今日は「チョコを食べてノーベル賞」の話です。

チョコレートの消費量が多い国はノーベル賞受賞者を多く輩出していることを示した研究ノートが11日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に掲載された。
米コロンビア大学(Columbia University)のフランツ・メッセーリ(Franz Messerli)教授が執筆した。この研究ノートによれば、ココアや緑茶、赤ワイン、そしてある種のフルーツに含まれる抗酸化物質のフラボノイドは、「老化による認知能力の衰えを遅らせたり回復させたりする効果」があるとみられている。
メッセーリ教授は、チョコレートの摂取により個人だけでなく人口全体の認知機能が改善されるとの仮説に基づき、各メーカーが公表する23か国の1人当たりのチョコレート消費量と、国民1000万人当たりのノーベル賞受賞者数の相関関係を調査した。すると驚くべきことに、これらの間には「密接で顕著な線形相関関係」があることが分かったという。

チョコレートの原料となるカカオ豆は、古代のアステカ人やマヤ人によって飲料の原料として利用されていた。16世紀にスペインの征服者らが欧州に持ち込み、19世紀のスイスで現在食べられている固形のチョコレートに進化した。
メッセーリ教授によれば、チョコレート消費量・ノーベル賞受賞者数ともに最も多かった国は当然ながらスイスだった。米国、フランス、ドイツは中ほどの順位に付け、最下位グループには中国、日本、ブラジルが入った。
唯一の例外はスウェーデンだった。国民1人が1年間に消費するチョコレートの量は6.4キログラムで、これを基に割り出したノーベル賞受賞者数は14人ほどだったが、実際には32人もの受賞者を輩出している。

メッセーリ教授はこの理由について、同国ストックホルム(Stockholm)に本部を置くノーベル賞委員会(Nobel Committee)の「愛国的バイアス」が影響しているか、あるいはスウェーデン人が他国民と比べてチョコレートに対する「感受性」が特に高く、わずかな量でも認知能力を大幅に増幅させているかのどちらかだと結論している。だがメッセーリ教授は最後に、「これらの発見は仮説を生むものでしかなく、今後さらなる調査が必要だ」との注意書きを添えている。
「AFPBSS News」より転載


そうですか、チョコを食べると「老化による認知能力の衰えを遅らせたり回復させたりする効果」があるのですか、知りませんでした。
米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に載っているのでプラフではないと思いますが、でも相関関係でしょう。母数不足ではないかと邪推してしまうのですが・・・

チョコは大好きです。美味しいですよね。
お子チャマみたいで恥ずかしいのですが、気温が18℃以下になると鞄の中にチョコレートを忍ばせています。
頭がボーっとしたときに、one pieceを口にいれてはチョコレートの甘さと香りを楽しんでいます。

IMG_2642

IMG_2643

IMG_2644

無題
私にとって、気温が18℃以下になったときの、もう一つの楽しみとして下町ならではの甘味「鯛焼き」があります。

下町では両国にある「浪花家本店」さんでがmy favoriteです。
ここの鯛焼の皮は外硬内柔です。つまり表面は硬く焼き上がっていますが、内側はもっちりとした食感が楽しめるのです。あんこは、口の中で一つ一つの小豆の形が感じられる“粒あん”で甘さ控えめです。
ちなみに両国の「浪花家本店」は、麻布十番の現店主の弟弟子が受け継いだ店だそうですよ。さらにいえば両国の「浪花家本店」から暖簾分けしたのが、森下の「森下浪花家」だそうです。
店構えの立派さからいうと「森下浪速家」(森下)がドベで、次に「浪花家本店」(両国)ですか、絶巓は「浪花家総本店」(麻布十番)ですね。ほとんど業歴、味ともども変わらないのにこのように、商売の巧拙によって殷賑の差が際立つというのは面白いものです。

下町っ子の私としては、ALL「浪速家」の鯛焼は通算500枚以上食べています。
お好みの鯛焼は舌が馴染んじゃったこともあり「浪花家本店」(両国)が一番好きです。
しかし接客が横柄で、最近は好きではありませんね。
昔は下町のいたる所に「鯛焼き屋」さんはあったのに何で衰退してしまったのでしょうか。多分甘味嗜好の多様化でケーキ等に持っていかれたのでしょうね。

鯛焼きの焼き型には、1匹ずつ焼き上げる型と複数匹を一度に焼き上げる型の2種類があります。前者を「天然物」「一本焼き」、後者を「養殖物」とも呼ばれています。手間がかかる前者の焼型の使用は減少を続けていますが、こだわりを持つ鯛焼き職人もいるのですよ。天然物と養殖物は焼き方が違い、また、火の通り方が異なることから味も違うといわれています。ちなみにALL「浪速家」は一本焼きです。
あの型をひっくり返す、カチャカチャとする音をきかないと、鯛焼きを買った気になりません。

最近個人的に評価の高いのは関西では抜群の知名度を有す「鳴門鯛焼本舗 神田西口店」です。
ここも「一本焼き」を頑なに守っています。


今日は神田に出没です。
また行ってしまいました。
ということで今日のお店はこのblogではお馴染の「石川亭」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-5-6 小山第二ビル1F
電話:03-3291-3158
定休日:日曜・祝日(ランチ予約不可)

IMG_3039
お店の外観です。

IMG_3041
店内の雰囲気です。

IMG_3040
メニューです。

本日のオーダーは「本日のランチ」@1,100円です。
内容は前菜、鶏レバーと栗のムース、主菜、鶏もも肉の煮込み 浅利とキャベツのソース仕立てです。

IMG_3043

IMG_3044
前菜の鶏レバーと栗のムースです。
野菜のedgeが立っていて口内での野菜の歯切れが気持ち良い食感となっています。
栗のムースは、たおやかな栗の甘さと野趣あふれるムースのコラボが私の味覚神経を心地よく支配してくれます。
できますれば、この心地よい余韻が絶えないよう祈りながら食(しょく)しています。
これは名品ですね・・・美味しい。

IMG_3045

IMG_3046
主菜の鶏もも肉の煮込み 浅利とキャベツのソース仕立てです
鶏もも肉は身離れがよくとても良く煮込まれています。
付け合わせのキャベツはグズグズに炊かれていて、キャベツの筋も掻き消えているような柔らかさです。
浅利は出汁(だし)で十二分に存在感をだしています。
これも名品ですね・・・美味しい。

それでは(^_-)