今日は「世界文化遺産を見てきました(後編)」です。
私達おとぼけ夫婦は「ぽけかる倶楽部」さんの「富岡製糸場&夏でもひんやり碓井湖・めがね橋&こんにゃくパーク見学バスツアー」に参加しました。

ということで今日は後編ですので、「こんにゃくパーク」を後にした私達は今回の目玉の世界遺産「富岡製糸場」に向かいました。

まずは「富岡製糸場」ってどのような工場だったのかを「富岡製糸場」のHPの抜粋により以下に紹介します。
「富岡製糸場は、殖産興業を推進するために国が建てた大規模な建造物群が現存する産業施設です。
繰糸場は長さ約140.4メートル、幅12.3メートル、高さ12.1メートルで、当時、世界的にみても最大規模でした。
工場建設は明治4年(1871年)から始まり、翌年の明治5年(1872年)7月に完成、10月4日には歴史的な 操業が開始されました。繭を生糸にする繰糸工場には300人取の繰糸器が置かれ、全国から集まった工女たちの手によって本格的な器械製糸が始まりました。
外国人指導者が去った明治9年以降は日本人だけで操業されました。官営期を通しての経営は必ずしも黒字ばかりではありませんでしたが、高品質に重点を置いた生糸は海外でも好評でした。
器械製糸の普及と技術者育成という当初の目的が果たされた頃、官営工場の払い下げの主旨により、明治26年(1893年)に三井家に払い下げされました。その後、明治35年(1902年)には 原合名会社に譲渡され、御法川式繰糸機による高品質生糸の大量生産や、蚕種の統一などで注目されました。昭和13年(1938年)には株式会社富岡製糸所として独立しましたが、昭和14年(1939年)には日本最大の製糸会社であった片倉製糸紡績株式会社(現・片倉工業株式会社)にされました。その後、戦中・戦後と長く製糸工場として 活躍しましたが、生糸値段の低迷などによって昭和62年(1987年)3月ついにその操業を停止しました。その後も場内のほとんどの建物は大切に保存されています。」

IMG_1795

IMG_1794
「富岡製糸場」は明治初期の状態が今でも残っている貴重な工場の為「産業遺産」として「世界遺産」に選ばれたのです。

富岡製糸1
今回のイベント会社である「ぽけかる倶楽部」さんは、ボランティア解説員によるガイドツアーを申し込んでいた事から、製糸場内は全て説明を受けながら見学できました。
従いましてこの製糸場のあらましにつきましてはよく理解できました。
ここから先は画像でお付き合いください。

#東繭倉庫です
東繭倉庫外観です。
IMG_1800

IMG_1805

この画像の通り、東繭倉庫はちょん髷をした大工さん達の手によって作られたそうです。
IMG_1799

この画像の右側は建設の指導者であるフランスのポール・ブリュナです。ブリュナは建設地を富岡に選定し、フランスから製糸場に必要となる技術者を連れてきたり、洋式の器械を日本人の体格に合うように改良したものを注文して取り寄せたりしました。
左側は初代工場長で渋沢栄一の義兄(栄一の妻・千代の兄)であり、尾高塾を開き、栄一に論語を教えた学問の師でもある尾高惇忠です。
尾高は政府の役人として建設当初から関わり、建築資材の調達に尽力するなどしました。
尾高は後に初代場長となり、フランス人に生血を吸われるという噂(実際は赤ワインを飲んでいた)により工女が集まらなかった為、娘の勇を「工女1号」として入場させました。
IMG_1802

明治5年竣工のキーストン(建築でアーチの頂部にある石)です。
IMG_1803

#操糸場です
操糸場外観です。
操糸場は繭から生糸をとり作業が行われていた場所です。
創業当初はフランス式の操糸器300釜が設置された世界最大の製糸工場でした。
操糸場

IMG_1810

この操糸場の小屋根には「トラス構造」という従来の日本にはない建築工法が用いられています。
そのため、建物内部には中央に柱のない広い空間が保たれています。
さらに採光のための多くのガラス窓や、屋根の上に蒸気抜きの越屋根が取りつけられています。
これはフランス人ポール・ブリュナの「残業して薄暗いところで作っても良いもはできない。日中日の当る明るいところで仕事をして早く終わらせるように」との考えから採光性の良い施設となったのです。
IMG_1811

