今日は「東京スカイツリー」の話です。 
東京スカイツリーの始まりは2003年12月、いまから6年余前にさかのぼります。当時、東京の放送会社6社が、600m級の新タワーを求めて「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足させました。その6社とは、
日本放送協会=NHK、
日本テレビ放送網=日テレ、
東京放送=TBS、
フジテレビジョン、テレビ朝日、テレビ東京、です。うーん、そうそうたるメンバーですね。

これら、NHKと在京民放5社は、かねてから新タワーの必要性とその是非を検討していたのですが、デジタル放送全般の幅広い普及と、ワンセグなどデジタル放送特有の機能の有効活用を図るためには600m級のタワーの有効性は高い、という共通認識に至りました。そこで、放送事業者だけでなく、誘致提案者や団体と連携して、新タワーを推進させよう、というプロジェクトが発足したのです。そこから様々な経緯を経て、東京スカイツリーを建設している現在に至っています。

つまりは、東京スカイツリーの第一の役割は電波塔なんです。一方で、地上波デジタル放送は今現在すでに放送されていますから、不思議に思われる方がいらっしゃるかもしれません。そのあたりを補足しましょう。関東地方の地上デジタル放送は、先のプロジェクト発足と同じく2003年12月より放送が開始されています。ですが、当時から都心部には200mを超える超高層ビルが林立していて、そうしたビルの陰では電波が届きにくくなるという影響が生じかねませんでした。そこで、そうした影響を受けにくい、より高いところからの電波送信が検討され、具体的には600m級のタワーからの送信が望まれたのです。

「在京6社新タワー推進プロジェクト」においてすでに「600m級」という、どんなタワーかを示す言葉が入っているのはそうした経緯によるものです。また、携帯端末向けデジタル放送サービスの「ワンセグ」のエリア拡大や、災害時等の防災機能のタワーとしての役割も期待されています。上下水道や電気、道路や橋梁、病院や公園など、経済や生活環境のベースとなる施設や設備のことを「インフラストラクチャー」、略称・インフラといいますが、東京スカイツリーも、次代のインフラ的な性格を帯びたものだと思います。「インフラ的な性格」をもっといいかえると、多くの人びとが関係をつなぐ、パブリックな性格といえるかもしれません。
日刊イトイ新聞「東京スカイツリーうんちく50」より転載

東京スカイツリー
5月22日に開業する東京スカイツリーの最寄り駅となる東武伊勢崎線業平橋駅(東京都墨田区)が3月17日、とうきょうスカイツリー駅に名称変更されました。
午前0時31分、最終の浅草行き普通電車が出発し、80年余に及んだ業平橋駅としての営業を終了。駅名の看板や路線図が掛け替えられたそうです。
東武鉄道は同日始発から、伊勢崎線浅草・押上―東武動物公園間の駅や車内放送で、同線について「東武スカイツリーライン」の愛称を使いますとアナウンスがされるそうです。 
えーっ、業平橋駅がなくなるのweep

この情報は知ってはいましたが、かなりショックです。
業平橋駅には色々な思い出が詰まっています。
特に思いだすのは子供の頃、業平橋、東武曳舟間にあった三角池ですか。
三角池は底辺50m高さ30mくらいのまさに三角の小さなドブ池です。
この池に行くのには、京成押上駅の柵を乗り越えてそのまままっすぐ東武線の線路の方に進み、それに突き当たると右側に折れ東武曳舟駅に向かって線路の脇を歩いて行きます。
そうすると10分位でこの池に着きます。
何をしにいったのか良く覚えていませんが、いろいろなゴミが捨てられていたので、それを竹竿で引掛けてそのゴミを回収し、再生可能な玩具であったら持って帰り、使えないゴミであれば、こんなものを捨てるから三角池が汚れるんだと意味なく憤っていました。

