今日は「がんがんでしょう!」です。
向田邦子が短編「だらだら坂」〜で登場する女性の泣き顔を形容して書いている。「小さなドブから水が溢れるように、ジワジワビショビショと涙が溢れた」。2つ擬態語をつないだことでパンチカを持ち、並の女性の顔とは違うのだという雰囲気を醸し出している。
擬音語・擬態語のたぐいは厄介である。手垢がついたものを不用意に使うと俗に堕す。賞味期限も短い。だから森鴎外や三島由紀夫は嫌った。一方で、ツボにはまれば鮮やかで意外でもある。「白菜が赤帯しめて店先にうっふんうっふん肩を並べる」(俵万智)。散文より詩歌こそが腕の見せどころといえるかもしれない。
近年よく使われるようになった5つの擬態語を文化庁の「国語に関する世論調査」が取り上げた。「きんきんに冷えたビール」「パソコンがさくさく動く」「ざっくりとした説明」「気持ちがほっこりする」「うるうるとした瞳」。こう並べているだけで少し気恥ずかしいのは、もう陳腐の影が忍び寄っているからだろう。 
事実、「さくさく」をこうした文脈で使うのを聞いたことがある人は38%だが、残り4つは 70%を超えている。「うるうる」にいたっては85%だ。これでは涙顔に「うるうる」と書く気がしない。とはいえ、どんな顔を目にしたところで「ジワジワビショビショ」と思いつくはずもない。日本語はまったく難しく、面白い。
日本経済新聞「春秋」より転載

kinkin
異論あ〜りです。
冷えたビールが「きんきん」とか「ぎんぎん」ですと、そんな擬態語はありえません。
「きんきん」といえば日本国民であれば愛川欣也さんです。
悲しいことに愛川欣也さんはビールではありません。
さらに申せば、「きんきん」には何か光っているよう感じこそしますが、冷たい感じはしません、キッパリ!

一方の「ぎんぎん」は広辞苑では
1 金属的で耳に不快にひびく鋭く甲高い声や音。「女の―した声」
2 頭や耳に感じる鋭い痛み。「耳が―痛む」
となっており、冷たい感じについては、東京から長崎ぐらいにかけ離れています。
強いていえ〜ば、「ぎんぎん」は「きんきん」の濁音擬態語なのそれを強調しているという点では認めてもよいでしょう。

あえて私は声を大にして言いたい、冷えたビールですので、これを表す擬態語は「がんがん」しかありませ〜ん!
これしか腹に落ちませ〜ん!
使用例は「がんがん」に冷えたビールを「グビグビ」と飲むです。
これでしょう!
ちなみに国語辞典で「がんがん」は
1 音や声が大きく響くさま。やかましく聞こえるさま。「ドラム缶を―(と)たたく」「そんなに―言わないでくれ」
2 頭の中で大きな音が響くように、ひどく痛むさま。「二日酔いで頭が―する」
3 勢いが盛んで激しいさま。「ストーブを―燃やす」「―勉強する」
となっています。
この中で該当するのは3の「勢いが盛んで激しいさま」でしょう。
「がんがん」に冷えているという言い方は田中マー君の光速ストライクです、自信あ〜り!

で〜も感覚の問題ですから、これで決まりだ、とは言えないものの(その実言っている)、私は自分の感覚がおかしいとは思っていません・・・


予想していたのに笑ってしまいます:D



IMG_7189

IMG_7201

IMG_7193

IMG_7191
今日は両国に出没です、ドスコイです。
今日はまともな時間にlunchがとれそうです。
そんな私の目の前に飛び込んできたのは「香港楼」両国店さんです。

住所: 東京都墨田区両国2-14-5
電話:03-3635-9168
定休日:無休

IMG_7195
お店の外観です。

IMG_7199
店内の雰囲気です。

IMG_7196
メニューです。

今日のオーダー「カニタマランチ(漬物、デザート、ライスお替り自由)」@780円です。
最近でこそ行っていませんが、このお店の雷門本店は大のお気に入りです。

IMG_7197

IMG_7198
待つこと7分で「カニタマランチ」の到着です。
見た目、本格中華風、です。

カニタマはカニ肉、ネギ、シイタケをまろやか、ふっくらの玉子で包んだものに軽やかな甘酢をひたひたにかけ回したものです。
味ですか、美味しいじゃないですか。
カニ肉が楽しめます。
特に玉子のふっくらさはかなりの技です。
しか〜しカニタマを作った後にすこし放置してから甘酢をかけ回したようです。
甘酢は熱々なのにカニタマは少し冷えていました、少し残念です。
でも美味しかったので由としませう。
お店の人の話によると香港楼は同族経営で皆姻戚繋がりだそうです。
所謂一の華僑さんですね・・・

それでは(^_-)