今日は「北海道の結婚式」の話です。

私は中森明菜フリークです
この歌を聴くと北海道の結婚式を思い出します。
何故かといえば私の取引先の三島さんのカラオケの持ち歌が「駅」だったからです。
どこから声を出しているのと言いたいくらい甘〜い声で上手に歌うのですね。ちょっと悔しい・・・
三島さんはたまさか私と年が同じだったので仲良く遊んでいました。
彼は新潟大学理学部化学科卒だったので妙にelite意識が強く、東京の私大卒の私に対してなにかとrival意識を持っていたのです。
酔うと必ず、▲▲(私のこと)の大学なんか楽勝に入れた。入れなかったのは家が貧乏だったからだ。新大(しんだい)も奨学金で卒業したんだ。東京のボンボン大学を親の金で卒業したのとはワケが違うんだ、と私にからむのです。
しか〜し私は新大(しんだい)なんか全く眼中になく、そのようにからまれても馬耳東風でいつも無視していました。
それが彼にとってはすごく腹立たしかったようです。
まるで日本と韓国の関係みたいです。

韓国の若者は、韓国の若者は日本のことをよく勉強しているに、日本の若者は韓国の事を全く知らないと、言いきっています。
例えば日本の若者に万歳(まんせい)事件(日本の植民地支配に反対して展開された朝鮮独立運動)のことを聞いてもその事件そのものを知っている者はほとんどいないとも断じています。
それでも韓国のことを良く知っている日本人といえばK-POP(ケイ・ポップ)、韓タレのファンの女性達が思い浮かぶが、その知的レベルはかなり低く且その知識は偏狭的であると腐しています。
日本と韓国の関係を敷衍(ふえん)するとこのようなことになります。

閑話休題おはなしはもどりまして
そんな彼がかしこまってある日私のオフイスにやってきました。
重たげな手土産を持ってきています。
なにか嫌な予感が・・・
最初は仕事の話をしていたのですが、最後の方になって、実は今付き合っている彼女がいて、俺の子供を産みたいっていうんで、今度結婚するんだ。本当に悪いんだけれど友人代表のスピーチを頼まれてくれないかな。一生のお願いだ、と言ってテーブルに額をこすりつけて頼んできたのです。
ちょっと待ってよ。三島さんって別れた奥さんとの間に子供がいるんで、結婚しないっていっていたし、その子供に不憫なお思いをさせているので、二度と子供は作らないともいっていたじゃない、って言うと、思い通りにならないのが人生だ、と開き直っています。
さらに、私は生粋の江戸っ子で道産子でもないし。発起人主催の結婚式何かでたことないし。位(くらい)付けで私に頼むのなら支店長にたのみなよ。来賓挨拶くらいしてくれるよ、と切り返すと、そこをなんとか、と哀願するのです。
すると偶然支店長が、打合せの部屋に挨拶に入ってきて、事の経緯(いきさつ)を聞いて、▲▲、お前は江戸っ子だろ、頼まれたら嫌って言えないんじゃないの、と駄目だし押されて受けることとなったのです。

北海道の結婚式
北海道の結婚式ですが、すこし内地(本州)と違うのです。
そもそもご祝儀は会費制です。そしてその会費には領収書がでます。
式は発起人の結婚祝賀会の開会の挨拶で始まります。
いいですか、結婚式ではなく結婚祝賀会ですからね。
さらに会の運営は発起人が仕切り、会の進行のみを司会者が行います。
参加者がやたら多いです。
多分町会の人とかもよんでいるんではないのでしょうか?
余興はやたら盛り上がります。結婚式でtabooな下品なパフォーマンスも平気で行われます。余興が始まると出席者の席の移動が頻繁になりこれが本当に結婚式なのかなという感じ、即ち礼服がdress codeの居酒屋みたいです。

スキラッチ
私の友人代表のスピーチは、その当時ジュビロ磐田で大活躍していたサルヴァトーレ・スキラッチのサルヴァトーレ(救世主)をフリネタにして、三島さんは、三島さんが勤める会社の救世主になりえるみたいな、結婚式なのでよいしょを交えつつ且つかなり格調高い内容だったのですが、ほとんど誰も聞いておらず、ガヤガヤと五月蠅いおしゃべりが私のスピーチを掻き消していました。
なんじゃい、前の日4時間も予行演習したのに、とスピーチの終わった後は腹立ち紛れに会費の3倍は飲んでいました。
最後に三島家のご家族から丁重なお礼の挨拶があったのでこのわだかまりは消えたのですが、あまりにお気楽な結婚式驚いたものです。
個人的には厳粛な結婚式のほうが離婚しにくく、何となくお気楽な結婚式は離婚しやすいいのではと、離婚率の高い北海道の背景を何となく感じとっていました。


私の悲劇・・・



IMG_5070
今週は毎日帰りが遅く疲れています。
停酒しているのでガチにフルフルで働いているので仕事に遊びがありません。
忙しいのはあまり苦にはしない方なのですが、それにも限度があります・・・
今日も取引先との打合せが終わって時計を見たら21時30分です。
さすがに会社に戻る気もせず、夕食をとることにしました。
今日のお店は「ビストロ オットー」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル1F
電話:03-5958-0418
定休日:無休

IMG_5057
お店の外観です。

IMG_5062
店内の雰囲気です。
今のカップルってスマホみながら話をしているのですね、というか隣のカップル見たら80%自分のスマホを見ていて会話がありません。
スマホをみながらお酒飲み且料理を食べているのです。
一体何しに来ているのですかね(笑)

IMG_5060
メニューです。

今日のオーダー「ニンニクと鷹の爪のパスタ(大盛)+テーブルチャージ」@950+@220+@315=¥1,465です。
今日のホールの女性はすこしかったるいのです。
ここのパスタは量が少ないので、少しガッツリしたものを食べたかったので、パスタのdefaultの量を聞けば、わかりません、大盛の量は、わかりません、と言って厨房にそそくさと確認に行きました。こんなものなのですかね最近のアルバイト?の方って・・・
さらにテーブルチャージについても説明がなく、支払い時に言われました。
そもそもテーブルチャージはテーブル席に案内され、チャージ料を支払った段階で、 「この席はこの客のもの」という約束が成立するものなのに、まあこのお店は儲けるための便法なのでしょう。
私は決してstingy(けち)ではありません。
このblogの来訪店もB級グルメといいながらも、美味しければお金に糸目はつけずA級店にも行っています。
唾棄しているのは料理やサービス面でプロ意識の欠如しているお店だけなのでです。

閑話休題おはなしはもどりまして

IMG_5065

IMG_5063

IMG_5066
まずはパンです。
ただのパンです(笑)

IMG_5067

IMG_5068
待つこと8分で「ニンニクと鷹の爪のパスタ(大盛)」の到着です。
麺量150gです、結構ありますね。
目の子でいえば170〜180gみたいな感じですか。
パスタが光っています。
実食です、ウ〜ンこれは美味しいですね。
アーリオ(にんにく)とオーリオ(オリーブオイル)がそれぞれ個性を発揮しながら融合しています。
味付けもギリギリの加減で、これが後半ターボみたいに味をふくらませます。
イケますネ。
このお店の調理の方は優秀です。
ホールスタッフやオーナーが×(ペケ)でも味が良ければいいのです。
そんなことを思いながら家路についた池袋の夜でした、演歌の世界か・・・

それでは(^_-)