今日は「詐欺」の話です。
私が人事の時に横行していた詐欺に紳士録詐欺がありました。
所轄の警察署で定期的に開催されていた丸暴セミナーでも注意喚起を促していました。
かなり巧妙な詐欺です。
以下に紹介しますのでご確認してください。

Aさんは、とある会社で営業部長に昇進しました。そんなAさんに、ある日、Bを名乗る紳士風の人物から、一本の電話がかかってきました。

B:Aさんですか。このたびは営業部長昇進おめでとうございます。  

A:・・・はい、ありがとうございます。ところでどちら様でしょうか。 

B:私は、紳士録名鑑のBと申します。紳士録は、一部上場企業の課長さん、二部上場企業の部長さん以上の役職の方はほぼ全員載せて頂いております。もちろん掲載は無料ですので、Aさんも紳士録に掲載したらどうですか。

A:(しばし考え、無料だからいいかと思い)皆さん載せるものなのですね。じゃあ、お願いします。

一か月後、Aさんのもとに、Aさんも掲載された紳士録とその購入代金5万円の請求書が、一方的に送られてきました。Aさんは、紳士録の購入など申し込んだことはありませんでしたが、5万円くらいであればいいかとの安易な考えから、振込手続きをとりました。

それから時は流れ、五年後、Aさんのもとに、Cという人物から電話がかかってきました。

C:Aさんはいますか。

A:私ですが。

C:紳士録名鑑のCだが、あなた、どうなっているの。

A:何のことでしょうか。

C:紳士録のことだよ。あれからあなた放ったままでしょう。

A:(五年前のことを思い出し)ああ、そういえば以前、無料と聞いて掲載を了承したことはあります。ただ、放っておくもなにも、あれからなにも連絡がなかったものですから。

C:何をいっているんだ。紳士録は、毎年更新するのが常識だろう。ともかく今度改訂版を出すから、このまま載せるのか、抹消するのか決めてくれ。更新料は50万円、抹消料は20万円だ。どっちにするの。

A:・・・じゃあ、抹消でお願いします。

C:ああ、そうか。それじゃ20万円を今からいう口座に振り込むように。わかったな。

Aさんは、何のことか分からないまま、これで済めばいいかと考えてこれを承諾し、20万円を振り込んでしまいました。すると、程なくDなる人物から電話がかかってきました。

D:Aさんはいるかね。

A:私ですが。    

D:紳士録総本部のDだが、あなた、紳士録登録を抹消するらしいな。

A:はい。そういうことで、Cさんには連絡してお金も振り込みましたけど。

D:なにいってるんだ。Cのところは知らんが、うちの出してる紳士録はもう既に印刷に入っているんだ。これを取り消すには、100万円必要だ。今すぐ振り込まないなら、おたくの会社で話をさせてもらう。誠意がみられなければ、おたくの会社は大変なことになるぞ。分かってるな。・・・

仕方なくAさんは100万円を振り込みましたが、その後もAさんのもとには他の紳士録業者を名乗る人物から、紳士録の登録抹消料の名目で恐喝めいた電話が毎日のようにかかってきています。Aさんは一人でこの問題を抱え込み、ノイローゼ気味の日々を過ごしています。

※このように、紳士録への掲載を勧誘し、その後様々な名目で高額・不当な金員を請求する商法を紳士録商法といいます。この紳士録商法の被害者は、会社の管理職や社会的地位のある人が多いことが特徴です。

先の例についてみますと、そもそも当初のAさんと紳士録名鑑のBなる人物との間で成立した契約は、あくまで「紳士録名鑑なる団体が今度発行する紳士録に無料でAを掲載すること」に尽きるものです。したがって、その後の紳士録の購入や更新料、抹消料について、Bらから何ら説明を受けていなかったAさんには、これを支払うべき義務は全く認められなかったのです。

では、Aさんはどのように対処すべきだったのでしょうか。
まず、Aさんは、当初の交渉の時に、Bらの所属する団体の正式名称、住所及び担当者のフルネーム等を確認したうえで、自分にどのような義務が生じるかを明確にしておくべきでした。
次に、Aさんは、他人に相談することもなくその場その場で即答、約束しているようですが、このような対応はまさに相手の思うつぼであり、これを避けるべきでした。
さらにAさんは、その場凌ぎで紳士録の代金や抹消料名目の金員を振り込んでいますが、これに味をしめた相手方は、さらに要求をエスカレートさせたと考えられます。したがってAさんは、理由のない金員は一切支払うべきではありませんでした。結局、 Aさんとしては、毅然とした態度で相手の不当な要求を拒む勇気をもつことが必要だったのです。
「紳士録商法にご用心」中部経済新聞H13.11.15掲載記事より転載

どうですかこの話はこわいでしょう。
世の中には頭のよい人がいるものです。
私が受けた丸暴セミナーでは役員昇進した方に被害が多かったように記憶しています。
実際の対応策で「当初の交渉の時に、Bらの所属する団体の正式名称、住所及び担当者のフルネーム等を確認したうえで、自分にどのような義務が生じるかを明確にしておくべきでした。」となっていますが、役員昇進で舞い上がっている時にここまで冷静な対応はむずかしかったのではないかと思います。
要は“Nothing is more expensive than what you get for free.(ただより高いものはない)”ということです。

セクシーメード
少しレベルが下がった話です。
この画像は等身大のセクシーメイド(空気注入式)です。
大昔のアメリカで横行した詐欺です。
このセクシーメードを期待して大金を送った人にこれとはまったく別ものが送られてきていたようですよ。

さらに似たような話で私が中学生の時に聞いた実話です。
「男女が艶めかしく絡み合った48手のすべて」というイカガワシイ広告に飛びついた剣道部の先輩(高校1年生)は、早速その料金分の切手(当時は現金より切手だった)を送ってその画像の到着を待っていました。
三週間後先輩の指定した私書箱にその郵便が到着しました。
その先輩は仲の良かった悪友を呼んでその封筒をおもむろに開けると、同封されていた画像は・・・
わかりますよね(笑)
そうなのです。体操着を着た男女が相撲の48手をしていて、ご丁寧にもその技の解説文が添えられていたとのことです。


IMG_5397
今日は武蔵嵐山に出没です。
ということでlunchを食べる店は限れている武蔵嵐山の駅前ですので、決め打ちで前回同様に今日のお店は「満腹ラーメン三宝」さんです。

住所: 埼玉県比企郡嵐山町川島2315-7
電話:0493-62-7746
定休日:水曜・第3木曜

IMG_5393
お店の外観です。

IMG_5395
店内の雰囲気です。

IMG_5394
メニューです。

今日のオーダー「チャーハン」@630円です。
このお店に向かうtaxiの運転手さんもこのお店の常連だということがわかりました。
それはということで運転手さんのこのお店のおすすめを聞けば「チャーハン」とのことです。
実際に店内では私を含めて「チャーハン」を頼んでいた人は4人もいました。
期待できそうですね。

IMG_5396
待つこと5分で「チャーハン」の到着です。
見た目美チャーハンです。
それでは実食です。
チャーハンのあおりは完璧です。
ご飯一粒々がきちんと炒まっています。
美味しいじゃないですか!
さらに付けくわえればかなり意外なのですが上品な美味しさです。
脇役の紅生姜君がnice assistです。
グリーンピースも光っていましたね。
武蔵嵐山のlunchはここで決まりですね!
ごちそうさまでした

それでは(^_-)