今日は「TV雑感」の話です。
実は、私はほとんどTVをみません。
記録こそ取っていませんが朝の通勤前の支度で時計替わりに見る程度ですので、テレビの総視聴時間は一週間で3時間+アルファです。
帰宅はほとんど毎日が1時前後(会社からの直行便)です。
帰宅したらmailをcheckしてから入浴しその後奥様と雑談した後はバタンキューと寝るだけですので帰宅後はテレビを見ることはありません。
したがって私のもっているTVの感想は朝のモーニングショーだけです。
モーニングショーに限って申せば、報道というのは我々がほしい情報を知らせるのが仕事だと思うのです。
テレビ
それ故に小林幸子さん個人事務所の幹部解任騒動によりも北朝鮮のミサイルの事を知りたいし元総理の鳩山さんがイランに行ってまた不適切発言したとかの方がよっぽど知りたいのです。
小林幸子さんの個人事務所の幹部解任騒動のような愚にも付かないことばかり報道していたら本当にテレビは見捨てられネットに全部持っていかれると思うのです。

特に最近のmultipurposeのスピードと進化の早さは驚きを禁じ得ません。
デジタルカメラ、ビデオカメラ、カーナビゲーション、インターネット、そしてテレビ等の何種類の機能がすっぽりとスマホの中に格納されてしまいました。
要はテレビのような単機能の情報ツールはmultipurposeの世界ではいまや恐竜状態だというのが正直な感想です。
さらにインターネット上のデータ配信のようなon demandが全盛の中でテレビのようなone-wayのコンテンツというものは情報嗜好の充足度に適していないと思います。
テレビは本当に一日も早くinteractive(双方向)の世界を構築しないと、今の視聴者から真にkick outされてしまうのではと思う今日この頃であります。
個人的にテレビでインターネットを見るのは興ざめなので、敢えてその使用方法は除外して論じています。

Does TV make our culture, reflect it, or is it supposed to enhance it?テレビは文化をつくり出しているのか、単にそれを反映しているのか、それとも文化を高めているのか?
というpros and cons(賛否両論)の機能論もTV黎明期には確かにあったのでしょうが、今や“That is an old story!”となってしまいました・・・

結論としてやはりTVはつまらない


How strange it all is!
!
不思議な感覚を体感したい方の視聴はヘッドホンでお願いします!

今日は岩本町に出没です。
今日のお店は以前からとても気になっていた独創的チャイナ食堂「胡椒饅頭 PAOPAOラーメン」さんです。

住所: 東京都千代田区岩本町3-1-5 スミトー神田岩本町ビル1F
電話:03-3863-8032
休日:日曜・祝日

IMG_0591
お店の外観です。

IMG_0588
メニューです。

IMG_0589

IMG_0590
今日のオーダー「酸辣こしょう麺」@890円です。
店内は超満員です。しかも大半の人が「坦々麺」か「酸辣こしょう麺」を頼んでいるので店内を俯瞰しますと赤、赤、真っ赤とまるで“血の池地獄”にいるような錯覚に陥ります。
待つこと15分で着丼です。

見た目「辛麺」です・
このこしょう麺と呼ばれる麺は店のオリジナルらしく、麺には胡椒が練り込まれています。
しかしその麺量はいくらなんでも少な過ぎるでしょうという感じです。
麺は胡椒が練り込まれている割には特別辛いという感じではなく食べやすかったのですが、もう少しコシが欲しいところでもあります。
スープはとろみがなくあっさりとした真っ赤系ですがスープ自体は美味しいですネ。
具材は白菜と刻みネギ、しいたけがふた切れ程度とコスパはここでもよくありません。茹で海老が3尾が威厳を高めるかのようにセンターに配されているのがご愛嬌です。
味ですか、酸っぱ辛です。こういうのを美味しいというのかどうか疑問ですので、実際に食べてみては如何でしょうか、としか申せません・・・
こういう味って、お奨めしていいものかどうか悩む今日この頃であります。

それでは(^_-)