IMG_1814

IMG_1815

明治の頃の操糸と現在の操糸です。
IMG_1827

IMG_1824

#ブリュナ館です
IMG_1832

IMG_1834

IMG_1833
指導者として雇われたフランス人ポール・ブリュナが家族と暮らしていた住居です。
建物は木骨煉瓦造りで建てられ、高床で回廊風のベランダをもつ風通しの良い解放感ある作りになっています。
床下には、建設当時造られた煉瓦造りの地下室が現在物残っています。
用途はワインの貯蔵庫でしょう。

#乾燥場です
IMG_1850

IMG_1851

IMG_1852
2014年2月14〜15日の大雪で乾燥場は壊れてしまいました。
他の施設も大雪補強しておきませんと世界遺産も砂上の楼閣です。

#番外編
お蚕様です。
IMG_1840

IMG_1842

IMG_1841

繭玉です。
IMG_1846

生糸です。
IMG_1843

IMG_1853

IMG_1854

IMG_1855

IMG_1856
「富岡製糸場」の見学を終えた私達は下仁田こんにゃく観光センターに向かい、そこで「こんにゃくが出来るまで」のVideoを観て、お土産を買い求め一路出発地である東京・丸ビルに向かったのです。

IMG_1857

IMG_1858
丁度18時に羽生インターで小休止しました。

IMG_1865

IMG_1864

IMG_1860
高速もおおきな渋滞が無かったので予定時間19時半に東京・丸ビルに戻って参りました。
今回のイベント参加の感想ですか?
「富岡製糸場」は世界遺産に選ばれた理由にはおおいに納得です。
一度は行っておかれたほうが宜しいかと思います、ハイ。


IMG_1867

IMG_1870
ということで無事に東京に着いた私達が次にしなければいけないのは夕食です。
丸ビルあたりで美味しいところと言えばこちらです。
今日のお店は「きじ」丸の内店さんです。

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_1869
お店の外観です。

IMG_1873
店内の雰囲気です。

IMG_1868
メニューです。

IMG_1871
お店の引戸の手掛け用引手は「お好み焼き用の小手」でできていました。
結構通っていたのにもかかわらず知りませんでした。

IMG_1877
私が通っていた頃の店長の戸田さんは軽井沢「さんてん寛」さんの店長になるようです。
というか戸田さんは2005年4月から株式会社TOKI(資本金:20百万円)の社長で、現在「きじ丸の内店」「きじ品川店」「さんてん寛六本木店」を経営しておりであらたに軽井沢「さんてん寛」さんの店長も兼ねるというのが正しい説明なのです。

今日のオーダー
「トマト」@380円
「スジポン」@570円
「スジモダン焼き」@1,320円
「豚チーズ」@1,000円
です。

IMG_1874

IMG_1875
待つこと3分で「トマト」と「スジポン」が到着しました。
「トマト」は意外に甘くて結構でした。
「スジポン」はさっぱりしていて且つ「牛すじ」の脂身がポン酢にあっていて美味しいです。

IMG_1880
待つこと8分で「スジモダン焼き」の到着です。
見た目ベチャコですがbad appearance、but good tasteです。
焼きそばをだしと玉子に絡めてオムソバ風にジューシーに焼き上げたものですが、これが美味しいのです。
とろとろの玉子がそばに絡みつくこの口内感触がたまらないのです。
時間とともに深まる鉄板から漂ってくる芳しい匂いが美味しさを倍加させます。
この世に極楽があるとすればこの食べ物を食べている時でしょう。最高です。

IMG_1882
待つこと23分で「豚チーズ」の到着です。
見た目チーズのパウダーがまき散らされていて美味しそうです。
「スジモダン焼き」に負けるとも劣らぬ香ばしい匂いがたまりません・・・
しか〜し私達夫婦の満腹中枢は先の「スジモダン焼き」で頂点を極めており、これ以上の強い食欲は残っていなく、食欲は義務に変わっていたのでした。
多分空腹で頂ければ美味しかったのでしょうが、ごめんなさい。
完食するのが精一杯でした。

それでは(^_-)