説にはよくソーセージ、ウィンナーの話がでてきます。
特に黒人の貧民階級を描いた小説の小道具としてよく登場していました。
彼等、黒人たちはパンにはさんで食べるのはいうまでもなく、そのまま食べていたほうがよくみられたように記憶しています。
多分手軽さ、保存、栄養面から重要な食べ物だったのでしょう。
また彼等は強い酒のつまみにソーセージなどを良く食べていました。
仕事が終わっていっぱいひっかけるのに酒だけを注文し、つまみにはおもむろにポケットからウィンナーを取りだす、といような感じですか。
私はウィンナーに見果てぬ国アメリカを投影していたのです。

魚肉ソーセージ
日本では1950年に魚肉ソーセージが商品化され、鳥獣類の肉を用いたソーセージに代わる安価な商品として、学校給食でも定番のメニューとなりました。
従いまして下町の子供達のソーセージとは即ち魚肉ソーセージの事をさします。
私の本好きの原体験は小学校の時の夏休みにあります。
夏休みになると、私はほとんど毎日図書館に本を読みに行っていました。
その時に母親がお弁当として渡してくれたのは、大きな海苔おにぎり×3個、モロキュウそして魚肉ソーセージだったのです。これがたまらなく美味しかったのです。
ですので図書館に行くのは、読書の楽しみと食事の楽しみだったのです

エラリークイーン
その当時親しんでいた本はエラリー・クイーン(Ellery Queen)の推理小説でした。
たしかエラリー・クイーンのペンネームはダニエル・ネイサンとマンフォード・エマニュエル・レポフスキーというユダヤ人の従兄弟の合作であり、その当時の都市伝説となっていた「藤子不二雄は二人いる」というのに個人的には重なっていたのでした。その頃は二人で作品を作るという分業の仕組みが分からず、考えれば考える程頭に???が浮かんできました。
今となってはエラリークイーンのプロット等は全く思いだすことはできません。
しか〜しこのハードカバーから立ち昇ってくる異邦の風情は、私の脳細胞のひとつひとつにその憧憬を染みいらせていたのです。

最近では、魚肉ソーセージは魚が主原料なので、カロリー、脂質が抑えられ、タンパク質は牛乳よりも多く、効率的に栄養補給を行ないながら、肥満が気になる人でも安心して食べられるというこことからちょっとしたブームになっています。
したがいまして私もちょこちょこ食べたりしますが、その時にはその味わいを楽しむとともに幼いころの思い出がよみがえってくるのです。


IMG_2258

IMG_2261
今日は勝ちどきに出没です。
ちなみにこのマンションは芸能人が多数入居されています。
故坂口良子さんとか、ビ▲▲たけしさんとか、和田▲▲子さんとかで地元では周知の事実であります。

炎天下の中勝ちどき駅を目指して歩いていますと、なにやら行列のお店がありました。
こういう時は並んでしまうのです。
今日のお店は「松乃家」勝どき店さんです。

住所:東京都中央区勝どき4-11-10
電話:03-6219-5033
休日:無休

IMG_2254
お店の外観です。

IMG_2246

IMG_2250

IMG_2249
店内の雰囲気です。

IMG_2255

IMG_2256
メニューです。

今日のオーダー「親子チキンモモかつ丼」@500円です。
大手牛丼フランチャイズの松屋フーズが提供する新業態のとんかつチェーンです。
本日はセール期間とかで通常@590円のものが@500円とかなりお得の値付けになっています。

おばさんスタッフが、暑い暑い、と悲鳴をあげながら作業をしいています。
そりゃぁトンカツ屋さんだから厨房内は暑いでしょう、ご苦労様です。
汗は労働の対価であります。

IMG_2251

IMG_2252
待つこと10分で「親子チキンモモかつ丼」の着丼です。
画像ではわかりにくいのですが湯気がもうもうと立ちあがっています。
すごい熱量です。

それでは実食です。
カツはサクッと揚がっていて美味しいです。
鶏肉はあまり弾力がありませんでした。
割下がイケますね。
瑕瑾をいえば卵が硬めに仕上がっています。
多分、そのように調理しなさい、という松屋さんの指導なのでしょう。
かなり残念です。
味ですか、でもイケますよ。
この味でone coinはクリビツです。
最後までカツが熱々だったのにも驚かされました。
ということは猫舌の方は敬遠された方が宜しいかもしれません・・・

それでは(^_-)