今日は「長男の誕生日」です。
我が家は奥様が偉いのか、子供達ができているのか、家族の誕生日は皆で祝うのがお約束になっています。
そのお祝いは持ち回り幹事の熱意で年々豪華になってきており、支払い担当の私としては嬉しい悲鳴です。
長男は今から20数年前に生れました。
正直初めての子供でしたので、根っからの子煩悩の私はその誕生に狂喜しました。
それに加えて子供好きの亡き父母がとても喜んでくれたので、少しは親孝行の真似ができたのかなと思っています。

私の奥様はとても几帳面な性格です。
几帳面な性格とは単なる奥様の性格外相描写ですので、その是非はそれ以上それ以下のものでもありません。
ちょっと晦渋な文章となりましたが、書いた意図は行間を読んでください。

閑話休題おはなしはもどりまして
几帳面な性格ですよね、長男の予定日が9月20日でしたが生まれる気配は微塵(みじん)もありませんでした。
▲▲(奥様の名前)は几帳面なので、きっちりと予定日に産むよ。出産は体力勝負なので、しっかりとしたものを食べときなよ、ということで前日の夜、おとぼけ夫婦は焼肉を食べに行ったのです。
次の日の朝、まるで計ったように陣痛が始まり、それに呼応して近隣に住んでいた母が初孫の誕生ということで猛然とはりきり始めました。
その後は壊れたジェトコースター状態となりました。
私は会社を早退させられるは、長男は難産でなかなか生まれてこないは、その難産をわけのわからない父が怒り始めるはで、まさにてんやわんや状態の中、家族全員の祝福を受けて長男はこの世に生まれたのでした、でした。

IMG_7222
この日の私は自宅改修の立会をしており終日家におりました。
夕方、次男が帰宅したので、交替してジムに走りに行こうとしたら、ラン靴がありません。
多分改修工事でどこかかに退避したのかなと思っていたのですが、その夜に、カラオケ熱唱後帰宅した奥様が私に、ごめんなさい、▲▲さん(私の事)、探せと言われたラン靴はビニール袋にしまってベランダに置いてあったんだけど、今日間違えてゴミとして出してしまいました。本当にごめんなさい、土下座して謝ります、と懺悔したのです。
捨ててしまったものは仕方ないですが、今まで命の次に大事にしていたラン靴、しかも四足全部ですよ・・・
懺悔を聞いた後の私は、放心状態となり寝込んでしまいました。


imagesCALYU81G
ということで今日は長男の誕生日パーティーです。
今回の仕切りは私です。
そして選んだ会場は、自宅からはすこし遠いのですが大泉学園に忽然と現れた本格中華の名店「八」さんです。
それではパーティー会場にLet’s move on!

住所: 東京都練馬区大泉学園町1-1-19第二パールハイツ1階
電話:03-6311-0672
定休日:月曜日

IMG_7223
お店の外観です。

IMG_7224
まずは「Shall we make a toast?」です。
私は停酒中なのでお酒はあまり興味がなかったのですが、このお店かなりお酒の種類は豊富の様です。
頼んだお酒、私はノンアルコールビール、長男は杏露酒、次男は赤梅酒、奥様は藍苺酒です。

#前菜です。
IMG_7225
1.帆立とオクラの紹興酒漬
2.自家製叉焼、胡桃の飴炊き
3.海月(クラゲ)の頭スモークサーモン巻、パクチーのドレッシング添え
4.苦瓜、生姜、新生姜の甘酢漬
いずもれ手の込んだものです。
My surpriseは「海月(クラゲ)の頭スモークサーモン巻、パクチーのドレッシング添え」です。
多分生れてこの方「海月(クラゲ)の頭」は食したことがありません、所謂初体験です。
なな何ですか、この絶妙な質感は、例えて言えば赤貝から野趣を除き洗練した風情の味わいです。
これは美味しい、bravoです。パクチーのドレッシングが秀逸です。
「自家製叉焼、胡桃の飴炊き」もスゴイ、質感、滋養感が横溢しています。
これだけの叉焼を作れる人が練馬区にいたとは、感嘆の言葉がおもわずもれてきます。
「帆立とオクラの紹興酒漬」は、帆立の甘さを思い切り際立させています、美味しいです。
「苦瓜、生姜、新生姜の甘酢漬」は清涼感を極めるとこのような料理になるのでしょうか
感動の域に達しています。
高野夫妻、前菜からfull slotです、今夜の料理は楽しめそうです

◆スープです。
IMG_7226
冬瓜、干し椎茸、鶏肉、松茸、金華ハム(中国・浙江省の金華地区で生産されるハムの一種)、百合の蕾のスープです。
家族全員この美味しさに放心状態です。
この世に極楽があるとすれば、今でしょ、です。
これはbravoでしょう!