青い空がどこまでも深くなる夏になると、落ちていた材木を釘でうちつけた筏で遊ぶのが楽しみでした。子供が作る筏ですから、途中で泥船よろしく水没するのですが、深くはない池でしたので服がずぶ濡れになるくらいでした。したがってどこかの公園の水道でドブの汚れを良く落とせば家に帰る頃にはカラリと乾いていました。

東武線の線路に10円玉を置いて、それを電車に轢かせて伸ばして遊んでいました。
電車に何回も轢かせるとかなり薄くなる半面、置き方が悪いと薄くなった10円玉が破断してしまうのでかなりの熟練の技が必要なのです。
この遊びは他校の子供が三角池でこの遊びに夢中になっていて、電車が来るのに気がつがず亡くなるという痛ましい事故があり、三角池に限らず全ての場所でこの遊びは禁止となりました。多分この子は一人遊びをしていたのではなかったのでしょうか、友達がいれば電車の接近は必ず教えてくれますもの。

禁じられた遊びは東武線の貨車の引込線にあった、砂利置場での雪崩ごっこです。
縦5m、横3m、深さ5mくらいのコンクリートの囲いの中に砂利が積まれており、この囲いの線路側の底部にはこの砂利の搬出口が有り貨車が来ると線路側からその搬出口の蓋をあけて貨車に砂利を流し込んで積み込むようにできているのです。そしてこの囲いは10箱位あります。
囲いの中は搬出口に向かって急な砂利の傾斜になっており、搬出口のところから三角の頂点目掛けて掛け上るとすぐに雪崩が起きて、その雪崩によって掛け上ろうとする私達は底部のところに芋虫のようにゴロゴロと転落してしまうのです。
これが面白いのですね。本当に雪崩の疑似体験ができるので夢中になって遊んでいました。
しかしこれが禁じられた遊びなのは砂利が大粒の箱の時には危険はないのですが、細かい粒の箱になるとゴロゴロと転落した後、その砂利に埋まって呼吸困難になるのです。
友達がいるのでその際は掘り起こしてくれるので事なきを得るのですが、一度、友達と離れて一人雪崩をしていたらかなり深く埋まってしまって、身動きができなくなりました。友達に助けを求めて大声をあげて助けを求めてみたものの、すぐに助けはきませんでした。
数分後に異変に気づいた友達が私の声のするところを掘り返してくれて、九死に一生を得るとは大げさですが奇跡的に一命を取り留めたのです。
ジャリが砂利で死んだら洒落になりませんからね・・・

それにしても「とうきょうスカイツリー駅」ですか、下町には似合いませんネ。
私の幼い頃の懐かしい思い出の数々も、業平橋駅の終焉とともに掻き消えてしまうような気持ちです。


Bigwave!



今日は豊洲に出没です。
今日のお店は「深川で30年真心をこめて」というキャッチのお店「福田家」さんです。

住所: 東京都江東区豊洲4-1-1豊洲ピア21 2階
電話:03-5560-2731
定休日:無休

IMG_0335
お店の外観です。

IMG_0338
店内の雰囲気です。

IMG_0337
ランチメニューです。

IMG_0340

IMG_0341
今日のオーダー「豚生姜焼定食」@850円です。
このお店はかなり広いのですが、ランチタイムだというのに人がほとんど入っていません。
ちょっと嫌な予感がしませんか。

閑話休題おはなしはもどりまして
待つこと12分で着皿です。
見た目普通の生姜焼きですが、ソースが軽そうですね。
まずはお約束のマヨネーズのお願いです。小皿にマヨネーズを盛って持ってきてくれました。
それでは実食です。
肉は柔らかいですネ、美味しいですよ。
ソースはどうでしょうか。ウン、美味しいじゃないですか、バターでまろやかになっていてコクがありますね、これは食べた後、ノドが乾かない系です。
この味付けは作り手のセンスを感じさせます。
美味しゅうございました。
しかしこの味なのになんでお客がはいってないのでしょうか、大いなる疑問です

それでは(^_-)