今日は「オムニバスな一日」の話です。
最近続きますね。
お馴染の「オムニバスな一日」です。

◆サントリーの「伊右衛門」バージョン山手線登場
伊衛門トレイン

IMG_4556

IMG_4553

IMG_4555
有楽町で山手線をまっていたらラッピングトレインが入線してきました。
やるな!伊藤園さんと思っていたらサントリーさんでした。
失礼しました。
車内まで「伊右衛門」一色です。これはすごいですね・・・
折角ですのでラッピングトレイン第一弾になった経緯について以下に記しておきます。
みどり色に「茶」の文字が載ったシンプルなパッケージの「伊右衛門」。どちらもイメージカラーが同じみどり色という共通点を持つ両者だが、今回、「伊右衛門」がこの、サントリービジネスエキスパート 宣伝部・課長の越野多門氏に話を聞いた。「昨年12月にJR東日本様が『みどりの山手線誕生50周年』に関するプレスリリースを発表された後、グループ会社のジェイアール東日本企画様が車体広告の販売を始められましたが、当社が真っ先に手を挙げさせていただきました。もともと、昨年10月に『抹茶入り伊右衛門』として大リニューアルを行いましたが、さらに美味しくなった「伊右衛門」を、“みどり”というテーマカラーでお客様の心に印象的に伝えたいという想いがありました。山手線と伊右衛門の“みどり”という色の相性はもちろん、通勤・通学から買い物客まで多様な方が利用する山手線は、『伊右衛門』のターゲットとも合致します。また、山手線というブランド力のある路線は、「伊右衛門」のブランド価値をもうワンステージ上げてくれる魅力的な媒体だと感じました」なお、期間中に「伊右衛門」トレインに接触すると考えられている人数は約150万人。かなりの人が「伊右衛門」トレインを目にすることになる。しかし、テレビやネットなど広告媒体が多様化するなかで、なぜ「交通広告」に目をつけたのだろうか。「現代は情報が氾濫しています。お客様に商品を効果的に覚えていただくためにはテレビ広告だけでは十分ではないと考えます。その点、今回のような車体のラッピング広告はインパクトが強く、テレビとの相乗効果も期待できます。しかも、広告を見て興味を持っていただいた方々が、さまざまなソーシャルメディアを使って情報を拡散してくれます。このように、情報の起点となりうるのが交通広告の強みだと考えます。鮮度を重要視しつつ話題性を持たせたい新しいキャンペーンや新商品の認知拡大を狙う際に、まさにうってつけの媒体だと思います」(越野氏)
「ニコニコニュース」より転載


◆東京最古の靴磨きオバアサン
IMG_4582

IMG_4584
日本橋高島屋さんの真横で営業している靴磨きのオバアサンに靴を磨いてもらいました。
最初は茅場町で10年、その後で現在地高島屋脇で37年の計47年の業歴ですと。
すごいですね。
場所柄もうかってよいでしょう、と聞きますと、この商売は景気に左右されるのよ。お兄さんは客がついているところしか見てないからそう言えるのよ。景気が悪いと極端に暇になるのよね、不思議なものね、とこぼしていました。
さらに、道路使用許可は毎年更新だし、その費用は30,000円もかかるんだから。割りのよい商売ではないわよね。細く長くこれがこの商売なのよ、と完璧に自らに言い聞かせるように語っていました。
特に私が御贔屓にしている有楽町の靴磨き集団「千葉スペシャル」さんに対しては、あの人達はず〜っと道路使用許可も取らずにやっていたモグリ靴磨き屋でしょう。何か最近TVにでてチヤホヤされているけれど、あんなの靴磨き屋じゃないよね、と一刀両断に切り捨てていました。
成るほど同業者は「千葉スペシャル」さんをそのように見ていたのですね・・
最後にさすがに業歴47年のキャリアです。私の靴は見事なほどにspic and spanとなりました。
この古典芸能的な料金は600円です。すごくお安いですね。

情報、データ、知識を視覚的にわかりやすく表現したインフォグラフィック画や映像は最近よく見かけるようになったが、この動画(+画像)は、にほんの中学生の統計をインフォグラフィック化したものだそうだ。 文部科学省や厚生労働省の統計データを元にしているという。



IMG_4535

IMG_4536
今日は奥様と汐留に出没です。日曜日のお汐留ですので目ぼしいお店は休業しています。
その中、年中無休で唯一気を吐いているのが「中華の台所香港屋」新橋店さんです。
ということで今日のお店は「中華の台所香港屋」新橋店さんです。

住所: 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1F
電話番号:03-3289-1146
定休日:無休

IMG_4518
お店の外観です。

IMG_4526

IMG_4532
店内の雰囲気です。
今日のランチタイム、私達夫婦以外は全員料理と一緒にお酒を楽しんでいます。
最近の日本人って昼からのお酒を飲む人が増えていのですね。

IMG_4519

IMG_4521

IMG_4524
メニューです。

IMG_4525
奥様のオーダー「ラーメン」@600円です。
待つこと12分で着丼です。
見た目美ラーメンです。
麺は中太縮れ麺です。
みるからにsimpleなラーメンです。
味ですか、スープの味付けが薄味すぎます。
それ以外はそこそこの味ですので残念ですね。

IMG_4527

IMG_4530
私のオーダー「牛モツのピリ辛炒め」@980円です。
待つこと14分で着皿です。
これはハチノスですね。
ハチノスは下茹でしたものを野菜と一緒に煽って作ります。
味ですが、これはすごく美味しいですね。
唐辛子もそれなりに投入されていて、その為に辛さも過不足がありません。
これは作り手のセンスが光る一品です。

IMG_4531
2人でshareした「餃子」@480円です。
これは焼き具合満点、なかのみっしりとした肉多めの餡も満点、何とも美味しい餃子です。
久々に餃子らしい餃子を頂きました。
このお店、店内は少しレトロというかくたびれている言った方が適切なのですが、味はかなりのlevelですね。
満足なlunchでした。 

それでは(^_-)