IMG_7227
長男はspecialty itemです。
なな何と幹事(私の事)が大奮発して、長男のスープには「ふかひれ」を入れてもらいました。
「ふかぞり」ではなくて「ふかひれ」ですぞ!
皆の者、フカヒレ様の御前でござるぞ、頭が高い、控えおろう、です。
これは形容のしようがありません、美味しさが付き抜けると、人間の心には「無の境地」が生じます。
どうやら長男は今「悟り」を開いたようです・・・

◆シューマイです。
IMG_7229
外観が黄色が特製シューマイです。
豚肉と干し椎茸が入っています。
質感、肉感ウマウマです。
外観が緑色が蒸し餃子です。
海老とドライトマトが入っています。
中で海老が踊っているのではないですか。
安定感ある美味しさです。

◆鶏のパリパリ揚げです。
IMG_7230

IMG_7231
鶏の皮を水飴と酢でcoatingして揚げています。
北京ダックと同じ製法で仕上げているとのことです。
大葉と玉葱のサラダ添えです。
このパリパリ揚げは山椒と塩の調味料につけていただきます。

画像で見てもおわかりのようにテリがすごいです。
全部が飴色です。そして皮はパリパリです。
肉はとてもjuicyです。じっくりと低温で時間をかけて揚げているので骨まで軟らかです。
これはスゴイ・・・
超ウマウマです。秒殺でこの「鶏のパリパリ揚げ」は家族の胃に収納されました。

◆「韓国カボチャと大海老の炒め」です。
IMG_7232
「韓国カボチャ(ズッキーニの様な味わい)と大海老の炒め」には豆苗(とうみょう)、生木耳、海苔ジャン(焼き海苔と生海苔の佃煮)、紅芯大根、セロリ、白あわび茸(エリンギ)が入っています。
この美味しさは天まで突き抜けています。
そしてこの美味しさを表現する言葉が見いだせません。
高野chefは海苔ジャンが入っているため和食tasteに陥りそうなので、意識的に中華風あじわいを心がけたと、いわれていましたが、その出来栄えは大拍手ものです。
白あわび茸が白眉です。感動の一皿です。

◆海老のあんかけ炒飯です。
IMG_7233
卵白のあんかけは高野chefがふんわり感を心がけて作られた一品です。
これは・・・とても、すごく、きわめて美味しいです。
私の炒飯の概念を変えました。まさにamazingです。
家族もこの一品を今日一にしていました。

◆デザートです。
IMG_7235
黒ゴマのプリン、ジャスミン茶のシャーベット、ココナッツの団子(蓮の実の餡入り)です。
これは全て美味しいです。
以前から奥様の律子さんのデザートのセンスは敬畏していましたが、今日のデザートもすごいですね。
特にジャスミン茶のシャーベットの甘さ加減に感動しました。
多分これ以上に甘かったら下品ですし、これ以下の甘さで有れば物足りなかったでしょう。
所謂見切り寸止めの味わいでした、拍手です。

IMG_7236

IMG_7239
長男のbirthday plateです。

どうですかこの「八」さんは・・・
高野夫妻の料理の技は、今まさに玉乗りの曲芸師のように弾みにはずんでいるようであります。
このような旬の調理人の料理を味わうのが食べ歩きの醍醐味です。
宜しかったらお立ちより下さい。
ちなみに料金は@4,000円/人(飲み物別)でお願いしました。
お得感ありありですね:D

IMG_7242

IMG_7243
この後男組だけで恒例のカラオケにいきました。
そして帰宅した私には冒頭の大大不幸が待ちうけていたのです(悲)

それでは(^_-)