今日は「真説油小路事件」の話です。
私は京都が大好きです。
大阪在住の時は単身赴任だったこともあり、月に2回は京都に遊びに行っていました。
通算で50回以上は京都に行っています。
そんなこともあり、いつのまにか京都通を任じていたのですが、それが「砂上の楼閣」だったというのがわかったのです。この間京都に出張した時に新幹線の待ち時間に京都を逍遥しました。
その際油小路事件の場所を再度現認しにいったのです。

油小路事件というのは伊東甲子太郎という美男の誉れ高い御陵衛子が新撰組に木津屋橋近くで謀殺された事件です。伊東甲子太郎はその際新撰組に首を槍で刺しぬかれながらも応戦して、一名を斬捨てると油小路通りへ逃げて、北に数メートル行った「本光寺」あたりで、力尽きたということになっていました。しかし首を槍で刺し抜かれて闘える人間なんかはいるわけがありません。

IMG_2574
私は今まで「本光寺」がこの画像のお寺だと思っていました。しかしこんな明るいお寺の前で暗殺者は人を襲うのだろうかと、何か釈然としない思いに蹂躙されていたのです。
しかし今日氷解したのです。この画像のお寺は「霊石不動堂」であり、「本光寺」ではなかったのです。ちなみにこのお寺は「新選組まぼろしの屯所」だそうです。

IMG_2573

IMG_2571

IMG_2572
若干脇道にそれますが、新撰組の屯所は八木邸が手狭になり西本願寺に屯所を移転し、さらに慶応3年(1867年)に新撰組は不動堂村に移り、そこに屯所を構えたそうです。
しかしその不動堂村の屯所は上記「霊石不動堂」以外にも「リーガロイヤルホテル京都」と「リーガロイヤルホテル京都」から5分ほど西に歩いた場所に建つ「ハトヤ瑞鳳閣」と二つあります。つまり新撰組の不動堂村屯所は、実際1物件ですが現状ですと3物件あったことになります。京都市の史跡設置は意外にアバウトのようです。

閑話休題おはなしはもどりまして
本光寺
実は「本光寺」はこのお寺だったのです。
この画像は「不楽是如何〜史跡めぐりドライブ〜」様からの拝借です。
しかし京都の地名は分かりにくいですね。
その分かりにくさが私におおいなる曲解をあたえたのでした。
ということで「砂上の楼閣」を説明する為にここまで長々と引っ張ってしまいましたm(__)m
いずれにしても「本光寺」には絶対に行かなくてはと強く思っています。

油小路地図
それにしても油小路事件は不可解です。
幕末歴史家達は、まずこの地図のA地点を伊東甲子太郎のFirst attack pointとしておりC地点「本光寺」を絶命の場所として、D地点を油小路の粛清の場所としています。
参考までに油小路の粛清とは以下の内容です。
新選組は油小路七条の辻に伊東の遺骸を放置し、その周りに伏せ、遺体を引き取りにきた同志をまとめて粛清しようとした。遺骸を引き取りにきた同志は、藤堂平助・篠原泰之進・鈴木三樹三郎・服部武雄・毛内有之助・加納道之助・富山弥兵衛の7名であった。この待ち伏せによって、新選組結盟以来の生え抜き隊士で元八番隊組長を務めた藤堂平助のほかに、服部武雄・毛内有之助の3名が討死した。

私の考えはA地点が供応を受けた近藤勇の愛妾宅でB地点がFirst attack pointでC地点「本光寺」が絶命の場所でD地点が油小路の粛清の場所です。
私の推察でいくと近藤勇の愛妾宅を出た伊東甲子太郎は御陵衛子の屯所がある高台寺に向かいB地点にあるいていきます。そしてB地点で新撰組は伊東甲子太郎を襲撃します。そこから伊東甲子太郎は後ずさりしながらC地点「本光寺」まで下がります。そこで大石鍬次郎に電光一閃の一太刀を浴びて即死するのです。
これならなんの矛盾がないとおもうのですが、如何でしょうか・・・
幕末歴史家達の説ですと、A地点でほぼ即死状態の人がC地点まで歩行するということになります。
このような振る舞いができるのはゾンビだけでしょう。
久々に自信ありです。


今日は神田に出没です。
すいません、また吸い寄せられてしまいました。
今日のお店はこのblogではお馴染の「石川亭」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-5-6 小山第二ビル1F
電話:03-3291-3158
定休日:日曜・祝日(ランチ予約不可)

IMG_2537
お店の外観です。

IMG_2539

IMG_2540
店内の雰囲気です。

IMG_2538
メニューです。

本日のオーダーは「本日のランチ」@1,100円です。
内容は前菜、鶏肉とキノコのテリーヌ マスタードマヨネーズ添え、主菜、豚ロースのキャラメルゼ、です。

IMG_2541
前菜の「鶏肉とキノコのテリーヌ マスタードマヨネーズ添え」です。
キノコの食感がこんなに心弾むものなのかと思わせる一品です。
上品な味わいがいつまでも余韻として残ります。
マスタードマヨネーズがテリーヌの良きアクセントになっています。
これは美味しいですね。

IMG_2542
主菜の「豚ロースのキャラメルゼ」です。
見るからに美味しそうです。
キャラメルゼに包まれた豚ロースはまるで不思議な国のアリス状態です。
豚ロースの食べ方に奥行きを与えてくれた一品です。
これも美味しいですね。

それでは(^_-)