今日は「我が人生に余熱あり」です。
「毎日が長くて仕方ない」「何もすることがない」等中身が空っぽの人生は唾棄するものであります。
受動的な生き方に人生はあれもこれもと与えてくれません。
Ask, and it shall be given you.(求めよさらば与えられん)
言い換えれば“人生とは白い紙に一生懸命に絵を描いていくような道のり”なのです。
50歳を過ぎたあたりから人生のゴールテープが遠目にも見える様になってきました。
そのゴールまでの距離を漫然と流すのではなく、激しく叩きつけるような意気ごみで駆け抜けたいと思っていましたし、そうあるべきだと思っていたのです。

ところが本日あるdiscrepancy(食い違い)にふと気がついたのです。
実は我が奥様から、そのようなこと言っているけれど、定年後にはやりたいことがやれないし、食べたいものは食べられないのよ、と常日頃言われ続けていたことを曲解していたのでした。
それまでこの奥様の発言を、定年後には経済的問題が立ちふさがり行動・食生活が制限されるものと理解していたのですが、それはそれで存在するものの、最大のdiscrepancy(食い違い)は体力の衰えを全く考慮していなかった事なのです。
奥様の発言の真意はそこにあったのでした。
人より体力に自信があることから、2020年の東京オリンピックにはマラソンで出走するんだ、なんて広言していましたので、すご〜くお目出度いというか浅慮至極というかこの性格の為に、指摘されていた大きな欠落に全く気がつかなかったのです。
加齢により食べたいものが食べられないとか走りたい距離が走れないとかいう事は、私の人生には絶対に有りえない、起きないと勝手に擦り込んでいたのです。

老いる事は悲しい事ではありません。
老後には自由が満ちています。
会社からも、家族からも、時間からも、今まで縛り付けられていたしがらみからも解放されます。
加えて他人の目からも解放されます。
楽しみが溢(あふ)れかえっています。
心を入れ替えました。
二度とない人生、畢竟低空飛行になろうともいきいきと飛び続けるのです。
その様な状況下の中で完全燃焼し、素晴らしい達成感、豊かな満足感を得るのです。
幸いな事に定年まではまだまだ時間があります。
今なら大きな軌道修正ができるはずです、人生のゴールテープを切る間際には思い残す事が無いようにしたいのです、いやしなければならないでしょう一度限りの人生ですから!

The unexamined life is not worth living.
吟味されざる生に、生きる価値なし。
Socrates(ソクラテス)

アルバイト店員が店の冷蔵庫内で寝そべったり、厨房で汚い行為をしたり、回転すし店で客がすしにタバコを指したりする写真をツイッターなどにアップする迷惑行為が相次いだが、今度は「迷惑動画」がアップされているとネットで騒動になっています。
動画のタイトルは「コンビニへのイタズラ」というもので、セブンイレブンで大量の商品を買い物かごに入れ、計算後に「カネが足りない」と返却する、というものです。
動画が投稿されたユーチューブのコメント欄には「ふざけるな!」などといった批判が殺到し、「炎上」状態になっています。
このような中学生もいます。
ちなみにこの若者は大津市立田上中学校の生徒らしいですよ。
ここまで身元がばれた現在、ご両親は一体どうようにけじめ終息なされるのでしょうか・・・
少年老い易く学成り難し(しょうねんおいやすくがくなりがたし)ですからね。



今日は池尻大橋に出没です。
ちょっと仕事に空き時間がありましたので目黒天空庭園に立ち寄りました。
目黒天空庭園とは、目黒区大橋にある首都高速道路大橋ジャンクションの屋上にオープンした巨大なループ状の公園です。
全国初のジャンクション上公園となる同園は、1周400メートル、総面積約7000平方メートルの敷地に、高木・中木およそ1,000本、低木・地被類およそ3万株を植栽。緑豊かな園内を回遊し、四季折々の自然や日本の文化に親しむことができるのです。
エレベーターで上がっていくとそこには不思議な空間が出現しました。
公園の下に高速道路が走っているのにもかかわらず、この日本庭園は都会の喧騒を忘れさせてくれます。
目黒天空庭園

IMG_7713

IMG_7695

IMG_7697

IMG_7700

IMG_7698

IMG_7699

IMG_7701

IMG_7702

IMG_7703

IMG_7704
IMG_7706

IMG_7707


今日はなぜか昼食を食べそこねました。
といってもそれ程の空腹感もなく、珈琲でも飲もうかと立ち寄ったのがこちら「エクセルシオール」池尻大橋店さんです。

住所: 東京都目黒区大橋2-23-1 西渋谷ハイウェービル1F
電話:03-5465-6400
定休日:無休

IMG_7711
お店の外観です。

IMG_7708
店内の雰囲気です。

本日のオーダー「フレンチトーストショコラバナナ&珈琲」@480+@280=760円です。
「ドトール」さんに良く行く割には「エクセルシオール」さんが「ドトール」さんの関連会社だとは知りませんでした。
ちなみに「ドトール(doutor)」とはポルトガル語で、「医者」「博士」という意味で、英語でいう「doctor」とほぼ同じ意味になるそうですよ。
創業者の鳥羽博道さんがブラジルのコーヒー農園で働いていたころ、下宿していた場所が「ドトールピントフェライス通り85番地」であったことから、その後日本に帰り会社を設立した際にそのころの気持ちを忘れないために名づけたそうです。
今回訪れた「エクセルシオール(Excelsior)」さんは、ラテン語で「優れた」、「気品のある」あるいは「常に向上する」を意味する単語です。
「ドトールコーヒー」さんは、低価格で人気を博していた「ドトールコーヒーショップ」とは別に、新たな事業を模索していました。
その最大のテーマは日本人の嗜好にフィットするような店があったらとの思いだったそうです。
そして、その思いから誕生させたのがエスプレッソコーヒーや、カフェラテ、カプチーノなどのスペシャリティコーヒーをドリンクメニューのメインとしたイタリア流のお店が「エクセルシオール」さんなのでした。
しかし、販売するものを変えても「ドトールコーヒーショップ」と差別化ができるか否かが大きな焦点でした。
その為、カップの重さや椅子の座り心地、つくりおきの豆は一切使用しないなど細かい部分まで差別化を図り、独自の店舗を展開しているのです。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_7709

IMG_7710
待つこと10分で「フレンチトーストショコラバナナ&珈琲」の到着です。
見た目、生クリームこんもりトースト、です。

それでは実食です。
フレンチトーストはできあいです。冷蔵庫に入っていたパンをトースターで焼く?温めるだけです。
従いまして玉子は表面にうっすらと付着しているだけで中まで浸透していません。
トースト自体はパサパサしていてどちらかといえば揚げパンの風情です。
生クリームはちょっとoilyですが甘さは控えめですか。
見た目勝ちですね(笑)
味ですか、このようなジャンクな味は大好きです。
チェイン店さんにきて多くを望んでいけません。
そういう輩はそのようなお店に行けばよいのです。
High calorieの為かなり血糖値があがり元気がでました。
今日も深夜まで働くぞ、おう!

それでは(^_-)