今日は「大晦日起源(中編)」の話です。  
今年もおおつごもりまであと数日です。
年越しの支度は整いましたか。
大晦日の起源を3話に亘り紹介します。
宜しくお付き合いください。
中篇は「そばを食べない地域も」です。

年越しそばを食べるようになる以前、日本各地には、「年取り魚」といわれる魚を大みそかに食べる風習があった。 
その代表は「ブリ」と「サケ」。ブリは出世魚だから、サケは「栄える」という言葉にかけられるので、「年取り魚」と呼ばれ、好まれた。お歳暮で新巻きザケが贈られたのも、その名残らしい。 
これらの風習が残っている地域もある。お茶の水女子大学生活科学部の飯島久美子さんたちが2002年に実施した「年越し・正月の食生活習慣に関する実態調査」によると、「年越しに決まって食べる料理」で1位だったのは、やはりそばで、全国平均74.8%だった。 
だが、「そばを食べる」という回答が50%を切る県もあった。北海道は46.9%、長野県は47.2%。「長野県では大みそかにご飯を炊いていてサケ、イワシ、ブリ等の年取り魚を用意して『年取り』を行う」「北海道でも年越しに、ご飯と年取り魚を食べる習慣や、ご飯に鯨汁をそなえて大物になるようにあるいは大漁になるように祈願する習慣があった」という。 
「年取り魚」には、海水で心身を清めて大みそかに訪れる年神を迎えるという意味があったらしい。
国学院大学大学院の三橋健客員教授によると「日本人は平安の昔から節目を大切にしてきた」そうだ。3月3日今5月5日などの節句がそれに当たるが、最も大切だと考えられたのが「大節供」と呼ばれる、古い年と新しい年の節目の大みそかだった。「節目は峠と同じで、それを越えると新しい世界が見えてくる。でも、峠を越える時には力も必要だし、危険も伴う。だから神様の力を借りて越えようと考えた」

THE NIKKEI MAGAGINE「おおみそかの夜・・・」より転載

そういえば我家は私が下町をはなれてから大晦日の「年越しに決まって食べる料理」はうどん+てんやの「天ぷら」ですね。
IMG_7471
毎年、早稲田の穴八幡神社に行き「一陽来福」のお守りを買い替え、その足で早稲田高校前にある「てんや」さんで天ぷらを買うのが私の年中行事です。
今年からうどんは大好物の富山の「氷見うどん」にしてもらったのでとても「年越そば(うどん)」は楽しみにしています、ハイ。
あなたはどのような大晦日を迎えますか・・・

今日は池袋に出没です。
IMG_0285
本当は「港屋インスパイア」のNO.1店の「壬生」さんに行きたかったのですが、11時半開店なのに11時20分にお店に着いてしまいました。
この日は寒波到来でとても寒く、体感温度も低く感じられたので、10分間も待つことすら嫌で、なお且この寒空で冷たいつけ蕎麦もないだろうとChange the restaurantとしたのです。
次のお店を探しながら池袋駅に戻る途中、私のsixth senseにピンとくるお店が目に飛び込んできたのです。
ということで今日のお店は「洋包丁」池袋西口店さんです。

住所: 東京都豊島区池袋2丁目41−6 第一シャンボールビル1F
電話:03-5952-1705
休日:不明

IMG_0286
お店の外観です。

IMG_0288
メニューです。

IMG_0289

IMG_0293
今日のオーダー「スタミナ焼定食」@800円です。
一人だったのでカウンターに座らされました。いきおい我が眼(まなこ)は厨房に釘付けとなったのです。
キレイで清潔感溢れる厨房です、こういう厨房のお店は間違いなく美味しいのです。
chefがガスコンロに火を入れると、高さ30cmにもなろうかという野菜の面々、即ちキャベツ、タマネギ、ニンジンand豚肉がフライパンに投入されます。
しばらく蒸し焼きにして野菜の高さが半分位になるとおもむろにフライパンを煽ります、煽ります。
このお店のchefのフライパンの煽り方は熟練の技です。手首のsnapをよく効かせて完璧な楕円運動が眼の前で展開されます。
そして野菜がフライパンの高さの1.5倍位になると魔法の水の注入です。
しばらく煮立ててから、再度完璧な楕円運動を行い、そしてソースを投入しそのソースを良く野菜にからませてからさらに駄目ダシの煽りが加わり火がおとされました。
最後のingredientの生卵がこの料理の絶巓(ぜってん)に投下され完成です。
この間12分の調理時間です。
味ですか、美味しいですネ。野菜がしんなりとしており尚かつ味わいが良いのです。
また少し甘みがかったソースが絶妙です。豚肉も美味しいビックリマーク
久々にホンマもんの洋食を頂きました、美味しゅうございました。

それでは(^_-)