今日は「Splashな話」です。
宜しかったらお付き合いください。

#1.どら焼きヌーボー
どら焼きヌーボー

IMG_7562

IMG_7563

IMG_7564

IMG_7570

IMG_7572

IMG_7567

IMG_7568
その年に収穫されたばかりの、初物の新小豆を使い仕立てる「どら焼きヌーボー」。
2013年の解禁日は、10月25日(金)です!
北海道十勝平野にある町、芽室(めむろ)町。
どら焼きヌーボーの餡は、 この芽室町の小豆生産者である辻野さんが育てた小豆だけを使い、 仕上げられます。

収穫されたばかりの新小豆を炊いて作る餡は、瑞々しい味わいです。
穫れたての小豆の持つ、素材の力を存分に楽しめるのです。
生産者のこだわりと菓子職人のこだわりが詰まった、 一年に一度だけの特別などら焼き、それが「どら焼きヌーボー」なのです。

本当にこれを食べるためにこの一年を生きてきたようなものです。
梱包をはがすのをもどかしく感じながら秒殺で開梱しました。
そして我が口に頬張りました。
とても、すごく、きわめて美味しい〜
今年も口福の神が我家に降臨してきました。
「どら焼きの神様」ありがとうございま〜す!
「どら焼きの神様」ってもしかしたらドラエンモンだったりして・・・

#2.鎌倉幕府は存在しなかった
鎌倉幕府
「イイクニつくろう」で鎌倉幕府の成立は1192年、という定説が揺らいでいる、と最近よく話題になっています。読売新聞が夕刊トップで掲載した「変わる日本史教科書」というタイトルの記事では、改訂された高校生用の日本史教科書が、鎌倉幕府の成立の時期について「1180年」から「1192年」まで6つの説を載せていることを紹介していました(平成25年3月27日付)。

なぜそんなことになるのでしょうか。その答えが『歴史をつかむ技法』(山本博文・著 新潮新書)に書いてあります。
もともと「幕府」という言葉は、中国が起源。出征中の将軍が幔幕を張って宿営しているところを指したのですが、これが日本では武家政権のことを指すようにもなりました。ただし、一般に広く武家政権のことが「幕府」と呼ばれるようになったのは、なんと江戸時代の末期からだそうです。

つまり、源頼朝が鎌倉に政府を開いた際には、「幕府」なんて言葉は使っていなかったわけです。当然、頼朝はもちろんのこと、周囲の誰も「鎌倉幕府が出来た!」なんて盛り上がりは見せていません。したがって、正確に言えば、当時は「鎌倉幕府」など存在していなかったことになります。 

結局、いつ「鎌倉幕府」が出来たのかという答えは、後世の歴史学者の定義や解釈で異なってくるわけです。「安倍政権」「オバマ政権」といった現代の区分とは別のものなのです。こうした事情から、今の歴史教科書では「イイクニつくろう鎌倉幕府」というシンプルな教え方が消えていきました。
同書によれば、鎌倉時代や室町時代に、征夷大将軍が実際に「将軍」と呼ばれることも少なかったし、江戸時代には「藩」という言葉もほとんど使われていなかったそうです。こういう事実を知ると、歴史小説やドラマの見方までがまた変わってくるのではないでしょうか。
「鎌倉幕府」は存在しなかった!変わる日本史の常識」矢来町ぐるり より転載

これは全く知りませんでした。
誤解があるといけませんので補足します。
武家政権(幕府)はみな征夷大将軍任官をもって成立としていますから、個人的には1192年をもって鎌倉武家政権(幕府)成立とするのが妥当と思います。
仮に1180年や1185年をもって鎌倉幕府成立とするなら、徳川家康の江戸入り(1590年)や秀吉の死(1598年)、関が原の戦い(1600年)をもって実質的な江戸幕府成立としていい、という論理が通ってしまいます。1180年、1185年などは頼朝が武家政権を開く過程を詳しく問う問題では必要な年号ですが、あえて6つも紹介する必要はないと思うのです。


LEXUSは、全世界共通のブランドイメージを確立するため、「AMAZING IN MOTION」というスローガンを元に、グローバル規模のキャンペーンを行っています。「お客様の期待を超える驚きと感動を提供し続ける」という思いが込められたこのスローガン。今回のキャンペーンでは「クルマ」を作るだけでなく、時代の先を見据えた高級車とライフスタイルの結びつきを提案するために、デザイン・映像・建築などの幅広い分野での活動を通じ、LEXUSと関わるユーザーに、より豊かなライフスタイルを提案していくことを目指しています。
その一環として創りあげたのが、このCMです。



IMG_7590

IMG_7591
IMG_7592
今日は丸の内に出没です。
ここのところパン食にはまっています。
従いましてどこぞにベーカーリーレストランはないかなと探していましたら、飛び込んできたのがこちらです。
ということで今日のお店は「神戸屋アーバンダイニング」丸の内店さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内1-6-4丸の内オアゾ
電話:03-5220-5011
定休日:年中無休 (但し、1月1日及び2月第3日曜日は除く)

IMG_7594
お店の外観です。

IMG_7603
店内の雰囲気です。

IMG_7595

IMG_7596
メニューです。

本日のオーダー「イタリアンオムレツ&ペンネボスカイオーラパスタランチ」@1,228円です。
実は私、神戸屋さんは好きではありません。
理由は呼び込みです。大半の方がヤケクソ状態で絶叫呼び込みをしています。
特に妙齢の女性がそれをしているのを見ると、仕事選びなよ!って声掛けしたくなります。
本当に憐れに思えてくるのです。
なんなのですかね、あの絶叫をみてパンを買いたくなる人っていないと思うのです。
パン屋さんは味で勝負してください。
呼び込みより口コミが王道だと思います。
この会社の社長が本当にこの呼び込みを由としているのであれば、単なる「裸の王様」でしょう、そのような狷介さを感じてしまいます。

閑話休題おはなしはもどりまして

IMG_7597
食べ放題のパンです。
First roundはスウィートパン(神戸屋スペシャル)、レーズンパン、クルミパンです。
ウン、美味しいですね。特にスウィートパン(神戸屋スペシャル)は好きな味です。

IMG_7598
待つこと6分で「イタリアンオムレツ&ペンネボスカイオーラパスタランチ」の到着です。
見た目、イタリアの昼食、です。
それでは実食です。

IMG_7600
イタリアンオムレツは熱々です。オムレツの間に挟まれているひき肉が良いアクセントとなっています。イケますね。

IMG_7601
ペンネボスカイオーラは見た目通りの味です。
特段のsurpriseはありませんでした。

IMG_7602
Second roundはスウィートパン(神戸屋スペシャル)、クルミとイチジクのパンです。
イチジクの風合いが楽しめました。

正直なところコスパはよくありません。
しか〜し熱々のパンが食べ放題なのでパン好きな私としては判官贔屓してしまうお店なのです。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)