今日は「昔の下町其の八」の話です。 
今日はMy tweetです。
実は子供の時、下町特有なのかは分りませんが以下の言葉の意味が良く分りませんでした。
ということで永年の疑問と決別するためにnetで調べてみました。

バタ屋
◆バタ屋
◆#私の理解:バターから来ている言葉で脂ぎったお乞食さんだと思っていた。
◆#正しい意味:屑物拾いや古物商の事を「バタ」と言った。 
「バタバタ」とごみ箱をあさり売り物を探す様という説と、道「バタ」で拾ってきたような古物を商った事から「バタ」と呼ばれるようになった説がある。
バタ屋を現代風にいうなら廃品回収業者。背中に竹で作った大きな籠を背負い、長い竹のハサミで街の中に捨ててある物を背中の籠に入れて集め、仕切り屋と呼ばれるそれ専門の買い屋に売って、いくばくかの金を得る貧しい生活をしていた。彼らはたいてい川のそばの公営地を不法に占拠してバラックを建て、集団で暮していた。これがバタ屋部落と呼ばれるスラムである。

全く違っていましたね。確かにこのような廃品回収業者はよく町でみかけました。
今ではこの言葉は放送禁止用語になっているようですよ。

◆省線
◆#私の理解:加山雄三が湘南の海に遊びに行く時に乗っていくJRと信じていた。そこから演繹して湘南へ行くJRの電車だと思っていた、即ち「湘線」。
子供だったので字が違う事には拘泥していなかった。
◆#正しい意味:1920年から1949年の間、現在の「JR線」に相当する鉄道を指した言葉。

当時の国有鉄道が、以下のような「省」レベルの政府機関によって運営されていたことによる。
鉄道省(1920年〜1943年)
運輸通信省(1943年〜1945年)
運輸省(1945年〜1949年)

鉄道省、運輸通信省、運輸省で運営されていたのでその「省」をとって省線ですか。
よく理解できました。ところで「E電」はどうなったのでしょうね・・・

◆チンピラ
◆#私の理解:子供だった私はチンピラをキンピラ好きな不良、すなわちキンピラしか食べられない貧乏な不良だと思っていた。
◆#正しい意味:「昔の隠語辞典類に子供のスリをさす言葉という記述がある」とある。子供をあざけっていうときの大阪の方言「ちんぺら」が転じたという説もあるとのこと。陳平という昔の中国の策士の名前から来ているという説もあるそうだが、信憑性には欠ける

要は年端のいかない一人前ではない不良若しくは身の丈以上に虚勢をはる不良なのですね。
キンピラを食べすぎると脳に良い栄養がいかなくなりチンピラになるんだ、その証拠にチンピラはやたら人前で平気でオナラする破廉恥じゃないか、という下町の都市伝説をマジに信じていました。従ってキンピラを食べすぎて下腹が張ってくるとチンピラになるのではないかと戦慄したものです。

◆アッパッパー
◆#私の理解:頭の足りない女性が着る服 。子供だったのでアッパッパーのパーを頭の足りないパーと関連付けていた。
◆#正しい意味:頭からかぶるだけのワンピース(部屋着・簡単服)。服装は、「ムームー」に似ている。戦中戦後直後に流行した。
アッパッパーはルーズとかフリーにしておくとかいう意味合いで使われる。語源は「UP A PARTS」。
服装が大らかな雰囲気をかもし出していることから、「能天気」「アホ」という表現で使われていることもある。

なんだ、これって英語だったのじゃないですか。でも子供の頃の私の理解の半分は当たっていましたね。


アメリカ版サスケです。
They might break their bones ?



今日は池袋に出没です。
今日のお店は四川料理の名店中国家庭料理「楊 」2号店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-25-5
電話:03-5391-6803
定休日:不定休

IMG_0544
お店の外観です。

IMG_0546
店内の雰囲気です。

IMG_0545
メニューです。

IMG_0547

IMG_0549
今日のオーダー「汁無し坦々麺」@780円です。
実はこのお店は二回目です。
前回はownerの楊さんがいて色々と説明してくれたので楽しく頂きました。
しかしこのお店はオーダーをone by oneで調理するのではなく纏めて作るので出てくる順番が滅茶苦茶です。まあ前回(夜編)は飲みながらだったのでそれ程は気にはならなかったのですが、それでもoperationの悪さには鼻白んだものでした。

待つこと10分で着皿です。
運ばれてきた担々麺はたっぷりの中太麺に挽肉、青梗菜、砕いたアーモンドが乗せられています。かん水を使っていないという中太ストレート麺はモチモチしていてパスタ的な食感です。それでは天地返しを繰り返して実食です。
量がかなり多いですね・・・実は量が多いのは好きではない。
ソースは芝麻醤とラー油がメインでかなり濃厚な味わい。
山椒は多いと注意書きでかかれていたので受付するものの何の為にここまで投入するのか疑問です。
味ですか、最初の3分間はそれなりに食べられたのですが、その後は麺にからまっている油がくどくてイケません。そのうちモチモチ麺が胃の中で膨満してきたので”クドさ”が”嫌さ”に変わってきました。さらに追い打ちをかけるように山椒の辛さで舌が痺れてきてトホホ状態です。この状態をresetすべくお水を頼んだら定番のoperationの悪さからお水の放置playです。
仕方なく食べ続けたのですが、油のくどさと妙なショッパさとアーモンドのコッテリさが三重苦状態となってきました。
食べる者の礼儀として残すことはほとんどしないのですが、事ここに至ってはquit eatingです。
ごめんなさいね、体調が悪かったのかもしれません・・・
しかし山椒を多く入れるのであればお水のchangeはtimelyしていただきたいものであります

それでは(^_-)