今日は「電子書籍」の話です。
電子書籍
電予書籍は文字や図など書籍の内容を電子機器の画面に表示する仕組みだ。電子書籍の販売サービスが続々と登場し、話題になっている。 
電子書籍が読める電子機器はスマホ、IPadなどのタブレット、パソコンなど各種ある。最近、種類が増えて注目されてぃるのが、書籍サイズの専用端末だ。「電子書籍端末」や「電子書籍リーダー」や「電子ブックリーダー」などと呼ばれている。 
多くの専用端末の画面表示には「電子ペーパー」という技術が利用されていて、あたかも紙に印刷した文字のように読める。テレビやパソコンの画面のような発光がないので、まぶしくなく、目にも優しい。 
専用端末の扱い方は書籍に似ている。重さも200聴焚爾多く、普通の本1冊くらいの軽さだ。外形も普通の本のサイズ。表示部分は6インチと文庫本のページ面くらい。 
縦書き表示も見やすい。文字を大きくするよう指定できるため、細かい文字が苦手な高齢者にも向いている。 
紙の書籍と違うのは、電子機器なので電気が必要なこと。しかし一度充電すれば10日以上もつので、あまり不便はない。 
また100冊以上の電子書籍が1つの装置に納まるので持ち運びしやすい。本棚に場所を取らないのもメリットだ。重たい辞書なども電子書籍なら手軽に扱える。
日経新聞「電子書籍の楽しみ方」より転載

最近の図書館では電子書籍用のserviceがあります。
それは欲しい図書を申し込むとその本が自分の端末に送られて貸出期限が到来すると自動的に消滅してしまう仕組みです。

すでに米国では電子書籍が当り前になっています。
もともとalphabetを駆使する人達が作ったものですから電子書籍は使いやすいのでしょう。
日本でもコミックとか漫画当たりは電子書籍で読まれることが多くなっているようです。
それと老眼の方々は電子書籍がfontを自由にかえらえるので重宝のようですよ。

実は私、電子書籍の類は電子辞書以外未体験です。
そもそも本は五感で読むものです。本の感触、本の匂い、本の装丁、本の大きさ、本の重さ等は本を親しむのに大事な要諦です。
また英単語は英語辞書のどこそこに載っていたなと思いだすことがありますし、漢字も同様です。
電子書籍ではこのような技は難しいのではと思います。

電子書籍が普及すると作家の方々は大変なようです。
現在の印税は出版数に印税を乗ずるものです。しがって10万部刷れば本印税を@10円とすると1百万円になります。これは実際の販売部数と連関しません。即ち仮に10万部売れなくても1百円は保証されるのです。
ところが電子書籍ですと1clickでcountされるので作家への身入りはclick数に乗じた直截的なものとなるのでいきおい見入りはsevereなものとなります。
さらに言えば作家のサイン会などは消滅してしまいます。
本屋もなくなってしまうかもしれません。

寝っ転びながら本を読む楽しみは電子書籍にはできませんし、読み古しの本に書きこまれた書き込みに遠い昔を思いはせることは電子書籍には無理でしょう。
その反面辞書と事典は電子書籍の独壇場でしょうし、出張等で本を持ちこむとき時には複数冊を簡便に持ち込める電子書籍の利点は本にはないものです。
個人的には本と電子書籍は共存共栄していくと思いますし、そうでなければならないと思います。


最強のおばあちゃん(就職支援会社) 南アフリカのCMです。


IMG_3889
今日はお茶の水のYMCAに通院の為に出没です。

IMG_3888
この画像はYMCAができたころのお茶ノ水の眺望です。
走法を踵着地走法から爪先着地走法に替えたことにより筋肉疲労が蓄積されアキレス腱にきたようです。
診断の結果はアキレス腱の腱鞘炎でした。
Doctorからは年末・年始のrunningは厳禁と申しわたされました。
勿論痛くて走れないので走る訳はありません。

という事でlunchですが、今日のお店は以前から気になっていました老舗天麩羅屋「八ツ手屋」さんです。

住所: 東京都千代田区神田司町2-16
電話:03-3256-6630
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_3914
お店の外観です。

八手弥
店内の雰囲気です。

IMG_3915
メニューです。

今日のオーダー「上天丼」@1,000円です。
下町神田に在る老舗「天丼屋」さんです。味も佇まいも昭和レトロのお店です。
家族4人の八つの手で創業したから、「八つ手屋」だそうですよ。

入って見て驚いたことに超満員です。
外観からはうかがい知れない混雑ぶりに超くりびつです。
待つこと20分で着丼です。

IMG_3916
お吸い物はおすましににゅうめん、三つ葉が浮かんでいます。
熱々のお吸い物は料亭levelです、すごく美味しい。

IMG_3917
Side dishのお新香は酸味があって不思議な味わいです。
個人的にはあまりこの天丼にはあわないような気がします。

IMG_3918

IMG_3920
天丼の具はそんなに大きくない海老が2本にインゲンが1本、海老の下にイカのかき揚げが2個という布陣です。
初め小さめの丼だと思っていましたが丼の底が深くご飯もかなり上まで入っていて、その上に天ぷらが載っているので溢れるばかりのボリュームに見えます。
天丼の丼つゆは下町では珍しい甘い味付けです。天麩羅の衣は大きく、衣の味はほのかに甘くて、丼つゆをしっかりくぐっているので衣だけでもイケます。
味ですか美味しいですけれど、ショッパイ味付けに慣れ親しんでいる下町っ子の舌には少し違和感があります。しかし@1,000円でこの味わいであれば大満足な天丼です。

それでは(^_-)